fc2ブログ

2022-07-23 13:55

「徴用工」裁判の不思議 なぜ民間企業を提訴?

 自称徴用工問題について韓国は未だに解決策を出していません。 そして挙句の果てに「日本側も韓国の努力に応じる義務がある」などと、意味不明の事を言っています。
  
 この問題は韓国の自称徴用工達が戦時中の勤務先である日本製鉄(現新日鉄)を提訴した裁判で韓国大法院が新日鉄に対して「慰謝料」の支払い命令の判決を出した事から始まりました。
 
 この判決文を日弁連が日本語訳してHPに掲載しました。 
 それでワタシもこれを読んで、この判決文について、このブログでも2度に分けてエントリーしています。
 

 トンデモ判決 韓国自称徴用工裁判

 トンデモ判決 韓国自称徴用工裁判 その2


 ワタシは三流大学の工業化学科卒なので、判決文なんてモノを読んだのはこれが生まれて初めてだったのですが、何とも異常な文章で、日弁連の弁護士たちはこれを読んでどう思ったのか、これで本当に法律的な整合性があると思えるのか、一人一人聞いて回りたい気分になりました。

 しかし実はこの裁判についてワタシはもっと根源的な疑問があります。
 それは「何で被告が民間企業なのか?」と言う事です。
 韓国ではこの新日鉄裁判の他にも自称徴用工からの提訴が多数起きています。 これらは皆「戦時中に徴用された事について賠償しろ」と言うモノです。
 この原告達は皆「徴用=不当な強制労働」とした上で、当時の勤務先の企業を提訴しているのです。

 で、ワタシはこれ凄く奇妙なのです。
 だって徴用と言うのは徴兵と同じく国家の命令による動員なのです。
 徴兵令状と同じく日本政府が日本国民に対して令状を出して、国民はそれに応じる義務があったのです。
 徴兵と違うのは罰則が緩々だったことと、個人だけではなく民間企業など法人も対象になった事です。

 だから大変この裁判が不思議なのです。
 つまり徴用は国家による強制動員なのです。
 だったら徴用されたことを不当として告訴するなら、その被告は日本政府であるべきです。
 日本では戦時でも民間企業が国民を強制労働させる権限などなかったのです。

 因みに韓国大法院の判決文を読むとわかりますが、実はこの裁判の原告達が働いていた新日鉄の工場も「徴用」されています。 原告達は徴用された工場で働き続けたので、その意味では「徴用工」と言えないはないかもしれません。
 しかしこれも判決文に明記されていますが、原告達は新日鉄の求人広告を見て応募して採用されてたのです。 徴用令状を受けて新日鉄での労働に動員されたわけではありません。 

 つまりどこからどう考えても、新日鉄が彼等を「徴用」したとはいえないのです。
 それどころか「徴用」を不当で過酷な制度とするなら、工場丸ごと徴用された新日鉄も被害者なのです。
 だから「徴用」を不当な強制労働と言うなら、原告達は日本政府を提訴するべきだったのです。

 本来であればこういう提訴自体が無効になるはずです。
 だって関係ない相手を提訴しているわけですから。
 新日鉄側は日本政府の制度や法令に従っただけで、それが原告達にとって不愉快であっても、新日鉄側にはどうしようもないのですから。

 ところが大変不思議な事に、韓国大法院は新日鉄に対して原告への「慰謝料」支払いを命じたのです。

 慰謝料???

 ワタシはこれも非常に不思議なのです。
 原告が要求していたのは「賠償」だったはずです。 それが何で慰謝料に化けたのでしょうか?

 再度言うけど、ワタシは三流大学の工業化学科卒なので、判決文なんてモノを読んだのはこれが生れてはじめて、そもそもあまりに面妖な文章なので完全に理解していると言う自信はありません。 そして法律や裁判に対する知識も殆どゼロです。

 でも慰謝料と賠償って違うでしょう?
 例えば交通事故の場合、車の修理費や怪我の治療費、休業補償などが賠償で、事故で痛い思い辛い思いをしたことを「慰謝」する為に出すのが慰謝料でしょう?

 しかしこの判決文では原告の賠償請求は無視して、原告に「慰謝料」の支払いを命令しているのです。 
 判決文自体があまりに面妖で論理がグチャグチャなので低学歴のワタシには完全には理解できていないかもしれませんが、この慰謝料請求の下りで韓国大法院は「日韓併合の不法性」を持ち出しているのです。 
 つまり「日韓併合が悪いから、当時の事全部悪い、だから慰謝料支払え!!」と言うのです。

 しかしねえ・・・・・。
 新日鉄が日韓併合をしたわけじゃないです。
 日韓併合なんて国家の外交の責任は国家・政府に問うしかないのです。

 ところが韓国大法院は平然と民間企業に、「日韓併合への慰謝料を支払え」と言うのです。

 もうホントに無茶苦茶でしょう? 

 自称徴用工裁判については、もう最初から最後まで全部論理が滅茶苦茶で突っ込みどころが多すぎる為、皆混乱しているのだと思います。
 しかしワタシは実はこの裁判の最大の問題は、原告は徴用と言う国家の制度に対する「賠償請求」をなぜか民間企業に対して行い、大法院が日韓併合と言う国家の外交に対する「慰謝料」を民間企業に命じた事だと思っています。

 皆様はどう思いますか?
 法律に詳しい方がいらしたら教えてください。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(38)

コメント

マジでワケワカメな話なので、推測で言うしかありませんが、旭日旗に対する抗議と同じで、政府に直接ぶつけても押し通すのは難しいので、政府よりも弱い民間企業を標的にしたのでは? 
当然、日本政府もこれら企業を保護するだろうけど、それでも争いが長引けば企業が裁判のストレスに堪えきれなくなり、結局は「落ちる」だろう、との見込みだったとかね。
まあ、亡きご隠居さん流に言えば、未だ中世の尻尾を残した国ですから、我が国や欧米諸国のような近代合理主義精神の眼から見れば「異形」の輩たちですから、「同じ人間」と思わない方がよいでしょうな。
  1. 2022-07-24 00:52
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

朝鮮には関わりたくないですが、上記文章のごとくワケワカメです。

連想ですが、AをBとすり替えて話が進むコリアン論理は「霊感商法」に似ている気がします。

信仰(A)と壺を買うこと(B)に何の因果がもないのに、あるかのように論理が進む。こんなのはワケワカメ!で叱り飛ばす話なのに、アタマが悪い人は陶然となる。
  1. 2022-07-24 09:07
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> マジでワケワカメな話なので、推測で言うしかありませんが、旭日旗に対する抗議と同じで、政府に直接ぶつけても押し通すのは難しいので、政府よりも弱い民間企業を標的にしたのでは? 
> 当然、日本政府もこれら企業を保護するだろうけど、それでも争いが長引けば企業が裁判のストレスに堪えきれなくなり、結局は「落ちる」だろう、との見込みだったとかね。
> まあ、亡きご隠居さん流に言えば、未だ中世の尻尾を残した国ですから、我が国や欧米諸国のような近代合理主義精神の眼から見れば「異形」の輩たちですから、「同じ人間」と思わない方がよいでしょうな。

 元々この徴用工問題は慰安婦問題と同様、韓国側が完全に捏造したモノですからね。 それも90年代以降にです。

 日韓条約締結の交渉を始めたのは1950年代からですから、当時交渉にあたった政治家も外交官も、戦中派世代で日韓併合時の事も、戦時中の事も自身で体験していたし、日韓両国民も同様でした。

 だから日韓両国民も政治家も外交官も、慰安婦は大変稼ぎの良い売春婦、日本への出稼ぎは大変割の良い仕事と認識していました。
 稼ぎの良い売春婦や高給を得てる出稼ぎ労働者に賠償なんて誰も考えなかったのです。
 だから日韓条約での賠償の対象にもなっていません。

 しかしそういう事実が一般国民の記憶から消えた1980年代ぐらいから、慰安婦強制連行の捏造が始まり、続いて「徴用工」の捏造が始まったのです。

 その意味では全部インチキなんですよね。
 徴用工は最初「強制連行」と言っていたのが、実は強制連行なんて事実は全くの虚偽とばれてから韓国側が徴用工と言い出したのです。

 結局これは捏造した「被害」に対する賠償請求なのです。
 だから最初から話に整合性が取れるわけもないのです。

 
  1. 2022-07-24 11:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 朝鮮には関わりたくないですが、上記文章のごとくワケワカメです。
>
> 連想ですが、AをBとすり替えて話が進むコリアン論理は「霊感商法」に似ている気がします。
>
> 信仰(A)と壺を買うこと(B)に何の因果がもないのに、あるかのように論理が進む。こんなのはワケワカメ!で叱り飛ばす話なのに、アタマが悪い人は陶然となる。

 本来の賠償請求裁判は、まず賠償義務のある相手に起こさないと意味がないのですが、韓国人の感覚だとそういう事を厳密に考える発想がないのかもしれません。

 例えば金持ちの息子が交通事故を起こして人を轢き殺した場合、被害者の遺族が賠償を請求をできるのは、この息子です。 親がいくら金持ちでも成人した息子の起こした事故への賠償義務はありませんから、親を相手に裁判しても無効にってしまいます。

 でも韓国人の感覚だと、そういうのきちんと考えずに感情的に取りやすそうなところを提訴して、裁判所もそれで損害賠償を認めてしまうとか、そんな感じですね。
  1. 2022-07-24 11:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

【慰謝料】
〔『コンサイス法律学用語辞典』(三省堂)〕
 精神的損害に対する賠償ないし賠償金。不法行為については明文で精神的損害の賠償が認められている(民710)が、明文のない債務不履行についても解釈上認められている。・・(以下略)・・

