FC2ブログ

2018-07-23 13:34

保守って何?

 7月20日の国会では、核マル派から800万円の献金を受けていた枝野幸雄が「私こそ保守本流」と大演説をしました。
 一方自民党側でも以外な人物が「ネトウヨから目の敵の野田聖子氏、私も保守なのよ」などと言っています。

 枝野やら野田聖子やらネトウヨから目の敵にされている連中が、「保守」を自称することが流行り出しているようです。
 こんな連中が揃って保守を騙り出したのを見ると、こんな鈍感な連中でも、もうリベラルのイメージが悪くなりすぎて、リベラルでは票が取れないとわかってきたのでしょうね。

2018y07m23d_204246290

 しかし野田聖子はリベラルでないとまずいのでは?

 だって野田聖子は自民党の議員で、しかも今度は総裁選に出たいと言っているのです。

 ところで自民党は英語ではLiberal Democratic Party of Japanです。 
 自由(Liberal)民主(Democratic )党(Party )なのです。  
 英語圏ではこの頭文字を取ってLDPと呼ばれているのです。

 つまりリベラルで民主的であることを標榜する政党なのですよ。
 それが「保守」ですか?

2018y07m23d_204642440

 だったら安倍総理は?
 
 実は昨日こんなコメントを頂きました。

 安倍晋三はリベラルである。それは間違いない。
 何故なら、保守と言えるような政策を出して来ていない。
 そもそも、安倍晋三は自民党の中でもリベラル色の強い
 派閥のプリンスであったわけで、TPPに代表される
 経済政策は新自由主義で、安倍晋三が保守というのは
 最早信者に近い安倍支持者が見ている幻想である。

 ええ、ワタシも安倍総理はリベラルだと思います。 だってLiberal Democratic Party of Japanの総裁なんですよ?
 リベラルで当然でしょう?

IMG_7555

 自民党と言うのは元来、自由主義と民主主義体制を守る為に、作られた政党です。
 それまで自由主義や民主主義を基本理念する政党は2つあり、戦前はそれが二大政党制をとっていたのですが、戦後になって社会党の勢力が急伸しました。

 そこでこれに危機感をもったこの二つの政党は、1955年に合体して一つの政党になり、自由と民主主義を守っていこうという事で自民党ができたのです。
 
 リベラルと言うのは元来自由を意味するのですから、つまりリベラルであることは自由を重んじるという事ですから、自民党の総裁はリベラルで当然なのです。

 実際安倍のミックスなど海外では完全にリベラル政党の政策です。 
 また賃上げや雇用の拡大など、本来ならリベラル政党や労働組合がやるべき政策を、今ちゃんとやっているのは安倍政権だけです。
 保守政党は雇用より財政規律を重視するのが普通です。

2018y07m23d_204349040

 おお、だったら枝野や野田聖子が保守、安倍総理がリベラルって正しいではありませんか?
 彼等はひたすら財務省の意に従って、増税と緊縮を喚き、安倍のミックスに反対しているのですから。

 それでも自民党が、なぜか「保守」と言われているのは、自民党が保守を名乗ったというより、野党が「革新」とか「リベラル」を僭称したので、その対局と言う形で「保守」に分類されたという事でしょうか?

IMG_7562

 そもそも元来保守と言うのは、「過去から続く価値観や体制の維持に努める」「無暗に現状を変えたくない」ぐらいの意味で、特定のイデオロギーや体制を指すわけではありません。 だから国により時代により何を「保守」とするかは違ってきます。

 例えばイランで保守派と言えば、ホメニイ体制、強硬なイスラム原理主義勢力を指します。
 プーチン政権確立以前、ロシアの保守派と言えばなんと共産主義者でした。

 イランは紀元前3000年から続く歴史を持つ国です。 その5000年余の歴史の中は、皇帝の独裁でした。 しかしその独裁が終わらせたのがイラン・イスラム革命です。 それで皇帝を追い出してしまったので、もう過去の国体には戻れません。

