fc2ブログ

2022-03-08 11:52

ロシアのウクライナ侵略雑感 9条で戦争は防げない






加藤登紀子
@TokikoKato
あらゆる国家間の紛争を武力で解決しない。これを日本の憲法9条で決めています。日本は海岸線にいくつも原発を設置しています。絶対に武力攻撃を受けないための外交が必須です。
https://twitter.com/TokikoKato/status/1500416632115855361

絶対に武力攻撃を受けないための外交が必須です。

 ワタシも「絶対に武力攻撃を受けない外交」は理想の外交だと思います。
 しかし今回のウクライナの例を見てもわかりますが、それは不可能だと思います。

 だって今回のロシアのウクライナ侵攻だって、ウクライナ側は予測していなかったのではないでしょうか?
 ゼレンスキーはロシア軍の侵攻直後に、ウクライナ国民にロシア軍への抵抗の為に国土防衛隊への入隊を呼びかけました。
 しかし本来ならこんな事は半年も前からやっておくべきだったのです。

 それがこんなおっとり刀になったのは、ゼレンスキーもそしてウクライナ軍の首脳も、プーチンがウクライナ全土侵略を狙った侵攻などするとは想像もしていなかったからではありませんか?

 実は前回のエントリーでkazkさんがコメントで指摘してくださったのですが、今回のロシアの攻撃の仕方はホントにオカシイと言うのです。
 
 それでワタシも気づいたのですが、ウクライナって人口4000万、国土はフランスやドイツに匹敵する広さで、本来の意味では弱小国ではないのです。
 また海軍と空軍は貧弱ですが、陸軍兵力ならロシアの半分ぐらいはいます。 そして西欧からの軍事支援も期待できるのです。

 こういう国を攻略するのであれば、ロシア側も国家総動員体制を敷くべきでしょう。 でもロシアにはそんな気配はなく、それどころかロシアはウクライナのハリコフやキエフなどウクライナ主要都市を攻撃する事など、ロシア国民には全く知らせていなかったのです。
 これで本格的な戦争ができるのでしょうか?

 実際、侵攻前のロシア軍の兵力や兵站、国際法上の問題などを考えると、こんな形での侵攻をしてもロシアは得る物より喪う物の方がはるかに多い、だから賢いプーチンは脅しはしてもホントに侵攻するようなことはしないと予想する人が多数でした。
 そして侵攻しても東部2州を得る事で満足するだろうとの予想されていました。

 ところが現在プーチンはウクライナに事実上の無条件降伏を要求して、攻撃を続けています。
 こんな事は誰も予想できなかったのです。

 予想できなかった事をどうやって防いだら良いのでしょうか?

 哀しいけれど人間の知性には限界があり、敵の出方や意図を常に正しく予想できるわけではないのです。
 世界中のどんな国もそういう人間の限界を理解しているから「絶対に武力攻撃を受けないための外交」なんてものは不可能だと理解したうえで、国防を考えているのです。 

 そもそも世界中の国々は普段から武力攻撃を受けない為の必死の外交努力をしているのです。
 特に軍事的に脆弱な弱小国は、常に必死の外交努力をしているし、また外交も非常に上手いのです。

 例えばベトナムなんかホントにすごいです。

 ベトナム戦争中、パリで和平交渉がありましたが、この和平交渉では交渉開始前にテーブルの形をどうするかで延々ともめ続けました。
 何でテーブル形が問題かと言うと、北ベトナム側は北ベトナム政府と解放戦線、南ベトナム政府とアメリカはそれぞれ全く別個の立場だという事で、正方形か円のテーブルを使い、それぞれ代表は別個の着席して交渉をするべきだと言ったのです。 しかしアメリカと南ベトナム政府は、この交渉は北ベトナム政府・解放戦線 対 アメリカ・南ベトナム政府と言う立場で行うべきなので、長方形のテーブルの長辺に北ベトナム政府と解放戦線代表、反対の長辺に南ベトナム政府代表とアメリカ政府代表が、それぞれ座って交渉するべきだと言ったのです。

 ワタシは当時まだ中学生ぐらいだったのですが、こんな事で延々ともめているニュースを見て呆れた事を覚えています。 そして一緒にそのニュースを見ていた父が「コイツラホントに気が長いから、日本人はやってられない。」と言ったのを覚えています。
 父は戦時中、日本兵としてインドシナ半島を転戦しベトナム語もできました。

 しかしこうやって長々と揉めている間に、北ベトナム政府はアメリカの厭戦気分を煽ると共にジワジワと国際世論を味方につけて行きました。

 弱小国であるベトナムはこういう執拗で粘り強く強かな外交を駆使して、軍事力の劣勢を補い、遂にアメリカをベトナムから撤退させて、ベトナムを統一したのです。

 ベトナムが統一されて間もなく、中国がベトナム懲罰戦争を仕掛けたのですが、これをアッサリ撃退しても、ベトナムはそれ以上深追いするようなことはせず、速攻で中国と和平しています。
 この戦争は明らかに中国からの不当な侵略でしたが、しかしそれでもベトナムの国力を考えたら戦争の早期終結を選んだのです。 
 国民も冷静で、完全にこの決定を支持しています。

 そして今は中国の脅威に対応して、アメリカとよりを戻し、対中国包囲網に加わっています。

 しかしそのベトナムも歴史上、何度も武力攻撃を受けているのです。 そして過去にはフランスや中国の支配を受けています。
 逆に言えばベトナムはそういう過酷な経験を積む事で、強かな外交を身に着けて行ったのです。

 それなのに歴史的に二度しか外国の武力攻撃を受けた事のない日本が、ベトナムを凌ぐような外交を身に着ける事ができるのでしょうか?
 加藤氏が本気をそれを可能だと思うなら、加藤氏はベトナム人を芯から馬鹿にしているか、日本人を途方もない選民だと思っているのではないでしょうか?

 ワタシはネトウヨなので日本は優れた国だし、日本人も優れた民族だと思っているけれど、それでも歴史的にロクに外交で苦労した事のない日本と日本人が、厳し歴史の中で生き残った国々を凌ぐような外交ができるとは思っていません。
 
 世界中、どの国も外交だけで武力攻撃を防げるとは思っていません。
 だからどんな弱小国でも、弱小国なりに必死に軍隊を作って外国からの武力攻撃に備えるのはありませんか?
 