〔『法律学小辞典 第4版』(有斐閣)〕
1 意義 精神的損害の賠償。賠償として支払われる金銭そのものを意味することも多い。不法行為の場合には精神的損害を賠償しなければならないことについて明文の規定がある〔民710〕が、債務不履行の場合には規定がない。しかし、多くの学説は債務不履行の場合にも慰謝料を認めることを主張しており、判例もこれを認める(最判昭和54・11・13 判タ402・64)
2 請求権者 (略)
3 問題点 (略)
  1. 2022-07-24 12:50
  2. URL
  3. 通りすがり #-
  4. 編集

事実関係より力関係

徴用工判決については、毎日新聞の澤田克己・外信部長 (元ソウル特派員) の手のひら返しをよく覚えています。日韓で慰安婦合意が結ばれた時、この人は毎日新聞のサイトで、わざわざ動画で 「これで慰安婦問題は解決しても、まだ強制連行された徴用工の人達への賠償が残っている。」 と言ってたんですよね。

なので徴用工判決後、安倍政権が間髪を入れずに 「強制連行などという史実はない」 と言った時、私はこの人がどういう反応をするだろうと思って、毎日新聞のサイトや、この人のTwitterを見に行ったんですよ。

でも (というか、やはり) 毎日新聞のサイトにあった動画は削除、Twitterでも韓国を擁護しつつ 「あの判決はマズかった」 みたいなツイートをしていましたね。ちなみにこの人、その10年前には 「日本が韓国に捨てられる~!!」 という内容の本を出しています。

「脱日」 する韓国 ― 隣国が日本を捨てる日 – 澤田克己 (著) 2006/7/1 - Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4877585044

それで思ったのは 「朝鮮が好きな日本人やコリアンにとって、事実とか、正しいかどうかなんて、どうでも良いんだな。」 という事ですね。韓国国内のニュースを見ても、事実関係より力関係で物事が決まっているし。

慰安婦問題がネットで大きく騒がれて、日本人の多くが 「強制連行は嘘」 と気づいていなければ、彼らは手を替え品を替え 「強制連行の謝罪と賠償を!!」 と言い続けていたでしょう。
  1. 2022-07-24 13:55
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 【慰謝料】
> 〔『コンサイス法律学用語辞典』(三省堂)〕
>  精神的損害に対する賠償ないし賠償金。不法行為については明文で精神的損害の賠償が認められている(民710)が、明文のない債務不履行についても解釈上認められている。・・(以下略)・・
>
> 〔『法律学小辞典 第4版』(有斐閣)〕
> 1 意義 精神的損害の賠償。賠償として支払われる金銭そのものを意味することも多い。不法行為の場合には精神的損害を賠償しなければならないことについて明文の規定がある〔民710〕が、債務不履行の場合には規定がない。しかし、多くの学説は債務不履行の場合にも慰謝料を認めることを主張しており、判例もこれを認める(最判昭和54・11・13 判タ402・64)
> 2 請求権者 (略)
> 3 問題点 (略)

 ありがとうございます。
 やっぱり慰謝料と賠償って完全な別物ですよね?
  1. 2022-07-24 15:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 事実関係より力関係

> 徴用工判決については、毎日新聞の澤田克己・外信部長 (元ソウル特派員) の手のひら返しをよく覚えています。日韓で慰安婦合意が結ばれた時、この人は毎日新聞のサイトで、わざわざ動画で 「これで慰安婦問題は解決しても、まだ強制連行された徴用工の人達への賠償が残っている。」 と言ってたんですよね。
>
> なので徴用工判決後、安倍政権が間髪を入れずに 「強制連行などという史実はない」 と言った時、私はこの人がどういう反応をするだろうと思って、毎日新聞のサイトや、この人のTwitterを見に行ったんですよ。
>
> でも (というか、やはり) 毎日新聞のサイトにあった動画は削除、Twitterでも韓国を擁護しつつ 「あの判決はマズかった」 みたいなツイートをしていましたね。ちなみにこの人、その10年前には 「日本が韓国に捨てられる~!!」 という内容の本を出しています。
>
> 「脱日」 する韓国 ― 隣国が日本を捨てる日 – 澤田克己 (著) 2006/7/1 - Amazon
> https://www.amazon.co.jp/dp/4877585044
>
> それで思ったのは 「朝鮮が好きな日本人やコリアンにとって、事実とか、正しいかどうかなんて、どうでも良いんだな。」 という事ですね。韓国国内のニュースを見ても、事実関係より力関係で物事が決まっているし。
>
> 慰安婦問題がネットで大きく騒がれて、日本人の多くが 「強制連行は嘘」 と気づいていなければ、彼らは手を替え品を替え 「強制連行の謝罪と賠償を!!」 と言い続けていたでしょう。

 「強制連行」は元々は朝鮮総連による捏造で60年代から始まったようですが、90年代になって日本のマスゴミが大々的にこのプロパガンダに乗ってきました

 このプロパガンダに乗った連中からすれば、仰るように事実とか正しいとかは全く関係ないのでしょうね。 そしてこれは左翼と朝鮮人の特徴ですが、一度吐いた嘘にはとことん執着するのです。

 でもネットが普及したころから、ネットを通じて強制連行の嘘を暴く情報が広がりました。 でも韓国では嘘に乗り続けたので今もこの延長で徴用工問題になっているのです。

 本来なら司法こそが正しさと事実により嘘を切り捨てるべきなのですが、韓国の司法は別物ですからどうしようもないですね。
  1. 2022-07-24 15:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

古池や蛙飛び込む水の音 松尾芭蕉

暇でTVを視て居ましたら、蛙が水に飛んでも音はしないと言うのが科学的事実で芭蕉も音は聞いていない筈だ、これを「文学的虚構」というのだそうです。
人々はこの俳句を読んで、蛙が音を立てて水に飛び込む想像をしてそれを納得し事実と思い込んでるのだそうです。
一般的に人文系の出身者と言うのは文学的虚構と事実の分別を気に掛けない傾向が有るのではないだろか、理科系はその分別が知識の学問ですからね。

韓国の戦場慰安婦も、君たちは性奴隷で貴方は不当な不幸に貶められていたんですよ、それを賠償してもらい謝ってもらうことは世界の常識で正義なんですよ。自分は覚えが無いけど、殆どの人は兵隊に銃を突きつけられて連れてこられたんですよ、という文学的虚構を政治的に日本社会に疎外感のある日本人が小説を描いて教え込んだんですよね。

もともと字も書けない本を読んだ事も無い、周りに流される様に動物のように生まれ本能だけで生きていた人達、国民が信じたのは、当然なのかもしれませんね。
残念だけど彼らには文学的虚構と現実感が混ざってる知識も経験も味噌糞の類い、韓国人社会は歴史的にも其れが激しい世界的にも稀な地域かもしれませんね。
  1. 2022-07-24 16:22
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 古池や蛙飛び込む水の音 松尾芭蕉

> 暇でTVを視て居ましたら、蛙が水に飛んでも音はしないと言うのが科学的事実で芭蕉も音は聞いていない筈だ、これを「文学的虚構」というのだそうです。
> 人々はこの俳句を読んで、蛙が音を立てて水に飛び込む想像をしてそれを納得し事実と思い込んでるのだそうです。
> 一般的に人文系の出身者と言うのは文学的虚構と事実の分別を気に掛けない傾向が有るのではないだろか、理科系はその分別が知識の学問ですからね。
>
> 韓国の戦場慰安婦も、君たちは性奴隷で貴方は不当な不幸に貶められていたんですよ、それを賠償してもらい謝ってもらうことは世界の常識で正義なんですよ。自分は覚えが無いけど、殆どの人は兵隊に銃を突きつけられて連れてこられたんですよ、という文学的虚構を政治的に日本社会に疎外感のある日本人が小説を描いて教え込んだんですよね。
>
> もともと字も書けない本を読んだ事も無い、周りに流される様に動物のように生まれ本能だけで生きていた人達、国民が信じたのは、当然なのかもしれませんね。
> 残念だけど彼らには文学的虚構と現実感が混ざってる知識も経験も味噌糞の類い、韓国人社会は歴史的にも其れが激しい世界的にも稀な地域かもしれませんね。

 文学的虚構と言うかファンタジーを子供や教育のない人が信じるの理解できますが、でも慰安婦妄想に一番執着しているのは「高学歴」を誇る左翼ですからね。
 
 しかもそれを日弁連などプロの法律家が全面的に支援しているのです。
 
 カルト信者も実は結構高学歴者が多いようですが、なんかそれと通じる話です。
 彼等の脳内には、我々一般庶民には理解できない特殊妄想機能でも付いているんでしょうかね?
  1. 2022-07-24 20:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

すみませんが・・・

>やっぱり慰謝料と賠償って完全な別物ですよね?

