fc2ブログ

2022-04-30 14:04

松前の花見

 昨日は妹が松前の花見に誘ってくれました。
 松前までは車で6時間かかるので、家を出たのは朝の6時です。
 
52039680855_1e7090c6fd_z.jpg

 朝から丸一日うすら寒い曇天で、天気は今一でした。 
 せっかく妹が誘ってくれたのにこんな曇天って・・・・、どうもワタシは曇天女のようです。
 それでも中山峠から見た、羊蹄山は素晴らしかったです。
 松前についたのは12時ごろです。

52039425004_9e3a36c66d_z.jpg

 桜はほぼ満開でした。
 松前公園には250種類もの桜が植えられていて、満開のものもまだ全く咲いていないもののもあったのですが、ほぼ全部が見ごろでした。

52038133952_a8c2d0ff6f_z.jpg

 250種も桜があるので、遠目に見ると純白のものから緋色に近いものまで、萌え始めた淡い緑の中に咲いていました。
 曇天の空を背景に見ると、これがなんとも幽玄で美しいのです。

52039687765_5b102523d0_z.jpg

 しかしワタシの安物のデジカメでは、曇天の空を背景に撮ったものは、なんでも真っ黒く写ってしまいます。
 だから萌え始めた緑と空を背景に、白から緋色まで様々なグラデーションをつけて咲く桜の写真は、全部秘するが花になってしまいました。

52039203156_6f7b48f5cb_z.jpg

 せめてもの慰めは、足元に咲くニリンソウが綺麗に撮れた事ぐらいです。
 これで羆の心配をしないでニリンソウが撮れました。
 因みに松前公園にも羆出没の看板は出ていたのですが、さすがに連休・桜満開ですから、人出はかなり多くて羆が出る心配はありません。

52038137887_d233148571_z.jpg

 しかし写真の出来は悪くても見ているだけなら、ホントに素晴らしい景色でした。
 因みにワタシは実は見ているだけなら、曇天の桜の方が好きです。
 幽玄で神秘的で・・・・・。
 だからこの日は、幽玄度満点、最高に綺麗でした。

52038138187_04fbfbb21c_z.jpg

 写真が撮れなくて残念だったのは、行きと帰りの車窓の景色です。
 今回は札幌から中山峠を越えて、噴火湾岸に出て、松前に行きました。
 それで車窓からはずうっと山や農地、羊蹄山や道爺湖、噴火湾などが見えていました。

52039697970_82a6bb24b7_z.jpg

 出発したのは早朝だったので、朝日に映える景色が美しかったのですが、中山峠辺りに来ると標高が高くなって、周りが雪景色に変わりました。
 季節が一か月遅れているようでした。

52039183301_11c9dfa05c_z.jpg

 中山峠のサービスエリアから羊蹄山が見えました。 朝日を受けて真っ白に輝く羊蹄山は素晴らしかったです。
 でも凄く寒かったです。 気温は4℃でした。
 因みに中山峠のスキー場はまだ営業中だそうです。

52039234138_41a5534b55_z.jpg

 中山峠を下り始めると、ドンドン雪が減り、山が笑い始めました。
 我が家の近所もそうですが、今はまだどの山も山肌は緑ではありませんが、芽吹き始めた木々も多いです。
 その芽吹きの初めの緑は、なんとも言えない明るく柔らかい緑です。

52039702965_63f39d77d5_z.jpg

 この緑の中に山桜の薄紅色、辛夷の白、イタヤカエデの花の黄色が見えます。
 これらの色が常緑針葉樹の濃い緑とのコントラストで、言いようもなく美しいのです。
 そして時々、こうした山々を抜ける清流が見えます。

52039197906_ef17372d77_z.jpg

 そういう山々が道中ずうっと見えていました。
 そしてその山々を背景に農村が見えます。 
 農地はまだ緑にはなっていないのですが、雪は完全になくなっていました。
 
52039244398_507c18ae5c_z.jpg

 噴火湾岸に出ると、これで片側が海になります。
 昨日は完全な凪で、羊蹄山は海の向こうに行きました。
 
52039447974_0a347ffca9_z.jpg

 山の中も農村も海岸も景色は凄く綺麗で、写真を撮りたいところばかりですが、そんなことをしていたらいつまで経っても、松前につかないでしょう。
 だから黙ってひたすら車窓の景色を楽しんでいました。

