fc2ブログ

2023-01-07 11:49

住民監査請求と表3

 1月4日、暇空茜氏の住民監査請求の結果が、都のホームページで公開されました。
 するとなぜか監査対象になったColaboが勝利宣言しました。
 監査委員会は「本件精算には不当な点が認められ、本件請求には理由がある」として東京都に2月28日までの再調査を命じたのにです。

 それでもColaboが勝利宣言をしたのは、監査中に「表3」などと言う物が出てきたからです。
 この表3の問題は暇空氏が、動画で解説しています。


https://www.youtube.com/watch?v=OrJ4v-_q0jM

 でもワタシも簡単に解説します。

 暇空茜氏は都に情報開示を請求して、Colaboの事業報告書や会計報告書など、公式に都に提出された書類を出させました。
 これに対して都側は、多くの部分を真っ黒に塗りつぶしたのり弁状態の書類を提示しました。 何とColaboの定款や組織図まで真っ黒でした。
 
 それでも暇空氏は黒くない部分と、Colaboが支援者向けに公開しているHPから、Colaboの経理内容や事業内容を分析しました。
 するとどう考えても辻褄の合わない数字がゾロゾロ出てきたのです。

 そこで暇空さんは東京都住民監査委員会に、監査請求をしたのです。
 しかしこれは一旦退けられました。
 暇空さんは経理や財務の専門家ではないので、用語等でのミスなど色々あったようです。 因みにここまでは暇空さんが一人でやりました。 

 けれども諦めず、問題部分を訂正して、再度監査請求を出したのです。
 しかしこの後、自費で弁護士を雇い、監査請求が棄却された場合には、住民訴訟も視野に入れた状態で、再度監査請求をしたのです。
 すると今度は棄却されず、監査委員会は監査を開始しました。

 ところがここで出てきたのが、「表3」なのです。
 これはColaboが都に提出していた会計報告書や事業報告書とは、別途に出てきた表で、内容はColaboが都に委託された事業を行う為に必要な経費を書き出しているのです。
 そしてその合計額は都から事業委託費として受け取った予算を、わずかに上回っているのです。 上回った分はColaboが自腹を切ったのだと言うのです。
 すると監査委員会はこの「表3」を見て「表3を見る限り、Colaboに問題はない」として、暇空氏が監査請求の対象にした問題の大部分を退けたのです。

 Colabo側はこれをもって勝利宣言したのです。
 しかしそれでもやはり、Colaboの経理と事業には、かなりの問題が残ったので、監査委員会としては「本件精算には不当な点が認められ、本件請求には理由がある」と結論せざるを得なくなったのです。
 そして東京都に2月28日まで、再調査を行うように命じたのです。

 だからこの監査結果については、暇空氏側も非常な不満があるようです。
 ワタシもこれはいくら何でもオカシイと思います。

 暇空さんが住民監査請求で指摘したように、Colaboが東京都に提出した会計報告書の数字は信じがたく出鱈目でした。
 事業報告書の報告も酷い物でした。
 さらに言えば、貸借対照表など毎年提出義務のあった書類が、監査請求が通るまで提出されていなかったのです。
 
 しかし会計報告書や事業報告書は都に提出義務のある公式書類です。
 でもColaboの会計は表3が正しいなら、Colaboはこれまで都に対して虚偽の会計報告を出していた事になります。
 これではこれまで都は虚偽の会計報告書を元にColaboを監督していたことになります。

 さらに言えばこの表3の数字は、Colaboが自身のHPに掲載していた決算報告とも違うのです。 これは寄付やボランティアとしてColaboの活動を支援してきた人々にも虚偽の説明をしていたことになります。
 Colaboの活動には東京都から得た事業委託費では足りなくて、支援者の寄付やボランティア活動で成り立っているのであれば、猶更その事実を正確にHPに掲載して、支援者に感謝するべきでしょう。

 それにしても本来の住民監査委員会の立場なら、表3のような物が出てきた事自体を大問題にするべきなのです。
 もし都から事業を委託された別の業者、例えば道路の修理を委託された道路工事業者などが、都に請求した経費の水増しを指摘されたときに、別の請求書を出して「イヤイヤ、あれは正しい請求書ではありませんでした。 こちらの請求書の明細書が正しいのです。」と言い出すような話です。
 そんなの通用すると思いますか?

