fc2ブログ

2020-02-03 12:06

在武漢アメリカ領事館員はなぜ撤退したか? 習近平ウィルス

 今回の習近平ウィルス(武漢新型コロナウィルス)につの危険性について、「インフルエンザと変わらない」と言う説が出ています。

 しかしワタシはこれは頗る疑問でした。
 
 なぜならインフルエンザは毎年のよう発生して、膨大な人が感染しているのですが、しかしインフルエンザで大都市が封鎖されるとか、アメリカ領事館員が撤退するなどと言う事は一度もなかったからです。

 そして中国政府がなぜ武漢市を封鎖したかについては、昨日エントリーしました。
 つまり武漢から日本人帰国者の感染率から算定すると、武漢の感染者は15~30万人と言う途方もない数になる為、医療での対応が不可能になったからです。
 そこで中世並みに都市封鎖と言う手段を取らざるを得なくなったのです。

 それではアメリカの武漢領事館員の撤退はなぜでしょうか?
 ワタシはこれは感染対策と言うより、アメリカの政治的対応だと思います。

 2月1日、短足おじさんがこれについてエントリーされていました。
 アメリカは何と、武漢だけではなく、全中国のアメリカ領事館、そして北京のアメリカ大使館も、緊急対応要員だけを残して全ての職員を撤退させるというのです。

 そもそも大使館や領事館と言うのは、こうした非常時にこそ自国民を保護するのが仕事です。
 実際、中東や北アフリカなどではアメリカ大使館や領事館はテロや軍事攻撃の標的にさへなっており、犠牲者も出ているのですが、それでも撤退などしないのです。

 ところが中国からは、その大使館員や領事館員が真っ先にとんずらすると言うのです。

 さらに武漢から撤退も驚くほど冷酷な物で、実は武漢在住のアメリカ人はまだ大半が残っているのです。

 武漢は「この世の終末」、足止め米大学生の孤独な脱出行
 
 この記事からするとアメリカ領事館は脱出を希望するアメリカ人に出迎えの車も出しませんでした。 武漢市内の公共交通はすべて停止し、タクシーも動いていないのにです。
 それでも空港にたどり着いた人の内、領事館員を乗せて座席が空いた分を、リスクの高い順に埋めていき、満席になったところで離陸してしまったのです。

 日本は武漢には領事館はないのですが、北京にある大使館職員が出向いて、帰国希望者を出迎えるバスを出し、帰国者全員を連れ帰る為に次々とチャーター機を出しています。
 
 そしてそのチャーター機には、マスク等武漢で不足している防疫用品を満載して寄付してくるという心遣いまでしています。

 実は中国側はこの脱出を快く思っておらず、いろいろ抵抗しているそうです。
 だから中国側と折衝して何機ものチャーター機を飛ばして、帰国希望者全員を連れ帰る事が出来たというのは、大変な快挙なのです。

 それにしてもアメリカはなぜこんなにも自国民に冷酷なのでしょうか?
 武漢のアメリカ人を見捨てて領事館員を撤退させただけでも酷いのに、大使館と他の領事館職員まで大量に撤退させるなんて・・・・・。
 アメリカと言う国は、自国民保護には非常に熱心な国だったはずでは?
 しかし今回の仕打ちは、在中アメリカ人を全て見捨てたとしか思えないのです。

 ええ、見捨てたのです。
 ワタシはこれはアメリカ政府から、在中アメリカ人とアメリカ企業へのメッセージだと思うのです。

 オマイラ!! この期に及んで中国に居座るなら、もう面倒は見てやらねえぞ!!

 これは在中アメリカ人とアメリカ企業にとっては恐怖でしょう。
 
 日本でもそうですが、在中日本人や在中日本企業って、要するに親中派でしょう?

