FC2ブログ

2018-09-14 23:59

そして猫生は続く その2

 よもちゃんは実は今年で齢16年になります。
 猫の平均寿命は15歳なので、これは随分な年なのですが、しかしよもちゃんの美貌も活動力もいささかの衰えもなようです。

 だからいつも元気に町内を巡回し、治安維持に努めるのですが・・・・・。


IMG_8793

 でもやっぱり思い出すと腹が立つわね。 あのスモモちゃんの言い草。
 礼儀の欠片もないわ。

IMG_8796

 あれがあの礼儀作法の権化だったモモちゃんの跡取りだなんて・・・・。 ああやって町内の猫界がレベルダウンしていくのだろうか?
 
IMG_8795 

 ああ言うの見ると「今の若い者は」って嘆く年寄りの気持ちがよくわかるわ。
 ああいう年より臭い事は、口が裂けても言うまいと思っていたけど、やっぱり言わずにはいられないわ。

IMG_8790

 やっぱり長生きなんかするもんじゃないわ。 それでなくてもあの同居人の面倒見るだけでも辛い猫生なのに、あんなどうしようもないガキの家の庭の治安維持義務まで抱え込んで、ワタシはいつまでこんな猫生を続けなければならないのだろうか?

IMG_8797

 ??

IMG_8798

 アッ、すみません。 無害通航ですから、どうかお許しください。

IMG_8799

 ホント?
 嘘だったら許さないわよ。

2018y09m14d_232509791

 ホ、ホントです。
 
IMG_8775

 ホントね?
 町内で悪さしたらただじゃ置かないわよ!!

2018y09m14d_232553030

 そ、そんな怖い事を言わないでください。
 今までだって僕はここで何も悪い事をしたことはありません。

2018y09m14d_232723685

 どうかしら?

IMG_8802
 
 ホントです。 信じてください。
 嘘だと思ったら、ご主人に聞いてください。

IMG_8804

 そうね、アンタにご主人に逆らう度胸はありそうにないわね。

2018y09m14d_232830042

 そうです。 そうです。
 僕は根っからの忠犬なんです。
 だから悪い事なんかしません。

IMG_8806

 わかったわ。 
 行ってよし!!

2018y09m14d_232923156

 あ、ありがとうございます。
 それでは失礼します。

IMG_8810

 さよなら、ご主人の言う事聞いて、良い子にしているのよ。

2018y09m14d_233022441

 まあ、ああいう生き方のあるのね。
 でもそれに比べたらワタシの猫生だってやっぱり悪くはないかも?


 よもちゃんはこうして無事パトロールを終えて家に帰りました。
 でも家に帰ってご飯を食べて一休みしたら、またパトロールに出かけるのです。
 だってこれがよもちゃんの猫生なのですから。





  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2018-09-14 22:38

秋が深まる

  この数日快晴が続いています。

IMG_0603

 この夏は6月中旬からずうっと天気が悪かったのですが、9月も半ばになって漸く正常な天候になってきたという事でしょうか?

