fc2ブログ

2022-12-24 12:14

冬の停電を思う

 一昨日の夜、雨が降りました。
 11月30日に初雪が降ってから随分と雪が降り続き、完全に根雪になったのに雨です。

IMG_3059.jpg

 しかも昨日は一日雪が降り続きました。
 べったりと重い雪です。
 だから道はグチャグチャになっています。 

IMG_3062.jpg

 しかし道東は強風が吹き荒れて、送電線の鉄塔が倒れて、停電になるなどもっと大変な事になっています。
 胆振東沖地震によるブラックアウトの時に、これが冬なら大変な事になっていただろうと想像していたのですが、実際にその冬の長時間停電が起きているのです。

IMG_3092.jpg

 冬の停電が怖いのは暖房器具が使えなくなるからです。
 北海道で一番一般的な暖房は、大型の温風石油ストーブです。 実は現在の我が家も暖房はこの大型温風石油ストーブ一つです。
 しかしこれは電気がないと動きません。
 だから停電になると止まるのです。

IMG_3102.jpg

 電気なしで稼働するのは、ポット式の小型の石油ストーブと薪ストーブぐらいです。
 ワタシは以前の家ではポット式石油ストーブを使っていました。
 小型のポット式石油ストーブを二つ使うと、14畳ぐらいの部屋が気持ちよく温まりました。

IMG_3109.jpg

 温風ではなく輻射熱なので、傍にいると凄く気持ちが良かったです。
 よもさんもいつもストーブの傍の一番温かい場所で寝ていました。
 ストーブでお湯を沸かしたお湯を湯たんぽに使う事もできました。

IMG_3112.jpg

 でも集合住宅の賃貸では、殆ど禁止されています。
 今、ワタシが住んでいる所も禁止です。
 だから引っ越しの時に処分してきました。
 
IMG_3116.jpg

 ストーブだけなら緊急用に持ってくることも考えたのですが、しかしそうなると灯油も備蓄しなければ意味がありません。
 灯油の入ったポリタンクを持ち込むのはさすがに気が引けました。

IMG_3118.jpg

 だから札幌で長時間停電が起きたら、ワタシも凍えるしかありません。
 そして長時間停電になって怖いのは、建物の温度が下がり続ける事で、水道管始め建物内の水の配管が凍り付いて破裂することです。

IMG_3120.jpg

 破裂を防止するには「水落とし」をするしかありません。
 北海道建物の配管には、この「水落とし」の為の便がついているので、水落とし自体は簡単です。
 
IMG_3129.jpg

 水道菅凍結防止のもう一つの方法は、水を出しっぱなしにする事です。
 少しづつですが水を出しっぱなしにして、水道管の中の水が常に流れるようにしておくと、余程の低温にならない限り凍結しません。

IMG_3131.jpg

 けれどもスティーム暖房の配管などの凍結はどうやったら防止できるのでしょうか?
 大規模な集中暖房の場合、厳冬期の停電時、これをどうやって管理するのかは、全く見当がつきません。

IMG_3134.jpg

 今回の道東の停電は、強風による送電線の鉄塔倒壊が原因なので、道東だけの話でしたが、どこの鉄塔が倒れるかなんて完全なロシアンルーレットです。
 そして泊原発が未だに稼働していないのですから、全道ブラックアウトがまた起きない保障もないのです。

IMG_3140.jpg

 胆振東沖地震のブラックアウトでは二人の死者が出ました。 しかし死にかけた人は70人と言われます。
 この70人は人工透析機など医療機器を使って自宅療養していた人達ですが、長時間の停電で病院への移動に大変な目に遭った人達です。

IMG_3152.jpg

 でも冬のブラックアウトなら、ロードヒーティングも止まり、除雪にも大変な支障が出るのです。
 救急車の移動だって胆振東沖地震の時とは比べ物にならない困難が想像されます。