 イロイロあっても、とにかく中国が好き、だって中国にいれば稼げるんだから。
 だから政府は、人権とか知的所有権とか国防とか、面倒な事は言わないで中国と仲良くしてよ。
 でないとオレタチ、困るよ。

 こういう感覚が多分にあったのでしょう。
 だからアメリカ政府はこの習近平ウィルス感染拡大と言う機会をとらえて、彼等親中派アメリカ人とアメリカ企業に、警告を出したのです。

 これは在中アメリカ人とアメリカ企業にとっては大変なショックでしょう。
 だって彼等は親方の星条旗と言うか、幾ら親中でも本心では「でもイザとなったらアメリカ政府が守ってくれるさ」と信じて対中ビジネスに興じていたのでしょうから
 
 それが政府に見捨てられて、あの独裁政権の恣にされるとなったら・・・・・。
 
 これで大量のアメリカ人が帰国し、アメリカ企業が撤退するでしょう。 
 中国が高給で引き抜いた技術者や研究者だって、帰国するでしょう。

 そしてこれはアメリカ政府から中国共産党へのメッセージでもあります。

 オマイ、アメリカ人を人質に取っても無駄だからな。
 オレは人質が皆殺しにされても、オマイの要求は呑まないからな。 
 それよりオマイがオレの言う事を聞いて、オレが公開しろと言う情報は公開して、オレが言う通りに民主化しない限り、オマイのところにはアメリカ人はいかせないぜ!!
 そうなったらアメリカだけじゃなくて、オレの同盟国からの投資も技術移転も全部止まるけど、それでもいいんだな?

 アメリカ人やアメリカ企業が撤退すれば、中国経済には大変なダメージになります。
 アメリカ人やアメリカ企業だけが撤退しても困るのですが、しかしアメリカ人やアメリカ企業がいかない国と言うのは、危険な国と言う事になりますから、他の国々の人や企業も撤退に動きだすのです。

 そしてアメリカ政府はさらなるプレッシャーをかけました。

 アメリカ人の中国渡航を全面禁止したのです。
 また中国からアメリカに渡航する外国人の入国を拒否しました。
 アメリカ人が中国から帰国した場合は、2週間の強制隔離です。

 これではもう対中ビジネスなんかできないではありませんか?
 これだともう事実上、中国との行き来が不可能なのですから。

 これでアメリカからの対中投資は全部止まります。
 対中ビジネスも全部止まります。

 だから中国は泣き言を言っています。

一方、中国外務省は1月31日夜、米国が中国全土への渡航中止勧告を出したことについて「率先して悪い前例をつくった。本当に薄情だ」と批判する報道官談話を発表した。 談話は、ロス米商務長官が新型肺炎を機に「北米に雇用が戻る動きが加速する」と発言したり、米高官が中国側の対応への不満を漏らしたりしたことを「非友好的な言説」と表現。「困難な時こそ人の本心がわかる。米側の言行は事実に合わず時宜にかなわない」と不快感を示した。

 薄情って?
 オマイラ、今までオレタチに何をやってきたか覚えないのか?

 トランプ大統領は呆れているでしょうね?
 日華事変から太平洋戦争終戦まで、米ソ冷戦時代を通じて、アメリカは散々中国を支援してきたのに、この20~30年の中国の対米政策の何処に「友好」があったのでしょうね?
 
 しかし自分が叩かれると臆面もなく「非友好的な態度だ」とか「薄情だ」とかいうのですから本当に鉄面皮です。

 一方アメリカの決断の速さには驚きます。
 
 この決断、これを梃にしての対中交渉もトランプ流なのでしょうか?
 ホントにすごい男です。

 しかし今のところアメリカ国内に自国民を見捨てての領事館員撤退について、大統領を非難するニュースも出ていないようなのです。

 だからこれはアメリカと言う国の強さでもあり、怖さでもあるのでしょう。

 ともあれアメリカがここまで強気で対応している事で、他国も自国民の撤退や、中国人の入国禁止をやりやすくなりました。
 
 当然ですが、中国はこれも非常に嫌って、様々な圧力をかけたり嫌がらせをして抵抗しているようなのですが。

 日本は現在湖北省から来日だけは拒否しています。
 しかし本来ならアメリカに倣って、中国全土からの来日を拒否するべきなのです。

 Map_of_Wenzhou_in_China.png
 
 昨日、浙江省温州が封鎖されました。 
 浙江省と湖北省は隣接していません。
 浙江省温州は武漢とは名古屋と下関程も離れています。
 そして浙江省の省都は上海です。(訂正 浙江省の省都は上海ではなく杭州です。)

