2017-03-25 22:13

馬鹿の強み!! 森友問題に見る蓮舫と民進党の頭の悪さ

 民進党はまだ森友学園で騒ぐ心算のようです。

 蓮舫氏「森友という嵐、誰がウソをついているのか」

■蓮舫・民進党代表

 東京では、上野公園で、桜がほころび、開花宣言されました。まもなく春。ところが国会はどうでしょうか。
嵐が吹き荒れています。森友という名前です。この問題は、(籠池泰典氏だけでなく、安倍首相の妻昭恵氏など他の関係者にも)双方向で確認をさせていただきたい。お一人の証言が怪しいとか、ウソだとか、本当らしいとか、信頼できるとか、感情でいうものではない。いったいどこに本当のものがあって、誰がウソをついているのか。しっかりと、明らかにしていかないといけないと、私たちは思っています。(横浜市でのパーティーのあいさつで)

朝日新聞社


ところが国会はどうでしょうか。嵐が吹き荒れています。森友という名前です。


 ??

 

 嵐って?

 重要な法案審議も北朝鮮のミサイルも全部無視して、ひたすら森友で騒いでいるは民進党です。

 

 で、一体これから何を騒ぐ心算でしょうか?


 元々この森友学園騒動は、森友学園に払い下げられた国有地の価格が不当に安かった、それは安倍総理が財務相に命令してそのような価格にしたのではないか?と言う疑惑でした。


 そこでこの一ヶ月余、民進党・共産党・社民党が騒ぎ続けて、遂に籠池氏の証人喚問まで行いました。


 しかし証人喚問を見る限り、国有地の払い下げに政治家が関与したと言う話は、完全に否定されました。


 また籠池夫人と安倍夫人のメールのやり取りを見ても、必死に支援を願う籠池夫人に、安倍夫人は支援はできないと言う返事をしています。


 そして籠池氏が殆ど詐欺師に近い人物であることは明らかになりました。


 こうなると森友学園に関する問題はもう全部ケリがついたのではありませんか?


 ところが蓮舫はまだこれで騒ぐ気なのです。


 因みに共産党はこれ以上ここに関わると不味いと判断したのか、さっさと撤退しました。


 一体蓮舫と民進党は、今後これで何をしたいのでしょうか?

 

 思うに蓮舫と民進党は実は自分達もこの問題の意味が解っていないではないでしょうか?


 これは以前、森友学園に関する蓮舫の国会質問の動画です。



 

 これを見て呆れたのだけれど、蓮舫ってホントに頭が悪いんですよね。


 普通の人間なら直ぐにこの財務官僚の答弁を理解できますよね?


 10億の土地をゴミの処理費用8億余を抜いて1億余で森友学園に売った。

 但し森友学園が所定の期限内に、学校を開校しなければ売値で、国が強制的に買い戻すと言う条件です。


 森友学園がこの間にこの土地にどのような投資を指定もそれは関係ないのです。


 だから森友学園が開校不能になっても国は一切損をしません。


 ところが蓮舫はこの説明を全く理解できず、訳の分からない事を言うばかりなのです。


 それで安倍総理は笑いを堪えるのに大苦心しているのですが、蓮舫は何で笑われているか全然わかっていないのです。


 国会で質問するからには、このぐらいの事は既に下調べしているはずなのに、ワザワザ説明して貰ってもわからない。


 こんな頭では、籠池氏への西田議員や葉梨議員の質問を理解できるわけはないのです。


 西田質問と葉梨質問で、本来の森友問題、つまり国有地払下げの価格については安倍総理の圧力はなかったと結論が出たのです。




 

 また安倍夫人から寄付についても、籠池氏が寄付を受けたと言い張るだけで、証拠はなく、しかも籠池氏は勝手に安倍総理の名前を使って寄付集めをしていた事実も明白になっているのです。

 

 でもこれって蓮舫の頭では理解不能でしょう。


 だってこれどう考えても、最初に上げた動画のやり取りより数段高度です。


 ワタシは蓮舫を見ていて、昔学習塾の講師をしていた頃、出来の悪い中学生に数学を教えていた頃のことを思い出してしまいました。


 哀しいけれど論理展開が数段重なると、もう完全にアウトになる子っているんですよね。


 そういう子は論理が3段ほど重なった所で最初の部分が脳内から消えるらしく、何度同じ説明をしても、結局理解できないのです。

 

