FC2ブログ

2018-09-10 13:16

札幌大停電 その3

 札幌の停電は9月6日3時に始まって、9月7日に終わりました。 終わった時間は同じ札幌市内でも場所により違います。

 早いところでは7日午前2時から、我が家では7日7時半過ぎでした。

 札幌は清田区や北区など一部の地域を除いて、地震その物の被害は全く受けていません。
 だから電気が点くと、街の景色は完全に元に戻りました。

 そして日常生活もかなり元に戻っています。

 例えば妹は地震の前に電気洗濯機を注文していました。 それが地震当日6日に届く予定だったのです。
 でもさすがに6日は届きませんでした。
 しかし7日の午後には電気屋から「今からお届けしてよいですか?」との電話があり、OKするとちゃんと届けて、セットしてくれたそうです。

 凄すぎる!!

 お店も7日から開店し始めました。
 スーパーも早い店では7日の2時半に開店しました。 
 IMG_0235
 
 また通電した通りの沿った飲食店も殆どが一斉に開店しました。

 但し商品はそろっていません。
 野菜などを除いて生鮮食料品が一切ありません。 前日の在庫を売っている状態です。

IMG_0230

 それでも客は皆喜んでいました。

 さらに斎場も営業し始めました。

 実は停電で斎場も営業停止していたのですが、これ葬儀を予定した方のご遺族も、葬儀社も気が気ではなかったでしょう。
 停電ではご遺体の冷蔵もできないのですから。

 急な営業再開で、参列者は殆どいなかったようですが、それでもとにかく葬儀をして、亡くなった方を送りだすことができるようになったのです。

IMG_0219

 翌日の8日、ワタシはパンを買いに行きました。
 まず最初に行ったのが、上から二番目の写真のスーパー内のパン屋です。 ここは実はこのスーパー内の店でパンを焼いているのです。 
 しかしこの日はパンを焼かなかったのか、商品は一切ありませんでした。
 
 また日糧など量販パン工場で作られるパンも一切売っていませんでした。

 つまりパンも含めて、日持ちのしない加工食品は、まだ全然流通していないのです。

IMG_0255

 それどころか商品の補充がないのに、開店していて商品が売れるので、店の商品はドンドン減っている状態です。

 ところがそうなるとどうしてもパンが食べたくなり、山の上のパン屋さん(アマンドール)を目指しました。 このパン屋さんは我が家から自転車で登り一本で30分弱かかる所にあるのですが、この際頑張っていくしかありません。

 でもこのパン屋さんは自宅と店が一緒で、店主が自分でパンを焼いているのです。 それにパンの材料の小麦やイーストなどは、元来大量にストックできるものです。
 つまり極めて古典的な手作りパン屋です。
 だから電気さへ戻ればパンを焼いている可能性が高いのです。

IMG_0269

 そこでワタシはパン屋目指して自転車をこぎました。

 果たして、パン屋さんにたどり着くと、ちゃんと開店していました。 但し商品棚は殆ど空です。 それでもレーズンパンを一斤ゲットできました。
 
 お店の人に聞くと「普段は一日一回しか焼かないのに、今日は三回も焼いていた。 それでも商品がなくなる。 今は4回目を焼いているところで、後30分程で角食が焼ける。」とのことでした。

 だったら角食が欲しい!!

 ワタシは頑張って30分待って、角食を一本(3斤)ゲットしました。 
 
 焼き立てのか角食は柔らかく、切る事もできないし、直ぐにつぶれるからと、お店の人も随分気を使ってくれました。
 ワタシもホカホカ熱熱の角食を潰さないように気を付けて帰りました。

 家に帰ってテーブルの上に置いても、角食はまだ温かく、何とも言いようもないほど美味しそうな香りを放ち続けます。 

 焼き立てのパンってホントに美味しそうな香りがするんですね。

 これで結局夕食はこの角食に、クリームチーズ、サラダ、サラミソーセージ、そしてワインになりました。

 美味しかった!!!!

 しかし考えてみると、一人暮らしで角食を一本(3斤)とレーズンパン一斤を買い占めるのはあまりに欲張りと言う物です。
 ワタシは普段は一度にここまで大量に買い込む事はないです。

 でもそんなことをしちゃうのも、停電の品不足で不安心理が働いたからでしょう。 
 「なくなったらまた買えばよい」という理性が働かないのです。

 なるほど品不足になると、返って買い占めが進のだという事を、身をもって実感しました。

 因みにこの日(8日)近所の西友は閉店したままでした。

 これを見ていると、近代的・先進的な商店ほど、停電には弱く、逆に前近代的な商店は強いのです。
 考えれば当然の話ですが、しかしこれほど見事に現代文明の電気依存度が証明されるとは・・・・・。

IMG_0272

 その西友ですが、昨日(9日)には開店しました。 
 ワタシは夕方、よもちゃんの猫缶を買いに行ったのです。

 幸いよもちゃんの猫缶は普通に売っていました。

 しかし西友もパンやお弁当、油揚げや豆腐など、日持ちのしない加工食品や、魚や肉などの生鮮食料品はありませんでした。

IMG_0295

 一方近所の地場のスーパーはちゃんと、お弁当やお惣菜を売っていたようです。

IMG_0310

 但し見事に売り切れ!!
 
