fc2ブログ

2020-02-19 13:09

船内隔離で感染が広がったのか? 習近平ウィルス

東京新聞・望月衣塑子「米国衛生研幹部はクルーズ船はホットスポットだと。船内隔離が感染を拡大したとの批判が海外メディア、専門家から多数指摘されてる。適切だったか?」 菅義偉官房長官「米国は当初、謝意を表明していたのでは?現に船に残った米国人の方、たくさんいらっしゃいます」  昨日の官房長官記者会見でこんなやり取りがあったそうですが、しかし本当に「船内隔離が感染を拡大した」のでしょうか?  ワタシはこれ違うと思います。  確かにダイアモンドプリンセス号の検疫が始まってから、毎日、検査結果が出る度に、感染者の人数が増えていきました。  特に検査能力が増大して、一日に検査できる検体の数が増えるにつれて、陽性の数も増が増えて遂には3桁に迫りだしたのは、不気味でした。  これだけ見ていると、いかにも隔離中に感染が拡大していくように見えます。  しかしこれは見えるだけでしょう。  だって検査結果で陽性になるのと、感染しているのは実は違うのです。  このウィルスは感染しても、全く無症状の人も少なくないし、殆どの人は風邪程度の症状で終わります。   既往症のある人や高齢者が感染すると、肺炎になり、最悪は死ぬ事もあるのですが、これってインフルエンザとか他のウィルスでも同じです。  だから検査をしなければ、習近平ウィルスに感染している事はわかりません。  検査を受けない限り、「感染者」にはカウントされないというだけなのです。  ところでこの船が最初の感染者が乗り込んだのは、1月20日です。   彼は船内で体調を崩し、1月25日に香港で下船した、程なく習近平ウィルスの感染がわかりました。  しかし船はその後も通常通りの航海を続けました。  その航海中に乗客は、パーティやビュフェ、ショーなど、豪華クルーズならでは航海を楽しんだのです。  そして2月4日に横浜に戻ったのです。  乗客の船内隔離が始まったのは、それからです。  それから検査が始まりました。   その検査結果の発表を見ていると、連日「感染者」が増えていきました。  しかしこれで「船内隔離中に感染が広がった」証拠になるのでしょうか?    そもそも最初の感染者が乗り込んでから、1月20日に乗り込んでから、2月4日の横浜入港までの間16日間、船内では一切感染防止策はとられていないのです。  検疫の為の停泊が決まり船内隔離が始まったのは2月5日からです。  そしてそれと同時に、最初の感染者と濃厚接触したとされる人、そして発熱等で感染が疑われる人合わせて272人の検査が始まりました。    本来は全員検査するべきでしたが、それをしなかったのは、検査能力の限界を遥かに超えていたからです。  ともあれ最初の検査結果は、30検体中10人が陽性と言う衝撃的な物でした。  この一発目で新たに10人の感染者が出たという事は、それじゃこの10人の濃厚接触者は何人になるのでしょうか?  実際、その後、検査結果が出るにつれて感染者はドンドン増えていったのですが、これを「船内隔離が感染を拡大させた」と言う根拠は何でしょうか?  少なくも最初の272人は、船内隔離開始直後に検体を取っているのです。  そしてその3分の1が感染していたとわかりました。  これだと最悪、感染者は乗員乗客3700人の3分の1、1200人余が感染していると考えなければなりません。  だって船内隔離が始まる前、16日間の豪華クルーズ中に、他の乗客乗員はこの90人と接触しなかったのでしょうか?  横浜に入港までの16日間、最低でも90人の感染者が、自由に船内を歩き回り、パーティに出たり、ダンスをしたり、カジノに興じたり、ビュッフェで皆と一緒に食事をしていたのです。  このような状況で、感染防止を一切取らなかった16日間のクルーズ中は、感染の拡大はなかったのに、船内隔離が始まったらドンドン感染が拡大するってどういう事でしょうか?  普通に考えたら、この16日間に感染する人は皆、感染してしまったのです。  これまでおよそ500人程の人が感染しているとわかったのですが、しかしこれって最初の予想の範囲内でしょう?  最初の段階で発熱等のある人、つまり感染の可能性の高い人の検査を優先したので、後の人程感染している確率が低くなったので、こういう結果になったのです。  勿論、隔離後も感染の危険が高かった事は事実です。  実際、検疫官や医療支援の為に乗船した和歌山県の看護師などが、感染しています。  この人たちはWHOに定められた防護対策はしていたはずなのですが。  しかしそれでも船内隔離も防護策も一切ないままの、16日間のクルーズ中の感染より、その後の14日間の船内隔離の方が感染拡大したなんてありえないでしょう?  船内隔離が乗客達にとって苦痛だったのはわかります。  乗員はもっと辛かったでしょう。    だって幾ら豪華船室でも、一つの部屋に閉じ込められて、同室の人以外とは会話もできないって、刑務所の独居房と同じですから。  刑務所でも独居房に入れられるのは、脱獄しようとしたり、他の囚人とトラブルを起こした場合の懲罰なのです。  そして日々「感染者」が増えていく。  これって独居房で刑の執行を待っているような気分でしょう?  でもそれって感染していたことがわかったのであって、独居房にいる間に感染するのとは違うんです。  そしてアメリカ始め外国人乗客の祖国が、自国民を長々放置した挙句に、下船直前になってから引き取ったのもわかります。  だって最初の検査結果発表で、想定された感染者がベラボウに多いのです。    これだと自国に連れ帰って検査すると、まず自国内の「感染者」が大幅に増えてしまいます。  そしてそれを収容する病院が大変です。  だって今現在でもダイアモンドプリンセス号様御一行だけで500人!!  これだけで日本の第二種感染症指定病院の病床1751床の3割以上を占有しちゃうのです。  これだと日本以外にこの船を引き受ける事は出来なかったかというのが正解でしょう。  日本だからこれだけの感染者を迅速に病院に移送して、隔離と治療ができるのです。  これは元来アメリカの会社の船なのですから、日本の扱いが気に入らないなら、グアムやサイパン、或いはハワイにでも行けばよいのです。  しかしハワイ州の病院では収容不能でしょう?   だって人口百万強のハワイ州では、500床の隔離病床などあるわけもないからです。  アメリカのどの港に入っても、その港のある州の病院だけでは直ぐに収容不能になり、他州までの超遠距離搬送が必要になってしまいます。   だから結局日本が引き受けるしかなかったという事でしょう。  それにアメリカ始め、人権を重視する西欧諸国のダイアモンドプリンセス号の乗客への忌避感は半端じゃないです。  既に2週間の検疫期間をほぼ終えて陰性の判定を得ている人達を、敢えてチャーター機で連れ戻し、更に2週間隔離するというのです。  でもこれ一体どういう法的根拠でやるんでしょうね?  アメリカはチャーター機に載るのを拒否して日本で下船した人達に、下船後2週間は入国を拒否するというのです。   オイオイ、それって日本人を感染させろってことかい?  しかしそもそもそういう隔離や帰国拒否をする科学的根拠はどこにあるのでしょうか?  検疫が済み、検査結果が陰性だった人まで隔離するって、完全な人権侵害でしょう?  しかしポリコレをこよなく愛するこれらの国々では、今や習近平ウィルスへの恐怖からアジア人への嫌悪が噴出して、政府が彼等の恐怖をなだめる手を打たないと、中華街焼き討ち、アジア人虐殺ぐらいはやりかねない勢いです。  そしてコイツラ実は全然科学的思考をしないので、冷静に疫学上の根拠を示しても狂乱するだけでしょう。  そんな思考能力がるなら「船内隔離中に感染が広がった」なんてアホな話はしないし、検査で陰性になった人まで「隔離しろ」なんて言うはずもないのです。  だったらとにかく連中が忌避する「感染者」つまり、ニュース等で騒がれた人達は全部問答無用で隔離して、    ホレ、危ない連中はこうやって隔離しているから、皆怖がらなで!!  というしかないのでしょう。  19世紀末、細菌学が確立するまで、人類を最も多く殺し続けたのは、伝染病です。  だから人間は伝染病は怖いのです。  しかし20世紀になると人類は伝染病に勝利しました。  それで伝染病の事なんか綺麗に忘れたのです。  それなのにこうやって突然「未知のウィルス」が現れたのですから、そりゃ恐怖に駆られるのはわかります。  しかし人権を看板にする国々が、政府も個人ももう自己中剥き出しの言動をしているのを見ていると、腹立たしいのを通り越して笑ってしまいます。  出羽守様にはお気の毒ですが、この習近平ウィルスに対する対応を見ると、日本と日本人が一番冷静で、感染者の人権にも配慮しているのです。  それにしても日本はそれでダイアモンドプリンセス号の感染者500人弱の治療を国費で行う羽目になりました。  これって大損でしょう?  でもそうでもないと思います。    だってこのウィルスの性格からいって水際作戦などそもそもなかったのです。  それは日本だけではありません。  2月以降の中国からの渡航拒否なんて意味はなかったのです。    だから習近平ウィルスこれから世界中で大流行します。    そうなるとそれに備えて、治療法や感染者への対応法を確立しておく必要があります。  その場合、ただ治療すればよい、感染拡大を防げばよいというのではなく、感染者が膨大である事を前提に、隔離の条件や、治療開始と終了の目安などを決めていく事が重要になってきます。  しかしその為には本物の感染者をできるだけ沢山見つけて、いろいろな治療法を試して経過を見て、それを統計的に処理する必要があります。  その意味ではダイアモンドプリンセス号様御一行って理想的なのです。  だって感染時期や感染経路がきちんとわかる感染者ばかり500人集めるなんて、普通じゃ絶対にできませんよ!!    その上、感染者の既往症などもきちんとわかります。 
 だって皆金持ちだから、立派な主治医がいて、日頃の健康管理のデーターがきちんと保存されているのです。
 これも豪華クルーズ船の客だからで、貧乏人ならそうはいきません。
 しかも連中は暇と金を持て余しているので、経過観察の為に余分に病院に留め置いても無問題です。  これが貧乏人だと、少し元気になると     仕事に戻らないと会社をクビになる!!  家族が飢え死にしてしまう!!  だから早くここから出してくれろ!!  と泣き始めるので、医者だって辛いです。  こんなに綺麗に品質管理の行き届いた実験動物みたいな患者を、500人も集めて最新の医療機器を好きに使える状態で、好きなだけ留め置いて観察できるって、研究者には夢のような話でしょう?  と、いうわけで感染者を日本に押し付けた国々も、応援のお医者様は大量に送ってくれるんじゃないでしょうか?  それもそれぞれの国の感染症や肺炎の第一級の専門医や研究者を。  だって今や習近平ウィルスの患者を組織的に研究できるのは、日本だけなのです。  中国じゃ幾ら患者が多くても、自由に研究なんかできないです。  中国に都合の悪い研究結果は持ち帰れないし、発表もできません。  そういうわけでこれについては文字通り「情けは人の為ならず」です。    今はダイアモンドプリンセス号を受け入れた事で、日本は散々な目に遭っているように見えますが、お陰で習近平ウィルス対策についての対応法を、最も早く組織的に研究する事ができるのです。  それを生かば日本はこのウィルスの被害を世界でも最小にとどめる事ができるばかりか、今後の感染症対策にも大きな利益になるでしょう。  因みにコロナウィルスの大権威根路銘国明博士は今回の習近平ウィルスについて以下のように言っておられます。    なるほどこれならダイアモンドプリセス号で、感染爆発が起きた理由も何となくわかります。  そして習近平ウィルスが過剰な恐怖を生んでしまった理由も。  やはりこういう専門家の意見は大切にするべきだったのですね。 オマケ クルーズ船内の新型コロナ感染拡大は、日本で船上隔離が行われる前から既に起きていたことが判明 国立感染症研究所「船内での感染の実質的な広がりは、(日本による)検疫前だったとの明確な証拠がある」~ネットの反応「船内でカジノやパーティーやってたんだもんな」  
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(52)

