fc2ブログ

2020-03-16 12:10

それでも春になる

 先週の水曜(3月11日)は実は、ワタシの持病(多発性硬化症)で札幌医科大学付属病院の診察予約が入っていました。
 
 しかしこういうご時世ですから、医大(札幌医科大学付属病院)でもその前日3月10日の3時から、電話診療と言うを始めました。

 それで事前に予約のある人は、電話をすると電話診療に切り替えてもらえるという事になりました。

IMG_1569.jpg

 それじゃ電話診療♪

 と、思って10日の3時に速攻で電話をしたのですが、なぜか全然電話がつながりません。
 何度かやって漸くつながったのですが、電話診療の受付が電話でパンパンで、30分とか50分とか電話をつないだまま待たなければならないと言われました。

 それでアッサリ、ギブアップしてしまいました。
 それにこの日は体調も今一だったのです。

IMG_1591.jpg

 そこで翌朝は、起きてすぐに身支度をして、医大へ向かいました。
 
 しかし地下鉄駅に向かう途中から、なんだか足元がフラフラしてきました。

IMG_1584.jpg

 何だか熱っぽいよ。
 昨日だって体調がよくないから一日寝ていたわけだし・・・・・・。
 だから電話診療の予約だって、ギブアップしたんだし・・・・・。

 それでもしばらく歩いたのですが、しかし段々と不安になってきました。

IMG_1592.jpg

 ワタシは元来ヒッキーで、人との接触が非常に少ないし、特にこの一月は、体調不良もあって、2~3日に一度、食料品を買いに出る以外は、殆ど外出もしていないという、封鎖中の武漢の住民みたな生活をしてました。

 だから習近平ウィルスを貰ってくる可能性は、限りなく低いです。

IMG_1614.jpg

 しかしねえ・・・・・。
 万々が一で、習近平ウィルスだったら・・・・・?

 これで熱が続いて保健所に電話をして、検査をされて陽性だったら?

IMG_1593.jpg

 札幌市の60代の女性が感染している事が判明しました。
 この女性は症状が出てから、札幌医科大学付属病院を受診していた事が判明しました。 札幌医科大学側では女性が受診した診療科の医師と看護師全員の検査をするとともに、外来のフロア全体の消毒を・・・・

IMG_1617.jpg

 なんてニュースが放映されて、ワタシはもう札幌で暮らせなくなります。
 イヤ、もう北海道からも追い出されるかも?

 自分の感染を知らないでスポーツジムに行った人でも極悪人扱いで報道されているのに、札幌医科大学付属病院を汚染してきたら、凶悪犯にされてしまいます。

 だって札幌医大付属病院は、札幌市内だけではなく、遠く網走や稚内からも診療に来る人が沢山いる、大切な病院なのです。

IMG_1604.jpg

 というわけで、地下鉄駅を目前に回れ右をして帰宅しました。
 そして家に帰ってから医大に電話をかけて、事情を話して予約をキャンセルしました。
 
 それからパジャマに着替えててベッドに戻りました。
 するとよもちゃんも直ぐにベッドに入ってきました。

 ワタシの体調が悪い時はいつもそうですが、よもちゃんはいつも添い寝してくれるのです。

 しかしこれだったら、一体何の為に、地下鉄駅まで行ったのか?

 でも診察予約の時間が9時だったから、他にどうしようもなかったのです。
 そうやってふて寝を初めてまもなく、ベルが鳴りました。

IMG_1622.jpg

 パジャマのまま出ていくと、ドアの外には荷物を抱えてゆうパックの配達員の方が・・・・・。
 
 配達員の方はしっかりとマスクをしてたのですが、それでもワタシのパジャマ姿を見て、マスクが覆いきれない部分がひきつるのがわかりました。

 そうだよね。
 今どき、昼間から寝込んでいる人間を見たら、恐怖だよ。

 しかし配達員の方は悲鳴を上げて逃げたりはせず、荷物をわたしてくださいました。

IMG_1629.jpg

 荷物は明石に住む嫂からのプレゼントでした。
 明石名物の高級海苔や、タコ煎餅などのお菓子類、そして何よりも嫂が作ったいかなごのくぎ煮です。

 嫂は毎年いかなごの季節になると、いかなごのくぎ煮を作って、ワタシ達姉妹に送ってくれるのです。
 いかなごのくぎ煮は、凄く美味しくて、これがあるとご飯がいくらでも食べられます。
 