 そういう条件のもとで一番古い体制がホメニイ師によるイスラム聖職者の支配体制なのだから、イランの保守と言うのは、ホメニイ体制を指すしかないのでしょう。

 ロシアもロシア革命で皇帝一家を惨殺した以上、もう帝政には戻れません。 だからロシアの元の国体を共産党支配下のソ連とするしかないのです。

2018y07m23d_204416190

 どんな国でも数百年、或いは数千年の歴史はあるわけで、その間に国家の体制は何度も変わりますし、国によって民族丸ごと入れ替わったりします。

 こうなるとそういう歴史の中で何をもって守るべき伝統、価値観、国体とするべきかは、議論すればきりがありません。
 だから普通は現実的に維持可能な過去の体制の維持を標榜する事を「保守」と呼ぶしかないのです。

 そしてその意味では枝野や野田聖子が保守と言うのは間違いではありません。

IMG_7551

 枝野や野田聖子が守りたい体制は、つまり戦後レジームです。
 これは1945年の日本の第二次世界大戦敗戦によるGHQの占領で作られました。

 立憲民主党の支持団体である労働組合は、この時GHQが作り、GHQと親密だった共産主義者がその専従職員として組合費を食い物にいして、政治運動を続けられる体制を作りました。
 大学や言論界もGHQの支配下に入りました。 この時GHQの権力を背景して支配的地位を得た人間とその弟子筋の人間が今もここを支配しています。

 だから彼等としては今もGHQの価値観を守りたいのです。
 その価値観こそが彼等の権威と権力の源なのです。 そしてその権威と権力によって、彼等は様々な利権を得てきたのです。

 その為には現在の状況を欠片でも変えたくないというのが、彼等の本音でしょう?

 その意味では彼等は完全に「保守」なのです。

IMG_7558

 GHQの作った戦後体制は、しかし日本にとって居心地の良い面もあったし、また何よりも牙を抜かれて丸裸になった状態では、これに逆らう事はできません。
 だから現実に政権を担う側も、これに従うしかありませんでした。
 
 しかし現実に政権を担っていれば、現実の変化にも対応しなくてはなりません。
 その為にはGHQの作った体制(つまり日本を戦えない国する為だけの体制)だけを守っているわけにもいかないのです。

 ここでLiberal Democratic Party of Japanとしても、憲法改正始めGHQの作った体制の変革を考えざる得なくなるのです。 
 ところがこれはちゃんと自力で戦って自国を守る事の出来る国になる事ですから、それはそのまま第二次大戦前の体制と重なります。

IMG_7548

 実際日本は明治維新以降、立憲民主制の確立に努めてきました。 そして大正時代には普通選挙制を確立して、民主主義国家となったのです。 
 だから自由主義国家、民主主義国家としての日本の国体、伝統を言うなら、ここまで時代をさかのぼって考えても構わないのです。

 そしてこれは現在の民主主義先進国諸国のリベラル政党でも普通に維持している政策です。

 そうなると日本は100年来の民主主義体制を守ろうとしているだけなのだから、これは「保守」と言う事になります。 だからLiberal Democratic Party of Japanの側も保守と言われても文句は言わないのです。

 むしろ異常なのは戦後70年余、ひたすらGHQの権威にすがり、その権威を盾に利権をむさぼり続けた連中が自分達を「革新」とか「リベラル」とか自称していたことではありませんか?

IMG_7564

 ワタシは立憲民主党始め護憲派左翼を見ると、近代以前のローマ法王庁を思い出します。

 近代以前のローマ法王庁は、体制派でしょうか?
 それとも反体制派でしょうか?

