2017-10-23 13:29

晴れた日 三度目

 10月21日は10月三度目の快晴でした。

019

 この日も午前中から用事で外出したのですが、驚く程暖か日でした。

079

 実は先週からすっかり寒くなったので、薄手のジャケット類は皆しまい込み、中綿入りの物を出したのです。

103

 ところがこの日は中綿入りのジャケットなんてとても来ていられない暖かさでした。

114

 それで薄手のジャケットをまた引っ張り出して、それを着て出かけました。

115

 この暖かさの為でしょう。 手稲山の山頂の雪が消えていました。

122

 こんなに異様に暖かいのは、台風のせいでしょうか?

139

 紅葉はまた一段と進みました。

151

 何処へ行っても極彩色です。

187

 特に白樺の葉は金色に輝き眩しい程です。

197

 アズキナシの実が赤くなり、黄色くなった葉はあらかた落ちました。

206

 これが11月になると、赤い実だけになります。

214

 すると冬枯れの山の中で、アズキナシの所だけがほんのりと赤くなるのです。

242

 楓の紅葉も進みました。

244

 楓の林全体が金色になっています。

264

 そして楓の向こうに透けていた桜の紅葉は薄くなりました。

274

 こんな豪華な色彩は今の季節だけです。

296

 春だってこんなに華やかではないのです。

2017y10m23d_122307373

 そして午後になると、色彩が一層鮮やかになってきました。

334

 二時を過ぎると、陽光の色が夕日の色近づいてくるのです。

338

 それで赤や黄色が一層鮮やかに見えるのだと思います。

372

 お蔭で景色が現実離れするほどの豪華絢爛に見えます。

388

 冬を待つ間の束の間の輝きです。

445

 実際、この快晴はこの日で終わりでした。

448

 翌日の22日は、いかにも台風前らしい暗い暗い曇り空でした。

446

 そして今日は朝から雨です。

449

 そして気温もドンと下がりました。

470

 現在外の気温は3度です。

484

 妹は電話で、裳岩山が雪で真白くなっていると言っていました。

500

 そして天気予報にも雪達磨のマークがついています。

506

 この豪華絢爛な色彩を見られるのも後暫くです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-10-22 16:10

中世に生きる人々 日本の憲法学者

  実は一昨日、ケント・ギルバートさんの「アメリカ人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体」と言う本を買ってきました。

 で、読み始めから驚いたのですが、ケントさんによれば、日本の憲法学、そして憲法学だけでなく法学と言うのは、先進民主主義国家の標準から言えば随分特異な物だと言うのです。

 つまり日本の憲法学と言うのは、憲法の条文は絶対に正しいとして、その条文の解釈だけを行う学問なのです。

 そして法学も同様だと言うのです。

079

 実はワタシは法学は大学の教養の時に半年やっただけなので、全然知りません。 何しろ法学の教授は絶対に赤点を出さない事で学生に人気のあった人なので、ワタシも講義は何も覚えていないのです。

 でもその後、テレビや新聞で見る憲法論議を聞いていて、そもそも憲法学ってそんなモノだろうと思っていたのです。

 ところがケントさんは違うと言うのです。
 
 ケントさんは実は弁護士であるだけでなく、アメリカの法学博士号も持っています。

090

 そのケントさんに言わせると、アメリカでは憲法学と言うのは、憲法とは何であるか?憲法はどうあるべきか?と言う事をまず論ずる学問だと言うのです。

 そしてこれは日本以外の先進民主主義国でも同様だと言います。

 だから個別の条文解釈などには、殆ど拘らないのだそうです。

 そして憲法の在り方を論ずる中で、現行憲法が現実の社会に合わず、問題があると思えば憲法学者の側から、憲法改正を提言すると言うのです。

094

 でも考えてみれば民主主義国家では、憲法を含めて法は国民が作るモノです。 だから立法権は国会にあるし、また国会が憲法改正の発議もできます。

 そして国民投票により改正できるのです。

 民主主義国家での法の支配と言うのは、国民皆で決めた法に従って政治をする、国民皆で決めた法だから首相も官僚も国民も、その法に従うと言う事です。

 だからその法が不都合になれば、変えるのは当然なのです。

 それを考えたら憲法学や法学のあるべき姿は、ケントさんの言うアメリカや日本以外の先進民主主義国の方が正しいとしか思えません。

2017y10m22d_161936276

 それでは日本の憲法学のような在り方の法学は、他国にあるのでしょうか?

 あります。

 イスラム法学やユダヤ教の律法タルムードの研究をするユダヤ教神学です。

 またキリスト教神学での聖書研究も同様でしょう。

098

 イスラム法・シャリーアはコーランと預言者ムハンマドの言行を法源としています。

 そしてムハンマドは神の意思をそのまま伝えた事になっているので、絶対に正しいとしなければなりません。
 
 ユダヤ教の律法タルムードも同様で、これも聖典なので、絶対に疑う事も変える事もできないのです。

 だからイスラム法は1000年以上、新約聖書でも2000年、タルムードに至ってはホントに何千年経ったのかさへ解らないのですが、全く変わらずに伝えられおり、信者はこれを今後も未来永劫守らなくてはならないのです。

100

 でもそんな何千年も前に決まった律法だと、現代生活とは合わない事が沢山あるのでは?
 
