FC2ブログ

2019-07-11 15:02

日米同盟の片務性はアメリカの有利

 先月末にトランプ大統領が日米同盟の片務性に不満を言ったというニュースがありまりました。
 

 トランプ米大統領は26日、米テレビ局FOXビジネスのインタビューで日米安全保障条約に言及し、「日本が攻撃されれば、米国は第3次世界大戦を戦う。我々は命と財産をかけて戦い、彼らを守る」と強調した上で、「でも、我々が攻撃されても、日本は我々を助ける必要はない。彼らができるのは攻撃をテレビで見ることだ」と主張。条約は不平等だと不満を表明した。
 トランプ氏は「米国は世界の警察官ではない」が持論。就任以来、米軍の外国駐留は公金の無駄遣いとして、同盟国に「公平な負担」を求めるなど、同盟関係を軽視する発言を繰り返してきた。
 日米安保条約では、米国は集団的自衛権を行使して日本を防衛する義務があり、日本は米軍に基地を提供する義務があるが、トランプ氏は条約を「片務的」とみて、不満を表明したとみられる。

IMG_1835

 日本が攻撃されれば、米国は第3次世界大戦を戦う。我々は命と財産をかけて戦い、彼らを守る
 でも、我々が攻撃されても、日本は我々を助ける必要はない。彼らができるのは攻撃をテレビで見ることだ。
 
 ええ、現在の日米同盟の規定では、その通りです。

 しかし日米同盟の片務性をなくしたとして、現実の世界でアメリカが攻撃されてアメリカ人が自国を守る為に命がけで戦い、それを日本人がテレビで見るような事態って起きるのでしょうか?

 確かに世界中にはイランや北朝鮮などの反米国家や、イスラム原理主義者など反米勢力は沢山あります。
 しかしコイツラにできるのはテロぐらいです。

 本当にアメリカを脅かすような国と言うは、嘗てのソ連、そして現在は中国だけです。

 しかしいずれの国もアメリカを攻略するためには、まず太平洋を越えなければなりません。
 太平洋の制海権を確保しないと、アメリカを攻撃する事は絶対に不可能なのです。

 ところがソ連もそして中国も、太平洋に出るにはまず日本領海を通らなければなりません。
 しかし米ソ冷戦時代もそして現在も、自衛隊は米軍と協力して、中ソの艦船が太平洋に出るのを阻止する体制を作っています。

 逆に言えば中ソがアメリカを攻略する前には、まず日本を攻略するか日本を味方につけるしかないのです。

 つまり中ソがアメリカを攻撃するつもりなら、その前にまず日本が攻撃される事になります。
 アメリカとしては自国の安全を守る為には、ここで日本に加勢をして中ソを撃退しなければならないのです。

 だからトランプ大統領が言うような「日本が攻撃されれば、米国は第3次世界大戦を戦う。我々は命と財産をかけて戦い、彼らを守るでも、我々が攻撃されても、日本は我々を助ける必要はない。彼らができるのは攻撃をテレビで見ることだ。などと言う事態が、現実に起きる可能性は皆無なのです。

 それどころか日米安保条約なんてなくても、アメリカとしては自国の安全の為には、日本がソ連や中国の支配下に入る事は、絶対に阻止しなければならないのです。

2019y07m11d_193734425

 オイオイ、核ミサイルの事を忘れてないか?

 ええ、勿論中ソがIGBMをアメリカにぶっ放すという事はあり得ます。
 これなら太平洋の制海権なんか関係ありません。

 しかしこうなるともう日本が加勢をしてどうなるって話じゃないですよね?
 アメリカの同盟国であるイギリスやフランスも核ミサイルを持っていますが、しかしこれソ連までならともかく中国に届くんでしょうか?

 超大国同志が核戦争になった場合、同レベルの超大国でなければ何の役にも立たないとしか思えません。

 むしろこういう場合アメリカ国民の生命を守るのは、同盟国の核ミサイルじゃなくて、ミサイル防衛システムでしょう。

 そのミサイル防衛システムをアメリカと共同開発したのは、日本です。
 
 ミサイル防衛システムのような国家にとって死活的に重要な技術は、アメリカ一国で作るのがベストですが、しかし日本の技術と資金抜きのアメリカ単独では厳しいと考えたからこそ、共同開発を持ちかけたのです。

