FC2ブログ

2019-10-17 11:11

嫌いな国を選んで弟認定の不思議 韓国

 日韓関係は戦後最良の状況が続いています。
 今後もこの関係を発展させたいですね。

 ところでこれまで日韓関係について、韓国はしきりに「日韓は兄弟」と言っていました。
 そして韓国の認識では韓国が兄で日本が弟と言う事になっています。

 しかしワタシはこれ凄く違和感があったのです。

IMG_5694

 まず日韓は隣国ではありますが、歴史的にも文化的にも「日韓は兄弟」と言えるほどの親しい関係ではありません。

 これは例えば同じ海を挟んだ隣国同士、イギリスとフランス、イギリスとドイツなどと比べてみれば明らかです。

 イギリスは元来ケルト人の国だったのを、ドイツのゲルマン人の一派であるザクセン人(サクソン人)が制服し、それを更にフランス化したノルマン人が制服支配して現在に至るという国です。
 
 だから英語の文法や単語は驚くほどドイツ語の似ているし、更にフランス語の語彙も沢山入っています。
 
 現在のイギリス王室は元来ハノーバーと言うドイツ姓でした。 これを第一次大戦中に創氏改名してイギリス風のウィンザーに変えたのです。
 現在のイギリス王室の直接の先祖がドイツのハノーバー家出身のヴィクトリア女王だから、ハノーバー家だったのです。

 それにしてもドイツから女王を連れ来るなんてことができるのは、元来イギリス王室とドイツ諸侯は婚姻を繰り返していて、極めて近い姻戚関係にあったからです。

 これに対して、日本の皇室について朝鮮との姻戚が推定される唯一の理由は、桓武天皇のご生母の10代前の先祖に、百済の王子に似た名前の人がいたというだけです。
 上皇陛下はこれを「韓国にゆかりを感じる」と仰いました。

 これを比較すると、イギリス王室とドイツの距離は隣家、日本の皇室と韓国との距離は別の惑星と言えるほどです。

 けれどもドイツはイギリスもフランスもお互いに「兄弟」とは絶対に言わないのです。

IMG_5645

 一方、世界には本当に兄弟国を自任する国々があります。

 イギリスとアメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの所謂ファイブアイズ、ドイツとオーストリア、アラブ諸国などです。
 これらの国々は民族も同じだし、価値観や政治体制もよく似ています。

 だから過去の二つの大戦では、それぞれ同じ側に立って参戦しています。
 勝ったファイブアイズは共に勝利を誇り、負けたドイツとオーストリアは共に敗戦の賠償責任や謝罪を行っています。

 なるほどこれなら「兄弟」と言うのもうなずけます。
 
 しかし日本と韓国は、第一次大戦も第二次大戦も、同じ側について戦ったのですが、奇妙な事に連合国側に立って日本と戦ったかのようにふるまい、慰安婦や自称徴用工問題について事実無根の「強制連行」を捏造して世界中に日本を讒訴して回っているのです。

 韓国は事実無根の犯罪を捏造して、弟を讒訴する兄なのです。
 そして日本人のノーベル賞受賞のような、言ってみれば弟の名誉や成功については、頗る不愉快らしいのです。

IMG_5697

 これ、ホントに奇妙です。

 ノーベル賞の授賞式とそれを祝うスウェーデン国王主催の晩餐会って、受賞者の兄弟も招待されるのです。
 
 スェーデンって個人主義そのものの国なのですが、それでもこういう慶事は兄弟も共に祝うべきと思うのでしょう?
 だから、受賞者本人だけでなく、兄弟にも招待状が来るんですんですよね?

 ところが韓国人は「弟の国」である日本の名誉を喜ばないのです。

 そして弟の国である日本の戦争犯罪を捏造しては世界中に喧伝するって、もっと奇妙でしょう?

 強姦事件や殺人事件で犯人が逮捕されたとき、マスゴミは犯人の親族を追い回します。 
 しかしその時、親族達はひたすら逃げるか、或いはうつむいて被害者遺族に謝罪します。

 弟の犯行を非難して、悦に入る兄などと言う者が出てきた事があったでしょうか?
 ましてありもしない犯罪を捏造して、「オレの弟は強姦魔だ。」「オレの弟は殺人鬼。」だと吹聴して回る兄などと言う者が存在するのでしょう?

