fc2ブログ

2020-02-15 20:33

安倍政権はなぜ中国からの渡航拒否をしないか? 習近平ウィルス

 中国から渡航を拒否しろ!!

 という声が大きくなってきました。
 実はワタシも数日前まで、叫んでいました。

 それにしてもなぜ政府は中国からの渡航を拒否しないのでしょうか?

 それは前のエントリーで書いた通り、今更中国からの渡航を拒否しても防疫上の意味は殆どないからでです。

 しかしもう一つ重要な事があります。
 それは中国からの渡航を拒否すると、在中日本人が帰国できなくなるからです。

 なぜなら習近平ウィルスの感染拡大防止を理由に、中国からの外国人の渡航拒否をすると、日本人が帰国した場合は、2週間の隔離措置などを取らなくてはなりません。

 実際、中国から外国人の渡航拒否したアメリカ等の国は、全てこの措置を取っています。
 そしてアメリカは全米の基地内に、巨大な隔離施設の建設を始めています。

 けれどもこれってどこまで可能なのでしょうか?

 在中アメリカ人は7万人と言われます。
 
 7万人の隔離も大変だけれど、在中日本人はそれよりはるかに多い12万人です。
 
 この人たちを一体どこに隔離したらよいのでしょうか?

 実はアメリカは2月1日に、中国からの外国人の渡航を拒否すると同時に、在中アメリカ人に帰国勧告を出しました。
 そしてそれと同時に、北京のアメリカ大使館だけでなく、全中国にあるアメリカ領事館の職員を緊急要員だけを残して引き上げてしまいました。

 一方、中国からの渡航が拒否されたことで、アメリカと中国の航空路線が殆ど運航停止になりました。
 今は中国の航空会社が運航する2路線だけが、アメリカと中国を繋いでいるのです。 そしてその便に乗ろうにも、中国国内の主要都市の多くが封鎖されていて、公共交通機関もほぼ全部止まり、高速道路は封鎖されています。

 こうなると今中国に取り残されているアメリカ人は、空港へ行くこともできません。 
 だから帰国も容易ではなくなりました。
 本来ならこういう時に中国政府と掛け合って、アメリカ人を助けるのが大使館員や領事館員の役目なのに、その大使館員や領事館員は早々ととんずらしてしまったのです。

 これじゃアメリカは在中アメリカ人を見捨てたとしか思えません。

 アメリカ政府はしかしこれを対中戦略の一つとして利用しました

 日本政府がこれをやってよいのですか? 
 日本人としてこうした対応を支持できますか?

 在中日本人がこういう目にあわない為には、在中日本人の帰国が終わるまでは、中国からの渡航を拒否する事はできないのです。

 そして在中日本人は、現在続々と帰国中でしょう。
 既に北京の日本人学校は生徒がいなくなっているという事ですから、子供連れで中国に滞在している人達は、最低でも子供と母親は帰国させたのでしょう。

 また中国進出中の日本企業でも中国撤退や、店舗閉鎖を決めた所は、駐在員を帰国させているでしょう。

 習近平ウィルスの蔓延が中国で公になった1月下旬からは、こうした帰国ラッシュが続いているのではないしょうか?

 しかし何しろ12万人ですから、毎日5千人ずつ帰国しても、24日かかるのです。
 
 しかもこういう膨大な人数ですから、政府がチャーター機を飛ばしてどうとかは不可能です。 民間航空機に運航を続けてもらうしかないのです。
 そしてこういう膨大な帰国者の隔離なんか不可能なのです。
 
 さらに言えば、日本との航空路線を頼りにしているのは、日本人だけではありません。 
 アメリカが中国からの外国人の渡航拒否を決めて以来、120か国余の国がそれに続きました。 そしてそれと共にそれらの国々を繋ぐ航空路線もほぼ全部閉鎖されているのでしょう。

 そういえばフランスが中国からの外国人の渡航拒否と同時に在中フランス人に帰国勧告を出した時、フランス人の女性が「帰国勧告をされても、飛行機に乗れない」と言っているのをニュースで見ました。

 こうした在中外国人に残された道は、日本経由での帰国しかありません。
 
 そしてこれは逆にいえば、日本が中国からの外国人の渡航拒否をしてしまうと、在中日本人も帰国不能になるという事です。

 だって何とか中国から出る事ができる航空路線を見つけても、その路線が行き着く国にとっては日本人は外国人です。
 だから入国を拒否されてしまいます。

 これではもう在中日本人は帰国できません。

 勿論、全ての日本人が帰国したいわけではないでしょう。 
 中国での生活に馴染み、中国人と結婚して、仕事も資産も全て中国にあり、中国に骨を埋める覚悟の人もいるでしょうから。

 それでも12万人の在中日本人のうち、中国永住を希望している人は2.7%ですから、この殆どが帰国できるように考えるしかないのです。

 そうなると中国からの外国人の渡航拒否は、まだしばらくできないのです。

 それでも外務省は2月14日には、1月31日に出した帰国勧告のレベルを一段上げて、中国全土の在中邦人に「できる限り早期の帰国」を呼びかけました。
 日本政府としては、こうやって少しずつ帰国勧告のレベルをあげながら、残っている日本人を少しずつ脱出させようとしているのではないでしょうか?

 そして帰国勧告のレベルが上がるという事は、実は帰国させる準備が整いつつある事の証左だと思うのです。

 というのは、中国政府はアメリカの渡航拒否以降、中国が世界中から渡航拒否を食らって、実質的な中国ボイコットになっている事に対して強烈な不満を持っています。

 実際、これが数か月も続けば、中国経済に甚大な被害が出て、社会全体が不安定化しかねません。

 だからこそ日本政府も邦人の脱出を急ぐのですが、しかしここでドタバタと逃げ出しては、日本人全部が人質にされかねません。
 それでなくても現在中国の諸都市は、封鎖されており外国人と雖も移動の自由がない状態です。 
 だから邦人が空港に行くのだって容易ではないでしょう。

 それで習近平の国賓訪問や、防護服やマスクを餌にして邦人の移動の許可を得て、脱出させているところではないでしょうか?

 この調子で一体いつになったら邦人の脱出が終わるのかはわかりません。 
 しかしそれまでは渡航拒否はできないのです。

 そして中国に自国民を置いている国々からも、泣きつかれているのだと思いますよ。

 どうか中国からの外国人の渡航拒否はしないでいてくれろ。 
 オラが国さの国民が、ン万人まだ中国から出られないで、泣いるだよ。 
 日本経由で帰る以外方法がないだよ。  
 オマイだけが頼りなんだから、しばらくこらえてくれろ。

 だったら、オマイも渡航拒否なんかしなきゃよかろう?

 と、思いますよね?

 大体、今更中国からの渡航を止めても、どの国にも昨年末から今年の1月中には、大量の感染者が入っているのです。
 そして習近平ウィルスの性格を考えると、そもそも感染封じ込めとか水際作戦なんかそもそも不可能だったのですから。

 そしてそれはどの国でも感染症の専門家には皆わかっていたことでしょう。

 だったら何で渡航拒否なんかするのでしょうか?

 それは多くの国々が、この習近平ウィルスへの恐怖から、パニックや社会不安が起き始めているからでしょう。

 だってあれだけ盛大に反差別ポリコレで騒いだ欧米先進国でも、習近平ウィルスを機会に、アジアへの差別を剥き出しにするようになったのを見れば明らかでしょう?

 例えばイタリアの名門音楽院の院長は「アジア人の生徒は当分レッスンに来るな!!」と言いました。

 マジに呆れましたよ。
 ワタシはラーメン屋さんや駄菓子屋さんが「中国人お断り」の貼り紙をしたことは、全然悪いとは思っていません。 むしろ従業員と客を守る立派な店主だと思いました。

 しかし音楽院の生徒とラーメン屋の客は違うでしょう?

 オマイは、自分の生徒の素性もわからないのか?
 オマイのアジア認識は「蝶々夫人」の時代で止まってるのか?
 そもそもこれは伝染病だから、イタリア人でも最近中国に渡航していたらヤバイし、中国人でも最近中国に帰国していなければ無問題だよ。
 それがわからないのか?

