fc2ブログ

2023-12-07 11:25

難民を受け入れるとは? ワラビスタンのビッグボスはPKK

 日本にテロ組織PKKが大量に暮らしていた事は、大変ショックでした。
 これまで蕨市や川口市のクルド人の問題は色々と報道されてきたのですが、しかしどれ一つとして彼等の多くがPKKである事には触れていませんでした。
 PKK関係者としてトルコ政府から資産凍結されたワッカス・チョーラク氏など随分とマスコミに露出しているばかりではなく、東京外国語大学の講師にもなり、東京外国語大学の他の教授等と一緒に研究をすると言う事で科研費まで貰っています。

 それではワッカス・チョーラク氏や蕨市や川口市のクルド人が、PKKである事を誰もホントに知らなかったのでしょうか?
 トルコ大使館から抗議はなかったのでしょうか?
 埼玉県警に公安調査庁から注意喚起はなかったのでしょうか?

IMG_4355.jpg

 まず埼玉のクルド人の問題を報道した記者達は知っていたのではないかと思います。 
 例えばこの記事です。

 埼玉の川口市や蕨市に移り住む「ワラビスタン」の「ビッグボス」がはじめて明かした、「壮絶すぎる過去」 2023年10月8日 週刊現代 野田洋人

 この記事では名前を出していないのですが、ビッグボスはワッカス・チョーラク氏ではないかと思います。
 この一文が理由です。

私は、1990年代初頭に日本に来ました。23歳でした。トルコからマレーシアに行き、それから日本に来ました。日本のことはほとんど知らなかった。

 ワッカス・チョーラク氏はマレーシアの大学を卒業しているのです。
 そして記事の巻頭の写真がクルド国旗です。
 PKKが設立しようとしているクルド国家の国旗が記事の最初に出ているのです。

 ワッカス・チョーラク氏がホントにPKKに無関係なら、敢えてこんな旗の写真を記事の巻頭に置く事はなかったでしょう?
 考えてみれば低学歴のワタシでもPKKの事は知っていました。 だから高学歴の「記者」が知らないはずもないのです。

 しかし埼玉県のクルド人のビッグボスがテロ組織PKKの関係者だなんて書けば、クルド人に同情が集まるどころではありません。 だから知っていて敢えてPKKの事は触れなかったのです。
 一方、高学歴左翼ならPKKについて詳しくしっていたでしょう。 だってマルクス・レーニン主義のテロ組織って彼等からすれば同志ですから。 
 そしてPKKやその関連団体の旗を知っている人も多いでしょう。
 
 で、記者は記事に旗の写真を掲載する事で同志への支援を呼びかけたのではないでしょうか?
 実際共産党や令和新選組など左翼政党は、クルド人支援に非常に熱心なのです。
 
IMG_4357.jpg 
 
 ところでこの記事を読むとPKKには一言も触れていませんが、「ビッグボス」が日本に来るまでトルコでどれほど迫害されたか、クルド人がいかに迫害されているかを延々と書いています。 しかし具体的な状況が非常に曖昧です。
 これはやはりPKKである事を隠蔽した記事だからでしょう。

 トルコ共和国は建国以来、トルコ民族による国民国家建設を目指して、トルコ領内に住む人間は全てトルコ民族と言う建前を取り、強権的な同化政策を進めてきました。 
 この政策でクルド人だけでなく、トルコに住む少数民族が全て弾圧を受けてきました。
 
 これは人権問題ですから欧米の人権国家からも非難されていました。 そして70年代から難民としてヨーロッパに逃れるクルド人も増えていきました。
 1982年、クルド人迫害を描いた映画「路」が世界の映画界で高い評価を得ました。 
 この映画は日本でも上映されてワタシも見ました。

 このような状況で1978年にPKK・クルド労働党が結成されました。
 そしてPKKは1984年から武装闘争に入りました。 当時はまだソ連崩壊前で、クルド労働党のバックにはソ連がいました。 ソ連をバックにしているのでクルド労働党はマルクス・レーニン主義を掲げていました。
 ソ連はクルド人の居住地の分離独立を支援して、この地域に親ソ社会主義国家を作りたかったのです。

 しかしその後、トルコ政府は強権的な民族政策をやめました。 
 イギリスの調査によれば、現在、クルド人は「差別されているが迫害されていない」状態です。 これってつまりアメリカ黒人や在日コリアンみたいな状況ですね。 
 これでは「難民」にはならないでしょう?

