FC2ブログ

2018-10-07 20:38

リベラルはなぜアホなのか? リベラルだから

 日本の自称リベラルはどうしようもなく馬鹿なのですが、しかしリベラルがアホなのは日本だけではないようです。

 今アメリカでは大統領選挙で負けたリベラル左派が勢力を盛り返し、次の議会選挙では共和党を破る可能性が出てきたそうです。
 
 しかしそうなるとリベラルがアホである事が、問題になってきたのです。


 アメリカでもリベラルは、現実的な外交安全保障政策を示せないのです。
 
 アメリカでもリベラルは、戦争反対で、核廃絶を提唱しています。 また世界的な経済格差を問題にしています。

 しかし彼等はこれらの問題を解決するために、「話し合え」と言うだけで、それ以外の具体策を何一つ示せないのです。

 そして現実に存在する独裁国家をどうするか?
 台湾のように大国に圧迫されている小国の立場をどう思うか?
 現在世界で起きている、粛清や虐殺と言う人道問題にどう対応するか?

2018y10m07d_212005715

 などと言う問題についても沈黙を続けるだけです。

 因みに日本のリベラルはさらにこの進化系で、憲法9条で全て解決と言う立場です。

 結局リベラルの人達の世界観の中には、「安全保障」と言う物が存在しないのです。 そうなると現実的な外交政策だって存在しようがありません。

IMG_1837

 それではなぜリベラルの世界には「安全保障」が存在しないのでしょうか?

 これについて奥山真司氏は動画の中で、述べておられることも大変興味深いです。

 しかしこれとは別にワタシは、そもそも現在の日本や欧米のリベラルの理念は、「安全保障」を問題にしたら、成り立たないからだと思います。

2018y10m07d_212247982

 真のリベラルが何であるかは別として、現在日本や欧米でリベラルを自称している人達は、国家に対してひたすら個人の権利を拡大する事を求めています。

 因みにこの個人と言うのは、即ち自分自身の事です。
 人の利害はそれぞれ違いますから、個人全てが自分の権利の拡大を主張したら、当然他人の権利とぶつかります。

 そうなるとそれを調整しなければならないのですが、リベラルの人達はそういう問題は無視して、ひたすら個人の権利の拡大を主張するのです。 

 それはつまり彼等が個人=自分としか考えていないからでしょう。

IMG_1843

 そして自分にとって不都合な物は、全て国家権力による抑圧だと考えて、それと戦うと言う事は絶対正義であると言う立場を取ります。
 
 彼等にとっては権力は全て敵であり悪です。
 そして反権力は絶対正義です。

 だから自分の家族でも自分にとって不都合な人や、家族制度その物も、権力の側に立って、個人を抑圧する存在として敵対します。

 このような立場では、個人(自分)にとって最大の敵は、自国の国家権力、自分の国と言う事になります。

IMG_1853

 しかしこれでやっていけるのは、自国政府以外に自分を脅かす物が存在しない場合だけです。

 自国政府より恐ろしい物が、自分の生命や財産を脅かすとなったら、反政府や反権力どころではないのです。
 
 もしも外国が自国を侵略して、自宅に爆弾を落とす、敵兵が自宅を略奪するような事を想定したら、どうしてもそれを防ぐ事を考えなければなりません。
 そうなるとそういう恐ろしい国と対抗するためには、自分の国を守る事を考えなければならないのです。

 だからリベラルの立場としては、そういう物の存在を想定してはいけないのです。

 これは日本国憲法の前文に明確に描かれています。

IMG_1865

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


IMG_1872


 日本国憲法はアメリカが日本を骨抜きにして永久に隷属させるために作った物ですが、しかしこれはまたアメリカのリベラリストの理想その物でもあるのです。

 

 だからリベラリストの抱える問題が、全部そのままこの前文に出ています。


 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。


 つまり「平和を愛する諸国民の公正と信義」を宛にしないと、「われら」の安全も生存も保持できないのです。


 しかし安全と生存の保持もできないとなると、ここに長々書かれている美しい理想なんか何の意味もないわけです。


IMG_1870

 

 アンタ、アホちゃうか?

