fc2ブログ

2018-11-19 14:41

ウリは徴用工ニダ ネトウヨの回想から

 10月30日トンデモ判決が出た韓国自称徴用工裁判について何度もエントリーしていますが、この「徴用工」と言う名称を使うのは正しくありません。

 なぜならこの裁判の原告は全員徴用されていないからです。
 彼等は全員日本製鉄の募集に応募して、就職したのです。 
 
 彼等が日本製鉄に就職した状況は、2012年5月の韓国大法院から高等法院への審理差し戻し判決に明確に書かれています。

 原告1と2:1943年9月ごろ日本製鉄の工員募集広告に応募し、面接に合格し渡日。
 原告3:1941年、大田市長の推薦で「報国隊」入隊し、日本製鉄募集担当者の引率で渡日。
 原告4:1943年、郡山府の指示を受けて募集され、日本製鉄募集担当者の引率で渡日。

 国民徴用令が発令されたのは1939年です。
 しかしそれが朝鮮人に適用されたのは、1944年9月です。

 原告4人が日本製鉄に就職したのは、それより前なのです。

IMG_5716

 ところが奇妙な事に韓国では、この原告4人に限らず、戦前に日本で働いていた労働者を、全て「徴用工」と呼んでいるのです。

 何で韓国がこのような奇妙な呼称を使い、それに日本のマスゴミが同調するのか?
 
 ネトウヨ歴10年余のワタシの記憶から、説明していきます。

 韓国が「徴用」と言う言葉を使い始めたのは、2010年国会で一つの新聞記事を紹介しました。


 戦時中、徴用で日本に来た朝鮮人労働者の内で、戦後も日本に残ったのは245人だけで、残りは自由意志で渡来したと言う事を書いた記事です。

8dc213695433abcad7878679c88eda1f.jpg  
 1959年7月3日 朝日新聞

 この記事はこれより2~3年前から、ネットでは広く拡散していました。

 実はワタシがパソコンを買ったのが2006年夏で、ブログを始めたのが2008年1月です。
 
 そのころ日本のマスコミでも、また韓国でも「朝鮮人強制連行」と言う話が繰り返し報道されていました。
 戦時中、日本が朝鮮半島で奴隷狩りのように、街中や農地で働く朝鮮人を駆り集めて、日本に連れていき強制労働をさせたという話を捏造していたのです。

 そして在日コリアンはその時、強制連行されてきた人々であるというのです。

IMG_5729

 この日韓マスコミのトンデモ報道に抵抗していたのが、2チャンネルなどを中心としたネットです。
 彼等はこうした過去に新聞記事や国会議事録などのソースを地道に発掘しては、ネットを通じてこれを拡散したのです。

 ネトウヨと言う言葉が生まれたのもこの頃です。

 これは2010年のある方のブログです。

 在日朝鮮人、戦時徴用はわずか245人、外務省が明らかに

 こうした地道で冷静な情報の検証と拡散を行う人々は、それまで捏造報道やりたい放題で、世論を動かした来たマスコミと左翼活動家には、大変厄介な存在でした。
 
 そこで彼等はネットを使って正確な歴史を発信する人々を、「ネット右翼」と呼び、さらにそれを「ネトウヨ」と呼び変えて、これを蔑称して定着させようとしたのです。

IMG_5720

 しかしこのようなネトウヨの活躍によって、在日コリアン=強制連行被害者の嘘が暴かれてきました。

 これが2010年の高市早苗の国会発言につながったのです。
 
 そして国会で正式にこうした事実が取り上げられた事により、マスコミからも「朝鮮人強制連行」と言う言葉も消えました。

 しかしその過程で「徴用」と言う言葉が知られるようになったのです。

IMG_5757

 戦時中、朝鮮人が日本で就労するには、募集、官斡旋、そして徴用の3種の方法がありました。
 
 当時は現在のハローワークのような公的な就職斡旋機関はありませんでした。 
 だから企業が求人をする場合は、求人広告を出して、応募者を募るか、口入屋など呼ばれる民間人のリクルーターに依頼するしかありませんでした。
 
 これが募集です。
 この韓国自称徴用工裁判の原告1と2は、日本製鉄の求人広告のポスターを見て応募し、面接を受けて採用されたのです。
 これは今日本で正規の就労している韓国人と全く同じです。
 
 今でも新日鉄住金が韓国で求人広告を出せば、大量の応募者が押し寄せるでしょう。

2018y11m19d_153316019

 しかし戦争が激しくなり、より多くの労働者が必要になると、求人広告や民間リクルーターだけでは十分な労働者を集める事ができなくなりました。
 そこで自治体の役場などを通じて日本での就労を斡旋するようになりました。

 民間リクルーター所謂口入屋って、元々結構インチキな業者も多くて、あんまり信頼されてないんですよね。 
 
 これが官斡旋です。
 自称徴用工裁判の原告3と原告4は、この官斡旋で就職したのです。

IMG_5764

 しかしそれでもさらに労働者が足りなくなりました。
 そこで1944年9月、遂に朝鮮人にも国民徴用令が適用されるようになったのです。

 徴用は徴兵と同じ国民の義務であり、国家権力による強制労働です。

 募集、官斡旋、徴用の内、国家による強制性を持つのは、徴用だけなのです。

 すると韓国の新聞がこれに飛びついたのです。

 そこで韓国の新聞はそれまでの「強制連行」を、一斉に「強制徴用」と書き換えるようになりました。 
 更にこれに赤旗も同調しました。

 徴用は強制性があるので、「強制徴用」と言うのは「白い白馬」みたいなヘンテコリンな言葉なのですが、しかし敢えてこんな言葉を使う事に、韓国人の願望がにじみだしています。

IMG_5778
 
 韓国は何としても日本にタカリたいのです。

 それまで日本で在日コリアンと日本のマスコミが共謀して在日コリアン=強制連行説を捏造していたのと並行して、韓国では何としても強制連行を捏造して、日本から「賠償金」を得ようしていました。

 しかしただの就職では、賠償金も慰謝料も貰えないのです。

 そこで強制労働だったと言う事にするために、戦時中日本で働いていた朝鮮人は全て「強制徴用されたニダ」と言う事にしたのです。

2018y11m19d_153911496

 因みに徴用は強制労働である故にこそ、国は徴用者の労働条件を厳しく守りました。
 雇用者は徴用者には、同じ仕事をする正規従業員と同等の給与と福利厚生を保障しなければなりませんでした。  
 朝鮮など遠方から徴用された人には、旅費も宿舎も用意する義務がありました。

 さらに言えば、実は徴用に応じなくても罰則もないのです。

 しかし当時でも日本本土と朝鮮半島の賃金格差は大きいのです。 それが徴用だと正規雇用の日本人と全く同じ労働条件で働けるのだから、喜んで応じる人が山ほどいたのです。

 それでも形式は強制ですからね。

 そこで強制連行と言う言葉がつかえなくなると、今度は「強制徴用」と言う言葉を作り、そしてその労働者達を「徴用工」と言い出したのです。

IMG_5790

  ウリは徴用工ニダ!!
 賠償金寄こすニダ!!
 慰謝料寄こすニダ!!