 だって弟の犯罪は兄にとっても不名誉です。
 それに日本でだけでなく、欧米や中東でも善良で弟思いの兄であれば、弟に代わって被害者に謝罪や賠償をして、弟の為に許しを請うべきだと考えられていますから、弟が犯罪者だと兄は大変なのです。

 だからあえて犯罪者と兄弟だと吹聴するような人間は皆無なのです。

 それどころか、暴力団員の義兄弟の場合だって、舎弟が犯罪を犯して逮捕されたら、兄貴分としては舎弟の量刑が軽くなるように奔走するでしょう?
 そして暴力団員的にもトンデモナク悪いやつを選んで義兄弟の契り結ぶなんて馬鹿な事はしないのです。

 ところが韓国は日本を弟だと言いながら、世界中に日本の戦争犯罪を讒訴し、一方でその犯罪について兄として謝罪や賠償を分担する意思は全く見せないのです。

 そもそも本当に兄弟かどうかも怪しいのに、犯罪者を選んで弟認定したり、義兄弟になったりする人間と言うの、不可解なのです。

 これは日本は勿論、他国から見ても随分異常な言動だと思うのですが、韓国人は気付いているのでしょうか?

IMG_5719

 因みに世界にはロシアとウクライナのように、元々は同じ民族で兄弟国だったものが、歴史の中で敵対している例もあります。

 ロシア建国の歴史は10世紀末にキエフの支配者がキリスト教化したことから始まります。 それが次第に支配息を広げて、モスクワ近郊まで広がったのです。
 ところが13世紀にモンゴルの侵入を受けて、モスクワを中心とした東半分ほどが、モンゴルの支配下に入りました。

 そしてその後モンゴルの支配を脱したモスクワ側が力をつけ、17紀にウクライナを取り込んで、また一つの国になったのです。

 こういう歴史を見るとロシアとウクライナを、同じ民族と言うべきか?違う民族と言うべきかは悩むところです。

 しかしロシア革命で生まれたソ連の共産主義政権は、ウクライナ人を大量餓死に追い込みました。

 ソ連の共産主義政権はウクライナ人だけでなく、クリミアタタールなど域内の多くの民族を強制移住や粛清により人口を半減させるほどの迫害を行ったし、ロシア人だって大量に粛清されているので、ウクライナ人だけを民族的理由で迫害したというべきかどうかは悩むところです。

 でもウクライナ人からすれば、もうソ連に関連するものとは全て縁を切りたいと思うのも当然でしょう?
 だからソ連が崩壊すると速攻で独立しました。

 そして今は「ロシアとウクライナは全く別な民族だ。」などと言っています。

 韓国は常日頃「日本の植民地支配」の凶悪さを吹聴しているのですから、例え本当に兄弟国であったとしても、ウクライナのように元の兄弟国と縁切り宣言するべきではありませんか?

 こうやって世界の他の国々や民族と比べてみると、韓国ってホントに奇妙なのです。
 なんで韓国はこんな奇妙な事を言い続けるのでしょうか?

IMG_5723

 ワタシはこれは韓国人にとっての「兄弟」の意味が、日本や欧米その他の世界と根源的に違っているからではないかと思います。

 キリスト教文化では兄弟と言うのは、最も親しくしかも平等な人間です。

 それでキリスト教の修道士や修道女は、年齢や経歴に関係なくお互いをブラザー、シスターと呼び合います。
 宗派によっては信者同士でもブラザー、シスターと呼び合います。

 修道院長はファザーやマザー、一般信徒を指導する司祭もファザーです。

 ヴェートーベンの第9では「Alle Menschen werden Brüder」(すべての人類は兄弟になる)と歌うのですが、それは全ての人類が平等になり愛し合うという事です。

 ところが韓国は違うようです。
 兄弟には長幼の序があって、年齢の順に厳しい上限関係があります。

 兄弟に上下関係があるのは、日本も同じなのですが、しかしどうも韓国と日本ではこの上限関係の意味がまた違うようなのです。

IMG_5724

 これを痛感したのが、産経新聞のこの記事です。 
 
【世界を読む】徴用工問題 昭和15年の報告書が示す自ら望んだ渡航

 長文なので貼りませんが、内容の骨子は韓国の言う「徴用工」は、実は出稼ぎであったという話です。
 これはネトウヨなら皆知っている事ですが、しかしこの記事でワタシが驚いたのは、この出稼ぎ朝鮮人の多くが「夫または長男が極めて多い」と言う点です。
 
 貧しい小作農が出稼ぎに出る。

 これは日本でも普通にありました。
 実はワタシの母方の貧農の生まれで10人兄弟の末っ子だったので、尋常小学校を卒業した12歳で神戸の貿易商の店に丁稚奉公に出ました。

 しかし日本の場合は家を出て出稼ぎに出るのは、ワタシの祖父のように次男以下なのです。
 長男は家督を相続できる代わり、家業と先祖の墓を守り、両親を扶養する義務があるので、家を出られないのです。

 今でも長男が家業を継いでいる例は多く、ワタシの知人にも東京の大学を出て東京でしばらく働いたのに、親の会社を継ぐために札幌に戻った人がいます。
 長男が家業を継いでも、現代の法律では、親の資産は兄弟が分割相続なので、いろいろ大変だったりすることも多いようですが、それでもやはりこうした「長男の義務」を果たす人は多いのです。

