2017-04-21 18:11

脅迫で差別を亡くそうと言う人達

 ワタシは差別反対を叫ぶ人達が大嫌いです。
 そもそも彼等は本当に差別を亡くそうと思っているのでしょうか?

 こういうのを見ていたら真逆じゃないかと思ってしまいます。

240

 「同性愛者」アウティングは違法行為か 一橋大生自殺訴訟、原告側が争点・双方の主張説明

  同級生に同性愛者であることをアウティング(公表・ばらし)されたことが原因で一橋大学法科大学院生だった長男=当時(25)=が自殺したとして、東海地方に住む両親が同級生と一橋大学を相手取り計300万円の損害賠償を求めている訴訟で、原告側が19日、記者会見を開き、これまでの訴訟で判明した事実や訴訟の進行状況、今後の訴訟方針などを明らかにした。

「隠しておくの無理」

 訴状や訴訟で明らかになったところによると、長男は平成27年4月、友人だった法科大学院の同級生に「好きだ。付き合いたい」などとインターネット無料通話アプリ「LINE」を通じてメッセージを送った。同級生は「付き合うことはできないが、これからも良い友達でいたい」などと返信した。

 その後も長男は同級生を食事や遊びに誘った。同年6月、同級生が、長男もメンバーである友人同士のLINEグループに「俺もうお前がゲイであることを隠しておくの無理だ。ごめん」とのメッセージを投稿したため、友人内に長男が同性愛者であることが発覚。その後、長男は大学側のハラスメント相談室や法科大学院の教授に相談していたが、同年8月、クラス全体のLINEグループに「〈同級生の実名〉が弁護士になるような法曹界なら、もう自分の理想はこの世界にない」「いままでよくしてくれてありがとう」などとするメッセージを投稿し、校舎から飛び降り死亡したとしている。

原告側によると、同級生側は「告白を断ったのに、長男からいろいろな連絡があり、精神的に追い詰められた。長男を避けるために友人グループからも距離を置かざるを得なかった。自分の苦しい状況を他の友人に理解してもらうためには、ああしたメッセージを送らざるをえず、正当な行為だった。また、長男から打ち明けられた内容を、他人に話してはいけないという法的義務もない」と主張。学校側は「自殺は同性愛を苦にしたもので、“人知の及ばないこと”だ。大学側の対応に問題はなかった」とし、ともに請求棄却を求めている。

「加害行為で違法」

 原告側は19日の会見で、「同性愛者であるとアウティングすることは長男への加害行為であり違法だ。大学側も『長男個人の問題』と解釈するだけで、適正な対応を取らず、自殺を招いた責任がある」と指摘。その上で、「同性愛者が苦しまざるを得ないのは、同性愛者個人の問題ではなく、同性愛者を差別する社会の問題だ」などと訴えた。

 最大の争点は、アウティングは違法行為なのか-という点。その他の争点として、同級生によるアウティングは正当だったかや、大学側の対応は適切だったかという点も問われている。

原告側は今後、アウティングの違法性を立証するため、「同性愛者であることをアウティングされると、日本は不利益を被る社会だ」とする趣旨の専門家の論文や関係者の証人尋問を証拠申請するとしている。

 一方、この訴訟をめぐり、原告側を支援する団体は5月5日午後3~6時、明治大駿河台キャンパス(東京都千代田区)リバティタワーで集会を開く。参加費無料。自身が同性愛者だと公表している鈴木賢・明治大教授が基調講演するほか、パネルディスカッションが行われる予定。問い合わせは、なんもり法律事務所(電)06・6882・2501。

172

 マジに被告になった同級生はとんだ災難でした。

 この話は昨年から結構ネットにでていますが、何処をどう見ても彼は別に自殺した学生を同性愛であることを理由に嘲ったわけでも差別したわけでもありません。

 これは同性愛には限りませんが、友人として付き合うのは構わないけれど、恋人にはしたくない人から、愛の告白をされると誰でも困惑します。

 相手がやたらに思いつめていると、本当に困ります。

222

 そう言う場合は誰でも、他の友人など親しい人に相談するのです。 

 ワタシも自分がそう言う告白をされたことはありませんが、友人からそういう相談を受けた事はあります。

 まして同性愛者でもない人が、同性からやたらに真剣な恋の告白なんか受けたらどうしたら良いかわからないでしょう。

 それで困って友人に相談したら、

  違法行為だ!!

