fc2ブログ

2024-02-25 12:07

まだ大雪

 2月22日、札幌には大雪が降りました。
 ワタシのアパートの駐車場には、夜中に大家さんが頼んだブルドーザーが来て、それまでの雪を全部除雪してくれたのですが、しかしその後もまた降って朝になったら、元通りになっていました。

IMG_6419.jpg

 翌、2月23日は朝の朝のうちこそ晴れていましたが、昼前から降りだして、一日降り続きました。
 それでも夕方妹が、沢山のお供えをもってきてくれました。
 この日はよもさんの命日なのです。 

IMG_6435.jpg

 これでよもさんが死んでから二年経った事になります。
 ホントは昼間に来てくれる予定だったのですが、でも大雪で色々予定が狂い5時過ぎになってしまいました。
 だからホントに大変だったろうに・・・・・。

IMG_6446.jpg
 
 よもさんが死んだ日も大雪だったのですが、妹は来てくれました。 そしてお葬式の準備を手伝ってくれ、遠くの花屋まで行ってお花を買ってきてくれました。

IMG_6450.jpg
 
 よもさんの事を思い出すのが辛いので、命日の事などできる限り考えないようにしていたのですが、でも命日が近づいている事は否応なしにわかります。
 だってよもさんの死んだ日に、ロシア軍がウクライナに侵攻したのです。

IMG_6469.jpg

 それでウクライナのニュースを追っていると、ずうっと前から「ロシア侵攻からもう三年目を迎えようとしている」と言う言葉が溢れているのです。
 そしてホントによもさんの二回目の命日になったのです。

IMG_6476.jpg

 昨日24日、朝起きてカーテンを開けるとまた雪が降っていました。
 しかも22・24日に劣らない勢いで降っています。

IMG_6471.jpg
 
 ネットでお天気情報を確認すると、昨日で既に積雪量が80㎝を超えたとか、凄い話になっています。
 その上札幌で一番積雪が多いのは、ワタシの住んでいる地域だと言うのです。
 確かにワタシの住んでいる所は、手稲山の山裾で標高は高いのですが、しかし寒さが一番厳しいのは北区や東区などより内陸の地域なので、積雪もそっちが多いと思っていました。

IMG_6478.jpg

 とにかく雪は朝から降り続きました。
 最高気温も一昨日から−5℃前後になりましたから、降った雪は全く溶けません。
 先々週の馬鹿陽気は幻のように終わり、札幌はあるべき2月に戻りました。

IMG_6479.jpg

 昼過ぎに地区センターの図書室から電話が来ました。 予約してあった本が届いたと言うのです。
 飯山陽博士がYou tubeでUNRWAの日本人幹部が書いた本があると言っていたので、札幌市の図書館で検索したらあったので貸出予約していたのです。

IMG_6484.jpg

 で、散歩がてら地区センターの図書室に行くことにしました。
 飯山陽博士はUNRWAとハマスとの癒着を問題にしているし、ワタシも飯山博士の主張が正しとは思うのですが、しかし一応相手側の意見も知っておくべきだと思ったのです。

IMG_6490.jpg

 それにしても予約して直ぐに借りられるとは思っていませんでした。
 だって今はパレスチナ問題への関心がMAXになっている状況です。 まして日本政府のUNRWAへの支援停止に、マスコミが総力を挙げて反対しています。

IMG_6495.jpg

 だったら人々の関心がUNREAに集まり、この手の本は貸出予約一杯で、ワタシの順番が回ってくるまで何カ月も待たされるんじゃないか?と思っていたのです。
 しかもこの本の著者の日本人UNRWA幹部(清田明宏)は今日本に来て、与野党の政治家や外務省その他に「UNRWAに金を出せ」とせがんでいる最中なのです。
 その件も新聞・テレビが盛大に報道しているんですけどね。

IMG_6496.jpg

 ところが予約を入れて二日で借りられると言う事は、借りたい人はワタシの他に誰もいなったと言う事です。 貸出予約の入った本を毎日地区センターに届けるわけじゃないので、先約がなくても最低2~3日はかかるんですよね。

