fc2ブログ

2022-09-08 13:53

宗教の自由と反統一教会キャンペーンについて

 先日「真リベラルと似非リベラル 国葬と反統一教会」のエントリーをしたところ、以下のようなコメントをいただきました。

52342179778_f193e8b96c_z.jpg
 
宗教
宗教の皮を被れば、どんな残虐な行為も妨げられることは無い、と言っても良いのではないのか。
被害者と言う名を得れば、何でも特権が与えられる韓国と似たようなものではないだろうか。
人口の数だけの思想が宗教ならば許されるのだろうか、人口の数だけ意見が許されるのだろうか?万人の万人による戦いが許される訳だ。合理的な考えの共産主義は宗教を制限したのも解る。
宗教弾圧と言う言葉に踊らされていないのだろうか。
国会議員だって収入は全て公開されている、宗教が全くの手つかずと言うのは納得いかない、無税という特権も許されるのだろうか?
オーム真理教が禁止されて人類の幸福が妨げられる可能性が何かあったとしても、明らかに不幸になった人の犠牲を許容できるのだろうか?

52340980562_3da8a37fa3_z.jpg

 このコメントは反統一教会キャンペーンの中で多くの人が持たれるであろう疑問を上手く要約されていると思うので、コメントに返信するだけでなく、ここで改めてワタシの考えを述べさせていただきます。

52341938771_e61d0de655_z.jpg

宗教の皮を被れば、どんな残虐な行為も妨げられることは無い、と言っても良いのではないのか。
被害者と言う名を得れば、何でも特権が与えられる韓国と似たようなものではないだろうか。

52342368695_f9f77c064b_z.jpg

 まずこれはあり得ません。
 統一教会についても過去に行った不正で強引な布教活動については違法と言う判決が出ていますし、同様に強要した献金にも返還命令が出ています。
 そして統一教会側もそれに従っています。

 例えば安倍総理暗殺犯の母親は1億5千万円の献金をしたのですが、これに暗殺犯の伯父が返還訴訟を起こして取り戻しています。
 つまり違法な献金は返還させることができるし、統一教会側は裁判所の命令に従って返還したのです。

52340983712_d20be93c58_z.jpg

 但しこの暗殺犯の母親はこのお金をまた統一教会に献金してしまいました。
 彼女は今も健在で「信仰を守りたい」と言っています。

 統一教会については多額の献金や家庭破壊を問題にされていますが、しかしこうした経緯を見る限り、明らかに献金も信仰も暗殺犯の母親の意思なのです。

 勿論、親から受け継いだ膨大な遺産を献金し、家庭を捨てると言うのは、家族から見れば大変な災難だし、そういう事をすれば当人も大変不幸になる‥‥とは思います。
 でも財産の使い方など、その持ち主以外が口を出す事などできないし、幸か不幸かなど当人の判断としか言いようがないのです。

52342244794_5f5655c5ff_z.jpg
 
人口の数だけの思想が宗教ならば許されるのだろうか、人口の数だけ意見が許されるのだろうか?万人の万人による戦いが許される訳だ。合理的な考えの共産主義は宗教を制限したのも解る。

52342246094_2dfe56d53c_z.jpg

 人口の数だけ宗教は許されますし、人口の数だけ意見も許されます。
 例えば統一教会はキリスト教を名乗ってるのですが、実はキリスト教には他に多数の宗派があって、その中にはカルトも多数あります。
 本来一神教で聖書と言うコンパクトなマニュアルがあるのに、その聖書の解釈、そもそも聖書その物に対する評価などで、ドンドン宗派が増えているのです。 
 しかも同じ宗派の中でも、信仰の在り方は結局個人個人によって違うので、実質的にはキリスト教徒の数だけキリスト教の宗派があると言う事です。

52340988967_cdcec32374_z.jpg

 しかし「万人の万人に対する戦い」にはなりません。
 なぜならオウムのような一部のカルトを除いて、殆どの教団や宗派は他宗や異教徒との意見の違いで、暴力沙汰を起こそうとは思わないし、また暴力を使えば刑事事件として取り締まりの対象になります。

 前記のように宗教の自由は、宗教の為ならどんな事で許されるわけではなく、一般の法律に違反すれば普通に罰せられるのです。
 但し処罰の対象になるのは、その行為だけです。
 これは個人でも一般の企業などと同様です。

 一般の企業が違法操業や違法営業をしたら、その違法操業や違法営業は禁止されるし、それにかかわった経営者等は相応の処罰や罰金が科せられます。 
 でもそれで即企業の解散にはなりません。

52342248919_0a1c263290_z.jpg

宗教弾圧と言う言葉に踊らされていないのだろうか。

52340991017_108849dd38_z.jpg

 全然踊らされていません。
 むしろ踊らされているのは、マスコミの扇動に乗っている人達だと思います。

 今、テレビと新聞は、統一教会に入信したことで不幸になった人々を、その家族を取り上げて視聴者の感情を煽り、「だから統一教会を禁止しろ!!」「統一教会とズブズブだった安倍総理と自民党はケシカラン!!」「統一教会とズブズブだった安倍総理の国葬は許すな!!」と世論を作ろうといています。

52342191483_ff46623142_z.jpg

 カルトが問題である事は事実ですが、しかし宗教は内面の問題であり、その内面に国家が踏み込む事がどれほど危険かを考えているのでしょうか?
 そもそも「宗教の自由」「宗教弾圧の禁止」と言う概念は、ヨーロッパの宗教戦争の過程で生まれました。 
 カソリックとプロテスタントがお互いに、自分を神、相手を悪魔として、徹底的に殺しあったのです。
 しかしその結果の戦争が酸鼻を極め、いつまで続けても行き着く果てがなかったのです。 そこで認めたのが「宗教の自由」です。

52342251069_7691982fb6_z.jpg
 
 そして宗教戦争が悲惨になるもう一つの理由は、宗教と言うの内面の問題だからです。
 人の内面は夫婦や親兄弟にもわかりらないのです。 
 そこに国家が入り込もみ制限したり禁止したりしようとすれば、疑義を持たれた人を拷問にかけ、挙句に処刑と言う事になります。
 宗教戦争はこれを際限もやりあったのです。 
 でも内面の問題ですから、どんなに多数の人を処刑しても、これで完全に消えたと言う保証はないのです。 だから延々と殺し続ける事になります。

 だからもうそれはやらない。
 絶対やらないと決めるしかないのです。 
 だから近代国家では思想・宗教・信条の自由、内面の自由は保障するのです。

52342251859_7631ca2660_z.jpg

 因みにワタシはこのお盆に大枚5000円だして、よもさんのお葬式と火葬をお願いした神社で、お盆に儀式に参列しました。 神社でお盆とか凄くインチキ臭い話だとはわかっていたのですが、それでもよもさんの為に何かできる事が、ワタシの心の慰めになりました。
 妹は呆れていましたが、それでもワタシの気持ちをわかってくれました。

 日本には昔から願い事をするのに水垢離とか百度参りなどが行われています。
 これも一種の宗教行為で肉体的に非常に過酷ですが、それで神社やお寺が利益を得るわけではありません。 だから神社やお寺が薦めるわけでもないのです。
 勿論効果なんか全く期待できないのです。
 それでもお百度参りをしたり水垢離をする人達は、何もできないよりも何かをやれるほうが良いから、何もできない事に耐えられないからやるのです。

 宗教ってそういうモノじゃないですか?
 そういうモノを簡単にカルトとマトモな宗教、騙されての献金と正常な献金に分けて、国家が干渉できるのでしょうか?

52342252544_6c48f0dd41_z.jpg
 
国会議員だって収入は全て公開されている、宗教が全くの手つかずと言うのは納得いかない、無税という特権も許されるのだろうか?