2020y02m03d_110938944.jpg
 
 日本が中国人の拒否する事には、中国は猛烈に抵抗するでしょうし、場合によっては在中日本人や在中日本企業を人質にするでしょう。

 しかし日本も何とか決断するしかありません。
 だっても感染は中国全土で深刻化していると考えざるを得なのです。

 そしてアメリカを見ればわかるように、この習近平ウィルスの蔓延こそが、中国から脱出の一大チャンスなのですから。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

米国のファーウェイ排除は当然だけど強気だなと思ってました
日本の携帯キャリアでファーウェイを採用するキャリアは居ません。皆官公庁の仕事もしてるのでしょうから。
習近平ウィルス!外に出さずに影響力を弱めるしか無いですが習近平自身の影響力も落ちてる様です。上海株等は8%以上の下落、以前の売買停止の強攻策は取れなかった様です。
上海近くまで感染が広まってますね、上海もキャリアが9800人との情報も…
移動を止めるしか無いでしょう
TV会議やメールで打ち合わせは出来るのですが突っ込んだ話は…
契約打切り等は

節分です!習近平ウィルスは外へ!来るな!(笑)じゃ済まないかも

短足おじさんのとこおじゃましました。面白いですね(≧▽≦)
  1. 2020-02-03 16:08
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 米国のファーウェイ排除は当然だけど強気だなと思ってました
> 日本の携帯キャリアでファーウェイを採用するキャリアは居ません。皆官公庁の仕事もしてるのでしょうから。
> 習近平ウィルス!外に出さずに影響力を弱めるしか無いですが習近平自身の影響力も落ちてる様です。上海株等は8%以上の下落、以前の売買停止の強攻策は取れなかった様です。

 8%の下げって凄いですね。
 しかし今は春節の休みの延長と言う事で、何とか休業とか、外出禁止とか強制できているけれど、いつまでも休暇や休業は強制できません。
 けれども人が動き出せば、また感染が盛大に広がります。

 習近平も苦しい所に追い込まれましたね。

> 上海近くまで感染が広まってますね、上海もキャリアが9800人との情報も…
> 移動を止めるしか無いでしょう
> TV会議やメールで打ち合わせは出来るのですが突っ込んだ話は…
> 契約打切り等は

 中国政府として北京と上海だけは、何としても封鎖したくないのだと思います。 だから温州も早めに封鎖して、上海は守ろうとしたのかも?
 でも仰るように上海には既に膨大な感染者がいるようなので、温州から感染を阻止しても、上海の感染拡大は防げないと思うのです。

 
>
> 節分です!習近平ウィルスは外へ!来るな!(笑)じゃ済まないかも
>
> 短足おじさんのとこおじゃましました。面白いですね(≧▽≦)
  1. 2020-02-03 19:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

アメリカが持つ危機感

2番目の地図にも載ってますが、浙江省の省都は杭州ですよ。北京・上海・天津・重慶は直轄市なので、どこの省にも属していません。

アメリカの措置には、もちろん政治的な理由もあるでしょうが、そもそもアメリカでは日本やヨーロッパ諸国ほど健康保険制度が整っていないので、習近平ウイルスが入り込んだら、大変なことになるという危機感が強いんだと思います。
もしアメリカで新型肺炎が大流行することになったら、次の大統領選挙でトランプさんが再選されることは100%無くなるでしょうし。

ところで、オバマ前政権が始めた国民皆保険制度 「オバマケア」 って、今どうなってたっけ?と思ってググってみたんですが、これってアメリカ最大の内政問題ですね。
オバマケアは公的な健康保険制度ではなくて、民間保険に強制加入させることで、公的保険があるかのように見せかけている制度なので、もし新型肺炎がアメリカで大流行したら、保険会社の倒産が相次いで、経済も大混乱になるでしょう。