 告訴だ~~!!

 と言うのです。

 こんなの脅迫です。

 これじゃもう同性愛者らしき人間には近づかないようにするしかありません。

 またウッカリ近づいて、愛の告白でもされたら、「オマイは不細工だからタイプじゃない。」とか、とにかく同性愛者への差別にならないような形で、バッサリと切り捨てるしかありません。

 それで相手がどんなにショックを受けても、傷ついても、同性愛者への差別にならないようにしないと、自分が大変な目に遭います。

182

 そもそも現在日本で、同性愛差別反対を叫んでいる連中の真意は何でしょうか?

 欧米で同性愛差別反対を叫ぶのはわかります。 欧米ではキリスト教の影響から、近年まで非常厳しい刑事罰がありました。

 イギリスの天才数学者で、ナチの暗号エニグマを解読し、ソ連の暗号を解読中だったアラン・チューリングを自殺に追い込んだ顛末など、よくもまあこんな事をやるもんだと呆れるしかない程です。

 国家の存亡に関わる暗号を解読中の天才でも、同性愛者なら自殺に追い込むぐらいですから、普通の同性愛者は生きた心地はしないでしょう。

 そういう国々で同性愛差別に反対する、しかもその運動が過激になると言うのは当然だと思います。

 しかし日本の歴史には同性愛者に刑事罰を課した事などありません。 むしろ「衆道は武士の嗜み」と言われたぐらいです。

 日本で「同性愛者が差別されている」と叫ぶ人達も、それではどのような差別があるのかを全く説明しません。

242

 行政や企業に偏見は根強く残っているし、『差別はいけない』という教育も十分なされていない。

 ??

 どんな偏見でしょう?

 札幌市の消防学校は「いい男」の人形で遭難救助訓練をしています。

 三島由紀夫は学生時代から同性愛者であることが丸わかりの小説を結構書いていましたが、1947年東大法学部を卒業後直ぐに大蔵省に就職しています。

 アラン・チューリングの自殺は1964年なのです。

 そして三島由紀夫は今も一部の極右にとっては英雄なのです。 

 つまり日本では、自称リベラリスト達が差別や偏見の卸元のように言う極右・国粋主義者でも同性愛者を差別しないのです。

268

 にも拘らず、なぜか日本のリベラリスト達は、この数年来同性愛者への差別反対を叫び出したのです。

 彼等がそれを叫び出したのは、欧米、特にアメリカで同性愛差別反対運動が起きて、それなりに成果を挙げてからです。

 つまり純然たる輸入品なのです。

 こうした活動を見ていると、日本の自称リベラリストの本質は、明治以来の舶来品崇拝・欧米崇拝だと思わざるを得ません。

 だから彼等は本気で差別を亡くす気はないのです。

 と言うよりも自分達が欧米に倣って同性愛差別反対を叫ぶ為には、日本に同性愛差別を無ければ困るのです。

284

 彼等が何の為に欧米を崇拝するか?

