fc2ブログ

2021-06-20 14:53

「基地は負担」の嘘

 「基地は負担

 ワタシがずうっとそう思い続けてきました。 
 だってこれまでワタシが見てきた新聞やテレビの報道では、基地の問題になると必ず「基地は負担」という話になって、政府もまたその心算で「基地負担の軽減」とか「基地負担をする地元への配慮」とかいう話をするのです。

 だから基地=負担、基地があると地元の人達は大変迷惑するので、基地の地元の自治体の首長や議員は当然のように負担の軽減や見返りを政府に要求し、政府は絶対にそれに応えます。

 そういう話しか聞いた事がないので、ワタシはそれが当然だと思ってきました。

 でもそれが違うと思ったのは、何年か前のカカシさんのブログを見てからです。 
 カカシさんはアメリカ国籍を取ってアメリカ在住なのですが、ブログで「日本では基地は負担というけれど、アメリカでは基地があると何かあればすぐに助けてもらえるので、基地は心強い、有難いと思われている」と書いていたのです。

 ワタシはこれでハッと気づきました。
 実際その通りなのです。
 これは札幌の現実を見ればその通りなのです。

51258707003_f7078d2c93_z.jpg

 一昨日羆が乱入した陸上自衛隊丘珠基地は、地下鉄栄町駅から徒歩10分弱で交通至便です。
 真駒内基地となるともっとすごくて、地下鉄自衛隊前駅の真正面です。
 別に自衛隊員やその家族の通勤通学の為に自衛隊の基地や駐屯地の近くに地下鉄駅を作ったわけではありません。
 基地の周りに住宅が沢山あって人口が多いから、地下鉄駅を作ったのです。 

 でも自衛隊は住宅地の真ん中に基地や駐屯地を作ったわけではありません。
 そもそも丘珠駐屯地ができたのは戦前です。 陸軍航空隊の飛行場として作られました。
 そのころは丘珠は一面の玉ねぎ畑でした。
 この辺りは地盤が凄く悪くて建物を建てる時は基礎工事が大変なのですが、一面真っ平なので飛行場とか作るのはすごく楽だったと思います。
 その後この飛行場を陸上自衛隊の航空隊と道内離発着の民間航空の定期便が使っています。 飛行場の管理や飛行機の管制は陸上自衛隊がやっています。

 でもこうやって駐屯地があり、空港があれば、当然その周りに住む人がいて、インフラの整備がされるようになるのです。
 そして札幌の人口が増えれば、インフラ整備がされている場所から住宅が増えていくのです。 

51257776492_991bdb046a_z.jpg

 ところで丘珠駐屯地には陸上自衛隊のヘリがいます。 また道警や札幌市消防局のヘリもいます。 その上、道新その他報道機関のヘリまでもが居候しています。
 また前記のように丘珠空港では道内空港への定期便が離発着しています。 
 だから騒音は結構あるはずです。
 実際丘珠空港がジェット化されるときは共産党が騒ぎました。

 ところが駐屯地の周りにはドンドン住宅が建って行くのです。
 
 しかし現実には丘珠駐屯地に行った時も、また丘珠駐屯地の直ぐ近くの百合が原公園に行った時も、騒音は殆ど気になりませんでした。
 こういうの見ていると普天間基地の騒音問題なんて、凄く怪しくなります。 

51259252194_d242a64f1b_z.jpg

 一方真駒内基地の周辺が宅地化されたのはもっと古いです。

 だって真駒内基地の辺りは地盤もしっかりしているし、藻岩山の山裾で景色もいいんもんね。
 ワタシだって住むなら丘珠なんかより真駒内の方がいいもんね。
 
 地下鉄自衛隊前駅ができたのは、札幌オリンピックの前です。 札幌市は札幌オリンピックをネタにして地下鉄や道路の整備を盛大にやりました。
 
 当時はまだ東西冷戦時代で、北海道は対ソ防衛の前線でした。 だから当時は道内に米軍基地もありました。 
 真駒内基地も師団編成で隊員は今より遥かに多かったのです。
 それで雪祭りは大通り会場だけでなく、真駒内基地内も会場になっていました。

 何しろ地下鉄駅の真正面が真駒内基地の正面玄関ですからね。 大通り会場から移動は超便利なのです。 
 真駒内会場では子供達が喜ぶ滑り台着きの巨大雪像が並ぶので、子供連れは必ず真駒内会場へ行きました。

51259254144_8e4561e9be_z.jpg

 しかし冷戦終結とともに道内の基地はどんどん縮小されて行きました。
 そしてこの10年余は中国の脅威がひたすら増大しています。
 それで自衛隊は道内の基地を整理縮小して、九州など南方の基地を強化してるようです。
 
 しかし道内で基地がなくなる自治体は、死活問題でし。 だから「何とか基地を残してくれろ」と必死の陳情をしたようですが、しかし限られた防衛予算では、北海道に余分な基地は置けないのでこうした陳情が通った例はないようです。
 
 そして真駒内基地の人員もドンドン減って、師団から旅団に格下げになりました。
 お陰で雪祭りの雪像が激減したのみか、真駒内会場が廃止になったのです。
 だからあれから札幌雪祭りは思いっきりショボくなってしまいました。
 
 当時の札幌市長は民主党で朝鮮総連幹部の婿という極左だったのですが、それでもこれは札幌観光の死活問題なので「何とか真駒内会場残してくれろ」と泣いて頼んだのですが、しかし勿論ダメでした。 

 イヤ、オマイラが望んだ結果だろう!!

51258705538_5936c7e18c_z.jpg

 札幌は200万都市なのに、市内に2つも大規模な基地を抱えているのです。 
 でも考えたら一度もそれが「負担」になった事はないのです。
 札幌市ではこれまでこれと言った大災害は起きていないので、市民が真駒内基地や丘珠駐屯地などの基地の厄介になる事はありませんでした。
 でもインフラ整備を通じての市の発展に基地の寄与は小さくありません。
 その上札幌市内に空港ができたのも、雪祭りができたのも自衛隊基地があるお陰なのです。

 確かに丘珠駐屯地と真駒内基地は市街地に広大な面積を占めています。
 でもそもそも基地があるから「市街地」になったわけで、基地がなければ丘珠なんて今だって玉ねぎ畑だったし、真駒内だって札幌オリンピック前に地下鉄が通る何てことはあり得なかったでしょう?

