fc2ブログ

2022-04-21 11:48

円高の効果はすぐにあらわる

 経団連の会長が「輸出企業にとって円安はプラス。 企業業績は良くなれば消費も増え賃金も上がり、まわりまわってくるがそれには時間がかかる。
」と言ったところ、なぜか叩いている連中がいます。
 しかしこれは事実です。
 
 円安になると輸出が増えて企業業績が良くなり、企業が設備投資などを増やして消費も増えます。 また生産量を増やすので、雇用も増えるのですが、それでも最初に増えるのはパートなど非正規ですから、非正規職の時給などはすぐに上がります。
 けれども正社員の給与はなかなか上がりません。
 
 そもそも正社員の給与と言うのは、昇給の時期が決まっています。 日本の場合はほとんどがいわゆる春闘の後になります。 
 また正社員の給与は一度上げると下げる事が難しいので、雇用者側からすれば慎重にならざるを得ません。

 だから正社員まで含めた労働者の賃金が上がるには相応の時間がかかります。

 しかし逆に円高の効果が表れるのはすぐです。
 これはリーマンショック時を思い出せば、わかります。
 あの時に異常円高で、輸出企業の業績が一気に悪化しました。

 それでエルピーダメモリーは倒産、シャープは経営破綻し、そのほか多くの輸出企業は大規模なリストラを迫られました。
 しかしこの時真っ先に犠牲になったのが、非正規労働者です。 こうした人々は元々低賃金で預金もなく出業保険にも加入していない人も多いので、失業するとホントに悲惨でした。

 リーマンショックから続いた円高の間、仕事を失った非正規職の人達が、家を失い、ネットカフェに泊まり、しかし間もなくネットカフェに泊まるお金もなくなって、マクドナルドでコーヒー一杯で夜を過ごすようになりました。
 
 これが円高の効果です。
 円高の効果ってホントにすぐ表れます。
 
 勿論これで恩恵を受けた人達もいます。
 輸入価格が下がり、物価も安いままなので、公務員や年金生活者など、失業の心配のない人達には天国でした。 
 この当時は就職先として公務員大人気でしたよね?

 こういう悲惨な円高って高々10年ほど前の話です。
 20代の人達ならともなく30代以上の人は覚えているのではありませんか?
 だから今のネットでの円安叩きをみると大変違和感があります。

 最初に紹介したリンク先の保守速報さんが、ネットのカキコを紹介してくださっているのですが、しかしそのカキコがどう考えても完全にズレているのです。
 だからチョッと反論しますね。

33: ニューノーマルの名無しさん 2022/04/20(水) 19:20:01.27 ID:M4Wrccmv0.net
ずっと円安ですけど、景気よくなりました?
 ずっとっていつからですか?
 いつに比べて円安だというのですか?  
 
 リーマンショック後から民主党政権時の超円高を基準として、アベノミックスでそれを是正されてからを「ずっと円安」と言うのでしょうか? 
 だったらアベノミックス以降明らかに景気は良くなり、失業率も新卒者の就職内定率も劇的に改善した。
 非正規職の時給は、アベノミックス開始で円が下がり恥じた直後から劇的に上がっていますけど。

244: ニューノーマルの名無しさん 2022/04/20(水) 19:46:02.56 ID:EWzBlYPU0.net
ここ10年で7年が貿易赤字だったのでは?

ダウンロード

輸出が増える影響より、輸入に対する副次的効果のほうが強いでしょ・・・
こんなんが日本の財界トップていう現実

 貿易赤字は20年前からです。 以前はもっと多かったです。 
 しかし経常収支は黒字を維持しています。
 日本は世界一の債権国です。 また対外資産の保有量も世界一です。
 だから外国に貸したお金の利息や、外国の株の配当などが世界で一番沢山入るのです。
 だから貿易収支の赤字はそれで充分に補えているのですから貿易収支の赤黒は意味がありません。

 因みに貿易収支は景気が良いほど赤字が増えます。
 なぜなら景気が良いと工業原料から高級ブランド品まで輸入が増えます。 逆に景気が悪いと輸入は減るので貿易収支は黒字化するのです。 

592: ニューノーマルの名無しさん 2022/04/20(水) 20:30:55.90 ID:yuL2q0qV0.net
>企業の業績が良くなれば、消費も増えて賃金も増えてまわりまわってくるが、それには時間がかかる

会長、いつまで待てばいいんですか??
KRq4ex1l.jpg
 

jVT0L8Fl.jpg
 
 まず上の表の海外との賃金比較ですが、これは当然それぞれの国の賃金を、その年代ごとの為替レートでドル換算して比較しています。
 その場合賃金が変わらなくても為替レートが変わると賃金が変わります。
 
 ところで10年前の為替レートは1ドル80円前後でした。 これで時給1000円の人の賃金をドルに換算すると12.5ドルです。
 一方現在の為替レートは1ドル120円ですから、ドルに換算すると8.3ドルです。
 つまり同じ賃金でもドルに換算すると賃金が激減したことになります。
 
 ところでこの表をみる限り、1ドル80円割れした10年前から現在までは、緩やかではありますが、賃金は右肩あがりです。
 ドル換算なら賃金が変わらなくても5割減になるべき期間に、賃金が下がらないどころか上がっている!!
 
 これはつまり円で賃金をみていけば5割以上賃金が上がった事になります。
 10年で5割以上も上がっているなら、そう悪くはないのでは?

 さらに言えば好景気で雇用が増えると、平均賃金はむしろ下がります。 
 なぜなら景気が良くなって雇用された人達はみんな新入社員ですから、それまで働いていたベテラン従業員に比べて賃金は低いのです。
 だから非正規の時給や新入社員の初任給が上がっても、こうした人達の雇用が増えれば平均賃金は下がるのです。

 それでも5割を超える円安進行時に、ドル換算での賃金が上がり続けたのですから、円安の恩恵は絶大だと言わざるを得ません。

 むしろ問題なのは10年前、リーマンショック時にドル換算でも賃金が下がっている事です。
 この時期、それまで1ドル120円前後だったレートが80円まで跳ね上がったのです。
 本来ならそれに応じて賃金が上がるべきなのですが、下がっているのです。

 こんなことになったのは、超円高に耐えられなくなった企業が、非正規職員ばかりか、給与の高い中高年層を狙い撃ちにリストラするような事になったからです。
 これがどんなに悲惨な事かわかりますか?

 これをみれば円高がどれほど有害だったかがわかります。
 
 因みに下の表の企業の内部留保ですが、そもそも企業が内部留保を増やしたという事で怒っている人達は、内部留保ってどういうモノかわかっているんですか? 
 何か強欲社長が利益を金庫にしまい込んでいるように思っているんですか?

 これ「ひろのひとりごと」さんがきちんと説明してくださっていますが、そもそも内部留保って利益の中で帳簿上まだ使っていないお金であって、実は設備投資や研究資金などとして既に使い道が決まっているお金である場合がほとんどです。

 勿論、不況時に備えてため込んでいるお金もあります。 バブル崩壊以降始まった銀行の貸し渋りが今も続いています。 この状態では企業は、資金が必要になっても、銀行に頼れません。
 その時、貯えがなければただちに企業は倒産、従業員は失業です。

 内部留保を叩いている連中ってこれがわかっているのでしょうか?

 
 そして最大の疑問ですが、円安叩きで騒いでいる連中は、なぜ円安になっているのか? どうやったら円安を止められるかわかっているのでしょうか?

