FC2ブログ

2020-06-03 11:05

季節は巡る

 よもちゃんはすっかり元気になりました。

49965632527_c448db57b9_z.jpg

 夕べは夜中に二回もワタシをたたき起こして、真夜中ご飯の給仕をさせて、バクバク食べました。

49965638897_90677aa0c2_z.jpg

 でも幸いな事に、お外には殆ど行きたがりません。

49964861138_8eddaf9f84_z.jpg

 本当によくよく懲りたのでしょう。

49965642867_a7fc8cd600_z.jpg

 よもちゃんはこれまでも何度かプチ家出をしていますが、こんなに長くヘタレた事はなく、散々怖い目に遭っても、無事帰宅すれば、すぐにまたお外に行くと言って、ワタシが外に出してあげるまで、アオアオと泣き続けたのです。

49965363041_7278a82c51_z.jpg

 それでワタシもよもちゃんを室内飼いにはできなかったのです。

49965645877_0c3f3cb612_z.jpg

 でもこれからはもう自分から外出をやめてくれるかもしれません。
 実はよもちゃんはこの冬は殆ど外に出なかったのです。

49965367471_855a5b029a_z.jpg

 そして春になってからも、雨の日や寒い日は外出しませんでした。
 だからよもちゃんがお外で遊ぶのも、この秋までではないかと思っていたのです。

49965370511_b7a36d12a1_z.jpg

 要するによもちゃんももう歳なのです。

49964880023_48a63a3a3c_z.jpg
 
 そういえばワタシだって歳です。

49965381361_761565fc71_z.jpg

 ワタシの散歩コースだって年々範囲が縮まってきました。

49965663167_f962572435_z.jpg

 以前は電動ではなく普通の自転車で、前田森林公園や百合ヶ丘公園まで行きました。

49964885023_91eeb8af76_z.jpg

 でもこの2~3年はそんな遠いところまではいっていません。

49965667887_e46b7ef5c6_z.jpg

 この頃は専ら我が家に近い、発寒川沿いの遊歩道ばかり、ウロウロしています。
 このあたりの花と景色が一番好きでだからでもあるのですが・・・・・・・。

49964889743_38946c79e7_z.jpg

 ここは上り坂がきついのだけれど、電動自転車にしたので、ラクチンなのです。

49965390996_7a5a961ae1_z.jpg

 だから写真も同じ景色ばかりになります。

49965672842_c7c918af25_z.jpg
 
 今回のエントリーの写真は5月31日の物です。

49965393596_7e73218de2_z.jpg

 この日も素晴らしい快晴でした。
 空が青く澄み切って、月がクッキリと見えていました。

49964897253_7024758461_z.jpg

 青葉が厚く茂り始め、山は夏景色です。

49964899053_1336c09521_z.jpg

 花の季節も間もなく終わります。

49965401536_f1b4d802e3_z.jpg

 タニウツギが咲いていました。
 無才さんの住む魚沼では大分前から咲いたそうですが、札幌もようやく追いついたのです。

49965404816_7d73db7746_z.jpg

 こうして夏になると札幌の花のカレンダーが本州に追いつき、この後ドンドンスピードを上げてぶっちぎりトップで冬にゴールするのです。

49965687867_17d8f785ba_z.jpg

 こうやって季節は廻り、それを追ってワタシもよもちゃんも歳をとってきたのです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

年々歳々

なんだかこの頃よもちゃんのことをよく考えているせいか、さっきうちの子につい「よもちゃん」と言ってしまいそうになりました(*´ω`*)
モリモリ食べてくれてほんとによかったですねえ。


めぐる季節の中で、ともに生きてともに歳をとっていくよもぎねこさんとよもちゃん。

私はこの冬、「老い」をうけいれていく寂しさ。というのをはじめて体験しました。
体調が悪かったせいもあるでしょうが、この先私にはもう何も希望というものがないんだなあと暗澹として、その時初めてお年寄りの鬱が少しわかりました。

とはいえ、仕事もあるしうちの子はまだやっと3歳。落ち込んでばかりもいられなく。
なんとかかんとか季節が巡って春が来て初夏になり、真っ青な空に映える樹々の緑や花の色に元気をもらって現在に至る、というわけですが、こうしてみんな生きとし生けるものすべて等しく歳を重ねていくんだなあと。

お二人のお幸せと平安を心からお祈りします。
美しい写真も楽しみです。

  1. 2020-06-03 12:00
  2. URL
  3. ROM #RS4k0RpE
  4. 編集

Re: 年々歳々

> なんだかこの頃よもちゃんのことをよく考えているせいか、さっきうちの子につい「よもちゃん」と言ってしまいそうになりました(*´ω`*)
> モリモリ食べてくれてほんとによかったですねえ。
>
>
> めぐる季節の中で、ともに生きてともに歳をとっていくよもぎねこさんとよもちゃん。
>
> 私はこの冬、「老い」をうけいれていく寂しさ。というのをはじめて体験しました。
> 体調が悪かったせいもあるでしょうが、この先私にはもう何も希望というものがないんだなあと暗澹として、その時初めてお年寄りの鬱が少しわかりました。
>
> とはいえ、仕事もあるしうちの子はまだやっと3歳。落ち込んでばかりもいられなく。
> なんとかかんとか季節が巡って春が来て初夏になり、真っ青な空に映える樹々の緑や花の色に元気をもらって現在に至る、というわけですが、こうしてみんな生きとし生けるものすべて等しく歳を重ねていくんだなあと。
>
> お二人のお幸せと平安を心からお祈りします。
> 美しい写真も楽しみです。

