FC2ブログ

2018-08-10 12:19

人種差別の思い出

 ワタシは英語ダメ子なんですが、それでも昔(80年代)は英語コンプレックスを治そうと随分努力しました。
 
 それで「英語喫茶」に通い詰めた事があります。

 「英語喫茶」というのは、店内での会話は全部英語と言う喫茶店で、それで客同士が英会話をすることで、英会話の練習をしようと言う喫茶店なのです。
 
 しかし客が英語の下手な日本人ばかりでは、英会話の練習にはなりませんから、店側が外国人の客は飲食無料にして、外国人が来店するように気を使っていました。

 この店が入っているビル内に英会話学校があったので、外国人の客の多くは、そこで講師をしているアメリカ人でした。

 因みに日本人の客は飲食費とは別に、一回の入店に1000円取られました。

 それでも実際に英会話をする機会は他にないので、ワタシはせっせとこの店に通ったのです。

023

 ある冬の日の事です。
 ワタシがこの店に行くと、客は30過ぎぐらいの雪焼けで真っ黒な顔をした男性一人でした。 

 それでワタシはその雪焼け氏に英語で話しかけました。
 この店ではこうして見ず知らずでも客同士で積極的に話す事で、英会話の練習をする事になっているのです。 

 ワタシは彼の顔色を見て言いました。
 
 「スキーがお好きなのですか?」

 すると彼は笑って、「勉強が忙してスキーは全然できない」と答えました。
 そして「自分の名前はアバス」と名乗り、北大大学院の大学院生であることを教えてくれました。

 しかし随分変わった名前です。
 それでワタシは「漢字ではどう書くのですか?」と尋ねると、また笑って「自分はマレーシア人なので、名前の漢字表記はない」と答えました。

 それで初めてこの人が日本人ではない事がわかりました。

041

 アバスさんはこのころから店の常連になりました。 アバスさんはとても人柄がよく、他の客たちや店の人にも大変好かれていました。

 この店の客達の常連客達は、よく皆で薄野に薄野に飲みに出ました。 大抵は店が閉店した後、その場にいた客全員がそろっていくのです。 ワタシも何度もこうして薄野に行きました。

 アバスさんも、そういう時は必ず付き合いました。 彼は実はイスラム教徒なので、飲酒はイケナイはずなのです。
 しかし彼は日本語で「私は悪いのイスラム教徒」と言って、皆と一緒にお酒を飲んで、薄野の夜を楽しんでいました。

2018y08m10d_130636711

 薄野で飲むときも基本は英語で話しました。 アバスさんだけでなく、アメリカ人も一緒ですから。
 それにお酒が入ると、素面の時よりも英語がうまく話せるような気分になれるので、英語喫茶にいるときよりも英語で盛り上がる事ができました。 それで皆薄野でも英語で話し続けるのです。

 しかしこうして何度も薄野に通ううちに、気づいた事があります。

 皆、頑張って英語で話し、仲良くしようと努めているのですが、しかしアメリカ人の客達と、日本人の間には一種の壁ができているのです。

2018y08m10d_130734164

 アメリカ人との間に壁ができる理由わかります。 ワタシも含めて日本人の客の多くの英語力は随分とお粗末でした。 だからアメリカ人と話すときは、無意識のうちに緊張するのです。

 これが日本人同士なら、英語で通じないときは、すぐに日本語に切り替えればよいと思うので、至って気楽でした。 それに英語が下手なのはお互い様なので、間違いも全然気になりません。

 しかしアメリカ人が相手ではそうはいきません。

 話が通じなくても、日本語に切り替えられない。
 間違ってヘンな事を言ってしまうのではないか?
  
 それでお酒が入っていても、やっぱり緊張しているのです。

 だからアメリカ人と日本人の間には壁ができてしまうのです。

 ところがアバスさんはいつもこの壁の日本人側にいました。

 しかしなぜアバスさんは日本人側に入るのでしょうか?