 そして世界的には「戦争は血を流す外交。 外交は血を流さない戦争。」と理解されているのです。
 だから世界中の国は外国からの武力攻撃を防ぐために、軍事と外交の両方で努力してきたのです。

 しかし加藤氏のような人々は、こうした世界中の国々の努力を全く理解せず、むしろ馬鹿にしきっているのです。
 
 因みに本当に外交で武力攻撃を防げるなら、武力攻撃をされた国は外交で失敗したという事になります。 
 だったら日本もドイツも第二次大戦について反省する必要は全くありません。 日華事変以降の所謂日中戦争も全く無問題です。
 
 なぜなら加藤氏理論によれば、連合国や中国が外交努力で戦争を防がないからこうした戦争が起きた事になるからです。
 だから悪いのは日本やドイツではなく、連合国であり中国なのです。
 
 これは欧米の植民地支配も同様です。
 阿片戦争はイギリスではなく中国が悪いのです。
 清朝は勝ち目のないのにイギリスと戦争せずに、中国での阿片販売を認めれば良かったのです。 そうすれば戦争になりませんでした。 
 香港も自分から差し出すべきでした。
 実際イギリスの香港統治は、清朝、中国国民党政府よりも百倍マシ、そして現在の中国共産党政権による統治よりも1万倍良かったのです。

 ところがなぜか大変不思議な事に、加藤氏等自称平和主義者は、絶対に武力攻撃を受けない外交が可能という前提で、憲法9条の堅持を叫ぶのですが、なぜかイギリスの帝国主義や第二次大戦の枢軸国は非難するのです。
 そして絶対に武力攻撃を受けない外交が必要と言いながら、それでは具体的にはどうするのかを言いません。

 そもそも加藤氏が歌手としてデビューした頃は、ベトナム戦争の最中でした。 そしてその戦争を背景にアメリカでベトナム反戦運動が起き、それがそのまま日本にも流れ込みました。

 それで日本の芸能人も、アメリカで流行したベトナム反戦歌や、日本で作った反戦歌を売り出しました。 加藤氏もこういう反戦運動に便乗して売り出した歌手でした。

 そしてワタシの記憶では日本で9条教・ひたすら国防を否定する反戦思想が定着したのはこの頃からです。
 なぜならこのころワタシは中学生だったのですが、このころまでは例えば少年漫画誌には日本軍を主役にした戦争漫画が必ず連載されて、「ゼロ戦はやと」などのアニメ化されたりして、戦争をひたすら否定的にみる意見が世論を席捲していたわけではないからです。

 でも考えてみれば、あのベトナム反戦運動はヘンテコリンな物でした。 
 なぜならそもそもベトナム戦争を終わらせるなら、北ベトナムと解放戦線が降伏すれば済む事なのに、自称反戦運動家はひたすらアメリカに撤退を求めるばかりで、北ベトナムや解放戦線の戦いは賞賛し続けたからです。
 
 結果はどうですか?
 そりゃ自称反戦運動家の応援もあってアメリカは撤退したけれど、それで統一ベトナムでベトナム人は幸せになりましたか?
 大量の人々が共産主義の支配を逃れてボートピープルになりました。
 そして最終的には共産主義そのものが崩壊したではありませんか?
 あの時、解放戦線と北ベトナムが降伏していれば、今頃ベトナムはタイやマレーシアを凌ぐインドシナ随一の経済大国になって、ベトナム人は自由で豊かな生活を享楽していたのではありませんか?

 しかしながら加藤氏等、自称反戦論者はその後もアメリカとの戦争が起きるたびに、アメリカは非難するけれど、アメリカを非難するばかりで、アメリカと戦う人達をひたすらたきつけて戦争を煽るのです。

 ところが今回、なぜか方向を変えて、ウクライナ人に降伏しろと言い出しました。
 
 何のことはない。
 コイツラは反戦運動家じゃなくて、反米運動家だったのです。
 しかもホントに戦う気もない反米運動家だったのです。

 まあ良くも悪くもアメリカって資本主義と民主主義そのものの国です。
 資本主義と民主主義は優れた制度だったので、アメリカは世界一豊で強い国になったのです。
 でもいくら成功した制度と言っても、人間の作る制度ですから細かい所を見れば色々問題はあるでしょう。
 
 コイツラはそういう所に文句を言う事が、何か非常に高尚な事と信じているようです。
 でもそれでも資本主義と民主主義の与えてくれると豊かさと自由を捨てる気は全くないのです。

 そういう人たちだからこそ、ウクライナ人の苦境など知ったことかで「絶対に武力攻撃を受けない外交」なんて言ってられるのです。

 因みに「あらゆる国家間の紛争を武力で解決しない。これを日本の憲法9条で決めています。」というのは事実ですが、日本国憲法というのは日本国内でしか効力がないので、中国にもロシアにも北朝鮮にも関係ありません。
 だからこうした国々からの武力攻撃を防ぐ為には何の役にも立ちません。
 東大卒でこれがわからないって困りますね。

51824578845_0b7fe6946c_z.jpg

 オマケ

 今日、妹と獣医さんがよもちゃんにくれた花が全部ダメになりました。
 花が少しずつ萎れていくのを見るのは辛いので、これからはコサージュを飾ります。 実は昔母がアートフラワーをやっていたので、母が作ってくれたコサージュが沢山あるのです。
 
 よもちゃんお供えしたハムやベーコンは、丸一日で干からびて元の半分ぐらいになります。
 干からびて縮んだ分はよもちゃんが食べたのだと思う事にしています。

 よもちゃんのトイレやご飯用の小鉢は、まだ処分する事ができません。
 それからアマゾンから届いて封を切っていないキャットフードと、トイレの傍に置いた猫砂もそのままです。

 一昨夜、よもちゃんが居間のベッドにいる夢を見ました。 
 大喜びで抱き上げると、滑らかな毛皮の手触り、温かく柔らかい体、ずっしりとした重みがありありと感じられました。
 
 よもちゃんは病気になってからアッと言う間に痩せて、更に脱水状態になったので、なでると毛皮の下にゴツゴツとした骨が当たるようになりました。 抱き上げると嘘のように軽くて悲しかったです。

 でも夢の中のよもちゃんは病気になる前の丸まると太ってずっしり重く、全身がぽっちゃりと柔らかいよもちゃんでした。

 ワタシはすっかり嬉しくなって、「神様がよもちゃんを返してくれた!!」と思ったのですが、でもなぜか傍に見知らぬ女の子がいて、その子からそれはよもちゃんに似た別の猫だと告げられました。

 それでワタシはその猫を貰おうと思ったのですが、その時胸に強い痛みを感じて目が覚めました。

 花が枯れ、ハムとベーコンが次々と干からびて、時間が過ぎて行きました。
 それで悲しみも大方消えたと思ったのですが、そう簡単にはいかないようです。
 でも頑張ります。
  1. ウクライナ
  2. TB(0)
  3. CM(28)

