fc2ブログ

2022-04-28 13:10

強風

 昨日になって漸くワクチンの副作用が抜けた感じです。
 結局3日寝込みました。

52033883702_e0ef47c835_z.jpg

 それにしても酷いです。
 ワタシは前二回のワクチン接種は全く何の副作用もなかったし、モデルナ三回目は二回の半量だから前二回で副作用があった人でも大丈夫だと聞いていたので安心しきっていたのに・・・・・・。
 騙し討ちでしょう?
 これ?

52035174709_879a1aba40_z.jpg

 尤もこの3日間、食欲不振でほとんど何も食べられなかったので、ダイエットができました。
 食欲不振だけは何とかこのまま続いてほしいです。

52035175239_327b318dfb_z.jpg

 そういう愚かしい事を考えていたら、山に笑われました。
 ワタシが寝込んでいた三日間の間に、山は笑い出し、白樺は芽吹いていました。 

52034973913_40594d78c6_z.jpg

 桜は三分咲きでした。
 冬の間黒々としていた並木が、桜色の雲になっています。

52034931536_ba9c9e20c8_z.jpg

 景色だけ見ていれば完全な春爛漫なのですが、しかし凄い強風が吹いていました。
 とりあえず農試公園に行ったのですが、農試公園の発寒川沿いの防波堤を自転車で走っていると、自転車ごと吹き倒さそうになりました。

52034932606_30662a0bf2_z.jpg

 自転車で走っている時に、強風に吹き倒されて防波堤から転げ落ちたら、大怪我間違いなしです。
 それで怖くなって防波堤を降りて、公園内を走ったのですが、やっぱりすごい風で自転車を漕いでいて気が休まりません。

52033891067_907f88ffb1_z.jpg

 そして自転車を降りて止めると、今度はそのまま自転車が吹き倒されます。
 ワタシの自転車は電動自転車で凄く重く、その上凄くしっかりと立つ構造になっているのですが、それでチョッと油断するとバタンと倒れます。

52034935576_bb30ae3bed_z.jpg

 そして寒いです。 
 気温は結構高かったのですが、それでもこれだけ風が強いと体感温度は下がり、ウィンドブレーカーの下に薄手のダウンを着ていても寒いです。

52033893882_d86f623385_z.jpg

 空はあくまでも青く澄み渡り、太陽は明るく輝き、桜花爛漫。
 しかし強風が吹き荒れているのです。

52035455870_37a990cb80_z.jpg

 それで桜の木の周りには、散ったのでなく、花柄事引きちぎられた花が散らばっていました。
 カワイソウに・・・・・。

52035187569_21b38ac5f3_z.jpg

 これきっと海なら文字通り「天気晴朗なれども波高し」でしょうね。
 陸でこれだけ恐怖の強風なら、海なら生きた心地がしないでしょう。

52035460410_8257002f6a_z.jpg

 自分が自転車で強風で怖い思いをしたせいか、帰宅してから知床の観光船のニュースが凄く気になりました。
 実は石狩湾岸では毎年、連休前後に凄い強風が吹きます。
 知床も同じなのでしょうか?

52035193819_4fe7d8604b_z.jpg

 あんな観光船で強風と高波に遭って、エンジントラブルでも起こせば一たまりもないし、この時期海は真冬並みに冷たいから、海に落ちたら絶体絶命です。 
 因みになんで今の季節の海が冷たいかと言うと雪解け水が流れ込んでいるからです。

52034991318_d3ab643ee4_z.jpg

 強風と言えば不思議なのはロシアの巡洋艦「モスクワ」沈没の話です。
 あれってロシア軍は「火災を起こして航行不能になり曳航中に嵐で沈没」って言ってましたよね?
 しかし救助船から撮ったと思われる写真を見たのですが、べた凪なのです。

52035196424_dd9195679f_z.jpg

 黒海の海象は日本からも簡単に調べられるのですが、それを見る限りモスクワ沈没のころに強風が吹いたというデータはないそうです。
 それから乗員を救助したのは、トルコ海軍とルーマニア海軍のようです。

52033914082_bc80263822_z.jpg

 トルコもルーマニアもNATOじゃん!!
 敵じゃん!!
 敵でも沈没船の乗員を助けるのはシーマンシップとして当然だけれど、でも敵がロシアのウソにまで付き合ってくれるわけもないから、嘘はすぐばれるでしょう?

