fc2ブログ

2011-06-30 12:40

反民主党デモ 札幌 オシマイ

 「在日特権を許さない市民の会」主催の反民主党デモのデモ隊は、無事予定のコースを回り、出発点の大通り公園西10丁目まで戻りました。

 

  

 

 今回のデモは参加人数が30人弱と少なかったけれど、晴天に恵まれ、見物人の反応も上々で大成功でした。

 

 ちなみの在特会の前回のデモは5月21日の反パチンコデモでした。 この日は寒くて雨降りで散々の天気でした。

 ワタシはこのデモはサボったのですが、参加した人達によると、今回よりも更に見物人の反応が良かったと言います。

 雨の中通行人が多数声援や拍手をくれたそうです。

 

 やはり心の中でオカシイと思っている事、正しいと思うことは形にすることで意味を持つのではないでしょうか?

 

  

 

 デモの後、皆で芝生の上で缶ビールやポテトチップスで饗宴をしました。 皆でこれから活動や、日本の事を話あったのだからギリシャ語でシンポジュウムと言うべきかも知れません。

 

 ワタシはヒッキーで人付き合いが少ないので、たまにこうして大勢の人達と話せるのはとても楽しいです。 特に在特会の集まりは年齢や職業が全然違う人が集まるので、普通話す機会の無いような若い人や、なじみのない職業の人とも話せるのが良いです。

 

  

 

 尤も好きな時に来て、デモや街宣に参加するだけのワタシと違って、支部長始め運営をしている人達は、大変だと思います。

 在特会のデモも街宣も必ず警察に届けを出して許可をとっているので、そのような事務手続きだけでも結構な手間なのです。

 

 今回は街宣車、と言っても会員が普段使っている車にスピーカーを付けた車の駐車許可が降りなったので、街宣車担当はデモ出発直前まで近所をグルグル回って時間を合わせました。

 

 こういう面倒な事をしているのは、忙しい仕事のある若い人達だからなおさらアタマが下がります。

 

  

 

 こうした人達と青空の下で飲むのは最高でした。

 最も贅沢なシンポジュウムでした。

 

 ところで完全な蛇足すが、ワタシ達がデモとシンポジュウムをする間、10丁目のケプロン博士と黒田清隆の間でダンスをしているグループがいました。

 

  

 

 この上の写真の子達です。 この写真は「反民主党デモ 札幌」の写真の一部を拡大しました。

 

 この写真の短パンの二人の脚、凄く綺麗だと思いませんか?

 

 二人とも割と小柄で、まだ中学生か高校生じゃないかと思います。 とても可愛い子でした。

 女のワタシでも暫く見惚れていました。

 

 他人の脚なんかどうでも良いと思ったのですが、ご隠居さんが韓国の脚線美捏造をエントリーされていたので、比べてみました。

 

     

 

 http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/2340283/

 

 韓国脚線美は殺人ヒールと言うほどの恐ろしく踵の高いハイヒールを履いています。 これだと160㎝ほどの身長のある女性なら誰でもこんな脚になるんです。 特に捏造とかではないのです。

 

 でも札幌のダンシング少女はペッタンコのスニーカーですからね。

 絶対札幌の勝ちでしょう!!

 

  

 

 こうして楽しい時間を過ごすうちに日は傾きました。 

  1. 個人的体験から
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する