 安全と生存って、人間に一番大事なもんやろ?

 それを他国に頼ってどないすんねん?

 

 そ、そんなん言うても、自分で安全と生存を守る言うたら、自分の安全と生存が危のうなったら戦争するちゅう事やがな。

 それやったら戦争放棄なんかできへん。


IMG_1876


 平和を愛する諸国民の公正と信義」を宛にして、自分の安全の生存を保持できる事にするためには、平和を愛してもいない国、公正でもない信義を守らない国があっては困るのです。

 

 そうなると国際社会の現実を見る事などできなくなります。

 

 だから国民を大量に餓死させても核兵器ミサイルの開発に血道をあげる国も、日本の領土を不法占拠する国も、日本の領土を自国領だと公言し、領海に自国船を繰り出す国も、平和を愛する諸国民の国だという事にしなければなりません。


 また条約を何度でも平気で破る国、事実無根の歴史認識を迫る国、知的所有権を盗み放題の国の公正と信義も信頼しなくてはなりません。

 勿論中学生の女の子を拉致したり、覚醒剤密輸で外貨を稼ぐ国の公正と信義も信頼しなければなりません。


IMG_1890


 それでも現実にミサイルを飛んでくるし、拉致された女の子は未だに帰ってこないのです。

 武装船が日本の領海をうろつき、その為に日本の漁師さん達は、そこで漁ができないのです。 それどころか向こうが大船団を送り込んで、日本の漁場を荒らすありさまです。


 そうするとそのままでは、向こうの「公正と信義」を信頼するのもなかなか苦しくなります。

 そこで「自分達が昔悪い事をやったので、向こうが怒っているのだ。 悪いのはちゃんと謝罪や賠償をしない自分達だ。」と言う事にするです。


 だからリベラルはひたすら自国を貶める事に熱中します。

 慰安婦強制連行とか、南京大虐殺記念館とかは、日本のリベラルが捏造したのです。


IMG_1938


 そしてこのように自国を悪い国にする事は、個人=自分にとって最大の敵は自国であるというリベラルの立場とも一致します。


 自国こそが世界最悪の国であれば、自国へのどんな攻撃も正当化されます。

 また自分達が自国の悪を糺して正義に導けば、他国が自国へ悪意を持つことはなくなるので、軍隊などなくても戦争を防ぐことができるはずです。


 だから欧米のリベラリストも、この手の自虐史観が大好きです。

 日本だけの問題ではないのです。


IMG_1918

 

 そこで彼等はもう遥か昔の戦争犯罪や植民地支配の問題を、それが事実であろうがなかろうが関係なく、繰り返し繰り返し蒸し返すのです。


 その一方で現在、現実に存在する独裁国家で行われている深刻な人権弾圧は完全に無視します。


 悪いのは自国だあ~~!!

 自国が悪いから、オレタチは国家権力と戦うのだ。

 他国がミサイルを向けるのは、全部自国が悪いからだ。


 リベラルは何としてこの立場を守らなければならないのです。


IMG_1939


 もう書いていて笑っちゃいます。

 

 本来安全保障と言うのは、自国民を餓死させても核ミサイルを作るような国から、自分の安全と生存を守る為の物です。

 国民の権利とか福利とか、まして国際社会での名誉ある地位なんてモノは、安全と生存が保障されないと意味がないのです。


 しかしリベラルの理想は、国民の生存と安全を脅かすような国が存在しない事を前提しないと成り立たないのです。


 これではリベラルが現実的な外交や安全保障について考える事ができるわけなはのです。


 そして現実に存在する物を存在しない事を前提にしなければ、実現しない理想を信奉し続ける人間は「アホ」とかしか言えません。 そような「アホ」でなければリベラルでいられないのです。


 リベラルはなぜアホなのか? 