IMG_6497.jpg
 
 思うに新聞・テレビの影響力ってホントに減衰しましたね。 特に新聞は本と同様に活字媒体ですから、本の宣伝には一番強力だったはずなのに、新聞がほめた本と言うのはびっくりするほど売れていません。

IMG_6502.jpg

 これはご隠居さんが生前「息をするように嘘を吐く韓国」を出版された時に痛感した事ですが、その傾向が益々顕著になっているのではないかと思います。
 因みこの時、どのように新聞の影響力が減ったかは、よもさんとチビちゃんが説明してくれました。
 
 進撃のご隠居さん
 進撃のご隠居さん その2

IMG_6511.jpg

 新聞が必死で進める本が売れないのに反して、新聞がなんとしても読ませたくない、できたら焚書したい本は凄く売れています。
 暇空茜さんの「ネトゲ戦記」は既に初版が完売し、今買えるのはキンドル版だです。 そしてキンドル版で売り上げ一位です。

IMG_6514.jpg

 また新聞・テレビ、そして日本のイスラム研究者・中東研究者・国際政治学者が必死に叩き続ける飯山陽博士の著書は、アマゾンのイスラム関係本で上位独占です。
 だからUNRWAの日本人幹部の本を図書館から借りる人間もワタシぐらいなんでしょうね。

IMG_6519.jpg

 と言う訳で、ワタシは地区センターに行って、UNRWAの日本人幹部の本を借りてきました。
 この本を読み終えたら、このブログに感想文を書こうと思います。
 なんか題名からして、反イスラエル・ハマス💛丸出しなので、借りてはみた物のあまり読みたくないんですが。

IMG_6533.jpg

 さて、地区センターに行って目的の本を借りた後、少し買い物をする事にしました。
 久しぶりに西友など覗いて、近くの公園を散歩しようと思ったのです。
 この辺りなら公園内でも除雪されているんじゃないかと思ったんですけどね。

IMG_6536.jpg

 でも全然ダメでした。
 やっぱり殆ど除雪されていなくて、歩けるのはごく一部でした。
 一方、西友を出ても雪は止みません。
 こんなに何日も降り続くと、さすがに不安になってきます。

IMG_6538.jpg

 西友では薄手ダウンが半額の半額になっていたので一着買いました。
 これだとフリース並の値段なので、フリース替わりに着れば良いと思ったのです。
 それにしても衣料品は異常に安いですね。

IMG_6552_20240225124313d31.jpg

 食料品は凄く値上がりしています。
 特に野菜と果物が高くなったのに閉口しています。
 でも衣料品や靴などは上がっていません。

IMG_6556.jpg

 だからインフレの実感と政府や日銀の発表するインフレ率に実感がないのです。
 だって食料品は皆最低でも週に一回は買うけど、衣類や靴なんか季節の毎に数回買うかどうかですから。

IMG_6562_202402251243166c6.jpg

 そんなわけで昨日(24日)もまた、雪の中を彷徨ったのです。
 因みにカメラはちゃんと復調しました。

IMG_6565.jpg

 22日のカメラのトラブルの原因はバッテリーの残量不足でした。 
 22日に帰宅後すぐにバッテリーを充電すると、スイッチを入れ直ぐ液晶が立ち上がりました。
 液晶の立ち上げはカメラ機能の中で一番電力を食うので、バッテリー残量が足りないとスイッチを入れても立ち上がれないのでしょう。

IMG_6577.jpg

 しかしこんなトラブルを経験すると電気自動車は怖いと思いますよ。 だってカメラのバッテリーなら切れても命に関わるわけじゃないけど、寒さでバッテリーの消耗が早くて車が動かなくなったのでは、凍死に直結しますからね。

IMG_6578.jpg

 家に帰りつくころには日が暮れてきました。
 家を出たのは2時過ぎだったはずですから、3時間近く歩き回っていたのです。 
 歩いた距離は少ないのにこんな時間がかかったのは、雪道で歩きにくかったからでしょう。

