fc2ブログ

2020-02-17 13:40

なぜアメリカはダイアモンドプリンセス号の乗客をチャーター機で引き取ったか?

 昨日、アメリカ政府がダイアモンドプリセンス号のアメリカ人乗客380人を、チャーター機でアメリカに引き取りました。

 そしてカナダ他、多数の国々もこれに続くようです。

 それにしても何で今ごろ?
 どうせ引き取るなら、もっと早く引き取ってやらなきゃ、意味ないでしょう?
 それなのに何で今ごろになって、皆、自国民を引き取ると言い出したのでしょうか?

 それは後2週間、コイツラを隔離するためです。

 だってダイアモンドプリンセス号の検疫期間は19日までです。 感染検査に手間取っても、陰性なら21日には全員下船できます。

 そしたらすぐにも帰国して自由にどこにでも行けるようになります。

 ダメだ!!
 そんなことは絶対に許さん!!
 あんな感染船の客が国内をうろつくなんてトンデモナイ!!!

 これがポリコレを愛する国々の民意なのです。

 だから隔離期間が終わる直前に引き取って、二週間隔離しようというのです。

 それでも長い間、同じ船に閉じ込められて飽き飽きし、感染の不安に怯えている人達は、チャーター機に乗るのでしょう。
 
 しかしやはり冷静な人もいて、最長でも後4日で出られるのだから、ここで我慢すると言ってチャーター機への搭乗を拒否している人もいるそうです。

 そうですよね。

 アメリカの隔離施設ってアラスカの米軍基地でしょう?
 そんなところで後2週間隔離されるぐらいなら、豪華船で5日我慢した方が余程マシじゃないですか?
 少なくとも食事はずうっと美味しいのだし・・・・・・。

 それにアメリカは武漢から帰国者からも12万円の飛行機代を取っていますから、これだって飛行機代は取られるのです。 
 飛行機代を取られてさらに追加で14日間隔離って、割にあわないじゃないですか?
 その上、アラスカから自分の家に戻るのは完全に自費でしょう?

 それにしても何でアメリカも他の国も、何でもっと早く乗客を引き取らなかったのしょうか?

 アメリカなんか検疫の為の14日間下船禁止が決まった直後に、乗客を引き取ると言ってたでしょう?
 それで日本政府も直ぐにそれに協力すると言ったのに、なぜかアメリカ政府の方から中止してしまったのです。

 何でそんなおかしなことを?

 だって検査が始まったら、ドンドン感染者が出てきたでしょう?

 だからアメリカもヤバイ!!と思ったんですよ。
 
 これをアメリカに連れ帰って、後から感染者がゾロゾロ出てきたら大騒ぎになるじゃないですか?

 だからアメリカ政府はアメリカ人の乗客には「ここにいる方が安全」なんてメールをして、検疫が終わるギリギリまで船に閉じ込めて置くことにしたのです。
 
 船に閉じ込めておけば、感染がわかっても、他の病気になっても、日本政府が全部面倒を見てくれますから、アメリカ政府には何の心配もありません。

 アメリカのマスコミは乗客から感染者が出る度に、好き放題日本を非難するのだけれど、これがアメリカの会社の船で、乗客の安全の管理責任はその会社にあるという事を、綺麗に忘れているようです。

 アメリカの会社の船なんだから、日本での扱いに文句があるなら、さっさと横浜を出港して、アメリカに行けば良いのです。
 豪華客船の船足なら4~5日でハワイにつくでしょう?
 そこで全員下船させたらよいじゃないですか?

 でもね。
 それは絶対にイヤなのです。

 だって習近平ウィルスは怖いんだもん

 だから皆、散々文句を言って、大袈裟に乗客に同情してみせても、実は自国には引き取りたくないのです。

 ところがいよいよその検疫期間も終わりが見えて、放っておくと数日中に全員下船して、帰国する事になってしまいました。

 だから慌てて乗客引き取りにチャーター機を出して、連れて帰る代わりに、自国で更に二週間隔離しようというのです。
 
 こままにしていれば19日から下船が始まるというのに、16日以降にチャーター機で帰国させて、更に2週間隔離なんてあんまりでしょう?

 だってそうでもしないと国民が収まりません。
 
 可哀そうにダイアモンドプリンセス号の乗客は文字通り疫病のように嫌われているのです。

 そしてこうした各国の対応を見ていて思うのですが、結局習近平ウィルス対策では為政者は、本来の疫学や公衆衛生とは別個に、こうした世論対応が非常に重要になるのですね。

 それで最大の失敗をやったのが習近平政権とWHOです。
 これで習近平政権とWHOの権威は致命的に失墜して、回復不能になりました。

 それにしてもダイアモンドプリンセス号は何でこんなにすごい感染者を出したのでしょうか?
 
 この船の最初の感染者は香港の男性で、彼は1月20日に横浜から乗船して、25日に香港で下船しました。 
 
 この船は22日、沖縄に寄港したのですが、この時、乗客を乗せた沖縄のタクシーの運転手さんが、感染しました。
 但しこのタクシーの客は中国人5人で、最初の感染者である香港の男性とは別人です。

 それではこのウィルスは、20日以降に感染すれば22日には、更に別の人に感染させてしまうという事でしょうか?
 
 それとも最初から、実は他にも複数の感染者が乗船していたのでしょうか?

 そして船の対応も実は問題で、香港で下船した男性の感染を知られてからも、船内では感染対策は一切取らないまま、横浜入港まで、それまで通りパーティやビュッフェなど通常の豪華クルーズを続けていたというのです。

 20かから22日までに既に複数の人が感染し、しかも他人に感染させるほど強力な感染力のあるウィルスなのに、こんな事をやっていたら横浜入港までに大量感染者が出るのは当然でしょう?
 