オバマケア (おばまけあ) とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e%e3%82%b1%e3%82%a2-191428

>国民に保険加入を義務付け、保険料の支払いが困難な中・低所得者には補助金を支給することにより、保険加入率を94パーセント程度まで高める。
>制度には罰則規定があり、2014年4月1日までに保険に加入していない場合は追徴課税がある。
>しかしオバマケアによる支出は今後10年間で約1.1兆ドルにのぼることなどから、保守派の市民運動であるティーパーティーの反発や野党共和党議員の強硬な反対が続いている。


医療保険制度改革 (アメリカ) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e5%8c%bb%e7%99%82%e4%bf%9d%e9%99%ba%e5%88%b6%e5%ba%a6%e6%94%b9%e9%9d%a9_(%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab)

>2014年1月1日、オバマケアでの保険適用が始まった。
>2017年1月20日にトランプが大統領に就任すると、オバマケア見直しを目的とする大統領令13765号に署名し、これがトランプによる初の大統領令となった。

>2017年3月23日に議会予算局が代替法案導入による2026年までの10年間の連邦財政赤字の削減幅は1500億ドル(16兆6500億円)、10年後の無保険者は現状の2800万人から2400万人増え5200万人になるだろうと公表すると共和党内の穏健派も代替法案に反発していた。

>2017年7月18日、与党共和党の上院議員3人が廃止法案に反対する考えを表明し、事実上頓挫した。トランプ氏はオバマケア見直しにより大型減税や10年間で、1兆ドル(約112兆円)のインフラストラクチャー投資などの財源確保を見込んでいた。
  1. 2020-02-03 23:47
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

インドの学者がウィルスは人工の疑いがある、と発表したが、アメリカは同じ穴のムジナで何か知っているんじゃないか。
  1. 2020-02-04 00:15
  2. URL
  3. ごじた #LkZag.iM
  4. 編集

餌を目の前において取ったら泥棒と認定するようなものでしょうね。
しばらく経ったら在中米人の扱いが悪かった中国みたいな感じでやるんですかね。
こちらに牙を剥かないように我が国もしっかりした人間に外交をやってもらいたいものです。
  1. 2020-02-04 01:10
  2. URL
  3. 太朗 #cRy4jAvc
  4. 編集

アメリカの医療状況

かんばちさんがオバマケアについて書いておられますが、あれは大失敗に終わりました。雇用主を通じて日本で言う社会保険に入っていたひとはまだましだったのですが、個人経営とかで個人保険に入っていた人がどんどん保険会社からキャンセルされてしまい、馬鹿高い保険料を取る保険に入らされる羽目になり、大混乱になってしまったのです。結局トランプ大統領のおかげで事実上オバマケアは破綻しました。

問題なのはオバマ政権のがばがばな移民政策で違法移民が大量にはいりこみ、予防注射など全く受けていない人間が沢山居ます。それでアメリカではほぼ絶滅していた結核や麻疹やペストなどが流行り始めているのです。違法移民は保険になどは入れませんから、緊急時に救急病院にいくしかありません。救急病院では保険がなくても診てくれますので。

しかしこういう状況でコロナウイルスなどが流行ったら、どうなるのか考えただけでも恐ろしいです。

  1. 2020-02-04 07:34
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

アメリカ人置き去りはわざと?

さすがよもぎねこさん、すごい洞察力ですね。確かに今時中国と商売しようなんて企業は危機感がなさすぎです。中国と商売しても絶対に外国企業は生き血を吸われて追い出されるだけなのに。中国に留学してる学生も、どうせ孔子学園とかのプロパガンダに騙された口でしょう。

ところで中国の研究所で働いてる北海道の教授が同僚や助手を残して一人帰国できないとか言ってるそうですが、そういう人間は帰ってこなくていいと思いますね。
  1. 2020-02-04 07:38
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

