fc2ブログ

2020-02-16 13:53

軽症の奴は病院に来るな!! 習近平ウィルス

 習近平ウィルスについて、加藤厚労相が昨日(2月15日)夕方の記者会見で「フェーズとしてこれまで感染経路が見えていたものが見えなくなってきたという状況がいくつも発生してきている。状況は異なってきたと認識している」と言いました。

 感染経路が見えなくなった?

 違うでしょう?
 
 これまでは感染経路のわかる人しか検査していなかったんでしょう?

 だって2月9日までは「武漢と湖北省に接点のある人」でないと、検査してほしいと言っても検査もしてくれなかったんでしょう?
 
 これだと例えば列車や飛行機で、武漢から来た人と隣り合わせに座って感染して熱を出しても、保健所は検査をしてくれません。
 だって列車や飛行機で相席した人がどこから来たのかなんてわかりようもないでしょう?

 ダイアモンドプリンセス号の例を見れば、ホテルや飲食店で感染者と一緒になれば感染する可能性は非常に高いのです。 
 しかしホテルや飲食店で一緒になった人達が、どこから来たかなんてわかりようおないでしょう?

 沖縄でダイアモンドプリンセス号の客を乗せたタクシーの運転手が感染しましたが、あの運転手はダイアモンドプリンセス号の停泊している埠頭で下船してきた乗客を乗せたから、自分の客がダイアモンドプリセス号の乗客だとわかったのです。
 ほかのところで乗せていれば、自分の乗せた客がどこから来たのかなどわからないのです。 

 それどころか中国から帰国した人が、熱が出て心配だと言っても、保健所から検査拒否をされたという話もネットでは散見されました。 
 
 これじゃ最初から感染経路のわかる人だけを検査して、それ以外の人は検査拒否していたとしか言えないのです。

 しかしこの数日で検査の範囲を広げたので、これまで検査の対象にならなかった人からも陽性になる人が出てきたという事でしょう?
 そうなると一気に感染経路不明の感染者が出てくるのは自明でしょう?

 そもそも厚労省は一体何でこんなナンセンスな基準を設けて、それに該当しない人の検査拒否を続けてのでしょうか?

 一つはそもそも検査体制が貧弱で、大量の検査を依頼されても、対応不能だったからでしょう。
 
 しかし敢えて検査を控えていたとの邪推も、それほど見当違いではないのかもしれません。
 
 なぜなら「そもそも水際作戦なんてなかった」からです。
 この習近平ウィルスは、非常に感染力が強く、しかも殆どの無症状の人から感染します。

 そして習近平ウィルスの感染者は実は昨年から相当数入っていて、1月20日に中国政府が習近平ウィルスの人人感染を白状した時には、日本でも感染は相当に拡大して、感染者の隔離などできないほどに増えていたからです。

 けれどもこのウィルスに感染しても、殆どの人が風邪のような症状で終わりそのまま治るので、本人もそして医師の診察を受けた場合も、習近平ウィルスだなんてわからないま終わったのでしょう。

 そして重篤化して肺炎になった人もいたのかもしれません。 
 その中には亡くなった人もいたかもしれません。

 しかし高齢者や既往症が合って体力のない人が肺炎で亡くなるというのは、珍しくないので、全然問題にならなかったのでは?

 因みにワタシの両親はいずれも癌で死亡しましたが、最後は肺炎を起こし、それが直接の死因になりました。

 病院の入院患者って皆、既往症で免疫力も体力も弱りはてた人ばかりですから、習近平ウィルスに感染した人が入院してきて、院内感染でも起きれば患者が大量死して大騒ぎになるでしょう。
 
 でも日本の病院は院内感染対策も徹底しているので、そういう問題も起きなかったのです。
 
 逆に武漢の病院では何と死者の41%が院内感染と言うから無残です。
 そして医療従事者6人が感染して死亡しています。

 ここから武漢市の医療崩壊の状況を考えると以下のような状況では?

 習近平ウィルスに感染した人が肺炎で入院する
 しかしそこは中国の病院らしく 院内感染が起きて、他の入院患者が次々と肺炎を起こして死亡していく
 内科医者と看護婦は大忙しになり、疲労困憊して体力を消耗して次々と感染して倒れていく
 内科の医者がいなくなり、耳鼻科や眼科などが肺炎患者に対応せざるを得なくなる
 その為十分な対応ができなり、患者の死亡率があがっていく
 そして耳鼻科医や眼科医も披露困憊して倒れていく・・・・・

 癌患者が肺炎を併発して死んでも、死亡原因は肺炎になる 
 そこで習近平ウィルスの死亡率が異常に高くなる
 そして「習近平ウィルスはSARSのような恐ろしウィルス」と言う風評が生まれる

 恐怖を感じた、人々がドンドン病院に押し掛ける
 待合室には本物の感染者と、自分は感染しているのではないかと怯えているだけの非感染者が、ひしめき合って何時間も順番待ちをする
 すると非感染者全て感染して本物の感染者になる

 待合室には、他の病気を抱えて人達も診察の順番待ちをしているが、彼等も感染する
 こうして既往症がある人達が感染すると、重篤化して結局入院する

 一方武漢市全体の感染者もドンドン増えて、それに伴い来院者も重症者も増えて、病院は押し寄せる患者に呑まれいく

 医者は益々忙しくなり、本来の医療が全く行えない状況になる
 習近平肺炎にも対応不能になるから、死亡率は高止まりする
 
 こうして武漢市の医療が崩壊。 
 これがさらなる恐怖を生み、武漢市全体がパニック状態になる。
 
 しかしウィルスの性格上、感染拡大の防止は殆ど不可能なので、感染者の数は際限もなく増え始める
 
 そこで中国共産党側は、都市封鎖など、あり得な非常手段を取って感染拡大防止に努めている事のアピールに努める

 しかしこれがまたこのウィルスへの恐怖を生み、他の都市も次々と封鎖に走り、一方他国は自国民の帰国勧告、中国からの渡航拒否という連鎖反応を生む。

 これってつまり最初に武漢の病院で院内感染が深刻化した時に、その事実を認めて、早急に医療支援をしておけば、こんなパニック状態は起きなかったのでは?

