FC2ブログ

2020-06-03 13:48

自称リベラリストが「分断」を非難する不思議

 アメリカで始まった暴動は世界に広がっているようです。

 そしてこれについて毎日新聞はトランプ大統領が社会を分断するから悪いと言っています。
 この暴動については先日も書いたけれど、この暴動を影で煽っている国の問題は別として、ワタシはこの「分断」という言葉にすごく違和感があります。

 米国の暴動はなぜ拡大し続けるのか 分断と政治対立に利用するトランプ氏の思惑
 会員限定有料記事 毎日新聞
 米中西部ミネソタ州で5月25日、白人警察官による黒人男性の拘束死事件が発生してから1週間。全米各地に広がった抗議デモは一部で暴力行為に発展したが、トランプ米大統領は「力による制圧」を宣言し、分断や暴力をあおり続けている。デモ拡大の背景には、新型コロナウイルスの感染で経済格差が顕在化し、白人警官による黒人の殺害が後を絶たないなど、人種間の摩擦が横たわっている。【ワシントン高本耕太、鈴木一生】
 1日夜、首都ワシントンのホワイトハウスに面した公園。平和的に抗議活動を続けていた群衆に鎮圧部隊が突然、閃光(せんこう)弾と催涙ガスを浴びせ始めた。トランプ大統領が演説を始める直前だった。その後もホワイトハウス中庭の演壇でトランプ氏が語り続ける間、ゴム弾を撃たれ、騎馬隊に追われるデモ参加者の怒号と悲鳴が響き渡った。
 演説でトランプ氏は「騒乱や無法状態をすぐに終わら… 

 この「分断」という言葉はこの数年やたらに目につくのですが、この言葉を好んで使うのは、毎日新聞のような自称リベラリスト達です。

 ワタシはこれは大変奇妙に感じます。

 なぜなら自称リベラリストというのは、元来「多様性の尊重」「アイデンティーの重視」などを看板にし、更に個人の自由や人権を最重要視することから、国家は勿論、地域社会や宗教、更には家族までも個人の自由を妨げるモノとして敵視している人達です。

 つまり彼等の価値観では、人は人種や性的嗜好、宗教などの属性を何よりも大切にするべきだし、また個人は家族からさへも束縛されず自由であるべきだと事になるのです。

 実はワタシも持って生まれた性格が猫なので、こうした個人主義は嫌いではありませんし、実際独身生活を謳歌しているのです。

 しかしだからこそ自称リベラリストが、繰り返し「分断」を持ち出して、それを問題視し、分断を煽る人間を非難することは、なんとも奇妙に思えるのです。

 だってこうして人間が家族からさへ自由であるのであれば、そもそも人は一人一人チリチリバラバラであるべきなのです。
 社会の分断どころではないのです。

 そうやって人が一人一人、チリチリバラバラでいる事を理想とする人間が、何で「分断」を問題にするのでしょうか?

 逆にヒトラーのような国家主義者、国粋主義者なら「分断」を非難するのはわかります。
 国家社会主義者や国粋主義者は、国民は国家の元に固く団結し、常に同じ国民としての連帯感を持つべきだという考えですから「分断なんて許さない!!」というのは当然でしょう?

 因みにヒトラーは国民が固く団結するのは、すべての国民は同じドイツ民族だから、同じドイツ民族だから全て国民がドイツ国民として団結しなければならないと考えました。
 それでユダヤ人などドイツ民族ではない「ドイツ人」を排除しなければならないと考えたのです。

 しかしヒトラーでなくても国民の分断を阻止し、団結心の根源を民族に置けば、こういう事になっちゃいます。

 実際、北朝鮮や韓国など国家主義と民族主義により国民の団結を図ろうという国は、他国民や他民族に対してきわめて排他的・差別的なのです。

 こうした国家、こうした国家を理想とする国粋主義者・国家社会主義者等にとっては、勿論「分断なんて絶対許さないニダ!!」というのは、当然でしょう?

 しかし自称リベラリストは、こうした国粋主義者や国家主義者をファシスト!!として憎悪しているのではありませんか?

 国粋主義や国家主義が行き過ぎると、国民の団結が、個人の自由や人権に優先します。 その為個人の人権が国家によって浸食されてしまうのです。

 自称リベラリストの皆様は、これを忌み嫌って、自国を大切にしようという人、愛国心を重視する人達をかたっぱしから「ファシスト!!」と認定して、彼等の言論を封殺する為には暴力をふるってきたのです。
 
 ああ、そう君たちそんなに国家が嫌いなの?
 そりゃワタシだって性格が猫だから、愛国心とか国家の為に団結して奉仕しろなんてことを押し付けられるのは嫌だよ。
 でもさ、そんなに国家が嫌いなら、国家が分断されても全然不都合はないでしょう?
 というか、国家は分断するべきじゃないの?

 そもそも連中は多様性とかアイデンティティーとか重視で、人種とか性別とか性的嗜好とか、持って生まれた自分の意思では変えられない属性を何よりも重視して、それをそれぞれの人間の政治的スタンスの根源にしろなんてことを言ってきたのです。

 これだともう人種や性的嗜好を無視して人が仲良く交わる事なんかできない、してはいけない事になるじゃないですか?