コメント

呑気なことを言われる

感染についての専門家の一人でダイアモンドプリンセスを
視察した岩田教授が現在の隔離体制を告発している。
以下は動画の文字起こし.

 https://note.com/chocolat_psyder/n/n37115c09d500

要旨はただ一つ。
厚労省の隔離体制は感染学専門家の適切なアドバイスを
受けとらず、エボラでもSARSでも怖いと思ったことは
ないのに今回は怖かったし、DPに派遣された医療従事者
から国内に感染が広まる可能性があるという事。

米国等が慌てて乗客を引き取っているのは、この
体制破綻に気が付いたからかもしれない。

勿論、がせの可能性もあるが国立大学の専門家が
嘘を公に言う可能性は限りなく低い。

  1. 2020-02-19 15:36
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

Re: 呑気なことを言われる

> 感染についての専門家の一人でダイアモンドプリンセスを
> 視察した岩田教授が現在の隔離体制を告発している。
> 以下は動画の文字起こし.
>
>  https://note.com/chocolat_psyder/n/n37115c09d500
>
> 要旨はただ一つ。
> 厚労省の隔離体制は感染学専門家の適切なアドバイスを
> 受けとらず、エボラでもSARSでも怖いと思ったことは
> ないのに今回は怖かったし、DPに派遣された医療従事者
> から国内に感染が広まる可能性があるという事。
>
> 米国等が慌てて乗客を引き取っているのは、この
> 体制破綻に気が付いたからかもしれない。
>
> 勿論、がせの可能性もあるが国立大学の専門家が
> 嘘を公に言う可能性は限りなく低い。

 慌てて乗客を引き取ったのは、船内隔離が終わる前日か前々日なんですけど。

 そういうの「慌てて」っていうんですか?

 因みにアメリカは隔離が始まった直後に一旦米軍基地に引き取って、米軍機で帰国させると言ったのですが、最初の検査結果が出た直後に中止して船内のアメリカ人には「ここにいるのが一番安全」とメールしましたよね?

 それからこの岩田さんってどういう資格で船内に入ったのでしょうか?

 ワタシもこの人の記事を少し見たのですが、一体どういう資格で入って活動したよくわからないんですよね。 あの船はイギリス船籍で船内は外国扱いなので、勝手に日本人は入れないはずなのですが。
  1. 2020-02-19 15:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

私個人に関しては、保守でもなくどちらかと言えばやや左寄りかとは思いますが。

望月衣塑子って、青木理と同じく、底が浅い朝鮮総連の活動家ですからねえ。
逆に言えば、アカヒ始めとする記者クラブ・・・記事を書かない記者に何で好き勝手させるかね?それが不思議、要するに自分では言えないから自分たちの”ガス抜き”をさせているだけでしょう。
その意味では、頭が弱いとも言えます。

菅さんも”あなた記者なんでしょ?週刊誌ネタで質問したいのな取材。記事にした人にしてください、以後他紙・週刊誌ネタでの質問に答えるのは控えます。”と切ればよい、毎回罵倒で答えても良いのです。

慶応出た所謂高学歴?の分際で、発病には”潜伏期間”があり、その前に感染があるという一般常識すらないという時点で、かなりのモノです。
アカヒ記者の旦那に洗脳されたか、どちらにしても使い捨ての鉄砲玉にもならない連中ってのが、シバき隊始めとする底の浅いパヨクの特徴でもあります。

>そしてアメリカ始め外国人乗客の祖国が、自国民を長々放置した挙句に、下船直前になってから引き取ったのもわかります。

これをリスクマネージメントと言われると、完全に違うといえます。
以前にも書きましたが、要は”ババ抜き”です。リスクと費用は相手に、最小限の手数で最大の功績をあげる方法、だから全体像が分かり始めて手を出したのです。
日本は、その”貸し”をどれだけ有効活用ができるのか?が問われます。
特定野党では絶対出来ない芸当です、なにせ”特亜のパシリ”=金には転ぶ準備はいつでもできている連中とも言えます。
逆に、プーチン・トランプと交渉ができるだけの器量がある野党議員はいないと断言もできます。
  1. 2020-02-19 15:47
  2. URL
  3. 特亜だけは好きになれない #-
  4. 編集

>しかも連中は暇と金を持て余しているので、経過観察の為に余分に病院に留め置いても無問題です。

この書き方は、ちっと控えたほうがよいのではないでしょうか?
レジャーを楽しむ、それはその人の稼ぎの中でやっていることですから。
ただし、シナからの帰国者の旅費乙は顕著ですが、そんなのは自腹が当たり前かと。
更には、会社の仕事となれば必要であれば会社が交通費は支給します。
特定野党の”ガキじみた”自己主張に迎合する必要も合理性も全くありません。
  1. 2020-02-19 15:53
  2. URL
  3. 特亜だけは好きになれない #-
  4. 編集

エントリー違いで申し訳ありません

よもぎねこさん、こんにちわ。


今回、私興味を持った「大紀元時報 の 欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」」という記事についてです。

hOttps://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51700.html

以前エントリーにおきまして、投稿者の方が触れられておられました。非常に気になる記事です。そこで、私はこの記事を色々調べてみました。

中国出身ウイルス学者・董宇紅氏が2月9日に新唐人テレビの「熱点互動」番組に出演し、新型コロナウイルスが人工的な産物だとの見方を示した。

「熱点互動」の該当映像がツベにUPされました。

hOttps://www.youtube.com/watch?v=Ox8PObpQEPo


>ある2本の論文は、新型コロナウイルスのスパイク・タンパク質にある4つの重要なアミノ酸残基が人為的に替えられたと指摘しました。


中国科学院パスツール研究所の専門家、崔傑氏が書いたものです。
「Evolution of the novel coronavirus from the ongoing Wuhan outbreakand modeling of its spike protein for risk of human transmission」

hOttp://engine.scichina.com/publisher/scp/journal/SCLS/doi/10.1007/s11427-020-1637-5?slug=fulltext

科学中国ライフサイエンス 格付け無し


インドの研究チームは、新型コロナウイルスのタンパク質はHIVウイルスと酷似していると指摘しました。

hOttps://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.30.927871v1.full

この論文は著者によって取り下げられました。


>新型コロナウイルスにpShuttle挿入の痕跡

米国の科学者、ジェームス・ライオンズ・ウェイラー(James Lyons-Weiler)博士 ~略~ 彼は自分のブログで研究結果を掲載しています。

hOttps://jameslyonsweiler.com/2020/02/15/coronavirus-origins-anatomy-of-a-scientific-inference/

