fc2ブログ

2019-03-08 13:51

トンデモ裁判官と司法の独立

 福島第一原発事故以降、原発の運転差し止め訴訟では、トンデモ判決が続きました。
 
 何で、こんな判決が?

 と、呆れたのですが、しかしこの記事を見るとわかります。
 裁判官がトンデモ裁判官だったのです。
 長文ですが、全部貼っておきます。

IMG_1191

 「原発は脆弱 再稼働は無謀」 大飯差し止め判決の樋口元裁判長語る
 2019年3月5日 中日新聞

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟で、二〇一四年に福井地裁で差し止めを命じる判決を出した元裁判長の樋口英明さん(66)=津市=が、九日に大津市内で開かれる「原発のない社会へ2019びわこ集会」で講演する。原発が林立する福井県に隣接する滋賀県は、同原発から三十キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)に高島市が含まれるなどし、昨年からは国の原子力総合防災訓練に、県や高島、長浜両市などが参加している。東電福島第一原発事故を引き起こした東日本大震災から十一日で八年となるのを前に、原発の危険性や司法の責任について、改めて思いを聞いた。

 -一四年の大飯原発の運転差し止め判決の根拠は

 原発はとても脆弱(ぜいじゃく)で危険だ。大飯原発の耐震設計の目安となる基準地震動は、当時七〇〇ガル(ガルは揺れの強さを示す)。ただ、日本では過去に四〇〇〇ガルの地震があり、住宅メーカーは四〇〇〇ガルに耐える家を建てている。原発の設定は桁違いで、常識的にいって低すぎる。また、被告側の電力会社は「強い地震は来ません」と主張したが、根拠は疑わしいものだった。

 -住民側と電力会社側が科学的な証拠を出し合う中、判断は難しくなかったか

 全く迷いはなかった。また、細かい議論には入らず、論争を打ち切っていた。一般的に、学術論争に入ると双方に根拠があり、裁判官は優劣をつけられずに混乱することもある。ただ、どちらが本当に国民の安全に役立つのかを割り切って考えれば、さほど論争には苦しまない。

 -地裁判決が一八年七月に名古屋高裁金沢支部で取り消された後、講演活動を始めたのは

 高裁判決には、非常にがっかりした。理由を「規制委員会に従っているから安全だ」とするもので、安心できない。黙っている訳にいかないと思った。

-福島原発事故から八年になる

 事故では、避難した方や関連死の方もいた。「3・11」前に司法がしっかりしていれば、事故は防げたのではと思うと、誠に申し訳ない。「3・11」前にも、井戸謙一元裁判長(彦根市在住)が命じた志賀原発(石川県)の運転差し止め判決がある。これが高裁で敗れることなく確定していればと思う。

 -各地で、原発再稼働が進んでいる

 全く無謀なことだ。「巨大地震があると危ない」との声もあるが、実際は普通の地震でも危ない。だから、動かしてはいけない。

 -裁判官や市民に望むことは

 裁判官は、原発の危険性を直視してほしい。規制委が専門家で、権威ある学者が支持しているなどとは考えず、危険か安全かを自分の目で見てほしい。市民は原発の危険性を知り、ほかの人に広めてほしい。

◆9日 大津で講演

 催しは、びわこ集会実行委員会が主催し、大津市本丸町の生涯学習センターなどで九日午前十時から開始。樋口さんは「原発訴訟と裁判官の責任」と題して同十時半から講演する。午後一時半からの集会では、志賀原発差し止め判決を出した井戸元裁判長(現弁護士)が、基調報告する。参加料は五百円。(作山哲平)

IMG_1202

 何のことはない、反原発活動家が裁判官をしており、その活動の為に自分の職権を利用したのです。

 勿論裁判官にも思想・宗教・信条の自由は保障されているし、また原発運動をするのも自由でしょう。 

 しかし裁判官としての職権を利用してよいはずはないのです。

 けれどもこの男は、自分の反原発活動を裁判官の職務に優先して、被告企業の提出した証拠を一切無視して原発運転停止を命じる判決を出したのです。

 裁判官であるなら被告の証言や証拠は、原告のそれと同様の真剣さで理解する努力をするべきです。 

 そもそも自分自身が、反原発運動に共感しているのであれば、自分は中立的な判決を出せない事を自覚した上で、この裁判は他の裁判官にゆだねるように申し出るべきなのです。

 ところが彼はそのどちらもせず、自分の活動に職権を利用したのです。 そしてそれを恥じていないのです。

 マジにトンデモ裁判官としか言えない奴です。

IMG_1233

 しかしこの手のトンデモ判決が出たのは、これが初めてではありません。

 幸いこの原発訴訟のトンデモ裁判官は地裁の判事だったので、このトンデモ判決も高裁で覆りました。

 けれども李信恵の保守速報さへの訴訟のように、トンデモ判決が高裁で覆らず、挙句に最高裁で確定した例もあります。

 あの判決を出した最高裁判事の思想・信条はどうなっているのでしょうか?

