fc2ブログ

2022-07-13 12:38

立憲共産党のタカ派極右政策


 今回の選挙で立憲共産党は日銀の金融緩和政策を止めさせてると公約しました。 
 消費税は減税すると言っていましたが、その為の財源は法人税の値上げ、企業の内部留保への課税で賄うとのことですから、緊縮財政も公約したわけです。

 金融緩和政策を止めると言う事は、金利をあげると言う事ですよね? 
 これは世界標準では、金融政策では「タカ派」と言います。
 例えばマーケット関係の動画などで今回のアメリカのFRBの決定に関する物を見ていたらわかりますが、解説者は皆、金利をあげて市場の資金を絞れと言う人達を「タカ派」、それに反対して低金利を維持して市場に資金を流し続けろと言う人達を「ハト派」と呼んでいます。

 同様に財政に関して世界標準では、緊縮財政派を「右派」「保守派」、積極財政派を「左派」「リベラル派」と呼びます。

 例えばレーガン大統領は対ソ強硬策でソ連を崩壊に追い込んで冷戦を終わらせた人で、典型的な右派・保守派の大統領ですが、この人は内政では高金利政策と緊縮財政策を徹底しました。 当時アメリカは深刻な財政赤字と貿易赤字でドルの信認が揺らいでいた時代なので、この政策が間違っていたとは言えません。
 これでドル高になり、財政赤字も小康を得て、ドルの信認は確固たるものに戻りました。

 しかしこのドル高政策でアメリカの製造業は壊滅したと言うか、製造業は工場をメキシコなど周辺諸国に移転してしまいました。
 また緊縮財政を徹底して長く公共事業を止めた事で、アメリカの土木産業が死滅しました。 
 
 これは雇用問題にとっては非常に深刻な話でした。
 なぜなら製造業も土木産業も、非常に良い雇用を作る産業だからです。 工場や土木工事は格別な学歴やスキルのない人達を多数雇用して、しかもサービス業などに比べると遥かに高い賃金を払ってくれます。 
 労働者の立場に立てば、レーガン大統領の高金利政策や緊縮財政政策は、絶対に許せないのです。

 しかし右翼・保守派は「国家があっての個人」「国家が破綻したらどうやって国家が個人を守るのだ?」と言う発想をするので、どうしても国家の経済を雇用より優先してしまいます。
 だから通貨の信認や国家の財政が、福祉や雇用に優先することになってしまいます。
 そこで雇用を減らす高金利通貨高政策、国民に福祉を削る緊縮財政などを行いがちになるのです。

 一方左派・リベラル派は何よりも個人が優先します。 また弱者の保護を標榜します。
 その為、雇用は断固として守る、福祉や公共事業など国民生活に直結する予算の増額を推進し、減額には絶対に反対します。
 その為、金融緩和・低金利政策と積極財政、悪く言えば放漫財政を推進するのです。

 この世界標準からいえば、立憲共産党の経済政策は完全な右派・保守派政策なのです。
 逆に安倍総理が始めたアベノミクスは完全な左派政策です。
 実際、アベノミクスの三本の柱の二本「財政出動」と「金融緩和」は欧米では古典的な左翼・リベラルの政策なのです。

 実はワタシがこのことを知ったのは安倍総理がアベノミクスを唱えられる数年前でした。
 だから非常に驚きました。

 だって当時は民主党政権時代で、民主党政権はレンホーが音頭を取る仕分けで、大学の研究予算など多くの予算を削ったり、東日本大震災の直後に「復興増税」をしたり緊縮財政まっしぐらでした。
 一方当時日銀の白川総裁は、他国がリーマンショックへの対応の為、低金利とマネーサプライの増額を続ける中、高金利でマネーサプライを絞り続けたのですから。

 お陰で日本円は全ての通貨に対してトンデモナイ円高になりました。 その為多くの日本の製造業が倒産や倒産の危機に追い込まれました。
 シャープやエルピーダメモリーが倒産し、パナソニックまで倒産の危機に追い込まれたのました。
 こうなると当然の事ですが、多数の労働者が解雇されました。 彼等は必死で職を探しましたが、不況と超円高の中で新しい仕事は見つからず、家賃が払えずアパートを引き払いネットカフェを転々とする生活を続けたのですが、そのうちネットカフェに泊まる資金もなくなり、コーヒー一杯でマクドナルドで夜を過ごす「マクド難民」になりました。