 こういう子供を相手にしている時、ワタシは「自分は軽自動車のバンにグランドピアノを積み込もうとしているのではないか?」と言う疑念に駆られました。


 それでその子も辛かったろうけれど、こちらも辛い思いをしました。


 蓮舫と民進党の大多数もこのタイプでしょう。

 議論が重なっている間に、自分でも何が何だかわからなくなっているのです。


 わからないけれどとにかく安倍は何か悪い事をしているはずだから、騒ぎ続ければ支持率を下げられるはずだと信じているのです。


 これは特亜人の特質かもしれません。

 

 慰安婦問題や南京大虐殺に関する特亜人の騒ぎ方って、民進党の森友騒動と同じじゃないですか?

 

 証拠を積み上げて論理を詰めるなんて発想は最初からないのです。 だから証拠の不備や論理の出鱈目さを幾ら指摘されても怯む事はありません。


 なぜなら彼等は純粋に自分の感情と脳内妄想だけで結論を出して、それに従って騒いでいるのです。


 そして証拠や論理に従って考える事はできないのですから、それを指摘されても「チョッパリが訳の分からないヘンな事を言ってるニダ。 ウリはそんなことで騙されないニダ。」と思うだけなのです。

 

 これはもう馬鹿の強みとしか言えません。

 

 だから民進党も絶対絶命になるまでこのまま頑張り続けるのでしょう。

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2017-03-24 13:55

3割で十分 大学進学率

 生活保護家庭の子供の大学進学率は三割です。
 くだくだと無駄に長い記事ですが、大事なのは赤字部分だけです。


議員会館を手伝ってくれている東大生の島田君は、高知の生活保護家庭で育った。思うところがあって、彼にブログを書くことを勧めてみたところ、読み応えのある文章を書いてくれた。

生活保護家庭出身の若者が実名でブログを書くとなると、バッシングを受けるリスクがある。事務所に来るようになった島田くんの境遇と性格を見ていて、私は「これなら大丈夫」と判断した。貧しい家庭の子どもの学習を支援しているNPOでボランティアをしている彼には、生活保護家庭の子どもの実情を変えたいという使命感がある。動機が明確な人はバッシングに強い。事務所を手伝ってくれている限り、理不尽なバッシングから彼を守ることもできるだろう。

若者の場合、ブログが話題になると、自分は偉いと「勘違い」してしまって、道を誤るリスクもある。彼の場合、数学者になるという目標(その辺りの事情は彼のブログ1参照)があり、心配ないと確信した。

本題に入る。生活保護家庭の子どもは高校を卒業すると「稼働に資する」ために、専門学校や大学に行くことを認められていない。例外的に、生活保護世帯から分離(いわゆる世帯分離)すれば進学が認められるが、進学に至る壁は異様に高い。

生活保護家庭には、予備校や塾に行く経済的余裕はない。生活保護費でそうした支出は認められないのは仕方がないとしても、島田くんの場合、お金がなくて高校の修学旅行に行かず、勉強するために修学旅行をサボった変なやつと思われて孤立するなど、その境遇は壮絶だ。

受験のハンデとなると半端ではない。以下、島田くんのブログから引用する(ブログ2)。

『より実際的で決定的な問題は受験から入学に際して生じます。受験するにあたってもっとも苦労したのはやはりお金の問題で、受験料はもちろん交通費やホテル代等かなりの額が必要になります。受験するからといって保護費が増えるわけではありませんから、元々ギリギリの家計からこれらの費用を捻出するのは中々の無理難題です。

私の場合もかなり無理を言って受験費用を出してもらい、前期も後期も東大、滑り止めなしの一本勝負となりました(これは半分意地でありました)。落ちたら死ぬ、それくらいの覚悟で挑んだ入試でしたが、問題を解き忘れるなど普段ではあり得ないミスを連発してしまい、全くもって納得のいくものではありませんでした。合格発表までの二週間は日増しに落ちた気しかしなくなっていき、ずっとどうやって死ぬかを考えておりましたが、努力の甲斐あって合格していました。こうして私は少しだけ生を延ばすこととなったのでした』

