fc2ブログ

2023-08-17 11:40

埼玉県警、トルコ語が話せる警官急募 

 埼玉県警がトルコ語の話せる警官を急募していました。

トルコ語話せる警察官求む! トルコ人の3割が住む埼玉
朝日新聞 2023年4月1日

 埼玉県警が2023年度の採用試験でトルコ語を話せる警察官を募集中だ。「国際捜査1類」と呼ばれる専門職で、警察学校と警察署で基礎を身につけ、県警本部の専門部署に配属される。採用予定は2人。県内のトルコ人は都道府県別で最多の約2千人で、事件・事故の関係者になることも多い。県警は捜査はもちろん、日本の法令を伝える取り組みを通じた犯罪抑止対策も強化したい考えだ。

 法務省によると、昨年6月時点で国内に在留するトルコ人は約6千人で、このうち1948人が埼玉に居住していた。一方で、県警の警察官でトルコ語を話せるのはわずか3人。民間の通訳を13人登録して協力してもらっているが、通訳の必要な事案は昨年だけで378件あった。内容別では、事件・事故の聴取343件、文書の翻訳23件、職場や近隣トラブルの相談6件、落とし物などの受理4件、道案内2件だった。

 民間の通訳には、1時間あたり7860円(深夜は9780円)の報酬が支払われる。ただ、事件の容疑者・被害者とのやりとりや守秘義務を課されることに負担を感じる人もいる。発生が昼夜を問わないため、事件・事故が発生してもすぐに対応できる人が見つからない場合もあるという。

 こうした背景で、県警は今回の採用が必要だと判断した。受験資格は大学卒業相当の資格を持つ35歳未満で、申し込みの締め切りは4月7日。担当者は「地域の安心安全を守るために語学力を生かしてほしい」と話す。問い合わせは県警採用センター(0120・373514)へ。(仁村秀一)

通訳の必要な事案は昨年だけで378件あった。

 大変ですね。
 但しこの記事は4月1日ですから、例えば7月4日の川口市立医療センター前での乱闘事件などは含まれていません。
 けれども今後もあの手の事件が頻発するだろうし、そうなると市民生活に大きな支障が出ます。 そもそも埼玉県自体のイメージが悪化してしまいます。

 しかし日本でトルコ語の話せる人ってどの程度いるのでしょうか?
 通訳、それも犯罪捜査の通訳ができるほどのトルコ語力をつけるとなると、大学でトルコ語を専攻するか、トルコに留学するしかないでしょう。
 一方日本でトルコを専攻できるのは、大阪外語大学と東京外語大学ぐらいです。 東京大学など一部の大学の教養学部でも教えていますが、これは中東史やイスラム学などの学問を専攻する人達の為でしょう。

 因みに2023年の大阪外語大大学のトルコ語専攻科の定員は16人、東京外語大学は7人でした。 
 これだとトルコ留学者や他の東京大学等で学んだ人達を加えても、高度なトルコ語教育を受ける人は、日本全国でも毎年30人程度ではないでしょうか?

 トルコ語を話せる人ってホントに僅少で貴重な人材なのですね。 
 しかしトルコ語通訳の時給は深夜でも1万円弱である事を考えると、高偏差値大学を出た割には低収入です。 
 そして警察と言うのも、高偏差値大学の卒業生にとって余り魅力的な就職先とは思えません。

 しかしそれはともかく埼玉県で犯罪を犯している「トルコ人」は、ちゃんとトルコ語ができるのでしょうか?
 7月4日に川口市立医療センターの前で乱闘をして、救急患者の搬送を五時間不能にした「トルコ人」は実はクルド人です。
 国籍はトルコなのでトルコ人と表記するのは間違いではありませんが、民族的にはトルコ人とは全く違います。
 そして彼等の言語クルド語はトルコ語とは全く違います。

 トルコは多民族国家ですから、トルコ国内にはクルド人以外にも多数の民族が居住しています。 トルコ政府はケマル・アタチュルクによるトルコ共和国建国以降、トルコを国民国家にするべく、これらトルコ共和国在住の異民族にトルコ化政策をとり、トルコ語教育を行ってきました。

 だから義務教育の頃からトルコでの教育が行われています。 トルコの義務教育年限は12年、小学校から高校まですから、この12年間真面目に学校に行けば、ほぼ不自由なくトルコ語を覚えられるはずです。
 しかしクルド人には、この義務教育をきちんと履修する人は少数だと言われます。
 これだとトルコ語など殆どできない人も多いのではありませんか?