 これだとドイツ系はヒトラーを信奉し、ユダヤ系はシオニズムを信奉し、そしてイスラム教徒は反ユダヤ主義で固まらなくてはないのですから、マジに分断どころか血みどろの内戦になるじゃないですか?

 そういう事を煽ってきた連中がトランプ大統領がデモを鎮圧したら「社会の分断を扇動ている」と非難するって何でしょうか?

 イヤ、本当にトランプ大統領が君たちの言うようなファシストだったら社会の分断なんて絶対に阻止うからさ。
 ヒトラーがドイツ国民を分断しようとしたかい?
 
 トランプ大統領はアメリカファースト、つまりすべて国民が人種も性別も性的嗜好も関係なく、アメリカ人を何より大切に思って、団結させたいんだろう?
 これファシズムというならわかるよ。
 日本の場合は同じ時代に、ドイツと違って台湾人も満州人も朝鮮人も皆同じ日本人として団結しようと言う理念を唱えていたのだから。

 でもこれ分断とは真逆だよ。

 ところがそのトランプ大統領を忌み嫌う自称リベラリスト達が、「分断」を非難するからホントに奇妙です。

 だからワタシは実はこれは話が全く違うのではないかと思います。
 つまり自称リベラリストが「分断」を非難し始めたのは、実は彼等こそがファシスト、全体主義者だったからだと思うのです。

 そもそも彼等が「分断」を問題にするのは、トランプ大統領に限らず彼等の意見に服さな人々が表れて、それに賛同する人々が出てる場合です。
 
 数年前までは自称リベラリストはマスコミや大学などを席捲し、自分達の意見だけを「政治的に正しい意見=ポリティカルコレクトネス」として、国家を支配していたのです。
 
 ところが数年前からこうした支配に抵抗する人々の言論が、ネットを中心にあふれてきて、遂にはトランプ大統領によう、彼等の「政治的に正しさ」を無視する人が大統領になってしまいました。

 もしヒトラーの時代にナチス党以外の政党が力を持ち、遂に政権を奪取した挙句、ナチス党の政策や理念を公然と批判し始めたら、ヒトラーやナチス党の党員は何というでしょうか?

 ドイツを分断するな!!
 ドイツ国民の団結を揺るがすな!!

 こういうにきまっているじゃないですか?

 ワタシは自称リベラリスト達が「分断」という言葉で自分達の敵を非難するのは、つまりは彼等が完全な全体主義者・ファシストだからだと思っています。
  1. パヨクの世界
  2. TB(0)
  3. CM(33)

コメント

鋭い❗

僕はH蘭文系私学なので言語化出来ずモヤモヤしておりましたところ、またもやバッサリと解説くださり感謝です。
 陛下の赤子たる本土と朝鮮、台湾、南洋、満州諸国民
と帝国臣民として一体となり
戦った我が国は歴史の奇跡、
と勝手に妄想しました。
なにかヤバいので以下略
駄文失礼しました。
  1. 2020-06-03 16:16
  2. URL
  3. よもぎ丸 #-
  4. 編集

団結ではなく

一様なカオス状態のことだろう。
そもそも、彼らの言う多様な社会とは何でもありの
世界であり、それはカオスな世界でもある。
だから、カオス社会の形成を途中で邪魔して
秩序だった「異世界」を残したりするなと
いう事だろう。
  1. 2020-06-03 17:02
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

混乱じゃまいか?

「分断」という言葉は不用意に「なんとなく」使われます。

少し前は分かる概念で使われたと思います。曰く「東西に分断されたドイツ」「敵の後方を撹乱し分断する」等々。

毎日新聞の言う
>米国の暴動はなぜ拡大し続けるのか 分断と政治対立に利用するトランプ氏の思惑
は、分かるような分からない言葉に見えます。

文脈的には強権的なトランプ側に立つ者と、そうでない者を暴力的に選別しているという意味か。それなら記事内容がよくわからない。分断の中身がゴチャゴチャしすぎる。

少なくとも記事からは何と何を分断したかが分かりません。
体制派の警察官までもデモに参加するという現況では、記事として「分断」という言葉はオカシイ。記事が書いていることは「混乱」とか「混迷」ではないのか?

早い話、毎日新聞は対象を分断し損ねた。
  1. 2020-06-03 17:08
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

欧州で国家が色々とありEUを創設した理念はよいけど私は失敗したと思ってます。国の存在は他者との違いが基本でしょうね。
日本が朝鮮半島を併合したけど相容れなかった(今でも)のは教訓でしょう
日本が中国の論理に降るのは嫌ですし香港の件をみてると台湾は蔡英文総統で良かったとも思います。
「分断」は当然の事でしょうインドとパキスタンもそうですしインドネシアと東チモールもそうでしょう
理念だけの人は感情、人格がそれぞれ違うのを認めないんでしょうね
  1. 2020-06-03 17:19
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2020-06-03 18:26
  2. #
  3. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2020-06-03 18:28
  2. #
  3. 編集

リベラルは自由主義者だとされていますが、ファシストや共産主義者と同様、自分たちと同じ意見や表現を表明する自由のみを認める自由主義者(?)だと思います。

自分たちの思想に合致するものに対しては、多様性の尊重の、合致しないものに対しては、分断のレッテルを貼るのです。

たとえば、彼らにとって、あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」の作品群は、多様性の尊重であり、トリカエナハーレ「表現の自由展」のそれは、分断を煽る表現なのでしょう。