 わ~~い!!
 このまま四日熱が下がらず、保健所から自宅待機を命令されたら、これ全部ワタシが食べられる!!

 お米とパックのご飯の買い置きは沢山あるので、温かいご飯とくぎ煮と明石の海苔の食べ放題♪
 凄く幸せ♪

 嫂はいつもワタシ達姉妹・2人分を一緒に送ってくれるのです。
 だから本当はこれは妹と二人で分けなくてはならないのです。
 でももしワタシが習近平ウィルス陽性だったら、汚染されたくぎ煮を妹に食べさせるわけにはいかないでしょう?

IMG_1634.jpg

 しかし残念ながら熱は翌日には下がりました。
 用心のためにもう一日様子を見ました。

 でも熱はもう出ませんでした。

 そして元気が出たので、久々山の上のパン屋さんまでパンを買いに行きました。 
 いつの間にか公園の中の道の除雪も進み、ネコヤナギも芽吹いていました。

 ああ、春だ!!
 歩いているだけでウキウキする!! 

 これじゃもうくぎ煮もタコ煎餅も独占するわけにはいきません。
 
 というわけで嫂からのプレゼントは妹と仲良くわけました。

IMG_1643.jpg
 
 明日はとりあえず医大へ行って、お薬だけでも貰ってきます。 
 そして次回に診察予約を入れてきます。
 診察予約をキャンセルした時、看護婦さんがそうしろいったのです。

 なんか面倒臭い話なんですが、しかし熱の心配はもうなくなったので、これ以上文句は言わない事にします。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(20)

コメント

多発性硬化症、聞いたことはあるけれど、詳しい病状はしりませんでしたので、検索しました。
難しい病気ですね。お大事になさってくださいませ。
私の母は、私を生んだ後、関節リウマチにかかり、
生涯が痛みとの戦いでした。
災害があると、もちろん被災者の方に同情するのですが、
次に思うことは、もし母が被災者になったら、薬はどうなるのだろうか、
痛みで体育館では眠れないし、親戚の家に行こうにも交通手段もなくなるしとか、本気で考えていました。
よもぎねこさんも、病気だと書かれていたので、
今回のことで、北海道は特に患者さんが多いので、
病院が込み合っていないかなとか、お薬大丈夫かな?と心配していました。
一日も早く平穏な日常が訪れるといいのですが。
  1. 2020-03-16 16:48
  2. URL
  3. パールピアス #-
  4. 編集

話は別ですが、茶色の柴犬のワンコ、我が家のワンコとそっくりで驚きました。メスの10歳です。つい今しがた寒風をついて散歩をさせてきました。
大変な持病をお持ちみたいなのでご自愛ください。
  1. 2020-03-16 17:32
  2. URL
  3. 柴犬 #-
  4. 編集

こんばんは。

ここのところ、確定申告関連で忙しく、ご無沙汰しておりましたが、またまた隊長殿の気まぐれがありましたか。

北海道は多いと言う報道は見聞きしてますが、あれってやはりシナ人観光客が多いからなんですかね?
でも、それだったら、東京とか大阪だって、もっと増えてもよさそうですよね?

