2017-08-16 13:44

朝鮮人戦場売春婦像について 

 韓国のバスに売春婦像が乗るようになったそうです。 お盆とは言え実に気味の悪い話しです。

 これを見て思いました。
 
 韓国と言う国はもう、事実の検証とか、条約の履行とか言った普通のルールが一切通用しない国なのだと。

 彼等には文明人の理性による話し合いが不可能な人達なのだと。

291

 そして更に韓国の大統領は現在、この戦時朝鮮人売春婦問題について「韓国の大多数の人々は情緒的に受け入れられない」と言っているます。

 しかしまあ、これもまた驚きます。
 
 情緒??

 賤しくも国家間の約束を情緒を理由に守らないって何でしょうか?

 普通、どんな国でも、古代国家でも、一人前の大人と言うのは情緒や感情は理性でコントロールするべきであり、一旦約束した事はどんなに辛くても守るべきとされています。

 人間が「情緒」のようなモノを剥き出しにして許されるのは、赤ん坊の間だけです。 普通の国では子供でも年齢相応の理性を持つように躾けられるのです。

 それを国家の指導者が臆面もなく「情緒」を理由に守れないと公言するって、文字通り韓国人は理性のない幼児国家だと宣言しているのと同じです。

 こんな恥さらしな事を言って恥さらしと思わない国家と言う物が他にあるのでしょうか?

286

 因みにこれ以外でも韓国と言う国は、普通の国の常識は全く通用しないようです。

 我が尊敬するご隠居さんが取り上げていらっしゃいましたが、韓国政府は今後、独立運動家の子孫全てに補助金を支給する事にしたそうです。

 独立運動家・安昌浩の孫が来韓 刑務所跡など訪問

 先祖の功績で子孫が優遇される。

 因みに親日派つまり日韓併合時日本に協力した人達の子孫から土地を奪うなどの法律を作ったのは盧武鉉政権の時でした。
 
 そして今度は独立派子孫の優遇策強化です。

289

 個人の努力ではなく先祖の功罪で子孫が特権を得たり、迫害されたりする。

 これって完全な身分制でしょう?

 日本でもヨーロッパでも、封建時代はそうでした。

 そして日本や欧米の常識では左翼・リベラリストと言うのは、こうした身分的な差別に反対する事になっています。

 ところが韓国では左翼程、こうした身分制の復活に熱心です。

 なるほどこれなら純左翼国家である北朝鮮が世襲による金王朝の支配になっているのも当然でしょう。
 
 このような発想も日本人には全く理解不能です。

294

 そしてまた左翼政権程歴史に拘るのです。

 本来民主主義国家では学問の自由が保障されていますから、歴史は個人が自由に学び、解釈する物です。
 
 国家としての歴史の解釈なんてモノはありません。

 国家と国家の間に起きたトラブル、歴史問題は条約で解決します。

 勿論、自国民が100%納得する条約を締結できる国などありません。 しかし一旦条約を守ればそれは誠実に履行する国が尊敬される国、信頼される国なのです。

 そして相手国が条約を履行している限り、相手国の歴史解釈に対して口を挟むのは内政干渉ですから、慎むのが礼儀です。

293

 実際、第二次大戦について、日本はサンフランシスコ講和条約で49か国と和解し、主権を回復しました。

 この49か国の中には、この戦争には殆ど何の関係もなかった南米諸国も、この戦争のお蔭で宗主国から独立を果たしたアジア諸国も、そしてこの戦争で殆どの植民地を喪ったイギリスやフランスやオランダなども含まれています。

 これらの国々の国民がそれぞれ心からこの条約に納得したでしょうか?

 ワタシがイギリス人やフランス人なら勝利を得たはずが、信じられない程の領土の縮小と言う結果を受け入れるのは、耐え難かったと思います。

 しかしどの国もこの条約を結んだ後は、日本の歴史認識云々などと言う内政干渉をしてきたことはありません。

 そしてサンフランシスコ講和条約締結で日本が主権を回復して以降、極めて友好的な関係を維持してきました。

 しかしこれが普通の文明国の態度です。

2017y08m16d_145743375

 ところが第二次大戦では日本の一部として日本と一緒に戦い、それ故サンフランシスコ講和条約の加盟国には入れなかった韓国だけは、執拗に歴史問題を持ち出して、日本に敵対し続けているのです。

 韓国人が執拗に参拝に反対する靖国神社には、朝鮮人の兵士・将校が沢山祀られているのです。

 韓国軍を作り、朝鮮戦争を指揮したのも元日本軍将兵だった朝鮮人だったのです。

 しかしこうした事実を一切無視して、韓国は自分達の脳内世界で勝手に作った歴史と、日本人一般が事実に基づいて認識している歴史が違う事に憤激しているのです。

303

 こうした事実に即して考えると、結局韓国と韓国人は理性による言葉は通じない人々だと結論するしかありません。

 そもそも彼等には理性を尊重すると言う発想自体がないか、或いは理性そのモノがない国民なのでしょう。

 だから条約の履行を「情緒」を理由に拒否して恥じないし、自分達の情緒の中で生まれた歴史認識が正しい歴史だと信じて疑わないのです。

 こうした情緒と感情が全てと言う人達なので、本来は身分差別を絶対的に拒否するはずの左翼も、先祖憎けりゃ子孫も憎い、先祖が好きなら、子孫もかわいいと言うと言う100%動物的情緒から、左翼が身分制を強化すると言う珍現象に至るのでしょう。

