2017-04-28 19:48

最初のお花見

 暖かくなったせいか、よもちゃんはまた朝にスズメ猟を再開しました。 よもちゃんが狩場と決めているお宅の庭で、スズメを狙うのですが、しかしスズメだって馬鹿ではありません。

2017y04m28d_191109635

 ったくスズメって何であんなに性格が悪いのかしら?

2017y04m28d_190929067

 ワタシが明け方から頑張っているのに、全然それに応えないのよね。

056

 よもちゃんが頑張っているのはわかります。
 しかしスズメにはスズメの都合があるのです。

2017y04m28d_185217402

 結局よもちゃんは期待に応えてくれないスズメを見捨てて、家に帰りました。

2017y04m28d_185400232

 そして家でふて寝をすると言うので、ワタシはよもちゃんにお留守番を頼んで散歩に出ました。

2017y04m28d_191258668

 お天気が今一でしたが、待ちに待った花の季節です。

058

 出かけずにはいられないのです。

061

 西野神社に向かって山を登って行くと、山の上でも辛夷が咲いていました。

2017y04m28d_185752939

 雲の切れ間から日が射すと、カタクリの花が微笑みます。

2017y04m28d_190129352

 純白のキクザキイチゲと薄紅色のカタクリ。

2017y04m28d_185908568

 それにしても可憐な姿です。

2017y04m28d_190007397

 足元の茂みの中に夢のような世界が広がっていました。

163

 神社に参拝してまた更に進みます。

176

 山肌に辛夷の花が輝いていました。

180

 山肌の残雪が消えた所から辛夷が咲いて行くのです。

185

 雪が辛夷に生まれ変わったのでしょうか?

232

 空は曇ってきましたが、辛夷は白く輝き続けました。

002

 そして今朝は随分寒くなりました。
 よもちゃんはまたストーブにへばりついています。

048

 天気も悪いです。

2017y04m28d_182441707

 けれど桜が咲きました。

059

 まだ一分咲きにもならないのですが、木によってはかなりの花をつけています。

051

 寒々と曇った空で見る人もいないのですが、それでも咲くのが健気です。

2017y04m28d_182529108

 区役所の所まで行くと、華やかに咲いている木がありました。

085

 これはエゾヤマザクラで滴る程濃い紅色で、いつもこの辺りでは一番最初に咲くのです。

004

 とにかくこうしてお花見をして帰宅すると、よもちゃんはまだお昼寝中でした。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-04-27 12:28

理想の祖国 トルコと北朝鮮

 国民にとって理想の祖国とはどんな国でしょうか?

 現実に自分の祖国で生活する場合は、まず生活が安定している事、つまり平和で経済状態が良く、また言論の自由などの人権が保障されている事でしょう。

 勿論、安易に大国に屈せず常に誇り高く、美しい理念や正義に向かって邁進する事も良いのですが、しかし普通の人間がまず自国の政府に期待するのは自分の生活を守ってくれる事でしょう。

 その意味ではドイツや日本のような、民主主義国家は素晴らしい国です。
 
 だから日本人もドイツ人も自国から出て行こうとは思いません。
 
 しかしより良い生活を持てめて多くの国民が移民する国もあります。

 そういう移民にとってはどのような祖国が理想でしょうか?

035

移民問題は難しい? トルコ国民投票、在独トルコ人賛成多数でドイツに動揺

 トルコで大統領への権限集中を実現する国民投票において賛成多数となったことで、ドイツ国内には動揺が広がっています。民主主義を半ば否定する今回の憲法改正に対して、何とドイツに移住したトルコ人の多くが賛成票を投じたからです。ドイツに移住したトルコ人はどのような意識を持っているのでしょうか。

民主主義の恩恵を享受しながら独裁強化に賛成票

 トルコのエルドアン大統領は自身の権限を強化するための憲法改正案について国民投票を行いました。エルドアン氏は近年、強権的な傾向を強めており、政権の方針に反対する公務員を大量解雇したり、メディアを弾圧するなど反対勢力を力で封じ込めようとしています。国民投票が可決されてしまうと、エルドアン氏による独裁が強化されるとして欧州各国は懸念を強めていました。

