2013-04-30 16:56

何としても被害者になりたい!!! 韓国

良識のある人は、他人の苦しみを推し量り、自分の生き方を反省する糧にしている。そのような 認識を全く持たずに迷走する指導者が、日本を再び不幸の道に追い込もうとしている。これは何よりも日本の国民にとって残念なことだ

  http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/29/2013042900845.html

 

  

 

 朝鮮日報の記事です。 これについてはご隠居さんがエントリーされたので、全文コピペしません。(日本が「侵略」されていたら>妄想爆発ですな

 とにかく朝鮮人が例によってまた靖国神社の事で火病しています。

 

 何でも日本は自分の国が侵略された場合にどのように感じるのかを考えて、靖国神社参拝を止めろとの事です。

 

 しかし自分が侵略された場合って・・・・・侵略の定義をさておくとして、何で韓国人が火病するんでしょうね?

 

 だって靖国神社に祭られてる英霊の中には、日本軍軍人として「侵略戦争」に加担して死んだ朝鮮人や、B・C級戦犯として処刑された朝鮮人は大勢いますが、朝鮮軍と戦争して戦死した日本軍人の英霊はいません。

 

 靖国神社が出来て以来、日本は朝鮮と戦争した事はないので、どんなに勇猛果敢な軍人でも朝鮮相手に戦死しようがなかったのです。

 

 韓国が日本のアジア諸国への侵略戦争を悪いと思うなら、当然ですが韓国もアジア諸国に謝罪と賠償をするべきです。

 

  

 

 自分達に非人道行為をした人間の霊だから許せないなんて発想は、日本人にはありません。

 

 日本の首相始め政府要人は皆、訪米すればアーリントン墓地にいって哀悼の意を評してきました。 アーリントン墓地には東京や大阪の市街地を無差別爆撃した爆撃機のクルーなども葬られています。

 

 しかし彼等は個人の恨みから日本に市街地を爆撃して、女性や幼い子供達の頭上に焼夷弾を降らせたわけでないはないのです。

 

 だから日本人はその事で彼等の責める事はしません。

 

 彼等はアメリカ人であり、アメリカの為に闘って戦死したのだから、立派な愛国者であったとして経緯を表するのです。

 

 敵と雖も祖国の為に勇敢に闘った者には敬意を表する、これは古来から続く日本の伝統です。

 

 これが武士道なのです。

 

  

 

 武士道や騎士道の正義は、個別の戦争の名分には関係ありません。

 

 武士も騎士もそれぞれの戦争で、その使える主君の為に闘いますが、その主君がそれぞれ戦争の名分にする正義とは別に、武士として騎士として守るべき正義があったのです。

 

 それは戦いに際して怯懦を戒め、勇気を讃え、卑怯卑劣な振る舞いを避ける事、主君に忠誠を尽くす事、嘘を吐かない事、弱者を思いやること・・・・・など現在我々が日常で好ましいと思える道徳律の基本でした。

 

 この道徳律を守る相手なら敵であっても、味方であっても関係なく尊敬するのです。

 

 しかしこんな事、自分を何と科被害者の立場に置いて、金を揺すりたい奴隷民族には理解不能でしょうけど・・・・・・・。 

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

自分達が1000年も根に持つ民族だからと言って、人もそうだと勝手に決めつけないでよネ。しかも根に持ったこと自体が空想の産物なのだからもう殆どhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259D%25BE%25E7%25AB%25B9%25E6%2596%25B0%25E5%2596%259C%25E5%258A%2587/" class="keyword">松竹新喜劇~≧(´▽`)≦アハハハハハ。こんな経緯をフランスの友達に説明しても信じてもらえないだろうなぁ・・・そこが実は問題だったりしてw。

  1. 2013-04-30 17:57
  2. URL
  3. ・Trinity #79D/WHSg
  4. 編集

No title

そういえば封建制は西洋と我が国にしか成立しなかったと聞きます。

特に支那や朝鮮では絶対君主による専制政治しかなく、其処では自由人は皇帝だけで、後の人間は皆自分で自分の運命を決める事の出来ない奴隷でした。

特亜の人間には責任や主体性がありません、だから連中の人間関係には主人と奴隷しかないのです。そして強い立場の人間には媚び諂い、弱い立場の人間には容赦なく搾取する。

我が国と特亜を分つ一番の要因は「武士道」の有無だと思います。
  1. 2013-04-30 20:09
  2. URL
  3. 雨彦 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ・Trinityさん
>自分達が1000年も根に持つ民族だからと言って、人もそうだと勝手に決めつけないでよネ。しかも根に持ったこと自体が空想の産物なのだからもう殆どhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259D%25BE%25E7%25AB%25B9%25E6%2596%25B0%25E5%2596%259C%25E5%258A%2587/" class="keyword">松竹新喜劇~≧(´▽`)≦アハハハハハ。こんな経緯をフランスの友達に説明しても信じてもらえないだろうなぁ・・・そこが実は問題だったりしてw。