 すみませんが逆です。仮に図式化するならば
  損害賠償 = (ブログ主様がおっしゃるところの)財産権の損害に対する損害賠償 + 慰謝料(財産権以外の損害に対する損害賠償)
   ということになります。

 先に引用した法律辞典でも触れられている民法第710条を引用しておきます。
 【(財産以外の損害の賠償)
  第七百十条 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。】

〔余談〕
 「なぜ民間企業が被告になるのか?」というブログ主様の疑問はごもっともで、これを検討するためには複数の韓国裁判所の判決文(及び訴訟記録の一部)を読まねばならず、私の能力を超えます。そこで一つの憶測としてお読みいただければ幸いです。

 リンクを貼られている過去記事からも辿れる2012年の大法院判決を仔細に読むと、同判決は自称徴用工たちの受けた「損害」について「日本国と被告企業との共同不法行為」と考えているようなセンテンスがあります。
 ところで、一般的には外国(この場合は日本)がその主権に基づいて行った行為については当該国(この場合は韓国)の裁判権には服さないという「主権免除(国家免除)の原則」が国際慣習法上(未発効ながら国連の条約もある)認められています。
 したがって共同不法行為者たる日本国と被告企業のうち前者は韓国の裁判所での被告たりえないので、結果的に企業のみを被告としたのではないかと思うのです。

 もちろん、この共同不法行為構成論については私自身も納得しているわけではないので、ブログ主様の疑問が氷解することもないでしょうが、一応の推論ということでお願いします。
 ちなみにドイツがユダヤ人問題以外の戦争中の行為につき、イタリア人原告やギリシア人原告との裁判で「主権免除」を主張し、このうち原告勝訴の判決が確定した対イタリアとの裁判に関して国際司法裁判所で勝訴した(主権免除が認められた)ことは、ご存じのこととおもいます。

 なお、2021年1月にソウル中央裁判所が慰安婦裁判につき日本の主権免除を否定した判決を下しましたが、数ヵ月後の別件の慰安婦裁判では同じ裁判所が主権免除を認める判決を下したことも、ご存じではないかと思います。

取り留めもない長文で失礼しました。
 
  1. 2022-07-25 07:21
  2. URL
  3. 通りすがり #-
  4. 編集

Re: すみませんが・・・

> >やっぱり慰謝料と賠償って完全な別物ですよね?
>
>  すみませんが逆です。仮に図式化するならば
>   損害賠償 = (ブログ主様がおっしゃるところの)財産権の損害に対する損害賠償 + 慰謝料(財産権以外の損害に対する損害賠償)
>    ということになります。
>
>  先に引用した法律辞典でも触れられている民法第710条を引用しておきます。
>  【(財産以外の損害の賠償)
>   第七百十条 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。】
>
> 〔余談〕
>  「なぜ民間企業が被告になるのか?」というブログ主様の疑問はごもっともで、これを検討するためには複数の韓国裁判所の判決文(及び訴訟記録の一部)を読まねばならず、私の能力を超えます。そこで一つの憶測としてお読みいただければ幸いです。
>
>  リンクを貼られている過去記事からも辿れる2012年の大法院判決を仔細に読むと、同判決は自称徴用工たちの受けた「損害」について「日本国と被告企業との共同不法行為」と考えているようなセンテンスがあります。
>  ところで、一般的には外国(この場合は日本)がその主権に基づいて行った行為については当該国(この場合は韓国)の裁判権には服さないという「主権免除(国家免除)の原則」が国際慣習法上(未発効ながら国連の条約もある)認められています。
>  したがって共同不法行為者たる日本国と被告企業のうち前者は韓国の裁判所での被告たりえないので、結果的に企業のみを被告としたのではないかと思うのです。
>
>  もちろん、この共同不法行為構成論については私自身も納得しているわけではないので、ブログ主様の疑問が氷解することもないでしょうが、一応の推論ということでお願いします。
>  ちなみにドイツがユダヤ人問題以外の戦争中の行為につき、イタリア人原告やギリシア人原告との裁判で「主権免除」を主張し、このうち原告勝訴の判決が確定した対イタリアとの裁判に関して国際司法裁判所で勝訴した(主権免除が認められた)ことは、ご存じのこととおもいます。
>
>  なお、2021年1月にソウル中央裁判所が慰安婦裁判につき日本の主権免除を否定した判決を下しましたが、数ヵ月後の別件の慰安婦裁判では同じ裁判所が主権免除を認める判決を下したことも、ご存じではないかと思います。
>
> 取り留めもない長文で失礼しました。

 つまり韓国の裁判所では日本政府をさばけないので民間企業だけをさばくと言う事ですか? 
 その為に敢えて徴用を日本政府と被告企業の共同不法行為にしたと言うわけですね。

 これならわかります。

 尤も被告企業側が工場を徴用されていて、原告はそこで働いていただけですから、それを企業側と国の「共同不法」と言うのは無茶苦茶ですけどね。
>  
  1. 2022-07-25 10:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

久しぶりに見たけどこの問題、大学でで法律の基礎を学べばほとんど無理筋だということはわかります。

通りすがりさん
一知半解は身を滅ぼすよ。この訴訟の原告は被告に対して給与未払いという債務不履行を理由として訴訟を提起してます。韓国の民法の細かい規定は知りませんが、基本日本民法を承継してますので構造は同じです。債務不履行の場合も不履行に不法性があれば判例上慰謝料は認められますが、それはあくまで債務不履行を基本とするものです。

不法行為ではないんですよ。不法行為と債務不履行は裁判の審判の対象が異なります。これを訴訟物といいますがこれが異なれば審判の対象自体になりません。たしかこの訴訟2012年のときには高裁まで請求棄却で、大法院で審判の対象が異なるという理由で差し戻されました。本来これは裁判所が本来できないことを認めたトンデモ判決なんですがこれをもとにして請求を認めてしまったものです。

不法行為における慰謝料請求は不法行為における精神的損害を慰謝することを目的としています。したがって不法行為を主張して初めて認められるもの、それがない以上本来は上告却下です。

その上で日韓請求権協定を無視して不法行為を認めたということです。

日韓請求権協定は色々言われますが日韓条約は日本敗戦以前の諸条約は無効となったことが確認されたことです。連中は請求権協定を一種の戦争賠償と仕様と頑張ったのですがこの不法性だけは頑として日本政府は認めませんでした。当然のことです。正式に交戦しておらず講和条約も結んでいない国ができる行為じゃありません。

また本来日韓併合を無効とした場合、それを基本として制定された法律も無効となり大変な混乱を生じます。現に韓国政府は併合時代の法律の多くを承継しています。それを受けて日本国は無答責となったのです。別に国際法の主権免除の問題じゃありません。

つまり、日本国は不法行為を行ってないが、民間の債権債務関係の諸問題が未解決だから請求権協定により日本政府が一定額を支払いこれを解決しようということになったわけです。連中は10億ドル以上を狙ったようですが、日本の行為に不法性がない以上、日本の側からの請求を認めることになるのですがそれは当時の金額で8兆円となり青くなったという話があります。

結局表には出ませんが米国からの圧力で例の金額に収まり、日本人からの請求は放棄したのです。

だからそもそも論として韓国政府は不承不承ではありますが、日本に対して統治の不法性を訴えるというバカはやって来ませんでした。それをやると不利益が圧倒的に大きいからです。

その上で不法行為による民間企業に対する慰謝料請求です。

ここは嫌でも判決文を読まねばいけません。と言うよりこの辺以前コメントで読もさんに教えたところじゃなかったけ。

キモはここです。
  1. 2022-07-25 15:42
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 久しぶりに見たけどこの問題、大学でで法律の基礎を学べばほとんど無理筋だということはわかります。
>
> 通りすがりさん
> 一知半解は身を滅ぼすよ。この訴訟の原告は被告に対して給与未払いという債務不履行を理由として訴訟を提起してます。韓国の民法の細かい規定は知りませんが、基本日本民法を承継してますので構造は同じです。債務不履行の場合も不履行に不法性があれば判例上慰謝料は認められますが、それはあくまで債務不履行を基本とするものです。
>
> 不法行為ではないんですよ。不法行為と債務不履行は裁判の審判の対象が異なります。これを訴訟物といいますがこれが異なれば審判の対象自体になりません。たしかこの訴訟2012年のときには高裁まで請求棄却で、大法院で審判の対象が異なるという理由で差し戻されました。本来これは裁判所が本来できないことを認めたトンデモ判決なんですがこれをもとにして請求を認めてしまったものです。
>
> 不法行為における慰謝料請求は不法行為における精神的損害を慰謝することを目的としています。したがって不法行為を主張して初めて認められるもの、それがない以上本来は上告却下です。
>
> その上で日韓請求権協定を無視して不法行為を認めたということです。
>
> 日韓請求権協定は色々言われますが日韓条約は日本敗戦以前の諸条約は無効となったことが確認されたことです。連中は請求権協定を一種の戦争賠償と仕様と頑張ったのですがこの不法性だけは頑として日本政府は認めませんでした。当然のことです。正式に交戦しておらず講和条約も結んでいない国ができる行為じゃありません。
>
> また本来日韓併合を無効とした場合、それを基本として制定された法律も無効となり大変な混乱を生じます。現に韓国政府は併合時代の法律の多くを承継しています。それを受けて日本国は無答責となったのです。別に国際法の主権免除の問題じゃありません。
>
> つまり、日本国は不法行為を行ってないが、民間の債権債務関係の諸問題が未解決だから請求権協定により日本政府が一定額を支払いこれを解決しようということになったわけです。連中は10億ドル以上を狙ったようですが、日本の行為に不法性がない以上、日本の側からの請求を認めることになるのですがそれは当時の金額で8兆円となり青くなったという話があります。
>
> 結局表には出ませんが米国からの圧力で例の金額に収まり、日本人からの請求は放棄したのです。
>
> だからそもそも論として韓国政府は不承不承ではありますが、日本に対して統治の不法性を訴えるというバカはやって来ませんでした。それをやると不利益が圧倒的に大きいからです。
>
> その上で不法行為による民間企業に対する慰謝料請求です。
>
> ここは嫌でも判決文を読まねばいけません。と言うよりこの辺以前コメントで読もさんに教えたところじゃなかったけ。
>
> キモはここです。

 ワタシだって判決文は読んだのです。 但し判決の理由を述べる所で余りと言えばあんまりなトンデモ文章が続いていたので、ワタシのアタマがついていかなくなったようです。

 だって判決文では「日韓併合は大韓民国憲法の精神から不法、よって日韓併合時の徴用も不法な強制労働」だと言うんですよ。
 でも大韓民国憲法制定は1948年ですから、法の遡及その物です。
 
 ワタシのアタマがこれでパンクしちゃいました。

 しかしkazkさんの解説と通りすがりさんの話でよくわかりました。
 韓国大法院は韓国憲法を原告達が働いていた時期に適用して、新日鉄による雇用を日本政府との共犯での違法行為として、国家主権の問題から日本政府は除外して新日鉄にだけ慰謝料支払いを命じたわけです。

 でも二審までは日韓条約を理由に請求棄却しているわけですから、ここまでは韓国の司法も一応マトモに対応してたのです。

 しかし文在寅が大法院判事を自分の仲間で固めた事で、韓国大法院が狂ったのです。
 
 それにしてもホントにすごい判決です。
 日弁連の弁護士さんたちはこの判決文を読んで本心どう思っているんでしょうね? 

