fc2ブログ

2022-06-12 11:39

多文化共生とウクライナ難民支援

 立憲民主党は「多文化共生基本法」なるモノを提出したそうです。
 それで多文化共生庁とやらを作り、積極的に難民の受け入れるのだそうです。

 しかし何で多文化共生しなくちゃならないんでしょうね?
 この多文化共生という言葉が出てきたのは10年余り前からだと思います。 そしてなぜかそれから国や自治体や多くの政治家、新聞やテレビが、これが絶対的な国家目標であるかのように国民に強制するようになりました。

52139656423_ae7202206e_z.jpg

 しかし日本は古来、日本民族とごく少数のアイヌ民族しかいない国で、日本の文化も地域社会
もそういう民族構成を前提に作られています。
 それを突然異民族との共生させられるというのは、日本の文化や社会を大きく変えるかもしれない重大な問題です。

 だから本当に多文化共生を国家目標、国是のように扱うなら、まずそれを国家として受け入れるべきかどうかについて国民的な議論をして、国民投票或いは地方自治体ごとの住民投票などして国民の意思を問うべきでしょう?
 ところが現実は全く違って、新聞やテレビが多文化共生という言葉を煽り、それに乗って一部の政治家や自称知識人が、多文化共生は絶対的国是で、一切の疑念はない事にして議論を進めています。

52139657943_61b780ec18_z.jpg

 新聞やテレビなど大手のマスコミが組織的にプロパガンダを行い、政府や自治体がそれい便乗する形で、国民の意思を無視して国家目標や国是を決め、それを国民に強制する。

 これは民主主義国家のやり方ではありません。 
 民主主義国家はあくまで主権在民です。 
 国是や国家目標と言えるモノは、国民が決めるのです。
 多文化共生なんて意味不明で怪しげな物を強制される筋合いではないのです。
 
 しかし反民主主義、独裁指向の政治家や政党は、新聞やテレビがプロパガンダをやっている以上は、プロパガンダが絶対正義であることを前提に行動し、それを国民に強制する方向で動いているのです。
 恐ろしい事です。

52139860674_9ec71ff80b_z.jpg

 勿論、明治維新以降鎖国を止めて外国人の入国や、在留は認めています。
 そして日本は昔から民主主義国家ですから、日本に正規に在留している外国人に、日本文化を強制した事はありません。
 しかしそれで「多文化共生」なんて事を国民に強制したことはありません。
 
 ワタシの母は大正12年(1923年)神戸で生まれ育ちました。 それでワタシは子供の頃から母の子供時代、つまり戦前の神戸の話を色々聞きました。
 母の家の近くに大きな華僑の商店があり、そこの店主の母親が毎日夕方になると散歩するのを見たそうです。 
 彼女は纏足をしていたうえ高齢で太っていたので一人では歩けず、日本人の女中さんの肩にすがってゆっくりと歩くのです。

52139861349_56270451bb_z.jpg

 神戸には華僑が沢山いたのですが、年配の男性には中国服の人も多かったそうです。
 作家の陳舜臣さんのお父様は、日本から中国に薬を輸出する貿易商だったのですが、戦時中もずうっと中国服で過ごしました。
 今は中国服を着た男性は勿論、纏足の女性なんて中国本土でも殆どみられないのですが、しかし戦前の神戸では普通に街を歩いていたのです。

 一方日本人の方も、今よりずっと日本文化を守っていて、女性の大多数は着物で暮らしていたし、男性でも着物を着る機会は多かったのです。
 例えば祖父は日中は洋服で働いていたのですが、夜に座敷での宴会などに出る時は、一旦帰宅して着物に着替えて出かけたそうです。
 神戸には洋食を出すレストランや中華料理店が沢山ありましたが、しかし神戸に来るまで一度も洋食も中華料理も食べた事がないと言う人が殆どでした。 

52140111070_2ec7146487_z.jpg

 当時は日本人も外国人も現在よりずっと強く自国の文化を守り、外国文化を知る機会は少なかったのです。 
 それでも文化の違いによるトラブルと言うのは起きなかったようです。
 それどころか戦時中も、華僑に対する嫌がらせや迫害は起きていません。 だから陳舜臣さんのお父様も戦時中も中国服で暮らせたのです。
 つまり日本在住の外国人が自分の文化を守って生活しても何の問題もなったのです。

 外国人差別など外国人との問題で騒ぐ人達は、日本人が外国人の文化を理解しない事を問題にします。 
 しかし戦前の神戸などを見る限りそれは全くの嘘だとわかります。

52138602307_bc5cc4588d_z.jpg

 外国人がどんなに異様な服装をしても、それこそ纏足のように超異様な物であっても、それが日本人にとって害のないモノであれば、誰もそれで外国人を差別したり迫害したりはしないのです。
 だから外国人が日本の法を尊重し、ゴミ出しその他の問題で、日本人の迷惑になるような行為をしない限り、それが差別や迫害に結び付く事はありません。
 
 法を守らなかったり、周りに迷惑をかける外国人は嫌われて蔑まれます。 
 立憲民主党など言い回しでは「差別される」ようになります。
 しかし法をまもらず、周りに迷惑をかける人間は日本人だって嫌われ蔑まれるのですから、これを差別と言うのはオカシイのです。

52140112360_3dd91bdc24_z.jpg

 それじゃ一体何で今頃、多文化共生なんて言い出したのでしょうか?
 これは前記の立憲民主党のツィートを見ればわかります。 

 ウィシュマさんの問題があったり、難民をどう受け入れるか、

 ウィシュマさんって不法滞在で入管に収容中に病死した方でしたよね? 若くして亡くなられたことは大変気の毒ですが、しかし不法滞在を止めてきちんと帰国していたら、死なずに済んだでしょう。
 
 でも多文化共生を持ち出す人達は、実は外国人の不法入国・不法就労・不法滞在を応援したいのであって、別に文化なんてどうでもよいのです。
 しかしこれは大っぴらに言えないので、多文化共生と言ってるんじゃないですか?