 これが韓国人の全てなのです。

2018y11m19d_154057506

 しかしこの自称徴用工裁判の原告達を見ればわかるように、実際に徴用された人は殆どいないのです。
 
 戦時中日本にいた朝鮮人の総数は240万人と言われますが、そのうち徴用できたのは5万7千人程度と言われています。

 前記のように朝鮮人への徴用令適用は1944年9月からです。

 しかしこのころには日本軍は日本近海の制海権さへも喪いかけていました。 朝鮮で徴兵された兵士達を朝鮮から戦場に送る事もできませんでした。 彼等は半島内で訓練を続けた末終戦を迎えます。

 これでは徴用しても意味がないのです。
 だから実際に徴用で日本に来た朝鮮人と言うのは、朝鮮人労働者の中のごく一部なのです。

 それでも韓国側とすれば、何としても強制労働の被害者として、日本から金を毟りたいのです。
 だから事実関係など無視して「徴用工」と言う言葉を使うのです。

IMG_5801

 しかし日本人がこんな虚偽に付き合ってはいけません。

 それでワタシは「自称徴用工」と書いています。

 日本政府はこれを「朝鮮出身労働者」、桜井よし子さんや西岡力さん達は「朝鮮人戦時労働者」と呼んでいます。
 
 いずれにせよ戦時中就労した朝鮮人の殆どは徴用されてはいないのです。
 勿論強制労働でもないのです。

 それでもひたすら虚偽の強瀬労働に執着して、強請タカリをするような国との友好などあり得ないのです。

IMG_5809

 オマケ

 西岡力さんのこの「自称徴用工裁判」への見解と、韓国と北朝鮮の現状説明が興味深いです。
 1時間25分ぐらいから西岡さんの話になります。 


 アメリカの経済制裁はがっちりと効いているんですね。


  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(20)

コメント

管理人さんが上げられた訴訟原告のうち、原告3の鮮人は、1941年ということだと、戦時体制に移行しつつある時節とはいえ、正確には戦時とも言えないかもしれませんね。

この出稼ぎ鮮人騒動も慰安婦も、現代半島人には根本的な時代背景への理解不足があると思われます。
当時、日本でも身売りせざるをえない女性が少なからず存在した時代。
半島は日本内地より、今も昔も職も少なきゃ、食いつなぐのも大変。
強制的に引っ張って来ずとも、工夫でも炭鉱でも慰安所でも、金になれば応募殺到するわけなのに、その辺の背景が全く理解できず、総督府の圧力で応募させられたので、本当の応募とは違うとか、勝手な解釈に走ってしまうんですね。
日韓間の経済格差が縮小された現代でさえ、日本で稼ぎたい者が後を絶たないのに、何故そこに思い至らないのか?不思議でなりません。
わかってて集ってるやつは、まだ理屈はわかるけども、ほんとにこの構造を信じてるやつの脳みそはどうなってるんでしょう?
  1. 2018-11-19 20:04
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

ネトウヨ歴10年余のよもぎねこさんに教えてほしいこと

自称徴用工となる具体的な経緯がまとめられているこの度の記事に惚れます。(毎回ほれぼれしています。)

馬鹿と思われるでしょうが、ずっと疑問に思っていることをお尋ねしたくて書きます。

なぜ日本政府は、自称徴用工、軍艦島の朝鮮出身労働者、従軍慰安婦らが給料を貰っていた、保険に加入していた、退職金も出た、などの事実と証拠をもっと国外へ発信しないのか、ずーっと疑問に思っています。

自称徴用工裁判の判決が国際条約に反するという反論と、法に基づく対応はもちろん必要ですけど。

当時の具体的な資料の数々を発信しないのは、日本国内に反対派が居るから?国外の人々には、給与明細等の現物は事実にうつらない??むしろ反感を買うことになる?
どうしてもわかりません。よかったら教えていただけますか?

外国の方々のSNSでのコメントを見ると、日韓関係において日本に好意的、同情的なコメントは見かけます。

が日本に好意的なコメントを書く人々であっても、戦時中に日本によって韓国が過酷な目にあわされた、ということがまず意見のベースとしてあって、その上で日韓関係について意見を言っている形です。

当時の日本や海外の新聞記事、労働者募集の広告、給与明細、保険加入の資料、軍艦島の朝鮮人用女性の居る娯楽施設、他、一目見ればわかる、という資料がたくさんあるのに。

私としては、日本人として、
そこを晴らしてこそ のカナメです。

そしてそれは、そこに白いコマを置いたら、
一斉にパタパタパたと黒がコマが白に裏返るオセロのコマのように私には見えるのですが。安直すぎですか。


~~
足の調子はいかがですか。もうすぐ2年ですね。
隊長さんの御機嫌も足も調子もとってもよさそうで良かったです。
先日、コメント中に足を骨折したことをちょっと書いた者です。
管理人様の足の骨折のこともあったので、つい書きました。
実はizaの頃からよもぎねこさんのシャープなブログの愛読者なのでした。



  1. 2018-11-20 09:25
  2. URL
  3. ふくろう #-
  4. 編集

プライムニュースで松川るいさんが「この問題を聞いて『存在の耐えられない軽さ』という作品を思い出した。韓国は本当にこの判決の持つ重大な意味を理解しているのだろうか、と疑問に思った」

と言ってました。

私はよもぎねこさんみたいに論理的に検証なんかできないんですけど、「動物的直感」(^^)で「そうでもないんじゃないかな」と思って来たのです。
つまり、韓国なりに十分勝算があるのではないかと感じるのです。

そう思っていたら櫻井よしこさんが「実は東大の中にこの事を彼らにアドバイスをした教授たちがいる。彼らはずっと韓国と定期的に会合を持って話し合ってきた」と発言されていてちょっと納得。
そりゃ、強気にもなりますよね。

北に核を保たせたままアメリカをやり過ごし統一できたら、ずっと日本を恐喝し続けられますしね。

  1. 2018-11-20 10:14
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

論理的なまとめは

論理的なまとめは、非常に有用です。
こういう情報が身近に見えることは、ネットのおかげです。

日本人は論理的に考えるが、人が良いので、騙されやすい。
それを防止するため、この認識を浸透させる必要があります。

ただ彼ら朝鮮人に言っても無駄だと感じます。
彼らは彼らなりに「勝算」を持っている、というか、別の狙いを持っているのではないかと。
日本との間で騒ぎを起こし、政治的戦いを続けること自体が目的だったりして。

それによって自分たちの政治闘争が継続できる。
日米韓の結束を妨害でき、分断でき、拉致被害者の追及も遅らせることが出来る。
そういう政治闘争が、功を奏しているかも。

コメントにもありますが、彼らを扇動しているのは日本人サヨクなのでしょう。
朝鮮に目を奪われるのでなく、我々の真の敵は、日本人の「サヨク」なのかも。
「新しい枠組みで、解決を…」とか言う人物は、その類かと。
  1. 2018-11-20 11:36
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

