FC2ブログ

2020-01-16 19:54

聞くも涙?騙るも涙w 生活保護はストーブ禁止?

 生活保護の話なると何でこんなインチキ報道になるんでしょうね?

生活保護の男性が訴える「ストーブ禁止」は違憲 札幌市は争う姿勢 
1/15(水) 17:57配信 

北海道の冬に欠かせない、ストーブ。
そのストーブの買い替え費用が生活保護費で認められないのは、憲法違反だ…札幌の50代の男性が市に支給するよう求めた裁判の初弁論がありました。
市は争う姿勢を示しました。
札幌市白石区に住む50代の男性です。
男性は心筋梗塞や狭心症などを患い、仕事を続けられなくなったため2013年から生活保護を受けています。
(男性)「ストーブなしで、北海道でひと冬ふた冬乗り切れる方はどれくらいいらっしゃるんでしょうか」
2017年12月、18年間つかっていた石油ポータブルストーブが油漏れを起こし故障。
札幌市に買い替えの費用を申請しましたが認められませんでした。
男性は生活費を切り詰めてストーブを購入しますが灯油代が払えず、温度を10度ほどに抑え、ダウンジャケットを着て寒さに耐え忍んでいたといいます。
(男性)「このまま発作が起きて死んじゃうのかなという想像もあった/暖房は人間らしい生活にとって絶対に必要なものだと訴えたいです」
ストーブがない生活は憲法で定められた「健康で文化的な最低限度の生活」といえるのか…。
次回の裁判は4月20日の予定です。
北海道放送(株)

 2020y01m16d_183945545.jpg

ストーブがない生活は憲法で定められた「健康で文化的な最低限度の生活」といえるのか…。

 北海道でストーブのない生活は、不可能です。
 健康で文化的な最低限度の生活どころか、生命の維持が難しくなります

 しかしワタシはこの男性にストーブ代を支給しないという、札幌市を支持します。

 実はリンク先の動画に出ていたストーブは、我が家で使っているのと同じ型のものでした。
 ワタシは2~3年前にこれを買ったのですが、7000円弱でした。

 この種のポータブル石油ストーブは、大体1万円前後です。

 この男性はこのストーブ一つで暮らしていたところを見ると、10畳弱のアパート暮らしでしょう。

 一方、札幌市の生活保護費は単身者で月額13~14万円です。
 これは高卒公務員の初任給の手取り程度で、札幌市内の中小企業の女子事務員などには、これより手取りが少ない所も少なくありません。

 しかも生活保護の場合は、医療費は全額無料、上下水道費、NHKの視聴料も無料です。

 だから普通に考えると、高卒で働きながら単身で暮らす若者や、下宿生活を送る学生などよりは、余程余裕のある生活ができる額です。

 けれども生活保護受給者の場合、これにさらに冬季加算と言うのがあるのです。
 これは10月から翌年4月まで毎月、生活保護費にプラスして支給されます。
 単身者の単身者の場合は毎月12540円、一冬ならば87780円、生活保護費に加えて支給されるのです。

 現在、札幌市内での灯油代は、1ℓ90円弱です。
 この男性のストーブでは年、500ℓ以上の灯油を焚くことは不可能ですから、灯油代は年4万5千円程になります。

 それじゃこの男性は冬季加算を何に使ったのでしょうか?
 そもそも10月から毎月12540円の冬季加算を受け取りながら、7000円弱のストーブ代を札幌市に要求するって何でしょうか?

 この男性が病気になり生活保護を受給しているのは気の毒だと思います。
 
 そして自分も病身なので知っていますが、現在、日本では厄介な慢性病を抱え込んだ場合、生活保護だけが唯一のセーフティネットなのです。
 
 なぜなら障碍者年金は「障害」の認定がなければ降りないし、しかもその「障害」が固定している事が条件ですから、寝たきりの病人でも、快癒の可能性がある限りは、障碍者認定はされず、障碍者年金はもらえないのです。