 現在の円安は簡単に言えばアメリカとの金利差のせいです。
 
 昨年末からアメリカは7~8%と言うかなり強烈なインフレになっているので、FRBがこのインフレ退治の為に米国債の金利を上げ始めました。
 しかしインフレは収まりそうもないので、まだ何度か利上げをすると言われています。
 それで世界中の人で米国債などを買おうとしているために、ドルを買っているのです。
 
 一方金利を低くとどめたままですから、円は人気がなくなりました。

 つまり円安を止めたいなら、金利をあげればよいのです。
 しかしそんなことをしたら景気は一気に悪くなります。

 ちなみに今ロシアはルーブル安を食い止めたと言ってふんぞり返っていますが、これはルーブルへの両替を極端に制限しただけでなく、ロシアの国内金利を20%!!まで上げたからです。
 こんなサラ金みたいな金利ではロシア国内での経済活動は破綻しちゃうのですが、それがわからないプーチンはふんぞり返っているのです。

 一方日本では超低金利が続いています。
 この低金利の恩恵が例えばローンの金利低下です。
 今、都市部のマンション価格はバブル期よりはるかに高くなっています。 なんでそんなに高いマンションが買えるかと言えば、金利が凄く下がっているので、ローンの支払いがバブル期に比べると信じられないほど楽になっているからです。
 だからこれから家を持ちたい人はみんなこの恩恵にあずかっています。

 マンションや家が売れたら、それにつられて家電や家具も売れるので、金利が低いという事は消費を増やすことに凄く効果があるのです。

 しかし金利が上がればこうした効果はすぐに吹き飛びます。
 当然景気は一気に悪くなり、失業率は上がるでしょう。

 円安叩きをみて大変不可解なのは、円安叩きをしている人達が、失業に対して全く無関心な事です。
 
20: ニューノーマルの名無しさん 2022/04/20(水) 19:17:36.13 ID:UBG06ri80.net
庶民は地獄行きだけどな。 

 イヤ、円安は庶民の味方です。
 円高で利益を得るのは、公務員や年金生活者、多額の預金をもっている人達だけです。
 円高になると庶民は失業におびえるのです。

 円安の効果が表れるには時間がかかります。 
 でも円高の効果はすぐに表れます。 
 リーマンショックを思い出せばわかりますね。
 円高の進行とともに一気に輸出企業の業績が悪化し、リストラや失業が増加しました。
 あれを忘れたのですか?

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

エントリーがお金に関する話題ということで、やや斜め方向に逸れますが、その昔、金子、小判のことを、ある筋では「山吹色の菓子」と呼んだそうですが、自分の住んでいる町では、菓子の方ではなく、本物の山吹が見事に咲き誇っております。
先日、シバザクラが満開であると書きましたが、シバザクラも勿論美しいのですが、自分は山吹の花の方が、より好きですな。
ブログ主さんのところでは山吹の花は見かけますでしょうか?
  1. 2022-04-21 16:28
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> エントリーがお金に関する話題ということで、やや斜め方向に逸れますが、その昔、金子、小判のことを、ある筋では「山吹色の菓子」と呼んだそうですが、自分の住んでいる町では、菓子の方ではなく、本物の山吹が見事に咲き誇っております。
> 先日、シバザクラが満開であると書きましたが、シバザクラも勿論美しいのですが、自分は山吹の花の方が、より好きですな。
> ブログ主さんのところでは山吹の花は見かけますでしょうか?

 札幌で山吹が咲くのは例年5月半ばです。 
 だからまだ少し先です。

 でも案外早いかも? 
 今日はすごく暖かかったのですが、なんと近所のお宅の桜はほころび始めていました。
 こんなに早く桜がほころぶのは初めて見ました。
  1. 2022-04-21 18:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

メディアやそこで食っている「経済評論家」は円高になっても
円安になっても「日本、オワッター」と騒いでいる印象。

まあ、物事を「冷静に」報道すると「面白くない」ですし、人目をひきません。また、楽観論が思わぬハプニングで「外れる」とあれこれ叩かれますが、「悲観論」が外れる分には「安全」という「保身」あるんでしょうね。

>ちなみに今ロシアはルーブル安を食い止めたと言ってふんぞり返っていますが、これはルーブルへの両替を極端に制限しただけでなく、ロシアの国内金利を20%!!まで上げたからです。

そういや、ロシアルーブルより下落がひどい日本円!などと煽ってるメディアもありましたね。
あと平均賃金についても、日本の低さは問題だけど、なら高い国々がいいことづくめなのか?というと、そんなことなくて、英米などはインフレもひどいので、結局のところ実際の生活水準は
日本と大して変わりはしない人が多数派のようで

https://www.youtube.com/watch?v=ynZ_a6_PIps



  1. 2022-04-22 19:55
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> メディアやそこで食っている「経済評論家」は円高になっても
> 円安になっても「日本、オワッター」と騒いでいる印象。

 今回の「円安大変だあ~~~!!」報道をみても、騒ぐだけで何んで大変だかも、またどうして円高になったのかの解説もほとんどないのですから呆れます。
 イヤ、日本経済についていえば円高の方がよほど大変なのに。
 
> まあ、物事を「冷静に」報道すると「面白くない」ですし、人目をひきません。また、楽観論が思わぬハプニングで「外れる」とあれこれ叩かれますが、「悲観論」が外れる分には「安全」という「保身」あるんでしょうね。

 だからコロナでも原発でも、超過剰反応になって、それが経済を悪化させているのです。

> >ちなみに今ロシアはルーブル安を食い止めたと言ってふんぞり返っていますが、これはルーブルへの両替を極端に制限しただけでなく、ロシアの国内金利を20%!!まで上げたからです。
>
> そういや、ロシアルーブルより下落がひどい日本円!などと煽ってるメディアもありましたね。
> あと平均賃金についても、日本の低さは問題だけど、なら高い国々がいいことづくめなのか?というと、そんなことなくて、英米などはインフレもひどいので、結局のところ実際の生活水準は
> 日本と大して変わりはしない人が多数派のようで
>
> https://www.youtube.com/watch?v=ynZ_a6_PIps

 動画を見ました。 ロンドンの家賃凄いですね。
 昔は日本の家賃の高さが問題になって、日本の家は「ウサギ小屋」なんて言われたのに。
 
 でも経済成長期には不動産が上がるのでどうしてもこういう結果になるんでしょうね。
  1. 2022-04-23 10:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よもさん、冒頭でまた円高と円安間違えてるよ。

閑話休題

この手の問題は変動相場になってからずっと言われ続けてることで、いい加減分かれ言いたいところだけどいつまでも出てくる議論ですねえ。金融自由化される前ならば実需が主体だからまだわかりやすかったけど投機資金の流れで為替相場が変わる時代じゃあ、本当のところは高いのか安いのかはわからないはずなんだが…

そのくせ知ったふりしてポジショントークやるから議論にもなりゃあしません。

金の流れが純粋の実需だけで決まるならば、それは川の流れのようなもの。いいも悪いもないわけです。強いて言えば円高は対外輸出が増えて外貨準備が増えたことの結果だから、日本のような食料、エネルギーが輸入だよりならば輸入品は必需品ですから円高がいいに決まってるんです。

でも昨今の為替は所詮投機資金の移動が原因だから結果ではなくなってるだけです。もうほとんど外在要因だからこういう馬鹿な議論が出ます。輸出は増えるでしょうがそれによって為替が変わるわけじゃあない、当座は輸出企業が潤うんでしょうが円高が変わらない以上輸入品が高騰するからトータルどうよ。という問題でしかないでしょう

我が国が隣国のような外需一辺倒の国ならば過度の通貨高は間違いなく痛手です。輸出競争力が落ちますからね。しかし食料エネルギーの輸入国である以上角の自国通貨安は国の生存に関わります。だから連中は長期的に見れば自国通貨安を目指すという歪なものです。だから通貨危機なんてものを起こし続けるわけです。

我が国はどうか。日本は高度経済成長期から内需主体国でした。要は国民が食える外貨を取得すればそれで良し。加工貿易国だからあとはどれだけ付加価値つけて設けるかという議論でしかなかったわけです。そこを真面目にやったから円高になった、しかし日本人はモノ作りを止めず、外国に投資して稼ぎ続けるということをやってるわけです。

い、真日本にある輸出企業といえば技術的に外国生産できないものか、圧倒的に競争力があるか特殊な要因で国内でしか生産できないものでしょう。こういう企業は潤うでしょうが、圧倒的多数派別でしょう。あとから輸入品の高騰が効いてきます。アタから見ればGDPの引き下げ要因になるでしょう。

今問題になってるのは、単なる為替安ではない。エネルギーと食料価格の高騰です。円安という言葉に騙されてはいけないと思います。シナからの雑貨品を除けば、iPhoneやベンツが安くなったて普通の人には大きな恩恵はないでしょう。