何にしても熱も下がり、シナ悪疫の軍門に降ることもなかったとはよかったですな。
それに、北海道にもようやく
Spring Has Come ですな!
読むだけでもおいしそうないかなごも入手でき、うらやましい限りですし、よも嬢もお元気そうで何よりです。

東京都内では、電車が通常の1-2割引き、飲み屋なんかは3-4割引きくらいでしょうか。
つい先日も、新宿駅改札近くで、シナ語を話す2人組女性が咳をしており、ギョッとしました(マスクは着用)。
でもあれって、台湾か香港かシンガポールかわかりかねます。
こんな時に観光に来なくてもいいんでしょうが、来てくれないと困る人たちもいるんですよねえ。
私は全くいつもと同じ行動をマスクもせずにしてますが、こういうのいけないのかな?
もちろん咳き込みだすようなら、マスクするか外出は控えますけどね。
何にしても、ニュースにならないようお気をつけて。
  1. 2020-03-16 20:37
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 多発性硬化症、聞いたことはあるけれど、詳しい病状はしりませんでしたので、検索しました。
> 難しい病気ですね。お大事になさってくださいませ。

 ありがとうございます。

 でもワタシの場合、ずううっと寛解状態が続いているので、今のような暇人生活を続ける限りは、殆ど支障がありません。
 だから時々、医大へ行ってお薬を貰うだけです。
 
> 私の母は、私を生んだ後、関節リウマチにかかり、
> 生涯が痛みとの戦いでした。
> 災害があると、もちろん被災者の方に同情するのですが、
> 次に思うことは、もし母が被災者になったら、薬はどうなるのだろうか、
> 痛みで体育館では眠れないし、親戚の家に行こうにも交通手段もなくなるしとか、本気で考えていました。
> よもぎねこさんも、病気だと書かれていたので、
> 今回のことで、北海道は特に患者さんが多いので、
> 病院が込み合っていないかなとか、お薬大丈夫かな?と心配していました。
> 一日も早く平穏な日常が訪れるといいのですが。

 お心遣いありがとうございます。

 でも今は病院は混み合うどころか、異様に空いてるのだそうです。
 病院が感染源になる可能性があるという情報が徹底したのか、どうでも良い受診が殆どなくなったのと、手洗い等の感染症対策が徹底したので、インフルエンザも例年に比べて6分の1ぐらいしか発生しておらず、病院はスカスカになっているそうです。

 先日知人がご主人のお見舞いで、医大に行ったのですが、余りに人がいないので驚いていました。
 受診者も減ったのですが、医大側も待合室に人を貯めない為に、支払いも感染抑止後まで待つ事にして、会計もなしに帰宅できるようにしているようです。

 なんかすごいです。
  1. 2020-03-16 21:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 話は別ですが、茶色の柴犬のワンコ、我が家のワンコとそっくりで驚きました。メスの10歳です。つい今しがた寒風をついて散歩をさせてきました。

 あらら、それはさぞかわいいでしょうね。
 ワタシはこういう耳のたった日本犬型の犬が一番好きです。

> 大変な持病をお持ちみたいなのでご自愛ください。

 ご心配かけてすみません。
 重症化すれば厄介な病気ではありますが、ワタシの場合は暇人生活のお陰でずうっと寛解状態を維持しているので、どうという事はありません。
  1. 2020-03-16 21:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんばんは。
>
> ここのところ、確定申告関連で忙しく、ご無沙汰しておりましたが、またまた隊長殿の気まぐれがありましたか。
>
> 北海道は多いと言う報道は見聞きしてますが、あれってやはりシナ人観光客が多いからなんですかね?
> でも、それだったら、東京とか大阪だって、もっと増えてもよさそうですよね?