Re: アメリカが持つ危機感

> 2番目の地図にも載ってますが、浙江省の省都は杭州ですよ。北京・上海・天津・重慶は直轄市なので、どこの省にも属していません。

 ありがとうございます。 訂正します。
>
> アメリカの措置には、もちろん政治的な理由もあるでしょうが、そもそもアメリカでは日本やヨーロッパ諸国ほど健康保険制度が整っていないので、習近平ウイルスが入り込んだら、大変なことになるという危機感が強いんだと思います。
> もしアメリカで新型肺炎が大流行することになったら、次の大統領選挙でトランプさんが再選されることは100%無くなるでしょうし。
>
> ところで、オバマ前政権が始めた国民皆保険制度 「オバマケア」 って、今どうなってたっけ?と思ってググってみたんですが、これってアメリカ最大の内政問題ですね。
> オバマケアは公的な健康保険制度ではなくて、民間保険に強制加入させることで、公的保険があるかのように見せかけている制度なので、もし新型肺炎がアメリカで大流行したら、保険会社の倒産が相次いで、経済も大混乱になるでしょう。
>
> オバマケア (おばまけあ) とは - コトバンク
> https://kotobank.jp/word/%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e%e3%82%b1%e3%82%a2-191428
>
> >国民に保険加入を義務付け、保険料の支払いが困難な中・低所得者には補助金を支給することにより、保険加入率を94パーセント程度まで高める。
> >制度には罰則規定があり、2014年4月1日までに保険に加入していない場合は追徴課税がある。
> >しかしオバマケアによる支出は今後10年間で約1.1兆ドルにのぼることなどから、保守派の市民運動であるティーパーティーの反発や野党共和党議員の強硬な反対が続いている。
>
>
> 医療保険制度改革 (アメリカ) - Wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%e5%8c%bb%e7%99%82%e4%bf%9d%e9%99%ba%e5%88%b6%e5%ba%a6%e6%94%b9%e9%9d%a9_(%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab)
>
> >2014年1月1日、オバマケアでの保険適用が始まった。
> >2017年1月20日にトランプが大統領に就任すると、オバマケア見直しを目的とする大統領令13765号に署名し、これがトランプによる初の大統領令となった。
>
> >2017年3月23日に議会予算局が代替法案導入による2026年までの10年間の連邦財政赤字の削減幅は1500億ドル(16兆6500億円)、10年後の無保険者は現状の2800万人から2400万人増え5200万人になるだろうと公表すると共和党内の穏健派も代替法案に反発していた。
>
> >2017年7月18日、与党共和党の上院議員3人が廃止法案に反対する考えを表明し、事実上頓挫した。トランプ氏はオバマケア見直しにより大型減税や10年間で、1兆ドル(約112兆円)のインフラストラクチャー投資などの財源確保を見込んでいた。

 なるほどね。
 今アメリカでインフルエンザが大流行して随分死者が出ているようですが、そういう事情もあるのですね。
 
 しかし不法移民が入ると、こうした伝染病の流行時の対応がすごく難しくなるんですよね。
 
 日本でも1月から4人の中国人がクルーズ船から失踪していますが、あの中に感染者がいたら、大変な事になります。
 
 不法入国ですから、発熱等の症状が出ても正規の病院には受診せず、不法移民のコミュニティの中に隠れて、そこで感染を広げて行く事になります。

 そうなると検査や隔離ができないうちにドンドン感染者が増えて、対応不能になるのです。

 アメリカもこれを恐れているのでしょうね。
  1. 2020-02-04 10:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> インドの学者がウィルスは人工の疑いがある、と発表したが、アメリカは同じ穴のムジナで何か知っているんじゃないか。

 習近平ウィルスが生物化学兵器用に開発されたとか、そういう話は一杯でていますが、ワタシはこれはヨタだと思います。

 ウィルスにもいろいろあるのですが、コロナウィルスと言うのは、最高に高度で複雑な構造を持つウィルスの一つで、これを人工的に作るとか、別な遺伝子を組み込むという技術は、まだ確立していないでしょう?