コメント

全くなん回こうやってよもちゃんの可愛さに悩殺されたことか。。
あまりにも可愛らしすぎる。お手手が!!
加藤登紀子の記事に載せるのはもったいない。
あのBBAの無駄に生きてる寿命を分けてあげてほしいが、よもちゃんは心正しいネトウヨネコだから嫌だよね。

私もそういう夢も見たことがあります。
夢の中では本当に幸せなんだけど目覚めると哀しくて泣きます
お供えも干からびてくるのを見ると哀しいけど、きっと食べてくれたんだと思うことにしています。
そのうち段々「自己満足だよなぁこれって」と思うんだけど、でも辞められないんですよね。



  1. 2022-03-08 12:58
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 全くなん回こうやってよもちゃんの可愛さに悩殺されたことか。。
> あまりにも可愛らしすぎる。お手手が!!
> 加藤登紀子の記事に載せるのはもったいない。
> あのBBAの無駄に生きてる寿命を分けてあげてほしいが、よもちゃんは心正しいネトウヨネコだから嫌だよね。

 適当に探したらよもちゃんがウクライナカラーの布団の上で「ごめんね」をしている写真が出てきました。
 よもちゃんはきっと加藤登紀子や橋下徹や玉川徹など、ウクライナの抵抗を貶める人々について、日本の猫として「ごめんね」と言いたいのだと思います。
>
> 私もそういう夢も見たことがあります。
> 夢の中では本当に幸せなんだけど目覚めると哀しくて泣きます
> お供えも干からびてくるのを見ると哀しいけど、きっと食べてくれたんだと思うことにしています。
> そのうち段々「自己満足だよなぁこれって」と思うんだけど、でも辞められないんですよね。

 夢としりせば覚めまじものを・・・・。

 目が覚めて悲しかったけれど、それでも夢の中でもよもちゃんを抱っこできただけ幸せです。
 だからお供えは続けます。
  1. 2022-03-08 13:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「二百三高地」という映画の中で、伊藤博文が金子賢太郎に「この戦争はアメリカを抱き込めるかどうかにかかっている」と説得している場面があります。国力に劣る日本は長期戦に持ちこまれると息切れしますから、そうなる前にアメリカを仲介役として有利な条件で講和に持ちこもうとしたのです。
金子は渡米し、ルーズベルト大統領と接触し、各地で公演を行ってアメリカ世論に訴えました。
戦争は軍事力による外交交渉であり、外交交渉は軍事力によらない戦争であり、外交交渉は軍事力による裏付けがあって、初めて成立するという基本的な事柄を当時の政治家も外務官僚も認識していましたが、戦後こうしたことが、官民問わず忘れられてしまい、空想的平和主義ばかりが幅を利かせるようになったことが、現在の日本だと思います。
話し合いや外交交渉で解決しろといいますが、相手が話し合いに応じなかったら、それっきりですが、どうも空想的平和主義者は、そこ想像することできない。今回プーチンは、無条件降伏を要求していますが、交渉事で「お前らと話し合うことなどない。つべこべ言わずに、こちらの言い分を受け入れろ」と言っているのと同じで、これではまとまる交渉もまとまらなくなります。
残念ですが、世の中には言葉は通じても、理屈や道理が通じない人間達がいて、話し合いが成立しない場合が多々あるのですが、皮肉にも加藤氏のような空想的平和主義者や9条原理主義者が、それに相当しているのだと改め思いました。
安全地帯から現実離れした理想を唱えるのって、結局体は現実世界に存在しても、頭の中は「向こう側の世界」の行ってしまっている人達なのですわ。
  1. 2022-03-08 13:38
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #rRrhKWCA
  4. 編集

>加藤登紀子

この人、戦時中の旧満州のハルピン出身だそうですから、たとえ当時、幼児だったとしてもソ連軍の我が国との条約破りの火事場泥棒的侵攻を知らないとは思えないんですけどね。 ご両親はいったい何を教えて育てていたのやら………。
仮にそれを脇に置くとしても、1995年6月21日に起きた全日空857便ハイジャック事件の時、加藤登紀子氏は母上や仕事仲間と、まさにその当該機に乗っていて、オウム真理教信者を称するハイジャック犯(実際は精神疾患者)によって他の多くの乗客と共に人質にされ、その生命を危険に晒される実体験をしていて、それが警察の特殊部隊SATの強行突入により無事解決されるのを目の当たりにしているのです。しかも警察特殊部隊SATの強行突入のキッカケを作ったのは、加藤登紀子氏の仕事仲間の一人が携帯電話で機内の状況を警察に伝えた事によるものです。
つまりは、かような非常事態においては武力行使(軍隊ではなく警察によるものでしたが)が有効であることを自身ではないにせよ、身内の関与も絡む形で実見しているのに、それでも、その実見した事実の意義を理解できないのですな。
ちなみに、WIKIの記述によると、加藤氏は「常にアップデートすること」を人生訓にしているらしいですが、その割には上記の事も含めて自身の青春時代(安保闘争時代)の脳内世界をアップデートできていないのは、どういうわけですかね?(嘲)

>大量の人々がボート•ピープル

これは自分が小学5~6年生の時に、テレビニュースで何度か流れているの目にしてましたな。当時、南ベトナムが解放されたという話なのに、何故その解放された世界から、命懸けの脱出を図るのか、不思議で仕方なく、父親に質問したら「解放されたんじゃなく、占領されたからだ」と。
同じ質問を、学校の担任教師に訊ねたら、顔を強張らせて無言のまま、いつまで経っても、回答してくれませんでした。ちなみにその教師は北教組の組合員でしたけどね。

>コイツらは反戦運動家じゃなく反米運動家

誰の著書で読んだか忘れてしまいましたが(多分、谷沢永一氏だったか……記憶が不明瞭です、すみません)、ベ平連の発起人だった小田実という御仁が、「解放」された南ベトナムから、発生しているボートピープルについて意見を求められたら「俺は知らんよ」と答えたと………。正義感や崇高な理想ではなく、単なる売名行為だったと見事なまでに自白して、恬として恥じていない発言ですな。 そういえば、歌手の、さだまさし氏は、ベトナム戦争時の日本での所謂「反戦歌」に同調できず、「反戦の名を借りた、反体制歌ではないのか?」という疑問を自身の著書のエッセイ本に書いていましたがね。

>お供えのベーコンとハム

そういえば、ご隠居さんがブログで、ミケちゃんはマクロよりも鮭が好物で、夕餉に鮭を食べていると、ミケちゃんは、その手(前足か?)を、ご隠居さんの口に突っ込んでまでして欲しがると書いておられませんでしたが、よもちゃんの場合は、ブログ主さんが、ハム•ベーコンを食べている時、どんな様子でしたか? 
  1. 2022-03-08 13:41
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