52139864534_db27fb0e95_z.jpg

 母の子供時代の話に戻りますが、母は「戦前、朝鮮人は嫌われていたけど、中国人は尊敬されていた。」
 朝鮮人は今も嫌われていますが、中国人が尊敬されていたというのには驚きます。

 母が物心つくころから日華事変、満州事変など中国との紛争が始まり、それが第二次大戦敗戦まで続きました。
 さらには通州事件のような日本人虐殺事件まで起きているのです。
 日中関係は今よりはるかに険悪だったのです。
 
 しかしそれでも台湾人は勿論(この時代は台湾が日本領になってから日が浅く、台湾併合前に成人した台湾人も多数いたので、心情的には完全に中国人と同一でした)、中華民国籍の中国人も嫌われても蔑まれてもいませんでした。

52139646023_9442d0c906_z.jpg

 結局これは当時の日本政府が「多文化共生」なんて愚かしい事は言わず、相手がどの国の人間でも違法行為はビシバシ取り締まり、中国人街が犯罪の温床になるなんて事態にさせなかったからだと思います。
 
 当時の中国は半分崩壊国家で、中国人は皆法律も何もない世界で育って日本に来るのです。 だから黙っていたら法律を守るわけもありません。
 でも中国人は馬鹿じゃないので、日本で法律を破れば無事で済まないとわかればちゃんと法律を守るのです。
 法律を守ってちゃんと働いて成功する人も多いので、尊敬されるようになるのです。

 勿論全ての民族がそういうわけにはいきません。
 日本に来ても自国流のわけのわからない事をやり続けてすっかり嫌われて蔑まれた民族もいましたからね。
 しかし嫌われる事したら嫌われて当然だし、蔑まれる事をしたら蔑まれて当然ですから、問題にするような話ではありません。

52138613147_cc5812e908_z.jpg

 日本の法律は厳正に守らせる。
 風俗習慣など法にも触れないし、日本社会の迷惑にもならない問題は、完全に外国人の自由を認める。
 法を守る善良な外国人であれば、例え日本が彼等の祖国と戦争することになっても迫害しない。
 社会のルールや守らない外国人、日本人の倫理道徳で受け入れらない言動をする外国人とは距離をおいても構わない。

 これが戦前からの日本人の外国人受け入れのやり方でした。
 普通にこれ以上公正な方法はないでしょう?
 これで敢えて「多文化共生」を国民に強制する必要があるのでしょうか?

52139686808_1cdf378812_z.jpg

 しかし立憲民主党を見ていればわかりますが、「多文化共生」の目的は外国人を公正に扱う事ではありません。
 彼等の活動を見ていればわかりますが、「多文化共生」の名目で彼等が支援しているのは常に犯罪外国人です。
 彼等はまた特定の外国人に特権を与える為に活動しています。

 本当に文化の違う外国人と共生することが目的なら、こんなことはしません。
 こんなことをしていたら、外国人のイメージがドンドン悪くなって、結局外国人が排除されるようになるだけなのですから。

 こうしてみると多文化共生の真意がわかります。 
 多文化共生って、悪質な外国人を多数日本に引き入れる事で、日本社会を破壊することが目的なのです。
 だからワタシは「多文化共生」を口にする人間は、日本人の敵だと思っています。
 
52140161090_223bd72e0b_z.jpg 

 最後にウクライナ難民の受け入れについてですが、ワタシは難民受け入れの数で欧州諸国と競う必要はないと思います。
 地理的にも言語や文化でも大変遠い日本に適応すると言うのは、ウクライナ難民自身にとっても大変厳しく、支援コストは膨大になるけれど、難民本人も回りも苦労するばかりです。

 そもそもウクライナ政府は男性の出国禁じている状態ですから、難民も男性親族とは生き別れの状態なので、避難先での永住を望んでいるわけではないのです。
 だったらポーランドやモルドバなどに一時避難する人達、さらにウクライナ国内でも戦場から離れた地域で避難する人達を、経済的に支援する方がよほど効率的ではありませんか?

 ポーランドもモルドバも豊かな国ではないので、多数の難民受け入れは大変でしょう。 しかしこれらの国々はウクライナが降伏したら次は自分達と言う危機感があるので、必死で難民を受け入れています。
 日本政府はウクライナ難民の受け入れ人数を競うより、これらの国々を支援して、難民受け入れによる経済的負担を減らすように助けるのが、一番確実で難民達にもまた受入国の利益にもなります。

52140155110_b7249ac704_z.jpg

 更に重要なのはウクライナの国内難民の支援です。
 現在戦場となっているのは東部と黒海沿岸だけなので、これらの地域からウクライナ国内の安全な地域に避難している人が多数います。
 日本政府はまずこれらの人々を支援するべきです。
 
 ウクライナは元々豊とも言えない国です。 それで戦争以前から多くのウクライナ人が国を捨てて移民していました。
 その為独立直後5000万人だった人口が、この戦争の直前には4000万人まで減ってしまいました。 そして今度の戦争で更に600万人が国外に逃れています。
 
 こんな状況では今後、ウクライナがロシアに勝利しても、ウクライナの復興は危ういでしょう。
 今はウクライナも攻勢に転じて、東部を除けば戦争状態でなくなっています。 
 それなら戦場から避難した人々が、ウクライナ国内の安全な地域で戦争の終結を待てる状態でいられるのがベストではありませんか?

 戦場を逃れてた人々もウクライナ国内に留まり、銃後で勝利に貢献できる。
 このような体制を作る為に、日本政府はそのためにできる支援を最大限行うべきだと思います。
  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(26)

コメント

エントリーとは関係ないことで恐縮ですが、以前話した白内障の手術が、先週ようやく終わりまして、現在両眼ともよく見えるようになりました。 しかし、困ったことに、また別の問題が出てきましてね。
 先々週なのですが、夜中に心臓の軽い不整脈が起きたのです。実は昨年夏にも突然、不整脈があり、診断の結果、「上室性頻拍」というものだと。 その時は、「次に同じ発作が出たら手術を考えましょう」と言われましたが、それが先々週起きたのです。 というわけで、今度はその手術ということにあいなりました。まあ手術自体は大したことないらしく、部分麻酔でのカテーテル手術で、入院期間も手術日を含めて五日間程度らしいのですが、施術日はまだ決まっていません。でもこれでまた仕事への復帰は先に延びそうです、あ~ぁ
 (つд`)

ところで三枚目の画像の猫は、前エントリーのコメントで言っていた、野良猫ですか?
  1. 2022-06-12 16:58
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

立憲民主って本当に「普通の」国民の生活感覚なんて何にも知らないし、本音の部分で興味がないことがよくわかる話ですね。

LGBTだのスリランカの何とかさんの事件とか、どうでもいいなんて暴論はいいませんが、景気とか為替とかエネルギーとかの普通の国民がもっとも関心もちそうな肝心の事柄に具体的なことを真剣に考えたような形跡が全然ないんですよね。
この人たち一般社会で働いたことがあるんですかね?