 タバコモザイクウィルスのような物なら、完全に人工的に合成できるのですが。
  1. 2020-02-04 11:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

戯言

よもぎねこさん、こんにちわ。
そして、最近から拝見させて頂く様になりまして、此の度初めてコメントを投稿させて頂きます。

武漢市の眼科医が警告を発信したが、中共により言消されました。
インドの学者も、警告を発信したが、今、他の学者(スポンサー)により言消されそうです。
一方日本では、
野党が桜を発信しましたが、国民の顰蹙をかいました。
政府は警告を発信したが、危機管理に対応出来る法律が有りませんでしたとさ。
なんだかな~
それにしても、中共は何で3回(MERS・SARS・2019-nCoV)も自国民を消そうとするのか?
それにしても、パート2 、2019-nCoV騒動が中共と米国のプロレスじゃないですよね?
  1. 2020-02-04 11:02
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #zTZgd8x.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 餌を目の前において取ったら泥棒と認定するようなものでしょうね。
> しばらく経ったら在中米人の扱いが悪かった中国みたいな感じでやるんですかね。
> こちらに牙を剥かないように我が国もしっかりした人間に外交をやってもらいたいものです。

 中国は外国人の脱出や、中国人の入国拒否が広がるのを恐れて、いろいろと嫌がらせをしているようなのです。
 下手をすると在中邦人を人質にして抵抗されます。
 だからアメリカの強硬な態度に出た方が、かえって自国民の安全に安全に繋がると判断したのでしょうね。
  1. 2020-02-04 11:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: アメリカの医療状況

> かんばちさんがオバマケアについて書いておられますが、あれは大失敗に終わりました。雇用主を通じて日本で言う社会保険に入っていたひとはまだましだったのですが、個人経営とかで個人保険に入っていた人がどんどん保険会社からキャンセルされてしまい、馬鹿高い保険料を取る保険に入らされる羽目になり、大混乱になってしまったのです。結局トランプ大統領のおかげで事実上オバマケアは破綻しました。
>
> 問題なのはオバマ政権のがばがばな移民政策で違法移民が大量にはいりこみ、予防注射など全く受けていない人間が沢山居ます。それでアメリカではほぼ絶滅していた結核や麻疹やペストなどが流行り始めているのです。違法移民は保険になどは入れませんから、緊急時に救急病院にいくしかありません。救急病院では保険がなくても診てくれますので。
>
> しかしこういう状況でコロナウイルスなどが流行ったら、どうなるのか考えただけでも恐ろしいです。

 これは怖いですね。

 不法移民は不法滞在を隠す為に、そもそも受診せずに、不法移民のコミュニティ内で感染を広げる可能性がありますから。

 それにしてもワタシはあの壁建設反対をする人たちには凄い違和感があったのです。
 
 だってあんな風に国境がガバガバでで不法移民がドンドン入ってくるのでは、伝染病も入り放題でしょう?
 あれで中南米で厄介な伝染病が蔓延したらどうするのでしょうか?

 この習近平ウィルスだって中南米に入れば、不法移民を通してアメリカに入ってしまいます。

 壁建設に反対している人達は、感染症の流入とか考えていないんでしょうかね?
  1. 2020-02-04 11:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: アメリカ人置き去りはわざと?

> さすがよもぎねこさん、すごい洞察力ですね。確かに今時中国と商売しようなんて企業は危機感がなさすぎです。中国と商売しても絶対に外国企業は生き血を吸われて追い出されるだけなのに。中国に留学してる学生も、どうせ孔子学園とかのプロパガンダに騙された口でしょう。

 中国政府は外国企業や外国人を出さない為に、いろいろ嫌がらせをしていますしね。
 
 撤退するなら会社の資産を全部置いていくしかないという状況に追い込まれている会社が沢山あるし、中国で稼いだお金を持ち帰るのもほぼ不可能のようです。

 だから中国から出られない人が多数いるのでしょう。

 それでアメリカも非常手段を用いて「金はあきらめて帰れ!!」と言いたいのでしょうね。
 日本もそれやらないとまずいのですが。
>
> ところで中国の研究所で働いてる北海道の教授が同僚や助手を残して一人帰国できないとか言ってるそうですが、そういう人間は帰ってこなくていいと思いますね。

