fc2ブログ

2024-01-24 15:21

インド雑感

 実は今、新NISAでインド株投信を買おうかどうか迷っています。
 で、自分の脳内を整理する為に書きます。

 インドのモディ政権はこれからガンガン国内経済活性化策を取るようです。 インドは80年代から経済成長が著しいし、中国と違って若年人口が非常に多い事から、今後とも経済成長が見込まれます。
 しかし直近では不安もあります。

IMG_5724_20240124151644c08.jpg

 先日、モディ首相がアヨーディアのヒンズー教寺院の落成式に参列しました。 
 しかし実はこの寺院の敷地には16世紀からイスラム教のモスクが建っていた場所です。 一応インドの最高裁ではこの敷地の所有権はヒンズー寺院側との判決が出たので、モスクを取り壊してヒンズー寺院の建設が始まりました。
 モディ首相はこの寺院の落成式に出席したのです。

 けれどもこの件については1992年にヒンズー教徒とイスラム教徒の間で騒乱が起きて2000人以上の人が犠牲になっています。
 そんな場所でモスクを取り壊し、ヒンズー寺院を建てて、更にその落成式にインドの首相が参列するって大丈夫でしょうか?
 インド国内には2億人のイスラム教徒がいるのです。

IMG_5726.jpg

 モディ首相はまたカナダでシーク教徒の活動家を暗殺したという嫌疑がかけられています。 イヤ、きっとホントにやったんでしょうね。
 インドにはシーク教徒の過激派と言うもいて、モディ首相はコイツラを徹底弾圧しているというのです。 で、コイツラがカナダに逃げて、カナダに拠点を作ろうとしていたので、モディ首相はコイツラを始末したのです。
 因みにカナダにはインド人も多数移住しているので、コイツラはインド人の中のシーク教徒のコミュニティに入り込んで拠点を作ろうとしたんでしょう。

 モディ首相の率いるインド人民党は、極右・ヒンズー至上主義とも言われているのですが、なるほどこんな政策をやったらヒンズー至上主義とか極右とか言われるのも仕方ないですね。

IMG_5728.jpg
 
 しかしワタシはそうでもない気もするんですよね。
 例えば現在のインドの外交政策、特に日本にとって非常に重要なクワッドなんかは、前任のシン首相からそのまま引き継いだ物でしょう?
 あのシン首相って、日本にも来た事があるし、また安倍首相が最初にインドを訪問した時には大歓迎してくれた人なんですが、ターバンを巻いていましたよね?

 シン首相ってターバンを巻いて、すらりとした長身の上品な人で、これぞインド美男だったんですが、しかしインドでターバンを巻くってシーク教徒だけなのです。
 因みにシン首相の所属はインド国民会議派です。

 つまりモディ首相はシーク教徒の過激派は暗殺までしているけれど、シーク教徒だったシン首相の方針は全く変更せずに受け継いでいるのです。 

IMG_5729.jpg

 こういうを見ていると、インドって凄くマトモな民主主義国家ではありませんか?
 だってシン首相・国民会議派からモディ首相・インド人民党への政権交代は、選挙によって行われたのだし、これまでの歴代インド政権も皆選挙によって選ばれてきました。
 そして重要な外交方針のような物は、政権が交代しても引き継がれるのです。

 これって日本より進んでいませんか?
 日本のパヨクは未だに政権交代をしたら他国との条約を全部ひっくり返しても良いと思っていたんですよ。 そしてホントにMITで博士号を取った首相が、アメリカとの条約をちゃぷ台返ししちゃったのです。

IMG_5680.jpg

 ところがインドの首相も政党もそんな事はしない・・・・・。
 イスラム教徒とヒンズー教徒で血みどろの争乱事件を起こしても、シーク教徒の過激派が暴れて、それを首相が暗殺しても、それはあくまでインド国内の問題、インド全体の安全保障や経済関係には宗教や党派に関係なく国民的コンセンサスがあって、だからモディ首相はシーク教徒過激派を暗殺しても、シーク教徒だったシン首相の方針は引き継いだんじゃないですか?

