2017-05-17 22:48

目の保養 その1 デロス同盟とペロポネソス同盟

 今日はまた午後から散歩に出ました。

056
 
 先週から続いた雨と曇天がようやく終わったのです。
 それにワタシの体調不良も収まったようです。

061

 この前ツゥキディテスの「戦史」を読んで目を潰して体調を崩してから、暫く続きを読むのを休みました。

 目が痛くて読めなくなったのです。

088

 それで話しはペロポネソス戦争開戦直前で止まっています。

098

 ペロポネソス戦争は、スパルタを盟主とするペロポネソス同盟と、アテネを盟主とするデロス同盟の戦争です。

119

 デロス同盟は第二次ペルシャ戦役の後、エーゲ海沿岸のギリシャ諸国が、対ペルシャ防衛の為に作った同盟です。

151

 アテネは商工業が盛んな国だったので、次第に単なる対ペルシャ軍事同盟から、経済文化交流の意味が強くなっていきました。

 何と言うかNATOとTTPを合体させたような同盟になって行ったのです。

158

 第二次ペルシャ戦役後、30年間アテネの指導者であったペリクレスは、このデロス同盟をひたすら強化拡大しました。

222

 一方ペロポネソス同盟は実は対アテネ軍事同盟です。

249

 これはデロス同盟よりほぼ100年古く、紀元前5世紀頃からアテネの経済力が急激に伸長した事に対して警戒心を持った国々が造ったのです。

336

 特にテーベやコリントと言った、元々はアテネより古くから商業都市として栄えた国々は、アテネの商業権益拡大に大変な危機感と警戒心を持ちました。

344

 スパルタは以前紹介したように、実は完全な自給自足の農業国家で閉鎖経済ですから、アテネと経済摩擦が起きる事はありませんでした。

347

 しかしアテネとスパルタは実は地理的には大変近く、徒歩で3日、船なら1昼夜と言う距離です。
 殆ど隣国なのです。

358

 この距離の国が力を伸ばしてくると言うのは、あまりいい気持ちではないでしょう。

380
 
 こういう状況で、アテネに警戒心を持つ国々が、対アテネ防衛同盟を作り、その中で最強の陸軍国であるスパルタが盟主になったのです。

 ところが第二次ペルシャ戦役後、アテネの国力は更に拡大しました。

371
 
 それまでギリシャ最強の海軍国はコリントだったのですが、アテネは対ペルシャ防衛の為にその4倍の海軍を創設し、これでペルシャ帝国を撃退したのです。
 
 そしてその海軍力はその後も維持されました。 
 また陸軍の兵力も質はともかく数ならスパルタと同等でした。

405

 その上前記のようにペリクレスは、デロス同盟の拡大強化に務め、その勢力を元来コリントの経済圏だったペロポネソス半島の西側、イオニア海やエーゲ海北部に伸ばしていきました。

2017y05m17d_205830963

 これにコリントは怒り狂います。
 
 そしてスパルタに対してペロポネソス同盟の盟主として、アテネへの開戦を督促するのです。

437

 スパルタでは開戦の決断のような重大事項は、市民集会で決めます。
 
 そこでコリント代表がスパルタ人達に、アテネの危険を訴える演説が「戦史」に出ているのです。

455

 そこでコリント代表は、アテネ人が利益の追求の為ならどんなリスクも恐れない。 アテネ人は得られなかった利益を、損出と考え、その損出を出さない為ならどんな事でもすると言うのです。
 
482
 
 このコリント人の演説を読んでいると、これが二千五百年も前の物とは到底思えません。

 まるでTPPに関してグローバリズム拡大の危機感を説く話しを聞いているようです。

503

 これが古代ギリシャ史の面白さです。 
 古代の戦争なのですが、しかしこれは当に資本主義国家、そして民主主義国家の戦争なのです。

517
 
 だから是非、続きを読みたいのです。

2017y05m17d_210753964

 とにかくこれで体調は回復したし、それに今日は午後一杯、美しい花と緑を見て目の保養をしました。

537

 だから何とか今夜あたりからまた続きが読めるかも知れません。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2017-05-13 12:31