 ありがとうございます。

 よもちゃんは食欲全開になりました。
 本当にうれしいです。

 よもちゃんがしっかり食べて、楽しく遊んで、気持ちよく寝ていてくれたらワタシはそれで幸せなのです。

 ワタシとよもちゃんはそうやって18年一緒に暮らしてきたのです。
 18年も経てばそりゃ歳だってとります。

 でも歳って毎年一つしかとらないので、だんだんそれに慣れて受け入れられるようなるのです。

 そして歳をとったから、良いことだって色々あったのです。
 去年からは年金も貰えるようになりましたし。

 だからよもちゃんと二人、「今後の人生も神様にお任せしていればよいや」と思っています。
  1. 2020-06-03 12:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

こちらは紫陽花がきれいに咲き始めています。
もう梅雨入りも間近。


人は「成熟するにつれて若くなる」とはヘルマン・ヘッセの言葉。

ゆえによもちゃんもよもぎねこさんも、ますます感性は新鮮で鋭くなって(ヽ(^o^)丿
冴えるその慧眼には感服です。
年々、同じ景色を見ても感じることに深みが増していきます。

体力のほうは、これは仕方ない。
哀しいかな、私は若くなるどころか記憶力と共に体力も黄昏て、すぐにへたれてしまうのですけれど・・・

  1. 2020-06-03 12:32
  2. URL
  3. 葉月 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こちらは紫陽花がきれいに咲き始めています。
> もう梅雨入りも間近。
>
 もう6月ですからね。
 子供のころ名古屋で暮らした事があって、家の庭にアジサイがあって、それが梅雨時には雨の中で綺麗に咲いていたのを思い出しました。
>
> 人は「成熟するにつれて若くなる」とはヘルマン・ヘッセの言葉。
>
> ゆえによもちゃんもよもぎねこさんも、ますます感性は新鮮で鋭くなって(ヽ(^o^)丿
> 冴えるその慧眼には感服です。
> 年々、同じ景色を見ても感じることに深みが増していきます。

 ありがとうございます。
 実は同じ写真ばかりアップし続けているので、皆さなげんなりしているのでは?と心配していたのです。
>
> 体力のほうは、これは仕方ない。
> 哀しいかな、私は若くなるどころか記憶力と共に体力も黄昏て、すぐにへたれてしまうのですけれど・・・

 ワタシもホントにダメになりました。
 でも歳をとった事で多少進歩したこともあるから、まあいいや、とおもっています。
  1. 2020-06-03 13:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

これぞ北海道の春なんですね

素晴らしい青空と花がとても素晴らしいです。
春夏秋冬の同じ青空でも色温度が違いますから雰囲気が解ります。
梅雨時になると写真もしっとりします、秋冬だと乾いたさっぱりした青空ですよね、空気感が伝わります、もちょい良いカメラだと楽しいです。

最初の写真の八重のオダマキなんですけど、派手でけばけばしい園芸種なんですよね、2~3年で絶えます、キット。
やはり日本の黄色の山オダマキと青の園芸種が良いです。下向いて咲くのが日本的で良いです。

住宅街の家の玄関先には、いろんな花が置いてありますが、殆どはけばけばしい花の種類が多いですよね、他人に見せるのに派手が良いのか、自分の気持ちなのか。
も少し落ち着いた花を選べないのでしょうかね、余計なお世話でしょうけど、安いパンジーなぞは最悪。
犬も良く手入れのされたプードルを連れて歩いている人は見栄っ張りの様な気がします、金持ちに見えるのかな?
余計なお世話かな、私ならプードルは飼いません。
全部余計な事でしたね。
  1. 2020-06-03 17:19
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: これぞ北海道の春なんですね

> 素晴らしい青空と花がとても素晴らしいです。
> 春夏秋冬の同じ青空でも色温度が違いますから雰囲気が解ります。
> 梅雨時になると写真もしっとりします、秋冬だと乾いたさっぱりした青空ですよね、空気感が伝わります、もちょい良いカメラだと楽しいです。

 ええ、これから7月いっぱいぐらいまでが北海道で一番快適な季節です。
 
 澄み切った青空、咲き乱れる花、明るく鮮やかな緑の季節です。
>
> 最初の写真の八重のオダマキなんですけど、派手でけばけばしい園芸種なんですよね、2~3年で絶えます、キット。
> やはり日本の黄色の山オダマキと青の園芸種が良いです。下向いて咲くのが日本的で良いです。
>
> 住宅街の家の玄関先には、いろんな花が置いてありますが、殆どはけばけばしい花の種類が多いですよね、他人に見せるのに派手が良いのか、自分の気持ちなのか。
> も少し落ち着いた花を選べないのでしょうかね、余計なお世話でしょうけど、安いパンジーなぞは最悪。
> 犬も良く手入れのされたプードルを連れて歩いている人は見栄っ張りの様な気がします、金持ちに見えるのかな?
> 余計なお世話かな、私ならプードルは飼いません。
> 全部余計な事でしたね。

 この花は西洋オダマキですから、仰るように園芸品種です。
 でもなかなかタフなのか結構雑草に混ざって咲いて居たりもします。

 ワタシも日本オダマキの方が好きですが、でも西洋オダマキは西洋オダマキで好きです。
  1. 2020-06-04 11:39
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する