 実際、中国国内の他都市での、習近平ウィルスの致死率は、他国並みに低いのです。 これはつまり武漢での失敗に懲りて、院内感染の防止を徹底して、医療崩壊を阻止で来ているからでしょう?

 しかし習近平政権は最初にウィルス発生を隠蔽したので、今更「このウィルスは感染力が強いだけで、それほど危険はない」と言っても誰も信用しなくなってしまったのです。
  
 その上、この期に及んでWHOに圧力をかけて、台湾を排除するようなことをしているので、WHOもまたどの国からも信用されなくなったのです。

 こうなるともう全世界パニック競争です。
 その上、トランプ大統領などは無類の決断力を発揮して、このパニックを中国封じ込めに利用しようとしているわけですから、パニックを収めようとする人などいるわけもないのです。

 逆にいえばこのウィルスで一番怖いのは、実は習近平ウィルスへの恐怖その物が、医療崩壊の原因になり、それがまたパニックを拡大するという悪循環です。

 つまり日本政府が一番恐れているのは、これなのです。

 医療パニックを起こさない為には、重症者は直ぐに入院して治療を受けられるという体制を確保する必要があります。
 
 そしてそれができるまでは、敢えて感染者を探さないのです。

 探せば感染者の数が増えて恐怖を拡大するし、そいつらが病院に押し掛けて、待合室に陣取れば、待合室いるほかの患者に感染してます。
 ところが病院の待合室にいるのは高齢者や既往症のある人ばかりですから、感染すると無事で済みません。
 そこで入院患者がどんどん増えて・・・・・という武漢の病院のような状態が生まれかねません。

 だから

 軽症者は病院には来るな!!
 オマイラ、家で寝てれば治るんだから、病院に来て他の人にうつすな!!
 来るときは重症になってから救急車で来い!!
 その時はちゃんと治療してやっから

 これが政府の本心だったのです。
 
 それでも感染者が増えるにつれて重症者も増えるでしょうから、政府もそれを見越して、第二種感染症指定病院以外でも患者の受け入れをできるように準備をしています。

 また軽症者が来院した時に、他の患者にうつさないように設備なども用意しているのでしょう。

 そうやって準備が整うのを見ながら、検査の受付範囲を広げているのでしょう。

 それで日本社会がパニックに陥らないように、パニックから医療崩壊を起さないように注意しながら、少しずつ感染拡大の現実を知らせて、習近平ウィルスの蔓延を冷静に受け入れられるように、持って行こうとしているのではありませんか?

 そう考えると日本政府は実は非常に冷静に周到に対応していたと言えます。
 そして現実的に考えると、これ以外に方法はないのです。

 その為、厚生労働省も安倍総理も、何とも気持ちの悪い、絶対に何かを隠しているような対応を続けてきたのです。

 しかしこれができたのは、日本国民が非常に冷静で、しかも安倍内閣への信頼が厚かったからでしょう。
 
 けれどもそれだけでなく野党とマスコミが限りなくバカで、政府や厚労省の説明の矛盾や問題点、諸外国との対応の違いなどには一切言及しないからでもあります。

 何しろ野盗は国会でもひたすら「サクラ、サクラ」で、習近平ウィルス対策などには全く言及しないでいてくれたのですから、助かります。
 
 コイツラがヘタに習近平ウィルスに興味を持つと、厚生労働省の役人を吊るし上げるとか、ロクな事をしないのは自明ですから。

 そこで安倍総理も国会では辻本など挑発して、コイツラの関心がサクラからそらさないようにしたのでしょうね。
 まあ、バカをからかうのが楽しかったからでもあるのでしょうが。 
 
 勿論、習近平ウィルスは未知のウィルスですから、いろいろわからないことはあります。

 完治しても、将来後遺症が出るかもしれません。
 
 妊娠中の女性が感染したら胎児に悪い影響が出ないという保障もありません。
 
 子供が感染したら、将来どうなるかもわかりません。

 しかしもうすでにこのウィルスは昨年中には日本に入り、感染拡大をしていたので、今これを遮断する方法はないのです。

 だから我々としては、その感染拡大による悪影響を最小限にとどめる努力をするしかないのです。

 そして現在のところ、日本人は世界で最も冷静に対応しています。
 
 だから今後もこの冷静さを維持していきましょう。 


  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(29)

コメント

感染を止めるには、あいつが来なければいい!