 ええ、これ不思議なのです。
 単純に中国からの感染者の来訪数だけが、感染拡大の理由にならないところに、このウィルスの特性があるのでしょうね。
>
> 何にしても熱も下がり、シナ悪疫の軍門に降ることもなかったとはよかったですな。
> それに、北海道にもようやく
> Spring Has Come ですな!
> 読むだけでもおいしそうないかなごも入手でき、うらやましい限りですし、よも嬢もお元気そうで何よりです。

 ええ、漸く春になりました。 雪が溶けて花が咲くのはまだ一ヶ月先ですが、それでも春は春です。
 よもちゃんも春を感じるのか、また夜遊びを始めました。
>
> 東京都内では、電車が通常の1-2割引き、飲み屋なんかは3-4割引きくらいでしょうか。
> つい先日も、新宿駅改札近くで、シナ語を話す2人組女性が咳をしており、ギョッとしました(マスクは着用)。
> でもあれって、台湾か香港かシンガポールかわかりかねます。
> こんな時に観光に来なくてもいいんでしょうが、来てくれないと困る人たちもいるんですよねえ。
> 私は全くいつもと同じ行動をマスクもせずにしてますが、こういうのいけないのかな?
> もちろん咳き込みだすようなら、マスクするか外出は控えますけどね。
> 何にしても、ニュースにならないようお気をつけて。

 マジに飲食店などサービス業は死ぬ思いでしょうね。
 ワタシもよもちゃんがいなければ、旅行でもと思うけれど、しかし感染して他人の迷惑に・・・・とか思うと考えこみますよね。
  1. 2020-03-16 21:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

函館では検査システムが無く検体を札幌に送り検査してもらってたのが
市内で検査出来るようになったとか
イカナゴのクギ煮!美味しいですよね神戸とかだとスーパーにイカナゴが並びます。結構大量に売ってるんですよね
病院は臨戦態勢でしょうが気をつけて倒れないようにしてほしいです
札幌医科大学だと渡辺淳一が居たところか!(笑)
  1. 2020-03-16 23:12
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

多発性硬化症でしたか。
私の好きなチェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレもこの病気で若くして引退せざるを得ませんでした。1970年代前半の頃です。
今は良い薬があるのでしょうね。よもぎねこさんの寛解状態がずっと続きますように。

ところで札幌医科大で思い出すのは日本初の心臓移植ですね。
私は当時小学生でしたが、かなり大きく報じられていたので覚えています。
その後の和田教授をめぐるスキャンダルも衝撃的でしたが。
  1. 2020-03-17 13:19
  2. URL
  3. 茶トラ2号 #-
  4. 編集

多発性硬化症。。そうなんですね。。どうお伝えすればいいのか言葉になりませんが、どうぞこのままずっと寛解状態が続きますように。


そうですか、病院が逆に空いているのですね。
前にも書きましたが、私は今年の1月下旬からずっと風邪をひいていまして、咳で窒息するような体験は初めてだったので、スワ!武漢肺炎か?!と慌てましたが、いやいやマテヨ、万が一コロナだったらどうしよう。。ニュースにも出ちゃうし、ご近所にも知れ渡ってご迷惑かけるし、私の唯一の外出先のスーパーなんか一時営業停止で消毒とか?
いや、もうあれこれ考えると一人暮らしだしもうだめだ、じーーーっと世間に出るのやめて自分で治そうと決めて早2ヵ月(笑)

だからよもぎねこさんの「妄想」はもう、そのまま私の「妄想」だったので思わず笑ってしまいました(笑)ですよねえ、そう考えちゃいますよねえ(笑)
でもコロナだったかどうかはわかりませんが、なんとか治ってきているのでニュース沙汰はなんとか避けられたみたいです。


ほんと外に出ないと季節がわからず、あ、いつのまにか本物の春になってる。。と感心するやら呆れるやら。
よもぎねこさんの風景写真からも心なしか暖かい空気が伝わってきます。

よもちゃんも夜遊び開始ですかw
うちの子もお外にいる時間が長くなりましたからそのうち昆虫とか取ってくるようになると思うと虫嫌いの私はちょっと気が重く、、なにしろ去年小鳥を捕まえてきた日には、マジでぶっ倒れそうになりましたし。
あの時はさすがに「あーやっぱりこの子はあたしの産んだ子じゃないわ。。」って思いました(笑)


