fc2ブログ

2023-09-11 12:19

魔女の呪文「ジェンダー」

 トランスジェンダーの一部とLGBT活動家達が、性適合手術なしでの戸籍上の性別変更を求めています。
 つまりペニスや睾丸を付けたままの男が、戸籍上女性になったり、子宮や乳房をつけたままの女性が戸籍上男性になる事を認めろと言っているのです。
 
 所謂性同一障害で男性なのに自分を女性だと認識する人、またその逆で女性なのに自分を男性だと認識する人が、存在するのはわかります。 またそのような人達が非常に苦しんでいるのもわかります。
 だからそのような人達はできるだけ労わるべきだと思います。

IMG_1235.jpg

 しかし自分を女性だと認識している男性が男性性器をそのまま保持したいと言うのは、理解できません、。
 と、言うかそもそも男性性器を喪いたくない人が、自分を女性だと認識するとはどう言う事なのか全然わかりません。

 これはつまり「女性」と言う物の定義が完全に混乱して崩壊しているのではないでしょうか? 
 トランスジェンダーとは、自分の認識する性別が肉体上の性別と違う人々を指します。
 体は男性なのに「心は女性」、体は女性なのに「心は男性」とか言う人達の事です。
 しかし「女性」「男性」の定義が曖昧と言うか混乱状態なので、「女性の心」とか「男性の心」とか言われも意味不明なのです。
 
 例えばワタシの認識では、男性性器を絶対に喪いたくない人、性愛の対象が女性だと言う人達が「女性の心を持っている」と言われても、全然納得できません。
 しかしそもそも「女性」の定義が曖昧で、しかも「心」なんて客観的に判別不能なモノなのです。
 だから戸籍上の性別と言う公的な記載、それにともなう「権利」や「身分」を定めようと言うのは無茶苦茶だとしか思えません。

IMG_1236.jpg

 何でこんな馬鹿な話が湧いてきたのか?
 ワタシは「ジェンダー」と言う言葉の魔法、「まやかし」の為だと思います。

 「ジェンダー」つまりトランスジェンダーのジェンダーです。
 このジェンダーと言う言葉は1980年代ぐらいから自称フェミニストや自称フェミニストの女性学の学者などの間で使われ始めました。
 自称フェミニストの多くは、男女の差は肉体的から来るのではなく、教育や社会習慣などから生まれると考えていました。

 つまり彼女達はヴォーヴォワールが言葉どおり「女に生まれるのではない、女になるのだ。」と考えているのです。
 だから彼女達は社会の習慣や教育を変えたら、男女の差は完全になくなると信じているのです。
 そのような人達が使い始めたのが「ジェンダー」と言う言葉です。

IMG_1242.jpg

 最初にこの「ジェンダー」と言う言葉が意味したのは、教育や社会習慣によって生まれる男女差です。
 そして彼女達はこれが肉体的な性別に優先すると言い出したのです。

 なるほど国によっては女性は全身をベールで覆って、男性親族の付き添いなしには外出もできないし、一般的な学校教育も受けらません。 だからこういう国で生まれ育った人々にとっては男女の差は、こうした教育や生活習慣の違いが、持って生まれた肉体の差以上に大きくなることは十分理解できます。
 そしてどの国でもどの民族でも、男女で教育や社会的地位は違いますから、それが男女の差に影響を与えている事は否めません。
 だから「ジェンダー」と言う概念は、すんなりと受け入れられました。

 ところがその後この「ジェンダー」が暴走し始めたのです。
 と、言うかこの言葉が魔法の呪文になったのです。

IMG_1331.jpg

 つまり「ジェンダー」と言う言葉が、性別に置き換わり、肉体的な性別に「ジェンダー」優先するようになったのです。
 例えば「男女平等」と言うのが「ジェンダー平等」に置き換わったりしています。
 でもなんかこれオカシイでしょう?
 