 しかしPKKは合法化していません。
 ソ連の支援を得て国土の分離独立を目指す武装闘争を行うような組織を合法化できるわけがありません。 実際、PKKはソ連崩壊前は、テロと言うよりゲリラ活動を行っていました。
 そしてソ連崩壊後も、活動を続ています。
 トルコ政府によればPKKはこれまで37000人を殺害しています。
 だからトルコ政府もPKKを厳しく取り締まっています。
 現在PKKの創設者アブッドッラー・オルジャンはトルコの刑務所で服役中です。
 これではPKKのメンバーや支援者がトルコで安心して暮らせるわけはないのです。

 PKKはこういう組織ですから、アメリカ、EU、イギリス、そして日本も、PKKはテロ組織と認定しています。 
 
IMG_4359.jpg

 ところがこの国際テロ組織、PKKのメンバーが多数日本に住み着いていたのですから腰が抜けました。
 彼等はおそらく「ビッグボス」の縁で、蕨市や川口市を中心に住み着き、市の公園でクルド人の新年の祝いなどしているのですが、その時堂々とPKKやその関連団体の旗、クルド労働党の創設者オルジャンの肖像などを掲げているのです。

 PKKがこれほど堂々と活動しながら、埼玉県警も蕨市役所も、全くそれを知らなかったのです。
 11月4日には川口市で在日クルド人と埼玉県警が一緒にパトロールをしています。 このパトロールを主催したクルド文化協会の会長がワッカス・チョーラク氏です。 
 テロ組織と警察が仲良くパトロールって、ブラックジョークです。
 
 現在、川口市や蕨市などクルド人が多数居住する地域で、彼等の無法行為が問題になっていますが、しかしそもそもこのクルド人の多数がPKKなのだから無法も当然でしょう?
 また警察がクルド人の犯罪者を摘発しても、殆ど起訴できずに釈放しています。 
 これは通訳がいないからと言われてきましたし、ワタシもそう思っていました。 
 
 青山繁晴議員によればクルド語のような少数言語の通訳の頼みの綱が東京外国語大学なのだそうですが、PKKのワッカス・チョーラク氏がその東京外国語大学の講師なのです。
 これでは東京外国語大学がクルド人の犯罪捜査通訳に協力してくれるはずもありません。

 在日クルド人の中には成功して従業員20人、年商1億の会社経営をしている方もいます。 これはこれで立派ですが、この方はフェラーリなどの高級車やクルーザーを所有しているそうです。
 そこで違和感を感じます。
 年商1億・従業員20人と言う事は、従業員一人当たりの売り上げは年間500万円です。 従業員の給与、その他の経費を払えば、会社オーナーの利益は幾らになるでしょうか?
 勿論それでも一般サラリーマンなどよりはかなりの所得になるのですが、しかしその程度で高級車を複数所有できるのでしょうか?
 だって年商1億、従業員20人って純然たる零細企業ですから、その社主が大富豪であるわけもないのです。
 因みにPKKは現在、誘拐・人身売買・麻薬取引などの犯罪も行っています。

IMG_4363.jpg

 こういう話を色々と見ていくと、川口市や蕨市のクルド人が非常に恐ろしくなります。
 これなら唯の不法滞在者の方がマシです。

 しかし彼等が祖国に帰れない事も事実です。 
 だってテロ組織のメンバーでは祖国に帰れば投獄されますから。 その意味では正しく「難民」なのです。

 でも難民申請をするときに「テロ組織のメンバーだから帰国すれば投獄される」とは書けないので、ちゃんとした理由を書かずに難民申請するしかないのです。
 だから申請が通らなかったと言うわけですね。