もう、こんな話ばっかりやりたいなら政治家とか政党じゃなくて
活動家とか「市民団体」にすりゃいいのに・・。
  1. 2022-06-12 19:13
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

ウクライナの難民

鋭い視点から問題点を突いて下さってありがとうございます。
新しい考え方を学んだり、そうだそうだ!と思うことも多く、日々貴ブログを楽しみにしています。
また、お花等のお写真にも癒やされています。

いつもは読み専なのですが、身近にウクライナ難民の親子がこられたので、コメントしました。
成人男性とそのお母さんです。ウクライナから出国禁止になるまでに、かなりの人数の成人男性がウクライナから避難したのだそうです。
この親子は日本永住を願っているとのことでした。
正直、私は終戦後に帰国してウクライナ復興を行うから、難民として日本に一時避難をしに来たと思っていたのですが。
なんでも、成人男性にもかかわらず国防の戦闘から逃れたため、祖国や今戦っている人たちに合わせる顔がないのだと。
よう帰らんのだと。
だから日本に永住したいのだそうです。
日本語も話せないし、職もないらしいのですが。

私は難民として命を助けることには、不服はないのですが。未来永劫日本が養うというのはおかしな話だと思うので。
日本の文化や法律を大事にして、日本語を学び、職を見つけて、自分の力で永住権を獲得するくらいの覚悟がこの親子にあるのか。
なんだかなぁ。
気の毒だけど、なんだかしっくりこないなぁと思った次第です。
  1. 2022-06-12 20:05
  2. URL
  3. ホワイティうめこ #.vH09KUo
  4. 編集

>日本社会を破壊することが目的なのです

もちろん、左翼とその協賛者はそれが目的でやっている輩も多々おりますが、共産党議員は当にそれ一筋でしょうが、立憲民主党の議員の場合、そこまで明確な、大層な理由ではなく、単なる「勘違い」でしているバカも少なくないと思います。 何を「勘違い」しているのかと言いますと、選挙を「人気投票」と「勘違い」しているんですな。 有権者の代理人として、議会で有権者の利益を代弁し、有権者を利する法律を作るのが仕事という認識がなく、だから選挙とは有権者に責任を問われるモノという認識ではなく、「人気投票」という認識だから、見てくれ格好のよい綺麗事や大風呂敷を広げて「エエ格好しい」、北海道方言なら「いい振りコキ」すれば、皆が票をくれると勘違いしているのですな。
まあ、まあタレント議員なんぞが擁立され、そんなのが少なからず当選するという事実もあるから、そう勘違いするものがいても仕方ない面もありはしますがね。
 共産党は明確に日本に悪意あってのモノでしょうが、立憲民主党の連中は、とにかく議員先生でいたいだけなんですよ。
ただし選挙というものを人気投票と「勘違い」しているから、「エエ格好しい」「いい振りコキ」ばかり夢中になって、有権者の望みから思い切りズレた戯れ言をほざいている事に気が付かないでいるのですな。
  1. 2022-06-12 21:51
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

文化の違う移民受け入れは危険

私は欧州に大量のイスラム教移民が入り込んだ様子をずっと観察してきています(遠くから)が、道徳観念が全く違う外国人を一挙に大量に受け入れるのは非常に危険です。ドイツやイギリスやスエーデンなど、モスレム移民は地元に融和せずに自分らだけの社会を作り上げてしまいました。そして地元の婦女子をどんどん冒涜し始めた。彼等が移住したところはどこでも全く同じことがおきます。ハラルの強制、土葬など、地元に強く要求し、地元市民が拒むと差別と言って騒ぐのです。

中国人も昔アメリカに移住した人たちの子孫は働き者で頭脳明晰で尊敬されていますが、新しくやってくる中国人たちは、同じ民族とは思えないほど民度が低く、先に移住してきた中華系アメリカ人たちからひどく嫌われています。特に台湾系の人たちからは、大陸系新移民は非常に評判が悪いです。

中南米からの移民は麻薬密輸や暴力団員が非常に多く、アメリカの治安を乱す要因となっています。中南米の犯罪率は高いと言われるアメリカの何倍にもなるのです。そんな国からの移民を大量に受け入れたら日本だってどうなるか解りません。

多様性なんてきれいごとを言ってる場合じゃないのです。
  1. 2022-06-13 02:52
  2. URL
  3. i苺畑カカシ #-
  4. 編集

避難民受け入れには、反対します

なぜ、わざわざ遠いウクライナから、避難民を受け入れるのか、理解に苦しみます、それならば、ポーランドなど、国境を接している、国々に支援すべきです、なんとなく、岸田総理のカッコつけに見えます、モルドバやポーランドなどに、人道支援すれば良いんですよね
  1. 2022-06-13 05:51
  2. URL
  3. 名主 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> エントリーとは関係ないことで恐縮ですが、以前話した白内障の手術が、先週ようやく終わりまして、現在両眼ともよく見えるようになりました。 しかし、困ったことに、また別の問題が出てきましてね。
>  先々週なのですが、夜中に心臓の軽い不整脈が起きたのです。実は昨年夏にも突然、不整脈があり、診断の結果、「上室性頻拍」というものだと。 その時は、「次に同じ発作が出たら手術を考えましょう」と言われましたが、それが先々週起きたのです。 というわけで、今度はその手術ということにあいなりました。まあ手術自体は大したことないらしく、部分麻酔でのカテーテル手術で、入院期間も手術日を含めて五日間程度らしいのですが、施術日はまだ決まっていません。でもこれでまた仕事への復帰は先に延びそうです、あ~ぁ
>  (つд`)

 あらら、一難去ってまた一難。
 ホントに大変ですね。
 白内障の手術がうまくいけば、視界が凄く鮮明になって気持ちよく過ごされるだろうと思っていたのに、ワタシまでガッカリです。
 でも頑張ってください。 これで災難もこれでオシマイでしょうから。
>
> ところで三枚目の画像の猫は、前エントリーのコメントで言っていた、野良猫ですか?

 そう思います。 少し薄汚れていましたから。
 寄ってきたら捕まえて家に連れて帰ろう・・・・・とも思ったのですが、このまま逃げられました。
  1. 2022-06-13 11:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 立憲民主って本当に「普通の」国民の生活感覚なんて何にも知らないし、本音の部分で興味がないことがよくわかる話ですね。
>
> LGBTだのスリランカの何とかさんの事件とか、どうでもいいなんて暴論はいいませんが、景気とか為替とかエネルギーとかの普通の国民がもっとも関心もちそうな肝心の事柄に具体的なことを真剣に考えたような形跡が全然ないんですよね。
> この人たち一般社会で働いたことがあるんですかね?
>
> もう、こんな話ばっかりやりたいなら政治家とか政党じゃなくて
> 活動家とか「市民団体」にすりゃいいのに・・。

 もう一般国民からは相手にされないので、LGBTなどニッチ市場だけを盗りに行っているのでしょう。
 尤もLBGTも実は一部の活動家以外は、今のLGBT差別云々の話は相手にしていないし、選挙権のある帰化人も、大多数は日本国籍のメリットを考えて帰化したわけですから、それを希釈するような外国人優遇を支持しないと思うんですけどね。
  1. 2022-06-13 11:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ウクライナの難民

> 鋭い視点から問題点を突いて下さってありがとうございます。
> 新しい考え方を学んだり、そうだそうだ!と思うことも多く、日々貴ブログを楽しみにしています。
> また、お花等のお写真にも癒やされています。