>ふくろう様

管理人さんの代弁はできませんが、拙い見解を。

日本側が韓国が言い募る「戦前=過酷な植民地支配」に反論してこなかったというのは、不文律のような外務省の長年の方針ではないかと思います。
東西冷戦期の「韓国防共の砦」という見方が、相当の我儘も許してきたと思われ、当然、米国や与党自民党政権の意向だったことでしょう。
これは現在でも外務省には潜在的には残っているように思われ、OBである武藤氏なども戦前の半島統治に関しては、韓国側に異論をぶつけることはほとんどありません。
ただ、政権側で安倍総理に近い新藤氏などは、戦前の統治も事実で判断せよと明確に発言しており、先祖の名誉を守る気概もお持ちですから、徐々にかもしれませんが、外務省を含めた国策も変わって行くのじゃないでしょうか。
  1. 2018-11-20 12:01
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 管理人さんが上げられた訴訟原告のうち、原告3の鮮人は、1941年ということだと、戦時体制に移行しつつある時節とはいえ、正確には戦時とも言えないかもしれませんね。

 日本は日華事変以降、ジワジワと戦時体制に入っていきました。 それで1939年には国民徴用令が出ているのです。
 
 但し戦時であろうとも、募集は募集なんですよね。
>
> この出稼ぎ鮮人騒動も慰安婦も、現代半島人には根本的な時代背景への理解不足があると思われます。
> 当時、日本でも身売りせざるをえない女性が少なからず存在した時代。
> 半島は日本内地より、今も昔も職も少なきゃ、食いつなぐのも大変。
> 強制的に引っ張って来ずとも、工夫でも炭鉱でも慰安所でも、金になれば応募殺到するわけなのに、その辺の背景が全く理解できず、総督府の圧力で応募させられたので、本当の応募とは違うとか、勝手な解釈に走ってしまうんですね。
> 日韓間の経済格差が縮小された現代でさえ、日本で稼ぎたい者が後を絶たないのに、何故そこに思い至らないのか?不思議でなりません。
> わかってて集ってるやつは、まだ理屈はわかるけども、ほんとにこの構造を信じてるやつの脳みそはどうなってるんでしょう?
 
 だから「徴用工」とか「強制連行」なんて話は、1965年の日韓条約制定時にはほとんど問題になっていないのです。 本物の徴用工については戦争末期の半年ほど、給料の1割を強制貯金させられました。 その払い戻しがないまま終戦になったので、それが事実上未払になりました。

 徴用工の未払い賃金ってそのぐらいです。 
 それで現実に当時を知る人達が、社会の大多数を占める間は、この手のトンデモ物語は出てきませんでした。

 それが出てきたのは、1980年代の半ば以降。 戦争を知らない子供達が社会の中心になってからです。
 
 それでこのころから慰安婦強制連行とか朝鮮人労働者の強制連行をマスコミが捏造するようになったのです。 そしてこの原告等のように、それに便乗する詐欺師も出てきたのです。

 韓国の場合は、戦後日韓併合に関してトンデモ史を作って子供達に教え続けたし、更に朴政権下で漢字教育を止めたので、50台半ばより若い人達は殆ど漢字が読めません。
 だから過去の資料も読めません。
 
 こうなると彼等の脳内ではトンデモ史が真実になるしかありません。
  1. 2018-11-20 12:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ネトウヨ歴10年余のよもぎねこさんに教えてほしいこと

> 自称徴用工となる具体的な経緯がまとめられているこの度の記事に惚れます。(毎回ほれぼれしています。)
>
> 馬鹿と思われるでしょうが、ずっと疑問に思っていることをお尋ねしたくて書きます。
>
> なぜ日本政府は、自称徴用工、軍艦島の朝鮮出身労働者、従軍慰安婦らが給料を貰っていた、保険に加入していた、退職金も出た、などの事実と証拠をもっと国外へ発信しないのか、ずーっと疑問に思っています。

 保険制度ができたのは戦後です。
 戦前は厚生年金はあったのですが、保険はありません。

 徴用者は厚生年金に強制加入ですから、年金記録が残っているし、また年金額から給与もわかります。
>
> 自称徴用工裁判の判決が国際条約に反するという反論と、法に基づく対応はもちろん必要ですけど。
>
> 当時の具体的な資料の数々を発信しないのは、日本国内に反対派が居るから?国外の人々には、給与明細等の現物は事実にうつらない??むしろ反感を買うことになる?
> どうしてもわかりません。よかったら教えていただけますか?
>
> 外国の方々のSNSでのコメントを見ると、日韓関係において日本に好意的、同情的なコメントは見かけます。
>
> が日本に好意的なコメントを書く人々であっても、戦時中に日本によって韓国が過酷な目にあわされた、ということがまず意見のベースとしてあって、その上で日韓関係について意見を言っている形です。
>
> 当時の日本や海外の新聞記事、労働者募集の広告、給与明細、保険加入の資料、軍艦島の朝鮮人用女性の居る娯楽施設、他、一目見ればわかる、という資料がたくさんあるのに。
>
> 私としては、日本人として、
> そこを晴らしてこそ のカナメです。
>
> そしてそれは、そこに白いコマを置いたら、
> 一斉にパタパタパたと黒がコマが白に裏返るオセロのコマのように私には見えるのですが。安直すぎですか。
>
 これは慰安婦問題も同様ですが、日本政府の怠慢でしょう?
 本来ならこういう事実はちゃんと発信していくべきでした。

 ところが日本政府は「韓国との友好」を口実にこれをしてきませんでした。 一方韓国はこの手の強制連行捏造を発信し続けてきたのです。

 その付けが今全部回ってきたのです。
 
 そしてこうなったのも、日本のマスコミが左翼に固められていて、日本国民全体が戦後こういう事実を知らなかったという問題もあります。
 
 だって朝鮮人に徴用令が適用されたのが1944年9月からだという事実さへ国民の殆どが知らなかったのです。
 そしてそれを知らせたのはネットです。

 国民への情報の発信は政府にはできません。 
 これまで圧倒的な情報発信力を持ってきたのはマスコミなのです。

 それが「朝鮮人労働者強制連行」のようなフェイクニュースを90年代から2010年ぐらいまで流し続けたのです。
 
 この状況だと民主主義国家の場合、政府もフェイクニュースに煽られるのです。

> ~~
> 足の調子はいかがですか。もうすぐ2年ですね。
> 隊長さんの御機嫌も足も調子もとってもよさそうで良かったです。
> 先日、コメント中に足を骨折したことをちょっと書いた者です。
> 管理人様の足の骨折のこともあったので、つい書きました。
> 実はizaの頃からよもぎねこさんのシャープなブログの愛読者なのでした。

 ありがとうございます。
 足は完全に治り、何の問題も起きていません。 まだチタンの補強材が入っているのですが、これは抜く予定がないので、火葬場で処分してもらう事になります。

 でも全然気にならないのです。
  1. 2018-11-20 12:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> プライムニュースで松川るいさんが「この問題を聞いて『存在の耐えられない軽さ』という作品を思い出した。韓国は本当にこの判決の持つ重大な意味を理解しているのだろうか、と疑問に思った」
>
> と言ってました。
>
> 私はよもぎねこさんみたいに論理的に検証なんかできないんですけど、「動物的直感」(^^)で「そうでもないんじゃないかな」と思って来たのです。
> つまり、韓国なりに十分勝算があるのではないかと感じるのです。
>
> そう思っていたら櫻井よしこさんが「実は東大の中にこの事を彼らにアドバイスをした教授たちがいる。彼らはずっと韓国と定期的に会合を持って話し合ってきた」と発言されていてちょっと納得。
> そりゃ、強気にもなりますよね。
>
> 北に核を保たせたままアメリカをやり過ごし統一できたら、ずっと日本を恐喝し続けられますしね。