 ところが朝鮮では「内地への渡航者について「夫または長男がきわめて多い」と分析。その理由を「耕作すべき土地をほとんど持たず、持っていても小作料が高く生活を維持できない」などとし、「長男が次男に家の責任を押しつけて勇んで内地へ飛び出す」「次男は耕地と住宅を譲られ、その上幾分の仕送りもされて比較的余裕ある生活をしながらも、兄を恨み自らも内地へ移動せんと気構えている事例は多い」などと報告している。」と言うのです。

IMG_5739

 長男が弟に家業を押し付けて家を出るなんて・・・・・。
 
 こ、こんな事戦前の日本でやったら大変でしょう?
 村中から袋叩きにされますよ。

 日本の場合、長男は尊重されるけれど、それは家督を継ぐ義務と引き換えです。

 ところがどうやら朝鮮では上の者は、本来上の者が果たすべき最も重要な義務を、下の者に押し付ける事ができてしまうのです。

 これって日本人の感覚から言えば無茶苦茶ですよね?
 これでは一体何で上の者が敬われるかがわかりません。 

 こういうの見ていると朝鮮では兄には兄の義務なんかなく、ただひたすら弟にやりたい放題ではありませんか?

 つまりこれが韓国が日本を「弟」と言いたがる理由なのでしょう?

 ただの隣国や準同盟国では、日韓関係は対等です。
 しかし兄弟国になり韓国が兄、日本が弟になると、韓国は日本を絶対服従させて、何でも要求できるのです。

 でもこういう兄弟関係は、日本人にもまた欧米その他の国々と比べても、極めて特異な物ですから、日本人にもまた他の国々の人からも、理解できるわけもないのです。

 そもそも兄弟姉妹のような家族関係、家族の情愛のような物は、人類普遍のものと言うイメージがあるので、実はここまで特異な兄弟感を持つ民族がいる事自体が驚異なのです。

IMG_5746

 ワタシはネトウヨだけれど、実は子供のころから外国の話にはすごく興味あってロシア文学始め外国文学を読むのが大好きで、中東やアフリカ諸国の文学も読みました。
 また外国と日本を比較しての文化論や文化人類額などの本も結構読みました。
 
 でもロシア文学はもとより、「かくも長き手紙」のようにセネガルのイスラム教徒の女性の作品でも読んでそれほど違和感を感じた事はなく、むしろ普通に共感できました。

 でも韓国人は勿論、在日コリアンの作品も全然ダメなんですよね。
 パソコンを買ってネトウヨになるずうっと前からダメなのです。

 最初の数ページを読んでギブアップするという事を繰り返し、全然読まなくなったのです。
 
 でもこうやって考えてみればわかります。
 兄弟姉妹のような家族関係の認識自体が根源的に違っているのだから、これはもう完全に「宇宙人」なのです。

 そういえば「宇宙人」鳩山由紀夫は韓国では大人気ですね。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

>日韓関係は戦後最良の状況が続いています。 今後もこの関係を発展させたいですね。

やはり、一衣帯水の隣国どうしですから、仲がいいことに越したことはありません...なんてことは全く思いません(笑)
管理人さん書かれた通り、戦後というか有史以来最良の状況かもしれませんし、今後もますます関係悪化要因が多く、さらなる状況改善(事実上の断交を見据えた)が期待されます。

さて、韓国の脳内にのみある兄弟論。
管理人さんも感じられたかもしれませんが、私が直感的に思ったのは、儒教を基礎としたシナ式の兄弟。
8~900年ほど前のシナの宋王朝時代。
唐の衰退の原因が宦官跋扈と地方軍閥の強大化にあると分析し、文官重用を国是とし、現代日本のようなシビリアンコントロールを強化したわけです。
すると、地方軍閥の力は弱まり、国境線が異民族に荒らされ、国そのものが繰り返し危機を迎えます。
そこで、領土割譲、歳幣(経済援助)を約すわけですが、同時に、異民族国家(この場合、遼、金、元など)と両国間の関係を家族に見立てて定めるわけです。
ここはメンツの問題で、日本人にはなかなか理解しにくい部分なのですが、領土や歳幣以上にもめるわけですね。
宋を兄、遼を弟、宋を甥、金を叔父など、和約で少しでも優位に立てるよう議論を闘わせるわけです。
その和約によって定められた関係によって、外交文書などの書式、用語が決まってくるため相互が地位向上に必死になったわけですね。
日本人から見たら、兄弟としたものを叔姪の関係に変更したと言われても、改善したのか後退したのか、さっぱりわかりませんけどね(笑)
現代韓国では、そういった感覚が残存してるんじゃないでしょうか?
シナ「残滓」って言わないんですかね(笑)