 つまり日本こそが核戦争に備えてアメリカ国民の命を守る為に、最も重大な貢献をしている同盟国なのです。
 
2019y07m11d_193755876

 そもそも日米同盟が片務性を抱え込むようになったのは、アメリカが日本に押し付けた日本国憲法の為です。
 
 あの憲法は元来、アメリカが日本に軍事力を持たせない為に押し付けた憲法なのです。
 
 米ソ冷戦は第二次大戦が終結する前に始まりました。
 しかしそれでも終戦当時のアメリカの腹心算では、日本人は無類に野蛮で好戦的な民族なので、牙を抜いて去勢しておくべきだ、軍隊なんぞ持たせない方が良いという事だったのでしょう。

 ところが朝鮮戦争勃発で、共産主義の脅威は終戦当時の想定以上に深刻である事に気づいたのでしょう。
 そしてアメリカの安全の為には、日本を絶対にソ連に渡してはならないという事がわかったのでしょう。

 しかし日本は憲法を変える事ができませんでした。
 だったら片務性があってもそれでよいから、それで日米安保条約を締結しちゃったのです。

 日本にすればこれでソ連や中国の侵略からアメリカが守ってくれる事になります。
 
 米軍基地があり、自国は軍隊も持てない状態では事実上属国なのですが、それでもアメリカの属国でいる方がソ連や中国の属国になるより百倍良いのですから、我慢するしかないのです。

 それにアメリカと同盟国だったお陰で、アメリカ市場に進出できて、戦後の経済発展は実に順調でした。
 それで戦前をはるかに凌ぐ経済力と技術力を得る事ができたのです。

2019y07m11d_193852676
 
 一方アメリカにすれば片務性はあっても、日米安保条約は美味しい条約です。

 例えば在日米軍基地の維持費用は、日本が7割以上を出しているのです。

 2019y07m11d_140939910.jpg

 在日米軍の駐留経費は44億ドル余もかかるのですが、その7割以上は日本政府が出しているのです。
 
 しかも日本の基地は日本本土防衛だけでなく、東シナ海は勿論、南シナ海、西太平洋全域の防衛をカバーできるのです。

 例えば湾岸戦争でイラクを攻撃した戦闘機は日本の基地から発進しました。
 ホントはヨーロッパの基地から飛ぶ方が近いのですが、しかし日本の基地の整備員は優秀なので、米軍のパイロットにとっては、日本の基地で整備した機に乗っていく方が安心なのです。

 その整備員の給料も全部日本政府が払っているのです。

 日本の米軍基地って地理的に非常に重要な位置にあるばかりか、補給や戦闘機その他の武器の整備などの機能から言っても最高のレベルなのです。
 ここを喪うとアメリカのアジア・太平洋戦略は機能しないのです。

2019y07m11d_193922419

 こうなると日米同盟の片務性で、アメリカが困るのは、アメリカが時々やらかす小国相手の戦争、湾岸戦争とかアフガン侵攻とかに、日本が参戦しない事ぐらいです。
 
 しかしこの手の戦争の相手がどこまでアメリカにとって危険かどうかも怪しいばかりか、そもそも何の為にこんな戦争をしているのかさへ今一釈然としない場合も少なくありません。

 そしてこうした戦争でも戦力は圧倒的にアメリカ軍ですから、お付き合いで参戦した同盟国軍は、戦力としては殆ど意味はないのです。
 
 勿論アメリカ人の気持ちの上では、お付き合いでもしてくれるのは嬉しいです。
 戦争の動機が不純で、内心後ろめたい気持ちで戦う場合は、猶更です。

 内心後ろめたい気持ちで戦争をしているのに、したり顔で「平和が大切」「子供達を殺すな」なんて言われると、心底腹が立ちますよね?
 そこへ行くとイギリスなんか、アフガニスタンに王子様まで送ってくれるのですから、アメリカ人から見れば心強く嬉しい限りでしょう?

 そしてお金や戦略がどうあれ、人の命とは別問題なのです。
 
 ホルムズ海峡で日本のタンカーを守る為に米兵が戦死しても、日本は知らん顔なんて事をしていれば、そりゃ一般のアメリカ人は頭に来るのです。
 
 そこでヤッパリ、トランプ大統領のような不満が出てくるわけです。

2019y07m11d_194014609

 逆に言えばこの片務性があるからこそ、日本は他国と比べて突出した予算を米軍の駐留経費に出さざるを得なくなっているのです。

 軍事と外交は元来冷酷でドライですから、アメリカの外交軍事の中枢から見れば、日米安保条約は片務性のまま維持するのが理想ではないでしょうか?