八重桜とツゥキディテス

 今朝起きた時からどうも頭がクラクラしました。
 ツゥキディテスのせいです。

068

 夕べ寝る前にツゥキディテスの「戦史」を読みました。
 「戦史」はペロポネソス戦争の顛末を同時代人として、書いた物です。

092

 だから起源前400年前頃に書かれたのです。
 ツゥキディテスもこの戦争でアテネ軍を率いて、出陣した経験があるのです。

103

 しかし市民集会で託された使命は果たせず、帰国後に20年間の国外追放と言う罰を受けました。
 その意味ではアテネの民主主義の暗黒面を自身で体験した人です。

116
 
 それにしても読んでいると非常に明晰で冷徹で、そして克明です。
 だから到底そんな古代の記述とは思えません。

118

 「今次大戦では・・・・」などと言う記述を読むと一瞬「第二次大戦?」と錯覚するほどです。

 ワタシは「平家物語」が好きなのですが、しかしあの情緒的な描写とは全く違います。

121

 「戦史」の中には多数の演説が掲載されているのですが、これは当時のギリシャ諸国の多くが、程度や形式の差はあっても直接民主制で、重要事項は市民集会で決めたからです。

175

 直接民主制ですから、何かを提案する時は、大勢の人の前で提案事項の理由を演説で説明し、聴衆を説得するのです。
 これだとコネや忖度は一切期待できないので、とにかく論理的な説明をするしかないのです。

179

 なるほどこれがギリシャ哲学にも通じる・・・・プラトンの論理的な会話の根源はこれだろう・・・・などと思うのです。

 そういう事は自分でツゥキディテスを読んで初めて納得する事です。

190
 
 しかし問題はこれが岩波文庫だと言う事です。
 だって探したら全文の訳本は岩波文庫しかなかったのです。

 そして岩波文庫は字が小さいのです。

192

 ワタシも昔は随分岩波文庫を読みました。 
 ワタシは本が読めなくなったら自殺しようと思う程の読書お宅だったのです。

212

 しかし30代から目が悪くなり始め、50代の終わりには完全に読書ができなくなりました。

2017y05m12d_223804505

 それでも自殺しなかったのは、その頃ネットができたからです。
 パソコンの字は本より遥かに大きく読みやすいのです。

228

 ところが三年ほど前に奇跡が起きて、また本が読めるようになりました。

250

 それで塩野七生さんの「ギリシャ人の物語」もⅠ,Ⅱ共に読む事ができたのですが、そうするとツゥキディテスも読みたくなったのです。

280

 しかしやはり岩波文庫の小さな字はキツイです。  
 どうも体調が悪いと思っていたら、いつも寝る前に「戦史」を読んだ後に、翌朝体調を崩すのです。

294

 三年前また本が読めるようになってからも、文庫本だけは避けていたのですが、ヤッパリダメでした。

2017y05m12d_224423169
 
 でも「戦史」の続きはどうしても読みたいので、体調がどうなろうとも読み続ける心算です。
 その為に長期戦覚悟で図書館から借りずに、自分で買ったのだから。

319

 しかし辛いな・・・・・。

325

 ところで昨日は午後から晴れたので、また農試公園に行きました。
 八重桜が咲き始めていました。

380

 しかし今日はまた曇天でしかも強風です。
 その上ツゥキディテスのお蔭で体調不良です。

2017y05m12d_225458335

 だから在特会のお花見はパスするしかありません。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2017-05-11 13:47