 それではクルド語の通訳を雇えば良いのですが、しかし日本にはクルド語を学べる教育機関はありません。 おそらく世界中どこにもないでしょう。
 なぜならクルド語は一つの言語ではなく、トルコだけでも6種はあるのです。 これらは皆インドヨーロッパ語族に属するのですが、しかし名詞に性の区別のない言語、名詞に性の区別があるだけでなく、形容詞にも性の区別がある言語など、それぞれ全然違っているのです。
 だからクルド人同志でも、部族や出身地が違えば、全く言葉が通じません。

 だからクルドの独立運動などの活動家も、出身地が違えばクルド語ではなくトルコ語などクルド語以外の言語で話すしかありません。
 因みにクルド語の成文法は確立していません。 つまり公式の文字表記はできないのです。
 
 クルド語のこうした問題は日本人の言語学者小島剛一氏の研究で初めて明かされました。 彼は1970年代にトルコに入って初めてクルド語などトルコ内の民族の諸言語を研究したのですが、当時トルコ政府は「トルコ国民は全てトルコ民族」と言うのが建前で、自国内の民族諸語の研究さへ厳しく制限していたのです。 
 現在はトルコ政府もこうした強権的なトルコ化政策を辞めました。 
 しかしそれでもクルド語の研究が進んだわけでもなく、またクルド人以外でクルド語を話せる人が増えたわけでもないのです。

 これじゃ埼玉県でクルド人が凶悪犯罪を犯して、その犯人がクルド語、つまり彼の属する部族のクルド語しか話せない場合、一体どうやって取り調べをするのでしょうか?
 
 しかし今後外国人の移民を受け入れた場合、〇〇国の移民だから〇〇語が話せるとは限らない、大使館に連絡しても大使館員とも話ができない移民がいると言う事態は普通に起きるのです。
 世界の大多数の国はトルコのように多民族国家で、政府も自国内の民族や言語を完全に掌握するのは不可能と言う国は全然珍しくないのですから。

 それにしてもクルド人の犯罪が少なければ大した問題ではありません。
 しかしこの記事でも埼玉県在住の「トルコ人」は2000人なのに、取り調べが必要な件数は、昨年だけでも既に378件もあったと言うのです。
 たった2000人で一年間に378件も警察で取り調べを受けているんですんか?
 これって総人口の二割です。 
 因みに7月4日の川口市立医療センター前の乱闘には100人が加わっています。 これも人口の5%が乱闘に参加したことになります。

 日本人の感覚では理解できないレベルの犯罪発生率の高さです。
 そして実はこれはヨーロッパでも同じです。 ヨーロッパはトルコ政府が強権的なトルコ化政策を取ってクルド人を弾圧していた頃から、クルド人難民を受け入れてきました。
 で、現在そのクルド人難民達が、血縁毎にマフィアを作り、麻薬密輸、強盗などの犯罪に耽っているのです。
  
 クルド人マフィアの特徴は、自らの犯罪や悪行を誇示して、クルド人の他のマフィアと張り合う事です。 
 その為、犯罪行為や犯罪で得た金で買った高級車などを公然とSNSにアップします。
 自分達を受け入れて国に対する感謝や、犯罪を反省すると言う発想は全くないようです。
 
 因みに日本のクルド人も同様に、マスコミに出れば「カワイソウな難民」と言いながら、なぜか高級車や更には高給クルーザーの写真をフェイスブックにアップしたり、更には高級車で首都高を爆走したしたことを自慢しています。

 ワタシがクルド人と言う存在を知ったのは、1982年にユズマル・ギュネイ監督の映画「路」を見てからです。
 この頃はトルコ政府は極めて強権的なクルド弾圧政策をやっていて、この映画の解説では「トルコ政府の弾圧政策の為、クルド人の成人男子の30%が投獄経験があり、クルド人の間では前科は問題にならない。」とありました。

 ワタシはこの解説が余りに衝撃的だったので今でも覚えているのです。
 しかし埼玉の例を見ていると、この30%の投獄経験と言うのも、必ずしもトルコ政府の強権政策ばかりが原因とも思えなくなります。

 言葉が通じない。
 そもそも言葉自体学ぶ方法がない。
 そして少なくとも日本人と倫理道徳が全く違う民族とどうやって「共生」したらよいのでしょうか?
 どうやって意志を疎通させて社会の秩序を守ったら良いのでしょうか?

 因みに日本にクルド人が来るのは、日本がトルコと友好関係にあり、トルコ人にはビザ免除をしているからです。
 しかし日本と友好関係にある国は、トルコだけではありません。 と言うか、日本は北朝鮮など特定の問題国家以外とは、全て友好関係にあるのです。
 だからと言って、不法入国や不法滞在が問題になりそうな国のビザは免除していません。 
 何でこんな奇妙なビザ免除を続けるのでしょうか?