また前コメ下段、お供えコメ訂正

書いておられませんでしたが(誤)
       ↓
  書いておられましたが(正)

前回と同じ誤記を性懲りもなく………。
  1. 2022-03-08 13:50
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

全くの余談ですが

ちなみに、前コメ内の、全日空857便函館ハイジャック事件ですが、30代前半の頃、つまり今から20年くらい前に、某テレビ局の某番組の、当該事件の再現映像に、空港管制員の役で出演したことが有りました。 以前何度か書きましたが、自分は若い頃(東京在住時代)、舞台演劇をしていて、その縁故でテレビや映画その他の仕事も偶にしていたのですが、自分と、もう一人で、空港管制室から待機している警察と、事態の対応を電話で相談するシーンでした。別に局名や番組名を隠すつもりは無いのですが、もうずいぶん昔のことですので、局名も番組名も忘れてしまいましたな(笑)
いえ、偶々、この話題がエントリーされて、昔の懐かしい記憶が甦ったから、思わず書いただけで、それ以上の意味はありませんです。ハイ!
ただ強いて言えば、昔の事とはいえ、また、末席とはいえ、その業界の禄を食んでいた自分が、今では、その業界の有様に極めて否定的であるのも、何だか妙な気分ではありますが…………。
  1. 2022-03-08 14:17
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 「二百三高地」という映画の中で、伊藤博文が金子賢太郎に「この戦争はアメリカを抱き込めるかどうかにかかっている」と説得している場面があります。国力に劣る日本は長期戦に持ちこまれると息切れしますから、そうなる前にアメリカを仲介役として有利な条件で講和に持ちこもうとしたのです。
> 金子は渡米し、ルーズベルト大統領と接触し、各地で公演を行ってアメリカ世論に訴えました。
> 戦争は軍事力による外交交渉であり、外交交渉は軍事力によらない戦争であり、外交交渉は軍事力による裏付けがあって、初めて成立するという基本的な事柄を当時の政治家も外務官僚も認識していましたが、戦後こうしたことが、官民問わず忘れられてしまい、空想的平和主義ばかりが幅を利かせるようになったことが、現在の日本だと思います。
> 話し合いや外交交渉で解決しろといいますが、相手が話し合いに応じなかったら、それっきりですが、どうも空想的平和主義者は、そこ想像することできない。今回プーチンは、無条件降伏を要求していますが、交渉事で「お前らと話し合うことなどない。つべこべ言わずに、こちらの言い分を受け入れろ」と言っているのと同じで、これではまとまる交渉もまとまらなくなります。
> 残念ですが、世の中には言葉は通じても、理屈や道理が通じない人間達がいて、話し合いが成立しない場合が多々あるのですが、皮肉にも加藤氏のような空想的平和主義者や9条原理主義者が、それに相当しているのだと改め思いました。
> 安全地帯から現実離れした理想を唱えるのって、結局体は現実世界に存在しても、頭の中は「向こう側の世界」の行ってしまっている人達なのですわ。

 全くその通りです。
 
 加藤氏のような自称反戦平和主義者、自称護憲派はどんなに現実を見せられても、どんな議論を挑まれても、一切無視して自分の妄想に閉じこもっています。
 しかし妄想以外ではそれなりに社会生活を営んでいるのですから、大変不気味です。

 結局プーチンも同様だったのかもしれません。

 こういう人間が存在する以上、話し合いで全てを解決できるなんて不可能なのは自明です。

 加藤登紀子等自称平和主義者や自称護憲派ってその証拠です。
  1. 2022-03-08 14:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >加藤登紀子
>
> この人、戦時中の旧満州のハルピン出身だそうですから、たとえ当時、幼児だったとしてもソ連軍の我が国との条約破りの火事場泥棒的侵攻を知らないとは思えないんですけどね。 ご両親はいったい何を教えて育てていたのやら………。
> 仮にそれを脇に置くとしても、1995年6月21日に起きた全日空857便ハイジャック事件の時、加藤登紀子氏は母上や仕事仲間と、まさにその当該機に乗っていて、オウム真理教信者を称するハイジャック犯(実際は精神疾患者)によって他の多くの乗客と共に人質にされ、その生命を危険に晒される実体験をしていて、それが警察の特殊部隊SATの強行突入により無事解決されるのを目の当たりにしているのです。しかも警察特殊部隊SATの強行突入のキッカケを作ったのは、加藤登紀子氏の仕事仲間の一人が携帯電話で機内の状況を警察に伝えた事によるものです。
> つまりは、かような非常事態においては武力行使(軍隊ではなく警察によるものでしたが)が有効であることを自身ではないにせよ、身内の関与も絡む形で実見しているのに、それでも、その実見した事実の意義を理解できないのですな。
> ちなみに、WIKIの記述によると、加藤氏は「常にアップデートすること」を人生訓にしているらしいですが、その割には上記の事も含めて自身の青春時代(安保闘争時代)の脳内世界をアップデートできていないのは、どういうわけですかね?(嘲)

 結局脳内70年代のままなんですよね。
 尤もこの人は70年代のスターで、それ以降は全く売れなかったのだから、そのまま70年代のスタイルを維持するしかなかったのかも?
>
> >大量の人々がボート•ピープル
>
> これは自分が小学5~6年生の時に、テレビニュースで何度か流れているの目にしてましたな。当時、南ベトナムが解放されたという話なのに、何故その解放された世界から、命懸けの脱出を図るのか、不思議で仕方なく、父親に質問したら「解放されたんじゃなく、占領されたからだ」と。
> 同じ質問を、学校の担任教師に訊ねたら、顔を強張らせて無言のまま、いつまで経っても、回答してくれませんでした。ちなみにその教師は北教組の組合員でしたけどね。

 ボートピープルに対する日本のマスコミの反応も奇妙な物でした。
 なぜ出てきたかは問題にしないけれど、他国は受け入れているんだから日本も受け入れろとか。
>
> >コイツらは反戦運動家じゃなく反米運動家
>
> 誰の著書で読んだか忘れてしまいましたが(多分、谷沢永一氏だったか……記憶が不明瞭です、すみません)、ベ平連の発起人だった小田実という御仁が、「解放」された南ベトナムから、発生しているボートピープルについて意見を求められたら「俺は知らんよ」と答えたと………。正義感や崇高な理想ではなく、単なる売名行為だったと見事なまでに自白して、恬として恥じていない発言ですな。 そういえば、歌手の、さだまさし氏は、ベトナム戦争時の日本での所謂「反戦歌」に同調できず、「反戦の名を借りた、反体制歌ではないのか?」という疑問を自身の著書のエッセイ本に書いていましたがね。

 結局反米運動だったのですから、反米運動に不都合な事は見ない事にしていたんですよね。
>
> >お供えのベーコンとハム
>
> そういえば、ご隠居さんがブログで、ミケちゃんはマクロよりも鮭が好物で、夕餉に鮭を食べていると、ミケちゃんは、その手(前足か?)を、ご隠居さんの口に突っ込んでまでして欲しがると書いておられませんでしたが、よもちゃんの場合は、ブログ主さんが、ハム•ベーコンを食べている時、どんな様子でしたか? 