IMG_0619

 ともかく天気が良かったので、昨日は山の上の農家の直販所まで行ってみました。

IMG_0627

 スーパーは今もまだ野菜が品薄なのですが、さすがにここは停電騒動前と同様の品揃えでした。

IMG_0718

 しかし数日前来た時と比べると、びっくりするほど秋の色が濃くなっていました。

2018y09m14d_210844530

 トウキビ畑はもう半分枯れて、ツリバナの実は赤く色づいていました。

IMG_0666

 そして山の木々も目に見えて黄ばんできました。

IMG_0667

 夏の一カ月は景色に何の変化もないのですが、秋の景色は日々変わっていきます。

IMG_0673

 今回の停電で、冬の停電に対する恐怖が生まれたせいか、秋の深まりが猶更痛切に感じられます。

IMG_0679

 ひまわりの花が咲いていました。

IMG_0697

 ひまわりは盛夏の花だという事になっていますが、札幌で咲くのは8月の下旬からです。

IMG_0691

 それで秋空の元で咲くことになります。

IMG_0706

 雪解けまで種をまけないからそういう事になるのでしょう。

IMG_0714

 薄の穂は綿毛に変わっていました。

IMG_0719

 もうこれからドンドン冬に向かって駆け足で進むだけです。

2018y09m14d_212116540

 因みにこの日、山の上の農家の直販所で買ったのは、ズッキーニと小松菜でした。

IMG_0741

 欲しかったシシトウもトマトもなく、枝豆は出ていたけど凄く高いので止めました。

IMG_0746

 直販所の商品供給は停電の影響はないけれど、今年は天候不順なので、地震の前から少なかったのです。

IMG_0751

 直販所は11月の上旬までやっています。

IMG_0757

 しかしこの調子では今年はいつまでやるのでしょうか?

IMG_0759

 枝豆は安くなるのでしょうか?

IMG_0784

 とにかくズッキーニと小松菜を持って帰ると、帰り道には一段と黄葉が進んでいるように思えました。

IMG_0812

 まるで何か追われるようなスピードで秋が深まっていくのです。

IMG_0800

 家が近づく頃、日が傾いてきました。

IMG_0808

 夕暮れも日々早まっていきます。

2018y09m14d_213103125

 橋を渡る時に欄干に赤とんぼを見かけました。

IMG_0828

 そういえばトンボの数もすごく減りました。

IMG_0835

 先週ぐらいまでは川面一杯に飛んでいたのに。

IMG_0840

 もう寂しいので家に帰ります。

IMG_0846

 家に帰れば、よもちゃんがいるのですから。


  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2018-09-13 21:22

そして猫生は続く

 夕方、コメント欄をチェックしたら、鳴子百合さんからよもちゃんの消息を訪ねるコメントをいただいていました。
 ありがとうございます。 よもちゃんは元気です。 
 そして相変わらず日々のパトロールに励んでいます。


IMG_8747

 さあ、今日も一回りしなくちゃ。

IMG_8748

 今やこの町内の治安を守るのはワタシ一人なんだから。

IMG_8749

 ワタシももう16歳、ホントなら町内のパトリロールは、後継者に引き継いで楽隠居をしても良い年なのよ。

IMG_8752

 でもその後継者がいないんだから仕方がないわ。
 
IMG_8750

 あらいやだ!! またあの猫が来たわ。 ママやお姉ちゃんが言ってたけど、あの猫は近所の貧乏人の猫で、アタシの先代のモモちゃんが色々注意して、猫としての嗜みや心がけを教えたけど、凄く出来が悪くて、どうにもならなかったんだって。

IMG_8753

 チビちゃんはワタシより大分年下だから、ホントならワタシに変わってパトロールの仕事をするべきなんだけど、メタボが酷くなってこの頃はお外にも滅多に出ないありさまだもんね。

2018y09m13d_201707628

 チビちゃんのお宅は大家族で、お祖父ちゃんやお祖母ちゃん、パパやママ、それにお姉ちゃん達が総出で甘やかして美味しい物ばかり食べさせたら、ああいう事になったのよ。

IMG_8760

 何、ぶつぶつ言ってるんだろうか?
 どうでもよいけどウチのお庭には入らないでほしいわ。

IMG_8756

 そこへ行くと、ワタシはこの年で美しいボディーラインを維持しているけど、でもこれは一人暮らしの貧乏人に飼われて、安物の猫缶しか食べられなかったからかもね?
 それを考えたら、貧乏人の飼い猫でいる事にもメリットはあるのよ。

2018y09m13d_201942601

 ??
 イヤな視線。

2018y09m13d_202024378

 何よ? こっち見ないで!!

2018y09m13d_202057078

 こっち見ないでっていうなら、アンタもこっち見ないでよ!!