 「ジェンダー」って元来、社会習慣や教育にから生まれる男女の差異を意味したわけです。 つまり男性や女性など人間自体を意味してはいないのです。
 だからこれを「平等」にするって意味不明です。

IMG_1246.jpg
 
 ところが「ジェンダー」の暴走は更に続き、いつの間にか「ジェンダー」が「性別」に置き換わっているのです。
 例えばワタシは以前、ツィッター上で経産省で女子トイレ使わせろ裁判を起こした男を「男」と言ったところ、その男から「ミス ジェンダリング!! 通報します。」と言われた事があります。
 この男は自分のジェンダーは女性だと認識しているので、ワタシが彼を男と言ったのは「ミス」だと言って怒ったのです。
 
 因みにこの男も性適合手術を拒否しており、男性性器をぶら下げています。 だから戸籍上も立派に男性です。
 男性性器があって戸籍上男性なら、性別は立派に男性です。
 だからワタシは彼を「男」といったのです。

 しかしこの男にとって「ジェンダー」が性別に優先しているのです。 そして彼の脳内では「自分のジェンダーは女性」なので、ワタシに「男」と言われた事で憤激するのです。

IMG_1424.jpg

 でもこれ奇妙でしょう?
 再度言うけどジェンダーの本来の意味は、社会習慣や教育から生まれる男女の差であって、個人の男性・女性の認識なんかではないのです。
 敢えて個人の認識に結び付けて使うとすれば「ベルサイユの薔薇」のオスカルや「リボンの騎士」のように女性に生まれたのに、男性に育てられた人が「自分のジェンダーは男性」として使うしかありません。
 
 この経産省の女子トイレ裁判男の場合、男性に生まれて男性として育てられたのですからジェンダーは男性です。
 元来の「ジェンダー」は、あくまで社会習慣や教育による性差を意味する言葉ですから、自分の認識や意志とは全く関係ないのです。
 だから敢えて個人について「ジェンダー」を問うなら、自分が自分をどう認識しようとも、男性として育てられた人間なら「ジェンダーは男性」なのです。

 ところが経産省の女子トイレ男のツィートからわかるように、現在「ジェンダー」と言う言葉は完全に個人の「性別の認識」或いは、「性別」その物と置き換わっているのです。

IMG_1252_20230911120912c55.jpg
 
 何でこんな奇妙な事になったのか?
 それはワタシは一部の過激なフェミニストや女装痴漢にとって大変便利だったからと思っています。
 「ジェンダー」は元々社会的習慣や教育から生まれる男女差ですから、肉体的性差に関係ないのです。
 そこで「ジェンダー」を性別に置き換える事によって、性別を抹殺しようと言うのです。 

IMG_1330.jpg

 男女の肉体には厳然たる差があるのです。 
 だから性別が大きな意味を持つのですが、しかしこの性別と言う言葉をジェンダーに置き換える事によって、これを抹殺しようと言うのです。
 そして「男性」「女性」は生まれついての肉体ではなく「ジェンダー」で決まると言う話にすれば、男女と言う概念自体が崩壊します。

 実際これが現在起きているわけです。
 それで男根と睾丸にトコトン執着している男が、女子トイレに入る事を最高裁が認めたばかりか、今度はこの男を戸籍上女にすることも可能?と言う所まで来ているのです。

IMG_1255.jpg

 つまり「ジェンダー」と言う言葉を使う事によって、「性別」と言う物を完全に否定したのです。
 過激なフェミニストの望みは完全完璧な男女平等、結果平等でした。
 男女が完全に同質同類になる事でした。
 
 しかし男女に肉体的な差異がある限り、過激フェミニストの願いが叶うはずはありません。
 だって幾ら社会的な平等の条件を整えても、男女には肉体的な差異があり、それから生まれる思考や行動の差があるのですから。
 
 だから性別を破壊してしまえ!!
 性別がなくなれば男女差別は存在しない。
 これが過激派フェミニスト達の目的です。
 「ジェンダー」と言う言葉は、その為に非常に便利な魔法の言葉だったのです。