ブログ下のコメント欄要読

>董さん:ジェームス博士は、この新型コロナウイルスについて、90~95%の確率で「ラボ・イベント(lab event)」によって引き起こされたとの結論を付けました。ラボ・イベントは、人為的にウイルスを改造する実験室を指します。


上記から考察しますと、董宇紅氏の説に対する、エビデンスレベルが低く、私は、董宇紅氏の「消すことのできない人工的痕跡」説については、信用する確証に至りませんでした。
勿論、他の方がどう解釈し、信用されるかは自由だと思います。
いずれにせよ、時間の経過と友に、エビデンスレベルが高い説論が出てき来る事を願ってます。
  1. 2020-02-19 16:40
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #zTZgd8x.
  4. 編集

>しかし船はその後も通常通りの航海を続けました。
>その航海中に乗客は、パーティやビュフェ、ショーなど、

加えてカジノですね。この船はカジノがメインみたいですよ。日本の領海から出れば合法的にカジノを楽しめるようです。日本人のクルーズの高齢者はカジノで随分とお金をすったことでしょう。そしてコロナで踏んだり蹴ったりかな。
  1. 2020-02-19 16:46
  2. URL
  3. 柴犬 #-
  4. 編集

再度「リテラシー」が試されている

こんにちは。

> 勿論、がせの可能性もあるが国立大学の専門家が
> 嘘を公に言う可能性は限りなく低い。

専門家がとんでも発言をするって、結構あるんですよ。しかも、自身が盲信する思想信条のためにね。

どなたとは言いませんけれど、そんな例が、ネット上に溢れているではありませんか?いや、原発事故時に経験しませんでしたか?

専門家がとんでも発言をしていたのを・・・

我々は、この騒動で再度「リテラシー」が試されているのですよ。
  1. 2020-02-19 18:45
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

>がせの可能性もあるが国立大学の専門家が

>嘘を公に言う可能性は限りなく低い。
ちび・むぎ・みみ・はなさん、
読むに耐えられない。

視察した岩田教授は、何を目的に入ったのだろう?
外部の医者が特殊な現場に入って、経過を無視して何を助言できるのだろうか。
現場に途中から応援に入る者は現状を認識して臨機応変に対応するんだけど、最初から自分の先入観を出してしまうのは現場の経験が少ないからだ。
初めての現場であれこれ指示するのは北朝鮮のアレぐらいだろう。
アフリカよりひどいと言うが彼はアフリカで何かしているのだろうか?

インタビュー記事は朝日新聞独占記事の様だから、朝日新聞が潜りこませたのだろうと思う、現場に見学者(左翼記者を)を入らせ混乱させた責任者をハッキリ処分させるべきだろう。
神戸大学医学部もトンデモナイ医者を雇ってるんだな。関西には京都大学卒の共産党の医者は多いと聞くが。
  1. 2020-02-19 18:53
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

みんなおそらく不満たらたらだろうけど、どうしようもないだろうというのがこの問題の小生の結論です。

この問題で不思議なのは責任者である船長が全然出てこない点です。

船舶においては船長はほとんど独裁者に近い権限を持ってます。おそらくは今回の問題にかなりは船長が適切な処理をしておけば防げた可能性があるということです。

まずこの問題を告発した岩田某氏ですがもう末期になりどうしようもなくなったところで行った時点の結果です。割り引いて考える必要はあるでしょう。この病気の問題点は、ある人間が安全な陰性か感染可能性がある陽性かは検査するまでわからぬということです。おそらくは香港で降りた乗客と接触があった人とすでに症状が現れていた人をピックアップして、一箇所に集め感染区域に指定するという対応をとったはずです。

しかし問題は横浜入港までの数日間まず何もしていないことです。この時点で感染が拡大してしまった人が多かったはずです。とにかく船長の権限で先に隔離をし感染を防ぐことはできたはずですがそれをしていません。

そして隔離後はおそらく最初は安全地帯と危険地帯を分けていたのでしょうが、この病気は発症したらその地域を危険地帯として消毒しなければなりません。勝浦のホテルなどは武漢からの帰国者を送り出した後に部屋の全面的な消毒やリネン類の処分を行ってます。よくぞ受け入れてくれたものです。それだけで何日間か営業再開が遅れています。

おそらく、隔離早期には隔離前に感染した乗客の船室が危険地帯になったはずです。そしてそれは安全地帯の中にあるというまだら模様になったはずです。これは防げなかったことでしょう。次にこれが最大の問題でしょうが乗客に対するサービスを船員に続けさせたことです。これでおそらく感染が拡大しただろうということです。もちろんそれなりの対策はとったのでしょうが船員は相当な罹患率を示してるはずですし、船員同士を隔離してるわけではありません。これじゃあだめだろうと思ったものです。

おそらくは隔離の後期に出てきた患者というのはかなりの部分これによる感染でしょう。

これを防ぐとするならば船内に強制的に消毒を行い健全と思われる乗客を集め隔離し、そこで患者が発生したらそこも強制的に消毒するというような手段を取るしかなかったはずです。しかし、そんなことは陸上が無理くりにでも強制的にやらなけらばいけなかったことで、法令的にできたかは不明ですし準備もなかったはずです。

後おそらく船員について強制的に先に検査し、人が配置できるならサービスを止めさせるべきでした。これも陸上の支援が必要ですがこれを依頼できるのはおそらくは船長だけです。これは落ち着いて考えればすぐに分かることであり、ある意味こういう病気の場合の船内隔離が困難なことを示しています。それでも無理くりにはできることはあったという気はします。しかしおそらくは責任者である船長にそういう配慮がまったくなかったことこれが最大の問題だったんじゃないでしょうか。

おそらくはこの問題の抜本的解決はもはや乗客を履践させ、港の近辺にでも厳重な隔離地帯を作り数千人規模の収容施設を作ることが必要なはずです。そこを隔離地帯にし船員も隔離して潜伏期間の間は接触をさせないということです。

まあ、こんなコト誰にも経験はなかったはずですあから無理といえば無理だったでしょう。

でもどうなんでしょう。支那人が数百万単位でいる東南アジア諸国であまりに感染者が少ないことは可怪しいと言わねばなりません。
シンガポールの罹患者数を見ればこれは大変な自体が隠れて進行してる気もします。

別に我が国が立派という気はありませんが先進国ほど連中が検査ができてるんでしょうか。
おそらく後から見ればやっぱりとなり、我が国の対応が評価される気がしますがなんとも言えない気がします。












  1. 2020-02-19 18:58
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私個人に関しては、保守でもなくどちらかと言えばやや左寄りかとは思いますが。
>
> 望月衣塑子って、青木理と同じく、底が浅い朝鮮総連の活動家ですからねえ。
> 逆に言えば、アカヒ始めとする記者クラブ・・・記事を書かない記者に何で好き勝手させるかね?それが不思議、要するに自分では言えないから自分たちの”ガス抜き”をさせているだけでしょう。
> その意味では、頭が弱いとも言えます。
>
> 菅さんも”あなた記者なんでしょ?週刊誌ネタで質問したいのな取材。記事にした人にしてください、以後他紙・週刊誌ネタでの質問に答えるのは控えます。”と切ればよい、毎回罵倒で答えても良いのです。
>
> 慶応出た所謂高学歴?の分際で、発病には”潜伏期間”があり、その前に感染があるという一般常識すらないという時点で、かなりのモノです。
> アカヒ記者の旦那に洗脳されたか、どちらにしても使い捨ての鉄砲玉にもならない連中ってのが、シバき隊始めとする底の浅いパヨクの特徴でもあります。

 この手のパヨクって人間の持つ、ある種の暗黒面を代表しているのだとは思いますけどね。
>
> >そしてアメリカ始め外国人乗客の祖国が、自国民を長々放置した挙句に、下船直前になってから引き取ったのもわかります。
>
> これをリスクマネージメントと言われると、完全に違うといえます。
> 以前にも書きましたが、要は”ババ抜き”です。リスクと費用は相手に、最小限の手数で最大の功績をあげる方法、だから全体像が分かり始めて手を出したのです。
> 日本は、その”貸し”をどれだけ有効活用ができるのか?が問われます。
> 特定野党では絶対出来ない芸当です、なにせ”特亜のパシリ”=金には転ぶ準備はいつでもできている連中とも言えます。
> 逆に、プーチン・トランプと交渉ができるだけの器量がある野党議員はいないと断言もできます。

 今後日本政府がこれを、どのように駆け引きに使うかはわかりませんが、しかしダイアモンドプリンセス号様御一行は、今後の習近平ウィルス対策だけでなく、これかも予想される世界的な感染症流行時の対応の研究資料としてだけでも大変な価値があるのです。
  1. 2020-02-19 19:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >しかも連中は暇と金を持て余しているので、経過観察の為に余分に病院に留め置いても無問題です。
>
> この書き方は、ちっと控えたほうがよいのではないでしょうか?
> レジャーを楽しむ、それはその人の稼ぎの中でやっていることですから。
> ただし、シナからの帰国者の旅費乙は顕著ですが、そんなのは自腹が当たり前かと。
> 更には、会社の仕事となれば必要であれば会社が交通費は支給します。
> 特定野党の”ガキじみた”自己主張に迎合する必要も合理性も全くありません。