 そうすれば日本には在日米軍の駐留経費を出させるほかにも、様々な要求を通す事ができるのです。
 何しろ日本は自力防衛が不可能ですから、イザとなればアメリカに従わざるを得ないのですから。

 一方日本は憲法9条のくびきがあるので、自分から戦争はできません。
 防衛戦でも自衛隊独自ではできる事は限られています。

 だって自衛隊には「攻撃型」の兵器や部隊がありません。
 これはバッターのいない野球チームみたいなものですから、このチームだけでだけで戦い続ける事は不可能なのです。

 だから米軍が主力となって自衛隊はその警護をするような体制で戦う事になっているのです。

 これだとアメリカの協力なしには日本は防衛戦も戦えないのです。

 これだと日本は防衛について全面的にアメリカに従うしかなく、そうなるとホントの意味での独自外交など不可能なのです。
 だから属国なのです。

 そして日本がこの片務性を宛にして憲法9条で引き籠っているおかげで、日本の武器が武器市場に出てこないなんて事だってアメリカには利益でしょう?
 
 これってアメリカからすれば最高ですよね?

 もし日本が

 ごめん、長い間、日米安保の片務性で迷惑かけちゃって。
 でも憲法変えたから、これからはちゃんとアメリカが攻撃された時は、日本も参戦するよ。
 だから在日米軍駐留経費の負担割合はイギリス並みにしてね。
 
 それからオレ、韓国から竹島を取り返すから文句言わないでね。
 イギリスがフォークランド取り返す為にアルゼンチンと戦争した時も文句言わなかったでしょう?

 あと拉致被害者を奪還するために北朝鮮も攻撃するからね。
 人権問題なんだから応援してね。

 って言ったらどうするんでしょうか?
 
 アメリカとしては、これが困るから日本に憲法9条を押し付けて、日米安保条約の片務性を我慢してきたのでしょう?
 
 実利を考えたら日米安保条約の片務性は、アメリカにはちっとも困らない、むしろ有利な事ばかりなので、アメリカは社会党に金を出して護憲運動をやらせていたとさへ言われます。

 今9条教を信奉する人達もその系列でしょう?

 逆に言えば日米安保条約の片務性はマジに、アメリカに有利であり、日本の不利なのです。
 本来ならこれを改定して、日本が攻撃された時には、アメリカは日本を助ける、その代わりアメリカが攻撃された時は、日本がアメリカを助けるという風に完全に対等な条約にすれば、日本もアメリカの属国を止めてアメリカと対等になれるのです。

 そしてイギリスがフォークランドを取り戻したように、自力で竹島を取り返す事もできるし、また拉致被害者を奪還する事もできるのです。
 勿論、それ以外でも外交上の自由度は遥かに広がります。

2019y07m11d_194048496

 しかしワタシはもっと根源的な問題があると思います。

 それはアメリカの国力が相対的に落ちているという事です。
 アメリカだけでなく欧米先進国の力全体が相対的に落ちているのです。

 例えば第二次大戦直後、アメリカのGDPは世界の半分を占めていました。
 それが現在では20%です。

 アメリカが衰退したわけではありませんが、アジア諸国を中心に過去に欧米の植民地だった国々が発展てきたのです。
 そして中国のようなモンスターも出現したのです。

 こういう中で民主主義・法の支配と言った価値観に基づいた世界秩序をアメリカの力だけ守る事は難しくなってきたのです。

 そのような状況で日本がいつまでもアメリカの庇護を宛にできるのでしょうか?
 日本がいつまでもアメリカに防衛を任せて、自分は稼ぐばかりと言う事をやっていて良いのでしょうか?

 民主主義や法の支配と言った価値観による世界秩序を守り続けたいなら、日本ももっと積極的に行動するしかないのではありませんか?

 例えばアジア諸国が力を合わせて中国の侵略を防ごうと思っても、アジアの中で一番力のある日本が、何もできない、する気もないではどうしようもないでしょう?

 もしも日本以外にアメリカと協力して世界秩序を守っていける国が他にあるなら、その国に任せておけばよいでしょう?

 でも残念ながらそんな国はこの世にないのです。
 残念だけれど日本以外にアメリカと協力して世界の民主主義を、そしてアジア諸国を守っていけるような国はないのです。

 だったら日本は一刻も早く憲法を改正して、日米同盟の片務性を解消できるようにするべきでしょう?
 