 結局、エルドアン氏を支持する人が多く、賛成51.3%、反対48.7%とエルドアン氏が勝利したのですが、この結果に驚愕しているのがドイツ人です。ドイツは人権を極めて重視しており、エルドアン氏による非民主的な国家運営についてたびたび批判してきました。

 ドイツは多数の移民を受け入れており、その中にはトルコ人も大勢います。ドイツで仕事を見つけ、人権が保障されたドイツ国内で豊かな暮らしをしているトルコ人は、民主主義の否定につながる今回の国民投票には反対するだろうと多くのドイツ人は考えていました。ところがフタを開けてみると、今回投票した在独トルコ人の過半数が、エルドアン氏の独裁強化に賛成票を投じてしまったのです。

 一部のドイツ人は、こうした在独トルコ人に対して、自分達はドイツ国内で民主主義の恩恵を100%享受しておきながら、母国における非民主的な活動を支持するのは好ましくないと批判しています。

ドイツで成功したトルコ人でも味わう疎外感

 今回の出来事は、移民問題の難しさを象徴しているといってよいでしょう。ドイツに渡り、ドイツで成功したトルコ人であっても、ドイツ社会では疎外感を味わっているともいわれています。

 ドイツは、エルドアン氏の非民主的な政権運営をことあるごとに批判してきましたが、在独トルコ人の多くは理屈では正しいことが分かっていても、心情的には受け入れられなかったのかもしれません。

 トルコはイスラム圏の国としては珍しく、日本の近代化に触発され、自力で近代化と民主化を進めてきた数少ない国です。EU加盟が目前といわれるまでに民主化を成し遂げましたが、古い価値観との折り合いが付かず、エルドアン政権の誕生後は復古主義的な雰囲気が強まっています。

 西欧諸国は民主主義社会での自由で豊かな暮らしを経験すれば、誰でも民主的な精神を身に付けられると考えがちですが、全員がそうできるとは限りません。トルコ人は微妙な立ち位置にいるといってよいでしょう。

(The Capital Tribune Japan)

037

 イヤ、ドイツの皆様、心配する事はありません。

ドイツで仕事を見つけ、人権が保障されたドイツ国内で豊かな暮らしをしているトルコ人は、民主主義の否定につながる今回の国民投票には反対するだろうと多くのドイツ人は考えていました。ところがフタを開けてみると、今回投票した在独トルコ人の過半数が、エルドアン氏の独裁強化に賛成票を投じてしまったのです。

 在独トルコ人達はドイツが民主主義であることは好ましいと思っているのです。 だからこそ幾ら疎外感を感じても、祖国トルコに帰る気なんぞないのです。

 ドイツとしては帰ってくれる事を期待していたのにです。

 最初に書いたように豊かなな民主主義国家での生活と言うは、誰にとっても大変快適なのです。

 言葉が不自由で単純肉体労働しかできなくても、差別されて疎外感を感じようとも、貧しい独裁国家の生活なんかとは比較にはならないのです。

 だからドイツには大量の「難民」が押し寄せているのです。 その難民の始末にヨーロッパは大苦心している有様です。 

 同じイスラム教徒でも、そのドイツの永住権を持つ在独トルコ人達は圧倒的勝ち組なのです。

050

 その勝ち組が何でトルコの独裁化を支持するのか?

 だって彼等はこのまま子子孫孫ドイツに暮らす権利を得ていて、トルコに帰る気なんぞ全くないのです。

 彼等の人権と生活はドイツ連邦共和国が、完全に保障してくれます。

 こうなったら彼等が祖国トルコに期待するのは、ドイツで感じている疎外感を補ってくれる事、自分達を二流紙民扱いするドイツへの鬱憤を晴らし、自尊心を鼓舞してくれる事です。