私たちが聞きたいのは、前者に公金が投入されるのは良くて、後者に投入されるのはなぜいけないかの合理的説明なのですが、リベラルはそれには一切答えずに、反対意見を封さつするのです。


  1. 2020-06-03 18:29
  2. URL
  3. いけまこ #-
  4. 編集

仰る通りで、

「多様性を受け入れろ」=我々の意見を受け入れろ。
「分断を煽るな」   =我々と対立する意見を言うな。 

だいたいこんな所ですからね。

日本で言えば、いわゆる反日パヨク共産主義者連中とは、昔から嘘を吐くのに躊躇がない、息を吐くように嘘を吐く、誠実さの欠片も無い、根っからの詐欺師のような連中ですからね。で、何万回嘘を暴かれ論破されようが懲りない。ホントに呆れ果てます。
  1. 2020-06-03 19:03
  2. URL
  3. よもさんファン〇号 #yjwl.vYI
  4. 編集

いけまこさんのコメントにある、『自分たちの思想に合致するものに対尊重の、合致しないものに対しては、分断のレッテルを貼るのです。』の他に、自分たちが利用できる弱ないと人に対する接し方も違いますよね。例えばLG BTの人に、自分たちの考えにそぐわない人たちに対して、ホ○右翼なんて言ってましたからね。連中は、右翼が差別主義者だから何やったっていいと言う考えがありそうです。だから差別用語の後に右翼とつければ許されると思っているのでしょう。普通に考えたら、どちらが差別主義者だから一目瞭然だと思いますが。
  1. 2020-06-03 23:26
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

>実際、北朝鮮や韓国など国家主義と民族主義により国民の団結を図ろうという国は、他国民や他民族に対してきわめて排他的・差別的なのです。

中国・韓国・北朝鮮のやってる事が(「変だ」「滑稽だ」という両方の意味で)おかしいのは、日本には「右傾化が〜!」「極右勢力が〜!」と言うくせに、国内では愛国心を煽り、右翼的な手法で国民をまとめようとしていることですね。

そして「愛国心」が大嫌いなはずの朝日新聞が、中国のそうした政策は、褒め讃えているという・・・・。
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRt4jAl_WVxUe11Vtqjg34KAz_cvyzH_YRT2rmpPr1GwHZdtzev&usqp=CAU

もっとも、中国・韓国・北朝鮮の場合、自国に誇れるものがないから、反日を愛国の代わりにしているのが哀れですが・・・・。

先進国の左翼の主張で唯一、一貫しているのは、どんな時でも現状を否定して「世の中を変えよう!」と叫ぶ事だけでしょう。だから言ってる事が、すぐに矛盾する。彼らはそれを気にしていないようですが・・・・。

さらに今は、それを中国のような、表面上は社会主義を掲げた、前近代的な専制国家に利用されているのが、世界の構図だと思います。
  1. 2020-06-03 23:58
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

左翼こそがファシスト

まさしくおっしゃる通りですよ。反ファシストを気取るアンティファのやりかたなんてナチスのブラウンシャツらのやったことと全く同じですからね。だから私はずっとアンティファファシストと呼んでるんです。
  1. 2020-06-04 02:44
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

過大評価では?

外国のリベラル勢力については、どうなのかわかりませんが、毎日新聞を含む、我が国の自称リベラル(腐れ左翼)どもの口にする用語なんぞは、別に深い考えや、大層な信念に基づいてのものじゃなくて、その時その時、その場その場で、見てくれ格好の良い言葉を使っているだけでは?当人たち自身、使っている言葉の意味だの本質だの、理解もしてなけりゃ、その時その場以外での自身の言行との整合性についてなんざケシ粒ほども脳内に無いでしょう。喩えるなら、二流、三流のロックンロール(もどき)や、フォークソングの歌詞と一緒ですよ。ああいうのには「自由」という言葉が、やたら濫用されています。他にも「愛」、「夢」だの、或いは「怒り」だのと……………いや、全く使っちゃいけないわけじゃないけど、そのやたら強調している「自由」だの「愛」や「夢」、または「怒り」だのがどんなものなのか、まるで分からない。中身が無いんですよ。ただ呪文のように歌詞にちりばめてあるだけですな。 それでも見てくれ格好の良い言葉だから、わりと多数を惹きつけるし、自分もいい気分になれる。歌詞の薄っぺらさ、中身の無さをうまく隠し、誤魔化してくれる便利さがある。この「分断」を含めて、毎日新聞その他、リベラルの唱えている用語なんてそういうものでは?二流三流のロックの歌詞の「自由」と一緒ではないかと………。
  1. 2020-06-04 05:10
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

たとえば昔、家永教科書裁判とかいうのがあったそうですが、そこでは、南京大虐殺だの日本の残虐行為とされる大嘘を教科書に書き込みたいがために「自由に書きたいように書かせろ!検閲するな!」等と訴えておきながら、いざ教科書が自分たち反日勢力の望む形に近いもの、反日自虐史観と批難されるようなものになると、今度はその同じ口で、自分たち反日勢力の意に沿わない「新しい歴史をつくる会」の教科書を認めるな!と排除を訴え、図書館などで焚書事件まで起こしてましたよね。