 ええ、別に金持ちが豪華船でクルーズを楽しむのが悪いなんて言っていません。

 しかし金持ちの暇人なら、長期間隔離されて働けなくても困らないというのは事実なのです。
  1. 2020-02-19 19:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: エントリー違いで申し訳ありません

> よもぎねこさん、こんにちわ。
>
>
> 今回、私興味を持った「大紀元時報 の 欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」」という記事についてです。
>
> hOttps://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51700.html
>
> 以前エントリーにおきまして、投稿者の方が触れられておられました。非常に気になる記事です。そこで、私はこの記事を色々調べてみました。
>
> 中国出身ウイルス学者・董宇紅氏が2月9日に新唐人テレビの「熱点互動」番組に出演し、新型コロナウイルスが人工的な産物だとの見方を示した。
>
> 「熱点互動」の該当映像がツベにUPされました。
>
> hOttps://www.youtube.com/watch?v=Ox8PObpQEPo
>
>
> >ある2本の論文は、新型コロナウイルスのスパイク・タンパク質にある4つの重要なアミノ酸残基が人為的に替えられたと指摘しました。
>
>
> 中国科学院パスツール研究所の専門家、崔傑氏が書いたものです。
> 「Evolution of the novel coronavirus from the ongoing Wuhan outbreakand modeling of its spike protein for risk of human transmission」
>
> hOttp://engine.scichina.com/publisher/scp/journal/SCLS/doi/10.1007/s11427-020-1637-5?slug=fulltext
>
> 科学中国ライフサイエンス 格付け無し
>
>
> インドの研究チームは、新型コロナウイルスのタンパク質はHIVウイルスと酷似していると指摘しました。
>
> hOttps://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.30.927871v1.full
>
> この論文は著者によって取り下げられました。
>
>
> >新型コロナウイルスにpShuttle挿入の痕跡
>
> 米国の科学者、ジェームス・ライオンズ・ウェイラー(James Lyons-Weiler)博士 ~略~ 彼は自分のブログで研究結果を掲載しています。
>
> hOttps://jameslyonsweiler.com/2020/02/15/coronavirus-origins-anatomy-of-a-scientific-inference/
>
> ブログ下のコメント欄要読
>
> >董さん:ジェームス博士は、この新型コロナウイルスについて、90~95%の確率で「ラボ・イベント(lab event)」によって引き起こされたとの結論を付けました。ラボ・イベントは、人為的にウイルスを改造する実験室を指します。
>
>
> 上記から考察しますと、董宇紅氏の説に対する、エビデンスレベルが低く、私は、董宇紅氏の「消すことのできない人工的痕跡」説については、信用する確証に至りませんでした。
> 勿論、他の方がどう解釈し、信用されるかは自由だと思います。
> いずれにせよ、時間の経過と友に、エビデンスレベルが高い説論が出てき来る事を願ってます。

 これまでもエイズ始め、新しい病原体が出る度に「生物化学兵器説」を唱える人が湧いてきたのですが、ワタシは全然信用できないんですよね。

 生物化学兵器の専門家が興味を持って調べるのは当然でしょうが、巷にわいてくる生物化学兵器説って、結局全然科学的根拠がないからです。
  1. 2020-02-19 19:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >しかし船はその後も通常通りの航海を続けました。
> >その航海中に乗客は、パーティやビュフェ、ショーなど、
>
> 加えてカジノですね。この船はカジノがメインみたいですよ。日本の領海から出れば合法的にカジノを楽しめるようです。日本人のクルーズの高齢者はカジノで随分とお金をすったことでしょう。そしてコロナで踏んだり蹴ったりかな。

 航海あとにたたず。

 せっかく豪華クルーズが無残な結末になって気の毒ですが、しかし3700人隔離実験は疫学史上初で画期的な実験ですから、この人たちの苦労は人類の役に立つのです。
 そう思ってあきらめてもらいましょう。
  1. 2020-02-19 19:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 再度「リテラシー」が試されている

> こんにちは。
>
> > 勿論、がせの可能性もあるが国立大学の専門家が
> > 嘘を公に言う可能性は限りなく低い。
>
> 専門家がとんでも発言をするって、結構あるんですよ。しかも、自身が盲信する思想信条のためにね。
>
> どなたとは言いませんけれど、そんな例が、ネット上に溢れているではありませんか?いや、原発事故時に経験しませんでしたか?
>
> 専門家がとんでも発言をしていたのを・・・
>
> 我々は、この騒動で再度「リテラシー」が試されているのですよ。

 マジにワタシはこの先生が嘘を言ってるとは思っていないのですが、しかしダイアモンドプリンセス号がそもそも英国船籍で法的には日本の領土でさえないのです。
 
 だから色々面倒な問題もあり、公衆衛生や医学的に合理的な事でも、それで日本側の思い通りにできるわけでもないでしょう?
 その辺の事情をこの先生はどの程度理解しているのか疑問です。
  1. 2020-02-19 19:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: >がせの可能性もあるが国立大学の専門家が

> >嘘を公に言う可能性は限りなく低い。
> ちび・むぎ・みみ・はなさん、
> 読むに耐えられない。
>
> 視察した岩田教授は、何を目的に入ったのだろう?
> 外部の医者が特殊な現場に入って、経過を無視して何を助言できるのだろうか。
> 現場に途中から応援に入る者は現状を認識して臨機応変に対応するんだけど、最初から自分の先入観を出してしまうのは現場の経験が少ないからだ。
> 初めての現場であれこれ指示するのは北朝鮮のアレぐらいだろう。
> アフリカよりひどいと言うが彼はアフリカで何かしているのだろうか?
>
> インタビュー記事は朝日新聞独占記事の様だから、朝日新聞が潜りこませたのだろうと思う、現場に見学者(左翼記者を)を入らせ混乱させた責任者をハッキリ処分させるべきだろう。
> 神戸大学医学部もトンデモナイ医者を雇ってるんだな。関西には京都大学卒の共産党の医者は多いと聞くが。

 この先生が嘘を吐いているというより、本当のところどういうニュアンスで言っているのか? 
 この船が英国船籍で、法的には日本領でさへない事をどの程度理解しているのか?

 そのあたりのところもなんかすごく疑問なんですよね。
  1. 2020-02-19 19:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> みんなおそらく不満たらたらだろうけど、どうしようもないだろうというのがこの問題の小生の結論です。
>
> この問題で不思議なのは責任者である船長が全然出てこない点です。
>
> 船舶においては船長はほとんど独裁者に近い権限を持ってます。おそらくは今回の問題にかなりは船長が適切な処理をしておけば防げた可能性があるということです。
>
> まずこの問題を告発した岩田某氏ですがもう末期になりどうしようもなくなったところで行った時点の結果です。割り引いて考える必要はあるでしょう。この病気の問題点は、ある人間が安全な陰性か感染可能性がある陽性かは検査するまでわからぬということです。おそらくは香港で降りた乗客と接触があった人とすでに症状が現れていた人をピックアップして、一箇所に集め感染区域に指定するという対応をとったはずです。
>
> しかし問題は横浜入港までの数日間まず何もしていないことです。この時点で感染が拡大してしまった人が多かったはずです。とにかく船長の権限で先に隔離をし感染を防ぐことはできたはずですがそれをしていません。
>
> そして隔離後はおそらく最初は安全地帯と危険地帯を分けていたのでしょうが、この病気は発症したらその地域を危険地帯として消毒しなければなりません。勝浦のホテルなどは武漢からの帰国者を送り出した後に部屋の全面的な消毒やリネン類の処分を行ってます。よくぞ受け入れてくれたものです。それだけで何日間か営業再開が遅れています。
>
> おそらく、隔離早期には隔離前に感染した乗客の船室が危険地帯になったはずです。そしてそれは安全地帯の中にあるというまだら模様になったはずです。これは防げなかったことでしょう。次にこれが最大の問題でしょうが乗客に対するサービスを船員に続けさせたことです。これでおそらく感染が拡大しただろうということです。もちろんそれなりの対策はとったのでしょうが船員は相当な罹患率を示してるはずですし、船員同士を隔離してるわけではありません。これじゃあだめだろうと思ったものです。
>
> おそらくは隔離の後期に出てきた患者というのはかなりの部分これによる感染でしょう。
>
> これを防ぐとするならば船内に強制的に消毒を行い健全と思われる乗客を集め隔離し、そこで患者が発生したらそこも強制的に消毒するというような手段を取るしかなかったはずです。しかし、そんなことは陸上が無理くりにでも強制的にやらなけらばいけなかったことで、法令的にできたかは不明ですし準備もなかったはずです。
>
> 後おそらく船員について強制的に先に検査し、人が配置できるならサービスを止めさせるべきでした。これも陸上の支援が必要ですがこれを依頼できるのはおそらくは船長だけです。これは落ち着いて考えればすぐに分かることであり、ある意味こういう病気の場合の船内隔離が困難なことを示しています。それでも無理くりにはできることはあったという気はします。しかしおそらくは責任者である船長にそういう配慮がまったくなかったことこれが最大の問題だったんじゃないでしょうか。
>
> おそらくはこの問題の抜本的解決はもはや乗客を履践させ、港の近辺にでも厳重な隔離地帯を作り数千人規模の収容施設を作ることが必要なはずです。そこを隔離地帯にし船員も隔離して潜伏期間の間は接触をさせないということです。
>
> まあ、こんなコト誰にも経験はなかったはずですあから無理といえば無理だったでしょう。
>
> でもどうなんでしょう。支那人が数百万単位でいる東南アジア諸国であまりに感染者が少ないことは可怪しいと言わねばなりません。
> シンガポールの罹患者数を見ればこれは大変な自体が隠れて進行してる気もします。
>
> 別に我が国が立派という気はありませんが先進国ほど連中が検査ができてるんでしょうか。
> おそらく後から見ればやっぱりとなり、我が国の対応が評価される気がしますがなんとも言えない気がします。

