fc2ブログ

2022-09-21 14:29

13℃

 先週の末から天候が崩れ始め、一昨日と一昨昨日は台風14号の影響で雨が降りました。
 雨が降っている間、台風が冷気を連れてきて、雨が止んだら寒くなるだろうと思っていました。
 そして昨日は台風も去り、綺麗に晴れたのです。

52372177627_a13913d636_z.jpg

 それでも昼間はまだ十分暖かく、今まで通り半袖シャツに夏ズボン、それにサンダルで出かけました。
 尤も用心のため、薄い上着とウィンドブレーカーは持っていくことにしました。
 因みに雨になる前の日に野菜を買いに行ったときは、半袖シャツ一枚で十分だったのです。

52373122421_7a8c6ec4e4_z.jpg
 
 そして思いました。
 北海道は暖かいって。
 実はその前日、たまたまネットでロンドン在住の人の写真を見たのですが、厚ぼったいコートを着て、まるで晩秋のような服装なのです。
 驚いてロンドンの気温を確認すると11℃でした。
 なるほど晩秋です。 これだと北海道では11月の気温です。

52372175802_63fc2972e5_z.jpg
 
 イギリスなど西ヨーロッパは西岸海洋性気候の為、高緯度であるにもかかわらず非常に暖かいと聞いていたので驚きました。 
 それどころか今年の夏は熱波の影響で、ロンドンは40℃にもなったのです。
 それで年間の月平均気温を確認すると、やはり北海道より寒くはないのです。
 真冬でも最低気温の平均は5℃程度で、雪も滅多に降らないし氷も張りません。

52373344458_111349d11f_z.jpg

 ロンドンよりはるかに北で、緯度から言えば北極圏に近いエジンバラでも、真冬の最低気温はロンドンとそう変わらないのです。
 一方、札幌は-5℃、旭川や帯広など寒さが厳しい事で知られる道内都市は、-10℃前後ですから、冬の寒さは北海道の方が遥かに厳しいのです。

52373440374_5f6c0c0b6f_z.jpg

 そして真夏はロンドンも北海道並の暑さで、時には熱波の影響でトンデモナク暑くなります。
 但し、夏が凄く短いのです。
 暑い時期と言うか、半袖シャツ一枚で過ごせる快適な時期と言うのが、一か月ぐらいしかありません。
 まして北部だと8月の半ば過ぎから、薄手ダウンが必要になる寒さです。

52373449859_9c3753ab27_z.jpg

 実はエリザベス女王が崩御される直前に、トラス首相の任命の為に面会されている写真を見た時に、女王がカーディガンを着ていらしたので、不思議でした。
 あれは9月半ば、エジンバラ城での写真です。
 でもエジンバラの気温を調べたら、全然不思議じゃないのです。 室内でもカーディガンが必要な気温なのです。

52373562990_539fa034a2_z.jpg

 札幌の場合は6月の下旬から9月一杯は半袖です。
 つまり最高気温が20℃以上の日々が続くのです。 その間に真夏日が10日ほどあります。
 道内のほかの都市も似たような感じで、寒くなるのは10月半ば以降です。
 但し9月も下旬になると時々、気温がドカンと下がる事があります。

52373454994_9b1fe6297d_z.jpg

 北欧諸国もイギリスと似たような感じで、真冬は意外と寒くないのです。
 そして雪もそう降らないし、根雪になる地域も限られているようです。
 でも夏が短く、寒くなるのが早いのです。
 でもこれだとワタシの感覚では、8月下旬か翌年の7月ぐらいまでずうっと11月が続くみたいなので、ゾッとします。

52372199887_fe693bcca5_z.jpg

 こんなことになるのは、要するに緯度が高くて、お日様の恵みは凄く少ないのを、メキシコ湾流のお陰で、寒さだけは逃れていると言う状態だからです。
 暖かい海流が暖房用のスティームパイプみたいな役割を果たしているのですが、所詮海流ですから凍るような寒さになるのは防げても、暖かく快適な状態までは維持できないのです。

52373369198_791014e043_z.jpg

 一方、北海道の緯度はイタリアのトスカーナ州とほぼ同じです。
 つまり北ヨーロッパ人間が「君知るや南の国」と憧れた地と、ほぼ同じ緯度なのです。
 だから太陽の恩恵を一年中しっかりと得る事ができます。
 尤も神様も暖房用の暖流までは用意してくださらなかったので、冬はがっつり寒いです。

52373150926_dd3a3f5566_z.jpg

 しかしこうしてみると北海道ってすごく快適な気候じゃまいか?
 だって快適な気候の期間がベラボウに長いんだもの。
 それに緯度がトスカーナだから、冬も日照時間がそこそこ長く、暗黒の世界にはならないんですよね。
 それどころか白銀に太陽が輝く頃は一年で一番明るい世界になるのです。
 それに年間を通じて快晴日が多いですし。

52373569460_79e09a8657_z.jpg

 余市のニッカウィスキーの工場へ行ったとき、工場の案内でニッカの創業者の妻のスコットランド人の女性が「余市の気候が故郷のスコットランドに似ていると喜んでいた」とありました。
 いやいや、余市の方がスコットランドなんかよりはるかに快適だったと思うよ。
 大体高緯度地帯の冬の夜の長さは半端ないしね。