 宗教法人も宗教活動に関係ない経済活動には課税されています。

 因みにアメリカでは、非営利団体は非課税なのですが、非営利団体は政治活動を禁止されています。 
 多くの宗教団体も非営利団体として登録しているので非課税なのですが、その代わり政治活動はできません。
 これは日本でも考えてよいと思います。

52342380775_4989c0ee19_z.jpg
 
 但し宗教団体への対応は、アメリカやフランスのようなわけにはいない面があります。
 アメリカもフランスも革命により君主制を完全に廃止した国なのですが、イギリスなど君主制を残している国はそう簡単にはいきません。
 君主が教会の権威と密接な関係があるからです。

 これは日本も同じです。
 天皇陛下と神道の関係を断ち切るのは不可能だし、そんな事をすればそもそも日本と言う国家のアイデンティティを否定することになります。
 天皇陛下の御公務には神事た多数含まれているし、伊勢神宮の斎宮は皇族の女性が務める事になっています。
 こういう状況で宗教と政治をバッサリと切り分けるのは、無理です。 
 だから宗教法人の扱いは非常に面倒になります。

52342381490_6ab416a365_z.jpg
 
オーム真理教が禁止されて人類の幸福が妨げられる可能性が何かあったとしても、明らかに不幸になった人の犠牲を許容できるのだろうか?

 今回の反統一教会キャンペーンの旗振り役である紀藤弁護士は、実はオウムの破防法適用に反対していました。
 統一教会にも色々な悪事を働いた事は事実ですが、しかしオウムのように多数の殺人を行ったわけではありません。
 それなのにオウムの破防法適用を反対した人間が、統一教会は徹底的に弾圧しろと言っているのはなぜでしょうか?

52342254974_e9890b9abd_z.jpg

 どんな宗教でも違法行為があれば、それは処罰するべきです。
 そして前記のように実際に処罰されています。
 しかし「明らかに不幸になった人の犠牲」と言われても、人の幸と不幸は個人の主観です。
 当人の主観でしかないのです。

 例えばカソリックの修道院に入るには、多額の寄付金が必要で、しかも修道士・修道女になる場合、長上の人々への絶対服従を誓い、非常に過酷な規律を課せられます。
 修験道や仏教の修行だって非常に過酷な物があります。
 これは宗教心のない人間から見れば非常に不幸な生活、と言うより悲惨な生活です。 
 でも修道士や修行僧になる人は、その生活を望んでなるのです。 彼等にとってはそれが校風な生活なのです。

52341952616_e17e76a6ca_z.jpg

 今現在伝統宗教として問題にされていない宗教、教団も実はその教祖の時代には、社会問題を起こしてカルト扱いされています。
 実際、家族を捨てて入信する人々が続出したり、財産を捨てたりして、社会問題を起こしていたのです。
 一遍宗なんて一遍上人の説く極楽浄土にあこがれて、一遍の説教に感動した人々が次々と入水自殺しています。
 だから当時の幕府は一遍上人を流刑にしました。
 今だってこんなことになれば、禁固刑を食らうでしょうね。 

 でも宗教を信仰する人がそれがその人にとって必要だから、信仰しているのです。
 それを宗教に無関心な人から見れば馬鹿馬鹿しいとしか言えないのですが、しかしそれは全てその人の内面に由来する問題だから、他人が口を出す話ではありません。

52340998337_f20c02ac3a_z.jpg

 そもそも統一教会が悪行を極めてのは、20年以上前教祖文鮮明の壮年期まででした。
 しかしそのころは統一教会の悪行は散発的に報道されても、現在のような連日の反統一教会キャンペーンはありませんでした。
 そして現在の統一教会は教祖も死後久しく、教団は分裂し信者は高齢化して、昔の勢力は見る影もなく、その為この10年来刑事事件も起こしていません。
 それなのに何で今になって、こんな盛大な反統一教会キャンペーンになるのか?
 その方が統一教会より余程不気味で恐ろしいです。

 ワタシとすればカルトが多少の悪さをするより、国家がカルト禁止を盾に国民の内面に入り込む方がよほど恐ろしいです。
  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(26)

コメント

芝ワンコかわいい~~。
引っ付き虫とかつけてお家に入らないでね。

そうそう、紀藤さん昔破防法使うの否定してましたね。

フランスの反セクト法はどうでしょう?
行動を監視して裁判に持ち込むことを可能にするのは民主主義的にも合ってると思うんですけど

よもぎねこさんはどうお考えでしょう?

日本は民主主義国家、しかも国民はマスコミに耐性ナシ、となれば
左翼に政権持って行かれた時のことも考えて、大きな網は怖いんですけど。。

  1. 2022-09-08 18:06
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 芝ワンコかわいい~~。
> 引っ付き虫とかつけてお家に入らないでね。
>
> そうそう、紀藤さん昔破防法使うの否定してましたね。

 そうなんです。 
 ワタシもこの人がオウムの件でテレビに出ていた頃は、正義感溢れる弁護士と思っていたのですが、今回の統一教会の件ではどうもオカシイのです。

 例えば霊感商法を無効にする消費者契約法改正は2018年安倍内閣主導で行われのに、そのことは一切言わないし、自民党議員と統一教会が関係するのは絶対悪としながら、立憲民主党やマスコミに対して殆ど問題にしないとか。
 この人の言動を見ている、今回の反統一教会キャンペーンが最初から安倍総理と自民党を標的にしている事が見え見えなんです。
>
> フランスの反セクト法はどうでしょう?
> 行動を監視して裁判に持ち込むことを可能にするのは民主主義的にも合ってると思うんですけど
>
> よもぎねこさんはどうお考えでしょう?

 フランスはフランス革命時にカソリック教会を徹底的に弾圧しました。
 パリのノートルダム寺院始め多数の教会が荒らされ、フランス王国の守護聖人を祀った聖マルティン寺院など完全に破壊されて道路にされてしまいました。

 フランスの王権とカソリック教会が密接な関係にあったので、革命では王権と教会が一緒に標的になったのです。
 そしてその後ライテシと言う世俗主義を徹底しました。
 反セクト法はこのライテシの延長です。

 でもブログ本文でも書きましたが、天皇の権威と神道は切り離す事はできません。 だから日本では神道を一定レベル優遇すると言うか、守っていかなければなりません。 
 その場合「法の下の平等」から、他の宗教も結構甘くならざるを得ません。

 これは政教分離など民主主義の基本原則から言えば結構インチキだと思います。
 しかし神道がある事で天皇制と日本の伝統が守られ、また外来の邪教から日本を守っているのですから、ただひたすらカルト廃止の為に、神道まで巻き込む事はするべきではないと思います。
>
> 日本は民主主義国家、しかも国民はマスコミに耐性ナシ、となれば
> 左翼に政権持って行かれた時のことも考えて、大きな網は怖いんですけど。。

 ワタシも大きな網と言うか、目の細かい網でカルトを監視することは大変危険だと思います。
 カルトは非常に問題ですが、しかしカルト禁止は結局、人間の内面の問題に国家が踏みこむ事で、思想宗教信条の自由と言う民主主義の大原則を犯す事になりかねません。

 ブログ本文に書いたように、ワタシはカルトが多少の悪さをするより、国家が人の内面に入り込むような反カルト政策の方が、余程怖いと思っています。
  1. 2022-09-08 21:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

近代国家は 「自立した個人」 を前提に成り立っている

ちょっと前に 「私の身内にはカルト信者がいる」 と書いたことがありましたが、じつはそれって私の母親のことなんです。しかも母親は、いろんなカルト宗教を渡り歩くような人で (よもぎねこさんの返信に 「カルトにハマるような人は、いろんなカルトを渡り歩く」 と書いてあるのを読んだ時は、ドキッとしました。)、私は母親から 「統一教会」 に勧誘されたこともあるし、「幸福の科学」 に勧誘されたこともあります。

また 「類は友を呼ぶ」 とはよく言ったもので、ウチの家族のまわりには 「創価学会」 「ものみの塔」 「霊波の光」 などの信者もいました。本当にカルト信者って 「自分では自分のことを良い人だと思っているクズ」 ばっかりなんですよ。

ただ、不幸中の幸いだったのは、私の母親は1つの宗教にハマることはなかったので、私も 「生まれた時や、自分では決められない小さい頃に、特定の宗教の信者にされてしまう『宗教2世』」 にはならずに済んだことです。でも 「宗教2世」 の人の気持ちはわかるので、昔から宗教2世の人が書いた本やブログはよく読んでいたし、今もTwitterでは宗教2世の人をフォローして、共感するツイートはリツイートしています。

それで思ったんですけど、テレビに出てくる 「宗教2世」 って本物なんですかね? Twitterの宗教2世の人の話にはリアリティを感じるけど、テレビで話している人の話は胡散臭く感じるんですよね。今はプライバシー保護の観点から、顔にはモザイクをかけられていて、誰だかわからないようになっているから、テレビ局が捏造するのも簡単ですよね?

