fc2ブログ

2023-07-20 11:43

移民と高福祉社会 スウェーデンの生活保護

 朝、ボ~~ッとiPadでyoutubeを見ていたら「高福祉国家スウェーデンの生活保護費はいくらか?」と言う話をしていました。 高福祉国家スウェーデンの生活保護費はいくらか?
 で、スウェーデンの生活保護費の算定法も、日本と同様結構面倒なのですが、例えば6人の子供を抱えたソマリア人のシングルマザーの場合、日本円で42万円ぐらいだと言うのです。
 一方スウェーデンの平均賃金は35万円ぐらいだそうです。

IMG_0491.jpg

 生活保護受給額が平均賃金を超える?
 それはあんまりじゃないか?

 でも日本でも、子供が6人いれば超えるでしょう。
 札幌の場合は生活保護費は住居費込みで、単身では13.8万程度ですが、子供が一人増えるごとに3.8万円ずつ加算されます。
 だから6人の子供がいたら36.6万円です。
 金額でもスウェーデンとそう変わりはないのですが、物価水準を考えると、日本の方が恵まれているのかもしれません。
 勿論、平均賃金も超えます。
 
 一方、一般勤労家庭の場合、子供が増えたからと言って、収入が増えるわけではありません。 むしろ子供を6人も作ってしまうと、妻が働くのは不可能になりますから、夫一人で妻子7人を養う事になります。
 つまり平均賃金をかなり上回る高所得者でない限り、子供を6人も産めないのです。

 でもそういう状況で納税をするのは、一般勤労者です。
 その税金から生活保護費が出ているのです。

2023y07m13d_110923722.jpg

 しかしスウェーデンが大変なのは、こういう生活保護受給者が130万人もいる事です。
 スウェーデンの総人口は1000万人弱です。
 労働人口だけなら520万人です。
 つまりスウェーデンの520万人の労働者は、自分の家族のほかに130万人の生活保護受給者を養わなければならない事になります。

 これは大変ですね。
 勿論、この中には生活保護制度のない国なら、家族が養わなければならない親族も含まれています。
 しかし何で外国人まで養わなければならないのか?

2023y07m13d_110734698_20230720113720321.jpg
 
 一方、これだとスウェーデンが大量に受け入れた「難民」は、働かないでしょう。
 だって言葉も満足にできない状態では、低賃金単純労働しかできません。 しかも子供を6人とかって、ソマリアに限らずアフリカ諸国では普通です。
 だからスウェーデンに来たら、生活保護で暮らして、ボコボコ子供を産み続けると言う事になります。

 そして働かないで、出身国のコミュニティの中だけで暮らし続けると、言葉だって覚えません。
 さらに言えば、ソマリアに限らずイスラム諸国の多くでは、勤労の美徳と言う発想はありません。 また国家としての福祉とかそういう制度がありません。 
 だから生活保護の制度も全然理解していないでしょう。
 しかしとにかく異教徒が金を出すと言うから毟るだけです。

 アヤーン・ヒルシ・アリによるとソマリアは元来、強固な部族社会で、同じ部族の人間なら、日本人の感覚では親族とも言えない程の遠縁でも助け合うし、逆に違う場合は一切助けません。
 だから生活保護の制度がなければ、何とか自分達同志で助け合ったのかもしれません。

2023y07m13d_112256905.jpg
 
 しかし生活習慣も社会制度も余りと言えば余りに違う上、言葉もできない、さらに言えば学校教育を受けていないのでは、スウェーデンの社会制度を理解できるわけもないのです。
 また学校教育を受けたら、良い仕事が得られると言う社会ではない国から来た人達からすれば、自分はダメでも子供には学校教育を受けさせると言う発想もないのでしょう。

 人間の適応力には限界があります。
 人種や宗教が違っても、例えば学校教育を受けて頑張れば良い仕事や得られると言う社会から来た人なら、とにかく子供の教育を受けさせて、次の世代では移民先に適応するでしょう。
 しかしそういう社会を知らない人達は、一体いつになったら、移民先に適応するのでしょうか?

2023y07m13d_111100057_2023072011372485a.jpg

 それにしてもこんな人達を大量に抱え込んでしまって、スウェーデンはいつまで高福祉社会を続けられるのでしょうか?
 ワタシは高福祉社会が成立するには、いくつかの条件があると思います。

 その中で一番大事なのは、社会の大多数が自立自助の意識が強く、強い勤労意欲を持つっている事です。 また高い公徳心を持ち、納税や公金の使用を正しく行う事です。
 高福祉社会って、国家が何かと助けてくれる社会ですから、最初から勤労意欲が乏しく、貰えるモノは何でも貰って楽をしよう、その為に不正をやるのは無問題と言う人達ばかりになると、アッと言う間に国庫が破綻しますから。