他の生活保護家庭の子どもの例を見ても、基本的に浪人は認められていないので、彼らは背水の陣(島田くんの場合、命懸け)で受験することになる。島田くんは、凄まじい反骨心で経済的ハンデを乗り越えたのだ。これまで多くの学生と接してきたが、島田くんはずば抜けて優秀だ。彼のような才能が、生活保護家庭であることを理由に埋もれていたらと考えるとゾッとする。

ただ、誰もが島田くんと同じことができるわけではない。大学・専門学校などへの進学率は、全世帯平均の7割なのに対して、生活保護世帯は3割に留まっている。多くの子どもたちが最初から進学を諦めているからだ。私は誰もが大学に行かねばならないと思っているわけではない。経済的な状況に関わらず、勉強したい子どもには平等にチャンスを与えるべきなのだ。NPO法人キッズドアの方によると、学校の先生になりたかったある生活保護家庭の女子中学生は、学校の成績が一番だったにも関わらず、大学進学を諦めて商業高校に進学したという。

世帯分離については、もう少し説明が必要だと思う。生活保護費は世帯に支給されるので、家族の人数によって支給額が変わる。子どもが世帯分離すると、生活保護費が減らされることになる。子ども一人あたり月に6万円ほど支給額が減る計算になる。島田くんは『私は、世帯分離をして、自らの身体の一部を切り捨て前進するくらいの気持ちで進学しました』と書いている(ブログ3)。商業高校に進学した女子中学生も、世帯分離をするとお母さんが生活できなくなることを考えての決断だったそうだ。子どもにとって、生活苦にある親の保護費が減ることは、それだけ辛いことなのだ。生活保護に頼っている大人には責任があるとの厳しい意見もあるだろうが、子どもは家庭を選ぶことはできない。考えるべきは、貧困の連鎖をいかにして止めるかだ。

ちなみに、高校は義務教育ではないが、世帯分離は必要ない。高校進学が一般化した1970年、通知の改正によって生活保護家庭の子どもの進学が認められたのだ。それから半世紀、止まっている時計の針を前に進めるためには、局長通知一本変えるだけでいい。その壁をいかにして超えるか。

生活保護家庭の子どもに進学を認めると、生活保護費が余分(少なくとも月6万円)にかかる。ただし、島田くんの場合、2年生になって生活費を稼いで少しずつ貯金ができるようになっているので、世帯分離の猶予期間(生活保護家庭に留まる期間)はわずか一年で済むことになる。金額にして約70万円。高卒で働いた場合の島田くんと、立派な数学者になった時の島田くんを比較すれば、どちらが国家財政にとってプラスかは明らかだろう。わずかな期間、社会が若者を支えることで、貧困の連鎖を止めることができる。そして、やがて彼らは納税者になるのだ。

多くの人の理解を得るために、財政の説明をしてきたが、根幹にあるのは教育に関する考え方だ。このことには、私自身の経験も関係している。大学3年の時に、父が会社を辞めたことで、経済的に自立することになった。生活費はアルバイトで稼ぎ、学費の免除を受けることになった。社会が自分にチャンスを与えてくれたと思った。ありがたかった。卒業間際、阪神淡路大震災が起こった。神戸でのボランティアに参加したのは少しでも恩返ししたいと思ったからだ。あの経験がなければ、政治家になることはなかっただろう。教育とはそういうものだと思う。

安倍総理は施設方針演説で「どんなに貧しい家庭で育っても、夢を叶えることができる。そのためには、誰もが希望すれば、高校にも、専修学校にも、大学にも進学できる環境を整えなければなりません」と踏み込んだ。チャンスは来ている。ここは、何としても結果を出したい。

2017y03m24d_135939120

 モナオの記事を読むと、東大への進学を希望する島田君の苦労を長々と書いています。

 それで何となく生活保護家庭で大学へ行けるのは、東大一発合格を狙えるような超優秀な学生だけだろうと言う印象を持ってしまいます。

 実は最近、この手の「親の収入に関係なく全ての子供が大学に行けるようにするべき」と言う記事が凄く目につきます。

 で、そういう記事では皆この島田君のような例を挙げて「こんなに勉強ができるのに、親が貧しいので進学できない!! 親の収入で子供の将来が決まるのは不公平だ!! 貧困の再生産だ!!」と煽るのです。

292

 でもこの一文はどうなのでしょうか?