テレビって少し前には、よく 「かわいそうな生活保護受給者」 の映像を流していたけど、ネットでは 「ブランドものの服を着ている」 とか 「家の中を撮影した映像に高い物が映りこんでいた」 など、ツッコミの嵐でしたよね。あと、Twitterで統一教会を叩いているパヨクどもが、宗教2世のツイートには無関心なのもねぇ・・・。

閑話休題
私の母親が、なぜカルト宗教にハマってしまったのかを考えると、元々の性格もあるけど、「父親が母親とは別のタイプの『クズ』だったので、心の隙間を埋めるためにカルトにハマった」 のではないかと思います。あえて詳しくは書きませんが、私の父親もクズ人間でした。私にとって両親はどちらも 「毒親」 で、「感謝」 の気持ちより 「恨み」 の気持ちのほうが大きいです。

私の母親は現在、頭も体も衰えていて、1人では何もできない状態ですが、かつての 「カルト仲間」 は誰も会いに来ません。カルト宗教って 「本当に困ってる時には助けに来てくれない」 ですよ。(ちなみに父親はすでに死んでいますが、私は父親の死に目にも会いに行かなかったし、通夜や葬式にも出ませんでした。) 母親は今、介護保険によるサービスを受けています。日本にはそういう制度があるので、ありがたいです。「こんなクズのために公的保険を使ってしまって申し訳ない」 と思ってしまうほどですw

日本の伝統的価値観には 「親孝行」 というモノがありますが、私個人は、これを実践する気は全くありません。でも一般論としては 「親孝行」 が良い事なのはわかります。なので、もし 「親孝行」 が強制されたりしたらイヤだけど、禁止されたりしてもイヤだなぁと思います。とにかく 「赤の他人が個人の内面に踏み込んでくる」 のはイヤです。

統一教会を叩いているTwitterのパヨクどもの中には 「家父長制反対!」 と言ってる奴も多いけど、ホントに 「お里が知れる」 ですね。「目上の者は目下の者に何をしてもよい」 「目下の者は目上の者から何をされても我慢しろ」 という半島文化に 「親孝行」 という考え方を足したら、そりゃ大変な事になるだろうけど、日本はそもそも、そういう文化じゃないし。

最後に・・・
私にとって黒歴史なので、最近はコメントにも書かなくなりましたが、若い頃の私は、朝日新聞の出版局で働いていたこともあるくらいの左翼人間でした。(このブログにコメントを書くようになったばかりの頃は書いてましたねw) なぜ自分が左翼思想に傾倒していったかを考えると 「親孝行」 や 「ご先祖様に感謝する」 などの伝統的価値観が大っ嫌いだったからなんですよね。

世の中で 「あたりまえ」 とされている事が 「あたりまえじゃない」 境遇の人間にとって、「そんなのあたりまえだろ」 って、結構キツイんですよ。生まれつきの性的指向が 「あたりまえ」 とは違うLGBTの人なんかも、そうだと思います。ただ、今はそういう 「かわいそうな人たち」 を利用して、別の政治的目標を達成しようとしている輩が多すぎるように思います。
  1. 2022-09-09 00:59
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 近代国家は 「自立した個人」 を前提に成り立っている

> ちょっと前に 「私の身内にはカルト信者がいる」 と書いたことがありましたが、じつはそれって私の母親のことなんです。しかも母親は、いろんなカルト宗教を渡り歩くような人で (よもぎねこさんの返信に 「カルトにハマるような人は、いろんなカルトを渡り歩く」 と書いてあるのを読んだ時は、ドキッとしました。)、私は母親から 「統一教会」 に勧誘されたこともあるし、「幸福の科学」 に勧誘されたこともあります。
>
> また 「類は友を呼ぶ」 とはよく言ったもので、ウチの家族のまわりには 「創価学会」 「ものみの塔」 「霊波の光」 などの信者もいました。本当にカルト信者って 「自分では自分のことを良い人だと思っているクズ」 ばっかりなんですよ。
>
> ただ、不幸中の幸いだったのは、私の母親は1つの宗教にハマることはなかったので、私も 「生まれた時や、自分では決められない小さい頃に、特定の宗教の信者にされてしまう『宗教2世』」 にはならずに済んだことです。でも 「宗教2世」 の人の気持ちはわかるので、昔から宗教2世の人が書いた本やブログはよく読んでいたし、今もTwitterでは宗教2世の人をフォローして、共感するツイートはリツイートしています。
>
> それで思ったんですけど、テレビに出てくる 「宗教2世」 って本物なんですかね? Twitterの宗教2世の人の話にはリアリティを感じるけど、テレビで話している人の話は胡散臭く感じるんですよね。今はプライバシー保護の観点から、顔にはモザイクをかけられていて、誰だかわからないようになっているから、テレビ局が捏造するのも簡単ですよね?
>
> テレビって少し前には、よく 「かわいそうな生活保護受給者」 の映像を流していたけど、ネットでは 「ブランドものの服を着ている」 とか 「家の中を撮影した映像に高い物が映りこんでいた」 など、ツッコミの嵐でしたよね。あと、Twitterで統一教会を叩いているパヨクどもが、宗教2世のツイートには無関心なのもねぇ・・・。
>
> 閑話休題
> 私の母親が、なぜカルト宗教にハマってしまったのかを考えると、元々の性格もあるけど、「父親が母親とは別のタイプの『クズ』だったので、心の隙間を埋めるためにカルトにハマった」 のではないかと思います。あえて詳しくは書きませんが、私の父親もクズ人間でした。私にとって両親はどちらも 「毒親」 で、「感謝」 の気持ちより 「恨み」 の気持ちのほうが大きいです。
>
> 私の母親は現在、頭も体も衰えていて、1人では何もできない状態ですが、かつての 「カルト仲間」 は誰も会いに来ません。カルト宗教って 「本当に困ってる時には助けに来てくれない」 ですよ。(ちなみに父親はすでに死んでいますが、私は父親の死に目にも会いに行かなかったし、通夜や葬式にも出ませんでした。) 母親は今、介護保険によるサービスを受けています。日本にはそういう制度があるので、ありがたいです。「こんなクズのために公的保険を使ってしまって申し訳ない」 と思ってしまうほどですw
>
> 日本の伝統的価値観には 「親孝行」 というモノがありますが、私個人は、これを実践する気は全くありません。でも一般論としては 「親孝行」 が良い事なのはわかります。なので、もし 「親孝行」 が強制されたりしたらイヤだけど、禁止されたりしてもイヤだなぁと思います。とにかく 「赤の他人が個人の内面に踏み込んでくる」 のはイヤです。
>
> 統一教会を叩いているTwitterのパヨクどもの中には 「家父長制反対!」 と言ってる奴も多いけど、ホントに 「お里が知れる」 ですね。「目上の者は目下の者に何をしてもよい」 「目下の者は目上の者から何をされても我慢しろ」 という半島文化に 「親孝行」 という考え方を足したら、そりゃ大変な事になるだろうけど、日本はそもそも、そういう文化じゃないし。
>
> 最後に・・・
> 私にとって黒歴史なので、最近はコメントにも書かなくなりましたが、若い頃の私は、朝日新聞の出版局で働いていたこともあるくらいの左翼人間でした。(このブログにコメントを書くようになったばかりの頃は書いてましたねw) なぜ自分が左翼思想に傾倒していったかを考えると 「親孝行」 や 「ご先祖様に感謝する」 などの伝統的価値観が大っ嫌いだったからなんですよね。
>
> 世の中で 「あたりまえ」 とされている事が 「あたりまえじゃない」 境遇の人間にとって、「そんなのあたりまえだろ」 って、結構キツイんですよ。生まれつきの性的指向が 「あたりまえ」 とは違うLGBTの人なんかも、そうだと思います。ただ、今はそういう 「かわいそうな人たち」 を利用して、別の政治的目標を達成しようとしている輩が多すぎるように思います。