ではでは、お体一層お大事に。
また素敵な写真と明晰な文章を楽しみにしています。
  1. 2020-03-17 15:35
  2. URL
  3. ROM #-
  4. 編集

よもぎねこさんと同じ病名ではありませんが、私の知人も寛解状態のまま20数年を過ごしています。
なんというか「病みぬける」なんてことを昔の人は言いましたね。
体のほうが適応してくるのでしょうか。

ご心配だったこと、すごくよくわかります!
自分の体もさることながら、「感染させる!」という恐怖に圧倒されるのですよね!
私も東京の人と濃厚接触したので、これから二週間は自己隔離するつもりです。

いかなご独り占めの悪だくみは潰えたのですね!わはは。

しばくん、かわいい~~~~!
耳も尻尾もお尻も大すきだ~~。
  1. 2020-03-17 17:21
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 函館では検査システムが無く検体を札幌に送り検査してもらってたのが
> 市内で検査出来るようになったとか
> イカナゴのクギ煮!美味しいですよね神戸とかだとスーパーにイカナゴが並びます。結構大量に売ってるんですよね

 この頃は随分と不漁が続いて値上がりしているようですけどね。
 そういえば札幌は秋になると並ぶイクラがすっかり値上がりしています。
 
 一昔前は秋になったら、どの店でもイクラだけ別のコーナーを作って山のように並べていたのに。

> 病院は臨戦態勢でしょうが気をつけて倒れないようにしてほしいです
> 札幌医科大学だと渡辺淳一が居たところか!(笑)

 本当に病院は大変のようです。
 それなのに感染して受診したら、何と言われるか・・・・・。
  1. 2020-03-17 18:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 多発性硬化症でしたか。
> 私の好きなチェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレもこの病気で若くして引退せざるを得ませんでした。1970年代前半の頃です。
> 今は良い薬があるのでしょうね。よもぎねこさんの寛解状態がずっと続きますように。

 ありがとうございます。
 もう20年以上、安定して寛解状態ですから、きっとこのまま死ぬまで逃げ切れると思います。
>
> ところで札幌医科大で思い出すのは日本初の心臓移植ですね。
> 私は当時小学生でしたが、かなり大きく報じられていたので覚えています。
> その後の和田教授をめぐるスキャンダルも衝撃的でしたが。

 そうですね。
 遠い昔の出来事ですが・・・・・。

 今では付属病院も完全に建て替えられて昔の面影はありません。
  1. 2020-03-17 18:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 多発性硬化症。。そうなんですね。。どうお伝えすればいいのか言葉になりませんが、どうぞこのままずっと寛解状態が続きますように。

 ご心配かけてすみません。

 でももう20年来、寛解状態が続いているのです。
 だからきっとこののまま死ぬまで逃げ切れます。
>
> そうですか、病院が逆に空いているのですね。
> 前にも書きましたが、私は今年の1月下旬からずっと風邪をひいていまして、咳で窒息するような体験は初めてだったので、スワ!武漢肺炎か?!と慌てましたが、いやいやマテヨ、万が一コロナだったらどうしよう。。ニュースにも出ちゃうし、ご近所にも知れ渡ってご迷惑かけるし、私の唯一の外出先のスーパーなんか一時営業停止で消毒とか?
> いや、もうあれこれ考えると一人暮らしだしもうだめだ、じーーーっと世間に出るのやめて自分で治そうと決めて早2ヵ月(笑)
>
> だからよもぎねこさんの「妄想」はもう、そのまま私の「妄想」だったので思わず笑ってしまいました(笑)ですよねえ、そう考えちゃいますよねえ(笑)
> でもコロナだったかどうかはわかりませんが、なんとか治ってきているのでニュース沙汰はなんとか避けられたみたいです。
>
 大変ですね。
 でも本当にコロナだったら、二か月も放置したら、今ごろは肺炎が重症化して、生きていられないのでは?
 コロナなら一週間もすれば、治るか肺炎になるか、どちらかに決まるのでは?
 