 国際司法裁判所では韓国には勝算はないでしょう。
 イタリアでもドイツ相手に個人賠償を求めた人達が勝訴したのですが、国際司法裁判所ではドイツが勝訴しています。

 但し韓国内ではこの判決は絶大な支持を得ています。

 法理が無茶苦茶で、この判決で韓国から海外企業が撤退しても、韓国人にすれば「大法院が1000万円もらえると決めたニダ」になるのです。

 松川るいさんも言っていたけど、この判決だと日韓併合中の話なら、何でも慰謝料をもらえる事になってしまいます。 しかも政府ではなく個人にです。

 こうなると韓国民全員が「1000万貰えるニダ」と舞い上がってしまうのではないでしょうか?
 そうなるともう誰も止められないと思います。

 これで韓国の外交も経済政策も吹き飛び、とにかく「日本から金取るニダ」で暴走するようになるのでは?

 そしてこうした判決をけしかけた日本人や韓国裁判官も、実はそれが目的では?

 だって彼等は韓国の資本主義体制を壊し共産主義革命を起こしたいのです。 その為にはぜひとも経済を破綻させて、国民を窮乏化させる必要があるのですから。
  1. 2018-11-20 13:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 論理的なまとめは

> 論理的なまとめは、非常に有用です。
> こういう情報が身近に見えることは、ネットのおかげです。

 ありがとうございます。
 恐縮です。

> 日本人は論理的に考えるが、人が良いので、騙されやすい。
> それを防止するため、この認識を浸透させる必要があります。
>
> ただ彼ら朝鮮人に言っても無駄だと感じます。
> 彼らは彼らなりに「勝算」を持っている、というか、別の狙いを持っているのではないかと。
> 日本との間で騒ぎを起こし、政治的戦いを続けること自体が目的だったりして。
>
> それによって自分たちの政治闘争が継続できる。
> 日米韓の結束を妨害でき、分断でき、拉致被害者の追及も遅らせることが出来る。
> そういう政治闘争が、功を奏しているかも。
>
> コメントにもありますが、彼らを扇動しているのは日本人サヨクなのでしょう。
> 朝鮮に目を奪われるのでなく、我々の真の敵は、日本人の「サヨク」なのかも。
> 「新しい枠組みで、解決を…」とか言う人物は、その類かと。

 鳴子百合さんへの返信にも書いたのですが、韓国にこういう判決をけしかけている日本人も、またけしかけられて判決を出した裁判官など文在寅政権の中枢の親北派も、これでホントに慰謝料を得る事は期待していないでしょう?

 しかしこうやって韓国人全部に「1000万貰えるニダ」と言う欲望に火をつけてしまい、暴走するようになると、もう韓国政府はマトモな外交は不可能になるでしょう?

 国際司法裁判所で敗訴しても、日本企業が撤退しても、その後経済危機で日本の支援が得られず韓国経済が破綻しても、彼等は構わないのです。

 それどころかそれが狙いでしょう?

 韓国経済が破綻して国民が窮乏しない限り、共産主義革命を起こす事は不可能だからです。
 彼等とすれば共産主義革命を起こし、北朝鮮と合体したいのですから、何として日韓関係を破綻させたいのです。



  1. 2018-11-20 13:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >ふくろう様
>
> 管理人さんの代弁はできませんが、拙い見解を。
>
> 日本側が韓国が言い募る「戦前=過酷な植民地支配」に反論してこなかったというのは、不文律のような外務省の長年の方針ではないかと思います。
> 東西冷戦期の「韓国防共の砦」という見方が、相当の我儘も許してきたと思われ、当然、米国や与党自民党政権の意向だったことでしょう。
> これは現在でも外務省には潜在的には残っているように思われ、OBである武藤氏なども戦前の半島統治に関しては、韓国側に異論をぶつけることはほとんどありません。
> ただ、政権側で安倍総理に近い新藤氏などは、戦前の統治も事実で判断せよと明確に発言しており、先祖の名誉を守る気概もお持ちですから、徐々にかもしれませんが、外務省を含めた国策も変わって行くのじゃないでしょうか。

 良くも悪くも、日本政府は韓国を防共の砦として利用してきました。

 また日本国内のマスコミや野党に、必要以上の譲歩をしてきました。

 河野洋平のような人間までいたのですから。

 でも河野洋平に投票した日本人も多数いるのです。 そういう現実の中での外交の結果がこれでしょう。
  1. 2018-11-20 13:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

まあ、いろんな原因があるのですが韓国人の変質というのは滅茶苦茶に大きいと思います。

1983年ごろでしたが大学のゼミに韓国からの留学生がいました。仮に名前をC君としますが実に立派な男だったと思います。ソウルの名門高麗大学の学生でしたが在学中に兵役に行き2年の勤めを終えて父親からは御褒美として日本留学をさせてもらったという男でした。生粋のソウルっ子で当時の政治の問題を慶尚道と全羅道の田舎者の争いだと言ってのける男でしたが反共という一点では見事でした。

C君は、共産党や社会党などはいけません、なぜ弾圧しないのですか、と本気で言ったものです。光州事件の後、当時鎮圧に出かけた軍人が多数いるところで兵役を終えたのですから本物です。小生が仲良くなったのは小生は近代史マニアという気味があり、例外的に韓国史に詳しい男だったからです。金日成の本名は金聖柱だろう、と言った所、そんなこと日本でいわれたのは初めてです。なぜそんなこと知ってるんですか、ということで友達になりました。まあ彼は日本に留学すれば自分が一番年長者だと思ってたようですが、事情あって小生は年寄りでしたので当時の習慣でしょうか、いつも敬語で話してくれました。

彼が日本に留学した理由というのは貿易関係の仕事をしていた御父様が物が分かった人で日本に留学したら日本と韓国の関係をよく学んでくるようにと言われたことがあったそうです。小生も人が悪いので彼に図書館で日韓請求権協定の実物を読ませてやったのです。彼は父親の薫陶宜しく漢字がかなり読めましたので、これを理解した後は本当に茫然とした顔してましたね。

驚いたのはその後でした。この条約は屈辱じゃあないか、と言ったのです。日本は半島に資産を大量に残したのに、それを請求せず、あまつさえ国家予算の二年分以上の金までしかもドルでくれた、これって我が国を完全に子ども扱いしてませんか?といったのです。どうやらインドネシアやほかの植民地の問題も調べたらしい。ある意味こんな条約国辱です。そう言いましたね。確かにこれはとても人には優しいと思います。でもこれって人を悪くするんじゃないかと思います。ああ、だから朴大統領は公開しなかったのか…(本当は少し違うと思うぞ、まあいいか)
彼はおそらく大韓民国というものをおそらく同時代の若者よりもはるかによく知ったと思います。そして日本人が韓国に対して相当に無関心であること、その反動としてどうでもいいというか、子ども扱いしてることを知りました。それに付け込もうとは決して言いませんでしたがね。