2018y08m10d_130031914

 アバスさんの日本語は、彼がお酒を飲むときに「私は悪いのイスラム教」と言ったくらいしか聞いた事がありません。 しかしこれを聞く限り、アバスさんの日本語はそれほど上手いとは思えませんでした。

 一方、アメリカ人の客達の多くは、日本滞在の長く、中には日本人と結婚している人もいました。 だから日本語がうまい人が多いのです。

 その上アバスさんの英語は少し癖がありました。 それでアメリカ人の英語より聞き取りにくいのです。

 マレーシアはイギリス植民地だった国なので、現在も中等教育以降は英語で教育が行われています。
 アバスさんはそのマレーシアのエリートですから、英語は完璧でしょう。

 しかしそれでも話すとなるとマレーシア人独特の訛りがでるのでしょう。

2018y08m10d_130825632

 しかし大変不思議な事に、アバスさんと話すときは、アメリカ人の客達と話す時のように緊張はしないのです。
 だからみんな自然にアバスさんを日本人扱いしてしまうのです。

 何でアバスさんと話すの時は緊張しないのか?

 言葉の問題でない事は明らかです。
 そうなるとうアバスさんの容貌ぐらいしか思いつきません。

 アバスさんは外見だけなら、どう見ても日本人なのです。 
 一方当時のこの店の常連客のアメリカ人は皆白人でした。

 その容貌の違いが、無意識のうちにアバスさんだけを日本人扱いにするという状況を産んだのです。

2018y08m10d_131054304

 しかし厳密にいえばこれは明らかに人種差別なのです。

 ワタシはそれで人種差別の話を聞くたびに、アバスさんの事を思い出すのです。
 
 容貌で人を判断するのは道徳的ではないし、不合理です。
 しかしワタシはこの時の経験で、人間は容貌で無意識に人を判断していることを痛感しました。

 容貌が自分達に似ている人は、無意識に自分達の仲間と思い、似ていなければ仲間だと思わないのです。

 その無意識により作られた壁は、無意識であるが故に乗り越えられないのです。

 それを乗り越えるには、お互いの心を結ぶ余程強い何かが必要なのでしょう。

081

 人種差別反対が叫ばれるようになったのは70年代からです。 
 しかし今も人種差別はなくなりません。

 けれどもそもそも人種差別の根源が実は、人間の心理の底で働く自分とは容貌の違う人間に対する違和感のようなものであれば、これを根絶するのは非常に難しいでしょう。

 だからこそ本当に人種差別をなくしたいのなら、単に人種差別は悪いと叫ぶのではなく、理性を研ぎ澄まして、冷静に対応する努力をするべきではないでしょうか?
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

私も英語苦手です。ビートルズとか聴いてたけどサッパリでした(笑)
ロシアのスパイとかはモンゴル系の人を日本に送り込んだそうです

別件ですが
函館で生まれたロシア人
http://hakodate-russia.com/main/book/book-2007/
これ私の実家の隣でした。実家は今はありませんが
お父さんはスパイ容疑で…
  1. 2018-08-10 13:40
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

今回のお話、おそらく多くの人が共感したり、同様の経験があるのではないかと思いますよ。
私も香港や上海、英国などに何度も行きましたが、ホテルでもどこでも、アジア圏だと比較的スラスラ英語が出てくるし、リスニングも問題ない。
これがロンドンなんかだと、慣れるのに2-3日かかりますね。
発音がキングスのはずの、きれいな英国英語より、シナ系やインド系などに話したり、聞いたりする方が、すぐに入るんです。
これってほんとに人間の心理の底の問題でしょうねえ。
お互いネイティブじゃない者どうしって、意識してるわけじゃないのに、頭のどこかではそう感じちゃってるんでしょう。
  1. 2018-08-10 16:33
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

この話は人種差別というよりも

> 容貌で人を判断するのは道徳的ではないし、不合理です。

外貌の違いから「あ、この人ネイティブ・スピーカーではないよね」と互いに判るの(誤解する)で、発音とか語順に多少違いがあっても気楽に話せるというのは何も不自然とは思いません。

