2017-08-31 13:40

ヒトラーヒステリーと思考停止

 麻生さんがまたヒトラーの件で叩かれています。

 「ヒトラー評価と受け取られかねない大失言」 民進党幹部が麻生太郎氏の発言を批判

 ワタシは毎度、毎度この手の反ヒトラーヒステリーを見る度に凄い違和感を感じます。

 そもそも彼等は何の為に、こんな事でヒステリーを起こすのでしょうか?

 誰かが講演でヒトラーを持ち出す度に、ヒトラー敬礼やナチスのシンボルを使う人間が出る度に、ヒステリーを起こしていれば、ファシズムは復活しないと言うのでしょうか?

 こんな事をしていて本当に歴史が学べるのでしょうか?

057

 ヒトラーの問題はヒトラーとナチスの悪事や、ヒトラーが極悪人だったと言う事はありません。

 この極悪人が当時の世界で最も民主的と言われたワイマール体制下で合法的に政権を取り、そしてドイツ国民の絶大な支持を得た事です。

 そうでなければ、彼もナチスも場末の街宣右翼で終わったのです。

 しかもこの極悪人は、門地門閥もなければ、学歴経歴も至ってお粗末で、金もない帰化人で、その上見栄えまで悪いと言う男でした。

 貴族的な階級社会だったプロシャ帝国なら、こんな男は一生日の目を見る事はなかったでしょう。

 しかしそんな男が、嘗てのドイツの支配者の誰も持てなかったような権限と、ドイツ国民の絶大な支持を得たのです。
 
 それを考える事がヒトラーの問題なのです。
 そしてそれを考えないと、第二のヒトラーの出現は防げません。

064

 特に日本人にとっては、これは重要な問題です。

 なぜなら第一次世界大戦後のドイツは、日本の自称反戦平和主義者達が唱える、二度と戦争を起こさなない為の措置をドイツ人自身で行ったからです。

 その一つは自身で民主的な憲法を制定した事。
 
 そしてもう一つは、君主制を廃止した事です。

 ドイツは第一次世界大戦を皇帝の詔ではなく、民衆の手で終わらせて、皇帝を排除し、ワイマール憲法を制定したのです。

 日本の反戦平和主義者達が言うように「天皇制が戦争の原因」ならば、これでドイツは二度と戦争を行わなかったはずではありませんか?

 しかし現実には、何処の馬の骨ともわからないルンペン同様の男を総督として祀り上げた挙句、この男の意思によって再度大戦争をすることになったのです。

 そして嘗てのドイツの君主達の誰もやらかったような大量虐殺まで行ったのです。

079

 この現実を理解するためには「ナチスの知恵に学び」、その知恵にどのように対抗すれば良いかを考えるべきではありませんか?

 ところが現在、自称反戦平和主義者達、自称リベラリスト達は、ナチスの知恵に学んでその再来を阻止しようと提唱する人に対してヒステリーを起こして謝罪と発言撤回に追い込むのです。

 今年6月の日銀原田泰審議員の発言に対する反応などその典型でした。

 日銀の原田審議委員「ヒトラーが正しい財政・金融政策をして悲劇起きた」

 原田審議員は別にヒトラーとナチスの悪事を否定しているわけでもなければ、ましてヒトラーの戦争や虐殺を肯定しているわけでもありません。

 彼はヒトラーが政権を取った時の状況や、ヒトラー政権の金融財政政策を金融のプロとして分析したのです。

 そしてこの政策の成功が復活させて、ヒトラー政権を盤石にして、彼が結果ユダヤ人迫害から始まり第二次世界大戦に至る政策を実行できるようにしてしまったと言うのです。

 これは現在、原田審議員の独説ではなく、多くの歴史学者・経済学者にとって定説となっている話です。

084

 このヒトラーの金融政策は、不況下では徹底的な財政出動と金融緩和を行い、民間で冷え込んだ需要は国家が補い、それにより不況を脱出するという物です。
 
 そしてこれは別にヒトラーでなければ行えないはずの物ではありません。
 実際、戦後多くの国が不況の度にある程度行ってきたものです。

 だから第二のヒトラーの出現を防ぎたいなら、この話は出来る限り多くの人が知り、不況下では正しい金融政策を取るようにするべきなのです。

 ところがなぜか自称反戦平和主義者、自称リベラリストは、この話が出ると忽ちヒステリーを起こして、発言者に謝罪と発言撤回を強要するのです。

 これでどうやって一般国民がこの話を理解する事ができるのでしょうか?

