fc2ブログ

2022-05-26 11:15

チューリプ大好き 滝野すずらん丘陵公園

 この前の日曜日(5月22日)は、妹が滝野スズラン丘陵公園に連れて行ってくれました。
 26万本の中ーリップが満開だというのです。
 
52099596446_3f77fe8ce9_z.jpg

 ホントに完璧に満開でした。
 実は我が家の周辺のチューリップはもう盛りを過ぎているので、「満開」が不思議だったのですが、滝野すずらん丘陵公園は札幌市内よりもやや標高が高いせいか、他の花も皆少し遅れて咲いているようでした。

52099833144_b8b7b71d43_z.jpg

 26万って函館市の人口ぐらいですが、チューリップの花だと丘の斜面で一望できます。
 とても美しい!!

52100123005_2b0c2519d1_z.jpg

 滝野すずらん丘陵公園は札幌市でも最大級の公園で、チューリップ以外にも様々な花が咲くのですが、公共交通機関で行くのは凄く不便なので、ワタシ一人ではなかなかいけません。
 だから連れて行ってもらって凄く嬉しかったです。

52100100665_d7a5ea8013_z.jpg

 天気は薄曇りだったので、写真が綺麗に撮れなかったのですが、新緑が凄く綺麗でした。
 コロナも落ち着いたので、結構な人出でした。
 皆チューリップが好きなのです。

52099601966_fb135aca6a_z.jpg

 滝野すずらん丘陵公園は3.957 km²の広大な公園なので、チューリップを26万本の花壇は公園のごく一部です。 公園の殆んどは原生林なのです。 それでエゾシカも沢山います。
 公園の人によると、このエゾシカさん達もチューリップが大好きで、皆でチューリップの球根を食べに来るのだそうです。 

52099628628_f8a78b2d19_z.jpg

 チューリップの球根って毒があるのでは?
 人間が食べたら中毒症状を起こすし、猫が食べたら大変な事になるようです。
 エゾシカさんは大丈夫なのでしょうか?

52100105580_d6a9dcdffa_z.jpg

 エゾシカさんから見れば、この光景は豪華ビュッフェなんでしょうね?
 それで公園の管理人はエゾシカさんからチューリップの球根を守るのが大変なのだそうです。

52098576827_88675f71f0_z.jpg

 公園は広いので、無料シャトルバスが走っています。
 公園の林の中ではシラネアオイが満開だと言うので、無料シャトルバスに乗って見に行きました。

52099607551_4b0d0687d1_z.jpg

 チューリップを見降ろす丘の上からシャトルバスで7~8分の所の林の中で、見事にシラネアオイが咲いていました。
 因みに徒歩だと1時間程かかる距離です。

52098581032_e239f352d1_z.jpg

 実はワタシは今年はまだ林に入っていません。 我が家の近所には林の中の遊歩道のある公園が二つあります。 西野西公園と宮の丘公園です。
 ワタシはこれまで毎年、春の妖精が目覚める頃には、必ずこれらの公園の遊歩道に入って妖精達に合いにいったのです。

52098583632_c84d2b4216_z.jpg

 でも今年は春先から羆の出没騒動が多くて、入れないのです。
 妹は絶対に羆の食べ残しの身元確認は嫌だと言うし・・・・。
 だから今年林の中を歩いたのは、この日が初めてでした。 
 ホントにシラネアオイが満開でした。

52099615886_7eecb25df2_z.jpg

 シラネアオイは高山植物の女王と言われる花です。 
 実はシラネアオイの花は、我が家の近くと円山公園でも見かけました。 それでその下部が毎年少しずつ育って花が増えていくのを見て喜んでいたのですが、どちらもある年、忽然と消えました。
 誰かが盗った!!

