2017-11-07 20:57

鮭と株屋

 今日は不思議なぐらい暖かく穏やかな日でした。

2017y11m07d_200042089

 それでよもちゃんにお留守番を頼んで午後から散歩に出ました。

034

 家を出たのは2時半ごろですが、しかしもう日暮れの気配です。

049

 太陽の光は既に低く傾き、紅色を帯びているのです。

051

 それに不思議な靄がかかり、遠くが霞んでいます。

057

 ホントはもっと早く家を出る予定でしたが、出がけに何故か株屋さんから電話が来ました。

065

 ワタシは貧乏人なので株屋さんからの電話なんて数か月に一度程度なのですが、今日はメキシコペソ建ての投信を買えなんて言ってきました。

071

 メキシコねえ・・・・因みにメキシコ国債は日本国債と同様格付けはAだそうです。

077

 株屋さんから電話が来たついでに・・・・と、思って日経平均を見ると、凄い上がり方です。

081

 一体どうなってるんですか? 
 まだ上がるんですか?

086

 今の所は企業業績に見合う上がり方で、業績の良い会社の株が買われています。
 何でも買うようになったら怖いですが、今の所はそういう状況ではないです。

093

 ふうん・・・・・。

095

 ワタシの父はサラリーマンでしたが、株が好きで家も買わず貯金もせず、資産は専ら株で運用しました。

111

 お蔭でサラリーマンとしはあり得ない額の遺産を残してくれました。

117

 それで父の死後間もなく難病を抱え込んだワタシも、何の心配もなく生きていくことができました。

120

 でも父は生前ワタシに「お前は株をやるな。」と言いました。

122

 兄には株をやる事を薦めていたのですから、兄とワタシの性格の違いを見抜いての事なのです。

123

 でも結局父はワタシ達兄弟に株を残して死んだのですから、ワタシも否応なしに株の売買をすることになりました。

125

 それでしみじみ自分は株には向かないな・・・・と納得しています。

133

 ワタシとしてはよもちゃんと二人で、今の生活が出来れば満足なのです。

144

 だから何んとか今の状態を守っていければ良いと思っています。

151

 でもイロイロ考え出すと不安ばかり募ります。

158

 だから株に向かないのですよね?

078

 自転車をタラタラ漕いで農試公園に着くころには、もうホントに日ぐれてきました。

160

 でも全然寒くなってきません。

164

 農試公園の中を流れる発寒川に架かる橋で、川面を見ている人達がいました。

179

 まさか鮭?
 
190

 ところがホントに鮭でした。
 橋の上から川面を見ると、何匹もの鮭が産卵しているのです。

132

 でも川面が暗すぎて写真は撮れませんでした。 

135

 それにしてももう今年は鮭は来ないと思っていたのに・・・・。
 これではまた近日中に写真を撮りに行かなければなりません。

026

 家に帰るとよもちゃんはまだお昼寝していました。
 それにしても諦めていた鮭が来たのは、幸運の証でしょうか?
 それとも何かの凶兆でしょうか?
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2017-11-04 20:39