彼もおそらくどこかで昨今のニュースを聞いてるでしょう。こういうやつが40年近く前にはいたんです。国民の劣化というものをまざまざ見た気分なのは彼も同じでしょうか。

もはや韓国人というか半島人は巷間言われるようにヒトモドキと思わなくてはいけないのでしょう。大人の対応というのは相手が大人になることを期待してやるものです。大人になった時には自分の対応が恥ずかしいと感じられる知性がある生物に対してやるものです。そして心底から恥じて人が変わるのです。しかし今の連中は文明人が考える大人になることは永遠にないでしょう。

犬をしつける感覚で叩きのめさないといけないんです。パヨクという連中は根本的に間違えています。まず連中の歴史を何も知らない、その上連中が同じ感覚を持った人間だと思ってる(まあパヨクの連中と同じ感覚を持ってるという時点で本来は願い下げなんですが)。人間というものを全く分かっていないなあ、としか言えません。

人間というのはどこまで堕落できるのだろうと小生は思います。ああ、ヒトモドキだからそう考えちゃあいけなんだ。

  1. 2018-11-20 21:29
  2. URL
  3. #LK4T3vTo
  4. 編集

いけない、名前を忘れました。
小生です。
  1. 2018-11-20 21:35
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

朝鮮出身の人々

管理人様、二郎様、どうもありがとうございました。

私の父(故人)はTV局勤務で重役の一人でした。定年退職し大分経っていましたが、朝日新聞が従軍慰安婦記事の嘘を認めた後、父の書斎に入ると、ネット上の従軍慰安婦の嘘に関する記事がたくさんプリントアウトされていました。私より事実の重さを感じていたと思います

父の家(私の実家)は、平安時代からの土豪のような家で、都会でないこともあり広い土地を持っていました。それが戦後の混乱期、隠居所としていた屋敷の隣に(隣と言っても距離がある)、母曰く「どこから入ってきたかわからないけれど敷地の中に全然知らない人が突然小屋を建てて住み着いた」そうです。母は祖父母から聞きました。

戦後土地整理開発により、実家はこの隠居所を本宅とすることになり、私もそこで育ちました。実家とその隣家は付き合いはありませんでしたが、苗字が同じでした。それで子供の私は祖父母両親に、お隣は親戚かと聞きました。しかし、全然血のつながりはないとのこと。隣家はどんどん建て増しされ隣家の敷地は広がり(現在進行形)、逆に周囲の昔からの家の庭は小さくなっていきました。

私が成人してから、ある事件をきっかけに、はじめて両親から隣家のいきさつを聞きました。隣に住みはじめた人たちは〇〇市の大きな川の河口付近の朝〇〇落からきた人たちで、もとは全く違う名前だったこと。隣に住み始めてほどなく私の実家の苗字(仮にA家とする)を名乗り、さらには自分たちがもともとのA家だと言い始めたこと。

この時私はまだ何も知らなかった。
ただ、近くにうちの御先祖様が建てたお寺もあるし、古くから住んでいる人たちも多いし、そんな荒唐無稽な、と驚きました。でも都会化が進み、新しい住人の流入も多く、昔からの家々の代替わりなどをきっかけにその隣家の親戚がどんどん周囲に増え、あっという間に周囲の環境は変わりました。

実家も隣家に関わるいくつかの事件に巻き込まれました。
例えばある日、隣家の人がひょっこり玄関にきたそうです。同じブロックの反対側に建てた娘の家に行くのに、道路をまわるより実家の敷地の生垣の際を通り抜けると早いのでそこを通らせてくれ、と。そのくらいなら、と許可したそうですが、すぐに「この道(そもそも道じゃないのに)は私たち(隣家)しか使っていないから、その道は私たちの土地だ」という理屈で土地を取られてしまいました。

こうした人たち相手には法律も通らないのです。警察も力になってくれません。どうにもならないのです。まさに軒を貸して母屋をの典型。生垣が続く長細い土地は、長細いとはいえ面積でいえば小ぶりの一軒家が建つ程度でした。私が大学生の頃はちょっと幅のある水路部分も、庭の南側も、隣家の土地になりました。事故にみせて兄(跡取り)が殺されかけたこともありました。他いろいろあります。当時ひとつひとつ理不尽に思えたそれらは、今見ればすべてが典型的なやられかたでした。が当時ははじめてであう想像外のことの連続でした。

本宅以外に、実家が貸している集合住宅は老朽化し建替えが必要です。しかしこうした人が一室に入居されており「ここに長く住んでいるからここは自分の土地だ」と言い張ってこの方だけ退去していただけないままもう三十年です。すごい執念。このため安全確保の建替えも、売却もできない。一般の方のようでもこわい人たちや共産党が後ろについているからです。
祖父母や両親が、私たち兄弟がトラブルに巻き込まれないよう、こうしたことを詳しくは知らせずに居たことは長じてわかりました。

父は古い家の出身であり、今マスゴミと言われるテレビ局を勤め上げた人であり、同時に朝鮮出身の人々との関わりの苦労もたくさん経験してきた人です。

東北の大震災の時母は、父(母の夫)に募金のお金の流れを聞いているから、私は募金という方法では(手助け)しない、と言いました。父やその世代の人たちが事実どうつきあって生きてきたのか。父の遅くできた子である私とは時代のギャップがあり、スムーズに想像することができません。

左翼といわれる側に父は振り分けられてしまうのか。遺品整理中出てくる父の若い頃の、テレビ創成期のテレビ番組やドラマの台本を見ると、戦争が終結し新しい時代に向く素直な息吹が感じられます。昭和でした。

朝鮮の人々とのかかわりにおいて、事実を知る一般の人々も意見をはっきり表明できずにきたことの根本を考えてしまいます。朝鮮半島が共産圏の防波堤になることとへの対価か。脅しに屈する、避けて済ます、友好を築くという綺麗ごと、怠慢。つけがまわってきている今、皆それでよしとしたその根元は何だっただろうと。

終戦時小学生だった年配の華道の先生方とお話しをしていた時、邦楽を習っている私が「どうして学校で邦楽で習わないのでしょう」と聞いたら、「戦争が終わったら日本のものは何もかもダメ(優劣の意味)って言われてね」「なんでもダメってね」「そうそう」とおっしゃっていました。

母の叔父が以前、学校の先生になろうと思っていたが先生になろうとしたら戦後変な教員がいっぱいだったから先生になるのはやめた、と言っていました。私は小学校六年生の時、図書室に居たら、図工の先生に『君が代通信』という本を渡されたことがあります。

終戦を過ごした人にとって戦争に負けたという事実は大きく、さらに日本であることの否定が徹底され続けてきたことは、事実だったのだなあと思います。


ところで母方は、中世にある山間に定着した人たちが祖で、以来そこの山の守と神事等の旗を振る役の家です。
先代が亡くなる数年前、このお家は娘だけだったのでお婿さんをとりました。心配する母たちに先代は「大丈夫」とほほ笑んで、お役も苗字もそのままだからと先代は言っていたそうです。