52373571145_a1c6c3e4d9_z.jpg

 そんなわけでワタシは、台風の影響の雨の夜、ネットでヨーロッパ諸都市と道内諸都市の気温と日照時間を比べて悦に入っていました。
 ワタシは暑さに弱いので、暑い国には住みたくないと思っていたので、ヨーロッパはまあまあいいかな?と思っていたのですが、しかし9月から11月の寒さなんて嫌です。
 尤も暗いのはもっと嫌いなので、高緯度地帯の冬は絶対に嫌だとは思っていたのですが。

52373467054_bf547abdee_z.jpg
 
 そして雨が止んだので喜んで散歩に出たのです。
 空は青く澄み渡り、半袖シャツ一枚で快適でした。
 やっぱり、北海道が最高だわ。
 でもこの快適さが世界に知れ渡ったら、欧米の大富豪達が移住してきて、地価が上がるかも・・・・・。
 なんて考えながら自転車で駆け回りました。

52373468599_9e4b7ede0d_z.jpg

 でも次第に寒くなってきました。
 それで用意してきた上着を着て、更にその上にウィンドブレーカーを着ました。
 風邪でも引いたのでしょうか?
 
52372209777_b76be66880_z.jpg

 だってこの前、野菜を買いに出た時は、半袖シャツで丁度良かったし、天気予報を見る限り、9月一杯は20℃を割らない事になっていたのですから・・・・・。
 こんなに寒いのは自分の体がオカシイと思ったのです。

52373158311_bc6427b0b5_z.jpg

 でもやっぱり寒いのです。
 ハンドルを持つ手もかじかんできました。
 そしてやがて道を歩く人が見えるようになると気づきました。
 皆ちゃんとあたたそうな服を着ている!!

52373576630_7d4dfa19d0_z.jpg

 どうやらワタシの体がオカシイのではなく、ホントに寒くなっていたのです。
 驚いてスマホを出して札幌の気温を確認したら13℃でした。
 ロ、ロンドンと変わらない!!

52372213917_4e5da4e85d_z.jpg

 もう一目散に家に帰りました。
 そして温かいお茶を飲んでやっと人心地つきました。

52373475099_571964690f_z.jpg

 どうやら夕方から急速に気温が下がっていたようです。
 幸い、この「寒さ」は今日までで、また明日から20℃を超えるのですが、しかし最低気温は10℃割れするようになりました。
 やっぱり秋が深まってきたのです。
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

自分の住む地(北陸某市)も先日の台風が過ぎると、それまでの暑さが嘘のように失せて、いきなり気温が下がり寒くなりました。おかげで体温調節が狂って難儀しております。 それと以前話した、多発性骨髄腫の新療法のCAR-T療法ですが、まだ未定ですが、おそらく11月くらいに何処かから返事はあるだろう、と主治医は申しております。ただ、もう一つの持病の心臓の上室性頻拍症のカテーテル手術も、しようかと言う話しを同病院の循環器担当医から言われまして、それがCAR-T療法と時期的に被ると問題ですから調整しなくてはならず、ややこしいです。まあCAR-T療法は県外の病院にお願いしなくてはならないですから多発性骨髄腫の治療を優先することになりそうですが、昨年もそうでしたが、また慌ただしい年末年始になりそうで、ヤレヤレ┓( ̄∇ ̄;)┏ですわ。
  1. 2022-09-22 08:00
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 自分の住む地(北陸某市)も先日の台風が過ぎると、それまでの暑さが嘘のように失せて、いきなり気温が下がり寒くなりました。おかげで体温調節が狂って難儀しております。 それと以前話した、多発性骨髄腫の新療法のCAR-T療法ですが、まだ未定ですが、おそらく11月くらいに何処かから返事はあるだろう、と主治医は申しております。ただ、もう一つの持病の心臓の上室性頻拍症のカテーテル手術も、しようかと言う話しを同病院の循環器担当医から言われまして、それがCAR-T療法と時期的に被ると問題ですから調整しなくてはならず、ややこしいです。まあCAR-T療法は県外の病院にお願いしなくてはならないですから多発性骨髄腫の治療を優先することになりそうですが、昨年もそうでしたが、また慌ただしい年末年始になりそうで、ヤレヤレ┓( ̄∇ ̄;)┏ですわ。

 あらら、台風は日本中に冷気を持ち込んだのですね。
 今回の台風は巨大な割には、被害は少なかったようですね。
 
 菅さんが官房長官時代に、台風襲来時には農業ダム、電力ダムなどの区分を撤廃して、貯水できるようにすることで、ダムの保水量を倍増しておいたことが効いたようです。
 ホントはこういう事を報道してくれると良い政治家を選ぶ事ができるのに。

 しかし多発性骨髄腫って厄介ですね。
 一難去ってまた一難の連続ではありませんか?
 それでも新しい治療法が出てきたのだから、頑張って生き延びたら勝ち組ですね。

 CAR-T療法が早く受けられるとよいですね。
 新しい療法なので、できる病院は限られてるのに、希望者が殺到しているのでしょうか?
 大変だろうけど、頑張ってください。


  1. 2022-09-22 10:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する