 それは大変でしたね。
 ワタシも黒歴史はあります。
 ワタシは両親から申し分なく愛されて幸せに育った人間なのに、自分が馬鹿なので黒歴史に嵌ったのでホントに恥ずかしいです。

 ところでワタシは友人が創価学会に嵌っていたので、彼女を見ているとカルトに嵌る人は、カルトを必要とするの人の心理が何となくわかる気がしていました。
 そして彼女の相手をするのがきつくなって付き合わなくなったのですが、そのワタシは彼女を見捨てる事への罪悪感があったのですが、しかし創価学会が彼女の面倒を見てくれるだろうと思い、彼女が創価学会でよかったと思った事があります。

 創価学会に感謝した話
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-2075.html

 彼女は結婚してた時お金の事でご主人と凄くもめていたし、離婚後もお金の事で苦労したと話していました。
 そして離婚後はお姉さんの悪口を言い続けました。
 
 しかし実家は凄く金持ちでその実家を継いでいたお姉さんは、再々100万単位で彼女に仕送りをしていました。 ところが彼女は入金があってもその報告さへせず、勿論礼も言わず速攻で全部創価学会に献金していたと言うのです。
 
 だったらワタシに嘆いたお金の苦労は何だったのだろうか・・・・・。
 でも思うに彼女の話を全面的に肯定し、全部受け入れると言ってくれるのが創価学会だったのだと思います。 と言うか彼女はそう信じていたのだと思うのです。

 だから彼女には創価学会が必要だったのでしょう。

 ホストクラブで散財して破産する女性と同じだと思います。 あれはホストクラブで自分が持ち上げられてちやほやされるのが楽しくてたまらないので、やめられないのだそうです。 お金の為だとアタマではわかっていても止められない。
 
 その意味ではカルトもホストクラブも同様でしょう。
 
 人間の心の苦悩は、実は殆どが当人由来の物ですから、その心の闇に入り込むのがカルトであり薬物でありギャンブルへの依存なのでしょう。
 
 だから簡単に非難したり弾圧したりしても、抹殺できるモノではないと思っています。

 
  1. 2022-09-09 12:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

心を込めてお答えいただいてありがとうございました。
宗教と信仰は違うと私は思っています。
俗世の力とは無縁の場所で、やはり人の心には信仰の灯が必要な時があるのです、もちろんそれなしで生きていける人はそれはそれでよいのだとも思います。


さてエリザベス女王が逝去されました。
日本人の多くが「生まれたときからのイギリスの女王陛下」だったと思います。
女王陛下がいなかったらイギリスはブレクジットに踏み切れなかったような気がします。

そして高齢者の生き方としても仰ぐべきお手本を見せてくださいました。
とてもワンコがお好きでずーっと同じ犬種で何回も代替わりしていますね。天国では賑やかなことでしょう。

フィリップ殿下が亡くなられてから一年、あまりお待たせせずに旅立たれて良かったかもしれません。

習近平来英の際には、あまりの無礼さに担当官に「あなたも大変ね」と漏らされたとか・・
「女王陛下がなんとおっしゃるか?」というのはイギリス人にとっても大きなことでしたでしょう。

今年は衝撃の多い年です・・。

  1. 2022-09-09 13:24
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 心を込めてお答えいただいてありがとうございました。
> 宗教と信仰は違うと私は思っています。
> 俗世の力とは無縁の場所で、やはり人の心には信仰の灯が必要な時があるのです、もちろんそれなしで生きていける人はそれはそれでよいのだとも思います。

 魂と言うモノが存在するかどうか?
 死後の世界はどうなるのか?
 神様や仏様は実在するのか?

 これは全て結局現代科学では証明不能です。
 でもワタシはよもちゃんやワタシの両親、ご隠居さんやチコ様やミケちゃんは皆向こうの世界で幸せに暮らしていると信じたいのです。

 全く根拠はないし、またキリスト教でも仏教でも神道でも、猫が死後の世界で人間と一緒に楽しく暮らしているなんて言ってはくれません。
 でもそう信じたいから信じています。

 要するにこれは宗教でもなく信仰でもなく、唯ワタシの願望です。
 でもそういう願望を持つ人がいるから宗教や信仰が必要なのだと思うのです。
>
>
> さてエリザベス女王が逝去されました。
> 日本人の多くが「生まれたときからのイギリスの女王陛下」だったと思います。
> 女王陛下がいなかったらイギリスはブレクジットに踏み切れなかったような気がします。
>
> そして高齢者の生き方としても仰ぐべきお手本を見せてくださいました。
> とてもワンコがお好きでずーっと同じ犬種で何回も代替わりしていますね。天国では賑やかなことでしょう。
>
> フィリップ殿下が亡くなられてから一年、あまりお待たせせずに旅立たれて良かったかもしれません。

 とうとうご逝去されたんですね。
 イギリスのコロナ感染状況から、女王の感染が非常に心配されていました。
 女王陛下がコロナで死亡となると、大騒動になる事が予想されました。

 でもコロナの終結を見届けてのご最後です。 
 こういうのを見ると、ホントに最後まで女王の使命を遂げられたのだと思います。
 
 女王はイギリスの戦後その物でしたから、イギリス国民もショックでしょうね。
>
> 習近平来英の際には、あまりの無礼さに担当官に「あなたも大変ね」と漏らされたとか・・
> 「女王陛下がなんとおっしゃるか?」というのはイギリス人にとっても大きなことでしたでしょう。

 ホントに女王陛下にとっても大変だったでしょうね。
 でもあれでイギリスの親中政策に止めを刺した感がありますね。
>
> 今年は衝撃の多い年です・・。

 ホントに年初から波乱万丈です。
 
  1. 2022-09-09 14:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

法治国家

こちらの記事を読む前に前エントリーにコメントしてしまいました。内容はよもぎねこ様のご意見とほとんど同感です。

信仰は本来心の問題で、金銭とは無縁であるべきなのでしょうが、神社仏閣、集会所、教会・モスクなどを維持するのにはやはり資金が要ります。伊勢神宮など、式年遷宮の費用を集めるのはとても大変です。靖國も本来の意味での宗教ではありませんが、資金面の問題で非課税となる宗教法人として存続させていると聞いたことがあります。

人間は弱い物なのでいくら信仰があっても目に見えないと不安なのでしょう。それがさらにのめり込むと、不安を解消し幸福になるためにドンドンお金をつぎ込むことになる・・・これも人間の欲なんでしょうね。

フランスのセクト法のようなものが本当にできるのかわかりませんが、特定の思想に引き込んで指導者の意のままに活動させたり、金銭を要求し、政治にかかわる集団でしたら「日本共産党」はまさしくセクト法で規制すべき組織ですね。
  1. 2022-09-09 23:09
  2. URL
  3. 月の猫 #-
  4. 編集