 今後こうした感染経過の解析が進むと、いろいろ面白いでしょうね。 
 3700百人の隔離実験なんて、感染症研究史上でも初めてなので、研究者はワクワクしているんじゃないでしょうか?

 そしてアメリカ等が続ける隔離中での経過にも注目しているでしょう。

 可愛そうにこれじゃダイアモンドプリセンス号の乗客は、当分疫学実験から解放されないでしょう。
 でも我慢してくださいね。
 皆様の我慢は今後の感染防止研究の重要なデータとなるのですから。
 
  1. 習近平ウィルス
  2. TB(0)
  3. CM(38)

コメント

今日の虎ノ門ニュースで石平さんが語っていましたが、やはり今回の新型コロナウィルスは海鮮市場の食品が原因では無く中国の研究所から漏れ出た可能性が高いらしいです。
単なる自然発生のものなら各国に助力を求めても(実際米国等は調査協力を申し出たのに断ったとか)拒否し、隠蔽にはしったのは、ばれたら全人類の敵とみなされかねない事をやらかしていたのではないかと・・・
  1. 2020-02-17 13:56
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 今日の虎ノ門ニュースで石平さんが語っていましたが、やはり今回の新型コロナウィルスは海鮮市場の食品が原因では無く中国の研究所から漏れ出た可能性が高いらしいです。
> 単なる自然発生のものなら各国に助力を求めても(実際米国等は調査協力を申し出たのに断ったとか)拒否し、隠蔽にはしったのは、ばれたら全人類の敵とみなされかねない事をやらかしていたのではないかと・・・
 
 すみませんが、ワタシはこの生物化学兵器説は全然信じていません。

 そもそも現在のウィルス研究技術で、コロナウィルスのような高度な構造を持つウィルスを、必要に応じて設計製造する事は不可能でしょう?
 
 軍事技術と言うのはどんな場合でも、その関連部門の基礎研究のレベルを超える事は不可能なのです。
  1. 2020-02-17 14:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

アメリカでの隔離場所

武漢からチャーター便で帰還したアメリカ人たちはアメリカ各地の隔離所に分けられましたが、その一つはカリフォルニアの空軍予備軍の基地で、うちとはそう遠くないところにあります。今の時期カリフォルニアなら暖かくて過ごしやすいので、隔離されてるとはいえ、それほどひどくはないかもしれません。

でも、ダイアモンドプリンセスですでに何日も隔離されていたのに、どうして帰国してもまた一から隔離が始まるのか、納得いかない人は多いでしょうね。そんなに日本の隔離制度に不安があるなら、もっと早く迎えに来てくれたらよかったのにと思ってることでしょう。

船に残ると決めたアメリカ人たちは、下船しても二週間はアメリカに戻ってはいけないそうです。はっきり言って彼らが日本で感染しちゃったらどうするんでしょう?早く帰国させた方がずっと安全だと思うのですけどね。
  1. 2020-02-17 14:52
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

コロナウイルスそっちのけで・・・

こんにちは。

kazkさんがコメントで・・・

>本当に政治というものの醜さがよく分かりますねえ

・・・と記している様に、悲しいかな、これからは「政治」なんですよ。


それこそ、新型コロナウイルスを絡めて色々な形で、米中の鍔迫り合いは激しさが増すのかもしれません。

いや、プロバガンダを含めた情報戦が、今以上に激しくなるのでしょうね。

なお・・・

コロナウイルス騒動の最中に中国はデジタル通貨の特許を84個も申請した。デジタル人民元が実現する一方で他国は開発・発行が出来なくなるのだろうか。中国は着々とデジタル界での通貨の覇権を取りに行っている。ドル基軸通貨体制への挑戦だ。これは大ごとかも知れない。
https://twitter.com/okimatsumoto/status/1228700792611205125


・・・・と言う話があるのですよ。
  1. 2020-02-17 15:06
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

よもぎネコさん

>すみませんが、ワタシはこの生物化学兵器説は全然信じていません。

生物兵器だと言ってません、ゲノム配列の研究中の物が
漏れ出ただろう、と言ってます。
下記の大紀元のレポートをも一度読んでいただけますか?

>欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」
2020年2月13日 15時28分 大紀元
> https://news.livedoor.com/article/detail/17811387/

>ジェームス博士は、この新型コロナウイルスについて、90~95%の確率で「ラボ・イベント(lab event)」によって引き起こされたとの結論を付けました。
2020-02-14 07:42

↓↓このレポートです。
https://news.livedoor.com/article/detail/17811387/

  1. 2020-02-17 18:38
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: アメリカでの隔離場所

> 武漢からチャーター便で帰還したアメリカ人たちはアメリカ各地の隔離所に分けられましたが、その一つはカリフォルニアの空軍予備軍の基地で、うちとはそう遠くないところにあります。今の時期カリフォルニアなら暖かくて過ごしやすいので、隔離されてるとはいえ、それほどひどくはないかもしれません。

 空軍予備基地の料理では豪華船程美味しくはなさそうですが、それでも冬のアラスカよりはマシでしょうね。
>
> でも、ダイアモンドプリンセスですでに何日も隔離されていたのに、どうして帰国してもまた一から隔離が始まるのか、納得いかない人は多いでしょうね。そんなに日本の隔離制度に不安があるなら、もっと早く迎えに来てくれたらよかったのにと思ってることでしょう。

 疫学上の合理性は全然ないから、納得できないでしょうね。
 
 だからこれは感染防止の必要性からと言うより、むしろ国内世論に迎合してというか、そうでもしないと国民の不安が収まらないからやっているのでしょう。

> 船に残ると決めたアメリカ人たちは、下船しても二週間はアメリカに戻ってはいけないそうです。はっきり言って彼らが日本で感染しちゃったらどうするんでしょう?早く帰国させた方がずっと安全だと思うのですけどね。

 ハハハ、もう笑っちゃいますよね。

 だってダイアモンドプリンセス号の客は、感染検査陰性でも信用できないから隔離するって言ってるんでしょう?
 だったらそんな奴を日本に置いていかれたら、日本人が感染しちゃうじゃないですか?