51259255604_663accd7d0_z.jpg

 200万都市の札幌でもこれです。
 普天間など沖縄での米軍基地の街の発展や経済への寄与は計り知れません。
 それどころか普天間なんてそもそも基地がなければ街そのものが存在しなかったのです。

 そりゃ基地があれば騒音も出るし、米軍基地なら米兵による犯罪だって起きるでしょう。
 でも基地があるからインフラが整備され、基地があるから雇用も消費も生まれるのです。
 多くの雇用や消費を生んでくれる施設は、基地でなくても騒音などの環境問題が起きます。
 またそこで働く人による犯罪も起きます。

 しかも米兵の犯罪は実は人口比では沖縄県民の半分以下なのです。
 因みにNHKは毎年5人の逮捕者を出していて、一般企業の50倍の犯罪発生率です。
 これでNHKはよくも米軍基地の問題を騒げるものです。
 
 それを「負担」っておかしくないですか?
 勿論今は中国の攻勢で沖縄の「基地負担」が増えています。
 でもこれって沖縄を守る為です。
 
 沖縄を守る為の基地だから沖縄に作るしかないのです。
 これって防波堤を海岸に作るのと同じです。
 なるほど防波堤なんて綺麗でも面白くもありません。 
 だからって海岸の人達が「海岸ばかりが防波堤を負担するのは不公平だ。 高台も負担しろ。」なんて言いますか?

 もういい加減に戦後民主主義の妄想から覚めて、現実を見るべきでしょう?

  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(32)

コメント

我が町佐世保は元々何も無い漁村が明治の頃より軍港として発展していったという歴史的経緯が有りますので、米軍も自衛隊も自然と溶け込んでいる印象です。

勿論、共産党系と思われる人々がメガホン片手に喚いているのはたまに見かけますが。沖縄等のケースと同様地元民以外の人も混じっているのかな?

米軍を退役したらしい米国人がやっているバーで飲んでいた時、その爺さんが軍人をリスペクトするはずの米国でも、ベトナム戦争中に帰国した時はベビーキラーと罵られたとこぼしていました。
  1. 2021-06-20 20:56
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

私も、基地は負担なんだと騙されていた一人です。
今まで信じていたものが180度違っていた、なんてことしょっちゅうです。
このよもぎねこさんのブログでも、何度も目を覚まさせてもらっています。

沖縄に自衛隊の基地があるのも、海には地雷が陸には不発弾が埋まっていて
その処理をするためもあり、もう相当数処理をしていてそれによって亡くなった自衛隊員の方がいるということを聞いてショックでした。
そういう報道はされないですよね。
普天間も危険だということばかり報道しますが今だに使ってますよね。
米軍にいた人がヘノコはいらない普天間で十分だと言っていました。
今は騒音も危険度も減っているらしいです。
でもヘノコは、建設に関わる利権やら等で止められないんだそうです。
なんだかなぁって感じですよね。

つい最近決まった「重要土地利用規制法」ですがほんとに決まって何よりですが、あのワンみずほの言いぐさは基地反対運動ができなくなる悪法だって
ほんとにクズ中のクズですよね、はやく消えてください。
  1. 2021-06-20 22:18
  2. URL
  3. 吉原殿子 #-
  4. 編集

米軍基地に限って言えば、基地が負担だった時代もあったとは思いますよ。かつては米兵が犯罪を犯しても、基地へ逃げ込んでしまうと、日本の警察や司法は手が出せなかったりしましたし。しかし、そういう不平等条約のような理不尽なことは、日本の国際的な地位の向上と、粘り強い交渉によって、ほとんど無くなりましたよね?

ちなみに今の日本には、米軍や自衛隊と民間で共用している空港が全部で10空港あって、そのうち名古屋空港以外は国営なので、地元に空港がほしい地方自治体にとっても負担軽減になっているようです。

旅客機と戦闘機などが同じ滑走路 「共用空港」 のナゼ 茨城空港に見るその経緯や特徴 | 乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/80984

【ユキサキナビ】共用空港
https://www.homemate-research-airport.com/useful/12801_facil_004/

もっとも、沖縄タイムスによると、それすらも沖縄にとっては負担だそうですが・・・。

社説 [空自機トラブル] 「軍民共用」 もはや限界 | 社説 | 沖縄タイムス+プラス
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/285760

ところで沖縄県は、首里城火災の原因も特定できず、誰の責任も問わないまま幕引きしていたんですね。それなのに再建のための費用だけは、ちゃっかりと本土からも寄付を集めているんだから、まるで韓国みたい・・・。┐(´д`)┌

衝撃の首里城火災から1年…警察の捜査や関係者の刑事処分はどうなった? - Yahoo! ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20201030-00204441/
  1. 2021-06-20 22:56
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

追記

あとは、負担というよりも、国家主権に関わる問題ですが、日本の首都・東京上空の管制権は日本には無く、在日米軍が持っています。

首都圏の空域について
http://dmcr.web.fc2.com/

知らなきゃよかった…日本の空は 「実はアメリカのもの」 だった | 現代ビジネス | 講談社
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52721

これについては、石原慎太郎・元都知事が問題提起をして、それ以降は日本への返還を求めています。また、反米ネタになるからでしょうが、左翼メディアも時々この問題を取り上げています。

横田空域の返還 | 東京都都市整備局
https://www.toshiseibi.metro.tokyo.lg.jp/kiban/yokota_henkan.html
  1. 2021-06-20 23:26
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

沖縄の基地負担ガーってロジックですが、沖縄を擬人化して沖縄さんを悲劇のヒロインにしていませんか、個人単位で考えれば基地周辺住民に負担があるとすれば一基地に一人であって一人に複数基地ではありませんよね。
そうやって考えると三沢、横田、岩国基地の周辺住人、市街地の上空を飛ぶ羽田、伊丹等の民間空港の周辺住民の負担も同じではないでしょうか?
県単位で考えると基地周辺住民数が多いだけで、市単位、町単位で考えれば基地当たりの周辺住民の数もそれほど大きく違わないと思います。

ましてや普天間基地なんか基地が出来てから人が集まったわけですし、地政学的重要性上の為に他の米軍基地のある自治体にはない沖縄振興金ももらってるわけですからね~

海軍基地のある神奈川県が沿海地区への差別だ、埼玉県、山梨県に移転させよといっても無理でしょ。
  1. 2021-06-21 08:03
  2. URL
  3. kazusa #YgUVdW1s
  4. 編集

基地がある地元

よもぎねこさんは記憶いいですね。私そんなこと言ったかなアと思ってちょっと検索したら2010年の1月に普天間基地移転問題について書いた時にそんなことを言ってましたね。

その時も書いたんですが、基地があるってことは地元の経済も潤うということです。よもぎねこさんもおっしゃってるように基地へ行くまでの道路や電気やガスの供給といったインフラは整いますし、基地内で働く兵士及びその家族、そして民間人職員なども地元に住みますから地元の商店やレストランは儲かります。