292

 人類は文明に目覚めてから、理性を尊重し、感情を抑制するように努めてきました。

 なぜなら感情は所詮個人の物であり、他人と共有する事はできません。
 
 人間はどんなに思いやり深く人道的な人でも、他人の死を自分の家族の死と同様には悲しめないし、他人の空腹や他人の怪我の苦痛に苦しむ事はないのです。

 まして他人の願望や欲望から生まれた歴史認識を突きつけられても困惑するしかありません。

 一方他人の側だって自分の感情を理解してくれるのは無理なのです。

 だから他人と話し合うためには、感情を抑えて理性で話し合うしかないのです。
 
 しかし韓国人はその発想がゼロのようです。

 だから一国の元首が臆面もなく「情緒」を盾に条約の不履行を言い建てるのです。

 このような国と何を理解しあえば良いのでしょうか?

311

 因みに韓国人と大変良く似ているのが日本のパヨクとマスゴミです。

 彼等は職業柄高学歴を誇るのですが、しかし言っている事はその場その場で整合性も根拠もなく、常に愚かしいセンチメンタリズムを扇動します。

 これは彼等が読者の購買欲をそそる為にそうしているとも考えられますが、一人前の人間がこのような延々続けられるのは、結局彼等自身の理性が希薄で、愚劣なセンチメンタリズムだけで生きる人間達だと言う事でしょう。

329

 このように彼等を動かす物が、日本人には理解不能な、イヤ世界中のどんな国も理解不能な情緒にだけに寄るのですから、韓国の売春婦像設置の情熱は、もう日本人の理性で理解する事は不可能です。

 日本としては勿論これには抗議するべきです。
 
 しかし情緒だけに生きて理性のない人間は狂人です。

 狂人のやっている事ですから、幾ら抗議しても辞めないでしょう。

 日本もそのつもりでいるしかありません。
 
327

 しかしどうせここまでやるなら韓国人はバスの中なんてけち臭い事は言わずに、この売春婦像で国中埋め尽くせば良いのです。

 全てのバス、全ての地下鉄、鉄道、タクシー、飛行機は勿論、個人の自家用車やバイクや自転車にも売春婦像を乗せたら良いのです。

 平昌オリンピックでは観客席に沢山の空席が出るでしょうから、その空席も全部売春婦像で埋め尽くせば良いのです。

 そして韓国政府は全ての学校や官庁だけでなく民間企業のオフィスや工場、個人住宅の全ての部屋にも、トイレの個室にも、売春婦像を設置する事を義務付けら良いでしょう。

 そうすれば世界も韓国と言う国を理解してくれるでしょうから。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2017-08-13 16:41

戦争を招く人々 毎日新聞御用達シミン

 北朝鮮のミサイル騒動で、毎日新聞御用達の人々の戦争観が見事に顕れてきました。


 航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が配備された中四国4県。地元の住民からは「どう対応すればいいのか」という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。

 配備先の海田市(かいたいち)駐屯地がある広島県海田町は広島市に隣接する。広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。

 出雲駐屯地の地元、出雲市の郷土史家、卜部(うらべ)忠治さん(94)は「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」と心配そうに話した。

 高知駐屯地への配備について高知市の会社員、光山博子さん(61)は「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。

 松山駐屯地がある松山市の主婦、鎌田やよいさん(41)は「小中学校に通う2人の子がいるが、子どもしかいない時にミサイルが落ちたらと思うと怖い。地震に対する知識や訓練の経験はあるが、ミサイルにはどう対応すればいいのか」と不安げな様子だった。【竹下理子、根岸愛実、松原由佳、花澤葵】

261

 さすが毎日新聞御用達の市民の皆様です。

 我々低学歴ネトウヨには想像を絶するレベルです。

出雲駐屯地の地元、出雲市の郷土史家、卜部(うらべ)忠治さん(94)は「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」と心配そうに話した。

 本体より破片が怖いw

 迎撃したら確かに破片は飛び散るし、落ちて来た破片が人間に当たれば無事では済まないとは思います。
 でもそれが人間に当たる確率ってどの程度でしょうか?

 しかし将来的に北朝鮮が核ミサイルを持つ事より、迎撃したミサイルの破片の方が怖いのだそうです。

265

>高知駐屯地への配備について高知市の会社員、光山博子さん(61)は「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。

でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ

 ウチのよもちゃんと気があいそうですね。

 病気を防ぐためと言って予防注射はいやだ。
 と言うのがよもちゃんの本心なので、毎年予防注射の為に獣医に行くのが一苦労なのです。(今年も予防注射

 ワタシも戦争はいやです。 できたら避けたいです。

 でも「イヤだ。」「怖い。」と言えば戦争は避けられるんですか?

