fc2ブログ

2022-03-05 11:48

ロシアのウクライナ侵略雑感 平和ボケが戦争を招く

 先日、モンクさんがコメントでこんな動画を紹介してくださいました。 この動画をアップしている方はスペイン在住で、欧州に出回っている情報を中心に紹介してくださっています。 その為、プーチンの欧州でのプロパガンダが実に綺麗にまとまっています。



 で、これを見ているとプーチンは、拡大し自国へ迫るNATOの脅威から、ロシアを守ろとしているのだと言う事になります。
 またアメリカは、特にトランプ大統領はNATOとウクライナを焚きつけて、ロシアを攻撃させようとしている思えてしまいます。

 そしてプーチンはこうした西欧の脅威から、何とかして自国の尊厳を守ろうとしているのだと言うのです。
 
 だから「アメリカの正義を無条件で信じるな!!」「ロシアの生存権を認めよ!!」「ロシア人が曝されている恐怖を理解せよ!!」と言う結論になっています。

 しかしこれホントでしょうか?
 確かに歴史的にはロシアは何度も外国から侵略を受けています。 
 だからロシアとロシア人が国防に関して非常にナーバスなのは事実です。

 でもそれで「今はNATOの拡大に怯える」と言うのは、インチキです。
 だってNATO軍の凋落は無残で、特にNATO軍の中核となるはずのドイツ軍の零落は目も当てられません。



 何しろドイツ陸軍が現在所有する戦車は200両足らずで、しかもその稼働率は韓国軍以下の40%という有様です。
 ドイツと言えば陸軍、ドイツ陸軍と言えば戦車なのに、その戦車がこの有様ですから、海軍や空軍はさらに悲惨です。

 ドイツ軍がこんなザマになったのは、ドイツ統一、東西冷戦終結後、ひたすら軍備を減らして来たからです。
 でもそれもわかります。 
 
 ドイツが近代以降、ヨーロッパ最強の陸軍を擁してきたのは、ドイツと言う国が常に敵国と国境を接してきたので、戦争になれば国境を越えて適地へ攻め込む、ドイツ軍が弱体化すれば敵が国境を越えて攻め込んでくると言う、明確な脅威に晒されてきたからです。

 でも東西冷戦でフランス始め国境の西側の国々は、敵ではなくなり、更に東西冷戦の終結で国境の東側の国々も敵ではなくなりました。
 更にEUの拡大で、国境の東側の国も西側の国も、皆EUと言う拡大国家になり、ドイツはEUの真ん中、敵国の国境は遥か彼方になったのです。

 ドイツは至って現実的な脅威の為に苦労して莫大な防衛費を工面して、徴兵制も敷いて、軍備を整えてきたのですから、その脅威がなくなればアッサリと防衛費を減らすのは当然ではありませんか?

 軍備なんて敵国からの脅威がなければ、ホントに無駄金です。 ましてドイツは日本と違って地震も台風もないのですから、軍隊が災害出動することさへもないのです。
 
 NATO軍の中核であるドイツ軍がこれじゃ他は推して知るべきです。

 勿論、NATOの拡大に応じて加盟国は無暗に増えました。
 しかし冷戦終結後NATOに加盟した旧共産圏の国々は、どれもみんな貧乏国です。 これらの国々は冷戦後の軍拡を続けるロシアが恐ろしくてNATOに加盟したわけですが、でもない袖は振れません。

 だってオレタチ貧乏なんだモン!!
 でもNATOに入ればドイツ軍や米軍が守ってくれるから大丈夫!!

 一方ドイツはドイツで、

 これからはお隣皆と仲良しだもんね。 
 だったらお隣と戦争する心配はないから、防衛予算なんか削って、福祉に回すよ!!
 それにイザとなったら米軍がいるしね。

 こんな感じで結局皆で防衛予算を削り続けたので、NATOは加盟国は凄く増えたのに、全体としての兵力はがっくりと減ったのです。 
 しかも中心になるドイツなど強国の兵力が減ったのです。

 ロシアのウクライナ侵攻直後に、ドイツ首相が防衛予算をGDPの2%まで上げると言い出しました。 
 でも本来NATO加盟国にはGDPの2%を防衛予算に回すと言う義務がありました。
 でも今頃そんなことを言い出すって・・・・。
 
 つまりドイツはこれまでずうっとGDPの2%を軍備に回すと言うNATO加盟国の義務をサボっていたという事でしょう?
 でもこれドイツだけじゃないでしょう?

 これに切れたのがトランプ大統領です。
 トランプ大統領の「アメリカファースト」は、アメリカが世界一になる、アメリカの中華思想なんかではありません。
 アメリカ政府はアメリカ国民の生活を第一に考える政策をするという意味で、アメリカが世界の警察になるとか、アメリカが世界秩序を守る為に、アメリカ国民の生活を犠牲にするようなことをしないという意味です。

 しかしトランプ大統領は現実的な人ですから、アメリカが手を抜けば、独裁者達が暴れ出す事もちゃんと理解していました。
 そこでNATOには「オマイラ、ちゃんとGDPの2%を軍備に回せ!! 米軍ばっかりあてにすんな!!」と言い、またそれでも金のない東欧諸国には様々支援をしたし、更にNATOに加盟していないけれど、一番ロシアの脅威に晒されているウクライナにもジャベリンなどの対ロ防衛に有効な武器を供与していたのです。
 勿論プーチンにもしっかり釘を刺していました。

 だからこのままトランプ大統領がアメリカ大統領として頑張り続けていたら、プーチンだって何もできなかったでしょう。

 しかしトランプ大統領は落選し、代わりに大統領になったのがバイデンです。
 そしてそのバイデンが嵌ったのが脱炭素です。 
 しかもドイツはアメリカ以上に徹底的に脱炭素に嵌っていました。

 二酸化炭素の増加による気候変動については今は議論しません。
 しかし脱炭素はエネルギー安全保障にとっては大変な危機を招きました。

 だってエネルギーの確保は国の存亡に係ります。 それどころか寒冷地だとエネルギー不足やブラックアウトは、そのまま国民の大量死につながります。
 それなのにエネルギーの供給を外国に、しかも民主主義国家ではない国にゆだねるってあまりと言えば余りに危険じゃないですか?
 
 ところがバイデン政権はその脱炭素で、ワザワザ自国内のシェールガス採掘をやめてしまい、エネルギー自給自足のチャンスをドブに捨てました。
 これは尊敬するカカシさんも指摘しておられますが、西側諸国のグリーンエネルギー愚策がプーチンの勢力強化となったのです。
 そしてドイツに至っては、原発も石炭もやめて、エネルギーの供給を大幅にロシアに依存したのです。

 これはホントに驚きます。
 だって日本だって平和ボケの本場だし、天然ガスも沢山買っているけれど、それでもロシアから石油や天然ガスをパイプラインで引くなんて話は全くでません。 
 樺太からパイプラインを引く事は、技術的に十分可能なのに・・・・・。

 ところがドイツはエネルギーを大幅にロシアからのパイプラインに依存して、しかもそれをあてにして原発は廃炉にして、炭鉱も閉山する予定にしたのです。

 軍隊は凋落し、エネルギーは全面依存。
 これではイザとなった時に、ドイツはロシアに逆らえない・・・・・。
 プーチンがそのように確信したのは当然でしょう?

 ドイツの生命線はロシアが抑えたから、オレに逆らえない。
 NATO軍はボロボロ。
 アメリカの大統領は無能の極みで、イザとなっても何もできない。
 だったら今がチャンスだ!!
 これで少し待ってトランプが大統領に返り咲いたりしたら、こんなチャンスは二度とこない。

 プーチン大統領はそう思ったんじゃないですか?

 最初に紹介した動画の中でドイツの海軍中将がプーチンの立場を代弁して「ロシアは古い国だ。 だからロシアの尊厳を守りたいのだ。」という場面があります。
 
 ワタシはウクライナのNATO加盟がロシアの尊厳を損なうという話には全く同意できません。
 しかし「ロシアは古い国だ。」と言うのは、全くその通りだと思います。
 
 現代の先進国は今回のロシアがやったようなあからさまな侵略戦争や領土拡張への野心は全くありません。
 しかし現代の西欧諸国も昔は違いました。
 
 領土拡張は人間の本能であるから、能力があるのなら行うべきだ。
 
 これはマキャベリの君主論の一節ですが、君主論が書かれた時代は勿論、20世紀前半はこれで生きていたのです。

 そしてロシアは今もまだこのマキャベリの言葉がそのまま生きていているのです。 その意味ではロシアは古い国です。
 でもこれはロシアが得に遅れているというわけではありません。 むしろ世界中の大多数の国は「古い国」なのです。

 そういう国が世界中の殆どを占めているのに、勝手に自分達の倫理道徳が世界を席巻しているかのように慢心して、平和ボケしてしまえば、戦争を招くのは当然ではありませんか?

