fc2ブログ

2021-04-28 12:35

狐につままれる

 昨日も午後から散歩に出ました。
 一昨日とは打って変わって、温かく穏やかな天気になり、花の爆発は始まり、桜も8分咲きです。
 こうなると我が家の近所も夢の世界になります。

 それでワタシもすっかりご機嫌で出かけ、まずは西野神社に参拝しました。
 こんなに美しい世界で暮らせる事を感謝せずにはいられません。
 しかし財布に小銭がなかったので、お賽銭はけちる羽目になりました。

51142733197_6caa0c5034_z.jpg

 それでも参拝は済ませて、また散歩を続けました。
 西野神社の直ぐ傍を流れる発寒川に沿った遊歩道を登って行ったのです。
 ここを登るのは結構大変なのですが、電動自転車にしてからは、楽々と登れるようになりました。

51143403536_5c87b9eff0_z.jpg

 しかし暫く進むと、日が傾いてきたので帰宅することにしました。
 それで橋を渡って反対側の遊歩道を進みました。
 二枚目の写真で、レンギョウの花の向こうに見えるの道です。
 ところがその道を少し進むと、道端に何かいます。
 
 犬?
 違います。

51144513410_194791eb01_z.jpg

 近づいてい見ると、それは狐でした。
 狐は道端の空き地にぺったりと座っていました。

51144186124_342ecff266_z.jpg

 ワタシは狐を脅かさないように写真を撮りました。
 しかし狐の前を通らないと先に進めません。
 狐は道から5m足らずのところに座っています。
 だからワタシは仕方なく狐に近づきました。

51143626923_0920ba3008_z.jpg

 ところが狐は一向に動きません。
 ワタシは一瞬この狐は怪我をして動けないのかと思いました。 しかし狐に苦しそうな様子はなく、むしろ悠々とくつろいでいるようです。

51143627238_05bbe69964_z.jpg

 それでワタシも道を進んで、ドンドン狐に近づきました。
 狐はワタシを警戒するでもなく、ただ「なんだコイツ?」とでもいう顔でこっちを見ました。
 ワタシはこれまでも何度か野生の狐を見た事があります。 そして写真だって撮りました。
 しかしこんなに近づいた事も、こんなに何枚も写真が撮れた事もありません。

51143409481_3d5edb1345_z.jpg

 ああ、もう信じられない!!
 こんな事があるんだろうか?
 しかしワタシが狐の直ぐ前まで行くと、さすがに狐も立ち上がりました。 
 やっぱり怪我なんかしてなかったのです。

51143411126_4c8ed2360d_z.jpg

 それから狐は少しワタシの方を見てから、ゆっくりと空き地の奥へ向かいました。
 逃げるとかそんな感じではないのです。

51144189959_65af12dd51_z.jpg

 そして狐が空き地の奥まで行くと、何と空き地の脇の青いプレハブの物置らしき建物の床下から子狐が出てきたのです。
 ギャ、ギャッという子狐の声が、はっきりと聞こえます。

51144190649_55c6e5d629_z.jpg

 どうやらこの狐はこのプレハブの床下で子育てをしているようです。
 そ、それにしてもこの道路の反対側は、完全な住宅街なのです。
 この空き地だって、きっとこのプレハブの所有者の菜園かなんかです。

51144192204_e380f9c8b3_z.jpg

 そしてこの道路は遊歩道ですから、車は通りませんが、散歩をする人は結構います。
 まして今は花見時です。 この遊歩道の川沿いには、桜とナナカマドが交互に並ぶ並木道ですから、これから暫くは人通りも多くなります。

51144521385_0cac1ae17b_z.jpg

 そんなところで子育てをするなんて・・・・・。
 そもそもこのプレハブの持ち主や近所の人達だって、狐一家がここを勝手に間借りしている事に気づかないわけもないでしょう?

51144522935_01f5228077_z.jpg

 でも誰も狐一家をいじめる人はいないんでしょう。 
 だってここは西野神社から数十メートルぐらいしか離れていないのです。 西野神社の御祭神はお稲荷様ではないけれど、それでも狐一家をいじめる何てことをお許しなるわけはないのです。
 だから狐一家は殆ど人を恐れる事もなく、安心して子育てをしているのでしょう。

51143634948_567342ceb3_z.jpg

 子狐は二匹いました。
 可愛いです。
 ああ、もう信じられない!!
 野生の子狐を見られるなんて!!