> 宗教と信仰は違うと、取り留めなく朝考えました

ありがとうございました、勉強に成りました。
信仰と言うのは原始社会からまた家族・部族単位にも在った、社会以前から人間に存在していたのですよね。
私が非合理的といった科学的に不明確なものは排除し人工的に考えられた共産主義思想からは排除されて当然だった。

その人間の本質を排除したら、社会での人間が存在できるか?・・・
昨今流行の男女、家庭、性、本質を見直している人達は新たな共産主義思想だと思うんです、人間の本質を否定し壊してるんですね。
人間は永遠に白紙で生まれる、家庭と社会は白紙に書きこんで行く。親が書き込んでも書き直す子供居る。
どめ夫を持つ妻は、何度でもどめ夫と一緒になる、生保でパチンコは止められない誰も説得できない。親を悩ませない子供は良い人間か?
これを自由として、放任、許容すべきなのか、ある程度の抑制も必要なのでしょうけど。葛藤が人間を成長させますからね、社会もそうなのだろう。
  1. 2022-09-10 10:06
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

国葬反対と「安倍許さない」カード

TVで国葬反対のデモを視ました。
彼らは「これだけ国民が反対してるのだから」といいながら、共産党のスローガン「安倍を許さない」とカードを掲げているんですね。
日本国を他国と連携して軍事で政権を獲ろうと(良かれと思い込んで?国民の為だと思い込んで?)言う共産党が自らを国民がって・。

これも国民の権利だと言って?自分の才能と特異な癖を認めてくれない狭い世間を恨んでいるだけでしょ、白髪の年寄りがねーお笑いですよね、信仰のなせる業ですかね(嫌味です)。
国葬の警備に金が掛るって? 常々、日本の国防も自衛隊も必要ないと言ってるからここは筋が通ってますよね・・・。
これを全国放送し、外国にまで流すマスコミってなんだろ。
  1. 2022-09-10 10:23
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 法治国家

> こちらの記事を読む前に前エントリーにコメントしてしまいました。内容はよもぎねこ様のご意見とほとんど同感です。
>
> 信仰は本来心の問題で、金銭とは無縁であるべきなのでしょうが、神社仏閣、集会所、教会・モスクなどを維持するのにはやはり資金が要ります。伊勢神宮など、式年遷宮の費用を集めるのはとても大変です。靖國も本来の意味での宗教ではありませんが、資金面の問題で非課税となる宗教法人として存続させていると聞いたことがあります。
>
> 人間は弱い物なのでいくら信仰があっても目に見えないと不安なのでしょう。それがさらにのめり込むと、不安を解消し幸福になるためにドンドンお金をつぎ込むことになる・・・これも人間の欲なんでしょうね。

 ワタシがよもさんのお盆の儀式に5000円払った話は書きましたが、ワタシもあれはインチキ臭いと思っているのです。
 でもよもさんの為に何かしたい、何かすることで何とか自分の気持ちを収めたいと思ったので、大枚5000円払ってあの儀式に出たのです。

 ワタシが安倍総理暗殺犯の母親のような資産家だったら、もっと出していたかもしれません。
 献金とか喜捨と言うのは、自分が何かの犠牲を払う事で、何かやった、努力したと言う満足感を得る為の物だと思います。

 辛い気持ちを整理する為の行為です。
 
 そういえば昔ペシャワール会の会員だったころ、アフガニスタン旅行中の日本人の老夫婦が事故に遭い、ペシャワール会の病院に担ぎ込まれたけれど、妻が死んだと言う事件がありました。
 その後、夫がペシャワール会に多額の寄付をして、ペシャワール会はそれで病棟を新設しました。

 ある意味もこれと同じ事だと思います。
>
> フランスのセクト法のようなものが本当にできるのかわかりませんが、特定の思想に引き込んで指導者の意のままに活動させたり、金銭を要求し、政治にかかわる集団でしたら「日本共産党」はまさしくセクト法で規制すべき組織ですね。

 民主主義国家では共産党を違法としている国が結構あります。 セクト法のような法律があれば当然可能でしょうね。
 
 ところが今共産党が反統一教会キャンペーンの旗を必死に降っています。
 彼等はこれがどういう結果をもたらすかわかっているのでしょうか?
 余りの愚かさに呆れます。
  1. 2022-09-10 11:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: > 宗教と信仰は違うと、取り留めなく朝考えました

> ありがとうございました、勉強に成りました。
> 信仰と言うのは原始社会からまた家族・部族単位にも在った、社会以前から人間に存在していたのですよね。
> 私が非合理的といった科学的に不明確なものは排除し人工的に考えられた共産主義思想からは排除されて当然だった。
>
> その人間の本質を排除したら、社会での人間が存在できるか?・・・
> 昨今流行の男女、家庭、性、本質を見直している人達は新たな共産主義思想だと思うんです、人間の本質を否定し壊してるんですね。
> 人間は永遠に白紙で生まれる、家庭と社会は白紙に書きこんで行く。親が書き込んでも書き直す子供居る。
> どめ夫を持つ妻は、何度でもどめ夫と一緒になる、生保でパチンコは止められない誰も説得できない。親を悩ませない子供は良い人間か?
> これを自由として、放任、許容すべきなのか、ある程度の抑制も必要なのでしょうけど。葛藤が人間を成長させますからね、社会もそうなのだろう。

 恐縮です。
 ワタシも弱い人間なので、宗教とか信仰とかを頼らないではいられません。
 
 よもさんの事が今も哀しく、毎日骨箱を撫でて、話しかけています。
 よもさんに魂がなく、完全に消え去ったとは絶対に信じたくないです。

 父が死んだ時や母が死んだ時はもっと辛かったです。

 そして猫が死んだ事でこれほど辛いなら、成人しているのに親が死んだ事がこれほど辛いなら、子供や配偶者をなくした人はどれほど辛いかと思います。
 
 以前「儒教とは何か」と言う本を読んだ時、儒教の宗教的な面を解説してなぜ宗教化と言うと「死後の世界語るから宗教」だと書いてありました。
 死後については自然科学は対応不能です。
 でも自分の死後や、自分の愛するモノの死後を考えると、死後の世界がないとは信じたくなく、死後の世界の存在を正当化する為に宗教があるのだと思います。

 尤もワタシも自分にとってどうでもよい人間の死後なんてどうでもよいので、全くワタシの勝手な解釈なのですが。
 
  1. 2022-09-10 11:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 国葬反対と「安倍許さない」カード

> TVで国葬反対のデモを視ました。
> 彼らは「これだけ国民が反対してるのだから」といいながら、共産党のスローガン「安倍を許さない」とカードを掲げているんですね。
> 日本国を他国と連携して軍事で政権を獲ろうと(良かれと思い込んで?国民の為だと思い込んで?)言う共産党が自らを国民がって・。
>
> これも国民の権利だと言って?自分の才能と特異な癖を認めてくれない狭い世間を恨んでいるだけでしょ、白髪の年寄りがねーお笑いですよね、信仰のなせる業ですかね(嫌味です)。
> 国葬の警備に金が掛るって? 常々、日本の国防も自衛隊も必要ないと言ってるからここは筋が通ってますよね・・・。
> これを全国放送し、外国にまで流すマスコミってなんだろ。

 反安倍とか共産党に群がっている連中って皆カルトだと思います。
 この頃ツィッターで反国葬派の連中を見るんですが、ホントにもう全く話が通じないし、ひたすら安倍総理を憎んでいます。 でも彼等がホントに憎んでいるのは、日本であり、日本人だと思うのです。

 これについては一度まとめてエントリーしたいです。
  1. 2022-09-10 11:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

国葬反対のデモ:これって日本人だけが参加してるとは限らないですよね?
長野オリンピックの時と同じことをやってるんじゃないんですか?
あのプラカードの拡大写真を見ましたが、簡体字が使われているんです。
権力のケンの字とか
日本人がことさら使うとは思えません。