円高の最大に問題は金利差でしょうこれはアメリカが景気加熱、日本が不況という両極端にあることから起こるのであってこの状態での物価高は一般人の可処分所得を減らすということだけです。

自分はアベノミクスなどはまだ行われていないというのが意見です。財務省の馬鹿どもが妨害しまともな財政政策をしてこなかったツケです。黒田バズーカで金は余り円安には振れましたし、その結果失業率は減ったのでそのあたりは問題がないのでしょうが投資を怠ったツケは今後間違いなく来ます。長期不況の継続だけでない。競争力の低下が来るはずです。

おそらく日本は長期不況の間も何度も回復はしてるのですが、それが国民の財布を温めませんでした。これは40年かけて構造を変え商法と税法を変えてこがねもちを優遇し続けた結果です。そのうえバブル崩壊で地価と証券を崩壊させたのですら一般国民がそれを買うわけがありません。

当たり前に国民所得を増やすことをしなければ同仕様もないでしょう。

これはパヨクは言うに及ばず保守の連中も出来なかったことです。霞が関の既得権益者を言葉の正確な意味で首を切らなければいけないでしょう。








  1. 2022-04-23 18:11
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもさん、冒頭でまた円高と円安間違えてるよ。

 ホントですね。 訂正します。
 ありがとうございました。
>
> 閑話休題
>
> この手の問題は変動相場になってからずっと言われ続けてることで、いい加減分かれ言いたいところだけどいつまでも出てくる議論ですねえ。金融自由化される前ならば実需が主体だからまだわかりやすかったけど投機資金の流れで為替相場が変わる時代じゃあ、本当のところは高いのか安いのかはわからないはずなんだが…
>
> そのくせ知ったふりしてポジショントークやるから議論にもなりゃあしません。
>
> 金の流れが純粋の実需だけで決まるならば、それは川の流れのようなもの。いいも悪いもないわけです。強いて言えば円高は対外輸出が増えて外貨準備が増えたことの結果だから、日本のような食料、エネルギーが輸入だよりならば輸入品は必需品ですから円高がいいに決まってるんです。
>
> でも昨今の為替は所詮投機資金の移動が原因だから結果ではなくなってるだけです。もうほとんど外在要因だからこういう馬鹿な議論が出ます。輸出は増えるでしょうがそれによって為替が変わるわけじゃあない、当座は輸出企業が潤うんでしょうが円高が変わらない以上輸入品が高騰するからトータルどうよ。という問題でしかないでしょう
>
> 我が国が隣国のような外需一辺倒の国ならば過度の通貨高は間違いなく痛手です。輸出競争力が落ちますからね。しかし食料エネルギーの輸入国である以上角の自国通貨安は国の生存に関わります。だから連中は長期的に見れば自国通貨安を目指すという歪なものです。だから通貨危機なんてものを起こし続けるわけです。
>
> 我が国はどうか。日本は高度経済成長期から内需主体国でした。要は国民が食える外貨を取得すればそれで良し。加工貿易国だからあとはどれだけ付加価値つけて設けるかという議論でしかなかったわけです。そこを真面目にやったから円高になった、しかし日本人はモノ作りを止めず、外国に投資して稼ぎ続けるということをやってるわけです。
>
> い、真日本にある輸出企業といえば技術的に外国生産できないものか、圧倒的に競争力があるか特殊な要因で国内でしか生産できないものでしょう。こういう企業は潤うでしょうが、圧倒的多数派別でしょう。あとから輸入品の高騰が効いてきます。アタから見ればGDPの引き下げ要因になるでしょう。
>
> 今問題になってるのは、単なる為替安ではない。エネルギーと食料価格の高騰です。円安という言葉に騙されてはいけないと思います。シナからの雑貨品を除けば、iPhoneやベンツが安くなったて普通の人には大きな恩恵はないでしょう。
>
> 円高の最大に問題は金利差でしょうこれはアメリカが景気加熱、日本が不況という両極端にあることから起こるのであってこの状態での物価高は一般人の可処分所得を減らすということだけです。
>
> 自分はアベノミクスなどはまだ行われていないというのが意見です。財務省の馬鹿どもが妨害しまともな財政政策をしてこなかったツケです。黒田バズーカで金は余り円安には振れましたし、その結果失業率は減ったのでそのあたりは問題がないのでしょうが投資を怠ったツケは今後間違いなく来ます。長期不況の継続だけでない。競争力の低下が来るはずです。
>
> おそらく日本は長期不況の間も何度も回復はしてるのですが、それが国民の財布を温めませんでした。これは40年かけて構造を変え商法と税法を変えてこがねもちを優遇し続けた結果です。そのうえバブル崩壊で地価と証券を崩壊させたのですら一般国民がそれを買うわけがありません。
>
> 当たり前に国民所得を増やすことをしなければ同仕様もないでしょう。
>
> これはパヨクは言うに及ばず保守の連中も出来なかったことです。霞が関の既得権益者を言葉の正確な意味で首を切らなければいけないでしょう。

 現在の通過売買は輸出入など本来絶対に必要で売買する人達より、投機や投資資金の方が圧倒的に多いので、貿易収支なんかほとんど関係なくて、金利差や金利に関する思惑でレートが決まります。

 因みに経済規模からいえば輸出企業の方が輸入企業より圧倒的に大きいので、輸出企業の有利は日本経済全体での有利です。
 また日本の場合、海外投資からの収入が多く、それで貿易収支が赤字でも経常収支が黒字になっています。 その海外投資から収入も円安では円換算で増えるので、円安の方が潤います。

 食料やエネルギーは絶対必要なモノですが、日本経済からいえば金額は知れています。 
 因みにエネルギー価格の上昇なんて、原発を稼働させ、小麦など政府統制価格品は値上がり分を政府が負担すれば、終わりでしょう?
 
 エネルギー価格が高くなった状態で円高になったら、製造業はまた海外に工場を移転します。 円高だとこうした投資が非常にやりやすいのです。
 
 因みにおっしゃるようにワタシもアベノミックスは頓挫したままだと思っています。
 アベノミックスは

 金融緩和
 財政出動
 規制緩和

 の三本立てでした。
 でもこの中で実現しているのは金融緩和だけです。
 財政出動は消費税増税と不十分な財政出動で、全く行われてない状態です。
 規制緩和もほとんど行われていませんでした。 これはモリカケのカケのような騒動をみれば明らかで、本来法律では大学側が申請すれば増設できる獣医学部の増設を、獣医師会と文科省が組んで阻止するなど構造を変えようとすれば、マスコミと官僚が大騒ぎして妨害するという構造が強固すぎてほとんど緩和が進みませんでした。

 ホントはこの3つをやらないと日本経済は窒息死するんですけどね。
  1. 2022-04-24 09:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

だいたいよもさんの仰ってることの多くは真理なのですがこれはいただけません。

>因みに経済規模からいえば輸出企業の方が輸入企業より圧倒的に大きいので、輸出企業の有利は日本経済全体での有利です。
 また日本の場合、海外投資からの収入が多く、それで貿易収支が赤字でも経常収支が黒字になっています。 その海外投資から収入も円安では円換算で増えるので、円安の方が潤います。

これはマクロでは正しいかもしれませんがミクロまで考えると問題だらけです。
輸出企業のほうが圧倒的に大きいのですから、従業員の年収も大きいのです。たとえばトヨタ自動車の従業員の平均年収は850万円超です。輸出企業が潤えばこの従業員の賃金は上がるでしょう。

しかしこれが日本の景気回復にどう資するでしょうか。日本人の平均年数は400万円超ですがこんなものアベレージを考えてはいけません。モード(最頻値)を考えなくてはいけません。それは300万円以下です。輸出企業が潤っても少数の高額取得者が潤ってるに過ぎぬということになります。その上貿易黒字分であれ経常収支分であれ多くは株主の利益として配当されることになります。日本の高度経済成長期と違い株主配当が実に大きくなってます。これは当然低所得者層には回りません。