52099619571_15bba094a9_z.jpg

 シラネアオイ大好きなのはわかります。
 ワタシも好きですから。
 でも人間がシラネアオイ大好きだからと言って、株を掘り返して持っていくのは許せません。
 因みにこの公園は山菜狩り禁止ですが、それでも入り込んで山菜狩りをする奴が沢山います。 この日もシャトルバスの窓から、大きなレジ袋を抱えて林の中から出てきた奴絵を見ました。
 人間なんだからこういう事はやめましょうね。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

チューリップと聞いて連想する地名はオランダと富山。いまでも通用する概念なのか?
その他の関連は、小説「黒いチューリップ」(A.デュマ)がありました。
そしてチューリップ投機とバブル。
「黒い」チューリップは写真で見ると濃い紫のよう
  1. 2022-05-26 16:14
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> チューリップと聞いて連想する地名はオランダと富山。いまでも通用する概念なのか?

 どうなんでしょう?

> その他の関連は、小説「黒いチューリップ」(A.デュマ)がありました。
> そしてチューリップ投機とバブル。
> 「黒い」チューリップは写真で見ると濃い紫のよう。

 チューリップの原産地はトルコで、トルコの宮殿などに植えられたものを、ヴェネツィア人が持ち帰ってヨーロッパに広がったそうです。
 トルコのスルタンが侍らせていた美少年にはチューリップと名付けられた者もいたようです。
 そのせいかチューリップは美女よりは美少年のイメージです。

 色々と想像すると楽しいですね。

 
  1. 2022-05-26 17:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

すずらん丘陵なのにチューリップとは、これ如何に?(笑)
花といえば、我が父が、その武骨な面とは不似合いに園芸好きで、特にダリア、グラジオラス、オニユリを好んで栽培しておりました。チューリップはほんの一時期、栽培していた記憶がありますが、あまり好きでもなかったのか、上の三つの花がメインでしたな。ただ、父は自宅の庭だけでなく、側の空き地を二つ三つ勝手に耕して上記の三つの花を植えていました。
いくら空き地でも自分の土地じゃないのに「大丈夫なのか?オイ!」(;・д・) と子供ながら心配していたのですが、別に誰からも、何処からも文句は来ませんでしたがね。(^◇^;)
  1. 2022-05-26 22:26
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

外国人観光客の受け入れ、6月10日から再開

よもぎねこさん、こんばんわ。

水際対策強化に係る新たな措置について(外国人観光客の入国制限の見直し)令和4年5月26日外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_001139.html

1 外国人観光客の入国制限の見直し
6月10日から、日本国内に所在する旅行代理店等の受入責任者が、入国者健康確認システム(ERFS)における所定の申請を完了した場合、「特段の事情」があるものとして、観光目的の短期間の滞在の外国人の新規入国を原則として認めることとします。
(注)「水際対策強化に係る新たな措置(28)」に基づく「青」区分の国・地域から入国する外国人に限定します。
[参考1]別紙 水際対策強化に係る新たな措置(28)(PDF)国・地域を「赤」・「黄」・「青」の3つに区分してる表等
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100349273.pdf
中国、韓国等が入ってますね。

(3)「青」区分の国・地域からの帰国者・入国者については、検疫所による入国時検査を実施
せず、入国後の自宅等待機を求めないこととする。

水際対策強化に係る新たな措置(27)で活用することになった、入国者健康確認システム(ERFS)
https://entry.hco.mhlw.go.jp/

(1)商用・就労等の目的の短期間の滞在(3月以下)の新規入国
(2)長期間の滞在の新規入国

上記に「水際対策強化に係る新たな措置(28)」で(追加)観光目的の短期間の滞在の新規入国(旅行代理店等を受入責任者とする場合に限る)が加わりました。

ニュースで流れてたので少しきになったので少し検索してみました。
しかし、受け入れ現場等の対応に関する情報が中々出て来ないですね、現場の混乱もあり得るのかな?
また、街で外国人観光客と一般住民が接する際のガイドライン等はどうなのでしょうね?
インバウンドに頼らない国内観光産業の育成の機会が失われてしまう可能性が。。。
まぁ~何時かは再開するものなのですけども、今なのかな?と疑問に思う人も居るかもしれませんね。
円安なので海外の人から見たら一段と訪日の魅力が高まってる時期なのも有りますね。
観光地等がガヤガヤ騒がしくなってしまいそうですね。
  1. 2022-05-26 22:40
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #zTZgd8x.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> すずらん丘陵なのにチューリップとは、これ如何に?(笑)