 その点、ドイツやEUに昂然と立ち向かうエルドアンは、在独トルコ人にとっては胸のすくような存在でしょう。

 エルドアンが独裁者になって、トルコ国民が圧迫されようと、トルコの経済が破綻しようと、それどころか内戦状態に陥ろうとも、知ったことではありません。

 自分達の生活はドイツ連邦共和国が護ってくれるのだから、そんな事はどうでも良いのです。

 だから彼等はエルドアンを支持します。

051

 彼等がどれほど祖国トルコへの愛国心やトルコ民族の誇りを述べても、ドイツに居座っている時点で、そんなのは嘘なのです。

 そもそも彼等が本当に祖国や民族を愛する人達なら、貧しい祖国を捨てて移民したりしません。 そしてもしも移民したのなら、祖国の恥にならないように、移民先で尊敬を得られる人間であるように努力するはずです。

 しかしそんな気はさらさらない。 

 ただもう快適な国で快適に暮らしいだけだからこそ、ドイツの法や価値観を尊重する意思もなく、それでも美味しい所はシッカリつまみ食いしながら、口先では祖国愛や民族の誇りを喚き続けるのです。

 だって移民先で真剣に移民先のルールを学びそれを守るより、その方が楽ちんで快適でしょう?

061

 日本にもそういう人達が沢山いますよね?

 在日朝鮮人は日本で祖国北朝鮮ではあり得ない程豊で自由な生活を享楽しています。 そしてその生活に困ればためらう事なく生活保護を要求します。

 しかしそれだけでは満たされない自尊心、彼等が常に抱いている日本と日本人への悪意と復讐心、これを満たしてくれるのが北朝鮮です。

068

 今回の核実験騒動でも北朝鮮は、例によって日本やアメリカに下品で執拗な悪罵を続けていますが、しかしあれは在日コリアンにとっては堪らない痛快なのでしょう。

 おお、首領様の勇ましお言葉にチョッパリがビビっているニダ!!

 ウリ達程勇敢な民族はこの世にいないニダ!!

 彼等はこうした痛快さを味わい為に、北朝鮮を支持し続けて来たのです。

076

 ワタシは2007~2008年ぐらいにネットを始めました。 その頃2チャンネルで北朝鮮に関して在日コリアンと日本人のネラーがやり合っているのをよくみていました。

 それでワタシが驚いたのは、これらの在日コリアン達が日本人には憎悪を剥き出しにしながらも、北朝鮮で飢餓に苦しむ同朋達への思いやりや同情心は全く示さない事でした。

 北朝鮮の飢餓について彼等は日本政府に支援するように執拗にカキコするのですが、日本人から「オマイが助けてやれ! オマイはニートで金がないのか?」と言われると、自分はいかに裕福で優雅に暮らしているかを自慢するのです。

 ある時は飢餓について日本の責任を執拗に非難していた在日コリアンが「オレ、チョッとコンビニへアイス買に行くから」と書いて、休止したのを見ました。

 ??

 エッ? そんなことカキコするのか?

 オ、マイはアイスを食べながら、北朝鮮で飢餓に苦しむ同朋の話をカキコする気なのか?

090

 彼等の理論では、自分がいかに金持ちでも、北朝鮮の飢餓は日本の責任だから日本が救済するべきであり、自分には同朋を救済の為に金を出す義務はないのです。

 しかし本当に自分の同朋を飢餓の苦しみから救いたいと考えているなら、そんな責任論の問題以前に、何とか自分ができる限り救う努力をするでしょう?

 そして飢餓に苦しむ同朋を他所に、日本で優雅な暮らしを満喫し、しかし自身で同朋を助けないと言うのは、大変恥ずかしい事でしょう?

 ところが実に呆れたのは、彼等はそれを恥ずかし事とは夢にも考えていないのです。

 だからワタシは初めてこれらのカキコを見た時、彼等の冷酷さに驚き心が凍りつくような衝撃を受けました。

126

 それでワタシはこの民族の本質を見る事ができたのです。

 ネットって素晴らしですね。 こうして見ず知らず人の本心をストレートに知る事ができるのですから。

 ネットがなければこれほど在日コリアンの本心をこれほどあからさまに見る事は不可能だったでしょう。

 こうしてネットで彼等の本心を見た人達が、嫌韓になって行ったのです。

142

 ともあれこうした在日コリアンの本心を見る限り、北朝鮮で同朋がどれだけ餓死しようと知った事ではない。

 しかしその餓死をネタに日本を非難できるのは痛快で堪らない。

 日本人が拉致被害者を返せと言いながら何もできないのを見ていると、嬉しくて嬉しくて堪らない!!