 だから暇空氏は今回の監査請求の請求結果を不服として住民訴訟を起こすそうです。
 また今回の請求結果を受けての再調査結果は2月28日に出るのですが、それについても不服として訴訟をする予定だそうです。
 勿論、再調査結果は2月28日までわかりませんから、訴状等はかけないのですが、しかしこれまでの経緯を見れば、マトモな物が出てくるとは思えませんから、訴訟の覚悟は必要でしょう。

 因みに暇空氏がこれだけバンバン訴訟を行う事ができるのは、現在暇空氏の訴訟費用として集まったカンパの額が、68000万円を超えているので、訴訟費用の心配はないからです。
 勿論、訴訟は費用だけでできる物ではないのですが、しかしそれにしてもここまでの費用が集まる所を見ると、暇空氏への支持がどれほど強いかがわかります。
 暇空氏の卓抜した知性、強い意志、そして自腹でこれを支援する多数の支持者が、この戦いを可能にしているのです。

 それにしてもこれを見て思うのは、住民監査請求の大変さです。
 この経緯はディリー新潮が暇空氏のインタビュー記事を書いています。

 「Colabo問題」追及で7000万円の支援金を集めた男性が独占告白「これはネット界におけるウクライナVSロシアの戦争です」

 暇空氏は政治活動の経験は一切ないけれど、所謂ツィフェミ達の異常な行動に不信感をもってその中の急先鋒仁藤夢乃氏と彼女が主催する団体Colaboについて調べ始めたのです。 
 そしたらこの団体への異常な公金注入に驚き、この住民監査請求に繋がりました。

 しかしこれは想像するだに大変な作業です。
 都に情報開示を請求して、出てきた真っ黒な書類を地道に読み解き、疑問が出たらまた情報開示請求をして別な書類を出させる。
 関連する都条例を調べる。
 これを全部1人でやるって、気が遠くなります。
 
 暇空氏は卓抜した知性の持ち主で、意思が強く、しかも無職で資産家と言う立場だったので、有り余る「暇」をこれに費やしました。 だからこのような住民監査請求ができたのです。
 一般人がこれをやろうとすれば、会計の専門家、行政の専門家などを加えてチームを作らないと不可能でしょう。

 逆に言うと、暇空さんの住民監査請求が通ったと言う事は、一般住民がこの制度を利用するのは実は非常に難しいと言う事です。
 そうなるとこれまで出されて住民監査請求が、なぜ棄却されたかも想像できます。

 例えば安倍総理の国葬についての住民監査請求が、日本各地の自治体に出されています。 
 安倍総理の国葬に不満を持つのは自由ですが、しかし国葬は閣議で決定した事で、予算も内閣が出しています。
 地方自治体はこれについて何の権限もありません。
 それで自治体に国葬への住民監査請求を出しても通るはずもなく、全部速攻で棄却されました。

 住民監査請求をしたのは、勿論日本各地の反安倍左翼団体で、連中だってこの請求が速攻で棄却される事ぐらいはわかっていたのでしょう。
 しかし彼等は反安倍の政治的パフォーマンスの為に、安倍総理国葬への住民監査請求を出したのです。
  
 住民監査請求が通る確率は0.3%と言われますが、しかしこのような形で左翼団体がこの制度を利用している以上、通る確率が僅少になるのは当然です。

 因みに東京でColabo問題以前に住民監査請求が通ったのは、舛添知事がコンサートに公用車を使った例だけです。 そしてこれで舛添知事は辞任することになりました。
 そしてこれを見ると、東京都と更に住民監査委員会までが、必死にColaboを庇う理由がわかります。
 公用車でコンサートに行っただけで失脚ですからね。
 Colaboの不正会計が明らかになれば、小池百合子もアウトです。

 しかし住民監査委員会と言うのは、元来都からも中立の立場で、都政の不正を監視するのが仕事なのです。 それがなぜか表3なんてモノを認めて、必死にColaboの不正を矮小化しようとしているのは大問題でしょう?

 だから暇空氏はこの監査結果を不服とした住民訴訟を行うと宣言しているのです。

 住民監査請求は有権者が、公金の使途を追求し、自治体の不正を暴く為の重要な制度です。
 けれどもColabo問題を通してみると、この制度を実際に市民が利用するのは実に大変なのがわかります。 
 そして今回の暇空さんによる住民監査請求は、史上初めてこのハードルを越えて、本来の住民監査請求を行った例になります。
 これは日本の民主主義が本当の意味で成熟したことの証ではないでしょうか?
  1. 馬鹿フェミ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

日本の問題点

行政の強い者には巻かれ弱き一般人には冷たいという事が今回のColabo問題で改めて表面化しましたねぇ…暇空氏の孤軍奮闘のおかげで風穴がちょっとだけ開きました。監査委員は月給90万で5人で年5000万位の経費がかかっていると呆れてツイートしていたが本当に都民の税金をここまで無駄使いしている東京都ならColaboに対してもざる経理だったんだろうと察しがつきます。都知事があれですから(石原氏だったら違っていただろう)全く信用出来ない。マスゴミに頼れない現状ではSNSが最後の砦となるしかない。
  1. 2023-01-07 15:00
  2. URL
  3. 日本思い人 #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2023-01-07 16:00
  2. #
  3. 編集