268

>松山駐屯地がある松山市の主婦、鎌田やよいさん(41)は「小中学校に通う2人の子がいるが、子どもしかいない時にミサイルが落ちたらと思うと怖い。地震に対する知識や訓練の経験はあるが、ミサイルにはどう対応すればいいのか」と不安げな様子だった。

 おお、ミサイルの被害って子供には防げないけど、親なら何とかなるのですね。

 ワタシは大人だから防げるようなモノとは思ていませんでした。 幾ら北朝鮮のミサイルでももう少し威力があると思っていました。

 こういうの見ていると、毎日新聞御用達のシミンの方々って、実は戦争なんかそんなに恐れていないでしょうね。

 これなら現実に戦争を防ぐ努力など放棄して、9条を唱え続ける事ができるわけです。
 
 しかし一番秀逸なのは、最初に出てくるヒバクシャ氏です。

271

 >配備先の海田市(かいたいち)駐屯地がある広島県海田町は広島市に隣接する。広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。

軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない

 おお、アメリカと北朝鮮がガチンコ対決している時に、なぜか日本の行動が北朝鮮を刺激するのですね?

 ワタシはアメリカの刺激だけで十分だと思うのですが?
 
 と言うかアメリカは核戦争を防ぐ為に、北朝鮮が核ミサイルを開発を阻止しようとしているのです。

 そういう事は無視ですか?

289

政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。

 貴方は核廃絶を訴えているのに、隣国が核兵器を持つ事を心配するなと言うのですか?

 貴方は隣国が核兵器を持つ事が心配じゃないのですか?

270

>話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい為はやめろ』と伝えてほしい政府には国民の心配をあおら

 おお、日本政府が北朝鮮に「このような行為はやろ」といえば、北朝鮮は止めてくれるのでしょうか?
 
 そもそもアメリカ政府も日本政府も、この半年ずうっと「北朝鮮にこのような行為はやめろ」と言い続けてきました。

 そして言うだけでなく、中国やロシア、そして国連も動かして北朝鮮のこのような行為をやめさせようと、努力してきました。
 
 この努力のお蔭で国連も相当厳しい経済制裁まで決議したのです。

 しかし北朝鮮は「このような行為」を止めないのです。

 それなのに今日本政府が言えば北朝鮮は「このような行為を止めると言うのでしょうか?

 なんかもう幼稚園児が悪い人の話を聞いて「先生は何で叱らない?」と言っているみたいなレベルです。

275

 北朝鮮が核ミサイル開発を始めたのは、今年からではありません。
 
 金日成時代から延々と続けてきたのです。

 そしてアメリカも日本も何とかそれを外交的に解決しようと努力してきました。 
 
 6者協議なんて事もやりました。 そして北朝鮮への経済援助と引き換えに核開発を止めさせると言う協定も締結しました。

 しかしそういう事が全部反故にされて今に至っているのです。

 このヒバクシャ氏は72歳ですから、この間の事を知らないわけではないでしょう?

281

 この間北朝鮮は破滅的な飢餓の中でも核開発を進めてきたのです。

 だからいずれ核開発に成功し、現在のような事態になるのは、昔々から予想されていたことでした。

 それを今に至ってもこんなにノーテンキで幼稚な事を言い続けるって、結局今まで本当に戦争を防ぐ為には何をするべきかなんて一切考えて来なかったと言う事でしょう?

 このヒバクシャ氏だけではありません。 他の三人も同じですよね?

 そしてこの人達に自社の意見を言わせている毎日新聞もです。

Untitled

 だったら本当に戦争を防ぐ為には、それを防ぐ手段を真剣に考えていたはずでしょう?

 でもこの人達を見ればわかります。 「戦争は嫌だ」「戦争は怖い」と叫ぶ人達は、実は何も考えていなかったのです。

 彼等は本当は戦争を防ぎたいと思っていたわけではなく、反戦平和の美しい理想を唱えたかっただけなのです。

 そして理想と言うのは多くの場合、現実から離れれば離れる程美しいので、実現可能性など完全に無視して、美しい理想を唱えたのです。

285

 だから現実の戦争が迫った時には、それを回避するために有効な事は一切言えないのです。

 戦争を招くのはこういう人達でしょう。
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2017-08-13 14:10

心理戦 北朝鮮vsアメリカ

 北朝鮮はなぜグアムにミサイルを撃ちこむと言うのか?
 トランプ大統領はなぜ「fire and fury」なんて激しい言葉を使うのか?