 楽しんで頂けて嬉しいです。
>
> いつもは読み専なのですが、身近にウクライナ難民の親子がこられたので、コメントしました。
> 成人男性とそのお母さんです。ウクライナから出国禁止になるまでに、かなりの人数の成人男性がウクライナから避難したのだそうです。
> この親子は日本永住を願っているとのことでした。
> 正直、私は終戦後に帰国してウクライナ復興を行うから、難民として日本に一時避難をしに来たと思っていたのですが。
> なんでも、成人男性にもかかわらず国防の戦闘から逃れたため、祖国や今戦っている人たちに合わせる顔がないのだと。
> よう帰らんのだと。
> だから日本に永住したいのだそうです。
> 日本語も話せないし、職もないらしいのですが。
>
> 私は難民として命を助けることには、不服はないのですが。未来永劫日本が養うというのはおかしな話だと思うので。
> 日本の文化や法律を大事にして、日本語を学び、職を見つけて、自分の力で永住権を獲得するくらいの覚悟がこの親子にあるのか。
> なんだかなぁ。
> 気の毒だけど、なんだかしっくりこないなぁと思った次第です。

 あらら。
 我が身可愛さに祖国を捨てて逃げだして、他国の保護を期待しているわけですね。 ワタシはこういうタイプの人には全然同情できません。 そりゃ祖国が侵略されなきゃ逃げだす必要もなかったのですから、その意味では気の毒なんですけどね。
 
 どういう事情でこの親子がホワイティ梅子さんを頼ってきたのかはわかりませんが、日本政府に彼等を養う義務はないのだから「日本に永住したいなら、職を見つけて自活してください」とでもいうしかないですね。
  1. 2022-06-13 11:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >日本社会を破壊することが目的なのです
>
> もちろん、左翼とその協賛者はそれが目的でやっている輩も多々おりますが、共産党議員は当にそれ一筋でしょうが、立憲民主党の議員の場合、そこまで明確な、大層な理由ではなく、単なる「勘違い」でしているバカも少なくないと思います。 何を「勘違い」しているのかと言いますと、選挙を「人気投票」と「勘違い」しているんですな。 有権者の代理人として、議会で有権者の利益を代弁し、有権者を利する法律を作るのが仕事という認識がなく、だから選挙とは有権者に責任を問われるモノという認識ではなく、「人気投票」という認識だから、見てくれ格好のよい綺麗事や大風呂敷を広げて「エエ格好しい」、北海道方言なら「いい振りコキ」すれば、皆が票をくれると勘違いしているのですな。
> まあ、まあタレント議員なんぞが擁立され、そんなのが少なからず当選するという事実もあるから、そう勘違いするものがいても仕方ない面もありはしますがね。
>  共産党は明確に日本に悪意あってのモノでしょうが、立憲民主党の連中は、とにかく議員先生でいたいだけなんですよ。
> ただし選挙というものを人気投票と「勘違い」しているから、「エエ格好しい」「いい振りコキ」ばかり夢中になって、有権者の望みから思い切りズレた戯れ言をほざいている事に気が付かないでいるのですな。

 そういう面は強いでしょうね。
 マスコミの下請けと言うか、マスコミで騒いだ事に同調して、それで人気が出ると信じている面も強いのでしょうね。
 
 逆に言えばマスコミがひたすら立憲民主党や共産党を擁護するのは、彼等は必ず自分達の扇動に乗ってくれるからでしょう。
 コイツラがいなければモリカケなんか全く騒ぎにならなかったわけですから。
  1. 2022-06-13 11:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 文化の違う移民受け入れは危険

> 私は欧州に大量のイスラム教移民が入り込んだ様子をずっと観察してきています(遠くから)が、道徳観念が全く違う外国人を一挙に大量に受け入れるのは非常に危険です。ドイツやイギリスやスエーデンなど、モスレム移民は地元に融和せずに自分らだけの社会を作り上げてしまいました。そして地元の婦女子をどんどん冒涜し始めた。彼等が移住したところはどこでも全く同じことがおきます。ハラルの強制、土葬など、地元に強く要求し、地元市民が拒むと差別と言って騒ぐのです。

 100%イスラム移民の立場に立って考えても、人間の適応力には限界があるので、中世の世界からタイムスリップしてきた人達が、21世紀の社会に適応するのは容易じゃないのです。
 少し現実を見ればわかる事なのに、それを絶対拒否している人達が、イスラム移民を引き込んでいるのです。
 
 一方イスラム教では世界中の人間がイスラム法に従うべきであるとしていますから、イスラム移民からすれば、豊かな欧米社会に入り込んでそこを食いつぶす事に何の呵責もありません。

 少し現実を見れば、こういう移民を大量に受け入れたら大変な事になるのは自明なのに、現実を見る事を絶対非拒否する人達が彼等を引き入れているのです。
>
> 中国人も昔アメリカに移住した人たちの子孫は働き者で頭脳明晰で尊敬されていますが、新しくやってくる中国人たちは、同じ民族とは思えないほど民度が低く、先に移住してきた中華系アメリカ人たちからひどく嫌われています。特に台湾系の人たちからは、大陸系新移民は非常に評判が悪いです。

 日本でもニューカマーの中国人は、戦前からいる華僑に酷く嫌われているようです。 
 横浜中華街の華僑達は、最初は中国大陸から来た同胞を温かく迎えたのですが、暫く付き合って辟易したようです。 
 彼等のお陰で自分達が長い時間をかけて築いた信用を破壊されるのだから、最大の被害者は実はオールドカマーの中国人なのでしょう。
>
> 中南米からの移民は麻薬密輸や暴力団員が非常に多く、アメリカの治安を乱す要因となっています。中南米の犯罪率は高いと言われるアメリカの何倍にもなるのです。そんな国からの移民を大量に受け入れたら日本だってどうなるか解りません。

 中南米人も結構日本に来ていますが評判は良くないです。 元来、日系中南米人限定で就労ビザを出していたのに、インチキ日系人が沢山混じっているし、凶悪犯まで来ています。
 
 日本は移民受け入れの歴史がないので、最初は大多数の国民がフレンドリーに迎えたのですが、今は凄く忌避感情が強くなりました。
>
> 多様性なんてきれいごとを言ってる場合じゃないのです。

 ホントに多様性とか多文化共生って、ろくな物じゃないです。
 移民を受け入れるからこそ法の厳守や社会のルールを徹底しなければならないのに、多文化共生とか多様性を言う連中は全くその逆なのです。
  1. 2022-06-13 12:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 避難民受け入れには、反対します

> なぜ、わざわざ遠いウクライナから、避難民を受け入れるのか、理解に苦しみます、それならば、ポーランドなど、国境を接している、国々に支援すべきです、なんとなく、岸田総理のカッコつけに見えます、モルドバやポーランドなどに、人道支援すれば良いんですよね

 そうです。
 モルドバもポーランドも豊かな国とも言えないのに、百万単位で難民を受け入れているのだからホントに大変だと思います。 だったら日本政府がこうした国々を支援して、難民用の住宅や生活支援の為の経済援助などすれば、凄く喜ばれると思います。

 またウクライナ国内でも、東部や黒海沿岸から他の地域へ避難している人達が多数います。
 現在のウクライナ政府がこれらの人々を支援するのは経済的に非常に厳しいでしょう。 だから日本政府がその資金を支援すれば大いに感謝されると思います。