 そうなんです。
 だからこそこうした聖典の解釈の専門家が必要なのです。

 例えばタルムードに従えば、安息日に「火を使う」事は許されないのですが、だったら電気はどうなるのか?

 イヤ、これ真面目に議論するのです。

101

 以前リチャード・ファインマンの自伝に書かれていたのですが、ユダヤ教の大権威からこれを聞かれたのだそうです。
 
 電気は火か?
 電気が火であれば、我々は安息日に電気を使う事はできない。

  彼はマンハッタン計画などに参加し、ノーベル物理学賞を二度受賞した物理学者なのですが、ユダヤ人なので子供の頃は、ユダヤ人の子供為の宗教教室にも通っていました。
 そんな縁でこんな話を持ってこられたのです。

2017y10m22d_162304162

 実際、ユダヤ教の一部の宗派では、電気を火と解釈する事から、安息日にエレベーターに乗る時には、キリスト教徒に頼んでスイッチを押してもらうのです。
 
 エレベーターが電気で動いても、自分でスイッチを押さない限りは電気を使った事にならないと言う解釈のようです。

 因みにファインマンはこういう事やその他がいろいろ馬鹿馬鹿しくて、ユダヤ教の信仰は捨てちゃったのです。

108

 しかし日本の憲法学者・法学者は、これらの神学者達と完全に同じ立場で日本国憲法を研究しているわけです。
 
 そして護憲派と言われる人々は全てこれに倣っているのです。

 実際吉永小百合など「憲法は聖書のように変えてはイケナイ」と言っていました。

 もう笑っちゃうしかないのです。
 
 オマイラ、中世に生きる人々か?
 オマイラにとってGHQが神で、日本国憲法はその神から与えられた聖典なのか?

2017y10m22d_162549963

 でもワタシだって憲法学とは元来このように中世的な学問だと思っていたのですから、人の事を笑えた義理ではありません。

 実はワタシは以前イスラム教徒を「中世に生きる人々」と書いた事があります。

 しかし現在のイスラム諸国には所謂先進国はないのです。 そしてイスラム教徒の全体から見れば、近代的な高等教育を受けた人は少数です。

 だから彼等が近代的でない事は仕方ありません。

 しかし日本の憲法学者達は、先進民主主義国家日本で生まれ育ち、最高レベルの高等教育を受けた人々であるはずです。

 それがこのように中世的な人々であるのでは救いがありません。

121
 
 そしてこういうのを見ると日本の人文科学ってどうなっているのだろうか?と怖ろしくなります。

 つまり新聞・テレビ等から聞こえる憲法論議の中で、こうした先進民主主義国の憲法学に着いての議論は、ケントさんがこの本を書くまでは、一切日本国民に聞こえなかったのです。

 そして日本の憲法学者は数名の例外を除いて、日本国憲法の条文を極めて狭い語義解釈から「自衛隊は違憲」としているのです。

 更にその彼等は、「自衛隊は違憲では現実の国際社会で日本国民を守る事ができるのだろうか? もしできないなら憲法を変える事も考えるべきでは?」と言う議論は絶対拒否して、「自衛隊を解散しろ」と言っているのです。

 これはもう国民の立法権を全否定する話しです。

2017y10m22d_162801215

 それにしても先進国であるはずの日本で、何でこんな奇妙な中世的な学問が、日本の大学を席巻しているのでしょうか?

 日本は明治時代に他の学問と共に近代的な法学を学んだのではありませんか?

 法学って実は古代ローマから続く学問なのです。
 しかし古代ローマの法学者達だって、法を聖典化して批判や改正を封じるようなヘンテコリンな法学なんて作ってなかったと思いますよ。

 だってローマ人は法治主義を発明した民族です。
 ローマは帝政になってからも法治国家だったけれど、法は現実社会に合わせて常に改正し続けたのですから。

 だったら一体どこからこんな奇妙が日本の憲法学が生まれ、それが日本の法学界を席巻したのでしょうか?

 ワタシは是非ともこれを知りたいです。

2017y10m22d_164905252

 そしてまた思うのです。
 バブル以降の日本の停滞は実は、このような日本の中世的な人文科学が原因では?と。

 勿論現代でも信心深い人、中世的な思考が好きな人は世界中にいるのです。 むしろアメリカなどキリスト教国の方がこの手の人が多いと思います。

 しかしアメリカではそういう人達は、教会には沢山いるけれど、大学の法学部を席巻して、学生達に中世的な教育をしているわけではないのです。

 ところが日本では厳しい受験競争を勝ち抜いた若者達が、中世の神学校のような教育を受けて財務官僚や文部官僚や、労働組合や大企業のトップを占めているのです。

135

 しかしこのように中世的な教育しか受けてない人々が、近代的で合理的な発想や判断をできるわけはないではありませんか?