 因みにテロ組織認定は、国によって違います。
 PKKは西側諸国ではテロ組織認定されていますが、しかしソ連由来ですからロシアや中国などではテロ組織として認定されていません。
 またトルコではハマスなどイスラム過激派をテロ組織とは認定していません。

 また時代や状況によってもこのテロ組織認定は変わります。 PLOは元々テロ組織とさていたし現在もテロをやっているのですが、しかしオスロ合意以降パレスチナ自治政府と言う事になり、テロ組織認定されなくなりました。
 だから公安がPKKのテロ組織認定をやめたと言う話が出たのでしょうね。

2023y12m05d_191655647.jpg

 ともあれ難民を受け入れるか、移民社会ってこういう事です。
 つまり難民移民に混じってテロ組織や犯罪者が大量に入り込むのです。
 人権国家スェーデンやフィンランドは大量のクルド難民を受け入れていました。 しかしその中にはトルコ政府がPKKとして逮捕状を出していた人間も多数いました。
 だからこの二国がNATO加盟を申請した時に、トルコは彼等のトルコへ送還や、二国内でのクルド人の政治活動の制限などを条件にしたのです。
 
 それにしてもホントに怖いです。
 最後ですが、ワッカス・チョーラク氏は何とチャンネル桜にも出演していました。 
 ホントに知らぬが仏ですね。
  1. テロリスト
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

メディアがクルド人を取り上げるときの基本的姿勢は、「純真無垢なクルド人」「カワイソウなクルド人」一色で、お涙頂戴の内容ばかりですが、調べれば、現在のトルコでは、クルド人が迫害されていないことは、すぐにわかる事でしょうし、大使館へ取材すれば、PKKの事も教えてくれるでしょう。
クルド人少女を主人公にした映画まで制作されていますが、こうした一連の動きは、PKKのメディアや政界への工作は、相当浸透している証左のように感じます。
私は観ていないのですが、今年のBS-TBS 『報道1930』という番組で、日本の難民受け入れを特集した際に、クルド人の難民申請者の例を取り上げ、はっきりと「PKK支持者」「トルコで訴追」とパネルで紹介しているのです。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/468980?page=2
この番組は、PKKがテロ組織である事を言及しなかったでしょう。常識的に考えれば、テロ関係者が難民認定されないのは、当然の事ですからね。テレビ局側がPKKがテロ組織である事を隠蔽して、報じているとしたら、局側の姿勢は問題ですし、浸透工作が進んでいるようで、大変不気味です。
それにしても、私が不安なのは、在留資格のない子供達の在留を認める方針です。欧州では、子供を人権を盾に不法滞在者の在留を認めたために、犯罪者やテロリストが定住する為に子供をダシにする事例が続出し、国家の安全保障を揺るがす事態になっていましたから、同様の事態が日本では、例外的に発生しないはずがないのです。すでにPKKのメンバーが堂々と居ついているのですから、既に拠点が出来上がっており、シンパを増やすために、この制度を悪用する事は確実です。
そうした事態を回避するためには、、不法滞在者は発覚時点で、子供もろとも問答無用で国外追放するべきだと思いますし、冷血者呼ばわりを受けるでしょうが、日本国と国民の安全の方が大事だと考えますから、不法滞在者やその子供が本国へ送還された後、どうなろうと知ったことではないと思っているのですよね。ちゃんと政府があるのですから、政府に保護してもらえばいいわけですから。

オマケ。
デンマークの元外交官がスウェーデンの状況を例に、野放図な移民や難民の受け入れに警鐘を鳴らし、日本の政治家は、海外の事を調べて国民を守ってほしいと訴えています。
https://www.youtube.com/watch?v=fISGXTBfJRY&list=WL&index=59

