FC2ブログ

2018-07-24 12:08

LGBTは生産性がない?

 「LGBTには生産性がない」と言ったとかで、杉田水脈参議院議員のツィッターが炎上したそうです。
 しかし「LGBT]に生産性がないというのは事実でしょう?

 ここで杉田議員が言う「生産性」とは、経済活動や文化活動についての話ではなく、子供を産み次世代を作ると言う意味での「生産性」です。
 そして杉田議員がこの「生産性」を持ち出したのは、LGBTカップルへの公的支援をするか否かと言う話の中です。

 現在の日本では正規の婚姻をしている夫婦には、扶養控除その他、幾ばくかの公的支援があります。
 また婚姻自体が法で守られている制度です。

IMG_7569
 
 しかしLGBTのカップルにはこうした支援はありません。
 そもそも現在の日本では、同性婚と言う制度がありません。

 そこでLGBT反差別活動家達が、同性カップルへの公的支援を要求し始めました。

 杉田議員の「LGBTは生産性がない」発言は、この公的支援に対する反対論の中で出てきた言葉です。

 杉田議員は「正規の婚姻をしている夫婦に公的支援をするのは、これらの夫婦が子供を産み育てる事を基本にしているから。 しかしLGBTカップルが子供を産むことはあり得ないので、公的支援の対象にならない。」と言っているのです。

 ワタシはこれは全くの正論だと思います。

2018y07m24d_195433106

 ワタシの知人で、中年すぎてから恋人と同棲して事実上夫婦生活をしてるカップルがいますが、彼等は正規の婚姻ではないので、公的支援は全く得ていません。
 
 若いカップルでも正規で婚姻でない場合は、公的支援を得られません。
 
 理由は簡単です。
 婚姻届けが出ない限り、国も自治体も彼等がカップルとして暮らしているかどうか自体を把握できません。

 そして彼等が婚姻届けを出さないのは、殆どの場合、そもそも子供を作る意思がなく、その場合敢えて入籍するメリットはないからです。 
 公的支援なんて言っても微々たる物なので、入籍することで抱え込む義務を考えると、二人一緒に楽しく暮らすだけなら、ワザワザ入籍なんかする必要はないのです。

 それでは同性婚が制度として存在しない状況で、どうやったら公的に支援できるのでしょうか?
 そもそも何のために支援するのでしょうか?

IMG_7597

 婚姻とは元来、子孫を産み育てるのが目的なのです。 そして子孫ができないと社会は存続できません。
 だから古代から婚姻は尊重されたし、国家や社会がそれを支援してきました。
 けれどもそれと引き換えに、婚姻したカップルにはお互いの貞操義務や、扶養の義務など非常に重い義務も課してきたのです。 

 婚姻の尊重と支援は、こうした義務を伴うからこそ行われてきたものでもあるのです。

 しかし子供を産み育てると言う目的でないカップルには「生産性はない」ので、こうした支援はしてこなかったのです。

2018y07m24d_195556382

 逆に言えば、LGBT反差別活動家が言うように、子供を作る目的ないカップルでも支援しろと言うなら、カップルだけを支援しろと言うのがオカシイのです。

 カップルを作らない独身者だって支援するべきではありませんか?
 例えばゲイの男性の中には、非常に性的にアクティブで、日常的に大勢の男性と性交渉を楽しむので、カップルなんか作っていられないという人も多いのです。

 LGBTカップルに公的支援がない事を差別と言うなら、上記のような理由で独身でいる人達に公的支援がないのも差別でしょう?
 
 そしてこの世にはLGBTでなくても独身でいる人が沢山います。(例 ワタシ) こうした独身者にも公的支援をしないのは差別になります。

IMG_7615

 そもそもGBT反差別活動家は何のためにLGBTカップルへの支援を要求しているのでしょうか?

 イヤそれ以前に彼等の言う差別ってなんでしょうか?
 
 少し前まで大騒ぎしていたLGBTトイレはどうなったのでしょうか?

3M67i_BTt6xyuJ71532401842_1532401882.jpg 

 マジにこの漫画の通りでしょう?