EPav-mOVAAECkyk.jpg

 オマケ

 上の絵はロシアの国民的画家イリヤ・レーピンの代表作「トルコのスルタンに手紙を書くサポロージャ・コサック」です。
 ロシア政府のレーピンの絵画紹介のサイトでは、以下のような解説がついています。

レーピンが10年以上を費やして描いた「ザポロージェ・コサック」は人生を愛する人間の自由な心が表現されている。レーピン自身、作品の登場人物について「素晴らしい人々!世界でこれほどまで深く自由と平等と団結を感じた人々はいないであろう」と綴っている。

 題材の基になっているのは1675年に実際に起こった出来事。スルタン、メフメト4世がコサックたちに対し、降伏して自分の側につくよう提案したのに対し、コサックたちがそれを拒否する罵りの手紙を書いたのである。「お前はトルコの悪魔だ。呪われた大悪魔の友人だ。ルシファーの書記だ!」と。

 コサックは元来、ウクライナの武装集団です。
 この絵はそのコッサクの中で、ウクライナのサポロージャ地方のコサック達が、トルコのスルタンの降伏勧告を拒絶する手紙を書く場面を描いているのです。

 強大な敵に一歩も引かない不屈の勇気。
 誰からも支配されまいとする自由な心情。
 
 こうしたコサックはその武勇と独特の豊かな文化と相まって、ウクライナがロシアに併合されてからはロシア内外からロシアそのもの、ロシアの誇り、ロシア人の理想の姿と認識されるようになりました。

 だからロシアの国民画家レーピンはこの絵を描いたのです。 

 ところでこのサポロージャ・コサックの故郷にある原発をプーチンが攻撃しました。
 
 これがサポロージャ・コサックの末裔たちにとっても、またロシア人にとってもどれほど深刻な悲劇であるかは、想像を絶します。
  1. ウクライナ
  2. TB(0)
  3. CM(32)

コメント

>二酸化炭素の増加による気候変動について

自分の住んでいる地(北陸某所)は、ここ数日間暖かくなり、かなり積もっていた雪も融けて、漸く春が来たかと思いきや、本日また冷え込んで、雪こそ降っていませんが、寒気に苛まれております。 
積雪で雪かきで辛苦しているとき、「地球温暖化なんて、いったい何の冗談だよ!」と悪態をつきながらやっていましたが、それを喧伝している連中の首根っこ掴まえて強制連行して除雪を手伝わせたい気分でしたな。
そもそも、自分の実体験(東京在住時代)からして、人間は、暑くたって、水分補給さえ適宜行っていれば最悪でも死にはしません。 高校卒業して就職で上京し、約10年ほどエアコン無しのボロアパート住まい(※定収入はあったけど、舞台演劇をしていて、それに金を持ち出しで貧乏でした)での自分自身での人体実験による間違いない事実です。 しかし、寒気は間違いなく人名に関わります。体が冷えれば抵抗力が低下して危険になるのは、現在の自分がまさに直面していることです。

ペルシャ湾岸や、インド•パキスタンの砂漠地帯のようなところでの熱波は、どうなのか知りませんが、人間が生きるには温かい方が良いのだと確信しております。
だから自分は「地球温暖化大歓迎」ですわ。

>樺太からパイプラインを引くことは

我が国が海により、外国から適当な距離を取れているという、天与の恩恵に感謝すべきです。 だからこそ樺太からのパイプラインは勿論のこと、日韓海底トンネルなんて阿呆な話は断固排撃すべきです。そんなものは、特亜三馬鹿国からの奇襲開戦ゲートにほかならないですからな。
そんなもの特亜三国
  1. 2022-03-05 16:35
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

国内の売国奴

橋本氏や反社会的テレビ局テレビ朝日の反社員玉川氏が命大事…国土など二の次的な発言をしています。本当に恐ろしい連中です。台湾、尖閣、沖縄と自分たちの物にしようとしている中国にとって大事な連中です。米国と安保同盟を結んでいるが今のバイデン見ていると本当に大丈夫か心配です。特に核攻撃をちらつかされたらスタコラ在日米軍の撤退を決めかねません。その時、あの連中(れいわ山本、青木、橋本、玉川、辻本、山口恐授等)があいつの意を受けて命大事!国土は二の次!とあらゆるマスコミを総動員してプロパガンダを広めようとするだろう。ウクライナ侵略を見て他人事ではなく身近に迫った脅威としてお花畑からの脱却が必要である。情けない自民党に在する有志が自民党をコントロールして、スパイ防止法、憲法9条改正、核保有の議論等今この時に実施すべきです。
  1. 2022-03-05 17:34
  2. URL
  3. 名乗るほどの何者 #-
  4. 編集

武力が伴わない外交はない

西側諸国のくだらないグローバリズムにより、東欧や他の国の国粋主義を理解できなくなったことで、西欧諸国は今回のロシアの行為が寝耳に水となったわけです。トランプ大統領はこういうことは起こりうるとロシアにも中国にも北朝鮮にも目を向けていましたからね。政治家をやったことがないのに、トランプ大統領の外交力は凄いと今更思います。

パレスチナとイスラエルの紛争などがあると、いちいち口出ししてきて取り持というというお節介がいくらでも居る国連が、ロシアとウクライナ仲裁をする能力のあるリーダーがどこにもいないというのが本当に情けない。

イスラエルのように理性のある国と違ってロシアはプーチンですから。彼は諸外国が何を言おうと何もできないと解っているので、仲裁になんか耳を傾けません。世界最強の国であるはずのアメリカも、よぼよぼ歩いてるだけの耄碌爺など何の役にも立ちませんからね。

今アメリカの石油高騰はひどいものです。車社会のカリフォルニアでは毎日のように上がるガソリン代で皆悲鳴をあげています。40年以上もなかったインフレがいまや7%とか8%とか、買い物いく度にちょっとしか買ってないのにすぐ1万円以上。外食したら二人で8千円とか普通ですよ。引退真近い私としてはとても不安です。

リベラルメディアですら、バイデン政権に国内での資源発掘を再開してはどうかという質問に、緊急事態で永久的な解決策を考えるべきではない、という頓珍漢な話をしています。長い目でみて自給自足が出来なければ、将来もこういう状況が防げなくなるということが解ってない。もうどうしようもない政権です。

  1. 2022-03-06 01:16
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

広島県出身の首相

首相が広島出身だからとか言って、非核三原則だの言ってますね。
まるで野党の首相みたいなふぬけだったんですね。
情けなさが漂ってます、凄い心もとなさで失望してます。
短期に交代した方がいい、菅首相の方が首相に向いていると思ってます。

プーチン大統領、トム・クルーズの映画「ラストサムライ」を彷彿させます、映画を見てるかもしれませんね。
冷戦後の最後の武闘派大統領なのですね。
  1. 2022-03-06 10:01
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >二酸化炭素の増加による気候変動について
>
> 自分の住んでいる地(北陸某所)は、ここ数日間暖かくなり、かなり積もっていた雪も融けて、漸く春が来たかと思いきや、本日また冷え込んで、雪こそ降っていませんが、寒気に苛まれております。 
> 積雪で雪かきで辛苦しているとき、「地球温暖化なんて、いったい何の冗談だよ!」と悪態をつきながらやっていましたが、それを喧伝している連中の首根っこ掴まえて強制連行して除雪を手伝わせたい気分でしたな。
> そもそも、自分の実体験(東京在住時代)からして、人間は、暑くたって、水分補給さえ適宜行っていれば最悪でも死にはしません。 高校卒業して就職で上京し、約10年ほどエアコン無しのボロアパート住まい(※定収入はあったけど、舞台演劇をしていて、それに金を持ち出しで貧乏でした)での自分自身での人体実験による間違いない事実です。 しかし、寒気は間違いなく人名に関わります。体が冷えれば抵抗力が低下して危険になるのは、現在の自分がまさに直面していることです。
>
> ペルシャ湾岸や、インド•パキスタンの砂漠地帯のようなところでの熱波は、どうなのか知りませんが、人間が生きるには温かい方が良いのだと確信しております。
> だから自分は「地球温暖化大歓迎」ですわ。

 北海道だと忘年会や新年会の帰りに酔っぱらって道で寝込んで凍死という事件が時々起きていますから、寒さで人が死ぬことは自明ですが、東北以南の人達には全くこの発想がないようですね。

 胆振沖地震のブラックアウトだって9月だったから良かったようなモノの、あれが冬なら大変な死者が出たでしょう。
 そういう事もピンとこないのでしょうね。
>
> >樺太からパイプラインを引くことは
>
> 我が国が海により、外国から適当な距離を取れているという、天与の恩恵に感謝すべきです。 だからこそ樺太からのパイプラインは勿論のこと、日韓海底トンネルなんて阿呆な話は断固排撃すべきです。そんなものは、特亜三馬鹿国からの奇襲開戦ゲートにほかならないですからな。
> そんなもの特亜三国

 島国ってホントに安全なんですよね。
 そのメリットをドブへ捨てるような馬鹿な事はするべきじゃないのです。


  1. 2022-03-06 10:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 国内の売国奴

> 橋本氏や反社会的テレビ局テレビ朝日の反社員玉川氏が命大事…国土など二の次的な発言をしています。本当に恐ろしい連中です。台湾、尖閣、沖縄と自分たちの物にしようとしている中国にとって大事な連中です。米国と安保同盟を結んでいるが今のバイデン見ていると本当に大丈夫か心配です。特に核攻撃をちらつかされたらスタコラ在日米軍の撤退を決めかねません。その時、あの連中(れいわ山本、青木、橋本、玉川、辻本、山口恐授等)があいつの意を受けて命大事!国土は二の次!とあらゆるマスコミを総動員してプロパガンダを広めようとするだろう。ウクライナ侵略を見て他人事ではなく身近に迫った脅威としてお花畑からの脱却が必要である。情けない自民党に在する有志が自民党をコントロールして、スパイ防止法、憲法9条改正、核保有の議論等今この時に実施すべきです。

 ホントに何とも奇妙な連中ですね。
 
 こういうのを見ると、やっぱりちゃんと大学で軍事や国防をきっちり教えるべきだと思います。
  1. 2022-03-06 10:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

戦後代表的な文化人の「山口瞳」は叫んでいた

>(文庫「木槿の花」収載「私の根本思想」)
 いわゆるタカ派の金科玉条とするものは、相手が殴りかかってきたときに、お前は、じっと無抵抗でいるのか、というあたりにある。然り。オー・イエス。私一個は、無抵抗で殴られているだろう。あるいは、逃げられるかぎりは逃げるだろう。