この前、スーパーの近くで、むさ苦しいおっさんに声を掛けられました。散髪する金が無いのか、そういうファッションなのか、髪が長くて、小さい自転車に乗ってました。「XX物流ってこの近くだと思うけど、判りませんか?」と聞かれ、僕も知らないのでおっさんのメモに書いてある電話番号に電話して場所を尋ね、「この先、道なりに200mくらいにあるらしいっす」と教えました。

僕はこのおっさんは「ほぼ、生活に困っている人だろう」「仕事を探しているんだろうな」と「容貌で人を判断」しましたが、普通の人と同じように対処しました。

思うに「外貌で判断する」のが「道徳的ではない」のでは無いのであって、その後どうするかによって「道徳であるか」「道徳でないか」が決まるのではないかな、と。

男は若くて可愛いくてMUNEがでかいねーちゃんを見るとトキメクのです。
これは「道徳的ではないし、不合理」でしょうか?、いきなり後から押し倒してXXしない限り不道徳だとは僕は思えないのです。
  1. 2018-08-10 20:26
  2. URL
  3. 出雲の乙 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私も英語苦手です。ビートルズとか聴いてたけどサッパリでした(笑)
> ロシアのスパイとかはモンゴル系の人を日本に送り込んだそうです

 ソ連は随分スパイを送り込んでいたようですね。 尤もその割には効率よく情報は取れていなかったようですが。
>
> 別件ですが
> 函館で生まれたロシア人
> http://hakodate-russia.com/main/book/book-2007/
> これ私の実家の隣でした。実家は今はありませんが
> お父さんはスパイ容疑で…

 ワタシにも白系ロシア人に思い出があります。

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-3761.html
  1. 2018-08-11 13:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 今回のお話、おそらく多くの人が共感したり、同様の経験があるのではないかと思いますよ。
> 私も香港や上海、英国などに何度も行きましたが、ホテルでもどこでも、アジア圏だと比較的スラスラ英語が出てくるし、リスニングも問題ない。
> これがロンドンなんかだと、慣れるのに2-3日かかりますね。
> 発音がキングスのはずの、きれいな英国英語より、シナ系やインド系などに話したり、聞いたりする方が、すぐに入るんです。
> これってほんとに人間の心理の底の問題でしょうねえ。
> お互いネイティブじゃない者どうしって、意識してるわけじゃないのに、頭のどこかではそう感じちゃってるんでしょう。

 なるほどね。

 そういえば昔読んだ本で、東南アジアで働く商社員たちが、タテメシ、ヨコメシと言う区別をしていたという話がありました。

 いずれもビジネス上の会食ですが、タテメシは現地人や華僑との食事、ヨコメシは欧米人との食事。 そしてやっぱりタテメシが気楽だというのです。

 言葉の壁は欧米人も華僑や現地人も同じだと思うんですけどね。

 そして昨日、you tubeを見ていたら、佐藤正久外務副大臣が駐在武官やPKO部隊は、中国や韓国と仲良くなるというのです。 どちらも外交上は最悪のなのにです。

 だから人間にはこういう感覚があるんでしょうね。
  1. 2018-08-11 13:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: この話は人種差別というよりも

> > 容貌で人を判断するのは道徳的ではないし、不合理です。
>
> 外貌の違いから「あ、この人ネイティブ・スピーカーではないよね」と互いに判るの(誤解する)で、発音とか語順に多少違いがあっても気楽に話せるというのは何も不自然とは思いません。
>
> この前、スーパーの近くで、むさ苦しいおっさんに声を掛けられました。散髪する金が無いのか、そういうファッションなのか、髪が長くて、小さい自転車に乗ってました。「XX物流ってこの近くだと思うけど、判りませんか?」と聞かれ、僕も知らないのでおっさんのメモに書いてある電話番号に電話して場所を尋ね、「この先、道なりに200mくらいにあるらしいっす」と教えました。
>
> 僕はこのおっさんは「ほぼ、生活に困っている人だろう」「仕事を探しているんだろうな」と「容貌で人を判断」しましたが、普通の人と同じように対処しました。
>
> 思うに「外貌で判断する」のが「道徳的ではない」のでは無いのであって、その後どうするかによって「道徳であるか」「道徳でないか」が決まるのではないかな、と。
>
> 男は若くて可愛いくてMUNEがでかいねーちゃんを見るとトキメクのです。
> これは「道徳的ではないし、不合理」でしょうか?、いきなり後から押し倒してXXしない限り不道徳だとは僕は思えないのです。