 だってこの船1月20日に最初の感染者を乗せて横浜を出港して以降、2月4日に横浜に戻るまで16日間、ずうっと何の感染対策も取らずに、通常の豪華クルーズを続けたのです。
 勿論これは船長権限でやったのです。

 航海中の英国船に日本政府は何も言えません。

 尤も船長は感染症の専門家でもないし、それに航海中に大規模防疫対策など取りようもないし、船医では感染者への対応も不可能でしょう。

 だったら乗員乗客が感染への不安からパニックを起こさない為には、感染は無視して通常の航海を続けるのがベストだったかもしれません。

 強いて言えば感染者乗船が明らかになった時点で、一刻も早く感染者に対応してくれる港に入るしかないのですが、これだって簡単だったかどうかもわかりません。

 ウエステルダム号などの例を見ればわかります。

 これから検査が進むにつれて患者の数が増えていくでしょうが、しかしそれとともに重症化率や致死率はドンドン下がって、結局これはそんなに怖い病気じゃない事がわかるんじゃないでしょうか?
  1. 2020-02-19 19:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

そのあたりのところもなんかすごく疑問なんですよね。

最近分かり始めたんですけど、この医者は承知してるんですよね。
英国領であろうが厚労省であろうが”酷いという状況には間違いない”と言うよ。

何処が悪くても、責任は何処であろうが、恰も厚生労働省が日本が、悪いがごとき印象を出すのが、パヨクマスコミだと。
だから、厚労省は自分が悪いと思っていないから何も言い訳しないが、国民は日本が厚労省が、何でも自分が日本が悪いと思い込んでしまう戦後レジーム。
  1. 2020-02-19 19:41
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

kazk さん

私も、船内を何故消毒しなかったのか疑問に思っていました。英国政府も船長も一言も表に出て来ません。

船長が消毒も拒否したと思います。中国では警察が麻雀台を壊すようなnewsも在りましたし。

彼は船の備品に一切手を付けさせなかったと思います、船のカーテンも絨毯もカジノの設備も高価だろうと思います。
それに消毒液をかけられたら莫大な損失になりますからね。
船長も英国政府も、船主から一切の損害を防げ、客を早く降ろして出航しろ、船長は船の財産を守る事が仕事だ、と指示をうけてるのでしょう。
カジノを日本に造ったら、似たような事が横浜に起こるかもしれませんね、カジノの資産の保護がすべてに優先するのだと。
  1. 2020-02-19 19:59
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: そのあたりのところもなんかすごく疑問なんですよね。

> 最近分かり始めたんですけど、この医者は承知してるんですよね。
> 英国領であろうが厚労省であろうが”酷いという状況には間違いない”と言うよ。
>
> 何処が悪くても、責任は何処であろうが、恰も厚生労働省が日本が、悪いがごとき印象を出すのが、パヨクマスコミだと。
> だから、厚労省は自分が悪いと思っていないから何も言い訳しないが、国民は日本が厚労省が、何でも自分が日本が悪いと思い込んでしまう戦後レジーム。
 
 パヨクって日本を悪く言うのが生きがいなんですよ。

 カルロス・ゴーン逃亡の時によくわかりました。

 カルロス・ゴーンと言うのは労働者を食い物にして贅沢三昧にふける典型的な悪徳経営者なのですから、左翼が最も憎むべき人物でした。

 ところが彼が日本から逃亡すると左翼一同が大喜びでした。

 要するにコイツラ日本と日本人が貶められると嬉しくてたまらないのです。
  1. 2020-02-19 20:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: kazk さん

> 私も、船内を何故消毒しなかったのか疑問に思っていました。英国政府も船長も一言も表に出て来ません。
>
> 船長が消毒も拒否したと思います。中国では警察が麻雀台を壊すようなnewsも在りましたし。
>
> 彼は船の備品に一切手を付けさせなかったと思います、船のカーテンも絨毯もカジノの設備も高価だろうと思います。
> それに消毒液をかけられたら莫大な損失になりますからね。
> 船長も英国政府も、船主から一切の損害を防げ、客を早く降ろして出航しろ、船長は船の財産を守る事が仕事だ、と指示をうけてるのでしょう。
> カジノを日本に造ったら、似たような事が横浜に起こるかもしれませんね、カジノの資産の保護がすべてに優先するのだと。

 この船は英国船で船内は日本の法の支配下にはないのです。
 それで厚生省も結構苦労したのでしょう。

 それにこういう場合、イギリスはうまく立ち回りますから。
  1. 2020-02-19 20:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

船内感染

よもさんいつも有難う御座います
とうとう道南でも感染者が出ました
まあそろそろかなと思ってましたが…

この医師の発言で「待ってました!」とばかり彼方此方から政府に対して非難の声が上がってますね
この件に関して橋本厚労副大臣がツイートしてます
惜しむらくはこの「医師」の言うことに対して反論していないと言うことかな
https://snjpn.net/archives/181315
  1. 2020-02-19 21:38
  2. URL
  3. hiro #-
  4. 編集

船内感染、この人は医者なのか?

この医師の文章(書き起こし?)を読みました。子供の話方だと思いました。
理論的なこと実務的な適切な指摘は全く感じられない、感覚的な感じをべてベタ長々と。
医者の文章ってこんなの、会社のビジネス文書、論文からは想像が出来ない抑揚のなさ。
海外経験のある医者だって?、実務経験あるのかな、人格、人間性に興味を持ってしまった。
  1. 2020-02-19 22:05
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 船内感染

> よもさんいつも有難う御座います
> とうとう道南でも感染者が出ました
> まあそろそろかなと思ってましたが…

 正確にいうと「感染者が出た」じゃなくて、「見つかった」ですけどね。
 これから熱を出したり、肺炎を起こしたりした人を調べたら、ドンドン出ますよ。
>
> この医師の発言で「待ってました!」とばかり彼方此方から政府に対して非難の声が上がってますね
> この件に関して橋本厚労副大臣がツイートしてます
> 惜しむらくはこの「医師」の言うことに対して反論していないと言うことかな
> https://snjpn.net/archives/181315

 厚生労働副大臣の立場からは、隔離方法等については個別に反論する必要はないでしょう。

 しかしヤッパリこの人勝手に侵入していたわけですね。
 そりゃ追い出されて当然でしょう?

 それに初回の検査だけでも90人にもなる感染者が16日間好きに歩き回った後から、「安全地帯」とそうでない地区に分けるって意味あるんですかね?
  1. 2020-02-19 22:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 船内感染、この人は医者なのか?

> この医師の文章(書き起こし?)を読みました。子供の話方だと思いました。
> 理論的なこと実務的な適切な指摘は全く感じられない、感覚的な感じをべてベタ長々と。
> 医者の文章ってこんなの、会社のビジネス文書、論文からは想像が出来ない抑揚のなさ。
> 海外経験のある医者だって?、実務経験あるのかな、人格、人間性に興味を持ってしまった。

 中国でも医者をしていたというからスパイでは?