 トランプ大統領が日米同盟の片務性に文句を言っている今こそ、そのチャンスではありませんか?
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

>たとえば湾岸戦争でイラクを攻撃した戦闘機は日本の基地から発進しました。


あの当時沢山の艦載機が入れ替わるように厚木飛行場に飛来し、戦闘機が昼夜を問わずに爆音を響かせて飛び立っていきました。(私は基地の隣町住民)

話に聞くと日本人と結婚したパイロットもいて、戦地に赴いたそうです。

皮肉に見れば日本人は傍観的だったけれど、米軍兵士は愛する日本人妻を銃後の支えとして戦ったのです。

付記すればこの地域は朝鮮戦争当時からの軍事拠点であり、飛行場、武器弾薬庫、野戦病院、死体安置所等がありました。

日本人は当事者になることを未だに逃げますが、地政学的な「いいとこ取り」に甘えておられない状況が現代です。


蛇足ながら山本七平さんは、日本人は定めた法を破棄・改定しない性向があると、述べていました。理屈上貞永式目(?)は現代でも有効であるそうです。17条憲法もそう。但しそれらはみんな棚上げされてきた。ならば現行憲法も尊重して棚上げし、新しい憲法を作る道だってあるかも知れない。
  1. 2019-07-11 17:08
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

米国の影響力が相対的に落ちているので安倍総理の日米印豪ダイヤモンド構想である
インド太平洋構想にトランプは乗ったんでしょう。中国包囲網ですし
G20でも日米印で首脳会談してましたね

今の戦闘の主体は先に攻撃機や爆撃機で敵レーダや防衛ミサイルサイトを破壊しその後に陸軍が進軍するスタイルです。日本に攻撃機も爆撃機も対地ミサイルもありません
日本は領土拡大意思は無いので敵基地攻撃はミサイルとかで十分かな?
今ある対艦ミサイルを改造・強化すれば対地攻撃にも使えるかも

露は北極海経由や大西洋から米国近くに行けますが、千島列島を通ると日本に見つかります、中国は見事に日本とグアムで蓋をしている状況で太平洋に出るのは監視されてます
固定サイロ発射のICBMではなく戦略原潜発射のSRBMが主体と言われてますから日本の対潜哨戒能力は米国にとっても重要な能力です。中露の原潜の位置を共有してるでしょうしね
レーダ照射事件は、偵察衛星のデータ分析からP1に指示が行き現場に行ったと思います
それだけ日本の監視・分析能力は高いと思いますよ
日本海を航行する山ほどの船舶の中から不審船を選り分けるんですから

南シナ海やインド洋でのASEANやインドとの協同訓練や巡視艇の供与等の対中国政策の中心は日本ですねww米国はあまり好かれて無いみたいでASEAN各国−日本−米国の様相ですね
各国から見れば武力と経済力を表に出す米中は同じ感じなのかも

沖縄で騒いでいる奴らの資金源を断ちたいな。
とっ散らかりましたm(_ _;)m
  1. 2019-07-11 17:37
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

片務性

こと米中戦争・紛争が始まれば、まず最初に日本国内の米軍基地が襲われます。
真珠湾攻撃の時のように中国軍に技量があればいざ知らず、手当り次第攻撃し、多数の日本国民が巻き添えを喰らいます。そして米国本土の米国人はソニーのテレビでCNNのニュースを通じて、日本国民が死ぬ様を晩飯食いながら眺めるわけです。
どれだけのリスクを背負わされているのか! この片務性を認識しないと行けないと思います。
  1. 2019-07-11 19:38
  2. URL
  3. ちゃちゃ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >たとえば湾岸戦争でイラクを攻撃した戦闘機は日本の基地から発進しました。
>
>
> あの当時沢山の艦載機が入れ替わるように厚木飛行場に飛来し、戦闘機が昼夜を問わずに爆音を響かせて飛び立っていきました。(私は基地の隣町住民)
>
> 話に聞くと日本人と結婚したパイロットもいて、戦地に赴いたそうです。
>
> 皮肉に見れば日本人は傍観的だったけれど、米軍兵士は愛する日本人妻を銃後の支えとして戦ったのです。
>
> 付記すればこの地域は朝鮮戦争当時からの軍事拠点であり、飛行場、武器弾薬庫、野戦病院、死体安置所等がありました。
>
> 日本人は当事者になることを未だに逃げますが、地政学的な「いいとこ取り」に甘えておられない状況が現代です。
>
 そうなんです。