 ここは普通はこの時間なら、売れ残りを半額にするのですが、しかし昨日は全部売り切れてしまい半額セールはなかったようです。

 このスーパーの総菜やお弁当は、この店内で作っているので、あの山の上のパン屋同様に、電気が戻れば店がストックしている材料を使って作れるのです。

 で、日ごろ西友に流れる客を全部ゲットしたのでしょう。

IMG_0309

 しかしここも他から仕入れている加工食品、肉、魚などを売っていないのは同じです。

 昨日との違いと言えば、こうして空の商品棚に紅葉の造花を飾り、お詫びの貼り紙をしたことぐらいでしょう。

IMG_0312

 野菜や果物はそこそこありました。
 
 だから超古典的八百屋は勿論営業していましたが、やはり野菜も果物も乏しく、停電前に仕入れた商品だけを並べているようです。

 つまり流通はまだ全然回復していないのです。
 
 考えてみるとこれは停電だけの問題ではないのかもしれません。
 なにしろ今回ダメージを受けた苫小牧は、石油精製や石油関連商品の道内輸送の中心地です。

 だからガソリン不足はただ停電の為ばかりではなく、製油所や石油製品の移送システムにトラブルが起きている可能性があります。
 そうなると今後も商品輸送の問題は結構長引くでしょう。

 実はこんな品不足は、東日本大震災でも経験していません。 
 この分では、北海道経済のダメージは東日本大震災を超えるでしょう。

 ワタシは独身で無職ですから、今ストックしている食料を食べながらのんびり暮らせばよいだけですが、このままでは商店や工場はたまらないでしょう。

 実際、停電で乳牛の搾乳機での搾乳ができなくなり、それでも牛の乳房炎を防ぐために飼い主が頑張って手で搾乳しても、集荷がないのでその牛乳は全部捨てるしかなかった、などと言う無残な話も出ています。

 しかもガソリン不足で集荷にトラブルが続けば、搾乳機が使えるようになっても、牛乳は捨てるしかない状況が続くのです。
  
 またサンマ漁は最盛期に入ったはずですが、これも道内で流通できません。
 そしてガソリン不足が続けば、漁にも差支えが出てきます。
 IMG_0279

 そして電気その物も供給量が絶対的に足りない状況は変わっておらず、綱渡りの送電が続きます。

 その為道内全域で節電を呼び掛けている状態です。

 このまま冬になったらどうなるのだろうか?

 北海道の電力消費は冬に最盛期を迎えるのです。

 夕べは肌寒く、毛布が必要でした。 
 冬はもう戸口で足踏みをしているのです。
 
 こうなったら何としても泊原発を稼働させるべきなのですが、放射脳は必死の反対を続けています。
 
 一体いつになったら日本国民は理性を取り戻して、現実的な電力供給を語れるようになるのでしょうか? 
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(26)

コメント

それでも焼き立てのパンが入手出来たのは良かったですね(^_^)/
3.11の時、トヨタの生産ラインが止まりました、東北の工場からの供給が停止したからです。無在庫などと言ってますが脆弱なもので、その後見直したとか。
工場が停止すると再稼働には手間が掛かります、食品工場なら衛生管理を最初からでしょうし。
停電で泣きたかったのは電気炉メーカーかも(鉄が固まる)日製室蘭とか
  1. 2018-09-10 14:28
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

こちらまで...

焼きたての美味しい食パンを食べたような幸せな気分になりました。^^

お亡くなりになった方はもちろん、住む家を失った方は大変お気の毒ですが、そういう目に見える被害はなくても、流通網が途切れると現代人はお手上げですね。

当地(神奈川)も、東日本大震災では震度5の地震があり、計画停電(節電のために数日に1回、商業地区を除いた住宅地エリアで1時間ほど停電)があったので、電気がないと何もできないということを痛感しました。

ところで、首都圏でニュース等を観ていて不思議なことが。
避難所の様子が全く報道されません。

震源地に近く、液状化現象で家が軒並み傾いたり崩れたりしたエリアの方は当然、避難所で過ごされていると思うのですが。
  1. 2018-09-10 15:19
  2. URL
  3. 大師小ブログ主 #-
  4. 編集