 そして北朝鮮が日本を脅迫すればもっと痛快!!

 それ故、自国民をどれほど大量に餓死させても、核とミサイルの開発を止めない首領様を支持せずにはいられないのです。

 北朝鮮は彼等の「恨」に応えてくれる理想の祖国なのです。

175

 この感覚は韓国の親北朝鮮派も同様でしょう。

 韓国は文字通りの貿易立国ですから、幾ら華々しく民族心を唱えても、日本始め外国との交流は断ち切る事はできません。

 だから慰安婦合意のような事だってしなくてはならないのです。

 しかし北朝鮮はこうした制約はないので、言いたい放題、やりたい放題なのです。

 その為に国民生活が破綻して餓死者が出ているのですが、しかし韓国人は北朝鮮に住んでいるわけではないので、北朝鮮の国民生活などどうでも良いのです。

 彼等は北朝鮮の言動によりルサンチマンを癒せればそれでよいのです。

 自分が暮らすわけではなく、ルサンチマンを癒す国としては、北朝鮮は当に理想の祖国なのです。

 こうした人々のルサンチマンに支えられて北朝鮮は存続し続け、核やミサイル開発の資金を得て来たのです。

2017y04m27d_130342018

 エルドアンのトルコも同様の道を進む事になるのでしょうか?


  1. 移民
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2017-04-26 21:26

桜と虹

 今朝はよもちゃんが明け方からお外に遊びに行きました。

005

 ホントに同居人ってしょうがないわね。 こんなに暖かくなったのに、相変わらず朝寝坊よ。

017

 そうなのです。 昨日から馬鹿に暖かくなったのです。

022

 それで昼間、買い物に出たついでに発寒川沿いの公園を見たら、山の上の辛夷が満開でした。

032

 昨日から天気が悪く、今日も怪しい空ですが、それでもヤッパリ少しでも日が射すと、外を歩きたくなります。

2017y04m26d_204107155

 ヒョッとしたらニリンソウも咲いたかも知れません。

2017y04m26d_205109686

 エゾエンゴサクだって増えているはずです。

2017y04m26d_205207017

 花を見て満足したら、眼鏡屋に行く心算でした。

2017y04m26d_204150708

 どうやら老眼が進んで眼鏡が合わなくなっているのだと思うのです。

2017y04m26d_204526072

 昨日、本を読んでいたら目がうずき出したのです。

2017y04m26d_204237025

 それでもここにきてみたら少し目の保養になりました。

050

 ニリンソウが蕾を付けていました。

2017y04m26d_204427135

 明日にでも咲くでしょうか?

082

 おお、咲いていました!!

087

 そして野生の福寿草も。
 空が曇ってきたのでパラボラを閉じています。

092

 本を読むのは辛いけれど、こうやって花を見ている分には困りません。

093

 タダ空模様がドンドン怪しくなります。

2017y04m26d_204928793

 もう眼鏡屋へ行った方がよいです。

112

 川はまだ雪解け水で溢れています。

119

 しかし何と!!
 桜が咲いていました。 この三輪だけですが、間違いなく桜です。

129

 眼鏡を注文し終えて、帰りに空を見ると虹が出ていました。 
 ワタシが眼鏡屋で度数を調べている間に雨が降っていたのです。
 
 この前、虹を見たのはいつだったろう?

 一方よもちゃんは虹に願事をしていました。

2017y04m26d_203844964

 黒電話が拉致被害者を返しますように。
 同居人がブログに下らない事を書くのを止めますように。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2017-04-26 11:03

朝鮮有事は収束?

 夕べ考えたのですが、北朝鮮はもう降参したのでは?
 
 だって黒電話君こと金正恩はトランプ大統領に空母やら全ての爆弾の母やらに脅されて、核実験をやる度胸はありませんでした。

 それでも勇を振るってミサイルを発射してみたのですが、しかしアメリカのサイバー攻撃で見事に失敗しました。

 ミサイルがちゃんと飛んでくれないと、これを「日本に落とすニダ!」と言って脅す事はできません。

 その状況で戦っても惨敗は目に見えています。

 それで降参するしかなくなったのです。

017


 軍事演習が降参の証拠?
 