ちょうど記事を書いたころ、アメリカは基地の数を減らそうという話があり、基地付近に住んでた人たちはみんな次は我が身とびくびくしてたものです。だから軍関係の仕事をしてる人や基地付近の地元民は防衛費を削りたくてしょうがない民主党が政権を握るのを嫌がるのです。

  1. 2021-06-21 10:45
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

確か、冷戦終結に伴う北海道の自衛隊再編のとき、4個師団が2個師団2個旅団に減らされたのですが、対象となった自治体では反対運動、つまり基地存続運動が起きたはずです。

確か駐屯地の自治体の改革派の議員先生も反対したとか言います。だって人が減って金が落ちなくなるもん、です。それで自衛隊反対とか行ってんだから精神分裂症を疑うべきでしょう。独善性は行き着くところは分裂症ですね。

軍縮というのは、一時はみんな喜ぶんですが結局総論賛成各論反対なんですよ。これは戦前も一緒で大正軍縮時の宇垣陸軍大臣は20個師団のうち4個師団の削減という大軍縮をやりますが、後年、大命を受けながらついに首相になれませんでした。陸軍の反対ばかりじゃなかったようです。

迷惑施設というのはなければ困るというより、廃止されたら地元が困るものが結構多いんです。

たとえ地方の人里離れたところに刑務所が出来ます。そうすると連絡のためバスが通ります。そうするとだんだん人が集まり始め街ができます。こうして人が多くなると刑務所は迷惑施設になり香ばしい方々が移転運動に映られるわけです。法務省の担当者は間接的に知ってる人ですが歴史的に言ったらこっちはオメーラが迷惑なんだ、と息巻いてましたっけ。基地も一緒でしょう。働く従業員の多さは陸軍の比じゃあ無いはずです。

普天間といえば辺野古の移転騒動のとき陸上埋め立て案ではなくメガフロート案があったことを覚えてるでしょうか。環境負荷や再利用を考えたらこちらのほうが優れていたのですが結局実現しませんでした。

だってメガフロートで儲かるのは本土の大手建設会社や造船会社だけで、埋め立てやらないと沖縄の土建屋が儲からないからです。


そうそう、沖縄県が辺野古の引き伸ばしやってる理由の一つは引き延ばせば引き伸ばすほど落ちる金が大きくなるからです。納税者にはこういうことのほうが迷惑でしょうね。

沖縄のオール沖縄と称するするパヨク共は半島人と同じ精神の持ち主なんでしょう。リュウキュウヒトモドキというところでしょうか。

最近は埋め立てに使う土まで問題にしてますね。遺骨があるとかないとか。70年もほっといてよくいうわ。
島の北部から持ってくれば問題はありません。北部開発のほうが重要なはずですから。
  1. 2021-06-21 11:52
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

沖縄では若い人の自衛隊応募が爆増したってニュースで聞きました。
それも「仕事がないから」みたいな理由ではなくて
「災害救助を見てかっこいいなあ」と思ったとか、他地域でも聞かれる理由。
沖縄の人はみんなが自衛隊を嫌ってるわけではなさそうです。

そしてこんなことをNHKが放送するのがちょっといつもと違う感じ。

石垣島に自衛隊の医療チームが派遣されたとき、任務を終えて帰るとき地元の人が見送ってくれる場面はありませんでした。
市役所の玄関で車に乗る絵だけ。
なんか変ですよねえ。。実際は違うような気がするなぁ。

でもこれがNHKの平常運転。
  1. 2021-06-21 12:27
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 我が町佐世保は元々何も無い漁村が明治の頃より軍港として発展していったという歴史的経緯が有りますので、米軍も自衛隊も自然と溶け込んでいる印象です。
>
> 勿論、共産党系と思われる人々がメガホン片手に喚いているのはたまに見かけますが。沖縄等のケースと同様地元民以外の人も混じっているのかな?
>
> 米軍を退役したらしい米国人がやっているバーで飲んでいた時、その爺さんが軍人をリスペクトするはずの米国でも、ベトナム戦争中に帰国した時はベビーキラーと罵られたとこぼしていました。

 普通に考えると基地って地域経済の発展に寄与するんですよね。
 
 「基地は負担」って、70年代以降マスゴミが作った「嘘」です。
  1. 2021-06-21 12:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私も、基地は負担なんだと騙されていた一人です。
> 今まで信じていたものが180度違っていた、なんてことしょっちゅうです。
> このよもぎねこさんのブログでも、何度も目を覚まさせてもらっています。

 ワタシもカカシさんなど多くの方から目を覚まさせていただきました。 
 マジに日本のマスコミだけ読んでいると馬鹿になります。
>
> 沖縄に自衛隊の基地があるのも、海には地雷が陸には不発弾が埋まっていて
> その処理をするためもあり、もう相当数処理をしていてそれによって亡くなった自衛隊員の方がいるということを聞いてショックでした。
> そういう報道はされないですよね。
> 普天間も危険だということばかり報道しますが今だに使ってますよね。
> 米軍にいた人がヘノコはいらない普天間で十分だと言っていました。
> 今は騒音も危険度も減っているらしいです。
> でもヘノコは、建設に関わる利権やら等で止められないんだそうです。
> なんだかなぁって感じですよね。

 あららそういう事なっているんですか?
 そもそも普天間が移転したら、宜野湾市が消滅するかもしれませんからね。 だから必死に辺野古への移設を妨害しているのかも?
>
> つい最近決まった「重要土地利用規制法」ですがほんとに決まって何よりですが、あのワンみずほの言いぐさは基地反対運動ができなくなる悪法だって
> ほんとにクズ中のクズですよね、はやく消えてください。

 結局反基地って、左翼活動家の生活の糧ですからね。
 だからこういう嘘をつき続けるのでしょう。
  1. 2021-06-21 12:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 追記

> あとは、負担というよりも、国家主権に関わる問題ですが、日本の首都・東京上空の管制権は日本には無く、在日米軍が持っています。
>
> 首都圏の空域について
> http://dmcr.web.fc2.com/
>
> 知らなきゃよかった…日本の空は 「実はアメリカのもの」 だった | 現代ビジネス | 講談社
> https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52721
>
> これについては、石原慎太郎・元都知事が問題提起をして、それ以降は日本への返還を求めています。また、反米ネタになるからでしょうが、左翼メディアも時々この問題を取り上げています。
>
> 横田空域の返還 | 東京都都市整備局
> https://www.toshiseibi.metro.tokyo.lg.jp/kiban/yokota_henkan.html