したがって景気回復にはあまり資さないのです。それに対して円高は今は昔と違いその効果が出るのが早いのです。そしてそれは鉱物性燃料、原料品、そして食料で約4割です。これは少ないでしょうか。これはなければ国の生存に関わります。

そして鉱物性燃料は別にエネルギーだけではありません。電気があっても自動車の燃料は必須ですし化学産業の原料にも必須です。これの価格は国民生活に直撃します。生活必需品の高騰は低所得者を直撃します。これは内需が主体の日本に取っていい影響はありません。

よもさんはエルピーダとシャープの例を示しますがリーマンショックは2008年、両者の破綻は2011,12年です。円高の影響というよりは世界的な不況による需要の低下とLCDの価格見通しの不首尾と太陽光パネルの投資失敗です。それでも3年以上かかってるんですよ。その上当時のパヨク政権ですから付ける薬もない馬鹿どもです。

その上で東北大震災ですから客観情勢も酷いものです。円高の影響とはとてもいいきれないでしょう。

アベノミクスの3本の矢は3本目は成長戦略と言ってました。そんな物が分かるなら何も苦労はしないでしょう、規制緩和と言ってもそれは国民の経済生活をよくするものばかりではなかったことはご承知の通り。

結局は30年無策による景気停滞がすべての原因でしょう。為替変動にすべての原因を押し付けるのは完全な思考停止です。

この30年の間に何度の景気は回復しましたがそれが国民所得の成長に結びつきませんでした。これについては自分も意見がありますがここで早めておきます。







  1. 2022-04-25 19:12
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> だいたいよもさんの仰ってることの多くは真理なのですがこれはいただけません。
>
> >因みに経済規模からいえば輸出企業の方が輸入企業より圧倒的に大きいので、輸出企業の有利は日本経済全体での有利です。
>  また日本の場合、海外投資からの収入が多く、それで貿易収支が赤字でも経常収支が黒字になっています。 その海外投資から収入も円安では円換算で増えるので、円安の方が潤います。
>
> これはマクロでは正しいかもしれませんがミクロまで考えると問題だらけです。
> 輸出企業のほうが圧倒的に大きいのですから、従業員の年収も大きいのです。たとえばトヨタ自動車の従業員の平均年収は850万円超です。輸出企業が潤えばこの従業員の賃金は上がるでしょう。
>
> しかしこれが日本の景気回復にどう資するでしょうか。日本人の平均年数は400万円超ですがこんなものアベレージを考えてはいけません。モード(最頻値)を考えなくてはいけません。それは300万円以下です。輸出企業が潤っても少数の高額取得者が潤ってるに過ぎぬということになります。その上貿易黒字分であれ経常収支分であれ多くは株主の利益として配当されることになります。日本の高度経済成長期と違い株主配当が実に大きくなってます。これは当然低所得者層には回りません。
>
> したがって景気回復にはあまり資さないのです。それに対して円高は今は昔と違いその効果が出るのが早いのです。そしてそれは鉱物性燃料、原料品、そして食料で約4割です。これは少ないでしょうか。これはなければ国の生存に関わります。

 燃料・原料が値上がりしたうえ、円高では日本の輸出産業が潰れます。
 そもそも燃料の値上がり分なんか、原発を稼働すれば、ほぼそれだけで埋まるでしょう? 原発の稼働停止で上がった電気代を大幅に下げられますから。

 食料だって小麦なんか政府統制価格ですから、ロシアのウクライナ侵略戦争で値上がりした分なんか政府が負担すれば済む事です。

 円安で景気が悪くなるのは、政府が本来やるべき景気対策を行わないからです。

>
> そして鉱物性燃料は別にエネルギーだけではありません。電気があっても自動車の燃料は必須ですし化学産業の原料にも必須です。これの価格は国民生活に直撃します。生活必需品の高騰は低所得者を直撃します。これは内需が主体の日本に取っていい影響はありません。
>
> よもさんはエルピーダとシャープの例を示しますがリーマンショックは2008年、両者の破綻は2011,12年です。円高の影響というよりは世界的な不況による需要の低下とLCDの価格見通しの不首尾と太陽光パネルの投資失敗です。それでも3年以上かかってるんですよ。その上当時のパヨク政権ですから付ける薬もない馬鹿どもです。

 リーマンショック時に起きた円高は、政権交代するまで3年間継続したのですよ。
 いきなり売り上げが3割減になって、それが3年間続いたら少し弱っている会社なら倒産しますよ。
>
> その上で東北大震災ですから客観情勢も酷いものです。円高の影響とはとてもいいきれないでしょう。
>
> アベノミクスの3本の矢は3本目は成長戦略と言ってました。そんな物が分かるなら何も苦労はしないでしょう、規制緩和と言ってもそれは国民の経済生活をよくするものばかりではなかったことはご承知の通り。

 規制緩和をすれば利益の出る人と出ない人がいるのは当然です。 
 でも昔決めた規制を墨守し続けたら、進歩しません。 
 
 獣医学部新設だって今、獣医師になっている連中と獣医学部を持つ大学には、不利益です。
 しかし特定の団体の利益だけの為に、こんな事続けるべきじゃないでしょう?
 
> 結局は30年無策による景気停滞がすべての原因でしょう。為替変動にすべての原因を押し付けるのは完全な思考停止です。
>
> この30年の間に何度の景気は回復しましたがそれが国民所得の成長に結びつきませんでした。これについては自分も意見がありますがここで早めておきます。

 国民所得は増えているんじゃないですか?
 円安の分はドル換算にすれば増えませんけど。

 そもそもマクド難民とかいなくなったでしょう?
 ああいう人達の所得はすごく増えたんじゃないですか?

 
  1. 2022-04-25 22:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

この認識じゃあ困るなあ。

>国民所得は増えているんじゃないですか?
 円安の分はドル換算にすれば増えませんけど。

まずGDPのからくりについてはこちらのサイトを見てください。

https://ameblo.jp/koshioheikuroh/entry-12378184571.html

このサイトの上のグラフの赤の実線がよく知られる日本のGDPのグラフだと思います。95年から約100兆円ほど増えています。国民所得は国内総生産の増加とイコールではありませんがまあ問題はないでしょう。これはデフレーター補正値ですがこれを補正しない青の破線が一般に知られるGDPだと思います。


しかしこれを世界の中の日本と考えるならばどうか。上のグラフの下側の実質GDP値が問題となります。これはを見るならば95年が最大で40%下落してます。そして補正後の米国のそれと日本を比較したのが下のグラフ。米国の7割から1/4に低下しています。まあ。これが国民所得に影響するわけじゃあありませんが大本営発表は偉いごまかしがあるということはわかってください。

それじゃあ実際の国民所得を見てみましょう。
厚労省のサイトから、世帯所得で見てみます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-08-01.html

これを見れば明白、世帯所得は100万円以上落ちています。これは間違えても増加ではないでしょう。ただこのグラフ言い訳がましく1世帯あたりの人員が経得てるのだから所得が増加しないのはおかしくないと言おうとしています。
では次にこれ

平均所得金額の年次推移です。
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/17/backdata/01-02-01-01.html

児童のいる世帯は通常親2人。子供1人以上です。ここで75万以上の低下です。そして高齢者世帯はその人員に大きな変化はないはずです。ここでも20万以上の低下です。増加してませんよね。

たしかに近年と言うか若干増加してますがアベノミクスの効果はこんなものです。

そして極めつけはこれでしょう。

https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-08-03.html

91年当時、グラフのモードは400男前後にありました。そしてこれはアベレージに近かったはずです。それが年を追ってモードが低下します。2018年が最後ですが現状そう変わらないはずです。このグラフを見て言えることは91年当時アベレージを超えていた層が300万以下に落ちた、という味方が一番素直でしょう。そしてこれは間違いなく労働法制の改革の成果です。そして金が無い若者は結婚できません。ますます低所得者増加になります。

よもさんあたりは、それでもマック難民は救われたと言いたいのでしょうが最低層は以前より増えています。あとは統計のマジックですが、マック難民なんて長くはやれませんなんとか寄留先を見つけ200万円程度の低所得者になったということです。年収200万は年200時間働くとして自給は1000円となります。実際はそれ以下でしょう。