 西岡力さんの動画ですが、これについて一番合理的な解説だと思いました。



 心理戦だったのですね。

 実戦をやれば韓国や日本の被害はどうあれ、必ずアメリカが勝ち、北朝鮮は崩壊し、金正恩は殺される。

 それを前提にアメリカが北朝鮮を脅しているわけです。

 結局、金正恩・北朝鮮はこういう武力による恫喝をされない限り、絶対に動かない相手なのだから、これしか方法がないのでしょう。

 そして西岡さんはクリントン時代に、同様の状況で6者協議に持ち込んだ例を挙げています。

 但しその6者協議の結果は、5者が北朝鮮に騙されて、禁止したはずの核開発は更に進んだのです。

 それを考えると話し会いの条件は更に厳しくなるので、話し会いに持ち込むのも更に難しくなっています。

 それでもアメリカは、北朝鮮がアメリカに届く核ミサイルを作るのを黙って許す気は全くないようです。

 鈴置高史さんによれば、アメリカでも主戦論が強まっているそうです。
 
FOXニュースが7月16-18日の間に実施した世論調査で、米国人に「外交的な手段だけで北朝鮮に核・ミサイルを放棄させられない場合、米国は軍事力を使っても阻止すべきと思うか」と聞いています。 55%が「軍事力を行使」と答えました。「あくまで外交手段で」と回答したのは29%です。4月23―25日の調査では、それぞれ51%と36%でしたから、世論も戦争に傾いていることが分かります。

 そりゃそうでしょうね。
 だって911を思い出せばわかるけど、テロで3000人が殺されただけで、イラクへの攻撃を全面支持する国民性です。

 それが「核ミサイルを撃ちこむ」なんて言われて、黙って受け流してくれるわけはないのです。
 
 そして北朝鮮の核ミサイルが出来上がる前に、攻撃をすれば少なくともアメリカ側には死者など全く出さずに、北朝鮮を完全に崩壊させることができます。

 一般のアメリカ人が「だったら早くやっちまえよ! 何をモタモタしているんだ?」と思うのは当然じゃないでしょうか?

 そしてこれがアメリカの心理戦なら、日本も当然これに協力するべきでしょう。

 北朝鮮のグアムへのミサイル発射予告を、日本が安全保障法案の存立危機自体と判断し、ミサイル迎撃の準備をしている事について、批判する意見があります。
 
 「アメリカと協力する事で北朝鮮を刺激する。 日本が危険になる。」

 と言うのです。

 実にノンキな意見ですよね?

 今日本がアメリカと協力しなければ、アメリカと北朝鮮が戦争になった時に、北朝鮮は日本に何もしないと思っているのでしょうか?

 そしてアメリカが自国の危機として戦う時に、何の協力もしなければ、今後日米同盟はどうなるのでしょうか?

 これで今後尖閣や沖縄の防衛に、アメリカが協力してくれるのでしょうか?

 今、アメリカはドンドン韓国を見捨てる方向で進んでいるのですが、これは韓国がアメリカの対北朝鮮防衛に余りに非協力的だからです。

 日本がそうなっても良いのでしょうか?

 勿論この心理戦がいつまで続き、結果がどうなるかはわかりません。
 
 しかし日本としてはこのアメリカの心理戦に協力していくしかないでしょう。
 
 こうした事を「アメリカ隷属だ!! 許せない!!」と言うなら、早く憲法を改正し、国防予算を増やして自力で日本を防衛できるようにするしかありません。

 因みに、ホントに米朝戦争になっても、北朝鮮が核ミサイルを作る前なら、日本が北朝鮮のミサイルを食らう事になっても、被害は限定的でしょう。

 北朝鮮はノドンやテポドンなど、日本に届くミサイルは沢山持っていますが、あれは皆核ミサイルではないのです。

 第一次湾岸戦争ではこの手のミサイルをアメリカ側・イラク側が結構撃ちあいました。 あの時のイラクからのミサイル被害を思い出したらわかりますよね?

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-08-12 14:32

アベノミックスは成功したか?

 アベノミックスはホントに成功したのか?
 アベノミックスは失敗だったのではないか?

 と言う意見は今も根強く残っています。

075

 アベノミクスに相当な成果があったとする見方への疑問
 久保田博幸 2017年8月11日

 10日の日経新聞の大機小機に次のような記述があった。

 「アベノミクスの4年半を振り返ると、景気回復と脱デフレという面では相当の成果を上げたと評価できる。非伝統的な金融政策が威力を発揮したといえる。」

 2013年4月に安倍政権の意向を汲んで決定されたのが、日銀による大胆な緩和策、量的・質的緩和策である。これは異次元緩和とも称され、出口政策のことなどはおかまいなく、大胆に国債を大量に買い入れて、マネタリーベースを増加させて、物価目標を2年程度で達成しようとしたものである。

 中央銀行の金融政策は、あくまで金融市場を通じて経済や物価に働きかけるものである。その甲斐あってか長期金利は低位のまま推移し、マイナス金利政策により一時マイナス圏にまで低下した。外為市場にも働きかけた格好となり、ドル円は急減に上昇し、これが株高を誘発した。

 しかし長期金利は抑えられても、外為市場での円安に対する働きかけは一時的なものとなった。財務省が管轄の為替介入も実施されず、日銀の大胆な緩和策により、欧州不安の後退のタイミングで、大きな円買いポジションがひっくり返されての投機ポジションを含む、一時的な円安にすぎなかった。