IMG_3153.jpg

 昨日の夕方、妹がクリスマスの御馳走を色々差し入れてくれました。
 ケーキ屋さんはどこも予約のケーキやホールケーキしか置いてなくて、ワタシの為のケーキを買うのに大苦心したそうです。
 あんなグチャグチャの道をケーキ屋さんを回るのは大変だったでしょうに。

 そして札幌は今の所、停電の心配もないようです。
 だからワタシは今夜は楽しいクリスマスを祝えます。
 でも、実は板子一枚下は地獄なのだと思います。
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

このエントリーを読んで、慌てて実家に電話しましたら、我が老母が電話に出て、幸い我が実家のある地域は停電ではなく、それより北の方だとのこと。
もちろん、停電をくらっている地域の方々は申し訳ないけど、とりあえず安心しましたが、こういう危険がある地域には、その危険を未然に防ぐ為のインフラ投資の財政出動を願ってやみません。まあ、日本全国何処であれ、北なら北なりの、南なら南なりの自然災害による某かのインフラ破損の危険は常時存在するのですがね。
自分は基本的には反増税派ですが(官僚以外に増税を好きなヤツはいないだろうけど)、それでも増税するなら、その分、こういう件での危機管理対策に使ってほしいですね。怪しげな人権ナンタラ関係と違って、マジで多くの人命に関わる事項ですから。
  1. 2022-12-24 15:50
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

お二人のところよりは生ぬるい冬を過ごしている私ですが、それでも私は寒いです~~~~~!
夏の暑さのプレミアがありません!そんなのないわ~~~。


電線を地下に埋めることが対策?
道東はこちらから考えても凄い風の吹くところみたいですが・・・
  1. 2022-12-24 17:30
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

「たかが電気」と言ったお金持ちがいたけど

こんばんは。

よもぎねこさんの仰る通り、
冬の北海道の停電は、寒い!暗い!だけでは済まないんですよね。
東京の人も病院のことまでは想像出来るのでしょうが
内陸ならば氷点下20℃で、雪も積もるだけでなく、運が悪ければ大吹雪のなか
発電所や電線や水道や物流などインフラを維持したり修復するのには
どれだけ厳しい作業が必要なのかわからなのでしょうね。
復旧前にどれだけの方が取り返しのつかないことになるのか、ほんとうに恐ろしい事です。

4年前のブラックアウトのとき
北海道のストーブは電気なくても使えると自信たっぷりに言った自称北海道通の芸能人や
薪ストーブを使えばいいのとツイートしたマスコミの人がいました。

最近の冬の嵐でえりも町の太陽光パネルは半分吹き飛んだそうです。
少なくても道民は綺麗事に惑わされず、
命に直結している電気の維持を真剣に考えてほしいです。
  1. 2022-12-24 21:22
  2. URL
  3. キラキラ #-
  4. 編集

エコとコスト競争力

かなり前まで、庭木の枝葉が引き込み線に当たるから切らせてくれと、東電関係者が定期的に来ていたのが、今は全然来ません。
買電契約者が東電以外の人が増えたんでしょうね、自然エネだか民間の契約会社が送配電まで責任感無いでしょうから、国土の送配電全体のメンテが為されず全てがほったらかしになるんでしょうね。

東電も有線電話も定期的に、例えば10年に一度、故障してなくても部品交換とかが行われていたんですけど、経済的に故障してから直すと言うやり方に成ったんでしょうね。
インフラの重要さを理解しないで公費をせめたてるだけのそれがエコと言う事だと、我が儘パヨク思想は思い至らないのでしょうね。
エコの為に「故障したら直す」という方式に成ったら、故障した時の不便さは我慢しなければならないんですよね。
英国でしたっけ、水道の民営化を行ってから大混乱になってるようですね、日本も似たようなことに成らないと良いのですけど。
でもね、雪国の街から十キロもの山中に住む老人の家に電線を曳いて、それをメンテするなんて大変な事ですよね。
  1. 2022-12-25 10:12
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: タイトルなし