 近代合理主義の教育を受けた他国のトップと伍していける訳はないではありませんか?

 だからバブルのような事態が起きたら、もう手の施しようもなく、因循姑息な対応を続けるしかないのです。

 全くため息しか出ません。



  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(28)

2017-10-21 23:16

晴れた日 二度目

 19日は10月になって二度目の快晴日でした。

023

 実はこの日は天気予報では一日曇りのはずだったのですが、しかし実に綺麗に晴れたのです。

045

 雨と曇りで外出ができない間いにも紅葉はドンドン進んでいました。

114

 そして落葉も結構進んでいます。

147

 この日、家を出たのは2時過ぎです。

149

 貴重な快晴日なので、ホントはもっと早く出かけるべきなのです、どうも生活のリズムが壊れてしまって戻りません。

153

 それでどうしても行動が遅くなるのです。

156

 生活のリズムが壊れたのは、去年の11月からです。

191

 去年の9月に自転車で転んで足を骨折で入院して、11月に退院しました。

195

 足を装具で固めて松葉杖をついての退院でした。

215

 でもよもちゃんが心配だったので一日でも早く退院したかったのです。

222

 だから退院してから結構大変でした。

230

 近くの生協に行くのも一苦労でした。

2017y10m21d_221805810

 店に入る為には、前の駐車場を通り抜けるなければならないのですが、その駐車場が途方もなく広く思えました。

245

 それでも頑張って店に入ると、何と生協はワタシの入院中に改装していて、売り場の配置がかなり変わっていました。

254

 そこで欲しい品を探すのに、売り場を探して歩かなくてはならなくなりました。

266

 だから買い物に出る度に泣きそうでした。

2017y10m21d_222126728

 そんなだから生活のリズムも無茶苦茶になりました。

278

 それでも根雪になる前には、装具も松葉杖もいらなくなり、除雪もできるようになったのです。

285

 あれからほぼ一年経ちます。

293

 あれから一年何とか無事に過ごす事ができました。

309

 自転車で転んだ事が恐怖になって、用心をするようになったのか、あれから一度も自転車で転んでいません。

329

 しかし生活のリズムはどうも戻っていません。

330

 一時は馬鹿に体調が良くなり、裁縫に励んだりしたのですが、それはまたダメになりました。

335

 体調がいつも今一なのは、病持ちなのだから仕方ありません。

337

 それにあれからほぼ一年、怪我も他の余分な病気もしないで済んだのだから文句を言ってはイケナイとは思います。

338

 でもヤッパリもう少しちゃんとリズム良く生活できて、したい事をもっとできるようになりたいです。

345

 でもそれはもう無理なのでしょうか?

346

 出かけるのが遅くなったので、暫くウロウロしていると直ぐに日が暮れてきます。

354

 4時を過ぎると夕暮れてくるのです。

352

 そしてこれからは更に短くなるのです。

417

 だから何とかもう少しテキパキと動いて、早く外出できるリズムを取り戻したいのです。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2017-10-20 14:37

カワイソウだから日本人にしてあげる 自称人権活動家の皇民化政策

 ワタシは実は、前々から日韓関係や在日コリアンとの関係を悪くさせているのは、実は人権活動家や人道を名乗って韓国や在日コリアンの味方をする人達だと思っていました。

 で、昨日この典型と言うべき記事を見つけました。

 長文ですが全文コピペします。 

002

 【夜回り先生・水谷修】「朝鮮半島に帰れ」 北暴挙で行われる在日朝鮮人への嫌がらせ 男女、同和、障がい者…日本でもある差別[10/19]
 
 みなさんは、日本で今でも多くの差別が存在することに気づいていますか。男女差別、同和問題、在日朝鮮人差別、障がい者差別など数えればきりがありません。私は、高校の教員時代からこの問題に取り組んできました。 

差別問題を考えるときに大切なことがあります。それは、差別と区別を分けて考えることです。これを混同すると大変なことになります。私が高校の教員時代、差別問題に対して熱心に取り組んだ1人の女性教員がいました。 

あるとき職員会議で、男女の名簿を分けること、男子と女子のトイレを分けること、体育祭において男女の競技を分けることは男女差別であり止めるべきだという提案をしました。 

私は、男子と女子はその体型や体力などに生来の違いがある。それを分けることは差別ではなく、区別であり、これは必要なことだと反論しました。 

オリンピックにおいても、パラリンピックそのものの存在が障がい者差別であり、装具をつけた競技者も陸上などでは、オリンピックに参加する権利を保障すべきだという議論がありました。 

