2017-03-17 13:34

児童ポルノ漫画とBBCの馬鹿女

 児童ポルノについて根源的な疑問ですが、二次元の児童ポルノが子供の性的虐待を誘発すると言う根拠はあるのでしょうか?

 少し前ですが、BBCが日本の二次元児童ポルノを特集し、女性リポーターが「日本人は子供を性的に搾取しても良いと思っているのではないか。」と熱く主張したそうです。

2017y03m17d_130004101.jpg 

 彼女は「漫画だけでは物足りなくなる人が出てくるかもしれません。」と言ってます。
 
 それではそういう人はどの程度出てくるのでしょうか?
 逆に児童ポルノ漫画を禁止すれば、子供への性的虐待が減ると言う根拠は何処にあるのでしょうか?

 児童ポルノに限らずポルノには、性欲を掻きたてる、誘発すると言う面はあります。
 
 しかし性的なパートナーの居ない人が、ポルノを使って性欲を掻きたててそれで自慰を行って、性欲をコントロールしていると言う面もあるのではありませんか?

 実際、日本とイギリスの子供の性的虐待の件数を比べると、イギリスの方が遥かに多いのです。 

097

イギリスにおける性的虐待件数(15歳までの児童) 

 2011年度 2万1,493件 
 2012年度 2万3,000件 
 2013年度 3万1,000件 
 2014年度 4万7,008件 

日本における性的虐待件数(18歳までの児童) 

 2011年度 1,460件 
 2012年度 1,449件 
 2013年度 1,582件 
 2014年度 1,520件 

135

  イギリスは日本に比べて二次元も含めて児童ポルノに対する規制が遥かに厳しいのです。 それなのにイギリスの方が遥かに子供の性的虐待が多いのです。
 
 これは

 児童ポルノ漫画が自由に手に入る日本の小児性愛者は、児童ポルノ漫画を使って性欲を解消してしまい、実際の犯罪には及ばない。
 しかし児童ポルノ漫画さへも完全に禁止されているイギリスの小児性愛者は、性欲の解消法がない為、現実の児童への性犯罪に走る。

 と説明できるのではありませんか?

145

 欧米では近年まで同性愛が犯罪・病理とされてきました。 それで同性愛者に刑事罰を課したり、ホルモン療法などの治療を強制したしりました。
 
 天才数学者アラン・チューリングをそれで自殺に追い込みました。

 しかしそれでも同性愛はなくなりませんでした。 
 
 なぜ同性愛者が生まれるのかはわかっていませんが、現在では単に病気だとか犯罪とか言って済ませる事はできない物であることがわかってきました。

 それで今では欧米でも同性愛を合法化し、同性愛者の人権を守るようになりました。

 小児性愛は意思決定権のない子供を相手にすることから、同性愛のように合法化はできません。

 しかし小児性愛者も同性愛同様、その不道徳性を咎めるだけで、また治療や刑事罰だけで、この世から消せるものではないでしょう?

148

 であるならば児童ポルノ漫画で、彼等が性欲をコントロールしてくれるなら、理想的ではありませんか?

 彼等が自分の性的嗜好が、絶対に現実世界で満足してはならない物であることを納得した上で、児童ポルノ漫画で性欲を解消して、子供への性犯罪に走る事を防ぐ事ができるなら、子供達にとっても彼等にとっても救いではありませんか?

 だって「進撃の巨人」のアニメでどんなに巨人が暴れまわっても犠牲者は一切でないのと同様、児童ポルノ漫画でもそれで実際に性的虐待される子供は一人もいないのですから。

 それでも「児童ポルノ漫画を禁止しよう」と言う声が上がるのは、小児性愛者以外の人間にとって、児童ポルノ漫画はあまり不快で不道徳と感じられるからでしょう?

 要するに「オレが気持ち悪いから止めろ!!」と言うだけなのです。

 でもこれは実は同性愛者でない人間にとって、同性愛が気持ち悪くて不快だから、「同性愛を禁止しろ!!」と言ったのと同じでしょう?

158

 イヤ、勿論小児性愛は実際に不道徳なんですよ。

 でも「不道徳だから止めろ!!」と言うだけでそれを防げるなら強姦事件なんて物は、そもそも起きないのです。

 だから本当に児童への性犯罪を防ごうとするなら、児童ポルノ漫画が児童への性犯罪を誘発するか抑制するかを、まず科学的に検証するべきではありあませんか?
 
