fc2ブログ

2023-07-17 11:15

聖典を燃やす 言論の自由

 スウェーデン警察はユダヤ教の聖典を燃やすデモを許可しました。

 スウェーデン警察、ユダヤ教の聖典燃やすデモを許可
 7月15日 AFP

 AFP=時事】スウェーデン警察は14日、首都ストックホルムにあるイスラエル大使館前でユダヤ教の聖典トーラー(Torah)などを燃やす行為を含む抗議デモを許可したと明らかにした。イスラエルやユダヤ系団体は猛反発している。

【写真】スウェーデンでのコーラン焼却に抗議 パキスタン各地でデモ

 同国では、数週間前にストックホルムの主要モスク(イスラム礼拝所)前でイスラム教の聖典コーラン(Koran)を燃やすデモが行われ、世界中から非難を浴びたばかり。

 今回のデモは15日に予定され、ユダヤ教のトーラーと聖書を燃やすとされている。警察への許可申請書によると、コーランを燃やすデモへの対抗措置で、言論の自由への支持を表明するものになるという。

 ストックホルム警察はAFPの取材に対し、同国の法律に従って公共の場で集会を開くことに許可を与えるのであって、集会の中で行われる活動に許可を与えるのではないと強調。担当者は「警察は、さまざまな宗教文書を燃やす許可を与えているわけではない。公共の場で集会を開き、意見表明することを許可しているにすぎない」「重要な違いだ」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

2023y07m13d_111603729.jpg

 記事にある通り、このデモはイスラム系の団体によるモノで、この少し前にスウェーデン政府がコーランを燃やすデモを許可したことに対する抗議と言うか、反対の為のデモや抗議活動を行われています。

 スウェーデン、またコーラン燃やす抗議活動 トルコ反発、NATO加盟影響も

 当然ですが民主主義国家ではこうした抗議活動は合法です。
 しかしそれに対して、イスラム諸国では激しい反発が起きており、トルコの抗議でスウェーデンのNATO加盟も危ぶまれる状況です。

IMG_0483.jpg

 しかしこれ以前にスェーデンでは、イスラム教徒達がスェーデン国旗を燃やすデモは普通にやっていたし、キリスト教徒への冒涜行為も繰り返していました。
 けれどもスウェーデンは民主主義国家として、このようなデモも禁止してきませんでした。

 だったらコーランを燃やすデモも、またトゥーラを燃やすデモも、禁止できません。
 思想・宗教・信条の自由、表現の自由は、基本的人権ですから、人権大国を自認するスウェーデンがこのようなデモを禁止する事はできないのです。

2023y07m13d_112216585.jpg
 
 それでもこれまで長らくスウェーデン政府は、コーランを燃やすなどイスラム教への抗議活動は「ヘイト」とか「ヘイトスピーチ」などと言う口実をつけて、取り締まってきました。
 一般のスウェーデン人もイスラム教徒を刺激するような言動は慎んできました。
 しかしどうもイスラム教徒側の行為が目に余るようになって、ブチれちゃったみたいです。

 で、本気で抗議活動を始める人達が表れて、政府や警察が文句を言ったら「法で争う」と言われると、政府も警察もコーランを燃やすデモを禁止する方策はないのでしょう。

2023y07m13d_111323634.jpg
 
 そこでコーランを燃やすデモが再々起きるようになったのですが、そうなると今度はイスラム教徒が報復でユダヤ教の聖典トゥーラを燃やすデモをやると言い出しのです。
 
 でも何でユダヤ教?
 何でトゥーラ?

 で、調べてみるとトーラーってモーゼが作ったとされていて、旧約聖書が成立する前のユダヤ教最古の聖典でなのです。
 イスラム教徒がスウェーデン政府がコーランを燃やすデモを許可したことに対して報復すると言うのなら、キリスト教の聖典である新約聖書と旧約聖書を燃やせばようのです。
 或いはパレスチナ政策等についてイスラエルに抗議するなら、ユダヤ教の聖典である旧約聖書を燃やせば良いのです。

 でもこれできないんですね。
 なぜなら旧約聖書と新約聖書は、イスラム教でもコーランに次ぐ聖典とされているので、イスラム教徒としてはこれを燃やすわけには行かないのです。

IMG_0475.jpg

 まあ、どんな宗教の聖典であっても、自分のお金で買った本ですから、それを燃やす事を警察が禁止する事はできません。
 このデモは一応

言論の自由への支持を表明するものになるという。

 と言う理由で申請されているのですから、人権大国を看板している国がこれを禁止する事はできないのです。
 逆に言えばこれを禁止できるなら、スウェーデン国旗を燃やすとか、キリスト教を冒涜するデモも禁止できることになります。

 それにしてもスウェーデンでこういうデモが許可されると言う事は、スウェーデンの人達ももうホントにイスラム教徒の言動にブチ切れていると言う事です。
 そしてこれまで左翼とマスゴミが煽り続けてきた「カワイソウ利権」が崩壊しつつあるのではないでしょうか?