私は、これも必要な「区別」だと考えます。人間は百人百様です。それを区別なしにひとかたまりにして扱うことは、これこそが人権を無視した暴挙だと考えます。 

私が教員になった約40年前と比べれば、この差別問題も日本では相当改善されました。男子の聖域とされた職場にも女性の採用が増えていますし、政治の世界でも女性の活躍が目立っています。 

同和問題に対しても、同和地域の貧困問題は今も解決できてはいませんが、多くの国民がその不条理に気づき、ある程度の融和は進んでいます。障がい者問題でも、企業や公的施設での雇用も、未だ不十分ですが、広がってきています。 

しかし、在日朝鮮人問題については…。「朝鮮半島に帰れ」などのヘイトスピーチ、朝鮮人学校の生徒たちに対する嫌がらせなど、人権を無視した哀しい暴挙が続いています。 

私は、古くからたくさんの在日朝鮮人の人たち、若者たちとともに生きてきました。当然、韓国、北朝鮮それぞれの国籍を持つ人たちとです。 

かつてこんなことがありました。中部地方のある都市の河川敷に、北朝鮮出身の人たちの集落があります。河川敷は、当然法的に居住は認められていません。戦後の混乱期に、土地を持たない北朝鮮出身の在日の方々が、生きる場として建てたものです。 

市と県、国は、超法規的に、それらの建物を小屋として認定し、その強制撤去はせずに時が流れました。当然、小屋としての認定ですから、トイレや風呂の設置は認められません。風呂は銭湯に行くことができますから、なんとかなりますが、トイレはそうはいきません。川の上に足場を組み、そこに板を渡してトイレとしていました。 

ところが、ある台風の時に、そのトイレを使っていた高校生がトイレごと川に流され、亡くなりました。これが問題となり、私たちは市や県の議員を通じて陳情し、集落近くの河川敷に共同トイレを設置してもらいました。その完成を祝って、集落と支援者たちとの食事会を開きました。その時、1人のおじいさんから言われました。 

水谷先生、私たちは1910年の日韓併合よって朝鮮半島が日本の領土となってから、45年の太平洋戦争終戦までの35年間、日本国民として、たくさんの仲間たちが日本に移住しました。強制的に移住させられた仲間たちもたくさんいます。 

そして、数多くの差別や関東大震災の混乱の中での虐殺を生き延び、日本で働き生きてきました。朝鮮半島への帰還事業で、故郷に戻った仲間たちもたくさんいます。でも、多くの在日朝鮮人にとって、日本による朝鮮半島支配の35年の月日は長すぎました。 

私もそうですが、すでに日本語しか話すことができず、また本国の家族や親類も朝鮮戦争などの混乱で亡くなった。多くの在日朝鮮人にとって、日本だけが故郷になってしまいました。そして、日本で働き、税金を納め生きてきました。差別に苦しみながら。 

先生、私たちは日本人にはなれないのですか。いつまで、この差別で苦しまなくてはならないのですか」 

私は、答えました。 

日本国民とは、日本に住み、生活し、働き、納税の義務を果たしている人だと考えています。当然、みなさんも日本国民です。ただ、日本は法律で二重国籍を認めていません。みなさんそれぞれに思いがあることはわかります。でも、韓国や北朝鮮の国籍を捨てて、日本国籍を取得して欲しい。その上で、この在日朝鮮人問題の解決に向けて戦うことは、この問題の解決により早い道筋をつけることができるでしょう」 

多くの人たちから非難されました。 

「先生だから聞かなかったことにするが、私たちのアイデンティティを捨てさせるのか」、「そんなかたちで日本の中に組み込まされ、今まで受けてきた差別を忘れろというのか」など厳しい声が飛び交いました。私は「残念ながら、今の私には、そこからしか解決の糸口がみえないのです」と繰り返しました。 

今、北朝鮮の金正恩政権の核開発や実験、長距離弾道ミサイルの発射という暴挙の中で、日本各地で在日朝鮮人の人たちへの嫌がらせや暴力が続いています。悲しいことです。また、これらの暴力を繰り返す人たちの中には、日本は日本民族の国家だという、民族国家思想を見ることができます。 

彼らに言いたい。もし、日本民族ではない在日朝鮮人の人たちに差別や排斥をするのなら、同じように企業のトップとして働き、多くの給料を企業から得ている多くの欧米諸国の人たちに対しても同じことをしなさいと。 

この国でほぼ一世紀の間、数多くの差別に苦しみながら必死に働き、子どもたちを育て生きてきた在日朝鮮人の人たち。彼らこそ、私たちの仲間、同じ日本人として守られなくてはならない人たちだと私は考えます。 

http://www.zakzak.co.jp/images/news/171018/soc1710180037-p1.jpg 
水谷修(みずたに・おさむ)1956年、神奈川県横浜市生まれ。上智大学文学部哲学科を卒業。83年に横浜市立高校の教諭となり、子供の非行や薬物汚染拡大防止のため「夜回り」と呼ばれる深夜パトロールを行う。2004年9月に辞職。 
現在は「夜回り」のほか、メールや電話による相談を受け、講演活動で全国を駆け回っている。 

(おわり)

025

 つまりこの記事の著者は、在日コリアンへの差別は許せない。 そして韓国国籍や朝鮮籍の在日コリアンを「日本人」だと言うのです。
 
 なぜなら記事の著者水谷氏は日本人の定義を勝手に「日本国民とは、日本に住み、生活し、働き、納税の義務を果たしている人だと考えています。」と決めているからです。

 しかし彼はアメリカ人やドイツ人にも、同じ事を言うのでしょうか?