2018y09m13d_202124676

 あら自分の家の窓から外を見て何が悪いのよ?

2018y09m13d_202244083

 だからあ、外を見ても良いけど、ワタシの方は見ないで頂戴!!

2018y09m13d_202909833

 だったらウチの敷地に入らないで頂戴!!
 そこはママの大事なお庭なんだから!!

2018y09m13d_202303994

 ホントになんて感じの悪い子!! 
 あれがモモちゃんの跡取りだなんて・・・・・。
 天国のモモちゃんが見たらなんていうかしら?

2018y09m13d_203103109

 まあ、失礼しちゃうわ!!
 ママもお姉ちゃんも、アタシの方がモモちゃんより大人しくて良い子だって言ってくれるのに。

IMG_8775

 でも、モモちゃんはアンタみたいな礼儀知らずじゃなかったわ。
 それどころかモモちゃんほど礼儀正しい猫はいなかったのよ。
 それなのにアンタときたら、挨拶も満足にできなんだから。

2018y09m13d_202404527

 ママもお姉ちゃんも、他所の猫なんかに関わっちゃダメだっていうのよ。 だからアタシ、アンタには近づきたくないのよ。

2018y09m13d_202544386

 ワタシだってアンタなんかに近づきたくないわ。 でもここは故モモちゃんのお庭だし、モモちゃんがいつもネズミとか悪い者が入らないように見張っていたのよ。
 だからモモちゃんの志を守ってあげようと、ここもパトロールしているのよ。

2018y09m13d_202331733

 大きなお世話よ!!
 大体今どき良家の猫は野良猫みたいにお外を出歩いたりしないのよ!!

2018y09m13d_202651593

 あ~あ、ダメだこりゃ。
 モモちゃんもお母さまも焼きが回ったのね。 あの子もう2歳を超えたのに、ああやって過保護にするから、猫としての社会性が身につかないままなのよ。
 モモちゃんはホントに立派な猫に育てたのにさ。

2018y09m13d_202630436

 な、何よ?
 そうやって兄弟姉妹を比較するって、ホントにいけない事なのよ。 比較されて猫格を否定された子がどんなに傷つくか考えないのだろうか?

IMG_8781

 まあ、あの子、名前もまずいのよね。
 だってスモモちゃんなんてさ・・・・・。
 そりゃモモちゃんの跡取りだから、スモモちゃんと言う事なんだろうけどさ。

IMG_8782

 でもスモモって漢字で書いたら「李」だしさ、それにあの性格だもの、ネットだともろに在日認定されちゃうわよね?

2018y09m13d_202842057

 ま、いいわ。
 あの子はどうせ籠の鳥で、お外には出てこないんだから、相手にしなきゃ良いのよ。

IMG_8786

 あんなにアタシに嫌な事ばっかり言って帰っていった。
 後でママに言いつけてやるわ!!

2018y09m13d_203210472

 泣いても笑っても、猫生は続くのよ。
 誰に何と言われようとも、自分は自分のなすべきことを、続けるしかないのよ。


 よもちゃんは今年で16歳になったのです。 猫の平均寿命は15歳ですから、ホントはもう随分な年なのです。
 でもご覧の通り、相変わらずの美貌です。
 そして元気一杯です。

 この頃、町内に他の猫を見かける事がなくなって寂しくはありますが、でもよもちゃんは意気軒高なのです。
 
 そしてよもちゃんの猫生は続くのです。
  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2018-09-12 21:15

道民を凍死させたい人々へ 反原発派

 午後から買い物にでましたが、スーパーの棚はまだ埋まっていません。 豆腐など日持ちのしない加工食品はまだ殆ど並んでいないし、野菜類は種類も量も少なく、停電前に比べて値段が爆上げしている物もあります。