 ローマ法王庁は近代以前カソリック世界で、強大な権威を持ち、その権威により人々の精神を完全に支配しました。
 その意味では完全な体制派です。

 しかし法王庁は宗教者であるが故に、武力はなくその為世俗の支配者にはなれませんでした。
 歴代法王はそれでも何とか世俗の支配者を、自分の支配下に置こうと、血みどろの戦いを続けきました。
 だから世俗では完全な反体制派なのです。

 一方世俗の支配者にすれば、法王の権威は認め、また自身が敬虔なカソリック教徒であっても、現実の社会を統治する以上は、法王庁の掲げる宗教的理想主義ばかりに従ってもいられなのです。

 だから世俗の支配者と言うのは、勿論体制派ではあるけれど、一方で精神的には法王庁の権威に対する反体制にならざるを得ないのです。

2018y07m23d_204312422

 ワタシは枝野とその仲間達は、まさにこの中世の法王丁だと思うのです。
 彼等はGHQによる戦後教育による「日本悪い教」の聖職者で、GHQが教育界や言論界を支配した時に、この教団に入信しました。

 そして日本国憲法と言う聖典を掲げて、戦後日本人の精神を支配し続けました。

 但しこの「日本悪い教」はキリスト教の原罪思想のように日本には侵略戦争と言う原罪を定めて、日本を否定してしまったし、しかも武力も放棄させてしまったので、世俗の支配者にはなれなくなりました。

 世俗の支配者は、国家の繁栄と国防に責任があるのですから、それを放棄する集団は結局世俗の支配者にはなれません。

 そこで彼等は戦後70年余日本の精神的支配者でありながら、しかし自分達は反体制であり、革新派でありリベラルであるという奇妙な錯覚を持ち続けてきたのです。

IMG_7566

 しかし遂に宗教改革が起きてしまいました。
 このGHQ教団の余りの腐敗堕落や、その教理の非現実性や不合理に気づく人々が増えて、この信仰を捨てる人が激増しているのです。

 キリスト教の宗教改革を促進したのはグーテンベルグによる印刷機の発明と、それによる聖書の普及でした。

 現在の宗教改革はインターネットの普及による、が寡占を保障したマスコミの衰退でしょう?

 そこで今や守勢に立たされた「本悪い教団」は、自分達に不都合な言論は何でもヘイトスピーチとしするなど異端審問を活発化させています。
 
 宗教改革とそれに続く宗教戦争は、西欧史でも最も陰惨な時代でした。

2018y07m23d_211439856

 だから当面、「日本悪い教団」も陰惨で卑劣な抵抗を続けると思います。 枝野や野田聖子が「保守」を名乗り出した事や、モリカケだってその一つでしょう?

 でも自由と民主主義を守る為には、こんな連中に負けるわけには行かないのです。
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

続報)
自民・杉田水脈衆院議員に殺害予告 被害届を提出 寄稿論文と関係か
https://www.sankei.com/politics/news/180723/plt1807230013-n1.html

※気に入らない意見を言うなら殺害予告。これではオーム真理教と変わらない。
  1. 2018-07-23 14:07
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 続報)
> 自民・杉田水脈衆院議員に殺害予告 被害届を提出 寄稿論文と関係か
> https://www.sankei.com/politics/news/180723/plt1807230013-n1.html
>
> ※気に入らない意見を言うなら殺害予告。これではオーム真理教と変わらない。

 余程杉田議員のことで困っているんでしょうね。
  1. 2018-07-23 14:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「保守」より「旧守」「旧宗教」かも
杉田氏のヤジで枝野がウロエタとも(辻元が関与しているとの噂の公園の件で)
今の野党(昔からかも知れませんが)戦略も戦術もボロボロでアピールポイントも政策も無い。ナチス・ドイツの方がプレゼンは凄かったと思う。
自虐史観の時代に育ったんですが雑誌「丸」を読んでました(笑)
祖父母も親も何も言わなかったな
戦争の話も聞いてました函館だったので青函連絡船が攻撃されたので
爆弾が実家の近くに落とされましたから
野田氏や枝野氏の愛国心とは違う感覚を持てたんでしょうかね
  1. 2018-07-23 15:49
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

「55年体制の堅持」という意味では、枝野氏は保守でしょうね。
「極左が左翼の顔をして政治に居座る恐怖」の堅持ですが。

"右翼"vs"左翼"ではなく、(右翼+左翼)vs 極左。
自民の中の「ヘンなの」を叩くのは、
"安心して左右に分裂"してから。
  1. 2018-07-23 17:55
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