 それでも雇用は大きく改善している。物価も一時のマイナスからプラスを回復している。景気についても低空飛行ながら改善している。それは果たして日銀の異次元緩和による効果と言えるのだろうか。

 原因と結果を結びつけるには、その間にある経路についてもしっかりした説明が必要になろう。アベノミクスの大きな柱となっていた日銀の異次元緩和は、どのようにして雇用の回復に影響したのか。大きな金融経済危機の後退含めた海外要因、さらには2020年のオリンピックを睨んだ国内要因など、日銀の金融政策以外の要因を除いて、金融緩和効果がどれだけ残っているといえるのか。

 そもそも日銀は物価目標を達成させることで、デフレを解消させ、それが景気回復要因となり、雇用も改善し、賃金も上昇するというシナリオを描いていたのではなかったのか。

 肝心の物価目標2%がまったく達成の兆しがないことは、それはつまりアベノミクスの中心となっていたリフレ政策が雇用を含めて景気を改善させるというシナリオそのものに間違いがあった可能性はなかったのか。

 アベノミクスが景気回復と脱デフレという面では相当の成果を上げたと評価するのも勝手ではあるが、非伝統的な金融政策が威力を発揮したとの結論はどこからくるのか。少なくとも物価目標を達成していないという事実はどのように評価するのか。

 安倍政権の支持率低下には、いろいろな要因があると思われるが、そのひとつとしてアベノミクスという経済政策への疑問も含まれているのではなかろうかと思う。当初は華々しく見えたものが、日銀は無理に無理を重ねる結果となっており、むしろその副作用も意識されつつある。そのあたりも支持率に影響を与えていると見てもおかしくはないと思われる。

076

 この記事の著者久保田氏は元々債権トレーダーで、アベノミックスには最初から大変否定的な方でした。

 しかしこの記事では。取りあえず株高と雇用の改善は事実として認めています。

 けれども彼は日銀が最初に定めた物価目標が未だに達成されない事など理由に、この株高や雇用改善がホントに、アベノミックスの効果であるか言えるのか?疑っているのです。

 ワタシは彼のような金融専門家ではないので、専門知識で議論する事はできません。

 けれどもまずこの記事で一つ気になる事があります。

077

しかし長期金利は抑えられても、外為市場での円安に対する働きかけは一時的なものとなった。財務省が管轄の為替介入も実施されず、日銀の大胆な緩和策により、欧州不安の後退のタイミングで、大きな円買いポジションがひっくり返されての投機ポジションを含む、一時的な円安にすぎなかった。

 一時的な円安?

2017y08m12d_133347761.jpg  アメリカ ドル / 日本 円

 久保田氏の言う円安と言うのがどの程度を言うのかわかりません。

 しかしこの10年間のチャートを見ればどうでしょう?

 安倍政権が成立したのが2012年の末、そして翌2013年の3月に黒田東彦氏が日銀総裁に就任して「異次元の金融緩和」を始めて以降、一気に円が下がりました。

 そしてその後は100~120円の間を維持しています。

 日本にとって一番居心地のよいのは1ドル120円とも言われますから、今はそれよりやや高いのですが、しかし1ドル80円前後だった頃は、日本の輸出企業が皆深刻な業績悪化に追い込まれ、この中でエルピーダメモリーやシャープが倒産に追い込まれました。

 これに比べれば、100円超えは遥かに良いではありませんか?  これが4年程続いているのです。

 これを「一時的」って随分長い一時的ですね。

078

 因みに久保田氏は「ドル円は急減に上昇し、これが株高を誘発した。」と株高もこの金融緩和による円安のお蔭だと言います。

 しかし上のチャートの通り、金融緩和以前80円前後だった円が、最高でも120円強です。 つまり1ドル80円から1.5倍になっただけです。 

 円安だけが原因なら、株価だって1ドル80円時代の日経平均8000円からその1.5倍の12000円までが限界になるはずです。

 けれども現実には株もこれを遥かに超えるレベルを維持しているのです。

2017y08m12d_135419949.jpg  日経平均株価

 これでは株高を円安だけでは説明できません。

083

 勿論、こうした株高やそして雇用の改善がアベノミックスによると言う事の証明は不可能です。

 実はこうした経済学の問題、経済学だけでなく人文科学の問題と言うのは、自然科学に比べると現象が非常に複雑である上、実験による検証が不可能なので、確実な論理の確実な証明は不可能なのです。

 だから現在でも日本の大学にはまだ沢山のマルクス主義経済学者が現役の教授として講義を続けているのです。 

 幾らソ連と共産圏の経済が崩壊しても、「イヤ、ソ連やあの共産圏と言うのは、間違った共産主義だったから失敗したのだ。 私の言う正しい共産主義なら絶対に成功したのだ。」と言い張られたら、これを絶対的に否定する事は不可能です。