 クルド人に関してはホントに色々な問題が出てきます。
 そしてこれは日本に外国人政策の象徴ではないでしょうか?

  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(7)

コメント

最近は外国人が犯罪で逮捕されても、不起訴処分で釈放になることが多くて、ネットには批判の声が上がっていましたが、理由は間違いなく 「言葉が通じなくて取り調べができない」 からでしょう。とりあえず起訴して裁判で争うアメリカと違って、日本では有罪にできそうもないと、そもそも起訴しませんからね。

クルド語は 「インド・ヨーロッパ語族」 だそうですが、トルコ語は日本語と同じ 「アルタイ諸語」 なので、文法は日本語に近いとよく言われますね。(日本語を 「アルタイ諸語」 に入れない説もある。なお、昔は 「ウラル・アルタイ語族」 と呼ばれていた。)

トルコ語 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E8%AA%9E#%E6%96%87%E6%B3%95
>日本語の助詞や助動詞のように、単語の末尾に接尾辞を付着させて文法関係を示す膠着語であり、語順も日本語に似て、原則として主語を文の先頭、述語を文の末尾に置く (SOV型)。

トルコ語は難しいと思っている皆さん!トルコ語の勉強は簡単です | トルコ旅行・ツアー専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』
https://turkish.jp/blog/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E8%AA%9E%E3%81%AF%E6%9C%AA%E7%9F%A5%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89%E3%81%A0%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AF%E5%A4%9A%E3%81%84%E3%81%AE/

それにしても、トルコも隣人に恵まれていない国・民族ですよね。アルメニアには、100年以上前のオスマン帝国の時代に起きたとされる 「アルメニア人虐殺」 のことで、欧米諸国に告げ口外交をされて、ドイツ議会には非難決議をされちゃったこともあるし。(そもそも、オスマン帝国と今のトルコ共和国って、別の国じゃないのか?)

クルド人についても、欧米諸国から 「クルド人を弾圧している」 と非難されていたけど、じつはクルド人の民族性のほうに問題があったという・・・。(ちなみにトルコ政府の発表では、クルド人のテロ組織・PKK (クルド労働者党) のテロで殺害されたトルコ人の数は30万人以上。)
  1. 2023-08-17 23:58
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

外国人犯罪者の理由非公表の不起訴が連発して、国民の怒りを買っていますが、理由の一つは、法廷通訳の不足にあるらしいのです。

外国人からむ事件増える中 法廷通訳10年で500人減
https://www.chunichi.co.jp/article/213747

足りない法廷通訳人:過重な負担でなり手減少
https://www.nippon.com/ja/currents/d00402/

外国人が公平な裁きを受けるための膨大な事前準備、そしてミスの許されない現場…減少する「法廷通訳人」たちの苦労
https://times.abema.tv/articles/-/8648857

拘束時間が長い割に報酬が少なくなり手が減少しているというのです。通訳を付けなければ、起訴しても裁判自体が成立しません。しかも、英語や中国語ならともかく、言語学者くらいしか知らない言語になると裁判どころか、取り調べすら不可能で完全にお手上げです。
クルド語の法廷通訳などいないでしょう。

また、刑務所側もすでに外国人囚人の増加に対応できなくなっているようなのです。

“刑務所なのに”食事はステーキ?増加する「外国人受刑者」の実情
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3736e627e175c158f509947033508dfb86e213d

第4章 外国人受刑者の処遇等https://www.moj.go.jp/content/001130411.pdf

コラム 府中刑務所における外国人処遇
https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/60/nfm/n_60_2_7_4_3_2.html

10年前からすでに、府中刑務所では囚人の国籍は55、使用言語は48で、囚人管理が大変困難な状況になっているのです。10年前でこれですから、これ以上は外国人囚人が増加すると刑務所側も対応できないことも不起訴になっている理由の一つと考えられます。
本当に多様性とか、多文化共生とか言っている人達の考えが甘いのは、入ってくる外国人が同じ教育水準、道徳や常識意識を持っている考えていますが、実際は想像を超えるほどの断絶が存在することを理解しておらず、情緒的に受け入れを主張します。
言葉一つとっても、様々な方面に負担と混乱をもたらすということを川口市のクルド人問題が示しているのです。
  1. 2023-08-18 01:02
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #2OAQrO7I
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2023-08-18 01:04
  2. #
  3. 編集