 尤もアメリカのマスコミはともかく、アメリカ政府は日本政府の対応には謝意を表しているようですから、怒っても仕方ないんですけど。

 でも安倍総理はこれをネタに、在日米軍の費用負担引き上げには抵抗するでしょうね。
  1. 2020-02-17 19:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: コロナウイルスそっちのけで・・・

> こんにちは。
>
> kazkさんがコメントで・・・
>
> >本当に政治というものの醜さがよく分かりますねえ
>
> ・・・と記している様に、悲しいかな、これからは「政治」なんですよ。
>
> それこそ、新型コロナウイルスを絡めて色々な形で、米中の鍔迫り合いは激しさが増すのかもしれません。
>
> いや、プロバガンダを含めた情報戦が、今以上に激しくなるのでしょうね。
 
 ええ、もう完全に政治ショーのツールになっています。
 しかし国民がパニックになると、感染のコントロールも不能なので、皆必死なのです。

> なお・・・
>
> コロナウイルス騒動の最中に中国はデジタル通貨の特許を84個も申請した。デジタル人民元が実現する一方で他国は開発・発行が出来なくなるのだろうか。中国は着々とデジタル界での通貨の覇権を取りに行っている。ドル基軸通貨体制への挑戦だ。これは大ごとかも知れない。
> https://twitter.com/okimatsumoto/status/1228700792611205125
>
>
> ・・・・と言う話があるのですよ。

 中国共産党はそもそも真面目に感染を止めようなんて思ってないですからね。
  1. 2020-02-17 19:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: よもぎネコさん

> >すみませんが、ワタシはこの生物化学兵器説は全然信じていません。
>
> 生物兵器だと言ってません、ゲノム配列の研究中の物が
> 漏れ出ただろう、と言ってます。
> 下記の大紀元のレポートをも一度読んでいただけますか?
>
> >欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」
> 2020年2月13日 15時28分 大紀元
> > https://news.livedoor.com/article/detail/17811387/
>
> >ジェームス博士は、この新型コロナウイルスについて、90~95%の確率で「ラボ・イベント(lab event)」によって引き起こされたとの結論を付けました。
> 2020-02-14 07:42
>
> ↓↓このレポートです。
> https://news.livedoor.com/article/detail/17811387/

 この論文ガセだったようですよ。
 
  1. 2020-02-17 19:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

この論文ガセだったようですよ

>この論文ガセだったようですよ

マジですか?
筋が良く通ってる論文ですけど、私には判断する専門知識はありません感だけです。デマだとしたら自信を失います。
  1. 2020-02-17 19:43
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

誰だって病気はもらいたくないですからね。妥当な判断でしょう。
そしてあちらもこちらを利用するようにこちらもあちらを利用すればいいのです。
打算で付き合ってくる相手には打算で返せばいいのです。
日本人的な優しさは日本人の心を持つ者にだけ施せばいい。
  1. 2020-02-17 20:06
  2. URL
  3. 太朗 #cRy4jAvc
  4. 編集

Diamond Princess号

Diamond Princess号は、研究対象としてではなく、感染対策のために貴重な情報を提供できる観点から評価することを望みます。専門家の調査団を派遣することで、感染源・感染原因・感染場所などを明らかにすることができ、それによって船外の日本人だけでなく船内でも感染拡大を防止することができるからです。だからこそ、早期に調査団を派遣し、中間報告でも良いから、判明した新コロナウィルスの生態や生命力の違いなどを発表して欲しと書きました。

現在派遣されている人員では診察に忙殺され調査までは無理だと思います。しかし残念なことに、専門家からなる調査団を派遣していると云う報道は、まだ目にしていません。

敢えてか天然かは知りませんが、何も考えていないように見えるあの厚生労働大臣の顔を見ているとイラついてきます。
  1. 2020-02-17 23:26
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: この論文ガセだったようですよ

> >この論文ガセだったようですよ
>
> マジですか?
> 筋が良く通ってる論文ですけど、私には判断する専門知識はありません感だけです。デマだとしたら自信を失います。

 ここでいう「HIVウィルスの遺伝子が人為的に挿入された痕跡」と言うのが、そもそもおかしいのだそうです。
 高須先生の息子さんの解説ですけど。
 
 https://www.youtube.com/watch?v=RAUHeUhfnV0

 この辺りの詳しい話の評価は、原論文を読まないと確定はできないでしょうけど。
  1. 2020-02-17 23:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

なんか随分しれっと怖いこと言ってるよ。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200206/k10012274591000.html

これ文脈からすると米国内のインフルエンザ患者とされる人々の検体ということでしょう。これで217人中11人て随分怖くないかあ?インフルエンザの患者は現在2400万人くらい14000人が死亡ということだから、これがどのデータかわからないけど仮に感染者とするとインフルのうち5%が武漢肺炎の患者ということになります。

単純に計算すれば全米で120万人の感染差がいるということになります。インフルエンザのノイズで消すつもりだったんじゃないかと小生は考えましたが消しきれない量があるのかもしれない。

これ2/6のニュースですよね。
本当に政治って醜いなあ。400万人の在米支那人がいる以上、やはりどうやったって感染拡大は防げないということでしょうか。

今回、マスゴミに出てくる感染症学者と言われる人々は政治がらみで発言してる人が本当に多いと思います。でもこれって国民は愚か医療従事者に対しても警戒を怠らせる効果があるんですよね。結局これで初動がおくれるというか、国民に警戒心をもたせませんでした。

