FC2ブログ

2021-02-23 16:44

なぜ馬鹿フェミがトランスに負けるか?

 以前も書きましたが、バイデン政権が乱発した大統領令の中に、トランス女性を完全に女性として認めるというモノがありました。

 これはトランス女性、つまり体は完全に男なのに、当人が「自分は女」だと言い張る人間を、完全な女性として認め、スポーツでの女子競技には女子として出場する権利を認めるものです。
 こんな事をされては、本物の女性はもうトップアストリートとして活躍することはできなくなってしまいます。

 更に女子トイレや女子更衣室と言った、女性施設も利用する権利を認める、拒否したら「差別だ!!」として処罰されます。
 これでは大学など若い女性の集まる所の女子トイレや女子更衣室には、女装した痴漢が押し寄せるでしょう。

 これは女性の安全にかかわる重大事ですから、当然フェミニスト達は抗議しているはず・・・・・ですよね?
 また大阪なおみ等女子プロスポーツ選手等も、猛抗議するはず・・・・・・ですよね?
 だっていくら女子プロのトップでも、自分は女性だと言い張る男子選手と対戦させられたら惨敗して、プロとして生活できなくなりますから。

 しかし現実には、フェミニスト団体もまた有名女子プロ選手達も、これに対しては殆ど何も言えないようです。
 トランス女性の女子競技参加について、ナブラチロヴァのなど既に現役をしぞいた元選手等がかろうじて反対の声を上げているだけです。

 何でフェミニスト団体がトランスに抗議できないのでしょうか?
 彼女達全く些細な問題でも、女性差別だとか女性蔑視とか屁理屈をつけて、ピラニアのように襲い掛かって、徹底的に相手を追い詰めます。
 また女性への性犯罪については、民主主義国家では被疑者の人権を守る為に定められた最低限の規制も無視して、被害者を自称する女性の証言だけで、加害者とされた男性を犯人扱いして人権を蹂躙してきました。

 「女性の権利」を振り回してこうした蛮行を恣にするのであれば、本当に女性の権利を守る事は簡単にできるのではないのでしょうか?
 実際、女性を自称するだけで男性が、女子競技に出場したり、まして女子トイレや女子更衣室に入るなんて、ホントに女性人権問題なのですから。

 ところが「女性の人権」を盾に蛮行を恣にするフェミニスト団体(ワタシはコイツラを馬鹿フェミと呼んでいるのですが)は、トランス女性の権利を振り回すLGBT団体には何も言えないのです。

 なぜならトランス女性などLGBTに関して異議を唱えたり、批判したりすると

 差別主義者!!

 と言われてしまうからです。
 そして差別主義者と言われたら、社会から抹殺されるのです。
 
 他人を根拠も示さず「差別主義者」と決めつけて、ピラニアのように寄ってたかって攻め立てて抹殺する。

 馬鹿フェミ活動家達もまたこうしたキャンセルカルチャーを最大限利用して、利権をむしってきたのです。
 このようなキャンセルカルチャーは「差別は絶対悪なので、差別主義者の糾弾は絶対正義である」と認識により成り立ちます。

 「それでは何で差別が絶対悪なのか?」についての考察は拒否しています。
 
 本来なら差別が絶対悪として徹底的に糾弾するのであれば、そもそも「差別とは何か?」をきちんと定義して、それに従って法制化するべきでしょう?
 個人が勝手に差別を理由に他人をリンチにかけて良いわけがないのです。
 