 あの手の判決が最高裁で確定し続ければ、日本から思想・宗教・信条の自由、言論・出版の自由が失われ、日本の民主主義が崩壊します。

 そしてこのような司法による民主主義の否定を招く原因は、「司法の独立」です。

 「司法の独立」は民主主義国家の基本原則です。 

 これは本来は裁判官が政治権力の影響を受けずに、純粋に法によってのみ判決を出せるようにする為です。 そしてその為に裁判官の身分は手厚く保護されています。

 しかしこのような制度の下では、オカシナ思想に染まったトンデモ人間が裁判官になった場合は、もう誰もそれを止めようがないという事になります。

 司法界がトンデモ人間に席捲されてしまえば、彼等の出す判決で、外交や防衛など国家の基本政策が滅茶苦茶にされてしまうのではないでしょうか?

IMG_1216

 実際、現在韓国に起きている事が当にそれなのです。

 昨年末の韓国大法院(日本式に言えば最高裁)での自称徴用工裁判は、国内法に対する国際条約の優先や、法の遡及の禁止など、近代法の原則を完全に無視したトンデモ判決でした。

 しかし韓国司法界の状況を見ればこんな判決が出るのも当然で、まずこの判決を出した韓国大法院の判事の過半数がチュサパ、つまりチェチェ思想の信奉者でした。


 チェチェ思想(主体思想)は、金一族を革命の頭脳を司る血統として崇拝する北朝鮮の国家の「唯一思想」です。 だからその信奉者達は、北朝鮮の指示に従って行動するのです。

 そんな人間達が裁判官にいれば、マトモな判決など出るわけもないのです。

 また一旦大法院で判決が確定すれば、これが判例になって類似の裁判では、同様の判決がドンドン出るようになります。

 つまりトンデモ裁判官が増えていくと、国家の司法制度がおかしくなるばかりか、外交や国防などの重要政策も皆狂ってくるのです。 

 しかし韓国も一応民主主義国家ですから、政府も「司法の独立」は尊重せざるを得ません。

IMG_1219

 司法・行政・立法は国家統治の基本ですが、この3つの内の一つが、狂人に支配されて、「司法の独立」を理由に、その狂人達をどうする事もできないのでは、国家が統治が崩壊します。

 そして民主主義国家では、行政と立法を司る人間は、国民や議員による選挙で選ばれるのですが、しかし司法については選挙はなく、試験に合格すればそれでよいのです。

 しかも民主主義国家では思想・信条・宗教の自由を尊重するので、試験で合格点さへ取れば、いかなる思想の持主でも判事にでも弁護士にでもなれるのです。

 そして北朝鮮はこうした韓国の司法制度の問題を熟知した上で、もう何十年も前から優秀な若者の勉学を支援して、法曹界に送り込んでいたのです。

 その結果、チュサパの判事や弁護士が、韓国内に溢れるようになってきたのです。 

 だから今や司法界が韓国の民主主義や法治主義を破壊する原動力になっているのです。

 恐ろしい話ですね。

IMG_1228

 でもこれ人事でしょうか?

 北朝鮮が自由に破壊活動を行えるのは、韓国だけではないのです。

 それどころか日本には、韓国にはあるスパイ防止法もないのです。 そして日本を貶め、国家をそ物のを否定するのが知性と教養の証と信じる言説が、NHKはじめ主要マスコミを席捲している状態です。

 そして日弁連はついに韓国人を副会長に選出しました。

 日弁連副会長に白承豪氏 異例の外国籍、「国際化に貢献したい」

 日本の法曹界は大丈夫なのでしょうか?

 最初に紹介した反原発活動家のトンデモ裁判官は、唯の反原発活動家なのでしょうか?

 保守速報さんに不当判決を出して、日本の言論弾圧を図った最高裁判事は、どういう思想背景を持つ人物なのでしょうか?

 ワタシは民主主義は素晴らしい制度なので、これからも日本が民主主義国家でいる事を心から願っています。

 しかし平和が平和を願うだけでは守れないのと同様、民主主義も民主主義を願うだけでは守れないのでう。

 民主主義は民主主義の抱える問題を、常に直視し、対応策を考えないと、守れません。

 だからワタシ達日本人は今は、日本の民主主義が司法から破壊されない為の対応策を考えていくべきではありませんか?

IMG_1240

 オマケ

 ここまで書いて思い出したのですが、今EUでは憲法裁判所の設置を義務付けて、その権限を拡張しようとしていますよね?

 そして日本国内にも憲法裁判所の設置を求めている連中がいます。 

 この憲法裁判所って要するに、行政府や立法府の判断を、憲法裁判所が憲法に違反していないかどうかを判断して、違憲なら無効にしようという物なんですね。

 これは法の支配の徹底から言えば結構な話と思えますが、しかしこの場合、行政府や立法府の上に、憲法裁判所が君臨し、最終決定権を握る事になるのです。

 そして憲法裁判所の裁判官の選出に、国民は関わる事はできません。

 そうなるとここにヘンテコリンな人間が入り込めば、国民の意思が彼等によって全否定されるという事態も起きるわけです。

 こういう状況を見ていると、司法は今後民主主義防衛の弱点になっていくのではないでしょうか?