 また民間の健康保険や傷害保険も、長期療養の必要な慢性病に対応する物はありません。

 つまり死にはしないけれど、治るあてもないという厄介な慢性病に罹った場合、生活保護だけが唯一のセーフティネットなのです。

 ワタシだって父が幾ばくか残してくれなかったら、生活保護の厄介になるしかありませんでした。

 身寄りや蓄えのない慢性病患者にとって、生活保護は命そのものなのです。

 しかしそれを考えるからこそ、この男性とこの男性を担ぎだした支援者、そしてこんなバカ報道を行う北海道放送には、怒り心頭です。

 こんなバカみたいな事ばかり言っているから、本当に生活に困って生活保護を受給している人達が誤解されるのです。
 そしてこんなバカみたいな要求を呑み続けたら、生活保護と言う制度が破綻していまいます。
 
 日本は民主主義国家ですから、行政に対して抗議をする権利も、訴訟をする権利も保証されているし、また報道機関はそれを報道するべきです。

 しかし報道するなら、事実を公正に報道するべきでしょう?
 
 この男性の主張を報道するなら、札幌市側の主張も報道するべきです。 
 そして一般視聴者の為に、そもそも彼の得ている生活保護費と冬季加算費も、正確に報道するべきです。
 それを報道せずにただひたすら「聞くも涙」の報道するって、詐欺報道でしょう?

ストーブがない生活は憲法で定められた「健康で文化的な最低限度の生活」といえるのか…。

 言えないよ!!

 だから札幌市は生活保護費に加えて、ストーブと灯油を買ってもまだまだ十分余る程の冬季加算を与えているでしょう?

 貴方はそれを何に使ったんですか?
 もし貴方に金銭管理能力がないなら、今後は生活保護費と冬季加算は一旦全額民生委員にでも預かってもらって、日々の買い物の度で受け取るなどしたらいかがですか?

 因みにこの男性は訴訟を起こすそうですが、彼の「支援者」って何でしょうね?
 そんなに彼が気の毒なら、とりあえず灯油代2万円程建て替えてあげたら?
 彼はこれを冬季加算二か月分で返せるでしょう?

  1. 生活保護
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

怒り心頭のご様子ですが、そりゃ北海道放送には頭にきて当然ですよね。
生活保護者を蔑視するつもりはありませんが、20年前くらいまでは、顔や名前を出したりするのが憚られていたと思いますが、近年では堂々と取材も受けて、法外な主張を繰り広げたりします。
ああいうことやってると、一般納税者から蔑視されるようになってもやむをえないかもしれません。
多くの受給者は、納税者や国に感謝の意を持っていると思いますが、当記事のような者や、それを流布するメディアのせいで、悪印象は増加せざるを得ないでしょうね。

この記事の男性は、パチンコにでも使っちゃったんじゃないかな?
  1. 2020-01-16 20:49
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

寒冷地手当や燃料代と呼ばれてた物ですね、勤務先では結構前に廃止されました
沖縄行けば〜(棒
お仲間が沢山居そうだし

ハイサイおじさん
https://youtu.be/ffFub9oJZVw
  1. 2020-01-17 01:24
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 怒り心頭のご様子ですが、そりゃ北海道放送には頭にきて当然ですよね。
> 生活保護者を蔑視するつもりはありませんが、20年前くらいまでは、顔や名前を出したりするのが憚られていたと思いますが、近年では堂々と取材も受けて、法外な主張を繰り広げたりします。
> ああいうことやってると、一般納税者から蔑視されるようになってもやむをえないかもしれません。
> 多くの受給者は、納税者や国に感謝の意を持っていると思いますが、当記事のような者や、それを流布するメディアのせいで、悪印象は増加せざるを得ないでしょうね。
>
> この記事の男性は、パチンコにでも使っちゃったんじゃないかな?