 そんなん知らん!!
 習近平ウィルス、怖い!!
 アジア人怖い!!

 名門音楽院の院長であれば、一応は知識人のはずなだけれど、凄いお粗末ですよね?

 しかしそういう「知識人」でこのレベルです。
 だったら中国からの渡航を止めなければ、国中がパニックに陥り、どんな騒ぎなるかわかりません。

 そもそもアメリカ始め、中国からの外国人の渡航拒否を決め込んだ国で、取り残された自国民を心配する声がでないのも異様でしょう?

 アメリカ武漢領事館なんか、大半のアメリカ人を残して真っ先のトンずらしたとしか思えないようなことをしたに、アメリカで全然非難の声が出ないのです。
 
 これってつまりアメリカ人全体が、習近平ウィルスが怖くて、武漢に取り残されたアメリカ人の事なんか構ってられないって事じゃないですか?

 それに比べると日本人の冷静さは感動物です。
 そりゃ中国人が来るのはイヤだけれど、それでパニックなるような状況からは程遠いのです。
 
 さらに言えば途上国は勿論、先進国でも日本程公衆衛生状況や医療アクセスのよい国はないのです。

 だからどの国も下手をしたら武漢みたいになるという不安があるのでしょう。

 そこでやっぱり日本に泣きつくのです。

 オマイだけが頼りだよ。
 どうか後しばらく堪えてくれろ。
 オラの国民が中国が出るのを助けてくれろ。
 オマイなら渡航拒否をしないで、中国人がいくら入っても、国民は暴動を起こさないし、医療崩壊もしないだろう?
 オラんとこはそういうわけにいかないだよ。

 これで連中が恩に着るかどうかは怪しいのですが、しかし何よりも在中日本人の為ですから、しばらく堪えるしかないのです。

 因みにどうしても中国人が来るのはイヤだという人は神仏にすがりましょう。 
 お店や家の玄関に神様のお札を貼り、仏様の像を飾れば、中国人は寄り付きません。
 これが神のお札で

 BcaBQOECQAENekw.png

 それからこれが仏のお写真です。

20180210184400.jpg

 このお札やお写真を玄関や店先に飾り、「西蔵独立加油!!」「香港独立加油!!」などの呪文を書いておけば、御霊現は鮮かで、中国人は絶対に入らないでしょう。
  1. 習近平ウィルス
  2. TB(0)
  3. CM(35)

コメント

何を自己満足しているのか

日本国民を守るためにはChinaからの日本人以外の入国を
止めるしかあるまい。手をこまねいていれば、我々の
周りは脱出Cineseで一杯になってくる。その中で
新型肺炎の広がりが増せば、理性的なはずの日本人が集団
で何をするか分からない。それは日本国の世界に於ける
立場をなくすだろうし、Chinaに日本を攻撃する口実を
与える。また、この様な非常事態では国が旅客機を借り
上げて、政府の指導の下で邦人引き上げを行えばよい。

ブログ主の態度は、まだ朝日の洗脳から解けずに
9条と共に敢えて滅びの道を行くのだと思い込んでいた
頃の自分を思い出す。
  1. 2020-02-15 22:10
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

Re: 何を自己満足しているのか

> 日本国民を守るためにはChinaからの日本人以外の入国を
> 止めるしかあるまい。手をこまねいていれば、我々の
> 周りは脱出Cineseで一杯になってくる。その中で
> 新型肺炎の広がりが増せば、理性的なはずの日本人が集団
> で何をするか分からない。それは日本国の世界に於ける
> 立場をなくすだろうし、Chinaに日本を攻撃する口実を
> 与える。また、この様な非常事態では国が旅客機を借り
> 上げて、政府の指導の下で邦人引き上げを行えばよい。

 それで今、どのぐらいの中国人が日本に来ているんですか?
 一杯どころか激減しているんですけど。

 それから政府が飛行機を借りても、中国の空港に着陸するのにも、中国が都市封鎖で全ての人の移動を制限している中、日本人が空港に移動するのにも、中国側の許可がいるんですけど。
 
 中国人の渡航を拒否して、中国側がその許可を出すと思いますか?
>
> ブログ主の態度は、まだ朝日の洗脳から解けずに
> 9条と共に敢えて滅びの道を行くのだと思い込んでいた
> 頃の自分を思い出す。

 習近平ウィルスは感染力は強いけれど、致死率は低く、高齢者や病人以外を殺す事はできません。
 だから習近平ウィルスで日本が滅びる事はないでしょう。
  1. 2020-02-15 22:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

思わず笑ってしまいました

これ以上感染者が膨大になったら、世界から日本が締め出されると、危機感がありました。

でも確かに。在中アメリカ人他はどうやって帰国するのか、全然気にもしていませんでした。
かの国は何かあれば武力で国民を奪還しそうなものですが、7万人ともなると…

日本ほど衛生的(潔癖とも言われますが)な国、国民はいませんから、経由地にされる理由も最もです。

神様英霊様仏様…
すごく効力がありそうです。蔡英文総統のお写真も良さそうですね。
  1. 2020-02-15 23:23
  2. URL
  3. ホワイティうめこ #-
  4. 編集

おち最高!

お久しぶりです。
ノーコメでしたがいつも愛読してました。
同居人さま及びコメント主様各々方のご見識に舌を巻いてます。

お札いいですね。
いかにも御利益ありそう(笑)
爆笑しました。

これからも楽しみにしております。
  1. 2020-02-15 23:36
  2. URL
  3. あおねこ #-
  4. 編集

ピント外れですが

日本の意思決定
遅いと非難されますね。米国の様に大統領制ではありませんから閣議決定を得るとのプロセスを通すので遅くなります。企業も意思決定が遅い集中と選択だ!と某経済紙が騒ぎましたが理想とされた中韓企業は…
日本企業は朝令暮改を嫌う傾向があります。皆それで動き始めますからね
それも判断が慎重に遅くなる要因かも知れません

昔々、米国自動車メーカーの講演で中国進出の理由を聞きました。
平均購買力は低いが貧富の差が激しく富裕層をターゲットにしても充分なマーケットがあるから。との回答でした。正規分布ではなくフタコブラクダみたいなんでしょうね。
香港はあの騒動がありましたし上海やマカオ深センなども自治拡大と人民解放軍との争いが始まるかも知れません。経済は停滞し外資は逃げ出すでしょうけど。
今年は激動の年になるでしょうね
  1. 2020-02-15 23:55
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

アメリカはすでに汚染地域?

名古屋で発症した夫婦は、ハワイでうつされて来たようです。つまりハワイは1月から流行っていた。
アメリカは今まで武漢肺炎の検査をきちんとやっていなかったようで、今年インフルエンザがひどく、たくさん死んでいる人の中には、武漢肺炎の人が混じっているのではないかと言われています。
なんでもアメリカすごい日本はだめだと思うのは、洗脳されているのです。
  1. 2020-02-16 06:38
  2. URL
  3. 八目山人 #4lXsiBFM
  4. 編集

コロナウィルスより危険なものが

親戚筋の男で、10年以上中国のメーカーに単身赴任している男がいます。
彼は日本のメーカで働き、その技術をもって中国の工場(所属は不明)で重要な電子部品の製造に関わっています。
旧正月で帰ってきましたが、あの騒ぎの中、家族親戚が帰らなくても良いのに、と言う説得に耳を貸さずに中国に帰って行きました。

中国には結構なマンションと食事とゴロフが待っていますが、今は外出禁止で日系スーパーに数日に一回、買出しに行ってるそうです。

私は常常、彼は中国政府に弱みを握られているんだ、だから帰れないんだよ!と言ってきましたが。
私は口に出さないが直感的に「女を宛がわれているな」と確信しています。
別の親族は、夫婦で北京に赴任していましたが、お手伝いさんが才気が在って美人で旦那はメロメロになってましたから。で、赴任期間も短くなったようです。
中国で危険なのはコロナウィルスばかりではないのです。
  1. 2020-02-16 09:25
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