 それは自分達が欧米の理念の卸元になる事で、他の日本人の優位に立てるからです。

 オレ様は先進国の文化を知る文明人だ。 

 オマイラ、無知蒙昧な野蛮人とは違う。

 こう言って踏ん反り返りたいのは、途上国型のインテリの病気です。 残念ながら日本も明治時代にこの病気に感染してまだ完全には治癒していないのです。

 だから彼等は同性愛差別反対を喚いても、本当に同性愛差別を亡くす気など全くない。

 それどこか是非とも日本に同性愛差別が無くてならない。 日本が欧米より遅れていなければ、自分達がアメリカから輸入した同性愛差別反対の理念が売り物になりません。

 だから頑張って日本で同性愛者の差別を作るのです。

286

 差別って差別反対を喚けばなるなる物じゃないです。

 それどころかこうやって差別反対を喚かれると、それまで同性愛者の事なんか意識せずに付き合っていた人達だってヘンに意識せざるを得なくなります。

 そして今までのように気楽に付き合えなくなります。

 だってウッカリ何か言ったら「差別だ!!」と告訴されるかもしれないのですから。

 だからこう言う事をやり続けると、同性愛者に近づく人がなくなり、壁ができるようになります。

 でも反同性愛差別を騒ぐ事の目的が差別を作る事なのですから、彼等にすれば理に適っているのです。 

 反同性愛差別に限らず、今の日本で反差別の活動をしている人間は皆この同類でしょう。

270

 そもそも日本の自称リベラリストや自称人権団体が問題にしている差別は、法的には存在しない物です。

 つまり法の下の平等は保障されている人達について、「差別だ!!」と騒いでいるのです。

 これは公民権や公的機関ではなく、個人に対して他の人を平等に扱えと強要していると言う事です。

 なるほど現在の一般道徳では、人を人種や宗教そして性的嗜好などで差別してはイケナイ。

 同性愛者だとかイスラム教徒だとか朝鮮人だと言う理由で、他人を嫌ってはイケナイ。

 勿論こういう心掛けを守るのは立派な事ではあります。 でもこんな事はあくまで個人の精神的規範の範疇ではありませんか?

 こんな事他人に強要して良い事でしょうか?

142

 ましてこんな事性的嗜好と言う超プライベートな問題にまで強要して良いのですか? 

 これは究極的には「オレ、ホモは嫌いなんだよね。 だって男同士でやるって想像するだに気持ち悪い。」と言う人に対して「オマエ、それは差別だ!! ホモから誘われても拒否するな!! 拒否したら裁判で賠償させてやる!!」と言う所まで行くことになります。

 こんな強制と脅迫で人の心を変えようと言う発想が、マトモなのでしょうか?

 民主主義国家でこんな事を許されるのでしょうか?

 こんな脅迫と強制を繰り返す事でホントに差別がなくなるのでしょうか?

 それ以前に彼等の言う「差別」とは一体何なのでしょうか?

130

 しかし是非ともこの脅迫と強制をやりたいのが反差別を喚く人達なのです。

 だからワタシは差別反対を喚く人達が大嫌いなのです。 

  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2017-04-20 21:10

日弁連と民主主義について

 産経新聞が6回連続で、日弁連の問題を特集していました。

政治集団化する日弁連「安倍政権、声を大にして糾弾」…反安保で振り回した「赤い旗」

「何としても安保法案廃案に」SEALDs、野党と〝共闘〟…内部から「多様な意見切り捨てた独善」と批判も

「もし中国が尖閣占領を…」〝日本有事〟直視しない反安保決議 少数派が主導権握る日弁連執行部

証拠なしに「慰安婦強制連行」「性的奴隷」 日本貶(おとし)める声明を訂正せず…〝野蛮な国〟認知の背景に日弁連活動

直ちに廃止」先鋭化した〝脱原発〟 「政治でなく法的スキームの問題」…科学、国益考慮せず

出席2.1%で死刑廃止宣言 「被害者の権利根こそぎ奪う」渦巻く批判…組織に深刻な亀裂

060

 日弁連(日本弁護士連合会)と言うは1949年GHQの指導の下で、弁護士の自治と言う名目で作られた弁護士の団体です。

 そして弁護士法22条により、日本で弁護士として働くには、地域の弁護士会を通じて日弁連に登録し、会費を払わなければなりません。

 会費は地域によって違いますが、年50~100万円になります。 
 これは弁護士=高所得者だった頃でも結構大変な額だと思います。

 しかし近年は弁護士が過剰になって年収300万に満たない弁護士も少なくありません。
 こうした弁護士達にとってはこれはもう大変な負担で、その為弁護士資格があっても弁護士登録を諦める人も多いそうです。

067

 それにしても全ての弁護士からこんな莫大な会費を徴収して何をやっているかと言えば、上記の産経新聞の記事の通り、まるで共産党や社民党の下請けのような奇妙な政治活動ばかりなのです。

 それが何でこんな事になるのか?