 実はワタシが行きつけの病院が、新築移転した時にLGBTトイレなるものを作ったのです。
 ある日その病院へ行ったとき、ワタシがそのトイレの傍を通りかかると、80過ぎと思えるお爺さんが出てきたのです。
 ワタシはそれを見て、一瞬「このお爺さんゲイ? それともバイセクシャル?」と思ってしまいました。

 考えてみればこのお爺さんは、LGBTの表示が何のこと知らなかっただけだと思うのです。 だから気楽に入ったのでしょう。
 しかし当事者ならこんなトイレに入るのは躊躇うでしょう?

 だってカミングアウトしている人達だって、病院や駅やスーパーなどで、見知らぬ人達の不作法な好奇の目にさらされるのは絶対いやでしょう?
 ましてLGBTであることを隠していたい人にすれば、こんなトイレに出入りするところを、知人に見られるのを想像したらそれだけで恐怖でしょう?

 因みにこのLGBTトイレは不評だったのか、その後この表示は外されました。

2018y07m24d_195719872

 ところが彼等はこんなトイレを作れと言いながら、一方でアウティング(友人等がLGBTであることを知った場合、それを他の人に言う事)は人権侵害だ、アウティングで自殺者が出たと言って騒いでいるのです。

 ??
 コイツラ一体何がしたいの?

 LGBTの人達にとって、LGBTであることを知られるのがそれほどの苦痛なら、こんなトイレを作って、トイレの出入りの度のアウティングを強制しようという神経がわかりません。

IMG_7616

 結局彼等はLGBT差別をネタに騒ぎたいだけではありませんか?
 1970年代のアメリカでの公民権運動やウーマンリブを皮切りに、現在の西欧先進国と日本では、差別反対が絶対正義になりました。

 そこでこうした反差別活動をビジネスとする人々や、それに集る政党政治家が生まれました。

 しかし本来民主主義国家で保障できる平等は法の下の平等だけです。
 そして女性や黒人への法の下の平等は、直ぐに達成されたのです。

 でもこれで困る人達が出てきました。 つまり反差別ビジネスパースン(ビジネスマンと言うと差別だと騒がれちゃいますから)やそれに集る政治家達です。
 そこで彼等は法の下の平等では満足せずに、結果平等や個人や他人を平等に扱う事を要求するようになりました。

 しかしそれだけでは足りず、人種差別や女性差別とは別な差別を取り上げる必要が出てきたのです。

2018y07m24d_200737940

 それで目を付けたのがLGBTです。
 尤も欧米の場合は、キリスト教の教理から同性愛は罪とされたし、その為刑事罰もありました。 だからこうした刑事罰の廃止などは、実際に大きな意味があったのです。

 しかし問題はそれを直輸入した日本の活動家です。
 日本では古来同性愛など個人の性的な指向に国家や社会が干渉するという歴史はなく、同性愛者が迫害された歴史もないのです。

 ところが欧米式の反差別ビジネスをするには、日本でも欧米並みの差別や迫害があった事にしないと商売になりません。

 だから彼等は差別がある事にしようとするのです。 しかし元々なかったものを作るのですから、これは全くの無理筋で、その為やっている事は支離滅裂になるのです。

IMG_7620

 その為、トイレに出入りする度に、周りの人にアウティングを強制するLGBTトイレを作れと言う一方で、「アウティングは人権蹂躙だ~~!!」と喚くのです。

 こんな事をしていれば、この漫画の通り「世間の人達」は「LGBTってわけのわからない我儘ばかり言う厄介な連中」と認識するようになり、ホントに差別される事になってしまうでしょう?
 これはビジネス当事者以外のLGBTの人達には大迷惑でしょう?

 しかし相手はビジネスでこれをやるのですから、始末が悪いです。

 そしてビジネスの為だからこそ、この杉田議員「生産性」騒動のようなプロパガンダをやるのです。

 杉田議員はごく当たり前の話をしているだけなのですが、しかしこうしたビジネスパースン達は、全体の文脈を無視して一部の言葉だけを取り上げ、「差別だ~~!!」と騒ぐのです。
 彼等はこうした誹謗中傷プロパガンダのプロなので、こんな事をやりまくるのです。