 停電が終わってから、もう4日も経つのにまだ流通は立ち直っていないのです。

 苫小牧の製油所やガソリンの配給システムも一部は地震でダメージを受けたようですが、それでもたった一日半の停電の爪痕の深さに驚いています。

 ところでこの大停電の原因についてのNHKの報道は、大変気味の悪い物でした。

IMG_9536

なぜ北海道全域で停電に? 専門家は

2018年9月7日 21時25分
今回の地震で北海道全域で停電が起きた要因について、電力ネットワークに詳しい専門家は、北海道電力が1か所の火力発電所に依存し、リスクへの備えが足りなかったのではないかと指摘しています。
今回の地震では、北海道内で最大の火力発電所、苫東厚真火力発電所が緊急停止したことをきっかけに周波数が乱れてほかの発電所も連鎖的に停電する“ブラックアウト”と呼ばれる大規模な停電が起きました。
北海道電力の管内では地震が発生した6日午前3時すぎ、310万キロワットの電力需要のうち、半分以上にあたる165万キロワットを苫東厚真火力発電所が供給していました。
これについて早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科の中西要祐教授は、地震など大規模災害で1か所の発電所が停止しても、電力供給全体に支障が出ないように計画すべきだったと指摘しました。
そのうえで中西教授は「1か所の発電所で発電を多くしたほうがコストメリットがある。発電機は100%の稼働が効率がよく、40、50%の運転だとコスト高になる。なるべく出力が最大にできるよう集中させることが経済面では求められる」と、経済面から1か所の発電所への依存度が高まったのではないかという見方を示しました。
また、北海道電力は過去15年間の実績から、一気に失われる可能性がある供給力を129万キロワットまでと想定していましたが、165万キロワットが一気に止まることは想定していなかったとしています。
これについて中西教授は「地震が急に起こったから非常に難しかったと思うが、緊急事態もさらに考えてシステムをつくっていくことが今回の教訓として明確になった」と、従来の想定をこえる事態にも備えが必要だと指摘しています。
北海道電力を巡っては、今年度中に、本州から電力の供給を受けられる北本連系線の容量を現在の60万キロワットから90万キロワットに拡大するほか、新たに建設中のLNG=液化天然ガスを燃料とする火力発電所の稼働も控えていました。
これについて中西教授は「ある意味の想定外になったときに、どんな対策をしないといけないのか、次の次の手を計画していくことになる」と述べ、今回の停電を踏まえて、今後に向けた計画づくりの必要性を指摘していました。

IMG_9540

 電力供給が苫東厚真発電所に集中していた事が、この大停電の原因であったと言います。 そしてそのような電力供給体制を敷いていた北電を一方的に非難しているのです。

 電力供給の半分を苫東厚真発電所に依存し、その苫東厚真発電所が地震で壊れたから、ブラックアウトした。
 
 これは事実です。

 しかしなぜ苫東厚真発電所に電力供給が集中していたのかについては、意図的にだんま理を決め込んでいます。

IMG_9548

 なぜ苫東厚真発電所に電力供給が集中したか?
 
 それは泊原発が止められたからです。
 
 泊原発はそれまで道内電力の半分を供給する能力があります。 これと苫東厚真発電所など火力発電所多数が分散して電力を供給してきたのです。

 ところが福島第一原発事故の煽りで、その泊原発が停止させられたのです。

IMG_9582

 実は福島第一原発事故の前から、北電は石狩新港に新しい発電所を建設する計画を立てていました。
 道内の火力発電所の老朽化が進んだので、それに対応する為に新しい火力発電所の建設を決めたのです。