52033914952_b9f4b7afa3_z.jpg

 こういうの見ていてホントに呆れます。
 と、いうかワタシは昔はこの種の謀略とか偽情報の流布とかは、もっと精緻に巧妙に行うのだと思っていたのです。
 でもこれを見てたらもうただの口から出まかせでしょう?

52035206359_c18a919184_z.jpg

 黒海艦隊の旗艦がウクライナに沈められた。 
 かっこ悪い!!
 そうだ、火災を起こした、嵐で沈んだにしちゃえ。

52035003688_b7a06afc19_z.jpg

 まるで小学生レベルのウソじゃないですか? 
 これなら知床の観光船の社長の方が、余程巧妙に知恵を巡らせて、責任回避しているように見えてしまいます。
 しかしいくら見え見えのウソでも、誰もそれを指摘できない社会だと、これでよいのでしょうね。

52033993207_bd12d7caaa_z.jpg

 強風の中、花見をしながらいろいろ考えてしまいました。
 家に帰ったら凄く疲れました。
 でも、明日は松前まで花見に行きます。 妹が誘ってくれたので車ですから、強風は怖くないです。
 凄く楽しみです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

>そして寒いです
自分のところも昨日、一昨日と雨天、曇天で気温が、その前日より急激に下がりました。一昨々日は昼間25℃を越えたのに、一昨日の雨が「嘘だろ!?」と思うくらい冷え込ませてくれやがりまして、おかげで1か月前に落ち着いた帯状疱疹の神経痛が一瞬ではありますが、ぶり返しまして……、まあ、すぐに治まりましたが、ホントに寒冷は健康の大敵ですな。

その寒さも今朝には失せて、今日はまた夏を思わせる暖かさが帰ってきました。
因みに今朝、今年初めてのウグイスの声を耳にしました。 本当に春になったと安心させてくれる鳴き声です。 ブログ主さんのところではウグイスの鳴き声が聞こえるのはいつ頃になりますかね。

>小学生レベルの嘘

自分が思うに「嘘」というものに対する認識の違いに起因すると思います。
西欧近代自由主義世界においては、「嘘」は罪悪で、法的には勿論、倫理的にも「悪」であり、なればこそ、敢えてそれをする場合の大きな危険に対する尋常ならざる緊張感が、「嘘」の緻密さ、巧妙さ、周到さに現れるけど、ロシアや、さらに特亜三バカ国のような反近代•非自由主義世界では、「嘘」なんて単なる技法、手段に過ぎない。 魚釣りの餌や、狩猟の罠と同程度の道具、装置であって、巧くいかなけりゃ、別の道具や技法に代えればよい。
失敗しても、その時に獲物(目的)が逃しただけで、手を変えて次を狙えばよいだけのこと。連中(ロシア+特亜三バカ国)にとって「嘘」とはそういうものでしかなく、自身の「良心」との激しい緊張関係が生じる欧米型近代国家群との、明らかな違いが、それの「巧妙•緻密•周到」さの有無や出来不出来の違いとなって現れるのではないかと………。









  1. 2022-04-28 14:16
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

こちらはもう梅雨の前奏曲です・・
晴れていても湿気があって虫干しどころではありませーん!