> このエントリーを読んで、慌てて実家に電話しましたら、我が老母が電話に出て、幸い我が実家のある地域は停電ではなく、それより北の方だとのこと。
> もちろん、停電をくらっている地域の方々は申し訳ないけど、とりあえず安心しましたが、こういう危険がある地域には、その危険を未然に防ぐ為のインフラ投資の財政出動を願ってやみません。まあ、日本全国何処であれ、北なら北なりの、南なら南なりの自然災害による某かのインフラ破損の危険は常時存在するのですがね。
> 自分は基本的には反増税派ですが(官僚以外に増税を好きなヤツはいないだろうけど)、それでも増税するなら、その分、こういう件での危機管理対策に使ってほしいですね。怪しげな人権ナンタラ関係と違って、マジで多くの人命に関わる事項ですから。

 ご実家が無事でよかったですね。 
 
 でも今回の停電を見ても、冬の停電はホントに怖いです。
 
 この危険を政府がどこまで認識しているのか?
 非常に心もとないです。
  1. 2022-12-25 10:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> お二人のところよりは生ぬるい冬を過ごしている私ですが、それでも私は寒いです~~~~~!
> 夏の暑さのプレミアがありません!そんなのないわ~~~。
>
 -20℃は寒いけど、10℃でもやっぱり寒いのは同じですものね。
 5℃ぐらいで凍死することもありますし。

> 電線を地下に埋めることが対策?

 今回は長距離送電線の鉄塔が強風で倒れた事が原因のようです。 市街地の電信柱の倒壊による停電は、電線の地下埋設で防げますが、長距離の送電線を全部地下埋設は不可能でしょう。
 むしろこうした停電した場合に備えて、地域で自家発電を行えるようにするぐらいしか対策はないのでは?

> 道東はこちらから考えても凄い風の吹くところみたいですが・・・

 そうですね。
 台風が来ない代わりに、冬に猛吹雪が来ます。
 その時に凄い強風になります。

  1. 2022-12-25 10:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 「たかが電気」と言ったお金持ちがいたけど

> こんばんは。
>
> よもぎねこさんの仰る通り、
> 冬の北海道の停電は、寒い!暗い!だけでは済まないんですよね。
> 東京の人も病院のことまでは想像出来るのでしょうが
> 内陸ならば氷点下20℃で、雪も積もるだけでなく、運が悪ければ大吹雪のなか
> 発電所や電線や水道や物流などインフラを維持したり修復するのには
> どれだけ厳しい作業が必要なのかわからなのでしょうね。
> 復旧前にどれだけの方が取り返しのつかないことになるのか、ほんとうに恐ろしい事です。

 ホントに怖いです。
 ブラックアウトの時は、ガソリンスタンドの給油ポンプが止まり、給油ができなくなりました。 それで皆、車の仕様は最小限にしてガソリンを温存しようとしました。

 でも冬に除雪車の給油ができないと、除雪ができなくなります。
 そうなると救急車等も、動けなくなるのです。 そういう状態が数日続いたら、回復にまた何日もかかります。
 
 冬にあの時と同じ期間ブラックアウトすれば、100人以上の死者が出るのでは?と思います。
 
 でも同じブラックアウトが夏の首都圏で起きても大変でしょう?
 窓の開けられない集合住宅で、冷房もエレベーターも止まるのですから。
 夏の首都圏で起きたら熱中症等で1000人以上の死者が出るのではないかと思います。
>
> 4年前のブラックアウトのとき
> 北海道のストーブは電気なくても使えると自信たっぷりに言った自称北海道通の芸能人や
> 薪ストーブを使えばいいのとツイートしたマスコミの人がいました。

 昭和30年代なら石炭ストーブが主流だったので、電気はなくても暖房はできたんですけどねw
>
> 最近の冬の嵐でえりも町の太陽光パネルは半分吹き飛んだそうです。
> 少なくても道民は綺麗事に惑わされず、
> 命に直結している電気の維持を真剣に考えてほしいです。