IMG_1325.jpg

 人文科学では言葉の定義って凄く曖昧でインチキなのでこんなことができるんですよね。
 これが自然科学なら、言葉の定義は非常に厳格で永遠不変です。
 しかしどうも人文科学では最初に適当な言葉を作り、曖昧に定義すると、仲間内の議論の中でお互いその造語をそれぞれ都合よく使い、いつの間にか元とは全く違っているみたいなことが結構あるんですね。

 例えばニートなんかも典型です。
 ニートって元々は15歳から25歳までの若者で、就職もせず学校にも行かない人達をさしました。
 つまり就職もしなければ学校にも行かない若者の問題にする言葉だったわけです。
 ところが今は「45歳のニート」とか平気で使われています。

IMG_1270_202309111217540ee.jpg

 こんな風に言葉の定義がインチキでは、本当の意味できちんとした議論ができません。 これでは学問としての発展など不可能でしょう?
 しかし「女性学」や「社会学」など一部の学問は、そもそも学問としての発展自体目的ではないのでしょう。
 だから自分達の作った概念も、それを表す用語も、全てが魔女の呪文になってしまうのでしょうね。

 でもワタシ達、一般国民はいい加減にこの魔女の呪文から逃れるべきだと思うのです。
 

 
  1. LGBT
  2. TB(0)
  3. CM(9)

コメント

>女子トイレに入ることを最高裁が認めた

ということは、最高裁の女子トイレにも「男性器をぶら下げてるが心は女性」と主張すれば出入りしてもよいわけですよね?
まさか自分たちの所はダメとは言えますまい。この判決に当の最高裁の女性職員はどう思っているのかインタビューしてみたいものですな。

まったく最高裁判事となれば我が国において、どちらが格上かは知らないが、財務省官僚と並ぶくらいの高学歴エリート様だろうに、それがキ〇ガイ、「H・E・N・T・A・I」(←モロに書くとサーバーにNGワード認定されるようなのです)連中の妄言・世迷い言を真に受けるスカポンタンだったとは………。
これでは東大法学部はもう廃止でよいのでは?あきらかに国費の無駄でしょう。


  1. 2023-09-11 18:44
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

本物のトランスジェンダーがどんなに自分の体に嫌悪感を持ってるか・・それを生来女性が想像つかないとでも思ってるのしょう。
だから舐めているとしか思えません
どれほど思い上がった人々かを考えると到底共存できるとは思えません
  1. 2023-09-11 21:05
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2023-09-11 21:46
  2. #
  3. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2023-09-11 21:51
  2. #
  3. 編集

Re: タイトルなし

> >女子トイレに入ることを最高裁が認めた
>
> ということは、最高裁の女子トイレにも「男性器をぶら下げてるが心は女性」と主張すれば出入りしてもよいわけですよね?
> まさか自分たちの所はダメとは言えますまい。この判決に当の最高裁の女性職員はどう思っているのかインタビューしてみたいものですな。

 最高裁判決では原告の経産省の女子トイレ男についてだけ女子トイレ使用を認めたのですが、しかしこの裁判は肝心の女子職員達は沈黙したままなんですよね。
 尤もこういう裁判で証言なんかしたら、その女子職員が原告から絡まれて大変だと言う経産省側の配慮だとは思うんですけどね。
>
> まったく最高裁判事となれば我が国において、どちらが格上かは知らないが、財務省官僚と並ぶくらいの高学歴エリート様だろうに、それがキ〇ガイ、「H・E・N・T・A・I」(←モロに書くとサーバーにNGワード認定されるようなのです)連中の妄言・世迷い言を真に受けるスカポンタンだったとは………。
> これでは東大法学部はもう廃止でよいのでは?あきらかに国費の無駄でしょう。

 マジにこの判決を見たらコイツラの人権感覚には違和感しかありません。
  1. 2023-09-12 09:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 本物のトランスジェンダーがどんなに自分の体に嫌悪感を持ってるか・・それを生来女性が想像つかないとでも思ってるのしょう。
> だから舐めているとしか思えません
> どれほど思い上がった人々かを考えると到底共存できるとは思えません

 そもそも「トランスジェンダー」の定義が曖昧ですからね。
 ジェンダーの定義が滅茶苦茶になっているのですから、そのジェンダーが「トランス」するトランスジェンダーの定義もグチャグチャになります。