 本当に始末が悪いですね。

  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

CatNA@CatNewsAgency

左翼の政治運動って、弱者や被害者、マイノリティを応援するフリをして、彼らの持つマウントポジションに便乗する手法ばかり。悉くそのパターン。沖縄ヘイトだの、LGBT差別だのと喚くくせに、当人たちが運動に反対すると、手のひらを返して牙をむく。ウンザリですね。
https://pbs.twimg.com/media/Di2q3D7UYAAjyRE.jpg

https://twitter.com/CatNewsAgency/status/1021660604472254464

※よもぎねこさんが仰られる様に、当のLGBTの人には有難迷惑かもしれませんね。
  1. 2018-07-24 16:52
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

こんにちは。
偏見を持たず温かく見守るだけで良いのではないですか。
よもぎねこさんがおっしゃるように妙に権利意識が高い一部のLGBT者や活動家が大騒ぎするだけで恐らく大多数のLGBT者は普通に暮らせればそれで問題ないと思います。
フェミニズムたちと同じようにノイジーマイノリティなのでしょう。

LGBT者が普通のトイレに入るのに何の問題がよくわかりませんしLGBT者がわざわざ女子大に入りたいのでしょうか?婚姻なんて古いしきたりと割り切れば婚姻届けも不要だし、なんかないものねだりする子供のようです。
  1. 2018-07-25 09:04
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> CatNA@CatNewsAgency
>
> 左翼の政治運動って、弱者や被害者、マイノリティを応援するフリをして、彼らの持つマウントポジションに便乗する手法ばかり。悉くそのパターン。沖縄ヘイトだの、LGBT差別だのと喚くくせに、当人たちが運動に反対すると、手のひらを返して牙をむく。ウンザリですね。
> https://pbs.twimg.com/media/Di2q3D7UYAAjyRE.jpg
>
> https://twitter.com/CatNewsAgency/status/1021660604472254464

 結局彼等はそうやって騒ぐことで活動費を得て生活するので、何かしら騒ぐネタが必要なのです。

 豊洲なんか典型でしょう?

 首都で騒ぐ拠点を作ろうと頑張ったわけです。
>
> ※よもぎねこさんが仰られる様に、当のLGBTの人には有難迷惑かもしれませんね。

 有難くなくただもう迷惑のようですね。
  1. 2018-07-25 09:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> 偏見を持たず温かく見守るだけで良いのではないですか。
> よもぎねこさんがおっしゃるように妙に権利意識が高い一部のLGBT者や活動家が大騒ぎするだけで恐らく大多数のLGBT者は普通に暮らせればそれで問題ないと思います。
> フェミニズムたちと同じようにノイジーマイノリティなのでしょう。
>
> LGBT者が普通のトイレに入るのに何の問題がよくわかりませんしLGBT者がわざわざ女子大に入りたいのでしょうか?婚姻なんて古いしきたりと割り切れば婚姻届けも不要だし、なんかないものねだりする子供のようです。

 LGBTでトイレで困るのはTだけなのです。 レズやゲイやバイセクシャルは性愛の相手が異性だけじゃないというだけで、他は普通の男性もしくは女性なのです。

 だから普通の女子トイレ、男子トイレで全然困らないのです。

 困るのは肉体は男性、性自認が女性と言うトランスジェンダーの人ぐらいなのですが、しかしその人たちだって、大仰にLGBTと大書したトイレに入るのはイヤなのです。 できたらさりげなく使えるトイレが良いのです。

 それをLGBTと大書したトイレを作れと言うのはホントに無神経の極みだと思いますよ。

 それでもそんな物を作れと騒いだのは、要するに自分達の存在を目立たせないと活動が進まないからでしょう?

 このトイレ騒動が連中の本性をよく表していると思いますよ。
  1. 2018-07-25 09:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

全て仰る通りなのですが

左翼活動家がまるっきり無視する事の一つに予算の限度額が有ります。政権与党は国家予算を決め(実務は財務省)国会で承認を受けます。そしてその予算の原資は税金です。説明するまでも有りませんが・・・

つまり税収の金額を与党は様々な分野に振り分けて配分する事と為るのですが、当然税金は湯水のようには湧いてきません。すなわち与党議員である杉田議員には重大な責任も有るのです。

無限では無い予算をどこに配分するかは重要な仕事であり、最も重要な課題である少子高齢化に取り組む必要が有る与党議員が生産性に期待を持てない場所に予算を配分したがらない、もしくは除外する事は当然の事であり責められる理由が存在しません。