真の保守とは

ブログの人気が下がらないように、

時折コメントを書くこと(´ー`)y-~~

  1. 2018-07-23 20:55
  2. URL
  3. 出雲の乙 #-
  4. 編集

保守とは何であるかは

きちんというのは難しいと思うが、中野剛志の
保守論が最もすんなりと胸に入る気がする。
中野剛志の言っている保守的立場とは現在を変える
にあたって非常に疑い深くあることだと思う。
新しい政策はこれでよいのか、そもそも変える必要が
あるのか、皆が最低限の納得を持てるのか。
安倍首相が保守でないというのは、彼がこの三つの
点で全く反するからだ。彼は政治的決断とか
苦渋の判断であるとかいうが、皆で議論するという事は
やらない。彼の政策の結果として日本がどうなるか、
皆はまじめに考えたことがあるのだろうか。

保守的立場というのが新しいことに非常に疑い深い
という事であれば、すべての政策は過去・現在・未来
の流れの中で考えなければならない。だから時間がかかる。

だから、保守的立場を嫌う人たちは二言目には
「時間がない」と言う。それでどんどん変えていって
その結果を反省することはない。そんなリベラルとも
言えない輩で世の中は満ち溢れている。
西部氏が悲観するわけである。
  1. 2018-07-23 22:56
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

すごい!とてもよくわかります!


>自分達に不都合な言論は何でもヘイトスピーチとしするなど異端審問を活発化させています。

野村修也さんが異端審問で懲戒を受けたそうです。弁護士会も強大な「日本悪い教」の会派ですね。

「保守」「革新」という言葉を考えることで日本の歩んできた路を改めて考える機会となりますね。


  1. 2018-07-24 09:51
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 「保守」より「旧守」「旧宗教」かも
> 杉田氏のヤジで枝野がウロエタとも(辻元が関与しているとの噂の公園の件で)
> 今の野党(昔からかも知れませんが)戦略も戦術もボロボロでアピールポイントも政策も無い。ナチス・ドイツの方がプレゼンは凄かったと思う。
> 自虐史観の時代に育ったんですが雑誌「丸」を読んでました(笑)
> 祖父母も親も何も言わなかったな
> 戦争の話も聞いてました函館だったので青函連絡船が攻撃されたので
> 爆弾が実家の近くに落とされましたから
> 野田氏や枝野氏の愛国心とは違う感覚を持てたんでしょうかね

 本心どう思っているかはともかく、朝日新聞や日教組の論調に同調していれば、票が稼げると思っていたのでしょうね。
 ところが雲行きが怪しくなったので、今度は「保守」を名乗りだしたわけです。
  1. 2018-07-24 10:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 「55年体制の堅持」という意味では、枝野氏は保守でしょうね。
> 「極左が左翼の顔をして政治に居座る恐怖」の堅持ですが。
>
> "右翼"vs"左翼"ではなく、(右翼+左翼)vs 極左。
> 自民の中の「ヘンなの」を叩くのは、
> "安心して左右に分裂"してから。

 そうですね。 現実の政治って自分の理想とは程遠くて当然ですから、最悪よりよりは少しマシな物を選ぶしかないのです。
  1. 2018-07-24 10:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 真の保守とは

> ブログの人気が下がらないように、
>
> 時折コメントを書くこと(´ー`)y-~~

 どうもありがとうございます。
  1. 2018-07-24 10:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 保守とは何であるかは