前に「コミカル・アベと言われないか心配」と述べたら
「安倍政権をくさして留飲を下げても意味はありません」と、言われて大変当惑していますが、ここまで厚労省の対応がグダグダなのも単に「流行」という言葉を防ぎたいだけだと思ってます。
もし安倍首相が「まだ流行ではない」と街頭演説している後方を習近平コロナ感染者を乗せた救急車がひっきりなしに走っていたら、正にコミカル・アリの世界です。安倍首相をコミカル・アベにしない最善の方法は、ある一つの市からの来訪の禁止かまたはただ一人の訪日を禁止するだけで達成できると思ってます。
そうすれば、自然と習近平コロナも収束するでしょう。

当地では雨が降っておりますが、これで穢れが流されるかと思うと神に感謝したい気持ちです。明日は気温も急上昇するので、習近平コロナの大嫌いな絶対湿度の猛烈な上昇が達成されるでしょう。
  1. 2020-02-16 21:55
  2. URL
  3. 詠み人知らず #WpvmPHiw
  4. 編集

Re: 感染を止めるには、あいつが来なければいい!

> 前に「コミカル・アベと言われないか心配」と述べたら
> 「安倍政権をくさして留飲を下げても意味はありません」と、言われて大変当惑していますが、ここまで厚労省の対応がグダグダなのも単に「流行」という言葉を防ぎたいだけだと思ってます。

 今「流行」と言う言葉を使うと、言葉が一人歩きして、医療パニックに陥りかねません。
 それがいかに厄介化は、このブログの本文に書いた武漢の状況を見ればわかると思います。

 でももうしばらくしたら「就航」でも「蔓延」でも好きに使えるようになりますよ。 
 入院施設も増えるし、殆ど人は風邪程度で終わるという事実も周知されますから。

> もし安倍首相が「まだ流行ではない」と街頭演説している後方を習近平コロナ感染者を乗せた救急車がひっきりなしに走っていたら、正にコミカル・アリの世界です。安倍首相をコミカル・アベにしない最善の方法は、ある一つの市からの来訪の禁止かまたはただ一人の訪日を禁止するだけで達成できると思ってます。
> そうすれば、自然と習近平コロナも収束するでしょう。
>
> 当地では雨が降っておりますが、これで穢れが流されるかと思うと神に感謝したい気持ちです。明日は気温も急上昇するので、習近平コロナの大嫌いな絶対湿度の猛烈な上昇が達成されるでしょう。

 習近平の国賓訪問にはワタシも大反対ですが、しかし感染拡大防止や医療パニック防止には何の関係もありません。

 感染症対策って純然たる医療と自然科学の問題です。
 それに政治を持ち込むって、WHOへの台湾参加を邪魔している中国政府と同じです。
  1. 2020-02-16 22:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

今更言っても仕方のないことというものはあるものです。
一人感染者が出た時に慌てて扉を閉めてもすでに入り込まれているのですから。
とはいえこれを機にビザ規制強化なども行ってくれればよいのですが。
犯罪や病気から国民を守るためには外から来る者を検査するのは必要なことでありますし。
  1. 2020-02-16 23:48
  2. URL
  3. 太朗 #cRy4jAvc
  4. 編集

政府の言ってることは正しいは正しいのだろうけど、これは次善というよりこれしかできないからこれが最善という選択肢でしょうね。sarsならこれでいいんですが武漢肺炎の場合はこの状況で軽症者が他人に伝染してしまいます。これで伝染された側が軽症ですめばいいのですが一定の比率で重篤化します。こうなると全国民がウィルスに曝される時まで感染は続くということになるはずです。

本当に嫌な話ですがこの時期を計算してみます。

スペイン風邪は当時18から20億と言われた世界人口のうち5億人が感染したと言われ死亡率が10から20%とされています。日本では人口5500万のうち死亡者が48万といいますから感染者はそれでも500万程度ということになります。いくら今と違って人の移動が少ない時代でもおそらくは日本人の殆どはこのウィルスに曝されたはずです。これでも感染率は10%程度です。武漢肺炎はこれが2%、死亡率はこの内の2%、日本が今のシナ並みになっても死亡者は48000人程度ということです。死亡率はここまで高くないかもしれませんが最大限がこの程度ということに落ち着きそうです。10万人致死率40人くらいでしょうか。

武漢肺炎の重篤化率は仮に報道のように10%とし、感染しても発症せず多数に伝染するスプレッダーの存在を考えないにしても単純に9割は軽症者が伝染します。仮に重症者のみに治療するとしても本来はこの重症者と関わった軽症者全てを調査して感染させないようにしなければけません。この全員が陰性とは限らぬ以上、国民の全数検査ができない以上対策は国民全員にウィルスに曝させ抗体を作るという以外ないことになります。

まあ、その前にワクチンが間に合えば…という所ですが、日本全土で240万人に感染すればおそらくは収束するでしょう。計算上はこれから先15週程度で感染者は320万程度でしょうか。このあたりになれば収束の可能性はあるでしょう。これはインフルと一緒で国民に蔓延し皆が抗体を持つから形式的には収まったということになるだけです。

これでも封じ込めができなかったことになるので、インフルエンザのH1N1型が流行するように武漢肺炎もまた冬場になれば新型が現れ世界的に流行する新しい病気になるのだと思います。

ただスペイン風邪は流行が2期あり2期目が強毒化したと言われています。今皆が、新型インフルを恐れるように人類が恐れる病気を一つ増やしたことになる。これが小生が予想する武漢肺炎の未来図です。楽観性を排し数学だけで考えればおそらくはこうなるだろうという未来図です。

こういう嫌な話をする専門家がいないことが小生は気がかりです。
いくら主観的な安心を得られても客観的な安全が確保されねば人は死ぬのです。
こういうところで政治の虚しさを語る人がいないのはそのほうが怖い気がします。




  1. 2020-02-17 01:55
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

デマ・全員検査できると言っていた専門家

TVのコメンターで、全国で検査すれば全員が検査できる能力がある、と言っていた専門家が何人かいた。

各地方の研究所のレベルの放送が在ったが、とても運用されていたとは思えないし、マニュアル見ながらやればできるレベルだと思えた。
素人にも、信用のおけるデータが執れるレベルではないとが解る。
このデマを発した似非専門家なのか、TVディレクタがゴリ押しの政治介入をしていたのか?