 しかし実はこれを絶対やりたくないのが、馬鹿フェミ活動家など、反差別活動家なのです。

 彼等はむしろ「差別とは何か?」を定義する代わりに、ひたすらお涙頂戴のセンチメンタリズムで彼等の反差別ファシズムを推進したのです。

 つまり差別されている側を無辜でカワイソウな被害者、差別する側を悪意に満ちた強大な権力を持つ加害者に仕立てるのです。

 こうなると加害者にされた側は至って部が悪いのです。
 何しろ古今東西「弱い物苛め」は悪い何より悪い事とされています。
 
 今回の馬鹿フェミによる森元総理リンチなど典型ですね。
 森本総理は何しろ元総理ですから、弱者を名乗る人間から文句を言われると非常に反論しづらいのです。 
 
 馬鹿フェミ達はこのような森さんの立場を知って、森さんからの反撃がない事を前提に、徹底的に森さんを攻撃したのです。

 これは本来非常に卑劣な攻撃ですが、しかしこれに日本だけでなく欧米先進国のマスコミや自称言論人、そして反差別団体が賛同しました。
 つまりこうした言論人や反差別団体の中では「カワイソウな人」、弱者、被害者、差別されている側に回ってしまえば、強者、加害者、差別している側をいくらでも攻撃できるという構造なのです。

 馬鹿フェミ団体もまたこうした構造の構築に励み、それを最大限利用してきたのです。

 しかしそうなると彼等の中でもヒエラルキーができます。
 彼等の中ではより差別されて、より弱く、より大きな被害を受けている方がランクが高くて、ランクの低い方は高い方に何も言えないのです。

 それで女性とトランス女性を比べれば、どう考えても女性の方がランクが低いのです。

 だって普通の女性は女性であるという事で異常者と思われる事もないし、女子トイレも女子更衣室も自由に使え、女子スポーツで活躍することもできるのです。
 
 それに比べたらトランス女性は弱者です。
 女装をしているだけで「気持ち悪い」などと言われるし、トイレや更衣室の使用にも悩むのです。
  
 だから弱者競争、被害者競争、カワイソウ競争をしたら普通の女性がトランス女性に勝てるわけはないのです。

 そこでトランス女性活動家達は、弱者の立場を思いっきり利用して、女子トイレの使用を阻止しようとする女性達を「差別主義者」と罵るのです。
 そうなると馬鹿フェミ達は沈黙するしかないのです。

 どうしてもトランス女性の女子トイレ使用を拒否したいなら、「差別された!!」と泣きわめいたら何でも通るという現在のキャンセルカルチャーを壊すしかありません。
 
 「差別された」と泣きわめくヤツがいても、「差別した」側を直ぐにリンチするのはやめて、「差別した」側の話もちゃんと聞いて、冷静に対応する社会にしなければなりません。

 しかしそうなったら現在の馬鹿フェミも反差別団体も殆ど全部消滅するんじゃないでしょうか?

 1970年代、マーチン・ルーサー・キング牧師が、公民権運動を始めた時は、アメリカには本当に厳し人種差別があり、黒人には「法の下の平等」も保障されていませんでした。
 だから黒人には本来得られるはずの「公民権」もなかったのです。
 それでキング牧師は、その公民権を得る為に活動を始めたのです。

 19世紀にフェミニズム運動が起きたときも同じです。
 市民革命により民主主義を確立した国々でも、女性は無権利のままに置かれ、参政権ばかりか私有財産権の保証さへあやふやでした。
 だから女性達は権利獲得の為に活動を始めたのです。

 でもね、キング牧師もまた初期のフェミニスト達も、自分達を「カワイソウな弱者」にするために活動を恥じたのではありません。

 女性も黒人も、男性や白人に劣らない能力や社会や国家に対する責任感があるから、男性や白人と同様の権利を認める事を要求したのです。
 そして実際そういう能力を示して来たら、女性の社会進出も進んだし、アメリカでは黒人が軍の最高幹部や最高裁判事や大統領にまでなったのです。

 それなのに現在フェミニズムや人種差別反対の活動家を名乗っている連中は、自分達がいかに弱者で、いかに差別されており、いかにカワイソウかを競い合っているのです。

 こんな事をやっていては差別は続くばかりです。
 だって法の下の平等が保障されてから半世紀も経って、行政から様々な支援も受けて、それでも「自分達はカワイソウ」というなら「コイツラホントに無能なんだ」と思われて当然でしょう?