 検証した結果、犯罪を誘発するとわかれば勿論禁止するべきです。

 しかし検証した結果、犯罪を抑制する効果があるなら、子供達を性犯罪から守る手段、そして性犯罪への誘惑から小児性愛者を守る手段としても活用するべきではありませんか?

 少なくもこのBBCの馬鹿女みたいにヒステリックで感情的な対応は避けるべきです。

167

追伸

 現在、イギリスでは児童ポルノでない普通のポルノについては、殆ど規制がないようです。

 で、非常に不思議なのですが、児童ポルノ以外のポルノは性犯罪を誘発しないのでしょうか?

 ポルノが性犯罪を誘発するであれば、児童ポルノだけではなく、ポルノ全てを禁止するべきではありませんか?

 だって成人女性なら性犯罪の被害に遭っても構わないわけじゃないでしょう?

 それなのに児童ポルノについては二次元まで禁止しろ!!と言い、それ以外なら無修正実写も規制しないと言うのは、論理性も整合性もありません。


  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(15)

2017-03-16 21:03

高江の救急患者なんぞ死ねば良い!!by 沖縄タイムス

 沖縄タイムスは高江の救急患者なんぞ死ねば良いと思っているようです。

 以下は沖縄タイムスが3月13日にDHCシアターが発表した1月2日放映の「ニュース女子」の検証番組への沖縄タイムスの評価の一部です。


 救急車を「止めた」から「妨害している」という論点にずらして検証した。初回放送で証言した住民が「本来の時間通りに到着できなかった」という意味合いだったと説明。前回はしなかった地元消防への電話取材を実施。「救急車の妨害はなかった」という証言を紹介した一方で、「安全のために徐行したりして、時間がかかったことはある」という言葉を強調した。

 沖縄タイムスは「ニュース女子」で「過激派が救急車を止めた」と報道した事を「デマ」として断罪してきました。
 
 それで今回DHCの番組では「止めた」を「妨害している」と論点をずらしたとして言うのです。
 
 なるほど厳密に言えば、「止めた」と「妨害している」は違います。
 地元消防署長によれば、とにかく救急車は目的地には行ったのですから。
 
 しかしこれなんかオカシイと思いませんか?

 安全のために徐行したりして、時間がかかったことはある

 ええ、地元の消防署長ははっきりとこう言ったのです。

馬鹿野郎~~!!
救急車が安全の為に徐行して良い分けないだろう!!

 119番をした人は、苦しむ患者の傍で、祈る思いで救急車を待っているのです。
 救急隊員は1分1秒を争って、患者を病院に搬送するのです。

 だから救急車はサイレンを鳴らして、交通規則を完全に無視して驀進する事なっているのです。

 そして救急車のサイレンを聞けば、他の車は救急車に道を譲り、歩行者は救急車の走行の邪魔をしないように、横断歩道に出るのを止めます。

 歩行者もドライバーもそれぞれ急ぎの用事を抱えていたりするのですが、救急患者の命には代えられないので、自分の都合は後回しにするのです。

 普通の日本人はこのように考え行動するのです。

 しかし沖縄タイムスは違うようです。

 高江の基地反対派が道路を塞ぎ、交通を妨害し、それで救急車が徐行せざるを得なくなって、救急患者の搬送が遅れてもそれは「救急車を止めたわけではないから、無問題」と考えているのです。

 そりゃ救急車の出動を要請する側も、必ずしも命に関わる状況とは限りませんよ。 

 しかし救急救命処置までの数分の時間が、生死を分ける事だって普通にあるのです。
 それが救急救命活動の現場でしょう?

 けれども沖縄タイムスは、基地反対派が救急車を徐行に追い込んでも「止めた」わけではないから、「ニュース女子」がそれを非難するのは許せないと言うのです。

 つまり沖縄タイムスは高江地区の救急患者の命何ぞどうでも良いのです。

高江の救急患者なんぞ死ねば良い!!
オマイラの命なんぞゴミじゃ!!
我らの崇高な基地反対運動の犠牲にしろ!!