 きっと他の病気でしょうから、病院に行った方がよいのでは?
 どうか早く病院に行ってください。
>
> ほんと外に出ないと季節がわからず、あ、いつのまにか本物の春になってる。。と感心するやら呆れるやら。
> よもぎねこさんの風景写真からも心なしか暖かい空気が伝わってきます。

 今の季節、雪解けで、泥んこで、でもまだ花も緑もないのですが、それでもやっぱり春の気配です。
>
> よもちゃんも夜遊び開始ですかw
> うちの子もお外にいる時間が長くなりましたからそのうち昆虫とか取ってくるようになると思うと虫嫌いの私はちょっと気が重く、、なにしろ去年小鳥を捕まえてきた日には、マジでぶっ倒れそうになりましたし。
> あの時はさすがに「あーやっぱりこの子はあたしの産んだ子じゃないわ。。」って思いました(笑)
>
 ワタシもよもちゃんのお土産には血が凍ります。
 猫はやっぱり猛獣なのです。
 でもよもちゃんにはやましい気持ちは全くないらしく、スズメを殺した直後でも平気で甘えてくるから困ります。

> ではでは、お体一層お大事に。
> また素敵な写真と明晰な文章を楽しみにしています。

 ありがとうございます。

 もう少しすれば花と緑の写真が撮れます。
  1. 2020-03-17 19:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもぎねこさんと同じ病名ではありませんが、私の知人も寛解状態のまま20数年を過ごしています。
> なんというか「病みぬける」なんてことを昔の人は言いましたね。
> 体のほうが適応してくるのでしょうか。

 ご心配かけてすみません。
 ワタシの場合は、もう20年来寛解状態が続いていますから、きっとこのまま死ぬまで逃げ切れると思います。

 ストレスや疲労がたまると病状が悪化するのですが、何しろ暇人特権を濫用しまくる日々ですから、悪化しようがありません。
>
> ご心配だったこと、すごくよくわかります!
> 自分の体もさることながら、「感染させる!」という恐怖に圧倒されるのですよね!
> 私も東京の人と濃厚接触したので、これから二週間は自己隔離するつもりです。
>
> いかなご独り占めの悪だくみは潰えたのですね!わはは。

 いかなご独り占めを考えると、少し残念な気もしますが、しかし感染して立ち寄り先全部消毒とか、周りに大迷惑をかける事を考えると、やっぱり感染しなくてよかったと思います。
>
> しばくん、かわいい~~~~!
> 耳も尻尾もお尻も大すきだ~~。
 
 ホントにかわいいんですよね。
 犬ってなんであんなに人なつこいんでしょうね?
  1. 2020-03-17 19:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

それでも春はくる 

>感染症の専門家としてテレビで引っ張りだこの岡田氏だが、感染研時代に実験データを巡り、不適切な取り扱いを指摘され、問題となっていたことが「週刊文春」の取材でわかった。
>岡田氏は、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を巡る主張や、PCR検査の拡大を感染研OBが妨害しているとの発言が、論議を呼んでいる。

 >3月18日(木)発売の「週刊文春」では、岡田氏が感染研で「女王様」と呼ばれるようになった理由、岡田氏を寵愛した上司との関係、感染研を辞めるに至った経緯などを、詳報する。
(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年3月26日号)
  1. 2020-03-18 09:21
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: それでも春はくる 