>私は、日本という国は亡びてしまってもいいと思っている。皆殺しにされてもいいと思っている。かつて、歴史上に、人を傷つけたり殺したりすることが厭で、そのために亡びてしまった国家があったといったことで充分ではないか。(略)

>二兆九千四百三十七億円という防衛費を「飢えるアフリカ」に進呈する。専守防衛という名の軍隊を解散する。日本はマルハダカになる。こうなったとき、どの国が、どうやって攻めてくるか。その結果がどうなるか。

>どの国が攻めてくるのか私は知らないが、もし、こういう国を攻め滅ぼそうとする国が存在するならば、そういう世界は生きるに価しないと考える。私の根本思想の芯の芯なるものはそういうことだ。

山口瞳よ、ウクライナ人に云ってみたら?
  1. 2022-03-06 10:40
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 武力が伴わない外交はない

> 西側諸国のくだらないグローバリズムにより、東欧や他の国の国粋主義を理解できなくなったことで、西欧諸国は今回のロシアの行為が寝耳に水となったわけです。トランプ大統領はこういうことは起こりうるとロシアにも中国にも北朝鮮にも目を向けていましたからね。政治家をやったことがないのに、トランプ大統領の外交力は凄いと今更思います。
>
> パレスチナとイスラエルの紛争などがあると、いちいち口出ししてきて取り持というというお節介がいくらでも居る国連が、ロシアとウクライナ仲裁をする能力のあるリーダーがどこにもいないというのが本当に情けない。
>
> イスラエルのように理性のある国と違ってロシアはプーチンですから。彼は諸外国が何を言おうと何もできないと解っているので、仲裁になんか耳を傾けません。世界最強の国であるはずのアメリカも、よぼよぼ歩いてるだけの耄碌爺など何の役にも立ちませんからね。

 ホントにトランプ大統領の外交は凄かったです。
 トランプ大統領とすれば、アメリカ政府が海外のトラブルにかまけるではなく、アメリカ国民の生活第一の政策に専念する為にも、プーチン始め世界中の独裁者たちを、抑え込めるような体制を作ろうとしていたのだと思います。
 そしてそれを地道の実現していったのです。
 
 ところがそれがアメリカ国内にもそれが気に入らない人達が多数いたのは非常に残念です。

> 今アメリカの石油高騰はひどいものです。車社会のカリフォルニアでは毎日のように上がるガソリン代で皆悲鳴をあげています。40年以上もなかったインフレがいまや7%とか8%とか、買い物いく度にちょっとしか買ってないのにすぐ1万円以上。外食したら二人で8千円とか普通ですよ。引退真近い私としてはとても不安です。

 日本のこの数か月で急に食料品など身近な製品の値上げが目立つようになりました。
 
 それでなくてもコロナによる生産や物流のダメージが回復していないのに、脱炭素で石油と天然ガスの生産を減らしたのですから、物価が上がるのは当然なのです。
 
 この上、エネルギー価格が上がったら、脱炭素を煽ってきたバイデン政権は持たない・・・・。
 だからウクライナに侵攻しても、バイデン政権は紛争の早期終結によるエネルギー価格の安定を、ウクライナの運命より優先する。
 
 プーチンはそう読んだのでしょうね。
 ホントにまずいです。
>
> リベラルメディアですら、バイデン政権に国内での資源発掘を再開してはどうかという質問に、緊急事態で永久的な解決策を考えるべきではない、という頓珍漢な話をしています。長い目でみて自給自足が出来なければ、将来もこういう状況が防げなくなるということが解ってない。もうどうしようもない政権です。

 ホントに頓珍漢ですね。
 尤も岸田首相はエネルギー価格の高騰に対して「国民の皆様はエネルギーの節約に努めてください」というだけなので、これも唖然とするしかありません。
  1. 2022-03-06 10:57
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 広島県出身の首相

> 首相が広島出身だからとか言って、非核三原則だの言ってますね。
> まるで野党の首相みたいなふぬけだったんですね。
> 情けなさが漂ってます、凄い心もとなさで失望してます。
> 短期に交代した方がいい、菅首相の方が首相に向いていると思ってます。

 ワタシも菅さんに代わってほしいです。
>
> プーチン大統領、トム・クルーズの映画「ラストサムライ」を彷彿させます、映画を見てるかもしれませんね。
> 冷戦後の最後の武闘派大統領なのですね。

 ロシア軍がウクライナから撤退しても、ロシアには大したダメージにはなりません。 それでNATO軍がロシアに攻め込むわけもないし、領土を喪う事もありません。
 
 むしろ早く撤退しないとロシア経済が破綻して、ロシア国民が苦しむばかりです。

 でもプーチン政権は倒れ、プーチンは権力を喪うでしょう。
 だからプーチンは手段を択ばずにウクライナを攻撃しているのです。 
 
 我が身可愛さで頑張っているのです。
  1. 2022-03-06 11:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 戦後代表的な文化人の山口薫は叫んでいた

> >(文庫「木槿の花」収載「私の根本思想」)
>  いわゆるタカ派の金科玉条とするものは、相手が殴りかかってきたときに、お前は、じっと無抵抗でいるのか、というあたりにある。然り。オー・イエス。私一個は、無抵抗で殴られているだろう。あるいは、逃げられるかぎりは逃げるだろう。
>
> >私は、日本という国は亡びてしまってもいいと思っている。皆殺しにされてもいいと思っている。かつて、歴史上に、人を傷つけたり殺したりすることが厭で、そのために亡びてしまった国家があったといったことで充分ではないか。(略)
>
> >二兆九千四百三十七億円という防衛費を「飢えるアフリカ」に進呈する。専守防衛という名の軍隊を解散する。日本はマルハダカになる。こうなったとき、どの国が、どうやって攻めてくるか。その結果がどうなるか。
>
> >どの国が攻めてくるのか私は知らないが、もし、こういう国を攻め滅ぼそうとする国が存在するならば、そういう世界は生きるに価しないと考える。私の根本思想の芯の芯なるものはそういうことだ。
>
> 山口薫よ、ウクライナ人に云ってみたら?

 この理屈だと、日華事変や満州事変では中国人は日本軍に抵抗してはいけないはずです。 
 ベトナム戦争時には、ベトナム人はアメリカに抵抗してはいけないはずです。

 ドイツ軍が侵攻したらポーランドもソ連も直ぐに降伏すればよかったのです。

 ところが連中はこれにつては抵抗した国や国民を非難しないんですよね?
  1. 2022-03-06 11:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

(誤)山口薫→(正)山口瞳

よもぎ猫さん
スミマセン、訂正願いますか、ごめんなさいお願いします。
  1. 2022-03-06 11:15
  2. URL
  3. トラウマ #-
  4. 編集

Re: (誤)山口薫→(正)山口瞳

> よもぎ猫さん
> スミマセン、訂正願いますか、ごめんなさいお願いします。

 申し訳ありません。
 投稿済みのコメントは削除はできますが、訂正はできません。
 
 でもここで訂正すれば大丈夫だと思います。
  1. 2022-03-06 11:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

山口瞳って

此の有名は話以外にこの人の事は良く知りませんでした。
ネットで見ると思想家でも学者でも哲学者でも小説家でもない、唯の元気の良い業界のコピーライターでしたね。
写真を見るとかなり人間関係でバイタリティとか在って、下唇をとがらせて対人的には戦闘的な人の様で、内省的な人には見えませんね。
この人が思想的、哲学的に日本の事を推考していたようには思えません、社会の機微に盗り付く言葉を掴んだんでしょうね。
こんなコピーライターが自虐反省猿の戦後思想を、延々と日本社会で蔓延らせてきていたんですね。
これって今の韓国の反日思想とおなじで、この様に日本の戦後社会に巣食っていた宣伝やが社会の思想を醸成していたんですね。
  1. 2022-03-06 12:05
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

チャーチルは、ミュンヘン会談で英仏が戦争回避のためにヒトラーに譲歩して、チェコのズデーデン地方の併合を認め、それがチェコの解体、第二次世界大戦へとつながった事について、「平和主義が戦争を起こす」と喝破しました。
軍事的拮抗が消滅した時に戦争が起きるわけですが、一見無駄に見える軍事費も平和維持の費用と割り切るしかないわけです。
平和とはカネがかかるものですが、現実に戦争になれば、人命や資源が失われ、経済的損失も大きいわけで、そうした損失と比較したら国防費は、安いものなのです。
  1. 2022-03-06 13:11
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #3xyvIT1M
  4. 編集

>文庫「木槿の花」収載「私の根本思想」

木槿(ムクゲ)…。
なるほどね。
  1. 2022-03-06 13:47
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

>山口瞳

亡きご隠居さんが、かつてブログで、「サントリー商品を不買にしている」と何度か書いておられましたな。その理由に、この山口瞳なる人物の存在を挙げておられました。それを目にした当時、自分はさして注意はしていなかったのですが、今調べたらこの人物、サントリーの社員で広報•宣伝の仕事を担当していたのですな。
なるほどそういう事だったのかと………。 こういうフザケタ奴が宣伝を担っている企業の商品なら、不買したくもなるでしょう。
  1. 2022-03-06 14:26
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

こんにちは

ブログの再開嬉しいです。
身近な存在を亡くしたとき、悲しみは時とともに癒えますが、さみしさは募るようです。でもその時、楽しかった思い出が救いとなります。私の経験です。

ここまでのロシア侵略関連の三回のブログを拝見して、私が疑問に思ったことが色々とわかってきたように思います。ご存知のように私もプーチンは侵略を決断しないと予想しておりましたので。