2023y07m13d_112137809.jpg

 1970年代から左翼とマスコミは「差別絶対悪」として、ヨーロッパではイスラム教徒、アメリカは黒人、そしてその後はLGBTなど、特的の属性を持つ集団を「差別されているカワイソウな人達」として、彼等への批判を封殺してきました。
 
 で、そのカワイソウな人達は、国家も法もあらばこそ、不法入国から強姦・殺人などやりたい放題やってきたのです。
 「カワイソウな難民」だからとして入国を認めて、福祉で養ったのに、暴行・強姦・殺人などの犯罪をやりまくって、治安が恐ろしく悪化しました。
 
 そういう状況にたいして一般国民が遂にブチ切れて、このような「カワイソウな人」が特権階級になっているような状況を変えようとし始めたわけです。

 そうですよね。
 人権を尊重する民主主義国家で、こんなの放置するべきじゃないのです。
 スウェーデン国旗を燃やすデモをやって良いなら、コーランを燃やすデモだってやってい良いのです。 ユダヤ教の聖典を燃やすデモだって無問題です。

IMG_0453.jpg
  
 宗教、人種、民族などについて特定の集団が「差別されている」などと言う理由で、批判を禁じるなんて状況が続いて良いわけないのです。

 黒人を非難するのがダメなら、白人を非難するのもダメ。
 イスラム教徒を非難するのがダメなら、キリスト教を非難するのもダメ。
 
 白人を非難して良いなら、黒人を非難しても良い。
 キリスト教を非難して良いなら、イスラム教を非難しても良い。

 これが本来の民主主義国家のルールです。
 漸くそのことに社会が気付いたのです。

  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

本当に、遅すぎるくらいに。
そしておそらくはもう手遅れだろうから、行くところまでいくしかない。
憂鬱なのは、日本だと西・北欧のやって来た失敗を、周回遅れでなぞろうとしていること。
あちらでようやく気づき、反動が目立つようになったにもかかわらず、わざわざ同じ過ちを繰り返そうとしている。
だからハッキリ言う。
この国に未来はないし、氷河期世代をはじめ真の社会的弱者は生きているうちに救われることがかなわない。
  1. 2023-07-17 20:57
  2. URL
  3. とおりすがり #-
  4. 編集

とおりすがり さんのコメントを読んで

いつも私がコメントに書いている事とは真逆の事を書きますが・・・

移民問題は、じつはそれほど悲観する必要はありません。なぜなら 「一度入れてしまったら、もう終わり」 というのが、私たち日本人の国民性を投影した 「思い込み」 だからです。

日本人には 「郷に入っては郷に従え」 という価値観以外にも 「一所懸命」 「骨をうずめる覚悟で」 などの価値観があって、移住先に "溶け込もう" "定着しよう" とするわけですが、「郷に入っても郷には従わない人達」 は逆に 「1か所には定住せず、移住をくり返す人達」 なのです。

日本ではバブルの頃にイラン人のビザを免除したために、1980年代~1990年代の都内の繁華街が、偽造テレホンカードを売る怪しいイラン人だらけになったことがあります。しかし今の日本では、イラン人はそれほど見かけません。ほとんどが帰国したか、第三国に再移住したからです。

私が今、住んでいる北関東には、ちょっと前まではブラジル人やペルー人がたくさんいましたが、こちらも最近はあまり見かけなくなりました。やはり帰国したか、英語圏の国に再移住したのでしょう。(中南米の人達が一番住みたい国はアメリカなので、彼らはアメリカのビザが取れると、あっという間に荷物をまとめて出ていきます。)

言い方は悪いけど、「1か所に定住せず、移住をくり返す人達」 の習性は、イナゴと同じです。彼らは、より良い生活を求めて、簡単に仕事も替えるし、住む場所も替えます。しかし、それでは当然、仕事のスキルも身につかなければ、その国の言語すら身につかないので、どこへ行っても低賃金の単純労働にしか就けません。しかし彼らには、それが理解できません。