インフルエンサーデで片付けて良いのか

政府やTVで発言する医者の発言を取り上げて文句を云う人達をインフルエンサーと云うのだそうです。私も該当するかもしれません。
 
新コロナウィルス、今日も感染者が出た、と国や地方自治体が会見を開き、それを報道して何が解決するのか、何が解決したのか。感染経路を調査中とか言うが、罹病者本人に聞く以外何をしているのか。

厚生労働省の職員は徹夜続きだとのことだが、どこの部署の何人がそうなのか、何故徹夜しなければならないのかは報道されない。公労省大臣の答弁書作成やその資料集め、WHOの情報に基づく厚労省のホーム頁の更新作業ではないことを願いたい。

Diamond Princess号は今年の2月3日の夜から横浜港に停泊している。もう10日以上とどまっている計算になる。以降毎日のように新しい罹患者数が発表されている。しかし、不思議なことにこの人方への発表で、船内感染以外で、感染経路云々の話は聞いたことがない。私が政治家も役人もTVで語る専門家もメディアの人も無能だと非難する理由が此処にある。

武漢と云う人口1200~1400万人の大都市と異なり、クルーズ船は巨大な船とはいえ、単独の独立空間である。其処にいる乗員乗客の数も年齢も氏名もはっきりしている。而も船外への出入りは禁止されており、活動範囲は限定されている。新コロナウィルスの感染原因や感染経路を調査するのにこれほど最適な対象はない。

大臣も関係省庁の役人も、無能でなければ当初から専門家調査団を送り込み調査しているはずである。国内での感染者が出ている現在、拙速と云われようと中間報告として調査結果を発表し、特にこのことに気を付けろ、と注意喚起はできる。何故それをしないのか。調査についての情報もない。調査して無いのではないか、と疑義を抱かざるを得ない。

現在新コロナウィルスの検体を検査している医療機関は、国立感染症研究所とそこの地方衛生研究所だけのようだ。民間の研究所や大学の研究所でもできるところはあるだろうが、現在は行っていない。地方衛生研究所が自分の住む都道府県のどこにあるかを知りたい方は下記参照。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2152-phi/2343-chieiken.html

漠然とした一般注意ではなく、具体的な注意項目が示されれば、一般の病院でも家庭でも重点対応が可能となる。政府も頑張ってるとか、気分で流れてよい話ではない。
  1. 2020-02-16 10:07
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

「9条と共に去りぬ」???

こんにちは。


>ブログ主の態度は、まだ朝日の洗脳から解けずに
>9条と共に敢えて滅びの道を行くのだと思い込んでいた
>頃の自分を思い出す。


(^O^)・・・「9条と共に去りぬ」というところかな?

それはさておき、やはり「ちびさん」という方は、本当に面白い。

だって、こちらのブログは「一個人の私見」を記しているものに過ぎない。ただ、時々脱線してしまうこともあるけれど、理路整然とブログを記す記事が多いので閲覧者数も非常に多いブログ。だから世の中への影響力も、一応?大きいのだろうと思う。それが「ちびさん」の様な方は、悔しくて、悔しくて、仕方がないのであろうが・・・

で、いま現在、感染症対策で何ができるのか?ということと、この災禍を教訓として、これから何が行えるのか?という事を分けなきゃならないのだろうけど、私も含まるのだろうけど、それを一色単にし、かつ「内閣総理大臣」を「全知全能」の存在として捉えているから、アベガ〜、という事になるのだろうと思うよ。

事実、この危機に際して「憲法9条」を削除し、新たな憲法を作れるわけがないじゃん。

今ある法律で、どう対処するのが最善かというのが、総理大臣をはじめとした行政府の仕事なんだから・・・しかも外交的なことも絡んでくるし、このブログエントリで指摘されている様に、在中邦人はどうするの?ということもある。

ちびさんは、政治をやりたいんだろ?だったら、そこら辺を勉強しなきゃ何も始まらないだろうし、こちらのブログに自己満足のコメントばかりしている様じゃ、ダメなんだぜ。
  1. 2020-02-16 10:32
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

Re: 思わず笑ってしまいました

> これ以上感染者が膨大になったら、世界から日本が締め出されると、危機感がありました。
>
> でも確かに。在中アメリカ人他はどうやって帰国するのか、全然気にもしていませんでした。
> かの国は何かあれば武力で国民を奪還しそうなものですが、7万人ともなると…

 これだけ人数が多く、しかも中国全土に散らばっている人を、武力奪還なんて不可能ですよね。

 因みに今アメリカではインフルエンザが猛威を振るい、既に数千人が死んでいるそうですが、今これに習近平ウィルスによる死者が混ざっている可能性がでてきました。

 だって在米中国人って日本の6倍ぐらいいるのです。
 だからアメリカが渡航禁止を決めた2月1日までに、日本よりはるかに多い感染者が、入っている可能性が高いのです。 だったらもう相当蔓延していも不思議はありません。
>
> 日本ほど衛生的(潔癖とも言われますが)な国、国民はいませんから、経由地にされる理由も最もです。
>
> 神様英霊様仏様…
> すごく効力がありそうです。蔡英文総統のお写真も良さそうですね。

 ハハハ、女神様が好きな人は、蔡英文総統と民主の女神像を並べて飾るというのもいいですね。
  1. 2020-02-16 11:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: おち最高!

> お久しぶりです。
> ノーコメでしたがいつも愛読してました。
> 同居人さま及びコメント主様各々方のご見識に舌を巻いてます。

 ありがとうございます。
 楽しんでいただけると嬉しいです。
 コメントからはいつもイロイロ勉強させていただいています。
>
> お札いいですね。
> いかにも御利益ありそう(笑)
> 爆笑しました。
>
> これからも楽しみにしております。

 ありがとうございます。 これからもよろしくお願いします。
  1. 2020-02-16 11:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ピント外れですが

> 日本の意思決定
> 遅いと非難されますね。米国の様に大統領制ではありませんから閣議決定を得るとのプロセスを通すので遅くなります。企業も意思決定が遅い集中と選択だ!と某経済紙が騒ぎましたが理想とされた中韓企業は…
> 日本企業は朝令暮改を嫌う傾向があります。皆それで動き始めますからね
> それも判断が慎重に遅くなる要因かも知れません

 民主制と言うのは、皆でワイワイガヤガヤ相談をして、皆の意見がまとまらないと物事が決められないので、意思決定は凄く遅いんですよね。
 でも全員が納得して決めた事なので、決めた事はきちんとやるのです。
>
> 昔々、米国自動車メーカーの講演で中国進出の理由を聞きました。
> 平均購買力は低いが貧富の差が激しく富裕層をターゲットにしても充分なマーケットがあるから。との回答でした。正規分布ではなくフタコブラクダみたいなんでしょうね。
> 香港はあの騒動がありましたし上海やマカオ深センなども自治拡大と人民解放軍との争いが始まるかも知れません。経済は停滞し外資は逃げ出すでしょうけど。
> 今年は激動の年になるでしょうね

 中国共産党は今回の習近平ウィルスを口実に、私有財産の接収など、統制強化を始めています。
 経済悪化も明らかになっていた所だから、むしろこれを奇禍として利用する気満々でしょう。

 だからこれからいろいろ厄介な事が起きるのでは?
  1. 2020-02-16 11:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: アメリカはすでに汚染地域?