 生活保護って本当に慢性病患者や蓄えのない高齢者などの唯一のセーフティネットなので、絶対に守り続けなければならない制度です。
 また、この世にはどうしても社会に適応できない人も一定数はいるので、その人たちにとっても重要なセーフティネットなのです。

 だからこそこんな愚かしい要求を「憲法違反」と喧伝するのは止めるべきなのです。
 そんな愚かしい事をしていたら、本当に困って生活保護を受給している人達まで蔑視されるし、制度が破綻します。
  1. 2020-01-17 11:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 寒冷地手当や燃料代と呼ばれてた物ですね、勤務先では結構前に廃止されました
> 沖縄行けば〜(棒
> お仲間が沢山居そうだし
>
> ハイサイおじさん
> https://youtu.be/ffFub9oJZVw

 今の状況だと関東以南は夏に冷房の電気代用の「夏季手当」が必要なのでは?

 しかし北海道でも冬季手当なんか出してない会社も多いです。 
 それに非正規ならそもそもそんな手当もありませんし。

 そういうのを見ると、冬季加算を貰ってストーブ代を寄こせって、滅茶苦茶ですよね?
 
  1. 2020-01-17 11:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

穿った見方

こんにちは。

引用記事に記されている男性は、裁判まで行っているので、普通に考えれば?そこまでするには「誰かに相談」したはずです。費用も必要ですしね。

筋が良くない連中に相談した、そそのかされた、というのが本当のところなのでしょう。そうでなきゃ、病気になる前から、「違憲だ」「憲法違反だ」を常套句にするところと密接な関係にあったのか?

そんな穿った見方をしてしまいます。

なお、既存の新聞テレビというところは、色々なところから取材依頼とか、取材ネタの投げ込み・持ち込み、というのがあります。しかも、いわゆる「パヨク」的な方々からの取材ネタの投げ込み・持ち込みは非常に多く、その様な取材ネタの多くは報道記者としての「正義感」がそそられるんですよね。

まあ、ご存知の様に、新聞テレビの労働組合というのは、その実態は「極左」ですから、その労働組合員でもあるはずの、報道現場の社員取材記者や社員取材ディスク等々は、パヨクの影響が強いんですけどね。
  1. 2020-01-17 13:08
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

Re: 穿った見方

> こんにちは。
>
> 引用記事に記されている男性は、裁判まで行っているので、普通に考えれば?そこまでするには「誰かに相談」したはずです。費用も必要ですしね。
>
> 筋が良くない連中に相談した、そそのかされた、というのが本当のところなのでしょう。そうでなきゃ、病気になる前から、「違憲だ」「憲法違反だ」を常套句にするところと密接な関係にあったのか?
>
> そんな穿った見方をしてしまいます。
>
> なお、既存の新聞テレビというところは、色々なところから取材依頼とか、取材ネタの投げ込み・持ち込み、というのがあります。しかも、いわゆる「パヨク」的な方々からの取材ネタの投げ込み・持ち込みは非常に多く、その様な取材ネタの多くは報道記者としての「正義感」がそそられるんですよね。
>
> まあ、ご存知の様に、新聞テレビの労働組合というのは、その実態は「極左」ですから、その労働組合員でもあるはずの、報道現場の社員取材記者や社員取材ディスク等々は、パヨクの影響が強いんですけどね。

 ええ、これどう考えてもオカシナ連中がこの男性を利用して騒いでいるとしか思えないのです。 そしてテレビ局側もこの騒ぎを起こしている連中とグルでしょう?」

 それにしても冷酷な連中ですよ。
 
 ホントに男性を助ける気があれば、灯油代を2万程建て替えてやればそれで済むのに、それはしないで冬中この男を凍えさせておく気なのですから。
  1. 2020-01-17 13:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

真面目で誠実に生きると損をするのでしょうか

はじめまして。
昨年夏頃にブログで知り合った方に紹介していただき、拝読しております。

昨年秋に、難病と十数年間闘った61歳の父を見送りました。

父は40代で働けなくなりましたが、障害年金も申請せず、生活保護にも頼りませんでした。
貯蓄を切り崩しつつ、いつまで続くか、いくらかかるか分からない医療費のために、家族慎ましく暮らしておりました。
子どもたちが働きだして、楽になったとは言ってもらえましたが。