 停電時には太陽光発電は役にたつどころじゃなかったわけですね。
 ホントに太陽光発電は早く辞めてほしいです。
  1. 2022-12-25 10:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: エコとコスト競争力

> かなり前まで、庭木の枝葉が引き込み線に当たるから切らせてくれと、東電関係者が定期的に来ていたのが、今は全然来ません。
> 買電契約者が東電以外の人が増えたんでしょうね、自然エネだか民間の契約会社が送配電まで責任感無いでしょうから、国土の送配電全体のメンテが為されず全てがほったらかしになるんでしょうね。

 売電は結構世界中で失敗しているのに、なぜか日本でもやってしまいましたね。
 ああいうの見ていると、空気と言うかそういうモノができると何をやっても止められなくなるのだと思います。
>
> 東電も有線電話も定期的に、例えば10年に一度、故障してなくても部品交換とかが行われていたんですけど、経済的に故障してから直すと言うやり方に成ったんでしょうね。
> インフラの重要さを理解しないで公費をせめたてるだけのそれがエコと言う事だと、我が儘パヨク思想は思い至らないのでしょうね。
> エコの為に「故障したら直す」という方式に成ったら、故障した時の不便さは我慢しなければならないんですよね。
> 英国でしたっけ、水道の民営化を行ってから大混乱になってるようですね、日本も似たようなことに成らないと良いのですけど。
> でもね、雪国の街から十キロもの山中に住む老人の家に電線を曳いて、それをメンテするなんて大変な事ですよね。

 ホントに大変でしょうね。
 文明的なインフラ整備は元来非常にコストがかかる物で、一定の人数がいないと維持不能でしょう。
 
  1. 2022-12-25 10:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

知床旅情に思う

こんな時に、北海道出身者は東京の酒場で酒を飲みながら友人たちと「知床旅情」を歌って騒いでるんでしょうかね?
私の同僚が北海道出身でこちら関東で家庭を持っていたのですけど、息子が憧れの北海道の大学に受かって、そちらに職を得ました。暫くして、家族全員で北海道に移住しました。
私は、今住んで居る所が第二の故郷で、生まれた地方に戻ろうと言う気持ちは全く有りません。
故郷に戻ると言う事は、現在の住居よりも故郷の方が良いという、移住の失敗なのでしょうか? 知床旅情もノスタルジー妄想であって実生活が良いから、加藤登紀子も知床に移住しないのでしょうけど。
東京に住んでの暖かい酒場で酔って知床旅情を仲間と合唱するって、欺瞞? 宗教? 詐欺? 現実逃避? 学生運動の昔の仲間と古傷を舐めあってるだけの酔っ払い? 幾ら歌だからと言って商売にするなよって北海道在住者は言わないのだろうか?。
  1. 2022-12-25 11:55
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

9499

>地域で自家発電

太陽光発電の欠点は今更言うに及ばず、風力発電だって偏西風でほぼ一方向きの安定的な風の西欧ならともかく、台風などで風の向きが常に不安定な我が国では風力発電は不効率ですから、そんな西欧の後追いではなく、むしろ高性能・高効率の家庭用蓄電池の開発が良いのでは?
家庭に据え付けられる適当な大きさと価格で、一世帯分、短くても3~4日、できれば1週間くらいの電気を蓄電できるものが各家庭に普及できれば、真冬の雪国に限らず、どんな土地の災害でもかなりの助けになると思いますが。無論、それに自家発電機も保有できるならそれに越したことはないですが。戦争で空襲や敵軍の上陸侵攻でもない限り、少なくとも3~4日、可能なら1週間有ればどんな大規模停電でも我が国の能力ならなんとかできるでしょう。
 まさか今から石炭ストーブや薪ストーブに回帰なんて無理ですから。
そもそも電気は暖房だけではないわけだし。 以前、ブログ主さんと論戦したキ〇ガイ元NHK職員は、「薪ストーブを使えばいい」という自分の主張が本気ならば自分で試しに実行してみればよいのです。
「まず隗よりはじめよ」という故事をその御仁に贈りたい。 まあ、口先だけでそんな気はケシ粒の1000万分の1も無いだろうけど。
  1. 2022-12-25 19:12
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: 知床旅情に思う