 日本が憲法を改正できず、日米安保条約が片務条約である以上、日本はひたすら米軍に「守ってもらう」だけです。
 これだとこの種の主権侵害はどうしようもありません。

 左翼は無責任に反米を煽る為にこの手の問題を持ち出すんですが、だったら早く憲法改正するしかないのです。
  1. 2021-06-21 12:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 米軍基地に限って言えば、基地が負担だった時代もあったとは思いますよ。かつては米兵が犯罪を犯しても、基地へ逃げ込んでしまうと、日本の警察や司法は手が出せなかったりしましたし。しかし、そういう不平等条約のような理不尽なことは、日本の国際的な地位の向上と、粘り強い交渉によって、ほとんど無くなりましたよね?
>
> ちなみに今の日本には、米軍や自衛隊と民間で共用している空港が全部で10空港あって、そのうち名古屋空港以外は国営なので、地元に空港がほしい地方自治体にとっても負担軽減になっているようです。
>
> 旅客機と戦闘機などが同じ滑走路 「共用空港」 のナゼ 茨城空港に見るその経緯や特徴 | 乗りものニュース
> https://trafficnews.jp/post/80984
>
> 【ユキサキナビ】共用空港
> https://www.homemate-research-airport.com/useful/12801_facil_004/
>
> もっとも、沖縄タイムスによると、それすらも沖縄にとっては負担だそうですが・・・。
>
> 社説 [空自機トラブル] 「軍民共用」 もはや限界 | 社説 | 沖縄タイムス+プラス
> https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/285760
>
> ところで沖縄県は、首里城火災の原因も特定できず、誰の責任も問わないまま幕引きしていたんですね。それなのに再建のための費用だけは、ちゃっかりと本土からも寄付を集めているんだから、まるで韓国みたい・・・。┐(´д`)┌
>
> 衝撃の首里城火災から1年…警察の捜査や関係者の刑事処分はどうなった? - Yahoo! ニュース
> https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20201030-00204441/

 ええ終戦直後からベトナム戦争当時まで、米兵の犯罪は結構多かったようです。
 でも一方で沖縄は雇用やインフラ整備で全面的に米軍基地の恩恵を受けてきたし、そもそも沖縄の近代インフラって実はアメリカ占領下で整備されたのです。

 そして沖縄返還後は日本政府の格別手厚い支援を得ています。
 
 そういう事実を綺麗に無視して、ひたすら負担という発想は、ホントに韓国です。

 因みに稀にですが米兵の犯罪が起きる事は事実ですが、米兵が人命救助をしたりボランティアとして奉仕したりすることも多いのです。

 なんかもう助ければ助ける程、恨み言を言って金をせびるのですから、見ていてうんざりします。
 
  1. 2021-06-21 12:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 沖縄の基地負担ガーってロジックですが、沖縄を擬人化して沖縄さんを悲劇のヒロインにしていませんか、個人単位で考えれば基地周辺住民に負担があるとすれば一基地に一人であって一人に複数基地ではありませんよね。
> そうやって考えると三沢、横田、岩国基地の周辺住人、市街地の上空を飛ぶ羽田、伊丹等の民間空港の周辺住民の負担も同じではないでしょうか?
> 県単位で考えると基地周辺住民数が多いだけで、市単位、町単位で考えれば基地当たりの周辺住民の数もそれほど大きく違わないと思います。
>
> ましてや普天間基地なんか基地が出来てから人が集まったわけですし、地政学的重要性上の為に他の米軍基地のある自治体にはない沖縄振興金ももらってるわけですからね~
>
> 海軍基地のある神奈川県が沿海地区への差別だ、埼玉県、山梨県に移転させよといっても無理でしょ。

 マジにそういう形で「基地の負担」を言えば、丘珠駐屯地を抱える札幌東区は人口23万人、札幌は人口200万人で二つの大規模基地を抱えているのですから、沖縄より遥かに深刻です。
 
 まして仰るような首都圏周辺の基地なんてどうなるんでしょうね?
 
 神奈川県なんて大人口を抱えているのに、横須賀とか厚木とか大規模基地を「負担」しているのです。
 しかも基地を抱えるからと言って助成金なんて貰ってないでしょう?

 それなのに沖縄だけ大騒ぎって、マジにオカシイのです。
  1. 2021-06-21 12:57
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 基地がある地元

> よもぎねこさんは記憶いいですね。私そんなこと言ったかなアと思ってちょっと検索したら2010年の1月に普天間基地移転問題について書いた時にそんなことを言ってましたね。

 あらら2010年だったんですか?
 随分前なので元のブログを見つけられなかったんですが、あの言葉だけは凄く鮮明に記憶に残りました。
 あれでホントに目が覚めたのです。
>
> その時も書いたんですが、基地があるってことは地元の経済も潤うということです。よもぎねこさんもおっしゃってるように基地へ行くまでの道路や電気やガスの供給といったインフラは整いますし、基地内で働く兵士及びその家族、そして民間人職員なども地元に住みますから地元の商店やレストランは儲かります。

 今、日本では対中防衛の為に南西諸島に基地を作る話が出ているのですが、基地ができれば隊員が相当数居住するようになるし、自衛隊の医務官も派遣されるので、過疎や医療の問題も一気に解決します。
 でも左翼が反対しているからホントに狂っています。
>
>
> ちょうど記事を書いたころ、アメリカは基地の数を減らそうという話があり、基地付近に住んでた人たちはみんな次は我が身とびくびくしてたものです。だから軍関係の仕事をしてる人や基地付近の地元民は防衛費を削りたくてしょうがない民主党が政権を握るのを嫌がるのです。

 北海道でも基地を減らそうとしたときは、地元の自治体が大反対しました。
 幾ら左翼が妄想を煽っても、現実には地元の死活問題ですから。
  1. 2021-06-21 13:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 確か、冷戦終結に伴う北海道の自衛隊再編のとき、4個師団が2個師団2個旅団に減らされたのですが、対象となった自治体では反対運動、つまり基地存続運動が起きたはずです。

 ええ、起きていました。
 だって基地がなくなったら自治体ごと消滅もあり得るのですから。
>
> 確か駐屯地の自治体の改革派の議員先生も反対したとか言います。だって人が減って金が落ちなくなるもん、です。それで自衛隊反対とか行ってんだから精神分裂症を疑うべきでしょう。独善性は行き着くところは分裂症ですね。
>
> 軍縮というのは、一時はみんな喜ぶんですが結局総論賛成各論反対なんですよ。これは戦前も一緒で大正軍縮時の宇垣陸軍大臣は20個師団のうち4個師団の削減という大軍縮をやりますが、後年、大命を受けながらついに首相になれませんでした。陸軍の反対ばかりじゃなかったようです。
>
> 迷惑施設というのはなければ困るというより、廃止されたら地元が困るものが結構多いんです。
>
> たとえ地方の人里離れたところに刑務所が出来ます。そうすると連絡のためバスが通ります。そうするとだんだん人が集まり始め街ができます。こうして人が多くなると刑務所は迷惑施設になり香ばしい方々が移転運動に映られるわけです。法務省の担当者は間接的に知ってる人ですが歴史的に言ったらこっちはオメーラが迷惑なんだ、と息巻いてましたっけ。基地も一緒でしょう。働く従業員の多さは陸軍の比じゃあ無いはずです。