冬でなくて良かった

不幸中の幸いと言いますか、冬でなくてホントに良かったですね。凍死者が沢山出たでしょうね。

3.11の時は関東でも寒くて、湯たんぽを炬燵に入れても寒かったんですよ、北海道では薪ストーブとかは多いのでしょうか?電気が無いのでファンヒーターも使えませんでした。
光、水、食べ物より寒さ対策が一番大変でした。

冬のブラックアウトを個々人で想定して準備したほうがよろしいのでは、ホワイトアウトは北海道では準備済でしょうけど。

返す返すも、solarとか風力発電に血道を上げている人達は罪作りですよね。
こんな時は声を潜めて自分の事で一所懸命なんでしょうから。
  1. 2018-09-10 17:40
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

マスゴミは重要なことは小さい声でいいます。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091000620&g=eco

物流がうまくいかないのは停電によりGSが働かなかっただけじゃありません。
苫小牧地区の製油所が被害を受けていたのです。
それが漸く回復に近づきつつある、ということですからまだ時間はかかるはずです。

マスゴミは苫東厚真に能力を集中させたことばかり問題にしますが、北電にすれば当然の政策だと思います。
問題は非常時の対応をおそらくは何も考えていなかったことです。おそらくは釧路以東の道東旭川以北の道北への送電を切り大雪山系と日高の水力発電所軍を緊急起動すれば停電の範囲は半分、期間は1/4以下に収まったはずです。こういう議論を聞きませんね。

製油所にしても集中させることの問題点は浮かんだでしょう本来ならば石狩新港あたりにバックアップが必要なんです。
これは行政指導で行わなくてはいけない。本当にいろいろな問題が浮かんできてると思いますね。

藤井先生あたりが以前から仰っしゃり続けてる国土強靭化を本当に真面目に考えなくてはいけないでしょう。
  1. 2018-09-10 17:48
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

大変でしたね。

片山さつき
‏認証済みアカウント@katayama_s

その他 片山さつきさんがisao sasakiをリツイートしました
昨夜札幌市のの商店街連合会幹部と話しました。最大震度6にもかかわらず、昨日殆どの店舗が営業再開、豪雪に耐える設計も奏功、ガスはしっかりしていたそうです。パチンコ屋はガラガラに見えたが、との事。計画停電実施なら尚更、地元首長はパチンコ業者と何らかの話し合いができないのか。
https://twitter.com/katayama_s/status/1038609420123402241

※パチンコ店への電力等まさに不要不急のものでしょうに・・・
  1. 2018-09-10 18:29
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

遅くなりましたが

よも様、御親族様、そして、よもちゃん。ご無事で何よりです。

こちらでは災害に遭うこと等ほとんど無いのですが、随分前に、停電(5時間ほど)、断水(4時間ほど)になった時には、随分不便に感じたものです。(道民の方々に笑われそうですが)

時期時間帯によっては大きな二次被害をもたらしかねない状況、一手段を悪とし排除しようとする姿勢がもたらす綱渡り、ではなんとも心もとない限りですね。

道民の方々の為に安定した電力供給が一日も早く確保できますよう、御祈りしております。
  1. 2018-09-10 18:35
  2. URL
  3. SNS初心者 #-
  4. 編集

自分がこの件で一番憂慮しているのは、同じ事態が地震によって再び起きることよりも、日本に悪意、害意を持つ存在によって恣意的に再現されることです。苫小牧にある火力発電所をたった一つ破壊すれば、北海道丸ごと機能不全にできることが、証明されたのですからね。日本に明瞭な悪意を持つ特定アジア3カ国は勿論ですが、東西冷戦終了後、日本国民から警戒心がかなり下がっている、ロシアにしたところで、別に平和主義国家に変貌したわけじゃない。単に社会主義が失敗したから、イデオロギー侵略は仕掛けてこなくなっただけで、帝政ロシア時代に戻って単純な領土的野心を北海道に向けてくる可能性は無くなっていないと自分は考えてますから、全道ブラックアウトによる機能不全状態では、北海道に駐屯する自衛隊も道民の救恤に多大な時間と労力を割かずにはおれず、極東ロシア軍の動きにまともな対処は難しいでしょう。そういう事態をロシアにしろ、特定アジア3カ国にせよ恣意的に起こさない保障は無いし、むしろ連中は今回の事態を見て危険な笑みを浮かべていると考えるべきです。ことは防災なんてレベルのもんじゃなく、国防・安全保障レベルの危機だと思います。
  1. 2018-09-10 19:33
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> それでも焼き立てのパンが入手出来たのは良かったですね(^_^)/

