2018-01-25 11:14

水道管凍結

 今朝起きたら台所の水道が出ません。

2018y01m25d_192755288

 水道管が凍結したのです。

011

 夕べはちゃんと水落としをしたのに。

015

 水落としって水道管の各家庭への配管される菅の中の水を抜いてしまう事で、これをやれば水がないのですから、凍らないはずです。

017

 ところが夕べは余りに寒くて、元菅から家の中に配管する途中が凍ったようです。 配管の極一部ですが、水落としでもどうしても水を抜けない部分があるらしく、そこが凍るのです。

023

 こういう場合は、普通は家の中の菅を温めてやると、その熱で凍った部分が融けます。

025

 そこでワタシは家の配管に湯たんぽのお湯を更に沸かしてドンドン掛けました。

028

 しかし水は出てきません。

031
 
 お湯を大きな薬缶二杯分かけて、家の中の菅がアツアツになったのにダメです。
 それでついにギブアップして、業者さんを頼みました。

033

 しかし夕べ水道管凍結をやらかした家は沢山あったのでしょう。 業者さんは何処も大忙しのようです。
 ウチに来てくれるのは3時過ぎになるそうです。

036

 夕べの最低気温は中央区で12.7℃で今年一番の寒さでした。 だったら我が家の辺りはそれより3℃ぐらいは低いでしょう。

039
 
 失敗したね。
 夕べ夜中によもちゃんに起こされたときに、一度水を出して、再度水落としをやるべきでした。

037

 よもちゃんは「だからワタシが起こしてやったのに」といってます。
 ハイ、すみません。
 今度から気を付けます。

040
 
 幸い、湯たんぽと夕べ水落としする前の薬缶に蓄えた水がありますから3時まではなんとかなります。 
 それにトイレの方は夜中に水落としのやり直しをしたので、ちゃんと出ます。

038

 昨日は何かイヤな予感がしていました。 
 何がそんなにイヤなんだろうか・・・・・と、思い続けたのがこれだったのですね。

042

 しかしイヤな予感の結果が水道管凍結で済んだのは幸いです。
 業者さんに数千円払えば済む事ですから。

043

 それにワタシはいつもイヤな事があれば、必ず後からその見返りに良い事があるのですから。

046

 と、ここまで書いた所、何んと水道から水が出た!!!

049

 時間はかかったけれど氷が融けたようです。 

055

 それで業者さんに断りの電話を入れた所、幸いと言うべきか仕事が亡くなったことを全然残念がる風もありませんでした。
 だって今日は仕事がいくらでもあるのだから・・・・。

057

 冬の寒さはこれからが本番です。
 でも太陽は力を増してきました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2018-01-23 12:24

-9℃

 昨日の午後、買い物兼散歩に出ると、非常に寒かったです。

002

 帰宅してからお天気ネットで確認したら、-9℃でした。

2018y01m23d_115020887

 でもこれは例年ならこの時期としては普通の気温です。

003
 
 昨年11月末、冬が始まる頃は、この冬は厳冬になると思ったのですが、しかし昨年末から一昨日頃まで、イヤに暖かい日が続きました。

2018y01m23d_115150425

 雪もそれほど降らず、楽ちんで、本州の寒波の報道が嘘みたいでした。

011

 しかしそれでも一昨日ぐらいから、かなり寒くなりました。

005

 それで昨日は日中から-8~-9℃と言う寒さになったのです。

2018y01m23d_115236277

 久々の寒さで、非常に寒く感じましたが、本来は前記のようにこの時期の札幌なら普通の気温です。

009

 この寒さで発寒川の川面が一気に凍りました。

016

 これでやっと例年の冬景色になりました。

017

 寒い事が嬉しいわけではありませんが、やはり季節は正しく変動した方が安心です。

023

 歩いていると、毛糸の帽子の隙間から冷たい空気が、頭皮を刺し痛みを感じます。

026

 こういう刃物のような冷たさが、-9℃たる所以です。

027

 それでもこの日は全体としてフル装備で出かけたので、それ程寒い思いはしませんでした。

2018y01m23d_115628109

 こんな日でも犬は元気に散歩しています。

031

 勿論飼い主はフル装備です。

2018y01m23d_115710625

 因みにウチのよもちゃんは、こういう日は殆ど外に出ません。

036

 昔はこんな日でも結構元気にパトロールに出たのに・・・・。

037

 この寒さはまだ暫く続くようです。

042

 でも日は長くなりました。

044

 5時過ぎまで明るいです。

046

 春に向かっているのです。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2018-01-12 21:29