生活保護って、最後の最後、どうしようもなくなったときに申請するものではないのでしょうか。

理不尽だと、喚けば喚くほど、お金がもらえて、世間の同情を得られるなんて。
おかしな報道機関に、おかしな団体。
みんなやたらに喚いていませんか。

真面目に誠実に忍耐強く生きた父を誇りに思うのと同時に、あの頑張りはなんだったのかと、虚しさと怒りを覚えます。
  1. 2020-01-17 16:59
  2. URL
  3. ホワイティうめこ #-
  4. 編集

Re: 真面目で誠実に生きると損をするのでしょうか

> はじめまして。
> 昨年夏頃にブログで知り合った方に紹介していただき、拝読しております。

 恐縮です。
 どうぞよろしく。
>
> 昨年秋に、難病と十数年間闘った61歳の父を見送りました。
>
> 父は40代で働けなくなりましたが、障害年金も申請せず、生活保護にも頼りませんでした。
> 貯蓄を切り崩しつつ、いつまで続くか、いくらかかるか分からない医療費のために、家族慎ましく暮らしておりました。
> 子どもたちが働きだして、楽になったとは言ってもらえましたが。
>
> 生活保護って、最後の最後、どうしようもなくなったときに申請するものではないのでしょうか。
>
> 理不尽だと、喚けば喚くほど、お金がもらえて、世間の同情を得られるなんて。
> おかしな報道機関に、おかしな団体。
> みんなやたらに喚いていませんか。
>
> 真面目に誠実に忍耐強く生きた父を誇りに思うのと同時に、あの頑張りはなんだったのかと、虚しさと怒りを覚えます。

 お父様も御家族も本当に大変でしたね。

 40代で妻子持ちの人が、ワタシと同じ病気を抱え込んだのを見た事がありますが、障碍者年金の対象にはならず、仕事は解雇されて、真面目に「首を吊りたい」と言っていました。
 
 でも生活保護自体は制度としては、貯金があれば受給できませんし、障碍者年金も障碍者認定されないと支給されません。
 ブログ本文にも書いた通り、厄介な慢性病になって入院と自宅療養を繰り返しても、四肢の麻痺とか視力や聴力を失うなどの障害がないと障碍者には認定されないのです。

 だから貯金も尽きて、家族の生活も不可能になったら、生活保護を受給するしかないのです。

 そういう意味では本当に大切な制度で、多くの人々の命綱なのです。
 だから皆「生活保護は最後の手段」と思って頑張っているのです。

 それなのにこの記事の男性みたいなのを担いで、生活保護もっと寄こせ!!と騒ぐ活動家がいるのです。

 こんな事をしていたら制度が破綻して、本当に救うべき人を救えなくなるのに・・・・。
 本当に腹立たしいです。
  1. 2020-01-17 23:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

【御返信不要です】お返事ありがとうございます。

お返事ありがとうございます。
生活保護はご病気の方や、生活に本当に困った方のための制度であってほしいです。
たまたま、うちは貯金があったため、受給者にならなかっただけで、病を抱えると誰しも対象になりうる制度ですもの。

一点だけ、蛇足、かつ余計なことですいません。
私の読解力が乏しいために、下記のように、よもぎねこ様の文章を理解したのですが、合っていますでしょうか。

「障碍(←正当にはこちらの漢字でしたか。失礼いたしました)者手帳の認定要件と障碍年金の認定要件は同じ」

もし異なっていたら申し訳ありません。
都道府県や市町村によって異なるかもしれませんし。

私の地元では、障碍者手帳を持っていなくても、障碍年金受給の対象になることができます。
申請窓口と審査機関が異なるためです。
もちろん認定要件が重複することも多いかと思われますが。

実際に障碍者手帳の要件を満たしていなくても、障碍年金を受給されていた方を存じています。
「入退院を繰り返し、自宅療養が必要な状態」の難病を抱えられた方で、四肢の欠損・失明・複数臓器の喪失等の重い障碍ではない方です。
障碍年金の認定要件は「働ける状態か、否か」が重視されるとのことです。
寛解されてお仕事復帰を果たし、障碍年金の受給をやめた方もいらっしゃいます。