自分たちの要求を飲ませるために「自由!」を訴え。で、いざ自分たちの要求をのませることに成功し、自分たちが支配することに成功すると今度は適当な理由をでっち上げて平然と弾圧を始めると。

ネットの普及などにより、今では反日パヨク共産主義者達の恥知らずなダブスタっぷりは多くの人々に認識されるようになりましたが、まったく奴らの厚顔無恥さはとても同じ人類とは思えない、理解に苦しみます。何かの病気か?障害か?と。

で、オレオレ詐欺に騙される老人の様に、多くの人々がそんな大嘘つきの詐欺師共、反日パヨク共産主義者共のような連中にあっさり騙されて世の中がおかしな方向に進んでしまうと。
  1. 2020-06-04 10:40
  2. URL
  3. よもさんファン〇号 #yjwl.vYI
  4. 編集

Re: 鋭い❗

> 僕はH蘭文系私学なので言語化出来ずモヤモヤしておりましたところ、またもやバッサリと解説くださり感謝です。
>  陛下の赤子たる本土と朝鮮、台湾、南洋、満州諸国民
> と帝国臣民として一体となり
> 戦った我が国は歴史の奇跡、
> と勝手に妄想しました。
> なにかヤバいので以下略
> 駄文失礼しました。

 ドイツはドイツ民族によるヨーロッパ支配が戦争目的でしたから、ドイツ民族絶対かのファシズムでしたが、日本の場合は大東亜共栄圏の創設を戦争の目標にしたので、人種や民族に関係なく団結するファシズムだったのです。

 しかしいずれにせよ国民は国家の元に固く団結するべき!! 国民の団結は個人の自由や人権に絶艇的に優先する。
 
 だからファシズムは許せない!!というのが、リベラリズムでしょう?

 だったらリベラリストが分断について苦情を言うのはおかしいでしょう?
  1. 2020-06-04 11:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 団結ではなく

> 一様なカオス状態のことだろう。
> そもそも、彼らの言う多様な社会とは何でもありの
> 世界であり、それはカオスな世界でもある。
> だから、カオス社会の形成を途中で邪魔して
> 秩序だった「異世界」を残したりするなと
> いう事だろう。

 そうです。
 彼等はこれまで順調に国家社会の秩序を壊しつつあったのですが、それに異議を唱える連中が現れた事を「分断」と言い出したのです。
  1. 2020-06-04 11:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 混乱じゃまいか?

> 「分断」という言葉は不用意に「なんとなく」使われます。
>
> 少し前は分かる概念で使われたと思います。曰く「東西に分断されたドイツ」「敵の後方を撹乱し分断する」等々。
>
> 毎日新聞の言う
> >米国の暴動はなぜ拡大し続けるのか 分断と政治対立に利用するトランプ氏の思惑
> は、分かるような分からない言葉に見えます。
>
> 文脈的には強権的なトランプ側に立つ者と、そうでない者を暴力的に選別しているという意味か。それなら記事内容がよくわからない。分断の中身がゴチャゴチャしすぎる。
>
> 少なくとも記事からは何と何を分断したかが分かりません。
> 体制派の警察官までもデモに参加するという現況では、記事として「分断」という言葉はオカシイ。記事が書いていることは「混乱」とか「混迷」ではないのか?
>
> 早い話、毎日新聞は対象を分断し損ねた。

 一応この記事は有料なので全文は読めないのですが、それでもなんか変なんですよね。
 そもそも言葉の定義をきちんとせずに、すべて自分達のイメージだけで語るというのはパヨクの特徴ですから、「分断」という言葉も実は最初から明確な定義はなく、ただひたすこの言葉を持ち出す事で、「分断を煽るトランプは悪い奴」という印象操作をしようというのでしょうね。
  1. 2020-06-04 11:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 欧州で国家が色々とありEUを創設した理念はよいけど私は失敗したと思ってます。国の存在は他者との違いが基本でしょうね。
> 日本が朝鮮半島を併合したけど相容れなかった(今でも)のは教訓でしょう
> 日本が中国の論理に降るのは嫌ですし香港の件をみてると台湾は蔡英文総統で良かったとも思います。
> 「分断」は当然の事でしょうインドとパキスタンもそうですしインドネシアと東チモールもそうでしょう
> 理念だけの人は感情、人格がそれぞれ違うのを認めないんでしょうね

 自称リベラリストって理念大好きな人たちですからね。
 
 勝手に自分の信奉する理念で他人を支配しようとするから、現実の社会やその社会に支持されている政治に不満ばかり募るのでしょうね。
  1. 2020-06-04 11:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> リベラルは自由主義者だとされていますが、ファシストや共産主義者と同様、自分たちと同じ意見や表現を表明する自由のみを認める自由主義者(?)だと思います。
>
> 自分たちの思想に合致するものに対しては、多様性の尊重の、合致しないものに対しては、分断のレッテルを貼るのです。
>
> たとえば、彼らにとって、あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」の作品群は、多様性の尊重であり、トリカエナハーレ「表現の自由展」のそれは、分断を煽る表現なのでしょう。
>
> 私たちが聞きたいのは、前者に公金が投入されるのは良くて、後者に投入されるのはなぜいけないかの合理的説明なのですが、リベラルはそれには一切答えずに、反対意見を封さつするのです。