しかし先代が亡くなり数年、あとをとった娘夫婦から母たちは、今後お婿さん側との親戚づきあいのみをすると伝えられました。そして代々してきたお役は大変なので、宮内庁にお役を返上する、となりました。苗字もお婿さんの家の苗字に変わりました。(こちらは他所様の家のことなのでよくわかりません。単に母方の親戚がきらいなのかもしれないし。跡取りの娘さんは大層学問に秀でた方でした。)

近年こうしたことは日本中で起きていると知りました。
私の家は、今の日本の縮図のようです。長くコメント欄を占領してすみません。


  1. 2018-11-21 09:30
  2. URL
  3. ふくろう #9ePlVPDI
  4. 編集

Re: タイトルなし

> まあ、いろんな原因があるのですが韓国人の変質というのは滅茶苦茶に大きいと思います。
>
> 1983年ごろでしたが大学のゼミに韓国からの留学生がいました。仮に名前をC君としますが実に立派な男だったと思います。ソウルの名門高麗大学の学生でしたが在学中に兵役に行き2年の勤めを終えて父親からは御褒美として日本留学をさせてもらったという男でした。生粋のソウルっ子で当時の政治の問題を慶尚道と全羅道の田舎者の争いだと言ってのける男でしたが反共という一点では見事でした。
>
> C君は、共産党や社会党などはいけません、なぜ弾圧しないのですか、と本気で言ったものです。光州事件の後、当時鎮圧に出かけた軍人が多数いるところで兵役を終えたのですから本物です。小生が仲良くなったのは小生は近代史マニアという気味があり、例外的に韓国史に詳しい男だったからです。金日成の本名は金聖柱だろう、と言った所、そんなこと日本でいわれたのは初めてです。なぜそんなこと知ってるんですか、ということで友達になりました。まあ彼は日本に留学すれば自分が一番年長者だと思ってたようですが、事情あって小生は年寄りでしたので当時の習慣でしょうか、いつも敬語で話してくれました。
>
> 彼が日本に留学した理由というのは貿易関係の仕事をしていた御父様が物が分かった人で日本に留学したら日本と韓国の関係をよく学んでくるようにと言われたことがあったそうです。小生も人が悪いので彼に図書館で日韓請求権協定の実物を読ませてやったのです。彼は父親の薫陶宜しく漢字がかなり読めましたので、これを理解した後は本当に茫然とした顔してましたね。
>
> 驚いたのはその後でした。この条約は屈辱じゃあないか、と言ったのです。日本は半島に資産を大量に残したのに、それを請求せず、あまつさえ国家予算の二年分以上の金までしかもドルでくれた、これって我が国を完全に子ども扱いしてませんか?といったのです。どうやらインドネシアやほかの植民地の問題も調べたらしい。ある意味こんな条約国辱です。そう言いましたね。確かにこれはとても人には優しいと思います。でもこれって人を悪くするんじゃないかと思います。ああ、だから朴大統領は公開しなかったのか…(本当は少し違うと思うぞ、まあいいか)
> 彼はおそらく大韓民国というものをおそらく同時代の若者よりもはるかによく知ったと思います。そして日本人が韓国に対して相当に無関心であること、その反動としてどうでもいいというか、子ども扱いしてることを知りました。それに付け込もうとは決して言いませんでしたがね。
>
> 彼もおそらくどこかで昨今のニュースを聞いてるでしょう。こういうやつが40年近く前にはいたんです。国民の劣化というものをまざまざ見た気分なのは彼も同じでしょうか。
>
> もはや韓国人というか半島人は巷間言われるようにヒトモドキと思わなくてはいけないのでしょう。大人の対応というのは相手が大人になることを期待してやるものです。大人になった時には自分の対応が恥ずかしいと感じられる知性がある生物に対してやるものです。そして心底から恥じて人が変わるのです。しかし今の連中は文明人が考える大人になることは永遠にないでしょう。
>
> 犬をしつける感覚で叩きのめさないといけないんです。パヨクという連中は根本的に間違えています。まず連中の歴史を何も知らない、その上連中が同じ感覚を持った人間だと思ってる(まあパヨクの連中と同じ感覚を持ってるという時点で本来は願い下げなんですが)。人間というものを全く分かっていないなあ、としか言えません。
>
> 人間というのはどこまで堕落できるのだろうと小生は思います。ああ、ヒトモドキだからそう考えちゃあいけなんだ。

 マジに韓国との関係を悪くした理由の一つが「大人の対応」だと思いますよ。

 「大人の対応」ってつまり「相手は訳の分からないガキ同然の奴だから、飴玉でも与えておけばよい」と言う発想でしょう?

 これで飴玉を与え続けたら、関係がおかしくなるのは当然だと思いますよ。

 本当に対等な人間同士と思うなら、相手が約束を破ったり、無礼を働いたりすれば、喧嘩になっても言うべきことは言うでしょう?

 そういう感覚を殺して、ひたすら相手を甘やかすのは、甘やかしている方も悪いのです。

 日本はもうこの訳も分からない「大人の対応」はやめて、ちゃんと癇癪を起すべきです。
  1. 2018-11-21 13:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> いけない、名前を忘れました。
> 小生です。

 文章でkazkさんとわかりました。
  1. 2018-11-21 13:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 朝鮮出身の人々