> 名古屋で発症した夫婦は、ハワイでうつされて来たようです。つまりハワイは1月から流行っていた。
> アメリカは今まで武漢肺炎の検査をきちんとやっていなかったようで、今年インフルエンザがひどく、たくさん死んでいる人の中には、武漢肺炎の人が混じっているのではないかと言われています。
> なんでもアメリカすごい日本はだめだと思うのは、洗脳されているのです。

 アメリカはこの冬、インフルエンザが大流行していて、死者も数千人でているのですが、しかしこれに習近平ウィルスが混ざっていた可能性が出ているようです。
 
 在米中国人は400万人、在日中国人は70万人です。

 だから2月1日にアメリカ政府が中国からの渡航拒否を決定するまでに、アメリカに入り込んだ感染者は日本よりはるかに多いでしょう。
 しかも公衆衛生状況が日本よりずっと悪いのです。

 これだと既に大流行していて不思議はありません。
  1. 2020-02-16 11:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: コロナウィルスより危険なものが

> 親戚筋の男で、10年以上中国のメーカーに単身赴任している男がいます。
> 彼は日本のメーカで働き、その技術をもって中国の工場(所属は不明)で重要な電子部品の製造に関わっています。
> 旧正月で帰ってきましたが、あの騒ぎの中、家族親戚が帰らなくても良いのに、と言う説得に耳を貸さずに中国に帰って行きました。
>
> 中国には結構なマンションと食事とゴロフが待っていますが、今は外出禁止で日系スーパーに数日に一回、買出しに行ってるそうです。
>
> 私は常常、彼は中国政府に弱みを握られているんだ、だから帰れないんだよ!と言ってきましたが。
> 私は口に出さないが直感的に「女を宛がわれているな」と確信しています。
> 別の親族は、夫婦で北京に赴任していましたが、お手伝いさんが才気が在って美人で旦那はメロメロになってましたから。で、赴任期間も短くなったようです。
> 中国で危険なのはコロナウィルスばかりではないのです。

 中国ってホントに厄病神ですね。
 
 習近平ウィルスだけでなく、今危険な鳥インフルエンザが2種発生しているし、アフリカ豚コレラは相変わらず猛威を振るっています。

 しかしそんなことお構いなしに、自分達の利権拡大や政治権力増強だけに狂奔しているのです。

 そして賄賂とハニトラでWHOなど本来政治とは関係ないはずの国際機関まで私物化しているのです。

 本当にこの習近平ウィルス蔓延で、中国の厄病神振りが昭になりました。
  1. 2020-02-16 12:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: インフルエンサーデで片付けて良いのか

> 政府やTVで発言する医者の発言を取り上げて文句を云う人達をインフルエンサーと云うのだそうです。私も該当するかもしれません。
>  
> 新コロナウィルス、今日も感染者が出た、と国や地方自治体が会見を開き、それを報道して何が解決するのか、何が解決したのか。感染経路を調査中とか言うが、罹病者本人に聞く以外何をしているのか。
>
> 厚生労働省の職員は徹夜続きだとのことだが、どこの部署の何人がそうなのか、何故徹夜しなければならないのかは報道されない。公労省大臣の答弁書作成やその資料集め、WHOの情報に基づく厚労省のホーム頁の更新作業ではないことを願いたい。
>
> Diamond Princess号は今年の2月3日の夜から横浜港に停泊している。もう10日以上とどまっている計算になる。以降毎日のように新しい罹患者数が発表されている。しかし、不思議なことにこの人方への発表で、船内感染以外で、感染経路云々の話は聞いたことがない。私が政治家も役人もTVで語る専門家もメディアの人も無能だと非難する理由が此処にある。
>
> 武漢と云う人口1200~1400万人の大都市と異なり、クルーズ船は巨大な船とはいえ、単独の独立空間である。其処にいる乗員乗客の数も年齢も氏名もはっきりしている。而も船外への出入りは禁止されており、活動範囲は限定されている。新コロナウィルスの感染原因や感染経路を調査するのにこれほど最適な対象はない。
>
> 大臣も関係省庁の役人も、無能でなければ当初から専門家調査団を送り込み調査しているはずである。国内での感染者が出ている現在、拙速と云われようと中間報告として調査結果を発表し、特にこのことに気を付けろ、と注意喚起はできる。何故それをしないのか。調査についての情報もない。調査して無いのではないか、と疑義を抱かざるを得ない。
>
> 現在新コロナウィルスの検体を検査している医療機関は、国立感染症研究所とそこの地方衛生研究所だけのようだ。民間の研究所や大学の研究所でもできるところはあるだろうが、現在は行っていない。地方衛生研究所が自分の住む都道府県のどこにあるかを知りたい方は下記参照。
>
> https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2152-phi/2343-chieiken.html
>
> 漠然とした一般注意ではなく、具体的な注意項目が示されれば、一般の病院でも家庭でも重点対応が可能となる。政府も頑張ってるとか、気分で流れてよい話ではない。

 そもそも未知のウィルスですから、まだわからないことは非常に多いです。

 例えば一旦な完治しても、後遺症などが残らないのか?などはわかっていません。
 
 またこのウィルスは一旦完治しても、また感染する場合があり、抗体がちゃんと機能していない可能性があります。
 これだとワクチンが作れないかもしれません。

 妊娠中の女性が感染した場合、胎児にどんな影響があるかもわかりません。 
 
 子供が感染した場合、将来どんな影響が出るかもわかりません。

 現在致死率は低い事、若く健康な人なら殆どが風邪程度の症状で収まり、そのまま治る事はわかっていますが、しかし以上のように長期的にはどんな影響があるかは、全くわかっていないのです。

 その意味では非常に怖いです。

 しかし現在既にこのウィルスはインフルエンザのような感覚で流行しつつあるのです。
 ブログ本文に書いたように、昨年から既に相当数の感染者が日本に入っていたと考えるしかありません。

 そしてまた多くの人が風邪程度で治る為に、感染者を見つける事は非常に難しく、しかも殆ど仕事に差し支えのない程度の症状の人からも感染します。

 だから感染者を見つけて隔離するのは殆ど不可能です。

 しかもこの感染者が昨年から相当数日本に入っているのです。 香港大学の予想では6.4日で感染者が倍増するそうですから、昨年末までに50人の感染者が入っていれば、現在は50×2の7乗で6000人余に増えています。
 更に1月以降も数百人来ています。

 そしてこの5000人が誰かはわかりません。
 
 だから水際作戦とか、隔離による感染防止は完全に不可能なのです。

 そうなると幾ら恐ろしくても、腹を据えてかかるしか対応法がありません。

 
 

 
  1. 2020-02-16 12:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 「9条と共に去りぬ」???

> こんにちは。
>
>
> >ブログ主の態度は、まだ朝日の洗脳から解けずに
> >9条と共に敢えて滅びの道を行くのだと思い込んでいた
> >頃の自分を思い出す。
>
>
> (^O^)・・・「9条と共に去りぬ」というところかな?
>
> それはさておき、やはり「ちびさん」という方は、本当に面白い。
>
> だって、こちらのブログは「一個人の私見」を記しているものに過ぎない。ただ、時々脱線してしまうこともあるけれど、理路整然とブログを記す記事が多いので閲覧者数も非常に多いブログ。だから世の中への影響力も、一応?大きいのだろうと思う。それが「ちびさん」の様な方は、悔しくて、悔しくて、仕方がないのであろうが・・・
>
> で、いま現在、感染症対策で何ができるのか?ということと、この災禍を教訓として、これから何が行えるのか?という事を分けなきゃならないのだろうけど、私も含まるのだろうけど、それを一色単にし、かつ「内閣総理大臣」を「全知全能」の存在として捉えているから、アベガ〜、という事になるのだろうと思うよ。
>
> 事実、この危機に際して「憲法9条」を削除し、新たな憲法を作れるわけがないじゃん。
>
> 今ある法律で、どう対処するのが最善かというのが、総理大臣をはじめとした行政府の仕事なんだから・・・しかも外交的なことも絡んでくるし、このブログエントリで指摘されている様に、在中邦人はどうするの?ということもある。
>
> ちびさんは、政治をやりたいんだろ?だったら、そこら辺を勉強しなきゃ何も始まらないだろうし、こちらのブログに自己満足のコメントばかりしている様じゃ、ダメなんだぜ。

 ありがとうございます。

 脱線については申し訳ありませんが、しかしそもそもこのブログは猫ブログなのです。
 
 それにしても思うのですが、反安倍派程、安倍総理の能力に期待している人はいないし、反日派程、日本の力を評価している連中もいないんですよね。

 だって連中は死すべき人間や、その人間が作った国家には、できない事をやらないと言って怒り狂っているのですから。
  1. 2020-02-16 12:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ちび・むぎ・みみ・はな さん