 事実無根の被害を捏造してまで「ウリは被害者ニダ!!」ですからね。
 被害者でいる事が余程快いのでしょうね。

 日本人には理解不能ですが・・・・。
  1. 2013-04-30 20:13
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 雨彦さん
>そういえば封建制は西洋と我が国にしか成立しなかったと聞きます。
>
>特に支那や朝鮮では絶対君主による専制政治しかなく、其処では自由人は皇帝だけで、後の人間は皆自分で自分の運命を決める事の出来ない奴隷でした。
>
>特亜の人間には責任や主体性がありません、だから連中の人間関係には主人と奴隷しかないのです。そして強い立場の人間には媚び諂い、弱い立場の人間には容赦なく搾取する。
>
>我が国と特亜を分つ一番の要因は「武士道」の有無だと思います。

 そうなんですよね。 
 ワタシは以前、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国人の書いた本を読んでいて、なぜか高校時代に読んだアリストパネスの喜劇を思い出したのです。

 邦訳では「福の神」と言う戯曲ですが、その中で二人の奴隷が雑談する場面があるのです。

 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国人の大学教授の書いた本を読んでいたら、その奴隷たちの尊厳も誇りも欠片もない無惨な人格が連想されました。

 その時しみじみとアリストパネスって天才だと思いました。
  1. 2013-04-30 20:18
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 社会人になって英語を勉強し直しているとき、「日本人や日本語は論理的でないために、外国人に誤解される。」「だからディベートなどで論理を鍛えよ。」という論調が有りました。
 それ故、ディベートや論理を読書で少しだけ学びましたが、欧米人や支那人はともかく(支那人は損得を提示すれば、論理的に説得できる可能性がある)朝鮮人は感情論ばかりでした。

【声闘(ソント)】 なぜ朝鮮民族はウソをつく事に後ろめたさを感じないの? ~ハン板住民が語る嘘吐文化の歴史的背景
http://touaseikei.matomesakura.com/?eid=431

48 :マンセー名無しさん:2010/11/22(月) 07:47:22 ID:ZoarQfsj
>>42
朝鮮にあっては、法律と言うのは関係なかった。とにかく裁判になった場合は、大きな声で相手が何も言えないまでにひたすら発言をしまくる。これを声闘(ソント)と呼ぶ。相手が何も言えなくなれば、こちらの勝利である。しかも勝利には、証拠や論理は関係無い。大きな声でその場を言いくるめればそいつの勝ち。
  1. 2013-04-30 20:30
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
> 社会人になって英語を勉強し直しているとき、「日本人や日本語は論理的でないために、外国人に誤解される。」「だからディベートなどで論理を鍛えよ。」という論調が有りました。
> それ故、ディベートや論理を読書で少しだけ学びましたが、欧米人や支那人はともかく(支那人は損得を提示すれば、論理的に説得できる可能性がある)朝鮮人は感情論ばかりでした。
>
>【声闘(ソント)】 なぜ朝鮮民族はウソをつく事に後ろめたさを感じないの? ~ハン板住民が語る嘘吐文化の歴史的背景
>http://touaseikei.matomesakura.com/?eid=431
>
>48 :マンセー名無しさん:2010/11/22(月) 07:47:22 ID:ZoarQfsj
>>>42
>朝鮮にあっては、法律と言うのは関係なかった。とにかく裁判になった場合は、大きな声で相手が何も言えないまでにひたすら発言をしまくる。これを声闘(ソント)と呼ぶ。相手が何も言えなくなれば、こちらの勝利である。しかも勝利には、証拠や論理は関係無い。大きな声でその場を言いくるめればそいつの勝ち。

 「馬鹿は論破できない」のです。
 人を論破するには相手が論理で物を考えるていなければ無理です。

 最初から感情だけで理屈も何もなく喚き散らす相手を論破するなんて、ヒステリーを起こしてギャンギャン吠える犬を論破するのと同様不可能です。

 どうしようもないですね。
  1. 2013-04-30 21:28
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

昔、アーリントン墓地に行ったとき、「ここはリー将軍の屋敷でした」という説明を聞いて、「え、リー将軍て南部の人じゃないの?」「なんで人の屋敷を墓地にしたんだ?」と、ものすごい違和感を覚えました。
狭い国ならいざしらず、当時のアメリカには墓地にする土地なんて、いくらだってあっただろうに。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカ人の考えることもよくわかりません。
  1. 2013-04-30 23:45
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>昔、アーリントン墓地に行ったとき、「ここはリー将軍の屋敷でした」という説明を聞いて、「え、リー将軍て南部の人じゃないの?」「なんで人の屋敷を墓地にしたんだ?」と、ものすごい違和感を覚えました。
>狭い国ならいざしらず、当時のアメリカには墓地にする土地なんて、いくらだってあっただろうに。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカ人の考えることもよくわかりません。

 アーリントン墓地って南北戦争の戦没者の為に作られたのが始まりですね。
 
 だから最初は北部の南部への復讐的な意味もあったのでしょうね。
 
  1. 2013-05-01 10:25
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する