 マジに一人一人感想を聞きたいです。

 
  1. 2022-07-25 16:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>日弁連の弁護士たちはどう思っている

少し前のエントリーでのコメントで、ロッキード事件での田中角栄元総理について、どこぞの紙ゴミ……もとい、新聞社が「有罪か無罪か」「量刑はどのくらいか」をアンケートして、某弁護士が「死刑にせよ!」と回答したのを、小室直樹氏が
「日本では罪刑法定主義を知らない人間が弁護士をしている!!」と驚愕したことを紹介いたしましたが、40年以上前の話とはいえ、それから大凡察することができると思いますが。
  1. 2022-07-25 16:34
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

韓国の主張を聞いてると認知症の人と話してるときの疲労感を感じるのです。
認知症のおばあちゃんも物凄いことを真剣に言うのです。
「何言ってるの、おじいちゃんは家にいるじゃない。さっきも電話で話したよ?」とかですね・・・(10年前に亡くなっている)
  1. 2022-07-25 17:05
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >日弁連の弁護士たちはどう思っている
>
> 少し前のエントリーでのコメントで、ロッキード事件での田中角栄元総理について、どこぞの紙ゴミ……もとい、新聞社が「有罪か無罪か」「量刑はどのくらいか」をアンケートして、某弁護士が「死刑にせよ!」と回答したのを、小室直樹氏が
> 「日本では罪刑法定主義を知らない人間が弁護士をしている!!」と驚愕したことを紹介いたしましたが、40年以上前の話とはいえ、それから大凡察することができると思いますが。

 こういうの見ると「教育」って何だろうか?と思ってしまいます。
 一体この種の弁護士は法学部で何を学んだのでしょうか?
  1. 2022-07-25 21:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 韓国の主張を聞いてると認知症の人と話してるときの疲労感を感じるのです。
> 認知症のおばあちゃんも物凄いことを真剣に言うのです。
> 「何言ってるの、おじいちゃんは家にいるじゃない。さっきも電話で話したよ?」とかですね・・・(10年前に亡くなっている)

 マジに認知症としか言えません。

 実は韓国では廬武鉉時代にそれまで韓国では非公開だった日韓条約の条文と交渉記録を公開して、請求権問題は完全かつ包括的に解決された事が韓国国民にも知られるようになったのです。

 そして韓国政府は既に日本政府から「賠償金」を受け取り済みである事を認めて、日韓併合時の「被害者」には韓国政府が賠償を肩代わりする事にしたのです。
 実際廬武鉉政権時には、これで徴用工を自称する人々がそれぞれ相当額の賠償金を得ています。

 この時の廬武鉉政権のナンバー2が文在寅です。

 この件は当時日本のネットでも随分話題になりました。

 ところがその文在寅は大統領になると、また徴用工を持ち出して、自分の仲間を大法院判事にしてこの判決を出させたのです。
 
 で、韓国国民も韓国メディアも廬武鉉政権時の賠償の話は綺麗に忘れているというか、なかった事になっています。
 
 マジに認知症としか言えません。
  1. 2022-07-25 21:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

文化人類学的な考察

>本来であればこういう提訴自体が無効になるはずです。だって関係ない相手を提訴しているわけですから。

少し前のエントリーで、よもぎねこさんも書いていた 「コリアンには自身と他者の区別がない」 で説明できると思いますよ。ただし、もう少し概念を広げて 「コリアンは『人間は、一人一人が異なる人格を持った、独立した主体である』とは思っていない。」 としなければなりませんが。(言うまでもなく、「一人一人が独立した主体である」 というのは、近代市民社会の大前提ですね。)

彼らの主張の根っこにあるのは 「とにかく日本は加害者で悪なんだから、日本人や日本企業には何をしてもよい」 という考えですが、すでに戦後70年以上が経って、日本が韓国を併合していた期間の2倍を超えているのに、こういう思考ができるのは、一人一人の人間を独立した主体だとは思っていないからでしょう。

韓国人同士でも 「親日派の子孫の財産は没収」 「抗日義士の子孫は優遇」 なんてやってるし、日本式の教育を受けた朴正熙の娘であるパククネが 「被害者と加害者という立場は千年たっても変わらない」 なんて言っちゃうんだから、これはコリアンの持つ価値観・世界観・倫理観の中でも、根本的な部分なんだろうと思います。

そしてコリアンは、屁理屈を捏ねることにかけては世界一の天才で、法律や政治思想も、宗教や哲学も、自分の主張を正当化するためなら何でも、捻じ曲げてでも利用しようとします。

法律を使って正当化しようとしたのが、この大法院の判決で、宗教を使って正当化しようとすれば、統一教会の教義のようになるのでしょう。なにしろ 「日本人は生まれながらにして『原罪』を背負っているから、韓国人に尽くすことで贖罪しなければならない。」 と説いているそうですから。

私が韓国ウォッチにハマっていた頃に、よく思ったのが 「日本のすぐ隣に、こんなに興味深い観察対象がいるのに、日本の文化人類学者は、いったい何をしていたんだ?」 でした。あと 「屁理屈を捏ねるのが得意な民族だから、彼らと同じ土俵に立ってはいけない。」 ですね。日本の左翼と親和性が高いのは、どちらも屁理屈を捏ねるのが好きだからでしょう。
  1. 2022-07-25 23:42
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

kazk様へ

1 訴訟物について
 2012年の大法院判決では、確かに原告は賃金債権について債務不履行による損害賠償請求もしているようですが、同時に不法行為に基づく損害賠償請求もしているようです。
 kazk様がおっしゃるように、裁判所が訴訟物を勝手に変更したのでしょうか?
【原告X1、X2は1997年12月24日、日本の大阪地方裁判所に被告と日本国に対して国際法違反及び不法行為等を理由とする損害賠償金と強制労働期間に支給されなかった賃金等の支給を求める訴訟を提起し、2001年3月27日に原告請求棄却判決を宣告され、大阪高等裁判所に控訴したが2002年11月19日に控訴棄却判決を宣告され、2003年10月9日、最高裁判所の上告棄却及び上告不受理決定で上記判決が確定した(このような日本での訴訟を以下「日本訴訟」と言い、その判決を「日本判決」と言う)。一方、原告らは原告X1、X2の日本訴訟が終了した後の2005年2月28日、大韓民国の裁判所であるソウル中央地方法院に被告に対して国際法違反及び不法行為を理由とする損害賠償金の支払いを求めて本訴を提起したが、原告X1、X2は日本訴訟で主張した請求原因と同一の内容を本訴の請求原因とした。】

 ちなみにwikipedia【徴用工訴訟問題】の項にも
【1997年、呂運澤と申千洙は日本政府と新日本製鉄(旧新日本製鉄,のち新日鉄住金)に対して「強制連行と強制労働に対する慰謝料と未払金の支給」を求めて日本の大阪地方裁判所に訴訟を起こした。この提訴は大阪の地方裁判所・高等裁判所を経て、2003年、最高裁の判決がくだり、原告の請求は棄却された[19]。】
   とあり、文意が若干曖昧ながらも、未払い賃金の請求(債務不履行に基づく損害賠償請求)とともに、(おそらく不法行為に基づく)慰謝料請求が行われたと読める記述があります。

2 論点操作について
 私は、ブログ主様が記事本文中で「でも慰謝料と賠償って違うでしょう?例えば交通事故の場合、車の修理費や怪我の治療費、休業補償などが賠償で、事故で痛い思い辛い思いをしたことを「慰謝」する為に出すのが慰謝料でしょう?」等と仰っているので、「慰謝料も損害賠償に含まれる。両者は対概念ではない」という趣旨のことを申しただけです。
 「被告企業には自称徴用工らに対する不法行為が成立し、彼らに慰謝料を支払うべきだ」なんて主張をした覚えはありません。
 この点、ブログ主様は私のコメントの趣旨をご理解いただいているようなのに、なぜkazk様は論点をずらせてまで私を批判されるのでしょうか?
  1. 2022-07-26 05:25
  2. URL
  3. 通りすがり #-
  4. 編集

落ちた犬を叩く、戦場に生き残った民の略奪

うろ覚えなんですけど、在日韓国人の被爆者が原爆の被害を米国ではなく日本政府に訴訟を起こしてましたよね。
彼らに言わせれば、自分達は戦勝国国民であるから敗戦国から賠償を取るのだ、なのですよね。
基本は、「戦争に負けた日本から金品を取る=戦いの後の略奪」、ロシアの兵隊みたいな人間の原始性があるんですよね。
銃後の武器は法律、法律は捻じ曲げられて都合よく略奪の方便に利用されているだけなんですよね。
日本の人権派弁護士は、基本的に自己意識は日本人では無いのですよ。
発する言葉が「だから日本人はダメなんだ」に日本人としての当事者意識はありません。つまり自分は日本人だと言う意識が欠落してしまってるんですよね、これは韓国人と同じで、権力者、裁定者に憑依してしまう脳なんですよね、学歴とか学問に関係なく。
私は、この当事者意識の欠如してる人間の原点、生まれ、育ち環境、性質に興味があります、結局はカルトに親和性のある人達なんでしょうけど。
  1. 2022-07-26 09:24
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2022-07-26 09:29
  2. #
  3. 編集