  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(23)

コメント

高尚すぎるトンデモ思考にドン引きします

こんにちは。

リンク先の記事末尾に記されてある【土平編集委員のコメント】に記されていることに、唸ってしまいましたね。

その中から一部を抜粋すると・・・

>2014年の大飯原発運転差し止め訴訟の判決で、関西電力の「原発稼働が電力供給のコスト低減につながる」との主張に対し、「極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代を並べて論じること自体が許されない」と一蹴したのに共感した記憶があります。

・・・と記されています。

確かに、巨大なプラントでの事故。しかも原子力発電ありますから、「極めて多数の人の生存そのものに関わる・・」云々、ということも理解できます。しかし、たかが電気代ではないか、とも受け取れるような視点に、私はドン引きしました。

それこそ極めて多数の人の生存には「たかが電気代」が大きく関わっているのですが、あまりにも高尚すぎる思考の方々は、電気代で困ったことがないのでしょうね。いや、電力や電気は「公共性がものすごく高い」「現代社会において、なくてはならないもの」という視点が、高尚すぎる故、無いのでしょうね。
  1. 2019-03-09 17:24
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

素人眼には理解不能な判決が出る場合がありますね
朝鮮学校と在特会の判決など
判事は判決の公平性の為に一般人との接触が少なく切り離された社会で生活しているとも言われてます
大学の文系は左巻きが多いし、一般企業に就職せず司法試験に合格して判事になるなら社会感覚とずれた人が出来るのかも知れません
一般企業での研修等の義務付けなども必要かも知れませんし
裁判所での判決時にビデオ等での記録の許可も(個人情報保護も必要ですが)
日教組がトンデモ教育するのは似たような環境だからかも。組織率は下がってますが
憲法学者は「憲法を守れ!九条を改定するな!」なので信用してません。特にメディアに出る人のイメージです
なので日本に憲法裁判所は不要だと思ってます
日弁連は弁護士の強制加入や政治声明の表明で批判もある組織ですね

韓国は法治国家ではありません。朴槿恵の名誉毀損で産経が訴えられた時に当時の外相が介入した事を明言しましたし。文大統領も友達に有罪判決出した判事を訴求してますから…
朴槿恵の弾劾でも判決理由が国民情緒法に従ってたみたいで理解不能でした
それに大統領の人気取りの為に恩赦が多いですし(交通違反等はほとんど恩赦対象とか)

シナ朝鮮は「ルールは強者が決める!」ですし西洋社会は「全ての人は決めたルールに従う」の法の下での平等ですから相容れません
南沙の件やAIIBで中国は「従来の西洋ルールと違うルールで運用する」と明言しました
民主主義、三権分立は知恵ですが、ある程度成熟した社会でないと成り立ちません
今のところそれを越える知恵は無いのですから

電気代、省エネの為にどれだけ取り組んでるのか知らないんでしょうね…
  1. 2019-03-09 18:20
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

原理主義

三権分立って、どれか1つが主導権を握ろうとしたとき、他の2つが足を引っ張るための制度と思っております。
従って『憲法裁判所』を設置するなら、立法府には憲法改正を行い易くしなければなりません。

それと、そこまで司法の権限を強めるなら、司法にも選挙制度を設ける必要が出てくるでしょう。
(すさまじく害のありそうな制度になりそうですけど、他にチェックする方法ってあるのでしょうか?)

・法律の読み方とか適用の仕組みって、かなり勉強しないと「何でそうなるか」が判らないので、裁判官選挙制を機能させるには、投票する側に相当な負担が必要になると予想されます。。。
(憲法裁判所を陪審制で運用する場合も同様です)
  1. 2019-03-09 18:58
  2. URL
  3. Dobon #EBUSheBA
  4. 編集

私の幼馴染も、ご両親の意向か母親だけだったのかはわかりませんが、子供の頃から立派な反日パヨク法曹になるべく母親が付きっ切りで塾通い、勉強漬けの日々を送り、その努力が報われて今では日本の法曹界に大きな影響力を持つであろう地位についています。反日パヨクカルト界の執念恐るべしですね。
  1. 2019-03-09 20:44
  2. URL
  3. よもさんファン〇号 #yjwl.vYI
  4. 編集

Re: 高尚すぎるトンデモ思考にドン引きします

> こんにちは。
>
> リンク先の記事末尾に記されてある【土平編集委員のコメント】に記されていることに、唸ってしまいましたね。
>
> その中から一部を抜粋すると・・・
>
> >2014年の大飯原発運転差し止め訴訟の判決で、関西電力の「原発稼働が電力供給のコスト低減につながる」との主張に対し、「極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代を並べて論じること自体が許されない」と一蹴したのに共感した記憶があります。
>
> ・・・と記されています。
>
> 確かに、巨大なプラントでの事故。しかも原子力発電ありますから、「極めて多数の人の生存そのものに関わる・・」云々、ということも理解できます。しかし、たかが電気代ではないか、とも受け取れるような視点に、私はドン引きしました。
>
> それこそ極めて多数の人の生存には「たかが電気代」が大きく関わっているのですが、あまりにも高尚すぎる思考の方々は、電気代で困ったことがないのでしょうね。いや、電力や電気は「公共性がものすごく高い」「現代社会において、なくてはならないもの」という視点が、高尚すぎる故、無いのでしょうね。