 すずらんは林の中に咲いているのですが、まだ少し早いです。 
 うちの近所では咲き始めているのですが、滝野は寒いので来週ぐらいからが見ごろでしょう。

> 花といえば、我が父が、その武骨な面とは不似合いに園芸好きで、特にダリア、グラジオラス、オニユリを好んで栽培しておりました。チューリップはほんの一時期、栽培していた記憶がありますが、あまり好きでもなかったのか、上の三つの花がメインでしたな。ただ、父は自宅の庭だけでなく、側の空き地を二つ三つ勝手に耕して上記の三つの花を植えていました。
> いくら空き地でも自分の土地じゃないのに「大丈夫なのか?オイ!」(;・д・) と子供ながら心配していたのですが、別に誰からも、何処からも文句は来ませんでしたがね。(^◇^;)

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、昭和の田舎は呑気ですね。
 でも花の咲いたところは見事だったでしょうね。
  1. 2022-05-27 14:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 外国人観光客の受け入れ、6月10日から再開

> よもぎねこさん、こんばんわ。
>
> 水際対策強化に係る新たな措置について(外国人観光客の入国制限の見直し)令和4年5月26日外務省
> https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_001139.html
>
> 1 外国人観光客の入国制限の見直し
> 6月10日から、日本国内に所在する旅行代理店等の受入責任者が、入国者健康確認システム(ERFS)における所定の申請を完了した場合、「特段の事情」があるものとして、観光目的の短期間の滞在の外国人の新規入国を原則として認めることとします。
> (注)「水際対策強化に係る新たな措置(28)」に基づく「青」区分の国・地域から入国する外国人に限定します。
> [参考1]別紙 水際対策強化に係る新たな措置(28)(PDF)国・地域を「赤」・「黄」・「青」の3つに区分してる表等
> https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100349273.pdf
> 中国、韓国等が入ってますね。
>
> (3)「青」区分の国・地域からの帰国者・入国者については、検疫所による入国時検査を実施
> せず、入国後の自宅等待機を求めないこととする。
>
> 水際対策強化に係る新たな措置(27)で活用することになった、入国者健康確認システム(ERFS)
> https://entry.hco.mhlw.go.jp/
>
> (1)商用・就労等の目的の短期間の滞在(3月以下)の新規入国
> (2)長期間の滞在の新規入国
>
> 上記に「水際対策強化に係る新たな措置(28)」で(追加)観光目的の短期間の滞在の新規入国(旅行代理店等を受入責任者とする場合に限る)が加わりました。
>
> ニュースで流れてたので少しきになったので少し検索してみました。
> しかし、受け入れ現場等の対応に関する情報が中々出て来ないですね、現場の混乱もあり得るのかな?
> また、街で外国人観光客と一般住民が接する際のガイドライン等はどうなのでしょうね?
> インバウンドに頼らない国内観光産業の育成の機会が失われてしまう可能性が。。。
> まぁ~何時かは再開するものなのですけども、今なのかな?と疑問に思う人も居るかもしれませんね。
> 円安なので海外の人から見たら一段と訪日の魅力が高まってる時期なのも有りますね。
> 観光地等がガヤガヤ騒がしくなってしまいそうですね。

 ワタシも観光業者ではないので、観光地に人が増えるのは嫌です。 
 でも観光業者には死活問題でしょう。

 実は少し前に妹が秋田に旅行したのですが、十和田湖周辺などが非常に寂れていたと言っていました。
 観光に依存してきた地域にすれば、一刻も早く外国人観光客に戻ってほしいでしょう。
 だから安易に「外国人を入れるな」と言う気にはなれません。

 コロナについては、もういい加減にしたら?と思います。
 本来ならもう2類指定を止めて5類にするべきなのですから、観光客の受け入れも認めるべきです。
 外国人嫌いと防疫は分けて考えるべきです。

 尤も中国には頑張ってゼロコロナを徹底してほしいです。 日本が受け入れを認めても、中国がゼロコロナで頑張ってくれると、中国人は帰国してからの隔離等が大変なので日本に来る事ができません。
 だからこのまま未来永劫ゼロコロナで頑張ってほしいんですけど。
 

