fc2ブログ

2024-01-31 11:13

太る途上国

 昨日、不法滞在者の子供の件で、世界肥満率ランキングを確認して改めて驚きました。
 20年程前「デブの王国」と言うアメリカの肥満問題を扱った本を読んだ事があるのですが、その時は世界肥満率ランキングの上位5か国がそのままファイブアイズでした。 勿論一位はアメリカでした。

 しかしWHO・2016年世界人口比肥満ランキングを見ると、ファイブアイズは全て上位10ヶ国から転落しました。
 アメリカは23位に転落し、イラク(21位)レバノン(22位)以下になっています。 イラクもレバノンも国家としては破綻状態ですが、しかしそれでもアメリカ同様、国民の3割以上が肥満しているのです。
 
 過去にはアメリカに次いで世界第二位の肥満率を誇ったイギリスに至っては53位、イギリスと並んで二位争いを続けていたオーストラリアは56位と言う凋落ぶりです。
 それでもこれらの国々の肥満率は男女共に30%弱です。

IMG_5622.jpg

 これは別にファイブアイズの肥満者が減ったからではありません。 実際、イギリスでは糖尿病など肥満が原因の病気の治療、また肥満の余り日常生活に支障が出る人達へのサポートなどが、医療福祉予算を圧迫している状態です。

 因みに昨日不法滞在者の子供の問題ではトルコ国籍のクルド人の話が中心になりましたが、2016年版ではトルコの肥満率は19位で、3割以上の国民が肥満です。

 一方最下位191位はベトナム、190位は日本、189位は韓国です。
 この三か国はどこも飢餓が問題になるような国でありません。 そして日本でも肥満は結構問題になっているのですから、日本より上位の189ヶ国ではさぞ深刻であることが想像されます。

IMG_5627.jpg

 近代以前は「肥満」は金持ちの特権でした。
 実際、1970年代でも飢餓に苦しむ国は多く、当時から始まっていたアジア・アフリカ諸国の人口爆発と相まって、将来的には深刻な食料不足と飢餓が心配されました。
 
 人口爆発は現実になりました。
 世界経済に対する欧米諸国や日本の影響力は衰微する一方なのですが、そもそも世界の人口比が激変しているのです。
 ワタシが中学や高校で世界の人口を学んだ頃、人口1億を超える国は日本を含めてごく少数でした。 アフリカにはそんな国はありませんでした。

 ところが2023年の世界人口ランキングを見ると、ナイジェリアやエチオピアの人口が日本を抜き、フィリピンやエジプトが後ろに迫っています。
 日本の人口は微減ですが、現在も激増中の国が多数ありますから、10年もすればこの順位は激変するでしょう。
 人口が増えればその分労働力は増えるのだし、経済力だってつけていくでしょう。

IMG_5630.jpg

 それでもこのような人口爆発にも関わらず飢餓に陥らなかったのは、ソ連が崩壊などで食料生産が増えたからでしょう。
 それで「貧しい」途上国でも先進国以上に肥満が深刻化しているのです。

 勿論、肥満は所得だけの問題ではありません。 食習慣や生活習慣や民族や人種による体質なども大きく関係します。
 だから世界的には貧しいとは言えないはずのベトナム・日本・韓国が肥満率最下位3ヶ国を占めているのです。
 
 しかし食習慣や体質がどうあれ、生活するのに必要なカロリーを摂取できない人が太る事はできません。 
 また国民の1~2%の人だけが太っているというなら、「金持ちだけが美味い物を食べて肥え太るのだ」と言えますが、成人の2割、3割が肥満だとなると、金持ちだけが太るとか言う話にはなりません。 
 そして現在では世界中の国の大半で国民の2~3割が肥満です。

 これはつまり世界中の人類の大半が皆、毎食満腹するまで食べる事ができており、それでも若い頃はほっそりしているけれど、中年過ぎる頃から太り出すと言う事でしょう?