 彼等は、ヒトラーを極悪人と言い、ヒトラー敬礼やハーケンクロイツを摘発していさえすれば、第二のヒトラーの出現は防げると信じているのでしょうか?

 ワタシはネオナチよりこの手の思考停止による言論弾圧の方が余程怖いです。

092

 今現在、日本だけでなく、欧州でも特にドイツでは、緊縮財政論、均衡財政論が幅を利かせており、失業者がどんな増えようとも「絶対均衡財政!!」と言うのです。

 均衡財政主義は、個人の家計を考えるを国家の財政にそのまま当てはめた話しで、何も考えなくても、そのまま呑みこめるので、こういう事になるのです。

 だから世界大恐慌の時のドイツでも当時のブリューリング内閣が均衡財政主義による徹底的な緊縮財政を行い、それがドイツの不況を際限もなく悪化させたのです。

 そして遂には全労働者の3分の1が失業し、多くの人が家を喪ってテント生活に追い込まれたのです。

 こうした絶望の中で、人々は民主的な政権に失望し、ナチスに縋りつきました。
 そしてナチスは財政出動と金融緩和で、本当にこの絶望から人々を救いだしてしまったのです。

 これではヒトラーとナチスが絶大な支持を得るのは当然ではありませんか?

 テント生活から救い出してくれた人がやる事なら、誰だって大概の事は大目に見てしまいます。

109

 こうした歴史を考えれば、第二のヒトラーの出現を防ぐためにこそ、ヒトラーについて学び、彼の政策の中で良い物は民主主義政権が先取りしなければならないのです。

 そしてそれ以前にヒトラーが出現したような状況を作ってはならないのです。

 しかしヒトラーと話しが出る度に、ヒステリーを起こすのでは、これは出来ません。

 北朝鮮のミサイルに「冷静になれ」と言う自称反戦平和主義者・自称リベラリストこそ、歴史を冷静に見るべきなのです。

 結局彼等の根底にあるのは、物事を最初に学校で習ったまま善と悪にわけて、思考を停止して、悪はひたすら悪と非難していれば良いと言う知的怠惰の極致でしょう?

 これでどうやって第二のヒトラーの狡知に対応できるのでしょうか?

125

 因みに麻生さんが今回言った事は、歴史的事実です。

 歴史を学べばわかりますが、高邁な理想を抱いて、政治家になった人間が、良い結果を残すとは限りません。

 それどころか大量虐殺や悲惨な戦争を起こしたのは、むしろ高邁な理想に燃えて権力を握った人々です。

 逆に下劣な物欲や性欲を満たす為に権力を握った人間は、確かにロクな事はしないのですが、しかし彼等がやる悪い事は賄賂を沢山取るとか、公金を横領して私腹を肥やす程度で終わるのです。

 そして経済政策について言えば、高邁な理想主義者は皆禁欲主義者であるせいか、至って無残な結果を残しています。

 世界大恐慌の後、ドイツの不況を最悪化させて、ナチス政権出現の下地を作ったブリューリングも、また同様日本の不況を最悪下させた浜口雄幸も、本当に高潔を絵に描いたような人でした。

128

 人間は高邁な理想を抱くべきだし、高邁な理想を持つ人は尊敬するべきです。

 しかし現実の政治では、高邁で高潔であることだけで、人を幸せにして社会や国家を救う事はできない。

 これもまた学んでおくべきではありませんか?
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2017-07-07 11:37

民進党ってこんな人達 都議選

 蓮舫が安倍総理の「こんな人達」発言に謝罪を求めました。

こんな人たち」訂正を要求=蓮舫氏
 民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、安倍晋三首相が東京都議選の街頭演説で「辞めろ」と連呼した聴衆に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言したことについて、「看過しがたい。訂正、謝罪を求めていく」と述べた。
 蓮舫氏は首相について「国民にレッテルを貼り二分割し、自分に良い人は味方、自分に悪い人は敵。1億総活躍と言っているのは、実は建前だ」と指摘した。(2017/07/06-17:40)