 マジに経済的な問題を人命に代えられないというのなら、飛行機やフェリーボートの使用も禁止するべきなんですけどね。
 飛行機事故では何百人も一度に死ぬことがあるのですから。
 
 そして原発事故で飛行機事故並みの死亡事故は未だに起きていないのです。

 こういう発想って、原発と原爆を区別できないナンセンス思考か、さもなければ何かの意図で日本を破壊したい活動家の発想でしょう?
  1. 2019-03-10 09:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 素人眼には理解不能な判決が出る場合がありますね
> 朝鮮学校と在特会の判決など
> 判事は判決の公平性の為に一般人との接触が少なく切り離された社会で生活しているとも言われてます
> 大学の文系は左巻きが多いし、一般企業に就職せず司法試験に合格して判事になるなら社会感覚とずれた人が出来るのかも知れません
> 一般企業での研修等の義務付けなども必要かも知れませんし
> 裁判所での判決時にビデオ等での記録の許可も(個人情報保護も必要ですが)
> 日教組がトンデモ教育するのは似たような環境だからかも。組織率は下がってますが
> 憲法学者は「憲法を守れ!九条を改定するな!」なので信用してません。特にメディアに出る人のイメージです
> なので日本に憲法裁判所は不要だと思ってます
> 日弁連は弁護士の強制加入や政治声明の表明で批判もある組織ですね

 裁判官って高給を与えられた上、法廷以外では一般社会の人間と完全に接点のない特殊世界の住民です。

>
> 韓国は法治国家ではありません。朴槿恵の名誉毀損で産経が訴えられた時に当時の外相が介入した事を明言しましたし。文大統領も友達に有罪判決出した判事を訴求してますから…
> 朴槿恵の弾劾でも判決理由が国民情緒法に従ってたみたいで理解不能でした
> それに大統領の人気取りの為に恩赦が多いですし(交通違反等はほとんど恩赦対象とか)

 現実には韓国は法治国家ではないけれど、書類上の制度と形式上は法治国家なので厄介なのです。
>
> シナ朝鮮は「ルールは強者が決める!」ですし西洋社会は「全ての人は決めたルールに従う」の法の下での平等ですから相容れません
> 南沙の件やAIIBで中国は「従来の西洋ルールと違うルールで運用する」と明言しました
> 民主主義、三権分立は知恵ですが、ある程度成熟した社会でないと成り立ちません
> 今のところそれを越える知恵は無いのですから

 これは現代の国際社会の根幹にかかわる問題ですが、民主主義国家のルールと言う西欧発祥の価値観が、国際社会の普遍的なルールではなくなってきた事なのです。

> 電気代、省エネの為にどれだけ取り組んでるのか知らないんでしょうね…

 活動家はそんなことに興味はないのです。
  1. 2019-03-10 10:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 

申し訳ないけど、全く賛同できない。
自由心証主義って知ってるかい?
裁判官がどちらを勝たせたいかを先に決めて、その後に法律構成を決めるなんてことは普通だし、責められることでもない。
よくある話。

最近、あなたのような法曹でない人が、真面目に職務を全うしている法曹を批判することが多いと感じる。

頼むから、自分の主義思想と反する判決が出たからと言って、頭ごなしに批判するのでは勘弁していただきたい。
  1. 2019-03-10 10:10
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

Re: 原理主義

> 三権分立って、どれか1つが主導権を握ろうとしたとき、他の2つが足を引っ張るための制度と思っております。
> 従って『憲法裁判所』を設置するなら、立法府には憲法改正を行い易くしなければなりません。
>
> それと、そこまで司法の権限を強めるなら、司法にも選挙制度を設ける必要が出てくるでしょう。
> (すさまじく害のありそうな制度になりそうですけど、他にチェックする方法ってあるのでしょうか?)
>
> ・法律の読み方とか適用の仕組みって、かなり勉強しないと「何でそうなるか」が判らないので、裁判官選挙制を機能させるには、投票する側に相当な負担が必要になると予想されます。。。
> (憲法裁判所を陪審制で運用する場合も同様です)

 仰る通りです。

 元来は司法には専門知識が必要であり、そうした専門知識を持つ人は、「その学識に従って正しい判断をするであろう」と言う事を信じて敢えて選挙の対象からは外していました。

 しかし韓国の状況や反原発トンデモ裁判官を見ていると、民主主義を破壊したい勢力は、ここに目をつけてトンデモ人間を司法に送り込む事で、国家破壊を画策しているのでは?と言う疑念が湧いてくるのです。