 ええそうです。
 北朝鮮の状況では砲弾は貴重でしょう?
 
 北朝鮮の長距離砲がどこで造られた物かわかりませんが、例え自国産であっても、今の経済状況では砲弾を大量に製造する事は不可能です。

 ホントに米軍の攻撃に備えるなら、その貴重な砲弾を演習で気前よく使う事はできないはずです。

 それでもそんな演習を行ったのは、或いはやらされたのは、「もう砲弾は無いニダ。 だからソウル攻撃は出来ないニダ。」と言う事を証明させざるを得なくなったと言う事でしょう。

019

 核実験はしないニダ。
 ミサイル開発は諦めるニダ。
 ソウル攻撃用の砲弾はもうないニダ。
 だからウリをこのまま将軍様でいさせて欲しいニダ。

 これで話し合いが着いたのです。
 だって核とミサイルの開発さへ止めたら、敢えて北朝鮮を崩壊させる必要はありません。
 
 韓国からの自国民の退避も難しい状況では、直接軍事行動はリスクが大きすぎます。

 だから米軍の攻撃は、一旦は遠のいたのです。

027

 それで安倍総理は明日(4月27日)から英露外遊に出かけるのです。
 
 また中国は4月24日、5月から中朝の航空機運行の再開を発表しました。

 そしてトランプ大統領は4月25日、ホワイトハウスに上院議員100人を招いて「北朝鮮への追加制裁が必要だ」と説明しました。

 軍事的に攻撃をして金正恩体制を崩壊させる気なら、追加制裁の話などする意味がありません。

 しかしそれでも取りあえず黒電話君の政権は温存させてやることにしたのです。

029

 ただその場合、トランプ大統領側も金正恩側も、何とか自国民に体裁を繕わねばなりません。

 つまり双方、自分が降参したので軍事衝突に至らなかったのだと言う事を自国民に示さなくてはならないのです。

 そこで金正恩は降参したとは言わず、今まで同様、虚勢を張って凶暴な発言を続けているのです。

 一方トランプ大統領は上院議員に状況を説明し、更に金正恩は信用できないので、今後も経済制裁は続けて核やミサイルの開発に使える金は持たせない事にするのでしょう。

031

 そしてこれはワタシの希望的観測ですが、金正恩の実質的降参の証拠として拉致被害者の全員帰還を要求しているではないでしょうか?

 北朝鮮は日本だけではなく世界中で拉致を行いました。 アメリカ人の被害者も絶対いるでしょう。

 これを全員取り返せばトランプ大統領の世界中でトランプ大統領の声望が上がります。 支持率だって上がります。
 これは彼個人の名誉心を満足させるだけなく、今後の政権運営が非常にやりやすくなります。

 そして何よりも拉致被害者達が帰還すれば、拉致の全容が明らかになり、朝鮮総連や日教組など拉致に協力した組織を壊滅させる事ができます。

 これ等の組織は同時に北朝鮮の資金源、核やミサイル開発の協力者でもありますから、これを壊滅させて置けば、もう北朝鮮の核・ミサイル開発はできなくなります。

032

 そこで拉致被害者の帰還が実行されるまでは、空母を日本海に置いて脅し続けるのでしょう。

 勿論これは北朝鮮側にとっては耐え難い話しですが、しかし拉致被害者の返還なら北朝鮮の一般国民には秘密裡に行えるので、金正恩が事実上降伏した事を、一般国民には隠しておけるのです。

 だからこれは何んとか呑める話しなのです。

 トランプ大統領の本気を見せられてビビってしまった以上は、金正恩にすればとにかく今は武力攻撃を避けて、政権に居られるのなら何でも呑むしかないのです。

 だからワタシは拉致被害者の帰還を期待しています。

 勿論まだ当分不測の事態が起きる可能性は無いではありませんが、これでもう朝鮮有事は一旦は終了ではないでしょうか?
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2017-04-25 20:57