> 日本国民を守るためにはChinaからの日本人以外の入国を
> 止めるしかあるまい。手をこまねいていれば、我々の
> 周りは脱出Cineseで一杯になってくる。

仰るとおりだと思います。
今の感染拡大の始まりは時期的に見ても春節に入ってきた中国人で、日本はお目出度たいことに歓迎のメッセージまで発信していました。


https://honichi.com/news/2020/02/14/coronavirusjapan2/#coronavirusjapan2-3-2
2月13日(27、28、29、30例目)

27例目 80代女性(神奈川在住)
1月22日から体調不良
1月28日に近隣の医療機関を受診、経過観察

28例目 70代男性(東京在住)
1月29日、発熱し都内の医療機関を受診
2月3日、体調が回復しないため、再受診。肺炎像を確認、都内の別医療機関を受診

29例目 50代男性(和歌山在住)
1月31日、発熱と全身の倦怠感
2月5日、微熱に加え、腹痛、下痢の症状

30例目 20代男性(千葉在住)
2月2日に発熱
2月7日にせき
2月10日、圏内の医療機関を受診し、肺炎像を確認、入院

<参照>
厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について


新型コロナウイルス「あなたが生き延びるために大事な話」
https://youtu.be/2oBylqfPYjU

  1. 2020-02-16 14:11
  2. URL
  3. prayer #qbIq4rIg
  4. 編集

Re: ちび・むぎ・みみ・はな さん

> > 日本国民を守るためにはChinaからの日本人以外の入国を
> > 止めるしかあるまい。手をこまねいていれば、我々の
> > 周りは脱出Cineseで一杯になってくる。
>
> 仰るとおりだと思います。
> 今の感染拡大の始まりは時期的に見ても春節に入ってきた中国人で、日本はお目出度たいことに歓迎のメッセージまで発信していました。
>
>
> https://honichi.com/news/2020/02/14/coronavirusjapan2/#coronavirusjapan2-3-2
> 2月13日(27、28、29、30例目)
>
> 27例目 80代女性(神奈川在住)
> 1月22日から体調不良
> 1月28日に近隣の医療機関を受診、経過観察
>
> 28例目 70代男性(東京在住)
> 1月29日、発熱し都内の医療機関を受診
> 2月3日、体調が回復しないため、再受診。肺炎像を確認、都内の別医療機関を受診

 このお二人の感染については、ブログ本文で説明していますよね?
 男性が1月18日の新年会で感染し、義母に当たる女性が1月22日から発症、そして男性がその後の29日に発症です。
>
> 29例目 50代男性(和歌山在住)
> 1月31日、発熱と全身の倦怠感
> 2月5日、微熱に加え、腹痛、下痢の症状
>
> 30例目 20代男性(千葉在住)
> 2月2日に発熱
> 2月7日にせき
> 2月10日、圏内の医療機関を受診し、肺炎像を確認、入院

 このお二人は感染経路が不明です。
 二次感染、三次感染の可能性が高く、そうなると最初の感染者は春節前に入国していたとしか考えられません。
>
> <参照>
> 厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
>
>
> 新型コロナウイルス「あなたが生き延びるために大事な話」
> https://youtu.be/2oBylqfPYjU

 時系列を無視して騒ぐのってナンセンスですよ。
  1. 2020-02-16 14:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

もう一つ

インフルエンサーという言葉は、世の中に与える影響力の大きい人物、を指す意味でインフルエンサーを使います。

病名?で使われている「インフルエンザ」も「世の中に大きな影響がある病」ということで「インフルエンザ」と言われる様になりました。

そして、今の新型コロナウイルスも、正式な?病名としては「インフルエンザ」とは呼べないでしょうけれども、その影響力を考えれば「インフルエンザ」と呼んでも差し支えないでしょう。

ただ、この様な言い方が広まると、なんだインフルエンザか、と勘違いされる方も出るでしょうし、みなさんがご指摘していた様に、米国での事例がありますので、インフルエンザと新型コロナウイルスは分けて使わなきゃならないでしょうが・・・
  1. 2020-02-16 17:24
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

在中邦人の帰国について

よもぎねこさま
はじめまして、いつも拝見させていただいておりますが、今回初めてコメントさせていただきます。

政府が全面規制をなかなか行わないことについて、私も同じ理由ではないかと思っていました。

至急の帰国を「検討要請」というのも今まだ残っている方々の帰国を妨げることのないように、との考えではとも思っています。

感染経路が特定出来なくなってきている現在、当面は手洗い、うがい、消毒で予防を心がけるのが重要だと思います。

よもぎねこさまもお体お気をつけくださいますよう。

  1. 2020-02-16 18:20
  2. URL
  3. donchan2014 #-
  4. 編集

Re: もう一つ

> インフルエンサーという言葉は、世の中に与える影響力の大きい人物、を指す意味でインフルエンサーを使います。
>
> 病名?で使われている「インフルエンザ」も「世の中に大きな影響がある病」ということで「インフルエンザ」と言われる様になりました。
>
> そして、今の新型コロナウイルスも、正式な?病名としては「インフルエンザ」とは呼べないでしょうけれども、その影響力を考えれば「インフルエンザ」と呼んでも差し支えないでしょう。
>
> ただ、この様な言い方が広まると、なんだインフルエンザか、と勘違いされる方も出るでしょうし、みなさんがご指摘していた様に、米国での事例がありますので、インフルエンザと新型コロナウイルスは分けて使わなきゃならないでしょうが・・・

 元来influenceと言うのは「影響力」とか「感化」とかいう意味ですからね。
 その意味では現在習近平ウィルスのinfluenceは絶大ですから、スーパーインフルエンザとでもいうべき状況でしょうね。
 
 ところで今アメリカでインフルエンザが猛威を振るっていて随分死者が出ているのですが、しかし今になってCDCが習近平ウィルスの検査キットを全米に配って、インフルエンザの患者とされていた一の中に、習近平ウィルスの患者いる事を疑い始めているようです。

 アメリカはホームレスや不法移民の増大で公衆衛生状態が良くない上、在米中国人は400万人程もいるようなので、習近平ウィルスが既に入って蔓延していた可能性が高いのです。

 マジにインフルエンザ状態です。

 
 
 
  1. 2020-02-16 18:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 在中邦人の帰国について

> よもぎねこさま
> はじめまして、いつも拝見させていただいておりますが、今回初めてコメントさせていただきます。
>
> 政府が全面規制をなかなか行わないことについて、私も同じ理由ではないかと思っていました。
>
> 至急の帰国を「検討要請」というのも今まだ残っている方々の帰国を妨げることのないように、との考えではとも思っています。
>
 今、中国に残っている人達の中には、資産も仕事も中国にあり、帰国すれば無一物になる人も少なくないでしょうから、帰国はどうなるかはわかりません。
 だから今後の成り行きでは政府も見切りはつけるでしょうが、当面は帰国者優先でいくしかないでしょう。

> 感染経路が特定出来なくなってきている現在、当面は手洗い、うがい、消毒で予防を心がけるのが重要だと思います。
>
> よもぎねこさまもお体お気をつけくださいますよう。

 ありがとうございます。
 幸いワタシはヒッキーなので、人混みに出る必要もないので、習近平ウィルスの感染リスクは一番低い人間です。
  1. 2020-02-16 19:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

この武漢肺炎騒動を見てると本当に政治というものの醜さがよく分かりますねえ。

小生あたりだって1月中の入国者見れば水際作戦は不可能と悟るからさっさと感染拡大防止に入らねばいけないということくらい明らかです。でもそれを言ったらあほな国民が確実にパニックを起こします。

水際をやろうと言うなら今年のはじめからシナ人入国禁止にしなければおそらくだめだたでしょう(本当はそれでもきついくらいです)。とにかく蔓延状況がある程度確実にわかったのはチャーター便が帰った後ですからどうしようもない。