 それはリベラルだから。 


IMG_1948


 しかしそれでもそれ故にこそ厄介ではあります。 


 なぜならリベラルは全てが自分中心です。

 自分に不都合な事、不愉快な事は、全て国家権力=悪、として自分を絶対的に肯定してくれます。

 一方彼等はこれとは真逆に、国家は自分の要求の全てに応えるべきであるとも主張します。


 つまりリベラルにとって国家とは、甘やかされ切った幼児にとっての両親か、甘やかされ切った猫にとっての飼い主のような物なのです。

 しかしこういう立場でいられるって、誰にとっても快適ですよね?


IMG_1952


 だから国家が繁栄し、国民生活が豊かにそして自由になればなるほど、こういう人達が増えていくのでしょう。


 これは欧米や日本のような豊で自由な国々にとってこそ大問題ではありませんか?

 だからトランプ大統領が個人レベルでいくら問題人物でも、頑張ってもらうしかありません。

 そしてワタシも当面は安倍総理に期待しているのです。

  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(15)

コメント

「戦争反対」ではなく「戦争は嫌です」(笑)でも「戦争も辞さない」との気持ちです。

話はそれますが、コンペ等で競合各社と競い合います。
お互いのコンペ資料は見せてもらえません。当然ですが
客先要望で競合社と共同プロジェクトを組む時も(JVみたいなもの)あります。
一緒にやると相手の仕事の仕方、力量等が見えてきます。
米国がリムパック等の合同演習を開催するのは参加国の力量を見るためだと思ってます。

自称リベラルは声高に叫ぶだけで相手の戦略や能力(勢力、支配力、影響力)を見限ってる様です
対話するときは対等な関係では無いのが現実です特に政治の世界では。
枝豆が「政権交代を狙う」と言ったのには唖然としました。公約をマニフェストと呼びことごとく破った人達が…
トランプは事業家でオバマの様な理想家とも違います。表現が過激で品が無いですが
市民運動出身の文大統領や血統で選ばれた習近平とはあわないでしょう。
ヒラリーは嫌いです、観てると中指立てて喚く精神科医が…(*_*;
  1. 2018-10-08 01:38
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

諸国民の公正と信義

はじめまして。
よもぎねこさんの今回の考察を拝読させて頂き、
ちょっと感動しております。

私も長らく全く同じことを考えていました。
日本国憲法の最も大切な条項は、その精神を
顕している前文である
そしてその前文に
「諸国民の公正と信義に信頼して」
軍事力を放棄することとした(前文→9条)、
という論理であることは明白だと思っています。
では、その諸国民、我が国の安全保障に特化して
鑑みれば具体的には近隣諸国において
公正でもなければ信義も置けない国が在ったら
どうなるのか。。
当然、自動的に軍事力の放棄は中断せざるを得ない
と考えるのが自然だと思っています。

※論理としては「AならばB」に対して
 必ずしも「AでないならBでない」、とは
 ならないわけですが、話は政治と安全保障に
 ついてなのでココでその議論は脇に置いて

従い、日本は近隣諸国が今後、長期にわたり
公正を保ち、長期にわたり信じるに足る体制、
政治状況となるまで、軍事力を維持すべきと
考えています。

極端な話をすれば9条に関しては中国韓国北朝鮮に
よって自動的に停止されている、と考えても
よいくらいだと思っています。

憲法を大切にし、その精神を守っていくとは
本来、こういうことだと考えています。

ネットの中で前文のこの部分に着目して
私と同じ論理展開をされている方を始めて
目にし、お目汚しですがコメントさせて頂きました。
  1. 2018-10-08 03:33
  2. URL
  3. エフェメリス #nEx7PFYA
  4. 編集

こんにちは。
子供と一緒です。
親が一生懸命努力した安心で豊かな家庭が生まれた時から当たり前の存在なのでおもちゃ欲しい、小遣い値上げしろ、うまいもの食いに行きたい、残業やめて一緒に遊べ、海外旅行に行きたい、安いスマホじゃ嫌、iPhoneじゃなきゃいや、友達の家は云々、とか好き勝手な文句が出るのですね。
それと一緒で安全や豊かさの為の努力に目を向けずそのためのコストを認めず否定し、もっと安全を、もっと豊かさを、諸外国を見習え、とないものねだりをしているのが真相でしょう。
彼、彼女らはリアリストではなく夢想家であるとどなたかが言ってました。
  1. 2018-10-08 08:35
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