大学・専門学校などへの進学率は、全世帯平均の7割なのに対して、生活保護世帯は3割に留まっている。

 何と、生活保護世帯でも3割の子供が大学に進学しているのです。
 で、この3割と言うのは、1970年代の大学進学率と同じです。 

 そして高校生の学力を上・中・下と三等分したら上の全部です。
 
 ワタシはこれだけ進学できれば十二分ではないかと思うのですか?

 だって我が母校のような三流大学にしても、大学と言うのはとにかく勉強ができて、そこそこ学ぶ事の好きな人間の行くところです。

 そしてワタシ自身が学習塾の講師として、子供達を見て来た経験から言えば、大学に行って勉強に着いて行ける、そもそも勉強する意思があると思える子は、この上の子だけです。

296

 つまりこれより下の子は、何かに興味を持って本を読むとか、そういう事を一切しない子が少なくないのです。

 実に困ったことですが、80年代ぐらいからゲーム機の発達などで、子供が楽しみで本を読むと言う事が凄く減りました。

 それで読解力も大幅に下がりました。
 逆にある程度読書をするような子は、大の勉強嫌いでもそれだけで読解力を確保して、中以上の成績を確保できるようになったのです。

 そしてこれは普通に読書が楽しめる読解力があり、少し真面目に勉強すれば誰でも上に入れると言う事です。

 でもこれは大学進学の最低条件ではありませんか?

299
 
 読書も楽しめないレベルの読解力の人が、大学に行けば、唯ひたすら退屈するしかないのです。 実は高校時代から退屈して時間を持て余しているのです。

 ところが学歴インフレの結果、大学或いは専門学校生の半数はこの手の人達なのです。

 これはもう時間とお金の浪費です。
 
 現在でも高卒で安定した正規採用は十分あります。 勉強が嫌いなら大学に行くより早くこうした仕事に就いて、職業を覚えた方が余程有意義です。

 ワタシは大学進学率が3割なら十二分だと思います。

 学力を上げる為なら、高校の卒業資格を厳しくして、勉強しなくても出席だけして、問題も起こさなければ卒業できるなどと言う条件を改める事だと思います。

 そして優秀な高卒者を厚遇する社会にするべきなのです。

2017y03m24d_140030636

 また当然ですが、7割も大学や専門学校に進学しては、皆がその学歴に相応しい職業に着くことも、収入を得る事もできません。

 学歴別の生涯年収平均では、現在の所大卒は高卒より5000万多いのだそうです。

 しかし当然のことですが、今年大学を卒業した人や今年高校を卒業した人の生涯年収などわかるはずはないのです。

 だから現在発表されている生涯年収は過去に大学や高校を卒業した人の年収を元に計算した物です。

 つまり高卒者については、現在の高卒者の各年齢ごとの平均収入を、18歳から平均寿命までを足し合わせるのです。
 大卒者についても、同様です。

 学歴による年収の差が大きくなる60代は、大卒者が3割だった時代の人達なのです。

 しかし今年大学を卒業する人達が60代になった時、現在の60代と同様の待遇を得られるわけはないのです。
 
 むしろ高卒で働いた方が、4年勤労年限が長い分、大卒より生涯収入が多くなる可能性さへ出てきます。 

 それどころか就職氷河期には既に大卒なのに高卒と学歴を詐称して、公務員の高卒枠で就職した挙句、懲戒解雇された人達まで出ていたのです。

 勉強が好きで大学に行ったのならそれでも構いませんが、しかし現実は逆で勉強が好きで大学に行った人しか、大学卒に相応しい職と収入を得られないのです。

311

 だからワタシは生活保護家庭の子供を大学に・・・・と言うのはナンセンスだと思います。

 だって既に行く意思の能力のある人は全部行くことができているのですから。

 にも拘らずこの手の意見がボコボコ出るのはなぜでしょうか?