 若い頃は随分おねだりしたのですが、一度病気になってから、ワタシがキャットフードのグレードアップをしたら、余りおねだりしなくなりました。
 
 でもワタシが朝食にパンにベーコンをのせて食べているとたまにおねだりしました。 
 それから鮭も好きでしたが、年を取ってからはそんなにおねだりしなくなりました。
 
 だからワタシも安心していました。
 でも最後はキャットフードを嫌がっていたので、せめてハムやベーコンや塩鮭をお供えしようと思います。
  1. 2022-03-08 14:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: また前コメ下段、お供えコメ訂正

> 書いておられませんでしたが(誤)
>        ↓
>   書いておられましたが(正)
>
> 前回と同じ誤記を性懲りもなく………。

 そういう誤記はワタシもやるし、他の方もよくやりますから、どうぞそんなに気になさらないでください。
  1. 2022-03-08 14:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 全くの余談ですが

> ちなみに、前コメ内の、全日空857便函館ハイジャック事件ですが、30代前半の頃、つまり今から20年くらい前に、某テレビ局の某番組の、当該事件の再現映像に、空港管制員の役で出演したことが有りました。 以前何度か書きましたが、自分は若い頃(東京在住時代)、舞台演劇をしていて、その縁故でテレビや映画その他の仕事も偶にしていたのですが、自分と、もう一人で、空港管制室から待機している警察と、事態の対応を電話で相談するシーンでした。別に局名や番組名を隠すつもりは無いのですが、もうずいぶん昔のことですので、局名も番組名も忘れてしまいましたな(笑)
> いえ、偶々、この話題がエントリーされて、昔の懐かしい記憶が甦ったから、思わず書いただけで、それ以上の意味はありませんです。ハイ!
> ただ強いて言えば、昔の事とはいえ、また、末席とはいえ、その業界の禄を食んでいた自分が、今では、その業界の有様に極めて否定的であるのも、何だか妙な気分ではありますが…………。

 あらら、そんなお仕事をされていたんですね。
 思えばテレビや新聞もあの時代が最盛期でしたね。

 今はすっかり零落したので、業界に残っている人達は大変でしょうね。
  1. 2022-03-08 14:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

そういえば、翁長が当選した時の沖縄知事選の時蛇、沖縄独立派の人が立候補を表明していたのですが、この人の主張は、沖縄独立後にアメリカ軍は出て行ってもらい、代わりに中国軍と台湾軍、韓国軍の東アジア共同体の軍事基地を作るでしたからね。だからこの人たちも、憲法9条で国が守れるとは思っていないのですよね。
  1. 2022-03-08 21:31
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> そういえば、翁長が当選した時の沖縄知事選の時蛇、沖縄独立派の人が立候補を表明していたのですが、この人の主張は、沖縄独立後にアメリカ軍は出て行ってもらい、代わりに中国軍と台湾軍、韓国軍の東アジア共同体の軍事基地を作るでしたからね。だからこの人たちも、憲法9条で国が守れるとは思っていないのですよね。

 結局、反戦ではなく反米だったわけですね。
 
  1. 2022-03-09 10:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よもちゃんの写真は今までに沢山見ましたが「ごめん寝」の格好は初めて見るように思います。これは可愛い!
カプチーノさんが加藤登紀子と一緒に入れるにはもったいないと書いていますが同感です。

加藤登紀子さんを彼女の学生時代に見かけたことがあります。それ以上のご縁はありませんが、彼女のお母さんが店主をしていた東京・新宿にあるロシア料理店「スンガリー」(松花江)には何度か行きました。

上記のコメント欄で終戦間際のドサクサでロシア人には我々日本人はひどい目に遭っているのに、親は伝えなかったのか、と疑問が寄せられましたが、うちの両親も大連からの引揚者で、ロシア兵には嫌な思いしかないものの、ロシア文化を受けた大連には郷愁を持ち、母は戦後もロシア料理を作りました。「スンガリー」に通ったのも母のロシア料理の名残香みたいなものです。
加藤家もロシア料理店は郷愁と生活の実利から生まれたものでしょう。

安倍さんが総理をしていた当時、北方領土問題でプーチンと幾度も会談していました。その時、安倍さんは「プーチン大統領は合理的判断が出来る人です」と語っていました。
今回、ウクライナ問題で笹川財団の畔蒜さんという研究者が「プーチンはコロナのせいか、人に合わなくなって思考が大ロシア主義に向かっていったように見える」と語り、合理的思考が狂い始めたのか気になります。
  1. 2022-03-09 17:38
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

原発―戦争の論点ずらし

鳩山由紀夫元総理も、戦争に成ったら原発が一番危険だから、脱原発しようと言ってますので、この人達は、どの様な繋がりか知りませんけど以心伝心というか、お友達が言う事は何でも許して自分に取り入れるんですね。
包丁で刺された事件が在ったら、犯人について言わないで包丁の危険性について主張するという、桂馬論法が似て来ましたね。
  1. 2022-03-09 18:51
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもちゃんの写真は今までに沢山見ましたが「ごめん寝」の格好は初めて見るように思います。これは可愛い!
> カプチーノさんが加藤登紀子と一緒に入れるにはもったいないと書いていますが同感です。

 猫は24時間年中無休で可愛く、寝ている時も人を幸せにしてくれるのです。
 よもちゃんが寝ている姿を見るだけで幸せでした。

 この写真は1月の始め頃に一度アップしたと思います。 そのころはよもちゃんがいなくなるなんて想像もしませんでした。
>
> 加藤登紀子さんを彼女の学生時代に見かけたことがあります。それ以上のご縁はありませんが、彼女のお母さんが店主をしていた東京・新宿にあるロシア料理店「スンガリー」(松花江)には何度か行きました。
>
> 上記のコメント欄で終戦間際のドサクサでロシア人には我々日本人はひどい目に遭っているのに、親は伝えなかったのか、と疑問が寄せられましたが、うちの両親も大連からの引揚者で、ロシア兵には嫌な思いしかないものの、ロシア文化を受けた大連には郷愁を持ち、母は戦後もロシア料理を作りました。「スンガリー」に通ったのも母のロシア料理の名残香みたいなものです。
> 加藤家もロシア料理店は郷愁と生活の実利から生まれたものでしょう。