 途上国などで民主主義が機能せずに、独裁者が横暴を極め一般国民を搾取するような場合は、「国民の教育レベル低く無知なので民主主義を維持できない」と言われます。

 しかし日弁連にはこれは当て嵌まりません。 
 だって会員は全部弁護士先生!!
 
 日本でも最高の高学歴集団なのですから。

231

 それでも日弁連の民主主義が機能しないのは、この為でしょう。

大阪弁護士会所属のある弁護士は「少数派である左翼系の弁護士が日弁連や単位弁護士会を事実上仕切っている」と吐露する。多くの弁護士は日常業務に追われ、会の運営に無関心か、反体制的な活動を嫌って一定の距離を置く。一方で会務に熱心に取り組む少数派が組織の主導権を握り、最高意思決定機関である総会にも委任状を集めて大挙して出席、場を支配するというのだ。

 つまり弁護士の殆どが日弁連の活動には関心がない。
 
 だから一部の活動家が会を仕切っても文句も言わない。

 そして活動家が会を仕切っているので、そういう連中と関わり合いになりたくないから、益々会の運営に無関心になる。

 こういう状況を良い事にして、一部の左翼活動家が日弁連を私物化し、日弁連の名前と資金を自分達の活動に使っていると言うわけです。

239

 これを見ると民主主義と言うのは実に厄介な物だと思います。

 実は日弁連の組織運営だって、会則上は立派に民主主義なのです。 
 会長や役員の選出も、各種議決も会員の多数決で決まるのです。

 しかし圧倒的多数は会の運営に無関心。
 一方少数だが会を政治活動に利用したい熱狂的活動家がいる。
 
 すると熱狂的活動家達は、無関心派の所を回り議決の委任状を集めて回る。

 無関心派の中にはこういう活動を「嫌だなあ」と思っている人も多いでしょうが、でも「アイツラと揉めたら面倒だし」と簡単に委任状を渡してしまう。

 これでいつも活動家達の思い通りの議決が通る事になるのです。

247
 
 つまり民主主義って主権者自身が自分の主権の行使に関心を持たないと機能しないのです。

 しかも始末の悪い事に、無関心であっても主権者である以上は、その責任は回ってきます。

 つまり会費を勝手に値上げされてもその請求書は回って来るし、日弁連のオカシナ議決も自分の意思と言う事になるのです。

243

 日弁連がオカシナ事をやるようになったのは、最近の話ではありません。 もう何十年も前からです。

 つまりこんな状況が何十年も続いていたと言う事です。

 その間殆ど弁護士達は、左翼活動家の活動を放置し、彼等の為に唯々諾々と会費を払い続けて来たのです。

 こういうのを見るとホントに民主主義を守るって難しい事がわかります。

 何しろ日弁連の会員は全部弁護士なのですから、無知により自分達の権利が蔑にされている事を知らなかったわけではありません。

 彼は皆自身の法的権利は熟知しているのです。

 普通の人間が組織と揉める場合に一番恐れるのは、相手が弁護士なんぞを連れてきて「訴訟する」と言い出す事です。

 でも日弁連の会員ならそれを恐れる人はいないでしょう。

 ああ、それなのに・・・・・。

238

 幾ら自分の権利を熟知していても関係ないのです。
 
 なぜなら彼等は自分自身権利に関心がないからです。
 だから日弁連は左翼活動家の食い物になっているのです。

 自分の権利を熟知し、それを守る能力を持つはずの人々が、それを放置し続けたのは、つまりは日弁連と言う組織自体が弁護士達の活動にさしたる必要がないからかもしれません。
 
 弁護士の自治と言っても一体何をしているのか?
 