  1. 2019-10-17 14:56
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

日本は韓国の母なのだ

朝鮮と日本の古代における関係は長浜氏の説でよく理解
できる。つまり、よく知られている様に旧石器時代に
朝鮮半島は無住になっていたので、縄文人(日本人)が
大挙移住して文明を形成していたところに北から
大陸人が侵入してきて現在の朝鮮を形作ったというもの。
ここで言う「侵入」とは、勿論、大陸で普通に行われる
旧約聖書にも書いてある「あれ」である。魏志倭人伝
にある朝鮮半島の「なになに韓国」と言うのが侵入を
受けつつある倭人の国であり、南端にある「倭国」
(後の任那)が純粋に倭人の国である。この任那も
結局は新羅に侵略されたのは承知のとおりである。
この時の状況が日本書紀に書いてあるが、大東亜戦争
敗戦後に満州や朝鮮からの引揚者たちが被った非道も
かくやと言うものである。

さてその結果、女性だけに伝わるミトコンドリアDNAの
パターンは日本人と朝鮮人で共通であり、男性だけに
伝わるY染色体のDNAのパターンは日本人と朝鮮人で
全く違うという事になる。

そんな意味で日本人は朝鮮人の母なのである。
  1. 2019-10-17 20:00
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

日本人になりたかった朝鮮人作家。立原正秋。がいますね帰化してますが
日本に帰化した呉善花氏、韓国に帰化した朝日新聞元主筆etc なんか違う感じが

朝鮮と解釈が異なる言葉に「友好」があります
日本は対等な関係を想定しますが、朝鮮では自分が絶対上位での関係を…
ですから日米は戸惑ってきたけど中国は殴りつけて従属させてきた
韓国はグローバル化と言うけど中国への傾倒が強すぎてグローバル?と思えるけどね
  1. 2019-10-18 07:23
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

中華思想

韓国(朝鮮)が兄を自称し、日本を弟と見下す。
これは単純に中華思想だと思います。

シナを文化的中心と置き、最も近く(実態は属国ですが)、科挙などの社会制度を真似た自分達を上位に見て、その偉大なる中華文化に感化されない日本は「倭」という野蛮人の国。
「稲作を伝えてやった」、「漢字を伝えてやった」、「焼きものを伝えてやった」etc.のに、恩を忘れて「朝鮮半島を侵略した」日本は道徳的に劣った国である。
そういうことが根底の「侮日」。

彼等のごく一部は日本統治時代に近代化できたことを認めていますが、古代史からしてデタラメなので、日本に対する見方は変わらないでしょうね。

『反日種族主義』に影響を受けた、ややまともな韓国人でも、「近代こそ差を付けられたけど、敵を知ることにより、いつかは『克日』するんだ」というレベルです。
  1. 2019-10-18 07:27
  2. URL
  3. daish100 #-
  4. 編集

>朝鮮では上の者は、本来上の者が果たすべき最も重要な義務を、下の者に押し付ける事ができてしまうのです。

これは、特亜特有の儒教・地方の特有な習慣その他が渾然と混じった”世界とは断絶した宗教感(?)”とでも理解しなければ理解できないでしょうねえ。

ちょっと話が散らばりますが・・・
シナなどが極端ですが、親が痩せていたら子供は更に痩せている・・・”社稷”を守る事だけを優先するという発想からでしょうか。
戦乱期等など、自分さえ生きていれば、子供は再生産可能という事で、兵乱が多すぎるシナなどでは日常の光景だったようです。
これは劉邦などが、逃げる時に馬車から子供を捨てようとした等記録もあるようですから、昔からの習慣なのでしょうか。
そんな事もあり、現世利益だけが優先される民族性に成ったともいえますか。

朝鮮の場合は、小中華として日本を弟として認定する事で、兄である朝鮮の”収奪”を正当化しているともいえます。
両班などは、平民から買い物しても金すら満足に払わなかったようですから、同じ論理なのでしょう。
いうなれば、両班自体がゴロツキだったと理解すれば、朝鮮人の発想は判り易いですかね。
現在のパヨクもそうですが、論点ずらしが得意な理由は”声闘”で相手を圧倒出来れば理由など何でもいい。
つまり自分が勝者とすれば、勝者が収奪するのが当然の権利だった、という習慣からでしょう。
  1. 2019-10-18 08:57
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >日韓関係は戦後最良の状況が続いています。 今後もこの関係を発展させたいですね。
>
> やはり、一衣帯水の隣国どうしですから、仲がいいことに越したことはありません...なんてことは全く思いません(笑)
> 管理人さん書かれた通り、戦後というか有史以来最良の状況かもしれませんし、今後もますます関係悪化要因が多く、さらなる状況改善(事実上の断交を見据えた)が期待されます。

