fc2ブログ

2020-06-25 13:18

8割おじさんに騙された? 9条信者の思考法

 吉村知事が西浦北大教授に「騙された」と恨み事をいっているのだそうです。

 本当に吉村知事が恨み言を言ったかどうかは別として、実際の死者が西浦モデルに少なかったことに対して、西浦教授を責める奴は結構多いですよね?

 しかしワタシはこの手の意見は全然賛同できません。

「吉村知事」が「8割おじさんに騙された」 西浦モデルを阪大教授が全否定した「K値」とは

 元記事は随分と長々書いているのですが、要するに

 西浦教授が42万人死ぬなんていうから、自粛とかいろいろやって経済的には大変な負担だった。
 でも900人しか死んでないじゃないか?
 これだったら、自粛なんてやらなくてもよかった。
 西浦教授に騙された!!

 というのです。

 こういう人、多いですね。
 その典型が9条信者です。

 彼等は言うのです。

 自民党はソ連や中国が攻めてくるといって、日米安保条約で米軍基地を作り、自衛隊を作ってきた。 その為に「市民」は大変な犠牲をこうむってきた。
 でもソ連も中国も攻めてこなかったではないか?
 だから自衛隊も日米安保も必要ないのだ。
 日本人は自民党に騙されてきたのだ。

 ええ、ソ連は日本に攻めてくる前に崩壊したし、中国はまだ今のところ攻めて来てはいません。
 でもそれは自衛隊と日米安保がある為、ソ連も中国も日本に攻め込んでも勝てないと考えざるを得なかったからです。

 元来、自民党政権は「日本を防衛する能力がないと中国やソ連が攻めてくる」と考えていました。
 そこで防衛能力を持つために自衛隊を作ったり、日米安保条約を締結して米軍の駐留させていたのです。 
 
 ところが9条信者はこの「日本を防衛する能力がないと中国やソ連が攻めてくる」から、自分達の脳内では日本を防衛する能力がないと」という仮定の部分をネグレクトしてしまいました。

 だから日米安保や自衛隊が、ソ連や中国の侵攻を防いだ抑止力になってきたという考えには絶対に行き着かないのです。
 勿論、彼等の脳内にはチベットが中国に侵攻された後、チベット人の3分の1は既に殺害されて現在のジェノサイトが進行中であるとか、同様に侵攻を受けたウィグルでも同様のジェノサイトが進んでいる事実など存在しないのです。

 これって西浦教授を非難する人々の脳内には、欧米先進国が軒並み万人単位の大量死を出している事が消えているのと同じでしょうね。 しかもこれらの国々は日本の「自粛」などとは比べ物にならない程、厳しい行動制限を課していたのにです。

 因みに欧米諸国が厳しいロックダウンを行ったのは、それらの国々でも疫学者が死者数を試算したら、大変な数になったからです。
 
 例えばイギリスは最初はロックダウンなどせずに集団免疫を獲得することを考えたのですが、しかしそれだと集団免疫獲得までは感染を放置することになるので、それまでに43万人が死ぬと予想されたのです。
 イギリスの総人口は日本の半分なのにです。
 
 国によって医療制度や高齢化率などの違いがありますから、こうした試算は多少の違いはあるのですが、しかしこうした計算結果を比較すれば、どこも似たような物で、西浦教授の予想した死者数はむしろ控え目なのです。

 ともあれ43万人死ぬとなると、イギリス政府も集団免疫獲得はあきらめざるを得ませんでした。
 そしてイギリス国民は、長く厳しいロックダウン生活に入ったのです。

 現在、アメリカで吹き荒れて欧州にも広がっている暴動は、この行動制限で溜まったフラストレーションの爆発でもあるのですが、しかしこれで爆発しちゃったことで、また感染爆発が再燃し始めています。

 で、でも!!
 日本ではロックダウンなんかしなかったのに、900人しか死ななかったではないか!!

 ええ、そうです。
 でもそれは日本国民が1月からこのコロナウィルスパンデミック襲来に備えて、マスクや手洗いをして自力防衛を始めていたからでしょう?
 