 その割には賢そうに見えないけど。
  1. 2020-02-19 22:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

望月記者って、毎日新聞と揉めたりしてますが、まだここに出入りして官房長官に攻撃的発言を繰り広げてるんですか。

この非常時にこんな記者は出入り禁止すべきだと思います。
  1. 2020-02-19 22:46
  2. URL
  3. 冬の通りすがり #mQop/nM.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 望月記者って、毎日新聞と揉めたりしてますが、まだここに出入りして官房長官に攻撃的発言を繰り広げてるんですか。
>
> この非常時にこんな記者は出入り禁止すべきだと思います。

 イソ子の件でパヨクが内ゲバを始めてくれるなら、イソ子は放置するべきです。
  1. 2020-02-19 23:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「既に感染している人を検査によって確認した」ことを強引に「船内隔離によって感染が拡大した」にすり替えているのですよね。
屋形船やタクシーの運転手も短時間で感染しているわけですから、船内で感染者が歩きまわれば、そりゃネズミ算に感染が拡大するでしょう。少し考えればわかりそうなものなのに。
船籍は外国である以上、船内は外国であり、日本国政府の主権や法律が及ばない空間であることを知らない人が多いのに驚きました。
日本の空港に着陸した旅客機の中も法的には外国で、乗客も日本に入国したことにはならないのですが、意外に知られていない。
だから、日本政府も強引な手段はとれないのですが、其れも知らずに後手後手だと言われているのですから、現場は堪らないでしょう。ましてや航海中にどうこうできるものではないのですから、乗客に大勢の感染者が出たことについては、日本側にの責任はなことなのに基本的な事が認識されていない。

実は米国の疫病対策の専門家が来日して、厚生労働省とも協議しているで、既にクルーゼ船を実験場と見なし、データ収集に動いているのでしょう。
https://twitter.com/USAmbJapan/status/1227150071302459392
海外のメディアがギャースカ言っていますが、一見骨折り損のくたびれもうけのように見える日本側も貴重なデータとサンプルと貸しができたので、奇貨として受け取る方が建設的です。
実際感染した乗客も日本に接岸されて、対応してもらえるのですから幸運だったのです。他の国だったら対応できなかったのですから。

  1. 2020-02-20 00:10
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #yvaXJbI.
  4. 編集

左翼マスコミと韓国が一致してる

日本では朝日新聞デジタル、週刊女性、NHK辺りが率先して同じ論調の見出しになってる。

・クルーズ船の感染者も日本に含めて拡大印象造りしてる。
・日本は世界で二番目のコロナ汚染大国になってる。
・海外で日本人がコロナと差別されている。
・クルーズ船の対応は失敗で地獄と海外から批判されている。
・コロナに関して韓国の報道はない、すべて日本の問題を惹起。

以心伝心なのか、合議が在ったのか不思議に思うくらい。
  1. 2020-02-20 10:25
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

国民は冷静に

おはようございます。

自分も時系列を考えれば、とっくに大勢の人が感染していたと思います。
それ考慮せず、今少しずつ検査しているからだけなのに
陽性の人が増えていく事を、感染が広がっていると表現する一部マスコミや専門家の情報は
そういうレベルと思いながら聞いています。

一番TVに出演している女性専門家は
当初、3,000人を数日で検査できると言っていましたが、やはり間違っていました。

岩田医師、”告発動画”を削除したようです。
国から圧力をかけられたと思いたい人も多いでしょうが、
一夜明けて冷静になったと思います。
厚労省の専門医高山義浩氏がFBで書かれてるこの件の状況説明は
ソフトな文体ですが、なかなか辛辣です。

結局岩田医師は感染”だけ”の専門家なのでしょうね。
2時間弱で知った目先の”真実”を
大げさな言い回しで世界に発信した場合の影響を想像できないのでしょう。
現場の状況や条件を考えず、中国やアフリカ以下と罵っても、
それがわからずに本気にする人も出てくるだろうに
今まだ乗船している2,000人のメンタルの心配していなかったのでしょう。
彼は、このような現場のリーダーどころかスタッフにもなれないことを
自ら証明してしまいました。

今朝見た日テレの情報番組では、岩田医師の発言を
一方的に垂れ流してはいませんでした。
その上で一部しか見ていない岩田医師や乗客の発言が一人歩きしているので、
政府はもっと英語や中国語でも情報発信すべきと提言していました。

ただ100%の安全を求めたり、揚げ足取りが目的だったりする野党やマスコミ相手に
具体的に会見するのは難しいのかもしれまんね。
どうせ彼らはこの状況を倒閣に利用するんでしょうしね。

国民には冷静に見守ってほしいです。
時間が経てば、衛生観念が優れ真面目にルールを守る一般人が多い日本が
真っ先に収束するのでしょうから。
  1. 2020-02-20 10:46
  2. URL
  3. キラキラ #-
  4. 編集

はすみとしこさんがアルコール消毒が100%ウイルス感染を防ぐというものではないとtwitter上で発言して叩かれていましたが、マスク、アルコール消毒もやって良いけど、手洗いをキチンとするのが第一というのは正論だと思いました。
近所のイオンでエチルアルコールの製品(勿論酒類は除く)が売り切れ状態でキレイキレイなどの薬用石鹸は普通に買えましたね。
自己防衛に関しても冷静に対応すべきと思います。

ちなみにアルコール度数の高いスピリタスも所有しておりますが、あくまでも飲用目的(消毒用に使うのはもったいない)ですwww
  1. 2020-02-20 11:20
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 「既に感染している人を検査によって確認した」ことを強引に「船内隔離によって感染が拡大した」にすり替えているのですよね。
> 屋形船やタクシーの運転手も短時間で感染しているわけですから、船内で感染者が歩きまわれば、そりゃネズミ算に感染が拡大するでしょう。少し考えればわかりそうなものなのに。
> 船籍は外国である以上、船内は外国であり、日本国政府の主権や法律が及ばない空間であることを知らない人が多いのに驚きました。
> 日本の空港に着陸した旅客機の中も法的には外国で、乗客も日本に入国したことにはならないのですが、意外に知られていない。
> だから、日本政府も強引な手段はとれないのですが、其れも知らずに後手後手だと言われているのですから、現場は堪らないでしょう。ましてや航海中にどうこうできるものではないのですから、乗客に大勢の感染者が出たことについては、日本側にの責任はなことなのに基本的な事が認識されていない。

 航海中の船が船内でやっている事に、他国が文句を言えるようになったら大変なんですけどね。
 
 でもそれが理解でないのがパヨクです。
 連中って我々ネトウヨには想像もつかないほど、日本政府の力を過大視していて、自分達の望む事は世界中どこでも日本政府がやってくれるはずと信じているのです。

 そしてそれしてくれないから怒り狂うのです。
>
> 実は米国の疫病対策の専門家が来日して、厚生労働省とも協議しているで、既にクルーゼ船を実験場と見なし、データ収集に動いているのでしょう。
> https://twitter.com/USAmbJapan/status/1227150071302459392
> 海外のメディアがギャースカ言っていますが、一見骨折り損のくたびれもうけのように見える日本側も貴重なデータとサンプルと貸しができたので、奇貨として受け取る方が建設的です。

 マジに3700人を16日間濃厚接触させての感染実験なんて疫学史上初でしょう?

 でもこれでこのウィルスには最悪どの程度の人が感染するのか?
 感染した人の内で、無症状、軽症、重症、死亡の割合はどの程度になるのか?
 がわかります。

 これは今後の流行に備える為にも絶対知っておきたいデータです。
 これだけ人数が揃い、母数が大きいと、統計的な誤差もすくなく、大変良いデータになるでしょう。
 
 世界中の公衆衛生研究者が注目しているでしょう。

> 実際感染した乗客も日本に接岸されて、対応してもらえるのですから幸運だったのです。他の国だったら対応できなかったのですから。

 500人の感染者を迅速に病院に収容できる国なんて、結局日本しかないのです。
  1. 2020-02-20 11:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 左翼マスコミと韓国が一致してる

> 日本では朝日新聞デジタル、週刊女性、NHK辺りが率先して同じ論調の見出しになってる。
>
> ・クルーズ船の感染者も日本に含めて拡大印象造りしてる。
> ・日本は世界で二番目のコロナ汚染大国になってる。
> ・海外で日本人がコロナと差別されている。
> ・クルーズ船の対応は失敗で地獄と海外から批判されている。
> ・コロナに関して韓国の報道はない、すべて日本の問題を惹起。
>
> 以心伝心なのか、合議が在ったのか不思議に思うくらい。

 以心伝心でしょうね。

 パヨクと韓国人は日本を貶めるのが生きがいなのです。
 
  1. 2020-02-20 11:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 国民は冷静に

> おはようございます。
>
> 自分も時系列を考えれば、とっくに大勢の人が感染していたと思います。
> それ考慮せず、今少しずつ検査しているからだけなのに
> 陽性の人が増えていく事を、感染が広がっていると表現する一部マスコミや専門家の情報は
> そういうレベルと思いながら聞いています。
>
> 一番TVに出演している女性専門家は
> 当初、3,000人を数日で検査できると言っていましたが、やはり間違っていました。

 ワタシもこの検査能力についての話は、民間に任せたら一日20万検体でも可能などと言う記事を読みました。
 しかし考えたらそんなの無理なんですね。

 民間に多数の検査会社があって、彼等が請け負う病理検査は一日20万検体になるのかもしれません。
 でもそれって血糖値とかコレステロール値のような、病院では日常的な検査で、バイオハザードのラボを使ってのウィルス検を大量に請け負える民間検査会社なんてあるわけないのです。