 自分の不幸を訴えて泣きわめく人間が尊敬されるわけはないのです。
 自分の不幸に泣き続ける人間は蔑視されて当然なのです。

 ところが現在の自称反差別活動家というのは、皆これをやっているのです。
 なぜなら法の下の平等が完全に達成された現在、それでも反差別を訴えて活動続けて生活するには、差別がある事にして金品をせびる以外に方法がないからです。
 でもこれじゃ乞食です。

 女性であることや黒人である事で、男性や白人の同情心に訴えて金品をせびる人間がいる限り、男性が白人が黒人や女性を馬鹿にするのは当然でしょう?

 差別解消を勝ち取ったのは、こんな連中ではないのです。

 もう何十年も前ですが、感動したので今も覚えている話があります。
 それは日本女性が初めて東京大学を受験した時の話です。
 
 東京大学は戦後初めて女性の入学を認めました。
 しかしその女子学生の大学受験制度を定めるに当たって議論がありました。
 この時、多くの男性が女子受験生には男子より低い点数での合格を提案しました。

 なぜなら当時は女子学生と男子学生では、教育システムが大きく違っていたからです。
 男子学生は旧制中学5年、旧制高校2年を卒業後、大学を受験するのですが、女子学生には女学校5年はあっても、旧制高校に当たる学校はなかったのです。

 これだと普通に受験したら女子学生が圧倒的に不利です。
 だから「女子受験生の点数を低くするべき」という意見が出たのです。

 ところがこれに猛反対したのが、当時のフェミニスト達でした。

 入試で女子学生に下駄なんかはかせたら、女性には男性と対等の能力はないと決めるようなモノだ。
 こんな事をしていたら女性は男性と対等になれない。
 
 これで最初から女性も男性と同じ点数での入学が決まったのです。
 そうです。
 こうした覚悟があったからこそ、戦後一貫して女性の地位が上がり続けたのです。

 ワタシはこの話を読んだ時に、こうやって頑張ってくれた当時の女性達に本当に感謝しました。
 本当に、差別をなくすために頑張り続けたのは、このような人々だったのです。
  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

【悲報】サザエさん、フェミニストに時代錯誤すぎと叩かれる
https://anige-labo.com/archives/77204

※サザエさんは叩く様です。
  1. 2021-02-23 19:56
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 【悲報】サザエさん、フェミニストに時代錯誤すぎと叩かれる
> https://anige-labo.com/archives/77204
>
> ※サザエさんは叩く様です。

 サザエさんは昭和20年からの連載で、その時に設定したキャラがそのまま現代まで同じ年齢で生きているのですから、現代の価値観と違うのは当然なのです。

 だから何?
 イヤなら見なきゃよいのです。

 自分の気に入らない設定なら文句を言うのでは古典文学なんか読めません。
  1. 2021-02-23 20:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

女子大生の日

大正2年東北帝国大学に3人の女性が入学しています。
女子大生の日になっています。
  1. 2021-02-23 20:19
  2. URL
  3. よしこ #-
  4. 編集

Re: 女子大生の日

> 大正2年東北帝国大学に3人の女性が入学しています。
> 女子大生の日になっています。

 すみません。
 これ東大の話でした。
 訂正しておきます。
  1. 2021-02-23 21:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

先進国のフェミニストって、中国の収容所で行われている集団rapeやイスラム教に対して何も言わないですよね。その反面自国の男たちに対してはやりたい放題やってますけど、これも序列によるものなんでしょうね。しかし今後、その腹いせに一般男性をちょっとした発言であっても、この人たちが気に入らない発言であれば何でも女性蔑視と言ってリンチにかけたりしないか怖いです。


  1. 2021-02-23 22:54
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

被害者ヅラして喚くヤツほど、他人の痛みには鈍感

もう何年も前のツイートなので、記憶だけで書きますが・・・

日本人フェミの人が 「アフリカの女性が、とても素晴らしいこと言ってる。これを日本の男たちに聞かせてやりたい!」 と、あるアフリカ人女性のツイートを引用リツイートしていて、さらにそれが3000人くらいの人にリツイートされていました。