お花見楽しみですね!
美味しいものもいっぱい召し上がれ~
  1. 2022-04-28 16:41
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

補足コメント

前コメで書き落としがありましたので、少しばかり補足させていただきます。

「緊張」とは、失敗に対する「怖れ」です。 「嘘」の露見がその社会において致命的か、そこまでいかずとも、自身の有形無形の財産をかなり喪失させる社会なら、そうまでしても為す「嘘」の「失敗」に対する「怖れ」が強い「緊張」を生みますが、「嘘」が道具、技法でしかない社会には、「緊張」は生じることは無く、そして「緊張感」無くして、「巧妙」や「緻密」や「周到さ」も生じないのです。
  1. 2022-04-28 18:57
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >そして寒いです
> 自分のところも昨日、一昨日と雨天、曇天で気温が、その前日より急激に下がりました。一昨々日は昼間25℃を越えたのに、一昨日の雨が「嘘だろ!?」と思うくらい冷え込ませてくれやがりまして、おかげで1か月前に落ち着いた帯状疱疹の神経痛が一瞬ではありますが、ぶり返しまして……、まあ、すぐに治まりましたが、ホントに寒冷は健康の大敵ですな。
>
> その寒さも今朝には失せて、今日はまた夏を思わせる暖かさが帰ってきました。
> 因みに今朝、今年初めてのウグイスの声を耳にしました。 本当に春になったと安心させてくれる鳴き声です。 ブログ主さんのところではウグイスの鳴き声が聞こえるのはいつ頃になりますかね。

 今の時期、日本中どこでも天候が不安定ですね。
 夏みたいに暖かくなる日もあるけれど、凄く寒くなる日もあって風邪をひくにはピッタリです。 これじゃコロナだってしばらく減らないでしょう。
>
> >小学生レベルの嘘
>
> 自分が思うに「嘘」というものに対する認識の違いに起因すると思います。
> 西欧近代自由主義世界においては、「嘘」は罪悪で、法的には勿論、倫理的にも「悪」であり、なればこそ、敢えてそれをする場合の大きな危険に対する尋常ならざる緊張感が、「嘘」の緻密さ、巧妙さ、周到さに現れるけど、ロシアや、さらに特亜三バカ国のような反近代•非自由主義世界では、「嘘」なんて単なる技法、手段に過ぎない。 魚釣りの餌や、狩猟の罠と同程度の道具、装置であって、巧くいかなけりゃ、別の道具や技法に代えればよい。
> 失敗しても、その時に獲物(目的)が逃しただけで、手を変えて次を狙えばよいだけのこと。連中(ロシア+特亜三バカ国)にとって「嘘」とはそういうものでしかなく、自身の「良心」との激しい緊張関係が生じる欧米型近代国家群との、明らかな違いが、それの「巧妙•緻密•周到」さの有無や出来不出来の違いとなって現れるのではないかと………。

 そうですね。
 思うにロシアのような独裁国家の場合、嘘と言うのはどこまでうまく責任を逃れるかが重要で、ホントの意味でそれを信じさせようと思っているわけでもないようですから。
 
 国民もなんか心得ているみたいだし。
  1. 2022-04-28 23:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こちらはもう梅雨の前奏曲です・・
> 晴れていても湿気があって虫干しどころではありませーん!

 本州はもう初夏ですものね。
 ホントは5月って初夏なんですから。
>
> お花見楽しみですね!
> 美味しいものもいっぱい召し上がれ~

 ありがとうございます。 でもほんとに太ってしまったみたいで愕然としています。
 これってきっとよもちゃんに無理にご飯を食べさせた報いじゃないかと思います。
 思い出すとつらいけれど、弱っていくよもちゃんを何とか回復させようと、高栄養食の缶詰を無理やり食べさせました。
 あの報いです。

  1. 2022-04-28 23:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 補足コメント

> 前コメで書き落としがありましたので、少しばかり補足させていただきます。
>
> 「緊張」とは、失敗に対する「怖れ」です。 「嘘」の露見がその社会において致命的か、そこまでいかずとも、自身の有形無形の財産をかなり喪失させる社会なら、そうまでしても為す「嘘」の「失敗」に対する「怖れ」が強い「緊張」を生みますが、「嘘」が道具、技法でしかない社会には、「緊張」は生じることは無く、そして「緊張感」無くして、「巧妙」や「緻密」や「周到さ」も生じないのです。

 ホントにそうですね。
 だからべた凪でも「嵐で沈没した」と言えるのでしょうね。
  1. 2022-04-28 23:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