 ウクライナ国内での避難なら、兵士として戦う夫や息子が休暇に家族に会いに来ることもできますが、家族が日本に避難してしまえばそうもいかないでしょう。
 
 だから一番良いのはウクライナでの国内避難民の支援だと思います。
  1. 2022-06-13 12:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

戦前、神戸に逃げてきたユダヤ人が地元の日本人と揉めた際は、ユダヤ文化に詳しい学者とかが仲裁に入って、ユダヤ人に色々と指導したのですよね。
多文化共生なんて自分は気色の悪さしか覚えませんが、大抵は日本人が、外国人のために、外国の文化や習慣を理解、尊重、寛容ばかりになりますが、本来は彼らの方こそが、日本の文化や習慣を学び、尊重するはずなのに逆になっています。で、そのことを指摘すると、お決まりの差別、不寛容、島国根性、多文化共生の理念に反すると非難を浴びます。
多文化共生など、国民の合意を得た理念ではないのですけどね。いつから、多文化共生が日本の国策になったのですかね?自分は、賛成した覚えはないのですが。
ドイツでは難民の住み着いたために一帯はゴミだらけになり、女性に痴漢行為をするので外出もできくなった地域がありますが、住民は移民難民反対政党の支持者です。住民は差別主義者なのですかね?「お前たちなんか、ここから出ていけ!」と言ったら、ヘイトスピーチになってしまうのでしょうかね?
「文化や言語の違う外国人との共生」など、安全地域に住んで、実際に外国人とは生活空間を共有しない人間達のいう綺麗ごとにすぎません。
現実に、自宅周辺に外国人が大勢住み着いたら、自称人権派や多文化共生論者がどのような行動に出るか興味深いですよ。
  1. 2022-06-13 13:02
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #/Y/0Mqo.
  4. 編集

過去にもユーゴスラビア内戦やコソボ紛争、ルワンダ内戦など過去の紛争地域から、日本にいる親族を頼って避難したとか、過去に留学経験があるなどの避難民を受け入れた例があるのです。今回が初めてではないのですよね。日本に親族がいる人など、ある程度の受け入れはやむおえないとは思います。
実際、避難してきた人達も家族を残してきているため帰国を希望しており、難民申請者は3名です。ウクライナ大使館も帰国に備えて色々と指導しているとのニュースもありましたから、負担も小さいでしょう。
それにしても、興味深いです。戦火を逃れて逃げてきた人達が難民申請しないで、紛争地域でない国、難民が発生しない国から観光ビザで入国して、10年も20年も不法滞在してバレた途端に、「難民で~す。命からがら逃げてきました。てへへ」なんてやっているのですから。
入管法改正を廃案に追い込んだ自称人権派は、難民申請者の殆どがインチキ難民だと承知していると思います。
不法滞在者やインチキ難民のゴネ得や居座りを認めると抑止力を弱め、外国人の違法行為を誘発して、外国人の犯罪増加や治安悪化につながって行くと思います。
この手の自称人権派の本目的は外国人の人権救済ではなく、入管行政を形骸化させ、低度の低い外国人を流入させ、日本社会の土台を壊すのが本目的だと思いますね。
「言語や文化の違う外国人との共生」などと世間知らずの小学生の書いた作文のようなきれいごとの裏側に潜んでいる悪意に欺かれないようにしなければなりません。
  1. 2022-06-13 13:23
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #/ZXDXczc
  4. 編集

誤解させてしまって、すみません。
ウクライナ親子は、ご近所に住んでいるロシア語通訳の方を頼って、避難してきました。私じゃないんです。
遠方の日本なので、少数の方しか避難してこないだろうと思っていたら、こんな身近で話を聞いて、しかも「えぇ!?ずっとここに住むつもり!?」ってなりました。

-我が身可愛さに祖国を捨てて逃げだして、他国の保護を期待しているわけですね。-
もう本当にその通りです。
  1. 2022-06-13 14:25
  2. URL
  3. ホワイティうめこ #.vH09KUo
  4. 編集

ウクライナ東部の住民のかなりはロシア人、親ロシア派とかでロシア占領を歓迎しているようです。そして「独立国家」を作った。

私の疑念はこのように国の中で異なる民族が混ざると統一国家の枠が崩れるという事。
日本には100万を超えると言われるチャイニーズ、70万と言われるコリアンがいます。
日本で有事の場合に彼らが騒ぎ、本国が自国民を保護すると言い出した場合はどうするのでしょう。日本国は分離独立を認めるのですか?

難民、避難民の受け入れは時期を区切って対応すべきです。どこかの民族に対するようなダラダラした居住権の容認はすべきではない。
  1. 2022-06-13 21:57
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 戦前、神戸に逃げてきたユダヤ人が地元の日本人と揉めた際は、ユダヤ文化に詳しい学者とかが仲裁に入って、ユダヤ人に色々と指導したのですよね。

 これ杉浦千畝のビザできた人達の話ですよね?
 もめたら話し合うしかないのですが、しかし日本の社会の法とルールを守る限りは、それほどもめる事はないのです。

> 多文化共生なんて自分は気色の悪さしか覚えませんが、大抵は日本人が、外国人のために、外国の文化や習慣を理解、尊重、寛容ばかりになりますが、本来は彼らの方こそが、日本の文化や習慣を学び、尊重するはずなのに逆になっています。で、そのことを指摘すると、お決まりの差別、不寛容、島国根性、多文化共生の理念に反すると非難を浴びます。
> 多文化共生など、国民の合意を得た理念ではないのですけどね。いつから、多文化共生が日本の国策になったのですかね?自分は、賛成した覚えはないのですが。

 この多文化共生って国民からするとどこかから唐突に出てきた話で、全然国民の合意を得ている事ではありません。
 だからそんなこと言われても「知らんがな」で終わってよい事です。

> ドイツでは難民の住み着いたために一帯はゴミだらけになり、女性に痴漢行為をするので外出もできくなった地域がありますが、住民は移民難民反対政党の支持者です。住民は差別主義者なのですかね?「お前たちなんか、ここから出ていけ!」と言ったら、ヘイトスピーチになってしまうのでしょうかね?
> 「文化や言語の違う外国人との共生」など、安全地域に住んで、実際に外国人とは生活空間を共有しない人間達のいう綺麗ごとにすぎません。
> 現実に、自宅周辺に外国人が大勢住み着いたら、自称人権派や多文化共生論者がどのような行動に出るか興味深いですよ。

 アメリカで不法移民受け入れに反対する人達が、南米から入り込んだ不法移民の集団をナンシー・ペロシのワイナリーに連れて行った事があったそうです。
 ナンシー・ペロシはメキシコとの壁の建設に反対し、不法移民を全面的に擁護していたのです。
 