アフリカ人女性の元ツイートを読むと 「自分は男性社会と戦う。自分は男性のために生きてるわけじゃない。」 みたいな事が書いてありました。でもそこで、私は 「ん?」 と思って、そのアフリカ人女性のプロフィールをよく読んでみました。「やっぱり・・・」 その女性はイスラム教徒、それもソマリア人のイスラム教徒でした。

「そりゃ、現実にひどい差別を受けてるんだから、そういうツイートをするでしょ。それを安全な日本に住んでいる人間が、その女性の境遇も考えないで、日本の男性をディスるためだけに引用するのって、どうよ?」 みたいなリプライを、私は引用していた日本人フェミの人に送りましたが、返信はありませんでした。

なんか、この手の人達って韓国人と同じで、自分の事では大騒ぎするけど、他人の痛みにはホントに鈍感。自我が肥大化してるというか、自己愛性人格障害というか・・・。だから 「オレのほうがカワイソウだ!」 「アタシのほうがカワイソウよ!」 という競争になるんじゃないですかね?
  1. 2021-02-23 23:54
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

東大受験女性の覚悟とアファーマティブアクション

東大受験にあたり、女子受験者に下駄をはかせることを拒んだのが当時のフェミニスト達だったとは知りませんでした。でも彼女たちの言い分はもっともです。ご存じとは思いますが、アメリカにあるアファーマティブアクションはまさに黒人やラテン系に下駄をはかせるシステムです。

人種枠を作って、応募者数がその枠に達さない場合は標準を下げることでなんとか定員に満たしています。

反対に東洋人や白人は枠にはまりきらないほどの受験者が居るため、必然的に競争率が高くなってしまいます。その結果起きるのは、白人や東洋人が黒人や他のマイノリティーを馬鹿にするという差別です。

そりゃそうです。一緒に学校に行ってる黒人生徒が自分らよりずっと成績が悪い人たちばっかりだったらそう思うでしょ?それが就職してからも続きます。どうせあいつはアファーマティブアクションで卒業出来たんだろ、アファーマティブアクションで就職できたんだろ、という偏見の目で見られるのです。

最高裁判事のクリアランス・トーマス判事などはアファーマティブアクション以前に自力で弁護士資格を取ったにもかかわらず、未だにそんなことを言う失礼な奴がいるほどです。

つまり少数派を特別扱いすれば、差別はなくなるどころか助長されるのです。いい加減今の馬鹿フェミたちは元祖フェミニストの思想にもどって機会の均等性を大事にするようになってほしいものです。


  1. 2021-02-24 07:35
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 先進国のフェミニストって、中国の収容所で行われている集団rapeやイスラム教に対して何も言わないですよね。その反面自国の男たちに対してはやりたい放題やってますけど、これも序列によるものなんでしょうね。しかし今後、その腹いせに一般男性をちょっとした発言であっても、この人たちが気に入らない発言であれば何でも女性蔑視と言ってリンチにかけたりしないか怖いです。

 本来、反差別の立場から言えば、イスラム教って大問題なのです。
 
 イスラム教ではコーランで女性は男性に劣ると記されているし、また宗教差別も酷くて、イスラム教徒が最高でユダヤ教徒やキリスト教徒はそれに劣ると明記されており、イスラム教徒の慈悲で生存権を認められている事になっているのです。
 それどころか「多神教徒は見つけ次第殺せ」とまで書かれています。
 
 更に奴隷制度も容認していますし、奴隷の扱い方もイスラム法で細かく定められています。

 「すべての差別を許さない」というなら、イスラム教は禁止しなくてはなりません。
 
 ところが反差別をわめく連中は、「イスラム教徒を差別するな」というのです。
 これは欧米諸国ではイスラム教徒がマイノリティで多くが貧しい移民だからでしょう。

 しかしイスラム教を認めるなら、宗教的理由があれば女性差別も容認されるし、それどころか多神教徒へのヘイトも認めるという事になりますから、完全に論理矛盾になるのです。
  1. 2021-02-24 10:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 被害者ヅラして喚くヤツほど、他人の痛みには鈍感