私の父も、散々主治医が心配して、障碍年金の申請を勧めて下さいました。
実際申請しなかった訳なので、申請が通っていたかどうかは不明ですが。
土地柄かもしれませんが、障碍者でなくても、障碍年金を受給できる可能性があるとお伝えしたかった次第です。
長々と失礼いたしました。
  1. 2020-01-18 01:46
  2. URL
  3. ホワイティうめこ #-
  4. 編集

言われきったことだがこの手の話をするやつで家計簿公開するやつはいないねえ。

冬期加算の金額見るだけでバレちゃうからねえ。
まあ裁判ならば当然主張立証しなきゃあいけないなから家計簿出すんでしょうけどそれで今度は裁判所を批判するんでしょうかね、まあとんでもない連中です。

パヨクにしろプロ市民にしろ強欲生活保護受給者にしろ基地外在日にしろエセアイヌにしろ、よもさんの敵は皆不当な利益を得ようとして平気で嘘をつく連中ばかりですよね。

日本社会は弱者については結構寛大な社会だと思います。そして人々は結構忘れやすい社会です。
この手の話が出てくれば本当ならもういいかげんにしろで終わりですが、十年一日お涙頂戴をやっている。

この上で制度が硬直してますから何も言えません。

小生の知るシングルマザーは40代なかば、上が高1下が中2男の子2人、離婚したあともとの旦那が死に一切銭がもらえなかったといいます。パートの掛け持ちでなんとか食いつないで子供育ててきましたが親元に居候できなければまず無理だったと当人が言ってます。

本当はこういう連中に補助してやらねばいけないのですよ。こういう人々を救おうと言わねばならぬのに不正受給の片刃王を担ぐ連中がいるというのは本当に腐った話だと思います。
  1. 2020-01-18 13:15
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 言われきったことだがこの手の話をするやつで家計簿公開するやつはいないねえ。
>
> 冬期加算の金額見るだけでバレちゃうからねえ。
> まあ裁判ならば当然主張立証しなきゃあいけないなから家計簿出すんでしょうけどそれで今度は裁判所を批判するんでしょうかね、まあとんでもない連中です。
>
> パヨクにしろプロ市民にしろ強欲生活保護受給者にしろ基地外在日にしろエセアイヌにしろ、よもさんの敵は皆不当な利益を得ようとして平気で嘘をつく連中ばかりですよね。
>
> 日本社会は弱者については結構寛大な社会だと思います。そして人々は結構忘れやすい社会です。
> この手の話が出てくれば本当ならもういいかげんにしろで終わりですが、十年一日お涙頂戴をやっている。

 コイツラの目的は裁判での勝訴以上に、マスゴミと組んでのプロパガンダではないかと思います。
 裁判では生活保護費も冬季加算も明らかになりますから、冬季加算を毎月12540円もらって7000円弱のストーブを買えない、ストーブを買ったら灯油が買えない、というのは、通らないでしょう?

 だから報道するときも、彼に支給される生活保護費と冬季加算も報道すれば、殆どの人は札幌市を支持するでしょう。
 そして生活保護費も冬季加算も公費であり、支給基準も公表されているのですから、報道しても問題はないはずです。

 でもそれを隠して「ストーブ禁止」と報道するのですから、報道側がグルでしょう? 
>
> この上で制度が硬直してますから何も言えません。
>
> 小生の知るシングルマザーは40代なかば、上が高1下が中2男の子2人、離婚したあともとの旦那が死に一切銭がもらえなかったといいます。パートの掛け持ちでなんとか食いつないで子供育ててきましたが親元に居候できなければまず無理だったと当人が言ってます。
>
> 本当はこういう連中に補助してやらねばいけないのですよ。こういう人々を救おうと言わねばならぬのに不正受給の片刃王を担ぐ連中がいるというのは本当に腐った話だと思います。
 
 ええ、本来なら本当に切実に困っている人の救済を訴えるべきだし、実際に救済が必要な人は結構いるのです。

 ところがなぜかこの男性のような連中を担ぐのですから、この種の自称弱者の味方ってホントに胡散臭いです。
  1. 2020-01-18 14:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する