IMG_6581.jpg

 家に帰りつくと非常に疲れていました。
 雪は夕方一旦止みましたが、夜になるとまた降ったようです。

IMG_6583.jpg

 雪の中を歩いて家に帰ると、帰る家があり、暖かい夜を過ごせる事がどんなにありがたいかわかります。
 だって外にいれば確実に凍死するのですから。
 神様、ありがとうございます。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

>よもさんとチビちゃんが説明してくれました


おぉう!久々にチビちゃんの可愛らしい姿を見れて、チビちゃんファンの自分は嬉しいです。
ところで、現在のお住まいの近所の10匹の猫たちの中には、チビちゃんのような錆び猫はおりますかな?
  1. 2024-02-26 02:17
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

雪道

昨晩私はよもちゃんの夢を見ました。なんとロサンゼルスに雪が降って、よもちゃんを追いかけて私が滑りながら歩いていて「待ってよ、こっちは雪に慣れてないんだから」とか言ってるおかしな夢でした。

きっとよもぎねこさんのブログの写真を見ていた印象が強かったんだと思います。それにしてもよもちゃんが天に召されて早2年。月日が経つのは早いもの。ロシア・ウクライナ戦争も終わりがみえませんね。

UNRWAの幹部の本、興味ありますね。感想文を期待しています。
  1. 2024-02-26 03:01
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >よもさんとチビちゃんが説明してくれました
>
>
> おぉう!久々にチビちゃんの可愛らしい姿を見れて、チビちゃんファンの自分は嬉しいです。
> ところで、現在のお住まいの近所の10匹の猫たちの中には、チビちゃんのような錆び猫はおりますかな?

 多分いると思います。
 但し窓から見るだけなので今一判然としません。
  1. 2024-02-26 09:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 雪道

> 昨晩私はよもちゃんの夢を見ました。なんとロサンゼルスに雪が降って、よもちゃんを追いかけて私が滑りながら歩いていて「待ってよ、こっちは雪に慣れてないんだから」とか言ってるおかしな夢でした。
>
> きっとよもぎねこさんのブログの写真を見ていた印象が強かったんだと思います。それにしてもよもちゃんが天に召されて早2年。月日が経つのは早いもの。ロシア・ウクライナ戦争も終わりがみえませんね。

 なんと!!
 よもさんは夢の世界でアメリカのカカシさんの所に行っていたのですね。
 
 ワタシはこの前、夢で沖縄に行こうとしたのに、色々トラブルばかり起きて困っている所で目が覚めました。
>
> UNRWAの幹部の本、興味ありますね。感想文を期待しています。

 本は二冊あって、昨日は「戦争しか知らない子供達」と言う一冊を読み終わり、今もう一冊「天井のない牢獄 ガザの声を聞け!」と言うの半分読んだ所です。

 ヤッパリと言うか、二冊とも戦争が悲惨、ガザはカワイソウと書くばかりで、その戦争の原因はガザからイスラエルへのテロを止めないからだと言う事は完全に黙殺しています。

 これだとパレスチナの状況に予備知識がないと、全く意味がわからないでしょうね。
 余りにも完璧にパレスチナ問題の根幹を無視しているので、読んでも全くわけがわからずガザの住民に同情する気にもなりません。
 
 
  1. 2024-02-26 09:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>新聞・テレビの影響力ってホントに減衰しましたね。

昔は、新聞の書評欄で取り上げられた本は、売り上げが上がりましたよね。特に朝日新聞の書評欄は影響力があったので、書店の経営者や図書館司書は必ずチェックしている・・・と言われてました。

また、昔は朝日新聞の一面下段の広告欄に掲載される広告は、学術系出版社の広告と決まっていて (一般人は買わない専門書や辞書など)、それも朝日新聞のブランド力の証でした。

たとえば、語学や文化人類学に強い 「明石書店」 も、その1つでした。その 「明石書店」 のラインナップが今は・・・昔は専門書を見ないと解らなかったような事が、今はネットでタダで調べられるようになってしまったから↓こういう時事問題を扱う本がメインになったんだろうけど・・・

株式会社 明石書店 - 書籍検索
https://www.akashi.co.jp/search/?order=book_date_desc&search_menu=keyword&search_word=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%A9