プーチンだけでなくバイデンも当てが外れて焦っているのでしょうかね?両者とも急速に自国内での支持を失っているようですし。

ご紹介の動画は「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」でもモンクさんがコメントしてましたね。
この動画をUPした人は、第二次世界大戦の終戦間際にソ連が日本にしたことを知らないんでしょうか。その後ソ連が自国民を支配した共産党独裁政治を知らないんでしょうか。プーチンがKGB出身だということを知らないんでしょうか。
動画の中で言ってますが「ロシアのプロパガンダ」と言われても致し方ないでしょう。

すさんだ話題ばかりで気持ちが暗くなりがちですが、よもちゃんの愛らしい写真を見ると癒されます。

勝手なお願いですがどうぞこれからもブログを続けてください。できれば写真もお願いします。
  1. 2022-03-06 16:19
  2. URL
  3. 月の猫 #-
  4. 編集

ドイツ社民党

>ロシアのウクライナ侵攻直後に、ドイツ首相が防衛予算をGDPの2%まで上げると言い出しました。 

この件のドイツ首相シュルツ氏。他にも外交・エネルギー面におけるロシア・中国偏重の見直しを打ち出してまして、一体どこの保守・右派政治家、政党の人なのか?と思いきや、社会民主党の人なんですよね。
社会民主党ですよ。しつこいけど社・会・民・主・党出身の首相、指導者ですよ。

おまけに連立しているのは「緑の党」、緑・の・党ですよ。このバリバリの左派、左翼政権じゃんか、いかに現実の状況が状況とはい左派政治家や左翼政党が防衛予算大幅増額て言い出す・・という事実、事態に個人的には興味を惹かれましたね。
緑の党なんて、ある面では立憲民主より左傾した政党ですが、この件で揉めたとか暴れた・・という話も聞きません。

日本で立憲民主党と社民党(日本の)やられいわ新選組やらが連立政権組んだとして、こんな姿勢の変換なんて考えられるんでしょうか?

確かにお花畑だったのは日本だけではなく、ある部分では日本より酷いことはわかりました。
でも、やっぱり日本とか日本人の「平和主義」って特殊ですよ。

欧州の平和ボケとかお花畑は賛同はできなくても、それなりに事情やワケは理解できますが、日本の自称「平和主義者」とか9条信者のいうことは、本当に「何いってんのかわかんないよー」で、もう意見とか立場というよりは「信仰」に近いんだもん、それも日本以外では全く理解されそうにない類の。

あれだけドイツとかメルケルやらを褒めまくった日本の左派メディア、左派政治家は今こそドイツを見習え!!なんでないの?と
思うのですが、それはないかな?ないだろうなぁ・・。






  1. 2022-03-06 18:49
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

ロシアのウクライナ侵攻ですが自分が思うにはロシアはえらく自制的だと思ってます。こんな事言うと疑問を持たれる人が多いと思いますが、今回の侵攻はロシアの伝統的な軍事ドクトリンに相当に反するものだからです。

おそらく最初は48時間程度でゼレンスキーを捕らえるか殺害するかして、政権を転覆してさっさと引き上げるというのがベストシナリオだったはずです。つまりウクライナ全土のミサイル攻撃をして一時的に軍事能力を麻痺させキエフ近郊のゼレンスキーの潜伏場所を狙って空挺作戦を行ったのでしょう‥おそらく情報漏洩でしょう。これで失敗したから一時的に下がったのです。

これで一応はウクライナ側が停戦交渉に出てきたのですが、ここで融和的なことを言うわけがありません。当たり前に降伏条件というのが連中の考えです。まあ、その後が当たり前の侵攻となるわけですが、ここでも微温的と言っていい。」が約に言えば無理してないということです。ロシアのドクトリンならば徹底的な準備砲撃と空爆により地上軍にダメージを与えテカから進行してくるのが当然です。活かしそれを全くと行っていいほどやっていない。

都市攻撃というのは攻める方も守る方も面倒なものですがわざと時間を与えて避難を促してるようにさえ見えます。ここ1週間ほどで135万人が国外に出たとのことですがこレは、鉄道や道路をほとんど攻撃してないということです。ウクライナのテレビ塔をミサイル攻撃する絵が出ましたが、あんなこと本来は準備砲撃中にやっとくべ、きことです。なんだかんだ言いながら大規模なブラックアウトが起きていません。皆当たり前のように報道してますがなぜ、国外からキエフに連絡ができるんでしょうか。皆不思議に思わないのだろうか。それから国内につての大規模な空爆が報道されていません。ロシア軍がこんなぬるい戦争をするなんて自分は信じられません。とにかく無理をしていなかったというのが今の所の印象です。

ゼレンスキーも何を馬鹿なことを言ってるのでしょうか。非常事態宣言や戒厳令総動員令の時期を調べてみればいい‥この馬鹿。ロシアが攻めてくることはないと先月半ばまで信じてたことは明らかです。まあロシアの世論は今回に関しては反戦は当然です。ただ方向性がぜんぜん違う。戦争をしたらウクライナが戻ってくることはないし、西側を刺激して酷いことになる、だから止めてくれなんです。でもプーチンにしてみればここで殴っておかないと彼奴等は分からないはずだという所でしょう。

ゼレンスキーの馬鹿は間際になってようやく総動員令ですがこれどうする気なんでしょう。これはもっと前にやっとくべきことなんですよ。半年以上遅すぎます。甘えてるとしか言えません。NATOの存在意義を考えたら、自分たちが核戦争にはまり込むような選択をするわけがありません。独仏仲介のミンスク合意はウクライナはおそらく飲めないものですがあとからひっくり返そうとしてもそんなの認められるわけもない。そのうえ間際になって男は銃をとってロシアに対抗しろですか。こいつ国際法わかってるんだろうか。きちんと国土防衛隊などの組織をし徽章などを与えないとロシア軍に捕らえられても捕虜として遇してもらえません。それでも随分抵抗したと言ってるようですがどうなんだろう。

ウクライナ軍の精鋭はおそらく東部にいるはずです。そこの戦闘がおそらく一番激しいはずです。何しろ避難民のうち5万人はロシアに逃れてるのですから。まともに考えれば首都と大統領を守るために集中すべきでそういう起動をして当然なのにそれをしていない。ハリコフなどの大都市はフリーシティを宣言して兵力を集中し首都防衛に出るべきなんですが、そういう動きもない。

自分などはゼレンスキーにもっと真面目に戦争をやれと言いたいところです。国外の支持はとにかく第一発を殴ったロシアが悪いで終わりですが前政権以前お約束を履行しない、被害者ヅラして国外の同情を買おうとする、やってることが韓国人と同じです。とにかく国防をとことん甘く見てる。このあたり何も言えません。

何かロシア軍が原発を抑えるといかにも事故や放射能汚染とか問題にしてますがウクライナが意図的に意図的に放射性廃棄物を漏洩させたらどうなるでしょう。何か皆可愛そうなウクライナ、横暴なロシアでアイツラは何するか分からないという論調ばかりです。馬鹿言っちゃあいけない、とにかく一番最初に抑える拠点でしょう。おそらくそのあたりの問題もあるんでしょう。おそらくできる限り電気を落とさないようにして動いてるようです。

プーチンは核開発を疑ってるようですが、国際的な武器の不法輸出にウクライナの連中が関与してるのは有名な話で、下手に核を持たれるととんでもないことになりかねないのです。このあたりも韓国人と一緒です。おそらくNATOとかEUとか言ってますが狙いはアメリカのみでしょう。カクバイデンあたりも下手に武器供与なんてやったら死者が増えるだけなのですがそのあたりはどうなんだろう。習近平あたりが一番喜んでんじゃあないだろうか。

21世紀に入ってからアメリカの特に民主党が関与したナンタラ革命などというものはマトモなものであった試しはありません。本当に迷惑な連中です。

いま日本国内でロシアを非難しウクライナ支援を訴えてる連中は皆憲法9条の改正に賛成なのでしょうね。皮肉ではなく聞きたいところです。

この戦争の見通しは分かりませんが、キエフが陥落しゼレンスキーがどうにかなればそれで終わりでしょう。それまでロシアの経済がも持つかどうかですが破綻すればロシアでも政変でしょう。このときあたりに北方領土を札びら切って買うくらいのことをする総理はいませんかねえ。

すべてが終われば本当に馬鹿なことばかりやりやがって、で終わりでしょう。

戦争はもっと真面目にやってもらいたいと思います。


  1. 2022-03-06 20:33
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

真相はいかに…?