 今後「司法」をどうするかは別として、国民がシッカリ監視していくべきです。
  1. 2019-03-10 10:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私の幼馴染も、ご両親の意向か母親だけだったのかはわかりませんが、子供の頃から立派な反日パヨク法曹になるべく母親が付きっ切りで塾通い、勉強漬けの日々を送り、その努力が報われて今では日本の法曹界に大きな影響力を持つであろう地位についています。反日パヨクカルト界の執念恐るべしですね。

 反日パヨクって権力大好きなんですよね。 
 だからそもそも司法に執着するのでしょう。

 司法は国家統治の三権の一つを占めるのですが、行政や立法と違って選挙なして、国家権力を行使できる側に回る事ができるのです。
 権力大好き人間にはねらい目ですよね?
  1. 2019-03-10 10:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re:  

> 申し訳ないけど、全く賛同できない。
> 自由心証主義って知ってるかい?
> 裁判官がどちらを勝たせたいかを先に決めて、その後に法律構成を決めるなんてことは普通だし、責められることでもない。
> よくある話。


 本文にちゃんと書いていますが、ワタシは裁判官が反原発に賛同してはいけないとは書いていません。
 裁判官にも思想・宗教・信条の自由は認められると書いています。

 しかしそれを裁判官の職務に持ち込むべきではないと言っているのです。

 こんな事が許されるなら、教師が自分の思想に賛同しない子供に落第点をつけても良いし、公務員が自分の宗教を信じる市民の諸手続きを拒否しても良い事になります。

> 最近、あなたのような法曹でない人が、真面目に職務を全うしている法曹を批判することが多いと感じる。
> 頼むから、自分の主義思想と反する判決が出たからと言って、頭ごなしに批判するのでは勘弁していただきたい。
   
 この反原発トンデモ裁判官は真面目に職務を果たしていません。
 
 真面目に職務を果たす意思があるなら、被告企業の提出した証拠や証言を真剣に吟味するべきだし、それが理解できないなら頭が悪すぎて職務を全うする能力がないという事になりますから、裁判官の職を辞すべきなのです。

 ところがこのトンデモ裁判官は、そもそも被告の提出した証拠や証言を「わからないからマトモに検証しなかった」と公言しているのです。

 被告にとっては社員と株主の運命がかかった裁判です。
 それなのに自分のイデオロギーを職務に持ち込んで、被告の人権を蹂躙するような人間が、「真面目に仕事をした」と言えるのですか?
 
 ふざけないでください。
 
 そもそも法曹界以外の人間が、法曹界の人間を批判してはいけないってどういう事でしょうか?

 弁護士ならともかく、裁判官や検察官は、公費で給与を得ている公務員です。
 国民がその仕事を監視し、批判するのは当然ではありませんか?
  1. 2019-03-10 10:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

裁判官は全能感に陥る

同意です。
歴史的に、司法が政治的な害をもたらしたことは少なく、むしろ害をもたらす権力に抵抗する存在、公平性を担保する存在として、近代民主主義は司法に甘く、無防備に権限を与えてきたように思います。

自由心証主義や三権分立なども、裁判官は公平・公正な立場で職務を遂行するはずだ、という性善説に基づいた制度にすぎません。
しかしこれを悪用(誤解)した人間が、全能感に陥って、「オレは何でもできる」「どう判断しようとオレの勝手だ」、となる危険性もあるわけです。そういう意味で、司法を政治に利用するのは大変危険なことだと思います。この裁判官が問題なのは、私と意見が違うということではなく、司法が判断するべきではないことを判断していることだからです。

司法が政治に口を出せば、司法の崩壊につながります。ベネズエラやタイやポーランドなどで、司法が政治的に利用されている例がありますが、政治的に未熟な国である証拠だと思います。
(個人的には)司法を利用している側の方を支持したいのですが、司法を利用することは、政治的後進性を表していると思います。

みんなが決めるべきこと(原発や安全保障やその他)は、みんなが決めるべきで、裁判官が口を出すべきではないのです。みんなが決めるべきことは選挙で選ばれた国会を通じて決めるべきなのです。国会は国権の最高機関だと憲法にも規定されているわけです。

アメリカでルーズベルト大統領のニューディール政策が、連邦最高裁で次々と憲法違反として否定されたとき、国の危機(恐慌)を前にして、選挙で選ばれたわけでもない一介の判事が、選挙で選ばれた大統領・議会の決定を否定する資格があるのか?と激しい反発を受けました。
結局最高裁が折れたようで、収まりましたが。

  1. 2019-03-10 11:34
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

横レス失礼。

>ところがこのトンデモ裁判官は、そもそも被告の提出した証拠や証言を「わからないからマトモに検証しなかった」と公言しているのです。

この経緯を見るに、真面目に職務を全うしてるとは、露ほども思えませんな(笑)
法曹界の「普通」が、いかに一般世間と乖離したものか、よくわかります。
法律知識や判例ばかり詰め込んだ、一般的な社会経験が希薄な人間に司法を委ねるってのは、再考すべき時期かもしれません。
  1. 2019-03-10 12:07
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