 ワタシはこれは少子化の為だと思います。
 つまり少子化で今後底辺私立大学がボコボコ倒産する事になります。 今だって潰れかけている大学は沢山あります。

 だからこうした大学が必死に進学率向上を煽っているのです。

 でもこんな大学は早く倒産させた方が日本の為です。
 
 そして政府は優秀な大学にはもっとちゃんと研究費を出してほしいです。 この20年来、研究費削減が続いて、日本の基礎科学の論文は減り続けているのです。

 これこそ日本の危機ではありませんか?
  1. パヨク
  2. TB(0)
  3. CM(26)

2017-03-22 14:02

日本への悪意を公言する帰化人・韓祐氏

 在日コリアンに着いていつも呆れるのは、日本に帰化しても平然と日本への忠誠心は無い事を公言する事です。

本名貫いて日本人に

■1981年・決勝 

 本名で甲子園に出たことへの反響から、韓国人であることを再認識した京都商のレフト韓は、法大で野球を続けた。 

 20歳の時だ。父から日本国籍取得を勧められた。韓は当惑した。在日韓国人には韓国人としての誇りがある。 

それが甲子園で得た価値観だった。しかも、父は自分に本名を使わせたではないか……。 

 「いや、違う。国籍と自分のルーツは別問題だ」と父は続けた。 

 「日本国籍をとると、『韓国を捨てた』という意識を持たれがちだが、国際的にはおかしい。米国にいる人たちは韓国系米国人となって、選挙権を持ち、韓国系ということを主張して生きている」 

 共感した韓は法務局に出向いた。だが、「韓裕(かんゆう)」の名で帰化を申請すると、通名以外は認めないとの対応だった。韓は言った。 

「私はルーツを隠すために帰化するのではない。日本で生きる一国民としての権利を得るために帰化するのだ」。後に父も掛け合い、「前例がない」と法務局で言われた本名での国籍取得を果たした。 

 パチンコ店経営の最大手マルハン社長。さらに戸籍の読みをルーツの「はんゆう」に変えている。 


245

 出身国がどんな国でも、帰化したら帰化先の国の国民として扱うべき。 差別は許さない。

 また帰化しても出身民族が変わるわけではないので、民族としての誇りを持ち続けるのは構わない。

 これが世界標準です。
 そしてワタシもそれが正しいと思います。

 しかしそれは帰化を望む人達は、帰化先の国に出身国以上の愛情を持ち、帰化先に忠誠心を持つと考えられるからです。

 ではこの韓裕氏のように、最初から日本に忠誠心などなく「日本で生きる一国民としての権利を得るために帰化するのだ」と公言するような人についてはどう考えたらよいのでしょうか?

246

 しかも韓祐氏の心の祖国韓国は、日本に対して極めて敵対的な国です。
 
 そして韓祐氏自身が日本に対して明確な悪意を持っています。 

 実際この韓祐氏は日本への悪意と韓国への忠誠の証拠に、自分の名前の戸籍の読みまで、日本での正規の漢字の読み方を無視し「はんゆう」に変えているとうそぶくのです。

 そういう国への忠誠を守り続ける人間の帰化を許可し、そして日本人としての権利を与えるのは国家として非常に危険ではありませんか?

 だって現在の法律では帰化すれば、自衛隊に入隊する事も、それどころか首相になる事だってできてしまうのですから。

252

 更に呆れた事に帰化さへしないで、二重国籍のまま大臣になった外国人もいました。 彼女が今も二重国籍のままなのか、それとも二重国籍だけは解消したのか、それはわかりません。
 
 しかし明らかなのは彼女もまた日本への悪意と、元の国籍国への忠誠を明言していた事です。

 彼女、蓮舫は過去に何度も「自分は華人である」「日本のパスポートは嫌だった」と公言し、それがマスコミでもてはやされていました。
 
 その後彼女は国会議員になり、大臣にまでなったのですが、しかし彼女は今に至るまでこうした過去の発言を撤回も謝罪もしていません。

 だったら彼女の現在の国籍がどうであれ、彼女は今も心情的には完全に華人であり、日本への悪意を持ち続けていると考えるしかありません。

268

 そして蓮舫や韓祐氏ののような人々を外国人と考える事は差別なのでしょうか?

 勿論帰化人が全て蓮舫や韓祐氏のような人間ばかりではありません。 石平太郎氏のように、一般の日本人以上に日本への強い愛国心と忠誠心を持ち、それ故帰化を選んだ人達もいます。

 しかしこうして「帰化はしても自分は日本人ではない。 帰化は日本での権利を得るための方便」と公言する帰化人がボコボコいるのでは、帰化人全体を考える場合に「安易に信用してはイケナイ」と言うのは当然ではありませんか?