 だったら自分のワイナリーに受け入れてくれますよね?
 凄く広いワイナリーみたいだし、大人数でも居住スペースは十分ありそうですし。

 でもナンシー・ペロシは警察を呼んで移民を追い出したそうです。
 
 これが不法移民擁護派の本心じゃないですか?
  1. 2022-06-14 11:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 過去にもユーゴスラビア内戦やコソボ紛争、ルワンダ内戦など過去の紛争地域から、日本にいる親族を頼って避難したとか、過去に留学経験があるなどの避難民を受け入れた例があるのです。今回が初めてではないのですよね。日本に親族がいる人など、ある程度の受け入れはやむおえないとは思います。

 そういえばワタシは親族が日本にいると言うルワンダ人と会った事があります。
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-7355.html

 難民になると言うのは、ホントに大変だと思いますから、ホントに難民で日本に身内がいるなどの事情があれば、受け入れるべきだと思います。

 しかし紛争地や祖国から遠く離れた日本への定着と言うのは、やはり不自然です。
 難民支援の在り方としては、遠い外国で受け入れるよりまずは、帰国を前提に戦場から離れても国内で避難している人の支援を第一に、次は近隣諸国へのがれた人の支援を考えていくべきだと思います。
 
> 実際、避難してきた人達も家族を残してきているため帰国を希望しており、難民申請者は3名です。ウクライナ大使館も帰国に備えて色々と指導しているとのニュースもありましたから、負担も小さいでしょう。

 そういう事であれば、日本にいる間はできる限りの支援をするべきです。

> それにしても、興味深いです。戦火を逃れて逃げてきた人達が難民申請しないで、紛争地域でない国、難民が発生しない国から観光ビザで入国して、10年も20年も不法滞在してバレた途端に、「難民で~す。命からがら逃げてきました。てへへ」なんてやっているのですから。

 例のウィシュマさんに至っては祖国は紛争地でもなく、元カレのDVで入管に逃げ込んだ人ですからね。
 しかし元カレなら家族でもないわけで、元カレを傷害で告訴すれば終わりだったと思うんですけどね。 それがなぜか「難民」と言うからすごく不思議です。

> 入管法改正を廃案に追い込んだ自称人権派は、難民申請者の殆どがインチキ難民だと承知していると思います。
> 不法滞在者やインチキ難民のゴネ得や居座りを認めると抑止力を弱め、外国人の違法行為を誘発して、外国人の犯罪増加や治安悪化につながって行くと思います。
> この手の自称人権派の本目的は外国人の人権救済ではなく、入管行政を形骸化させ、低度の低い外国人を流入させ、日本社会の土台を壊すのが本目的だと思いますね。
> 「言語や文化の違う外国人との共生」などと世間知らずの小学生の書いた作文のようなきれいごとの裏側に潜んでいる悪意に欺かれないようにしなければなりません。

 インチキ難民を引き込みをビジネスにしている団体は、日本だけでなく世界中にあるようですね。 またそういう団体とつるんでいる政治家や政党もあるます。
 
 コイツラの言っている事は、どう考えても非現実的な妄想なのですが、しかし新聞やテレビも全面的にコイツラを支援していますから何かホントに不可解な裏があるのでしょうね。
  1. 2022-06-14 11:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 誤解させてしまって、すみません。
> ウクライナ親子は、ご近所に住んでいるロシア語通訳の方を頼って、避難してきました。私じゃないんです。
> 遠方の日本なので、少数の方しか避難してこないだろうと思っていたら、こんな身近で話を聞いて、しかも「えぇ!?ずっとここに住むつもり!?」ってなりました。

 そういう事でしたか。
 でもホントに自分の身近でこんな例を見てしまうと、安易に難民受け入れを叫ぶ連中には、不信を感じますよね。
>
> -我が身可愛さに祖国を捨てて逃げだして、他国の保護を期待しているわけですね。-
> もう本当にその通りです。

 日本で「多文化共生」とか「難民支援」とかいう連中って、反国家主義、国家の価値や存在を全否定する連中なんですよね。
 でも国家が壊れる事で難民が生まれると「難民を受け入れろ」と言うのです。

 イヤ、オマイの大嫌いな国家が壊れた地域があるんだよ。
 「難民受け入れろ」なんて言ってないで、オマイがそこに行って暮らせよ!!

 ワタシはいつもそう思うんです。
  1. 2022-06-14 11:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ウクライナ東部の住民のかなりはロシア人、親ロシア派とかでロシア占領を歓迎しているようです。そして「独立国家」を作った。

 東部の親ロシア派と言われる人達は、戦後ソ連がウクライナに移住させたロシア人が殆どです。 スターリンの粛清と独ソ戦でウクライナの人口が激減しました。 一方フルシチョフ時代にはウクライナを優遇してクリミアなどウクライナ領にしたし、軍事工場を沢山作ったりしましたから、それでロシア人が多数移民したのです。

 ソ連って実はこうやって国内での民族を意図的にグチャグチャに混ぜています。 それで北方領土の住民も実は4割はウクライナ人だったりするのです。

 当然ですが、ウクライナが独立したら戦後移住したロシア人は居心地が悪くなりそうですから、ウクライナの独立は嬉しくないし、ロシアへの親近感は強いでしょうね。
>
> 私の疑念はこのように国の中で異なる民族が混ざると統一国家の枠が崩れるという事。
> 日本には100万を超えると言われるチャイニーズ、70万と言われるコリアンがいます。
> 日本で有事の場合に彼らが騒ぎ、本国が自国民を保護すると言い出した場合はどうするのでしょう。日本国は分離独立を認めるのですか?
>
> 難民、避難民の受け入れは時期を区切って対応すべきです。どこかの民族に対するようなダラダラした居住権の容認はすべきではない。

 これはホントに心配です。
 特に中国人は人数が多いので、危険です。
  1. 2022-06-14 11:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>ワタシは親族が日本にいるというルワンダ人とあったことがあります

貼り付けてるURLで紹介されている『ルワンダ中央銀行総裁日記』は、以前コメントしましたが、昨年の8月に多発性骨髄腫に起因する左腕橈骨病的骨折で二週間入院した時に自分も病床で読みましたが、確かにあの著者は、ルワンダの人たちは勿論、フランス人やその他のヨーロッパ人たちにも何の遠慮もなく、自分の思うことをガンガン主張し、毅然として是是非非の論を貫いておりましたな。 著者が筋金入りの元軍人だったので、対決を怖れない気骨の持ち主だったという点もあってのことでしょうけど、本来、外国人というか、異質な他者との交流には、変な気遣いや遠慮よりも、あのような遣り方の方が結果的には正解なんでしょうな。
  1. 2022-06-14 13:23
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

移民難民問題に関する皆さんの懸念はわかりますが、中韓とか近隣アジア諸国と違って、実際のところ今問題のウクライナからは社会に影響がでるほどに人来ますかね?日本にやってくる人って戦前から日本に身寄りがいるとか、留学経験などで日本語に不自由しないなど、ごくごく限られた人なのでは?