 トランプ大統領は「アメリカはすでに産油国になったからホルムズ海峡を守る意味はない」と言いました。
 これは事実なのです。

 ホルムズ海峡に戦禍が及ぶようになれば、日本は自分でタンカーを守るしかないのです。
 
 日本が幾ら平和ゴッコを続けたくても、現実はドンドン変わっているのです。
>
> 蛇足ながら山本七平さんは、日本人は定めた法を破棄・改定しない性向があると、述べていました。理屈上貞永式目(?)は現代でも有効であるそうです。17条憲法もそう。但しそれらはみんな棚上げされてきた。ならば現行憲法も尊重して棚上げし、新しい憲法を作る道だってあるかも知れない。

 そうですね。
 
 思うに国防のような物は、普段国民の日常生活で意識する事がないので、殆どの人は一度学校で教わった知識をそのままアップデートせずにそのまま後生大事に抱え込んでしまうのです。

 その為、終戦時の遺物が未だに始末できないのです。
 でも早く処分しないとまずいんですけどね。
  1. 2019-07-11 20:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 米国の影響力が相対的に落ちているので安倍総理の日米印豪ダイヤモンド構想である
> インド太平洋構想にトランプは乗ったんでしょう。中国包囲網ですし
> G20でも日米印で首脳会談してましたね
>
> 今の戦闘の主体は先に攻撃機や爆撃機で敵レーダや防衛ミサイルサイトを破壊しその後に陸軍が進軍するスタイルです。日本に攻撃機も爆撃機も対地ミサイルもありません
> 日本は領土拡大意思は無いので敵基地攻撃はミサイルとかで十分かな?
> 今ある対艦ミサイルを改造・強化すれば対地攻撃にも使えるかも
>
> 露は北極海経由や大西洋から米国近くに行けますが、千島列島を通ると日本に見つかります、中国は見事に日本とグアムで蓋をしている状況で太平洋に出るのは監視されてます
> 固定サイロ発射のICBMではなく戦略原潜発射のSRBMが主体と言われてますから日本の対潜哨戒能力は米国にとっても重要な能力です。中露の原潜の位置を共有してるでしょうしね
> レーダ照射事件は、偵察衛星のデータ分析からP1に指示が行き現場に行ったと思います
> それだけ日本の監視・分析能力は高いと思いますよ
> 日本海を航行する山ほどの船舶の中から不審船を選り分けるんですから
>
> 南シナ海やインド洋でのASEANやインドとの協同訓練や巡視艇の供与等の対中国政策の中心は日本ですねww米国はあまり好かれて無いみたいでASEAN各国−日本−米国の様相ですね
> 各国から見れば武力と経済力を表に出す米中は同じ感じなのかも
>
> 沖縄で騒いでいる奴らの資金源を断ちたいな。
> とっ散らかりましたm(_ _;)m

 弱小国の立場で考えるとわかりますが、自力での対中防衛が不可能である以上、アメリカが対中防衛で自分の側に立ってくれるという保障がなければ、中国に逆らい続ける事は難しいのです。
 
 一方アメリカも全てのアジア諸国の面倒は見切れないというのがホントのところでしょう。

 だからこそ日本がアジア諸国をまとめて、対中防衛網を確立するべきなのですが、しかしその為にはイザとなった時は日本が先頭に立って戦える体制でなければどうしようもありません。

 君達は頑張って中国と戦ってね。
 ボクはアメリカの後ろに隠れてるからね。

 こんなのありですか?
  1. 2019-07-11 20:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 片務性

> こと米中戦争・紛争が始まれば、まず最初に日本国内の米軍基地が襲われます。
> 真珠湾攻撃の時のように中国軍に技量があればいざ知らず、手当り次第攻撃し、多数の日本国民が巻き添えを喰らいます。そして米国本土の米国人はソニーのテレビでCNNのニュースを通じて、日本国民が死ぬ様を晩飯食いながら眺めるわけです。
> どれだけのリスクを背負わされているのか! この片務性を認識しないと行けないと思います。

 日本に米軍基地がなければ、直ぐにも中国が侵略してくるでしょうね。
 チベットやウィグルは米軍基地があったから侵略されたんじゃないです。

 ベトナムが西砂諸島を奪われたのは、ベトナム戦争で米軍を追い出した直後です。
 フィリピンが南沙諸島を奪われたのは、馬鹿左翼が米軍基地を追い出した直後です。

 米軍基地がなくなれば尖閣諸島は勿論、沖縄県だって直ぐにも中国に奪われるでしょう。
 そうなったら沖縄県民は皆殺しですよ。
  1. 2019-07-11 20:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