Re: 文化人類学的な考察

> >本来であればこういう提訴自体が無効になるはずです。だって関係ない相手を提訴しているわけですから。
>
> 少し前のエントリーで、よもぎねこさんも書いていた 「コリアンには自身と他者の区別がない」 で説明できると思いますよ。ただし、もう少し概念を広げて 「コリアンは『人間は、一人一人が異なる人格を持った、独立した主体である』とは思っていない。」 としなければなりませんが。(言うまでもなく、「一人一人が独立した主体である」 というのは、近代市民社会の大前提ですね。)
>
> 彼らの主張の根っこにあるのは 「とにかく日本は加害者で悪なんだから、日本人や日本企業には何をしてもよい」 という考えですが、すでに戦後70年以上が経って、日本が韓国を併合していた期間の2倍を超えているのに、こういう思考ができるのは、一人一人の人間を独立した主体だとは思っていないからでしょう。
>
> 韓国人同士でも 「親日派の子孫の財産は没収」 「抗日義士の子孫は優遇」 なんてやってるし、日本式の教育を受けた朴正熙の娘であるパククネが 「被害者と加害者という立場は千年たっても変わらない」 なんて言っちゃうんだから、これはコリアンの持つ価値観・世界観・倫理観の中でも、根本的な部分なんだろうと思います。
>
> そしてコリアンは、屁理屈を捏ねることにかけては世界一の天才で、法律や政治思想も、宗教や哲学も、自分の主張を正当化するためなら何でも、捻じ曲げてでも利用しようとします。
>
> 法律を使って正当化しようとしたのが、この大法院の判決で、宗教を使って正当化しようとすれば、統一教会の教義のようになるのでしょう。なにしろ 「日本人は生まれながらにして『原罪』を背負っているから、韓国人に尽くすことで贖罪しなければならない。」 と説いているそうですから。
>
> 私が韓国ウォッチにハマっていた頃に、よく思ったのが 「日本のすぐ隣に、こんなに興味深い観察対象がいるのに、日本の文化人類学者は、いったい何をしていたんだ?」 でした。あと 「屁理屈を捏ねるのが得意な民族だから、彼らと同じ土俵に立ってはいけない。」 ですね。日本の左翼と親和性が高いのは、どちらも屁理屈を捏ねるのが好きだからでしょう。

 真面目に言うとこの裁判は、一審と二審では裁判自体を棄却されているのです。 まあ当然ですよね。
 因みに日本でも同様に自称徴用工裁判があったのですが、日韓条約で瞬殺されています。

 だから本来なら完全に無理筋の訴訟なのです。
 それを韓国大法院が日韓条約も法の遡及も無視して、この判決を出したのです。

 裁判官がアタマオカシイと言えばそれまでですが、しかし全韓国国民とメディアの総意がこの判決を支持するので、現韓国政府もこれに従うと宣言しているわけです。
 現韓国大統領は元検事、この判決を推進した前大統領文在寅は弁護士ですから、どうしようもありません。

 仰るように彼等の脳内では自分の正義は絶対正義、未来永劫正義なので、世界中でウリは正義ニダと喚き散らしているのですが、これは結局自分と他人の立場は違うと言う人間として最低限の自立ができないからでしょうね。

 しかし幼児と違うのは結構ずる賢くて、自分の利益をむしり取るには結構な小知恵を働かせます。
 ホントにうざい連中です。

 でも観察する分にはオモシロイですね。 故ご隠居さんも「実に面白い人達です」と仰いました。

 因みに前記のように日本の左翼や左翼学者の先祖は新羅や高麗から来た渡来人だと思います。
  1. 2022-07-26 09:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 落ちた犬を叩く、戦場に生き残った民の略奪

> うろ覚えなんですけど、在日韓国人の被爆者が原爆の被害を米国ではなく日本政府に訴訟を起こしてましたよね。
> 彼らに言わせれば、自分達は戦勝国国民であるから敗戦国から賠償を取るのだ、なのですよね。
> 基本は、「戦争に負けた日本から金品を取る=戦いの後の略奪」、ロシアの兵隊みたいな人間の原始性があるんですよね。
> 銃後の武器は法律、法律は捻じ曲げられて都合よく略奪の方便に利用されているだけなんですよね。
> 日本の人権派弁護士は、基本的に自己意識は日本人では無いのですよ。
> 発する言葉が「だから日本人はダメなんだ」に日本人としての当事者意識はありません。つまり自分は日本人だと言う意識が欠落してしまってるんですよね、これは韓国人と同じで、権力者、裁定者に憑依してしまう脳なんですよね、学歴とか学問に関係なく。
> 私は、この当事者意識の欠如してる人間の原点、生まれ、育ち環境、性質に興味があります、結局はカルトに親和性のある人達なんでしょうけど。

 韓国人の認識はその通りでしょうね。
 自分達は「戦勝国」なのだから全部奪えるはずだと言う認識があるので裁判とかしていても実は理由は何でも良いのです。

 親韓日本人については、日本人の意識がないと言うより、敵側について日本人を罵倒し貶める事で、自分は他の日本人より一段上だと言う感覚なのだと思います。 植民地支配で支配国に協力した現地人みたいな感覚でしょう。
 ワタシは彼等が戦後史観に執着するのも、彼等はGHQ側に立つ事で、他の日本人より一段上にいるつもりになっているのだと思っています。
  1. 2022-07-26 09:39
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

タイトルなし

法の遡及適用、くらいで驚いちゃあいけません。何しろかの大法院は罪刑法定主義をを否定し光州事件で
全斗煥と盧泰愚を断罪するという法治国家にありえないことをやっています。とにかくあの国をまともな
国家と考えるのが間違ってるんです。

まず1948年成立の国家がなぜ1910年の条約を否定できるのかという問題ですが、連中のかなりの多くは
大韓民国は1919年成立の大韓民国臨時政府の後継国家であると考えているのです。これでも1910から
19年の間の法的正統性は問題なのなのですがそういう細かいことはいいようです。どうやら理念上、李氏
挑戦から継続してるということらしいのです。だから「大韓民国憲法の理念がドータラコータラ」と言い
まくるわけです。この前史を知ってこくのは結構重要です。連中の理念では李氏朝鮮は素晴らしい国家で
あり、それが悪辣な日帝や外国勢力によって潰されたという一種の儒教的歴史観を持ってるからです。

ただ独立のときに李朝の復辟を言う人物はいませんでしたがね。ちなみに李承晩は李朝のの王族に端っこ
にあたります。理念は自分が王様になったということだったんだと思います。

連中の日本に対する感情は完全に悪しき劣等感以外にありません。連中はアプリオリに自分たちが優れてる
のだと信じ切ってます。そういう理念で生きてる人たちが現実を見て、劣等感を感じるのですが、日本人は
この感覚が理解できません。その劣等感があるのあらば真摯に学び努力するということをすればいいのです
が、本来負けるわけがないのに…となるといろいろな手練手管を使って、出し抜こうとなるのです。

とにかく自分たちは優れてるのだから何をしたっていいんだ、形だけでも勝てば…

これが対外関係になるとどうしようもない、日韓請求権協定の内容を国民には全く知らせません。日本文化
の禁止とやらで一方で平気でパクリを横行させても自分たちはそうしても問題がない、と本気で信じてる、
まともな話が通じる連中じゃないんです。

日本人ぽ奥がこの奇形性に気が付き、だめだと言えるようになったのだから今は日韓関係は戦後一番マトモだ
と思っています。

この国とは本当に相性が悪いと思ってます。1960年代からの一時代、この国は本当に日本人からは健気に見え
たのですよ。連中はそれを知り、日本を利用しまくったのですがすぐ忘恩の徒となります。これは日本に対して
だけではない米国あたりに対しても一緒です。
とにかく外国人は騙しても自分たちが得できればいい。そういう心根の卑しい連中だと割り切ればいいのです。
何しろ国内では窃盗より詐欺のほうが多いという稀有な国なのですから。