281

 おお、やはり「こんな人達」は民進党の動員でした。
 
 だって謝罪と言うモノは、本来被害を受けた側が要求するモノです。
 
 逆に言えば謝罪を求める側が、被害者と言う事です。

 つまり民進党が謝罪を要求したと言う事は、こんな人達=民進党であることを蓮舫が自白したのです。

288

 因みに蓮舫のこの主張はナンセンスです。

 「国民にレッテルを貼り二分割し、自分に良い人は味方、自分に悪い人は敵。1億総活躍と言っているのは、実は建前だ

 なぜなら安倍総理は自民党の党首として都議選の選挙応援に出たのであって、首相として出たわけではありません。

 そもそも首相が自分の所属政党の選挙応援をすること自体が「自分の政党の支持者は味方、野党の支持者は敵。」と言う事になるのです。

 だから首相は国民を二分割するなと言うなら、首相は選挙で自分の政党の応援をしてはイケナイ事になります。

 そして国民の意見を分ける事が悪い事なら、野党の党首や議員だって、選挙演説でも与党や首相を攻撃してはイケナイ事になります。

290

 しかし中学の公民を習った人なら知ってますよね?

 日本は議員内閣制の国なので、首相は与党の党首と言う立場と、全て日本国民を代表する首相と言う立場と二つの立場を持つのです。

 そして選挙応援をする場合は、当然ですが与党の党首として立場で演説するのですから、「自分に悪い人」つまり選挙で敵対する勢力が敵になるのは当然です。

 しかもこの東京都知事選の安倍首相の演説で「安倍辞めろ!」と叫んだのは明らかな選挙妨害です。

 選挙妨害は違法行為です。
 白昼堂々違法行為を行う人々を放置するのは、公序良俗に反します。

300

 ところが民進党は自分達が「こんな人達」の仲間だと言う事を吹聴しているわけです。

 蓮舫がこんな事を吹聴するのは、つまりはマスコミ、特にワイドショーがこれで騒いでいるからでしょう。

 結局民進党のやる事って、ワイドショーの尻馬に乗って騒ぐ事だけでした。
 こうやって執拗に騒ぎ続ければ、自民党には幾ばくかのダメージにはなります。

 しかしそれは民進党の支持に繋がらない事は今までの経験で明白ではありませんか?
 
 それでも懲りずにまだ同じ事をやっているのです。

305

 お蔭で都民ファーストの大勝利、民進党の壊滅でした。
 しかしこんな人達の仲間である有田ヨシフ議員は「清々しい」と喜んでいました。

 お蔭でこんな人が党首を務める政党が都議会第一党になったのです。



 マジに清々しい程の愚かしさです。 
 
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2017-04-20 00:09

何となく思い出

 もう30年ぐらい前の話しですが、ワタシはその頃、英語コンプレックスを治したくて、英会話教室や英語喫茶に通っていました。

 英語喫茶と言うのは、その喫茶店内では英語しか使わない事にして、客同士で英会話の練習をしようと言う喫茶店です。 

084

 そこにいつも子供を連れてくる女性がいました。

 子供は彼女の甥、弟の息子で、小学校3年生でした。
 彼女の弟はアメリカへ留学後、アメリカで働いていてアメリカ人の女性と結婚しました。 それで生まれたのがこの子でした。

 しかし彼女によると弟夫婦は双方、自分のキャリアと人生で頭が一杯で、子供の世話をお互いに押し付け合っていました。

086

 そしていよいよ面倒になると、子供を祖父母の所へ送りつけてくるのです。

 つまり子供一人を飛行機に乗せて、成田に送るのです。 そうすると祖父母のどちらかが、札幌から成田まで子供を連れに行かなくてはなりません。

 それでも祖父母は孫可愛さに文句も言わずに、成田まで子供を連れに行き面倒を見てやり、そして息子夫婦がまた子供を引き取ると言ってくると、今度はまた成田まで子供を連れて行き飛行機に乗せてアメリカへ送り返していました。