 ありがとうございます。
 ホントにおいしかったです。 
 これから当分朝は美味しいトーストが食べられます。

> 3.11の時、トヨタの生産ラインが止まりました、東北の工場からの供給が停止したからです。無在庫などと言ってますが脆弱なもので、その後見直したとか。

 効率が良いというのは、実は遊びがない、余裕がない事と同義ですから、危機には弱いんですよね。

> 工場が停止すると再稼働には手間が掛かります、食品工場なら衛生管理を最初からでしょうし。
> 停電で泣きたかったのは電気炉メーカーかも(鉄が固まる)日製室蘭とか

 実は学生時代にこういう工場に見学に行った事があるのですが、そのころでもこうした大規模な電気炉メーカーや日軽金など電気を多用するメーカーは、工場内に自前の巨大な発電所を持っていました。

 それで自分のところで使う分を賄うだけでなく、余った分を北電に売っていました。

 だから大手の電気炉メーカーは大丈夫だと思います。 但し自前では発電所を持てないような小規模工場では大変な目に遭っているところもあるでしょう。
  1. 2018-09-10 20:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: こちらまで...

> 焼きたての美味しい食パンを食べたような幸せな気分になりました。^^

 ホントに美味しかったです。
>
> お亡くなりになった方はもちろん、住む家を失った方は大変お気の毒ですが、そういう目に見える被害はなくても、流通網が途切れると現代人はお手上げですね。

 今回程度の期間なら個人生活は「変わった体験」で済むレベルですが、企業によってはホントに大変だったと思います。
 あのパン屋さんは思いがけぬボーナスをゲットして喜んでいるかもしれませんが。
>
> 当地(神奈川)も、東日本大震災では震度5の地震があり、計画停電(節電のために数日に1回、商業地区を除いた住宅地エリアで1時間ほど停電)があったので、電気がないと何もできないということを痛感しました。

 ホントに電気がないと、読書ぐらいしかすることがないんですよね。
>
> ところで、首都圏でニュース等を観ていて不思議なことが。
> 避難所の様子が全く報道されません。
>
> 震源地に近く、液状化現象で家が軒並み傾いたり崩れたりしたエリアの方は当然、避難所で過ごされていると思うのですが。

 ワタシはテレビを持っていないので、テレビ報道はよくわからないのですが、そういえば避難所の写真も見かけませんね。
 どうなっているんでしょうね?
  1. 2018-09-10 21:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 冬でなくて良かった

> 不幸中の幸いと言いますか、冬でなくてホントに良かったですね。凍死者が沢山出たでしょうね。

 ホントに今の季節で幸運でした。
>
> 3.11の時は関東でも寒くて、湯たんぽを炬燵に入れても寒かったんですよ、北海道では薪ストーブとかは多いのでしょうか?電気が無いのでファンヒーターも使えませんでした。
> 光、水、食べ物より寒さ対策が一番大変でした。

 もしこれが冬だったらホントに死者が多数出たと思います。

 今薪ストーブなどお洒落なインテリアとして使われていません。

 殆ど家は灯油暖房ですが、灯油ストーブはポット式など小型の物を除いては、皆動かすのに電気が必要です。
 またマンションなど高層住宅では灯油ストーブは使用禁止で、全館集中暖房が主流です。

 だから電気が止まれば、暖房も止まると考えるしかないのです。

 またロードヒィーティングも止まります。 そしてガソリンスタンドが休業すれば除雪車の稼働も止まります。 そうなると救急車や消防車の出動にも差し支えます。
 
 冬に今回と同じ事が起きたら?と思うとぞっとします。

> 冬のブラックアウトを個々人で想定して準備したほうがよろしいのでは、ホワイトアウトは北海道では準備済でしょうけど。

 実はワタシの家の暖房は電気のいらないポット式の灯油ストーブなのです。 狭い家だからこれで済むのです。 実は二台持っているのですが、もし冬の同じことが起きたら、一台は近所の幼児やお年寄りのいるお宅に貸し出さないとダメだろうなあ・・・と思っています。
>
> 返す返すも、solarとか風力発電に血道を上げている人達は罪作りですよね。
> こんな時は声を潜めて自分の事で一所懸命なんでしょうから。

 それどころか連中は今、泊原発の再稼働を邪魔しようと必死ですよ。 
 もう出鱈目放題の事言いまくっています。
  1. 2018-09-10 21:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> マスゴミは重要なことは小さい声でいいます。
>
> https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091000620&g=eco
>
> 物流がうまくいかないのは停電によりGSが働かなかっただけじゃありません。
> 苫小牧地区の製油所が被害を受けていたのです。
> それが漸く回復に近づきつつある、ということですからまだ時間はかかるはずです。