表3の出所は

表3の出所(書いた立ち場)は誰なのでしょうか?
都知事と党が結束したら、潰せるんでしょうか?
  1. 2023-01-07 18:12
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

表3について

https://www.kansa.metro.tokyo.lg.jp/PDF/08jumin/4jumin/4jumin5.pdf
この文書のP17の終わりの行からが表3の説明となるとおもいます。

少し前からの抜粋です。

事業実績額が事業所要額と同額であることについて、監査対象局の説明によれば、
実際の実績額は、(表1)の事業実績額とは異なり、それ以上に生じ
ているというのであり、
(表1)の事業実績額は、実際の経費が本件委託料の上限額を超えたことから、その超えた部分は本件委託料とは別の法人Aの活動に係る財源で賄い、本件委託料の上限額までを記載することで事業実績額とし、本件精算の基礎にしたというのである。

そこで、法人Aの本事業実施に係る収支に関する帳簿、領収書その他の諸記録(以下「本件帳簿記録」という。)を調査したところ、本事業の実施に必要な経費として法人Aが台帳に記録した経費(以下「本件経費」という。)は次のとおりであった。
(表3)

抜粋終わり。

抜粋にある監査対象局とは福祉保健局、
表3を提供したのは法人A(P13の関係人調査の対象)と思います。

そして、P21のエで監査側が表3の基となった資料等を検証して、
結論として監査請求には理由があるとしている。

どうなるんでしょうね。
  1. 2023-01-07 19:50
  2. URL
  3. Mr.T #mQop/nM.
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2023-01-07 20:31
  2. #
  3. 編集

Re: 日本の問題点

> 行政の強い者には巻かれ弱き一般人には冷たいという事が今回のColabo問題で改めて表面化しましたねぇ…暇空氏の孤軍奮闘のおかげで風穴がちょっとだけ開きました。監査委員は月給90万で5人で年5000万位の経費がかかっていると呆れてツイートしていたが本当に都民の税金をここまで無駄使いしている東京都ならColaboに対してもざる経理だったんだろうと察しがつきます。都知事があれですから(石原氏だったら違っていただろう)全く信用出来ない。マスゴミに頼れない現状ではSNSが最後の砦となるしかない。

 とりあえず貴方が暇空さんのカンパにできるだけ応じられてはいかがですか?
 
  1. 2023-01-08 10:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 表3の出所は

> 表3の出所(書いた立ち場)は誰なのでしょうか?
> 都知事と党が結束したら、潰せるんでしょうか?

 これが今一はっきりしないのです。
 暇空氏は最初、Colabo側が出したと思っていたのですが、実は監査委員会が作ったともとれる節があるのです。

 この表3はColaboの帳簿から資金の流れを見てできた物と言うのですが、しかしそんなちゃんとした帳簿があるなら、何で都に提出した会計報告書が滅茶苦茶なのかもわかりません。
 最初から表3を会計報告書として提出しておけば問題はなかったはずです。
  1. 2023-01-08 11:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 表3について

> https://www.kansa.metro.tokyo.lg.jp/PDF/08jumin/4jumin/4jumin5.pdf
> この文書のP17の終わりの行からが表3の説明となるとおもいます。
>
> 少し前からの抜粋です。
>
> 事業実績額が事業所要額と同額であることについて、監査対象局の説明によれば、
> 実際の実績額は、(表1)の事業実績額とは異なり、それ以上に生じ
> ているというのであり、
> (表1)の事業実績額は、実際の経費が本件委託料の上限額を超えたことから、その超えた部分は本件委託料とは別の法人Aの活動に係る財源で賄い、本件委託料の上限額までを記載することで事業実績額とし、本件精算の基礎にしたというのである。
>
> そこで、法人Aの本事業実施に係る収支に関する帳簿、領収書その他の諸記録(以下「本件帳簿記録」という。)を調査したところ、本事業の実施に必要な経費として法人Aが台帳に記録した経費(以下「本件経費」という。)は次のとおりであった。
> (表3)
>
> 抜粋終わり。
>
> 抜粋にある監査対象局とは福祉保健局、
> 表3を提供したのは法人A(P13の関係人調査の対象)と思います。
>
> そして、P21のエで監査側が表3の基となった資料等を検証して、
> 結論として監査請求には理由があるとしている。
>
> どうなるんでしょうね。

 しかも監査委員会側は、領収書などの問題を指摘して、監査請求には理由があると言っているわけです。 
 だったら表3の作成に使われた帳簿や領収書は信用できない事になります。
 完全に論理矛盾です。