 これが沖縄タイムスの本心なのです。
 これが何かと言うと「いのちどう宝」と喚く基地反対派の本心です。

 因みにこれが本心であることは、この検証記事で基地反対派の無意味な救急車の出動要請を問題していない事でもわかります。

 
(救急車問題は54分から)

 この番組によると反基地派が昨年7月から10月までの4ヶ月間に、高江の基地反対派が20回も救急車の出動を要請しました。

 しかもその内5件は救急車が到着後に搬送をキャンセルしているのです。

 つまりかすり傷程度の傷で、救急搬送の必要がないのに救急車を呼んだのです。

 当然ですがこのように人口の少ない地区では、地域で保有している救急車も限られています。 一方重篤な患者の処置のできる大規模な病院までは相当な距離があるのです。

 こんな地域で無意味な救急出動要請を繰り返すとはどういう事か?
 
 つまりは本当に救急車を必要とする急患の搬送が間に合わなくなり、死者が出る可能性があるのです。

 ところが沖縄タイムスはこれも全く問題にしていません。

 ええ、沖縄タイムスは前々からこんな事は十二分に知っていたのでしょう。
 だって沖縄タイムスと琉球新報の記者は、いつも基地反対派にべったり貼りついていますからね。

 そしてその活動を刻々ツィートしているじゃないですか?

 しかし基地反対派の活動の為に、高江地区の救急患者の生命が危険に晒されている事なんか一切問題にしてこなかったのです。

 つまり高江の救急患者なんぞ死ねば良い!!

 が沖縄タイムスの本心。
 それ以外に何もないのです。 
  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2017-03-16 15:37

マスコミと言う産業デマゴーク

 韓国で大統領弾劾判決が出た後、朝日新聞がこんな記事を出しました。

朝日新聞デジタル 3/11(土) 0:20配信

 韓国の憲法裁判所が10日、朴槿恵(パククネ)大統領(65)の罷免(ひめん)を宣告した。安全保障関連法への抗議活動を続けてきた学生団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーで、韓国で大統領辞任を求める集会にも参加した玉川大4年の矢部真太さん(24)は、衝撃を受けた。

 午前11時過ぎ。矢部さんは都内の自宅でテレビの速報を見て罷免を知った。「韓国では国民が政治を動かした」。そう思うと、鳥肌が立った。

 韓国で朴氏への批判が高まっていた昨年11月、矢部さんはソウル中心部で約150万人(主催者発表)が集まった抗議集会に参加した。老若男女が集う会場を歩き回って感じたのは、憧れと悔しさ。「こんなに人が集まるなんて。隣の国なのに、なんでこんなに差があるんだろう」

朝日新聞社


102


 朝日新聞の願望が切ないまでにまでに伝わってきます。


 朝日新聞や毎日新聞は「公正中立」と言う建前を掲げているので、読者からそれを疑われたり、問題視されたりしそうな話しはこうして自社の記者ではなく、他人に書かせます。


 だって日本には韓国の大統領弾劾の馬鹿騒ぎに共感する人はまずいないし、それどころか読売新聞や産経新聞などは、韓国衆愚制の証明、韓国人に民主主義は無理とまで叩いているぐらいです。


 しかし朝日新聞は違います。 戦前から政権転覆を夢見て来た新聞なのです。 常日頃、反自民党を社是としてきた新聞なのです。


 だからこのように隣国で保守政権が転覆したのを見れば、羨ましくて羨ましくて堪らないのでしょう。


103


 しかもこの韓国の政権転覆を主導したのは、韓国のマスコミでした。


 米軍撤収、北と統一…「赤化の悪夢」が蘇るのか 韓国が急速におかしくなった理由とは 東京基督教大学教授・西岡力

 

 作年催順実の国政壟断疑惑が出ると、韓国のマスコミは保守も左派も一斉に反大統領キャンペーンを始めました。 

 そして反大統領デモが始まると、デモ隊の数を主催者発表そのままに「百万民心」などと報道したのです。 しかし警察発表によるデモ隊の実数はこの4分の1程度だったのです。

 けれどもこの「百万民心」報道に、与党が動揺し、大統領弾劾を可決してしまいました。 

 更にその「百万民心」報道に引きずられて、憲法裁判所が全開一致で大統領罷免の判決を出したのです。

 一方弾劾が可決した頃から、危機感を持った保守派も大統領擁護のデモを始めました。

 そして実数は間もなく「百万民心」を抜くのですが、しかしこれは殆ど報道されませんでした。

 これこそ当にマスコミのデマゴークによる政権転覆ではありませんか?