 だってそんな物の検査依頼は、これまで一度も来た事がないのですから、そんな設備もマニュアルもあるわけもないのです。

 そこでそういう検査は国立感染症研究所など、公的施設で細々とできる体制だけは維持していたのですが、いきなり検査の依頼が増えて、こなしきれないのです。

 因みにアメリカCDCでもこれまでこなした検査は400程度ですから、日本が得に劣るわけでもないのです。

 それでも厚生省はこれまで民間に委託できる体制を作り、一日3000検体まで対応できるようになりました。 だからもう少し頑張れば、検査希望者はいつでも検査を受けられるようになるでしょう。
>
> 岩田医師、”告発動画”を削除したようです。
> 国から圧力をかけられたと思いたい人も多いでしょうが、
> 一夜明けて冷静になったと思います。
> 厚労省の専門医高山義浩氏がFBで書かれてるこの件の状況説明は
> ソフトな文体ですが、なかなか辛辣です。
>
> 結局岩田医師は感染”だけ”の専門家なのでしょうね。
> 2時間弱で知った目先の”真実”を
> 大げさな言い回しで世界に発信した場合の影響を想像できないのでしょう。
> 現場の状況や条件を考えず、中国やアフリカ以下と罵っても、
> それがわからずに本気にする人も出てくるだろうに
> 今まだ乗船している2,000人のメンタルの心配していなかったのでしょう。
> 彼は、このような現場のリーダーどころかスタッフにもなれないことを
> 自ら証明してしまいました。
>
> 今朝見た日テレの情報番組では、岩田医師の発言を
> 一方的に垂れ流してはいませんでした。
> その上で一部しか見ていない岩田医師や乗客の発言が一人歩きしているので、
> 政府はもっと英語や中国語でも情報発信すべきと提言していました。
>
> ただ100%の安全を求めたり、揚げ足取りが目的だったりする野党やマスコミ相手に
> 具体的に会見するのは難しいのかもしれまんね。
> どうせ彼らはこの状況を倒閣に利用するんでしょうしね。

 なんか怪しい先生だと思っていたのですが、やっぱり怪しい人だったみたいですね。
 中国で活動していたこともあるそうですから、スパイだったのかも?
>
> 国民には冷静に見守ってほしいです。
> 時間が経てば、衛生観念が優れ真面目にルールを守る一般人が多い日本が
> 真っ先に収束するのでしょうから。
  1. 2020-02-20 12:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> はすみとしこさんがアルコール消毒が100%ウイルス感染を防ぐというものではないとtwitter上で発言して叩かれていましたが、マスク、アルコール消毒もやって良いけど、手洗いをキチンとするのが第一というのは正論だと思いました。
> 近所のイオンでエチルアルコールの製品(勿論酒類は除く)が売り切れ状態でキレイキレイなどの薬用石鹸は普通に買えましたね。
> 自己防衛に関しても冷静に対応すべきと思います。
 
 根路銘先生もコロナウィルスは濃度1%の界面活性剤で直ぐに死滅すると言っていますから、普通に石鹸や洗剤での手洗いで十分なのです。

 ワタシはアイロンかけにつかう噴霧金に石鹸水を入れて、帰宅したらシュシュとやろうと思いました。
>
> ちなみにアルコール度数の高いスピリタスも所有しておりますが、あくまでも飲用目的(消毒用に使うのはもったいない)ですwww

 お腹の中から消毒すると、精神的にウィルスへの抵抗力が強くなるので、効果的かも?
  1. 2020-02-20 12:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

根路銘博士の記事をご紹介いただいてありがとうございました。
私はこの先生のおっしゃることを信じたいと思います。

今回のことでウイルス感染そのものより、受け止める社会の反応が大変良い勉強になりましたね。

中国は「アメリカは薄情だ」と泣き言を言ってましたが、経済の専門家が「アメリカは一切容赦せず中国の息の根を止めにかかるだろう」と言ってました。。。
  1. 2020-02-20 18:42
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

おお、taigenさんもスピリリタスをお持ちか。

解説するとポーランド産のウォッカで度数95度という世界最高度数の酒です。これは流石にそのままでは飲めません小生もなめただけです。こいつは冬山に持っていくと最後の最後にはアルコールの代わりに使うなんてこともやれます。まあ、体温めるために飲むのが当たり前なんですがね。後昔の茅台酒は75度ってのがあったからこいつならアルコール代わりになりましたか。

まあ世の中には次亜塩素酸ナトリウムという便利は薬品がありますがこいつもなくなってます。塩素系漂白剤を200倍くらいに薄めれば使えるはずですが小生は全く気にしてませんね。感染するときは感染します。小生の知り合いの内科医の先生あまり言っちゃいけないことですが、ほとんど予防接種したことないそうです。だってやらなくてもかからないんだもん、とのことです。

おそらくは日本国民の中でコロナについてなんの問題もないが7割くらいいると思います。だから日本国民すべてがコロナウィルスに曝されれば流行は収束するはずです。まあ気にしないのが一番です。
  1. 2020-02-20 18:48
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

よもぎめこさん、こんばんわ

ドルウォン1200超えてる
そろそろかな?

医学誌『ザ・ランセット』公開日:2020年2月19
COVID-19と闘う中国の科学者、公衆衛生専門家、および医療専門家を支援する声明  の中で、COVID-19には自然な起源がないことを示唆する陰謀理論を強く非難するために協力します。複数の国の科学者が原因物質である重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のゲノムを公開および分析しました。そして、彼らはこのコロナウイルスが野生生物に由来すると圧倒的に結論付けました。

と記載が。
  1. 2020-02-20 19:39
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #-
  4. 編集

訂正

よもぎめこさん、こんばんわ  ×

よもぎねこさん、こんばんわ ○

以上です
  1. 2020-02-20 19:45
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #-
  4. 編集

無実の証明をやったって

>このコロナウイルスが野生生物に由来すると圧倒的に結論付けました。

これって良く解らないけど悪魔の証明に近いと思うんですけど、どうやったんだろ? 日本語の解説文は在るんでしょか?
  1. 2020-02-20 21:04
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

トラウマさんへ

hOttps://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30418-9/fulltext

のChrome訳です。
  1. 2020-02-20 21:11
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #zTZgd8x.
  4. 編集

ドルウォン1206

連投失礼致します

「新型コロナウイルスは人為的に作られた」という陰謀論に科学者が反論  2020年02月19日 11時50分

h ttps://gigazine.net/news/20200219-engineered-coronavirus-rumours/

ここのリンク貼られてる

h ttp://virological.org/t/the-proximal-origin-of-sars-cov-2/398

は、医師・ジャーナリストの村中璃子さんがtwitterにて村中璃子 2月19日 新型コロナは遺伝子解析の結果、ラボで作られたものでは「ない」ことが分かってきました。論文がまもなく発表されます。でも上記の論文を示してます。

h ttps://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiDrd6frODnAhVCBKYKHY5dBWcQ6F56BAgEEAI&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Frikomrnk%3Fref_src%3Dtwsrc%255Egoogle%257Ctwcamp%255Eserp%257Ctwgr%255Eauthor&usg=AOvVaw2mwyJlgSNiR3yRm1jDga16
  1. 2020-02-20 23:37
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #zTZgd8x.
  4. 編集

新型肺炎の問題で世界の科学者27人は・・

>新型肺炎の問題で世界の科学者27人は・・・

このフレーズで95%以上信用が出来ません。
この痕跡は消しがたい疑惑の証拠でもあります、A新聞デジタルと同じ範疇の情報と感じます。

https://news.livedoor.com/article/detail/17811387/
>「新型コロナウイルスにpShuttleを挿入した痕跡がはっきりしていて」

この辺の弁明なり、反論は出来ているのでしょうか?
ウィルス兵器を作ったとは言ってません。
研究所が便利なツールを作ったが、それがウィルス自身のの感染にも便利だったと言ってるだけです。
  1. 2020-02-21 07:52
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

それにしても

>しかし船はその後も通常通りの航海を続けました。
>その航海中に乗客は、パーティやビュフェ、ショー

マスコミは隔離の仕方が不味いと騒いでいますが、厚生省が新たにウィルスを満ち込んだんじゃないですよね。
それまでの航海で唾とばしながらカジノ・麻雀・社交ダンス・パーティ・会食・映画、社交・遣り放題だったんですから。
この人達は冥土の土産に、永い社会・人生でやれなかったこと、賭博とか艶とか人道的にも道徳的にも社会で抑えられてきたことを思いっきり全部やって来たのでしょうから、思い残すことは無いのでしょう。

船で罹患したらしき厚生労働省の事務官、技官は職場で”ドジ”グズ、と言われて居なければいいのですが。
仕事で罹患したんでは無く、元文部次官の様に通勤が在り、夜の調査行動が在ったりして感染源は判りませんよね。
  1. 2020-02-21 08:00
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 根路銘博士の記事をご紹介いただいてありがとうございました。
> 私はこの先生のおっしゃることを信じたいと思います。
>
> 今回のことでウイルス感染そのものより、受け止める社会の反応が大変良い勉強になりましたね。

 昨日、ダイアモンドプリンセス号の客が二人亡くなりましたが、しかしこの船の感染者600人超の内の2人ですから、致死率はこれでも03%強です。
 しかも80代で既往症のある方でした。

 こういうのを見ると、やたらに恐怖に煽る方が、害が大きいと思います。
 やはり根路銘先生の言う通りになるのでは?
>
> 中国は「アメリカは薄情だ」と泣き言を言ってましたが、経済の専門家が「アメリカは一切容赦せず中国の息の根を止めにかかるだろう」と言ってました。。。

 アメリカにすれば一大チャンスでしょうね。
 だってこれでいきなり中国と断交状態になったので、アメリカ経済にも甚大な影響があるはずですが、アメリカ国民はウィルスに怯えて、文句は言わないから、トランプ大統領とすれば凄くやりやすいでしょう。

 中国を追い込むというのは、アメリカにとっても肉を斬らせて骨を断つ戦いなのですが、しかし肉を斬らせるって簡単にできませんよね?