 ええ、戦後最良です。
 強請、タカリの為に日本を弟認定するような国とは、疎遠になればなるほど「よい関係」と言うべきでしょう?
>
> さて、韓国の脳内にのみある兄弟論。
> 管理人さんも感じられたかもしれませんが、私が直感的に思ったのは、儒教を基礎としたシナ式の兄弟。
> 8~900年ほど前のシナの宋王朝時代。
> 唐の衰退の原因が宦官跋扈と地方軍閥の強大化にあると分析し、文官重用を国是とし、現代日本のようなシビリアンコントロールを強化したわけです。
> すると、地方軍閥の力は弱まり、国境線が異民族に荒らされ、国そのものが繰り返し危機を迎えます。
> そこで、領土割譲、歳幣(経済援助)を約すわけですが、同時に、異民族国家(この場合、遼、金、元など)と両国間の関係を家族に見立てて定めるわけです。
> ここはメンツの問題で、日本人にはなかなか理解しにくい部分なのですが、領土や歳幣以上にもめるわけですね。
> 宋を兄、遼を弟、宋を甥、金を叔父など、和約で少しでも優位に立てるよう議論を闘わせるわけです。
> その和約によって定められた関係によって、外交文書などの書式、用語が決まってくるため相互が地位向上に必死になったわけですね。
> 日本人から見たら、兄弟としたものを叔姪の関係に変更したと言われても、改善したのか後退したのか、さっぱりわかりませんけどね(笑)
> 現代韓国では、そういった感覚が残存してるんじゃないでしょうか?
> シナ「残滓」って言わないんですかね(笑)

 さすがシナ!!
 意味深長な事をやりますね。

 しかし同じ儒教式序列でも、朝鮮の方はホントに単純に上は下にやりたい放題という感じで、これってもう文明社会じゃないですよね。

 権力のある者がその権力をかさに着て横暴にふるまうという事は、人類の常ですが、しかしそういう横暴を抑制するのが文明であり文化でしょう?

 韓国の兄弟序列って、サルの順位以下の野蛮さですよ。
  1. 2019-10-18 11:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 日本は韓国の母なのだ

> 朝鮮と日本の古代における関係は長浜氏の説でよく理解
> できる。つまり、よく知られている様に旧石器時代に
> 朝鮮半島は無住になっていたので、縄文人(日本人)が
> 大挙移住して文明を形成していたところに北から
> 大陸人が侵入してきて現在の朝鮮を形作ったというもの。
> ここで言う「侵入」とは、勿論、大陸で普通に行われる
> 旧約聖書にも書いてある「あれ」である。魏志倭人伝
> にある朝鮮半島の「なになに韓国」と言うのが侵入を
> 受けつつある倭人の国であり、南端にある「倭国」
> (後の任那)が純粋に倭人の国である。この任那も
> 結局は新羅に侵略されたのは承知のとおりである。
> この時の状況が日本書紀に書いてあるが、大東亜戦争
> 敗戦後に満州や朝鮮からの引揚者たちが被った非道も
> かくやと言うものである。
>
> さてその結果、女性だけに伝わるミトコンドリアDNAの
> パターンは日本人と朝鮮人で共通であり、男性だけに
> 伝わるY染色体のDNAのパターンは日本人と朝鮮人で
> 全く違うという事になる。
>
> そんな意味で日本人は朝鮮人の母なのである。

 うわ~~!!!
 あんな出来の悪い子が、自分の子だなんていわれたら??

 普通の女性は卒倒します。
  1. 2019-10-18 11:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 日本人になりたかった朝鮮人作家。立原正秋。がいますね帰化してますが
> 日本に帰化した呉善花氏、韓国に帰化した朝日新聞元主筆etc なんか違う感じが
>
> 朝鮮と解釈が異なる言葉に「友好」があります
> 日本は対等な関係を想定しますが、朝鮮では自分が絶対上位での関係を…
> ですから日米は戸惑ってきたけど中国は殴りつけて従属させてきた
> 韓国はグローバル化と言うけど中国への傾倒が強すぎてグローバル?と思えるけどね

 韓国の新聞記事など読んでいると、どうも彼等は世界標準のグローバリズムや友好を全然理解していない節があります。
 だから友好とかグローバルとかいう言葉を、全部韓国式に解釈して、それがそのまま世界で通用すると考えているようです。

 尤も日本の政治家も、阿吽の呼吸とか、日本以外では通じるはずもない事を平気で言ってますから、どうしようもないのですが。
  1. 2019-10-18 11:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 中華思想

> 韓国(朝鮮)が兄を自称し、日本を弟と見下す。
> これは単純に中華思想だと思います。
>
> シナを文化的中心と置き、最も近く(実態は属国ですが)、科挙などの社会制度を真似た自分達を上位に見て、その偉大なる中華文化に感化されない日本は「倭」という野蛮人の国。
> 「稲作を伝えてやった」、「漢字を伝えてやった」、「焼きものを伝えてやった」etc.のに、恩を忘れて「朝鮮半島を侵略した」日本は道徳的に劣った国である。
> そういうことが根底の「侮日」。
>
> 彼等のごく一部は日本統治時代に近代化できたことを認めていますが、古代史からしてデタラメなので、日本に対する見方は変わらないでしょうね。
>
> 『反日種族主義』に影響を受けた、ややまともな韓国人でも、「近代こそ差を付けられたけど、敵を知ることにより、いつかは『克日』するんだ」というレベルです。