 だってその「正しい共産主義」を実施しない限り、失敗は確定しませんから。

086

 そもそも人文科学って自然科学と違って言葉の定義そのモノが、曖昧ですから議論しているウチに、ドンドン変わったりするのです。

 この記事で言う久保田氏の言う円安だって「一時的」だって、一体どの程度のドル円レートが円安で、「一時的」とは何か月か?もわかりませんし。

 これだもの現在の株高、円安、そして雇用の改善を原因がアベノミックスであることを、久保田氏と反アベノミックス派が納得するように証明するのは、絶対不可能でしょう。

 しかしこれは逆に言えば、株高、円安、雇用の改善の原因がアベノミックスの効果でない事を証明するのも絶対不可能だと言う事です。

 つまり学問的真理としては、アベノミックスの効果は判定不能と言う事です。

091

 それではアベノミックスは止めるべきでしょうか? 

 ワタシは止めるべきでないと思います。

 なぜなら現実に株高・円安・良好な雇用と言う状況がある一方、アベノミックスを続ける事での国民生活への悪影響は全くないからです。

096

 久保田氏が嫌う「異次元の金融緩和」日銀の大量の国債買い入れで、一番恐れられるのはインフレです。

 しかし実際には2%のインフレ目標さへ達成できない状況なのです。 

 だからインフレを恐れるどころではありません。

 一方国債を日銀が買い取ってしまったので、国の借金は大幅に減りました。

 日銀は日本政府の子会社です。 日銀が国債を買い取ると言うのは、子会社が親会社の借金の証文を買い取ってしまうと言う事です。

 これは事実上借金が減ると言う事なのです。

 これは財政再建を叫ぶ人々にとって大変な恩恵ではありませんか?

 つまりアベノミックスをやって日本政府にも国民にも何の害もない、しかし円安・株高・雇用の改善など良い事は沢山あったのです。

 だったら続けて悪いわけはないでしょう?

099

 因みにこれって実は病気の治療などと全く同じなのです。

 ある病人に新しい薬を飲ませたら、大変病状が良くなった。 

 この時、病状が改善した原因が、この薬の効果だったことを完全に証明する事は不可能です。

 薬なんか飲まなくて偶々治る時期だったのかもしれないし、或いはその頃食べた物が元気になる原因だったのかもしれません。 それともこの頃、お見舞いに来ていくれた友人の言葉に励まされた事が、原因かも知れません。

 これらを可能性を全部否定する事は不可能なのです。

 そしてどんなに効果があると言われている薬でも、効かない人はいるのです。

 しかし薬を飲んで病状が良くなり、これといった副作用が出なければ、薬を飲み続けるべきでしょう?

 だったらアベノミックスだって続けてるべきではありませんか?

114

 但し現在のアベノミックス実施状況には、問題があります。

 これは藤井聡先生や高橋洋一、三橋貴明などが散々指摘している事ですが、本来のアベノミックスの需要な柱の一つであったはずの、財政出動が全然足りない事です。

 これはもう安倍総理に頑張って貰いましょう。 勿論我々国民が黙っていて良いわけはないのです。

 老朽化したインフラの再整備、国防予算の増額、科学技術の研究開発費の増額など、現在予算増額を必要としている事は幾らでもあるのですから。

  1. 安倍
  2. TB(0)
  3. CM(19)

2017-08-11 18:54

日報騒動の馬鹿臭さ

 自衛隊の日報騒動、ワタシは実は余り関心がありませんでした。 
 
 モリ・カケもそうだったのですが、何だか中身のない事で騒いでるんだろうと思って、殆どニュースをチェックしていなかったのです。

 でも、ヤッパリ馬鹿馬鹿しい騒動でした。

132

防衛省・自衛隊 日報隠しの闇は続く
2017年8月11日 東京新聞

 防衛省・自衛隊の日報隠蔽(いんぺい)をめぐる閉会中審査が衆参両院で行われた。引責辞任した稲田朋美元防衛相ら関係者は出席せず、真相が解明されたとは言い難い。日報隠しの闇はどこまで続くのか。
 こんな不誠実な対応を繰り返しては国民の不信は解消されるどころか、深まるだけではないのか。南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣の陸上自衛隊部隊が作成した日報を、防衛省・自衛隊が組織的に隠蔽した問題である。
 まず問われたのは防衛省・自衛隊が日報を非公表とした経緯に稲田氏自身が関与したかどうかだ。
 防衛省が行った特別防衛監察は今年二月十三日と十五日の幹部会議で「陸自における日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」ものの書面での報告や非公表の了承を求めた事実はなかったと結論づけ、稲田氏の関与を否定した。
 しかし、十三日の幹部会議については、稲田氏が日報の存在を認識していたとうかがわせる手書きのメモの存在が報道されている。
 野党側は、この会議の出席者にメモに記載された内容の事実関係をただしたが「監察結果に記述されたとおり」と繰り返した。
 特別防衛監察で日報隠しの全容が明らかにされたとは言い難い上に、真相解明のための特別防衛監察が国会での真相解明を妨げては本末転倒だ。小野寺五典防衛相は再調査にも否定的である。
 ならば第三者による再調査が必要だ。国会も引き続き真相解明に努めるべきである。稲田氏だけでなく、黒江哲郎前防衛事務次官、岡部俊哉前陸上幕僚長ら関係者の参考人招致も求めたい。
 加えて解明すべき重要なことは日報に記された南スーダンの首都ジュバでの「戦闘」や宿営地近くでの「激しい銃撃戦」を、稲田氏や安倍晋三首相ら首相官邸がどこまで認識していたのかである。
 「戦闘」を認識しながら派遣を継続したのなら、PKO参加五原則を無視する判断であり、厳しく問われなければならない。認識していなかったのなら、重要な情報が報告されないという、文民統制を脅かす重大な事態だ。
 そもそも自衛隊がなぜ日報を公表しない判断をしたのか。そこに安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」などの新しい任務を付与するには、撤収するわけにはいかないという政権への忖度(そんたく)はなかったのか。日報隠しへの稲田氏の関与と併せて解明すべきである。