 昨年北大の教授が一人スパイ容疑で捕まったのですが、この人は帰国できました。 
 カカシさんの仰る北大教授とは別人かもしれませんが。

 実は現在11人程の日本人が中国で拘束されています。
 日本政府はこの救出に努力しているのですが、まだ帰国できないようです。

 中国はこういう事をやる国なので、絶対に行ってはダメなんですけどね。
 
 でもどうしても行くなら、見捨てるしかないという事でしょう。

 しかし逆に拘束して人質にしても、アメリカのように人質は助けないという方針を取られたら、人質を取る意味はないので、かえってアメリカ人の安全に繋がるのです。

 その意味では今回のアメリカ政府の対応は正解でしょう。
  1. 2020-02-04 11:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 戯言

> よもぎねこさん、こんにちわ。
> そして、最近から拝見させて頂く様になりまして、此の度初めてコメントを投稿させて頂きます。

 いらっしゃいませ。

> 武漢市の眼科医が警告を発信したが、中共により言消されました。
> インドの学者も、警告を発信したが、今、他の学者(スポンサー)により言消されそうです。
> 一方日本では、
> 野党が桜を発信しましたが、国民の顰蹙をかいました。
> 政府は警告を発信したが、危機管理に対応出来る法律が有りませんでしたとさ。
> なんだかな~

 でもホントにないのです。
 良くも悪くも日本は法治国家ですから、総理と雖も違法行為はできないのです。

> それにしても、中共は何で3回(MERS・SARS・2019-nCoV)も自国民を消そうとするのか?

 国家全体、習近平から一般国民までが、公衆衛生意識が恐ろしく低く無知だからでしょう。
 結局一部の医師などを除いて、感染症へどう対応するべきかがわかっていないのです。

> それにしても、パート2 、2019-nCoV騒動が中共と米国のプロレスじゃないですよね?

 アメリカはイランとならプロレスはするけれど、中国とはしないでしょう。
 プロレスって相手もプロレスのルールがわかってないとできないのです。

 しかし中国は自国民を大量に殺すような国で、ルールを守って戦うなどと言う事は出来ない国ですから。

 
  1. 2020-02-04 11:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

上海の偉い人って次の政権でもいいポストに就くんじゃなかったでしょうか?

習近平はさんざん少数民族を締め付けていたけどウイルスには勝てなかった、と後世の歴史家に書かれるのでしょうか?


WHOのエチオピアひげおやじは各国の防衛策に対して「いや、そこまでせんでもええんとちゃう?」みたいなこと言い出しました。
元外務大臣に何がわかるねん!


  1. 2020-02-04 14:36
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 上海の偉い人って次の政権でもいいポストに就くんじゃなかったでしょうか?
>
> 習近平はさんざん少数民族を締め付けていたけどウイルスには勝てなかった、と後世の歴史家に書かれるのでしょうか?

 習近平だからこんな事になるんです。
 誠意のある政権なら、こんな状態になっても、WHOに圧力をかけ続けて、情報隠蔽を図るなんて事はしないでしょう?

 シオラレオネでもエボラ出血熱が出た時は、海外から支援を頼んで防疫に努めたのです。
>
>
> WHOのエチオピアひげおやじは各国の防衛策に対して「いや、そこまでせんでもええんとちゃう?」みたいなこと言い出しました。
> 元外務大臣に何がわかるねん!

 この期に及んで中国はWHOや他国に圧力をかけて、中国への渡航拒否や中国から入国拒否をさせないようにしようとしているのですからね。

 マジにバイオテロです。

 そして今のWHOって国際機関に中国の影響力が入ると、全く機能しなくなるばかりか、悪い影響しかないという事の証拠です。
 
 今回の習近平ウィルスの流行で、中国と言う国がどんなにヤクザ国家であるかがよくわかりました。
  1. 2020-02-04 16:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する