> きちんというのは難しいと思うが、中野剛志の
> 保守論が最もすんなりと胸に入る気がする。
> 中野剛志の言っている保守的立場とは現在を変える
> にあたって非常に疑い深くあることだと思う。
> 新しい政策はこれでよいのか、そもそも変える必要が
> あるのか、皆が最低限の納得を持てるのか。
> 安倍首相が保守でないというのは、彼がこの三つの
> 点で全く反するからだ。彼は政治的決断とか
> 苦渋の判断であるとかいうが、皆で議論するという事は
> やらない。彼の政策の結果として日本がどうなるか、
> 皆はまじめに考えたことがあるのだろうか。
>
> 保守的立場というのが新しいことに非常に疑い深い
> という事であれば、すべての政策は過去・現在・未来
> の流れの中で考えなければならない。だから時間がかかる。
>
> だから、保守的立場を嫌う人たちは二言目には
> 「時間がない」と言う。それでどんどん変えていって
> その結果を反省することはない。そんなリベラルとも
> 言えない輩で世の中は満ち溢れている。
> 西部氏が悲観するわけである。

 中野さんはそれなりに立派だとは思いますが、しかし保守ってそもそも厳密な定義はないんですよ。
 だから誰でも勝手に保守を名乗れるし、それに文句を言っても仕方ないのです。

 因みに西部氏のような人は最初から悲観する為に生まれてきたのだと思います。
  1. 2018-07-24 10:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> すごい!とてもよくわかります!
>
>
> >自分達に不都合な言論は何でもヘイトスピーチとしするなど異端審問を活発化させています。
>
> 野村修也さんが異端審問で懲戒を受けたそうです。弁護士会も強大な「日本悪い教」の会派ですね。
>
> 「保守」「革新」という言葉を考えることで日本の歩んできた路を改めて考える機会となりますね。

 有難う御座います。

 日本弁護士会はマジに異端審問官の集団ですからね。
  1. 2018-07-24 11:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

保守と革新は、新しい社会環境へ適応するための手段だから

そもそも、「保守」とは、今までのやり方を守り保つ(変えない)こと、「革新」とは、今までのやり方を改め新しくすること、つまり、これらは手段を示す言葉であり、これらの言葉自体には、価値観が含まれていません。
ところで、社会環境が変わると様々な課題が生まれてきます。これらの新たな課題に対して、ある課題に対しては「保守」の手段を採る方が、別の課題に対しては、「革新」の手段を採る方が、総合的に見て自分や周囲の人達に好都合という価値観が入ってきますが、自由主義国家には、様々な価値観を持った人がいるので、新たに生まれた課題の数が多いほど、「保守」手段と「革新」手段の採用比率はバラけてくると思います。
従って、本来、「何を」保守するのか、「何を」革新するのか、が人々にとって重要であり、「何を」を抜かした「保守だ」、「革新だ」の論説は、プロタガンダとみて避けるべきでしょう。

さて、自由民主党(Liberal Democratic Party of Japan)ですが、結党趣意書を読んだわけではなく私の勝手な期待でありますが、Liberalを名乗っていますので、結党した人たちは、戦後体制(戦勝国支配体制)からの解放、つまり、自主独立の願いを込めているのかと、考えていました。
何故なら、英語学者の故・渡辺昇一先生によれば、アメリカの黒人解放奴隷がアフリカに造った国がLiberiaを名乗った様に、Liberalとは元来、隷従からの解放=自主独立を意味し、自由貿易(free trade)の自由(free=勝手気まま、弱肉強食)とは別だとのことでしたので。
今の自民党議員の多くが、Liberal(自主独立)の気概を秘めていることを願っていますが、松下政経塾上がりの自民党員が、「自由民主党だから、自由の文字がある自由貿易を推進しなければいけない」と真顔で言うのを聞いたこともあるので楽観は出来ません。
  1. 2018-07-24 14:37
  2. URL
  3. 共存共栄 #-
  4. 編集

Re: 保守と革新は、新しい社会環境へ適応するための手段だから

> そもそも、「保守」とは、今までのやり方を守り保つ(変えない)こと、「革新」とは、今までのやり方を改め新しくすること、つまり、これらは手段を示す言葉であり、これらの言葉自体には、価値観が含まれていません。
> ところで、社会環境が変わると様々な課題が生まれてきます。これらの新たな課題に対して、ある課題に対しては「保守」の手段を採る方が、別の課題に対しては、「革新」の手段を採る方が、総合的に見て自分や周囲の人達に好都合という価値観が入ってきますが、自由主義国家には、様々な価値観を持った人がいるので、新たに生まれた課題の数が多いほど、「保守」手段と「革新」手段の採用比率はバラけてくると思います。
> 従って、本来、「何を」保守するのか、「何を」革新するのか、が人々にとって重要であり、「何を」を抜かした「保守だ」、「革新だ」の論説は、プロタガンダとみて避けるべきでしょう。