 この石狩湾新港発電所は、2012年に環境アセスメントを初めて現在建設中です。 そして稼働は2019年2月からです。

 つまり火力発電所の建設を一基建設するのには、10年単位の時間がかかるのです。
 
 それなのにいきなり泊原発を止めたのですから、北電としたらその時点で供給能力のある発電所をフル稼働させるしかないのです。

 こんな状況では電力の供給源を分散なんてできるわけはないのです。

IMG_9583
 
 それどころかそれまで稼働を止めていた老朽発電所も稼働させて、何とか泊原発の穴を埋めていた状況です。

 だから泊原発が稼働しない限り、再度ブラックアウトして停電する可能性は、高いままです。
 本来なら石狩湾新港発電所の稼働と共に、解体するはずだった老朽発電所を稼働させ続けなければならないからです。

 しかしNHKや大手紙は泊原発の存在を黙殺した報道を続けているのです。

IMG_9589

 一方、泊原発に関してトンデモ報道が行われています。
 
もしも泊原発が動いていたら・・・・・

この研究者によれば、苫東厚真が停止して、他の火力発電所が停止することで電力の需給バランスが崩れると、泊原発から発電された電力は「出口」を失い、タービンが回転数を上げる。原子炉内には蒸気がたまるので、それを排出しなくてはいけない。制御棒を注入して核反応を抑えないといけない。炉内を冷やすため冷却水を注入しないといけない。


重要なのは、これらの作業にはすべて電力が必要だということだ。もしも電力が失われていたら……。東日本大震災のときの東京電力福島第一原発で起きた「全電源喪失事故」の再来、となっていたかもしれない。

IMG_9591

 この前段は全く意味不明です。

 しかし後段も支離滅裂です。  

 何で電力が失われる事になるのか? それがどう「全電源喪失事故」につながるのか?

 この研究者なる人物の名前も肩書も不明ですが、本当にこの研究者なる人物が存在したとして、その話のどこをどうつなげたら、こんな話になるのは全く理解できません。

IMG_9597

 因みに現在泊原発は稼働していないので、原発の管理制御に必要な電源は、一般家庭や工場同様、北電の他の発電所で発電した電力を使用しています。

 これが今回の停電で止まりました。

 これをマスコミは「外部電源喪失」と報道しました。

 そこですぐに非常用電源に切り替わりました。

 ところで現在泊原発は非常用発電施設を何重にも用意しています。

 ディーゼル発電機、ガスタービン発電機、蓄電池をそれぞれ場所を分散して設置して、更に移動可能な電源として常時電源車を多数確保しています。

 それでは原発を稼働していたとして、何をどやったら今回の停電でこれら全ての電源を喪う事ができるのでしょうか?

IMG_9601

 さらに言えば、これらの電源を全部失ったとしても、核燃料を冷却する冷却水は確保できます。

 泊原発の裏に巨大な岩山が聳えているのですが、この岩山を刳り貫いて巨大な貯水槽が作られているのです。 その水門を開けると、この貯水槽の水が、重力で供給されるのです。

 だからこの貯水槽が空になるまで、全く動力なしでも燃料プールや原子炉の冷却はできるのです。

 因みにもし泊発電所が稼働していれば、原発運転に必要な電力は原発自身が発電した電力を使いますから、「外部電源」は必要ありません。

IMG_9606

 ところがこんなトンデモ記事もあるのです。

 北海道胆振東部地震「泊原発が動いていれば停電はなかった」論はなぜ「完全に間違い」なのか

 この地震により北海道電力は、離島を除く管内全域で停電を起こし長期間運転休止中の泊発電所では、外部電源喪失という原子力発電所としては極めて深刻なインシデントを生じました。

外部電源喪失という原子力発電所としては極めて深刻なインシデント

 だって原発が稼働していないのだから、他所で発電した電気に頼るしかありません。 これは我が家と同じです。

 それが停電したので、泊原発も停電したのです。

IMG_9614

 しかし前記のように、原発が稼働していれば、自分で発電した電気を使うので、「外部電源」はそもそも必要なかったのです。

 そしてまた前記のように、停電しても非常用発電機が稼働して何の問題も起きていないのです。

 共産党の小池は「非常用電源を使ったから大変だあ!!」とツィートし、放射脳がこれに賛同しているのですが、非常用電源を使うのがそんなに大変なら、最初から泊原発を稼働させておけばよかったのです。