 そうですね。
 単純な中華思想だけれど、でもそれを日本に押し付けられても困るんですよね。

 因みに中華式に兄弟関係をつけるなら、ベトナムは韓国の兄になるけど、韓国は全然兄を敬う様子もないし。
  1. 2019-10-18 11:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >朝鮮では上の者は、本来上の者が果たすべき最も重要な義務を、下の者に押し付ける事ができてしまうのです。
>
> これは、特亜特有の儒教・地方の特有な習慣その他が渾然と混じった”世界とは断絶した宗教感(?)”とでも理解しなければ理解できないでしょうねえ。
>
> ちょっと話が散らばりますが・・・
> シナなどが極端ですが、親が痩せていたら子供は更に痩せている・・・”社稷”を守る事だけを優先するという発想からでしょうか。
> 戦乱期等など、自分さえ生きていれば、子供は再生産可能という事で、兵乱が多すぎるシナなどでは日常の光景だったようです。
> これは劉邦などが、逃げる時に馬車から子供を捨てようとした等記録もあるようですから、昔からの習慣なのでしょうか。
> そんな事もあり、現世利益だけが優先される民族性に成ったともいえますか。
>
> 朝鮮の場合は、小中華として日本を弟として認定する事で、兄である朝鮮の”収奪”を正当化しているともいえます。
> 両班などは、平民から買い物しても金すら満足に払わなかったようですから、同じ論理なのでしょう。
> いうなれば、両班自体がゴロツキだったと理解すれば、朝鮮人の発想は判り易いですかね。
> 現在のパヨクもそうですが、論点ずらしが得意な理由は”声闘”で相手を圧倒出来れば理由など何でもいい。
> つまり自分が勝者とすれば、勝者が収奪するのが当然の権利だった、という習慣からでしょう。

 なんか韓国儒教式の上下関係って、ニホンザルの順位より無残ですね。

 ニホンザルの群れも、一頭ずつ順位が決まっている序列社会なのですが、それでもボスザルの責任など重く、ニホンザルを研究していた研究者の京大教授も「自分にはボスザルはとても務まらない」と嘆息したほどですから。
  1. 2019-10-18 11:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019-10-19 10:58
  2. #
  3. 編集

Re: タイトルなし

> >なんか韓国儒教式の上下関係って、ニホンザルの順位より無残ですね。
>
> 俗に中華5千年の属国といわれる事も有る朝鮮ですが、なぜ中国が直接の支配をせず、琉球よりも徹底的に格下の扱い(ほぼ弾圧)をし続けたのか?を考えれば、それなりの理由があったのではないか?です。
> 古代の中国も”霊的に生まれ変われ”ほど優しくなかった、現在の中共と違って。
>
> かといって、古代の中国が自慢できるほど民度が高かったかといえば・・・人外の”何か”と表現したほうが、日本人的には事実に近い気がします。
>
> むしろ、過去のほうが文明度は高く、時代が下がるに従って右肩下がりであり、大衆の民度に限っては昔から然程の変化は無いようです。
> が、個人的に中国と朝鮮との大きな違いが、中国残留孤児(仮に奴隷用としてでも)は居たが、朝鮮には残留孤児が存在しない理由、と思っております。
> 先々を見るか、超近視眼的にしか考えないかと言えば判り易いかもしれません。
>
> 日本の中国への勘違いの原因は、実際に存在しえなかった”堯舜時代””聖人”思想を、古来より思想を昇華し理想郷として勘違いした事でしょうか。
> 丸光さんに言わせれば、実は人間の料理本を作るほど自分達の”欲望”には、誠に忠実な人たちです。
>
> 現代、中国人がどんな人たちか?の一端が、これを聞けば判ります。(大体9分頃から)
> 人を轢いたら、戻ってきて再度止めに轢き直す・・・訴えられないように。
> 救助もせず、そこで風船を売る人まで出てくるらしい。
>
> ・米国・中国・韓国を経て日本を選んだ米国人歴史学者、ジェイソン・モーガンさんをご紹介します。|TSJ|ON THE BOARD
> https://www.youtube.com/watch?v=CEhpgyeCAns&list=PLDb2c1aZgUAIMhBzocrVFQMBaPz9-Wxi4&index=1

 支配ってコストがかかるんですよ。
 だから支配する価値のあるところは支配するけれど、支配する価値のない所は、支配しないんです。
 反抗されると面倒なので属国にとどめて自治を許すんです。