 そうですね。 人間は容貌で人を判断するのです。
 
 それどころかこんな実験結果もあります。

 電源を切らないで!ヒューマノイドロボットに命乞いをされると人間は躊躇してしまうという研究結果(ドイツ研究)
 http://karapaia.com/archives/52263524.html

 でもこれは当然でしょう。 ワタシはぬいぐるみや人形などは、普通のごみとして捨てる事はできません。 子供はぬいぐるみや人形を生きている動物や人間のように扱います。

 こういうのを見ると人間は実に単純に、人間に似た姿をしたものは、人間と認識してしまうのです。
 
 でもそういう認識をするという事は、自分に似た容姿の人は、自分の仲間、自分とは大きく容姿の違う人は、仲間ではないと判断してしまう事にもなるのです。

 だからこれが人種差別が生まれる根幹になっているのかもしれません。
  1. 2018-08-11 13:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

沖縄へ旅行した際、地元の人から聞いた話です。アメリカ兵たちは、非番の際に飲み屋へ行くのですが、白人と黒人に分かれてしまい、いつの間にか白人用飲み屋と黒人用飲み屋になってしまったそうです。別に白人用が黒人客を、黒人用が白人客を締め出しているわけではなく、「自然」とそうなってしまったというのです。
かといって白人兵と黒人兵が仲が悪いかというと、そんなことはなく、任務の最中は喧嘩もせずに、和気あいあいで仲良くやっているのです。
しかし、非番になると、同じ人種同士でつるむというのです。やはり同じ人種同士の方が、緊張しなくてすむ、精神的に楽なのではなのでしょう。これは、人種差別というよりは、本能のようなもので責められることではないと思います。
外見の違う者に対しては、違和感や緊張感を伴うことは、人間の本能であることを認識した上での議論が求められると思いますね。何でも差別、差別といきり立つのではなく。
  1. 2018-08-11 16:16
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #qD1VK/0Y
  4. 編集

他民族と異人種の違い

人種差別と云うのは排他思想ではなく、白人と有色人種との主従関係(主と部下ではなく、ご主人様と使用人の関係)を示す言葉だと考えます。

日本人は進駐軍に支配された経験しかないので、人種差別とヘイトスピーチが混同しているのだと思います。

欧米人が中国に親しみを感じ、中国人が何故日本人を非難するのか、人種差別の観点から瞰ると理解できるのではないでしょうか。

欧米人が日本人の云う外人と云う言葉に何故強く反応するのか、自分たちが他民族から敬意をもって受け入れられるのは当然と考えているからでしょう。

経験した範囲で言えば東南アジア人も、南西アジア人も、白人を自分たちとは全く違う異種人と見做しています。例えば問題が発生した時、日本人にはなんとかならないかと甘えてきますが、欧米人にはそういう態度は見せず、やり直しと言われればそうします。彼らにとって、日本人は他民族ですが、異人種ではないのです。そして他民族の間では、人種差別は発生しません。
  1. 2018-08-11 23:35
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

人種的差別撤廃提案を日本は1918年にしてますが
これは日系移民排斥問題からだとの説もあります
否決されたんですが

ヒューマノイドの評価。違和感のテストも色々してるそうです。
人間と対面し会話をしてアンケートを取るとか
連投、無駄話m(__)m
  1. 2018-08-12 03:13
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