 朝日新聞が限りなく憧れるのは当然でしょう。

110

 それにしても何のために?

 韓国には親北朝鮮の左派系新聞があります。 これが朴政権転覆に協力するのはわかります。

 しかし朝鮮日報や中央日報など保守系新聞までがこれに乗りました。 そしてこれらの保守系新聞のスポンサーはサムスンなどの財閥です。

 これらの新聞がが実に露骨にスポンサーで財閥を擁護をするのは、我が尊敬するご隠居さんのこりあうぉちんぐでおなじみです。

 そんな新聞が何のために反大統領キャンペーンをやったのでしょうか?

112

 ワタシはこれは結局新聞と言う物が、新聞だけでなくマスコミと言う物が、本来こうしたデマゴークとしての本性を持っているからではないかと思うのです。

 韓国の保守系新聞がデモ隊の数を主催発表だけに頼ったのは、一つには韓国の左派が面倒な連中で、気に入らない報道をすると様々嫌がらせをされると言うような理由もあるようです。

 しかし昨年の韓国の新聞のハシャギっぷりを思い出すと、そんな厭々やったような報道とはとても思えません。

 「名誉革命」とか「世界が羨む民主主義」とか、見るも恥ずかしい、世にもミットモナイ、シールズの馬鹿学生と同じレベルで、大ハシャギしていたのです。

 幾ら韓国人でも、保守系新聞の看板を掲げておきながら、こんな馬鹿な報道を繰り返して、結果がどうなるのか考えなかったのでしょうか?

114

 しかし感覚的には理解できます。

 100万でなくその4分の1でも、大量のデモ隊が出て、それがノリノリになっている時に、敢えてそれに水を注すような事を書けば憎まれます。

 そもそも保守系新聞記者も韓国人なのですから、他の韓国人と同様のルサンチマンを共有しているのです。

 だからそのルサンチマンの爆発である反大統領デモには、心情的に迎合してしまうのです。

 そして迎合していれば自分達も一緒のノリノリになっているので、昂揚感を満喫できます。

 まして自分達の書いた記事で、運動が拡大して行けば、「おお、ウリが社会を動かしているニダ!!」と言う達成感で胸が一杯になるでしょう。

115

 そう、所謂マスコミ関係者と言うのは、こうしたデマゴークによる社会攪乱を夢見ている人達が少なくないのです。

 自分達に何か良い社会を作るプランがありそれを達成したいわけではないのですが、しかしとにかく現在の社会を攪乱する事で自分達の存在を誇示したい。

 世の中にはこうした欲望で生きている人間達がいるのです。

118

 今から10年弱前ですが、ネットを始めて間もないころですが、偶々you tubeで宮台真治と言う男の動画を見ました。

 彼はこの中で「自分は中学生の頃革命家になりたかった。」と言っていたのです。

 ワタシはこれを見て非常に驚きました。

 ワタシも小学校の高学年ぐらいになってからこの世に「革命」と言うモノがあるのを知りました。 そしてその頃は「革命」とは人民を救う為に暴政を倒すと言う極めて肯定的な意味でのみ語られていました。

 ワタシも高校生ぐらいまではこれを信じていたのですが、しかしそれでも革命家になりたいとは思いませんでした。

 だって当時の日本が(今の日本だって)ルイ16世時代のフランスのような暴政をしているとは思えなかったからです。(本当はこの時代のフランスは不幸な圧政時代とは程遠いのですが)

 なにより今は既に民主主義になったので、倒すべき王政は既にないのです。

 だから革命家は英雄だろうけど、今の社会では絶対に出番のない英雄だとしか思えなかったのです。

126

 ところがこの世には出番のないはずの英雄になりたい人間がいる!!

 しかし考えてみれば70年代学生運動で騒いだ連中もまた、この出番のない英雄になりたくて、大騒ぎしていた連中ではありませんか?

 この世にはこうした実現不可能で無意味な権勢欲を持て余している人間が沢山いるのです。

 民主主義国家で革命家を夢見るのは、騎士道時代が既に終わった近世に騎士を夢見たドン・キィホーテみたいな話なのですが、しかしドン・キィホーテと同様彼等は大真面目だから怖いです。

130

 そしてこうした人間達にとって格好の職業がジャーナリストではないでしょうか?