 尤も李氏朝鮮なんか創始者が自分から中国の属国になることを願い出て、中国をバックに権力を得たのですから、中国としてはあえてそれ以上干渉する必要さへなかったのです。

 ワタシは文在寅はこれを狙っているのではないかと思います。
  1. 2019-10-19 12:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

個人レベルでも国レベルでも

少し前に、韓国ウォッチ系の動画やまとめサイトで 「韓国人のメンタリティは『自己愛性人格障害』の人間にそっくりだ。」 と言われていたことがありました。「自己愛性人格障害」 を簡単に説明すると、「自意識過剰で、自己の能力を過大評価し、他者の怒りや悲しみに共感する能力が著しく欠けている」 というもので、もっと簡単に言うと 「とにかく自分がかわいくて、自分は特別な人間だと思い込んでいて、他者の気持ちに鈍感な人」 ということになります。

たしかに、これって韓国人にぴったり当てはまるんですよね。自己愛性人格障害の人間は、物事が自分の思いどおりにならないと、周囲の人間や社会を恨みます。少し前のエントリーにあった 「韓国人には怒りを抑えられない人が多く、すぐ暴力をふるう。」 というのも、これで説明がつきます。

また、自意識過剰なのは、在日コリアンの作家や有名人を見ればわかりますよね。柳美里など在日コリアンの作家が書く本は、ほとんどが自分の身の回りに関することで、日本人には物珍しいから一部の人にウケているだけで、気持ち悪いと感じる人がいても不思議ではありません。むしろ、あれが 「普通の在日コリアンにとっての日常」 だと知ってしまったらドン引きするし、それを 「日本社会がマイノリティを差別するからだ!」 なんて言われたら、嫌悪感しか湧いてきません。

その手の本をたくさん出している東大教授の姜尚中なんて、自分の息子の自殺と、なんの関係もない東日本大震災を絡めたエッセイ本まで出していましたからね。私には、息子の死を自分の売名と金儲けに利用しているとしか思えません。

ちょっと脱線しますが、姜尚中の息子は精神疾患を患っていて、家庭内暴力がひどく、薬物治療を受けていたものの、20代で自殺してしまったそうです。私はこれも 「怒りを抑えられない韓国人」 の一例じゃないかと思うんですよね。 あと、父親が姜尚中のようなクズだったのも大きいんじゃないかと・・・今でこそ、姜尚中のクズっぷりはネットで広く知られるようになったけど、昔はマスゴミに持ち上げられまくって、テレビにも出まくり、本も出しまくりでしたからね。NHKなんか、美術の専門家でもない姜尚中をEテレの 「日曜美術館」 の司会にしていたし。(津田大介を芸術監督にした 「あいちトリエンナーレ」 とそっくり・・・。)

韓国人の意識には、根底に 「自分たちは特別な存在だから、世界から(特に日本から)特別な優遇を受けるのは当然だ。」 というのがあって、歴史や儒教の影響というのは全て後づけの理由でしょう。よもぎねこさんも上で書いているように、国家の序列も歴史と同じように、自分たちに都合よく改変する人達だし。

このような価値観や世界観は、子供が持っている価値観や世界観に近く、「韓国人は皆がアダルト・チルドレンだ。」 と言った人もいました。すぐに日本のマネをしたがるのも、世界中に告げ口してまわるのも、世界中が韓国の告げ口を聞いてくれると思っているのも、子供がすぐに大人のマネをしたがったり、大人に言いつけたりするのと同じです。

海外のニュースをウォッチしていると、こういう国や民族は世界中に結構います。しかし普通は、そんな国は経済的に発展できないので、発言力も影響力もありません。韓国は隣に日本があったから、あんな国民性でも発展できてしまったレア・ケースですね。

ちなみに、ヤクザが上下関係に厳しいのは 「そうする事でしか秩序を維持できないから」 だそうです。韓国人・朝鮮人がやたらと序列にこだわるのは、韓国人社会・朝鮮人社会の秩序を維持するための、彼らなりの 「知恵」 なのでしょう。やはりあの民族には、昔の李氏朝鮮や、今の北朝鮮のような統治が合ってるんでしょうね。
  1. 2019-10-21 00:56
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 個人レベルでも国レベルでも