今回のロシアによるウクライナ侵攻については「じつはプーチンこそが巨悪と戦う正義のヒーローなのだ!」という見方には賛同できないものの、かといって「頭の狂ったプーチンが、何の落ち度もないウクライナを侵略した。」という西側諸国の見方にも納得できないものがありました。

kazkさんが以前のコメントで「ウクライナは、ロシアから自国を通ってヨーロッパに繋がるパイプラインから、石油やガスを抜き取っていた。」書いていましたが、そのニュースは私も見たことがあります。またウクライナは、ロシアから自国に輸出された石油やガスの代金も、たびたび踏み倒していたようです。

つまりウクライナは「俺たちが西側に付いたら、おまえら困るだろ?」と、ずっとロシアの足元を見るような態度を取っていたわけです。確かにこれは、韓国が日本に対して取っている態度に似てますね。

プーチンとしては「それでも最終的にはロシアの側に付くなら我慢もするけど、向こう側に付くなら許さん!!」といったところでしょうか? (プーチンの頭の中を想像しているだけで、決して彼を擁護しているわけではありません。)

ちなみに「ロシア軍が原発を攻撃した!」として、西側メディアで繰り返し流されている映像ですが、ネットで「あれは照明弾で、あんなモノでは原発はビクともしない。はじめからロシア軍には原発を破壊する意図などない。自分も被曝するのに、近距離から攻撃するわけがない。」という解説も見かけました。私には軍事や兵器、原発の構造のことは全くわからないので、ガセネタを掴まされただけかもしれませんが…。

最後に…ロシアの立場が悪くなることで、日本が有利になるなら、それはそれで構いませんが、一般に云われている事と事実が異なるなら、私は事実を知りたいです。
  1. 2022-03-07 08:12
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 山口瞳って

> 此の有名は話以外にこの人の事は良く知りませんでした。
> ネットで見ると思想家でも学者でも哲学者でも小説家でもない、唯の元気の良い業界のコピーライターでしたね。
> 写真を見るとかなり人間関係でバイタリティとか在って、下唇をとがらせて対人的には戦闘的な人の様で、内省的な人には見えませんね。
> この人が思想的、哲学的に日本の事を推考していたようには思えません、社会の機微に盗り付く言葉を掴んだんでしょうね。
> こんなコピーライターが自虐反省猿の戦後思想を、延々と日本社会で蔓延らせてきていたんですね。
> これって今の韓国の反日思想とおなじで、この様に日本の戦後社会に巣食っていた宣伝やが社会の思想を醸成していたんですね。

 ワタシは高齢者特権で70年代の世相をよく覚えています。
 そういえばあのころは、この種の妄想平和論を語らない人間は知性も教養もないというような扱いでした。
 
 これはベトナム戦争で始まったアメリカでの反戦運動がきっかけだったと思います。 というのはその少し前までは、週刊少年漫画誌に必ず日本軍をヒーローとする戦争漫画が掲載されていたり、「怪傑ハリマオ」や「ゼロ戦隼人」がテレビドラマ化して放映されたりしていたのです。

 それが60年代後半から一転して、反戦平和一色になり「ゼロ戦はやと」はなかったことにされてしまいました。
 
 一方、流行作家や芸能人が皆「反戦平和」を叫ぶようになりました。
 そういう時代でした。
  1. 2022-03-07 09:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> チャーチルは、ミュンヘン会談で英仏が戦争回避のためにヒトラーに譲歩して、チェコのズデーデン地方の併合を認め、それがチェコの解体、第二次世界大戦へとつながった事について、「平和主義が戦争を起こす」と喝破しました。
> 軍事的拮抗が消滅した時に戦争が起きるわけですが、一見無駄に見える軍事費も平和維持の費用と割り切るしかないわけです。
> 平和とはカネがかかるものですが、現実に戦争になれば、人命や資源が失われ、経済的損失も大きいわけで、そうした損失と比較したら国防費は、安いものなのです。

 NATO軍がロシアを圧倒する軍事力を維持していれば、プーチンはこんなウクライナ侵攻なんか絶対にしなかったでしょうからね。
 
 真面目な話、今のロシアにとって一番の敵は中国でしょう?
 中国はドンドン軍拡をして、本来ロシアの裏庭だった中央アジアに手を伸ばしています。 それ以前にネルチンスク条約で喪ったロシア沿海州の奪還を公言しているのです。
 
 それでもウクライナに手を出したのは、NATOが弱体化している上、エネルギーをロシアに頼っているので、ウクライナに侵攻しても何もできないと踏んだからでしょう。

 逆に言えばホントに危険な中国には何もできないので、中国とロシアの間には「平和」と「友好」が維持できているのです。
  1. 2022-03-07 09:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >文庫「木槿の花」収載「私の根本思想」
>
> 木槿(ムクゲ)…。
> なるほどね。

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。
  1. 2022-03-07 09:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >山口瞳
>
> 亡きご隠居さんが、かつてブログで、「サントリー商品を不買にしている」と何度か書いておられましたな。その理由に、この山口瞳なる人物の存在を挙げておられました。それを目にした当時、自分はさして注意はしていなかったのですが、今調べたらこの人物、サントリーの社員で広報•宣伝の仕事を担当していたのですな。
> なるほどそういう事だったのかと………。 こういうフザケタ奴が宣伝を担っている企業の商品なら、不買したくもなるでしょう。

 そういえば昔、サントリーは凄く洗練されたCMを放映していました。 まだモノクロ放送の時代ですが、当時のCMの中では抜きんでた映像で、未成年でウィスキーには全く縁のなかったワタシも覚えています。

 しかし山口瞳はこれらのCMに関わって流行作家になったわけですね。
  1. 2022-03-07 09:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは
>
> ブログの再開嬉しいです。
> 身近な存在を亡くしたとき、悲しみは時とともに癒えますが、さみしさは募るようです。でもその時、楽しかった思い出が救いとなります。私の経験です。

 ありがとうございます。
 
 夕べ、ワタシの部屋によもちゃんがいる夢を見ました。 喜んで抱っこしたら、柔らかく温かい毛皮の手触りと、よもちゃんの体の重みがはっきりと感じられたので、ワタシは「神様がよもちゃんを返してくれたのだ!」と思って大喜びしたのですが、でもそれはよもちゃんに似た別の猫だとわかり、胸が痛くなり目が覚めました。
 
 結構立ち直った心算だったのですが、やっぱり悲しみから逃げられません。
 でも大丈夫です。
 そんな調子でもよく食べ良く寝ているのですから。

> ここまでのロシア侵略関連の三回のブログを拝見して、私が疑問に思ったことが色々とわかってきたように思います。ご存知のように私もプーチンは侵略を決断しないと予想しておりましたので。
>
> プーチンだけでなくバイデンも当てが外れて焦っているのでしょうかね?両者とも急速に自国内での支持を失っているようですし。
>
 プーチンが侵攻を開始したら、早速バイデンはゼレンスキーに逃亡用の飛行機を用意すると申し出ました。 
 なんかもう阿吽の呼吸というか、プーチンが攻撃したら、速攻でゼレンスキーは逃亡し、ウクライナは抵抗をやめ、ロシアの傀儡政権ができて、西欧諸国はクリミア併合の時と同レベルの適当な制裁で済ませて、これまで通りロシアから資源を買い続け、脱炭素利権を守るというシナリオができたのでは?と思ってしまいます。

 ところがゼレンスキーの抵抗でそのシナリオが完全に狂ったのです。
 
> ご紹介の動画は「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」でもモンクさんがコメントしてましたね。
> この動画をUPした人は、第二次世界大戦の終戦間際にソ連が日本にしたことを知らないんでしょうか。その後ソ連が自国民を支配した共産党独裁政治を知らないんでしょうか。プーチンがKGB出身だということを知らないんでしょうか。
> 動画の中で言ってますが「ロシアのプロパガンダ」と言われても致し方ないでしょう。

 あの動画はプーチンのプロパガンダが綺麗にまとまっているのですが、動画をアップした人は見事にそれに乗せられています。
 
 そもそもミンスク合意違反がどうあれ、力による現状変更は許されないのですが、あの動画のアップ主はそれが理解できていないようです。
 でもああやって見事に乗せられている人がいるという事は、あの種のプロパガンダもそれなりの効果はあるという事でしょうね。
>
> すさんだ話題ばかりで気持ちが暗くなりがちですが、よもちゃんの愛らしい写真を見ると癒されます。
>
> 勝手なお願いですがどうぞこれからもブログを続けてください。できれば写真もお願いします。

 ありがとうございます。 
 よもちゃんも喜んでいると思います。
 
 もう新しい写真は撮れないけれど、昔の写真を探してみます。
  1. 2022-03-07 09:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ドイツ社民党

> >ロシアのウクライナ侵攻直後に、ドイツ首相が防衛予算をGDPの2%まで上げると言い出しました。 
>
> この件のドイツ首相シュルツ氏。他にも外交・エネルギー面におけるロシア・中国偏重の見直しを打ち出してまして、一体どこの保守・右派政治家、政党の人なのか?と思いきや、社会民主党の人なんですよね。
> 社会民主党ですよ。しつこいけど社・会・民・主・党出身の首相、指導者ですよ。
>
> おまけに連立しているのは「緑の党」、緑・の・党ですよ。このバリバリの左派、左翼政権じゃんか、いかに現実の状況が状況とはい左派政治家や左翼政党が防衛予算大幅増額て言い出す・・という事実、事態に個人的には興味を惹かれましたね。
> 緑の党なんて、ある面では立憲民主より左傾した政党ですが、この件で揉めたとか暴れた・・という話も聞きません。
>
> 日本で立憲民主党と社民党(日本の)やられいわ新選組やらが連立政権組んだとして、こんな姿勢の変換なんて考えられるんでしょうか?
>
> 確かにお花畑だったのは日本だけではなく、ある部分では日本より酷いことはわかりました。
> でも、やっぱり日本とか日本人の「平和主義」って特殊ですよ。
>
> 欧州の平和ボケとかお花畑は賛同はできなくても、それなりに事情やワケは理解できますが、日本の自称「平和主義者」とか9条信者のいうことは、本当に「何いってんのかわかんないよー」で、もう意見とか立場というよりは「信仰」に近いんだもん、それも日本以外では全く理解されそうにない類の。
>
> あれだけドイツとかメルケルやらを褒めまくった日本の左派メディア、左派政治家は今こそドイツを見習え!!なんでないの?と
> 思うのですが、それはないかな?ないだろうなぁ・・。