ありのままにはっきり言えばシナ人や外国人排斥につながった可能性もありますが、小生は一時的なもので収まったと思います。一度蔓延したものは人を攻めてもどうしようもないのです。

まあでもこれがアメリカだったら結構怖いことになってるかもしれないとも言えますか。

こんな後出しみたいなニュースもありますがこれじゃあどうにもならんでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00033051-president-life

もうみんなもっと正直にならなくちゃあいけないんですよ。

  1. 2020-02-17 23:51
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 誰だって病気はもらいたくないですからね。妥当な判断でしょう。
> そしてあちらもこちらを利用するようにこちらもあちらを利用すればいいのです。
> 打算で付き合ってくる相手には打算で返せばいいのです。
> 日本人的な優しさは日本人の心を持つ者にだけ施せばいい。

 ハハハ、この騒動を見ていてホントにどの国も自己中丸出しで笑っちゃいましたよ。

 アメリカなんかチャーター機の乗らないで19日から下船する人達には、「後2週間帰国するな」って言ってるんだそうです。
 余程怖いんでしょうね。

 そのくせ日本には乗客の扱いが悪いって文句を言うのだから。
 
 しかも感染した連中の面倒は全部日本に見させる気なのです。

 でもこれ必ずしも損ばかりじゃないです。
 
 というのも日本の医者が習近平ウィルスにどう対応するかを学ぶには、結局本物の感染者を沢山診て経験を積むしかないのです。
 
 その意味では感染経路のわかった感染者をまとまって診られるというのは、凄いチャンスです。
 
 特に重要なのは軽症の人や無症状の感染者をどう扱うか? 
 どのタイミングで退院させるかを決める事でしょう。
 
 だってこれからドンドン感染者が増えるのがわかっているのですから、ただ安全の為だけに長く病院に置くことはできません。

 でもそれを見極めるのだって、症例を多く見てくことで可能なのです。

 だからそのつもりで面倒を見れば良いのです。

 クルーズ船の客は暇と金を持て余している連中なので、病院に入れておいても「家族が生活できないから早く出してくれろ!!」なんて泣かれる事もないでしょう。
  1. 2020-02-17 23:57
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: Diamond Princess号

> Diamond Princess号は、研究対象としてではなく、感染対策のために貴重な情報を提供できる観点から評価することを望みます。専門家の調査団を派遣することで、感染源・感染原因・感染場所などを明らかにすることができ、それによって船外の日本人だけでなく船内でも感染拡大を防止することができるからです。だからこそ、早期に調査団を派遣し、中間報告でも良いから、判明した新コロナウィルスの生態や生命力の違いなどを発表して欲しと書きました。

 そういう報告はドンドン出していると思いますよ。
 それにアメリカ他、データを寄こせ、寄こせで大変でしょう。
 
 それにダイアモンドプリンセス号の患者を預かっている病院にも、アメリカ他、この乗客達の本国からもドンドン医者を送ってくるのでは?

 だって先進国で実際にこの感染者をまとまって診られるのは日本だけなので、本物の感染者の症状と、患者の管理法等、見ておくしかないのです。
 
> 現在派遣されている人員では診察に忙殺され調査までは無理だと思います。しかし残念なことに、専門家からなる調査団を派遣していると云う報道は、まだ目にしていません。

 今はこの船はドンドン感染が拡大しているので、うかつに人は送り込めないのです。
 それにこの船はイギリス船籍のアメリカの船ですから、日本側から勝手に入れないのです。

 そもそも検疫官が感染したのだって、防護が不十分だったからなのですが、しかしこれはWHOの規則に従っての防護なので、これ以上どうしようのないのです。
>
> 敢えてか天然かは知りませんが、何も考えていないように見えるあの厚生労働大臣の顔を見ているとイラついてきます。

 ワタシもあれは天然かポーカーフェイスなのかわかりません。

 但し今はポーカーフェイスで対応するしかないときなので、天然か本物かは後にならないとわからないでしょう。

 因みにアメリカはもう凄い事になりそうです。

 死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない
 https://president.jp/articles/-/33051

 これが事実なら、日本政府の対応は完全に正解だったことになります。
  1. 2020-02-18 00:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> なんか随分しれっと怖いこと言ってるよ。
> https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200206/k10012274591000.html
>
> これ文脈からすると米国内のインフルエンザ患者とされる人々の検体ということでしょう。これで217人中11人て随分怖くないかあ?インフルエンザの患者は現在2400万人くらい14000人が死亡ということだから、これがどのデータかわからないけど仮に感染者とするとインフルのうち5%が武漢肺炎の患者ということになります。
>
> 単純に計算すれば全米で120万人の感染差がいるということになります。インフルエンザのノイズで消すつもりだったんじゃないかと小生は考えましたが消しきれない量があるのかもしれない。
>
> これ2/6のニュースですよね。
> 本当に政治って醜いなあ。400万人の在米支那人がいる以上、やはりどうやったって感染拡大は防げないということでしょうか。
>
> 今回、マスゴミに出てくる感染症学者と言われる人々は政治がらみで発言してる人が本当に多いと思います。でもこれって国民は愚か医療従事者に対しても警戒を怠らせる効果があるんですよね。結局これで初動がおくれるというか、国民に警戒心をもたせませんでした。
>
> ありのままにはっきり言えばシナ人や外国人排斥につながった可能性もありますが、小生は一時的なもので収まったと思います。一度蔓延したものは人を攻めてもどうしようもないのです。
>
> まあでもこれがアメリカだったら結構怖いことになってるかもしれないとも言えますか。
>
> こんな後出しみたいなニュースもありますがこれじゃあどうにもならんでしょう。
>
> https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00033051-president-life
>
> もうみんなもっと正直にならなくちゃあいけないんですよ。

 あららNHKも報道していたんですね。
 しかも2月6日に。

 しかしインフル患者の5%が実は習近平ウィルスだったとしたら、もう完全に流行中という事でしょう。
 それにしても凄い話です。

 でもこれだと日本政府の対応は、完全に正解だったのでは?
 つまりこのウィルスは昨年武漢で発生した直後から、日本にもアメリカに入り込み、感染を拡大していたという事です。

 だから中国からの渡航拒否等での水際対策は不可能なので、在中邦人の帰国と国内での感染拡大防止ではなく、感染者が増える事を前提にしての医療体制の確立に注力するいうのが、正しかったわけです。

 尤も欧米の場合は国民がパニックになって、放っておくとアジア人虐殺ぐらい起きかねないので、とにかく水際作戦をやっているというポーズをとるしかなかったのかも?