51144522935_01f5228077_z.jpg

 親狐は子狐が勝手に人間に近づかないように用心はしているようです。
 しかしだからと言って、子狐を床下へ隠れるように即す気配もありません。

51144526430_65d4bc5c89_z.jpg

 だからまだまだ幾らでも写真が撮れるとは思いました。
 でもあんまり欲張ってはイケナイと思いました。
 狐一家にもプライバシーがありますから。

51142748367_557a0535d1_z.jpg

 だからこれで満足して帰る事にしました。

51143418976_886036d248_z.jpg
 
 振り返ると、親狐がワタシを見送ってくれています。

51144528405_04875b58db_z.jpg

 それにしてもこんな事ってホントにあるのでしょうか?
 家に帰って写真をパソコンで見てからも、信じられません。
 西野神社の御利益でしょうか?
 あんなにお賽銭をけちったのに・・・・・・。
 神様ありがとうございます。
 今度参拝するときは、お賽銭箱には小銭ではなく千円札を入れますから。
 それともワタシは狐につままれているのでしょうか?

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

まあ、よもぎねこさん、今日は足を延ばして「キタキツネ牧場」へ?

、と思ったら違うやん!!!!

なにこれ!山尾志桜里の文春砲もぶっ飛ぶほどの大スクープ!!
きつねのおかあさん、ええんでっか!!

まあ、ヒグマのいる山よりは安全なのかな?床下とか暖かいかもしれないし。地面まで凍ってしまわなかったので穴が掘れたんですね。

可愛い♪
月齢はどのくらいでしょう?お母さんは痩せてるけど子供たちはコロコロしてますね。
誰かにご飯貰ってるのかな?いや、🦊はそんな手に乗らない?

きつねがイメージアップされたのは新見南吉のおかげですよね。孤高の面影が悲劇性を感じさせるのか・・
子狐を見てると「てぶくろを買いに」を思い出します。

春の日の白昼夢、お相伴させていただきました、ごちそうさまでした。





  1. 2021-04-28 13:54
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

西野神社様とミッション・インポッシブル

おー!さすがに北海道!
天然物のキツネ!しかも子連れの!
子狐、可愛かったでしょうね。

やっぱり野生は痩せてるし毛並みも悪い。ちゃんと食べてるのかなあ、お水は?とかいろいろ心配になりますが、まあ生きてるのだからご近所の方とかがそれとなくみてるのでしょうね。
人間を怖がっていないところをみても。

大変だなあ・・どうか無事で生き延びておくれ、なんてついつい感情移入してしまうけれど、これも増えすぎたら害獣扱いされるやもしれず、人間なんて信用できたもんじゃねーって思ってるだろうなあ。
それでも、檻に入れられてない子たちをみるのは動物園嫌いな私的には清々しくもありがたい光景です。

あれそれとも、よもぎねこさんの改心(次は1000円にしますと約束)ぶりをみれば、もしかしてこのキツネの親子は西野神社様に借りがあって、恩返しのためによもぎねこさんに姿をみせて改心させるというミッションを果たした西野神社版ごん狐さんだったかも? 
ナンテネ(*^-^*)
  1. 2021-04-28 15:46
  2. URL
  3. ROM #RS4k0RpE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> まあ、よもぎねこさん、今日は足を延ばして「キタキツネ牧場」へ?
>
> 、と思ったら違うやん!!!!
>
> なにこれ!山尾志桜里の文春砲もぶっ飛ぶほどの大スクープ!!
> きつねのおかあさん、ええんでっか!!
>
> まあ、ヒグマのいる山よりは安全なのかな?床下とか暖かいかもしれないし。地面まで凍ってしまわなかったので穴が掘れたんですね。

 子狐はきっと雪が溶けてから生まれたのでしょうね。
 でも一昨日だって寒くて大変だったでしょうに。

 それにしてもこんなところで子狐を見られるなんてホントに驚きました。
>
> 可愛い♪
> 月齢はどのくらいでしょう?お母さんは痩せてるけど子供たちはコロコロしてますね。
> 誰かにご飯貰ってるのかな?いや、🦊はそんな手に乗らない?