 せめて町内会程度の必要性があれば、こんなお粗末な状況が何十年も続くわけはないのです。 

 町内会の会員は町によっては中卒や高卒ばかりだろうけれど、それでも左翼活動家に運営を乗っ取られて、会費がヘンな政治活動に使われている所なんかありませんからね。

 町内会程の価値もないから、稲田朋美や橋下徹なども弁護士として日弁連の改革など目もくれないのです。

235
 
 必要のない団体を作り、その団体に強制的に会費を支払う制度を作ると、法的権利のエキスパートばかりを会員にしても、唯唯々諾々と搾取されるだけになると言う事の証明が日弁連なのでしょう。

 因みにGHQは日弁連だけでなく労働組合も作らせました。 そしてその組合に幹部として入り込んだのは、当時はGHQと蜜月状態だった日本共産党の党員達です。

 これで共産党の党員達が労働組合を私物化して、自分達の活動に利用し、その組合費を食い物にする体制が確立したのです。

 この体制が今も崩れないのは、日弁連同様、組合員達が組合活動に全く無関心だからです。

 つまり共産党は今のGHQの遺産を食いつぶして生き延びているのです。

234

 ペリクレスは勇名な戦没者追悼演説で、民主主義国家における市民の在り方を謳いました。

 その中で彼はこう述べます。

 (アテネでは)政治に関心を持たない市民は静けさを愛する者とはみなされず、ポリスを背負う市民の義務を果たさない者とみなされるのだ。

 その通りです。 この日弁連の現実を見たらこの意味がわかりました。

 一旦、民主主義を導入したが最後、主権者となった人間には、主権者の義務が生じるのです。 なぜなら主権者がその義務を果たさないと組織が正常に機能しないからです。

 だからその義務を放棄する人間は「義務を果たさない者」として蔑まれるのです。

  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2017-04-20 00:09

何となく思い出

 もう30年ぐらい前の話しですが、ワタシはその頃、英語コンプレックスを治したくて、英会話教室や英語喫茶に通っていました。

 英語喫茶と言うのは、その喫茶店内では英語しか使わない事にして、客同士で英会話の練習をしようと言う喫茶店です。 

084

 そこにいつも子供を連れてくる女性がいました。

 子供は彼女の甥、弟の息子で、小学校3年生でした。
 彼女の弟はアメリカへ留学後、アメリカで働いていてアメリカ人の女性と結婚しました。 それで生まれたのがこの子でした。

 しかし彼女によると弟夫婦は双方、自分のキャリアと人生で頭が一杯で、子供の世話をお互いに押し付け合っていました。

086

 そしていよいよ面倒になると、子供を祖父母の所へ送りつけてくるのです。

 つまり子供一人を飛行機に乗せて、成田に送るのです。 そうすると祖父母のどちらかが、札幌から成田まで子供を連れに行かなくてはなりません。

 それでも祖父母は孫可愛さに文句も言わずに、成田まで子供を連れに行き面倒を見てやり、そして息子夫婦がまた子供を引き取ると言ってくると、今度はまた成田まで子供を連れて行き飛行機に乗せてアメリカへ送り返していました。

101

 しかしこうやって親の都合で、日本とアメリカをキャッチボールされているうちに、子供の精神状態がオカシクなってきました。

 それで祖父母はもう完全に孫を引き取り、日本で孫を育てる決心をしたのです。
 
 そこでその子はもうアメリカへは帰らず、祖父母と、祖父母と同居している独身の伯母と一緒に暮らし、近くの小学校に通う事になったのです。

130

 伯母である女性によると、小学校の先生達は随分良くしてくれたそうです。 

 当時は、学級崩壊とか落ちこぼれとか、学校でイロイロな問題が起きていた頃なのでこれは意外でした。
 
 この子は日米をキャッチボールされて育ったので、日本語はそこそこできるけれど、日本語の読み書きは全くできなかったし、精神的ズタズタになっていた時期もあって、勉強は随分遅れていたそうです。

 けれども担任だけでなく数名の先生達がチームを組んで毎日交代で、自宅まで来てこの子の勉強を見てくれたそうです。

 それでほどなく普通に授業についていけるようになり、本人も喜んで学校へ行くのだそうです。

156

 タダ伯母から見て残念なのは、こうしてこの子が日本の生活に馴染むにつれて、ドンドン英語を忘れて行くことでした。 

 せっかく完璧にバイリンガルで育ったのに・・・・・。

 そこで彼女は何とか甥の英語力を維持してやろうと英語喫茶に連れてくるのでした。

 しかし本人は英語には全然未練がないようでした。

 だからせっかく英会話喫茶に来ても殆ど英語は使わず、他の客から英語を話すように勧められると「何で英語しゃべらなくちゃならないの? 僕は日本人なのに。」と言う始末です。