 確かに海外で自国の過激派を暗殺するなんて許される事ではありませんが、しかしインドと言う国がこのような形で安定しているなら、モディ首相が糾弾されて首相を辞めても、インドの民主制が揺るぐ事もないでしょう。 

2024y01m21d_204308484.jpg

 それなら政権交代などによる一時的な混乱はあっても、長期的にはインドはこれまでと同様の安定的な経済成長を続ける期待してよいと思えます。
  だったら新NISAでインド株投信を少し買って置いても良いかも・・・・・。

  1. 個人的体験から
  2. TB(0)
  3. CM(9)

コメント

米株買わないのはさすがですね。
  1. 2024-01-25 13:38
  2. URL
  3. ごじた #LkZag.iM
  4. 編集

雑感

よもぎねこさん、こんばんわ。

★ 御自分の資産形成なので他人が口を挿む事ではないのは承知で一筆。

インド株の投信は信託報酬が高いので微妙に感じます、資産の内の1割程度の余剰金扱いなら。。。だったらオルカンで良いんじゃ?オルカンの1割は新興国物ですからね。信託報酬も激安ですし。

★ SLIM 続報 即出ですが、世界初ピンポイント月面軟着陸逆さ立

軟着陸前に放出されたLEV-2が撮影しLEV-1が地球に送信しSLIMの姿勢が視覚的に明らかになりましたね。
また、着陸態勢時にメインエンジンが1機脱落?しましたがなんとかリカバリーし着陸が出来ました、姿勢は最終的に逆立ち状態ですが、小型軽量を追求した機体でしたが強度を証明する事になりました。
  1. 2024-01-25 23:48
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #zTZgd8x.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 米株買わないのはさすがですね。

 イヤ、米株も考えていますが、米金利が余りに上がっているので考えているんです。
  1. 2024-01-26 11:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 雑感

> よもぎねこさん、こんばんわ。
>
> ★ 御自分の資産形成なので他人が口を挿む事ではないのは承知で一筆。
>
> インド株の投信は信託報酬が高いので微妙に感じます、資産の内の1割程度の余剰金扱いなら。。。だったらオルカンで良いんじゃ?オルカンの1割は新興国物ですからね。信託報酬も激安ですし。

 やっぱりオルカンの方が良いですか?
 実はインド株投信はヤッパリ買うのやめました。 でもせっかくだから投信を少し買いたいと思っているので、色々考えてしまいます。
>
> ★ SLIM 続報 即出ですが、世界初ピンポイント月面軟着陸逆さ立
>
> 軟着陸前に放出されたLEV-2が撮影しLEV-1が地球に送信しSLIMの姿勢が視覚的に明らかになりましたね。
> また、着陸態勢時にメインエンジンが1機脱落?しましたがなんとかリカバリーし着陸が出来ました、姿勢は最終的に逆立ち状態ですが、小型軽量を追求した機体でしたが強度を証明する事になりました。

 あららソーラー発電ができない理由は、ソーラーパネルが地面に向いてしまったからなのですか?
 せっかくここまで成功して何とかならない物ですかね?
 
 アタマの良い人が大勢で考えても、こういう問題が起きてしまうんですね。
  1. 2024-01-26 11:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ネコの投資

かって日本の投資信託ブームの頃に、ある会社の株を売って、間違いがないと言う銀行とか通販で投資信託を幾つも買いました。耳触りのよい分散とか分割とか毎月配当とかを各種買いました。それが下火の頃に心配になり証券会社の講習会に出ました所、一人の老人が 熱い眼で担当に質問して、その人が退職金の全額をアレを買っていたら半額になってましたからね、大ごとです。
でも、証券会社の講習会の目的は投資一任契約だったんですよね、半額になった投資信託を元に戻すすべのない事は常識以前の個人の事なのでしょね。
担当が替わると言う挨拶で勧められてたM自動車は、今でも私を株から足を洗う事を許さないのですよ、買う事を進めても結果責任と手放すチャンスは自分の手の中ですからねー。
そんな時に外国のファンドはどう?とかの話題で、トルコかインドかの話が出て、トルコは??と知識は有ったので、比較的インドはそれ程でもないかと思い5年のファンドを買いましたが、結果は増えてはいませんでしたね。
時の流れは其れを解決しているのでしょうか? 時が幾らたってもファンドと言う投資は甘い衣を着替えてそそってくるのですね。
一番最初の株を我慢強くそのまま持っていれば、10倍にはなってましたけど、あ”~。
  1. 2024-01-26 18:19
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