 隣家の火事と対岸の火事の違いはあると思います。
 何といっても日本からウクライナは遠いですが、ドイツからすれば隣家です。

 それに日本の左翼にとって最大の敵は日本ですからね。 
 だからワタシは朝日新聞や左翼が揃って軍拡や愛国を言い出したら、ホントに怖いと思っています。
 
 
  1. 2022-03-07 09:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ロシアのウクライナ侵攻ですが自分が思うにはロシアはえらく自制的だと思ってます。こんな事言うと疑問を持たれる人が多いと思いますが、今回の侵攻はロシアの伝統的な軍事ドクトリンに相当に反するものだからです。
>
> おそらく最初は48時間程度でゼレンスキーを捕らえるか殺害するかして、政権を転覆してさっさと引き上げるというのがベストシナリオだったはずです。つまりウクライナ全土のミサイル攻撃をして一時的に軍事能力を麻痺させキエフ近郊のゼレンスキーの潜伏場所を狙って空挺作戦を行ったのでしょう‥おそらく情報漏洩でしょう。これで失敗したから一時的に下がったのです。
>
> これで一応はウクライナ側が停戦交渉に出てきたのですが、ここで融和的なことを言うわけがありません。当たり前に降伏条件というのが連中の考えです。まあ、その後が当たり前の侵攻となるわけですが、ここでも微温的と言っていい。」が約に言えば無理してないということです。ロシアのドクトリンならば徹底的な準備砲撃と空爆により地上軍にダメージを与えテカから進行してくるのが当然です。活かしそれを全くと行っていいほどやっていない。
>
> 都市攻撃というのは攻める方も守る方も面倒なものですがわざと時間を与えて避難を促してるようにさえ見えます。ここ1週間ほどで135万人が国外に出たとのことですがこレは、鉄道や道路をほとんど攻撃してないということです。ウクライナのテレビ塔をミサイル攻撃する絵が出ましたが、あんなこと本来は準備砲撃中にやっとくべ、きことです。なんだかんだ言いながら大規模なブラックアウトが起きていません。皆当たり前のように報道してますがなぜ、国外からキエフに連絡ができるんでしょうか。皆不思議に思わないのだろうか。それから国内につての大規模な空爆が報道されていません。ロシア軍がこんなぬるい戦争をするなんて自分は信じられません。とにかく無理をしていなかったというのが今の所の印象です。
>
> ゼレンスキーも何を馬鹿なことを言ってるのでしょうか。非常事態宣言や戒厳令総動員令の時期を調べてみればいい‥この馬鹿。ロシアが攻めてくることはないと先月半ばまで信じてたことは明らかです。まあロシアの世論は今回に関しては反戦は当然です。ただ方向性がぜんぜん違う。戦争をしたらウクライナが戻ってくることはないし、西側を刺激して酷いことになる、だから止めてくれなんです。でもプーチンにしてみればここで殴っておかないと彼奴等は分からないはずだという所でしょう。
>
> ゼレンスキーの馬鹿は間際になってようやく総動員令ですがこれどうする気なんでしょう。これはもっと前にやっとくべきことなんですよ。半年以上遅すぎます。甘えてるとしか言えません。NATOの存在意義を考えたら、自分たちが核戦争にはまり込むような選択をするわけがありません。独仏仲介のミンスク合意はウクライナはおそらく飲めないものですがあとからひっくり返そうとしてもそんなの認められるわけもない。そのうえ間際になって男は銃をとってロシアに対抗しろですか。こいつ国際法わかってるんだろうか。きちんと国土防衛隊などの組織をし徽章などを与えないとロシア軍に捕らえられても捕虜として遇してもらえません。それでも随分抵抗したと言ってるようですがどうなんだろう。
>
> ウクライナ軍の精鋭はおそらく東部にいるはずです。そこの戦闘がおそらく一番激しいはずです。何しろ避難民のうち5万人はロシアに逃れてるのですから。まともに考えれば首都と大統領を守るために集中すべきでそういう起動をして当然なのにそれをしていない。ハリコフなどの大都市はフリーシティを宣言して兵力を集中し首都防衛に出るべきなんですが、そういう動きもない。
>
> 自分などはゼレンスキーにもっと真面目に戦争をやれと言いたいところです。国外の支持はとにかく第一発を殴ったロシアが悪いで終わりですが前政権以前お約束を履行しない、被害者ヅラして国外の同情を買おうとする、やってることが韓国人と同じです。とにかく国防をとことん甘く見てる。このあたり何も言えません。
>
> 何かロシア軍が原発を抑えるといかにも事故や放射能汚染とか問題にしてますがウクライナが意図的に意図的に放射性廃棄物を漏洩させたらどうなるでしょう。何か皆可愛そうなウクライナ、横暴なロシアでアイツラは何するか分からないという論調ばかりです。馬鹿言っちゃあいけない、とにかく一番最初に抑える拠点でしょう。おそらくそのあたりの問題もあるんでしょう。おそらくできる限り電気を落とさないようにして動いてるようです。
>
> プーチンは核開発を疑ってるようですが、国際的な武器の不法輸出にウクライナの連中が関与してるのは有名な話で、下手に核を持たれるととんでもないことになりかねないのです。このあたりも韓国人と一緒です。おそらくNATOとかEUとか言ってますが狙いはアメリカのみでしょう。カクバイデンあたりも下手に武器供与なんてやったら死者が増えるだけなのですがそのあたりはどうなんだろう。習近平あたりが一番喜んでんじゃあないだろうか。
>
> 21世紀に入ってからアメリカの特に民主党が関与したナンタラ革命などというものはマトモなものであった試しはありません。本当に迷惑な連中です。
>
> いま日本国内でロシアを非難しウクライナ支援を訴えてる連中は皆憲法9条の改正に賛成なのでしょうね。皮肉ではなく聞きたいところです。
>
> この戦争の見通しは分かりませんが、キエフが陥落しゼレンスキーがどうにかなればそれで終わりでしょう。それまでロシアの経済がも持つかどうかですが破綻すればロシアでも政変でしょう。このときあたりに北方領土を札びら切って買うくらいのことをする総理はいませんかねえ。
>
> すべてが終われば本当に馬鹿なことばかりやりやがって、で終わりでしょう。
>
> 戦争はもっと真面目にやってもらいたいと思います。

 kazkさんのコメントで色々整理できた気がします。

 海上自衛隊の元提督伊藤俊幸氏も、ロシアの攻撃には軍事合理性がないと繰り返していました。 
 やっぱり軍事に詳しい人なら、誰が見てもオカシナ攻撃なのでしょうね。

 ウクライ軍はロシア軍に比べたら弱小ですが、それでもウクライナは人口4000万人、国土はフランスやドイツより広い大国です。 陸軍も兵士の数だけなら、ロシア軍の半分ぐらいはいるのですね。
 こういう国をホントに攻めるなら、ロシア側も国家総動員体制でないと無理でしょう?

 チェチェンやクリミアとは違うのです。

 でもロシアはロシア国内では、ロシア軍が展開しているのは東部2州だけだと報道していて、キエフやハリコフを攻撃している事は報道していなかったのです。
 
 これでこんな大国と戦争できるんですか?
 ホントにこんな大戦争するのなら、ロシア全体が「打倒、ウクライナ!!」で燃え上がり、イケイケムードにならないと無理じゃないですか?

 でもどう見てもロシアにはそんなムードはないでしょう?
 ウクライナの汚いやり口に腹を立てているにしても、それって保守派の日本人が沖縄左翼に憤っている程度じゃないですか?
 しかもウクライナはロシアの「まほろば」で、ウクライナ人とロシア人の違いなんて、関西人と関東人の違い程度です。

 これでキエフやハリコフを絨毯爆撃したりすることに、ロシア人の支持が得られるはずもないでしょう?

 だからプーチンはロシア国民に黙って開戦するしかなかったし、そうなると準備砲撃と爆撃で、キエフの街を瓦礫の山にするなんてできるはずもないでしょう?

 ワタシはプーチンは最初から、ロシアが攻撃をすると言ったらゼレンスキーは逃げて、それでウクライナの抵抗は終わると信じていたのだと思います。

 一方ゼレンスキーもホントに攻撃されるとは思っていなかったのでしょうね。
 だってロシア全体では反ウクライナで燃えているわけでもないのですから、戦争なんかできるはずもないという読みだったのでは?

 
  1. 2022-03-07 10:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 真相はいかに…?