ちなみに日韓請求権協定を出し抜こうとしたのが連中の現代史と言ってもいいくらいです。
もうそろそろ日本は見放した方がいいでしょう。

  1. 2022-07-26 10:13
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 法の遡及適用、くらいで驚いちゃあいけません。何しろかの大法院は罪刑法定主義をを否定し光州事件で
> 全斗煥と盧泰愚を断罪するという法治国家にありえないことをやっています。とにかくあの国をまともな
> 国家と考えるのが間違ってるんです。
>
> まず1948年成立の国家がなぜ1910年の条約を否定できるのかという問題ですが、連中のかなりの多くは
> 大韓民国は1919年成立の大韓民国臨時政府の後継国家であると考えているのです。これでも1910から
> 19年の間の法的正統性は問題なのなのですがそういう細かいことはいいようです。どうやら理念上、李氏
> 挑戦から継続してるということらしいのです。だから「大韓民国憲法の理念がドータラコータラ」と言い
> まくるわけです。この前史を知ってこくのは結構重要です。連中の理念では李氏朝鮮は素晴らしい国家で
> あり、それが悪辣な日帝や外国勢力によって潰されたという一種の儒教的歴史観を持ってるからです。
>
> ただ独立のときに李朝の復辟を言う人物はいませんでしたがね。ちなみに李承晩は李朝のの王族に端っこ
> にあたります。理念は自分が王様になったということだったんだと思います。
>
> 連中の日本に対する感情は完全に悪しき劣等感以外にありません。連中はアプリオリに自分たちが優れてる
> のだと信じ切ってます。そういう理念で生きてる人たちが現実を見て、劣等感を感じるのですが、日本人は
> この感覚が理解できません。その劣等感があるのあらば真摯に学び努力するということをすればいいのです
> が、本来負けるわけがないのに…となるといろいろな手練手管を使って、出し抜こうとなるのです。
>
> とにかく自分たちは優れてるのだから何をしたっていいんだ、形だけでも勝てば…
>
> これが対外関係になるとどうしようもない、日韓請求権協定の内容を国民には全く知らせません。日本文化
> の禁止とやらで一方で平気でパクリを横行させても自分たちはそうしても問題がない、と本気で信じてる、
> まともな話が通じる連中じゃないんです。
>
> 日本人ぽ奥がこの奇形性に気が付き、だめだと言えるようになったのだから今は日韓関係は戦後一番マトモだ
> と思っています。
>
> この国とは本当に相性が悪いと思ってます。1960年代からの一時代、この国は本当に日本人からは健気に見え
> たのですよ。連中はそれを知り、日本を利用しまくったのですがすぐ忘恩の徒となります。これは日本に対して
> だけではない米国あたりに対しても一緒です。
> とにかく外国人は騙しても自分たちが得できればいい。そういう心根の卑しい連中だと割り切ればいいのです。
> 何しろ国内では窃盗より詐欺のほうが多いという稀有な国なのですから。
>
> ちなみに日韓請求権協定を出し抜こうとしたのが連中の現代史と言ってもいいくらいです。
> もうそろそろ日本は見放した方がいいでしょう。

韓国の法の遡及の無茶苦茶さは毎度の事だし、韓国内でも同様の無茶苦茶をやっていますから、今更驚くワタシが悪いのですが、しかしやっぱりこの判決文とか読み返すと驚きますよね。
 しかもそれを最高裁判所判事と言う法の専門家が堂々とやるのですから。

 最高裁判事までこういう事が平然とやれるのは、仰るように韓国の日本と世界への認識が、韓国絶対優位というモノで、だから劣位には何をしてもよいと信じている事でしょう。

 人間はだれしも自分は他人より優れていると信じたいし、愛国者なら自国が世界で一番優れた国と思うのは当然なのですが、韓国の異常さはそれに基づいてホントに劣位と認識した相手には好き放題やってしまう事でしょう。

 こういう人とは付き合わないのが一番ですが、地理的位置から無視もできないから厄介です。
 でもこういう厄介な隣人はどの国も抱えていて、日本は海を隔てているだけマシと思って頑張って対応を考えるしかありません。
  1. 2022-07-26 10:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: kazk様へ

> 1 訴訟物について
>  2012年の大法院判決では、確かに原告は賃金債権について債務不履行による損害賠償請求もしているようですが、同時に不法行為に基づく損害賠償請求もしているようです。
>  kazk様がおっしゃるように、裁判所が訴訟物を勝手に変更したのでしょうか?
> 【原告X1、X2は1997年12月24日、日本の大阪地方裁判所に被告と日本国に対して国際法違反及び不法行為等を理由とする損害賠償金と強制労働期間に支給されなかった賃金等の支給を求める訴訟を提起し、2001年3月27日に原告請求棄却判決を宣告され、大阪高等裁判所に控訴したが2002年11月19日に控訴棄却判決を宣告され、2003年10月9日、最高裁判所の上告棄却及び上告不受理決定で上記判決が確定した(このような日本での訴訟を以下「日本訴訟」と言い、その判決を「日本判決」と言う)。一方、原告らは原告X1、X2の日本訴訟が終了した後の2005年2月28日、大韓民国の裁判所であるソウル中央地方法院に被告に対して国際法違反及び不法行為を理由とする損害賠償金の支払いを求めて本訴を提起したが、原告X1、X2は日本訴訟で主張した請求原因と同一の内容を本訴の請求原因とした。】
>
>  ちなみにwikipedia【徴用工訴訟問題】の項にも
> 【1997年、呂運澤と申千洙は日本政府と新日本製鉄(旧新日本製鉄,のち新日鉄住金)に対して「強制連行と強制労働に対する慰謝料と未払金の支給」を求めて日本の大阪地方裁判所に訴訟を起こした。この提訴は大阪の地方裁判所・高等裁判所を経て、2003年、最高裁の判決がくだり、原告の請求は棄却された[19]。】
>    とあり、文意が若干曖昧ながらも、未払い賃金の請求(債務不履行に基づく損害賠償請求)とともに、(おそらく不法行為に基づく)慰謝料請求が行われたと読める記述があります。
>
> 2 論点操作について
>  私は、ブログ主様が記事本文中で「でも慰謝料と賠償って違うでしょう?例えば交通事故の場合、車の修理費や怪我の治療費、休業補償などが賠償で、事故で痛い思い辛い思いをしたことを「慰謝」する為に出すのが慰謝料でしょう?」等と仰っているので、「慰謝料も損害賠償に含まれる。両者は対概念ではない」という趣旨のことを申しただけです。
>  「被告企業には自称徴用工らに対する不法行為が成立し、彼らに慰謝料を支払うべきだ」なんて主張をした覚えはありません。
>  この点、ブログ主様は私のコメントの趣旨をご理解いただいているようなのに、なぜkazk様は論点をずらせてまで私を批判されるのでしょうか?

 コメントの主旨とは外れますが、しかし今回のコメントでこの訴訟の問題が一層よく理解できました。
 原告達は日本でも同じ裁判を起こして棄却され、また韓国でも一審・二審までは棄却されているのですね。 
 ホントに異常な判決です。
  1. 2022-07-26 10:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

通りすがりさんへ

まず訴訟物の問題ですが
基本的に日本法では債務不履行による損害賠償請求権と不法行為による損害賠償請求権は訴訟物が別個になります。(学説はこれを同じと見るものもありますが判例は別です)その上で各賠償請求権と慰謝料請求権も法文が別になりますので別個と考えるのが主流です。

不法行為の場合実際女の損害のほか精神的損害もありそれを金銭で慰謝するというのが慰謝料の趣旨です。

日本訴訟においていかなる請求がされたかは不明ですが、通常債務不履行請求権ならばその慰謝料請求は債務不履行によるものと明示されるのが普通です。ただ債務不履行の場合、明示の条文がないので不法行為の710条を準用するという手続きになります。

この場合、日韓請求権協定は日本の不法性を認めていないのが日本裁判所の解釈ですから日本国の不法行為を認めず、日本統治に伴い発生した原告被告との債務不履行が問題となります。原告と被告の間の不法行為はこの場合問題になりません。原告と被告の契約自体に不法性はないからです。

そして日本の最高裁において日本国の不法行為は認められず(条約の趣旨から)被告新日鉄の債務不履行は条約そのものにより請求が認められないものとなります。(当然慰謝料も無問題)

次に韓国内の訴訟になりますがこれ以前の関係はわかりませんが請求権協定の趣旨では韓国政府が払わねばなりませんがその一部について立証ができなかったようです。その残部について請求したものでしょう。この場合日本国は被告ではありませんし、新日鉄に対して不法行為請求もできません。

判決文を見ても新日鉄側の不法行為には論じられておりません。したがって本来ならば請求棄却とするしかないのですよ。

ところが彼の国の大法院は原告の請求はその意図するところは違うといいます。すなわち
 
 本件で問題となる原告らの損害賠償請求権は日本政府の韓半島に対する不法な植民支配および侵略戦争の遂行と直結した日本企業の反人道的な不法行為を前提とする強制動員被害者の日本企業に対する慰謝料請求権(以下「強制動員慰謝料請求権」という)であるという点を明確にしておかなければならない。原告らは被告に対して未払賃金や補償金を請求しているのではなく、上記のような慰謝料を請求しているのである。

といいます。つまり日本国の不法行為を前審までは全く問題にしていなかったのですがここで突如審判の対象を変更し支給の趣旨もクソもなく日本不法行為責任を認めたというわけです。その上で全くの審理もなしに日本企業の行為はそれ自体が不法行為を形成し、おそらくは共同不法行為が成立すると言いたいのだろうと思います。

よろしいでしょうか。

つまり。この訴訟の問題は原告の主張する債務不履行を一挙に飛び越えて、不法行為による慰謝料請求を認めたことになる点です。

つまり債務の不履行に違法性が大きく精神的損害を受けたというので慰謝料を認めると言うならばまだ理解はできます。

しかし、勝手に不法行為責任を認め。あまつさえ慰謝料請求を認めると言うのは斜め上を超えて2次元くらい飛んでいったという感覚です。

よろしいでしょうか。
あくまでも損害賠償は事実的な損害、慰謝料はそれ以外の精神的苦痛です。両者は接近するものではありますがあくまでも別物です。

特に債務不履行の場合は慰謝料が発生しない場合は多く考えられます。
本事例の場合、被告が戦後給与を支払えなかったことは不履行です。しかし国交がない状態で戦争等の混乱もありその不履行は被告を責められるわけがありません。その上、請求権協定により
債務は韓国政府が負うのですから不履行を認めることはできません。

こういう状況で不履行責任と慰謝料請求が同一のレベルで考えていいものではないのです。

この判決の大問題は、FC2のサイトの問題か昨日投稿できずよもさんにアップをお願いしたのですがそれができなかった部分に書いておきました。

韓国大法院というところは裁判所という体裁の政治組織です。これぐらいのおかしさは当然なのかもしれません。









  1. 2022-07-26 10:55
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

kazkさま

>韓国大法院というところは裁判所という体裁の政治組織

↑これでよ~くわかりました!
すっきりしました。
韓国の人は三権分立は「建物が別」ぐらいにしか思ってないのかも?
  1. 2022-07-26 11:56
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

kazk様へ(その2)