 またアメリカやドイツに暮らす日本人に対しても、「オマエは日本人ではない。 ドイツ人だ。」と言うのでしょうか?

 アメリカやドイツで暮らす日本人が、災難に遭って困窮したり、人権を侵害されたりした場合は、アメリカやドイツが助けるべきで、日本国には責任は無いと言うのでしょうか?

049

 ワタシもネットを始めてから、海外在住の日本人のネッ友が結構できました。 
 
 その中には在留国の人と結婚して子供ができて、その子はもう在留国の国民として育っている人もいます。

 でも日本を愛し、自分を日本人だと認識しているので、日本国籍を捨てないのです。
 勿論在留国も愛しているし、その国の文化や歴史にも敬意を払っています。
 
 しかし在留国への敬意や愛情と祖国日本への思いを比べれば、日本が勝ると思えば日本国籍を捨てるわけにはいかないのでしょう。

003

 そうなると当然ですが、在留先の国では外国人としてしか扱われませんから、在留許可の申請その他法手続き上の不便はあるし、選挙権などの公民権は得られません。 

 国によっては不動産や株式の所有などの経済活動にも厳しい制限があるので、永住する心算でも簡単に自宅を買えない場合もあります。

 それでも自分は日本人であると思えば、そういう不便=差別は容認するしかありません。

 なぜなら国籍を保持すると言う事は、その国籍国への忠誠を誓い、そしてその国と運命を共にする事ですから、その覚悟がない限り簡単に他国に帰化申請などしてはいけないのです。

 これが誠意のある人間の道です。

057

 逆に言えばそういう意思のない人達に、国家の運命を決める権利である参政権を与えるわけにはいかないし、またそういう人達が株や不動産を買い占めて経済を支配するような事になったら大変なのです。

 だからこうした外国人への権利の制限は、実は人種差別撤廃条約でも認められています。

 当然ですが、自分自身が在留国とは運命を共にできない、自分が運命を共にしたいのは自分の出身国だけだと言うのであれば、そうした権利の制限は容認するべきなのです。
 
 そしてこのような権利の制限を容認しても尚、祖国を捨てたくないと言う人の意思を、在留国側が勝手に踏みにじる事などできるわけもないのです。

 自分はアメリカ人、自分はドイツ人として誇りを持って日本に暮らしている人達を、勝手に日本人扱いするのは、その人達の誇りを踏みにじり人権を侵害する行為です。

012

 そもそも「先生、私たちは日本人にはなれないのですか。いつまで、この差別で苦しまなくてはならないのですか」ってどういう事でしょうか? 

 彼等の言う差別って何ですか?

 上記のように外国人に公的な権利の制限をするのは、人種差別撤廃条約でも認められているのです。

 そして彼等は河川敷を不法占拠して、糞尿を河に垂れ流しているのです。

 このような事をしている人間が、プライベートで尊敬されるわけもなければ愛されるわけもないのです。
 
 日本人でも一部のホームレスなどは同様の事をしていますが、彼等だって尊敬されているわでも、愛されているわけでもありません。

026

 にも拘らず水谷氏は、差別の定義と、国民の定義を歪曲して「日本国民とは、日本に住み、生活し、働き、納税の義務を果たしている人だと考えています。」などと言うのは、つまりは相手が在日コリアンだからでしょう?

 つまり「朝鮮人カワイソウだから日本人にしてあげる」と言うわけです。

 これってつまり皇民化ではありませんか?
 しかもその根拠は日韓併合ではなく、憐憫!!

074

 朝鮮なんか南北どちらもマトモな国じゃないから、海外邦人の人権なんか守ってくれるわけない。
 
 韓国やまして北朝鮮のような貧乏国へ帰れるわけがない。

 コイツラ「強制連行された」なんて嘘を言ってるけど、それだって貧乏が辛くて帰れないからだよ。

 それなのに「帰れ」なんて言ったら、カワイソウじゃん!!
 だから日本人にしてあげようよ!!
 
 これがこの記事の主旨なのです。

092

 しかし幾らヒトモドキだってプライドはないわけはないのです。 

 もしレストランへ行って食事をした後、店の人から「貴方はどう見ても貧乏人でカワイソウだから今回の支払いは良いよ」と言われたらどう思いますか?

 ホントにお金に困っている時でも、素直に喜べないでしょう?