 なるほどそれで納得がいきました。 苫小牧には出光興産の巨大製油所があります。 また道内で使用する灯油やガソリンを貯蔵するタンクや、配送所も苫小牧にあります。

 だからこうした所がダメージを受けたら、ガソリンが不足するのは当然です。
>
> マスゴミは苫東厚真に能力を集中させたことばかり問題にしますが、北電にすれば当然の政策だと思います。
> 問題は非常時の対応をおそらくは何も考えていなかったことです。おそらくは釧路以東の道東旭川以北の道北への送電を切り大雪山系と日高の水力発電所軍を緊急起動すれば停電の範囲は半分、期間は1/4以下に収まったはずです。こういう議論を聞きませんね。
>
> 製油所にしても集中させることの問題点は浮かんだでしょう本来ならば石狩新港あたりにバックアップが必要なんです。
> これは行政指導で行わなくてはいけない。本当にいろいろな問題が浮かんできてると思いますね。
>
> 藤井先生あたりが以前から仰っしゃり続けてる国土強靭化を本当に真面目に考えなくてはいけないでしょう。

 実は今北電は石狩湾新港近くに、巨大なLPG発電所を建設中です。

 http://www.hepco.co.jp/energy/fire_power/ishikari_ps/index.html

 これは実は道内の火力発電所の老朽化に対応するために建設を計画したもので、東日本大震災の前から建設計画を立てて、2019年2月から稼働予定です。

 これができていれば泊原発がなくても、何とかブラックアウトは免れた可能性はあります。 
 
 しかし逆に言うとそもそも現在の道内の火力発電所の多くが老朽化しているという事で、来年2月にこれが稼働しても、やっぱりブラックアウトの可能性は消えないのです。
 
 だから道民としては何としても泊原発を稼働させてほしいのですけどね。

 石狩湾新港付近にも石油やガソリンの備蓄設備はそこそこありますが、しかしそれでも更なる分散は必要でしょうね。
  1. 2018-09-10 21:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 大変でしたね。
>
> 片山さつき
> ‏認証済みアカウント@katayama_s
>
> その他 片山さつきさんがisao sasakiをリツイートしました
> 昨夜札幌市のの商店街連合会幹部と話しました。最大震度6にもかかわらず、昨日殆どの店舗が営業再開、豪雪に耐える設計も奏功、ガスはしっかりしていたそうです。パチンコ屋はガラガラに見えたが、との事。計画停電実施なら尚更、地元首長はパチンコ業者と何らかの話し合いができないのか。
> https://twitter.com/katayama_s/status/1038609420123402241
>
> ※パチンコ店への電力等まさに不要不急のものでしょうに・・・

 そういえば7日の夕方電気が通ったら、パチンコ屋のネオンが輝いていて、何とも異様でした。
 いい加減にパチンコは禁止するべきだと思うんですけどね。
  1. 2018-09-10 21:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

前コメ一部訂正

前コメントに「恣意的」と書いてある箇所がありますが、「意図的」の誤りですので、訂正いたします。
  1. 2018-09-10 21:26
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: 遅くなりましたが

> よも様、御親族様、そして、よもちゃん。ご無事で何よりです。

 ありがとうございます。 
 お陰でワタシも妹も、そしてよもちゃんも何の苦労もなく、この停電を乗り越えました。
 
 そもそもよもちゃんなんか暗闇でも何の不自由もないから、停電自体なんかなんともおもってないのです。
>
> こちらでは災害に遭うこと等ほとんど無いのですが、随分前に、停電(5時間ほど)、断水(4時間ほど)になった時には、随分不便に感じたものです。(道民の方々に笑われそうですが)
>
> 時期時間帯によっては大きな二次被害をもたらしかねない状況、一手段を悪とし排除しようとする姿勢がもたらす綱渡り、ではなんとも心もとない限りですね。
>
> 道民の方々の為に安定した電力供給が一日も早く確保できますよう、御祈りしております。

 本当に今回は季節もよく、停電の深夜と言う事で、幸運でした。

 しかし電力不足は変わらないのですから、今後も綱渡りで、いつまたブラックアウトが起きるかわからない状態です。 
 だから何とか泊原発を稼働してほしいんですけどね。
  1. 2018-09-10 21:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 自分がこの件で一番憂慮しているのは、同じ事態が地震によって再び起きることよりも、日本に悪意、害意を持つ存在によって恣意的に再現されることです。苫小牧にある火力発電所をたった一つ破壊すれば、北海道丸ごと機能不全にできることが、証明されたのですからね。日本に明瞭な悪意を持つ特定アジア3カ国は勿論ですが、東西冷戦終了後、日本国民から警戒心がかなり下がっている、ロシアにしたところで、別に平和主義国家に変貌したわけじゃない。単に社会主義が失敗したから、イデオロギー侵略は仕掛けてこなくなっただけで、帝政ロシア時代に戻って単純な領土的野心を北海道に向けてくる可能性は無くなっていないと自分は考えてますから、全道ブラックアウトによる機能不全状態では、北海道に駐屯する自衛隊も道民の救恤に多大な時間と労力を割かずにはおれず、極東ロシア軍の動きにまともな対処は難しいでしょう。そういう事態をロシアにしろ、特定アジア3カ国にせよ恣意的に起こさない保障は無いし、むしろ連中は今回の事態を見て危険な笑みを浮かべていると考えるべきです。ことは防災なんてレベルのもんじゃなく、国防・安全保障レベルの危機だと思います。