197

 それを聞くと何とも切ない気がしました。

 だってその子は完全な外人顔だったのです。
 
 混血児でも結構日本人に近い顔の子もいるけど、その子は子供のくせにやたらに鼻が高く、目が落ち窪み、BBC版のシャーロック・ホームズみたいな顔をしているのです。

 だからこれからこの顔で日本人をやっていくにはチョッと辛いだろうなあ・・・・・と思ってしまうのです。

201

 それでもこの子が、そんなことを言って頑張るのは、アメリカの両親との生活が余程辛い物だったのでしょう。

 だって普通に考えたら遠い我が子を遠い日本の祖父母の所の預けっぱなししては、将来子供はアメリカで暮らせなくなるかもしれないし、日本語の出来ない母親とは話もできなくなるかもしれないのです。

 それでも両親は特に文句も言わずに、と言うかこれ幸いとばかりに、祖父母に預けてしまったのです。

 こういう両親との生活が子供にとってどんなものだか・・・・・。

211

 夕べジャックさんのブログを読んでいたら、この子の事を思い出してしまったのです。

 同性婚合法化の背景にあるアメリカの家庭崩壊

 あれからもう30年程経ちますから、この子も今は40過ぎのオヤジになっていると思います。
 
 マジにシャーロック・ホームズ顔になってるんじゃないだろうか・・・・・。

 彼は今どこにいるのでしょうか?
 何処に居ても良いけれど、どうか幸せに暮らしていますよに・・・・・。
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2017-04-18 12:05

なぜ読書をするか?? 日本の大学大丈夫??

 なぜ読書をしなければいけないか?

 読書離れ進行「なぜ読書をしなければいけないの?」への回答

 この記事に書かれている回答は全部ナンセンスだと思います。
 
 なぜならどれも自分が読書をする理由、読書で感動した話ばかりで、読書をしなければいけない理由ではないからです。

2017y04m17d_195200319

 ワタシは実は元々読書好きです。 読書ができなくなったら自殺しちゃうだろうと思っていたぐらいです。

 ところが50代始めから目を悪くしてホントに読書ができなってしまいました。

 それでも自殺せずに済んだのはネットのお蔭です。
 
 本の字は読めなくても、パソコンの字は読めました。 それで文章を読む事はできました。 またブログを書くと言う新しい楽しみもできたので、自殺は中止したのです。

042

 こうした自分の経験から言っても、読書と言うのは元来純然たる楽しみで嫌いな人が無理にしなければならない物だとは思えません。

 またネットは結構読書の代わりになります。 少なくとも時事問題などの情報を得る上では、新聞、雑誌より有効で効率も良いです。

 そして娯楽としての読書、つまり文章を読んで暇つぶしをすると言う点でも十分読書の代わりになります。

 また読書と違い、読んだ物に対する感想をコメントして書き、他の人と意見を交換できると言う楽しみもあります。 

 ネットがなければ本当に自分とは根源的に意見の違う人達とストレートに議論する事は難しいでしょう。
 しかしネットならネトウヨたる自分も、純正パヨクと議論できるのです。

 そしてこれはネットの非情に大きな利点です。

047

 しかし問題なのはこれです。

 3月8日付の朝日新聞に、21才の大学生からのこんな投書が掲載された。

《本を読まないのは良くないと言えるのだろうか。(中略)もし、読書をしなければいけない確固たる理由があるならば教えて頂きたい》

 大学生でこれはないでしょう?

 これが文系の学生なら最悪です。

054

 元来、人文科学は過去の古典知識の積み重ねです。 だから欧米の学生はこうした古典やそれに関する参考著書をギッチリ読まされます。

 授業で名前が出てくる著書は必ず読まなければなりません。 そしてそれに着いてレポートを書いたり、討論をすると言う授業が続くのです。 ちゃんと読まないとこうした授業についていけません。

 だから大学生活はこうした読書に追われる事になります。

 これは当然でしょう?