 そういえば昔薄野に「コーシカ」と言うロシア料理店がありました。 店主はシベリア抑留された時にロシア人と知り合いロシア料理を覚えたのです。
 シベリア抑留は悲惨な物で、ワタシの中学時代の先生にもシベリア抑留体験のある人がいて、悲惨な話を聞きました。

 しかし一方でシベリア抑留体験をした人でも、ロシア人は憎めない、むしろ好意を持った人も沢山いたようです。
 長谷川四郎の「シベリア物語」と言う自身のシベリア抑留体験を描いた短編集があるのですが、非常に過酷で悲惨な生活を描きながらロシア人との交流は非常に人間的に暖かいのです。
 これは「アーロン収容所」なんかとは真逆です。

 こういう物を見ると、満州でロシア人と交流のあった日本人がロシア人に好意を持つのは凄くわかります。
>
> 安倍さんが総理をしていた当時、北方領土問題でプーチンと幾度も会談していました。その時、安倍さんは「プーチン大統領は合理的判断が出来る人です」と語っていました。
> 今回、ウクライナ問題で笹川財団の畔蒜さんという研究者が「プーチンはコロナのせいか、人に合わなくなって思考が大ロシア主義に向かっていったように見える」と語り、合理的思考が狂い始めたのか気になります。

 ワタシもプーチンは元来合理的な人間だと思っていました。 それに悪党だけれど魅力的な悪党だと思っていました。
 しかし最近の写真を見ると表情がお面のように無表情になって、人が変わったみたいですね。
 何があったのでしょうね?
  1. 2022-03-09 21:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 原発―戦争の論点ずらし

> 鳩山由紀夫元総理も、戦争に成ったら原発が一番危険だから、脱原発しようと言ってますので、この人達は、どの様な繋がりか知りませんけど以心伝心というか、お友達が言う事は何でも許して自分に取り入れるんですね。
> 包丁で刺された事件が在ったら、犯人について言わないで包丁の危険性について主張するという、桂馬論法が似て来ましたね。

 この人はMITで学位を取っているし、知能だけならきっと高橋洋一やメルケルなんかと同じレベルなんでしょうね。 でもなんか壊れているようです。
 パソコンで言えば凄く演算速度の速い高性能のパソコンなのに、何かウィルスでも入っているのか、どんなデータを入れてもヘンな答えしか出てこないような状態なんでしょうね。
  1. 2022-03-09 21:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

いろいろ大変な中ブログをアップしていただき有難うございます。
こちらのブログに違う角度からの情報が載せられております。特に3月2日の記事が私には興味深いです。よろしければご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/remmikki/
  1. 2022-03-10 03:43
  2. URL
  3. ポート #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> いろいろ大変な中ブログをアップしていただき有難うございます。
> こちらのブログに違う角度からの情報が載せられております。特に3月2日の記事が私には興味深いです。よろしければご覧ください。
> http://blog.livedoor.jp/remmikki/

 占守島の戦いは極めて英雄的だと思います。
 但し現代人としては一つ引っかかるところがあります。

 占守島の守備隊は8月15日の天皇陛下の玉音放送を聞いてすぐに自発的に武装解除を行い、使える武器を廃棄し始めました。 ソ連軍が襲ってきたのはその後です。

 これは日本では国際法違反の大問題と考えられていますが、海外では日本の降伏は9月2日のアメリカ戦艦ミズリー号上での調印式が行われた日が、日本が降伏した日とされているので、8月15日~9月2日までの攻撃は違法ではないとされています。

 考えてみればこれは当然で、天皇陛下の玉音放送はあくまで国内向けの物で、国際的には意味はありません。
 逆に言えばこの海外に展開する守備隊は、調印式が終わるまでは、武装を解除せずに、攻撃に備えるべきでした。
 そしてそれを末端の兵士にも徹底するべきでした。

 それをやらなかった甘さが日本の敗戦の一因でしょう。
 
 所でウクライナの場合は、比較するとしたらドイツのポーランド侵攻でしょう? 戦術もそれに至る過程もそっくりではありませんか?
  1. 2022-03-10 10:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

リアリストの外交

今にして思えば、安倍総理とトランプ大統領こそが本当に戦争を起こさないための外交を精力的に行っていてくれたんですね。両者とも確固たるリアリストで、自国の平和と繫栄のために何が必要かを知っていたのだと思います。
両者ともプーチン大統領と直接対話をして侵略など起こさせませんでした。そんな安倍総理・トランプ大統領を嘲笑いバカにしたのが加藤氏のようなパヨクミュージシャンや芸能人です。大部分は単に反体制のポーズが受けると思っているだけにも思えますが、加藤氏は腐っても東大卒の学生運動崩れですから、ね。
プーチン氏の思考力に何か問題が生じているのかもしれませんが、安倍・トランプがリーダーであればこんな事態にはならなかったのではないかとどうしても考えてしまいます(現実問題にタラればは通用しないのですけど)


ところで、よもちゃんですけど、ひょっとして猫又になる前に神様からスカウトされたのではないでしょうか。

「これ、お前は由緒正しいネコウヨとして世のネトウヨたちを見守ることが務めである」そうしてよもちゃんはネコウヨ神、ヨモ大明神となられた・・・かもしれない

夢の中に出てきた女の子が西野神社の巫女さんのような気がふっとしたので、そんな想像が湧いてきました。
  1. 2022-03-10 17:18
  2. URL
  3. 月の猫 #-
  4. 編集

加藤登紀子、坂本龍一は民主党政権時代の自然エネの広告塔だった?