> もう何年も前のツイートなので、記憶だけで書きますが・・・
>
> 日本人フェミの人が 「アフリカの女性が、とても素晴らしいこと言ってる。これを日本の男たちに聞かせてやりたい!」 と、あるアフリカ人女性のツイートを引用リツイートしていて、さらにそれが3000人くらいの人にリツイートされていました。
>
> アフリカ人女性の元ツイートを読むと 「自分は男性社会と戦う。自分は男性のために生きてるわけじゃない。」 みたいな事が書いてありました。でもそこで、私は 「ん?」 と思って、そのアフリカ人女性のプロフィールをよく読んでみました。「やっぱり・・・」 その女性はイスラム教徒、それもソマリア人のイスラム教徒でした。
>
> 「そりゃ、現実にひどい差別を受けてるんだから、そういうツイートをするでしょ。それを安全な日本に住んでいる人間が、その女性の境遇も考えないで、日本の男性をディスるためだけに引用するのって、どうよ?」 みたいなリプライを、私は引用していた日本人フェミの人に送りましたが、返信はありませんでした。

 そういえばソマリア出身でイスラム教徒だったアヤーン・ヒルシ・アリは、イスラム教の女性虐待を批判して、暗殺者に追われて行方を隠すしかなくなり、今も行方不明です。

 ワタシはアヤーン・ヒルシ・アリの自伝を読んだのですが、イスラム教の女性虐待を告発ビデオを放映したら、彼女を手伝って告発ビデオを作ったファン・ゴッホは翌日、刺殺死体で発見され、アヤーン・ヒルシ・アリは翌日から、警察学校の寮や空軍基地などを転々とするしかなくなりました。
 
 暗殺が危険で普通の家に暮らせなくなったのです。
 
 ある日、警察の護衛付きでホテルで知人と食事をしていたら、表に大ぜいのイスラム教徒らしい人間が集まっていると言われて、食事を中止してホテルの裏口から逃げるように言われたりしました。

 あの下りホントに読んでいてもハラハラしました。

 イスラム教徒の女性がフェミニストとして活動するって、ホントに命がけなんですよね。
>
> なんか、この手の人達って韓国人と同じで、自分の事では大騒ぎするけど、他人の痛みにはホントに鈍感。自我が肥大化してるというか、自己愛性人格障害というか・・・。だから 「オレのほうがカワイソウだ!」 「アタシのほうがカワイソウよ!」 という競争になるんじゃないですかね?

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、ワタシもそう思います。
 何しろ「カワイソウ」ランキング上位でいたい人達なので、他人が同情されていると我慢がならず、飛んできて「アタシの方がカワイソウよ!!」と泣きわめくのです。
  1. 2021-02-24 10:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 東大受験女性の覚悟とアファーマティブアクション

> 東大受験にあたり、女子受験者に下駄をはかせることを拒んだのが当時のフェミニスト達だったとは知りませんでした。でも彼女たちの言い分はもっともです。ご存じとは思いますが、アメリカにあるアファーマティブアクションはまさに黒人やラテン系に下駄をはかせるシステムです。
>
> 人種枠を作って、応募者数がその枠に達さない場合は標準を下げることでなんとか定員に満たしています。
>
> 反対に東洋人や白人は枠にはまりきらないほどの受験者が居るため、必然的に競争率が高くなってしまいます。その結果起きるのは、白人や東洋人が黒人や他のマイノリティーを馬鹿にするという差別です。
>
> そりゃそうです。一緒に学校に行ってる黒人生徒が自分らよりずっと成績が悪い人たちばっかりだったらそう思うでしょ?それが就職してからも続きます。どうせあいつはアファーマティブアクションで卒業出来たんだろ、アファーマティブアクションで就職できたんだろ、という偏見の目で見られるのです。
>
> 最高裁判事のクリアランス・トーマス判事などはアファーマティブアクション以前に自力で弁護士資格を取ったにもかかわらず、未だにそんなことを言う失礼な奴がいるほどです。
>
> つまり少数派を特別扱いすれば、差別はなくなるどころか助長されるのです。いい加減今の馬鹿フェミたちは元祖フェミニストの思想にもどって機会の均等性を大事にするようになってほしいものです。