追伸 無駄話

人間、国家間は対等ではありません。
世界最強の軍事力を持つ米国と北朝鮮は対等ではありません。
シンガポールまで首席を運べず中国に運んで貰う国と
大統領専用機で装甲車の様な大統領専用車を持ち込む国は違います。
米国の爆撃機B-1やB-2は米国本土から出撃し朝鮮半島を周回して帰還できます。

リベラルは「対等」を前提にしてるようですが、そこから勘違していると思ってます。
外交で表面上は握手したり、にこやかな表情をするのは外交辞令です。
握手しながら蹴り合うのが外交です、リベラルは蹴り合えないで喚くだけ。
リベラルの人類は平等だ!はお花畑だと思ってます

よもちゃん「私の行動を制約する権利は同居人には無いのよ!」

無駄話m(__)m
  1. 2018-10-08 10:31
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 「戦争反対」ではなく「戦争は嫌です」(笑)でも「戦争も辞さない」との気持ちです。
>
> 話はそれますが、コンペ等で競合各社と競い合います。
> お互いのコンペ資料は見せてもらえません。当然ですが
> 客先要望で競合社と共同プロジェクトを組む時も(JVみたいなもの)あります。
> 一緒にやると相手の仕事の仕方、力量等が見えてきます。
> 米国がリムパック等の合同演習を開催するのは参加国の力量を見るためだと思ってます。

 なるほどね。 確かに共同訓練をやれば、参加国の力量が明らかになりますからね。
>
> 自称リベラルは声高に叫ぶだけで相手の戦略や能力(勢力、支配力、影響力)を見限ってる様です
> 対話するときは対等な関係では無いのが現実です特に政治の世界では。
> 枝豆が「政権交代を狙う」と言ったのには唖然としました。公約をマニフェストと呼びことごとく破った人達が…

 どこまで本気かはわかりませんが、枝野の場合、金と票になる事は口から出まかせ何でも言うのでしょう。

> トランプは事業家でオバマの様な理想家とも違います。表現が過激で品が無いですが
> 市民運動出身の文大統領や血統で選ばれた習近平とはあわないでしょう。
> ヒラリーは嫌いです、観てると中指立てて喚く精神科医が…(*_*;

 トランプは確かに色々問題人物ですが、しかし枝野とは真逆でこれまでも大統領選挙時の公約は8割ぐらい実現しているというのです。
 これは政治家としては極めて誠実です。

 それだけでも信頼できるでしょう。
  1. 2018-10-08 11:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 諸国民の公正と信義

> はじめまして。
> よもぎねこさんの今回の考察を拝読させて頂き、
> ちょっと感動しております。
>
> 私も長らく全く同じことを考えていました。
> 日本国憲法の最も大切な条項は、その精神を
> 顕している前文である
> そしてその前文に
> 「諸国民の公正と信義に信頼して」
> 軍事力を放棄することとした(前文→9条)、
> という論理であることは明白だと思っています。
> では、その諸国民、我が国の安全保障に特化して
> 鑑みれば具体的には近隣諸国において
> 公正でもなければ信義も置けない国が在ったら
> どうなるのか。。
> 当然、自動的に軍事力の放棄は中断せざるを得ない
> と考えるのが自然だと思っています。
>
> ※論理としては「AならばB」に対して
>  必ずしも「AでないならBでない」、とは
>  ならないわけですが、話は政治と安全保障に
>  ついてなのでココでその議論は脇に置いて
>
> 従い、日本は近隣諸国が今後、長期にわたり
> 公正を保ち、長期にわたり信じるに足る体制、
> 政治状況となるまで、軍事力を維持すべきと
> 考えています。
>
> 極端な話をすれば9条に関しては中国韓国北朝鮮に
> よって自動的に停止されている、と考えても
> よいくらいだと思っています。
>
> 憲法を大切にし、その精神を守っていくとは
> 本来、こういうことだと考えています。
>
> ネットの中で前文のこの部分に着目して
> 私と同じ論理展開をされている方を始めて
> 目にし、お目汚しですがコメントさせて頂きました。