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、札幌では平岸霊園とか里塚火葬場とかがそんな感じでした。 
 死者の為でも交通の便が良くなると、生きた人間が押し掛けて死者を圧迫するようになります。
>
> 普天間といえば辺野古の移転騒動のとき陸上埋め立て案ではなくメガフロート案があったことを覚えてるでしょうか。環境負荷や再利用を考えたらこちらのほうが優れていたのですが結局実現しませんでした。
>
> だってメガフロートで儲かるのは本土の大手建設会社や造船会社だけで、埋め立てやらないと沖縄の土建屋が儲からないからです。
>
>
> そうそう、沖縄県が辺野古の引き伸ばしやってる理由の一つは引き延ばせば引き伸ばすほど落ちる金が大きくなるからです。納税者にはこういうことのほうが迷惑でしょうね。

 だって普天間基地程度の飛行場ならキャンプシュワブ内に建設可能で、そもそも海を埋め立てる必要もなかったのでしょう?
 それを「1センチでも沖に出せ」と叫んだのは、前沖縄県知事の仲居でしょう?
 最初から金をせびる為の構造です。
>
> 沖縄のオール沖縄と称するするパヨク共は半島人と同じ精神の持ち主なんでしょう。リュウキュウヒトモドキというところでしょうか。
>
> 最近は埋め立てに使う土まで問題にしてますね。遺骨があるとかないとか。70年もほっといてよくいうわ。
> 島の北部から持ってくれば問題はありません。北部開発のほうが重要なはずですから。

 もう埋め立てをやめてキャンプシュワブ内に飛行場作ればよいのです。
 だったらもう海を埋める必要もないのです。

 ホントに沖縄左翼の話は聞いていて気分が悪くなります。

 これも結局「基地の負担」「沖縄の悲劇」を煽り続けた結果でしょうね。
 それにしても何でここまで醜悪な人間になったのか?
 
 ホントに琉球ヒトモドキです。
  1. 2021-06-21 13:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 沖縄では若い人の自衛隊応募が爆増したってニュースで聞きました。
> それも「仕事がないから」みたいな理由ではなくて
> 「災害救助を見てかっこいいなあ」と思ったとか、他地域でも聞かれる理由。
> 沖縄の人はみんなが自衛隊を嫌ってるわけではなさそうです。
>
> そしてこんなことをNHKが放送するのがちょっといつもと違う感じ。

 普通に考えたら自衛隊員って結構良い就職先ですからね。 
 高卒で入隊しても色々資格が取れて、その後の転職にも有利だし、除隊後大学を出たら幹部候補生として再就職も可能です。
 給料だって悪くないし。
 集団生活が苦手な人には向かないでしょうけど。

 まして沖縄みたいに地元に良い就職先がないなら、自衛隊っていいですよね。
>
> 石垣島に自衛隊の医療チームが派遣されたとき、任務を終えて帰るとき地元の人が見送ってくれる場面はありませんでした。
> 市役所の玄関で車に乗る絵だけ。
> なんか変ですよねえ。。実際は違うような気がするなぁ。
>
> でもこれがNHKの平常運転。

 NHK労組は立憲民主党支持ですからね。 アタマのオカシナ人間が公共放送を仕切っているって困りますよね?
  1. 2021-06-21 13:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

kazk様

> 陸軍の反対ばかりじゃなかったようです。

  母方の家は、町の金物屋だったのですが、軍縮の際、海軍のどこかに納入していたネジ等の金物の取引を切られてしまって、祖父が非常に苦しんだそうです。同じ思いをした方は、他にも多数いたでしょう。

  昔(多分、数十年前)、山本七平さんがエッセイで、軍縮は民間でも歓迎されなかった旨、書いていた事がありましたが、このことだったのだと気付いたのは十年少々前です。全く迂闊でした。気付いたものも、聞ける人がもういなくなってしまった話は、これに限りませんが。
  1. 2021-06-21 14:32
  2. URL
  3. アクトザク #-
  4. 編集

Re: kazk様

> > 陸軍の反対ばかりじゃなかったようです。
>
>   母方の家は、町の金物屋だったのですが、軍縮の際、海軍のどこかに納入していたネジ等の金物の取引を切られてしまって、祖父が非常に苦しんだそうです。同じ思いをした方は、他にも多数いたでしょう。
>
>   昔(多分、数十年前)、山本七平さんがエッセイで、軍縮は民間でも歓迎されなかった旨、書いていた事がありましたが、このことだったのだと気付いたのは十年少々前です。全く迂闊でした。気付いたものも、聞ける人がもういなくなってしまった話は、これに限りませんが。

 軍縮って結局、緊縮財政ですからね。
 庶民には不人気で当然です。

 まして基地のある自治体は死活問題です。
  1. 2021-06-21 15:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

私は沖縄の事についてはそんなに知らないのですが
ある戦争ドキュメントの最後に沖縄のお年寄りが「軍が最後に守るのは軍そのものであって、住民ではない」と言ってたことが妙に頭に残っているのです。

これは「軍」という組織が持つ特性で古今東西一般的なものなのでしょうか?
少なくともあの沖縄の老人が言いたかったのは「旧日本軍がそうだった」ということ、

そしてとりわけ「沖縄に対して」だと感じました。
現在左翼が沖縄に食い込んでいるとすれば、ここを掘り下げて沖縄特有の被害感情を育てていったように思います。
  1. 2021-06-21 17:49
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