 全くその通りです。
 
 但しこういう事になるのは、実は現在リベラルを名乗る人々は、実は元来自由主義者ではないからでしょう。

 そもそも朝日新聞や毎日新聞や立憲民主党など現在「リベラル」を名乗っている連中って、実はソ連崩壊までは「革新」を名乗っていました。 
 彼等は実際には共産主義者で、ソ連・北朝鮮・中国の共産主義政権やカンボジアのポルポト政権までも絶賛していたのです。

 しかしソ連が崩壊するとさすがに共産主義者を匂わせる「革新」は具合が悪いと思ったのか「リベラル」を名乗り始めたのです。

 そして自分達こそがリベラルの本家であるかのようにふるまいだしたのです。

 でも中身が共産主義者ですから、そりゃ他人の自由や人権など認めるわけもないのです。

 偽リベラルなんだから当然でしょう?

 因みに日本の本物のリベラリストって安倍総理です。
 だってこの人Liberal Democratic Partyの総裁です。

 だから憲法は尊重し、現行憲法の抱える問題も、それを憲法の規定に準じて改正しようとしているのです。
  1. 2020-06-04 11:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 仰る通りで、
>
> 「多様性を受け入れろ」=我々の意見を受け入れろ。
> 「分断を煽るな」   =我々と対立する意見を言うな。 
>
> だいたいこんな所ですからね。

 マジにその通りです。
 自分達の意見に異議を唱えたり、自分達の目的を妨害すると「分断するな」と騒ぐのです。
>
> 日本で言えば、いわゆる反日パヨク共産主義者連中とは、昔から嘘を吐くのに躊躇がない、息を吐くように嘘を吐く、誠実さの欠片も無い、根っからの詐欺師のような連中ですからね。で、何万回嘘を暴かれ論破されようが懲りない。ホントに呆れ果てます。

 現実を見ない、自分自身を顧みない人たちなので、どんなに問題が起きても気づかないし、他人から何を言われても聞かないのだからどうしようもありません。
  1. 2020-06-04 12:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >実際、北朝鮮や韓国など国家主義と民族主義により国民の団結を図ろうという国は、他国民や他民族に対してきわめて排他的・差別的なのです。
>
> 中国・韓国・北朝鮮のやってる事が(「変だ」「滑稽だ」という両方の意味で)おかしいのは、日本には「右傾化が〜!」「極右勢力が〜!」と言うくせに、国内では愛国心を煽り、右翼的な手法で国民をまとめようとしていることですね。
>
> そして「愛国心」が大嫌いなはずの朝日新聞が、中国のそうした政策は、褒め讃えているという・・・・。
> https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRt4jAl_WVxUe11Vtqjg34KAz_cvyzH_YRT2rmpPr1GwHZdtzev&usqp=CAU
>
> もっとも、中国・韓国・北朝鮮の場合、自国に誇れるものがないから、反日を愛国の代わりにしているのが哀れですが・・・・。
>
> 先進国の左翼の主張で唯一、一貫しているのは、どんな時でも現状を否定して「世の中を変えよう!」と叫ぶ事だけでしょう。だから言ってる事が、すぐに矛盾する。彼らはそれを気にしていないようですが・・・・。
>
> さらに今は、それを中国のような、表面上は社会主義を掲げた、前近代的な専制国家に利用されているのが、世界の構図だと思います。

 マジに日本の自称リベラリストって愛国心とか軍隊とか民族主義には徹底的に反対するのに、韓国や中国や北朝鮮のそれは一切問題にしないのだから異常です。

 民族主義がそれほど悪い物なら、朝鮮学校なんてものの廃止を真っ先に応援するべきなのが、自称リベラリストのはずですけどね。
  1. 2020-06-04 12:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 左翼こそがファシスト

> まさしくおっしゃる通りですよ。反ファシストを気取るアンティファのやりかたなんてナチスのブラウンシャツらのやったことと全く同じですからね。だから私はずっとアンティファファシストと呼んでるんです。

 泥棒が逃げる時に「泥棒!! 泥棒!!」と叫んで、泥棒を追いかけるふりをして逃げるという漫画がありましたが、アンティファのような自称リベラリストって、この漫画そのままでしょう?
  1. 2020-06-04 12:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 過大評価では?

> 外国のリベラル勢力については、どうなのかわかりませんが、毎日新聞を含む、我が国の自称リベラル(腐れ左翼)どもの口にする用語なんぞは、別に深い考えや、大層な信念に基づいてのものじゃなくて、その時その時、その場その場で、見てくれ格好の良い言葉を使っているだけでは?当人たち自身、使っている言葉の意味だの本質だの、理解もしてなけりゃ、その時その場以外での自身の言行との整合性についてなんざケシ粒ほども脳内に無いでしょう。喩えるなら、二流、三流のロックンロール(もどき)や、フォークソングの歌詞と一緒ですよ。ああいうのには「自由」という言葉が、やたら濫用されています。他にも「愛」、「夢」だの、或いは「怒り」だのと……………いや、全く使っちゃいけないわけじゃないけど、そのやたら強調している「自由」だの「愛」や「夢」、または「怒り」だのがどんなものなのか、まるで分からない。中身が無いんですよ。ただ呪文のように歌詞にちりばめてあるだけですな。 それでも見てくれ格好の良い言葉だから、わりと多数を惹きつけるし、自分もいい気分になれる。歌詞の薄っぺらさ、中身の無さをうまく隠し、誤魔化してくれる便利さがある。この「分断」を含めて、毎日新聞その他、リベラルの唱えている用語なんてそういうものでは?二流三流のロックの歌詞の「自由」と一緒ではないかと………。