まあ、今回の事は利権団体や利権其の物と癒着している特亜勢力を痛切に法に則って批判を加えている杉田議員のディスカウント・キャンペーンが出来れば理由は何でも良かった様に見受けられますけど・・・

ま、左翼活動家が既得権益を守ろうとすればするほど批判の目は注がれ、制度改革への期待が高まりますし、無暗に騒ぐ理由を知りたくなるのも人間の本能であり、推理小説には根強いファンも多く、今回の杉田議員への批判は逆効果になったような気がします。既得権益や新たな利権に目が眩み墓穴を掘ったという所では無いでしょうか?

YOUTUBEでの杉田議員関連の動画の視聴回数が軒並みアップしています。杉田議員はこの様な誹謗中傷に負ける様な方とはお見受け出来ませんし、民法に取り上げられないと嘆いてもいらしてましたので、知名度のアップにも繋がったのではないでしょうか?今後とも杉田議員のご活躍を願ってやみません。ま、杉田議員は産経新聞や櫻井よしこ氏等の力強い応援団がついてもいますので心配はいらないとは思います。

http://salondedonatian.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
  1. 2018-08-28 17:57
  2. URL
  3. 燻製にしん #-
  4. 編集

Re: 全て仰る通りなのですが

> 左翼活動家がまるっきり無視する事の一つに予算の限度額が有ります。政権与党は国家予算を決め(実務は財務省)国会で承認を受けます。そしてその予算の原資は税金です。説明するまでも有りませんが・・・
>
> つまり税収の金額を与党は様々な分野に振り分けて配分する事と為るのですが、当然税金は湯水のようには湧いてきません。すなわち与党議員である杉田議員には重大な責任も有るのです。
>
> 無限では無い予算をどこに配分するかは重要な仕事であり、最も重要な課題である少子高齢化に取り組む必要が有る与党議員が生産性に期待を持てない場所に予算を配分したがらない、もしくは除外する事は当然の事であり責められる理由が存在しません。
>
> まあ、今回の事は利権団体や利権其の物と癒着している特亜勢力を痛切に法に則って批判を加えている杉田議員のディスカウント・キャンペーンが出来れば理由は何でも良かった様に見受けられますけど・・・
>
> ま、左翼活動家が既得権益を守ろうとすればするほど批判の目は注がれ、制度改革への期待が高まりますし、無暗に騒ぐ理由を知りたくなるのも人間の本能であり、推理小説には根強いファンも多く、今回の杉田議員への批判は逆効果になったような気がします。既得権益や新たな利権に目が眩み墓穴を掘ったという所では無いでしょうか?
>
> YOUTUBEでの杉田議員関連の動画の視聴回数が軒並みアップしています。杉田議員はこの様な誹謗中傷に負ける様な方とはお見受け出来ませんし、民法に取り上げられないと嘆いてもいらしてましたので、知名度のアップにも繋がったのではないでしょうか?今後とも杉田議員のご活躍を願ってやみません。ま、杉田議員は産経新聞や櫻井よしこ氏等の力強い応援団がついてもいますので心配はいらないとは思います。
>
> http://salondedonatian.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

 基本的には杉田議員はLGBは普通の人で、困っているわけでもないから、公的支援は必要ないと言う事なんですよね。

 公的支援と言うのは、障碍者や失業者のように困っている人を助ける為か、或いは公益法人への補助金や優秀な学生への奨学金のように、その人を支援することで、社会全体が利益を得るような場合に行うのです。
 
 LGBは困っているわけでもないし、だからと言って支援して社会が利益を得るわけでもないから、支援対象にはならないというだけの話です。

 国家予算は限られているので、予算をどう使うかを決めるのは国会議員の重要な仕事で、杉田議員はそれについて意見を述べているだけなのです。

 それを狂気のようなバッシングで封殺しようというのですから、マトモじゃありません。

 しかしLGBTへの公的支援は、パヨクの新しいビジネスですから、これにぶら下がる気満々のパヨクが、杉田議員に対して怒り狂うのは当然でしょうね。
 杉田議員は他に良い仕事を沢山していますからね。

 つまり杉田議員が優秀な議員だという事でしょう。
  1. 2018-08-29 13:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する