おそらくこれがアベノミクスの成果です。それではこの間の増加したGDPはどこに消えたか。おそらくは年収2500万以上の高額所得者がせしめたはずです。株価が増加しようがなんだろうが、今の経済構造はその手の取得は高額所得者に回るようになってます。

ここまでくればもう分かるでしょう。よもさん、まさかトリクルダウンなんて世迷言あ信じないでしょう。円安の旨味は高額所得者がせしめ下には回りません。


この20年間日本人が所得が増えずにそう貧困を感じなかったのは、物価が上がらなかったから、つまりは実力以上の円高だったことです。インバウンドが急増したのは日本の魅力だけじゃあないんです。日本の物価の安さだったんです。これは30年不況の賜だったんです。

よもさんは社債を買って円安の旨味を享受されたのでしょうが年収300万以下の人間で証券に投資するというのは勇気が必要でしょう。商法の寄贈者たちは一般国民が証券市場に投資し資産の形成を図る米国のような図式を考えていたようです。バブル崩壊後にそれをやるメンタリティと、元手は普通の人には期待できるものではないでしょう。













  1. 2022-04-27 02:07
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> この認識じゃあ困るなあ。
>
> >国民所得は増えているんじゃないですか?
>  円安の分はドル換算にすれば増えませんけど。
>
> まずGDPのからくりについてはこちらのサイトを見てください。
>
> https://ameblo.jp/koshioheikuroh/entry-12378184571.html
>
> このサイトの上のグラフの赤の実線がよく知られる日本のGDPのグラフだと思います。95年から約100兆円ほど増えています。国民所得は国内総生産の増加とイコールではありませんがまあ問題はないでしょう。これはデフレーター補正値ですがこれを補正しない青の破線が一般に知られるGDPだと思います。
>
>
> しかしこれを世界の中の日本と考えるならばどうか。上のグラフの下側の実質GDP値が問題となります。これはを見るならば95年が最大で40%下落してます。そして補正後の米国のそれと日本を比較したのが下のグラフ。米国の7割から1/4に低下しています。まあ。これが国民所得に影響するわけじゃあありませんが大本営発表は偉いごまかしがあるということはわかってください。
>
> それじゃあ実際の国民所得を見てみましょう。
> 厚労省のサイトから、世帯所得で見てみます。
>
> https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-08-01.html
>
> これを見れば明白、世帯所得は100万円以上落ちています。これは間違えても増加ではないでしょう。ただこのグラフ言い訳がましく1世帯あたりの人員が経得てるのだから所得が増加しないのはおかしくないと言おうとしています。
> では次にこれ
>
> 平均所得金額の年次推移です。
> https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/17/backdata/01-02-01-01.html
>
> 児童のいる世帯は通常親2人。子供1人以上です。ここで75万以上の低下です。そして高齢者世帯はその人員に大きな変化はないはずです。ここでも20万以上の低下です。増加してませんよね。
>
> たしかに近年と言うか若干増加してますがアベノミクスの効果はこんなものです。
>
> そして極めつけはこれでしょう。
>
> https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-08-03.html
>
> 91年当時、グラフのモードは400男前後にありました。そしてこれはアベレージに近かったはずです。それが年を追ってモードが低下します。2018年が最後ですが現状そう変わらないはずです。このグラフを見て言えることは91年当時アベレージを超えていた層が300万以下に落ちた、という味方が一番素直でしょう。そしてこれは間違いなく労働法制の改革の成果です。そして金が無い若者は結婚できません。ますます低所得者増加になります。
>
> よもさんあたりは、それでもマック難民は救われたと言いたいのでしょうが最低層は以前より増えています。あとは統計のマジックですが、マック難民なんて長くはやれませんなんとか寄留先を見つけ200万円程度の低所得者になったということです。年収200万は年200時間働くとして自給は1000円となります。実際はそれ以下でしょう。

 失業率が減り雇用が増えたら低所得層は増えますよ。 
 日本は1990年代から生産年齢が減少し続けています。 アベノミックスで雇用が増えても、正社員は増えないと言って騒いだ連中がいますが、正社員も増えています。 しかし生産年齢人口が増えないのであれば、正社員の増え方には限界があります。
 
 実際アベノミックス以降、新卒者の就職内定率はバブル期並を維持し続けているのですが、そもそも若年人口が減って新卒者が増えない中では、正社員の増え方には限界があるのです。
 
 勿論、非正規から正規になった人も多いですが、しかし実はホントにフルタイムの非正規職って、実は統計を見れば最悪時でも非正規全体の1割弱でした。
 非正規職の圧倒的多数は、主婦のパートや高齢者の嘱託で、こういう人達は正規職があっても、家庭その他の問題から労働時間は増やせないので正規職は選びません。

 だから大量増えた雇用の大多数は非正規です。 しかもフルタイムでない人達です。 そういう人達を込みにして賃金の統計を出せば、賃金は下がります。
>
> おそらくこれがアベノミクスの成果です。それではこの間の増加したGDPはどこに消えたか。おそらくは年収2500万以上の高額所得者がせしめたはずです。株価が増加しようがなんだろうが、今の経済構造はその手の取得は高額所得者に回るようになってます。
> ここまでくればもう分かるでしょう。よもさん、まさかトリクルダウンなんて世迷言あ信じないでしょう。円安の旨味は高額所得者がせしめ下には回りません。
>
>
> この20年間日本人が所得が増えずにそう貧困を感じなかったのは、物価が上がらなかったから、つまりは実力以上の円高だったことです。インバウンドが急増したのは日本の魅力だけじゃあないんです。日本の物価の安さだったんです。これは30年不況の賜だったんです。
>
> よもさんは社債を買って円安の旨味を享受されたのでしょうが年収300万以下の人間で証券に投資するというのは勇気が必要でしょう。商法の寄贈者たちは一般国民が証券市場に投資し資産の形成を図る米国のような図式を考えていたようです。バブル崩壊後にそれをやるメンタリティと、元手は普通の人には期待できるものではないでしょう。

 アベノミックスはトリクルダウンなんて安倍さんは一言も言っていません。
 トリクルダウンって、フリードマンなど新自由主義の経済学者の論理で、安倍のミックスの論理的基盤になったクルーグマンやスティグリッツはそんなモノは期待していません。

 財政出動と金融緩和と規制緩和で景気を良くして、労働需要を増やす事で賃金を上がるという理論です。
 
 労働者の賃金が何で上がるかと言えば、供給は需要に追い付かないから上がるのです。 だから常に需要を増やす政策をすることが必要なのです。
 
 ところが「賃金をあげろ」と騒ぐ連中は、なぜかこれを完全に忘れて、何か大権力を使って強権的に雇用者から金を取り上げて配るようなことを期待しているようです。 
 でも韓国がこれで大失敗しているでしょう?

 だから労働需要を増やすしかないのですが、そのためには景気をよくするべきなのです。
 そして景気をよくするためには、金利をあげるわけにはいきません。 だから円安が続きますが、それでも円高で失業が増えるよりはるかに良いでしょう?
  1. 2022-04-27 11:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よくグラフを読んで下さいよ。

>勿論、非正規から正規になった人も多いですが、しかし実はホントにフルタイムの非正規職って、実は統計を見れば最悪時でも非正規全体の1割弱でした。
 非正規職の圧倒的多数は、主婦のパートや高齢者の嘱託で、こういう人達は正規職があっても、家庭その他の問題から労働時間は増やせないので正規職は選びません。

 だから大量増えた雇用の大多数は非正規です。 しかもフルタイムでない人達です。 そういう人達を込みにして賃金の統計を出せば、賃金は下がります。

自分が出したグラフは「世帯所得」です。そして「高齢者世帯」を別に出しています。世帯ですから主婦のパートや高齢者世帯の嘱託も全て込みです。そのあたりが全て増えていないと言ってるんです。そして一人世帯が増加してることが平均所得の低下に寄与してることはすでに述べてます。誰も個人所得を問題にしてません。そして2009年までの所得の低下は労働規制の改革が大きかったはずです。規制緩和は両刃の剣なのです。

あとグラフの年次にも注意してください。

自分が一番言いたいことは200から300万円野層がモードになったのは2003から2009年の間だということです。東北大震災もリマンナンタラも関係ありません。問題は2009と2015、2018の比較です。これで低所得者層がアベノミクスの恩恵を受けたと言えるか、という一事です。円ベースでデフレーター込みならばgdpは確かに増えてはいます。しかしそれは国民を豊かにはしませんでした。その原因はすでに述べています。

>財政出動と金融緩和と規制緩和で景気を良くして、労働需要を増やす事で賃金を上がるという理論です。

規制緩和が諸刃の刃というのはすでに述べた通り。本来は成長戦略なのですがまともなアナウンスはありませんでした。まあ観光立国としてインバウンド需要を当て込むとか、外国人労働者を入れるとかはありましたが結果は各人の評価に任せます。
 
> 労働者の賃金が何で上がるかと言えば、供給は需要に追い付かないから上がるのです。 だから常に需要を増やす政策をすることが必要なのです。
 
 ところが「賃金をあげろ」と騒ぐ連中は、なぜかこれを完全に忘れて、何か大権力を使って強権的に雇用者から金を取り上げて配るようなことを期待しているようです。 
 でも韓国がこれで大失敗しているでしょう?