こんにちは。
仮に日米同盟の片務性があり米国に有利だとして、欠陥憲法を後生大事にしてきた日本としての利益も相当のものがあります。
もし日本が独自で自国を守ろうとすると米軍駐留経費よりも多くの予算が必要ですし、何よりまず憲法を改正して、軍隊の保持、自衛のための交戦権を明文化しなければなりません。
よく、米軍は日本を助けるためではないから米軍基地はいらないとの意見もありますが、目的は違えど米軍がいる鼻先にちょっかいを出しに来るバカはいないでしょう。
たとえるなら未亡人宅に屈強な若者を下宿させるようなものです。
また、米軍基地があるから狙われると言いますが無ければ米軍基地ではなく自衛隊基地や空港、その他生命線となるインフラ等を狙われるだけです、ゴミ箱があるからゴミ箱の周りがゴミで汚い、ゴミ箱を排除しよう、というようなものです。
ずるがしこく立ち回るのなら、米国が作ってくれた憲法によって結果的に米軍を利用する口実が出来たのですから何とか米軍を引き留めるように米国の不満を解消しつつ、今の日米関係を維持すればよいのです。
ですが、そんなことを続ければ建前では従うが感情的にしこりが大きくなります、日本は金で解決する国、そしてトランプ氏の今回の発言につながるのです。
誰しも平和が何よりですが現実社会はそうではありません外に出れば身を守るために手を出さざるを得ません、目の前の暴行を受けている女性や友人を身を挺して救うこともあるでしょう。
そんな時に周りが協力して行動するのが集団的自衛です。
自分たちだけが平和だからそれでよい、争いごとは見て見ぬふりをする、そんなことばかりしていると、いざという時、誰も助けてくれないでしょう。
そして、最前線で国民を守るのは自衛隊員、この人たちには最大限の敬意を払うべきです、もちろん過去に日本のために戦ってくれた英霊達を祭るのは当然のことです。
  1. 2019-07-12 08:55
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> 仮に日米同盟の片務性があり米国に有利だとして、欠陥憲法を後生大事にしてきた日本としての利益も相当のものがあります。
> もし日本が独自で自国を守ろうとすると米軍駐留経費よりも多くの予算が必要ですし、何よりまず憲法を改正して、軍隊の保持、自衛のための交戦権を明文化しなければなりません。
> よく、米軍は日本を助けるためではないから米軍基地はいらないとの意見もありますが、目的は違えど米軍がいる鼻先にちょっかいを出しに来るバカはいないでしょう。
> たとえるなら未亡人宅に屈強な若者を下宿させるようなものです。
> また、米軍基地があるから狙われると言いますが無ければ米軍基地ではなく自衛隊基地や空港、その他生命線となるインフラ等を狙われるだけです、ゴミ箱があるからゴミ箱の周りがゴミで汚い、ゴミ箱を排除しよう、というようなものです。
> ずるがしこく立ち回るのなら、米国が作ってくれた憲法によって結果的に米軍を利用する口実が出来たのですから何とか米軍を引き留めるように米国の不満を解消しつつ、今の日米関係を維持すればよいのです。
> ですが、そんなことを続ければ建前では従うが感情的にしこりが大きくなります、日本は金で解決する国、そしてトランプ氏の今回の発言につながるのです。
> 誰しも平和が何よりですが現実社会はそうではありません外に出れば身を守るために手を出さざるを得ません、目の前の暴行を受けている女性や友人を身を挺して救うこともあるでしょう。
> そんな時に周りが協力して行動するのが集団的自衛です。
> 自分たちだけが平和だからそれでよい、争いごとは見て見ぬふりをする、そんなことばかりしていると、いざという時、誰も助けてくれないでしょう。
> そして、最前線で国民を守るのは自衛隊員、この人たちには最大限の敬意を払うべきです、もちろん過去に日本のために戦ってくれた英霊達を祭るのは当然のことです。

 仰る通りです。

 アメリカはアメリカの国益から日本に基地を置いて、日米安保条約を締結したわけですが、しかし日本だって日本の利益になるから日米安保条約を締結して、米軍基地を置いて、その在留費用まで出しているのです。