最後のヤマザクラ

 ヤマザクラが終わってから、梅や巴旦杏やサクランボの花が咲き始めました。

062

 巴旦杏やサクランボは真白な美しい花を付けます。

070

 真っ白に咲き誇るこうした花々は、桜に劣らない程綺麗です。

074

 今年は異様に寒いせいか、全ての花が一度に咲く花の爆発は不発に終わりました。

078

 代わりに順番を守りながら次々と咲いて行きます。

092

 一遍に咲くと豪華だけれど、一つ一つの花を楽しみきれないうちに花が終わってしまいます。

094

 だからこれは文句を言うような事ではないのかもしれません。

103

 しかし寒いです。

107

 こんなに緑が萌えたのに、まだ朝夕ストーブなしでは過ごせません。

112

 八重桜は今週中に咲くと思います。

118

 例年なら八重桜の咲くころには、半袖シャツで出歩けたのですが、今年はフリースなしでは外出できません。

125

 これでは野菜が高いのも当然でしょう。

147

 それでも日は長くなりました。

151

 散歩に出てから結構経ったと思って時計を見ると、5時過ぎです。

165

 5時過ぎなのに太陽はまだ山の上空です。

168

 先月の今頃なら山の向こうに消えていたのに・・・・・。

175

 太陽は実に気前よく、いつまでも美しい夕方の光を注ぎ続けます。

183

 ワタシはこの傾いた光が大好きなのですが、しかしついこの間までは光が傾き出すとアッと言う間に夜になってしまいました。

188

 しかし今はいつまでもこの光の中を彷徨う事ができます。

201

 つまり2017年もほぼ半分終わり、夏至に向かているのです。

206

 今が一年で一番伸びやかな日々なのです。

208

 それでもそろそろ帰る事にしました。

213

 お腹も空いたし、留守番のよもさんが怒っているでしょう。

230

 帰り道の光は、来る時の道の光と違います。

262

 ワタシの大好きな金色を帯びた光です。

265

 だから少し寒いけれど、自転車を止めては写真を撮ってしまいます。

270

 夕日が葉桜の紅を際立たせていました。

285

 そして散り残った桜は最後の輝きを見せていました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2017-05-10 11:34

冷夏になりそう・・・・

 エゾヤマザクラは殆ど散り果てて、葉桜になりました。

308

 しかし気温は上がりません。

319

 幾ら北海道でも今は5月も半ば。

336

 例年なら夏日が続く頃です。

373

 しかし昨日も一昨日も快晴にも拘らず、20℃には遠い冷え冷えとした日でした。

379

 それでも花は次々と咲き、緑も萌えてきました。

388

 気温は無視して景色が初夏に向かっているのです。

395

 夕べもストーブを焚いたし、一昨日も焚いたのに、新緑が萌えるのは健気です。

404

 山の雪は上の方だけになりました。

410

 桜が終わった公園では梅が咲いていました。

416

 エゾノウワミゾザクラも花のトンネルを作っていました。

421

 気温が低くて大変だろうけど、もう咲かないと夏までに実を結べないですからね。

440

 しかしこんな調子で夏が来るんだろうか?

468

  kazkさんは本州の猛暑を心配するコメントを下さったけれど、こちらは猛暑どころか、冷夏が心配です。

481

 農試公園に行ってみましたが、今年のソメイヨシノはショボイです。

489

 あでやかなのは散り残ったヤマザクラの仲間だけです。

513

 この公園はソメイヨシノが沢山あって見事なのですが、ソメイヨシノは寒さに弱いのか、寒さの厳しかった年は花の付きが非常に悪くショボイのです。

006

 代わりに欅の緑と色づき始めた八重桜が鮮やかでした。

015

 八重桜は今週中に咲くでしょう。

029

 八重桜が散ると花の爆発は終わりです。

053

 そして緑の季節が始まります。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-05-09 09:39

白虹??

 散歩に出て夕暮れが近づいたのです、緑と空が余りに綺麗なので帰る気になれず、ウロウロし続けました。

460

 もう遠くへは行けないけれど、まだ少し回れます。

468

 サクランボの花が咲く後ろで白虹です。

470

 但しこれは肉眼では見えず、写真で初めてわかりました。

473

 白虹貫日は戦乱の予兆と言います。

476

 しかしワタシはこの白虹結構何度も見ています。

482

 しかも肉眼でハッキリ見える物をです。

486

 だから白虹貫日が戦乱の予兆と言うのは、結構怪しいと思います。

489

 以前、街中で白虹を見て驚いたら、周りの人達は誰も気づいてなかったと言う事がありました。

2017y05m08d_220457372

 その後、白虹は何度も見ました。

569

 そこであれは結構、出る物だとわかりました。

2017y05m08d_221328760

 でもみんなあんまり気付かない。

621

 たまたま戦乱の前に気付いて騒いだ人がいると、白虹貫日は戦乱の予兆と言う事になるのでしょう。

2017y05m08d_221648301

 しかし米空母が戦乱の準備をして日本近海をウロウロしている時期だからやはり見てしまえば気になります。

623

 しかしこの日は美しく平和でした。

2017y05m08d_220634843

 連休が終わり、桜もあらかた散ったので、公園の人影もすっかり減りました。

626

 白樺の緑が鮮やかに萌えてそれは美しいのですが、見かけるのは犬の散歩をする人ばかりです。

627

 公園を散歩する人は冬と同じになりました。

643

 それでもソメイヨシノはまだ咲いています。

664

 一昨日から咲き始めたばかりなので、まだ暫く咲いているでしょう。

668

 でも寒さのせいか、花の付きが非常に悪い木も多いです。
 ソメイヨシノに北海道の気候は苛酷なのでしょうね。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)