> >感染症の専門家としてテレビで引っ張りだこの岡田氏だが、感染研時代に実験データを巡り、不適切な取り扱いを指摘され、問題となっていたことが「週刊文春」の取材でわかった。
> >岡田氏は、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を巡る主張や、PCR検査の拡大を感染研OBが妨害しているとの発言が、論議を呼んでいる。
>
>  >3月18日(木)発売の「週刊文春」では、岡田氏が感染研で「女王様」と呼ばれるようになった理由、岡田氏を寵愛した上司との関係、感染研を辞めるに至った経緯などを、詳報する。
> (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年3月26日号)

 肩書や学歴は立派だけれど、問題人格。

 この種の人達って、テレビにとっては大変重宝なんでしょうね。

 普通の人ならそうそうテレビでいい加減な事を言うのは躊躇いますが、この種の人達は、調子に乗って何でも言ってくれるので、その時その場だけなら話が盛り上って面白いのでしょう。
 
 だからマトモな専門家ではなく、この種の人達にお座敷がかかるのでしょうね。
  1. 2020-03-18 10:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

短足さんところにも紹介したのですが感染者について対数グラフを作れるサイトが有りました。

https://datacat.cc/covid19/

です。
こちらではなかなか作れない対数グラフを作れます。
詳細はこちらで、というよりもギガジンから見つけたんですが

https://gigazine.net/news/20200312-databrew-covid19-data-explorer/

これを見ると西欧各国と日本の対策に差は歴然です。

ただサーバーの能力の関係でしょうか、グラフ書くのに少し時間がかかります。対数グラフの意味が分かる人には重要でしょう。

このほかギガジン結構役立つ情報が多いです。

こんなのがあります。

https://gigazine.net/news/20200312-coronavirus-act/

元データはこれ

https://medium.com/@tomaspueyo/coronavirus-act-today-or-people-will-die-f4d3d9cd99ca
こいつがまともあったものとしては一番良いテキストでしょう。

感染拡大のシミュレートとして面白いのがこれです。

https://gigazine.net/news/20200316-coronavirus-spread-simulator/


移動禁止の意味がよく分かります。


それはともかく対数グラフを見るともうどの国も拡大のシミュレートは出来るのだから無闇な検査はやめて重症者のみに専念するというのがまともな対応でしょう。

自由主義国家では個人の安心のために検査をやってると誤解されますがそれは物の一面でしか無い、全体の趨勢を測るためのものだということが分かります。結局人を殺さないという価値観が第一でなければならないのです。

しかし武漢肺炎騒動ほど数学的リテラシーが重要と思ったことはありませんね。

こんな時代が来るとは思いませんでした。
  1. 2020-03-19 11:05
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 短足さんところにも紹介したのですが感染者について対数グラフを作れるサイトが有りました。
>
> https://datacat.cc/covid19/
>
> です。
> こちらではなかなか作れない対数グラフを作れます。
> 詳細はこちらで、というよりもギガジンから見つけたんですが
>
> https://gigazine.net/news/20200312-databrew-covid19-data-explorer/
>
> これを見ると西欧各国と日本の対策に差は歴然です。
>
> ただサーバーの能力の関係でしょうか、グラフ書くのに少し時間がかかります。対数グラフの意味が分かる人には重要でしょう。
>
> このほかギガジン結構役立つ情報が多いです。
>
> こんなのがあります。
>
> https://gigazine.net/news/20200312-coronavirus-act/
>
> 元データはこれ
>
> https://medium.com/@tomaspueyo/coronavirus-act-today-or-people-will-die-f4d3d9cd99ca
> こいつがまともあったものとしては一番良いテキストでしょう。
>
> 感染拡大のシミュレートとして面白いのがこれです。
>
> https://gigazine.net/news/20200316-coronavirus-spread-simulator/
>
>
> 移動禁止の意味がよく分かります。
>
>
> それはともかく対数グラフを見るともうどの国も拡大のシミュレートは出来るのだから無闇な検査はやめて重症者のみに専念するというのがまともな対応でしょう。