>「難民問題と人権理念の危機 国民国家体制の矛盾」 「マルチ・エスニック・ジャパニーズ ○○系日本人の変革力」 「入管の解体と移民庁の創設」 「イスラーム・ジェンダー・スタディーズ」 「朝鮮の抵抗詩人」

>「東アジアのディアスポラ」 「華人ディアスポラ」 「ブラック・ディアスポラ」 「ラテンアメリカン・ディアスポラ」 「グローバル・ディアスポラ」 「沖縄ディアスポラ・ネットワーク」(*不適切な引き写しの事実が確認されたため販売停止)

↑これが学術系出版社の本とは・・・「ディアスポラ」 の意味も広げすぎ。元々は 「ユダヤ人の離散と流浪」 のことなのに、これじゃあ 「難民」 に近いニュアンスも消えて、ただの 「移民」 でしょ。

ディアスポラ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%A9
  1. 2024-02-26 22:33
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >新聞・テレビの影響力ってホントに減衰しましたね。
>
> 昔は、新聞の書評欄で取り上げられた本は、売り上げが上がりましたよね。特に朝日新聞の書評欄は影響力があったので、書店の経営者や図書館司書は必ずチェックしている・・・と言われてました。
>
> また、昔は朝日新聞の一面下段の広告欄に掲載される広告は、学術系出版社の広告と決まっていて (一般人は買わない専門書や辞書など)、それも朝日新聞のブランド力の証でした。
>
> たとえば、語学や文化人類学に強い 「明石書店」 も、その1つでした。その 「明石書店」 のラインナップが今は・・・昔は専門書を見ないと解らなかったような事が、今はネットでタダで調べられるようになってしまったから↓こういう時事問題を扱う本がメインになったんだろうけど・・・
>
> 株式会社 明石書店 - 書籍検索
> https://www.akashi.co.jp/search/?order=book_date_desc&search_menu=keyword&search_word=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%A9

 我が家も昔は朝日新聞を購読していました。 当時はまだ目もそんなに悪くなかったので、毎週、朝日の書評欄を見ては、図書館や書店に本を注文して読んでいました。
 今は目が悪くなってそんなに本は読めなくなってしまいましたが。

 しかし今はもう新聞の書評なんて全然意味がないでしょうね。
 それどころか書評欄どころか紙面で絶賛した反嫌韓本が、越後の山奥のご隠居さんに惨敗したのですから。 
>
> >「難民問題と人権理念の危機 国民国家体制の矛盾」 「マルチ・エスニック・ジャパニーズ ○○系日本人の変革力」 「入管の解体と移民庁の創設」 「イスラーム・ジェンダー・スタディーズ」 「朝鮮の抵抗詩人」
>
> >「東アジアのディアスポラ」 「華人ディアスポラ」 「ブラック・ディアスポラ」 「ラテンアメリカン・ディアスポラ」 「グローバル・ディアスポラ」 「沖縄ディアスポラ・ネットワーク」(*不適切な引き写しの事実が確認されたため販売停止)
>
> ↑これが学術系出版社の本とは・・・「ディアスポラ」 の意味も広げすぎ。元々は 「ユダヤ人の離散と流浪」 のことなのに、これじゃあ 「難民」 に近いニュアンスも消えて、ただの 「移民」 でしょ。
>
> ディアスポラ - Wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%A9

 外来語を出鱈目に使い、意味を希釈するのは、日本のマスコミの特徴です。

 例えばニートは元来、16歳から22歳までの、職に就かず、学校に行かない若者の事でした。 つまり仕事せず学校にも行かない若者が増えていると言う社会問題を提起する言葉だったのです。
 ところが日本ではそれが単なる無職の人全般を指すようになり、中年過ぎの精神障碍者でもニートと言います。

 こういう無責任な言葉遣いは、社会問題の解決を妨害するのですが、しかしとにかくカタカナ言葉を使うとカッコイイと言う無責任な自称知識人が外来語の意味を混乱させているのです。
  1. 2024-02-28 10:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する