 実際これで1月からインフルエンザの流行が例年の6分の1になっており、その為インフルエンザ関連の肺炎の死者も例年より減っていたのです。

 つまり日本国民はこの段階から「民間防衛」を始めていたのです。

 一方、政府の対応は的確で、感染者の把握のために感染可能性の高い人に絞ってPCR検査を行い、そこから推定される感染者数を元に、段階的に行動制限を行うという方法をとりました。
 そういう合理的な対応をしたために、行動制限も必要最小限で済んだのです。

 勿論日本にも民度の低い人はいて、彼等は「ひとまず安心の為に検査を受けたい」と考え、マスコミとこのPCR利権を狙う企業が結託して、PCR検査の推進を煽りました。
 
 しかしこれを阻止したのが、ネットです。
 医師を中心にPCR検査の問題点を知る人々が、ネットでこれを発信しました。 すると日本国民の多くがこれを理解し賛同したのです。

 そしてこの国民達が、ソフトバンクや楽天が、PCR検査利権に食い込む為にやろうとした検査キットの無料配布等も阻止しました。

 これは実はすごい事です。
 日本の民度は単に清潔さや真面目さというだけでなく、医療検査の精度と問題点の理解という知性の面でも世界随一だったのです。

 そしてこうした知性ある国民の声がネットを通じて政府方針を支持したことが、利権を追う大企業やマスコミの発信力を圧倒したことで、日本政府はポピュリズムに流されずに、合理的な政策を維持することができたのです。

 これは欧米のマスコミ報道を見たらわかります。
 欧米でも記者というのは、一応は高学歴なのですが、しかし連中は未だに「日本の検査数が~~!」と言い続けているのです。
 これはつまり連中のレベルは日本のマスコミと同程度で、PCR検査の問題点を科学的に数理的に理解できていない事の証拠です。

 しかしながら一般日本人の平均は、こうした欧米や日本のマスコミをはるかに超えているのです。

 ともあれこのような高度な民度をバックに、日本は極めて効率的にPCR検査を行い、少数の検査でどの国よりも適格に感染者を把握してきたのです。
 
 そしてそれを元に集団感染の原因を特定していき、その原因となるイベントや商業施設の営業自粛を要請してきました。

 42万人死ぬと予想された死者が900人で済んでいるのは、こうした国民の民間防衛と政府による国防体制が結集した結果なのです。

 しかしそれは逆に言えば「感染を放置すれば大変な事になる」「42万人死ぬかもしれない!!」という危機感を政府・国民が共有したからできた事でしょう。
 
 それを防衛に成功して犠牲が僅少で済んだ事で「こんなに少ししか犠牲者が出ないなら、最初から自粛の必要はなかった。 8割おじさんに騙された!!」なんて、マジに「ソ連も中国も攻めてこなかったから、自衛隊も日米安保も必要なかった。」という9条信者と同じレベルでしょう?

 コイツラの民度をもう少し上げる方法はないのでしょうか?
  1. 習近平ウィルス
  2. TB(0)
  3. CM(24)

コメント

我が国で比較的死者が少なかったのは多くの人が自分を抑えて冷静に行動していたからなのですが。
お馬鹿な人が喉元過ぎれば何とやらで面倒なことにならなければいいのですが。
  1. 2020-06-25 15:50
  2. URL
  3. 太朗 #cRy4jAvc
  4. 編集

グスン・・・(´;ω;`)ウゥゥ

吉村クンはどうしちゃったんだろう?
先日の「大阪ワクチン」といい、なんか変でない?

>日本の民度は単に清潔さや真面目さというだけでなく、医療検査の精度と問題点の理解という知性の面でも世界随一だったのです。

↑ここ、ここですよ!
世界の皆さんは今回の日本方式の成功をともすれば「日本人の特殊性」に持っていこうとなさる。

曰く「黄色いサルどもの変わった習性が功を奏した」ことにしたいのです。
でもよもぎ猫さんのおっしゃるように極めて知的な判断を市民レベルで成しえたことこそが本質的なポイントなのですよね。
しかし白人様たちは黄色いサルがそんなことをできたなんて、絶対信じたくな~~~い!