101

 しかしこうやって親の都合で、日本とアメリカをキャッチボールされているうちに、子供の精神状態がオカシクなってきました。

 それで祖父母はもう完全に孫を引き取り、日本で孫を育てる決心をしたのです。
 
 そこでその子はもうアメリカへは帰らず、祖父母と、祖父母と同居している独身の伯母と一緒に暮らし、近くの小学校に通う事になったのです。

130

 伯母である女性によると、小学校の先生達は随分良くしてくれたそうです。 

 当時は、学級崩壊とか落ちこぼれとか、学校でイロイロな問題が起きていた頃なのでこれは意外でした。
 
 この子は日米をキャッチボールされて育ったので、日本語はそこそこできるけれど、日本語の読み書きは全くできなかったし、精神的ズタズタになっていた時期もあって、勉強は随分遅れていたそうです。

 けれども担任だけでなく数名の先生達がチームを組んで毎日交代で、自宅まで来てこの子の勉強を見てくれたそうです。

 それでほどなく普通に授業についていけるようになり、本人も喜んで学校へ行くのだそうです。

156

 タダ伯母から見て残念なのは、こうしてこの子が日本の生活に馴染むにつれて、ドンドン英語を忘れて行くことでした。 

 せっかく完璧にバイリンガルで育ったのに・・・・・。

 そこで彼女は何とか甥の英語力を維持してやろうと英語喫茶に連れてくるのでした。

 しかし本人は英語には全然未練がないようでした。

 だからせっかく英会話喫茶に来ても殆ど英語は使わず、他の客から英語を話すように勧められると「何で英語しゃべらなくちゃならないの? 僕は日本人なのに。」と言う始末です。

197

 それを聞くと何とも切ない気がしました。

 だってその子は完全な外人顔だったのです。
 
 混血児でも結構日本人に近い顔の子もいるけど、その子は子供のくせにやたらに鼻が高く、目が落ち窪み、BBC版のシャーロック・ホームズみたいな顔をしているのです。

 だからこれからこの顔で日本人をやっていくにはチョッと辛いだろうなあ・・・・・と思ってしまうのです。

201

 それでもこの子が、そんなことを言って頑張るのは、アメリカの両親との生活が余程辛い物だったのでしょう。

 だって普通に考えたら遠い我が子を遠い日本の祖父母の所の預けっぱなししては、将来子供はアメリカで暮らせなくなるかもしれないし、日本語の出来ない母親とは話もできなくなるかもしれないのです。

 それでも両親は特に文句も言わずに、と言うかこれ幸いとばかりに、祖父母に預けてしまったのです。

 こういう両親との生活が子供にとってどんなものだか・・・・・。

211

 夕べジャックさんのブログを読んでいたら、この子の事を思い出してしまったのです。

 同性婚合法化の背景にあるアメリカの家庭崩壊

 あれからもう30年程経ちますから、この子も今は40過ぎのオヤジになっていると思います。
 
 マジにシャーロック・ホームズ顔になってるんじゃないだろうか・・・・・。

 彼は今どこにいるのでしょうか?
 何処に居ても良いけれど、どうか幸せに暮らしていますよに・・・・・。
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2017-04-18 12:05

なぜ読書をするか?? 日本の大学大丈夫??

 なぜ読書をしなければいけないか?