3回目受けられたのですね。

自分も3/18に3回目やりました。ファイザー、ファイザー、モデルナでしたが1回目は次の日に39.4度の熱飯が食えず5日以上体調不良、高熱のせいか風を引き1ヶ月位おかしかったです。2回目は38.4度の熱2日の体調不良でした。その後はすぐ回復でした。普通の人とは逆ですよね。3回目は次の日に38.0ドン熱が出ただけですが体調不良というよりはなんかやたらに疲れが出て1週間位編でした、自分はいつも春場に体調がおかしくなるのですがそれがひどくなった感じでした。

やっぱモデルなは効くんだなと思ったものです。
南アの状況から増加1ヶ月減少3ヶ月、そして収束は仕切らない、との予想を1月に建てましたがまあ予想通りですね。こいつは感染場所が体表に近いだけで全く弱毒化してないと考えるべきなんでしょう。ガキどもがワクチンを嫌がる以上簡単には収束しないでしょう。

観光船の事故はあの社長、死人に口なしで自分の責任と言いつつ、船長に責任なすりつけてますね。普通の人ならそう見るでしょう。もう完全に船長が助からないだろうとわかってから出てきてます。なんか甲板員の若者は初航海だったようです。
なんかこの手の事故で出てくる責任者ってやつはたいてい業界の新参者でまともに物を知らない奴らが多いようです。ベテランが逃げるのは当たり前です。そしてクズと決まってます。

ロシアの巡洋艦モスクワについて見るならばウクライナの連中はロシアのシステムを使ってた連中ですからそのデーターを西側にバーターして新規の技術支援を受けたのでしょう。そのうえでドローンを使い飽和状態を現出し底を対艦ミサイルを撃ったのでしょう。

しかしこのミサイルトップアタックの上喫水線上を狙ってます。一応核を気にしてるんでしょうか、兵装部に当たれば轟沈だったはずです。ウクライナの連中だけでここまではできるはずがありませんから相当前から準備してたはずです。しかし完全にロシア軍は油断してたんでしょうね。連中のマニュアルならばこうした事態ではすべての艦載ミサイルを発射してるはずです。そうしないとおそらく誘爆の危険がありまともなダメコンも出来ないはずなんです。だからこの話聞いたときにはよく核ミサイルぶっ放さなかったな、と感心したものです。この場合核を積んでなかったということは考えづらいんですよ。

嘘といえばウクライナの嘘だって相当にあるはずです。そして戦争犯罪と称するものだって裁かれて有罪とされるものなんて1/10以下だと思ってます。情報戦といえば聞こえはいいですが、要は嘘の付き合いです。

自分は知ってるつもりですが、弱者と言われる連中ほど嘘つきはいません。弱者と言われるやつほど面倒な連中はいません。
これはおそらく半世紀もしなければ出てこないでしょうがそのときに評価はずいぶん変わるはずです。





  1. 2022-04-29 00:01
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

観光船の事故のあの社長のコンサルの責任は

観光船の事故のあの社長は永く陶芸家をやっていて、故郷の観光業に飛び込んで観光業の経営とかで活躍されていたそうです。
ちらっとネットで読んだのですけど、アノ社長は小山某とかの件の経営コンサルタントにぞっこんだったそうです。
その経営コンサルタントとか、新聞広告でカリスマコンサルタントとして講演とかしていたのを憶えています。
胡散臭さがしていましたので記憶に残っていますが、会社勤めをしていると経営コンサルタントと言うのは詐欺師まがいだと偏見を持っています。

海のペテランの船長を全員辞めさせ、素人に近い安月給のドライバーを雇うとか、安全設備とかにカネ掛けず関心もない、宣伝の標語とかは派手に。
一時的には経営状態は急激に良くなったのでしょうね。
軽薄な街場の経営コンサルの提案其のものです。
世の中におれおれ詐欺と悪徳投資コンサル、経営コンサルタントは尽きません。

>ttps://koganem.com/2022-04-28-musashinohyouban/
>株式会社武蔵野はやばい&胡散臭い?小山昇のコンサルの評判を調査!【知床観光船社長心酔のコンサルタントA氏】