でもよくまあマスコミ総がかりに耐えられましたよね!
おじさんたちがスマホでネットにつながれたのも大きいかもしれませんね。




  1. 2020-06-25 15:58
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

ノビーも似たようなこと
いってませんか?
後だしじゃんけんは
卑怯ですよね。
  1. 2020-06-25 16:59
  2. URL
  3. よもぎ丸 #-
  4. 編集

こんにちは。
このままだと死にますよと医者に言われ、食生活を改め、元気になったら、やぶ医者め、嘘つきやがったと毒づくようなものですね。
  1. 2020-06-25 18:26
  2. URL
  3. kazusa #fxoVk/GE
  4. 編集

こういう輩にとっては、自分に課せられ、支払わされた、負担がすべてなのです。その「支払った負担」の代償として得た、好まし結果を理解できない。国防にせよ、防災•防犯にせよ、起きてしまったら大変な事態を、起きない為に課せられ、支払わされる負担を理解できない。これは「努力」というものを否定することにもつながります。古来、人類は災厄•危難を回避•防止すべく、有形•無形の様々な「努力」をして現在に到るのであり、中には偶然もあるかもしれないが、基本的には、「努力」が災厄•危難による不慮死の危険を抗拒してきたのですが、困ったことに、この知事氏を含めて、精神が丸ごとエデンの園の中で遊び暮らしている輩が多すぎます。「平和ボケ」とも言いますが……。
  1. 2020-06-25 18:51
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

なんだろな?こんな思考パターンが?なので

こんなのよりペットのベット(笑)こんなのもあるんですね
https://youtu.be/Z-ZanyUv_-Y
  1. 2020-06-25 19:51
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 我が国で比較的死者が少なかったのは多くの人が自分を抑えて冷静に行動していたからなのですが。
> お馬鹿な人が喉元過ぎれば何とやらで面倒なことにならなければいいのですが。

 結局このウィルスは、マスクの着用や手洗いなど、個人個人の対応が一番有益だったという事が証明された形ですね。
 そしてそれを主軸に対策を決めた日本政府の作戦勝ちになったのです。
  1. 2020-06-25 20:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: グスン・・・(´;ω;`)ウゥゥ

> 吉村クンはどうしちゃったんだろう?
> 先日の「大阪ワクチン」といい、なんか変でない?

 大阪大学のワクチン自体は結構期待できるんですけどね。

 今一番トップを走っているのはアメリカのワクチンですが、これって開発に成功しても価格が一人分100万円ぐらになりそうなのです。
 でも大阪大学のは最高でも5万円程度なのだそうです。 これなら高齢者などリスクの高い人全員に投与可能です。

 だから頑張ってほしいのですが・・・・・。
>
> >日本の民度は単に清潔さや真面目さというだけでなく、医療検査の精度と問題点の理解という知性の面でも世界随一だったのです。
>
> ↑ここ、ここですよ!
> 世界の皆さんは今回の日本方式の成功をともすれば「日本人の特殊性」に持っていこうとなさる。
>
> 曰く「黄色いサルどもの変わった習性が功を奏した」ことにしたいのです。
> でもよもぎ猫さんのおっしゃるように極めて知的な判断を市民レベルで成しえたことこそが本質的なポイントなのですよね。
> しかし白人様たちは黄色いサルがそんなことをできたなんて、絶対信じたくな~~~い!

 欧米メディアの論調を見ていると、日本人への人種的偏見も酷いけれど、それ以前に日本の感染防止策を全く理解できないようなのです。
 
 専門家会議はこれまでに10回以上も記者会見を開き、記者達の質問にも懇切丁寧に答えているのにです。
 勿論PGR検査の問題点なんか全然理解していないようです。

 これだとホントに日本政府の対応は理解できないのでしょう。
>
> でもよくまあマスコミ総がかりに耐えられましたよね!
> おじさんたちがスマホでネットにつながれたのも大きいかもしれませんね。

 本当に今回はネットの勝利です。
 もしネット世論がなかったら、マスコミに煽られてPCR検査乱発という流れになっていたかも?
  1. 2020-06-25 20:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ノビーも似たようなこと
> いってませんか?
> 後だしじゃんけんは
> 卑怯ですよね。

 マジにノビーは「日本人はBCGのおかげで抗体があるから死者が少なかった」なんて言っているのです。
 しかし現実に日本人への感染例が皆無なウィルスについて「日本人は抗体があるから感染の心配はない」なんて言えるわけないでしょう?