 条約って双方の利益になるから締結するのです。
 
 そして現実にフィリピンが南沙諸島を奪われ、ベトナムが西沙諸島を奪われた過程を見れば、米軍基地と日米安保条約の効果は絶大なのです。

 因みにワタシは米軍基地って、アメリカに日本を守らせる為の人質だと思っています。
 
 安保条約の条文だけならアメリカは日本が攻撃されても自動的に介入するわけではないようなのですが、しかし日本に基地がある限りは自動的に介入せざるを得ないですから。
  1. 2019-07-12 12:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

一般的に言って、軍事同盟は双務的であるよりは、片務的である方が壊れやすいでしょう。

危機の時代において、同盟国間の被害の差が大きければ、多数・多量の犠牲を強いられた側の不満が爆発します。日英同盟の破綻の原因は、第一次大戦における日本の犠牲・負担の少なさにあります。

なので、日米同盟を長期的に維持するためには、より双務的なものに改めて行くべきだと思います。
  1. 2019-07-12 18:04
  2. URL
  3. いけまこ #-
  4. 編集

>米軍基地があり、自国は軍隊も持てない状態では事実上属国なのですが、それでもアメリカの属国でいる方がソ連や中国の属国になるより百倍良いのですから、我慢するしかないのです。

これに尽きますね。野党やパヨクの安保反対は本当に日本の独立や主権回復を考えてではなく、単にアメリカに代わって旧ソ連や中国の属国になることですからね。

あと、独立独歩の強力な軍隊を持ち、米軍を国内からなくしさえすれば本当に対等な関係を持てるのかどうかも疑問です。

戦前の日本には日米安保条約も米軍基地もなく、世界有数の軍事大国でしたが、じゃあ、アメリカの意向を全く意に介さなくてよかったのか?というと全くそんなことはなくて、輸出輸入ともにアメリカがトップで経済的な依存度からすると現在以上に大きくて、アメリカの対日政策の影響を現在以上に大きく受けました。

だからこそ、石油禁輸を始めとする「経済制裁」が開戦を思い詰めるほどに堪えたわけですし。
あと、戦前の日本で最も多く走っていた自動車はT型フォードで、アメリカ発祥のスポーツで世界的にはさほど人気でもない野球は戦前から国民的スポーツで高校野球もプロ野球も6大学野球もこれまた戦前からありました。

マスコミには今以上にアメリカとの比較記事(例えば、日本の大学生は勉強しない、それに比べてアメリカの大学は・・みたいな)が多く、正直、現代とあまり変わらん、というかむしろ現代の日本社会の方がよほどアメリカの影響が少ない感じすらします。
日本同様第二次大戦の敗戦国で日本よりはアメリカと対等にやってそうに見えるドイツさえそう。

https://www.youtube.com/watch?v=4o4kWL-Wh5k

『反米』で癒すドイツと『反日』で癒す韓国。どちらも相手国の『文化』は好きだけど...

核兵器を持つ軍事大国、経済大国で傍目には勇ましくみえる中国もアメリカが本気を出して「制裁」に乗り出すと、あれだけ傍若無人な中国も何だか押されてますし、たちどころに景気後退に拍車がかかってしまいます。まあ、中国の場合、いろいろと悪目立ちしすぎてしまったってこともありますけどね。
 トウ小平氏は韜晦路線で「本当に大国としての実力がつくまではあまり目立つな、控えめに」と言っていたのに・・。
ある意味、トウ小平氏の韜晦路線を最も忠実に守っている国は日本かもしれません。

要するに現代の世界でアメリカの意向や政策の影響を全く受けない国なんてほぼない、そんな中で日本はまあまあ上手く立ち回ってる方じゃないの?それほど自虐的にならずともいいんじゃない?ってことですけどね。
  1. 2019-07-13 10:21
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 一般的に言って、軍事同盟は双務的であるよりは、片務的である方が壊れやすいでしょう。
>
> 危機の時代において、同盟国間の被害の差が大きければ、多数・多量の犠牲を強いられた側の不満が爆発します。日英同盟の破綻の原因は、第一次大戦における日本の犠牲・負担の少なさにあります。
>
> なので、日米同盟を長期的に維持するためには、より双務的なものに改めて行くべきだと思います。

 マジに幾らこの片務性がアメリカに有利、そもそもアメリカが日本に憲法を押し付けた結果だという現実があっても、命のかかった問題では、感情的にこれは引っかかるでしょう。