 しかし民主党政権はこの事態に全く無関心でした。
 労働者や弱者の側に立つと言う左翼・リベラルの立場からはあり得ない冷酷さでした。

 そしてこの惨状を救ったのが安倍総理の金融緩和と積極財政なのです。
 すると魔法のように円は下がり、製造業は潤い、あれよあれよという間に失業率は下がり、マクドナルド難民も消えました。 この人達はアベノミクス開始直後に職を得て、工場の寮や安アパートで暮らし始めたのでしょうね。
 工場や寮も安アパートも優雅ではないけれど、マクドナルドで夜を過ごすよりは遥かに快適です。

 それにしても不可解なのは、何で民主党もその後継政党である立憲共産党も左派・リベラルを名乗りながら、右派・保守派の経済政策を継承し続けているのでしょうか?
 2009年の政権交代時から日本の失業率は随分上がっていました。
 だから政権交代直後から金融緩和と積極財政を行っていれば、外交で失敗を重ねても、支持率が急落するような事はなかったはずです。

 でもどうやら彼等は積極財政や金融緩和が欧米の左翼・リベラルの基本政策であることを全く知らないようです。 前々から知らないし、今も全く知らないのです。
 しかしこれはこれでまた不思議です。
 だって左翼・リベラルって高学歴なんでしょう?
 民主党政権には労働組合の幹部も多数入っていたのですが、コイツラだって皆高学歴なのです。 高卒の旋盤工上がりなんていません。
 
 ところがこの高学歴左翼・リベラルが実は欧米のスタンダードな左翼・リベラルの経済政策を知らない。
 これホントに不思議です。

 でも彼等や彼等の支持者の言動を見ていると何となくわかります。
 彼等はそもそも共産主義者・社会主義者なので、資本主義を全否定しているのです。
 しかし欧米の左翼・リベラルの経済政策は資本主義を否定しているわけではなく、資本主義の体制の中で労働者や弱者の利益を守る為の政策です。
 
 民主主義国家では、実は左翼・リベラルも右翼・保守の違いも相対的な物で、左翼・リベラルだって雇用を守る為には健全な企業活動を守る必要があるとわかっているし、右翼・保守だって従業員なしで企業が成り立たない事も、労働者や弱者を守るのは国家の役目だとわかっているのです。
 だから右派・左派どちらも自国の企業の利益、自国の国益を守る立場では一致するし、安全保障上の重要問題では完全に一致団結します。

 しかし日本の左派・リベラル(ワタシは自称リベラルだと思うのですが)は違うのです。
 彼等は未だに共産主義革命や暴力革命を夢見ています。
 イヤ、それ以前にこの日本社会を破壊することを夢見ているのです。
 彼等は大多数の日本人には理解できない理由で日本と日本社会を憎悪しているので、とにかく社会を良くしようと言う提案には反対したいのです。
 そしてそれを「反権力カッコいい」と信じており、政府の政策を支持したり同調したりする人間を「奴隷」「肉屋を支持する豚」などと罵倒して悦に入っています。

 こういう人達が真面目に失業率を下げる為の経済政策なんか学ぶわけないでしょう?
 だから政府が積極財政・金融緩和を提唱したら「絶対反対!!」と喚くのです。
 
 挙句に「アベノミクスで貧困化した」「多くの人が命を奪われた」などの珍説に執着しています。
 実質賃金が下がるなど統計の問題は出ています。
 しかし失業率が下がり、就業者数が増え、そして新卒者の就職内定率がバブル期並を維持しているのに、貧困化とかあり得ないと言う事がわかないのです。

 でも彼等の最大の目的は、共産主義国家や社会主義国家を作る事でさへなく、実は自分の思い通りにならないこの社会を破壊することなのだから、データを見るとか、失業率を下げる為の経済政策を学ぶなんてことができるわけもないのでしょう。

  1. パヨクの世界
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

何故多くの日本国民が事実に気づかないのでしょう?

ブログ主様、お疲れ様です。何故立民・共産を支持するのでしょうか?私にはわかりません。自民党他の保守政党の主張が全て正しいとは思いません。しかし、今の野党の主張はまともとは到底考えられません。蛸足大学卒の私にも理解できる程度の、事の良し悪しについて判断を誤っているとしか思えない決断をするのは何故?
  1. 2022-07-13 21:57
  2. URL
  3. kenji-i #-
  4. 編集

Re: 何故多くの日本国民が事実に気づかないのでしょう?