「全国の機関で一斉に検査を!すぐできる」と言っていた局、専門家は記憶すべきだろう。恥を知れ!
情報伝達では無い、社会に悪質なオオカミ少年であることを。
今後もこの犯人は政治介入を続けるだろうと思う。
  1. 2020-02-17 07:59
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

仄聞ですが、
既に効果的な薬の備蓄が出来ているようです。
約二百万人分の備蓄が有り、
現在 媚中派議員がその一部を中国へと目論んでいるとか
「ギニアのエボラ出血熱対策を目的とした
日本政府からの緊急無償資金協力の調達物資に採用 ...
今後、「アビガン錠」は、
エボラ出血熱に感染した患者の治療に使用されます。
「アビガン錠」は、富士フイルムグループの
富山化学工業株式会社が開発した
抗インフルエンザウイルス薬です。」

だそうです。
メデイアの反日、反安倍報道が基本の情報コントロールには
気を付けましょう。
  1. 2020-02-17 09:10
  2. URL
  3. モンク #-
  4. 編集

はじめまして。いつも拝読させていただいています。30年程前検査薬を売っているメーカーの研究室に勤めていました。検査薬は既存の病気のものでも開発に2~3ヶ月はかかります。sarsの時もそのくらいだったと記憶しています。当時随分早くできたなと思いました。恐らく今回もそのくらいかかると思います。そして検体数百をcobasuの様な機器で短時間で検査するのには検査キットなしには出来ません。土曜日に民法のワイドショーに出ていたお医者さんによると今現在の検査はクロマトグラフィーによるウイルス蛋白質を追っかける方法で1検体につき6~7時間かかるそうです(妥当な時間です)その装置も数が限られており、ただ不安というだけの人には回せないのではないのですか?検査薬メーカー、製薬会社は研究員の尻を叩いて開発していますよ。他に先んずれば莫大な利益になりますから
  1. 2020-02-17 09:51
  2. URL
  3. とんとん #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 今更言っても仕方のないことというものはあるものです。
> 一人感染者が出た時に慌てて扉を閉めてもすでに入り込まれているのですから。
> とはいえこれを機にビザ規制強化なども行ってくれればよいのですが。
> 犯罪や病気から国民を守るためには外から来る者を検査するのは必要なことでありますし。

 日本もそうだけれど、これで安易なグローバリズムを見直すようになると思いますよ。

 中国からは今後もまたこの種の伝染病が出るでしょうから、こうした事態に緊急対応のできる法の整備をするべきでしょう。
  1. 2020-02-17 10:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 政府の言ってることは正しいは正しいのだろうけど、これは次善というよりこれしかできないからこれが最善という選択肢でしょうね。sarsならこれでいいんですが武漢肺炎の場合はこの状況で軽症者が他人に伝染してしまいます。これで伝染された側が軽症ですめばいいのですが一定の比率で重篤化します。こうなると全国民がウィルスに曝される時まで感染は続くということになるはずです。
>
> 本当に嫌な話ですがこの時期を計算してみます。
>
> スペイン風邪は当時18から20億と言われた世界人口のうち5億人が感染したと言われ死亡率が10から20%とされています。日本では人口5500万のうち死亡者が48万といいますから感染者はそれでも500万程度ということになります。いくら今と違って人の移動が少ない時代でもおそらくは日本人の殆どはこのウィルスに曝されたはずです。これでも感染率は10%程度です。武漢肺炎はこれが2%、死亡率はこの内の2%、日本が今のシナ並みになっても死亡者は48000人程度ということです。死亡率はここまで高くないかもしれませんが最大限がこの程度ということに落ち着きそうです。10万人致死率40人くらいでしょうか。
>
> 武漢肺炎の重篤化率は仮に報道のように10%とし、感染しても発症せず多数に伝染するスプレッダーの存在を考えないにしても単純に9割は軽症者が伝染します。仮に重症者のみに治療するとしても本来はこの重症者と関わった軽症者全てを調査して感染させないようにしなければけません。この全員が陰性とは限らぬ以上、国民の全数検査ができない以上対策は国民全員にウィルスに曝させ抗体を作るという以外ないことになります。
>
> まあ、その前にワクチンが間に合えば…という所ですが、日本全土で240万人に感染すればおそらくは収束するでしょう。計算上はこれから先15週程度で感染者は320万程度でしょうか。このあたりになれば収束の可能性はあるでしょう。これはインフルと一緒で国民に蔓延し皆が抗体を持つから形式的には収まったということになるだけです。
>
> これでも封じ込めができなかったことになるので、インフルエンザのH1N1型が流行するように武漢肺炎もまた冬場になれば新型が現れ世界的に流行する新しい病気になるのだと思います。
>
> ただスペイン風邪は流行が2期あり2期目が強毒化したと言われています。今皆が、新型インフルを恐れるように人類が恐れる病気を一つ増やしたことになる。これが小生が予想する武漢肺炎の未来図です。楽観性を排し数学だけで考えればおそらくはこうなるだろうという未来図です。
>
> こういう嫌な話をする専門家がいないことが小生は気がかりです。
> いくら主観的な安心を得られても客観的な安全が確保されねば人は死ぬのです。
> こういうところで政治の虚しさを語る人がいないのはそのほうが怖い気がします。