LGBT関連でネットで拾った話
プライバシーもあるんですよね
連投・無駄話何度もm(__)m

名うてのセクシーファッファ♂
@sexyphatpha
ゲイバーで飲んでたら女性客がグループで来て。店のママが「ごめんなさい、うち会員制だから。」と断ったら、
「ゲイバーですよね?知ってます!私たちそういうの理解あるので大丈夫です!」とか言いはじめて。
「理解とかじゃなくて、お客様のプライバシーとかもあるからごめんなさいね」と断ってた。続

そしたら逆ギレ。
理解あるとか言ってるけど、ゲイバーというコミュニティでしか自分をオープンにできないゲイが沢山いることを全く理解せずにズカズカ踏み込んでくる。
こういう人がいるからゲイオンリーなんだってば。
面白半分でゲイと飲みたいだけなのマジでやめて。

「大丈夫」ってあくまでも自分が平気っていうだけで、相手が大丈夫か困っているか不快なのかということは一切考えていないんですよね。
  1. 2018-08-12 09:11
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 沖縄へ旅行した際、地元の人から聞いた話です。アメリカ兵たちは、非番の際に飲み屋へ行くのですが、白人と黒人に分かれてしまい、いつの間にか白人用飲み屋と黒人用飲み屋になってしまったそうです。別に白人用が黒人客を、黒人用が白人客を締め出しているわけではなく、「自然」とそうなってしまったというのです。
> かといって白人兵と黒人兵が仲が悪いかというと、そんなことはなく、任務の最中は喧嘩もせずに、和気あいあいで仲良くやっているのです。
> しかし、非番になると、同じ人種同士でつるむというのです。やはり同じ人種同士の方が、緊張しなくてすむ、精神的に楽なのではなのでしょう。これは、人種差別というよりは、本能のようなもので責められることではないと思います。
> 外見の違う者に対しては、違和感や緊張感を伴うことは、人間の本能であることを認識した上での議論が求められると思いますね。何でも差別、差別といきり立つのではなく。

 なるほどね。 アメリカ人同士で言葉の壁はなく、しかも同じ軍人同志で、階級や教育レベルによる壁がなくても、プライベートな付き合いなら、似た者同士がつるむのが気楽だから、黒人と白人は別の酒場に行くというわけですね。

 おっしゃる通りこれは本能的なものだから、いくら差別がなくなってもなくならないでしょうね。

 逆に言えば、人間はこういう本能がある事を前提に、作ってはいけない壁と作ってもよい壁を区別して、作ってはいけない壁を作らない努力をするしかないという事でしょう。
  1. 2018-08-12 22:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 他民族と異人種の違い

> 人種差別と云うのは排他思想ではなく、白人と有色人種との主従関係(主と部下ではなく、ご主人様と使用人の関係)を示す言葉だと考えます。
>
> 日本人は進駐軍に支配された経験しかないので、人種差別とヘイトスピーチが混同しているのだと思います。
>
> 欧米人が中国に親しみを感じ、中国人が何故日本人を非難するのか、人種差別の観点から瞰ると理解できるのではないでしょうか。
>
> 欧米人が日本人の云う外人と云う言葉に何故強く反応するのか、自分たちが他民族から敬意をもって受け入れられるのは当然と考えているからでしょう。
>
> 経験した範囲で言えば東南アジア人も、南西アジア人も、白人を自分たちとは全く違う異種人と見做しています。例えば問題が発生した時、日本人にはなんとかならないかと甘えてきますが、欧米人にはそういう態度は見せず、やり直しと言われればそうします。彼らにとって、日本人は他民族ですが、異人種ではないのです。そして他民族の間では、人種差別は発生しません。

 それはそうかもしれませんね。

 実際「風と共に去りぬ」など南北戦争前後を舞台にした小説など読んでいると、奴隷制時代、黒人と白人は仲が悪いわけではないのです。 それどころか大変和やかで麗しい主従関係です。

 しかし奴隷制度を廃止したら、敵対関係になってしまいました。

 でも上下関係がなくなれば、どちらが上になるかで揉め始めるのは当然でしょう。

 中国や韓国がことさら反日なのも、彼等にすれば本来自分達の方が日本より上であるはずと言う思いがあるからでしょう。 他方欧米人は最初から自分達より上と思っているので、日本に対するような反感もないのです。