> ブログ主様、お疲れ様です。何故立民・共産を支持するのでしょうか?私にはわかりません。自民党他の保守政党の主張が全て正しいとは思いません。しかし、今の野党の主張はまともとは到底考えられません。蛸足大学卒の私にも理解できる程度の、事の良し悪しについて判断を誤っているとしか思えない決断をするのは何故?

 誰もが自分の境遇に満足しているわけではないし、幸せでもないからでしょう。
 社会的に経済的に他人から見れば十分恵まれている立場でも、自分はもっと出世できたはず、自分はもっと評価されていたはず。 しかしこのレベルにしかなれないのは社会が悪いから。
 
 そう思い込んでいる人は、どんな国にもどんな社会にも一定数います。

 また反体制正義、反体制カッコイイと思い込んでいる人も多数います。
 
 そして他人を貶し見下す事で自分が偉くなったと錯覚する人も多いです。

 こういう人々が反安倍派、立憲民主党など左翼勢力を支えているのです。
 
 こういう人々はどんな社会にもいるし、この心理を止める事はできません。 
 
 だから民主主義国家にはどんな国でもトンデモ政党、トンデモ議員がいます。 その多寡は元々の政党の在り方や、選挙制度によるのだと思います。
  1. 2022-07-14 10:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

認知の歪み

左翼はアベノミクスを新自由主義と認識しています。財政出動が十分ではなかったことからそう見えるのかもしれませんが…。
  1. 2022-07-14 20:43
  2. URL
  3. 竹槍 #-
  4. 編集

安倍さんの経済政策は世界標準に照らしてみれば「左派政策」でした。

以前、新聞か何かに「自民党支持の労働組合」が必要と言う趣旨の記事(放言にも読める)があって、それをリベラルの知人に紹介したら「あり得ない話!」とバカにされました。

安倍さんは経団連に押しかけて「労働者の賃金を上げろ」と談判しました。
本人は自称、労働組合の委員長だとさばけていました。

安倍さんのやった政策は「雇用を守る」「雇用を作る」「賃金を上げる」など日本のリベラル政党がやるべきことを率先して行ったのです。

左派政党のお株を奪う政策を行い、経済の立て直しをする安倍さんに対して「極右だ」「ヒットラーだ」と悪罵を投げつけました。
付言すればヒットラーだって疲弊したドイツを回復させるための凄い手腕を発揮したのですけれど。
もう一つ、ヒットラーも左派政権でした。

こうして見れば日本の左派は左派ではなく、標題通り「右翼」「右派」ですね。
  1. 2022-07-15 10:49
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 認知の歪み

> 左翼はアベノミクスを新自由主義と認識しています。財政出動が十分ではなかったことからそう見えるのかもしれませんが…。

 財政出動が不十分に終わった事は事実ですが、でも消費税増税など緊縮路線は民主党政権下から決まった物です。

 そうなると一体を何をどう理解して新自由主義になったのでしょうね?


  1. 2022-07-15 20:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 安倍さんの経済政策は世界標準に照らしてみれば「左派政策」でした。
>
> 以前、新聞か何かに「自民党支持の労働組合」が必要と言う趣旨の記事(放言にも読める)があって、それをリベラルの知人に紹介したら「あり得ない話!」とバカにされました。
>
> 安倍さんは経団連に押しかけて「労働者の賃金を上げろ」と談判しました。
> 本人は自称、労働組合の委員長だとさばけていました。
>
> 安倍さんのやった政策は「雇用を守る」「雇用を作る」「賃金を上げる」など日本のリベラル政党がやるべきことを率先して行ったのです。
>
> 左派政党のお株を奪う政策を行い、経済の立て直しをする安倍さんに対して「極右だ」「ヒットラーだ」と悪罵を投げつけました。
> 付言すればヒットラーだって疲弊したドイツを回復させるための凄い手腕を発揮したのですけれど。
> もう一つ、ヒットラーも左派政権でした。
>
> こうして見れば日本の左派は左派ではなく、標題通り「右翼」「右派」ですね。

 マジにヒトラーの政策って完全に左翼政策でしたからね。 
 特にヒトラー政権下で労働者階級の生活レベルが劇的に向上して、自家用車・豪華船や豪華保養地での休暇旅行など、第一次大戦前は中流階級以上の特権だったものが労働者階級にも可能になりました。
 だからこそ絶大な支持を得られたのです。

 逆に日本の民主党政権下では、超円高で膨大な失業者が出たのですが、民主党政権は最後の最後までこれに無関心でした。 こういうのを見ると完全なブルジョワ政権だったと思いますよ。
  1. 2022-07-15 20:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する