Re: 裁判官は全能感に陥る

> 同意です。
> 歴史的に、司法が政治的な害をもたらしたことは少なく、むしろ害をもたらす権力に抵抗する存在、公平性を担保する存在として、近代民主主義は司法に甘く、無防備に権限を与えてきたように思います。
>
> 自由心証主義や三権分立なども、裁判官は公平・公正な立場で職務を遂行するはずだ、という性善説に基づいた制度にすぎません。
> しかしこれを悪用(誤解)した人間が、全能感に陥って、「オレは何でもできる」「どう判断しようとオレの勝手だ」、となる危険性もあるわけです。そういう意味で、司法を政治に利用するのは大変危険なことだと思います。この裁判官が問題なのは、私と意見が違うということではなく、司法が判断するべきではないことを判断していることだからです。
>
> 司法が政治に口を出せば、司法の崩壊につながります。ベネズエラやタイやポーランドなどで、司法が政治的に利用されている例がありますが、政治的に未熟な国である証拠だと思います。
> (個人的には)司法を利用している側の方を支持したいのですが、司法を利用することは、政治的後進性を表していると思います。
>
> みんなが決めるべきこと(原発や安全保障やその他)は、みんなが決めるべきで、裁判官が口を出すべきではないのです。みんなが決めるべきことは選挙で選ばれた国会を通じて決めるべきなのです。国会は国権の最高機関だと憲法にも規定されているわけです。
>
> アメリカでルーズベルト大統領のニューディール政策が、連邦最高裁で次々と憲法違反として否定されたとき、国の危機(恐慌)を前にして、選挙で選ばれたわけでもない一介の判事が、選挙で選ばれた大統領・議会の決定を否定する資格があるのか?と激しい反発を受けました。
> 結局最高裁が折れたようで、収まりましたが。

 以前、イザブログ時代に法学部卒で弁護士資格をお持ちの方が、裁判員制度を推進していたので、非常に奇異に思っていました。
 当時はワタシも裁判官のような物はプロに任せるべきと思っていたのです。

 しかし現実に法曹界を知る方は、法曹界の常識と一般国民の乖離に危機感をもっていた人達がいたのです。
 それで裁判員制度を推進して、司法に健全な常識が生かされるようにしようとしていたのです。

 実際こんなトンデモ裁判官が実在するのを見れば、国民の負担が重くなるとしても、裁判員制度のような物も必要では?と思ってしまいます。
  1. 2019-03-10 12:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 横レス失礼。
>
> >ところがこのトンデモ裁判官は、そもそも被告の提出した証拠や証言を「わからないからマトモに検証しなかった」と公言しているのです。
>
> この経緯を見るに、真面目に職務を全うしてるとは、露ほども思えませんな(笑)
> 法曹界の「普通」が、いかに一般世間と乖離したものか、よくわかります。
> 法律知識や判例ばかり詰め込んだ、一般的な社会経験が希薄な人間に司法を委ねるってのは、再考すべき時期かもしれません。

 この乖離を是正するためにできたのが裁判員制度です。

 これは余り評判がよくないのですが、しかし司法が一部の狂人の手に渡らないようにするためには、この種の制度も絶対に必要でしょう。
  1. 2019-03-10 12:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019-03-10 13:04
  2. #
  3. 編集

※表題とは少しズレルのですが凄いアホを発見WWW

立憲民主党・川内博史「鉄1トン1万円ですよ。オスプレイは15トン、つまりオスプレイは実質15万円なのになぜ200億で買うのか」~ネットの反応「その理屈ですべての二次産業に話付けてこい」「政治家のアホ発言は数あれど、なかなか上位に来るぞこれ」
https://anonymous-post.mobi/archives/4701

※鉄の塊と容積は同じでも価格ははるかに高い電子機器という物の存在を知らない人が現代の日本に存在するとは思ってもみませんでした。
  1. 2019-03-11 11:28
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ※表題とは少しズレルのですが凄いアホを発見WWW
>
> 立憲民主党・川内博史「鉄1トン1万円ですよ。オスプレイは15トン、つまりオスプレイは実質15万円なのになぜ200億で買うのか」~ネットの反応「その理屈ですべての二次産業に話付けてこい」「政治家のアホ発言は数あれど、なかなか上位に来るぞこれ」
> https://anonymous-post.mobi/archives/4701
>
> ※鉄の塊と容積は同じでも価格ははるかに高い電子機器という物の存在を知らない人が現代の日本に存在するとは思ってもみませんでした。

 凄い!!
 この理屈だと、ロダンのブロンズ像だって数万円で買える事になります。

 因みに今鶏むね肉なら100グラム50円前後です。
 
 だったら体重65キロ未満の民主党議員の価値は、3000円以下でいいですよね?
 だって人間にはとても食べられないので、豚やウナギの餌をとして売るしかなく、その場合は値段は3000円でも高いです。
  1. 2019-03-11 13:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