この時点でおそらく政府は諦めたはずです。そして、おそらくはなるべく正確な感染者情報を出す方向にシフトしたはずです。短期的には日本に蔓延してるように思われるでしょうが正直こそ最良の政策なんです。インドあたりでは感染者は2人なんて言ってましたが2800人以上が疑いを持たれてるらしい。

カンボジアあたりでどこまでまともな検査やってるんでしょうか。そんなに手際いい検査できるわけありません。見ぬもの清なんですよ。東南アジアがそんなに大丈夫なわけはない。相当後になってようやく分かったということになるでしょう。

アメリカは強烈な政策は取りましたがそれでも遅いでしょう。まあインフルが蔓延してますから結構ノイズに紛れてるでしょうが後から見たら大変なことになるはずです。

とにかく幾何級数というものの恐ろしさを皆分かっていません。

ただそれでも早めに手を打たねばいけませんでした。これをやらなかったために国民は愚か医療従事者が危機感をもちませんでした。だから院内感染なんて最悪な結果をもたらします。幾何級数はその増大は避けられませんが時間稼ぎはできます。検査体制、医療体制の再構築はこれで可能だったはずです。インフルと同様流行は避けられないにしてもその規模を小さくすることはできたはずです。

後何ヶ月かで収束なんてよく言えるものだと思います。感染症の大家なんて人が言ってるのは聞けば政治だなああというのが分かります。安全は客観的に決まるのですが安心はそうじゃない。主観的に決まるものだからこういう発言が飛び交うのです。

しかしこのあたりの発言の対価はものすごく大きなものにつくことだけは知っておいたほうがいいでしょう。



  1. 2020-02-17 00:12
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

吸血鬼ドラキュラのモデルになったブラド公は、ペスト感染者を敵の陣地に送り込んで、流行させ大打撃を与えています。昔は、城攻めの際、投石機を使って、石の代わりに伝染病死者の死体をなげこんでいたといいます。
バイオテロは、少ない経費、少ない人数で絶大な損害を与えることができるテロ方法であり、中国や北朝鮮が目を付けないはずがないのです。ですから、自分は中国や北朝鮮がバイオテロを起こすのでは?ずっと注目してきました。
バイオテロの危険性を覚えるようになったのは、柘植久慶の小説「悪魔の摂理」(1997年 実業之日本社)を読んだからです。これは、人口増加による食糧危機を回避する為に、ペストやコレラをはじめとする伝染病を人為的に流行させ、人口を激減させるというバイオテロを行う話です。
この小説の中で、伝染病を効率よく流行させるために、衛生状態の最悪な貧民街、スラム街でウイルスを散布するのですが、ご指摘通り今アメリカでは医療機関へ行けない不法移民やホームレスに加え、そして無保険者が大勢いるのです。
コロナウイルスが大流行するとしたら、そうした階層の人達の間ということになるでしょう。これは、他の国でも感染爆発するとしたら、同様です。
そうなると感染経路も感染者の確認も不可能になってしまいます。
今、日本で感染者の確認数が増えており、日本が汚染国扱いを受けていますが、見方を変えれば、医療機関の真面目な検査と協力的な国民によって、感染者を見つけ出した結果とも言えます。
自分としては感染者の数が確認できない方が怖いのですが、確認された感染者数=実際に存在する感染者の数を同一と考えることが、更なる感染拡大を引き起こすのではないかと危惧しているのです。
  1. 2020-02-17 00:29
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #GGFzaKGY
  4. 編集

Re: タイトルなし

> この武漢肺炎騒動を見てると本当に政治というものの醜さがよく分かりますねえ。
>
> 小生あたりだって1月中の入国者見れば水際作戦は不可能と悟るからさっさと感染拡大防止に入らねばいけないということくらい明らかです。でもそれを言ったらあほな国民が確実にパニックを起こします。
>
> 水際をやろうと言うなら今年のはじめからシナ人入国禁止にしなければおそらくだめだたでしょう(本当はそれでもきついくらいです)。とにかく蔓延状況がある程度確実にわかったのはチャーター便が帰った後ですからどうしようもない。
>
> この時点でおそらく政府は諦めたはずです。そして、おそらくはなるべく正確な感染者情報を出す方向にシフトしたはずです。短期的には日本に蔓延してるように思われるでしょうが正直こそ最良の政策なんです。インドあたりでは感染者は2人なんて言ってましたが2800人以上が疑いを持たれてるらしい。
>
> カンボジアあたりでどこまでまともな検査やってるんでしょうか。そんなに手際いい検査できるわけありません。見ぬもの清なんですよ。東南アジアがそんなに大丈夫なわけはない。相当後になってようやく分かったということになるでしょう。
>
> アメリカは強烈な政策は取りましたがそれでも遅いでしょう。まあインフルが蔓延してますから結構ノイズに紛れてるでしょうが後から見たら大変なことになるはずです。
>
> とにかく幾何級数というものの恐ろしさを皆分かっていません。
>
> ただそれでも早めに手を打たねばいけませんでした。これをやらなかったために国民は愚か医療従事者が危機感をもちませんでした。だから院内感染なんて最悪な結果をもたらします。幾何級数はその増大は避けられませんが時間稼ぎはできます。検査体制、医療体制の再構築はこれで可能だったはずです。インフルと同様流行は避けられないにしてもその規模を小さくすることはできたはずです。
>
> 後何ヶ月かで収束なんてよく言えるものだと思います。感染症の大家なんて人が言ってるのは聞けば政治だなああというのが分かります。安全は客観的に決まるのですが安心はそうじゃない。主観的に決まるものだからこういう発言が飛び交うのです。
>
> しかしこのあたりの発言の対価はものすごく大きなものにつくことだけは知っておいたほうがいいでしょう。

 感染症の専門家はこのウィルスを水際で止めるという事は、そもそも不可能だったと見切っていたようです。
 
 新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(押谷仁教授メッセージ)
 https://www.med.tohoku.ac.jp/feature/pages/topics_214.html

 このウィルスは感染者を封じ込める為に必要な条件が、どれ一つとして満たしていません。

 そして中国からの入国者を数を考えると、武漢での蔓延がニュースになる頃には、既に日本にも多数の感染者が入っていたと想定せざるを得ないからでしょう。
 
 そこで日本とすれば流行する事を前提に、対応を考えていたとしか思えないのです。

 因みに流行の規模を小さくする為にできる対策と言うのは、結局、手洗いの徹底や、糞便感染防止の為に公衆トイレの消毒を頻繁にするか、そういう衛生状況の改善で対応するしかないようです。

 つまりインフルエンザ対策並みの事を地道に徹底的にやるしかないという事です。
 
 それで日本政府もその方向で動いているのだと思います。
 
  1. 2020-02-17 10:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 吸血鬼ドラキュラのモデルになったブラド公は、ペスト感染者を敵の陣地に送り込んで、流行させ大打撃を与えています。昔は、城攻めの際、投石機を使って、石の代わりに伝染病死者の死体をなげこんでいたといいます。
> バイオテロは、少ない経費、少ない人数で絶大な損害を与えることができるテロ方法であり、中国や北朝鮮が目を付けないはずがないのです。ですから、自分は中国や北朝鮮がバイオテロを起こすのでは?ずっと注目してきました。
> バイオテロの危険性を覚えるようになったのは、柘植久慶の小説「悪魔の摂理」(1997年 実業之日本社)を読んだからです。これは、人口増加による食糧危機を回避する為に、ペストやコレラをはじめとする伝染病を人為的に流行させ、人口を激減させるというバイオテロを行う話です。
> この小説の中で、伝染病を効率よく流行させるために、衛生状態の最悪な貧民街、スラム街でウイルスを散布するのですが、ご指摘通り今アメリカでは医療機関へ行けない不法移民やホームレスに加え、そして無保険者が大勢いるのです。
> コロナウイルスが大流行するとしたら、そうした階層の人達の間ということになるでしょう。これは、他の国でも感染爆発するとしたら、同様です。
> そうなると感染経路も感染者の確認も不可能になってしまいます。
> 今、日本で感染者の確認数が増えており、日本が汚染国扱いを受けていますが、見方を変えれば、医療機関の真面目な検査と協力的な国民によって、感染者を見つけ出した結果とも言えます。
> 自分としては感染者の数が確認できない方が怖いのですが、確認された感染者数=実際に存在する感染者の数を同一と考えることが、更なる感染拡大を引き起こすのではないかと危惧しているのです。