171

加えて解明すべき重要なことは日報に記された南スーダンの首都ジュバでの「戦闘」や宿営地近くでの「激しい銃撃戦」を、稲田氏や安倍晋三首相ら首相官邸がどこまで認識していたのかである。

 このジュバでの戦闘って2013年の話です。 
  
 殆どの人は覚えていると思いますが、2013年のクリスマス、自衛隊は韓国軍に銃弾一万発をプレゼントさせられる嵌めになりました。

 ワタシもこれに着いてエントリー(10000発 PKO銃弾提供)したので良く覚えています。

 あの時、ジュバに向かう武装勢力の大軍が、韓国軍の宿営地に迫ったので、韓国軍が自衛隊に銃弾を10000発を貸して欲しいと言ってきたのです。

 韓国軍宿営地近くのインド軍の宿営地は武装勢力と戦闘になって、インド軍からは戦死者も出ました。

 この事は広く報道されています。 

 そしてスーダン全域が全面戦争になりかねない極めて危険な状態になっていたことは、国際社会の常識でした。

192

 こんな状況では自衛隊のPKO部隊だって、大変危険なのは誰にもわかります。

 しかしワタシの記憶にある限り、この時民主党やマスコミは、自衛隊のPKO部隊を撤退させろとは言っていません。

 この時、彼等が騒いだのは自衛隊が、韓国軍に銃弾を貸した事です。 これが武器輸出三原則に反すると言うが理由でした。 だからこれを国会で議論する事もなく、政府の独断で提供したのが許せない!!と言う事で政府を糾弾したのです。
 
 で、この時は銃弾提供だけを問題にして、自衛隊PKO部隊の置かれた危険な状況は一切問題にしなかったのに、今頃になって「戦闘行為」があった事を問題にするのですか?

 全く意味がわかりません。

194
 
 元々スーダンへのPKO部隊派遣を決めたのは民主党政権でした。
 
 しかし当時野党だった自民党は、現行の自衛隊法ではスーダンでのPKO活動は隊員にとってあまりに危険として、強硬に反対しました。

 実際に自身がPKO部隊を指揮した経験のある佐藤正久議員などが先頭に立ってこの問題を追及しています。

 民主党政権が派遣を決めた2011年8月当時から既にスーダンでは戦闘行為が多発しており、PKO参加5原則を守っての活動は不可能と言うのが当時の自民党の見解でした。

 しかし民主党政権はそれを無視して、派遣を強行しました。 そして2012年1月には実際に自衛隊PKO部隊が、スーダンに派遣されたのです。

 この時、民主党政権はスーダンで多発しいた武装勢力と政府軍や他国PKO部隊の銃撃戦や戦闘は、「武力衝突であり戦闘行為ではない」と閣議決定したのです。

 そしてこれもワタシは覚えていますが、この無茶苦茶なスーダンへのPKO派遣を、東京新聞その他のマスコミが問題にしていません。

2017y08m11d_220504821

 しかしこの危険極まりないスーダンへのPKO派遣をした年の暮れには民主党政権が崩壊し、安倍政権が誕生しました。

 けれども安倍政権はスーダンのPKOの撤退はさせませんでした。 当然ですよね。

 PKO派遣は国連や受入国への国際的な取り決めです。 日本国内の政権交代で政権が変わったからと言って、一旦派遣を約束した物を撤退できるわけがないのです。

そもそも自衛隊がなぜ日報を公表しない判断をしたのか。そこに安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」などの新しい任務を付与するには、撤収するわけにはいかないという政権への忖度(そんたく)はなかったのか。

 イヤそんなことで関係ないから。

 そもそもこの頃、スーダンで戦闘行為が頻発しているなんて国際常識だし、民主党じゃあるまいし、国が国連や他国と約束した事を国内事情でキャンセルなんてできないから。

205

 しかしその後もスーダンの状況は悪化して、2013年の7月頃からは、自衛隊の宿営地近くでも武装勢力と政府軍や他国PKOの部隊との銃撃戦つまり「戦闘行為」が起きるようになったのです。

 今回問題になっている日報の戦闘行為ってこの頃からの記述なのです。

 【全文】自衛隊は南スーダンで「戦闘」していたのか。黒塗りの日報、公開します

日本政府は南スーダンにおいて、この5原則(PKO五原則)が守られていると主張している。仮に「戦闘」が起きていては、派遣の前提が崩れてしまう。

 何か問題でも?