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、そういえば今回の騒動でジェーン・フォンダのインタビューの動画を見ました。

 あらら、この人まだ生きてたの?
 しかし老婆になってもまだ脳内70年代でした。

 仰るようにリベラルを自任して騒いでいる人達って、脳内70年代の学生のノリで、真面目に現実の問題を解決する意思なんか皆無だけれど、時々夢と妄想に駆られて騒ぐというのが大多数でしょうね。
 
 しかしそういういい加減さ故、どんな現実と理想の齟齬を突きつけられても、懲りる事もなく、いつまでいるまでいつまでも妄想を喪わないのでしょう。
  1. 2020-06-04 12:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> たとえば昔、家永教科書裁判とかいうのがあったそうですが、そこでは、南京大虐殺だの日本の残虐行為とされる大嘘を教科書に書き込みたいがために「自由に書きたいように書かせろ!検閲するな!」等と訴えておきながら、いざ教科書が自分たち反日勢力の望む形に近いもの、反日自虐史観と批難されるようなものになると、今度はその同じ口で、自分たち反日勢力の意に沿わない「新しい歴史をつくる会」の教科書を認めるな!と排除を訴え、図書館などで焚書事件まで起こしてましたよね。
>
> 自分たちの要求を飲ませるために「自由!」を訴え。で、いざ自分たちの要求をのませることに成功し、自分たちが支配することに成功すると今度は適当な理由をでっち上げて平然と弾圧を始めると。
>
> ネットの普及などにより、今では反日パヨク共産主義者達の恥知らずなダブスタっぷりは多くの人々に認識されるようになりましたが、まったく奴らの厚顔無恥さはとても同じ人類とは思えない、理解に苦しみます。何かの病気か?障害か?と。
>
> で、オレオレ詐欺に騙される老人の様に、多くの人々がそんな大嘘つきの詐欺師共、反日パヨク共産主義者共のような連中にあっさり騙されて世の中がおかしな方向に進んでしまうと。

 この家永三郎という人は、戦前は実は国粋主義でした。
 
 戦後、反戦反日の活動家として有名になった人たちの多くが、実は戦前は軍国主義、国粋主義推進の活動をしていました。
 逆に戦前から軍拡に反対していた人が、戦後は憲法改正などを推進しています。

 つまり家永等の嘘つきって、戦前からです。

 マジに戦前も同じ嘘つきに騙されて酷い目にあったのです。
  1. 2020-06-04 12:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

はたして分断を利用しているのは誰なのでしょうか?
少なくともなんらまともな政策を出せない方々がこの分断や対立構造を煽り、
トランプ大統領の批判に利用しているのではないでしょうか?
活動家はよく無茶苦茶な要求をしますが彼らとて受け入れられると思って出しているわけではなく、
その利害関係に絡む人たちを取り込むためにわざとやっています。
分断を叫ぶ者こそがまさしく分断を利用しているのです。
  1. 2020-06-04 13:48
  2. URL
  3. 太朗 #cRy4jAvc
  4. 編集

報告です

昨夕コメントを送信しようとしたのですが、二度「不正投稿だと判断されました」と表示されました。
もちろん不正は行っていませんし、どうしてかなと考えていて、以前のよもさんの発言を思い出しました。
「さつ」(原文は漢字)なんかの字が引っかかっているのかもしれないと。
それで、「封さつ」のさつをひらがなに替えたところ、OKになりました。

FC2ブログ全体で「さつ」の字がタブーになっているのかなと思ったのですが、今朝短足おじさんのコメント欄を眺めていたら、「抹さつ」(さつ、原文は漢字)はしっかり表示されているではありませんか。
ん?短足おじさんのブログでは「さつ」はOKで、よもさんのではいけない?

よもさんは、「危険な思想家」のたぐいのリストの中に入っているのでしょうか。
  1. 2020-06-04 17:54
  2. URL
  3. いけまこ #-
  4. 編集

Re: 報告です

> 昨夕コメントを送信しようとしたのですが、二度「不正投稿だと判断されました」と表示されました。
> もちろん不正は行っていませんし、どうしてかなと考えていて、以前のよもさんの発言を思い出しました。
> 「さつ」(原文は漢字)なんかの字が引っかかっているのかもしれないと。
> それで、「封さつ」のさつをひらがなに替えたところ、OKになりました。
>
> FC2ブログ全体で「さつ」の字がタブーになっているのかなと思ったのですが、今朝短足おじさんのコメント欄を眺めていたら、「抹さつ」(さつ、原文は漢字)はしっかり表示されているではありませんか。
> ん?短足おじさんのブログでは「さつ」はOKで、よもさんのではいけない?
>
> よもさんは、「危険な思想家」のたぐいのリストの中に入っているのでしょうか。