この件ですが、トンデモ判決がけしからんという次元で済ませるべきではないと思います。
最高裁判事の国民審査制度だけでは余りに手ぬるく、地裁、高裁を含めて、裁判官の弾劾を随時、日常的にやれる裁判官人事システムが必要と思います。
裁判官の弾劾強化を求める意見が増えれば、変な判決の抑止力になるのでは?
  1. 2019-03-11 17:41
  2. URL
  3. 保守主義者 #nlnTgiQk
  4. 編集

Re: タイトルなし

> この件ですが、トンデモ判決がけしからんという次元で済ませるべきではないと思います。
> 最高裁判事の国民審査制度だけでは余りに手ぬるく、地裁、高裁を含めて、裁判官の弾劾を随時、日常的にやれる裁判官人事システムが必要と思います。
> 裁判官の弾劾強化を求める意見が増えれば、変な判決の抑止力になるのでは?

 勿論ケシカランで済む話ではありません。

 しかし一方、裁判官の身分の保護は、法治主義を徹底するために考えられた制度です。 だから法治主義を守りながら、しかしトンデモ裁判官を出さない方法を考えて行くしかありません。

 そして問題は裁判官や弁護士だけでなく、検察官も深刻です。

 そういう事を考えると、司法制度だけでなく、司法に関わる教育や携わる人間の資質の保持も、考えるべきでしょう。
  1. 2019-03-12 12:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

お馬鹿ですねえ。

自由心証主義が万能だと思ってるやつがいるわ。刑事訴訟の証拠法はそんないい加減なものじゃあねえぞ。
自由心証主義なんて証拠能力によっていくらでもひっくり返されます。

例えば検察側がある特定に日時に犯人が謀議を行い犯罪を実行したと主張します。
それに従って主張立証を行い裁判官がいくら黒だという心証を得たとしても、その謀議のときに主犯が確実に参加できないということが明白になれば立証は不成功となり無罪判決を出すしかありません。

実はこれ日石ピース缶爆弾事件という裁判で高裁でだされた判決です。子のときのO裁判官に大学時代に刑事訴訟を教わっていたのですが判決の数日後に詳細を聞きました。地裁段階で一部無罪が出てたという難しい事件でしたが検察の立証は半ば成功し心象は黒だったようです。しかし不在証明が成功し無罪判決を出さざる負えなかったのですが判決のあと全ては証拠法に従って判決を出した、という旨の感想を述べたのでした。

これは当時相当に問題になりましたが、その趣旨は被告人側は証拠を出しただけで、検察の立証には全くなんの反応もせず裁判官の質問にも全く何も述べなかったらしい。民事訴訟は別ですが刑事訴訟はそういう証拠も評価しなくてはいけないんです。自由心証なんて相当に制限されます。

この差し止め訴訟の裁判官は一方のみの証拠しか評価していないんでしょう。上級審で覆されて当然だと思います。日本の裁判官もゆるくなったものです。

一時は裁判官が日本野鳥の会に所属することだってためらわれたという時代があったんです。公害事件などでこの裁判官が公平な裁判をするかどうかためらわれるからというのが最高裁の意見でしたがね。そこまではどうかと思うのですがそんくらい厳しかったんです。

そして昔の裁判官は、裁判官は弁明せず、という原則を守ってたもんなんです。O裁判官がこの程度の感想を述べただけで問題視する人物が相当いました(特にパヨクを中心に)。

じつはこのO裁判官、裁判員制度に大反対で最後は職を辞して反対運動をやった方です。主に憲法的な観点から問題にされており、小生もその意見に基本的にに賛成です。

詳細は触れませんが裁判員制度はいろいろ言ってますが基本は訴訟の促進が最大の目的です。一般人の裁判員を人質に取り無理くりに訴訟を促進するということが目的です。


そして一般人に対して法の適用解釈をやらせるという無理をやるのです。司法試験て一体何なのでしょう。おかしな話です。

ただここまで基地外が現れるとどうしたもんだろうと思います。一般人の方がまともでしょ。

小生自体は一般人ではなく専門家を集め事実認定を行い過失を評価すること、それと量刑の判断に一般人が参加することは重要だと思います。これらは本当に一般人の判断が必要だからです。