 おっしゃる通りどうやら今のところ日本程真面目に検査をやっている国はいないようなのです。

 アメリカCDCがこれから全米に検査キットを配るというのですが、アメリカもまだ組織的な検査には着手していなかったようです。

 在米中国人は実は400万人程もいるのに。
 日本は70万人です。

 そしてアメリカでは今インフルエンザが大流行しているのですが、そのインフルエンザの中に実はこの習近平ウィルスの感染者が混ざっていた可能性が出てきました。

 なんかすごい事になりそうです。
  1. 2020-02-17 10:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よもぎねこ様の冷静かつ客観的、多角的な分析にうなずいています。

安倍政権応援団だった一部の人たちが手のひらを返したように「今回の対応はだめだ!」などと息巻いて、安倍政権批判に転じていますが、彼らによもぎねこ様のような分析的視点とほんのすこしの想像力でもあったらなあと思います。(もちろん彼らなりの正義感から出ている行動なのでしょうが。)

あの放送作家にはよもぎねこさんの爪の垢でも煎じて飲ませたいなぁ。(笑)

もちろん今後どうなるかは、それこそ神のみぞ知るところ。我々はパニックを起こさず冷静に、というところでしょうか。
  1. 2020-02-17 14:19
  2. URL
  3. 暴れ熊 #loHVzqj2
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもぎねこ様の冷静かつ客観的、多角的な分析にうなずいています。
>
> 安倍政権応援団だった一部の人たちが手のひらを返したように「今回の対応はだめだ!」などと息巻いて、安倍政権批判に転じていますが、彼らによもぎねこ様のような分析的視点とほんのすこしの想像力でもあったらなあと思います。(もちろん彼らなりの正義感から出ている行動なのでしょうが。)
>
> あの放送作家にはよもぎねこさんの爪の垢でも煎じて飲ませたいなぁ。(笑)

 恐縮です。

 実はワタシも最初は猛烈にムカついていたので、百田さん達の事は言えません。
 それから高須先生が狂乱しておられるのも、全然責める気はありません。

 だって高須先生は今も制癌剤を服用中でしょう?
 感染したら大変じゃないですか?
 高須先生が感染なさらない事を祈っています。

 ともあれワタシも最初は凄くムカついていたのですが、結局専門家の話を聞いているうちに、このウィルスが封じ込め不能である事と、昨年から日本でも感染拡大していた事がわかってきたのです。

 だから政府の対応が理解できるようになったのです。


 
>
> もちろん今後どうなるかは、それこそ神のみぞ知るところ。我々はパニックを起こさず冷静に、というところでしょうか。
  1. 2020-02-17 14:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

早速のレスありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。
私もご多分に漏れず最初はすごくムカついてましたが、このブログでいろいろ勉強させてもらいました。
だから私も人のことは言えません(苦笑)。

(このコメントへの返信は不要です。)
  1. 2020-02-17 14:50
  2. URL
  3. 暴れ熊 #loHVzqj2
  4. 編集

日本人が人質に取られる可能性

実は私も日本政府は中国と交渉中なんだろうなと思ってました。私もはやいところ中国からの入国を禁止すべきだとは思ってましたが、それをやったら在中法人が人質にされる可能性は否めないと思ってました。日本政府がそれを恐れているのではないかとも。

よもぎねこさんのエントリーを読んでいて、確かに、数機のチャーター便で間に合うような数じゃないし、なるべく多くの日本人に素早く帰ってきてもらうには、やはり民間航空機がいちばん効率が良いだろうと考えが変わりました。

それに今更規制しても、もう遅いでしょうね。

  1. 2020-02-17 16:22
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

Re: 日本人が人質に取られる可能性

> 実は私も日本政府は中国と交渉中なんだろうなと思ってました。私もはやいところ中国からの入国を禁止すべきだとは思ってましたが、それをやったら在中法人が人質にされる可能性は否めないと思ってました。日本政府がそれを恐れているのではないかとも。
>
> よもぎねこさんのエントリーを読んでいて、確かに、数機のチャーター便で間に合うような数じゃないし、なるべく多くの日本人に素早く帰ってきてもらうには、やはり民間航空機がいちばん効率が良いだろうと考えが変わりました。

 アメリカなら軍事力がありますから、中国もそう簡単にはアメリカ人に手を出せないでしょうが、日本はそうはいきませんからね。
 
> それに今更規制しても、もう遅いでしょうね。

 もう世界中に拡散していて手のつけようがないのでは?
 今はまだ感染検査が進んでいないので、感染者が見つからないだけで、優秀な検査キットが普及したら、恐ろしい程の感染者がいる事がわかるでしょう。
  1. 2020-02-17 19:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

日本はどうして中国に「甘い」のか?

スレの内容とは少しズレがあるかもしれませんが。
私に限らず、ここに出入りする皆さんは誰もが感じるのはタイトルの通り中国への対応への「生ぬるさ」でしょう。
日本人全体の世論からすれば決して中国に対して好意的ではなく、むしろイメージは悪い、安全保障上多くの問題を抱えているにも関わらず・・です。

もちろん、よもさんが挙げておられる在中日本人12万人がどうなるか?という問題、日本企業の製造拠点の問題が大きいからという理由は容易に思いつきはします。

それにしても、いくら日本に近い、巨大な市場があるとはいえ、どうして中国にはこんなに日本人がいるのか?日本企業や経団連は中国べったりなのか?ということを私なりに考察してみました。

ちなみに自分語りで恐縮ですが、実父が中国語ペラペラで現地人と間違えられることもあるほどの中国オタクで、兄弟も仕事で上海に長期滞在していました。また、そんな身内を訪ねて私自身、中国には何度か訪問してますし、中国とは違いますが、台湾に幼少時に親の仕事関係で住んでいました。

そういう、あくまで個人的な経験や身内の話からの考察であるとお断りした上で申し上げますと・・。
それは中国は、適切な説明になっているかどうかわかりませんが、日本人にとって「便利な国」だから・・だと思います。

「ネトウヨ」界隈では尖閣問題、歴史問題などの「反日」ぶり、そのあまりに日本とは異なる価値観、共産党独裁の政治体制の問題ばかりが取りざたされますし、別にそれは間違いではない。

でも、一方で中国ほど日本語人口も日本人慣れ、日本文化慣れした人が多い国・・というのも実のところなかなかないのでは?と思ったりもします。
意外に思われるかもしれませんが、中国において日本とか日本製のステータスとかブランド力は非常に高いですし、日本の皇室事情なんて日本人以上に詳しい人がゴロゴロいたりします。
そんなわけで、単なる数字以上に日本企業にとっては中国はありがたい顧客です。

あと「お・も・て・な・し」はインバウンド大国を掲げる日本のキャッチフレーズだったりしますが、中国は日本以上に「接待文化」が発達していて「おもてなし」には精力をかなり注ぎ込みます。
また、「他人」「敵」に対しては容赦もないし、嘘も捏造も辞さない中国人も本当に親友、身内、仲間と認めた人間には義理堅い側面もあったりします。

チャイナプラスワンでインドやベトナムなどが取りざたされることがありますが、これらの国々はとりあえず「反日」ではありませんが、日本人にとっての「便利さ」が中国ほどあるのか?というと?です。
そんなこんなで、企業人を中心にすっかり「親中」になってしまったり、生産拠点としての中国からなかなか離れられない企業やや人々が多いかと思われます。その典型的な例が伊藤忠会長で元中国大使の丹羽宇一郎氏でしょうね。

しかし、それにしても、香川県とか兵庫県など肝心の足下の日本でマスク不足な中で姉妹都市にマスクを万単位で寄付するアホ自治体とか、国賓待遇での習近平訪日計画とかアホかと・・・。
いくら「親中」でも、個人的な好き嫌いと冷徹な国益と安全保障の追究をどうしてケジメをつけて考えられない日本人が多いのか?今の中国が「親日」なのは米中摩擦が「効いている」からなのは見え見えなのに・・。

もっとも、あの天安門事件の直後も欧米諸国の制裁の中、いち早く抜け駆けして中国支援、中国進出を決めた日本政府と財界です。今回の対中国のあま~い、あま~い対応もいちいち嘆いたり驚いたりするこっちゃないのかもしれません。
  1. 2020-02-19 19:13
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: 日本はどうして中国に「甘い」のか?