 だって取りあえず高学歴であれば採用してくれるし、そしてそこで思うさま妄想に飽かしてデマを飛ばしてれば給料をくれるですから。

 本質がこのような人間であれば、韓国の反大統領デモなど、理非に関わらず飛びついてしまうのが当然ではありませんか?

131

 近代民主主義の厄介さは、このようなデマゴークがマスコミと言う形で産業として存在する事です。

 産業ですから、社会や経済の状況に関わらず常にデマゴークを続けるのです。 

 社会が平穏で世の中の人々が幸せに暮らしても、産業として生き延びる為には常に何かネタを探してデマを飛ばさなければならないのです。

 しかもそれが「権力を監視する」と言う美名の元で、第4権力となっているのです。

 にも拘らず彼等には自分達の飛ばしたデマの結果には一切責任を持ちません。

 だから後先考えずにどんなデマでも平気で飛ばします。 そのデマの結果が国家の滅亡になろうとも、そんなことに関して責任感は一切感じません。

136

 この世にデマゴークが初めて出現したのは、古代ギリシャのアテネで民主制が確立してから半世紀余りの事でした。

 人間は紀元前から様々な不安や不満に苛まれてきました。

 だから民主制になれば、民衆のこうした不安や不満に付け込んで、権力を掌握しようとした人間が出るのは当然でしょう。 

 但しこの時代にはデマゴークそれ自体を職業にはできなし、まして産業にはなりません。

 それどころかこの時代は自分がデマを飛ばせば、そのデマの責任は自分が引き受ける事になるのです。

137

 人類最初のデマゴークと知られているのはクレオンと言う男です。 彼がアテネの政界に現れたのは、ペリクレスの死後間もない頃です。 ペリクレスはその在世中に、アテネの民主制を最高レベルに引き上げたのです。

 クレオンはこうした民主制を最大限に利用して、ペロポネソス戦争での主戦論を煽り、最初の講和のチャンスを潰してしまいました。 そしてこれが後にアテネ無条件降伏に繋がるのです。

 だからアリストパネスとツキィディテスからデマゴークと認定されたのです。

 しかしこの時代は主戦論を煽った以上は、煽った本人が軍を率いて戦う事になります。  

 だからこのクレオンも、自身がアテネ軍を率いて、スパルタ軍と戦って戦死したのです。

 結果としてクレオンはアテネを敗戦に導いたデマゴークですが、しかし少なくとも彼本人は自身の信念として主戦論を主張し、それに殉じたのです。

140

 けれども現代のデマゴークは違います。

 第二次大戦の参戦も朝日新聞や毎日新聞のデマゴークの結果でした。 しかし彼等は一切の戦争責任を免れたのです。

 そして今も一切の責任を認めていません。

 だから戦後も慰安婦強制連行捏造など、深刻な国際問題を引き起こすようなデマゴークを繰り返しているのです。

 20世紀の二つの大戦はこのような無責任なデマゴークとしてのマスコミと、民主主義の最悪のコンビネーションの結果でした。

 しかしこのマスコミと言う悪質なデマゴークは今も世界中の存在し、害悪を流し続けているのです。

 だからワタシ達は産業デマゴークが存在する事を前提に、民主制を守って行かなければならないのです。


  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2017-03-15 18:57

寛容は他人に強制するモノ ポリコレ

 ポリコレ尊重派にとって寛容とは他人に強制するモノのようです。

 世界より10年遅れの屋内禁煙法案に自民党の半分が猛反対

 この記事の著者駒崎と言う人は、LGBT差別反対とかその他アメリカ直輸入のポリコレの卸元みたいな人なのですが、喫煙者に対しては怖ろしく不寛容です。

 これにはとても驚きます。
 
 だって「寛容」「多様性の尊重」「多文化共生」ってポリコレの三種の神器じゃありませんか?

 ポリコレ派はこの三種の神器と共に、マイノリティの権利の擁護を錦の御旗を掲げて、ポピュリストやレイシストと戦うのです。

 で、凄く不思議なのですが、現在日本でもまた欧米先進国でも喫煙者って完全にマイノリティではありませんか?
 
 だったらポリコレ派としては断固喫煙者の権利を擁護するべきではありませんか?