狼魔人日記

横レス失礼します。

鳴子百合様へ

>ある戦争ドキュメントの最後に沖縄のお年寄りが「軍が最後に守るのは軍そのものであって、住民ではない」と言ってたことが妙に頭に残っているのです。

どうしてそういうドキュメントの作り方がなされるようになったかは、昔から集団自決の問題を中心に沖縄二紙の嘘を暴いている「狼魔人日記」
 https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925
をお読みになるのがお勧めです。ちょうど今日(6月21日)の記事「捏造された「残虐な日本兵」、我が子を殺した母の贖罪意識」も、そのテーマを扱っています。
  1. 2021-06-21 21:49
  2. URL
  3. yy10000 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私は沖縄の事についてはそんなに知らないのですが
> ある戦争ドキュメントの最後に沖縄のお年寄りが「軍が最後に守るのは軍そのものであって、住民ではない」と言ってたことが妙に頭に残っているのです。
>
> これは「軍」という組織が持つ特性で古今東西一般的なものなのでしょうか?
> 少なくともあの沖縄の老人が言いたかったのは「旧日本軍がそうだった」ということ、
>
> そしてとりわけ「沖縄に対して」だと感じました。
> 現在左翼が沖縄に食い込んでいるとすれば、ここを掘り下げて沖縄特有の被害感情を育てていったように思います。

 ワタシも毎年終戦記念日前後に散々この手の報道を見てきました。
 
 例えば一般市民が壕に入ろうとした軍隊に追い出されたとかいう話です。

 でも考えてみるとこの種の話は、そもそも軍隊が住民を守るという事の意味を、まるでSPが要人を守るとか警察が街を警備するようにとらえているのです。

 でも近代戦ではそれはできないのです。
 近代戦では軍隊が住民を守るのは、住民を脅かす敵を殲滅したり撤退させたりするしかないのです。
 なぜなら近代戦は重火器が主力になるのですが、重火器から住民を守る為には、敵の重火器を何とかするしかないのです。
 
 特に沖縄戦では米軍は圧倒的な火力で日本軍の殲滅を図りました。 哀しいかな日本軍にはこれに対抗する火力はありませんでした。
 だから日本軍の傍にいたら一緒に殲滅されるだけなのです。

 それで日本軍としては、住民には主戦場から避難するように呼びかけました。 しかし沖縄の住民の多くが軍隊について歩きました。
 これではどうしようもありません。

 本来はできる限り軍隊から離れて避難し、米軍に会えば直ぐに投降するべきだったのです。

 壕から追い出されたなんて話は典型です。
 米軍は壕内の日本軍を火炎放射器で攻撃していました。 日本軍と一緒に壕にいれば、一緒に焼かれます。 だから軍人なら住民は追い出すべきなのです。 一人や二人射殺してでも追い出さないといけないのです。

 ところが戦後70年も経っているのに、現実の戦争を考えての避難体制の失敗への反省は一切なく、ひたすら軍隊だけを非難しているのですから、全くナンセンスです。
 そしてそれを煽っているのがメディアです。

 こういうのを見るともしこれで中国の沖縄侵攻があったらどうなるのか非常に心配です。
  1. 2021-06-21 22:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 狼魔人日記

> 横レス失礼します。
>
> 鳴子百合様へ
>
> >ある戦争ドキュメントの最後に沖縄のお年寄りが「軍が最後に守るのは軍そのものであって、住民ではない」と言ってたことが妙に頭に残っているのです。
>
> どうしてそういうドキュメントの作り方がなされるようになったかは、昔から集団自決の問題を中心に沖縄二紙の嘘を暴いている「狼魔人日記」
>  https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925
> をお読みになるのがお勧めです。ちょうど今日(6月21日)の記事「捏造された「残虐な日本兵」、我が子を殺した母の贖罪意識」も、そのテーマを扱っています。

 あの集団自決でひたすら日本軍を非難し続けている男がいましたが、この男は自分で母親と弟妹を殺しているんですね。
 でも結局自分は死ねなかったのです。

 当時はこの男はまだ中学生だったので、その意味では哀れです。 でも自分の罪を他人に負わせるって最低です。
 日本軍非難って結局この種に話なんですよね。
  1. 2021-06-21 22:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

沖縄戦は日本陸軍の中で最も異質な思考をする人物、八原博通大佐の頭脳から生まれた戦いでした。

大本営がもしこの人の意図に従った作戦をしていればおそらく沖縄戦の悲惨は大幅にヘリ沖縄はおそらく終戦まで落ちなかったはずです。
軍隊が民間人を守ることは非常に困難なことは少し考えれば分かることですが、このあたりの軍事常識が日本人に欠けてることそれをまともに教育しなかったことが最大の問題です。


極めて大雑把に言えば谷原大佐は沖縄県民のうち要保護者は本土か台湾に疎開させるか沖縄の北部に集め、戦闘の初期のうちにヤラセの抵抗だけして米軍に投降させるというのが最初の目論見でした。本来はこの方針にしたがって25万人以上を北部に送るつもりでしたが実際は8万人しか送れなかった経緯があります。そしてこの8万人は戦闘の初期に投降し保護されています。

ところが実際は10万人以上が軍隊がいるほうが安全なはずと軍について島の南部に移動してしまったのです。これで島民が戦闘の完全な足手まといになってしまいました。つまり日本軍は戦闘初期に島民を安全圏に送り軍同士が島の南部で決闘をするという図を描いていたんです。しかも当初予定兵力は5個師ですから侵攻してきた米軍の8個師と比較してもやりようによっては勝てる戦いだったのです。

しかし、実際は2個師半で無理な決戦をやり自滅したというのが正当な評価です。自分は2個師半でも無理しなければ終戦まで戦い抜けたはずだと思ってます。大本営の認識の甘さと、現地軍の実情に合わぬ戦争指導の繰り返しということの繰り返しであったのが大東亜戦の実態です。


本当に戦争は真面目にやってもらいたかったものだと思います。沖縄戦の悲惨さは言いたくありませんが近代戦の無知と無理解によるものです。やりようは幾らもあったんです。



  1. 2021-06-21 23:06
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

>極めて大雑把に言えば谷原大佐は沖縄県民のうち要保護者は本土か台湾に疎開させるか沖縄の北部に集め、戦闘の初期のうちにヤラセの抵抗だけして米軍に投降させるというのが最初の目論見でした。本来はこの方針にしたがって25万人以上を北部に送るつもりでしたが実際は8万人しか送れなかった経緯があります。そしてこの8万人は戦闘の初期に投降し保護されています。

恐らく、沖縄本島の防衛を担当していた八原司令官の頭の中にはパラオ・ペリリュー島の戦いの事があったのだと思われます。
ペリリュー島の島民は最初日本軍と一緒に戦おうとして日本軍の中川大佐に直訴したのですが、中川大佐は「貴様らのような土人と一緒に日本軍は戦えない」と言い放ち、船で他の戦闘が行われていない島に疎開させました。その疎開船がペリリュー島を離れる時に島民を侮辱したと思われていた日本軍の面々が手を振ってくれた時に、島民は全てを悟ったということでした。
如何に非戦闘員の犠牲を少なくするかに腐心していたが偲ばれる話です。
  1. 2021-06-22 09:35
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