 この「不正な投稿」の判定基準は、ワタシにも全然わかりません。 要するに物騒な言葉とか差別語がダメらしいのですが、人間ではなくプログラムに入っているのを機械が判定しているので、文脈とかそういうモノは一切関係なく、短絡的に特定の単語だけでダメになるようです。
  1. 2020-06-04 20:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> はたして分断を利用しているのは誰なのでしょうか?
> 少なくともなんらまともな政策を出せない方々がこの分断や対立構造を煽り、
> トランプ大統領の批判に利用しているのではないでしょうか?
> 活動家はよく無茶苦茶な要求をしますが彼らとて受け入れられると思って出しているわけではなく、
> その利害関係に絡む人たちを取り込むためにわざとやっています。
> 分断を叫ぶ者こそがまさしく分断を利用しているのです。

 ええ、そうでしょう。
 そもそも自称リベラリストの忌み嫌う国家主義者や国粋主義者は「分断」大嫌いなんですよね。
  1. 2020-06-04 20:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ちょっと付け足し

現在、日本を含めた西側先進国では「リベラル=左派=進歩的な人」という事になってしまっているので、これにツッコミを入れたいと思います。

中国や北朝鮮って、科学的社会主義を掲げているけど、どう見ても中世の王朝国家で、前近代的な専制国家ですよね。また、イスラム教徒の世界観は、中世のキリスト教徒の世界観と、それほど変わりません。

「リベラル=進歩的な人」ならば、リベラル派の人達こそ、未だに中世のような世界にいる中国・北朝鮮・イスラム世界の国々の政治体制を近代化するために、これらの国をどんどん批判すべきでしょう。

また、社会の分断がいけないのなら、異なる価値観で動いている国の人々を安易に自国に受け入れるのはやめるべきだし、もし受け入れるなら、彼らには「郷に入っては郷に従え」を徹底させるべきで、彼らの価値観に基づいだ行動を「多様性」なんて言って認めちゃダメでしょう。
  1. 2020-06-05 09:38
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: ちょっと付け足し

> 現在、日本を含めた西側先進国では「リベラル=左派=進歩的な人」という事になってしまっているので、これにツッコミを入れたいと思います。
>
> 中国や北朝鮮って、科学的社会主義を掲げているけど、どう見ても中世の王朝国家で、前近代的な専制国家ですよね。また、イスラム教徒の世界観は、中世のキリスト教徒の世界観と、それほど変わりません。
>
> 「リベラル=進歩的な人」ならば、リベラル派の人達こそ、未だに中世のような世界にいる中国・北朝鮮・イスラム世界の国々の政治体制を近代化するために、これらの国をどんどん批判すべきでしょう。
>
> また、社会の分断がいけないのなら、異なる価値観で動いている国の人々を安易に自国に受け入れるのはやめるべきだし、もし受け入れるなら、彼らには「郷に入っては郷に従え」を徹底させるべきで、彼らの価値観に基づいだ行動を「多様性」なんて言って認めちゃダメでしょう。

 その通りなのです。

 西欧のリベラリストというのは、元来近代合理主義に基づいてますし、その近代合理主義というのは、キリスト教との戦いの中で育ってきたモノですから、欧米の自称リベラリストがキリスト教を目の敵にするのはわかります。
 
 しかしそれならイスラム教だって敵のはずです。

 イスラム教は「神の支配」をキリスト教より徹底した宗教ですから、人間は神の奴隷で、人間が神から自由になる事は絶対に認めませんし、勿論、宗教の自由も認めません。

 自称リベラリストが、近代合理主義の立場から「神の支配」を拒否すというなら、イスラム教はキリスト教以上に「悪い宗教」「理性の敵」として排斥するべきなのですが、彼等はなぜかイスラム教にはやたらに「寛容」なのです。

 同様に共産主義もまた共産主義というドグマを元に、人間の自由や人権を弾圧するイデオロギーですから、これも絶対に許せないはずですが、しかし自称リベラリストはこれまた共産主義にはやたらに寛容なのです。

 一方同じ民主主義国家、それも成功している民主主義国家に対しては極めて否定的です。
 
 こうしてみると結局自称リベラリスト達は、実はリベラリストではないという事でしょう?
 
  1. 2020-06-05 13:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

一つの記事に対し、三つ目のコメントです。
すみません。

一般的なリベラル派の社会の分断論と、今回のアメリカの暴動における分断という言葉の濫用の意味合いは、若干異なるかもしれません。

白人の警官が黒人男性を死なせたことをきっかけに、抗議デモが全米に拡がり、ホワイトハウス前でも抗議集会が開かれたそうですが、引用文にもあります。

>1日夜、首都ワシントンのホワイトハウスに面した公園。平和的に抗議活動を続けていた群衆に鎮圧部隊が突然、閃光(せんこう)弾と催涙ガスを浴びせ始めた

6月2日付朝日新聞夕刊一面の見出しは、こうです。
「首都で平和的抗議に催涙弾」

抗議集会が平和的に行われたのに、なぜ警官隊は催涙弾を打ち込んだのでしょうか。本当にそれは平和的に行われていたのでしょうか。

翌3日付朝日新聞にも、「ホワイトハウス前の平和的なデモ隊を、警察が催涙ガスを使って排除」とあります。

朝日新聞の記者は、現場を見たのでしょうか。恐らく見ていないでしょう。
同紙の記者は、米国の主流派=左派メディアの記事を読んで、急いで本国(日本)向けの記事を、仕上げただけだろうと思います。