026

 イヤねえ、ワタシは実はタバコの煙は大嫌いなのです。 だってワタシは生まれてこの方タバコを一本も吸った事にない人間だし、両親も吸わなかったので、殆どタバコフリーで育ったんですよ。

 だからタバコの煙はホントに嫌いなのです。

 でも世の中にはタバコが好きで、一服のタバコを人生の安らぎにして生きてきた人だっているのです。

 そしてタバコを栽培や生産、販売で生活する人、喫煙具の生産販売で生活する人などもいるのです。

 そういう人達の権利は無視して良いのでしょうか?

 また飲食店で喫煙を許可するかどうかなんて、本来その店の経営者に判断する権利があるでしょう?
 
 そもそもタバコってネイティブアメリカンが生み出し、コロンブスが新大陸から持ち帰って以降、500年余人類に愛されてきた文化なのです。

066

 オイオイ、オマイラ、日頃寛容、寛容って、他人に寛容を説き続けて来たじゃないか?
 
 だったらタバコの煙ぐらい我慢したらどうだ?
 
 そりゃ臭いし健康にも悪いけど、だからって吸って直ぐ死ぬわけじゃないんだよ。
 
 喫煙者はマイノリティなんだから煙ぐらい寛容の心で我慢しろよ!!

088

 ところがコイツラ寛容の欠片もなく、喫煙者の人権や、タバコ産業の関係者、そして飲食店経営者の生存権など、一切無視して、禁煙ファシズムを推進しているのです。

 つまりポリコレ派にとって寛容とはひたすら他人に強制するモノであって自分自身は徹底的に不寛容なのです。

 また多文化共生と言うのもウソで、自分の気に入らない文化は抹殺する気満々です。

 勿論多様性なんか絶対尊重しません。
 彼等が認めるのは、自分自身の好みに合う意見だけなのです。 

 だって人類が500年育てきたタバコ文化を自分の健康にイクラか有害だと言うだけで完全に抹殺しようと言う奴等ですよ。

 コイツラに比べたらヒトラーなんか寛大の権化です。

 だってヒトラーも禁酒禁煙で甘い物大好き男だったから、ワタシと同様タバコの煙はさぞ嫌だだっただろうけれど、自分の配下のナチ党員にも禁煙なんか強制してないからね。

 で挙句の果てにこの禁煙ファシストは言うのです。

091

子どもが突然死で殺されてしまうのは嫌だ、と思う母親のあなた。

自分の娘がアルバイトで勤める居酒屋で、受動喫煙被害を受け、後で健康を害するのは嫌だ、と思う父親のあなた。

今が、声をあげる時期です。

 おお、だったら自称トランスジェンダー男が女子トイレに入るのだって反対の声を挙げて良いはずです。

子どもが突然で変態に殺されてしまうのは嫌だ、と思う母親のあなた。

自分の娘がトイレで変態に襲われるのは嫌だ、と思う父親のあなた。

今が、声をあげる時期です。

094

 女装した男がトイレに平気で入ってくるのでは、女性は気持ち悪くて外出先でトイレが使えません。 

 これがどれだけ健康に有害か?

 そもそも受動喫煙の被害なんて、痴漢や強姦の恐怖に比べたら高々知れているではありませんか?

 だから犯罪を多発させている難民や移民の入国だって反対の声を挙げるべきです。

 ポリコレ派の無責任な人道主義で、女性達がどれほどの恐怖に晒されている事か?

 ところがコイツラはこの声は「レイシスト!!」として封殺するのです。

101

 コイツラの寛容の欠片もない禁煙ファシズムの推進を見ていたら良くわかります。

 コイツラがやたらに美しいポリティカルコレクトネスを掲げられる理由は、そもそも自分自身は美しいポリコレなんか実践する気は欠片もなく、全て他人に強制する事で済ませる気だからです。

 寛容は他人に強制するだけなら、幾らだって寛容になれるのです。 

 しかし普通の人間は、自分自身ができない事は人に強制できなので、やたらな綺麗事ばかり言う事はできないのです。

 でも自分を顧みる意思のない人間は幾らでも言えます。

 だからそういう人間がポリコレ派になるのです。


  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(20)

2017-03-15 13:38

小池ゆり子のやったこと 安心と安全

 安心と安全は違います。

 例えば貴方がコンビニから買ってきたばかりのミネラルウォーターを飲もうとし時、誰かが言いました。
 
 止めろ!!
 毒が入っている!!