 そもそも「保守」も「革新」も至って便宜的な区分で、理念や思想ではありませんから。
>
> さて、自由民主党(Liberal Democratic Party of Japan)ですが、結党趣意書を読んだわけではなく私の勝手な期待でありますが、Liberalを名乗っていますので、結党した人たちは、戦後体制(戦勝国支配体制)からの解放、つまり、自主独立の願いを込めているのかと、考えていました。
> 何故なら、英語学者の故・渡辺昇一先生によれば、アメリカの黒人解放奴隷がアフリカに造った国がLiberiaを名乗った様に、Liberalとは元来、隷従からの解放=自主独立を意味し、自由貿易(free trade)の自由(free=勝手気まま、弱肉強食)とは別だとのことでしたので。
> 今の自民党議員の多くが、Liberal(自主独立)の気概を秘めていることを願っていますが、松下政経塾上がりの自民党員が、「自由民主党だから、自由の文字がある自由貿易を推進しなければいけない」と真顔で言うのを聞いたこともあるので楽観は出来ません。

 自民党の党名の正式な由来はワタシも知りません。

 但し日本は大正時代に民主主義を確立しています。 そして自由主義を基本として国家を運営してきました。

 だからその体制を守る政党であるのだから自由民主党で違和感はありません。
  1. 2018-07-24 20:57
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 保守と革新は、新しい社会環境へ適応するための手段だから

> そもそも、「保守」とは、今までのやり方を守り保つ(変えない)こと、「革新」とは、今までのやり方を改め新しくすること、つまり、これらは手段を示す言葉であり、これらの言葉自体には、価値観が含まれていません。
> ところで、社会環境が変わると様々な課題が生まれてきます。これらの新たな課題に対して、ある課題に対しては「保守」の手段を採る方が、別の課題に対しては、「革新」の手段を採る方が、総合的に見て自分や周囲の人達に好都合という価値観が入ってきますが、自由主義国家には、様々な価値観を持った人がいるので、新たに生まれた課題の数が多いほど、「保守」手段と「革新」手段の採用比率はバラけてくると思います。
> 従って、本来、「何を」保守するのか、「何を」革新するのか、が人々にとって重要であり、「何を」を抜かした「保守だ」、「革新だ」の論説は、プロタガンダとみて避けるべきでしょう。

 そもそも「保守」も「革新」も至って便宜的な区分で、理念や思想ではありませんから。
>
> さて、自由民主党(Liberal Democratic Party of Japan)ですが、結党趣意書を読んだわけではなく私の勝手な期待でありますが、Liberalを名乗っていますので、結党した人たちは、戦後体制(戦勝国支配体制)からの解放、つまり、自主独立の願いを込めているのかと、考えていました。
> 何故なら、英語学者の故・渡辺昇一先生によれば、アメリカの黒人解放奴隷がアフリカに造った国がLiberiaを名乗った様に、Liberalとは元来、隷従からの解放=自主独立を意味し、自由貿易(free trade)の自由(free=勝手気まま、弱肉強食)とは別だとのことでしたので。
> 今の自民党議員の多くが、Liberal(自主独立)の気概を秘めていることを願っていますが、松下政経塾上がりの自民党員が、「自由民主党だから、自由の文字がある自由貿易を推進しなければいけない」と真顔で言うのを聞いたこともあるので楽観は出来ません。

 自民党の党名の正式な由来はワタシも知りません。

 但し日本は大正時代に民主主義を確立しています。 そして自由主義を基本として国家を運営してきました。

 だからその体制を守る政党であるのだから自由民主党で違和感はありません。
  1. 2018-07-24 22:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 保守と革新は、新しい社会環境へ適応するための手段だから