 
  1. 2018-08-12 22:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 人種的差別撤廃提案を日本は1918年にしてますが
> これは日系移民排斥問題からだとの説もあります
> 否決されたんですが

 今と違い、この当時の国際連盟委員会の国の多くは、国内に異人種を抱えていません。 
 しかしアメリカなど異人種を抱えている国は簡単には賛成できないでしょうね。
 アメリカは日系人排斥もありますが、黒人やインディアンも抱えています。 これを一度に平等に扱うというのは、うけいれられないでしょうね。

 そもそもこの時代の民主党議員って、多くがKKKのメンバーだったぐらいですから。
>
> ヒューマノイドの評価。違和感のテストも色々してるそうです。
> 人間と対面し会話をしてアンケートを取るとか
> 連投、無駄話m(__)m

 ワタシは実用ロボットは、ヒューマノイドよりむしろできるだけ人間らしくない物が主流になるのではないかと思っています。

 例えば介護用ロボットなど、ヒューマノイドでない方がはるかに楽です。 
 
 排泄の介護などする方もいやですが、受ける方にとっても非常に屈辱的です。 けれどヒューマノイドでなく純然たる機械なら、いくら精工で丁重な介護をしても、介護される方はウオッシュレットを使うぐらいの気楽さです。
  1. 2018-08-12 22:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> LGBT関連でネットで拾った話
> プライバシーもあるんですよね
> 連投・無駄話何度もm(__)m
>
> 名うてのセクシーファッファ♂
> @sexyphatpha
> ゲイバーで飲んでたら女性客がグループで来て。店のママが「ごめんなさい、うち会員制だから。」と断ったら、
> 「ゲイバーですよね?知ってます!私たちそういうの理解あるので大丈夫です!」とか言いはじめて。
> 「理解とかじゃなくて、お客様のプライバシーとかもあるからごめんなさいね」と断ってた。続
>
> そしたら逆ギレ。
> 理解あるとか言ってるけど、ゲイバーというコミュニティでしか自分をオープンにできないゲイが沢山いることを全く理解せずにズカズカ踏み込んでくる。
> こういう人がいるからゲイオンリーなんだってば。
> 面白半分でゲイと飲みたいだけなのマジでやめて。
>
> 「大丈夫」ってあくまでも自分が平気っていうだけで、相手が大丈夫か困っているか不快なのかということは一切考えていないんですよね。

 マジにLGBTの差別の問題って、全てこの手の人の心の問題、感覚の問題なのです。
 
 だから取りようにとっては全てを「差別」と言えるけれど、取りようを変えたら「差別なんかまったくない」としか言えないのです。
  1. 2018-08-12 22:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

同居人氏の見方は人種差別ではないですね。
異郷の地でお茶や酒に誘ってくれる人がいるだけでも、外国人にとってはありがたいことだと思いますが。

余談ですが先月、中国語検定3級に合格しました。
聴き取りと基本例文の暗記がキツかったですが、ツイッターで
台湾人にレスしたり即興で中国語書く訓練とかして覚えましたね。

  1. 2018-08-12 23:18
  2. URL
  3. Spring-moto #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 同居人氏の見方は人種差別ではないですね。
> 異郷の地でお茶や酒に誘ってくれる人がいるだけでも、外国人にとってはありがたいことだと思いますが。

 そうですね。 実はアバスさんは日本人扱いが気に入ってこの英語喫茶にきているようでした。 北大にいれば言葉の壁で日本人扱いは受けなかったようですから。
>
> 余談ですが先月、中国語検定3級に合格しました。
> 聴き取りと基本例文の暗記がキツかったですが、ツイッターで
> 台湾人にレスしたり即興で中国語書く訓練とかして覚えましたね。