もっと冷徹なんです。

占領軍は基本占領地住民に対する給養は義務ではありません。しかし戦時の混乱でそれが出来ない場合占領軍の側に人道的取り扱いをする義務がありました。沖縄戦の場合、食料も殆ど無い以上米軍が給養しなければなりません。それは自動的に米軍の兵站を圧迫します。仮に25万人の給養、医療を供給するとすれば今だって大問題です。しかし米軍はそれをやらねば戦争の大義に傷がつくのです。何よりも戦後の占領に大問題が生じます。住民の恨みを買うわけには行かないからです。現実に南部地域に逃げこんだ住民を保護するための休戦が米軍によって検討されたことまであるはずです。まあ兵站から見て不可能、でしょうがね。

それと沖縄の住民を根こそぎ動員し鉄血勤皇隊とかひめゆり他の従軍看護婦隊としたことに批判がありますが、これ誤解で軍属となれば戦闘員と同様、俘虜となった場合自国軍の兵士と同様の待遇をしなければなりません。生き残るチャンスは逆に多いのですよ。問題は住民やあまつさえプロの軍人たちが戦時国際法を理解していなかったことにあります。

これは戦時国際法の悪用かも知れませんが完全に問題がありません。戦争はここまで考えなくてはいけないのです。自分が戦争を真面目にやる気があったのかと問い続けるのはこういう点にもあるのです。


  1. 2021-06-22 11:42
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 沖縄戦は日本陸軍の中で最も異質な思考をする人物、八原博通大佐の頭脳から生まれた戦いでした。
>
> 大本営がもしこの人の意図に従った作戦をしていればおそらく沖縄戦の悲惨は大幅にヘリ沖縄はおそらく終戦まで落ちなかったはずです。
> 軍隊が民間人を守ることは非常に困難なことは少し考えれば分かることですが、このあたりの軍事常識が日本人に欠けてることそれをまともに教育しなかったことが最大の問題です。
>
>
> 極めて大雑把に言えば谷原大佐は沖縄県民のうち要保護者は本土か台湾に疎開させるか沖縄の北部に集め、戦闘の初期のうちにヤラセの抵抗だけして米軍に投降させるというのが最初の目論見でした。本来はこの方針にしたがって25万人以上を北部に送るつもりでしたが実際は8万人しか送れなかった経緯があります。そしてこの8万人は戦闘の初期に投降し保護されています。
>
> ところが実際は10万人以上が軍隊がいるほうが安全なはずと軍について島の南部に移動してしまったのです。これで島民が戦闘の完全な足手まといになってしまいました。つまり日本軍は戦闘初期に島民を安全圏に送り軍同士が島の南部で決闘をするという図を描いていたんです。しかも当初予定兵力は5個師ですから侵攻してきた米軍の8個師と比較してもやりようによっては勝てる戦いだったのです。
>
> しかし、実際は2個師半で無理な決戦をやり自滅したというのが正当な評価です。自分は2個師半でも無理しなければ終戦まで戦い抜けたはずだと思ってます。大本営の認識の甘さと、現地軍の実情に合わぬ戦争指導の繰り返しということの繰り返しであったのが大東亜戦の実態です。
>
>
> 本当に戦争は真面目にやってもらいたかったものだと思います。沖縄戦の悲惨さは言いたくありませんが近代戦の無知と無理解によるものです。やりようは幾らもあったんです。

 この住民の避難について、軍が避難を要請しても、沖縄県知事が放置して、挙句に知事は沖縄戦が始まる直前に飛行機で逃げたとか色々な話を聞きました。

 常識的に考えれば八原博通大佐の作戦通り、住民には戦場から離れた場所に避難してもらわないと軍もマトモに戦えないし、食料等の工面もつかないのです。

 でも恐怖に駆られた住民が軍隊について歩くという心理はわからないではありません。 だからこういう事態を防ぐ為には、余程事前に避難対応を周知徹底しておく必要があったのではないかと思います。

 ワタシはこういうの見ていると、台湾有事が非常に心配です。
 台湾有事になれば尖閣諸島だけでなく、八重山諸島が巻き込まれる可能性が非常に高いです。
 
 だから住民の安全を考えたら、台湾有事になったらすぐに住民を避難させるべきなのです。 八重山諸島の島々は人口は僅少なので、避難は物理的には簡単ですが、でも有事の対応を住民が理解していなければ、混乱します。

 然し今のマスコミではこういう問題を正しく報道する意思はないでしょう。 だからホントに心配です。
  1. 2021-06-22 11:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >極めて大雑把に言えば谷原大佐は沖縄県民のうち要保護者は本土か台湾に疎開させるか沖縄の北部に集め、戦闘の初期のうちにヤラセの抵抗だけして米軍に投降させるというのが最初の目論見でした。本来はこの方針にしたがって25万人以上を北部に送るつもりでしたが実際は8万人しか送れなかった経緯があります。そしてこの8万人は戦闘の初期に投降し保護されています。
>
> 恐らく、沖縄本島の防衛を担当していた八原司令官の頭の中にはパラオ・ペリリュー島の戦いの事があったのだと思われます。
> ペリリュー島の島民は最初日本軍と一緒に戦おうとして日本軍の中川大佐に直訴したのですが、中川大佐は「貴様らのような土人と一緒に日本軍は戦えない」と言い放ち、船で他の戦闘が行われていない島に疎開させました。その疎開船がペリリュー島を離れる時に島民を侮辱したと思われていた日本軍の面々が手を振ってくれた時に、島民は全てを悟ったということでした。
> 如何に非戦闘員の犠牲を少なくするかに腐心していたが偲ばれる話です。

 近代戦では非戦闘員を軍隊が守るという事はできないのだから、非戦闘員には避難してもらうしかないのです。
 
 今、非常に心配なのは、台湾有事の時に、八重山諸島の住民を速やかに避難させられるかどうかです。
 沖縄戦の避難の問題を反省しないと、台湾有事でも混乱すると思うんですよね。

  1. 2021-06-22 12:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> もっと冷徹なんです。
>
> 占領軍は基本占領地住民に対する給養は義務ではありません。しかし戦時の混乱でそれが出来ない場合占領軍の側に人道的取り扱いをする義務がありました。沖縄戦の場合、食料も殆ど無い以上米軍が給養しなければなりません。それは自動的に米軍の兵站を圧迫します。仮に25万人の給養、医療を供給するとすれば今だって大問題です。しかし米軍はそれをやらねば戦争の大義に傷がつくのです。何よりも戦後の占領に大問題が生じます。住民の恨みを買うわけには行かないからです。現実に南部地域に逃げこんだ住民を保護するための休戦が米軍によって検討されたことまであるはずです。まあ兵站から見て不可能、でしょうがね。