 私のコメントをお読みいただいた上で、私が「債務不履行による損害賠償請求」と「不法行為に基づく損害賠償請求」との区別がついていないとお考えなのでしょうか?
  1. 2022-07-26 12:20
  2. URL
  3. 通りすがり #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 通りすがりさんへ
>
> まず訴訟物の問題ですが
> 基本的に日本法では債務不履行による損害賠償請求権と不法行為による損害賠償請求権は訴訟物が別個になります。(学説はこれを同じと見るものもありますが判例は別です)その上で各賠償請求権と慰謝料請求権も法文が別になりますので別個と考えるのが主流です。
>
> 不法行為の場合実際女の損害のほか精神的損害もありそれを金銭で慰謝するというのが慰謝料の趣旨です。
>
> 日本訴訟においていかなる請求がされたかは不明ですが、通常債務不履行請求権ならばその慰謝料請求は債務不履行によるものと明示されるのが普通です。ただ債務不履行の場合、明示の条文がないので不法行為の710条を準用するという手続きになります。
>
> この場合、日韓請求権協定は日本の不法性を認めていないのが日本裁判所の解釈ですから日本国の不法行為を認めず、日本統治に伴い発生した原告被告との債務不履行が問題となります。原告と被告の間の不法行為はこの場合問題になりません。原告と被告の契約自体に不法性はないからです。
>
> そして日本の最高裁において日本国の不法行為は認められず(条約の趣旨から)被告新日鉄の債務不履行は条約そのものにより請求が認められないものとなります。(当然慰謝料も無問題)
>
> 次に韓国内の訴訟になりますがこれ以前の関係はわかりませんが請求権協定の趣旨では韓国政府が払わねばなりませんがその一部について立証ができなかったようです。その残部について請求したものでしょう。この場合日本国は被告ではありませんし、新日鉄に対して不法行為請求もできません。
>
> 判決文を見ても新日鉄側の不法行為には論じられておりません。したがって本来ならば請求棄却とするしかないのですよ。
>
> ところが彼の国の大法院は原告の請求はその意図するところは違うといいます。すなわち
>  
>  本件で問題となる原告らの損害賠償請求権は日本政府の韓半島に対する不法な植民支配および侵略戦争の遂行と直結した日本企業の反人道的な不法行為を前提とする強制動員被害者の日本企業に対する慰謝料請求権(以下「強制動員慰謝料請求権」という)であるという点を明確にしておかなければならない。原告らは被告に対して未払賃金や補償金を請求しているのではなく、上記のような慰謝料を請求しているのである。
>
> といいます。つまり日本国の不法行為を前審までは全く問題にしていなかったのですがここで突如審判の対象を変更し支給の趣旨もクソもなく日本不法行為責任を認めたというわけです。その上で全くの審理もなしに日本企業の行為はそれ自体が不法行為を形成し、おそらくは共同不法行為が成立すると言いたいのだろうと思います。
>
> よろしいでしょうか。
>
> つまり。この訴訟の問題は原告の主張する債務不履行を一挙に飛び越えて、不法行為による慰謝料請求を認めたことになる点です。
>
> つまり債務の不履行に違法性が大きく精神的損害を受けたというので慰謝料を認めると言うならばまだ理解はできます。
>
> しかし、勝手に不法行為責任を認め。あまつさえ慰謝料請求を認めると言うのは斜め上を超えて2次元くらい飛んでいったという感覚です。
>
> よろしいでしょうか。
> あくまでも損害賠償は事実的な損害、慰謝料はそれ以外の精神的苦痛です。両者は接近するものではありますがあくまでも別物です。
>
> 特に債務不履行の場合は慰謝料が発生しない場合は多く考えられます。
> 本事例の場合、被告が戦後給与を支払えなかったことは不履行です。しかし国交がない状態で戦争等の混乱もありその不履行は被告を責められるわけがありません。その上、請求権協定により
> 債務は韓国政府が負うのですから不履行を認めることはできません。
>
> こういう状況で不履行責任と慰謝料請求が同一のレベルで考えていいものではないのです。
>
> この判決の大問題は、FC2のサイトの問題か昨日投稿できずよもさんにアップをお願いしたのですがそれができなかった部分に書いておきました。
>
> 韓国大法院というところは裁判所という体裁の政治組織です。これぐらいのおかしさは当然なのかもしれません。

 コメント投稿のトラブルが収まってホッとしました。
 色々お手数かけて申し訳ありませんでした。

 ところで通りすがりさんとのご意見の相違ですが、ワタシはお二人のコメントを読む限り、実は本質的に同じ事を仰っているのではないかと思います。 
 
 通りすがりさんは韓国側の立場を説明してくださったのであって、それに同意されたわけではないのです。
 だからワタシも通りすがりさんとkazkさんのコメントの両方を読むと、自分には理解できなかったこの判決の問題点と言うか韓国大法院の論理が理解できるようになりました。
 お二人の意見が真逆とか全く相違するのでは、こういうわけにはいきません。

 それで今回のコメントで原告は賠償請求をしたのに、裁判所は賠償請求を無視して慰謝料支払い命令すると言う不思議が、よくわかりました。

 要するに裁判所で勝手に原告の意思を「原告らは被告に対して未払賃金や補償金を請求しているのではなく、上記のような慰謝料を請求しているのである。」と決めつけて、慰謝料支払い命令を出しているわけですね。

 でもこんなのありですか?
 裁判官が勝手に原告の請求を変更してよいのですか?

 こうなるともう被告から金をとる為に裁判所が勝手にこじつけた事になるし、賠償請求の件はどこかに消えたわけですから、原告勝訴とも言えません。

 ワタシはこれがどうしても不思議で、そして誰もこれを指摘しないのが不思議で、態々このエントリーをしたわけですが、kazkさんと通りすがりさんのお陰で漸く理解できました。

 韓国の裁判所ってこういう所なんですね。

 
  1. 2022-07-26 12:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: kazkさま

> >韓国大法院というところは裁判所という体裁の政治組織
>
> ↑これでよ~くわかりました!
> すっきりしました。
> 韓国の人は三権分立は「建物が別」ぐらいにしか思ってないのかも?

 ホントにその通りですよね。
 現大統領は元検事で朴槿恵を起訴したのですが、その起訴理由がホントに無茶苦茶です。 でも政権の意図なら平気でそういう起訴をしてしまい、それを受けて朴槿恵有罪の判決が出ているのです。

 因みに文在寅も弁護士でしたが、大統領在任中に自分の仲間達を大法院判事に任命して、これまで一審と二審で棄却されていた徴用工裁判で被告企業に慰謝料を払支払い命令を出したのです。

 マジに韓国人全てが、韓国の法律家全部が、三権分立は「建物が別」としか理解していないからこういう判決が出て、政治家が全面的にこれを追認しているのでしょう。
  1. 2022-07-26 12:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: kazk様へ(その2)

>  私のコメントをお読みいただいた上で、私が「債務不履行による損害賠償請求」と「不法行為に基づく損害賠償請求」との区別がついていないとお考えなのでしょうか?

 kazkさんの誤解だと思います。
 通りすがりさんが韓国の立場として解説してくださったことを、kazkさんは通りすがりさんのご意見として誤解されてしまわれたのだと思います。

 ワタシとしてはお二人のご意見を読むことで、この韓国大法院のトンデモ判決の一番トンデモな部分を漸く理解することができました。

 韓国大法院はホントにトンデモ理論で判決を出していた事が理解できたと言う意味ですけど。

 韓国大法院の判決があまりにトンデモ理論なので、その解説に関わる話を読むと、読んでいる方も色々誤解が生まれるのだと思います。

 ワタシのエントリーでお二人に不愉快な思いをさせて申し訳ありませんでしたが、ワタシとしてはお陰でこのトンデモ判決を理解できたので、お二人には心から感謝しています。
  1. 2022-07-26 12:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>被告から金を取るために裁判所が勝手にこじつけた

実は、それについて、書こうと思った例があるのですが、バ韓国ではなく、中国での例な為に、控えましたが、やっぱり特亜三馬鹿国の論理や思考を解釈する上で有意義と思うので。