Re: タイトルなし

> 最近は外国人が犯罪で逮捕されても、不起訴処分で釈放になることが多くて、ネットには批判の声が上がっていましたが、理由は間違いなく 「言葉が通じなくて取り調べができない」 からでしょう。とりあえず起訴して裁判で争うアメリカと違って、日本では有罪にできそうもないと、そもそも起訴しませんからね。
>
> クルド語は 「インド・ヨーロッパ語族」 だそうですが、トルコ語は日本語と同じ 「アルタイ諸語」 なので、文法は日本語に近いとよく言われますね。(日本語を 「アルタイ諸語」 に入れない説もある。なお、昔は 「ウラル・アルタイ語族」 と呼ばれていた。)
>
> トルコ語 - Wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E8%AA%9E#%E6%96%87%E6%B3%95
> >日本語の助詞や助動詞のように、単語の末尾に接尾辞を付着させて文法関係を示す膠着語であり、語順も日本語に似て、原則として主語を文の先頭、述語を文の末尾に置く (SOV型)。
>
> トルコ語は難しいと思っている皆さん!トルコ語の勉強は簡単です | トルコ旅行・ツアー専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』
> https://turkish.jp/blog/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E8%AA%9E%E3%81%AF%E6%9C%AA%E7%9F%A5%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89%E3%81%A0%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AF%E5%A4%9A%E3%81%84%E3%81%AE/

 トルコ語と日本語が同族と言うウラル・アルタイ語族説と言うのが戦前からあったのですが、現在は完全に否定されています。

> それにしても、トルコも隣人に恵まれていない国・民族ですよね。アルメニアには、100年以上前のオスマン帝国の時代に起きたとされる 「アルメニア人虐殺」 のことで、欧米諸国に告げ口外交をされて、ドイツ議会には非難決議をされちゃったこともあるし。(そもそも、オスマン帝国と今のトルコ共和国って、別の国じゃないのか?)

 トルコ共和国自体がオスマントルコ帝国の後継を自認しているので、別の国と言うのも無理です。 アルメニア人虐殺は実際に起きているのですが、但しトルコ共和国側は完全にこれを否定して、トルコ側では研究不可になっています。
 だから逆に欧米ではアルメニア側の言い分だけが通り、トルコ側は徹底拒否を貫く状態です。

 但し対露防衛ではトルコは重要なNATOメンバーなので、欧米も文句を言いながらトルコとは切れないのです。

> クルド人についても、欧米諸国から 「クルド人を弾圧している」 と非難されていたけど、じつはクルド人の民族性のほうに問題があったという・・・。(ちなみにトルコ政府の発表では、クルド人のテロ組織・PKK (クルド労働者党) のテロで殺害されたトルコ人の数は30万人以上。)

 欧米の諸国は人権問題を外交に利用しますからね。
 一方トルコもそれは承知で対応しています。

  1. 2023-08-18 09:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 外国人犯罪者の理由非公表の不起訴が連発して、国民の怒りを買っていますが、理由の一つは、法廷通訳の不足にあるらしいのです。
>
> 外国人からむ事件増える中 法廷通訳10年で500人減
> https://www.chunichi.co.jp/article/213747
>
> 足りない法廷通訳人:過重な負担でなり手減少
> https://www.nippon.com/ja/currents/d00402/
>
> 外国人が公平な裁きを受けるための膨大な事前準備、そしてミスの許されない現場…減少する「法廷通訳人」たちの苦労
> https://times.abema.tv/articles/-/8648857
>
> 拘束時間が長い割に報酬が少なくなり手が減少しているというのです。通訳を付けなければ、起訴しても裁判自体が成立しません。しかも、英語や中国語ならともかく、言語学者くらいしか知らない言語になると裁判どころか、取り調べすら不可能で完全にお手上げです。
> クルド語の法廷通訳などいないでしょう。
>
> また、刑務所側もすでに外国人囚人の増加に対応できなくなっているようなのです。
>
> “刑務所なのに”食事はステーキ?増加する「外国人受刑者」の実情
> https://news.yahoo.co.jp/articles/f3736e627e175c158f509947033508dfb86e213d
>
> 第4章 外国人受刑者の処遇等https://www.moj.go.jp/content/001130411.pdf
>
> コラム 府中刑務所における外国人処遇
> https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/60/nfm/n_60_2_7_4_3_2.html
>
> 10年前からすでに、府中刑務所では囚人の国籍は55、使用言語は48で、囚人管理が大変困難な状況になっているのです。10年前でこれですから、これ以上は外国人囚人が増加すると刑務所側も対応できないことも不起訴になっている理由の一つと考えられます。
> 本当に多様性とか、多文化共生とか言っている人達の考えが甘いのは、入ってくる外国人が同じ教育水準、道徳や常識意識を持っている考えていますが、実際は想像を超えるほどの断絶が存在することを理解しておらず、情緒的に受け入れを主張します。
> 言葉一つとっても、様々な方面に負担と混乱をもたらすということを川口市のクルド人問題が示しているのです。