 今の季節、親狐は毛替わりの最中なので、随分とみすぼらしいのですが、子狐は毛皮もフワフワしてホントに可愛いです。
>
> きつねがイメージアップされたのは新見南吉のおかげですよね。孤高の面影が悲劇性を感じさせるのか・・
> 子狐を見てると「てぶくろを買いに」を思い出します。
>
> 春の日の白昼夢、お相伴させていただきました、ごちそうさまでした。

 ホントに今もまだ狐につままれた気分です。
  1. 2021-04-28 18:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 西野神社様とミッション・インポッシブル

> おー!さすがに北海道!
> 天然物のキツネ!しかも子連れの!
> 子狐、可愛かったでしょうね。
>
> やっぱり野生は痩せてるし毛並みも悪い。ちゃんと食べてるのかなあ、お水は?とかいろいろ心配になりますが、まあ生きてるのだからご近所の方とかがそれとなくみてるのでしょうね。
> 人間を怖がっていないところをみても。
>
> 大変だなあ・・どうか無事で生き延びておくれ、なんてついつい感情移入してしまうけれど、これも増えすぎたら害獣扱いされるやもしれず、人間なんて信用できたもんじゃねーって思ってるだろうなあ。
> それでも、檻に入れられてない子たちをみるのは動物園嫌いな私的には清々しくもありがたい光景です。

 ホントにこんなところで狐が子育てをしているなんてビックリです。
 子育て中は親狐は大変だし、今は毛替わりの季節なので、何とも無残な姿ですが、しかしあの悠々とした態度を見る限り、そんなに悪い生活ではないのでしょう。
>
> あれそれとも、よもぎねこさんの改心(次は1000円にしますと約束)ぶりをみれば、もしかしてこのキツネの親子は西野神社様に借りがあって、恩返しのためによもぎねこさんに姿をみせて改心させるというミッションを果たした西野神社版ごん狐さんだったかも? 
> ナンテネ(*^-^*)

 とにかくできるだけ早くもう一度西野神社に参拝して、お賽銭箱に千円入れてきます。
 こんな光景を見せてくださったのですから、神様には大感謝です。
  1. 2021-04-28 18:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

キツネとコヨーテ

よもさんの写真をみて、いつも季節を感じています。実はうちの裏山には小動物が結構住んでおり、時々ふもとの街まで降りてきます。ある日高架線の下で小さな犬のような動物を見かけましたが、走り方が犬ではなかったのですぐにコヨーテと気が付きました。コヨーテはキツネと犬のあいのこみたいな感じで、鳴き方も犬とは違います。でも人間を見るとすぐ逃げますが。

ちょっと前にはお狐さまにも遭遇しました。こちらは悠々と私の前を横切っていきましたが。

気候はかなり厳しいですけど、よもさんのご近所は本当にきれいなことろが一杯あってうらやましいです。
  1. 2021-04-30 00:50
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

Re: キツネとコヨーテ

> よもさんの写真をみて、いつも季節を感じています。実はうちの裏山には小動物が結構住んでおり、時々ふもとの街まで降りてきます。ある日高架線の下で小さな犬のような動物を見かけましたが、走り方が犬ではなかったのですぐにコヨーテと気が付きました。コヨーテはキツネと犬のあいのこみたいな感じで、鳴き方も犬とは違います。でも人間を見るとすぐ逃げますが。
>
> ちょっと前にはお狐さまにも遭遇しました。こちらは悠々と私の前を横切っていきましたが。

 コヨーテがでるなんてさすがアメリカですね。
 まるでディズニーの「自然の国」やシートン動物記みたいですね。
 ワタシは自然を扱ったディズニーのテレビドラマや、シート動物記が大好きでよく見ました。
>
> 気候はかなり厳しいですけど、よもさんのご近所は本当にきれいなことろが一杯あってうらやましいです。

 自然に囲まれたところでのロックダウンなんて、ホントにうんざりだったでしょうね。
 ワクチン接種が早くて何よりです。
  1. 2021-04-30 10:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する