 こういうの見るとこの人は、物事の因果関係の解析ができないのだと思ってしまいます。
  
  1. 2020-06-25 21:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> このままだと死にますよと医者に言われ、食生活を改め、元気になったら、やぶ医者め、嘘つきやがったと毒づくようなものですね。

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、まったくその通りなのです。 
 
 でも考えてみるとNY州のクオモ知事なんかが絶賛されているところを見ると、その逆も結構あるのです。

 早期発見すれば治療可能な病気を、見逃した藪医者でも、それを知らない病人はひたすらその医者に縋り付き崇拝する党ような例ですね。
  1. 2020-06-25 21:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

追加余談

さらに言わせてもらえば、このような輩は「無駄」の意味を取り違えているのが特徴です。起きるかもしれない災厄•危難に何の効果も期待できない準備の為の負担なら確かに「無駄」です。しかし、かかる災厄•危難がイザ発生した場合、それを回避•防遏しうる効果が期待できるもので、偶々、幸運にもそういう効果を発揮•実証する機会が無かったというものならば、それは「無駄」とは言いません。もしもの為の準備をした上で何も起きずに済んだなら、それが一番良いのに、こういう輩は、せっかく負担をして準備をしたからには、それを使う為に何か起きて欲しいのだろうかね? 
  1. 2020-06-25 21:11
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こういう輩にとっては、自分に課せられ、支払わされた、負担がすべてなのです。その「支払った負担」の代償として得た、好まし結果を理解できない。国防にせよ、防災•防犯にせよ、起きてしまったら大変な事態を、起きない為に課せられ、支払わされる負担を理解できない。これは「努力」というものを否定することにもつながります。古来、人類は災厄•危難を回避•防止すべく、有形•無形の様々な「努力」をして現在に到るのであり、中には偶然もあるかもしれないが、基本的には、「努力」が災厄•危難による不慮死の危険を抗拒してきたのですが、困ったことに、この知事氏を含めて、精神が丸ごとエデンの園の中で遊び暮らしている輩が多すぎます。「平和ボケ」とも言いますが……。

 緊急事態宣言後の自粛が大きな経済負担だったことは確かですが、しかしそれは感染爆発をした場合の経済負担、そして大量死という問題に比べたら、極めて軽微だったと言わざるをえないのです。

 アメリカその他、世界の国々は日本より遥かに大きな経済負担と大量の命を失っているのです。

 こういう状況を見れば日本だけが、まったく無傷でこの感染に対応できるわけもないのです。
 
 それを無視してひたすら負担だけを問題にするって、マジに頭オカシイとしか言えません。
  1. 2020-06-25 21:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> なんだろな?こんな思考パターンが?なので
>
> こんなのよりペットのベット(笑)こんなのもあるんですね
> https://youtu.be/Z-ZanyUv_-Y

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、可愛い!!
 でもよもちゃん用には少し大きすぎます。
  1. 2020-06-25 21:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 追加余談

> さらに言わせてもらえば、このような輩は「無駄」の意味を取り違えているのが特徴です。起きるかもしれない災厄•危難に何の効果も期待できない準備の為の負担なら確かに「無駄」です。しかし、かかる災厄•危難がイザ発生した場合、それを回避•防遏しうる効果が期待できるもので、偶々、幸運にもそういう効果を発揮•実証する機会が無かったというものならば、それは「無駄」とは言いません。もしもの為の準備をした上で何も起きずに済んだなら、それが一番良いのに、こういう輩は、せっかく負担をして準備をしたからには、それを使う為に何か起きて欲しいのだろうかね? 

 「生命保険に加入したのに死ななかったから損をした」というみたいな話しです。

 だったら「死ねよ!!」
  1. 2020-06-25 21:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

全ては量の問題:欧米との違い

日本政府の武漢ウィルス対応策は限られたものだから
、麻生大臣は欧米との違いを民度の違いのせいにしようとした。
しかし、それすらも怪しいとの考察を岩田教授が6月23日のブログ
「なぜ、国ごとに差が出たのか。そして第二波がどうなるか」
で行っている。

結論は侵入してきたウィルス量の違いだという事らしい。
この事を頭に入れれば、藤井教授が「藤井聡のあるがままラジオ」
の6月22日文で主張している対策が重要であることがわかる。