うろ覚えなんですけど。
民主党政権時代に悪法FITが出来たんですけど、
時の原口一博総務大臣、自然エネ、ソーラーバブル政策、孫正義、とかと一緒に「加藤登紀子」が一緒にTV に出ていた気がするんですよ。
その時、なぜ加藤登紀子がそこに居るの?と怪訝に思ったんですよね。
歴史的に、民主党政権のソーラーバブルに加担、FIT、孫正義、の広告塔に成ろうとしていたんじゃなかったのかな・・
広告塔にしてくれる場所には考えずに顔出すんじゃないのかな。
坂本龍一とはソーラー広告塔利権友達。

>坂本龍一「戦争は外交の失敗」加藤登紀子が共感投稿で物議「ウクライナが悪いと?」賛否集まる。

>「脱原発利権」なるものが生まれつつある。孫正義・小泉純一郎・細川護煕・菅直人の動きに注意。
>ttps://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/875cccaab2b6cabcc417f941e27db8d8

この人のネット情報を改めて観たのだけど、花とビジネスしかない。
話せば失言集が出来そうな能天気お花畑のこの人が、
異状に整理されて綺麗な話ばかり、これは之で異常ですね、怖い、触らない方が良いのかな。
  1. 2022-03-10 17:21
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

>温泉猫様

失礼いたします

その番組はNHKの「アナザーストーリー」ではないでしょうか。
私も記憶が定かではありませんが、SATが初めて実践に出た事件だったとか。加藤氏も出演していました。

まさか温泉猫様が出ていらしたとは・・・!
  1. 2022-03-10 17:24
  2. URL
  3. 月の猫 #-
  4. 編集

>月の猫様

さて……どうだったでしょうね?
何しろ20年ほども昔の話ですので………。
しかも、その時期、いろいろな番組の再現映像の仕事が、立て続けに入って、いったい、どれが何だったのか………。

そもそも自分は、テレビのタレントになろうとしていたわけではなく、あくまで舞台演劇をしていて、その関係で知り合った人に芸能事務所の人がいて、どういうわけだか、時々、そちらの仕事に呼んでくれたのですが、テレビ自体は当時からさほど興味がなかったので、自分が出演した番組であっても、ロクに視ていないのですよ。
あくまで舞台演劇の傍らの「副業」みたいな感覚でしたから。 仕事(撮影)が終われば、ハイ!それまで……っていう感じでしたから、番組名もよほどのモノでなければ覚えていなくて………。

そういえば、NHKの番組の仕事も、いろいろあったな………、となると犬HKなんて、あまり言うのもアレかなぁ………(悩)。
  1. 2022-03-10 18:19
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: リアリストの外交

> 今にして思えば、安倍総理とトランプ大統領こそが本当に戦争を起こさないための外交を精力的に行っていてくれたんですね。両者とも確固たるリアリストで、自国の平和と繫栄のために何が必要かを知っていたのだと思います。
> 両者ともプーチン大統領と直接対話をして侵略など起こさせませんでした。そんな安倍総理・トランプ大統領を嘲笑いバカにしたのが加藤氏のようなパヨクミュージシャンや芸能人です。大部分は単に反体制のポーズが受けると思っているだけにも思えますが、加藤氏は腐っても東大卒の学生運動崩れですから、ね。

 トランプ大統領はNATO諸国に「NATOの規則道理、防衛費をGDPの2%出せ」と言い、ドイツにはロシアへのエネルギー依存は危険だからロシアからの輸入を早く減らすように言いました。
 そして米国内ではシェールガスの増産に努めて、アメリカのエネルギーの対外依存度を大幅に減らし、その気になれば十分自給自足が可能体制を作りました。

 でも欧米の自称リベラリスト達はトランプ大統領を嘲笑しました。
 
 結果がプーチンのウクライナ侵略です。
 プーチンのウクライナ侵略直後にドイツは軍事費をGDPの2%まで増やすと言い出しましたが、これって隣家が火事になってから消火器を買いに行くみたいな馬鹿気た話です。

 トランプ大統領の話をちゃんと聞いておけばこんな事にならなかったのに・・・・。

> プーチン氏の思考力に何か問題が生じているのかもしれませんが、安倍・トランプがリーダーであればこんな事態にはならなかったのではないかとどうしても考えてしまいます(現実問題にタラればは通用しないのですけど)
>
 最近のプーチンの写真を見ていると前とは別人ですね。 
 以前はプーチンは悪党なりに魅力的な男で、表情も豊かだったのに、今はお面のように無表情になって気持ち悪いです。 プーチンは一体どうなったのでしょうね?

>
> ところで、よもちゃんですけど、ひょっとして猫又になる前に神様からスカウトされたのではないでしょうか。
>
> 「これ、お前は由緒正しいネコウヨとして世のネトウヨたちを見守ることが務めである」そうしてよもちゃんはネコウヨ神、ヨモ大明神となられた・・・かもしれない
>
> 夢の中に出てきた女の子が西野神社の巫女さんのような気がふっとしたので、そんな想像が湧いてきました。

 そうかもしれませんね。
 尤もよもちゃんは前世は天女ですから、今はまた天女に戻ったのかも?

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-2307.html
  1. 2022-03-10 20:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 加藤登紀子、坂本龍一は民主党政権時代の自然エネの広告塔だった?

> うろ覚えなんですけど。
> 民主党政権時代に悪法FITが出来たんですけど、
> 時の原口一博総務大臣、自然エネ、ソーラーバブル政策、孫正義、とかと一緒に「加藤登紀子」が一緒にTV に出ていた気がするんですよ。
> その時、なぜ加藤登紀子がそこに居るの?と怪訝に思ったんですよね。
> 歴史的に、民主党政権のソーラーバブルに加担、FIT、孫正義、の広告塔に成ろうとしていたんじゃなかったのかな・・
> 広告塔にしてくれる場所には考えずに顔出すんじゃないのかな。
> 坂本龍一とはソーラー広告塔利権友達。
>
> >坂本龍一「戦争は外交の失敗」加藤登紀子が共感投稿で物議「ウクライナが悪いと?」賛否集まる。

 戦争が外交の失敗なのはその通りです。
 でも人間と言うモノは、必ず失敗するのです。 誰も失敗など望みませんが、それでもやっぱり失敗するのです。

 だから外交で失敗したときの為に、戦争に備えておくべきなのです。

 戦争は外交の失敗だから、軍備を放棄するというのは、自分は絶対に運転ミスはしないからと、保険に加入しないドライバーみたいなモノです。
 そういうドライバーに限って事故を起こすんじゃないですか?
 むしろ慎重に運転して無事故無違反で通す優良ドライバーはみんな高額の保険に加入しているんじゃないですか?
>
> >「脱原発利権」なるものが生まれつつある。孫正義・小泉純一郎・細川護煕・菅直人の動きに注意。
> >ttps://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/875cccaab2b6cabcc417f941e27db8d8
>
> この人のネット情報を改めて観たのだけど、花とビジネスしかない。
> 話せば失言集が出来そうな能天気お花畑のこの人が、
> 異状に整理されて綺麗な話ばかり、これは之で異常ですね、怖い、触らない方が良いのかな。

 この種の人達は、現実がどうなっても、それがどんな悲惨な結果になろうとも、綺麗事を言う方が金になるから綺麗ごとを言い続けるのです。
 詐欺師です。
  1. 2022-03-10 20:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ゲテモノ好きは自分を綺麗に飾るのが好き