 
  1. 2020-02-18 00:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

アメリカというより、どこの国でも本音はそんなものです。
政治ショーとなり、国内向けには国民の支持を得らなければ失脚となり、各国の利害関係すら複雑に絡みます。
アメリカの悲惨な点は、疫病の”専門家”が初期の段階の対応をミスリードし手遅れにしてしまった事とフェミのヒステリーをそのまま日本にぶつけた事でしょうか。

>そもそも現在のウィルス研究技術で、コロナウィルスのような高度な構造を持つウィルスを、必要に応じて設計製造する事は不可能でしょう?

蒸し返すようですが、コロナウィルスってのはそんな特殊なウィルスではなく、”呼吸器疾患の原因となる多数のウイルスを含む”と定義され、風邪から風邪のウイルスからMARS・MERS等までかなり幅が広い総称といえます。
意外なのは、食物に付着していても胃液で滅菌されるような弱い菌とも言えます。が呼吸器系に入れば猛威を振るう。

カスゴミ報道には恣意的なガセネタが多すぎますが、これなど悪質な例で
・新型肺炎の発生状況、1月初旬に把握 習近平国家主席 - CNN.co.jp
即座に”嘘つけ!”、告発した医師を逮捕し、そのまま放置で死亡させた癖に、何この報道?です。
デマゴークとしても、出来が悪い話です。
実態はこの報道↓のほうが、筋が通っております。
”習近平は「初動対応の反省をして」いないし「異例」でもない”
https://m.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/post-92322.php

キンペーの足元が、崩れ始めている様子が見えますね。

更には、”なぜ?アフリカのバッタ大量発生に中国のネットユーザーが強い危機感”
https://www.recordchina.co.jp/b782020-s0-c30-d0148.html
記事を搔い摘めば”総数が3600億匹が6月までにさらに500倍になる可能性”がるそうです。

シナの王朝の歴史は、天変地異による食糧不足→流民化→軍閥に吸収→国内内戦→王朝が倒される歴史の繰り返しですから、これも一つの要素になるやもしれませんね。
  1. 2020-02-18 01:12
  2. URL
  3. 特亜だけは好きになれない #-
  4. 編集

>つまりこのウィルスは昨年武漢で発生した直後から、日本にもアメリカに入り込み、感染を拡大していたという事です。

潜伏期間も含めれば、シナ国内でもキャリアの数はかなりのものでしょう。
そして、世界中にウィルスを輸出していた・・・とも言えます。
  1. 2020-02-18 01:20
  2. URL
  3. 特亜だけは好きになれない #-
  4. 編集

永田の住人
@sabakuinu
官邸を担当している共同通信の記者の容体が悪いらしい…なんでも車両の運転手さんが陽性…という噂が駆け巡ってます。 #kokkai #国会
午後5:33 · 2020年2月17日·SocialDog for Twitter
https://twitter.com/sabakuinu/status/1229322920272519168

共同通信が、政府を機能不全にする為にバイオテロでも強行したのかね?
ツイッターが真実だとすれば、国会議員の中にキャリアが多数潜んでいる可能性がある、という事でしょうかね。
  1. 2020-02-18 02:12
  2. URL
  3. 特亜だけは好きになれない #-
  4. 編集

>カスゴミ報道には恣意的な

最近、日本のテレビでも韓国の街頭インタビューのNewsが流れますけど。
・韓国の街頭インタビューは100%の人が現政権への擁護忖度発言。
・日本の街頭インタビューは100%現政権への批判・皮肉

日本もマスコミ・教養人は未だに戦後の共産革命勢力の残差の中なんですね。
  1. 2020-02-18 09:29
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