 習近平ウィルスの致死率は2%なのですが、しかし死者の多くが武漢から出ており、国外では0.5%程度です。

 そして感染者全体の把握ができるようになれば、国外での致死率は更に減るでしょう。
 これだとインフルエンザ程度です。

 このウィスルは感染者の隔離による封じ込めが不可能なウィルスなので、このままいくとインフルエンザのような感覚で流行するのは避けられないでしょうが、死者もインフルエンザ程度で終わる事になるのだと思います。

 これは感染症の専門家も大体言っているのですが、しかしさすがに「もう流行中」だとか「感染拡大の防止は不可能」とかは公言できないので、それで皆、????となっていら立っているのでしょうね。


  1. 2020-02-17 10:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

この場に及んでも、革命しか頭にないぶっ飛んでる野党

〇日本政府は実は非常に冷静に周到に対応していた。
〇現実的に考えると、これ以外に方法はないのです。
〇これができたのは、日本国民が非常に冷静で、しかも安倍内閣への信頼が厚かったからでしょう。
●けれども野党とマスコミが限りなくバカで、
●政府や厚労省の説明の矛盾や問題点、諸外国との対応の違いなどには一切言及しないからでもあります。
●野盗は国会でもひたすら「サクラ、サクラ」で、習近平ウィルス対策などには全く言及しないでいて
●厚生労働省の役人を吊るし上げるとか、ロクな事しかしない。

この場面で
立憲民主党=枝野党首はなんと、選挙で政権交代を目指すと言ってるのです、革命願望が抜けないのです、死ぬまで抜けないでしょうね。
コロナウィルスの危機は政権打倒の良いチャンスだとしか考えてない。

全ての国民は貴方の民主党政権の悪夢は3.11と伴に寝ても忘れてませんよ。
立憲民主党の政権交代だって?痴呆か? 死ぬまで仲間と学生運動してろ。
  1. 2020-02-17 11:03
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: デマ・全員検査できると言っていた専門家

> TVのコメンターで、全国で検査すれば全員が検査できる能力がある、と言っていた専門家が何人かいた。
>
> 各地方の研究所のレベルの放送が在ったが、とても運用されていたとは思えないし、マニュアル見ながらやればできるレベルだと思えた。
> 素人にも、信用のおけるデータが執れるレベルではないとが解る。
> このデマを発した似非専門家なのか、TVディレクタがゴリ押しの政治介入をしていたのか?
>
> 「全国の機関で一斉に検査を!すぐできる」と言っていた局、専門家は記憶すべきだろう。恥を知れ!
> 情報伝達では無い、社会に悪質なオオカミ少年であることを。
> 今後もこの犯人は政治介入を続けるだろうと思う。

 この検査能力の話ですが、いろいろ混乱しているようです。

 ロッシュはすでに検査キットを開発して使用されているとか、情報がイロイロでているのですが、ワタシも専門家ではないので、本当の所はわかりません。

 アメリカCDCはこれから全米に検査キットを配り、組織的な検査を始めるようですが、しかし実は今まではやっていなかった事がわかりました。

 在中アメリカ人は400万人もいるので、アメリカだって実は随分危険なのに。 因みに在日中国人は70万人ですから、アメリカに比べれば少ないです。

 それでも組織的な検査体制はなかった所を見ると、やはりこれまでは大量の検査は不可能だったのでしょうね。
  1. 2020-02-17 11:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 仄聞ですが、
> 既に効果的な薬の備蓄が出来ているようです。
> 約二百万人分の備蓄が有り、
> 現在 媚中派議員がその一部を中国へと目論んでいるとか
> 「ギニアのエボラ出血熱対策を目的とした
> 日本政府からの緊急無償資金協力の調達物資に採用 ...
> 今後、「アビガン錠」は、
> エボラ出血熱に感染した患者の治療に使用されます。
> 「アビガン錠」は、富士フイルムグループの
> 富山化学工業株式会社が開発した
> 抗インフルエンザウイルス薬です。」
>
> だそうです。
> メデイアの反日、反安倍報道が基本の情報コントロールには
> 気を付けましょう。

 タイでエイズ薬を使って治療したら効果をあげたとかイロイロな方法は提案されているようです。
 でも今のところ確実な治療法はないと考えるしかないでしょう。

 治療法を確立するって、一人や二人が回復したのではだめで、相当数の患者で効果をあげて初めて確立したと言えるのですかrさ。
  1. 2020-02-17 11:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> はじめまして。いつも拝読させていただいています。30年程前検査薬を売っているメーカーの研究室に勤めていました。検査薬は既存の病気のものでも開発に2~3ヶ月はかかります。sarsの時もそのくらいだったと記憶しています。当時随分早くできたなと思いました。恐らく今回もそのくらいかかると思います。そして検体数百をcobasuの様な機器で短時間で検査するのには検査キットなしには出来ません。土曜日に民法のワイドショーに出ていたお医者さんによると今現在の検査はクロマトグラフィーによるウイルス蛋白質を追っかける方法で1検体につき6~7時間かかるそうです(妥当な時間です)その装置も数が限られており、ただ不安というだけの人には回せないのではないのですか?検査薬メーカー、製薬会社は研究員の尻を叩いて開発していますよ。他に先んずれば莫大な利益になりますから

 やっぱりそうでしたか。

 アメリカのCDCが検査キットを全米に配るとかいう話が出ていましたから、アメリカは検査キット開発に成功したのか?それともこれから完成させて配る予定なのか?