この方は、日本の小中学校を卒業し、日本と海外を行ったり来たりしてきたのですが、外交官は、帰国子女や海外を転々とした経験のがある人が多いみたいですね。言語が堪能な事や異文化との接触経験の豊富さは、強味になりますから。
昔から、こんな境遇の子供達は大勢いて、経験を生かして活躍しているのに、不法滞在者の子供だと、カワイソウだ、人権侵害だ、成長を阻害させるとバカ騒ぎする団体や弁護士は、国家の安全や日本国民の安全など、全く考えない、本当に国と国民の敵としか思えません。
  1. 2023-12-07 13:45
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #KRg9sRuQ
  4. 編集

Re: タイトルなし

> メディアがクルド人を取り上げるときの基本的姿勢は、「純真無垢なクルド人」「カワイソウなクルド人」一色で、お涙頂戴の内容ばかりですが、調べれば、現在のトルコでは、クルド人が迫害されていないことは、すぐにわかる事でしょうし、大使館へ取材すれば、PKKの事も教えてくれるでしょう。
> クルド人少女を主人公にした映画まで制作されていますが、こうした一連の動きは、PKKのメディアや政界への工作は、相当浸透している証左のように感じます。
> 私は観ていないのですが、今年のBS-TBS 『報道1930』という番組で、日本の難民受け入れを特集した際に、クルド人の難民申請者の例を取り上げ、はっきりと「PKK支持者」「トルコで訴追」とパネルで紹介しているのです。
> https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/468980?page=2
> この番組は、PKKがテロ組織である事を言及しなかったでしょう。常識的に考えれば、テロ関係者が難民認定されないのは、当然の事ですからね。テレビ局側がPKKがテロ組織である事を隠蔽して、報じているとしたら、局側の姿勢は問題ですし、浸透工作が進んでいるようで、大変不気味です。
> それにしても、私が不安なのは、在留資格のない子供達の在留を認める方針です。欧州では、子供を人権を盾に不法滞在者の在留を認めたために、犯罪者やテロリストが定住する為に子供をダシにする事例が続出し、国家の安全保障を揺るがす事態になっていましたから、同様の事態が日本では、例外的に発生しないはずがないのです。すでにPKKのメンバーが堂々と居ついているのですから、既に拠点が出来上がっており、シンパを増やすために、この制度を悪用する事は確実です。
> そうした事態を回避するためには、、不法滞在者は発覚時点で、子供もろとも問答無用で国外追放するべきだと思いますし、冷血者呼ばわりを受けるでしょうが、日本国と国民の安全の方が大事だと考えますから、不法滞在者やその子供が本国へ送還された後、どうなろうと知ったことではないと思っているのですよね。ちゃんと政府があるのですから、政府に保護してもらえばいいわけですから。

 やっぱりメディアも記者もPKKと知って隠していたわけですね。

 しかしPKKであれば浸透工作の上手さも理解できます。 共産主義者ってこの種の浸透工作やオルグが非常に上手いのです。
 ワッカス・チョーラク氏はマレーシアの大学を卒業しているのですから、日本に来た直後から英語は堪能だったわけで、高学歴共産主義者とのコミュニケーションには不自由はなかったでしょう。
 何より日本の共産主義者達がPKKの支援に乗り出したのでしょう。

 だって武装して政府と戦うテロ組織って彼等のあこがれの的ですから。
 日本のクルド人がホントに虐げられているだけの難民なら、共産主義者が彼等を助ける事なんかしません。 テロ組織だからこそ一生懸命支援するのです。
>
> オマケ。
> デンマークの元外交官がスウェーデンの状況を例に、野放図な移民や難民の受け入れに警鐘を鳴らし、日本の政治家は、海外の事を調べて国民を守ってほしいと訴えています。
> https://www.youtube.com/watch?v=fISGXTBfJRY&list=WL&index=59
>
> この方は、日本の小中学校を卒業し、日本と海外を行ったり来たりしてきたのですが、外交官は、帰国子女や海外を転々とした経験のがある人が多いみたいですね。言語が堪能な事や異文化との接触経験の豊富さは、強味になりますから。
> 昔から、こんな境遇の子供達は大勢いて、経験を生かして活躍しているのに、不法滞在者の子供だと、カワイソウだ、人権侵害だ、成長を阻害させるとバカ騒ぎする団体や弁護士は、国家の安全や日本国民の安全など、全く考えない、本当に国と国民の敵としか思えません。