人道主義と冷笑主義の曲芸 難民

 不法渡航行者と難民救助NGOが組んで、「救助船」をリビアの沿岸まで送り込み「難民」を連れてくる。

 リビア沖で移民救助のNGO、密航業者と連絡か 伊当局者が指摘

【4月24日 AFP】地中海(Mediterranean Sea)で移民らの救助活動を行っている一部の非政府組織(NGO)はリビアの密航業者とひそかに連絡を取り合っていると、イタリアの検察官が地元紙に語った。NGO側は否定しているが、欧州の移民危機への対応で支援団体が果たす役割をめぐる議論に拍車がかかりそうだ。

 シチリア(Sicily)に駐在する検察官のカルメロ・ズッカーロ(Carmelo Zuccaro)氏は23日付のイタリア日刊紙スタンパ(La Stampa)とのインタビューで、リビア沖で活動するNGOの一部について「リビアの密航業者と直接連絡を取っていることを示す証拠がある」と証言した。

 具体的には、リビアから一部NGOに電話がかけられたり、密航船からNGOの救助船に向けてランプで針路が示されたりしていることを挙げている。

 これらのNGOをめぐっては、欧州対外国境管理協力機関(フロンテックス、Frontex)も最近、欧州への「タクシー」を提供しているのも同然だと指摘していた。

 リビア沖で移民らの救助活動に当たっているNGOには、「国境なき医師団(MSF)」や「セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)」など長い歴史を持つ団体のほか、マルタを拠点に活動している「MOAS」などより規模が小さく新しい団体も含まれる。

 これらのNGOはいずれも、密航業者と事実上共謀しているとの疑惑はボランティアの乗組員らに対する根拠のない中傷だと一蹴。乗組員らの唯一の使命は、欧州連合(EU)諸国の支援が行き届かない場所で人命を救助することだと主張している。

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、リビアとイタリアの間に位置する水域では今年に入り、すでに1000人以上の移民が死亡した恐れがある。救助されてイタリアへ移送された人は3万7000人近くに上っている。(c)AFP/Angus MACKINNON

 この話、実は昨年ナスタチウムさんが、紹介して下さっていました。

NGO,密航業者、マフィア、EUが共謀して、アフリカ偽装難民を地中海でリレーしていることが判明!

 「救助船」の航跡をGPSで見ると凄いです。


 イタリア本土から真っ直ぐリビア沿岸の一点に向かい、その後また真っ直ぐイタリアへ引き返しています。

 難民船を探して洋上をパトロールするような形跡は全くありません。

 これはもうどう見ても、不法渡航業者が客の移送の為にチャーターしたチャーター船としか言えません。

243

 今は商船の航跡はGPSで監視しているので、こうした「難民救助船」の異常な航跡は前々から解っていたのでしょう。

 それでもイタリア政府もEUもこのチャーター船が運んできた乗客は受け入れるしかないのです。

 またこのチャーター船の運航会社・・・じゃなかった難民救済NGOの関係者も処罰できないでしょう。

 だってEUは「地中海において人命救助を補助する民間船舶の船長、非政府組織は、その行為を罰せられる危険に晒されるべきではない」と言う決議を採択しているのです。

253

 一方、EUは途上国からEUへの不法入国を斡旋する不法渡航業者の取り締まりを、トルコなど周辺諸国に申し入れています。

 そして不法渡航業者には厳罰を要求しています。

 それなのに不法渡航業者がヨーロッパに送りこんだ「難民」は無条件で受け入れ、福祉予算で面倒を見るのです。

 これは密輸業者は絶対許さず厳罰に処すが、密輸品の販売は全面的に認めるどころか保護奨励するような奇妙さです。

263

 一昨年末、欧州のマスコミが幼児の遺体を使って難民カワイソ~~キャンペーンをやったら、メルケルが直ぐにこれに飛びつき「難民歓迎!!」と言い出しました。

 そして人権意識の高い痴的な人々が、花を持って難民を歓迎したではありませんか?

 この人権意識の高い痴的な人々によれば、難民は故国で迫害を受けている気の毒な人々なので、彼等の人権を守るのは国際社会の使命なのです。

2017y04m24d_124734311

 そこで不思議なのです。

 それならこの不幸な「難民」を人権国家であるドイツや北欧諸国に送り出す不法渡航業者を処罰するのはなぜですか?