 読書離れ進行「なぜ読書をしなければいけないの?」への回答

 この記事に書かれている回答は全部ナンセンスだと思います。
 
 なぜならどれも自分が読書をする理由、読書で感動した話ばかりで、読書をしなければいけない理由ではないからです。

2017y04m17d_195200319

 ワタシは実は元々読書好きです。 読書ができなくなったら自殺しちゃうだろうと思っていたぐらいです。

 ところが50代始めから目を悪くしてホントに読書ができなってしまいました。

 それでも自殺せずに済んだのはネットのお蔭です。
 
 本の字は読めなくても、パソコンの字は読めました。 それで文章を読む事はできました。 またブログを書くと言う新しい楽しみもできたので、自殺は中止したのです。

042

 こうした自分の経験から言っても、読書と言うのは元来純然たる楽しみで嫌いな人が無理にしなければならない物だとは思えません。

 またネットは結構読書の代わりになります。 少なくとも時事問題などの情報を得る上では、新聞、雑誌より有効で効率も良いです。

 そして娯楽としての読書、つまり文章を読んで暇つぶしをすると言う点でも十分読書の代わりになります。

 また読書と違い、読んだ物に対する感想をコメントして書き、他の人と意見を交換できると言う楽しみもあります。 

 ネットがなければ本当に自分とは根源的に意見の違う人達とストレートに議論する事は難しいでしょう。
 しかしネットならネトウヨたる自分も、純正パヨクと議論できるのです。

 そしてこれはネットの非情に大きな利点です。

047

 しかし問題なのはこれです。

 3月8日付の朝日新聞に、21才の大学生からのこんな投書が掲載された。

《本を読まないのは良くないと言えるのだろうか。(中略)もし、読書をしなければいけない確固たる理由があるならば教えて頂きたい》

 大学生でこれはないでしょう?

 これが文系の学生なら最悪です。

054

 元来、人文科学は過去の古典知識の積み重ねです。 だから欧米の学生はこうした古典やそれに関する参考著書をギッチリ読まされます。

 授業で名前が出てくる著書は必ず読まなければなりません。 そしてそれに着いてレポートを書いたり、討論をすると言う授業が続くのです。 ちゃんと読まないとこうした授業についていけません。

 だから大学生活はこうした読書に追われる事になります。

 これは当然でしょう?

059

 だって「近代政治学の祖はマキャベリで、その代表的な著書は『君主論』。 彼はこの中で倫理や信仰に囚われず現実的な政治を語ろうとした。」など習っても、実際に「君主論」を読み、マキャベリの生きた時代を知らなければ、なぜ近代政治学が生まれたのかはわかりません。

 そして古典の文献を実際に読んでみると、一般的言われている話しと全くイメージが違ってくる場合も多いのです。

 だから自分で物を考える為には、こうした古典をまず自分で読む、そして考えると言う訓練が必要なのです。

 少なくも大学を出て「知性」を商売道具にするなら、この訓練なしでは済まされないのです。

 そして今現在では、少なくとも日本では、こうした古典の名著やそれに関する著書の多くはまだ電子化もされていないので、本で読む、つまり読書をするしかないのです。

060

 そ、それなのに!!

3月8日付の朝日新聞に、21才の大学生からのこんな投書が掲載された。

《本を読まないのは良くないと言えるのだろうか。(中略)もし、読書をしなければいけない確固たる理由があるならば教えて頂きたい》

 大学生がこれで良いんですか?

062

 朝日新聞の読者のレベルが超低いと言えばそれまでかも知れないのですが(朝日新聞のレベルが低いので読者のレベルも低いのは当然でしょうが)、それでも大学生を名乗る人間がこんな事を言うってあんまりじゃないですか?

 そしてこれに対して誰も大学生が、講義を理解する上で必要な読書について説明しないのはどういう事なのでしょうか?

 因みにワタシ自身は大学時代、講義で読むべき本は殆ど指定されませんでした。 しかしそれはワタシが三流大学の工学部卒で人文系の講義は、刺身のつまみたいなモノだったからです。

 しかし人文科学を専攻する学生がこれでは困るでしょう?

 もし人文系の学科をこれで卒業できてしまうのでは、絶望的ではありませんか?

071

 オマケ

 ワタシはこの10年弱、目を悪くして全く読書ができなくなっていました。

 それで専らネットばかりしていたのですが、なぜか奇跡が起きて2年程前からまた読書ができるようになりました。

 ヤッパリ読書は良いです。

 ネットは断片的な知識を得るのは大変便利ですが、纏まった知識は得られません。

083

 この数か月は塩野七生の「ギリシャ人の物語」に嵌っています。 

 民主主義国家の戦争と言う物を考えて何度でも読み返してしまうのです。

 またこれについてブログにアップしたいと思います。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2017-04-01 23:31

4月1日

 辻元清美の疑惑はデマです

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(2)