> スレの内容とは少しズレがあるかもしれませんが。
> 私に限らず、ここに出入りする皆さんは誰もが感じるのはタイトルの通り中国への対応への「生ぬるさ」でしょう。
> 日本人全体の世論からすれば決して中国に対して好意的ではなく、むしろイメージは悪い、安全保障上多くの問題を抱えているにも関わらず・・です。
>
> もちろん、よもさんが挙げておられる在中日本人12万人がどうなるか?という問題、日本企業の製造拠点の問題が大きいからという理由は容易に思いつきはします。
>
> それにしても、いくら日本に近い、巨大な市場があるとはいえ、どうして中国にはこんなに日本人がいるのか?日本企業や経団連は中国べったりなのか?ということを私なりに考察してみました。
>
> ちなみに自分語りで恐縮ですが、実父が中国語ペラペラで現地人と間違えられることもあるほどの中国オタクで、兄弟も仕事で上海に長期滞在していました。また、そんな身内を訪ねて私自身、中国には何度か訪問してますし、中国とは違いますが、台湾に幼少時に親の仕事関係で住んでいました。
>
> そういう、あくまで個人的な経験や身内の話からの考察であるとお断りした上で申し上げますと・・。
> それは中国は、適切な説明になっているかどうかわかりませんが、日本人にとって「便利な国」だから・・だと思います。
>
> 「ネトウヨ」界隈では尖閣問題、歴史問題などの「反日」ぶり、そのあまりに日本とは異なる価値観、共産党独裁の政治体制の問題ばかりが取りざたされますし、別にそれは間違いではない。
>
> でも、一方で中国ほど日本語人口も日本人慣れ、日本文化慣れした人が多い国・・というのも実のところなかなかないのでは?と思ったりもします。
> 意外に思われるかもしれませんが、中国において日本とか日本製のステータスとかブランド力は非常に高いですし、日本の皇室事情なんて日本人以上に詳しい人がゴロゴロいたりします。
> そんなわけで、単なる数字以上に日本企業にとっては中国はありがたい顧客です。
>
> あと「お・も・て・な・し」はインバウンド大国を掲げる日本のキャッチフレーズだったりしますが、中国は日本以上に「接待文化」が発達していて「おもてなし」には精力をかなり注ぎ込みます。
> また、「他人」「敵」に対しては容赦もないし、嘘も捏造も辞さない中国人も本当に親友、身内、仲間と認めた人間には義理堅い側面もあったりします。
>
> チャイナプラスワンでインドやベトナムなどが取りざたされることがありますが、これらの国々はとりあえず「反日」ではありませんが、日本人にとっての「便利さ」が中国ほどあるのか?というと?です。
> そんなこんなで、企業人を中心にすっかり「親中」になってしまったり、生産拠点としての中国からなかなか離れられない企業やや人々が多いかと思われます。その典型的な例が伊藤忠会長で元中国大使の丹羽宇一郎氏でしょうね。
>
> しかし、それにしても、香川県とか兵庫県など肝心の足下の日本でマスク不足な中で姉妹都市にマスクを万単位で寄付するアホ自治体とか、国賓待遇での習近平訪日計画とかアホかと・・・。
> いくら「親中」でも、個人的な好き嫌いと冷徹な国益と安全保障の追究をどうしてケジメをつけて考えられない日本人が多いのか?今の中国が「親日」なのは米中摩擦が「効いている」からなのは見え見えなのに・・。
>
> もっとも、あの天安門事件の直後も欧米諸国の制裁の中、いち早く抜け駆けして中国支援、中国進出を決めた日本政府と財界です。今回の対中国のあま~い、あま~い対応もいちいち嘆いたり驚いたりするこっちゃないのかもしれません。

 そもそも日本人は中国だけなくどの国にも甘いんですよ。
 人間不信をむき出しにしての対応なんてできないし、したくないのです。

 それに今回の習近平ウィルスについていえば、日本人が世界で最も冷静に対応しています。
 
 欧米諸国なんてウィルスへの恐怖で人権なんか糞くらえ状態でしょう?

 自国民帰国の目途も立たないのに、大使館員や領事館員が真っ先にとんずらする事にさへ国内から非難の声が出ないんですよ。

 その上検疫も検査も終わったダイアモンドプリンセス号の客も「隔離しろ」というのです。

 要するにウィルス怖さに、自国民の帰国さへ歓迎しないのです。

 日本人は違うでしょう?

 今日は下船したダイアモンドプリンセス号の客がそのまま帰宅しましたが、誰も文句は言ってないでしょう?

 こういう冷静さは日本人だけなのです。

 それは一つにはこれまでSARSやMARSは流行阻止、新型インフルエンザでも日本が欧米より一桁低い致死率で済んだという公衆衛生状況にもよるのでしょうが。
  1. 2020-02-19 20:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

総理の対応は危うい

ヒゲの隊長もツイッターで騒いでいます。もっとも総理の批判はしませんが。

それでわかったことは、総理は、紛れもなく愛国者で疑う余地なく信頼できる現役の外務副大臣にさえ本当のことを教えていないということです。

よもぎねこさんの推測通りだとは思うのですが、私には、総理がコアな支持層の不興を買ってまで国家機密並に隠さなければならないことだとは到底思えないのです。

高須院長にしろ、百田先生にしろ、佐藤外務副大臣にしろ、総理がちゃんと説明してくれさえすれば、理解してくれるはずですよ。

大衆はパニックになるどころか、逆に冷静さをとり戻すのではないでしょうか?

私は総理の意図的な説明不足は後々裏目に出るのではないかと危惧しています。
  1. 2020-02-24 10:43
  2. URL
  3. 竹槍 #-
  4. 編集

Re: 総理の対応は危うい

> ヒゲの隊長もツイッターで騒いでいます。もっとも総理の批判はしませんが。
>
> それでわかったことは、総理は、紛れもなく愛国者で疑う余地なく信頼できる現役の外務副大臣にさえ本当のことを教えていないということです。
>
> よもぎねこさんの推測通りだとは思うのですが、私には、総理がコアな支持層の不興を買ってまで国家機密並に隠さなければならないことだとは到底思えないのです。
>
> 高須院長にしろ、百田先生にしろ、佐藤外務副大臣にしろ、総理がちゃんと説明してくれさえすれば、理解してくれるはずですよ。
>
> 大衆はパニックになるどころか、逆に冷静さをとり戻すのではないでしょうか?
>
> 私は総理の意図的な説明不足は後々裏目に出るのではないかと危惧しています。

 安倍総理は覚悟の上なのでは?

 感染拡大はどの国でも避けられないのです。
 
 ウィルスの致死率自体は重傷者への治療をちゃんとできれば、インフルエンザ程度ですから、日本にとってはそれほど恐ろしい物ではないのです。
 
 しかし世界中に恐怖がふりまかれてしまいました。 
 だからイタリアや韓国でもパニックになっています。

 あのままだと軽症の感染者が病院に殺到して、武漢のような医療崩壊を起しますよ。

 日本はそれを避ける為には、ある意味国民に安心させない、つまり国民がウィルスへの恐怖から手洗い等の徹底に励む事が必要だし、また軽症の感染者を病院に来させない事が必要なのです。

 そして重症者に対応できるベッド数を増やすなどの対応が必要です。

 それまでは政府としては何を言われようとも、自分が悪党になって、パニックを抑えるしかないのです。
  1. 2020-02-26 11:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する