 朝鮮人は猫なで声で「カワイソウ~、カワイソウ~。」と言われて幾ばくかの利権を得られると、喜んでカワイソウ利権を貪る人達ではあります。

 それどころか朝鮮学校を見ればわかりますが、自分から乞食をするのも大好きです。
 
 とは言え、彼等にだってそれで自分達が心底馬鹿にされている事ぐらいはわかるのです。

 だからこういう連中が在日特権の供与に励めば励む程、在日コリアンのプライドは傷つき、日本への憎悪になって行くのです。

121

 エドワード・ルトワックは韓国の反米について、「見返りを求めない施しは屈辱に繋がる」と書いていました。

 アメリカは朝鮮戦争で5万人の若者を喪ったの始め、戦後韓国に膨大な援助を行ってきました。 それでも韓国は熱烈な反米国家なのです。

 ルトワックはこの反米の理由を当にアメリカが行った「見返りを求めない施し」によると言うのです。

 そしてそれは韓国や在日コリアンの反日も同様でしょう。

136

 見返りを求めない施しがなぜ屈辱に繋がるのか?

 それは見返りを求めずに施すと言うのは、相手が見返りを期待できない憐れな人間だと思っているからです。

 そして人間は他人からそのように思われるのは、大変な屈辱なのです。

 だから人に施す時は相応の気は使うべきなのですが、しかしこの水谷氏のような自称人権活動家や自称人道主義者は、実に無神経にこれを行うのです。

 だって彼等は何よりも自分達がいかに寛大な施しをしするかを自慢したくて堪らない人達ですから。

 一方、韓国や在日コリアンはこの施しをいつも期待しながら、しかし一方でその施しを受けた事で、屈辱を感じ施してくれた相手を憎悪すると言う事を延々続けてきたのです。

157

 勿論水谷氏等が施しをしたい気持ちはわかります。 相手が屈辱を感じると言う事は、自分は優越感を感じると言う事でもあるのです。

 この気分は記事全文に漲っています。

 カワイソウな朝鮮人のやる事だから、公有地を不法占拠して川に糞尿を垂れ流しても問題にしない。

 地域の人達がこの迷惑に憤れば、それを「冷酷な差別主義者」と罵る事で、自分が正義の味方になった心算になる。

 イヤ、土地を持たない人なんか日本人でも幾らでもいるのです。 でも彼等はちゃんと借家を借りたりローンを組んで家を建てて暮らすのです。

 ところが「カワイソウな朝鮮人のやる事」だから責めない。

205

 そしてこういう気持ちの悪い優越感とそれとセットになった朝鮮人への侮蔑があるからこそ、「強制的に移住させられた仲間たちもたくさんいます。 」なんて見え透いた嘘にも反論しないのです。

 この水谷氏は1956年生まれだそうですからワタシより2歳下です。 でもワタシ達の世代なら朝鮮人の強制連行なんて話は、90年代から急に湧いてきた事ぐらい知っているはずでしょう?

 ワタシは日本の自称人権派がこの手の嘘を朝鮮人と一緒に吹聴するのを大変不思議に思ってきました。
 
 しかし彼等はこの手の嘘に同調する事で、「心優しく寛大な自分」「嘘を認めてやる優越感」に酔っているのです。

2017y10m19d_212009660

 イヤ、違法行為を犯して責めないと言うのは、つまり彼等が法を守る能力がないと言う事を認める事で、これこそ差別そのモノなんだよ。

 法を犯しても責めないと言うのは、結局相手を精神障碍者や幼児などと同じ、責任能力のない人間だと認識していると言う事なんだから。

 精神障碍者でもない一人前の成人に、問うべき責任を問わないと言うのこそが差別なんだよ。

 法を守る能力が無いと公認されている人間が、尊敬されるわけないだろう?
 
 見え透いた嘘を吐いて他人を非難するような人間が嫌われないわけないだろう?

 しかし水谷氏はそういう現実は見ないのです。

 挙句の果てに大威張りでお説教です。

230

今、北朝鮮の金正恩政権の核開発や実験、長距離弾道ミサイルの発射という暴挙の中で、日本各地で在日朝鮮人の人たちへの嫌がらせや暴力が続いています。悲しいことです。また、これらの暴力を繰り返す人たちの中には、日本は日本民族の国家だという、民族国家思想を見ることができます。

 水谷氏が何を暴力や嫌がらせと言っているかは知りません。

 しかし北朝鮮は公式に何度も「日本を火の海にする」「日本列島を沈没させると言っています。

 そういう国に抗議をしない方がオカシイのです。

 そして朝鮮総連や朝鮮学校と言うのは、北朝鮮の国家機関なのです。

 朝鮮総連は北朝鮮への渡航ビザ発行などの大使館業務を行っていおり、朝鮮学校はその傘下にあるのです。

 北朝鮮に抗議する場合、こうした北朝鮮の国家機関に抗議するのは当然でしょう?