紅葉が終わる その2

 11月2日は穏やかな暖かい日だったので、久しぶりに山の農家の方まで散歩に行きました。

096

 それにしても紅葉が散っていたので驚きました。

172

 この前この辺りを通った頃には、豪華絢爛だったのにこの日、紅葉を残している木は数える程なのです。

185

 それに靄だか霞だかが出て、遠くは薄い幕に覆われたような不思議な景色でした。

194

 山の上の方の木はホントにスカスカになっていました。

198

 霞みだか靄だかの為に太陽の光は何とも弱弱しく儚げでした。

199

 見慣れた景色ですが、こうして季節と光が変わってくると、また違って見えるので、またまたやたらに写真を撮りまくりました。

202

 ワタシはこうやって撮った写真を一旦フリッカーにアップしてから、ブログの載せています。

213

 ところがそのフリッカーの方から時々メールが来るようになりました。

217

 フリッカーの方で写真を見た人が、気に行った写真に★を着けてくれるのです。

220

 実はワタシはフリッカーのシステム良くわかっていないので、それでどうなの?なのですが、とにかく褒めてくれるか、気に入ってくれるようなので喜んでいます。

223

 でも★を貰うといつも以外に思うのです。

232

 だって★がもらえたのは自分では今一と思う写真ばかりなのです。

237

 そしてこれは自信作と思えるのは、一度も★を貰った事がありません。

239

 こうなると自分の選択にも自信がなくなります。

243

 ワタシとして沢山撮った写真の中で、良さそうな物を選んで、フリッカーにアップして、それをまたブログに載せているのです。

253

 しかし実はワタシがダメと思ってアップしなかった写真の方が良い写真かも知れません。

2017y11m04d_194913537

 それでもともかく遠い国、見知らぬ国の、全く知らない人々がワタシの写真を見てくれるのだから嬉しい事です。

263

 札幌の晩秋の景色を異国の人々はどう思うのでしょうか?

275

 この日も家を出るのが遅かったので、暫くウロウロすると直ぐに日が傾き始めました。

285

 だから早く家を出られるように、朝からの行動日程を組みなおすべきなのですが、なかなかそれができません。

290

 山の上ではカラマツの黄葉が進んでいました。

294

 カラマツの黄葉が散れば、これで紅葉は全て終わりです。

305

 そして冬を待つばかりです。

307

 この日は11月最初の散歩でした。

309

 ワタシの大嫌いな11月。
 でも穏やかな良い日でした。



  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2017-11-03 20:39

紅葉が終わる

 昨日は快晴でした。

003

 そして風もなく暖かく非常に穏やかな日でした。

2017y11m03d_191423688

 しかし淡い靄がかかって遠くが霞む不思議な景色でした。

008

 しかし山の方を見て驚きました。

012

 この前は燦然と輝くばかりだった紅葉が殆ど散って、殆ど枯れ木になっているのです。

015

 あれほど華やかだった色彩が、たった数日であらかた散ってしまうとは・・・・・。

023

 やはり霜葉は二月の花に似て紅でも、その終わりは春の花とは違うのです。

025

 それですっかりセンチメンタルになって帰宅してから、夕食を作っていると、突然暗くなりました。

042

 台所の照明に使っていたLEDライトが切れたのです。

060

 この台所には元々蛍光灯の照明装置が着いていたのですが、これが数年前に壊れました。

061

 それでワタシは近所のホーマックでLEDライトの照明装置を買ってきて着けました。

2017y11m03d_192829692

 それは2~3千円のごく安い物でしたが、それまでの蛍光灯の照明器具と比べて、遥かにスマートで明るいのです。

081

 おお、ワタシがボ~~ッと暮らしている間にも文明は進み続ける!!

084

 ところがその文明の利器が壊れてしまったのです。

086

 考えてみれば、あれから結構年数が経っているのです。

088

 自分は意識しなくても、時間は正確に過ぎて行き、祖霊応じて物は古び痛んで行くのです。

101

 ワタシは仕方なく、ベッドで使っていた読書灯を持ってきて、それで台所を照らして料理を続けました。

105

 先月はストーブと電子レンジも壊れました。

108

 どちらも結構長い間使っていたので寿命だったのだと思います。

113

 しかしこうして立て続けに次々と物が壊れると、何かが終わりかけているような気がします。

114

 ずうっと昔、大学を卒業する直前にもやはり次々と日用品が壊れた事がありました。

115

 でもその頃はもう学生生活も間もなく終わり、下宿も引き上げるのだからと、壊れた物は無しで済ませました。

118

 そして次々と物が壊れるのは、神様が「もうこの生活は終わりにしろ」と言っているのだと納得しました。

119

 しかし今回についてはどうなのでしょうか?

130

 少なくともワタシには、今の生活を辞める予定はありません。

134

 それでも神様は「今の生活を辞めろ」と言っているのでしょうか?