IMG_5632.jpg

 こうしてみると今はもう貧困と飢餓を結び付けて考える事は無理だと言う事でしょう。
 ホントに貧困で飢餓に苦しんでいる国は、北朝鮮など特殊な国だけで、他の国は途上国と雖も十二分に食べて、肥満に苦しんでいるのです。

 ワタシは「難民危機」とか、アメリカへの不法移民の「キャラバン」の動画を見た時に、難民や不法移民が皆イヤに肉付きが良くて、明らかに肥満体の人も多数いるのが不思議でした。 
 でも世界の肥満ランキングを見れば、これは尤もだと思いました。 だって国民の2~3割が肥満なら、難民として不法移民として国境を超える人達の中にも肥満者が多数いても不思議はありません。

 因みにこのランキングで言う肥満の定義はBMI25以上です。
 実はワタシは使っていた薬の副作用でBMI23まで行った事があります。 日本ではBMI23以上が肥満なのですが、実際その頃は自分の体を見ると泣きたくなりました。
 つまり現在では難民や貧困から不法移民として国境を超える人々にも、日本人から見たら「凄いデブ」がゴロゴロいると言う事ですね。

IMG_5633.jpg

 こうしてみると「貧困」のイメージが変わってしまいます。
 
 貧困=満足に食べられない
 貧民=やせ細った人々

 現在の世界には「貧しい」途上国にさへ、このような貧困や貧民は、存在しないのです。 
 それとも既に世界から本当の意味での貧困と言う物はなくなってるのでしょうか?
  1. 人間の尊厳
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

太ってるハマステロリスト

ガザで降参してトンネルから続々出て来たハマスのテロリストたちですが、ぶよぶよ太ってる人が多くてびっくりしました。ガザが飢餓に見舞われてるとか大嘘なのがはっきりしましたね。

私が子どもの頃はエチオピアやナイジェリアの飢餓とかよく言われたもんですが、いまや肥満の人が30%とは驚きです。しかしこのぶんでは世界の人口分布が大幅に変わる可能性がありますね。
  1. 2024-01-31 12:46
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

途上国と肥満

途上国では、バランスの取れた食事が出来る訳も無く、価格の安いジャングフードなどの高カロリーの食品を取る場合がおおいみたいなので、途上国で肥満の問題があるみたいですね。先進国でも、低所得者の方が、肥満の比率が高いそうです。
  1. 2024-02-01 07:50
  2. URL
  3. イシス #MAcqijD.
  4. 編集

Re: 太ってるハマステロリスト

> ガザで降参してトンネルから続々出て来たハマスのテロリストたちですが、ぶよぶよ太ってる人が多くてびっくりしました。ガザが飢餓に見舞われてるとか大嘘なのがはっきりしましたね。

 ガザの子供達の半数が栄養不良とか言うのですが、しかしハマスの関係者だけは鱈腹食べていたという事でしょうね。
 ハマスは援助食糧の横流しをしてスーパーで売ったり、ガザに入る食料や日用品に高額の関税をかけたりしていたので、一般のガザ住民はやせ細っても、ハマスは太ったのでしょうね。

 しかし戦闘員が太るなんて・・・・。
 自衛隊で肥満の人なんて殆どいないのに。

 でも笑えますね。 デブの戦闘員なんて。
 ベトナム戦争の時にベトコンの作ったトンネルは細くて、米兵は入れなくて苦労したそうです。 でもハマスのトンネルならイスラエル軍も余裕で入れるんでしょうね。
>
> 私が子どもの頃はエチオピアやナイジェリアの飢餓とかよく言われたもんですが、いまや肥満の人が30%とは驚きです。しかしこのぶんでは世界の人口分布が大幅に変わる可能性がありますね。

 もう既に凄く変わっています。 
 しかし10年後には更に変わるでしょう。 
 
 途上国の出生率が凄い上に、途上国でも一定の医療が整って、乳児死亡率が非常に低くなっています。
 だから人口増加の勢いが昔と全然違います。

 ガザも1997年のオスロ合意の時には70万人だったのに、今は200万人です。 30年で3倍です。
 これだけ凄い勢いで人口増加をすると、イスラエルの占領などの問題がなくても、失業など色々な問題が起きるでしょう。
  1. 2024-02-01 10:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 途上国と肥満

> 途上国では、バランスの取れた食事が出来る訳も無く、価格の安いジャングフードなどの高カロリーの食品を取る場合がおおいみたいなので、途上国で肥満の問題があるみたいですね。先進国でも、低所得者の方が、肥満の比率が高いそうです。

 ジャンクフードってそんなに安いんですか?
 典型的なジャンクフードのマクドナルドやケンタッキーフライドチキンでも、あれを満腹するまで食べるとなると、結構な値段ですよ。
 
 マクドナルドをセットで食べると800円前後します。 
 これなら安い食堂ならカツ丼や天丼が食べられます。

 途上国の貧困層がこれを日常的に食べて太るなら、途上国の貧困なんて完全になくなったと思ってよいのでしょうか?
  1. 2024-02-01 10:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