>あららソーラー発電ができない理由は、・・

ここで、ソーラーを使っているのは、本来のソーラーの使い方、ソーラーでしか出来ない使い方を知っている人なので、その辺のリベラリストとは次元が違います。
ソーラー関係について、全てを嘲笑するのは、ちょっと気になりました。
  1. 2024-01-26 19:56
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: ネコの投資

> かって日本の投資信託ブームの頃に、ある会社の株を売って、間違いがないと言う銀行とか通販で投資信託を幾つも買いました。耳触りのよい分散とか分割とか毎月配当とかを各種買いました。それが下火の頃に心配になり証券会社の講習会に出ました所、一人の老人が 熱い眼で担当に質問して、その人が退職金の全額をアレを買っていたら半額になってましたからね、大ごとです。
> でも、証券会社の講習会の目的は投資一任契約だったんですよね、半額になった投資信託を元に戻すすべのない事は常識以前の個人の事なのでしょね。
> 担当が替わると言う挨拶で勧められてたM自動車は、今でも私を株から足を洗う事を許さないのですよ、買う事を進めても結果責任と手放すチャンスは自分の手の中ですからねー。
> そんな時に外国のファンドはどう?とかの話題で、トルコかインドかの話が出て、トルコは??と知識は有ったので、比較的インドはそれ程でもないかと思い5年のファンドを買いましたが、結果は増えてはいませんでしたね。
> 時の流れは其れを解決しているのでしょうか? 時が幾らたってもファンドと言う投資は甘い衣を着替えてそそってくるのですね。
> 一番最初の株を我慢強くそのまま持っていれば、10倍にはなってましたけど、あ”~。

 株は上がり下がりが大きいので、下がった時にガッカリして売ってしまうと必ず損をする事になります。
 投信の中には手数料がベラボウに高くて、絶対に詐欺だとしか言えない物もありました。 但し今はインデックス投信のようにSP500とか日経平均とか指数に連動して動く代わりに、手数料は殆ど0の物もあります。

 だからそういうの吟味して買うしかないですね。
 
 因みにワタシが株なんかやっているのは、父が遺産を株で残したからで、ワタシには株の才能はありません。
 父は生前に「オマエは株をやるな」と言っていました。

  1. 2024-01-27 10:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: >あららソーラー発電ができない理由は、・・

> ここで、ソーラーを使っているのは、本来のソーラーの使い方、ソーラーでしか出来ない使い方を知っている人なので、その辺のリベラリストとは次元が違います。
> ソーラー関係について、全てを嘲笑するのは、ちょっと気になりました。

 うちの近所の公園の電灯はソーラー発電です。
 電灯の傍に小さなソーラーパネルがあって、昼間そのパネルで発電した電気を蓄電して夜に街路灯を照らすのです。
 それで電線なしで街路灯を点けられてます。

 冬は使えません。 ソーラーパネルが雪で埋まりますから。
 でも公園も雪に埋まって入れないので無問題です。
 
 春になってソーラーパネルの雪が溶けるようになると、公園の雪も溶けるの、また自動的に電灯がつきます。

 ソーラーにはソーラーならでは良い使い方が色々あります。
 但し現在のフィットのような制度での使い方は、有害無益だと思います。
  1. 2024-01-27 10:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

NISAですか、未だによく理解してないです。お金といえば、相変わらず銀行預金オンリーで投資というと、よくわからん、騙されそうで怖い・・という感覚がぬけません。
ずぶの素人、初心者は何から手をつけたらいいんでしょうね。

インドですか?確かに民主主義国家ではありますし、中国と違って反日国家ではありませんけど、果たして日本人にとって付き合いやすい、理解しやすい国なのか?というとかなり疑問がありそうな気がします。例のカースト制度などは未だに理解できないし・・。

今のところ、敵の敵は味方的な感じでインドに期待する向きが多いみたいですけど、自分はあまり期待しすぎない方が・・という立場ですね。
  1. 2024-01-28 22:07
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する