ただこういう基地外を始末することは昔は考えなくてよかったんです。どうしたもんでしょうかねえ。
  1. 2019-03-12 20:45
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> お馬鹿ですねえ。
>
> 自由心証主義が万能だと思ってるやつがいるわ。刑事訴訟の証拠法はそんないい加減なものじゃあねえぞ。
> 自由心証主義なんて証拠能力によっていくらでもひっくり返されます。
>
> 例えば検察側がある特定に日時に犯人が謀議を行い犯罪を実行したと主張します。
> それに従って主張立証を行い裁判官がいくら黒だという心証を得たとしても、その謀議のときに主犯が確実に参加できないということが明白になれば立証は不成功となり無罪判決を出すしかありません。
>
> 実はこれ日石ピース缶爆弾事件という裁判で高裁でだされた判決です。子のときのO裁判官に大学時代に刑事訴訟を教わっていたのですが判決の数日後に詳細を聞きました。地裁段階で一部無罪が出てたという難しい事件でしたが検察の立証は半ば成功し心象は黒だったようです。しかし不在証明が成功し無罪判決を出さざる負えなかったのですが判決のあと全ては証拠法に従って判決を出した、という旨の感想を述べたのでした。
>
> これは当時相当に問題になりましたが、その趣旨は被告人側は証拠を出しただけで、検察の立証には全くなんの反応もせず裁判官の質問にも全く何も述べなかったらしい。民事訴訟は別ですが刑事訴訟はそういう証拠も評価しなくてはいけないんです。自由心証なんて相当に制限されます。
>
> この差し止め訴訟の裁判官は一方のみの証拠しか評価していないんでしょう。上級審で覆されて当然だと思います。日本の裁判官もゆるくなったものです。
>
> 一時は裁判官が日本野鳥の会に所属することだってためらわれたという時代があったんです。公害事件などでこの裁判官が公平な裁判をするかどうかためらわれるからというのが最高裁の意見でしたがね。そこまではどうかと思うのですがそんくらい厳しかったんです。
>
> そして昔の裁判官は、裁判官は弁明せず、という原則を守ってたもんなんです。O裁判官がこの程度の感想を述べただけで問題視する人物が相当いました(特にパヨクを中心に)。
>
> じつはこのO裁判官、裁判員制度に大反対で最後は職を辞して反対運動をやった方です。主に憲法的な観点から問題にされており、小生もその意見に基本的にに賛成です。
>
> 詳細は触れませんが裁判員制度はいろいろ言ってますが基本は訴訟の促進が最大の目的です。一般人の裁判員を人質に取り無理くりに訴訟を促進するということが目的です。
>
>
> そして一般人に対して法の適用解釈をやらせるという無理をやるのです。司法試験て一体何なのでしょう。おかしな話です。
>
> ただここまで基地外が現れるとどうしたもんだろうと思います。一般人の方がまともでしょ。
>
> 小生自体は一般人ではなく専門家を集め事実認定を行い過失を評価すること、それと量刑の判断に一般人が参加することは重要だと思います。これらは本当に一般人の判断が必要だからです。
>
> ただこういう基地外を始末することは昔は考えなくてよかったんです。どうしたもんでしょうかねえ。

 裁判員制度についてsonoさんが賛成だったのを覚えていらっしゃいますか?

 ワタシはあれ凄く以外だったのですが、sonoさんは裁判官の感覚が一般人の常識から完全に乖離しているとして、裁判員制度を導入するべきと仰っていたのです。

 考えてみればあの頃でも、オカシナ判決は結構ありました。
 しかしワタシはそのころはそれでも裁判はプロに任せるべきと考えていました。

 しかしこの反原発トンデモ裁判官などを見ていると、やはりsonoさんの言う事は正しかったと考えざるを得ないのです。

 司法は一般国民には敷居の高い話なので、司法に関わる事の国民負担は重いのですが、しかしこんなトンデモ裁判官が存在するとなると、無関心では済ませられません。
  1. 2019-03-12 22:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

こんな判事まで…

昭和の日を「無責任の日」と批判 判事、過激派参加団体で活動も
https://www.sankei.com/affairs/news/190313/afr1903130004-n1.html
4月末の天皇陛下の譲位を前に、名古屋家裁の男性判事(55)が「反天皇制」をうたう団体の集会に参加していたことが12日、明らかになった。判事は平成21年以降、少なくとも3つの団体で活動。反皇室、反国家、反権力などを掲げ、中には過激派活動家が参加する団体もあった。
-以下は記事を参照して下さい-
(~_~;)
  1. 2019-03-13 17:46
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: こんな判事まで…

> 昭和の日を「無責任の日」と批判 判事、過激派参加団体で活動も
> https://www.sankei.com/affairs/news/190313/afr1903130004-n1.html
> 4月末の天皇陛下の譲位を前に、名古屋家裁の男性判事(55)が「反天皇制」をうたう団体の集会に参加していたことが12日、明らかになった。判事は平成21年以降、少なくとも3つの団体で活動。反皇室、反国家、反権力などを掲げ、中には過激派活動家が参加する団体もあった。
> -以下は記事を参照して下さい-
> (~_~;)

 ワタシもこの記事を見て驚きました。

 ヤッパリ日本でもこの手の人間が司法に入り込んでいるんですね。

 司法って盲点なんですよね。
 高度に専門化されているうえ、当事者以外には一般国民には直接影響は及びません。
 そして裁判官も検察官も選挙で選ばれるわけではないのです。

 だから一般国民の関心が薄いのです。
 しかし国の三権の一つですから、ここを攻略すれば国家を破壊できるのです。

 そういう所に目をつけている組織があるという事でしょう?
  1. 2019-03-14 11:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する