 それはおめでとうございます。

 今はネットがあるので覚えた言葉をすぐにつかえるのがよいですね。 

 因みに以前読んだ本では、日本人と欧米人が中国語を勉強し始めると、初級や中級ぐらいまでは差がないのですが、上級になると日本人が圧倒的に強くなるのだそうです。

 それは語彙の差で、日本人は高度な日本語での語彙は殆ど漢語で中国語と共通なので、欧米人に比べて語彙の習得が非常に楽だからだそうです。

 これは欧米人の高度な欧米諸語の語彙がラテン語から来ているので、欧米人にとって欧米諸語の習得が、日本人に比べてはるかにやさしいのと同様でしょうが。

 
  1. 2018-08-13 00:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

今から25年くらい前でしょうか、とかのある街で昔の教え子によく似た女の子に出会いました。

久しぶり、元気?と声をかけたところキョトンとした顔してる。ああ、よく似た人だけど間違えたわ、と思いわびると相手方が英語で反しかけてきました。

「英語できます?」「少しなら。」「良かった、道教えてください。」「あれ、外国の方ですか?外見はどう見ても日本人なんだけど?」「一昨日、LAから来たばかりです。日系3世なんですが祖父母皆日本人です。でも養子に行って田舎で育ったから日本語全然だめなんです。道迷っていても誰も声かけてくれません。英語で話しても逃げられます。どうして?」「それはなたが日本人に見える、というより日本人だからですよ。日本人ならまず交番あたりに行くからね。」

外見は150cmくらいしかない、全くアメリカ人臭さがない、見た目リクルートスーツの大学生と言った雰囲気です。
何でも会社で急に日本勤務が決まったらしい。一人くらい日系人がいたほうがいいだろうと思われたらしく決まり赴任したが、会社の方でも日本語少しはできるだろうと思われてたらしい。それで2日めで完全に困ってる、という話でした。

「みんな私のことは日本人としか見てくれないんですけど。どうして?」
「アメリカ人ならば、そういう雰囲気があるからすぐわかるから英語で話いかけたりするけど、あなた違うでしょ?早く日本語勉強するしかないね。外見からは外国人と思われないから最低限の会話できないと普通のアメリカ人よりかえって大変だよ。」
「困ったわあ。」

道は書かれていた地図が間違っており、問題なく案内できましたが問題は大きそうでした。
外見上、日本人だから誰も彼女を外人と扱わないんです。日本語できれば大変なメリットでしょうが、これじゃあどうしようもない、途方に暮れてましたね。困るだろうからというので丸善の洋書売り場を教えてあげましたが、早速日本語学校に通うということになったはずです。

閑話休題

10年ほど前の話です。ある会社でクロアチア人の社員の人がいました。日本に語学留学しほぼ日本語マスターして日本の会社に入ったのはいいのですが、最初はみんな英語の文書ばかりくれると言ってぼやいてました。

「私は英語全然だめだったんです。日本にきてから1年間くらいは英語でしか話しかけてくれない、完全に英語ノイローゼでした。今は日本語でどうぞで問題ありませんが本当に困りました。今でも事情がわからない人は英語で文書くれます。日本語でいいです、と言わねばなりません。」と笑ってましたね。「日本に来て、いやでも英語を少し覚えることになりました。」