> 管理人様、二郎様、どうもありがとうございました。
>
> 私の父(故人)はTV局勤務で重役の一人でした。定年退職し大分経っていましたが、朝日新聞が従軍慰安婦記事の嘘を認めた後、父の書斎に入ると、ネット上の従軍慰安婦の嘘に関する記事がたくさんプリントアウトされていました。私より事実の重さを感じていたと思います
>
> 父の家(私の実家)は、平安時代からの土豪のような家で、都会でないこともあり広い土地を持っていました。それが戦後の混乱期、隠居所としていた屋敷の隣に(隣と言っても距離がある)、母曰く「どこから入ってきたかわからないけれど敷地の中に全然知らない人が突然小屋を建てて住み着いた」そうです。母は祖父母から聞きました。
>
> 戦後土地整理開発により、実家はこの隠居所を本宅とすることになり、私もそこで育ちました。実家とその隣家は付き合いはありませんでしたが、苗字が同じでした。それで子供の私は祖父母両親に、お隣は親戚かと聞きました。しかし、全然血のつながりはないとのこと。隣家はどんどん建て増しされ隣家の敷地は広がり(現在進行形)、逆に周囲の昔からの家の庭は小さくなっていきました。
>
> 私が成人してから、ある事件をきっかけに、はじめて両親から隣家のいきさつを聞きました。隣に住みはじめた人たちは〇〇市の大きな川の河口付近の朝〇〇落からきた人たちで、もとは全く違う名前だったこと。隣に住み始めてほどなく私の実家の苗字(仮にA家とする)を名乗り、さらには自分たちがもともとのA家だと言い始めたこと。
>
> この時私はまだ何も知らなかった。
> ただ、近くにうちの御先祖様が建てたお寺もあるし、古くから住んでいる人たちも多いし、そんな荒唐無稽な、と驚きました。でも都会化が進み、新しい住人の流入も多く、昔からの家々の代替わりなどをきっかけにその隣家の親戚がどんどん周囲に増え、あっという間に周囲の環境は変わりました。
>
> 実家も隣家に関わるいくつかの事件に巻き込まれました。
> 例えばある日、隣家の人がひょっこり玄関にきたそうです。同じブロックの反対側に建てた娘の家に行くのに、道路をまわるより実家の敷地の生垣の際を通り抜けると早いのでそこを通らせてくれ、と。そのくらいなら、と許可したそうですが、すぐに「この道(そもそも道じゃないのに)は私たち(隣家)しか使っていないから、その道は私たちの土地だ」という理屈で土地を取られてしまいました。
>
> こうした人たち相手には法律も通らないのです。警察も力になってくれません。どうにもならないのです。まさに軒を貸して母屋をの典型。生垣が続く長細い土地は、長細いとはいえ面積でいえば小ぶりの一軒家が建つ程度でした。私が大学生の頃はちょっと幅のある水路部分も、庭の南側も、隣家の土地になりました。事故にみせて兄(跡取り)が殺されかけたこともありました。他いろいろあります。当時ひとつひとつ理不尽に思えたそれらは、今見ればすべてが典型的なやられかたでした。が当時ははじめてであう想像外のことの連続でした。
>
> 本宅以外に、実家が貸している集合住宅は老朽化し建替えが必要です。しかしこうした人が一室に入居されており「ここに長く住んでいるからここは自分の土地だ」と言い張ってこの方だけ退去していただけないままもう三十年です。すごい執念。このため安全確保の建替えも、売却もできない。一般の方のようでもこわい人たちや共産党が後ろについているからです。
> 祖父母や両親が、私たち兄弟がトラブルに巻き込まれないよう、こうしたことを詳しくは知らせずに居たことは長じてわかりました。
>
> 父は古い家の出身であり、今マスゴミと言われるテレビ局を勤め上げた人であり、同時に朝鮮出身の人々との関わりの苦労もたくさん経験してきた人です。
>
> 東北の大震災の時母は、父(母の夫)に募金のお金の流れを聞いているから、私は募金という方法では(手助け)しない、と言いました。父やその世代の人たちが事実どうつきあって生きてきたのか。父の遅くできた子である私とは時代のギャップがあり、スムーズに想像することができません。
>
> 左翼といわれる側に父は振り分けられてしまうのか。遺品整理中出てくる父の若い頃の、テレビ創成期のテレビ番組やドラマの台本を見ると、戦争が終結し新しい時代に向く素直な息吹が感じられます。昭和でした。
>
> 朝鮮の人々とのかかわりにおいて、事実を知る一般の人々も意見をはっきり表明できずにきたことの根本を考えてしまいます。朝鮮半島が共産圏の防波堤になることとへの対価か。脅しに屈する、避けて済ます、友好を築くという綺麗ごと、怠慢。つけがまわってきている今、皆それでよしとしたその根元は何だっただろうと。
>
> 終戦時小学生だった年配の華道の先生方とお話しをしていた時、邦楽を習っている私が「どうして学校で邦楽で習わないのでしょう」と聞いたら、「戦争が終わったら日本のものは何もかもダメ(優劣の意味)って言われてね」「なんでもダメってね」「そうそう」とおっしゃっていました。
>
> 母の叔父が以前、学校の先生になろうと思っていたが先生になろうとしたら戦後変な教員がいっぱいだったから先生になるのはやめた、と言っていました。私は小学校六年生の時、図書室に居たら、図工の先生に『君が代通信』という本を渡されたことがあります。
>
> 終戦を過ごした人にとって戦争に負けたという事実は大きく、さらに日本であることの否定が徹底され続けてきたことは、事実だったのだなあと思います。
>
>
> ところで母方は、中世にある山間に定着した人たちが祖で、以来そこの山の守と神事等の旗を振る役の家です。
> 先代が亡くなる数年前、このお家は娘だけだったのでお婿さんをとりました。心配する母たちに先代は「大丈夫」とほほ笑んで、お役も苗字もそのままだからと先代は言っていたそうです。
>
> しかし先代が亡くなり数年、あとをとった娘夫婦から母たちは、今後お婿さん側との親戚づきあいのみをすると伝えられました。そして代々してきたお役は大変なので、宮内庁にお役を返上する、となりました。苗字もお婿さんの家の苗字に変わりました。(こちらは他所様の家のことなのでよくわかりません。単に母方の親戚がきらいなのかもしれないし。跡取りの娘さんは大層学問に秀でた方でした。)
>
> 近年こうしたことは日本中で起きていると知りました。
> 私の家は、今の日本の縮図のようです。長くコメント欄を占領してすみません。

 貴重なお話有難うございました。
 終戦のころに色々と奇怪な事があったとは聞いていましたが、具体的な話を聞くと、本当にため息がでます。

 本当はこういうことをちゃんと記録しておくべきなんですよね。
  1. 2018-11-21 13:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「ネトウヨ」って何?誰?

>こうした地道で冷静な情報の検証と拡散を行う人々は、それまで捏造報道やりたい放題で、世論を動かした来たマスコミと左翼活動家には、大変厄介な存在でした。

80年代後半~2005年くらいまでが「ネトウヨ」にとっては最悪最低、左派マスコミ、左翼活動家には最高の時代でしたね。
80年代前半までは戦前戦中戦後間もない時期をリアルで知る世代が多くの方が現在で健在でしたので、そう無茶苦茶なねつ造は無理でした。(それでも北朝鮮の日本人拉致事件は隠蔽されたりもしましたが)。

ところが80年代後半になると戦前生まれと戦後生まれの比率が逆転、戦前戦中をリアルタイムで知る世代の多くが鬼籍に入り出し、生き残っている人も当時は子供だったり学生だったりで社会状況や風俗のリアルな実態はよく知らなかったりする人がほとんどとなってしまいました(具体的には1930年代、昭和初期生まれの人、独断と偏見では団塊に並んで左翼率高くて、しかもこの世代のパヨは「戦争経験者」をウリにするのでタチが悪いような・・)。

それまで何でもなかった靖国神社やあの慰安婦問題が持ち上がった・・というかでっち上げられたのもこの時期。

おまけにネット時代の今でもそうですが、日本人はいわゆる先進国、民主国家では稀にみるテレビ信者大国で、世界価値観調査ではテレビ・新聞という大手メディアの信頼度が7割以上(政府・軍隊より高い)で、いわゆる先進国では際立ってテレビ局や新聞といったメディアのステータスが高い国(2010年の調査なのでさすがに最近は下がっていると思いたいけれど)なんですよね。

そりゃやりたい放題やりますよ。おっしゃる通り2005年(YOUTUBEなど動画サイト、パソコンの低価格化と扱いの簡素化、それより少し後ですが、スマホの出現などなど)ネットの発達と「ネトウヨ」の冷静冷徹な事実関係の検証で以前ほどのやりたい放題はできなくなりましたが、それでも影響力はまだまだ絶大です。何とか、この日本のテレビ・新聞(これはさすがに影響力が落ちましたが)・ラジオの妙な影響力とか情報カルテル体制に風穴を開けられないものかな?とこういう話が出るたびに感じますね。

あと、ネトウヨって何ですかね?私的な話で恐縮ですが私が「右傾化」したのって北朝鮮拉致事件を知った90年頃からですが、その頃はパソコン通信はあってもインターネットはごく一部のコンピュータオタクにしか知られておらず、2ちゃんなんて影も形もなかったでネットなんてほとんど関係ないですけどね。