> そもそも、「保守」とは、今までのやり方を守り保つ(変えない)こと、「革新」とは、今までのやり方を改め新しくすること、つまり、これらは手段を示す言葉であり、これらの言葉自体には、価値観が含まれていません。
> ところで、社会環境が変わると様々な課題が生まれてきます。これらの新たな課題に対して、ある課題に対しては「保守」の手段を採る方が、別の課題に対しては、「革新」の手段を採る方が、総合的に見て自分や周囲の人達に好都合という価値観が入ってきますが、自由主義国家には、様々な価値観を持った人がいるので、新たに生まれた課題の数が多いほど、「保守」手段と「革新」手段の採用比率はバラけてくると思います。
> 従って、本来、「何を」保守するのか、「何を」革新するのか、が人々にとって重要であり、「何を」を抜かした「保守だ」、「革新だ」の論説は、プロタガンダとみて避けるべきでしょう。

 そもそも「保守」も「革新」も至って便宜的な区分で、理念や思想ではありませんから。
>
> さて、自由民主党(Liberal Democratic Party of Japan)ですが、結党趣意書を読んだわけではなく私の勝手な期待でありますが、Liberalを名乗っていますので、結党した人たちは、戦後体制(戦勝国支配体制)からの解放、つまり、自主独立の願いを込めているのかと、考えていました。
> 何故なら、英語学者の故・渡辺昇一先生によれば、アメリカの黒人解放奴隷がアフリカに造った国がLiberiaを名乗った様に、Liberalとは元来、隷従からの解放=自主独立を意味し、自由貿易(free trade)の自由(free=勝手気まま、弱肉強食)とは別だとのことでしたので。
> 今の自民党議員の多くが、Liberal(自主独立)の気概を秘めていることを願っていますが、松下政経塾上がりの自民党員が、「自由民主党だから、自由の文字がある自由貿易を推進しなければいけない」と真顔で言うのを聞いたこともあるので楽観は出来ません。

 自民党の党名の正式な由来はワタシも知りません。

 但し日本は大正時代に民主主義を確立しています。 そして自由主義を基本として国家を運営してきました。

 だからその体制を守る政党であるのだから自由民主党で違和感はありません。
  1. 2018-07-25 09:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

トランプ大統領の登場によって・・・

トランプ大統領の登場によってイデオロギーの時代はようやく終わったと言って差し支えないでしょう。本来なら米ソ冷戦の終結を以って終わったハズだったのですが、既得権益の保持と頭のネジの狂った人達の扇動により民主主義の先の明るい未来に「リベラリズム」が有るかのような錯覚を起こさせた。特に旧東欧圏を吸収した欧州経済圏に於いてその傾向は顕著でした。

極左(元を正せば共産主義者)をリベラルと呼びならわす事も有るのは米民主党が行ったニューディル政策にその端緒が有り、ニューディール政策が今迄の自由主義経済と一線を画す政策であった為に共産主義的思想を含んだ民主主義者を「リベラル」と呼ぶようになり、その後段階的に世界的な流行となった。

さらに世界はグローバリズムの洗礼を受け、お金は世界を巡り、報道も世界を巡る。日本にいながら海外に投資し、利益を日本で受けとり日本で税金を払う。その逆もまた行われている。また世界のマスメディアは情報を共有し(提携や系列などで)情報の売買も行われている。

今後の世界は良識=コモンセンスが基準と為り右も左も意味を為さない。何故なら民主主義に於いて政治が行うべき事は不変であり、時代や社会の変化に適応する事であり、一種のバランサーでしかない。そして役割の一つとして変化に合わせた立法を担う。

また、過去日本の社会保障制度は神ならぬ人間がその可能な範囲で実現した究極形態と言っても過言では無く、その後社会構造の変化により破綻しようとしている為に手直しが必要になっただけに過ぎない。よって政党に右も左もイデオロギーも必要では無くなっている。医師と同じ様に状況に合わせた処方を行ない、場合により外科手術(制度改革や憲法改正など)を行うだけで事足りる。