労働需要の前に需要を増やさねばなりません。日本は基本内需国です。8割近くが内需なのだから。こんなもの外需を当てには出来ません。そして内需はイコール個人消費なんです。国民の可処分所得が増えない、つまり所得が増えないことが全ての根源です。

賃金を上げるにはどうしたらいいか。アメリカあたりなら文句なく減税です。しかし霞が関にキチガイ共は復興増税などする始末です。いちばん大切なのはここの改革なんですがそれが出来ないでしょう。


昔の高度経済成長期の日本は半ば強権的に雇用者から金を取り上げてました。松下幸之助は所得の9割を税金で持ってかれてました。そして企業の株式の配当は少なく、収益の多くは賃金となりました。だから株式市場なんて全然魅力なんてなかったんです。労働分配率とか言って調べても無駄ですよ。そもそも分配以前のベースが違います。

経済学上は所得の再分配機能といいます。いきなり最低賃金を上げるばかりじゃあないんです。コロナの給付金についてはどうでしょうか、そしてゴートゥーナンタラは?

これらは広い意味での所得の再分配なんです。金ばらまくのとどこが違う、といって反対する人は今回は少なかったでしょう。こうでもしないと需要が伸びないからです。

円安になったってその恩恵はごく一部の層にしか行かないはずです。今の輸出企業はもうすでに外国で生産できない、もしくは技術的に特化しすぎて少々の問題では需要が落ちないというようなものに特化してるはずです。低所得者層はおそらく円安の恩恵は受けません。

それよりも円安による物価高のほうがきついはずです。今回は円安というより食料高、エネルギー高です。これはそう簡単にいかぬはずです。理由はすでに述べました。


自分がよもさんに言いたいのは需要をまともに増やす方法は何なのかということです。

国民がおほしいというものがないということが最大の問題でしょう。だからこういうときにあらゆる場面での研究開発投資をするしかないでしょう。あとは国民の教育開発投資です。

まともな意味での成長戦略なんて為政者が策定できる訳がありません。

霞が関の基地外共に任せていては日本の自動車産業もなければと鉄鋼業も存在しませんでした。かかる投資しか未来の目はないでしょう。そしてこれは基本内需です。


でもカネがないからと国立大学の研究開発資金を減らすというのは問題でしょうね。

学術会議の馬鹿どもを排斥するのとは別の問題です。
  1. 2022-04-27 14:11
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よくグラフを読んで下さいよ。
>
> >勿論、非正規から正規になった人も多いですが、しかし実はホントにフルタイムの非正規職って、実は統計を見れば最悪時でも非正規全体の1割弱でした。
>  非正規職の圧倒的多数は、主婦のパートや高齢者の嘱託で、こういう人達は正規職があっても、家庭その他の問題から労働時間は増やせないので正規職は選びません。
>
> だから大量増えた雇用の大多数は非正規です。 しかもフルタイムでない人達です。 そういう人達を込みにして賃金の統計を出せば、賃金は下がります。 
 
>
> 自分が出したグラフは「世帯所得」です。そして「高齢者世帯」を別に出しています。世帯ですから主婦のパートや高齢者世帯の嘱託も全て込みです。そのあたりが全て増えていないと言ってるんです。そして一人世帯が増加してることが平均所得の低下に寄与してることはすでに述べてます。誰も個人所得を問題にしてません。そして2009年までの所得の低下は労働規制の改革が大きかったはずです。規制緩和は両刃の剣なのです。

 日本の世帯数はこの20年で2割増えて、逆に世帯人口は2割減っています。 総人口が増えないのに世帯数が増えているから当然です。
 世帯人口が減れば、世帯収入は減ります。
>
> あとグラフの年次にも注意してください。
>
> 自分が一番言いたいことは200から300万円野層がモードになったのは2003から2009年の間だということです。東北大震災もリマンナンタラも関係ありません。問題は2009と2015、2018の比較です。これで低所得者層がアベノミクスの恩恵を受けたと言えるか、という一事です。円ベースでデフレーター込みならばgdpは確かに増えてはいます。しかしそれは国民を豊かにはしませんでした。その原因はすでに述べています。
 
 日本の世帯数はこの20年で2割増えて、逆に世帯人口は2割減っています。 総人口が増えないのに世帯数が増えているから当然です。
 世帯人口が減れば、その人口減分は世帯収入は減ります。 
 
>
 アベノミックスが
>
> >財政出動と金融緩和と規制緩和で景気を良くして、労働需要を増やす事で賃金を上がるという理論です。
>
> 規制緩和が諸刃の刃というのはすでに述べた通り。本来は成長戦略なのですがまともなアナウンスはありませんでした。まあ観光立国としてインバウンド需要を当て込むとか、外国人労働者を入れるとかはありましたが結果は各人の評価に任せます。

 外国人労働者を入れたのは、問題だと思いますが、しかし科学技術の進歩を無視して、昭和にできた規制を厳守するような事を続けたら、労働生産性なんか上がるわけもなく、それで賃金を上げるのは無理です。
  
> > 労働者の賃金が何で上がるかと言えば、供給は需要に追い付かないから上がるのです。 だから常に需要を増やす政策をすることが必要なのです。
>  
>  ところが「賃金をあげろ」と騒ぐ連中は、なぜかこれを完全に忘れて、何か大権力を使って強権的に雇用者から金を取り上げて配るようなことを期待しているようです。 
>  でも韓国がこれで大失敗しているでしょう?
>
> 労働需要の前に需要を増やさねばなりません。日本は基本内需国です。8割近くが内需なのだから。こんなもの外需を当てには出来ません。そして内需はイコール個人消費なんです。国民の可処分所得が増えない、つまり所得が増えないことが全ての根源です。

 内需を増やすためにはとりあえず不況時には、財政出動をするべきじゃないですか?
 今だてってGDPギャップが30兆程度あるのです。
 生産力と需要の差が30兆あるのに、生産量を増やすと企業はありませんから、雇用は増えません。
 これだと賃金が上がるわけないのです。
>
> 賃金を上げるにはどうしたらいいか。アメリカあたりなら文句なく減税です。しかし霞が関にキチガイ共は復興増税などする始末です。いちばん大切なのはここの改革なんですがそれが出来ないでしょう。
>
 だからとりあえず日本も減税と財政出動をするべきなのです。 それをしないで円高に持ち込めば大変な不況になって失業率が跳ね上がります。

> 昔の高度経済成長期の日本は半ば強権的に雇用者から金を取り上げてました。松下幸之助は所得の9割を税金で持ってかれてました。そして企業の株式の配当は少なく、収益の多くは賃金となりました。だから株式市場なんて全然魅力なんてなかったんです。労働分配率とか言って調べても無駄ですよ。そもそも分配以前のベースが違います。