 そう言われたら貴方は安心して飲めますか?

 イヤでも、これは高級なミネラルウォーターだし、買ってきたばかりでシッカリと封もされているから、毒を入れる事なんかできないはずだ。

 そう思ってもやはり安心はできないでしょう?

 そのミネラルウォーターの成分を分析して、毒が入っていない事が証明されても、やはり何だか気持ちが悪い・・・・と感じる人も多いでしょう。

 安全は実際にミネラルウォーターに毒を入れないと否定できません。
 
 しかし安心は言葉一つで簡単に吹き飛ぶのです。

040

 安全は科学的な問題ですから、科学的事実を変えないと安全は否定できません。

 しかし安心は純粋に感情の問題ですから、感情の煽り方一つで決まるのです。

 デマゴークと言うのはこのように一般人の感情を扇動する事で、自分の政治的目的を達成するのです。

 小池ゆり子が豊洲市場問題についてやっている事が当にこれなのです。

046

小池知事、豊洲市場の安全性「消費者が合理的か疑問」

2017/3/10 17:49

  ――日本維新の会が9日、豊洲市場への移転を求める提言書を都に提出した。豊洲市場について「築地市場と同じように、コンクリートに覆われて安全だ」と指摘している。

 「築地市場は法的な安全性は満たしているが、(土地の使用履歴を示す)地歴など必要な調査にはしっかり取り組む。豊洲市場では地下水の再調査が行われ、クロスチェックされる。こちらを待ちたい。安心は消費者の信頼をいかに確保するかがポイントなので、丁寧にやっていく」

 ――築地市場も豊洲市場も土壌から有害物質が検出されているが、地表がコンクリートで覆われているのは両市場とも同じだ。知事にとって何か違いがあるのか

 「豊洲市場は(コンクリートで)覆われていると言っても、盛り土するところがされていなかった。(法令上の安全性を確保している)地上と(土壌汚染が指摘されている)地下を分けるという考え方は、消費者が合理的に考えてくれるかクエスチョンマークだ。消費者の信頼を得る努力をするためにも、科学的な成果や論点を確認したい」

056

 昨年の都知事選から豊洲市場について騒がれてきたのは、普通のビルならどこでも設置されている地下ピットが豊洲市場にもあった事と、実は一切使用されずに(しかも御叮嚀に浄化までして)捨てるだけの地下水が、飲料水としての安全基準を満たすか否かと言う話でした。

 豊洲市場が安全か否かは、地下の土壌汚染が市場内の食品に影響するか否かなのですが、共産党等、移転反対派のデマゴーク達は話をこの捨てる地下水が飲料に適するか否かと言う問題にすり替える事に成功したのです。

 マスコミの殆どが狂喜してこれに協力しました。

 そして小池ゆり子は都知事就任後、その尻馬に乗って豊洲危険を煽る事で、都議会自民党の勢力を削ごうとしてきました。

065

 都議会の自民党にもいろいろ問題はあるでしょう。

 しかし小池ゆり子のやっている事は悪質なデマゴーク以外の何物でもありません。

 土壌が汚染されていても、敷地が舗装されていれば安全であることは築地市場60年の歴史が証明しているのです。

 だったら本来小池ゆり子が成すべきことは、これを東京都民と消費者に説明する事です。

 第五福竜丸の放射能マグロや米軍クリーニング工場の有害有機溶剤で汚染された築地市場は建設後60年間、放射能汚染も有機溶剤汚染も起きてないのです。

 だったら豊洲で問題が起きるわけはない!!

 実に簡単な話ではありませんか?

 それを都民と消費者にするのが都知事の仕事です。

067

 ところが彼女はそれを拒否して、代わりに自分自身で煽った不安を理由に豊洲移転引き伸ばしを図っているのです。

 つまり自分が放火した火事を消す代わりに、火事を理由に自分の放火を正当化しようと言うのです。

068

 死すべき人間は生きている限り、様々な不安に苛まれます。

 良きリーダーと言うのは、このような人間達の不合理な不安は取り除き、自信と安心を与えると共に合理的な危険への備えを訴えるのです。

 しかしデマゴークはその逆です。

 そして小池ゆり子が都知事就任以降やってきたのは悪質なデマゴークとしか言えないのです。

 好い加減にしたら?? 

  1. ポピュリスト
  2. TB(0)
  3. CM(12)