イデオロギーに固執する集団と言うのはよもぎねこさんが言うように既得権益を何としても手放したくない集団でしか無く。もっと言えば寄生虫でしかない。寄生虫を取り除くには外科手術(制度改革や憲法改正など)を行えば良い。それを恐れるモノが反対キャンペーンに血道を上げが、緩やかな自殺でしかない。

言葉や固有名詞さえ時代と共にその意味を変化させるが、あまりにもコロコロと変わり過ぎるとその意味を為さなくなり、言葉が示す存在そのもの意味も無くなる。自由主義に於いて意味の無いモノは淘汰され、社会システムとして社会保障制度が救い上げるでしょう。
  1. 2018-08-28 17:19
  2. URL
  3. 燻製にしん #-
  4. 編集

Re: トランプ大統領の登場によって・・・

> トランプ大統領の登場によってイデオロギーの時代はようやく終わったと言って差し支えないでしょう。本来なら米ソ冷戦の終結を以って終わったハズだったのですが、既得権益の保持と頭のネジの狂った人達の扇動により民主主義の先の明るい未来に「リベラリズム」が有るかのような錯覚を起こさせた。特に旧東欧圏を吸収した欧州経済圏に於いてその傾向は顕著でした。
>
> 極左(元を正せば共産主義者)をリベラルと呼びならわす事も有るのは米民主党が行ったニューディル政策にその端緒が有り、ニューディール政策が今迄の自由主義経済と一線を画す政策であった為に共産主義的思想を含んだ民主主義者を「リベラル」と呼ぶようになり、その後段階的に世界的な流行となった。
>
> さらに世界はグローバリズムの洗礼を受け、お金は世界を巡り、報道も世界を巡る。日本にいながら海外に投資し、利益を日本で受けとり日本で税金を払う。その逆もまた行われている。また世界のマスメディアは情報を共有し(提携や系列などで)情報の売買も行われている。
>
> 今後の世界は良識=コモンセンスが基準と為り右も左も意味を為さない。何故なら民主主義に於いて政治が行うべき事は不変であり、時代や社会の変化に適応する事であり、一種のバランサーでしかない。そして役割の一つとして変化に合わせた立法を担う。
>
> また、過去日本の社会保障制度は神ならぬ人間がその可能な範囲で実現した究極形態と言っても過言では無く、その後社会構造の変化により破綻しようとしている為に手直しが必要になっただけに過ぎない。よって政党に右も左もイデオロギーも必要では無くなっている。医師と同じ様に状況に合わせた処方を行ない、場合により外科手術(制度改革や憲法改正など)を行うだけで事足りる。
>
> イデオロギーに固執する集団と言うのはよもぎねこさんが言うように既得権益を何としても手放したくない集団でしか無く。もっと言えば寄生虫でしかない。寄生虫を取り除くには外科手術(制度改革や憲法改正など)を行えば良い。それを恐れるモノが反対キャンペーンに血道を上げが、緩やかな自殺でしかない。
>
> 言葉や固有名詞さえ時代と共にその意味を変化させるが、あまりにもコロコロと変わり過ぎるとその意味を為さなくなり、言葉が示す存在そのもの意味も無くなる。自由主義に於いて意味の無いモノは淘汰され、社会システムとして社会保障制度が救い上げるでしょう。

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、でも連中はコロコロ変える気満々なのです。
 
 自称リベラリストは、リベラルのイメージが悪くなったので、保守に名前を変える気なのです。

 尤も連中が保守を名乗りだしたら、保守のイメージが悪くなるだけです。 名前を変えて人気を得ようとしてもダメでしょう?

 看板を変えても枝野が核マル派、野田聖子がガクトコイン220億詐欺団のメンバーであるという事実は変わらないのです。

 安倍総理は名前に関係なくLiberal Democratic Party of Japanの総裁として、日本の社会保障制度とそれを支える経済基盤を守り、国家を守るでしょう。

 
  1. 2018-08-29 12:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する