> 今回のロシアによるウクライナ侵攻については「じつはプーチンこそが巨悪と戦う正義のヒーローなのだ!」という見方には賛同できないものの、かといって「頭の狂ったプーチンが、何の落ち度もないウクライナを侵略した。」という西側諸国の見方にも納得できないものがありました。
>
> kazkさんが以前のコメントで「ウクライナは、ロシアから自国を通ってヨーロッパに繋がるパイプラインから、石油やガスを抜き取っていた。」書いていましたが、そのニュースは私も見たことがあります。またウクライナは、ロシアから自国に輸出された石油やガスの代金も、たびたび踏み倒していたようです。
>
> つまりウクライナは「俺たちが西側に付いたら、おまえら困るだろ?」と、ずっとロシアの足元を見るような態度を取っていたわけです。確かにこれは、韓国が日本に対して取っている態度に似てますね。
>
> プーチンとしては「それでも最終的にはロシアの側に付くなら我慢もするけど、向こう側に付くなら許さん!!」といったところでしょうか? (プーチンの頭の中を想像しているだけで、決して彼を擁護しているわけではありません。)
>
> ちなみに「ロシア軍が原発を攻撃した!」として、西側メディアで繰り返し流されている映像ですが、ネットで「あれは照明弾で、あんなモノでは原発はビクともしない。はじめからロシア軍には原発を破壊する意図などない。自分も被曝するのに、近距離から攻撃するわけがない。」という解説も見かけました。私には軍事や兵器、原発の構造のことは全くわからないので、ガセネタを掴まされただけかもしれませんが…。
>
> 最後に…ロシアの立場が悪くなることで、日本が有利になるなら、それはそれで構いませんが、一般に云われている事と事実が異なるなら、私は事実を知りたいです。

 そうですね。
 それにウクライナは北朝鮮にミサイルを売ったり、中国に空母を売ったり、なんか怪しい事も一杯やっています。
 これはウクライナ人の総意ではなく、腐敗した政権がやったことだとは思いますが・・・・・。

 またプロパガンダ合戦は実はウクライナだってやっているのでしょう。
 被害情報やウクライナ軍の動きが全くニュースにならないのも奇妙ですし。

 だから安易な善悪判断はできないと思います。

 但しウクライナがいくら汚い事をやったとしても、ああいう形での侵攻はやはり侵略戦争としか言えません。 だからウクライナが抵抗すればプーチンには全く理がなくなります。

 プーチンはここを読み違えたのでしょうね。
  1. 2022-03-07 10:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

今朝のワイドショーでは小さい男の子が庭で遊んでいたときに(?)近くにミサイルが落ちて破片が頭部を直撃、病院で緊急手術、の映像が流れてました。
心肺停止らしく電気ショックのたびに小さい手足がビクンとするのが哀しくて哀しくて・・・やがてお母さんが泣き出して・・
でもこれを見てるということは、冷静に誰かが撮影しているのですよね。

最初から不思議だったのはどうしていつまでもウクライナからの映像が見れるのだろうということでした。
情報を映像込みで流してるウクライナ人(元日本在住)は「ウクライナの技術者ががんばってくれてるのでこうして日本の皆さんに話せます」と言ってるんですが

技術者ががんばってくれると可能なんでしょうか?

私はクリミアのときに小野寺さんが「本当に誰もわからないうちにあっという間に占領が終わってしまった。これからはこういう戦争の仕方があるんだと思い知った」
と言っておられたのが記憶に有ったのでウクライナの侵攻が始まった時には、クリミアと違って大きいんだから相当ちゃんと準備してるんだろうなと思っていたんですけど。


ウクライナも嫌なところがあるんだな、と今日は皆さんの記事でわかりましたけど
プーチンはそういうことを言わないのはなぜなんでしょう?
水掛け論になるからですか?
でもコソ泥めいたことやってた、なんてわかっただけでもちょっと印象違ってきますよね。

ネットの中では今朝ぐらいから少し落ち着いた見方も出てきています。

私は韓国の人が「なんで日本はそんなしゃかりきになってるの?」って感想が面白かったですwwいろんな意味で

  1. 2022-03-07 13:49
  2. URL
  3. カプチーノ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 今朝のワイドショーでは小さい男の子が庭で遊んでいたときに(?)近くにミサイルが落ちて破片が頭部を直撃、病院で緊急手術、の映像が流れてました。
> 心肺停止らしく電気ショックのたびに小さい手足がビクンとするのが哀しくて哀しくて・・・やがてお母さんが泣き出して・・
> でもこれを見てるということは、冷静に誰かが撮影しているのですよね。

 ワタシもあの種の映像は不可解です。
 しかもああいう個別の悲劇はいくつも報道されるのに、市民の死者数やインフラの被害など、国家的な被害の概要のようなモノは殆ど報道されていません。
 
 一人の子供が死ぬことは悲劇ですが、本格的な戦争なら一人二人の問題ではないはずです。 
 一体どうなっているんでしょうね?

 またゼレンスキーの姿は見えるのに、ウクライナ軍側の幹部も全く出てきません。 ウクライナ軍が今どうなっているかも非常に気になるのですが・・・・・。
 ロシアの方はまだ少し出ているのですが。
>
> 最初から不思議だったのはどうしていつまでもウクライナからの映像が見れるのだろうということでした。
> 情報を映像込みで流してるウクライナ人(元日本在住)は「ウクライナの技術者ががんばってくれてるのでこうして日本の皆さんに話せます」と言ってるんですが
>
> 技術者ががんばってくれると可能なんでしょうか?
 
 電気と通信インフラを維持しているという事でしょうね。
 電気が切れたら通信は不能になるし、スマホの中継施設などが破壊されたら、スマホを使っての発信も不可能になりますから。
>
> 私はクリミアのときに小野寺さんが「本当に誰もわからないうちにあっという間に占領が終わってしまった。これからはこういう戦争の仕方があるんだと思い知った」
> と言っておられたのが記憶に有ったのでウクライナの侵攻が始まった時には、クリミアと違って大きいんだから相当ちゃんと準備してるんだろうなと思っていたんですけど。

 クリミアの時はロシア側がハッキングして、クリミア国内の通信網や情報発信手段を全部潰したようです。 それでクリミアの住民も何もわからない間にロシア軍が来たそうです。

 でもあれから時代が変わり、ツィッターなど国際的なSNSが発信手段として発達した為、ロシアがウクライナからの情報発信を潰せなくなったという事のようです。
 
 例えばウクライナ大統領府から発信手段は既にロシアに破壊されているのですが、しかしゼレンスキー大統領はツィッターを使って発信しています。 これはロシアにも潰せないようです。
>
>
> ウクライナも嫌なところがあるんだな、と今日は皆さんの記事でわかりましたけど
> プーチンはそういうことを言わないのはなぜなんでしょう?
> 水掛け論になるからですか?
> でもコソ泥めいたことやってた、なんてわかっただけでもちょっと印象違ってきますよね。

 ウクライナがコソ泥をしても、それを全土侵略の理由にするのは無理です。

 何よりプーチンからすれば悪いのは「ネオナチ」のウクライナ政府、ウクライナ国民はロシア併合を歓迎という形にしたいのでしょう。
 そうしないとウクライナを併合する事が正当化できません。
 
 そしてプーチンの脳内では本気でウクライナ人がロシアの支配を歓迎していると信じていたのではないでしょうか? でなければああいう形での侵攻はしなかったと思います。 
>
> ネットの中では今朝ぐらいから少し落ち着いた見方も出てきています。
>
> 私は韓国の人が「なんで日本はそんなしゃかりきになってるの?」って感想が面白かったですwwいろんな意味で

 ホントはウクライナの運命って韓国にとってより切実なはずなんですけどね。

 ワタシはロシア文学が好きだったので、ロシア人に悪いイメージはなく、むしろ凄く好きですが、一方ロシア人には歴史的に暴君大好きという不可解な一面があり、それがイワン雷帝からスターリン、そしてプーチン支持につながっています。
 
 そしてワタシもプーチンは悪党でも非常に魅力的で賢い悪党と思っていたのですが、しかし今回のウクライナ侵略は完全にトチ狂っているとしか思えません。
 
 しかし狂人だからと言って放置できないから困ります。
  1. 2022-03-08 08:57
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ロシアのウクライナ侵略の私的雑感・国を守るとは?

よもぎねこさん、こんばんわ。

私が感じてる、ロシアのウクライナ侵略の雑感は、一つ目は、ダチョウ倶楽部の鉄板ネタの「押すなよ!押すなよ!いいか絶対に押すなよ!」と押す事を誘うネタに思えてなりません。

軍事力をチラつかせ、恫喝外交してる相手に、やるなよ!侵攻しても軍事的報復攻撃しないよ!って言われたら。。。
どうぞやって下さいと誘われてるのかと勘違いしてしまうのかも?

で、現実では、やってしまった訳ですけども、kazkさんが、ロシアのウクライナ侵攻を「ロシアはえらく自制的」とコメントされてますが、私から見たら、不可解な侵攻と見えています。

不可解というのは、米軍のピンポイント攻撃で要人・重要施設を電撃攻撃し、指揮系統の喪失を狙い、反撃の期を与えない・気を無くす様にするでしょう?
ロシアが軍事超大国なのですが、それは兵器数等ではそうなのかもしれないですが、実際の軍事攻撃による費用対効果の面では、現状今回の作戦を見た感じでは、とても一流軍事・戦略国には見えません。これは、米国や中国にしてみれば、大収穫の出来事ですよね。もう核以外は大した事無いと晒しちゃって訳ですからね。

勿論、米国のそれが、ずば抜けているので比較するのはそもそも無茶なのかもしれませんけど。ロシアというものの衰退が垣間見れた様にも思えます。
また近年の冬季五輪時にロシアが軍事行動を起こすという定説が証明されたのかな?