歯医者の帰りに

 お正月明けにキャラメルを一個食べたら、歯に被せた金冠が撮れてしまいました。

007

 ああ、だからキャラメルは止めた方が良いと思ったのに・・・・・。

013

 また歯医者に行かなきゃならない。

018

 そう思ったけれど翌日は土日、そして次は成人の日。

020

 歯医者に行ったのは、9日です。

035

 それでも幸い金冠はそのまま被せ治すだけで済みました。

039

 歯医者を出たら、雪が降っていました。

2018y01m12d_205059464

 真っ白な花びらのような雪です。

043

 でも食糧を少し買いたいので、雪の中を激安店に向かいました。

045

 雪のせいか激安店は良く空いていました。

051

 それにしても野菜が馬鹿みたいに高い!!

053

 札幌は今年の冬は厳冬になると思ったのに、年末年始は馬鹿陽気と言える程の暖かさでした。

058

 だから野菜の高さが凄く理不尽に思えてしまいます。

076

 それでもあきらめて少し買い物をして店を出ると、雪はまだドンドン降ってきます。

080

 カメラのレンズに雪が着いて光が滲みます。

082

 街の光も雪で滲み、街全体が華やかな色彩を帯びてきます。

084

 冬景色は昼間は雪でモノクロなのに、夜はこんな郊外でもネオンの光で華やかな彩。

085

 途中のレストランでカレーを食べようか?

091

 とも思ったけれど、家ではよもちゃんがお留守番をしてるのです。

096

 帰りが遅いとよもちゃんが怒るでしょう。

097

 だからカレーは諦めて、夕食は家で食べる事にしました。

2018y01m12d_210049535

 激安店で安売りになっていたフライを色々と、白菜の漬物を買ったのだから。

108

 雪はドンドン降ってきます。

107

 しかし気温はそんなに低くないので、カメラのレンズはドンドン雪で滲んでいきます。

111

 カメラ、頑張れ!!
 家まで後、少しだから。

112

 しかしカメラは家に帰りつく前に、力尽きました。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2018-01-06 20:59

真っ白!!