 移民・難民の受け入れって基本的には国家を窮乏化させ破壊します。

 現在ロシアがフィンランドに大量の「難民」を送り込んでいましたが、これはロシアがフィンランドを破壊する為にやっているのです。
 移民を受け入れる事で国力が増すなら、ロシアに入り込んだ難民や移民はそのままロシアに留めます。
  1. 2023-12-07 16:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>移民を受け入れることで国力が増すなら


この件について、19~20世紀前半までのアメリカ合衆国やカナダ等の新大陸の事例が、不幸な勘違いを我が国に植え付けてくれましたな。
アメリカ合衆国は言うまでもなく移民で創られ発展してきた国家ですが、そんな国と1戦かましてボロ負けして占領され、さらにその国が我が国を占領して以降、20世紀末までの約半世紀近く二分された世界の一方の盟主で、21世紀に入ってからは唯一のスーパーパワーである現実を、我が国の国民が合理的に納得するための理由に、アメリカン・ドリームを求めて世界中から優秀な人材が集まって来る、そしてそれらの人々を受け入れている「移民国家」だからなのだ、と解釈してしまうのでしょう。

歴史が始まる遙か以前の神話の時代から生まれ形成された「自然国家」の我が国(を含む旧大陸世界)と、良くも悪くも史上隠れも無き「人工国家」のアメリカ合衆国(その他新大陸国家群)を、その社会の構成において同列に論ずることはできないはずと思うのですが、どうもそれを無視して、アメリカ合衆国の光の部分だけを見て、移民国家=人工国家を理想的に考える連中が「移民万歳!」している面もあると思います。
  1. 2023-12-07 18:52
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >移民を受け入れることで国力が増すなら
>
>
> この件について、19~20世紀前半までのアメリカ合衆国やカナダ等の新大陸の事例が、不幸な勘違いを我が国に植え付けてくれましたな。
> アメリカ合衆国は言うまでもなく移民で創られ発展してきた国家ですが、そんな国と1戦かましてボロ負けして占領され、さらにその国が我が国を占領して以降、20世紀末までの約半世紀近く二分された世界の一方の盟主で、21世紀に入ってからは唯一のスーパーパワーである現実を、我が国の国民が合理的に納得するための理由に、アメリカン・ドリームを求めて世界中から優秀な人材が集まって来る、そしてそれらの人々を受け入れている「移民国家」だからなのだ、と解釈してしまうのでしょう。
>
> 歴史が始まる遙か以前の神話の時代から生まれ形成された「自然国家」の我が国(を含む旧大陸世界)と、良くも悪くも史上隠れも無き「人工国家」のアメリカ合衆国(その他新大陸国家群)を、その社会の構成において同列に論ずることはできないはずと思うのですが、どうもそれを無視して、アメリカ合衆国の光の部分だけを見て、移民国家=人工国家を理想的に考える連中が「移民万歳!」している面もあると思います。

 移民を受け入れて国力が増すなら、ローマ帝国が滅亡する事などなかったのです。
 
 マジにアメリカの繁栄は、他国の移民受け入れとは全く条件が違うし、またそのアメリカも現在は大量に押し寄せる不法移民に苦しんでいます。

 現在のEU諸国やイギリスの移民受け入れって、他国から素行の悪い貧乏人を大量に受け入れて、低賃金で働かせる代わりに、税金で全面的な福祉を与えると言う物で、これでは納税者が窮乏化するだけなのです。


  1. 2023-12-08 09:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する