通常検査キットの開発は
1.対象(この場合は新型コロナウィルス)の培養
2.対象を特定する部位の発見とそのマーカーの開発
3.成分と濃度の特定
4.成分の量産工程の開発
おおざぱにこんなところですが、昔は全て手作業でしたが今はかなりコンピューターでシミュレートできるのでしょうね。ただ見込みのあるものは、やはり試作品を作っての実験が必要なのではないでしょうか。感度が悪くてもよすぎても、サンプル調整に技術が必要となります。
アメリカでばら撒くものは反応速度を遅くしたものか、似ている構造のものも全て引っかかるほど感度が良いものなのか完成品の一歩手前の試作品かもしれません。
辻元議員の捨て台詞に対するヤジでの総理糾弾がうまくいかなかったのか新型肺炎に対する対応に批判というアンケートをマスコミが持ち出してきました。パニックの引き金は引きたくないけどプチパニックは大好きなマスコミがこういうことを言い出したのは、ある程度の目途がついたのかと希望をもってしまいます。
  1. 2020-02-18 10:44
  2. URL
  3. とんとん #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> アメリカというより、どこの国でも本音はそんなものです。
> 政治ショーとなり、国内向けには国民の支持を得らなければ失脚となり、各国の利害関係すら複雑に絡みます。
> アメリカの悲惨な点は、疫病の”専門家”が初期の段階の対応をミスリードし手遅れにしてしまった事とフェミのヒステリーをそのまま日本にぶつけた事でしょうか。
>
> >そもそも現在のウィルス研究技術で、コロナウィルスのような高度な構造を持つウィルスを、必要に応じて設計製造する事は不可能でしょう?
>
> 蒸し返すようですが、コロナウィルスってのはそんな特殊なウィルスではなく、”呼吸器疾患の原因となる多数のウイルスを含む”と定義され、風邪から風邪のウイルスからMARS・MERS等までかなり幅が広い総称といえます。
> 意外なのは、食物に付着していても胃液で滅菌されるような弱い菌とも言えます。が呼吸器系に入れば猛威を振るう。
>
> カスゴミ報道には恣意的なガセネタが多すぎますが、これなど悪質な例で
> ・新型肺炎の発生状況、1月初旬に把握 習近平国家主席 - CNN.co.jp
> 即座に”嘘つけ!”、告発した医師を逮捕し、そのまま放置で死亡させた癖に、何この報道?です。
> デマゴークとしても、出来が悪い話です。
> 実態はこの報道↓のほうが、筋が通っております。
> ”習近平は「初動対応の反省をして」いないし「異例」でもない”
> https://m.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/post-92322.php
>
> キンペーの足元が、崩れ始めている様子が見えますね。
>
> 更には、”なぜ?アフリカのバッタ大量発生に中国のネットユーザーが強い危機感”
> https://www.recordchina.co.jp/b782020-s0-c30-d0148.html
> 記事を搔い摘めば”総数が3600億匹が6月までにさらに500倍になる可能性”がるそうです。
>
> シナの王朝の歴史は、天変地異による食糧不足→流民化→軍閥に吸収→国内内戦→王朝が倒される歴史の繰り返しですから、これも一つの要素になるやもしれませんね。

 習近平はこれを奇禍として体制強化を図る気かも?
 
 皆ウィルスに怯えているので、外出禁止や集会の禁止など、反政府活動に不都合な事を全部禁止できるのですから。
  1. 2020-02-18 11:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >つまりこのウィルスは昨年武漢で発生した直後から、日本にもアメリカに入り込み、感染を拡大していたという事です。
>
> 潜伏期間も含めれば、シナ国内でもキャリアの数はかなりのものでしょう。
> そして、世界中にウィルスを輸出していた・・・とも言えます。

 そうです。

 故意か偶然かはわかりませんが、今の世界の物流速度だとそうならざるを得ないのです。
  1. 2020-02-18 11:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 永田の住人
> @sabakuinu
> 官邸を担当している共同通信の記者の容体が悪いらしい…なんでも車両の運転手さんが陽性…という噂が駆け巡ってます。 #kokkai #国会
> 午後5:33 · 2020年2月17日·SocialDog for Twitter
> https://twitter.com/sabakuinu/status/1229322920272519168
>
> 共同通信が、政府を機能不全にする為にバイオテロでも強行したのかね?
> ツイッターが真実だとすれば、国会議員の中にキャリアが多数潜んでいる可能性がある、という事でしょうかね。

 国会議員はそもそもハイリスクグループなのです。
 会う人の数が多いし、握手もたくさんします。

 地元と東京の行き来など移動も多い。
 
 そして一人が感染して国会に出席したら、国会議員全体に感染します。

 その意味では首相も危険な所にいるわけです。
  1. 2020-02-18 11:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: >カスゴミ報道には恣意的な

> 最近、日本のテレビでも韓国の街頭インタビューのNewsが流れますけど。
> ・韓国の街頭インタビューは100%の人が現政権への擁護忖度発言。
> ・日本の街頭インタビューは100%現政権への批判・皮肉
>
> 日本もマスコミ・教養人は未だに戦後の共産革命勢力の残差の中なんですね。

 こうやっていれば、一番安易だという事もあるのでしょうね。

 韓国政府ともめると面倒だけれど、日本政府やアメリカ政府は寛大です。
 一方日本政府やアメリカ政府に好意的な報道をすると、左翼が集団で電凸したりするので面倒です。
  1. 2020-02-18 11:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 通常検査キットの開発は
> 1.対象(この場合は新型コロナウィルス)の培養
> 2.対象を特定する部位の発見とそのマーカーの開発
> 3.成分と濃度の特定
> 4.成分の量産工程の開発
> おおざぱにこんなところですが、昔は全て手作業でしたが今はかなりコンピューターでシミュレートできるのでしょうね。ただ見込みのあるものは、やはり試作品を作っての実験が必要なのではないでしょうか。感度が悪くてもよすぎても、サンプル調整に技術が必要となります。
> アメリカでばら撒くものは反応速度を遅くしたものか、似ている構造のものも全て引っかかるほど感度が良いものなのか完成品の一歩手前の試作品かもしれません。
 
 似ているっもが全部引っかかると、逆に大変な事になるのでは?
 
 しかし何とか早くキットが完成してほしいです。

> 辻元議員の捨て台詞に対するヤジでの総理糾弾がうまくいかなかったのか新型肺炎に対する対応に批判というアンケートをマスコミが持ち出してきました。パニックの引き金は引きたくないけどプチパニックは大好きなマスコミがこういうことを言い出したのは、ある程度の目途がついたのかと希望をもってしまいます。

 マスコミって社会の害にしかなりませんね。
 
 それはともかく首相としては、習近ウィルスで大変なのだから、野党にはずうっとサクラに憑りついていてほしいでしょうね。
  1. 2020-02-18 11:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「船は英国籍、義務もなかった日本」を言えるようになった

これは2月18日、日経の見出しです。
バカTVマスコミもコメンタも「なぜそれを最初に言ってくれなかった、ちゃんと説明してくれなかった」と言い訳を始めました。
日本は「検疫をしてるだけです」と、大臣も発言しましたね。更に「全ての責任は船籍の或る船長だ」まで言って欲しいです。