・経営管理を見直し、出費の全てをスリムにして持ちこたえます。
・人件費の削減、客がいなければ不要な高度な人材は負担ですので。
・生き残るために安全管理とか目に見えない出費は極力削減する、客が増えたら今回のような破綻は考えない。
次に広告宣伝に大きな派手な投資をします。
・格安で必要かつ最低限の要因を人材会社から募集する。
・銀行から金を借りて、コンサルに繋がる馴染の業者に大きな投資をしたんでしょうね、そっちで苦しい。
陶芸家は純情だから言う通りに実行したんでしょうね、
知りませんけど。
  1. 2022-04-29 09:10
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 3回目受けられたのですね。
>
> 自分も3/18に3回目やりました。ファイザー、ファイザー、モデルナでしたが1回目は次の日に39.4度の熱飯が食えず5日以上体調不良、高熱のせいか風を引き1ヶ月位おかしかったです。2回目は38.4度の熱2日の体調不良でした。その後はすぐ回復でした。普通の人とは逆ですよね。3回目は次の日に38.0ドン熱が出ただけですが体調不良というよりはなんかやたらに疲れが出て1週間位編でした、自分はいつも春場に体調がおかしくなるのですがそれがひどくなった感じでした。
>
> やっぱモデルなは効くんだなと思ったものです。
> 南アの状況から増加1ヶ月減少3ヶ月、そして収束は仕切らない、との予想を1月に建てましたがまあ予想通りですね。こいつは感染場所が体表に近いだけで全く弱毒化してないと考えるべきなんでしょう。ガキどもがワクチンを嫌がる以上簡単には収束しないでしょう。

 ホントの意味での収束はいつになるのか全く分からない状態ですね。 しかしもうこうなったら、欧米式に一定の感染者が出るのは諦めて、早く生活を元に戻すべきじゃないかと思います。
 
 因みにワタシは今回が初めての副作用だったので、かなり参りました。 これだと重症化リスクのない若い人達が嫌がるのは当然でしょう。
 政府は4回目とか用意する気のようですが、これ一体いつまで続けられるのか? 
 余程きちんとした戦略や展望を示さないと、もう付き合いきれないというムードになってしまいます。

 ところが岸田さんは「まだ接種していない方は、三回目のワクチン接種の検討をお願いします」なんて言っていました。
 もう笑うというかあきれるというか。
 岸田さんから「検討してください」と言われたら、誰でも半年ぐらいは何もしないで放っておいてよいと思っちゃうじゃないですか?

 一体何の冗談なんでしょうね?

> 観光船の事故はあの社長、死人に口なしで自分の責任と言いつつ、船長に責任なすりつけてますね。普通の人ならそう見るでしょう。もう完全に船長が助からないだろうとわかってから出てきてます。なんか甲板員の若者は初航海だったようです。
> なんかこの手の事故で出てくる責任者ってやつはたいてい業界の新参者でまともに物を知らない奴らが多いようです。ベテランが逃げるのは当たり前です。そしてクズと決まってます。

 法令上は船長の責任です。 但しこの船長は小型船舶の免許があるだけで、知床の海も知らないし、観光船の船長としてのキャリアもほとんどないようです。
 自分が自分の船で遊ぶ分には、それでも自己責任ですが、他人を乗せる観光船や遊漁船の乗員としては、全く不適格だったとしか言えません。
 観光船など他人を乗せる船については、法改正をする必要があります。
>
> ロシアの巡洋艦モスクワについて見るならばウクライナの連中はロシアのシステムを使ってた連中ですからそのデーターを西側にバーターして新規の技術支援を受けたのでしょう。そのうえでドローンを使い飽和状態を現出し底を対艦ミサイルを撃ったのでしょう。
>
> しかしこのミサイルトップアタックの上喫水線上を狙ってます。一応核を気にしてるんでしょうか、兵装部に当たれば轟沈だったはずです。ウクライナの連中だけでここまではできるはずがありませんから相当前から準備してたはずです。しかし完全にロシア軍は油断してたんでしょうね。連中のマニュアルならばこうした事態ではすべての艦載ミサイルを発射してるはずです。そうしないとおそらく誘爆の危険がありまともなダメコンも出来ないはずなんです。だからこの話聞いたときにはよく核ミサイルぶっ放さなかったな、と感心したものです。この場合核を積んでなかったということは考えづらいんですよ。
>
> 嘘といえばウクライナの嘘だって相当にあるはずです。そして戦争犯罪と称するものだって裁かれて有罪とされるものなんて1/10以下だと思ってます。情報戦といえば聞こえはいいですが、要は嘘の付き合いです。
>
> 自分は知ってるつもりですが、弱者と言われる連中ほど嘘つきはいません。弱者と言われるやつほど面倒な連中はいません。
> これはおそらく半世紀もしなければ出てこないでしょうがそのときに評価はずいぶん変わるはずです。