2023y07m13d_111252762.jpg

 スウェーデンが理想の高福祉国家と言われるようになったのは1960年代ぐらからです
 ワタシは高齢者特権で、こうした時代のスウェーデンの話を知っていますが、この頃のスウェーデン人は実際にそういう人達だったようです。
 日本人の感覚ではあまりに自立心が強すぎて、親子兄弟の仲も冷たいようにすら感じる話がありました。

 しかしそういう国民性だから、困った時に親兄弟に頼らない福祉制度が必要と言うのが国民の総意だったし、そしてその為には皆真面目に高い税金を払ったのです。

IMG_0455_20230720113727193.jpg
 
 けれども高福祉社会が続けば、福祉に頼る人が増えてきます。
 そしてその上、スウェーデン人の気質とは全く違う移民を大量に受け入れて、この制度を維持できるのでしょうか?
 
 実際、高福祉のはずのスウェーデンで、現在医療や教育の質は非常に落ちているといわれます。
 救急車を呼んでもいつまでたっても来ないとか、癌で手術が必要でも何年も待たされるとかです。

 しかもこのような状態で、移民に多額の生活保護費を出し続けるって・・・・。

2023y07m13d_112004713_2023072011415604e.jpg
 
 国家の制度ってその国の国民性によるのです。
 スウェーデンの高福祉制度は、自立自助・個人主義・高い勤労意欲・高い公徳心などを備えたスウェーデン国民だからこそ成功した制度です。
 しかしそれとは全く違う国民性の人達を大量に抱え込んでいつまでやっていけるのでしょうか?

 難民や移民を大量に受け入れると言うのは、大変立派な話ですが、しかし一人前の大人の面倒を見ると言う話ですから、どこまでちゃんと面倒を見切れるかを考えないと、結局共倒れになります。

 それにしてもこれって日本も他人事じゃないですね。
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

前エントリーで紹介した、ソマリア取材をしてきたフリー・ジャーナリスト氏によると、ソマリア人社会では一部の能力がある人間に多数の無能で怠慢な人間が寄生する社会であり、しかもその事を寄生している大半の人間たちはおろか、寄生され養っている一部の人間たちさえも、何の疑問も持たないで、当然の事と考えているそうなのです。
そしてこの考え方や習慣を、そのまま、スウェーデンとソマリア難民に置換して考えると、我々先進国民の常識からして異常である状態をソマリア難民(その他中東・アフリカ難民も含む)が、恬として恥じないのも、然もありなんでしょう。

因みに自分がスウェーデンの高福祉制度の事を初めて知ったのは中学2~3年生くらいの時(昭和55~6年)だったかな?

日本駐在フランス人貿易商の、ポール・ボネ氏の著書『不思議の国ニッポン』の中に書かれていた文章で、日本人がヨーロッパ社会を「美しく誤解している」と指摘して、氏の祖国フランスをはじめ、イギリス、ドイツ、イタリアの「美しくない」部分を紹介するなかで、スウェーデンも例に挙げ、「高福祉の代償で、可処分所得に余裕を失ったスウェーデン人は、アクアヴィットを飲みながら、政治討論ばかりの詰まらないテレビばかり視て、希望を持てない若者はアメリカに脱出している」
と述べておりました。
この記事は1970年代末のヨーロッパ事情を著したもののようですが、その頃と現在の我々日本人に、ポール・ボネ氏が言うところのヨーロッパに対する
「美しい誤解」に変化はあまりないのでしょうかね?
  1. 2023-07-20 12:25
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

まあ単純に福祉の負担になってるだけでなく移民がギャング化しちゃってるって問題もありますからねえ。
さらに悪ければテロリストになる。
治安が悪化すればその対策費用がかかる(削ってたらしいですけど)、当然経済活動も回りづらくなるの悪循環なんですよ。
  1. 2023-07-21 05:44
  2. URL
  3. 太朗 #cRy4jAvc
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 前エントリーで紹介した、ソマリア取材をしてきたフリー・ジャーナリスト氏によると、ソマリア人社会では一部の能力がある人間に多数の無能で怠慢な人間が寄生する社会であり、しかもその事を寄生している大半の人間たちはおろか、寄生され養っている一部の人間たちさえも、何の疑問も持たないで、当然の事と考えているそうなのです。
> そしてこの考え方や習慣を、そのまま、スウェーデンとソマリア難民に置換して考えると、我々先進国民の常識からして異常である状態をソマリア難民(その他中東・アフリカ難民も含む)が、恬として恥じないのも、然もありなんでしょう。

 一族の中の成功者がいると一族総出で集るって、中国とかも同じです。 
 中世とかそもそも国家組織が確立していない時代は、家族・親族同志で助け合うしかなかったので、日本やヨーロッパでも同じだったのでしょう。