  1. 2020-06-25 21:49
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

西浦教授は、最初から「何も対策を講じなければ」と前置きしてから、「死者42万人」と言っていましたよ。42万人と言う数字は、飽くまでも「無策であったら」ということなのですから、官民一体となって対策を講じたからこそ、僅かな死者の数で済んだのであって、当然の結果だったのです(42万人と言う数字は、国民の危機感を高めるための脅しの意味もあって、多少盛ったかもしれないなと自分は最初に思いましたが)。
天は自ら助くる者を助く、という格言を知らないのでしょうかね?
対策を講じる=努力や負担を要するということですから、軽微で済んで、騙されたと怒り狂うのは、完全に的外れです。
  1. 2020-06-25 23:31
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #USOIWCkM
  4. 編集

Re: 全ては量の問題:欧米との違い

> 日本政府の武漢ウィルス対応策は限られたものだから
> 、麻生大臣は欧米との違いを民度の違いのせいにしようとした。
> しかし、それすらも怪しいとの考察を岩田教授が6月23日のブログ
> 「なぜ、国ごとに差が出たのか。そして第二波がどうなるか」
> で行っている。
>
> 結論は侵入してきたウィルス量の違いだという事らしい。
> この事を頭に入れれば、藤井教授が「藤井聡のあるがままラジオ」
> の6月22日文で主張している対策が重要であることがわかる。

 日本より早くから中国からの渡航制限をした欧米の方が、日本より流入したウィルス量が遥かに多かったという事は、中国からの渡航制限はさほど意味がなかったという事ですね?
  1. 2020-06-26 10:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 西浦教授は、最初から「何も対策を講じなければ」と前置きしてから、「死者42万人」と言っていましたよ。42万人と言う数字は、飽くまでも「無策であったら」ということなのですから、官民一体となって対策を講じたからこそ、僅かな死者の数で済んだのであって、当然の結果だったのです(42万人と言う数字は、国民の危機感を高めるための脅しの意味もあって、多少盛ったかもしれないなと自分は最初に思いましたが)。
> 天は自ら助くる者を助く、という格言を知らないのでしょうかね?
> 対策を講じる=努力や負担を要するということですから、軽微で済んで、騙されたと怒り狂うのは、完全に的外れです。

 津波が来るから避難しろ!!

 と言われて避難したから死者がでなかった。
 
 西浦教授避難って、それを「死者が出なかったのだから避難する必要はなかった」と言ってるみたいな話なんですよね。
  1. 2020-06-26 10:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

日本の防衛は

ミサイルが日本に向かって撃たれたと確認できたら撃ち落としてよい。
これって、警官が自分に撃たれた弾は叩き落とすとか避けても良いけど、武器を持ってる相手にも撃ってはいけない、だって犯人は空にむかって脅しで撃つかもしれないじゃないか。
半島まで飛べる戦闘機はなぜ必要なんですか? 日本から外に飛べなくして下さい。
蓮舫とか未だ社会党をやってる福島瑞穂とか狐は、そう考えてるんだから、日本の手足想像を縛り、朝鮮に有利になる事なら何考えても不思議は無いですよね、日本人として考えない。
黒人何故逃げるか?
むかし、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の市橋達也は警官が踏み込もうとすると、裸足で非常階段から逃げた、其の逃げ足は猿の様だった、と。
そして、整形、逃亡、島で生活、こいつは未だ野生の血で生きてるんですね、人間のDNAが違うのですよ。
DNAの違いに発想すると言えば、トラウマもノーベル医学生理学賞受賞者の京都大の山中伸弥教授と同じだね。
  1. 2020-06-26 11:29
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 日本の防衛は

> ミサイルが日本に向かって撃たれたと確認できたら撃ち落としてよい。
> これって、警官が自分に撃たれた弾は叩き落とすとか避けても良いけど、武器を持ってる相手にも撃ってはいけない、だって犯人は空にむかって脅しで撃つかもしれないじゃないか。
> 半島まで飛べる戦闘機はなぜ必要なんですか? 日本から外に飛べなくして下さい。
> 蓮舫とか未だ社会党をやってる福島瑞穂とか狐は、そう考えてるんだから、日本の手足想像を縛り、朝鮮に有利になる事なら何考えても不思議は無いですよね、日本人として考えない。
> 黒人何故逃げるか?
> むかし、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の市橋達也は警官が踏み込もうとすると、裸足で非常階段から逃げた、其の逃げ足は猿の様だった、と。
> そして、整形、逃亡、島で生活、こいつは未だ野生の血で生きてるんですね、人間のDNAが違うのですよ。
> DNAの違いに発想すると言えば、トラウマもノーベル医学生理学賞受賞者の京都大の山中伸弥教授と同じだね。