 彼等が居なければ不幸な「難民」達は、どうやって欧州へ渡ったら良いのでしょうか?

 勿論不法渡航業者が法外な料金を取っています。 しかし彼等だって生活していかなければならいのです。 そしてもし逮捕されたら何年も刑務所にぶち込まれるのです。

 こうしたリスクを考えれば、料金が高くなるのは仕方ありません。

 それでも「難民」達の人権を守る為にやっているのですから、崇高な話ではありませんか?

2017y04m25d_210610014

 第二次大戦のユダヤ人難民を思い出してください。

 ユダヤ人達がドイツやドイツの占領地を逃れるのを助けた人達も、皆多かれ少なかれ違法行為をやったのです。

 勿論中にはユダヤ人の難民から賄賂を取って、彼等を逃がした人もいたでしょう。

 でもそれが悪い事でしたか?

 現在不法渡航業者達がやっている事は、杉原千畝がやったことと同じなのですよ。

 それなのになぜ不法渡航業者を処罰するのですか?

310  

 そもそも不法渡航業者なる者が出てくるのは、つまりは難民が正規の手段でEUに渡る事を、EU側が拒否しているからです。

 ドイツや北欧など難民の人気国が、シリアやソマリアなど難民発生国の人々のビザを免除すれば、彼等は不法渡航業者などに頼る事はないのです。

 ドイツとトルコ間の航空運賃など精々2万円、3時間足らずの快適な旅なのです。

 難民は非人道的な状態に置かれているから断固受けれなければならないと言うのがEUの態度なら、難民の人気国に難民発生国民へのビザを免除させればよいのです。

 しかしビザ免除しない、しかもビザを出さない。

 だから「難民」達は不法渡航業者に頼るしかないのです。

344

 するとEU側は不法渡航業者の取り締まりと厳罰を要請しながら、「難民」は救助し受け入れるのです。

 例えどんなに危険でも不法渡航の料金が高くても、一旦欧州に入れば難民様として手厚い保護を受ける事ができます。 

 難民キャンプでの暮らし、イヤ難民になる以前の暮らしと比べても格段にリッチで優雅な生活がゲットできます。

 欧州へ入る難民と、それができない難民の生活支援のギャップが半端じゃないのです。

 密輸業者は取締厳罰、密輸品は国家で販売を奨励保護!! 

 これでは絶対に密輸がなくなるわけなはないのです。 それどころか取り締まりをする警察や税関のシステムまでオカシクなって行くのは必定でしょう?

346

 しかしEUは難民に関しては、この矛盾を一切論じない事で徹底しているのです。

 人道主義と冷笑主義の曲芸としか思えません。

 難民受け入れは確かに人道的ではあります。 しかしUNHCRによれば現在世界中の難民は6000万人。 これはもうEUなど先進国だけで受け入れる事の出来る数ではありません。

 だから難民の中で、不法渡航業者に金を払って欧州に行ける人間だけを受け入れているのです。

 しかしこれは本来の難民救済から言えば公正ではないでしょう?

 難民キャンプで暮らす人と、欧州で受け入れられる人の待遇の差が余りに大きいから、ドンドン不法渡航をする人が増えるのではありませんか?

364

 難民の救済を難民キャンプの待遇改善や、故国での難民の生活支援と言う方法に変えてはイケナイのでしょうか?

 現在のシリアやソマリアの難民は、欧州に逃げ込まないと殺されるわけではないのです。

 労働力として難民が欲しいのならば、難民キャンプで面接をして、合格した人に就労許可と在留許可を出せば済む事ではありまえんか?

 そして彼等が得た賃金を故国の家族に仕送りできるようにすればよいではありませんか?

336

 ところがEUは断固として難民受け入れに執着し、一方で押し寄せる難民に辟易しているのです。

 だからこんな摩訶不思議な人道主義と冷笑主義の曲芸をやるのです。

 そしてこれが凄いのは、欧州の言論人もまた報道機関もこの異常さを一切指摘しない事です。

 一体どうやったらこんな魔法のような事ができるのでしょうか?

378

 ワタシは彼等の思考法がどうしてもわかりません。

  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(8)