 この話については元海上自衛官等の解説動画など沢山出ていて、ワタシもそれを見ました。 
 それによるとそもそもモスクワはミサイルを探知するレーダー自体動かしてなかったようです。 

 それにしてもダメージコントロールの都合からいえば、そもそも最初から対艦ミサイルは降ろしておけばよかったのに・・・・。
 だってウクライナはクリミアを奪われたときに、海軍のほとんどを失い、たった一隻残ったコルベット艦も初戦で鹵獲を恐れて自沈させています。
 だったら対艦ミサイルいらないでしょう?

  1. 2022-04-30 11:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 観光船の事故のあの社長のコンサルの責任は

> 観光船の事故のあの社長は永く陶芸家をやっていて、故郷の観光業に飛び込んで観光業の経営とかで活躍されていたそうです。
> ちらっとネットで読んだのですけど、アノ社長は小山某とかの件の経営コンサルタントにぞっこんだったそうです。
> その経営コンサルタントとか、新聞広告でカリスマコンサルタントとして講演とかしていたのを憶えています。
> 胡散臭さがしていましたので記憶に残っていますが、会社勤めをしていると経営コンサルタントと言うのは詐欺師まがいだと偏見を持っています。
>
> 海のペテランの船長を全員辞めさせ、素人に近い安月給のドライバーを雇うとか、安全設備とかにカネ掛けず関心もない、宣伝の標語とかは派手に。
> 一時的には経営状態は急激に良くなったのでしょうね。
> 軽薄な街場の経営コンサルの提案其のものです。
> 世の中におれおれ詐欺と悪徳投資コンサル、経営コンサルタントは尽きません。
>
> >ttps://koganem.com/2022-04-28-musashinohyouban/
> >株式会社武蔵野はやばい&胡散臭い?小山昇のコンサルの評判を調査!【知床観光船社長心酔のコンサルタントA氏】
>
> ・経営管理を見直し、出費の全てをスリムにして持ちこたえます。
> ・人件費の削減、客がいなければ不要な高度な人材は負担ですので。
> ・生き残るために安全管理とか目に見えない出費は極力削減する、客が増えたら今回のような破綻は考えない。
> 次に広告宣伝に大きな派手な投資をします。
> ・格安で必要かつ最低限の要因を人材会社から募集する。
> ・銀行から金を借りて、コンサルに繋がる馴染の業者に大きな投資をしたんでしょうね、そっちで苦しい。
> 陶芸家は純情だから言う通りに実行したんでしょうね、
> 知りませんけど。

 純情かどうかはともかく、経営の素人だから自分の考えなんかなくて、経営コンサルタントの言う事をそのまま聞いてしまったのでしょうね。
 悪党でも経営のプロなら、事故を起こしたら絶対にまずい仕事で、ベテランの従業員を全部解雇しちゃまずいぐらいはわかるでしょうから。

 その意味ではこの会社は従業員だけでなく社長も初心者で、すべて初心者だからこんなトンデモな事故を起こしちゃったのでしょうね。
  1. 2022-04-30 11:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よもさんねえ、対艦ミサイルはそのまま対地ミサイルに転用できるんです。