> こんな時に、北海道出身者は東京の酒場で酒を飲みながら友人たちと「知床旅情」を歌って騒いでるんでしょうかね?
> 私の同僚が北海道出身でこちら関東で家庭を持っていたのですけど、息子が憧れの北海道の大学に受かって、そちらに職を得ました。暫くして、家族全員で北海道に移住しました。
> 私は、今住んで居る所が第二の故郷で、生まれた地方に戻ろうと言う気持ちは全く有りません。
> 故郷に戻ると言う事は、現在の住居よりも故郷の方が良いという、移住の失敗なのでしょうか? 知床旅情もノスタルジー妄想であって実生活が良いから、加藤登紀子も知床に移住しないのでしょうけど。
> 東京に住んでの暖かい酒場で酔って知床旅情を仲間と合唱するって、欺瞞? 宗教? 詐欺? 現実逃避? 学生運動の昔の仲間と古傷を舐めあってるだけの酔っ払い? 幾ら歌だからと言って商売にするなよって北海道在住者は言わないのだろうか?。

 大多数の道民にとっても知床は観光ぐらいでしか行かない遠い世界です。
 しかも知床旅情にうたわれている世界は、あの歌ができた70年代既に全く過去の空想の世界でした。
 当時道東で学生生活を送っていたワタシにとってさへも、ただセンチメンタルなノスタルジーの歌でした。
 羅臼や宇登呂の町民にとってもそんな歌だったと思いますよ。
 
 だからそんなものに文句を言うなんてありえないでしょう?

  1. 2022-12-25 19:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 9499

> >地域で自家発電
>
> 太陽光発電の欠点は今更言うに及ばず、風力発電だって偏西風でほぼ一方向きの安定的な風の西欧ならともかく、台風などで風の向きが常に不安定な我が国では風力発電は不効率ですから、そんな西欧の後追いではなく、むしろ高性能・高効率の家庭用蓄電池の開発が良いのでは?
> 家庭に据え付けられる適当な大きさと価格で、一世帯分、短くても3~4日、できれば1週間くらいの電気を蓄電できるものが各家庭に普及できれば、真冬の雪国に限らず、どんな土地の災害でもかなりの助けになると思いますが。無論、それに自家発電機も保有できるならそれに越したことはないですが。戦争で空襲や敵軍の上陸侵攻でもない限り、少なくとも3~4日、可能なら1週間有ればどんな大規模停電でも我が国の能力ならなんとかできるでしょう。

 発電機を設置する場合、燃料の保管が必要ですから、都市の住宅密集地では安全上の問題から難しいでしょう。
 でも道内、特に道東・道北など寒さが厳しく、しかし個人住宅でも大型の灯油タンクを設置しているような地域なら、問題なく設置できますね。

 今市販の発電機は燃料がガソリンだけれど、例えば灯油での発電ができる発電機なら、家庭の灯油タンクでそのまま燃料を確保できます。
 だから発電機の設置は、長期停電の対策としては、一番確実な方法ではないかと思います。

>  まさか今から石炭ストーブや薪ストーブに回帰なんて無理ですから。

 薪ストーブなんかに回帰したら、アッと言う間に森林が破壊されます。

> そもそも電気は暖房だけではないわけだし。 以前、ブログ主さんと論戦したキ〇ガイ元NHK職員は、「薪ストーブを使えばいい」という自分の主張が本気ならば自分で試しに実行してみればよいのです。
> 「まず隗よりはじめよ」という故事をその御仁に贈りたい。 まあ、口先だけでそんな気はケシ粒の1000万分の1も無いだろうけど。