 だからそれ自体悪とは言えないのですが、しかしその近代国家ってその意識を変える事によって成り立ったのですからね。
 中世に生きる人々が増えると、国家自体が中世に退行するのです。

 ホントに少人数なら多勢に無勢で、少人数の方が、多勢の方に意識を合わせる努力をするのですが、少人数と言っても数千・数万と言う数になるとそうもいかないですよね。
>
> 因みに自分がスウェーデンの高福祉制度の事を初めて知ったのは中学2~3年生くらいの時(昭和55~6年)だったかな?
>
> 日本駐在フランス人貿易商の、ポール・ボネ氏の著書『不思議の国ニッポン』の中に書かれていた文章で、日本人がヨーロッパ社会を「美しく誤解している」と指摘して、氏の祖国フランスをはじめ、イギリス、ドイツ、イタリアの「美しくない」部分を紹介するなかで、スウェーデンも例に挙げ、「高福祉の代償で、可処分所得に余裕を失ったスウェーデン人は、アクアヴィットを飲みながら、政治討論ばかりの詰まらないテレビばかり視て、希望を持てない若者はアメリカに脱出している」
> と述べておりました。
> この記事は1970年代末のヨーロッパ事情を著したもののようですが、その頃と現在の我々日本人に、ポール・ボネ氏が言うところのヨーロッパに対する
> 「美しい誤解」に変化はあまりないのでしょうかね?

 これはワタシも記憶があります。
 日本のマスゴミはひたすら絶賛し続けたのですが、しかし現地の話を読むとそうバラ色でもない話でした。
 
  1. 2023-07-21 10:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> まあ単純に福祉の負担になってるだけでなく移民がギャング化しちゃってるって問題もありますからねえ。
> さらに悪ければテロリストになる。
> 治安が悪化すればその対策費用がかかる(削ってたらしいですけど)、当然経済活動も回りづらくなるの悪循環なんですよ。

 国内にその国に適応できない、言葉もわからない人達を大量に抱え込むって、それだけで大変な事なんですけどね。

 かんぱちさんがスウェーデンの政策を「リベラル原理主義」と言っていましたが、西洋人って基本的に原理主義なんですよね。
 現実的に問題に対応するのではなく、ひたすら理念に従う。
 これは「信念を貫く」と言う意味では、非常に立派なのですが、しかし一方で非妥協的、非現実的な対応しかできないと言う事ですから、非常に危険です。
  1. 2023-07-21 11:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

無教育であるがゆえに、教育に無関心、教育に無関心な親に育てられた子供は教育に無関心な親になる。そのくせ子供だけ多い。貧困が貧困を産む、貧困の悪循環が第三世界における貧困の仕組みですが、そうした世界から移民や難民を入れるのは、貧困の連鎖を輸入するのだという事を如実に示しているのが、各国で起きている移民や難民問題でしょう。
自国で貧困の連鎖を作っている人達は、移住した先でも同じように貧困の連鎖を作ることになるわけで、それが先進国の福祉や医療によって、連鎖の規模が巨大化していくことになるわけです(貧困国では、碌な医療、福祉がないから早死にするので貧困連鎖の規模自体は拡大しません)。
「貧困連鎖」が際限なく巨大化すれば、国民自身が難民化して、難民のいない東欧に逃げ込む(蛮族に蹂躙された西ローマ帝国の臣民のように)、飲み込まれないため、共倒れを防ぐために、辺境の地に原住スウェーデン人の自治区を作って引きこもるという方向に向かっていくかもしれません。
  1. 2023-07-24 12:28
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 無教育であるがゆえに、教育に無関心、教育に無関心な親に育てられた子供は教育に無関心な親になる。そのくせ子供だけ多い。貧困が貧困を産む、貧困の悪循環が第三世界における貧困の仕組みですが、そうした世界から移民や難民を入れるのは、貧困の連鎖を輸入するのだという事を如実に示しているのが、各国で起きている移民や難民問題でしょう。
> 自国で貧困の連鎖を作っている人達は、移住した先でも同じように貧困の連鎖を作ることになるわけで、それが先進国の福祉や医療によって、連鎖の規模が巨大化していくことになるわけです(貧困国では、碌な医療、福祉がないから早死にするので貧困連鎖の規模自体は拡大しません)。
> 「貧困連鎖」が際限なく巨大化すれば、国民自身が難民化して、難民のいない東欧に逃げ込む(蛮族に蹂躙された西ローマ帝国の臣民のように)、飲み込まれないため、共倒れを防ぐために、辺境の地に原住スウェーデン人の自治区を作って引きこもるという方向に向かっていくかもしれません。

 アメリカでは富裕層が城壁で囲また都市中、都市を作っています。
 いずれ先進国の多くで同様の城壁都市ができるんじゃないでしょうか?
  1. 2023-07-24 13:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する