基本的に、対艦ミサイルは動く目標を狙い対地ミサイルは固定目標という違いでしかありません。
だから自分は黒海からウクライナ南部の目標にミサイル攻撃するものとばかり思ってました。スラヴァ級ミサイル巡洋艦が積んでたミサイルP-1000、というよりNATOのコードネームSS-N-12サンドボックスのほうがしっくり来るんですが基本6発1編隊で使います。これが12発ですが6発中1発は核ミサイルでした。これと海軍航空隊の爆撃機で米海軍の機動部隊に飽和攻撃をかけるというのがロシア海軍のコンセプトだったんです。

だから連中のマニュアルならば自艦が狙われたとなれば12発のミサイルを全部発射というのが基本だったはずです。とにかく一回しか攻撃できないということで、我々はワンショットネービーと揶揄してたんです。今回核ミサイルが2発積んであったはずだというのはこういう理由です。これは当時の艦長の完全なミスですがそのおかげで核ミサイルの使用ができなかった可能性があります。つまり核戦争の可能性があったんです。

この話を聞いたときに自分は対レーダー波探知のワイルド・ウィーゼル攻撃だと思ったんです。レーダー波を止めてるなんてことが通常はあるわけないからです。

ちなみにこのとき使われたネプトゥーンミサイルですがこれは元々ロシアのKh-35、SS-N-25スイッチブレードというミサイルの改良型でどうやら西側の技術で改良されたものです。今回はおかしな話ばっかりです。

本当にプロの戦争をやれよ、と言いたいことばかりです。
  1. 2022-05-03 20:04
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもさんねえ、対艦ミサイルはそのまま対地ミサイルに転用できるんです。

 なるほど。
 でも大型の対艦ミサイルで狙う獲物って、大型艦船ぐらいのものでないと割が合わないでしょう?
 ウクライナ軍に黒海から狙える大きな獲物がいたんでしょうか?
>
> 基本的に、対艦ミサイルは動く目標を狙い対地ミサイルは固定目標という違いでしかありません。
> だから自分は黒海からウクライナ南部の目標にミサイル攻撃するものとばかり思ってました。スラヴァ級ミサイル巡洋艦が積んでたミサイルP-1000、というよりNATOのコードネームSS-N-12サンドボックスのほうがしっくり来るんですが基本6発1編隊で使います。これが12発ですが6発中1発は核ミサイルでした。これと海軍航空隊の爆撃機で米海軍の機動部隊に飽和攻撃をかけるというのがロシア海軍のコンセプトだったんです。
>
> だから連中のマニュアルならば自艦が狙われたとなれば12発のミサイルを全部発射というのが基本だったはずです。とにかく一回しか攻撃できないということで、我々はワンショットネービーと揶揄してたんです。今回核ミサイルが2発積んであったはずだというのはこういう理由です。これは当時の艦長の完全なミスですがそのおかげで核ミサイルの使用ができなかった可能性があります。つまり核戦争の可能性があったんです。
>
> この話を聞いたときに自分は対レーダー波探知のワイルド・ウィーゼル攻撃だと思ったんです。レーダー波を止めてるなんてことが通常はあるわけないからです。
>
> ちなみにこのとき使われたネプトゥーンミサイルですがこれは元々ロシアのKh-35、SS-N-25スイッチブレードというミサイルの改良型でどうやら西側の技術で改良されたものです。今回はおかしな話ばっかりです。
>
> 本当にプロの戦争をやれよ、と言いたいことばかりです。

 これについては自衛隊幹部の人達の議論の動画を見たのですが、この議論でいうにはモスクワの沈没前の動画を見る限り、ミサイル探知の為のレーダーが後ろ向きで、そもそも使用していない状態だったというのです。

 https://www.youtube.com/watch?v=MFuaNGe1wsg

 しかしいかに旗艦と言えども、自分が撃沈されそうになったら核ミサイルを発射するなんてありえるのですか?
 それじゃ一隻の艦の運命が、国家の運命を左右してしまいます。

 軍艦に搭載された核ミサイルが、そんなに簡単に核ミサイルを発射できるのなら、艦長でなくても頭のオカシイ乗員がいれば、いつ核戦争になるかわかりません。 
  1. 2022-05-04 12:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する