 この辺りがよくわからないのですが、しかしやはり今現在のところは、大量検査は不可能と言うのが、現実なのですね。
 

  1. 2020-02-17 11:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: この場に及んでも、革命しか頭にないぶっ飛んでる野党

> 〇日本政府は実は非常に冷静に周到に対応していた。
> 〇現実的に考えると、これ以外に方法はないのです。
> 〇これができたのは、日本国民が非常に冷静で、しかも安倍内閣への信頼が厚かったからでしょう。
> ●けれども野党とマスコミが限りなくバカで、
> ●政府や厚労省の説明の矛盾や問題点、諸外国との対応の違いなどには一切言及しないからでもあります。
> ●野盗は国会でもひたすら「サクラ、サクラ」で、習近平ウィルス対策などには全く言及しないでいて
> ●厚生労働省の役人を吊るし上げるとか、ロクな事しかしない。
>
> この場面で
> 立憲民主党=枝野党首はなんと、選挙で政権交代を目指すと言ってるのです、革命願望が抜けないのです、死ぬまで抜けないでしょうね。
> コロナウィルスの危機は政権打倒の良いチャンスだとしか考えてない。
>
> 全ての国民は貴方の民主党政権の悪夢は3.11と伴に寝ても忘れてませんよ。
> 立憲民主党の政権交代だって?痴呆か? 死ぬまで仲間と学生運動してろ。

 連中は革命ごっこが唯一の芸になっていますからね。

 もう既に飽きられた芸ですが、この芸を止めると、スポンサーに捨てられるし、他の芸もできないから死ぬまでこれをやり続けるしかないのです。
  1. 2020-02-17 11:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

日本政府は実は非常に冷静に周到に対応していた!

エッ? 場当たり的としか見えませんが。

周到と云う言葉の意味は違うと思います。周到と云う言葉は、第一次安倍内閣のガイドラインが実行された場合に使うのに相応しい言葉です。

第一次安倍内閣の平成25年に、政府は当時流行したMERSや鳥インフルエンザなどに鑑み、インフルエンザ等に対応する指針を作成しました。遠謀深慮の指針です。そこには、国外からの侵入経路の遮断、水際対応、国内対応と医療機関の協力整備など、多くの国民が望むであろうことが書かれています。

この指針を基に必要な法整備が実施され、関係機関に資金面を含め周知徹底され、準備体制を整えていたなら、今のようにおたおたしていません。

https://www.city.kitami.lg.jp/docs/2015011600024/files/guideline.pdf

要は、仏だけは造ったが、魂を入れる人がいなかったのです。これを無責任・無能と云わずして何と呼ぶのでしょう。
  1. 2020-02-17 13:26
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: 日本政府は実は非常に冷静に周到に対応していた!

> エッ? 場当たり的としか見えませんが。
>
> 周到と云う言葉の意味は違うと思います。周到と云う言葉は、第一次安倍内閣のガイドラインが実行された場合に使うのに相応しい言葉です。
>
> 第一次安倍内閣の平成25年に、政府は当時流行したMERSや鳥インフルエンザなどに鑑み、インフルエンザ等に対応する指針を作成しました。遠謀深慮の指針です。そこには、国外からの侵入経路の遮断、水際対応、国内対応と医療機関の協力整備など、多くの国民が望むであろうことが書かれています。
>
> この指針を基に必要な法整備が実施され、関係機関に資金面を含め周知徹底され、準備体制を整えていたなら、今のようにおたおたしていません。
>
> https://www.city.kitami.lg.jp/docs/2015011600024/files/guideline.pdf
>
> 要は、仏だけは造ったが、魂を入れる人がいなかったのです。これを無責任・無能と云わずして何と呼ぶのでしょう。

 だったらどうやれば良いのでしょうか?
 
 感染症専門家はこのウィルスの封じ込めは不可能であり、しかも昨年中から感染者が大量に入っていたことは明らかなのです。

 進路の遮断と言うのは、SARSやMARSなど封じ込め可能なウィルスにしか適用できないのです。

 しかし武漢市の惨状などからウィルスへの恐怖高まっている最中に、「封じ込めは不可能」などと政府がいってしまえば、大パニックになってそれが医療崩壊の原因になります。

 だからその場その場で適当な事を言って時間を稼ぎながら、在中日本人の帰国と、国内の受け入れ態勢の整備を続けるしかないのです。

 貴方は他に何かよい方法をご存知ですか?
  1. 2020-02-17 13:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

軽症な人は自主隔離を!