 これは全くその通りでしょうね。

 逆に住民が日本軍について歩くと、日本軍の方が食料不足になってしまうのですから、ホントに困るんですよね。 それでなくても補給ができなくなっているのですから。
>
> それと沖縄の住民を根こそぎ動員し鉄血勤皇隊とかひめゆり他の従軍看護婦隊としたことに批判がありますが、これ誤解で軍属となれば戦闘員と同様、俘虜となった場合自国軍の兵士と同様の待遇をしなければなりません。生き残るチャンスは逆に多いのですよ。問題は住民やあまつさえプロの軍人たちが戦時国際法を理解していなかったことにあります。
>
> これは戦時国際法の悪用かも知れませんが完全に問題がありません。戦争はここまで考えなくてはいけないのです。自分が戦争を真面目にやる気があったのかと問い続けるのはこういう点にもあるのです。

 これについては「生きて虜囚の辱めを被るなかれ」という戦陣釧が大問題だったのでは?
 一体何であんな馬鹿なモノを導入したのでしょうね。

 日清・日露戦争では日本は敵側の捕虜を人道的に扱ているのですから、捕虜の待遇に関する国際条約はわかっていたはずです。
 
 敗戦後、慰安婦を従軍看護婦として登録したのだって、売春部なら何をされるかわからないけれど、従軍慰安婦なら捕虜として人道的な扱いを受ける事ができて、日本軍と一緒に帰国できる事がわかっていたからでしょう。

 それなのに沖縄戦では女子学生まで降伏ではなく自決に追い込んでしまうなんて・・・・・。

 
  1. 2021-06-22 12:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

騙り部

> 沖縄戦の避難の問題を反省しないと、台湾有事でも混乱すると思うんですよね。

  これらこそが本当に語り継がねばならない「沖縄戦の教訓」ですね。
  1. 2021-06-22 13:24
  2. URL
  3. アクトザク #-
  4. 編集

Re: 騙り部

> > 沖縄戦の避難の問題を反省しないと、台湾有事でも混乱すると思うんですよね。
>
>   これらこそが本当に語り継がねばならない「沖縄戦の教訓」ですね。

 ホントにそう思います。
 しかも喫緊の問題です。
 台湾有事になれば、八重山諸島の住民の避難は絶対必要なのですから。
  1. 2021-06-22 13:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

皆様、ありがとうございます。

私の疑問に対して思いがけずたくさんの方々が教えてくださってとてもうれしく思います。
よもぎ猫さんをはじめ、yy10000さま、kazkさま、#さま、そしてアクトザクさんも貴重な知見を惜しげもなく教えていただき勉強になりました。

yy10000さんに教えていただいたところに行って読んできました(たくさんなのでこれからも少しづつ)
もう唖然としました。。
「軍命があったなら集団自決の遺族も援護法の適用が可能」

こんな理由で日本軍兵士の方々が死してなお名誉を傷つけられ続けているとはあまりに非人間的なことです。

私も子供のころから30年余り朝日を読み続けていたので色々な逸話を知っていました。なんだか、戦後から遠ざかるほどその話が残酷になっていくので奇妙な感じがしていましたがそういうからくりがあったのですね。
狼魔人さんが沖縄の方というのが救われる気がしました。

戦争になれば住民は守られる存在ではなく、軍の足を引っ張らないように行動する、こんなことも知りませんでした。
「戦争反対」の言葉で全てが思考停止している間に着々と何かが侵食されているのが今の日本の姿でしょうか。

そういえば台湾有事を「両岸問題」とするのは認識不足である、と自衛隊OBの人が言ってました。
中国が侵攻するときは必ず台湾を囲むように攻めるはずで、中国側の海岸線から上陸するだけというのは間違いだと。

そうだとすればよもぎ猫さんご指摘の八重山諸島はまさに最前線となってしまいますね。




  1. 2021-06-22 14:51
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

Re: 皆様、ありがとうございます。

> 私の疑問に対して思いがけずたくさんの方々が教えてくださってとてもうれしく思います。
> よもぎ猫さんをはじめ、yy10000さま、kazkさま、#さま、そしてアクトザクさんも貴重な知見を惜しげもなく教えていただき勉強になりました。
>
> yy10000さんに教えていただいたところに行って読んできました(たくさんなのでこれからも少しづつ)
> もう唖然としました。。
> 「軍命があったなら集団自決の遺族も援護法の適用が可能」
>
> こんな理由で日本軍兵士の方々が死してなお名誉を傷つけられ続けているとはあまりに非人間的なことです。
>
> 私も子供のころから30年余り朝日を読み続けていたので色々な逸話を知っていました。なんだか、戦後から遠ざかるほどその話が残酷になっていくので奇妙な感じがしていましたがそういうからくりがあったのですね。
> 狼魔人さんが沖縄の方というのが救われる気がしました。
>
> 戦争になれば住民は守られる存在ではなく、軍の足を引っ張らないように行動する、こんなことも知りませんでした。
> 「戦争反対」の言葉で全てが思考停止している間に着々と何かが侵食されているのが今の日本の姿でしょうか。
>
> そういえば台湾有事を「両岸問題」とするのは認識不足である、と自衛隊OBの人が言ってました。
> 中国が侵攻するときは必ず台湾を囲むように攻めるはずで、中国側の海岸線から上陸するだけというのは間違いだと。
>
> そうだとすればよもぎ猫さんご指摘の八重山諸島はまさに最前線となってしまいますね。

 ワタシの記憶では1970年代、沖縄返還以降、やたらに沖縄戦の話が報道されるようになり、その時に日本軍の残虐行為が出てきました。
 更に1990年前後から朝日新聞が戦後責任という話を始め、そのころ慰安婦強制連行を捏造しました。 
 
 マスゴミはこうした報道で「戦争の記憶を風化させるな」と言ったのですが、しかし話は逆で戦争を記憶する世代が現役を退いたのを良い事に捏造を始めたのです。
 これはだから非常に悪質なプロパガンダだったと思います。

 戦争は勿論悲劇なのですが、しかし悲劇であって現実ですから、その惨禍をできるだけ減らすには冷静に戦争の現実を見るべきなのです。
 ところが戦後、時間がたてばたつほどこういうインチキなプロパガンダが優勢になって、現実とは程遠い悲劇が捏造されてきたのです。

 しかしホントに現在沖縄に危機が迫っている中で、これはこのまま放置することはできないと思います。
 そうしないと台湾有事に八重山諸島の人々が安全に避難できなくなります。

 
  1. 2021-06-22 17:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する