059

 だって「近代政治学の祖はマキャベリで、その代表的な著書は『君主論』。 彼はこの中で倫理や信仰に囚われず現実的な政治を語ろうとした。」など習っても、実際に「君主論」を読み、マキャベリの生きた時代を知らなければ、なぜ近代政治学が生まれたのかはわかりません。

 そして古典の文献を実際に読んでみると、一般的言われている話しと全くイメージが違ってくる場合も多いのです。

 だから自分で物を考える為には、こうした古典をまず自分で読む、そして考えると言う訓練が必要なのです。

 少なくも大学を出て「知性」を商売道具にするなら、この訓練なしでは済まされないのです。

 そして今現在では、少なくとも日本では、こうした古典の名著やそれに関する著書の多くはまだ電子化もされていないので、本で読む、つまり読書をするしかないのです。

060

 そ、それなのに!!

3月8日付の朝日新聞に、21才の大学生からのこんな投書が掲載された。

《本を読まないのは良くないと言えるのだろうか。(中略)もし、読書をしなければいけない確固たる理由があるならば教えて頂きたい》

 大学生がこれで良いんですか?

062

 朝日新聞の読者のレベルが超低いと言えばそれまでかも知れないのですが(朝日新聞のレベルが低いので読者のレベルも低いのは当然でしょうが)、それでも大学生を名乗る人間がこんな事を言うってあんまりじゃないですか?

 そしてこれに対して誰も大学生が、講義を理解する上で必要な読書について説明しないのはどういう事なのでしょうか?

 因みにワタシ自身は大学時代、講義で読むべき本は殆ど指定されませんでした。 しかしそれはワタシが三流大学の工学部卒で人文系の講義は、刺身のつまみたいなモノだったからです。

 しかし人文科学を専攻する学生がこれでは困るでしょう?

 もし人文系の学科をこれで卒業できてしまうのでは、絶望的ではありませんか?

071

 オマケ

 ワタシはこの10年弱、目を悪くして全く読書ができなくなっていました。

 それで専らネットばかりしていたのですが、なぜか奇跡が起きて2年程前からまた読書ができるようになりました。

 ヤッパリ読書は良いです。

 ネットは断片的な知識を得るのは大変便利ですが、纏まった知識は得られません。

083

 この数か月は塩野七生の「ギリシャ人の物語」に嵌っています。 

 民主主義国家の戦争と言う物を考えて何度でも読み返してしまうのです。

 またこれについてブログにアップしたいと思います。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2017-04-17 20:48

辛夷が咲く

 ついこの間まで随分寒い日が続きました。

110

 そして13日には雪が降りました。

008

 チューリップが可哀想でした。

2017y04m17d_194945314

 やめてよ!!
 寒いわよ!!
 もう四月の半ばなのに、好い加減にしてよ!!

2017y04m17d_195042298

 でも、今日久しぶりに散歩に行くと、何とキクザキイチゲが咲いていました。

2017y04m17d_195114224

 雪の融けた空き地に白い小さな星のように咲いていたのです。

053

 とうとう春が来てしまいました。

058

 それでは?

063

 と思って辛夷の木の所へ行くとちゃんと花が咲いていました。

080

 まだ三分咲きですが、それでもちゃんと咲いたのです。

2017y04m17d_195736976

 雪解け水の溢れる川にはマガモの夫婦がいました。

113

 柳も青み始めていました。

150

 花の季節が始まったのです。

158

 待ちに待った花の季節です。

164

 嬉しすぎて狼狽してしまいます。

210

 余りにも華やかで美しい季節なので、勿体ない気がしてしまうのです。

197

 でもこれからは毎日毎日次々と花が咲いて行くのです。

199

 これから花が山を駆け上って行きます。

225

 景色も日ごとに変わっていきます。

257

 そういう季節がとうとう始まったのです。

263

 これからは花の写真を一杯載せる事ができます。

281

 嬉しさにオロオロしながら帰りました。

291

 帰り道に見た辛夷は皆咲いていました。

2017y04m17d_194537505

 でもね、明日は雨なのです。 雪じゃないです。


  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)