 高度経済成長時は一部上場企業の株なんて持っていれば上がるので、ホント凄く魅力的でしたよ。
 そもそも日本って世界的にみたら全然株主資本主義じゃないし、株主の権利なんか全然守られていませんよ。 自社株買いだってほとんど行われていないし。
>
> 経済学上は所得の再分配機能といいます。いきなり最低賃金を上げるばかりじゃあないんです。コロナの給付金についてはどうでしょうか、そしてゴートゥーナンタラは?
>
> これらは広い意味での所得の再分配なんです。金ばらまくのとどこが違う、といって反対する人は今回は少なかったでしょう。こうでもしないと需要が伸びないからです。
>
> 円安になったってその恩恵はごく一部の層にしか行かないはずです。今の輸出企業はもうすでに外国で生産できない、もしくは技術的に特化しすぎて少々の問題では需要が落ちないというようなものに特化してるはずです。低所得者層はおそらく円安の恩恵は受けません。
>
> それよりも円安による物価高のほうがきついはずです。今回は円安というより食料高、エネルギー高です。これはそう簡単にいかぬはずです。理由はすでに述べました。

 円安の恩恵をすべての人が受けるのには時間がかかるのはその通りです。
 ただし現在のエネルギー高は、円安だけでなくウクライナ戦争も大きな原因です。 だから本来ならトリガー条項発動や原発再稼働などで対応するべきなのです。

 前にも書いたけれど、エネルギー高・原料高の状態で円高になれば、輸出企業が大変なダメージを受けてリーマンショック再びです。
>
>
> 自分がよもさんに言いたいのは需要をまともに増やす方法は何なのかということです。
>
> 国民がおほしいというものがないということが最大の問題でしょう。だからこういうときにあらゆる場面での研究開発投資をするしかないでしょう。あとは国民の教育開発投資です。
>
> まともな意味での成長戦略なんて為政者が策定できる訳がありません。
>
> 霞が関の基地外共に任せていては日本の自動車産業もなければと鉄鋼業も存在しませんでした。かかる投資しか未来の目はないでしょう。そしてこれは基本内需です。
>
>
> でもカネがないからと国立大学の研究開発資金を減らすというのは問題でしょうね。
>
> 学術会議の馬鹿どもを排斥するのとは別の問題です。

 日本の金利は今もまだゼロ金利ギリギリです。 だから今こそ国が科学技術の開発やインフラの盛大に投資するべきだし、また国防費も増やさなくてはなりませんから、国が国債を発行してバンバンお金を使うべきなのです。
 
 そうすれば景気も良くなるし、雇用も増えて賃金も上がるのです。
 高額所得者への増税などは一つのプランですが、それは不況下でやるべきものではなく、とりあえず景気を良くして、国全体の成長率をあげて行うべきです。

 不況下に懲罰的増税をやると、不況が悪化するだけです。
  1. 2022-04-27 18:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

もうこれで止めにするけど自分が言いたいのは国民所得が全く増加してないという一事です。
そしてそれは円安による輸出企業の業績とはほとんど関係がなくなってるということです。

よもさんは自分が出した資料についての不備は言うけ度実質的に国民所得が増加してるという点について何かおっしゃられてますか。自分が期待するのはそのエビデンスです。世帯人員の変化とかなんとか言ってますが児童がいる家庭の世帯所得の推移はあその基本は2人の親と子供の構成が基本です子供の数が変わっても稼ぐ数に変化はないでしょう。ここで増加がなく減少してるんです。所得はs増えてないで終わりですよ。

株式についてですが自分は配当について述べてます。1970年代なんかに株式の配当を目的に買う人なんていましたか。今はこの配当が馬鹿にならずh化を圧迫してると言いたいだけです。
株式の魅力とは全く関係がありません。
円高で輸出企業がなんたらと言うならば円安になりどう潤ったかは示すべきでしょう。あのグラフのなかにはとうぜんえにゃすのじきもふくまれてます。だからこの時期は円安で国民所得が増えたとエビデンス付きで言ってみてください。

一人あたりの名目GDPは2012年以来減少といっていいでしょう。自分が疑問視してるのはこの一点です。
土地手輸出企業が苦しんだのは円高による価格高というよりは世界不況のあおりの問題だったはずです。

自分は企業のバックヤードのような横ろで30年近く働いてきましたがどう見ても労働者の所得が増えたと実感させられる時期はありませんでした。日本人が全体としては貧乏になってるということは実感として感じてましたがね。そのくせ一部の高額所得者はバブルの頃よりも儲けてる層がいる。このこともよくわかります。

自分の友人に専業の家庭教師がいます。現在、かつて主流だった進学塾というのは厳しいことになってます。軒並み業績が悪いのです。歯科スィこの友人、相当に儲けてます。富裕層という連中は半端なく儲けてる連中がいます。時給一万円、週3日。6時間なんて契約はザラです。

そのくせ伝統的な進学塾はどこも苦境に立たされてます。色々話を聞いてみると連中の銭出どころは皆、株式所得でしたね。1件円高で苦しいという家はあったようですが結局問題はなかったようです。リーマンショックのあとこれは特に差が激しくなったと言ってました。

あんな連中が金を使った所で景気回復はしないわ、ということだけはよくわかりました。

  1. 2022-04-27 21:31
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> もうこれで止めにするけど自分が言いたいのは国民所得が全く増加してないという一事です。
> そしてそれは円安による輸出企業の業績とはほとんど関係がなくなってるということです。
>
> よもさんは自分が出した資料についての不備は言うけ度実質的に国民所得が増加してるという点について何かおっしゃられてますか。自分が期待するのはそのエビデンスです。世帯人員の変化とかなんとか言ってますが児童がいる家庭の世帯所得の推移はあその基本は2人の親と子供の構成が基本です子供の数が変わっても稼ぐ数に変化はないでしょう。ここで増加がなく減少してるんです。所得はs増えてないで終わりですよ。
>
> 株式についてですが自分は配当について述べてます。1970年代なんかに株式の配当を目的に買う人なんていましたか。今はこの配当が馬鹿にならずh化を圧迫してると言いたいだけです。
> 株式の魅力とは全く関係がありません。
> 円高で輸出企業がなんたらと言うならば円安になりどう潤ったかは示すべきでしょう。あのグラフのなかにはとうぜんえにゃすのじきもふくまれてます。だからこの時期は円安で国民所得が増えたとエビデンス付きで言ってみてください。
>
> 一人あたりの名目GDPは2012年以来減少といっていいでしょう。自分が疑問視してるのはこの一点です。
> 土地手輸出企業が苦しんだのは円高による価格高というよりは世界不況のあおりの問題だったはずです。
>
> 自分は企業のバックヤードのような横ろで30年近く働いてきましたがどう見ても労働者の所得が増えたと実感させられる時期はありませんでした。日本人が全体としては貧乏になってるということは実感として感じてましたがね。そのくせ一部の高額所得者はバブルの頃よりも儲けてる層がいる。このこともよくわかります。
>
> 自分の友人に専業の家庭教師がいます。現在、かつて主流だった進学塾というのは厳しいことになってます。軒並み業績が悪いのです。歯科スィこの友人、相当に儲けてます。富裕層という連中は半端なく儲けてる連中がいます。時給一万円、週3日。6時間なんて契約はザラです。
>
> そのくせ伝統的な進学塾はどこも苦境に立たされてます。色々話を聞いてみると連中の銭出どころは皆、株式所得でしたね。1件円高で苦しいという家はあったようですが結局問題はなかったようです。リーマンショックのあとこれは特に差が激しくなったと言ってました。
>
> あんな連中が金を使った所で景気回復はしないわ、ということだけはよくわかりました。

 国民所得の件ですが、このエントリーの2番目のグラフをみる限り、2012~2018年ぐらいまでの日本人の所得は緩くはありますが右肩あがりです。
 このグラフは国民所得を国際比較しているので、日本人の所得もドル換算でしょう。 この期間、円はドル換算で80円台から110円台への大幅に落ちています。
 でもドル換算で上がるってますよね?