 正確な言い方をすれば、原発と言うのは自前の電気で運転するのが正常な状態で、他所の発電所で作った電気を使うのは非常時なのです。

IMG_9617

 つまり外部電源とは非常用電源なのです。

 泊原発が地震などで緊急停止した場合に、先に説明した原発内の非常用電源の他にも、外部電力も非常用に使えるようになっているのです。

 この送電は三系統あって、どれか一つがダウンしても送電可能でした。

 しかし今回は北電の歴史上初めての全道ブラックアウトで、これが全部使えなくなったのです。

 いずれにせよ非常用電源を使うのが問題と言うなら、そもそも泊原発を停止させたのが間違いです。

 今回泊村の震度は2です。 この震度では原発は止まりません。 だから稼働していれば非常用電源を作動させる必要もなかったのです。

IMG_9621

 そしてそれ以前に根源的な問題ですが、そもそも非常事態の起きない世界などと言う物は存在しないです。

 問題はそういう非常事態への対応手段を用意していない事なのです。

 しかし非常時への対応手段があれば無問題なのです。

 例えば妹のマンションは今回の停電でエレベーターが止まりました。 それで住民は非常用階段を使ったそうです。 

 だからこのマンションは建築として無問題なのです。

 停電時に非常階段を使わなければならないから問題だというなら、エレベーターのあるマンションやビルは全部問題建築として解体しなければなりません。

 だから「非常用電源を使った、大変だあ~~!!」と煽る、共産党のようなやり口は許しがたいデマゴークなのです。

IMG_9609

 今、泊原発だけでなく、日本中の全ての原発は、福島第一原発事故を教訓に、膨大な安全対策を施しました。

 だから福島第一原発で起きたような全電源喪失による事故が起こる確率は限りなく小さくなっています。

 その為伊方原発の再稼働を阻止したい連中は、海を越えた阿蘇山のカルデラ噴火による火砕流襲来ぐらいしか、原発事故の危険性を主張できなかったのです。

 しかしNHKはじめマスコミは、こうした事実を全く報道せず、原発怖いの印象操作を続けています。

 これは言ってみれば、ハンセン氏病のように既に完全に治療法が確立した病気について、治療をすれば完治するという事実と報道せずに、ひたすら恐怖心を煽り、差別と偏見を助長しているのと同じ事です。

IMG_9628

 今回の停電で既に三人の方が亡くなりました。

 二人はガソリン発電機を使っての排ガス中毒で、一人は蝋燭を使っての火災でです。

 泊原発は稼働以降、菅内閣によって不当に停止させられるまで、北海道で使用される電力の3分の1を供給し続けましたが、いまだ一人の死者も出していません。

 でもガソリン発電機は、たった一日で二人の命を奪ったのです。

 ガソリン発電機と原発のどちらが危険か?

 原発を止めていれば、安心などと言う話ではないのです。

IMG_9631

 20年、30年後の長い将来を見据えたら、原発の有効性にはいろいろな議論があるでしょう。

 しかし10年前後の近未来で考えれば、原発の稼働は絶対に必要です。

 なぜなら前記のように、原発に変わる新しい発電所の建設には、10年単位の時間ががかり、その間の電力供給は綱渡りが続くのです。

 そして現在、停止中の原発は皆、核燃料を冷却保管しているのです。 これを処分しない限り、反原発派の恐れるメルトダウンなどの事故が起こる可能性をゼロにはできないのです。