>地理的にも言語や文化でも大変遠い日本に適応すると言うのは、ウクライナ難民自身にとっても大変厳しく

まさにこれで、政府も自治体も限られた少数しか来ないと踏んでるからこそ「大盤ぶるまい」して「難民に優しい日本」「ウクライナに寄り添う日本」を国際的にアピールしてるってところじゃないかな?と思いますが、どうなんでしょうね。

そもそも、ウクライナ側からみて日本って大して存在感ある国とも思えないのですよね。4月頃にウクライナ外務省が公式ツイッターに投稿した各国の支援に対する感謝の動画に、日本が含まれていない・・ということがわかって物議をかもしたことがありました。

ウクライナ外務省の弁解として「軍事支援を受けた国に限った」ってことも確かにあるのかもしれないですが、要は普通のウクライナ人からすると、一部の趣味人以外は日本に関してはそのくらいの存在感じゃないのかな?と(湾岸戦争時のクウェートでもありましたね、こんな騒ぎ)。

自分が海外移民、移住を考えるとして情報もなくボヤっとしたイメージしかわかない上に人的なつながりもない国は対象にはならないですね。
あと、日本という国は世界的にみて文化面では非常に魅力的に思われているものの、労働環境のイメージは悪く(長時間労働、その割に低い賃金など)、単純労働者は別にして、技術・技能を持つ外国人からの就労先としての人気は至って低いのも実情。

実際、賃金レベルは先進国最低、G20でも下位打線を疾走中ですし。正直、日本に人間関係もない、言葉もわからない、生活基盤もないウクライナ人がわざわざやってくる要素がまるで思いつかない。
単なる避難ではなく、リスク背負って遠方に定住とか移民とかいうんであればアメリカとかドイツとかオーストラリアあたりに行くんじゃないですかね?

これまでのコメントをみていただければわかる通り、私だって偽善的な「多文化共生」なんてチャンチャラおかしいと思ってます。ただ、一方で上から目線で「移民など要らない!」なんていう以前に難民にも移民にも相手にされない国・・というのもマズい、それこそ日本の衰退が「悪い円安」なんてもんじゃない、外国人公認の「本当の衰退」であるわけだし・・などとも考えます。
長々と書いて何ですが、移民とか難民に関しては何が正解なのか?本当によくわかりません。

  1. 2022-06-14 22:59
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >ワタシは親族が日本にいるというルワンダ人とあったことがあります
>
> 貼り付けてるURLで紹介されている『ルワンダ中央銀行総裁日記』は、以前コメントしましたが、昨年の8月に多発性骨髄腫に起因する左腕橈骨病的骨折で二週間入院した時に自分も病床で読みましたが、確かにあの著者は、ルワンダの人たちは勿論、フランス人やその他のヨーロッパ人たちにも何の遠慮もなく、自分の思うことをガンガン主張し、毅然として是是非非の論を貫いておりましたな。 著者が筋金入りの元軍人だったので、対決を怖れない気骨の持ち主だったという点もあってのことでしょうけど、本来、外国人というか、異質な他者との交流には、変な気遣いや遠慮よりも、あのような遣り方の方が結果的には正解なんでしょうな。

 あのルワンダ中央銀行総裁は、総裁として言うべきことを言い、やるべきことをやったのです。
 相手が黒人だから同情して、言うべきことも言わない方が差別なのです。

 ところが今、多文化共生をわめく連中って、まさに「外国人を理解しろ」と言いながら、外国人の不法行為を認めろと言っているのです。
 こっちの方がオカシイです。
  1. 2022-06-15 10:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 移民難民問題に関する皆さんの懸念はわかりますが、中韓とか近隣アジア諸国と違って、実際のところ今問題のウクライナからは社会に影響がでるほどに人来ますかね?日本にやってくる人って戦前から日本に身寄りがいるとか、留学経験などで日本語に不自由しないなど、ごくごく限られた人なのでは?
>
> >地理的にも言語や文化でも大変遠い日本に適応すると言うのは、ウクライナ難民自身にとっても大変厳しく
>
> まさにこれで、政府も自治体も限られた少数しか来ないと踏んでるからこそ「大盤ぶるまい」して「難民に優しい日本」「ウクライナに寄り添う日本」を国際的にアピールしてるってところじゃないかな?と思いますが、どうなんでしょうね。
>
> そもそも、ウクライナ側からみて日本って大して存在感ある国とも思えないのですよね。4月頃にウクライナ外務省が公式ツイッターに投稿した各国の支援に対する感謝の動画に、日本が含まれていない・・ということがわかって物議をかもしたことがありました。
>
> ウクライナ外務省の弁解として「軍事支援を受けた国に限った」ってことも確かにあるのかもしれないですが、要は普通のウクライナ人からすると、一部の趣味人以外は日本に関してはそのくらいの存在感じゃないのかな?と(湾岸戦争時のクウェートでもありましたね、こんな騒ぎ)。
>
> 自分が海外移民、移住を考えるとして情報もなくボヤっとしたイメージしかわかない上に人的なつながりもない国は対象にはならないですね。
> あと、日本という国は世界的にみて文化面では非常に魅力的に思われているものの、労働環境のイメージは悪く(長時間労働、その割に低い賃金など)、単純労働者は別にして、技術・技能を持つ外国人からの就労先としての人気は至って低いのも実情。
>
> 実際、賃金レベルは先進国最低、G20でも下位打線を疾走中ですし。正直、日本に人間関係もない、言葉もわからない、生活基盤もないウクライナ人がわざわざやってくる要素がまるで思いつかない。
> 単なる避難ではなく、リスク背負って遠方に定住とか移民とかいうんであればアメリカとかドイツとかオーストラリアあたりに行くんじゃないですかね?
>
> これまでのコメントをみていただければわかる通り、私だって偽善的な「多文化共生」なんてチャンチャラおかしいと思ってます。ただ、一方で上から目線で「移民など要らない!」なんていう以前に難民にも移民にも相手にされない国・・というのもマズい、それこそ日本の衰退が「悪い円安」なんてもんじゃない、外国人公認の「本当の衰退」であるわけだし・・などとも考えます。
> 長々と書いて何ですが、移民とか難民に関しては何が正解なのか?本当によくわかりません。

 ウクライナは日本人から見て凄く馴染みのない国です。
 実はアメリカ人にも全然馴染みがないらしく、アメリカ政府があれほど支援しているのに、アメリカ人の反応は今一のようです。

 ウクライナの戦いを本心支援しているのは、バルト三国やポーランドなど、旧ソ連領、あるいは共産圏だった国々で、これらの国々はウクライナが降伏したら次は自分達が侵略されると思っているから、必死の支援をしているのです。

 日本もロシアの隣国として、ウクライナの運命は他人事ではないので、できる限りの支援をするべきだと思います。
 本来なら軍事援助だってするべきなのです。

 しかし安易に難民受け入れ数で欧米と争うのは本来の支援になりません。

 一番良いのはウクライナの国内難民の支援でしょう。 現在のウクライナは全土が戦場になっているわけではありません。
 戦闘が続いているのは東部二州と黒海沿岸など国土の20%程度です。
 しかもウクライナって日本の1.6倍もあるのです。