自分が愛読しているブログに、中国人女性と結婚した日本人商社マンのブログがあるのですが、その商社マン氏は、かなりの愛妻家で、なんと義父母、つまり中国人妻の両親の為に、中国の実家の家屋の改築と、義父母の不動産収入の為に賃貸住宅だか店舗だかを建ててあげたのですが、その賃貸住宅だか店舗だかの建築を任せた業者が、作業中に足場が崩落して怪我をする事故が起きたのですな。 その事故原因は、崩落した足場の材料も、足場を組んだのも業者自身なのですが、業者側は、依頼者の作業の結果で怪我をしたのだから、依頼者が悪い!だから依頼者が賠償しろ!と言い出したというのですな。 普通ならば「莫迦言ってんじゃねえ!」ですよね。その業者の過失で建物の建設が遅滞しているのだから、依頼者側こそ賠償を求めたいくらいなのに、そのブログ主の説明によると、この業者のトンデモ主張が、(中国の)裁判所で、何とマジで取り上げられて、本来なら被害者である商社マンの義父母側である依頼者側が、危うく敗訴しかかったそうなのですよ、信じられますか?
まあ、擦った揉んだの挙げ句に、何とか被告の義父母側が勝訴したようですが、しかしこの件で自分を含めたブログ読者である日本人にとって不可解なのは、なぜ過失が全面的にある業者のトンデモ主張が通りそうになったのか?
それについてブログ主の説明によると、中国社会では、こういう事例では、貧者、弱者の救済という理屈で、理非曲直とは別に、富める側から、貧しい側にある程度の金を行かせようという動きが起きる場合があるそうなのです。 勿論、自分は中国社会の事情について詳しいことは知りません。あくまでブログ主の説明によるものですが、この説明からすると、「被告から金を取るために裁判所が勝手にこじつけた」というのを理解するための参考例になりやしませんかね?
  1. 2022-07-26 13:42
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >被告から金を取るために裁判所が勝手にこじつけた
>
> 実は、それについて、書こうと思った例があるのですが、バ韓国ではなく、中国での例な為に、控えましたが、やっぱり特亜三馬鹿国の論理や思考を解釈する上で有意義と思うので。
>
> 自分が愛読しているブログに、中国人女性と結婚した日本人商社マンのブログがあるのですが、その商社マン氏は、かなりの愛妻家で、なんと義父母、つまり中国人妻の両親の為に、中国の実家の家屋の改築と、義父母の不動産収入の為に賃貸住宅だか店舗だかを建ててあげたのですが、その賃貸住宅だか店舗だかの建築を任せた業者が、作業中に足場が崩落して怪我をする事故が起きたのですな。 その事故原因は、崩落した足場の材料も、足場を組んだのも業者自身なのですが、業者側は、依頼者の作業の結果で怪我をしたのだから、依頼者が悪い!だから依頼者が賠償しろ!と言い出したというのですな。 普通ならば「莫迦言ってんじゃねえ!」ですよね。その業者の過失で建物の建設が遅滞しているのだから、依頼者側こそ賠償を求めたいくらいなのに、そのブログ主の説明によると、この業者のトンデモ主張が、(中国の)裁判所で、何とマジで取り上げられて、本来なら被害者である商社マンの義父母側である依頼者側が、危うく敗訴しかかったそうなのですよ、信じられますか?
> まあ、擦った揉んだの挙げ句に、何とか被告の義父母側が勝訴したようですが、しかしこの件で自分を含めたブログ読者である日本人にとって不可解なのは、なぜ過失が全面的にある業者のトンデモ主張が通りそうになったのか?
> それについてブログ主の説明によると、中国社会では、こういう事例では、貧者、弱者の救済という理屈で、理非曲直とは別に、富める側から、貧しい側にある程度の金を行かせようという動きが起きる場合があるそうなのです。 勿論、自分は中国社会の事情について詳しいことは知りません。あくまでブログ主の説明によるものですが、この説明からすると、「被告から金を取るために裁判所が勝手にこじつけた」というのを理解するための参考例になりやしませんかね?

 日本でも左翼はこの思考ですよね。 
 弱者の側に立つと言えば良いのですが、純然たる感情論で、法を完全に無視していますよね。

 韓国世論も完全に感情論だけで騒ぎ続けて、それに司法や韓国政府が追随しているのだからどうしようもありません。
  1. 2022-07-26 14:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

損害賠償請求と慰謝料請求は裁判の上では完全に区別されねばなりません。

かつて不法行為による損害賠償請求時に居間のように当たり前に慰謝料請求はできませんでした。慰謝料請求は精神的損害でありそれを被ったという意思表示が必要とされたからです。今はそれを擬制することが認められましたので即死の場合でも請求は可能とされています。事故死の場合どんなに短期間でも精神的苦痛があることは当然とされるからです。

債務不履行により精神的損害を受けるというのは普通ではありませんから慰謝料請求は明示で行わなければなりません。損害賠償を受けられる地位だからといって当たり前に請求できるわけではないんです。そのあたりの区別がついていないとけっこう大変な場面があるのです。明示で請求かけねば訴訟の対象となりません。そのあたり大丈夫かと思っただけです。この区別ができてるかはよくわかりませんでしたので他に他意はありません。

この大法院判決の白眉は何と言っても私企業の債務不履行責任に対して、その請求の真意は外国の日本と当該企業の共同不法行為だと認定した点です。
このような訴訟物の変更はもちろん可能ですがこれは通常原告の請求によって行われます。もちろん裁判所が釈明権を行使しその変更を促すことはできますが、この場合主たる不法行為者たる日本国は裁判外ですから自己の立場を主張立証できません。だからこういう変更を上級審で行うのはできないとされます。

民事訴訟は本当に不親切なものできちんと手続きをふまねば全く何も進みません。忖度などはありえないのですよ。日本の裁判所でこんな判決出したら裁判官として不適切ということで再任不可なら可愛い方でどうなったものか想像がつきません。

これが最高裁なのだから救いは全くありません。これはとんでもない混乱を招くでしょう

よも
すいませんがアップできなかった1っ本目のメールの後半部分アップできませんかね。あの部分が重要なんです。

  1. 2022-07-26 17:19
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2022-07-26 17:39
  2. #
  3. 編集

Re: タイトルなし

> 損害賠償請求と慰謝料請求は裁判の上では完全に区別されねばなりません。
>
> かつて不法行為による損害賠償請求時に居間のように当たり前に慰謝料請求はできませんでした。慰謝料請求は精神的損害でありそれを被ったという意思表示が必要とされたからです。今はそれを擬制することが認められましたので即死の場合でも請求は可能とされています。事故死の場合どんなに短期間でも精神的苦痛があることは当然とされるからです。
>
> 債務不履行により精神的損害を受けるというのは普通ではありませんから慰謝料請求は明示で行わなければなりません。損害賠償を受けられる地位だからといって当たり前に請求できるわけではないんです。そのあたりの区別がついていないとけっこう大変な場面があるのです。明示で請求かけねば訴訟の対象となりません。そのあたり大丈夫かと思っただけです。この区別ができてるかはよくわかりませんでしたので他に他意はありません。
>
> この大法院判決の白眉は何と言っても私企業の債務不履行責任に対して、その請求の真意は外国の日本と当該企業の共同不法行為だと認定した点です。
> このような訴訟物の変更はもちろん可能ですがこれは通常原告の請求によって行われます。もちろん裁判所が釈明権を行使しその変更を促すことはできますが、この場合主たる不法行為者たる日本国は裁判外ですから自己の立場を主張立証できません。だからこういう変更を上級審で行うのはできないとされます。
>
> 民事訴訟は本当に不親切なものできちんと手続きをふまねば全く何も進みません。忖度などはありえないのですよ。日本の裁判所でこんな判決出したら裁判官として不適切ということで再任不可なら可愛い方でどうなったものか想像がつきません。
>
> これが最高裁なのだから救いは全くありません。これはとんでもない混乱を招くでしょう

 ワタシもここが一番理解できないのです。
 原告が新日鉄に賠償を請求したのに、裁判所が勝手に日本政府が新日鉄と共同して原告に不法行為を行った事にして、被告に慰謝料支払いを命じている事です。

 素人考えでも原告の訴訟の意図を裁判所が勝手に変えるって無茶苦茶でしょう?
 「金を取ってやるのだから慰謝料でも賠償でもどうでもよいだろう」なんて話じゃないはずです。
>
> よも
> すいませんがアップできなかった1っ本目のメールの後半部分アップできませんかね。あの部分が重要なんです。

 すみません。
 メールをちゃんとチェックしたら、後半部分が続いているのがわかりました。
 アップします。


「原告の損害賠償請求権は、日本政府の朝鮮半島に対する不法な植民地支配及び侵略戦争の遂行と直結した日本企業の反人道的な不法行為を前提とする強制動員被害者の日本企業に対する慰謝料請求権である」

これはよほど日本語ができない人間以外ならば「日本の植民地支配が不法でありその統治下の企業活動も不法行為となり、そこで労働をした人間は慰謝料請求権を有する」と読めるはずです。
法律を素直に読めばこれは共同不法行為でしょう。これは日本に請求できないならば日本企業を訴えればいいんです。ということになります。

これ厄介なのは慰謝料請求はまともに給与が支払われた労働者も慰謝料請求権を有するということになり、それは基本相続されることになりますから日日本統治時代で日本企業で働いた人物とその子孫は皆請求権を有するということです。

これはおそらくパンドラの匣を開けてしまったということになるでしょう。パンドラの箱には希望が残ってましたがこれは何も残らないはずです。

なんかこの判決をもとに1000人以上が訴訟を始めたとか、大法院判決にも関わらずこれに反する下級審判決が続いてるとかの話があります。というよりこれからまともな国際条約を結んでくれるのか、という問題が起こるでしょう。

おそらく今の政府はこの判決の執行をという認めないと言うかたちでお茶を濁すのでしょうがどうするんでしょうか。このような判決に伴う執行判決は3年の時効にかかりますが、これで時効期間をすぎるいうのは聞いたことがありません。現実に過ぎてます。保守政権が続く限りは店晒しにするのでしょうがそれ以外の方法は思いつきません。左派政権ができれが生き返るんでしょうか。普通の国なら戦争でしょうね。米国あたりならもう戦争始まり終わってるでしょう。

本当に愚かな国です。

 仰る通りです。
 賠償を慰謝料に変えてしまえば、日韓請求権協定の枠外ですから、請求権は子々孫々受け継がれます。

 また慰謝料は精神的苦痛の対価ですし、精神的苦痛なんて客観的計数が不可能ですから、日韓併合中のどんな問題にでも請求可能です。

 これだと韓国側は無限に日本から金を引き出せる事になりますが、日本側としたらビタ一文払うわけにはいかないのです。

 結局韓国側が無限に欲を膨らませた事で、日本が全部拒否するしかない方向に持ち込んでしまったのです。

 ホントに愚かな国です。


  1. 2022-07-26 19:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する