 これをどうするかと言う議論も絶対に必要なのです。

 しかし今は安倍内閣も原発に関する話は封印して、現実的な議論ができない状況です。

 これは大変不安です。

IMG_9633

 札幌は昨日は10℃前後まで下がりました。 道東は軒並み5℃前後でした。

 冬はもう戸口で足踏みをしています。

 今道民が恐れているのは、真冬の停電です。

 真冬に停電すれば暖房器具が使えないだけではありません。 ロードヒーティングも止まるし、ガソリンの給油システムも止まって、除雪車も動けなくなるのです。

 そうなると救急車や消防車も動けないのです。

IMG_9636

 国民がこうした事態に目を背けず、NHKなどの道民を凍死させたい人々の悪意に打ち勝って、理性を取り戻す事を期待しています。


  1. 原発
  2. TB(0)
  3. CM(30)

2018-09-11 21:14

冬の足音

 今(9月11日午後8時半)札幌は12℃です。

IMG_0314

 今日は素晴らしい快晴だったけれど、気温は低く最高気温も20℃までしかあがりませんでした。

IMG_0326

 午後から散歩に出ると秋の色が、驚くほど濃くなっています。

IMG_0328

 ナナカマドは大分前から色づいていたけれど、それ以外の木々も黄葉が始まったのです。

IMG_0352

 これまでも例年にない冷夏だったけれど、天気予報を見る限り、残暑もなくそれどころか、このままドンドン気温が下がっていきそうです。

IMG_0372

 午後から散歩に出たのですが、長袖のジャケットを着ていても肌寒かったです。

2018y09m11d_200525937

 それつけても回の停電が、7日に終わったのは幸運でした。

IMG_0385

 札幌の12℃も結構寒いのですが、道東は軒並み10℃割れです。

IMG_0393

 ストーブなしでは絶対に凌げない寒さなのです。

2018y09m11d_200908341

 しかし現在の社会では、電気なしには暖房はできません。

IMG_0410

 灯油ストーブと雖も、電気で温風を送り出し、燃焼をコントロールするのです。

2018y09m11d_201039730

 灯油ストーブでも電気を使わないのは、ポット式など小型の物だけです。

IMG_0416

 そして集合住宅では、殆どの場合集中暖房システムを取り、石油ストーブの使用自体を禁止しています。

IMG_0421

 こうなると電気が止まると絶対絶命です。

IMG_0445

 北海道の気温がドンと下がったのは昨日からですが、皆この寒さの中で「もしも停電が続いていたら・・・・」と考えて、文字通りゾッとしているでしょう。

IMG_0451

 どんなに残暑が続いた年でも10月にはストーブが必要でした。

IMG_0454

 一昨年も残暑が酷かったけれど、10月の半ばには雪が降りました。

IMG_0457

 一昨年、ワタシは自転車で転んで骨折をしていて、病院の窓からその雪を見ました。

IMG_0466
 
 病院の中は無茶苦茶に暖房が効いていて、外の雪は全く幻想の世界でした。

IMG_0467

 澄み切った空と、黄葉を始めた木々。

IMG_0487

 季節は今秋の始まりです。

IMG_0489

 しかしもう冬は玄関で足踏みしているのです。

IMG_0497

 散歩の帰りになると本当に寒くなってきました。

IMG_0499

 リュックの中にあったウィンドブレーカーを取り出してきたのですが、それでも寒いです。

IMG_0503

 つい数日前まで短パンと半袖シャツで歩けのが嘘のようです。

2018y09m11d_201950080

 春はいつも超スローペースでしか来ないのに、冬はいつも猛スピードでやってくるのです。

2018y09m11d_202024236

 萩の花が咲き、姫リンゴが色づき、秋の彩が揃う頃には、もう冬は準備万端整えてスタンバイしているのです。

2018y09m11d_202114079

 夏が去らないうちに秋がきて、秋が来ないうちから冬はもう襲来の準備をしているのです。

IMG_0530

 日は短くなりました。

IMG_0534

 今日は夕焼けもないまま、お日様は山の向こうへ行きました。

IMG_0538

 これから明け方にかけて一段と冷えるでしょう。
  1. 札幌の四季
  2. TB(1)
  3. CM(7)