 因みに国連のトランスジェンダーの定義では、女装したり、女性の下着を身に着けて性的に興奮する変態・オートガイネフェリアもトランスジェンダーに含まれます。
 実際、欧米で女装男が女子トイレで大興奮してオナニーしている動画がツィッターに上がっていました。

 トランスジェンダーの女子トイレ使用を認めるって、コイツラも女子トイレを使えるってことです。
 背筋が冷たくなります。
  1. 2023-09-12 09:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ご都合主義の性別判定

> 話はジェンダーとはちょっとずれますが、よもぎねこ様はスポーツの国際試合などで「セックスチェック」が行われていたことを覚えておいででしょう。性別といっても女子競技に男性が紛れ込まないように女性だけがチェックされました。
> 昔はホルモンを測定することができなかったので、細胞の染色体を見て判定していました。そののち男性ホルモンの測定が可能になってテストステロン値が基準となったと思います。
> 問題はここからです。
> ヨーロッパの陸上大会でアフリカ人の女性がぶっちぎりの成績で優勝したのですが、負けた白人アスリートが「あいつは男性に違いない」と言い出し、優勝した黒人選手はホルモン値が若干高かったという理由で資格をはく奪されたのです。
> その黒人アスリートの見た目は、民族の特徴なんでしょう筋肉質で顔貌もごつくて一見男性に見えるのは確かですが、生殖器のチェックもされてますし、生まれてからずっと女性として生きてきたのです。
> けれど世界陸上では白人女性の反発で優秀な黒人女性が疑いの目で見られ、中には不必要な手術を受けさせられた人までいるそうです。
> アメリカの学生水泳競技にトランス女子が乱入して数々の記録を打ち立てた話はこのブログでも紹介されていますが、世界水泳やオリンピックではまだ認められていませんね。
> もちろんそんなのは認めるべきではないと考えますが、一方で生来の女性であることの証明が社会の都合で変わったり厳しくなるのもおかしな話です。

 セックスチェックの話は覚えています。
 これまではスポーツの競技に出場する場合、男女の区別は厳然としていました。 男女の運動能力の差を考えたら当然でしょう。

 それが近年、女性を自称したら男性が性適合手術なしで女子競技に出場できるようになってしまい、女子競技が混乱しています。
 それで一部の競技では、また元通りセックスチェックを再開と言うか、自称女性の出場を禁じるようになりました。
 
 ワタシもやはりセックスチェックは再開し、女子競技には肉体的女性だけを出場させるべきでしょう。
 だってスポーツは結局、体力・肉体を競う競技でもあるのですから、肉体の差を無視して自称女性を出場させるのはオカシイでしょう?
  1. 2023-09-12 09:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>原告から絡まれて大変だ

この件で国家の運営に重要な官衙が、たった一人のキ〇ガイ、へ〇タイ野郎の為に機能不全に陥ると反日国家や反社会勢力が解すれば、実に容易かつ安価な政治的破壊工作として、無法国家やテロ組織が喜んで多用するでしょう。
まあ、我が国に限らず、アメリカ等に対してもロシア・中共なんぞが…………いや、もう使っているのかな?
  1. 2023-09-12 12:58
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >原告から絡まれて大変だ
>
> この件で国家の運営に重要な官衙が、たった一人のキ〇ガイ、へ〇タイ野郎の為に機能不全に陥ると反日国家や反社会勢力が解すれば、実に容易かつ安価な政治的破壊工作として、無法国家やテロ組織が喜んで多用するでしょう。
> まあ、我が国に限らず、アメリカ等に対してもロシア・中共なんぞが…………いや、もう使っているのかな?

 個人の人権が尊重されると言うのは、キチガイ一人でも法により裁判等の手続を踏んでゴネる限り、国が振り回されると言う事でもあります。
 
 逆に言えばこういうキチガイがゴネる事ができると言う事は、日本は個人の人権が完璧に尊重されていると言う事でしょう。
  1. 2023-09-13 11:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する