 コメントありがとうございます。 褒めていただいて恐縮です。

 日本国憲法は基本的には議員内閣制の民主主義と立憲君主制の憲法としては、大体よくできているのです。
 
 しかし憲法で保障した日本国民の人権の数々や、高邁な理想を守るには、国家主権あっての事なのですから、それを脅かそうという国に対しては、自衛の手段が必要なのです。

 ところがそれを「平和を愛する諸国民の公正と信義」にゆだねてしまい、挙句に9条で完全に封殺したのです。

 これだと幾ら美しい理想を書き連ねても意味がないんですよね。

 しかも日本の隣国はどれも平和なんか愛していないし、公正も信義もくそくらえなのですから。
  1. 2018-10-08 12:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

リベラルを名乗る人達を見ていて思うことは、言葉の定義づけを全然行わない、ということです。
法律を勉強していれば、定義づけの重要性を理解して当然なはずなのに、そういう人達ですら「リベラル」について碌に説明しませんし、「極○」のような主観的な言葉を平気で使っているように思います。

憲法の前文について、自分は暗記させられるような世代ではなかったのでさして気にしていなかったのですが、仰る通りちゃんと読んでみると恐ろしい文章ですね。
  1. 2018-10-08 19:35
  2. URL
  3. ノーティ #-
  4. 編集

ちょっと年上の奥様は生粋の9条信者。
でも基本的に「いい人」で私は大好きなんです。

改憲論争をしたとき「平和主義を守るためには死んでもやむ無し」と憲法に書かずにいるのが大嘘つきだと言ってしまいました。
  1. 2018-10-09 10:09
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> リベラルを名乗る人達を見ていて思うことは、言葉の定義づけを全然行わない、ということです。
> 法律を勉強していれば、定義づけの重要性を理解して当然なはずなのに、そういう人達ですら「リベラル」について碌に説明しませんし、「極○」のような主観的な言葉を平気で使っているように思います。

 ええ、全くその通りだと思います。

 杉田水脈議員のバッシングを見ているとわかりますが、彼等はむしろ意図的に言葉の定義づけを無視して、感覚的に使う事でレッテル貼り、あるいはキャッチフレーズとして利用するのです。

 そもそも彼等がリベラルを名乗る事自体が不可解です。
 彼等の中身は共産党や社民党や立憲民主党の左派など、完全な共産主義者で、本来リベラルではないのです。

 本物のリベラル政党はLiberal Democratic Party of Japanつまり自民党なのですが、いつの間にか彼等がリベラル、自民党は保守と言う事になってしまいました。

 これも彼等が言葉を感情的・感覚的に使うからできる事でしょう。
>
> 憲法の前文について、自分は暗記させられるような世代ではなかったのでさして気にしていなかったのですが、仰る通りちゃんと読んでみると恐ろしい文章ですね。

 さらっと読むと、実に美しい理想が掲げられているのですけどね。
 でもどうやったらそれを守っていくかを考えると、完全に破綻しているのです。

 それでもこの憲法で今までやってこられたのは、アメリカの軍事力が盤石で、その軍事力により守られていたからです。

 現実にどうやって「安全を生存を保持」するかを考える必要がなかったからでしょう。
  1. 2018-10-09 13:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ちょっと年上の奥様は生粋の9条信者。
> でも基本的に「いい人」で私は大好きなんです。

 9条教を信じる人の多くは普通に「いい人」だと思います。
 理念としては間違いなく美しいのですから。
>
> 改憲論争をしたとき「平和主義を守るためには死んでもやむ無し」と憲法に書かずにいるのが大嘘つきだと言ってしまいました。

 問題は本当に外国に侵略された時に「平和主義を守るためには死んでもやむ無し」と思っているのかどうかです。

 外国が日本を侵略する事なんかないと思っているから「平和主義を守るためには死んでもやむ無し」と言えるだと思うのです。

 だって自分が死ぬのはまだしも、この奥さんだって、自分の子供が殺される所をリアルに想像したら、絶対にこれは言えないと思うのです

 「いい人」の問題は、良い事、綺麗な事に、何も考えずに安易に飛びついてしまう事なんですよね。
  1. 2018-10-09 13:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

そうなんです、私同じことを言いました其の時!
そうすると答えに窮してしまって。
いい人を黙らせた私が悪いような
気が!