揚げ足を取るようですがBMVではなくてBMIでしょう。
BMVはドイツの自動車です。
自分はBMI15を切るようなガリガリ痩せ爺です。
自分の年齢でこのBMIでは死亡リスク高いです。








  1. 2024-02-01 10:52
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 揚げ足を取るようですがBMVではなくてBMIでしょう。
> BMVはドイツの自動車です。
> 自分はBMI15を切るようなガリガリ痩せ爺です。
> 自分の年齢でこのBMIでは死亡リスク高いです。

 すみません。 訂正します。
  1. 2024-02-01 12:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

貧困と肥満

確かに日本では、ジャングフードといえば、マックやケンタッキーなどのファストフードと捉えますね。しかしながら、ジャングフードの意味は、高カロリーで低栄養の食品という意味も゙有ります。途上国の貧困層は、腹を満たす為にジャングフードを食べてる様です。途上国ではマックやケンタッキーなどのファストフードは高級品だそうです。
  1. 2024-02-01 15:55
  2. URL
  3. イシス #-
  4. 編集

>BMVはドイツの自動車です

BMWというドイツの世界的な自動車メーカーはよく聞きますが、BMVというドイツの自動車メーカーは知りませんでした。
具体的に教えてくださるとうれしいです。
  1. 2024-02-01 20:22
  2. URL
  3. #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 貧困と肥満

> 確かに日本では、ジャングフードといえば、マックやケンタッキーなどのファストフードと捉えますね。しかしながら、ジャングフードの意味は、高カロリーで低栄養の食品という意味も゙有ります。途上国の貧困層は、腹を満たす為にジャングフードを食べてる様です。途上国ではマックやケンタッキーなどのファストフードは高級品だそうです。

 ジャンクフードの定義は曖昧なのですが、肉や米やパンもジャンクフードに含めると言う説もあります。 
 しかし肉や米やパンは元来、どの国でも基本食料です。

 昔、肥満が少なかったのは、昔の人は消費カロリーとこれらの食糧の摂取量が釣り合うか、むしろ摂取量が不足気味だったからです。
 逆に言えば今はそれを十二分に食べられるようになったという事です。

 この状態で肥満を防ぐには、自分の意志で食べる量を制限するしかないのです。
 
  1. 2024-02-02 10:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>昔、肥満が少なかったのは、昔の人は

オリンピック選手とか、アフリカ人、ジャマイカなどの体格を視ると、食料が少なかったとか言う理屈にいつも疑問を思っています。
南太平洋諸国の人は肥満が多いですけど、精神的な余裕はあっても食事が豊かだったとは思えません。
インド東南アジア諸国は、食事が豊かでなくても精神的な追及とか専制君主とかの歴史で、ガリガリな体格が多いです。
アフリカ○の食習慣が変化したから、肥満になったと言う説には不満です。個体として生きる闘争とかが無くなり、保護と援助を受けて気力とか、生活の糧、精神的な影響の方が多いと、私は思うんです。
  1. 2024-02-02 11:36
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: >昔、肥満が少なかったのは、昔の人は

> オリンピック選手とか、アフリカ人、ジャマイカなどの体格を視ると、食料が少なかったとか言う理屈にいつも疑問を思っています。

 オリンピック選手は特殊な人達ですから、一般国民の栄養状態の参考にはなりません。 
 種目によっていは厳しい食事制限をしているぐらいですから。

> 南太平洋諸国の人は肥満が多いですけど、精神的な余裕はあっても食事が豊かだったとは思えません。

 単なる肥満と言うより、そういう体形の民族だと思います。 それでも肥満が増えているのは事実でしょう。 
 昔はファイブアイズが肥満率上位5位を占めていたのに、今はファイブアイズの肥満率が下がったわけでもないのに、南太平洋諸国がファイブアイズを抜いているのですから。

> インド東南アジア諸国は、食事が豊かでなくても精神的な追及とか専制君主とかの歴史で、ガリガリな体格が多いです。
> アフリカ○の食習慣が変化したから、肥満になったと言う説には不満です。個体として生きる闘争とかが無くなり、保護と援助を受けて気力とか、生活の糧、精神的な影響の方が多いと、私は思うんです。

 食習慣が変化したと言うより、単純に十二分に食べられるようになったのに、運動量が増えないからでしょう。
 70年代には途上国では時々飢餓が発生していました。 しかし現在では完全になくなりました。
 だからやはり世界的に食料事情が全面的に大幅に改善したのだと思います。

 
  1. 2024-02-02 12:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する