 反米デモがアメリカ大使館に行くのと同様です。

2017y10m20d_155105638

>彼らに言いたい。もし、日本民族ではない在日朝鮮人の人たちに差別や排斥をするのなら、同じように企業のトップとして働き、多くの給料を企業から得ている多くの欧米諸国の人たちに対しても同じことをしなさいと。

 何で?

 欧米諸国の企業から日本に派遣されている人達は皆、合法的に入国し在留しており、不法行為はしていません。
 不法行為をしたら強制送還されます。

 そして何よりも彼等は外国人として、外国人の分を守って生活しているのです。
 
 外国人参政権とか生活保護とか掛け金を支払っていないのに年金を寄越せとか、不当な要求はしていないのです。

 そういう人達を何で排斥しなくてはならないのでしょうか?

228

 ワタシは在特会の会員として言います。

 ワタシ達が在日コリアンを問題にしているのは、彼等が外国人であるにも拘らず、外国人として分を守らず、参政権などの不当な要求を繰り返すからです。

 日本に出稼ぎに来た。
 祖国で虐殺されそうになったので日本に逃げて来た。
 日本が受け入れなければ祖国で殺されていた。

 そして日本にいるお蔭で祖国の同朋より遥かに豊で自由な生活を享楽している。

 それなのに感謝するどころか、ひたすら日本を憎悪を、挙句に「自分達は強制連行されて来た」などと言う嘘を繰り返すからです。

298

 ワタシは水谷氏や彼の仲間の自称人権活動家や自称人道主義者達と違って、在日コリアンも朝鮮人を擁護する意思はありません。
  
 なぜならワタシは彼等と違って韓国も北朝鮮も、ドイツやアメリカなどと同様に日本と対等な主権国家だと思っています。

 ところがその国民である在日韓国人も在日朝鮮人も、なぜか自分達の保護を祖国ではなく日本に頼りきっており、彼等の祖国もそれを当然としているのです。

 これは実に賤しい話しです。

 だからワタシは在日コリアンを擁護できないのです。

2017y10m20d_160700336
 
>この国でほぼ一世紀の間、数多くの差別に苦しみながら必死に働き、子どもたちを育て生きてきた在日朝鮮人の人たち。彼らこそ、私たちの仲間、同じ日本人として守られなくてはならない人たちだと私は考えます。 

 差別が辛いなら帰国すれば済む事です。

 何より彼等自身が自分を韓国人或いは北朝鮮人と認識しているので、日本を憎悪しているので、日本人になりたくないのです。

 日本に暮らしたので、祖国より遥かに自由で豊かな生活できて、粛清される心配もなく好き放題な事が言えて、生活保護まで得られたのに、日本に感謝する意思は欠片もないのです。
 
 そういう人達、日本人を憎悪をして日本人にはなりたくない人達を勝手に日本人扱いするって失礼じゃないですか?

 他人をその人の意思に関係なく仲間扱いするって、その人に失礼だと言う事がわからないのですね。

2017y10m20d_160911411
 
 こういう連中が踏ん反り返って「カワイソウな朝鮮人を助けてやった」と言っているから、在日コリアンが惨めになり、日本への憎悪を募らせるのです。

 在日韓国人を守る義務があるのは、韓国政府です。
 在日朝鮮人を守る義務があるのは、北朝鮮政府です。

 これは在韓日本人を守る義務があるのは日本政府だと言うのと同じです。

 それなのに、敢えて日本人に守れと言うのは、つまりはこの人は韓国や朝鮮をマトモな国と思っていないからでしょう。

 これこそ差別なのです。

308

 オマケ
 
 ところでこの水谷氏の記事、夕べ2チャンネルで拾いました。 元記事はzakzakです。

 ところが今朝みたらzakzakの記事が消えていました。
 
 そこで2チャンネルから全文コピペしたのです。

 一体何でしょうね?
  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2017-10-19 23:53

ヒトモドキと同盟するとは

 実はワタシは中学生時代から外国の話に凄く興味があって、京都大学今西研究室の文化人類学のフィールドワークの話とか、アフリカとか中東の小説家の小説とか読むのが好きでした。
 
 で、そういうのを読むと世界には随分色々な民族がいて、物の考え方も違うのだなあ・・・・と、思うのですが、しかしワタシが世界で一番理解できない民族が朝鮮民族なのです。

 こんな記事を読むと、現在の東アジア情勢と言う問題以前に、コイツらホントにヒトモドキだと思ってしまいます。

2017y10m19d_235912842

 鈴置高史さんの韓国分析にはいつも驚くのですが、今回はまた特別です。

「懲りない韓国」に下す米国の鉄槌は「通貨」
 
 鈴置さんによると韓国政府は実に金泳三政権(1993~1998年)時代から、韓国軍が米軍から得た軍事機密情報を中国に流していたと言うのです。

033

 左派でもないはずの金泳三政権がなぜ、米軍の機密情報を中国に流すのか?