このブログの読者は最初から分かってましたので、話の土台からすれ違ってましたね。船籍の或る英国政府は、何も言いません、だんまりですよね。
馬鹿パヨクは「日本は大丈夫か?」とか記事を書いて週刊現代が騒いでいます。
かわいそ~老人が~日本は~で、我慢する事しか出来ませんでした。
米国は立派ですよね、率先して飛行機を飛ばしましたね、当たり前でしょうけど。
韓国は引き取らないと相変わらずの脳からの主張でしたが、派遣する事に為ったようです、韓国人は兎に角、全員塵まで持ち帰って欲しいですよね。

船内感染者も日本人は日本に入国して治療を受けられるが、外国人の感染者は日本に上陸を拒否できるんでしょ?
感染者も自国で治療を受けるべきなんでしょ?
  1. 2020-02-18 12:48
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

>習近平はこれを奇禍として体制強化を図る気かも?

キンペーの体制てのは、実は・・・です。
ま、秦がシナの語源と言われておりますし、後世では”バカの見本”と記述されるんじゃないですかね。
一言でいえば、”バーアリアン”を文明国として対応した失敗かもしれません。
始皇帝から約百年で、結果的にヤー公の劉邦に滅ぼされた。
どれだけ民衆の支持を得られるか・・・ですかね。
殺される前に殺せ!と”現世利益”の民衆の前には、共産党といえど、恐らく太刀打ちができないかも。
経済の縮小、蝗害・・・いろいろと条件は揃いつつあります。
が、中共の怖い処は、食料?・・・農民籍がアル!という自分以外が被害者になる分には、かなり大様な感覚でしょうか。
むしろ、第二の”文化大革命”=易姓革命=社会主義から古代への復帰が明確になる。
こう考えると、いかにシナが現代基準でトンデモナイ国か・・・です。
  1. 2020-02-18 12:58
  2. URL
  3. 特亜だけは好きになれない #-
  4. 編集

知らない人は強気

高度な構造を持つ植物の遺伝子組み換えが当たり前に
行われている現在、ウィルスの改造が行われる可能性は
大きい。我々素人があーだこうだ言ううちは可愛いが
世界の複数の専門研究者が可能性を指摘している事実を
「信じられない」と言うのはめでたい。事実関係として、
武漢の研究所は世界最先端の機関であり、米国の研究所
から(複数の)ウィルスを盗み出していたことが摘発
されている。

現在の米国は対生物化学兵器戦争を念頭に置いて行動
しているとみるべきだ。そんな中で未だに商売に未練が
捨てられない経団連の言いなりの政府の対応は恐ろしい。
国を危うくするのは金の亡者である。
トランプ大統領の行動はその理解から来ているのだろう。
  1. 2020-02-18 13:04
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

船の乗客の拉致はデータとりかなと思います。国民皆保健で検査大好きな日本人と違ってアメリカ等では病院へ行くハードルが高いでしょうし。その点船の乗客なら保菌している可能性も高いうえ発症してないので試作品のデータどりにうってつけかもしれません。完成した暁には是非日本に回してほしいですね。
  1. 2020-02-18 13:26
  2. URL
  3. とんとん #-
  4. 編集

Re: 「船は英国籍、義務もなかった日本」を言えるようになった

> これは2月18日、日経の見出しです。
> バカTVマスコミもコメンタも「なぜそれを最初に言ってくれなかった、ちゃんと説明してくれなかった」と言い訳を始めました。
> 日本は「検疫をしてるだけです」と、大臣も発言しましたね。更に「全ての責任は船籍の或る船長だ」まで言って欲しいです。
> このブログの読者は最初から分かってましたので、話の土台からすれ違ってましたね。船籍の或る英国政府は、何も言いません、だんまりですよね。
> 馬鹿パヨクは「日本は大丈夫か?」とか記事を書いて週刊現代が騒いでいます。
> かわいそ~老人が~日本は~で、我慢する事しか出来ませんでした。
> 米国は立派ですよね、率先して飛行機を飛ばしましたね、当たり前でしょうけど。
> 韓国は引き取らないと相変わらずの脳からの主張でしたが、派遣する事に為ったようです、韓国人は兎に角、全員塵まで持ち帰って欲しいですよね。
>
> 船内感染者も日本人は日本に入国して治療を受けられるが、外国人の感染者は日本に上陸を拒否できるんでしょ?
> 感染者も自国で治療を受けるべきなんでしょ?

 マジにマスコミがこれを知らなかったのなら、ホントにバカとしか言いようがないです。
 ホントに知らなかったのなら、自分達の国際常識は中学生以下ですと公言しているような物なんですけどね。

 因みに外国人感染者は入国拒否も可能でしょうが、人道上日本に入国させて治療するのです。 
 感謝されるべきなんですけどね。
 
  1. 2020-02-18 15:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >習近平はこれを奇禍として体制強化を図る気かも?
>
> キンペーの体制てのは、実は・・・です。
> ま、秦がシナの語源と言われておりますし、後世では”バカの見本”と記述されるんじゃないですかね。
> 一言でいえば、”バーアリアン”を文明国として対応した失敗かもしれません。
> 始皇帝から約百年で、結果的にヤー公の劉邦に滅ぼされた。
> どれだけ民衆の支持を得られるか・・・ですかね。
> 殺される前に殺せ!と”現世利益”の民衆の前には、共産党といえど、恐らく太刀打ちができないかも。
> 経済の縮小、蝗害・・・いろいろと条件は揃いつつあります。
> が、中共の怖い処は、食料?・・・農民籍がアル!という自分以外が被害者になる分には、かなり大様な感覚でしょうか。
> むしろ、第二の”文化大革命”=易姓革命=社会主義から古代への復帰が明確になる。
> こう考えると、いかにシナが現代基準でトンデモナイ国か・・・です。
 