  1. 2022-05-27 14:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

北海道へのあこがれ

 いつも写真で北海道の広々とした自然を紹介下さり、ありがとうございます。いつかは、北海道の地を踏んでみたいとかねがね思っていました。
 で、ブログアップ内容に直接関係なく申し訳ないのですが、一つお尋ねします。
 私は、60余年の人生において北海道に一度も行ったことがありません。実は7月下旬に1週間ほど休暇が得られることになり、この際、思い切って北海道へ行ってみようかと思い立ちました。飛行機が苦手なので、静岡から新幹線で往復し、北海道には正味3日ほど滞在できたらと思っています。で、よもぎねこさんにお尋ねしたいのは「北海道に来るなら、ここを訪れるといいよ」というところ、お心当たりあればお教え願いたいということです。
 いきなりこんなこと尋ねられてご迷惑かもしれませんね。可能であればでけっこうですので、よろしくお願いいたします。
 
  1. 2022-05-29 14:13
  2. URL
  3. showacho #4A9T8td.
  4. 編集

Re: 北海道へのあこがれ

>  いつも写真で北海道の広々とした自然を紹介下さり、ありがとうございます。いつかは、北海道の地を踏んでみたいとかねがね思っていました。

 是非どうぞ。
 今ならコロナ関連で色々割引があるようですし。

>  で、ブログアップ内容に直接関係なく申し訳ないのですが、一つお尋ねします。
>  私は、60余年の人生において北海道に一度も行ったことがありません。実は7月下旬に1週間ほど休暇が得られることになり、この際、思い切って北海道へ行ってみようかと思い立ちました。飛行機が苦手なので、静岡から新幹線で往復し、北海道には正味3日ほど滞在できたらと思っています。で、よもぎねこさんにお尋ねしたいのは「北海道に来るなら、ここを訪れるといいよ」というところ、お心当たりあればお教え願いたいということです。
>  いきなりこんなこと尋ねられてご迷惑かもしれませんね。可能であればでけっこうですので、よろしくお願いいたします。

 7月下旬って最高の季節です。 
 爽やかな風が吹きわたり、半袖シャツ一枚で凄く気持ちが良い季節です。

 ところで正味3日だと道内を広く移動するのは無理だと思います。 北海道は広いので道内観光は移動時間が馬鹿になりません。
 レンタカーなど使えば移動はかなり自由になりますが、それでも移動時間は長いです。 だから道内を色々見ようとすると、移動時間ばかりになって観光どころじゃなくなります。
 札幌から松前でも自動車で5時間余でしたからね。

 だから新幹線の沿線沿いに函館で1泊、ニセコで一泊、小樽か札幌で一泊なんていうのはいかがでしょうか?
 
  1. 2022-05-29 15:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よもぎねこさん、ありがとう

 早速にありがとうございます。
一面識もない者のいきなりのお尋ねに、すぐに親身なアドバイス下さり、心より感謝申し上げます。
 実は、気の早いshowachoは、先ほど旅行雑誌を買い込んでまいりました。さっそく調べます。ニセコかあ?どんなところなんでしょう?胸が膨らみます。!(^^)!
  1. 2022-05-29 18:27
  2. URL
  3. showacho #4A9T8td.
  4. 編集

Re: よもぎねこさん、ありがとう

>  早速にありがとうございます。
> 一面識もない者のいきなりのお尋ねに、すぐに親身なアドバイス下さり、心より感謝申し上げます。
>  実は、気の早いshowachoは、先ほど旅行雑誌を買い込んでまいりました。さっそく調べます。ニセコかあ?どんなところなんでしょう?胸が膨らみます。!(^^)!

 ワタシも長らくほとんど旅行していないので詳しい事は知りません。 でも移動時間だけは十分考えておかないと、ひたすら乗り物に乗るだけの旅行になってしまいます。
 尤も道は良いし渋滞など滅多にないので、車の運転の好きな人には楽しいそうですが。
  1. 2022-05-29 20:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する