 しかもそれを差別とは言えないでしょう。

274
 
 正規の帰化手続きを取って日本人になった人に対して他人が勝手に「オマエは中国人」と言うのは、普通は差別です。

 でも当人が「自分は華人」と言っているのなら、「オマエは中国人」と言うのは本人の意思を尊重した認識を示しただけです。

 それどころか「韓国人であることが誇り。」と言う人に対して、「オマエは帰化をしたいるから日本人だ。」と言ったら、本人の気持ちを大変傷つける事になります。

 本人の意思を尊重したのに「差別」とされても困るのです。

277
 
 つまり蓮舫や韓祐氏のように日本に帰化をしながら、「自分は日本人ではない。」「日本に帰化したのは権利を得る為だけ。」と公言する事は、日本人は帰化人を日本人として扱う義務はないし、帰化人は日本人として権利を放棄しても構わないと言う事を公言する事になるのです。

 ところが蓮舫や韓祐氏のように「自分は日本人ではない。」「日本は嫌い。」と言う帰化人は結構いるのです。
 
 そしてそういう連中に限ってシツコク、「権利」を喚くのです。

 結局彼等は帰化する事の意味を理解していないし、またその前に国籍の意味も理解していないのでしょう。

279
 
 つまり韓国国籍を保持すると言う事は、韓国に愛国心と忠誠心を持つ事です。 そしてその国籍を日本に変える、つまり帰化すると言う事は、その忠誠と愛国心の先を日本に変更する事を意味するのです。

 それなのに帰化してから「自分は韓国人」などと公言するのは、「自分は嘘吐きである。」「日本への善意はない。 日本を利用したいだけ。」と公言した事になります。

 本来ならこれは大変恥ずかしい事で、とても人前ではいない話しです。

 しかしそれをワザワザ新聞やテレビで公言してしまうと言うのは、彼等は嘘を恥じる意思もないと言う事です。

 でもこれが中国人や韓国人の国民性だから仕方ありません。

 さらに言えばそれを朝日新聞のような公称800万部の新聞で公表すると言う事は、帰化人全般が韓祐氏同様に、帰化人には日本への忠誠心は持たない、忠誠心は出身国に残したままである事を日本人に理解して欲しいと言う事でしょう。

 こうなると帰化人全てを疑わざるを得なくなります。

 そしてこれはホントに日本を愛して帰化された人達にとって大変な迷惑です。

 しかし現実に、このように日本への悪意を公言してはばからない帰化人がいるのです。

 だから日本としては今後こうした人間の帰化を防げるように、帰化制度その物の改正を考えるしかありません。 
  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(33)

2017-03-21 22:20

早春の宮の丘公園

 昨日は久しぶりに宮の丘公園に行きました。

001

 去年の9月に自転車で転んで骨折してから、ここへ来るのは初めてです。

007

 この公園は結構高い丘の上にあるので、骨折の後は何となく避けていました。

014

 公園に続く坂道の雪は大分融けていました。

028

 しかし上の方まで来るとこの有様です。

040

 3月の下旬になり、靖国神社の桜も開花したのに「早春の・・・・なんて表題を付けて、何考えてるんだ?」と思う方もいらっしゃったでしょう。

045

 でもこれで「春爛漫」と言うわけにはいかないのです。

047

 この公園にも結構桜の木が植えてありますが、それが咲くのはおそらく五月の連休明けでしょう。

052

 その頃には札幌の街を見下ろしながら花見ができます。

070

 しかし当分は雪の融けるのを待つしかありません。

071

 それでも札幌だって春のニュースがありました。

072

 冬眠明けの羆が出たのです。 
ついに冬眠から…住宅街近くにヒグマ“2頭“目撃 足跡だらけ 札幌市

102

 この公園もそのまま手稲山の原生林に繋がっているので、奥の方には年中「羆出没注意」の看板が出ています。

110

 羆出没で閉鎖されたことが何度もあるし・・・・。

128

 そんなことを考えると段々怖くなってくるではありませんか。

137

 しかし早春の光は美しく、春は待ち遠しいのです。

147

 猫柳の芽は膨らんで、芽吹きのスタンバイをしているのです。

156

 木の幹から伝わった熱で、木の根元から雪が融けていくのです。

158

 地平線の向こうには石狩湾があり、その向こうに雄冬山々が霞んでいます。

172

 日はすっかり長くなりました。

173

 これからは夜より昼が長くなります。

193

 もうすぐ花の写真を貼れるようになります。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-03-21 15:12