 なるほど法廷通訳って大変なんですね。
 そもそも法廷での通訳なら、観光案内どころではないのですから、通訳の中でも最高レベルの能力を求められるでしょう。
 それで時給1万5千円じゃ報酬が安すぎます。
 本来なら裁判官と同程度の報酬を保障するべきでしょう。

 それでも希少言語の通訳などは確保不能でしょう。

 外国人労働者は労働コストは安いが社会コストは高いと言うのは、正にこのような問題からも明らかです。
 
  1. 2023-08-18 09:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

トルコ語に限りませんが、ただ単に外国語が話せるというだけでは駄目なんです。
その国々、その民族の性質・行動様式を形成する歴史的体験、宗教、風土等を理解していないとね。
単に機械的に言葉を翻訳しても、それで取り調べや、裁判にどれほど役に立つかは疑問です。
クルド人ではなく、中国人についてですが、中国人の犯罪者を担当していた元刑事が言っていたことですが、中国人犯罪者には腕利きのベテラン刑事もお手上げなんだそうです。
日本人の犯罪者は大抵が自分の犯罪を認識し、良心の呵責、後ろめたさを持つ為に、ベテラン刑事は、それによる動揺での表情や、口調の変化を捉えて自白に持ち込むのですが、中国人は日本人なら持つ罪の意識を持たない、犯罪をしても、善い悪いではなく、成功したか失敗したかという考え方だから、平然とシラを切り通して、全く動揺を見せない。
どんな有り得ない嘘でも堂々と吐く、それが駄目でも、それならそれですぐ別の嘘を捻り出して平然としている。
自分と身内の利益が全てであり、その為ならば何でもやり、公共の福祉なんて知ったことではない。「善悪」とは自分と身内の損得を測る為のモノ。
そしてこれは、別に中国人だけではないと思います。中国人を含めた非近代国家、非啓蒙社会、国民国家の段階にない部族単位国家の民は何処でもこうなのではないでしょうか?
それを我が国のような国民国家、公共の福祉を考える社会の人間の感覚で、ただ言葉だけを“機械的”に翻訳しても、期待した効果は得られないで、その作業は徒労に終わる可能性大です。
  1. 2023-08-18 22:24
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> トルコ語に限りませんが、ただ単に外国語が話せるというだけでは駄目なんです。
> その国々、その民族の性質・行動様式を形成する歴史的体験、宗教、風土等を理解していないとね。
> 単に機械的に言葉を翻訳しても、それで取り調べや、裁判にどれほど役に立つかは疑問です。
> クルド人ではなく、中国人についてですが、中国人の犯罪者を担当していた元刑事が言っていたことですが、中国人犯罪者には腕利きのベテラン刑事もお手上げなんだそうです。

 中国語も方言はキツイし、階級でも使う言葉は違うでしょう。
 一般の通訳よりはるかに難しいでしょうね。

> 日本人の犯罪者は大抵が自分の犯罪を認識し、良心の呵責、後ろめたさを持つ為に、ベテラン刑事は、それによる動揺での表情や、口調の変化を捉えて自白に持ち込むのですが、中国人は日本人なら持つ罪の意識を持たない、犯罪をしても、善い悪いではなく、成功したか失敗したかという考え方だから、平然とシラを切り通して、全く動揺を見せない。
> どんな有り得ない嘘でも堂々と吐く、それが駄目でも、それならそれですぐ別の嘘を捻り出して平然としている。
> 自分と身内の利益が全てであり、その為ならば何でもやり、公共の福祉なんて知ったことではない。「善悪」とは自分と身内の損得を測る為のモノ。
> そしてこれは、別に中国人だけではないと思います。中国人を含めた非近代国家、非啓蒙社会、国民国家の段階にない部族単位国家の民は何処でもこうなのではないでしょうか?
> それを我が国のような国民国家、公共の福祉を考える社会の人間の感覚で、ただ言葉だけを“機械的”に翻訳しても、期待した効果は得られないで、その作業は徒労に終わる可能性大です。

 成人した人間の倫理観念や道徳観念を変えるなんて我が子でも不可能です。
 それなのに日本人からは全く違うバックグラウンドで育った人間の犯罪者をどうしたらよいのか?

 勿論、日本人と同じ量刑で処罰するしかないのですが、言葉がわからないのではどうしようもありません。
 
 なるほど外国人が増えたら、治安が悪化するわけです。
  1. 2023-08-19 09:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する