そして今いる場所よりも、ちょっとでも良い暮らしができそうな場所を見つけると、簡単に、何度でも、移住します。イナゴと同じなので、増えすぎると作物を食い尽くされてしまう恐れがありますが、幸いなことに今の日本は、そのレベルまでは全然いってません。

-追伸-
今年も関東の内陸部では、最高気温が人間の体温を超える季節になりました。日本列島は自然災害が世界一多い場所だし、低賃金の単純労働にしか就けないような外国人には、決して暮らしやすい場所ではありません。
  1. 2023-07-18 07:32
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

はずかしい韓国人

デモで日本国旗を燃やすのが常態化してるお隣の韓国。
正直、これだけ飛びぬけて馬鹿だと恥かしくて何も言えない、近所に住んでいる国と言うだけでも情けない。
  1. 2023-07-18 08:57
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 本当に、遅すぎるくらいに。
> そしておそらくはもう手遅れだろうから、行くところまでいくしかない。
> 憂鬱なのは、日本だと西・北欧のやって来た失敗を、周回遅れでなぞろうとしていること。
> あちらでようやく気づき、反動が目立つようになったにもかかわらず、わざわざ同じ過ちを繰り返そうとしている。
> だからハッキリ言う。
> この国に未来はないし、氷河期世代をはじめ真の社会的弱者は生きているうちに救われることがかなわない。

 遅すぎる事は確かですが、それを嘆いても仕方ないです。
 これから地道の巻き戻す為の方法を考えて、実行していくしかありません。
  1. 2023-07-18 09:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: とおりすがり さんのコメントを読んで

> いつも私がコメントに書いている事とは真逆の事を書きますが・・・
>
> 移民問題は、じつはそれほど悲観する必要はありません。なぜなら 「一度入れてしまったら、もう終わり」 というのが、私たち日本人の国民性を投影した 「思い込み」 だからです。
>
> 日本人には 「郷に入っては郷に従え」 という価値観以外にも 「一所懸命」 「骨をうずめる覚悟で」 などの価値観があって、移住先に "溶け込もう" "定着しよう" とするわけですが、「郷に入っても郷には従わない人達」 は逆に 「1か所には定住せず、移住をくり返す人達」 なのです。
>
> 日本ではバブルの頃にイラン人のビザを免除したために、1980年代~1990年代の都内の繁華街が、偽造テレホンカードを売る怪しいイラン人だらけになったことがあります。しかし今の日本では、イラン人はそれほど見かけません。ほとんどが帰国したか、第三国に再移住したからです。
>
> 私が今、住んでいる北関東には、ちょっと前まではブラジル人やペルー人がたくさんいましたが、こちらも最近はあまり見かけなくなりました。やはり帰国したか、英語圏の国に再移住したのでしょう。(中南米の人達が一番住みたい国はアメリカなので、彼らはアメリカのビザが取れると、あっという間に荷物をまとめて出ていきます。)
>
> 言い方は悪いけど、「1か所に定住せず、移住をくり返す人達」 の習性は、イナゴと同じです。彼らは、より良い生活を求めて、簡単に仕事も替えるし、住む場所も替えます。しかし、それでは当然、仕事のスキルも身につかなければ、その国の言語すら身につかないので、どこへ行っても低賃金の単純労働にしか就けません。しかし彼らには、それが理解できません。
>
> そして今いる場所よりも、ちょっとでも良い暮らしができそうな場所を見つけると、簡単に、何度でも、移住します。イナゴと同じなので、増えすぎると作物を食い尽くされてしまう恐れがありますが、幸いなことに今の日本は、そのレベルまでは全然いってません。
>
> -追伸-
> 今年も関東の内陸部では、最高気温が人間の体温を超える季節になりました。日本列島は自然災害が世界一多い場所だし、低賃金の単純労働にしか就けないような外国人には、決して暮らしやすい場所ではありません。

 そうですね。
 そう言えばバブルの頃溢れていたイラン人がいつの間にかいなくなりました。

 今は円も下がり外国人にすれば、日本への移住や出稼ぎは美味しくないですし。
 
 

 
  1. 2023-07-18 09:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: はずかしい韓国人

> デモで日本国旗を燃やすのが常態化してるお隣の韓国。
> 正直、これだけ飛びぬけて馬鹿だと恥かしくて何も言えない、近所に住んでいる国と言うだけでも情けない。

 韓国での日本と日本人ヘイトは常態化しています。
 日本政府がこれに抗議しないなら、日本で韓国旗を燃やしたり、韓国を罵倒するデモをやっても無問題のはずですけどね。
  1. 2023-07-18 09:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