 そもそもこんな表3を監査委員会が取り上げるもオカシイしのです。
 そもそも住民監査請求の監査委員会は、都に提出された公式書類以外Colabo側の帳簿等を強制的に調べる権限があるのでしょうか?
 表3の元になったのはColabo側の帳簿や領収書から作られたと言うのですから、監査委員会がそれを調べる権限がなければ作れないです。

 しかしそれにしても不可解です。
 Colabo側が表3の元になる帳簿や領収書を持っているのなら、都への会計報告もこれを元に作っていれば暇空氏だって、この件で住民監査請求はしていません。

 Colaboが都から委託された事業の実施で、必要な経費が都からの予算を上回ってしまい、その分は自腹で出したとしても、それをそのまま都への会計報告書に書いても全然問題はないのです。 むしろ自分達は足りない分を自腹で出したのだから来年は予算を増やしてほしいと言えるわけです。
 
 また寄付金やボランティアを集める為に発信しなければならない情報です。

 それなのにColabo側はきちんとした会計報告書を出さす、都もそれを精査しないできた。
 これだけで十分大問題です。
  1. 2023-01-08 11:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

取り止めもなく

枡添知事の時は、都庁、議会までもが結託して政党人として異端の舛添知事個人を、世界にも陳な恥辱で引きずりおろした訳ですよね。
今回は都の福祉予算と国の予算を、反社反政権の組織の活動家が女性貧困、福祉の隠れ蓑での反社活動に食い込み、都の与党、行政組織が反社活動に使っているのも承知で黙認もしくは一蓮托生に活動していた大事件である。都の自民党は声もでないのか?

福祉予算の用途に行政上の手続きに問題なしと片付けられる可能性はあるけど。都と国の福祉予算を沖縄基地のデモとか韓国の慰安婦運動の応援に活動家の人件費に?、貧困で自由奔放な子女の修学旅行代わりの教育活動に使ったとでも言い訳できるのだろうか?
今回の監査請求で、実際の用途が白日に晒される事が出来るのだろうか?

歴史的にも、韓国を修学旅行に選んで、高校生に慰安婦の嘘話を聞かせて土下座させていた教育をしていた高校が沢山あったらしいけど。
こんな、都知事、政党を選ぶ都民は矢張りバカであろうか、都民の糞尿で発電することに異常な関心を示した区長も居るらしいし都はゴッサム・シティに成るのだろうか。
追申
表3で勝利宣言って? 馬脚も良いとこで彼らがごり押しして出させたから、彼らの言い分が通ったと「勝利宣言」。何時ものボケですよね。
  1. 2023-01-08 11:23
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 取り止めもなく

> 枡添知事の時は、都庁、議会までもが結託して政党人として異端の舛添知事個人を、世界にも陳な恥辱で引きずりおろした訳ですよね。
> 今回は都の福祉予算と国の予算を、反社反政権の組織の活動家が女性貧困、福祉の隠れ蓑での反社活動に食い込み、都の与党、行政組織が反社活動に使っているのも承知で黙認もしくは一蓮托生に活動していた大事件である。都の自民党は声もでないのか?
>
> 福祉予算の用途に行政上の手続きに問題なしと片付けられる可能性はあるけど。都と国の福祉予算を沖縄基地のデモとか韓国の慰安婦運動の応援に活動家の人件費に?、貧困で自由奔放な子女の修学旅行代わりの教育活動に使ったとでも言い訳できるのだろうか?
> 今回の監査請求で、実際の用途が白日に晒される事が出来るのだろうか?
>
> 歴史的にも、韓国を修学旅行に選んで、高校生に慰安婦の嘘話を聞かせて土下座させていた教育をしていた高校が沢山あったらしいけど。
> こんな、都知事、政党を選ぶ都民は矢張りバカであろうか、都民の糞尿で発電することに異常な関心を示した区長も居るらしいし都はゴッサム・シティに成るのだろうか。
> 追申
> 表3で勝利宣言って? 馬脚も良いとこで彼らがごり押しして出させたから、彼らの言い分が通ったと「勝利宣言」。何時ものボケですよね。

 Colabo支持者ってなんだか完全にずれているみたいで、彼等こそColaboの足を引っ張っているようです。

 因みに大都市って世界中どこでも行政が出鱈目になるようですね。 アメリカでもNYやロスアンジェルスなど大都市は、過激な左翼が首長になって、行政を滅茶苦茶にしているようです。
 
 東京都知事になるには、何より知名度が必要で、限られた有名人の中から候補者を選ぶ事になるから、こういう問題が起きるのでしょう。 これは世界中どこでも同じでは?
 
 
  1. 2023-01-08 11:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する