>綺麗ごとを言い続けるのです。

この登紀子と言う女は、過激な学生運動家に夢中になって人生を付き添うのですよね。そしてロシアとか立憲民主党とか、ソーラー熱とか、反原発仲間とか延々と人生を。
これを反権力とか美とかいう言葉で包めるのでしょうか? 私達は権力に反抗し迫害を受けてる私たちは美しいとか、
権力ってなにかも理解できていないのですよね。
ロシアが好きなら、ロシアのやることは全て受け入れて賛同し美しく加勢するんですよね、ロシアがやるなら戦争でも虐殺でも、崇高な目的でもあると思ってるんでしょうかね。
革命と言うのは歴史の拒絶、破壊そして虐殺する事ですからね、美しいのですかね。

私の知り合いの学生運動家の女(仲間内ではバシタというらしい)は故郷から東京にでた学生に付き添って上京して生活を支え尽くしましたが、他大学の女学生運動家と懇ろになり、捨てられて首をつってジ●しました。
醜い争いで勝ちとって相手を叩きのめし生き残ってるんですよね美しく。
学生運動家も学生運動家に夢中になる者も、自然エネに反原発に夢中になる者、反米とか共産主義とかロシア好きとかは関係ない、ゲテモノ嗜好で本質はどうでもよいのだね。
「美しい事を考える私は美しいでしょ!!」だけ、何も考えて居ない。
  1. 2022-03-11 09:03
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: ゲテモノ好きは自分を綺麗に飾るのが好き

> >綺麗ごとを言い続けるのです。
>
> この登紀子と言う女は、過激な学生運動家に夢中になって人生を付き添うのですよね。そしてロシアとか立憲民主党とか、ソーラー熱とか、反原発仲間とか延々と人生を。
> これを反権力とか美とかいう言葉で包めるのでしょうか? 私達は権力に反抗し迫害を受けてる私たちは美しいとか、
> 権力ってなにかも理解できていないのですよね。
> ロシアが好きなら、ロシアのやることは全て受け入れて賛同し美しく加勢するんですよね、ロシアがやるなら戦争でも虐殺でも、崇高な目的でもあると思ってるんでしょうかね。
> 革命と言うのは歴史の拒絶、破壊そして虐殺する事ですからね、美しいのですかね。
>
> 私の知り合いの学生運動家の女(仲間内ではバシタというらしい)は故郷から東京にでた学生に付き添って上京して生活を支え尽くしましたが、他大学の女学生運動家と懇ろになり、捨てられて首をつってジ●しました。
> 醜い争いで勝ちとって相手を叩きのめし生き残ってるんですよね美しく。
> 学生運動家も学生運動家に夢中になる者も、自然エネに反原発に夢中になる者、反米とか共産主義とかロシア好きとかは関係ない、ゲテモノ嗜好で本質はどうでもよいのだね。
> 「美しい事を考える私は美しいでしょ!!」だけ、何も考えて居ない。

 ワタシも学生運動世代の尻尾の方ですから、反権力正義!!、反体制正義!!、反戦正義!! 反米正義!! に嵌った感覚はよくわかります。 自分も少しは嵌ったし。

 でも日本のような国で、反権力と言うのは結局反民主主義です。 だって日本のでは彼等の大好きな日本国憲法で主権在民ですから、権力は結局国民にあり、その国民から選ばれた政治家が握るのです。 
 これで反権力と言うのは、反国民、反民主主義にしかなりません。

 そもそも反権力・反体制を喚く人間が、憲法を守れというのがお笑いです。 憲法と言うのは国に体制そのものなのですから。
 東大卒なら中学の公民でもよい成績を取っていたと思うのですが、反体制で護憲って、一体中学の公民で何をならなったのでしょうね?

 因みに反体制とか反権力が無条件に立派なのは、北朝鮮や中国やロシアのような国の場合だけです。
 こういう国では反体制とか反権力と言うのは、投獄覚悟、命がけですか。 そういう中で反体制・反権力を叫ぶ勇気は賞賛します。

 でも日本では反体制を喚いても、何のリスクもないのです。 そういう中で執拗にこれを叫ぶ連中は、売名や金もうけです。
  1. 2022-03-11 11:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

平和ボケもここに極まれり

先日人道回廊のYahoo!ニュースのコメント欄に、『私個人はさほど愛国心とかはなく、自分の生活の方が大切なので、自分がウクライナ人だったら、名義がロシアになってもそれまでの日常生活が送れる方が良いし、「ウクライナ人がんばれ!」とか言えない。』って書き込んでいた人がいたんですよね。他国に占領されても、今と同じ生活ができると本当に思い込んでるような感じがしました。赤ポチと青ポチの割合が1:7くらいなので、この意見に賛同してる人は単純計算すると12.5%位なので、国がなくなっても大したことがないと考えている人がこれくらいいるのかと思うとぞっとしました。そういえばSEALDsなるものが、憲法を守って国滅んだほうがいいとか、日本が滅亡しても、後の歴史書に日本と言う心優しい国家がありましたと記載された方がマシだとか言っていたアホな経済学者がいましたね。
  1. 2022-03-12 09:02
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

Re: 平和ボケもここに極まれり

> 先日人道回廊のYahoo!ニュースのコメント欄に、『私個人はさほど愛国心とかはなく、自分の生活の方が大切なので、自分がウクライナ人だったら、名義がロシアになってもそれまでの日常生活が送れる方が良いし、「ウクライナ人がんばれ!」とか言えない。』って書き込んでいた人がいたんですよね。他国に占領されても、今と同じ生活ができると本当に思い込んでるような感じがしました。赤ポチと青ポチの割合が1:7くらいなので、この意見に賛同してる人は単純計算すると12.5%位なので、国がなくなっても大したことがないと考えている人がこれくらいいるのかと思うとぞっとしました。そういえばSEALDsなるものが、憲法を守って国滅んだほうがいいとか、日本が滅亡しても、後の歴史書に日本と言う心優しい国家がありましたと記載された方がマシだとか言っていたアホな経済学者がいましたね。

 ワタシは日本の教育で国がなくなっても構わないと考えている人が12.5%程度しかいない方が驚きます。
 これだけ反国家的な教育を受けて、NHK始めマスゴミが必死に反日プロパガンダに励んでも、国民の大多数は国家の重要性を理解している事に驚きます。

 この辺りが日本人の健全さと言うか、賢明さだと思います。
 また日本と言う国の団結力の強さだと思います。

 世界的にみればほとんどの国が必死で国民に国防や愛国心を煽る教育やプロパガンダに励んでいるのですが、しかしそれが成功しないので、内戦などの混乱が起きたりするのですから。


  1. 2022-03-12 13:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する