141

 ワタシにはその辺りどうも確信がありません。

2017y11m03d_210403294

 それでストーブも電子レンジも新しいのを買ったのです。

173

 そして今日もまたホーマックに行って、新しい台所用照明器具を買ってきて、それを台所に取り付けました。

182

 この前の物より少し値段が高く、しかしその分明るく、そして何とスイッチはセンサー式で、手を触れなくても傍で手を振るだけで電気が点くのです。

189

 ワタシが家でボ~~ッとしている間にも、外界では文明が進歩を続けているのです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-11-01 19:53

夢の貴婦人

 昨日は区役所と保健所に行きました。

2017y10m31d_231415613

 途中藻岩山を見ると、真っ白になっていました。

006

 一昨日と一昨昨日は雨だったのですが、しかし山の上は雪だったようです。

010

 区役所と保健所に行ったのは、特定疾患受給者証の更新申請の為です。 

2017y11m01d_191553720

 特定疾患受給者証を持っていると、持病の難病に関しては医療費が安くなるのですが、一年毎に医師の診断を得た上で申請書を出さなければならないのです。

032

 ワタシはこの手の手続きが苦手なので、毎年更新の度に何かしら失敗しそうで心配なのですが、今回はすんなりと済みました。

034

 いやもうこれ30回以上やっている事なのですから、いい加減慣れて良さそうなのですが、年に一度しかしない事なので、慣れる事ができないのです。

038

 そう言えば数日前に奇妙な夢を見ました。 もう十数年前に死んだ友人が、夢に出てきました。

042

 夢の中でワタシはチュダー朝のイギリスの宮廷の陰謀の話を見ていたのです。 ところが何とこの友人も宮廷の貴婦人になっていて、しかも陰謀に一枚噛んでいるのです。

043

 それで彼女もこの時代の貴婦人の豪華な衣装を着ていたのですが、生前と同様杖を着いていました。

049

 彼女とは病気友達でした。 
 ワタシが今の病気が解った頃に病院で知り合ったのです。

051

 彼女の抱えていた病気はしかしワタシのそれより遥かに厄介で、発症後5年の生存率は10%以下と言われる物でした。

067

 彼女は20代半ばでその病気を抱え込んで、しかし何と30年余生き抜いたのです。
 でも病気の為、筋力が落ちてワタシと知り合った頃から杖を突いていたのです。

2017y11m01d_192107579

 その彼女が夢に出てきたのは、ワタシが特定疾患受給者証の手続き更新の事を気にしていたからでしょう。
 そしてワタシが手続をドジらないように助けてくれたのかもしれません。

075

 で、でも何でチュダー朝の貴婦人になっていたのでしょうか?
 ヒョッとして彼女は転生してイギリスの貴族に生まれ変わったたのでしょうか?

077

 ともかく無事に手続きを終えて家に帰る頃には、もう日ぐれてきました。
 幾らスムーズに終わっても日が短くなっているのだから仕方ありません。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2017-10-30 19:57

冬の足音

 紅葉の季節はもう終わりが見えてきました。

012

 一昨日、外出した時に気付いたのですが、落葉が目立ちます。

020

 気温は異様に高いのですが、それでも葉はドンドン散っていくのです。

049

 もうすっかり散ってしまった木も少なくありません。

054
 
 23日から続いた快晴もこの日で終わりました。

056

 光が微妙に変わってきました。

072

 こうなってくると以前旅行したウィーンを思い出します。

073

 初めてウィーン近くの空港に着いた時、一瞬千歳に戻ったのような錯覚を感じました。

086

 空港の廻りの景色や雰囲気が千歳に凄く似ていたのです。

088

 そしてウィーンまでのバスの車窓の風景もヤッパリ、千歳から札幌でした。

100

 これに比べると羽田から成田までは完全な異界でした。

104

 なるほど札幌はウィーンと同じくブラギストン線の北側だと納得しました。

107

 実際、オーストリアとドイツを旅行中、札幌近郊のような景色が続きました。

113

 そう感じると、立派な石造建築や周りの人々が不思議でした。

122

 秋になりしかも天気が怪しくなると、殊更あの旅行で見た風景を思い出します。

133

 それは頼りない光が、高緯度地帯の陽光を思い出させるせいでしょう。

131

 冬の足音は一段と近づきました。

141

 紅葉は後何日みられるでしょうか?

142

 昨日と今日は雨と曇りでした。

147

 明日はまた晴れるそうですが、この2日間でまた落葉は進んだでしょう。

157

 そして日は更に短くなるのです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)