コロナにかかっても肺炎にならないで治る人もいるようなので、5日くらい経って回復に向かうようなら、病院になど行かずに自宅で静養するのが一番いいみたいですね。無理して仕事になど絶対に行かないでもらいたい。こういう時期なので、勤務先にも「コロナという確証はないが、万が一ということがあるので良くなるまでテレワークする」と言って休ませてもらったらどうかと思う。今なら企業も解ってくれるのでは?この際だから風邪でもフルーでも感染症にかかったら自宅勤務できるようなシステムを企業も作ったらいいと思いますね。

ちなみにうちの職場ではアメリカが中国渡航禁止令を出す前に中国に一歩でも足を踏み入れた人は自宅隔離をしています。職場の方針です。





  1. 2020-02-17 16:08
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

回答を求められたので

感染者に対して一番は指針に沿って必要な整備を行っていれば済んだことです。WHOにポンと10億円を出すくらいなら、難しいことではなかったと思います。しかし実際はそうならなかったので、これからの課題とするしかありません。

ではどうするか。

罹患者が誰から感染したか。人は不特定多数と日常的に接しているので、この人と特定することは難しい。また、罹患しても潜伏期間があり、発熱しても咳が酷くなければレントゲンもCTも撮られることはない。結局肺炎の症状が出て初めて新コロナウィルスを疑い、検体の採れる病院を紹介し、検体を採り、それを検体検査機関に送り、その結果を知って初めて新コロナウィルス感染者と認定されるか、感染してなかった、ただの肺炎ですとなるのが現状です。

だから、患者を見つけるには、発熱段階で検体を検査機関に送る体制が採れるか、と云うことになります。また、検体検査機関は、少なくとも二~三時間(患者が待機している時間)で結果を検体を採った病院なりクリニックなりに報告できる体制が必要です。これらも現状では現実的とは言えない。

貴女も書かれているように、罹病者に対しては、今のところ隔離政策しかない。而も罹患者と判明するまでに、ウィルスは伝播している。

私が主張しているのは、罹患者ではなく、一般の人や人が集うところを管理している人に対し、有益な注意情報を出せということです。

新コロナウィルスは把手に付着して6日間生存するという説もある。これ一つを知るだけでも、外出先で心掛けられるし、病院やクリニック、その他人の集まる処を管理する人たちには、有益な情報となる。

このような具体的情報が一番集め易いのが、Diamond Princess号だと書きました。私の回答はもう書いています。
  1. 2020-02-17 18:49
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020-02-17 18:59
  2. #
  3. 編集

Re: 軽症な人は自主隔離を!

> コロナにかかっても肺炎にならないで治る人もいるようなので、5日くらい経って回復に向かうようなら、病院になど行かずに自宅で静養するのが一番いいみたいですね。無理して仕事になど絶対に行かないでもらいたい。こういう時期なので、勤務先にも「コロナという確証はないが、万が一ということがあるので良くなるまでテレワークする」と言って休ませてもらったらどうかと思う。今なら企業も解ってくれるのでは?この際だから風邪でもフルーでも感染症にかかったら自宅勤務できるようなシステムを企業も作ったらいいと思いますね。
>
> ちなみにうちの職場ではアメリカが中国渡航禁止令を出す前に中国に一歩でも足を踏み入れた人は自宅隔離をしています。職場の方針です。

 日本の会社もこれ初めていたようです。

 今の状況では体調が悪くても我慢して働くなんて事をすると、結局周りに大迷惑をかける事になりますからね。

 これを機会に在宅労働が進むでしょうね。
  1. 2020-02-17 19:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 回答を求められたので

> 感染者に対して一番は指針に沿って必要な整備を行っていれば済んだことです。WHOにポンと10億円を出すくらいなら、難しいことではなかったと思います。しかし実際はそうならなかったので、これからの課題とするしかありません。
>
> ではどうするか。
>
> 罹患者が誰から感染したか。人は不特定多数と日常的に接しているので、この人と特定することは難しい。また、罹患しても潜伏期間があり、発熱しても咳が酷くなければレントゲンもCTも撮られることはない。結局肺炎の症状が出て初めて新コロナウィルスを疑い、検体の採れる病院を紹介し、検体を採り、それを検体検査機関に送り、その結果を知って初めて新コロナウィルス感染者と認定されるか、感染してなかった、ただの肺炎ですとなるのが現状です。
>
> だから、患者を見つけるには、発熱段階で検体を検査機関に送る体制が採れるか、と云うことになります。また、検体検査機関は、少なくとも二~三時間(患者が待機している時間)で結果を検体を採った病院なりクリニックなりに報告できる体制が必要です。これらも現状では現実的とは言えない。
>
> 貴女も書かれているように、罹病者に対しては、今のところ隔離政策しかない。而も罹患者と判明するまでに、ウィルスは伝播している。
>
> 私が主張しているのは、罹患者ではなく、一般の人や人が集うところを管理している人に対し、有益な注意情報を出せということです。
>
> 新コロナウィルスは把手に付着して6日間生存するという説もある。これ一つを知るだけでも、外出先で心掛けられるし、病院やクリニック、その他人の集まる処を管理する人たちには、有益な情報となる。
>
> このような具体的情報が一番集め易いのが、Diamond Princess号だと書きました。私の回答はもう書いています。

 ダイアモンドプリンセス号って凄い実験だったと思います。
 
 オマケにあの船は実は三菱重工が作ったので、配水や空調については詳細な資料があります。

 だからあれについては、既に研究が始まっているでしょう。

 それはそれとしてここから、感染拡大防止につながる結果を得るまでは、政府としてはパニックを防止しながら、受け入れ病院の充実などの対策を進めるしかないのです。
  1. 2020-02-17 19:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