> 少し前に、韓国ウォッチ系の動画やまとめサイトで 「韓国人のメンタリティは『自己愛性人格障害』の人間にそっくりだ。」 と言われていたことがありました。「自己愛性人格障害」 を簡単に説明すると、「自意識過剰で、自己の能力を過大評価し、他者の怒りや悲しみに共感する能力が著しく欠けている」 というもので、もっと簡単に言うと 「とにかく自分がかわいくて、自分は特別な人間だと思い込んでいて、他者の気持ちに鈍感な人」 ということになります。
>
> たしかに、これって韓国人にぴったり当てはまるんですよね。自己愛性人格障害の人間は、物事が自分の思いどおりにならないと、周囲の人間や社会を恨みます。少し前のエントリーにあった 「韓国人には怒りを抑えられない人が多く、すぐ暴力をふるう。」 というのも、これで説明がつきます。
>
> また、自意識過剰なのは、在日コリアンの作家や有名人を見ればわかりますよね。柳美里など在日コリアンの作家が書く本は、ほとんどが自分の身の回りに関することで、日本人には物珍しいから一部の人にウケているだけで、気持ち悪いと感じる人がいても不思議ではありません。むしろ、あれが 「普通の在日コリアンにとっての日常」 だと知ってしまったらドン引きするし、それを 「日本社会がマイノリティを差別するからだ!」 なんて言われたら、嫌悪感しか湧いてきません。
>
> その手の本をたくさん出している東大教授の姜尚中なんて、自分の息子の自殺と、なんの関係もない東日本大震災を絡めたエッセイ本まで出していましたからね。私には、息子の死を自分の売名と金儲けに利用しているとしか思えません。
>
> ちょっと脱線しますが、姜尚中の息子は精神疾患を患っていて、家庭内暴力がひどく、薬物治療を受けていたものの、20代で自殺してしまったそうです。私はこれも 「怒りを抑えられない韓国人」 の一例じゃないかと思うんですよね。 あと、父親が姜尚中のようなクズだったのも大きいんじゃないかと・・・今でこそ、姜尚中のクズっぷりはネットで広く知られるようになったけど、昔はマスゴミに持ち上げられまくって、テレビにも出まくり、本も出しまくりでしたからね。NHKなんか、美術の専門家でもない姜尚中をEテレの 「日曜美術館」 の司会にしていたし。(津田大介を芸術監督にした 「あいちトリエンナーレ」 とそっくり・・・。)

 「日曜美術館」はワタシの好きな番組でした。
 と、言うかワタシは美術がすきなのですが、あれぐらいしか美術の番組はなかったので、見ていたのです。

 しかし司会が生姜に変わったと聞いて、テレビを捨ててよかったと思いました。

 思うにあの男が日曜美術館の司会に入り込んだ時点で、左翼と韓国人による芸術利権浸食が明白だったのです。
>
> 韓国人の意識には、根底に 「自分たちは特別な存在だから、世界から(特に日本から)特別な優遇を受けるのは当然だ。」 というのがあって、歴史や儒教の影響というのは全て後づけの理由でしょう。よもぎねこさんも上で書いているように、国家の序列も歴史と同じように、自分たちに都合よく改変する人達だし。
>
> このような価値観や世界観は、子供が持っている価値観や世界観に近く、「韓国人は皆がアダルト・チルドレンだ。」 と言った人もいました。すぐに日本のマネをしたがるのも、世界中に告げ口してまわるのも、世界中が韓国の告げ口を聞いてくれると思っているのも、子供がすぐに大人のマネをしたがったり、大人に言いつけたりするのと同じです。
>
> 海外のニュースをウォッチしていると、こういう国や民族は世界中に結構います。しかし普通は、そんな国は経済的に発展できないので、発言力も影響力もありません。韓国は隣に日本があったから、あんな国民性でも発展できてしまったレア・ケースですね。
>
> ちなみに、ヤクザが上下関係に厳しいのは 「そうする事でしか秩序を維持できないから」 だそうです。韓国人・朝鮮人がやたらと序列にこだわるのは、韓国人社会・朝鮮人社会の秩序を維持するための、彼らなりの 「知恵」 なのでしょう。やはりあの民族には、昔の李氏朝鮮や、今の北朝鮮のような統治が合ってるんでしょうね。

 全体としてホントにその通りですね。

 因みにワタシは本物のヤクザから舎弟の話を聞いた事があるのですが、それが何とも北島三郎「義兄弟」そのものの麗しさでした。

 舎弟 ヤクザさん
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-4713.html

 それを思い出したのは、実は韓国の義兄弟の話を読んだからです。

 舎弟? 韓国
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-4712.html

 それで日本だとヤクザの義兄弟でも、韓国のそれとは違うな・・・・という感覚がしたのです。

 韓国の場合、上の人間はともかく下に何でもできてしまうんですよね。
 
 凄く驚いたのは、学生と教授が喫茶店でお茶を飲めば、代金は学生が払うという話です。 日本では全く逆でしょう?

 しかしこういう上下関係であれば、とにかく上に行きたいと思うのは当然かもしれません。

 そして全員が「自分は特別」と信じていれば、物凄い競争社会になるので、逆に学歴のような単一原理で序列をつけないと、社会の秩序が保てないのかもしれません。

 しかし高学歴になれるのは、少数派だし、その中でも競争はあり、負けた方は不満と恨みを抱きますから、そうなると主体思想なんかが蔓延する原因になるのでしょうね。
  1. 2019-10-21 11:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する