 これは怖いですね。
 
 尤も日本は沿岸に工業地帯が集中しているので、北海道だけではなく、日本中どこでもこういう危険を抱えているのです。

 今回は第七師団と北部方面隊が、震源地で救援活動の中心になっているのですが、それだって敵からすれば北海道を襲うチャンスでしょう。

 だから今後はこういう場合の対応も考えていくしかないでしょう?
  1. 2018-09-10 21:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 前コメ一部訂正

> 前コメントに「恣意的」と書いてある箇所がありますが、「意図的」の誤りですので、訂正いたします。

 大丈夫です。 温泉猫さんの意図は理解できましたから。
  1. 2018-09-10 21:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

猪野弁護士

今日のニュースだと苫東厚真発電所の復旧は11月になるとか。
北海道は10月には雪が降るんですよね、それでも原発だけは許さないと札幌の弁護士の猪野のとかいうのが息巻いてます。

人が凍死しても原発は許さない自分たちは言うだけ、妥協は許さない。
会社が潰れても組合は引かない、というのが共産党員の組合員指導者なんでしたよね。会社潰れても党員は他で活躍できるからね。

国が潰れても共産党員は構わないのですよね、思想の為には。国つぶして猪野はどうするか考えているんだろうか。
  1. 2018-09-11 19:33
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 猪野弁護士

> 今日のニュースだと苫東厚真発電所の復旧は11月になるとか。
> 北海道は10月には雪が降るんですよね、それでも原発だけは許さないと札幌の弁護士の猪野のとかいうのが息巻いてます。
>
> 人が凍死しても原発は許さない自分たちは言うだけ、妥協は許さない。
> 会社が潰れても組合は引かない、というのが共産党員の組合員指導者なんでしたよね。会社潰れても党員は他で活躍できるからね。
>
> 国が潰れても共産党員は構わないのですよね、思想の為には。国つぶして猪野はどうするか考えているんだろうか。

 ワタシも昨日からツィッターで反原発派とやりあったのですが、要するに彼等は原発を止めたいだけなんですよね。

 現在泊だけでなく日本中の原発はどこも使いかけの燃料棒を燃料プールで保管している状態です。 燃料棒を冷却できなくなれば、危険なのは稼働中も停止中も同じなのです。

 そしてこれらの燃料棒を処分する方法もありません。

 ホントに安全性を考えたら、使いかけの燃料棒はとにかく使ってしまった方が安全だし、そうしないと廃炉もできないのです。

 しかしそういう現実的な話には全く興味がないのが、反原発派です。

 結局彼等はとにかく「邪魔をしたい」と言う感覚だけで生きているんですよね。
  1. 2018-09-11 21:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

はじめまして、いつも拝見させて頂いております
私も道民なのでよもぎねこさんの記事には大変親近感を抱いております
私の住んでいる街も地震の被害はありませんでしたが停電には参りましたね、これが真冬の2月だったらなんて想像もしたくないです早く原発を動かして欲しいのですがTVではその事に全く触れませんよ〜まるで泊原発は存在してないようです
やはり火力発電に頼るしかないのですがこんな気になる記事がありました(ご存知でしたらすいません)
https://www.j-cast.com/2015/09/29246387.html?p=all
  1. 2018-09-11 21:25
  2. URL
  3. ヒロ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> はじめまして、いつも拝見させて頂いております
> 私も道民なのでよもぎねこさんの記事には大変親近感を抱いております
> 私の住んでいる街も地震の被害はありませんでしたが停電には参りましたね、これが真冬の2月だったらなんて想像もしたくないです早く原発を動かして欲しいのですがTVではその事に全く触れませんよ〜まるで泊原発は存在してないようです
> やはり火力発電に頼るしかないのですがこんな気になる記事がありました(ご存知でしたらすいません)
> https://www.j-cast.com/2015/09/29246387.html?p=all

 ありがとうございます。 楽しんでいただけたら嬉しいです。

 教えていただいた記事は大変興味深く思いました。 ありがとうございます。

 石炭の残灰の放射性同位体の濃度が石炭の10倍と言うのはわかります。 石炭とは炭素の塊ですが、その中に燃えない土や砂混ざっています。 石炭が燃えると炭素は二酸化炭素になって飛んでいきます。 石炭の混ざっていた土や砂が石炭残灰になるのです。