引用文中には、次のような文言もあります。
>トランプ米大統領は「力による制圧」を宣言し、分断や暴力をあおり続けている

6月3日付朝日新聞にも、「米国の分断をあおるトランプ氏の作戦が成功するかは見通せない」との記述があります。

「平和的な抗議活動」とか、「分断をあおるトランプ氏」との紋切型を、米国の左派メディアが使っていて、それをわが国の左派メディアがそのまま使っているだけではないでしょうか。

相模さんは、「分かるような分からない言葉に見えます。(中略)何と何を分断したのか分かりません」と書いていますが、その通りで、舌足らずの点で毎日と朝日の記事が一致しています。

このことから分かるのは、第一、わが国の左派メディアの記事は、米国の左派メディアのそれの丸写しであること。
第二、米国の左派メディアが狙っているのは、今回の暴動を利用して、暴力的や分断といった悪のイメージをトランプ氏に貼りつけることによって、氏の再選を阻止しようとしているのではないでしょうか。

  1. 2020-06-05 19:16
  2. URL
  3. いけまこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 一つの記事に対し、三つ目のコメントです。
> すみません。
>
> 一般的なリベラル派の社会の分断論と、今回のアメリカの暴動における分断という言葉の濫用の意味合いは、若干異なるかもしれません。
>
> 白人の警官が黒人男性を死なせたことをきっかけに、抗議デモが全米に拡がり、ホワイトハウス前でも抗議集会が開かれたそうですが、引用文にもあります。
>
> >1日夜、首都ワシントンのホワイトハウスに面した公園。平和的に抗議活動を続けていた群衆に鎮圧部隊が突然、閃光(せんこう)弾と催涙ガスを浴びせ始めた
>
> 6月2日付朝日新聞夕刊一面の見出しは、こうです。
> 「首都で平和的抗議に催涙弾」
>
> 抗議集会が平和的に行われたのに、なぜ警官隊は催涙弾を打ち込んだのでしょうか。本当にそれは平和的に行われていたのでしょうか。
>
> 翌3日付朝日新聞にも、「ホワイトハウス前の平和的なデモ隊を、警察が催涙ガスを使って排除」とあります。
>
> 朝日新聞の記者は、現場を見たのでしょうか。恐らく見ていないでしょう。

> 同紙の記者は、米国の主流派=左派メディアの記事を読んで、急いで本国(日本)向けの記事を、仕上げただけだろうと思います。
>
> 引用文中には、次のような文言もあります。
> >トランプ米大統領は「力による制圧」を宣言し、分断や暴力をあおり続けている
>
> 6月3日付朝日新聞にも、「米国の分断をあおるトランプ氏の作戦が成功するかは見通せない」との記述があります。
>
> 「平和的な抗議活動」とか、「分断をあおるトランプ氏」との紋切型を、米国の左派メディアが使っていて、それをわが国の左派メディアがそのまま使っているだけではないでしょうか。
>
> 相模さんは、「分かるような分からない言葉に見えます。(中略)何と何を分断したのか分かりません」と書いていますが、その通りで、舌足らずの点で毎日と朝日の記事が一致しています。
>
> このことから分かるのは、第一、わが国の左派メディアの記事は、米国の左派メディアのそれの丸写しであること。
> 第二、米国の左派メディアが狙っているのは、今回の暴動を利用して、暴力的や分断といった悪のイメージをトランプ氏に貼りつけることによって、氏の再選を阻止しようとしているのではないでしょうか。

 この催涙ガスというのはガセでした。
 警察は催涙ガスは撃っておらず、煙が見えたのはデモ隊の方で発煙筒のようなモノを焚いたからのようです。

 日本の大手メディアの記者は実は英語力も貧弱で、実際に取材をする能力もなく、ひたすらアメリカの有名メディアの記事に追従しているのです。

 そしてむしろそれを増幅していようです。
 
 これ実は海外の日本記事も同様でしょう?
 
 だからこういうのを見ていると、現実は全然見えてこないのです。
  1. 2020-06-06 11:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>この催涙ガスというのはガセでした。
 警察は催涙ガスは撃っておらず、煙が見えたのはデモ隊の方で発煙筒のようなモノを焚いたからのようです。

そうなんですね。
情報、ありがとうございます。
この程度の報道の真偽さえ、疑わないといけないんですね。
  1. 2020-06-06 18:11
  2. URL
  3. いけまこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >この催涙ガスというのはガセでした。
>  警察は催涙ガスは撃っておらず、煙が見えたのはデモ隊の方で発煙筒のようなモノを焚いたからのようです。
>
> そうなんですね。
> 情報、ありがとうございます。
> この程度の報道の真偽さえ、疑わないといけないんですね。

 ワタシもこれネットで拾った情報ですが、それにしてももうアメリカでもマスコミがガセを報道し放題です。
 ひどいモノです。
  1. 2020-06-07 11:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する