どの動画だったか忘れたけど、飯山陽氏が 「なにもNATOに加盟しようとしているこのタイミングで、トルコを怒らせるような事をしなくてもいいだろうに。北欧のそういうところは『リベラル原理主義』だ。」 と言ってましたね。「リベラル原理主義」、たしかに・・・。

それから、占い師けんけん氏が 「今までの動画の中で一番危険な動画」 として 「未解決事件『悪魔の詩』翻訳者殺人事件」 を取り上げてますね。

じつは、犯人はバ〇グラ〇シュ人の留学生だと判っていたが、イスラム教の国々との関係悪化を恐れた日本政府が捜査を中止させた・・・という都市伝説のような話も紹介していますが、充分あり得ると思いました・・・というか、日本人らしくない猟奇的な事件で未解決のものって、犯人は外国人だろうと、私は思ってます。(世田谷一家殺人事件とか、赤報隊事件とか)

一番触れたら危ない事件 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=7DJVKOqwQGo

一応、「イスラム教徒が、みんなそういうわけではない」 とは言ってるけど、本心ではないでしょう。なお、この動画で初めて知りましたが、日本語以外の翻訳者も殺害されたり、原作者も襲撃されて障碍が残る怪我を負ったりしているそうです。
  1. 2023-07-19 21:43
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> どの動画だったか忘れたけど、飯山陽氏が 「なにもNATOに加盟しようとしているこのタイミングで、トルコを怒らせるような事をしなくてもいいだろうに。北欧のそういうところは『リベラル原理主義』だ。」 と言ってましたね。「リベラル原理主義」、たしかに・・・。
>
> それから、占い師けんけん氏が 「今までの動画の中で一番危険な動画」 として 「未解決事件『悪魔の詩』翻訳者殺人事件」 を取り上げてますね。
>
> じつは、犯人はバ〇グラ〇シュ人の留学生だと判っていたが、イスラム教の国々との関係悪化を恐れた日本政府が捜査を中止させた・・・という都市伝説のような話も紹介していますが、充分あり得ると思いました・・・というか、日本人らしくない猟奇的な事件で未解決のものって、犯人は外国人だろうと、私は思ってます。(世田谷一家殺人事件とか、赤報隊事件とか)
>
> 一番触れたら危ない事件 - YouTube
> https://www.youtube.com/watch?v=7DJVKOqwQGo
>
> 一応、「イスラム教徒が、みんなそういうわけではない」 とは言ってるけど、本心ではないでしょう。なお、この動画で初めて知りましたが、日本語以外の翻訳者も殺害されたり、原作者も襲撃されて障碍が残る怪我を負ったりしているそうです。

 ワタシもこの事件は犯人が分かっていると思いました。
 この教授は深夜大学内で殺されました。 大学の警備なんて甘いのですが、しかしこの教授が深夜まで大学に残っている習慣があったとか、深夜になれば他に人がいなくなるとか、そうした状況がわからないとああ言う形での殺害は不可能です。

 それで犯人か或いは協力者が、あらかじめ留学生等の名目で数か月、この教授の研究室に入り込み、教室の様子や教授の行動パターンを確認していたのだと思います。 
 これだと殺害の翌日、帰国した留学生が怪しまれて当然でしょう?
 
 しかしこれだと指紋とか足跡のような物証を警察が抑える事もでないので、逮捕状を取る事も難しいです。 犯人が日本にいれば別件逮捕して身柄を拘束した上で、物証を探す事や自白させることもできたのですが、直ぐに外国に逃亡されたのではかなり難しかったのでしょうね。

 警察もお手上げだったのでは?

 因みにあの「悪魔の歌」は近所の図書館にもあって、ワタシも読みかけたのですが、全然面白くないので少し読んでギブアップしました。

 普通なら街に図書館に置かれるような本ではないけれど、あれだけ死人を出した本となれば、好奇心が湧いて、市民からの購入リクエストが出たのでしょうね。
 
 結局あの騒ぎが、本の宣伝になったのではないかと思います。
 ホメイニ氏側では本の宣伝になるのを承知で、こうしてテロ予告をする事で信者を鼓舞し、引き締めるのが目的だったのだと思います。
  1. 2023-07-20 10:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する