骨を斬らせて肉を断つ 民進党

 肉を斬らせて皮を断つ、骨を斬らせて肉を断つ。

 これが2012年末、民主党が下野して以降、民進党となった現在まで一貫して続けている戦法です。

 民進党はとにかく安倍内閣の政策に反対し、内閣攻撃の為の揚げ足取りだけを続ければ支持率が上がり、政権奪還も可能と考えているのでしょう。

 その為下野して以降、彼等が行い続けたのは、安倍政権の政策への反対の為の反対でした。

 因みに安倍政権が行った政策の中には、南スーダンのPKOなど、民主党政権時代に決定した政策の継続もあるのですが、民進党はそのような事には一切関係なく反対するのです。

197

 こうした反対の為の反対の中でも、安保法制改正のようなモノは、朝日新聞などの大手マスコミが味方になって、大騒ぎになる物もありました。
 
 こういう場合はさすがに安倍政権の支持率も幾ばくかは下がります。

 しかしだからと言って、民進党の支持率は上がらないのです。

 それどころか民進党の支持者にもこうした馬鹿騒ぎに嫌気の射す人が出てきて、民進党の支持率も自民党の減衰率以上の割合で減るのです。

207

 一方、安倍内閣は一旦支持率が下がっても、直ぐに外交などの実政で成果を出して、支持率を回復してしまいます。

 これにより第二次安倍政権は発足以降50~60%の高い支持率を維持し続けて来たのです。

 そしてそれに伴って自民党も40%前後の支持率をキープしてきました。

 ところが民進党の場合は、一度支持率が落ちると回復しません。
 
 だって支持者は民進党の揚げ足取り何でも反対政策に嫌気がさして、民進党を見捨てたのに、民進党はその方針を断固死守しているのですから。

222

 つまり「肉を斬らせて、皮を断ち。骨を斬らせて、肉を断つ」を続けて来たのです。

 結果として支持率は漸近法的にゼロに近づいて行きました。

 元々民主党として下野した時には、どの世論調査でも自民党の半分程度でした。
 
 これは2009年に自民党が下野した時と同程度で、党勢を回復し政権奪還も不可能ではない数字でした。
 
 しかし「肉を斬らせて、皮を断ち、骨を斬らせて、肉を断つ」事を続けた結果、今ではどの世論調査でも10%以下になり、自民党の4分の1~6分の1と言う数字になりました。

 こうなるともう第二党とは名ばかり、立派に泡沫政党です。

238
 
 しかしそれでも民進党は北朝鮮のミサイルもなんのその、森友学園騒動に政権奪還の夢を掛けて、丸一ヶ月騒ぎ続けたのです。

 そしてそれを各局ワイドショーが応援しました。

 これでさすがの安倍政権も太腿の肉をざっくりと斬られたのです。

 しかしこれでもしガセだったら、永田メール事件の拡大版なってしまいます。
 そうなったら民進党は首の骨をバッサリ断たれる嵌めになるではありませんか?

 しかも既にガセである可能性が濃厚になってきました。

森友学園】籠池氏の国会証人喚問決定後、「安倍総理からの寄付が明らかになったという記述は根拠不十分でした」と民進党が謝罪訂正★3 [無断転載禁止]©2ch.net

241

 アメリカの北朝鮮攻撃も現実味を帯びているのです。 それを思うと先月安倍総理が「拉致事件は年内に解決したい」と言ったのも、単なる願望とも思えません。

 こういう状況なら、馬鹿をやり続けないで、対北朝鮮や日米協力に現実的な提言をするべきでしょう?
 
 でも自民党の足を引っ張るのを止めて、国政に協力する事が支持率回復に繋がると言う発想が、全くないのが民進党だから仕方ありませんね。

 因みに安倍総理も自民党も、民進党の馬鹿騒ぎは別に気にしていないのではないかと思います。

 連中が北朝鮮問題に口を出したら、日米協力と自衛隊の足を引っ張るだけだから、森友学園に群がっている方がマシと思いっ定めているのでしょう。 
  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(10)