こういうフェイクが検証もなく放送されている、という事実、これを知らなければなりませんよね。

ちなみに外国のニュースだと道行く人のインタビューでもちゃんとテロップにその個人名が書かれています。
名前が出るとしたら、責任持った答えとなるはずです。
日本の場合、同じ人が答えてる場合があるそうです。
あの東京で、同じ人になる確率って天文学的でしょう?
  1. 2022-09-10 13:31
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

自民党のアンケート調査で、統一教会の接点について、「接点があった」との回答で、メディアやジャーナリストが鬼の首でも取ったように騒いでいますが、その「接点」とやらの多くが、関連団体で挨拶をしたとか、講演をしたというものです。
法律や道徳に違反することでもないことでも、自分達が悪の秘密組織に認定した統一教会にほんの少しでも接触したなら、その時点で同類認定など、すでに中世の異端審問ではないですか。
江戸時代でもキリシタンは、おとなしくしていれば目をつぶってもらえたというのに、容赦ない統一教会叩きは、全体主義ともいえる動きに誰も矛盾を感じないのでしょうか?
友人や親類に信者がいた、あるいは議員の秘書の親族に信者がいたことでも「接点」になりますし、その「接点」を切れなど、重大な人権侵害になることもあります。
信者や親族にも人権があるのですが、自分が悪と見なしたものなら、法律無視、人権無視も正当化されるのはすごく危険なことです。それが、歯止めなく暴走したのがナチスのユダヤ人虐殺であり、毛沢東の文化大革命や亜種であるポルポトの虐殺になります。
  1. 2022-09-10 15:40
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #dYIu4SgA
  4. 編集

余計なお世話ならすみません

ご存じかもしれませんが、動画を一つ紹介させてください。
ブログ主様も「外的に発現する信徒の行為」と「信徒の内面における信仰」と「宗教教団」の3つを区別して論じるべきとお考えになっていると思いますが、K藤弁護士などは「フランスではカルト教団そのものを簡単に取り締まり得るんだ!」的な意味合いの発言をしています。

そこでフランスの反セクト(カルト)法を解説した動画です。なお統一教会に関してはもっぱら民事事件ですが(新世事件など例外あり)、こちらは刑事法の分野のようなのでご注意ください。

解説者はなんとあの玉木雄一郎!ただし国民民主党を立ち上げてからの彼は、大局観やリーダーシップに欠け一国の中心となり得る人材ではないものの、部分的には結構まともな発信をするようになってきたと個人的には感じています。
本動画も、両罰規定の意義について今一つ分かりにくい説明になっているなど問題もありますが、K藤弁護士の話を(批判的に)吟味する際には役立つ情報ではないかと思います。

フランスの反セクト法とは何か?玉木雄一郎が解説
https://m.youtube.com/watch?v=b1auxpx-2f

追記1:本動画の存在又はその提供する情報について既にご存じでしたら全くもって余計なお世話コメントになってしまうことにつき、ご寛恕賜りますようお願いします。
追記2:「神社でお盆」、楽しそうですね。
  1. 2022-09-10 16:35
  2. URL
  3. 通りすがり #-
  4. 編集

申し訳ありません

先のコメントのURLでは再生できないかもしれませんので、こちらで試していただきますよう、お願いします。
https://m.youtube.com/watch?v=1HwT4PBEdQ8
  1. 2022-09-10 16:40
  2. URL
  3. 通りすがり #-
  4. 編集

たびたび申し訳ありません

先のコメントのURLは短縮版でした。こちらで試していただきますよう、お願いします。
https://m.youtube.com/watch?v=b1auxpx-2fs
  1. 2022-09-10 16:43
  2. URL
  3. 通りすがり #-
  4. 編集

まるで中世の魔女狩りのような今の 「統一教会狩り」 について、とうとう外国の大使にまで苦言を呈されてしまいましたね。

駐日ジョージア大使 ティムラズ・レジャバさんはTwitterを使っています
https://twitter.com/TeimurazLezhava/status/1568169980226867200
>国葬をめぐってメディアや日本の一部のオフィシャルからあれこれと発言が出ていることを残念に思います。それどころか、故人に対する目に余る言動に心を締め付けられております。 たったひとりでも国外からの来賓があるならば、国民が一丸となって対応することが日本の懐ではないのでしょうか。

駐日ジョージア大使 ティムラズ・レジャバさんはTwitterを使っています
https://twitter.com/TeimurazLezhava/status/1568169982856695809
>また、問題があるとすれば機会を改めて吟味すれば良いのではないでしょうか。今は政治ではなく日本全体の姿が試される局面です。私は、まったく必要なく悲惨な死を迎えてしまった安倍元総理の英霊を敬い、歴史に残る国葬となる覚悟で出席を表明致しました。

↑このツイートに対して、汚い表現を使って反論している奴がいたけど、「お里が知れる」 というか、マジで日本人じゃないでしょ。

話は変わって・・・
私は、個人的には 「カルト宗教に対抗できるのは、共産主義の『無神論』『唯物論』じゃなくて、神道じゃないか?」 と思っています。多神教だし、教義や戒律のないアニミズム (原始宗教) なので、どんな人でも受け入れてくれます。(日本がG7のホスト国になった時、安倍さんは欧米の首脳を伊勢神宮に案内してましたよね。)

これがキリスト教だと、聖書に 「同性愛は悪」 と書いてあるので、欧米では自分がLGBTであることに気づいた人は苦悩するそうですね。一昔前の洋楽アーティストの中には、隠れLGBTの人が結構いて、後から 「あの歌詞って、そういう意味だったのか!」 と、わかることも多いです。

ちなみに欧米諸国では西暦2000年代以降、国勢調査で 「信仰している宗教はない。『無宗教』」 と回答する人が急増しています。エリザベス女王の葬儀は英国国教会式で行われるのでしょうが、すでに英国国民の半数近くは 「無宗教」 です。

英国、イングランドとウェールズでキリスト教人口減少 全人口の半数に : 国際 : クリスチャントゥデイ
https://www.christiantoday.co.jp/articles/30427/20220105/christians-in-england-wales-falls-to-half-population.htm

以前にも書きましたが、私はカルトは大嫌いだけど、オカルトは結構、信じています。神社にもよくお参りしていて、これまでに 「神様のご加護のおかげで助かった」 という体験もしています。まあ、他人から見たら、それこそ私の 「思い込み」 なんでしょうけど・・・。ただ、私は 「助けてくれるのは神様であって、高い神具ではない」 と思っています。
  1. 2022-09-10 23:11
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 国葬反対のデモ:これって日本人だけが参加してるとは限らないですよね?
> 長野オリンピックの時と同じことをやってるんじゃないんですか?
> あのプラカードの拡大写真を見ましたが、簡体字が使われているんです。
> 権力のケンの字とか
> 日本人がことさら使うとは思えません。
>
> こういうフェイクが検証もなく放送されている、という事実、これを知らなければなりませんよね。
>
> ちなみに外国のニュースだと道行く人のインタビューでもちゃんとテロップにその個人名が書かれています。
> 名前が出るとしたら、責任持った答えとなるはずです。
> 日本の場合、同じ人が答えてる場合があるそうです。
> あの東京で、同じ人になる確率って天文学的でしょう?