日本が当事者だった戦争は親の代で終わり、ベトナムは遠い海の向こう
そんな時代に生まれてギター片手に反戦ソングの時代が青春ですものね・・。
もはや次のターンに入ってるってことには付いて行けない我が精神構造には知らぬふりのある意味羨ましい世代の方々。
  1. 2018-10-09 16:01
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

> 次の議会選挙では共和党を破る可能性

多分, これは全くのがせネタだろう.
最近の米国のメディアは本当に嘘付であって,
しょっちゅう事実とは違う主張をしている.
それを鵜呑みにすると民主党が盛りかえしている
様な錯覚をもつ.

実際には, トランプ大統領の下で米国の景気は良くなり
議会の共和党は次回の選挙では民主党のフィルバスター
を阻止するだけの議席数を得る可能性が強くなっている.
そして, 議会はトランプ大統領より強行である場合が
多くなっている. それは, トランプ大統領が火を付けた
愛国審の炎が国民に広がりつつあるから, 選挙民の
動向に敏感な議員を動かしているからだと言われる.
それに, 最高裁判所では保守派が過半数を取り,
暫くすればリベラル派は更に小数になると予想されているから,
そうなれば, 米国のポリティカル・コレクトネスは終焉.

トップが正しければ国民も覚醒し, 議会も良くなるという
お手本のような今の米国である.

その反対は日本.
トップが嘘付なので議会も官僚にいい様にあしらわれて,
国民の実質給与は減り続ける. 何でも, 統計量を
操作して実質給与が増えたかのような工作まで
今の政府はやっている.

人を例にだして申し訳ないが, 参議院の青山繁春議員(自民党)
は総理のやろうとしている重要法案(予定)に全て反対とまで
述べている.
  1. 2018-10-09 16:24
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

Re: > 次の議会選挙では共和党を破る可能性

> 多分, これは全くのがせネタだろう.
> 最近の米国のメディアは本当に嘘付であって,
> しょっちゅう事実とは違う主張をしている.
> それを鵜呑みにすると民主党が盛りかえしている
> 様な錯覚をもつ.
>
> 実際には, トランプ大統領の下で米国の景気は良くなり
> 議会の共和党は次回の選挙では民主党のフィルバスター
> を阻止するだけの議席数を得る可能性が強くなっている.
> そして, 議会はトランプ大統領より強行である場合が
> 多くなっている. それは, トランプ大統領が火を付けた
> 愛国審の炎が国民に広がりつつあるから, 選挙民の
> 動向に敏感な議員を動かしているからだと言われる.
> それに, 最高裁判所では保守派が過半数を取り,
> 暫くすればリベラル派は更に小数になると予想されているから,
> そうなれば, 米国のポリティカル・コレクトネスは終焉.
>
> トップが正しければ国民も覚醒し, 議会も良くなるという
> お手本のような今の米国である.

 この民主党が勢いを盛り返したという話は、ある程度は本当でしょう。 但し元々民主党野基盤だった地域の話なので、中間選挙にどの程度影響があるかはわかりません。
>
> その反対は日本.
> トップが嘘付なので議会も官僚にいい様にあしらわれて,
> 国民の実質給与は減り続ける. 何でも, 統計量を
> 操作して実質給与が増えたかのような工作まで
> 今の政府はやっている.
>
> 人を例にだして申し訳ないが, 参議院の青山繁春議員(自民党)
> は総理のやろうとしている重要法案(予定)に全て反対とまで
> 述べている.