 自分の息子は日本の為に戦死するかもしれないが、日本はアメリカを助けないというのでは、アメリカ人の両親に幾らアメリカの国益を説いても納得するはずもないのです。

 これじゃ条約が不安定になるのは当然です。

 逆に言えば日本の国益から言えば、双務性に代えた所で、別日本がアメリカの為に危険にさらされる確率など皆無なのですから、さっさと双務性に変えるべきなのです。

 日本は早く9条教を脱会するべきなのです。



 
  1. 2019-07-13 11:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >米軍基地があり、自国は軍隊も持てない状態では事実上属国なのですが、それでもアメリカの属国でいる方がソ連や中国の属国になるより百倍良いのですから、我慢するしかないのです。
>
> これに尽きますね。野党やパヨクの安保反対は本当に日本の独立や主権回復を考えてではなく、単にアメリカに代わって旧ソ連や中国の属国になることですからね。
>
> あと、独立独歩の強力な軍隊を持ち、米軍を国内からなくしさえすれば本当に対等な関係を持てるのかどうかも疑問です。

 歴史を見れば日本のような「軍隊」を持てない国など皆無でした。
 どんな弱小国でもそれなりの軍隊は持っていたのです。

 しかし歴史上もまた現在も、弱小国がホントに大国と対等であった事は皆無です。

 但しアメリカと言う国はそれでも、儀礼上は対等な国として礼儀を尽くしてくれます。
 しかし中国はそれもしません。
>
> 戦前の日本には日米安保条約も米軍基地もなく、世界有数の軍事大国でしたが、じゃあ、アメリカの意向を全く意に介さなくてよかったのか?というと全くそんなことはなくて、輸出輸入ともにアメリカがトップで経済的な依存度からすると現在以上に大きくて、アメリカの対日政策の影響を現在以上に大きく受けました。
>
> だからこそ、石油禁輸を始めとする「経済制裁」が開戦を思い詰めるほどに堪えたわけですし。
> あと、戦前の日本で最も多く走っていた自動車はT型フォードで、アメリカ発祥のスポーツで世界的にはさほど人気でもない野球は戦前から国民的スポーツで高校野球もプロ野球も6大学野球もこれまた戦前からありました。
>
> マスコミには今以上にアメリカとの比較記事(例えば、日本の大学生は勉強しない、それに比べてアメリカの大学は・・みたいな)が多く、正直、現代とあまり変わらん、というかむしろ現代の日本社会の方がよほどアメリカの影響が少ない感じすらします。
> 日本同様第二次大戦の敗戦国で日本よりはアメリカと対等にやってそうに見えるドイツさえそう。
>
> https://www.youtube.com/watch?v=4o4kWL-Wh5k
>
> 『反米』で癒すドイツと『反日』で癒す韓国。どちらも相手国の『文化』は好きだけど...
>
> 核兵器を持つ軍事大国、経済大国で傍目には勇ましくみえる中国もアメリカが本気を出して「制裁」に乗り出すと、あれだけ傍若無人な中国も何だか押されてますし、たちどころに景気後退に拍車がかかってしまいます。まあ、中国の場合、いろいろと悪目立ちしすぎてしまったってこともありますけどね。
>  トウ小平氏は韜晦路線で「本当に大国としての実力がつくまではあまり目立つな、控えめに」と言っていたのに・・。
> ある意味、トウ小平氏の韜晦路線を最も忠実に守っている国は日本かもしれません。
>
> 要するに現代の世界でアメリカの意向や政策の影響を全く受けない国なんてほぼない、そんな中で日本はまあまあ上手く立ち回ってる方じゃないの?それほど自虐的にならずともいいんじゃない?ってことですけどね。

 資本主義国家としての繁栄を望む限りアメリカとの関係を断つ事などできないし、大きな影響を被るのは当然なのです。

 日本は散々アメリカに日本製品を売って儲けてきたのだからなおさらです。

 そういう現実を無視して反米を喚く人々からして、実はアメリカの影響で動いているんですよね?

 だって反基地とか反米を喚く奴等って、Me Tooとか反LGBT差別とか、どうでも良い事で、アメリカのマスコミの受け売りそのままで騒いでいるんじゃないですか?

 日本は歴史的には同性愛を禁止したこともなければ、不道徳とさへ規定したこともない国なのに、何でありもしない差別に反対しなければならないか?

 こういうの見ると連中は心の底からアメリカの奴隷なのでしょう。

 主人を憎むのは奴隷の本性ですから、どうしようもないですよね?
  1. 2019-07-13 12:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する