二つ目は、ロシアのウクライナ侵略により、誰が利するのかという面で、現状から考えてみますと、先ず米国は、正規自国兵の損害を出さない為に、大義名分が無いとの方便から、直接表立って反撃等していないですね、武器供与・経済制裁でがっぽり儲けてます、米国のLNG対EU輸出契約額がロシアの額を超えているそうですね、戦争を煽り儲ける米民主党の鉄板政策でしょうかね?
調べてないので不明ですが、シェールガス開発地域とLNG開発地域の政党支持なんか調べると、別の構図が見えてきたりして?
序に、バイデンファミリー及び米民主党的に都合の悪い物をこの混乱で消失させる好機でもあったりしますよね。
勿論、ロシアに反撃の口実を与えない為にも、正規軍は動かせないですよね、そんな事したら一歩間違えば、超核大国間の戦争なんて、勝者無き戦争にもなりかねませんからね。
義勇兵という名の各国特殊部隊工作員が多数地域に入りましたね、どう事が運ぶのでしょうかね。
また、ロシア軍による核関連施設への攻撃?に関しては、ライフラインを押さえる面からも順当な物だと考えられますが、かんぱちさんもコメントで触れられて居ますが、照明弾の下りは、メディアがアホすぎてマジかよ!って思いましたね。
一応、ジュネーヴ諸条約及び追加議定書には、第2追加議定書の(4) 文民たる住民の保護(第4編)の軍事行動から生ずる危険からの文民の一般的保護、攻撃の禁止(第13条)等を規定。
(主な規定) ・危険な力を内蔵する工作物等(ダム、堤防、原子力発電所)の保護(第15条)
なんてのも謳われてますね一応、ま~でも、戦争に綺麗・汚いは無くて、勝者と敗者って歴史が有ったりしますしね、取敢えず、国を守るとはどうい事なのかを考えさせられる出来事ですね。
もし自分がウクライナの状況になったら、おっさんですが、国を守るため、戦うしか選択肢が思う付かないかもですね。逃げるという選択肢は無いですが、どう戦うかは、判りません。


次に、EUの癌、ドイツですが、負の遺産政策の見直しの好機になってますね、自業自得のお花畑だったのですが、現実を直視し、見直す大義名分をぷーさんが用意してくれましたね、ざっくりは、川口マーン惠美さんの最近の投稿記事なんかで触れられてますので、気になる方はそちらを。

そして三つめは、コロナ禍で各国の国内問題から目を逸らす事が出来た国々でしょうか?
ロシアを悪者認定し集団リンチしてる間は安泰ですからね。
元々、ロシア自体が、国内問題から目を逸らす為にって状況でも有った訳でしたね。
本来中国が、コロナ関連で、集団リンチなっても可笑しくない状況でしたが、そういう意味では中国にも利が多少有ったのかな?もしくは、次は自分らがこの様な目に遭うを戦々恐々としてるのか?
後者であれば、台湾海峡・尖閣諸島関連で、日本的にも多少利するものがあったのかもしれませんね。
また、ロシアの非友好国理リストなるのもがメディアに流れてますが、そこに台湾が有るのも、微妙な情勢を表してる事なのでしょうかね?
  1. 2022-03-08 20:36
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #zTZgd8x.
  4. 編集

Re: ロシアのウクライナ侵略の私的雑感・国を守るとは?

> よもぎねこさん、こんばんわ。
>
> 私が感じてる、ロシアのウクライナ侵略の雑感は、一つ目は、ダチョウ倶楽部の鉄板ネタの「押すなよ!押すなよ!いいか絶対に押すなよ!」と押す事を誘うネタに思えてなりません。
>
> 軍事力をチラつかせ、恫喝外交してる相手に、やるなよ!侵攻しても軍事的報復攻撃しないよ!って言われたら。。。
> どうぞやって下さいと誘われてるのかと勘違いしてしまうのかも?

 ワタシもこれは非常にまずいというか、意図的に戦争を誘ったと思われても仕方ないと思います。 だってその少し前に米軍はウクライナでウクライナ軍と合同で大演習をやって、プーチンを思いっきり刺激したのに、プーチンが国境に軍隊を並べたら、今度はバイデンはウクライナに関与しないと明言してしまいました。

これではバイデンがプーチンを挑発して、戦争の惨禍はウクライナが被る事になってしまいます。
>
> で、現実では、やってしまった訳ですけども、kazkさんが、ロシアのウクライナ侵攻を「ロシアはえらく自制的」とコメントされてますが、私から見たら、不可解な侵攻と見えています。
>
> 不可解というのは、米軍のピンポイント攻撃で要人・重要施設を電撃攻撃し、指揮系統の喪失を狙い、反撃の期を与えない・気を無くす様にするでしょう?
> ロシアが軍事超大国なのですが、それは兵器数等ではそうなのかもしれないですが、実際の軍事攻撃による費用対効果の面では、現状今回の作戦を見た感じでは、とても一流軍事・戦略国には見えません。これは、米国や中国にしてみれば、大収穫の出来事ですよね。もう核以外は大した事無いと晒しちゃって訳ですからね。
>
> 勿論、米国のそれが、ずば抜けているので比較するのはそもそも無茶なのかもしれませんけど。ロシアというものの衰退が垣間見れた様にも思えます。
> また近年の冬季五輪時にロシアが軍事行動を起こすという定説が証明されたのかな?
>
 全面的に同意します。
 今朝、NATO側は今回の戦争でロシア軍が予想していたより遥かに弱いので、驚いているという記事を読みました。 但しこれは良い事ばかりではなく、通常兵器では優位を確保できなくなったロシア側が安易に核兵器を頼るようになるので、この対策に苦慮する事になると予想しています。

> 二つ目は、ロシアのウクライナ侵略により、誰が利するのかという面で、現状から考えてみますと、先ず米国は、正規自国兵の損害を出さない為に、大義名分が無いとの方便から、直接表立って反撃等していないですね、武器供与・経済制裁でがっぽり儲けてます、米国のLNG対EU輸出契約額がロシアの額を超えているそうですね、戦争を煽り儲ける米民主党の鉄板政策でしょうかね?
> 調べてないので不明ですが、シェールガス開発地域とLNG開発地域の政党支持なんか調べると、別の構図が見えてきたりして?

 この戦争を誘発したのは、脱炭素で騒ぎ続けた自称環境保護派でもあります。 彼等が天然ガスの価格を高騰させて、それがロシアの軍備に回ったのですから・・・・・。
 しかし逆にこの戦争が脱炭素の命取りになるかも?

> 序に、バイデンファミリー及び米民主党的に都合の悪い物をこの混乱で消失させる好機でもあったりしますよね。
> 勿論、ロシアに反撃の口実を与えない為にも、正規軍は動かせないですよね、そんな事したら一歩間違えば、超核大国間の戦争なんて、勝者無き戦争にもなりかねませんからね。

 バイデンファミリーはウクライナでも怪しい事を色々していたようですからね。

> 義勇兵という名の各国特殊部隊工作員が多数地域に入りましたね、どう事が運ぶのでしょうかね。

 ロシアもチェチェンやシリアから傭兵を呼んだので、ウクライナも対抗して呼ばざるを得なくなったというか、アメリカとかが呼んだのかも?
 
> また、ロシア軍による核関連施設への攻撃?に関しては、ライフラインを押さえる面からも順当な物だと考えられますが、かんぱちさんもコメントで触れられて居ますが、照明弾の下りは、メディアがアホすぎてマジかよ!って思いましたね。
> 一応、ジュネーヴ諸条約及び追加議定書には、第2追加議定書の(4) 文民たる住民の保護(第4編)の軍事行動から生ずる危険からの文民の一般的保護、攻撃の禁止(第13条)等を規定。
> (主な規定) ・危険な力を内蔵する工作物等(ダム、堤防、原子力発電所)の保護(第15条)
> なんてのも謳われてますね一応、ま~でも、戦争に綺麗・汚いは無くて、勝者と敗者って歴史が有ったりしますしね、取敢えず、国を守るとはどうい事なのかを考えさせられる出来事ですね。
> もし自分がウクライナの状況になったら、おっさんですが、国を守るため、戦うしか選択肢が思う付かないかもですね。逃げるという選択肢は無いですが、どう戦うかは、判りません。

 結局戦争ですから、インフラの破壊と非戦闘員の犠牲は、避けられないでしょう。
 それにしてもワタシはロシアがキエフやハリコフを砲撃するのには驚いています。 ロシアの建国はキエフ大公国から始まります。 キエフ大公国って日本で言えば、大和朝廷のようなモノで、ロシア史ではキエフは京都か奈良のような所なのです。 キエフ大公国ゆかりの文化財も沢山あります。

 そういう所を砲撃や爆撃する事を、ロシア人は納得するのでしょうか?
 
> 次に、EUの癌、ドイツですが、負の遺産政策の見直しの好機になってますね、自業自得のお花畑だったのですが、現実を直視し、見直す大義名分をぷーさんが用意してくれましたね、ざっくりは、川口マーン惠美さんの最近の投稿記事なんかで触れられてますので、気になる方はそちらを。

 ありがとうございます。 見てみます。
>
> そして三つめは、コロナ禍で各国の国内問題から目を逸らす事が出来た国々でしょうか?
> ロシアを悪者認定し集団リンチしてる間は安泰ですからね。
> 元々、ロシア自体が、国内問題から目を逸らす為にって状況でも有った訳でしたね。
> 本来中国が、コロナ関連で、集団リンチなっても可笑しくない状況でしたが、そういう意味では中国にも利が多少有ったのかな?もしくは、次は自分らがこの様な目に遭うを戦々恐々としてるのか?
> 後者であれば、台湾海峡・尖閣諸島関連で、日本的にも多少利するものがあったのかもしれませんね。
> また、ロシアの非友好国理リストなるのもがメディアに流れてますが、そこに台湾が有るのも、微妙な情勢を表してる事なのでしょうかね?

 この非友好国リストのお陰で台湾が国として承認されましたね。
 
 しかしヨーロッパ諸国にすれば今回のウクライナ戦争は、正に隣家の火事ですから、他の紛争とは全く意味が違うでしょう。
 これでドイツやフランスなど先進国を席捲していたリベラルムードが全部吹き飛びました。
 
 昨日youtubeを見ていたらポーランドに米軍が入る所が出ていました。 ポーランド人はみんな大歓迎です。
 ニコニコして米兵と記念写真を撮ったりしています。米軍兵士もみんなご機嫌で、自衛隊の記念行事の時みたいに愛想よく記念写真に付き合っています。
 黒人兵が特に人気みたいです。 黒人兵がいるといかにも米軍って感じですからね。 
 
 こういうの見ていると、ロシアは完全に藪蛇でした。
 ロシアをリンチする事でヨーロッパの結束が固まりました。
 
  1. 2022-03-09 10:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する