検査薬も治療薬もない現在、役所や政府の出来ることは
 ①製薬会社・検査薬メーカーの尻を叩くこと
 ②検査に回す優先順位を決めること
 ③パンデミックはあきらめてもアウトブレイクを食い止めること
 ④国民にパニックに陥らせないこと
ぐらいではないでしょうか。頭をなでなでするほどよくやってるとは思いませんが、罵詈雑言を浴びせるほど下手を打ってないというのが私の印象です
  1. 2020-02-18 10:11
  2. URL
  3. とんとん #-
  4. 編集

錯誤のパヨク記者

>【飯塚真紀子】コロナウイルス「日本政府のヤバい危機管理」を世界はこう報じている ダイヤモンド・プリンセス号は大丈夫か
2020年2月18日 6時0分 現代ビジネス

典型的なパヨク記者が”世界が~、日本の事を~、言ってる~
とパヨク定型文をご披露する、この人日本人じゃないと思う。
少なくとも脳内はあそこの教育を受けていると思う。

世界が報道してるカンボジアで下船した大型クルーズ船では、下船に先立って全員で酒池肉林大パーティを船長が主催したとの事。
世界はこんなレベルなのに、世界は日本の事を言ってる~、と口から出てくる記者は在○のあの国の知的レベルを惜しげもなく美しい馬脚を出してる。

投稿した後に飯塚真紀子をネットで検索したら、在米の反日記者と言う指摘が沢山あり、日本差別韓国擁護の米国人の意見を集めて書いてるようですね。跡継ぎなのかな。
  1. 2020-02-18 10:54
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 検査薬も治療薬もない現在、役所や政府の出来ることは
>  ①製薬会社・検査薬メーカーの尻を叩くこと
>  ②検査に回す優先順位を決めること
>  ③パンデミックはあきらめてもアウトブレイクを食い止めること
>  ④国民にパニックに陥らせないこと
> ぐらいではないでしょうか。頭をなでなでするほどよくやってるとは思いませんが、罵詈雑言を浴びせるほど下手を打ってないというのが私の印象です

 そうですね、この病気はインフルエンザなどと同じで隔離での封じ込めが不可能なのです。
 しかし適切な医療を受けたら、死亡率は非常に低いのです。
 だから医療体制の崩壊を招かなければ、それほど恐れる事はないのです。
 
 だから政府も医療崩壊の防止の為にも、パニック阻止に向かって行動していたわけです。
  1. 2020-02-18 11:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 錯誤のパヨク記者

> >【飯塚真紀子】コロナウイルス「日本政府のヤバい危機管理」を世界はこう報じている ダイヤモンド・プリンセス号は大丈夫か
> 2020年2月18日 6時0分 現代ビジネス
>
> 典型的なパヨク記者が”世界が~、日本の事を~、言ってる~
> とパヨク定型文をご披露する、この人日本人じゃないと思う。
> 少なくとも脳内はあそこの教育を受けていると思う。
>
> 世界が報道してるカンボジアで下船した大型クルーズ船では、下船に先立って全員で酒池肉林大パーティを船長が主催したとの事。
> 世界はこんなレベルなのに、世界は日本の事を言ってる~、と口から出てくる記者は在○のあの国の知的レベルを惜しげもなく美しい馬脚を出してる。
>
> 投稿した後に飯塚真紀子をネットで検索したら、在米の反日記者と言う指摘が沢山あり、日本差別韓国擁護の米国人の意見を集めて書いてるようですね。跡継ぎなのかな。

 ハハハ、この人、こういう記事書く専門家ですからね。
  1. 2020-02-18 11:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よもぎねこさんか言っていることを政府か公式に発表してくれたらいいのに。
  1. 2020-02-20 14:23
  2. URL
  3. 竹槍 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもぎねこさんか言っていることを政府か公式に発表してくれたらいいのに。

 恐縮です。
 
 政府は指定病院を公表していません。
 検査で陽性になった人が、保健所から指示で行く事になっているようです。

 きっと外来で他の来院者と一緒にならせないためだと思います。

 そして今は一定期間発熱のある人以外は、検査も受けられません。

 これも治療の必要のない人までが保健所に押し寄せるのを阻止するためでしょう。

 でも政府があからさまにこれを言えば、バカ左翼がどれほど騒ぐ事か!
  1. 2020-02-20 14:39
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

総理のコアな支持層から政府の対応に批判がてています。無党派層はなおさらでしょう。国民の深読みや忖度を期待することはできません。どうせ左翼は何を言っても批判するのだから、思い切って話してほしいと思います。保守派は、話せばわかってくれるでしょう。
  1. 2020-02-20 18:08
  2. URL
  3. 竹槍 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 総理のコアな支持層から政府の対応に批判がてています。無党派層はなおさらでしょう。国民の深読みや忖度を期待することはできません。どうせ左翼は何を言っても批判するのだから、思い切って話してほしいと思います。保守派は、話せばわかってくれるでしょう。

 感染症専門家の方針は、このウィルスは隔離等では拡散は防止不能、昨年末から既に世界中に拡散しているので、渡航禁止等の対応は無意味、だから国内の受け入れ病棟拡充で院内感染と医療パニックを防止する事と、在中邦人の帰国に注力するという事でしょう?

 で医療パニックと言う点からいえば、今サクラで騒いでいた連中が、漸くコロナで騒ぎ始めたのです。
 ここで安易に事実を言うと、パニックになりかねませんから、当面は慎重に対応するしかないでしょう。
  1. 2020-02-21 10:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する