 そうでしょうね。
 国葬に一番反対しているのは中国ですからね。 
 国葬が民主主義国家が揃って、民主主義国家が対中包囲網での団結を示す場になる事は、絶対に避けたいし、台湾代表が招待されるのも困るでしょうから。
  1. 2022-09-11 10:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 自民党のアンケート調査で、統一教会の接点について、「接点があった」との回答で、メディアやジャーナリストが鬼の首でも取ったように騒いでいますが、その「接点」とやらの多くが、関連団体で挨拶をしたとか、講演をしたというものです。
> 法律や道徳に違反することでもないことでも、自分達が悪の秘密組織に認定した統一教会にほんの少しでも接触したなら、その時点で同類認定など、すでに中世の異端審問ではないですか。
> 江戸時代でもキリシタンは、おとなしくしていれば目をつぶってもらえたというのに、容赦ない統一教会叩きは、全体主義ともいえる動きに誰も矛盾を感じないのでしょうか?
> 友人や親類に信者がいた、あるいは議員の秘書の親族に信者がいたことでも「接点」になりますし、その「接点」を切れなど、重大な人権侵害になることもあります。
> 信者や親族にも人権があるのですが、自分が悪と見なしたものなら、法律無視、人権無視も正当化されるのはすごく危険なことです。それが、歯止めなく暴走したのがナチスのユダヤ人虐殺であり、毛沢東の文化大革命や亜種であるポルポトの虐殺になります。

 そもそも「接点」とか「ズブズブ」とかいう曖昧な表現がオカシイのです。
 それに統一教会は違法団体ではなく、正規の宗教団体です。

 ホントに統一教会が反社と言うなら、きちんと反社の定義をして統一教会が反社になるかどうかを議論したうえで、カルトや反社団体を取り締まる法案を作るべきでしょう。
 でも今やっている事は、唯の宗教弾圧と、それにかこつけた自民党攻撃です。

 そしてもっとわかりやすく言えば、安倍派攻撃で安倍総理と近かった人だけを集中攻撃しているのです。
 
 民主主義国家がこんなことをするべきじゃないです。
  1. 2022-09-11 10:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 余計なお世話ならすみません

> ご存じかもしれませんが、動画を一つ紹介させてください。
> ブログ主様も「外的に発現する信徒の行為」と「信徒の内面における信仰」と「宗教教団」の3つを区別して論じるべきとお考えになっていると思いますが、K藤弁護士などは「フランスではカルト教団そのものを簡単に取り締まり得るんだ!」的な意味合いの発言をしています。
>
> そこでフランスの反セクト(カルト)法を解説した動画です。なお統一教会に関してはもっぱら民事事件ですが(新世事件など例外あり)、こちらは刑事法の分野のようなのでご注意ください。
>
> 解説者はなんとあの玉木雄一郎!ただし国民民主党を立ち上げてからの彼は、大局観やリーダーシップに欠け一国の中心となり得る人材ではないものの、部分的には結構まともな発信をするようになってきたと個人的には感じています。
> 本動画も、両罰規定の意義について今一つ分かりにくい説明になっているなど問題もありますが、K藤弁護士の話を(批判的に)吟味する際には役立つ情報ではないかと思います。
>
> フランスの反セクト法とは何か?玉木雄一郎が解説
> https://m.youtube.com/watch?v=b1auxpx-2f
>
> 追記1:本動画の存在又はその提供する情報について既にご存じでしたら全くもって余計なお世話コメントになってしまうことにつき、ご寛恕賜りますようお願いします。
> 追記2:「神社でお盆」、楽しそうですね。

 ありがとうございました。
 フランスの反セクト法についてよくわかりました。
 
 しかしこの内容からすれば、反セクト法を日本に導入しても、統一教会に解散命令は出せるか疑問ですよね?
 
 1.統一教会は10年来刑事事件を起こしていない。
 2.反セクト法でも基本的には、セクトの起こした犯罪を処罰するのであって、教理を問題にするわけではない。

 因みに日本の現行法でも、違法行為が組織的に行われたと判断された場合は、裁判所が宗教法人の解散を命令できます。
 実際平成7年、明覚寺が霊視商法で詐欺の認定をされて、解散命令が出ています。

 平成10年に統一教会が違法な布教活動で告訴されて、最高裁まで争って全部敗訴しました。
 この時に原告側の弁護団は統一教会にも解散命令を出す事を要求したのですが、しかし裁判所はこれを認めませんでした。
 これを受けて所管官庁である文化庁が国会で答弁していますが、答弁したのが前川喜平なのが笑えます。

 https://www.jijitsu.net/entry/miyaneya-touitsu-motomurabengoshi
  1. 2022-09-11 10:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> まるで中世の魔女狩りのような今の 「統一教会狩り」 について、とうとう外国の大使にまで苦言を呈されてしまいましたね。
>
> 駐日ジョージア大使 ティムラズ・レジャバさんはTwitterを使っています
> https://twitter.com/TeimurazLezhava/status/1568169980226867200
> >国葬をめぐってメディアや日本の一部のオフィシャルからあれこれと発言が出ていることを残念に思います。それどころか、故人に対する目に余る言動に心を締め付けられております。 たったひとりでも国外からの来賓があるならば、国民が一丸となって対応することが日本の懐ではないのでしょうか。
>
> 駐日ジョージア大使 ティムラズ・レジャバさんはTwitterを使っています
> https://twitter.com/TeimurazLezhava/status/1568169982856695809
> >また、問題があるとすれば機会を改めて吟味すれば良いのではないでしょうか。今は政治ではなく日本全体の姿が試される局面です。私は、まったく必要なく悲惨な死を迎えてしまった安倍元総理の英霊を敬い、歴史に残る国葬となる覚悟で出席を表明致しました。
>
> ↑このツイートに対して、汚い表現を使って反論している奴がいたけど、「お里が知れる」 というか、マジで日本人じゃないでしょ。

 今新聞とテレビとそれに煽られた野党がやっている事は、ホントに異端審問か魔女狩りですからね。
 おおよそ文明国のやる事じゃないです。

 それにしても日頃人権とかリベラルとか言っていた連中の本性がこれで丸出しになりましたね。
>
> 話は変わって・・・
> 私は、個人的には 「カルト宗教に対抗できるのは、共産主義の『無神論』『唯物論』じゃなくて、神道じゃないか?」 と思っています。多神教だし、教義や戒律のないアニミズム (原始宗教) なので、どんな人でも受け入れてくれます。(日本がG7のホスト国になった時、安倍さんは欧米の首脳を伊勢神宮に案内してましたよね。)
>
> これがキリスト教だと、聖書に 「同性愛は悪」 と書いてあるので、欧米では自分がLGBTであることに気づいた人は苦悩するそうですね。一昔前の洋楽アーティストの中には、隠れLGBTの人が結構いて、後から 「あの歌詞って、そういう意味だったのか!」 と、わかることも多いです。

 あまり清潔にして常在菌がなくなると、悪質な菌に感染すると言いますが、そもそもカルトが生まれるのは、伝統宗教の不在も大きな理由です。
 だから伝統宗教は大切にしていくべきなのです。

 そして神道の場合は、明確な聖典がない分、なんでも受け入れる包容力があるので、大切にしていくべきだと思います。
>
> ちなみに欧米諸国では西暦2000年代以降、国勢調査で 「信仰している宗教はない。『無宗教』」 と回答する人が急増しています。エリザベス女王の葬儀は英国国教会式で行われるのでしょうが、すでに英国国民の半数近くは 「無宗教」 です。
>
> 英国、イングランドとウェールズでキリスト教人口減少 全人口の半数に : 国際 : クリスチャントゥデイ
> https://www.christiantoday.co.jp/articles/30427/20220105/christians-in-england-wales-falls-to-half-population.htm
>
> 以前にも書きましたが、私はカルトは大嫌いだけど、オカルトは結構、信じています。神社にもよくお参りしていて、これまでに 「神様のご加護のおかげで助かった」 という体験もしています。まあ、他人から見たら、それこそ私の 「思い込み」 なんでしょうけど・・・。ただ、私は 「助けてくれるのは神様であって、高い神具ではない」 と思っています。

 オカルトなど科学で説明不能な不思議な話は、人間の心に安らぎを与えてくれるのかも?
 ヴォルフガング・パウリなど非常に優れた科学者がオカルトに嵌った例も珍しくないですし。 
 ワタシも結構好きです。
  1. 2022-09-11 10:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>神道の場合、明確な聖典が無い分、何でも受け入れる包容力がある

自分の職場の後輩に、浄土真宗の寺の息子(後継ぎ)で、学生時代に級友とのクリスマス•パーティーの幹事を務め、バレンタインデーにチョコレートをくれた女の子と結婚し、現在、一人息子の幼稚園のハロウィーンのパーティーのとき一緒に仮装をしてはしゃいでいるヤツがおりますが何か?
  1. 2022-09-11 12:23
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >神道の場合、明確な聖典が無い分、何でも受け入れる包容力がある
>
> 自分の職場の後輩に、浄土真宗の寺の息子(後継ぎ)で、学生時代に級友とのクリスマス•パーティーの幹事を務め、バレンタインデーにチョコレートをくれた女の子と結婚し、現在、一人息子の幼稚園のハロウィーンのパーティーのとき一緒に仮装をしてはしゃいでいるヤツがおりますが何か?