 でもこのウィルスのお陰でできてしまうのです。
 
 何しろアメリカの自称リベラリスト達からも、武漢在住のアメリカ人の大半を見捨てて武漢領事館が撤退したことも、ダイアモンドプリンセス号の客を、合理的な根拠もなしに再度隔離する事にも、何の反対も起きないから凄いです。

 連中ホントにウィルスを怖がっているのでしょうね。

 これで実はアメリカでも蔓延しているとわかったら、どんな騒ぎになるんでしょう?
  1. 2020-02-21 10:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> おお、taigenさんもスピリリタスをお持ちか。
>
> 解説するとポーランド産のウォッカで度数95度という世界最高度数の酒です。これは流石にそのままでは飲めません小生もなめただけです。こいつは冬山に持っていくと最後の最後にはアルコールの代わりに使うなんてこともやれます。まあ、体温めるために飲むのが当たり前なんですがね。後昔の茅台酒は75度ってのがあったからこいつならアルコール代わりになりましたか。
>
> まあ世の中には次亜塩素酸ナトリウムという便利は薬品がありますがこいつもなくなってます。塩素系漂白剤を200倍くらいに薄めれば使えるはずですが小生は全く気にしてませんね。感染するときは感染します。小生の知り合いの内科医の先生あまり言っちゃいけないことですが、ほとんど予防接種したことないそうです。だってやらなくてもかからないんだもん、とのことです。
>
> おそらくは日本国民の中でコロナについてなんの問題もないが7割くらいいると思います。だから日本国民すべてがコロナウィルスに曝されれば流行は収束するはずです。まあ気にしないのが一番です。

 コロナウィルスの権威でSARSをベトナムから一掃した根路銘先生は、コロナウィルスは1%界面活性剤、つまり石鹸水でいちころだと仰っています。

 だからせっかくのお酒は、お腹の消毒に使って、手は石鹸で洗う事をお勧めします。
  1. 2020-02-21 11:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもぎめこさん、こんばんわ
>
> ドルウォン1200超えてる
> そろそろかな?
>
 ハハハ、いよいよ来ましたね。
 
> 医学誌『ザ・ランセット』公開日:2020年2月19
> COVID-19と闘う中国の科学者、公衆衛生専門家、および医療専門家を支援する声明  の中で、COVID-19には自然な起源がないことを示唆する陰謀理論を強く非難するために協力します。複数の国の科学者が原因物質である重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のゲノムを公開および分析しました。そして、彼らはこのコロナウイルスが野生生物に由来すると圧倒的に結論付けました。
>
> と記載が。

 これはもう専門家同士の問題ですね。

 因みに武漢の研究所の所長の夫が実験動物を海鮮市場に横流ししていたといういかにも中国らしいニュースも出ていましたが、しかしこれもまた政治闘争が絡んでいるらしく、どこまでほんとうかわかりません。
 
 あの国は本当に全て政治闘争に絡んでくるので、普通の感覚で考えても仕方ありません。
  1. 2020-02-21 11:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 訂正

> よもぎめこさん、こんばんわ  ×
>
> よもぎねこさん、こんばんわ ○
>
> 以上です

 どうぞおかまいなく。
  1. 2020-02-21 11:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 無実の証明をやったって

> >このコロナウイルスが野生生物に由来すると圧倒的に結論付けました。
>
> これって良く解らないけど悪魔の証明に近いと思うんですけど、どうやったんだろ? 日本語の解説文は在るんでしょか?

 「ない事の証明」ですから悪魔の証明でしょうね。

 但し「人口的に加工した」と言う根拠なら崩す事は可能でしょう。
  1. 2020-02-21 11:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 新型肺炎の問題で世界の科学者27人は・・

> >新型肺炎の問題で世界の科学者27人は・・・
>
> このフレーズで95%以上信用が出来ません。
> この痕跡は消しがたい疑惑の証拠でもあります、A新聞デジタルと同じ範疇の情報と感じます。
>
> >https://news.livedoor.com/article/detail/17811387/
> >「新型コロナウイルスにpShuttleを挿入した痕跡がはっきりしていて」
>
> この辺の弁明なり、反論は出来ているのでしょうか?
> ウィルス兵器を作ったとは言ってません。
> 研究所が便利なツールを作ったが、それがウィルス自身のの感染にも便利だったと言ってるだけです。

 このウィルスが人工的に加工された物であるという事を否定する科学者達は、「新型コロナウイルスにpShuttleを挿入した痕跡がある」と言う説がオカシイと言うのです。

 DNAの解析をしたら、そういう痕跡があるとは思えないというのです。

 だからこれはウィルス学について知識のある人が、元論文を読まないと、判定不能でしょう。
  1. 2020-02-21 11:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: それにしても

> >しかし船はその後も通常通りの航海を続けました。
> >その航海中に乗客は、パーティやビュフェ、ショー
>
> マスコミは隔離の仕方が不味いと騒いでいますが、厚生省が新たにウィルスを満ち込んだんじゃないですよね。
> それまでの航海で唾とばしながらカジノ・麻雀・社交ダンス・パーティ・会食・映画、社交・遣り放題だったんですから。
> この人達は冥土の土産に、永い社会・人生でやれなかったこと、賭博とか艶とか人道的にも道徳的にも社会で抑えられてきたことを思いっきり全部やって来たのでしょうから、思い残すことは無いのでしょう。
>
> 船で罹患したらしき厚生労働省の事務官、技官は職場で”ドジ”グズ、と言われて居なければいいのですが。
> 仕事で罹患したんでは無く、元文部次官の様に通勤が在り、夜の調査行動が在ったりして感染源は判りませんよね。

 船内には600人の感染者がいるのですから、船の中はウィルスが充満しているのでしょう。
 だから外から入った人が感染する事は十分あるでしょう。

 尤も去年からウィルスは日本中に感染拡大をしつつあったのですから、勿論どこで感染していても不思議はありません。
  1. 2020-02-21 11:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

プロパガンダが下手くそ

相変わらず、日本はプロパガンダがヘタ、というよりも無いに等しいですね。ようやく、加藤厚生労働大臣がダイヤモンドプリンセスの管轄権に関して「整理されていない点がある」などと言い始めましたが、なんで最初に言わないのか。

Kazkさんも指摘していましたが、ダイヤモンドプリンセスで感染が広がった原因の大半は、船長が作っているでしょう。香港で感染者が見つかってからもパーティーを開催しているんですから。始末に負えません。

「この船の管轄権はイギリスにある、運航上の責任はアメリカの企業にある」「本来なら日本に責任はないが、防疫対策のため、日本は慈善事業で面倒を見てやる」と政治家が宣言しておけばよかったのに、と思うんですよね。

日本のメディアが「考える力」を持っていれば、メディアがやるでしょうが、連中、パブロフの犬に成り下がっているでしょう。期待できないのはわかりきったことなんですから、政治家が言うしかないでしょうに。ひと言、語っておけばすむことなのに、やらないんだもんなあ。民族性なのかもしれませんが、国内外への宣伝の工夫を、もう少ししてほしいものだと思います。
  1. 2020-02-21 12:44
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

Re: プロパガンダが下手くそ

> 相変わらず、日本はプロパガンダがヘタ、というよりも無いに等しいですね。ようやく、加藤厚生労働大臣がダイヤモンドプリンセスの管轄権に関して「整理されていない点がある」などと言い始めましたが、なんで最初に言わないのか。
>
> Kazkさんも指摘していましたが、ダイヤモンドプリンセスで感染が広がった原因の大半は、船長が作っているでしょう。香港で感染者が見つかってからもパーティーを開催しているんですから。始末に負えません。
>
> 「この船の管轄権はイギリスにある、運航上の責任はアメリカの企業にある」「本来なら日本に責任はないが、防疫対策のため、日本は慈善事業で面倒を見てやる」と政治家が宣言しておけばよかったのに、と思うんですよね。
>
> 日本のメディアが「考える力」を持っていれば、メディアがやるでしょうが、連中、パブロフの犬に成り下がっているでしょう。期待できないのはわかりきったことなんですから、政治家が言うしかないでしょうに。ひと言、語っておけばすむことなのに、やらないんだもんなあ。民族性なのかもしれませんが、国内外への宣伝の工夫を、もう少ししてほしいものだと思います。

 因みに向こうは船長を英雄にするキャンペーンを始めたようです。

 ダイヤモンド・プリンセスの「勇敢な船長」に賞賛、隔離下で乗客励まし続ける
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000030-jij_afp-int

 あのクルージングの日程を見ればそれだけでオカシイとわかるのですが、しかしそれも簡単にごまかせると踏んでいるんでしょうね。
 
 マジに今回の習近平ウィルスの騒動は、実はこのウィルスをネタにしたプロパガンダ合戦です。
  1. 2020-02-21 13:57
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する