 今はどの国もその方向で動いてるようですね。
 尤も余りと言えば余りに感染者が増えているので、希望者全員の検査なんてそもそも不可能になっているのかもしれません。
>
> 自由主義国家では個人の安心のために検査をやってると誤解されますがそれは物の一面でしか無い、全体の趨勢を測るためのものだということが分かります。結局人を殺さないという価値観が第一でなければならないのです。
>
> しかし武漢肺炎騒動ほど数学的リテラシーが重要と思ったことはありませんね。
>
> こんな時代が来るとは思いませんでした。

 本当にそう思います。

 ワタシは2月からマニアックにこの情報を追っているのですが、それで驚いたのは、実にまあ多くの人が、ひたすら感情のみで、このウィルスに反応して、しかも欧米諸国では国家の政策がそれに振り回された結果、実に無残な状況になっている事です。

 このウィルスの性格からして、世界中で感染爆発を起こす事は、普通に情報を追っていれば誰でも予想できたはずだし、感染症専門家は勿論そのつもりでの対応を進言したはずですが、政治家は全くそういう合理性は無視して対応しています。

 結果が現在の状況なわけですが、この辺り人間の心理と言うのが面白いです。
  1. 2020-03-19 11:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

いちばん重要なこと忘れてました。

多発性硬化症でしたか・高校時代に知り合いにいましたね。確か結婚してガキ2人できてから発症して40前に死んだと思います。なんか野郎のほうが患者数は少ないようですが進行は速いやつが多いとか言ってました。奥さんタウへんだろうなという話は聞いてましたが。

これ寛解状態の人って結構いるんですね。

一直線に悪化ばかりと思ってました。当然免疫力問題になるから、今の札幌では本当にヒッキーやってるしか無いですよねえ。御自愛をとしか言えませんがご無理はなさらないように…


なんか規制を緩めるとか馬鹿なこと言い始めてるけど大丈夫でしょうかねえ。

本当はこういう時に住民の抜き取り検査やって抗体取得者の比率を明らかにして今後の方策を考えるべきなんですが…

そういう科学的な発送がマスゴミあたりから出てこないのが不思議でなりません。
  1. 2020-03-19 11:55
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> いちばん重要なこと忘れてました。
>
> 多発性硬化症でしたか・高校時代に知り合いにいましたね。確か結婚してガキ2人できてから発症して40前に死んだと思います。なんか野郎のほうが患者数は少ないようですが進行は速いやつが多いとか言ってました。奥さんタウへんだろうなという話は聞いてましたが。
>
> これ寛解状態の人って結構いるんですね。
>
> 一直線に悪化ばかりと思ってました。当然免疫力問題になるから、今の札幌では本当にヒッキーやってるしか無いですよねえ。御自愛をとしか言えませんがご無理はなさらないように…
>
 ストレスや疲労がたまると悪化するのですが、暇人をしていると問題ないです。
 以前、仕事をしていた時は、朝普通に歩いて出かけ、帰りにつかれると足を引きずって帰るなんてことがあったぐらいです。

 仕事を止めて暇人してからはそういう事もなくなりました。
 そういう生活をできるようにしてくれたおやには感謝しています。

> なんか規制を緩めるとか馬鹿なこと言い始めてるけど大丈夫でしょうかねえ。
>
> 本当はこういう時に住民の抜き取り検査やって抗体取得者の比率を明らかにして今後の方策を考えるべきなんですが…
>
> そういう科学的な発送がマスゴミあたりから出てこないのが不思議でなりません。

 規制は追々緩めていくべきだと思いますが、一度に元通り何てことは不可能でしょう。

 それにこれからの海外での感染爆発とどう対応するかという問題もあります。
 
 ワタシは一番心配なのはアメリカとの関係です。
 アメリカは確実にこれから感染爆発が本格化して、医療崩壊に向かいますが、その時はアメリカ人の渡航拒否等をするべきか?
 外交防衛を考えると非常に面倒な事になります。
  1. 2020-03-19 12:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する