 南スーダンでは自衛隊派遣前から「戦闘」が頻発しているけれど、これは「戦闘でなく武力衝突だ」と民主党政権が閣議決定したのでPKO部隊が派遣されたのです。

 そしてその後も状況が悪化する事は、十二分に予想されたことです。

 しかもそれは2013年末には事実になり、インド軍には戦死者が出て、韓国軍は慌てて自衛隊に銃弾を貸してくれと泣きつく事態になり、スーダン全域が全面戦争にぜnなる危機にまでなったのです。

2017y08m11d_220634095

 こういう危機を経た上で、このままではPKO部隊の活動に支障が出るし、隊員の安全も確保できないと考えた上で、安倍政権が加えたのが「駆けつけ警護」を可能にする法案です。
 
 だってこのままじゃ近くに宿営する他国PKO部隊や非戦闘員
武装勢力に襲われれても救出に行けないのです。

 日本のPKO部隊が傍にいるのに、助けに来てくれない?!

 こんな状況になったら日本の国家としての名誉は破綻します。

216

 勿論、自衛隊員の安全を考えたら撤退が一番ですよ。

 しかし状況が最悪になり、多数の非戦闘員が危険に晒されている状況で、こうした人々を見捨てて撤退して良いのですか?
 
 こうした時に自分だけ逃げだして、他国のPKO部隊とそれらの部隊を送り出している国々の国民はどう思うでしょうか?

 自衛隊法とかPKO五原則なんて、国際的には全く通用しない日本独自のヘンチクリンな話しで、そんなモノを盾に訓練も装備も一流の部隊が撤退する事を理解して貰えると言うのでしょうか?

 だから野党もマスコミも、2013年スーダンの危機が最悪化した時には、自衛隊の撤退についてはダンマリを続けたのでしょう?

234

 イヤ、何度でも言うけどこの時期、スーダン各地で戦闘が多発したなんてみんな知っている事で、それどころかスーダン全域が全面戦争になりそうだったんですよ。

 それでも自衛隊の撤退を言わなかった連中が今頃になって日報の記述の中の「戦闘行為」と言う記述を問題にするって何ですか?

 しかも自衛隊は今年の5月までには完全に撤退した後です。

 つまりスーダンの状況が現実にはPKO五原則や自衛隊法で対応できるようなモノでない事は、2013年末には完全にわかっていたのに、その時は一切問題にせずに、自衛隊が撤退した後から問題にし始めたのです。

238

 しかも戦闘状態が多発するスーダンへのPKO派遣を決めたのは、安倍政権ではないのです。

 ところがこの事実を完全に無視して

「戦闘」を認識しながら派遣を継続したのなら、PKO参加五原則を無視する判断であり、厳しく問われなければならない。認識していなかったのなら、重要な情報が報告されないという、文民統制を脅かす重大な事態だ。

 と騒ぐのです。

 イヤそんなことを言うなら、そもそも2011年に民主党政権がスーダンにPKO派遣を決めた時に反対するべきだったでしょう?

 もう一度言うけど、PKO派遣は国連や受入国、そして他国PKOとの約束事なのです。 一旦派遣したらホントに危険な時に帰る事などできないのは、子供でもわかる話です。

 それを無視して今頃一体何を言っているんですか?

251

 因みに日報を黒塗りにするのは当然です。 だって現在も展開中の他国PKO部隊の安全に関わる話しや、自衛隊の情報収集能力など軍事機密に関わる話しも書かれているのですから。

 こんなモノ安易に公開して、今もスーダンで活動している他国のPKO部隊に何かあったらどうするんですか?

 そもそも日報は公開を目的に書かれてはいません。 だから公開できない事を書いてあるのは当然なのです。
 
 それを公開するとなれば、公開できない事は全部黒塗りするしかありません。 そして黒塗りでも機密を確保できない物は破棄した事にするしかないのです。

 何が問題ですか?

252
 
 勿論、稲田さんの答弁の不味さとか細部ではイロイロあったのかもしれません。 
 
 根幹を見れば全く愚かしいイチャモンの為のイチャモンと言うしかないのです。

 しかもそのイチャモンを着けているのが、スーダンへのPKO派遣を決めた民進党なのです。

 そしてマスコミがその尻馬に乗って騒いでいるのです。

 現在北朝鮮のミサイル問題は益々深刻化しています。 そういう時に首相や防衛相を、国会に読んでこんな事で騒ぐってどう言う神経なんでしょうね?

 こんな事ができるのは、日本人の生命なんかどうでも良いと思っている証拠でしょう?

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(9)