 午後から買い物に出ようとすると、外は真っ白でした。

028

 丁度ワタシが家を出るタイミングで雪が降り始めたのです。

031

 それにしても大変な雪で、辺りは真っ白です。

036

 その幻想的な景色に釣られて、少し遠回りしてみる気になりました。

059

 激しく降り募る雪で遠くは見えません。

074

 それで景色が普段と変わって見えます。

085

 しかしそう寒くはないのです。

089

 この冬は厳冬になると思っていたのに、昨年末からこれまで何だかイヤに暖かい日が続きました。

123

 お正月も初詣に行った妹は、途中で雨が降って、道がグチャグチャになって閉口したそうです。

150

 ワタシは元旦からまたタイチョウ殿が「休め」の命令を出したので、完全な寝正月で初詣にも行きませんでした。

2018y01m06d_195237987

 しかし家で寝ていても、外が何だか緩んでいるのはハッキリと感じられました。

157

 本当に寒くなると、外に出るのが何か怖いような緊張感があるのです。

159
 
 ところが昨年の年末から今まで、2週間程そんな日は全くなかったのです。

2018y01m06d_195550547

 その代りと言うか、何だかどんよりと曇った陰気な日ばかり続きました。

208

 それで散歩も殆どしなかったのです。

212

 そして今日はその総仕上げと言うべきこの大雪です。

2018y01m06d_195845925

 しかしそれでも寒くはないのです。

225

 薄手のコートと百均で買った手袋でも寒くないのです。

2018y01m06d_200113642

 それでも雪が首筋に入り込んだり、手袋がぬれたりで閉口しました。

2018y01m06d_200139886

 こんな日に公園を散歩しているのは、犬を連れた人ぐらいです。

236

 犬は文字通り喜んで駆け回るのですが、しかし飼い主は大変です。

2018y01m06d_200358574

 それでも犬が喜ぶのなら散歩に出ない訳には行かないのでしょう。

240
 
 犬達を見送った頃から急に暗くなってきました。

260

 日が暮れはじめたのと、雪がまた激しくなったのと両方です。

262

 もう4時過ぎです。

265

 ワタシも手袋がグチャグチャに濡れてしまったので、少し切なくなってきました。

266

 こうなったら散歩は切り上げて買い物だけを済ませようと道を急ぎました。

271

 道路へ出ると、雪の中に街の明かりが目立ちます。

273

 こんな雪の中で工事をしている人達がいました。

2018y01m06d_201503198

 雪の中でも普通の生活が続いているのです。

286

 とにかくスーパーに飛び込むと、ホッとしました。

289

 しかしスーパーを出ても雪はまだ降り続き、外はすっかり暗くなっていました。

301

 家へ帰る道々、百均の手袋なんかしてきた事を後悔しました。

306

 家にはワタシが編み物に凝っていた頃作った純毛の手編みの手袋が15~16組もあるのに・・・・。

2018y01m06d_201821695

 それでも無事に家に帰りつくと、よもちゃんは炬燵で眠り込んでいました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2017-12-30 21:53

年の終わりに・・・・

 今日の午後、またタイチョウ命令が出ました。

026

 ワタシは病持ちなので、常にタイチョウ命令に従わねばなりません。

032

 ところがこのタイチョウ殿は横暴で、ワタシの都合や希望に関係なく「休め」と命令するのです。

035

 で、でもタイチョウ殿、お節料理もまだ完成していおりません。 
 大掃除もしなければなりません。
 それにブログの更新だってしたいのです。

047

 ワタシはタイチョウ命令に逆らおうと、暫くパソコンにしがみ付いていました。

053

 しかしタイチョウ殿のが、そんな抗命を許してくれるはずもありません。

067
 
 結局ブログの更新は諦めて、そして煮物の火も消してベッドに入りました。

078

 こういう時慰めてくれるのはいつもよもちゃんです。

087

 よもちゃんは直ぐにワタシと一緒にベッドに入り、ゴロゴロ言ってワタシにすり寄ってくれました。

089

 そして二人でタイチョウ命令に従って暫く休みました。

093

 それでも考えてみれば今年はタイチョウ殿も、余り無茶を言わないでいてくれました。

105

 だから去年の骨折騒動なんか関係なく、年明けから好きなように歩き回っていました。

109

 春先からはいつも天気さへよければ、長距離の散歩に出ていました。

138

 タイチョウ殿の機嫌が悪くなってきたのは、12月に入ってからです。

143
 
 でも12月は毎日陰気な曇りの日が続き、その上日は短いので、外出しても直ぐに日が暮れてくるのです。

146
 
 それにこの時期、ワタシの同病の患者のタイチョウは皆不機嫌になるので、病院は満員御礼が出ます。

152

 だから病院へ行けと言う命令ではなく、「休め」の命令ぐらい仕方ありません。

154

 病院行きの命令に比べたら百倍マシです。

159

 お節料理も明日中にはできるでしょう。

161
 
 それで良いのです。

170

 なんだかんだと言っても今年は、去年みたいな大怪我もせず、株だって上がりました。

2017y12m30d_211712392
 
 そして何より、よもちゃんが一年元気一杯でいてくれました。

2017y12m30d_211748070

 だから今年も良い年でした。

2017y12m30d_211831012
 
 神様どうも有り難う。
 どうか来年もよもちゃんと二人幸せに暮らせますように。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(24)