 でも青山氏は安倍総理を支持しています。 総裁選でも安倍総理の推薦人になっています。

 青山氏としては、今安倍総理が提出している法案には反対でも、また安倍総理の改憲案に反対でも、安倍総理以外でマトモに総理をできる人はいないのだから総理を支持するのです。

 ワタシも同じです。
  1. 2018-10-10 14:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

日本のリベラルと安全保障についてはあまりにツッコミどころが多すぎてまともに話題にする気にもならないのですが、最大の疑問が一つ。

日本のリベラルとか左派のほとんどは反米軍、反米軍基地ですが、在日米軍なき後の日本の安全保障の問題もさることながら、仮に日本に米軍基地全面撤去を掲げる反米政権が誕生し、米軍基地の接収を図ったとして、アメリカ側が「ああそうですか」とすんなり大人しく出ていく・・とでも思ってんのかな?という疑問がありますね。

何しろ在日米軍基地は東アジアは元より世界でも最大級レベルの基地。それが一挙になくなるとなればいくら日本に無関心だったり軽くみてるアメリカ人も泡食うでしょうし、「話し合いで解決」「憲法9条で・・」なんてきれいごとでは済まないと思いますが。

実際、首都圏の横田基地は未だに返還の動きはまるでなく、東京上空の航空管制は未だに日本側の思い通りにはなりません(トランプ大統領も来日時は羽田でも成田でもなく横田基地に降り立ちましたし)。

もし、本気で米軍をすべて日本から追い出そう、基地をなくそうとすれば対中国、北朝鮮の場合以上に、それこそ「一戦も辞さず」の覚悟が必要となるはずです(実際に戦争するかどうかは別として)。

しかし、日本の反基地のリベラル?や左派からはその覚悟とか具体的なプラン、現実的なシミュレーションは全く聞こえてきません。

独断と偏見ですが、もし日本に社民党や立憲民主などの左派の反米・反米軍基地政権が誕生したらどうなるか?を実地で、体を張ってシミュレーションしてくれているのが現在の文政権下の韓国ではないか?と考えています(笑)。

  1. 2018-10-10 23:32
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 日本のリベラルと安全保障についてはあまりにツッコミどころが多すぎてまともに話題にする気にもならないのですが、最大の疑問が一つ。
>
> 日本のリベラルとか左派のほとんどは反米軍、反米軍基地ですが、在日米軍なき後の日本の安全保障の問題もさることながら、仮に日本に米軍基地全面撤去を掲げる反米政権が誕生し、米軍基地の接収を図ったとして、アメリカ側が「ああそうですか」とすんなり大人しく出ていく・・とでも思ってんのかな?という疑問がありますね。
>
> 何しろ在日米軍基地は東アジアは元より世界でも最大級レベルの基地。それが一挙になくなるとなればいくら日本に無関心だったり軽くみてるアメリカ人も泡食うでしょうし、「話し合いで解決」「憲法9条で・・」なんてきれいごとでは済まないと思いますが。
>
> 実際、首都圏の横田基地は未だに返還の動きはまるでなく、東京上空の航空管制は未だに日本側の思い通りにはなりません(トランプ大統領も来日時は羽田でも成田でもなく横田基地に降り立ちましたし)。
>
> もし、本気で米軍をすべて日本から追い出そう、基地をなくそうとすれば対中国、北朝鮮の場合以上に、それこそ「一戦も辞さず」の覚悟が必要となるはずです(実際に戦争するかどうかは別として)。
>
> しかし、日本の反基地のリベラル?や左派からはその覚悟とか具体的なプラン、現実的なシミュレーションは全く聞こえてきません。
>
> 独断と偏見ですが、もし日本に社民党や立憲民主などの左派の反米・反米軍基地政権が誕生したらどうなるか?を実地で、体を張ってシミュレーションしてくれているのが現在の文政権下の韓国ではないか?と考えています(笑)。

 日本のリベラルがこれほど非現実的なのは、彼等が本来のリベラルではなく、中身は実は旧社会党や共産党などの共産主義者だからでしょう。

 だからひたすら反米なのです。

 しかしこれは日本だけの問題ではなく、ソ連崩壊後、世界中で共産主義者がリベラルを僭称し、しかもそのままリベラルの呼称を自分達の物にしてしまったのです。

 そしてリベラルの評判が悪くなると、今度は保守を僭称しようとしています。
 まあ、そういう人達なのです。
  1. 2018-10-11 12:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する