 ウクライナを見ていると、電気って安全保障上凄く大事なインフラだとわかります。
 ああいう事態を想定したら、例えば家庭用自家発電は真剣に考えて置くべきだと思います。
  1. 2022-12-25 19:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

停電の怖さ

一日遅れですがメリークリスマス。こちらは当日です。

実は先週すごい雨で家の方で停電がありました。もっともカリフォルニアなので停電しても寒さで凍え死ぬということは先ずありませんが。欧州では燃料が足りなくなり不定期な停電が多くなりそうなのだそうです。

もっと寒くなるフランスに住んでる方に「フランスの家は暖炉はないのですか」ときいたら、いや、薪も不足している。と言われ、そうだった考えが足りなかったと思いました。

この戦争のおかげであちこちで燃料不足が起きてるんですよね。他人事じゃありません。
  1. 2022-12-26 04:52
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

あと家庭用自家発電機で解決しておく問題点は騒音対策ですな。自分は建設現場の小型発電機しか知らないけど、あれは結構、騒音、振動がありますから、近隣との問題がねえ。 道内や、本州の過疎地域ならまだしも、ある程度、人家が近接する地域や、況してや都市部の家屋なんかでは、防音がしっかりした部屋を別仕立てする必要がありますから、その分何かしら負担がありますから、それも行政側に何らかの補助制度をお願いしたくなりますな。
先ほども述べましたが、電気は暖房だけではないので、これは雪国のみならず、全国的な国民生活保全の課題なわけですので。
  1. 2022-12-26 05:24
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: 停電の怖さ

> 一日遅れですがメリークリスマス。こちらは当日です。

 メリークリスマス!!
>
> 実は先週すごい雨で家の方で停電がありました。もっともカリフォルニアなので停電しても寒さで凍え死ぬということは先ずありませんが。欧州では燃料が足りなくなり不定期な停電が多くなりそうなのだそうです。
>
> もっと寒くなるフランスに住んでる方に「フランスの家は暖炉はないのですか」ときいたら、いや、薪も不足している。と言われ、そうだった考えが足りなかったと思いました。
>
> この戦争のおかげであちこちで燃料不足が起きてるんですよね。他人事じゃありません。

 暖炉って恐ろしく熱効率が悪く、しかも薪なんか使うとアッという間に森林破壊になります。
 だから今のような快適な暖房を維持しようとすると、電気でコントロールする石油ストーブなど、化石燃料による暖房以外ないです。

 それに寒冷地の冬の停電も怖いけれど、暑い所での夏の停電も怖いでしょうね。
 だって冷房は電気以外に不可能だし、高層住宅は窓もあかないのです。
 
 これで夏に冷房が止まったらどうなるのでしょうね?

 だから電気ってホントに命綱になっています。

 反原発や脱炭素を言う人達は、とりあえず自宅の冷暖房を使わないでほしいです。
 
 
 
  1. 2022-12-26 10:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> あと家庭用自家発電機で解決しておく問題点は騒音対策ですな。自分は建設現場の小型発電機しか知らないけど、あれは結構、騒音、振動がありますから、近隣との問題がねえ。 道内や、本州の過疎地域ならまだしも、ある程度、人家が近接する地域や、況してや都市部の家屋なんかでは、防音がしっかりした部屋を別仕立てする必要がありますから、その分何かしら負担がありますから、それも行政側に何らかの補助制度をお願いしたくなりますな。
> 先ほども述べましたが、電気は暖房だけではないので、これは雪国のみならず、全国的な国民生活保全の課題なわけですので。

 停電の非常時なら、騒音ぐらい我慢と言う事になりますが、問題は常に停電するわけではないので、普段発電機をどう管理するかの方が深刻だと思います。
 個人にこれが難しいなら、避難所のような所を作るしかないでしょうね。

 ホントに難しい問題が沢山ありますね。
  1. 2022-12-26 11:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する