52038158337_7d89e1132a_z.jpg

 帰り道も同じコースを通りました。
 それで今度は少し頑張って車窓から写真を撮ってみました。
 写真は江差の近くのバス停ですが、まるで映画に出そうな雰囲気でした。

52039200046_1ef954c912_z.jpg

 羊蹄山が近づくころに日が暮れてきました。
 松前を出たのは2時過ぎだったのですが、もう6時前になっていました。

52039200991_9e6a619786_z.jpg

 夕日の羊蹄山が凄く綺麗でした。

52039201561_0ae511d977_z.jpg

 中山峠のサービスエリアまで来た時、ワタシの為に車を止めてくれました。
 それでまた車を出て羊蹄山の写真が撮れました。
 最初の写真と全く同じ場所から同じ構図で写真を撮ったのですが、今度は夕焼けの羊蹄山です。 
 ホントに綺麗でした。
 でも死ぬほど寒かったです。

 家に帰りついたのは8時前です。
 この日は結局、朝の6時から松前での花見を除いて、ほぼ一日車に乗っていたのですが、松前の桜は勿論、行きと帰りの景色もすごく綺麗で、ホントに幸せでした。 
 こんな美し国に生まれてホントに幸せです。
 
 妹にもワタシを便乗させてくれた妹の友達にもホントに感謝しています。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

本当に美しい景色ですね。
青空の下の桜は華やかでやっぱり美しいですし、曇天の桜もまた捨てがたい。足元の野草も可憐な花をつけ、今頃の北海道はいろんな花が一斉に咲いて本当に見事です。
寒くなければ・・・本当に羨ましいところです。

話は変わりますが、沈没した観光船が発見されたとか。詳しい原因究明が待たれます。
また、遭難者がロシア側まで流されたという報道にびっくりして地図を見ますと、国後島と知床半島の真ん中に線が引っ張ってありました。本当に近いんですね。
いろいろ考えさせられます。
  1. 2022-04-30 15:17
  2. URL
  3. 月の猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 本当に美しい景色ですね。
> 青空の下の桜は華やかでやっぱり美しいですし、曇天の桜もまた捨てがたい。足元の野草も可憐な花をつけ、今頃の北海道はいろんな花が一斉に咲いて本当に見事です。
> 寒くなければ・・・本当に羨ましいところです。
>
> 話は変わりますが、沈没した観光船が発見されたとか。詳しい原因究明が待たれます。
> また、遭難者がロシア側まで流されたという報道にびっくりして地図を見ますと、国後島と知床半島の真ん中に線が引っ張ってありました。本当に近いんですね。
> いろいろ考えさせられます。

 ホントはもっとずうっと綺麗でした。
 でも写真がうまく撮れなくて・・・・・。
 
 北海道と北方領土ってホントに近いのです。 泳いで亡命したロシア人がいたけれど、実際日本領だったら普通に遠泳で渡る人が一杯いたでしょう。
 
 観光船の沈没理由はわかりませんが、しかし無線もGPSも故障したまま放置して営業していたようだし、船長ももう一人の乗員も経験が浅く、強風の中でトラブルが起きたら絶対絶命なのは、自明だったようですね。
  1. 2022-04-30 20:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

まあ、やっぱりお城には桜が似合いますね~。


北国らしい曇天で私は好きですけど。。
肌寒さつたわってきます、写真お上手ですよ?

「松前」っていうと大阪に松前屋っていう塩昆布屋さんありましたね。子供の時、これで「松前」という地名を知ったのです。包み紙にアイヌの人が書いてあって北海道の人ってこういう服着てるのかと思ってました。

  1. 2022-05-01 16:54
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> まあ、やっぱりお城には桜が似合いますね~。

 ホントに綺麗でした。
 白から緋色まで様々の桜とお城って、ホントに絵みたいでした。
>
>
> 北国らしい曇天で私は好きですけど。。
> 肌寒さつたわってきます、写真お上手ですよ?

 ありがとうございます。
 ホントに肌寒い一日でした。
>
> 「松前」っていうと大阪に松前屋っていう塩昆布屋さんありましたね。子供の時、これで「松前」という地名を知ったのです。包み紙にアイヌの人が書いてあって北海道の人ってこういう服着てるのかと思ってました。

 塩昆布って大阪の食べ物なんですよね。
 大阪にいたころ、父が時々お歳暮などで「えびすめ」と言うメーカーの塩昆布をもらいました。 その箱にもやはりアイヌの女性の絵が描かれていていました。

 あれ凄くおいしかったです。
 でも北海道ではほとんど塩昆布って食べられていません。
 当然、有名なメーカーもないのです。

 ワタシは時々自分で作ったけれど、やはり「えびすめ」のようなわけにはいきません。 検索したら「えびすめ」は今もあるようですが、しかしやはりというかものすごく高価です。
  1. 2022-05-01 20:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する