この2つの話は差別でしょうか。

おそらくは区別だと思うんですよ。誰も不利益を与えようとはしてないし悪意などはサラサラないわけです。
ただ外見と内容に齟齬があって相手は困ってるというわけです。

外見上日本人の日本語ダメ子さんと、外見上外国人の英語ダメ男さん。

我々は嫌でもまずは外見で区別します。
それが妥当だし大抵は問題ないからです。ただ区別できないものを区別すると問題になるのです。


世の中の差別なんてのは最初はこういう世界だと思うのです。
外見上の区別があれば別扱いする。

ただ内容上問題がなければ区別しなくなる、それまでの間をどう扱うかです。
別扱いされたが我が馬鹿を言い出すと差別になるというのが小生の考え方です。差別はされる側に相当の問題があると思ってます。
  1. 2018-08-13 11:21
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 今から25年くらい前でしょうか、とかのある街で昔の教え子によく似た女の子に出会いました。
>
> 久しぶり、元気?と声をかけたところキョトンとした顔してる。ああ、よく似た人だけど間違えたわ、と思いわびると相手方が英語で反しかけてきました。
>
> 「英語できます?」「少しなら。」「良かった、道教えてください。」「あれ、外国の方ですか?外見はどう見ても日本人なんだけど?」「一昨日、LAから来たばかりです。日系3世なんですが祖父母皆日本人です。でも養子に行って田舎で育ったから日本語全然だめなんです。道迷っていても誰も声かけてくれません。英語で話しても逃げられます。どうして?」「それはなたが日本人に見える、というより日本人だからですよ。日本人ならまず交番あたりに行くからね。」
>
> 外見は150cmくらいしかない、全くアメリカ人臭さがない、見た目リクルートスーツの大学生と言った雰囲気です。
> 何でも会社で急に日本勤務が決まったらしい。一人くらい日系人がいたほうがいいだろうと思われたらしく決まり赴任したが、会社の方でも日本語少しはできるだろうと思われてたらしい。それで2日めで完全に困ってる、という話でした。
>
> 「みんな私のことは日本人としか見てくれないんですけど。どうして?」
> 「アメリカ人ならば、そういう雰囲気があるからすぐわかるから英語で話いかけたりするけど、あなた違うでしょ?早く日本語勉強するしかないね。外見からは外国人と思われないから最低限の会話できないと普通のアメリカ人よりかえって大変だよ。」
> 「困ったわあ。」
>
> 道は書かれていた地図が間違っており、問題なく案内できましたが問題は大きそうでした。
> 外見上、日本人だから誰も彼女を外人と扱わないんです。日本語できれば大変なメリットでしょうが、これじゃあどうしようもない、途方に暮れてましたね。困るだろうからというので丸善の洋書売り場を教えてあげましたが、早速日本語学校に通うということになったはずです。
>
> 閑話休題
>
> 10年ほど前の話です。ある会社でクロアチア人の社員の人がいました。日本に語学留学しほぼ日本語マスターして日本の会社に入ったのはいいのですが、最初はみんな英語の文書ばかりくれると言ってぼやいてました。
>
> 「私は英語全然だめだったんです。日本にきてから1年間くらいは英語でしか話しかけてくれない、完全に英語ノイローゼでした。今は日本語でどうぞで問題ありませんが本当に困りました。今でも事情がわからない人は英語で文書くれます。日本語でいいです、と言わねばなりません。」と笑ってましたね。「日本に来て、いやでも英語を少し覚えることになりました。」
>
> この2つの話は差別でしょうか。
>
> おそらくは区別だと思うんですよ。誰も不利益を与えようとはしてないし悪意などはサラサラないわけです。
> ただ外見と内容に齟齬があって相手は困ってるというわけです。
>
> 外見上日本人の日本語ダメ子さんと、外見上外国人の英語ダメ男さん。
>
> 我々は嫌でもまずは外見で区別します。
> それが妥当だし大抵は問題ないからです。ただ区別できないものを区別すると問題になるのです。
>
>
> 世の中の差別なんてのは最初はこういう世界だと思うのです。
> 外見上の区別があれば別扱いする。
>
> ただ内容上問題がなければ区別しなくなる、それまでの間をどう扱うかです。
> 別扱いされたが我が馬鹿を言い出すと差別になるというのが小生の考え方です。差別はされる側に相当の問題があると思ってます。

 なるほどね。

 ヤッパリ人間はまず外見で判断しちゃいますからね。 

 それを「差別」と言うか「区別」と言うか?

 でもそれは本能からきているからいくら差別反対をわめいてもなくならないでしょう?

 法の下の平等が徹底した状態では、それ以上の差別反対を叫ぶ場合には、こうした本能的な問題を踏まえたうえで「差別とは何か?」をきちんと考えて対応しないと、人の本能までも否定して、攻撃し、国家権力が人の内面に踏み込むデストピアになると思うのです。
 
  1. 2018-08-13 12:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する