 自称リベラリスト、自称人権活動家って、自分に都合の悪い人権は徹底的に蹂躙するんですよ。
  1. 2020-06-26 13:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

池田信夫

池田信夫は何故、執拗に八割を口撃するのだろうか?
感染症などは目に見えない敵を想像して戦うものであるから、大雑把に状況を許容しないといけないと思う分野だ、それがシステム思考だ。

根拠の曖昧な方針に身を委ねる事を決断しなければならない状況でも、薬も飲まずペンだけを握りしめて居れば助かると言うのか?
自分の専門の経済学だって、クルーグマンだって当たるも当らぬも八卦、半分しか信じてないんだから紆余曲折、問題は結果なんだから。
一罰百戒、重箱の隅を穿る類では無い。
これをもって、池田信夫の頭の老化の兆候と見るのは当たってる。
  1. 2020-06-29 07:43
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 池田信夫

> 池田信夫は何故、執拗に八割を口撃するのだろうか?
> 感染症などは目に見えない敵を想像して戦うものであるから、大雑把に状況を許容しないといけないと思う分野だ、それがシステム思考だ。
>
> 根拠の曖昧な方針に身を委ねる事を決断しなければならない状況でも、薬も飲まずペンだけを握りしめて居れば助かると言うのか?
> 自分の専門の経済学だって、クルーグマンだって当たるも当らぬも八卦、半分しか信じてないんだから紆余曲折、問題は結果なんだから。
> 一罰百戒、重箱の隅を穿る類では無い。
> これをもって、池田信夫の頭の老化の兆候と見るのは当たってる。

 池田信夫の緊縮財政論からすると、大量死を防ぐ為の経済活動の制限や、それからくる不況を救済する為の財政出動が、とにかく許せないだけなのかも?
  1. 2020-06-29 12:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

緊急事態宣言が解除されたとき、緊急事態は必要なかったというヤフコメが散見しました。その理由が、コロナの感染者数のピークが4月10日前後だったのであり、それを境に徐々に減っていっているのであるから、緊急事態宣言が出される前から、国民が自ら活動を自粛をしていたからだそうです。ここ最近、またコロナの感染者数が増えていますが、政府が緊急事態宣言を出さなくても、自ら進んで活動を自粛できるのでしょうか?
  1. 2020-06-29 14:03
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 緊急事態宣言が解除されたとき、緊急事態は必要なかったというヤフコメが散見しました。その理由が、コロナの感染者数のピークが4月10日前後だったのであり、それを境に徐々に減っていっているのであるから、緊急事態宣言が出される前から、国民が自ら活動を自粛をしていたからだそうです。ここ最近、またコロナの感染者数が増えていますが、政府が緊急事態宣言を出さなくても、自ら進んで活動を自粛できるのでしょうか?

 結果的に新規感染者のピークは、確かに4月10日前後なのですが、しかし押し寄せる患者で医療が危機的な状況になっていったのは、宣言以降です。

 もしもあれでピークアウトしなければ、大変な事になっていました。
 因みに実行再生産数も緊急事態宣言前にすでに1を割っていたので、緊急事態宣言は必要なかったという説も出ていますが、しかしあの実行再生産数というのも、実は簡単に変動するのです。

 そういう事を考えると、新規感染者数がある程度増えて、かつ医療状況がひっ迫してくれば、緊急事態宣言を再度出さざるを得ないでしょう。

 因みに現在、新規感染者数は随分と増えているのですが、実はこれはそれまでやらなかった風俗関係者の集団検診で、大量に検査を行った為のようです。

 そして4月と違って、現在は軽症者隔離の為のホテル等を大量に用意してあるので、軽症者が大量に発見されても、それで病院がパンクするとかそういう心配はないようです。

 だから今のところ、感染者数が増えても特に、緊急事態宣言や自粛の強化は必要ないという判断のようです。
  1. 2020-06-30 21:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する