 またこの数年教師と自衛官への応募が少なく、求人しても募集定員を満たさないというニュースがありました。
 
 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650239054/-100

 教師なんてアベノミックス前は大人気の就職先だったし、自衛官も結構人気だったでしょう?
 教師の職場環境は変わってないでしょう? 
 むしろ菅政権が35人学級を実現したので、環境は良くなっているんじゃないですか?
 一方、モンスターペアレンツも、いじめの問題も前々からの事です。

 それでも教師が大人気だったのは、教師は公務員で職と給与が保証されているというのが、絶対的な魅力だったからでしょう?
 アベノミックス以前は公務員大人気だったのです。
 だから自衛官も応募者が多かったのです。

 長い長いデフレで若い人達が将来の失業におびえて、とにかく公務員という風潮でした。
 リーマンショックの少し後ですが、妹の友達の孫の中学生が「将来公務員になりたい」と言っていたそうです。
 妹はそれを聞いてゾッとしたそうです。

 勿論その子が悪いのじゃないです。
 あんまりにも長く続いたデフレで子供まで失業におびえるようになっていたのです。

 それで一旦就職したら解雇や減給の心配のない公務員が大人気になったのです。
 
 そういう状況がアベノミックス開始10年でようやく少しなくなってきたのです。
 パートの時給だってコロナまでは順調に上がり続けていました。

 こういう状況を考えたら、まずは失業を増やさない、昇給はそのあとの話じゃないですか?
 そして円高は絶対的に景気を悪化させて、失業を増やします。 

 本来なら円安で輸出が増えたら、景気は良くなるのですから、物価高で国民が困る分は、その対策をするべきなのです。
 つまり原発を稼働させて電気代を下げる、トリガー条項を発動させてガソリン代を下げる、消費税を下げるなどです。

 しかも今円安の弊害をわめいる連中は、そういう事を絶対やりたくない上、円安を理由に金利をあげる気です。
 金利が上がって利益を得るのは、銀行や高額預金者だけです。

 一般国民はまた失業におびえるようになるだけです。 
  1. 2022-04-28 11:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

横から失礼いたします

安倍さんが頑張って働きたい人はほとんど皆働けるようになりました。けれど、失われた30年を埋めるにはアベノミクスは中途半端でまだまだ足りません。給与が上がるのは皆に仕事が行き渡ってからなので時間がかかります。

でも、今の燃料費の値上がりは原油高と天然ガスの需要増によるもので、円高の影響は微々たるものです。実際にガソリン価格は為替ではなく原油価格に相関します。

今の円安水準は慌てて円高にしなければいけないようなものでは全然ないのに、円安を問題視して煽っているいるのは「国の借金がー」と言っている人達とかぶっているように思うのです。

物価対策に本気なら、原発を再稼働して電気代を下げてくれるだけで消費者も企業もかなり助かると思うのですが・・・岸田さんはやらないんですよね~
  1. 2022-04-28 13:48
  2. URL
  3. 月の猫 #-
  4. 編集

最後にすると言ってもう一回言うのはいけないが、どうやらわかってきましたよ。

自分とよもさんじゃ見てるスパンが違うんだわ。
自分の出したグラフは97年からというような長期のものだがよもさんが言ってるのはここ数年のスパンに過ぎません。自分は30年伸びていないといってますが、よもさんはここ数年は伸びてる。円安のおかげで伸びてるという。

自分もここ数年伸びてるがほとんど誤差程度だと思い児童がいる過程の所得について出しました。30年のうちには円高の時期も円安の時期もありましたがほとんど改善されていませんよね。

あと2枚めのグラフですがこれは当然に為替の補正をかけてます。2006年位は120円を超える円安です。ちなみに95年もほぼ同じす順です。全然増えていないじゃないですか。難しいことなかったね。このグラフで十分だったわ。2008年からは先にも言った背k指摘大不況、その後に地震、そして復興増税というおバカがあったんですよね。アベノミクスの成果はその程度でしょう。消費増税がなく、きちんと財政政策を入れてれば自体はもっと違ってたんでしょうが死んだ子の年を数えるようなものです。

此処から先は個人の見解ですから、なんとも言えませんが、自分はこれから不況下の物価高にならないことを祈るのみです。シナ人共が何をやらかすか分かりませんが防衛費の大幅増額はこのままで行けば必須でしょう。

これは間違いなく必要経費でしょうが、財務省の馬鹿どもが余計なことしないことを祈るのみです。



  1. 2022-04-28 14:09
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 最後にすると言ってもう一回言うのはいけないが、どうやらわかってきましたよ。
>
> 自分とよもさんじゃ見てるスパンが違うんだわ。
> 自分の出したグラフは97年からというような長期のものだがよもさんが言ってるのはここ数年のスパンに過ぎません。自分は30年伸びていないといってますが、よもさんはここ数年は伸びてる。円安のおかげで伸びてるという。
>
> 自分もここ数年伸びてるがほとんど誤差程度だと思い児童がいる過程の所得について出しました。30年のうちには円高の時期も円安の時期もありましたがほとんど改善されていませんよね。
>
> あと2枚めのグラフですがこれは当然に為替の補正をかけてます。2006年位は120円を超える円安です。ちなみに95年もほぼ同じす順です。全然増えていないじゃないですか。難しいことなかったね。このグラフで十分だったわ。2008年からは先にも言った背k指摘大不況、その後に地震、そして復興増税というおバカがあったんですよね。アベノミクスの成果はその程度でしょう。消費増税がなく、きちんと財政政策を入れてれば自体はもっと違ってたんでしょうが死んだ子の年を数えるようなものです。
>
> 此処から先は個人の見解ですから、なんとも言えませんが、自分はこれから不況下の物価高にならないことを祈るのみです。シナ人共が何をやらかすか分かりませんが防衛費の大幅増額はこのままで行けば必須でしょう。
>
> これは間違いなく必要経費でしょうが、財務省の馬鹿どもが余計なことしないことを祈るのみです。

 だって円安の問題を言うなら、リーマンショックから現代までの話でしょう?
 1995年からリーマンショックまでは円は120円前後で推移しているので、今の水準でも特に円安とは言えないのです。
 そして95年以前はもっと強烈に円安です。 だってバブル前、85年ごろには250円前後でした。 しかしこの期間は順調に経済成長をしていたのです。
 
 日本の経済成長が終わったのは、90年代に円が120円前後になってからです。
 そりゃそうでしょう?
 高々5年ぐらいで円が250円から120円ですから、一気に工場の海外移転が進み、日本の雇用が失われたのです。 この時日本企業が海外に移転した生産力は、日本のGDPの1.8倍と言われます。
 
 この分、日本の雇用が失われ、就職氷河期になりました。 
 これで賃金が上がるわけないのです。
 
 そしてそれにとどめを差したのがリーマンショック後の円高です。
 1ドル120円が三年かけて80円割れまで行きました。 これじゃ日本の企業は持ちません。

 だから円高は止めなきゃダメだというのです。
 
  1. 2022-04-28 23:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 横から失礼いたします

> 安倍さんが頑張って働きたい人はほとんど皆働けるようになりました。けれど、失われた30年を埋めるにはアベノミクスは中途半端でまだまだ足りません。給与が上がるのは皆に仕事が行き渡ってからなので時間がかかります。
>
> でも、今の燃料費の値上がりは原油高と天然ガスの需要増によるもので、円高の影響は微々たるものです。実際にガソリン価格は為替ではなく原油価格に相関します。
>
> 今の円安水準は慌てて円高にしなければいけないようなものでは全然ないのに、円安を問題視して煽っているいるのは「国の借金がー」と言っている人達とかぶっているように思うのです。
>
> 物価対策に本気なら、原発を再稼働して電気代を下げてくれるだけで消費者も企業もかなり助かると思うのですが・・・岸田さんはやらないんですよね~

 ワタシもそう思います。

 まずウクライナ戦争によるエネルギー価格や小麦価格の上昇は、原発再稼働やトリガー条項の発動、小麦の政府売り渡し価格の維持などでコントロールできます。
 そもそも輸入食糧の円安による価格上昇分ぐらいは、消費税の減税で十分クリアできるのです。

 政府が財政出動をして景気をよくすれば、輸入原料の上昇分は価格転嫁しても、購買意欲は減らないのです。

 逆に円安を阻止するために利上げなんかしたら、すぐに失業率が跳ね上がって阿鼻叫喚になります。
  1. 2022-04-28 23:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する