 放射性同位体の中には金属など燃えない物が多いので、石炭残灰と一緒に残ります。 だから残灰の放射性同位体の濃度は石炭本体よりはるかに高くなるのです。

 でも考えたら石炭残灰、つまり石炭ガラなんて昔は普通に道に撒いて滑り止めにしていたじゃないですか?
 それで放射線障害が起きたという話も聞きませんし。

 因みに石炭を燃やすことで出る塵は、PM2.5などになって排ガスと一緒に飛散します。 

 ところで中国の内モンゴルなどの炭鉱には、不純物としてウラニウムを含む石炭の出る炭鉱があります。 この石炭を焚いた排ガスはウランを含むPM2.5を含んでいるのです。

 勿論この残灰もウランを含んでいるでしょう。

 これはさすがに怖いと思うのですが、しかし中国はモンゴルの炭鉱を閉鎖する事はないでしょう。
  1. 2018-09-12 12:56
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

こんばんは。

チラチラ見てる北海道ローカルTV局では、ほとんど泊原発稼働の話はでませんが、
昨日、堀江貴文の「泊原発、動かせば~」というツィッターが、チラッと紹介されました。
すかさず、ローカル局の解説者が
「道民は、逆に動いてなくてよかったと思っている人が多い」と言い切っていましたよ。

北海道の電気事情や原発の仕組みがわかっていないんですかね?
それともわかってて言ってるんでしょうか?
今、古い火力水力総動員しても足りないのに、
真冬をどう乗り切る気なんでしょうか?
1,2機、故障したらと思ったら恐ろしくて仕方ありません。
  1. 2018-09-12 17:44
  2. URL
  3. キラキラ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんばんは。
>
> チラチラ見てる北海道ローカルTV局では、ほとんど泊原発稼働の話はでませんが、
> 昨日、堀江貴文の「泊原発、動かせば~」というツィッターが、チラッと紹介されました。
> すかさず、ローカル局の解説者が
> 「道民は、逆に動いてなくてよかったと思っている人が多い」と言い切っていましたよ。
>
> 北海道の電気事情や原発の仕組みがわかっていないんですかね?
> それともわかってて言ってるんでしょうか?
> 今、古い火力水力総動員しても足りないのに、
> 真冬をどう乗り切る気なんでしょうか?
> 1,2機、故障したらと思ったら恐ろしくて仕方ありません。

 マスコミは泊原発の存在を黙殺しているようです。

 そして泊原発についてトンデモとしか言えないような説を垂れ流しています。

 どうしても道民を凍死させたい人達がいるようです。
  1. 2018-09-12 17:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

何度もすみません

返信、ありがとうございます。

確かに「黙殺」していますね。
そういえばローカルTV局は、節電の呼びかけはしていますが、
真冬にブラックアウトしたらどうなるかとか
最悪の事態はどうなのかとか、ほとんど報道していないと思います。
もちろん、全局全時間見てる訳ではありませんが。

重ねて言いますが、本当に恐ろしい状態です。
  1. 2018-09-12 19:14
  2. URL
  3. キラキラ #-
  4. 編集

Re: 何度もすみません

> 返信、ありがとうございます。
>
> 確かに「黙殺」していますね。
> そういえばローカルTV局は、節電の呼びかけはしていますが、
> 真冬にブラックアウトしたらどうなるかとか
> 最悪の事態はどうなのかとか、ほとんど報道していないと思います。
> もちろん、全局全時間見てる訳ではありませんが。
>
> 重ねて言いますが、本当に恐ろしい状態です。

 NHKや新聞の報道を見ていると、泊原発を止めた事が、苫東厚真発電所への過度の依存を招いたのですが、それが全く報道されていないのです。

 実は北電は現在石狩湾新港に大規模な発電所を建設しています。
 
 これは元々北電の火力発電所の多くが老朽化したことに対応するためで、福島第一原発事故以前から計画されていたものです。
 
 しかし環境アセスメントをしたのが2012年、稼働は2019年2月からです。 つまり火力発電所でも作るには、10年ほどかかるのです。

 そういう事実も無視して、泊原発を止めた事の問題を無かった事にして、苫東厚真に電力供給が集中した事を問題にしているのです。

 そして石狩湾新港発電所が稼働しても、他の火力発電所が老朽化しているという問題は、どうしようもないのです。

 そういう事実を無視して泊原発の存在を無視する報道をして、何としても泊原発の稼働を阻止しようとしているのです。 

 許せません。
 
  1. 2018-09-12 20:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ご無事の上被害が少なく何よりと安堵しています。

焼きたての角食を暖かいままちぎりながら頂くのは最高の贅沢の一つだと思います。そこにチーズやワインが共に有ればご馳走の部類です。個人的には酵母が無くともパンを焼く事は出来ますのでこの際覚えておかれたら如何とも考えますが、熱量変換を考えれば小麦は米に及ばないので干し米の制作をお勧めいたします。