 今回の習近平ウィルス騒動で、中国がいかに糞国家化がよくわかりました。
 
 文字通り厄病神です。
  1. 2020-02-18 15:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 知らない人は強気

> 高度な構造を持つ植物の遺伝子組み換えが当たり前に
> 行われている現在、ウィルスの改造が行われる可能性は
> 大きい。我々素人があーだこうだ言ううちは可愛いが
> 世界の複数の専門研究者が可能性を指摘している事実を
> 「信じられない」と言うのはめでたい。事実関係として、
> 武漢の研究所は世界最先端の機関であり、米国の研究所
> から(複数の)ウィルスを盗み出していたことが摘発
> されている。
>
> 現在の米国は対生物化学兵器戦争を念頭に置いて行動
> しているとみるべきだ。そんな中で未だに商売に未練が
> 捨てられない経団連の言いなりの政府の対応は恐ろしい。
> 国を危うくするのは金の亡者である。
> トランプ大統領の行動はその理解から来ているのだろう。

 アメリカのCDCは習近平ウィルスが既にアメリカで蔓延している可能性を念頭において組織的な検査を始めました。
 今ごろそんなことを始めるって、生物科学兵器を念頭に置いているなら随分呑気ですよね?

 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00033051-president-life
  1. 2020-02-18 15:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 船の乗客の拉致はデータとりかなと思います。国民皆保健で検査大好きな日本人と違ってアメリカ等では病院へ行くハードルが高いでしょうし。その点船の乗客なら保菌している可能性も高いうえ発症してないので試作品のデータどりにうってつけかもしれません。完成した暁には是非日本に回してほしいですね。

 ワタシもそう思います。
 習近平ウィルス治療と感染拡大防止には、多数の感染者を診断して、病状の経過等を観察する事が絶対に必要なのです。

 そして今先進国でこれができるのは、日本だけなのです。

 一番知りたいのは、無症状の感染者の隔離をどのタイミングで解くべきかでしょう。
 感染者の大多数が無症状である場合、感染が分かったからと言って、長々隔離しておくわけにはいかないからです。

 そういう事を調べる為には、ダイアモンドプリンセス号の客って貴重なのです。

 幸い連中は暇と金があるので、隔離が続いても「生活が破綻する」なんて泣くわけでもないから、隔離する方も気が楽ですよね。
  1. 2020-02-18 15:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

大紀元の記事はガセか

こんにちは。
コメント欄で大紀元の記事がガセ、こんな話が有りました。
証拠は高須幹弥医師の動画との事。
詳細に読んで・見てみましたが、結論は大紀元の記事はガセではありません。
高須医師の言っていることは「生物化学兵器ではない」、これだけです。
大紀元の言っていることは生物化学兵器ではないと最初に断って、このウイルスはラボ由来、つまり実験室から漏れたもの。これだけです。

ネットではあまりにも難しい話なので理解不足による不正確な情報があふれています。
大紀元の話はこの厄介な問題を理解するうえで貴重な話、中国人の言っていることだからと言う理由で捨てないほうが良いと思います。
  1. 2020-02-20 10:54
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 大紀元の記事はガセか

> こんにちは。
> コメント欄で大紀元の記事がガセ、こんな話が有りました。
> 証拠は高須幹弥医師の動画との事。
> 詳細に読んで・見てみましたが、結論は大紀元の記事はガセではありません。
> 高須医師の言っていることは「生物化学兵器ではない」、これだけです。
> 大紀元の言っていることは生物化学兵器ではないと最初に断って、このウイルスはラボ由来、つまり実験室から漏れたもの。これだけです。
>
> ネットではあまりにも難しい話なので理解不足による不正確な情報があふれています。
> 大紀元の話はこの厄介な問題を理解するうえで貴重な話、中国人の言っていることだからと言う理由で捨てないほうが良いと思います。

 この習近平ウィルスが実験室で作った物だという根拠は、このウィルスにHIVウィルスの遺伝子が人口的に組み込まれているとしか言えない痕跡があるという事でした。

 しかし高須先生が動画でこれを否定する根拠は、そもそもHIVウィルスの遺伝子が人工的に組み込まれたという痕跡自体がないという話です。

 ワタシもウィルスには詳しくないのでこれ以上はわかりません。
 HIV遺伝子が人口的に組み込まれた事の根拠がないのでは、この習近平ウィルス=実験室で作られた説は、否定せざるを得ません。
  1. 2020-02-20 12:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

くどい様ですが

くどい様ですが、藤井厳喜さんがこんな事を言ってます。
https://www.youtube.com/watch?v=rvbRmnqs7qo

これでも武漢の研究所から漏れたと言っています。

私もウイルスのことは分かりませんが、高須医師は色々言っていますが要は生物化学兵器と言うのを否定しているだけ。
更に遺伝子工学は多分専門外なので言及していません。
宜しくお願いします。
  1. 2020-02-20 17:08
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: くどい様ですが

> くどい様ですが、藤井厳喜さんがこんな事を言ってます。
> https://www.youtube.com/watch?v=rvbRmnqs7qo
>
> これでも武漢の研究所から漏れたと言っています。
>
> 私もウイルスのことは分かりませんが、高須医師は色々言っていますが要は生物化学兵器と言うのを否定しているだけ。
> 更に遺伝子工学は多分専門外なので言及していません。
> 宜しくお願いします。

 問題はこのウィルスが人工的に加工された痕跡があるかどうかという事なのですが、この痕跡については高須先生も専門ではないという事でしょう?

 これだともうバイオテクノロジー、それもウィルスの専門家が原論文を読んで確認するしかないという事でしょう?

 それだと素人がどうこう言ってもどうしようもありません。
  1. 2020-02-21 10:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する