 ワタシもこの話のことがあるので、あのアファーマティブアクションってすごく有害だと思っていました。
 ああいう形で正規の成績を無視して、黒人を入学させても、黒人がバカにされるだけだと思うのです。
 白人に負けない成績を取った黒人まで、「あいつは下駄をはかせてもらった」と思われちゃうのです。

 本当に黒人の為を考えるなら、貧しい黒人の小学校や高校に財政支援をして、黒人の子供達全体の成績を上げて、その中で本当に優秀な子は白人やアジア人と同じ基準で大学に入れるべきなのです。

 因みに日本では沖縄返還前、沖縄県民の学生を特別枠で東大等に入学させて奨学金を出したし、沖縄を統治していたアメリカはこれまた特別枠で沖縄の学生をアメリカの大学に入学させて、大変潤沢な奨学金を与えました。

 でも今この元学生が反米反日の活動をやっているのです。

 ワタシはこれわかります。
 
 特別枠で入学させてもらい、奨学金もたっぷり貰って優雅な学生生活を送れたはずなのですが、しかし勉強でついていけなくて学生運動に嵌り、そのまま左翼になってしまったのです。
 その癖なぜか「自分達はアメリカ留学のエリート」と意識は捨てない最低の左翼です。

 そういう連中が今反米反日活動をやっているのです。

 アファーマティブアクションの黒人も同じ事になるのでは?
  1. 2021-02-24 10:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

左利き

パソコンのマウスの左クリックがきかなくなり新しくマウスを買いに行ったのですが、自分はもともと左利き(子供の頃右に矯正された)だったので、マウスの操作は左で行っているんですよね。今日マウスを買いに行ったら、右手にフィットできる様なマウスが多く置いてあったんです。しかし、逆に左手にフィットできるようなマウスは売ってませんよね。しかし左利きの人はそれに声を上げる事はないと思います。でも、連中からしてみればこれって十分差別じゃないですか?こいつらなんで左利きの人のために声あげなかったんだろう。
  1. 2021-02-27 21:26
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

Re: 左利き

> パソコンのマウスの左クリックがきかなくなり新しくマウスを買いに行ったのですが、自分はもともと左利き(子供の頃右に矯正された)だったので、マウスの操作は左で行っているんですよね。今日マウスを買いに行ったら、右手にフィットできる様なマウスが多く置いてあったんです。しかし、逆に左手にフィットできるようなマウスは売ってませんよね。しかし左利きの人はそれに声を上げる事はないと思います。でも、連中からしてみればこれって十分差別じゃないですか?こいつらなんで左利きの人のために声あげなかったんだろう。

 それは大変ですね。

 でもホントにこれは反差別運動について常々思う事ですが、彼等は「すべての差別を許さない」などと言うのですが、実は彼等が「差別!!」と騒ぐのは特定の集団の場合だけです。

 例えば昨年1月に新型コロナの発生が明らかになった時、感染防止の為に「中国人お断り」にしたお店を「差別だ!!」と非難しました。

 しかしその後4月緊急事態宣言が出たとき、首都圏の温泉施設が東京の客を拒否した時には、全然問題になりませんでした。

 https://diamond.jp/articles/-/242608

 中国人の排除なら差別だけれど、東京都民の排除なら差別ではないというのは、オカシイのです。
 
 つまり「反差別」って実は特定集団の特権要求なのです。
  1. 2021-02-28 12:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する