干し米は平安時代から培われてきた日本(アジア)の知恵であり、戦国時代には標準的に備えられてきた元祖ファスト・フードです。作り方も簡単で炊き上げたお米を天日に晒して乾燥させるだけです。これに熱湯を加えるだけで可食状態となります。コメのアルファ化です。

ですが、世界で類をみない位に社会インフラが発達した日本に於いては必要な知識では無いのかも知れません。待っていれば必ず救援物資は24時間~48時間の内に災害地域に行き渡るのです。

世界は災害に瀕した際の日本人の落ち着きに驚く事が常ですが、待っていれば救援が来る事を知っている日本人にとっては無用な騒ぎや違法行為を犯す事の方が無為な行為に他なりません。

とはいえ、人体は72時間程度は水さえあれば食物によるエネルギー補給をしなくとも生命維持が可能ですが、気温の変化には極めて弱く、人類の発展の歴史は気温の変化にいかに対応するかの歴史にほかなりません。

原子力政策が正常な状態に戻る必然性・蓋然性を否定する事は生命の維持に対する暴挙でしかないと考えます。ある意味基本的人権に対する冒涜的な行為に他ならないと考えます。
  1. 2018-09-17 02:25
  2. URL
  3. 燻製にしん #-
  4. 編集

Re: ご無事の上被害が少なく何よりと安堵しています。

> 焼きたての角食を暖かいままちぎりながら頂くのは最高の贅沢の一つだと思います。そこにチーズやワインが共に有ればご馳走の部類です。個人的には酵母が無くともパンを焼く事は出来ますのでこの際覚えておかれたら如何とも考えますが、熱量変換を考えれば小麦は米に及ばないので干し米の制作をお勧めいたします。
>
> 干し米は平安時代から培われてきた日本(アジア)の知恵であり、戦国時代には標準的に備えられてきた元祖ファスト・フードです。作り方も簡単で炊き上げたお米を天日に晒して乾燥させるだけです。これに熱湯を加えるだけで可食状態となります。コメのアルファ化です。
>
> ですが、世界で類をみない位に社会インフラが発達した日本に於いては必要な知識では無いのかも知れません。待っていれば必ず救援物資は24時間~48時間の内に災害地域に行き渡るのです。
>
> 世界は災害に瀕した際の日本人の落ち着きに驚く事が常ですが、待っていれば救援が来る事を知っている日本人にとっては無用な騒ぎや違法行為を犯す事の方が無為な行為に他なりません。
>
> とはいえ、人体は72時間程度は水さえあれば食物によるエネルギー補給をしなくとも生命維持が可能ですが、気温の変化には極めて弱く、人類の発展の歴史は気温の変化にいかに対応するかの歴史にほかなりません。

 ありがとうございます。 

 停電が起きた時、ワタシは直ぐにまた電気が点くものと思っていました。 しかし未明になってもまだ停電したままなので、これはまずいと思いました。

 でも最悪一週間ぐらいで何とかなると思ったし、ガスと水道は普通につかえたので、家にあるお米等の食糧だけでも、飢える事はないと思っていました。

 ただパンの買い置きがなかったのは失敗したと思いました。 ワタシはパン大好きなのです。

 それでこれからはパンの買い置きは切らさないようにしようと思っています。
>
> 原子力政策が正常な状態に戻る必然性・蓋然性を否定する事は生命の維持に対する暴挙でしかないと考えます。ある意味基本的人権に対する冒涜的な行為に他ならないと考えます。

 将来的に原子力をどのようにするかは別として、今泊原発始め、停止中の原発には使いかけのまま原子炉から引き抜いた燃料棒が保管されています。

 燃料棒は何もしなくても崩壊熱を出し続けます。 だから燃料プールで冷却を続けなければならないのです。

 福島第一原発がメルトダウンしたのも、津波で電源を全部もっていかれ、冷却用水の循環が止まったのに、運転停止中の原子炉内か、燃料プールで燃料棒が崩壊熱を出し続けたからです。

 燃料棒を保管している限り、事故の危険は停止中と全然変わりません。 しかし燃料棒の処分は難しく、このまま保管すると無害化するまで万年単位の時間がかかります。

 だったら早く原発を稼働させて、燃料棒を使ってしまった方がはるかに安全です。
 
 ところが今はそのような議論もできないのです。

 そして泊原発の防災体制は、2012年以降驚くほど強化されているのです。

 このことについても殆ど知られていません。

 こうした事実を無視して、ひたすら危険情報だけを煽り、原発怖い、稼働させるなと言うのは、理性を放棄した対応です。
  1. 2018-09-17 10:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する