ついでにいうと「ウヨ」っていうのもなぁ・・私は元が天皇制否定論者の左巻きで今でも大して思い入れがない上に、「日本すごい」みたいな動画とか「YOUは何しに日本へ」みたいな日本好きのガイジンばかりを集めた「日本バンザイ」なコンテンツはみていられないタイプなんですがね(メンタリティが韓国人みたいで恥ずかしくなるんです)。

安倍政権についても外交・防衛政策は現実的で妥当とは思いますが、移民や消費税など経済、社会政策には正直疑問だらけ、単に他に適任者が思いつかないから支持か不支持かの二者択一を迫られれば支持かなぁ?って程度で別に安倍信者ってわけでもないんですけどね・・。
単に現実離れした話、筋が通らない話、事実関係からかけ離れた話、反対の為の反対論は「おかしいだろ?」と言いたいだけで。

とにかくマスコミと左翼活動家は自分たちに都合の悪い話、分の悪い話をする人はミソもクソも一緒にして「ネトウヨ」にしちゃうんですよね。あと、「日本会議の陰謀論」も好きですよね~(笑)。アベをも操るすごい組織らしい・・・。
その「ネトウヨ」の「正体」とやらも「食い詰めた若者」だったり逆に「富裕な中高年」になったりで全然一貫性がないし(笑)。


  1. 2018-11-21 21:13
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

不正な投稿

なぜか「不正な投稿」となってしまいました。
「ネトウヨ」ってNGワードなんですかね(笑)
  1. 2018-11-21 21:16
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: 「ネトウヨ」って何?誰?

> >こうした地道で冷静な情報の検証と拡散を行う人々は、それまで捏造報道やりたい放題で、世論を動かした来たマスコミと左翼活動家には、大変厄介な存在でした。
>
> 80年代後半~2005年くらいまでが「ネトウヨ」にとっては最悪最低、左派マスコミ、左翼活動家には最高の時代でしたね。
> 80年代前半までは戦前戦中戦後間もない時期をリアルで知る世代が多くの方が現在で健在でしたので、そう無茶苦茶なねつ造は無理でした。(それでも北朝鮮の日本人拉致事件は隠蔽されたりもしましたが)。
>
> ところが80年代後半になると戦前生まれと戦後生まれの比率が逆転、戦前戦中をリアルタイムで知る世代の多くが鬼籍に入り出し、生き残っている人も当時は子供だったり学生だったりで社会状況や風俗のリアルな実態はよく知らなかったりする人がほとんどとなってしまいました(具体的には1930年代、昭和初期生まれの人、独断と偏見では団塊に並んで左翼率高くて、しかもこの世代のパヨは「戦争経験者」をウリにするのでタチが悪いような・・)。
>
> それまで何でもなかった靖国神社やあの慰安婦問題が持ち上がった・・というかでっち上げられたのもこの時期。
>
> おまけにネット時代の今でもそうですが、日本人はいわゆる先進国、民主国家では稀にみるテレビ信者大国で、世界価値観調査ではテレビ・新聞という大手メディアの信頼度が7割以上(政府・軍隊より高い)で、いわゆる先進国では際立ってテレビ局や新聞といったメディアのステータスが高い国(2010年の調査なのでさすがに最近は下がっていると思いたいけれど)なんですよね。
>
> そりゃやりたい放題やりますよ。おっしゃる通り2005年(YOUTUBEなど動画サイト、パソコンの低価格化と扱いの簡素化、それより少し後ですが、スマホの出現などなど)ネットの発達と「ネトウヨ」の冷静冷徹な事実関係の検証で以前ほどのやりたい放題はできなくなりましたが、それでも影響力はまだまだ絶大です。何とか、この日本のテレビ・新聞(これはさすがに影響力が落ちましたが)・ラジオの妙な影響力とか情報カルテル体制に風穴を開けられないものかな?とこういう話が出るたびに感じますね。
>
> あと、ネトウヨって何ですかね?私的な話で恐縮ですが私が「右傾化」したのって北朝鮮拉致事件を知った90年頃からですが、その頃はパソコン通信はあってもインターネットはごく一部のコンピュータオタクにしか知られておらず、2ちゃんなんて影も形もなかったでネットなんてほとんど関係ないですけどね。
>
> ついでにいうと「ウヨ」っていうのもなぁ・・私は元が天皇制否定論者の左巻きで今でも大して思い入れがない上に、「日本すごい」みたいな動画とか「YOUは何しに日本へ」みたいな日本好きのガイジンばかりを集めた「日本バンザイ」なコンテンツはみていられないタイプなんですがね(メンタリティが韓国人みたいで恥ずかしくなるんです)。
>
> 安倍政権についても外交・防衛政策は現実的で妥当とは思いますが、移民や消費税など経済、社会政策には正直疑問だらけ、単に他に適任者が思いつかないから支持か不支持かの二者択一を迫られれば支持かなぁ?って程度で別に安倍信者ってわけでもないんですけどね・・。
> 単に現実離れした話、筋が通らない話、事実関係からかけ離れた話、反対の為の反対論は「おかしいだろ?」と言いたいだけで。
>
> とにかくマスコミと左翼活動家は自分たちに都合の悪い話、分の悪い話をする人はミソもクソも一緒にして「ネトウヨ」にしちゃうんですよね。あと、「日本会議の陰謀論」も好きですよね~(笑)。アベをも操るすごい組織らしい・・・。
> その「ネトウヨ」の「正体」とやらも「食い詰めた若者」だったり逆に「富裕な中高年」になったりで全然一貫性がないし(笑)。

 朝日新聞が吉田清治証言を報道して、慰安婦強制連行を捏造したのが1984年です。

 この頃、戦中派と言われた人達、つまり応召して兵役経験のある人達が、全部60歳を超えて、定年退職するのです。
 朝日新聞でも社内から戦中派がいなくなったわけです。

 しかし戦中派も皆60代ですから、現役は退いても健康だし、記憶もしっかりしているのです。 また殆どの人は存命なのです。
 でもこの時期は新聞やテレビに対抗できる、発信手段がないのが致命的でした。

 単行本や雑誌で、慰安婦強制連行や南京大虐殺の虚偽を訴えた人は沢山いるし、そういう本や雑誌も沢山でているのですが、しかし新聞とテレビが一斉に同じ論調でキャンペーンをすると全然勝てないのです。

 だからあの時代が当にマスコミのやりたい放題だったのです。

 それが2000年前後からネットによって、修正されてきたのですね。

 それまで完全にやりたい放題だったマスコミには腹立たしい事でしょうね。

 それでマスコミにとって面白くない人間を全部まとめて「ネトウヨ」と呼び始めたのでしょう。

 まあ、こっちもその手の人間はまとめて「パヨク」と呼んでいるので、おあいこですが。
  1. 2018-11-22 12:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 不正な投稿

> なぜか「不正な投稿」となってしまいました。
> 「ネトウヨ」ってNGワードなんですかね(笑)

 なにがNGワードかわかりません。 
 ワタシも分からなくて困っているのです。
  1. 2018-11-22 12:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する