 それは「米国一辺倒だった政治に幅を広げる」ため。
 中国に米軍の機密情報を流す事で、中国との関係を良くしようと言うのです。

 しかし間もなくアメリカ側もこれに気づき激怒します。
 
 そこで韓国への御仕置として行ったのが、IMF危機。
 つまりアメリカの格付け会社ムーディーズに韓国の格付けを下げさせて、韓国売りを浴びせてIMF管理に追い込んだと言うのです。

2017y10m20d_000037675

 ところが韓国は懲りない!!

 その後の金大中、盧武鉉、そして保守派を名乗る朴槿恵政権も同様に、アメリカの軍事機密情報を中国に流し続けたと言うのです。

 朴槿恵政権は元国家保安室長だった金章洙(キム・ジャンス)を駐中大使に任命しました。

 国家保安室長は韓国の安全保障の最高責任者で、韓国軍が在韓米軍から得られる情報を全て知る事が出来る立場でした。

 その国家保安室長を駐中大使に任命したのは、この金章洙(キム・ジャンス)大使を通じて、中国に韓国が得た米軍の情報を流す事で、中国の受けを良くしようとしたのです。

 そしてこの人事を韓国のマスコミは褒めちぎったのです。

321

 つまり小国が生き延びる為に国家のトップが恥を忍んでこのような裏切りを行ったと言うのではないのです。

 韓国世論が全面的にこの手の裏切りを礼賛するのです。

 そしてこんな事を公然と礼賛したら、アメリカ側がどう思うか?と言う気遣いもないのです。

046

 当然アメリカはこの人事に懸念を示し、軍人達は韓国に激怒します。
 
 ところが呆れた事に韓国側には、これがアメリカへの裏切りだと言う自覚が全くないと言うのです。

 韓国の所業がアメリカに知れて、アメリカがそれに激怒していると言う感覚さへあるかどうか怪しいのです。

2017y10m19d_235607013

 なるほど国際情勢は厳しいし、韓国のような地理的位置にある国が生き延びるのは容易ではないでしょう。

 だから中国とアメリカの両方と上手くやりたいと言うのはわかります。

 しかし同盟国の軍事機密を気楽にその仮想敵国に流すような事をすれば、同盟国は激怒するし、一方情報を貰った方からだって信用はされないでしょう。

 アメリカを簡単に裏切った韓国が、中国には絶対忠実だなんて思えるわけはないからです。

 むしろこのような立場にあるからこそ、同盟国の信頼は死活的に重要で、例え同盟を解消するにしても、相応の誠意は尽くしておかないと、後々困る事になるのではないでしょうか?

2017y10m19d_235529941

 実際、今韓国はまたIMF危機の再来に怯えるようになりました。
 
  でも韓国側にはこれが今までの自分達の裏切りの報いと言う発想は全くないようです。

 彼等にはそもそも誠意とか約束を守るとか言う概念が無いので、不実を尽くしたために相手を怒らせたと言う事が、どうしてもできないのかもしれません。

 生まれつき嗅覚のない人なら、自分がどんな悪臭を出していても、なぜ人が自分を嫌うのかわからないのと同じなのかも?

060

 ワタシは朝鮮人以外にこういう民族を知らないのです。
 
 こういうを見ると当に韓国人を指してヒトモドキとはよく言負ったモノだと思います。

 これでは米韓同盟が切れるのは時間の問題でしょう。

 そもそも同盟国の政府が自ら仮想的に軍事機密を流すのでは、恐ろしくてこんな国と一緒に戦う事なんかできません。 

 韓国を守る為に戦ってもいつ後ろから撃たれるかわからないのですから。
 それに韓国は朝鮮戦争で広報支援していた日本を襲って竹島を侵略した実績まであるのですから。

061

 そしてこういう所業は別に米韓同盟などと言う深刻な物ばかりではありません。
 例えば先日の平昌五輪のHP問題でも同じです。

 子供の悪戯ならともかく、賤しくも一国の五輪主催者の公式HPで気に入らない国を地図から消すなんて、恥ずかし限りだと思うのですが、韓国と言う国はこれをやるのです。

 そして日本政府から抗議されると、取りあえずその時は修正したのですが、数日後にまた消していました。
 
 ワタシは実は10月5日のエントリーでこれを予想していたのですが、しかしホントにその通りになったので、自分でも驚いています。

 でも韓国ってそういう国なのですね。

064
 
 因みにこれも上記の鈴置記事に書かれていますが、中国との通貨スワップについて韓国銀行総裁は、延長に合意したと発表しているのですが、詳細は明らかにされず韓国銀行の発表文も公表されていません。

 そして中国側の発表はなく、質問をされても「韓国に聞け」と答えるのみというのです。

 ??

 それじゃホントにスワップは延期されたの?

 まさか一国の中央銀行総裁が虚偽のスワップ締結を発表するとは思えないのですが、しかし韓国ですから。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(10)