 だから戦場から避難した人々が、安全に暮らせる地域はウクライナ国内にも十分あるのです。 だったらウクライナの国内難民への生活支援をするのがベストだと思います。 それなら文化摩擦でもめる事もないし、徴兵されて戦っている人達が、休暇に家族と過ごす事もできます。

 そして戦争が終わっても帰郷できないない場合もあるのですが、それでもウクライナ領内で暮らせばウクライナの復興に繋がります。
 難民として外国へ流出してしまえばそうはいきません。
  1. 2022-06-15 11:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

prijonさんのコメントを読んで

>政府も自治体も限られた少数しか来ないと踏んでるからこそ 「大盤ぶるまい」 して 「難民に優しい日本」 「ウクライナに寄り添う日本」 を国際的にアピールしてるってところじゃないかな?と思いますが、

↑これ、絶対にあると思いますね。たとえば外務省のホームページには 「短期滞在の入国者にビザを免除している国」 の一覧が載ってるんですが、貧しい中南米の国々が大量に含まれているんですよ。 (アフリカも3か国がビザを免除されている。)

日本と中南米諸国の間には、コロナ禍とは関係なく、もともと直行便が無くて、フライトを乗り継いで来日するにも、経由地となる米国は、トランジット客にもビザかESTA (電子渡航認証システム) の取得を義務づけているので、簡単には日本へ来れません。まさに 「限られた少数しか来ない」 と踏んで、ビザ免除の大盤ぶるまいをしているわけです。

ビザ免除国・地域 (短期滞在) | 外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html

アメリカでの乗り継ぎ(トランジット)の入国審査時もESTA申請は必要!? | ESTA Online Center
https://esta-center.com/transit/index.html

また、イギリス政府は現在、中共が香港で国家安全維持法を施行したのを受けて、香港市民に「特別ビザの大盤ぶるまい」をしていますが、これも 「実際にイギリスに移民するのは、ごく少数」 と踏んでいるからでしょう。

イギリス政府、香港市民の特別ビザ公表 海外市民旅券の保持者に - BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/53509298

ジョンソン首相、香港の300万人にイギリス市民権への道示す - BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/53259716

イギリス、香港市民への特別ビザ開始 30万人が申請か - BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/55882848

その同じジョンソン政権が、中東やアフリカからやって来る不法移民に対しては、次のような全然違う対応をしています。↓

英政府の不法入国者のルワンダ移送計画、裁判所が第1便の出発を許可 - BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/61793591

【解説】 不法入国者のルワンダ移送、英政策の問題点は? - BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/video-61794683

英政府の不法入国者のルワンダ移送、直前で停止 欧州人権裁判所の判断受け - BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/61806901

上記の記事に書いてあるとおり、この政策は土壇場で欧州人権裁判所から差し止め命令を受けて、中止になってしまいましたが (EUから離脱しても、欧州人権裁判所の判決には従わなければならないらしいです)、この政策に対するイギリスの世論は、リベラルなセレブ達が「非人道的だ!」と批判しているものの、大半の国民は支持しているようです。
  1. 2022-06-18 01:57
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: prijonさんのコメントを読んで

> >政府も自治体も限られた少数しか来ないと踏んでるからこそ 「大盤ぶるまい」 して 「難民に優しい日本」 「ウクライナに寄り添う日本」 を国際的にアピールしてるってところじゃないかな?と思いますが、
>
> ↑これ、絶対にあると思いますね。たとえば外務省のホームページには 「短期滞在の入国者にビザを免除している国」 の一覧が載ってるんですが、貧しい中南米の国々が大量に含まれているんですよ。 (アフリカも3か国がビザを免除されている。)

 うわ~~!! まだビザ免除の気楽にやっているんですね。  
 昔イラン人へのビザ免除をやって、大量にイラン人の不法入国者が入ったのに。

 ホントに何をやっているんだろうか?

 それからウクライナ難民の受け入れもホントに偽善臭芬々です。
 ホントにウクライナを支援する気があるなら、難民なんか受け入れないでいいから、多連装ロケット砲でも送った方が良いです。
>
> 日本と中南米諸国の間には、コロナ禍とは関係なく、もともと直行便が無くて、フライトを乗り継いで来日するにも、経由地となる米国は、トランジット客にもビザかESTA (電子渡航認証システム) の取得を義務づけているので、簡単には日本へ来れません。まさに 「限られた少数しか来ない」 と踏んで、ビザ免除の大盤ぶるまいをしているわけです。
>
> ビザ免除国・地域 (短期滞在) | 外務省
> https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html
>
> アメリカでの乗り継ぎ(トランジット)の入国審査時もESTA申請は必要!? | ESTA Online Center
> https://esta-center.com/transit/index.html
>
> また、イギリス政府は現在、中共が香港で国家安全維持法を施行したのを受けて、香港市民に「特別ビザの大盤ぶるまい」をしていますが、これも 「実際にイギリスに移民するのは、ごく少数」 と踏んでいるからでしょう。
>
> イギリス政府、香港市民の特別ビザ公表 海外市民旅券の保持者に - BBCニュース
> https://www.bbc.com/japanese/53509298
>
> ジョンソン首相、香港の300万人にイギリス市民権への道示す - BBCニュース
> https://www.bbc.com/japanese/53259716
>
> イギリス、香港市民への特別ビザ開始 30万人が申請か - BBCニュース
> https://www.bbc.com/japanese/55882848
>
> その同じジョンソン政権が、中東やアフリカからやって来る不法移民に対しては、次のような全然違う対応をしています。↓
>
> 英政府の不法入国者のルワンダ移送計画、裁判所が第1便の出発を許可 - BBCニュース
> https://www.bbc.com/japanese/61793591
>
> 【解説】 不法入国者のルワンダ移送、英政策の問題点は? - BBCニュース
> https://www.bbc.com/japanese/video-61794683
>
> 英政府の不法入国者のルワンダ移送、直前で停止 欧州人権裁判所の判断受け - BBCニュース
> https://www.bbc.com/japanese/61806901
>
> 上記の記事に書いてあるとおり、この政策は土壇場で欧州人権裁判所から差し止め命令を受けて、中止になってしまいましたが (EUから離脱しても、欧州人権裁判所の判決には従わなければならないらしいです)、この政策に対するイギリスの世論は、リベラルなセレブ達が「非人道的だ!」と批判しているものの、大半の国民は支持しているようです。

 難民受け入れについては、欧米諸国は昔から実に強かに「人道」の名を借りて国益を追求していますからね。 でもやりすぎるから難民危機なんてことまで起きたのです。

 尤もウクライナ人は白人でそこそこ教育レベルの高く、結構うまく移民先になじんでいたので、案外ホントに歓迎している気もしないではないのですが。
 
  1. 2022-06-18 19:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する