 なにごとが おわしますかは しらねども もったいなさに 涙こぼれる

 これは西行法師の歌ですが、これが日本人の信仰の原点だと思います。
 
 何が祀られているかはわからないけれど、人智を超えた何かが存在するこを感じ感動することから日本人の信仰の根源なのでしょう。 だからクリスマスだってハローウィンだって無問題なのです。

 そしてそれがそのまま神道につながっているのでしょうね。

 そしてそれが神道の基本になってきたのでしょう。
 
 
  1. 2022-09-12 10:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

宗教か政治結社か思想団体か?

他のブログを視て居た時に、下記のこんな記述がありました。
この人は原理研究会に勧誘されて居た時の事だそうです。

>「勧誘されて数年後、渋谷の古本屋で「原理講論」謄本を見かけました。(確か「原理講論」だったと思います。「原理概論」ではなかったと思います。)1000円と言う価格で、その時の自分には大金でしたけど、池袋駅の勧誘を思い出し、買いました。かなり分厚い本でしたが、1ページ目1行目の書き出しは、
「日本人は悪魔である。何故なら日本人は悪魔であるから・・・・・」


この様な信仰に入る人は、一般的には不幸を持ってるんでしょうけど、自分のいる人間環境、社会(日本)に怨嗟を持っている人なのでしょうね。

第14代会長として田中富広氏(前副会長)
テレビ出演の多かった、あの滑舌の良い日本の会長は如何なんでしょう?

田中富広会長 略歴
1956年 3月 4日 北海道北広島市にて出生
1978年 3月 北海学園大学工学部建築学科を卒業
1976年 2月12日 統一教会に入教
1982年10月14日 6000双の祝福を受ける
【経歴】
1978年 4月~1982年9月   全国大学原理研究会(CARP)支部長
1982年10月~1989年9月  国際基督教学生協会(ICSA)幹事
1989年10月~1997年9月  調布教会教会長
1997年10月~2001年3月  統一教会 青学部長
2001年 4月~2013年8月  世界平和青年連合(YFWP)事務総長
2013年8月30日      統一教会 青年学生局長
2015年1月 5日       統一教会 副会長
2020年10月13日     世界平和統一家庭連合 第14代会長に就任

人生に一点の曇りもなくこの宗教?に没頭してますよね。大学では建築学科ですけど、会員の数を増やすことに情熱をもって、宗教専従として職歴を積みます。これ見ると、個人の不幸がと言うより外国の政治結社の草のようにも思えてきます。

やはり、これは宗教に分別されるのだろうか? との疑問はぬぐえません。
ついでに、今韓国のガンの市民団体、民主主義の希望とか言ってますけど、明らかに市民を名乗る政治団体?結社ですよね。
市民団体と名乗る政治結社、戦後に日本にもその種は撒かれていたのじゃないでしょうか。
そういえば昔、日本へキリスト教を伝来したイエズス会とかもその目的でしたね。
  1. 2022-09-14 11:42
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 宗教か政治結社か思想団体か?

> 他のブログを視て居た時に、下記のこんな記述がありました。
> この人は原理研究会に勧誘されて居た時の事だそうです。
>
> >「勧誘されて数年後、渋谷の古本屋で「原理講論」謄本を見かけました。(確か「原理講論」だったと思います。「原理概論」ではなかったと思います。)1000円と言う価格で、その時の自分には大金でしたけど、池袋駅の勧誘を思い出し、買いました。かなり分厚い本でしたが、1ページ目1行目の書き出しは、
> 「日本人は悪魔である。何故なら日本人は悪魔であるから・・・・・」
> <
>
> この様な信仰に入る人は、一般的には不幸を持ってるんでしょうけど、自分のいる人間環境、社会(日本)に怨嗟を持っている人なのでしょうね。
>
> 第14代会長として田中富広氏(前副会長)
> テレビ出演の多かった、あの滑舌の良い日本の会長は如何なんでしょう?
>
> 田中富広会長 略歴
> 1956年 3月 4日 北海道北広島市にて出生
> 1978年 3月 北海学園大学工学部建築学科を卒業
> 1976年 2月12日 統一教会に入教
> 1982年10月14日 6000双の祝福を受ける
> 【経歴】
> 1978年 4月~1982年9月   全国大学原理研究会(CARP)支部長
> 1982年10月~1989年9月  国際基督教学生協会(ICSA)幹事
> 1989年10月~1997年9月  調布教会教会長
> 1997年10月~2001年3月  統一教会 青学部長
> 2001年 4月~2013年8月  世界平和青年連合(YFWP)事務総長
> 2013年8月30日      統一教会 青年学生局長
> 2015年1月 5日       統一教会 副会長
> 2020年10月13日     世界平和統一家庭連合 第14代会長に就任
>
> 人生に一点の曇りもなくこの宗教?に没頭してますよね。大学では建築学科ですけど、会員の数を増やすことに情熱をもって、宗教専従として職歴を積みます。これ見ると、個人の不幸がと言うより外国の政治結社の草のようにも思えてきます。
>
> やはり、これは宗教に分別されるのだろうか? との疑問はぬぐえません。
> ついでに、今韓国のガンの市民団体、民主主義の希望とか言ってますけど、明らかに市民を名乗る政治団体?結社ですよね。
> 市民団体と名乗る政治結社、戦後に日本にもその種は撒かれていたのじゃないでしょうか。
> そういえば昔、日本へキリスト教を伝来したイエズス会とかもその目的でしたね。

 宗教は内面の問題だと言う事になっていますが、しかし教理や倫理をこの世に実現する事を望むとそのまま政治結社になります。
 イスラム教の教祖ムハンマドは、実際自分の受けた神の啓示により、異教徒を征服し、サラセン帝国を作っています。

 彼は神の言葉を伝える預言者ですから、人間は全て彼に服従しなければならないし、神の言葉であるコーランやそのコーランの教えを具体的に法制化したイスラム法に全ての人類を従うようになるまで戦う事が、イスラム教徒の義務なのです。

 イスラム教は宗教による国家を実際に作った宗教ですが、しかし宗教は全て同様な一面を持っています。

 統一教会もオウム真理教も、同様な目的を持っていたのですが、これは頓挫したのです。
 イエズス会も非常に政治的な指向が強くて、カソリック内でも結構陰謀集団扱いです。

 三銃士のアラミスが後に聖職者になったのはご存知でしょうが、実は彼は「鉄仮面」ではイエズス会の総長になり、そしてバスティーユに幽閉されていたルイ14世の双子の弟を、ルイ14世の代わりにフランス王座に就ける代わりに、自分フランス国王としてアラミスがローマ法王になる事の後押しをする約束を取り付けます。
 
 美男で優男のアラミスは恐るべき大陰謀の首謀者になるのです。
 
 でもこれってイエズス会のイメージを見事に描いています。
 そして宗教の持つ恐ろしい一面を見事に描いています。

 こういう面を見せつけられてきたから、フランス革命ではライテシを徹底して、政治から宗教を排除しようとしたのでしょうね。
 
  1. 2022-09-14 22:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する